議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 伊那市

平成21年  2月 臨時会 02月06日−01号




平成21年  2月 臨時会 − 02月06日−01号









平成21年  2月 臨時会



              平成21年2月

            伊那市議会臨時会会議録

               (1−1)

1.開会  平成21年2月6日(金曜日)午後1時30分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2.出席議員の氏名(25名)

          1番     竹中則子

          2番     中山彰博

          3番     平岩國幸

          4番     飯島 進

          5番     新井良二

          6番     飯島光豊

          7番     春日晋治

          8番     黒河内 浩

          9番     小平恒夫

         10番     柴 満喜夫

         11番     前澤啓子

         12番     伊藤明由

         13番     野々田高芳

         14番     中村威夫

         15番     前田久子

         16番     柳川広美

         17番     矢野隆良

         18番     飯島尚幸

         19番     佐藤八十一

         20番     伊藤泰雄

         21番     小林 信

         22番     馬場秀則

         23番     北原幸彦

         25番     三澤岩視

         26番     原  浩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  欠席議員の氏名

         24番     下島省吾

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3.説明のため出席した者の職氏名

       市長          小坂樫男

       副市長         酒井 茂

       副市長         白鳥 孝

       総務部長        林 俊宏

       市民生活部長      沖村直志

       保健福祉部長      伊藤 健

       産業振興部長      唐木好美

       建設部長        守屋和俊

       水道部長        木下博司

       教育次長        竹松武登

       会計管理者       村田隆男

       高遠町総合支所長    伊藤俊規

       長谷総合支所長     中山晶計

       総務課長        池上 忍

       秘書広報課長      田中博文

       財政課長        原 秀夫

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

4.職務のため出席した事務局職員

       局長          斎藤秀夫

       次長          有賀賢治

       議事調査係長      飯島 浩

       主任          橋爪茂登

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5.議事日程

   日程第1 会議録署名議員の指名について

   日程第2 会期の決定について

   日程第3 議案第1号 平成20年度伊那市一般会計第7回補正予算について

   日程第4 議案第2号 平成20年度伊那市水道事業会計第2回補正算について

   日程第5 議案第3号 平成20年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午後1時30分



○議長(中村威夫君) 開会に先立ちまして、本日の会議に欠席者等の届出がありましたので、御報告をいたします。下島省吾議員、公務のため欠席、北原教育長、所用のため欠席、以上でございます。

 午前中の各常任委員会協議会に引き続いて、大変お疲れのところでございますが、ただいまから平成21年2月伊那市議会臨時会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。本日の議事日程は、お配りしてあります議事日程表によって議事を進めてまいります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。本日の会議録署名議員は、25番、三澤岩視議員、2番、中山彰博議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定いたしました。

 ここで市長からごあいさつをお願いいたします。

 小坂市長。

     (市長 小坂樫男君登壇)



◎市長(小坂樫男君) 本日ここに2月の臨時会をお願いいたしましたところ、議員の皆さんには大方の御出席をいただきまして、まことにありがとうございました。

 ことしに入りまして、正月から穏やかな天候が続いておりまして、一昨日は立春を迎えたわけでございます。

 先月26日の日に、NHKに対し名君保科正之公の大河ドラマ化をつくる会の正副会長、議会からは中村議長さん、伊藤副議長さん、原議連の会長さんを初め関係議員の多くの皆さん方にお出かけをいただきました。また、今回は村井知事さんにも応援をお願いいたしまして、NHKの制作局長並びにドラマ部長へ8回目の要請行動を行ってまいりました。今日の時代に必要とされる人物が保科正之公であり、今回は以前に比べドラマ化に向けた手ごたえを感じてまいったところでございます。今後も地元を中心に、長野、福島両県知事を初め会津若松、新宿などとともに、さらに強力に取り組んでまいりたいと考えております。

 さて、国政は第2次補正予算が通ったものの、政局絡みの与野党の駆け引きは続いております。定額給付金を初めとする緊急経済雇用対策関連法案は、参議院でまだ審議が始まらない状況でございますが、新聞報道によりますと来週月曜日9日から、参議院での審議が始まると伝えられております。

 そうした中、市といたしましては昨年11月末に経済・雇用対策本部を立ち上げまして、福祉灯油券や金融支援対策、あるいは農家対策などに取り組んできたところでございます。また総務省からの情報や社会情勢を踏まえ、2月1日付で産業振興部に定額給付金担当室を設置いたしまして、子育て支援給付金を含む担当事務を室長以下5名の態勢で対応するための人事異動を行ったところでございます。

 これに関連をいたしまして、この定額給付金の支給時期に合わせまして、商工会議所、商工会との話し合いを持ちながら、地域の消費拡大のためのプレミアつき商品券の発行をすべく、現在、検討を重ねております。この件の予算案等につきましては、支援額等が決まった段階でお願いをいたしたいという予定にいたしております。

 今回の臨時議会にお願いいたします案件は、国の第2次補正予算等で認められました地域活性化生活対策臨時交付金事業の成立を受けまして、市単独事業等につきまして、平成21年度事業からの前倒し等、5億円を超えます補正予算をお願いするものでございます。予算の詳細につきましては、担当部長から御説明をいたしますので、御審議のほどをよろしくお願いを申し上げたいと思います。

 立春を過ぎたとはいえ、寒さもまだ続くわけでございます。伊那保健所管内でもインフルエンザの流行は昨年の倍以上となっておると伝えられております。議員の皆さんにおかれましても、予防第一ということで、体調に十分注意されますよう申し上げ、臨時議会の冒頭のごあいさつとさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号 平成20年度伊那市一般会計第7回補正予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第3、議案第1号「平成20年度伊那市一般会計第7回補正予算について」を議題といたします。事務局をして件名のみ朗読いたさせます。

 斎藤事務局長。

     (事務局長朗読)



○議長(中村威夫君) 理事者から提案理由の説明を求めます。

 林総務部長。

     (総務部長 林俊宏君登壇)



◎総務部長(林俊宏君) それでは議案第1号について御説明いたしますので、補正予算書の3ページをお願いいたします。平成20年度伊那市一般会計第7回補正予算であります。第1条で歳入歳出をそれぞれ4億7,670万円の追加をお願いしまして、総額を319億1,030万円とするものであります。今回の補正の理由でありますが、急激な内外の景気の後退に対応するため、地域活性化生活対策臨時交付金が国の第2次補正予算として1月27日に成立したことを受け、補正予算をお願いするもので、伊那市へは4億6,245万5,000円が交付される見込みであります。伊那市におけますこの臨時交付金の充当先でありますが、国が示している20年度事業のうちで、11月以降の事業実施への充当と、21年度予算で予定をしております事業の前倒しを行うもので、充当する事業の一覧表を別紙資料としてお配りをさせていただいておりますので、後ほど御確認をいただきたいと思います。この補正後の予算規模は前年同期と比較いたしまして3.6%の減であります。

 第2条は繰越明許費、第3条は地方債の補正ですが、別表で御説明いたしますので、6ページまでお願いをいたします。6ページは第2表繰越明許費ですが、今回の補正にかかわる事業につきまして、年度内での完成が見込めないため、それぞれの事業を翌年度へ繰り越しをお願いするものであります。

 7ページは第3表地方債補正ですが、1の変更はいずれも限度額の変更で、最初の道路整備事業は特定路線の整備に伴うもの、合併特例事業は小学校の耐震整備や下水道整備と中学校の耐震整備に伴うものであります。

 続きまして歳出から御説明いたしますので、22ページをお願いいたします。22ページ、歳出であります。2款1項1目の一般管理費の13節委託料は、緊急メール配信システムや山岳気象観測システムの整備のためのもの、5目財産管理費の13節及び15節は、地域防災拠点施設整備に伴う設計管理委託料と工事費、18節備品購入費は自動体外式除細動器を購入するものであります。11目情報管理費の18節備品購入費は、庁内の新クライアントシステム整備に伴うパソコンの購入費、おめくりをいただいて、3款1項2目社会福祉施設費は福祉まちづくりセンター屋根改修に伴う工事費等、それと老人憩の家富県荘駐車場の整備工事費であります。2項5目保育園費は伊那北保育園別棟改築に伴う工事費と、富県保育園建設に伴う建設工事費等であります。

 おめくりをいただき、6款1項5目の農地費は、団体営土地改良事業にかかわる4カ所の水路工事費であります。

 おめくりをいただいて、7款1項3目観光費は、高遠城址公園内の資材倉庫整備に伴う建築確認手数料や工事費、中央自動車道わきにあります案内看板の整備委託料、長衛荘火災報知設備の設置に伴う工事費、仙丈小屋補修にかかわります経費や自動車運送事業会計で営業用マイクロバスを購入するための補助金を計上したものであります。

 おめくりをいただき、8款2項3目道路新設改良費は、小戸沢線道路改良に伴う工事費、4目橋梁維持費は西部1号線の橋梁補修工事費であります。4項1目の都市計画総務費は、都市計画道路見直しのための業務委託料を計上したものであります。

 おめくりをいただき、9款1項5目災害対策費は、市役所と伊那消防署を結ぶ防災行政無線の改修工事費であります。

 おめくりをいただき、10款2項3目小学校費の学校建設費は、耐震診断に伴う経費と下水道整備に伴う接続工事費等であります。3項3目の中学校の学校建設費は、中学校の耐震整備に伴う耐震補強工事費等、6項5目文化財保護費は、孝行猿の家資料館を入野谷内に整備するための工事費等をお願いするものであります。

 次に歳入につきまして御説明いたしますので、18ページまでお戻りをいただきたいと思います。18ページ、歳入であります。今回の国からの臨時交付金を受けての補正予算の財源でありますが、20年度事業については臨時交付金への財源の組み替えをお願いし、21年度事業からの前倒し事業については、地域活性化生活対策臨時交付金を財源とさせていただくものでありますが、不足する財源につきましては、18ページ最初の12款地方交付税6,450万7,000円を充当させていただいております。

 次の14款2項6目農林水産業費負担金は、団体営土地改良事業に伴う受益者負担金、16款2項2目総務費国庫補助金から7目商工費国庫補助金までは、地域活性化生活対策臨時交付金であります。8目土木費国庫補助金の4節及び7節は、地域活性化生活対策臨時交付金、5節は住宅耐震診断事業補助金であります。9目の消防費国庫補助金は、地域活性化生活対策臨時交付金で、10目教育費国庫補助金1節小学校費補助金は、小学校の耐震診断及び下水道接続工事に伴う財源の組み替え、2節中学校費補助金も財源の組み替えをお願いするものであります。4節社会教育費補助金は、孝行猿の家資料館整備に伴う地域活性化生活対策臨時交付金であります。

 おめくりをいただき、20ページの17款2項6目農林水産業費県補助金の17節団体営土地改良事業費補助金は、水路改修に伴います県補助金であります。23款市債は先ほど申し上げたものでありますのでお願いをいたします。

 以上であります。よろしく御審議をいただき、お認めいただきますようお願いをいたします。



○議長(中村威夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第1号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第1号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。御質疑ありますか。

 7番、春日議員。



◆7番(春日晋治君) 済みません、2つ質問させてください。23ページ、防災対策の緊急メール配信システムの整備の委託料ですけれども、現在もメール配信はされているかと思うんですが、現在のものと、それからこの2,000万円かけて整備する、その違いといいますか、どういったところをどんなふうに変更する予定なのか、その点をまず説明いただきたいことと、それからその下の新クライアントシステムの機器、4,700万、すべてそういったパソコン購入等の資材購入、これ備品購入費ですからそうだと思うんですが、すべてそういった、そうなるとものすごい台数を購入する予定なのか、そのあたり台数などを教えていただきたいと思います。



○議長(中村威夫君) 林総務部長。



◎総務部長(林俊宏君) 今の最初の地域安心安全メールの関係でありますけれども、これは最初の導入は5年ほど前に実証実験という形で、国の補助金をいただいて整備をしたものであります。それから大分時間がたちまして、現在、多くの方に利用していただいているわけですけれども、そろそろ更新の時期に入っていると、サーバー等がいっぱいになってきましたので、サーバーの更新等、またシステム変更を行うためお願いをするというものであります。

 それからパソコンでありますけれども、新クライアント、20年度から取り組みを行いまして、一部整備をされているところでありますけれども、本来ならば5年計画等で整備をしていくところでありますが、この臨時交付金を充てながら、今回200台購入をしていきたいと計画したものであります。

 以上であります。



○議長(中村威夫君) 春日議員、よろしいですか。

 16番、柳川議員。



◆16番(柳川広美君) 今回は臨時の経済雇用対策として、国の補正予算で地域活性化生活対策臨時交付金というのが大きな財源となっているわけですが、伊那市内でも非常に雇用情勢が悪化していて、失業していて食べるものがないとか、住宅がない、こういう相談がふえているということなんですが、その中でも特に日系のブラジル人とか、外国人の方が困窮しているというような情報が入ってきているんですが、これらの事業の発注について、現在、失業中の人を雇用するようにというような、例えば道路事業とか、水路事業などでそういった人の雇用を義務づけるような発注ができないのかという点と、それから市役所のポルトガル語の通訳の窓口に非常にたくさんの相談が来ているということなんですが、その辺の改善について、それから住宅がないという方について、家を、要するに派遣会社の寮を出なくてはいけないということで、3DKに10人ぐらい住んでいるとか、それから路上生活ですね、車の中で過ごしているとか、こういう情報が入ってきておりますが、そういった方に市営住宅のあっせん等についてはどのようにお考えでしょうか。



○議長(中村威夫君) 唐木産業振興部長。



◎産業振興部長(唐木好美君) まずお話がありました日系外国人の方に事業発注をした場合に、雇用の義務づけをということでございますけれども、基本的には今回雇用を創設されてまいりますので、そういう形になってくると考えております。新しい雇用創出だと思います。



○議長(中村威夫君) 守屋建設部長。



◎建設部長(守屋和俊君) 住宅の関係でございますが、相談件数は本年に入りましてからふえてはおります。現在、昨年の対策本部をつくった段階で、公営住宅、それからその他住宅を含めまして現在8棟用意はしてありますけれど、現状まだ入居という段階にはなっていません。非常に相談は多いんですけれど、1つ伊那市役所の中にポルトガル語のわかる方がいらっしゃるというようなことで、いろいろな皆さんがどうもハローワークに行ったんだけれど、わからなくて伊那市役所に、中には宮田村からとか、そういった皆さんも非常に含まれておりまして、相談の中身がまた多岐にわたっているようなことがございます。

 そんな中で、当然それぞれ紹介していくわけでありますけれど、時にはハローワークの相談で来てしまって、そちらの方にお返しするというような場面もあります。当然現在、用意した住宅の中で今後対応できなければ、その次の段階を考えていきたいと考えておりますが、現状は以上です。



○議長(中村威夫君) 相談窓口に対する答弁はどなたかできますか。

 沖村市民生活部長。



◎市民生活部長(沖村直志君) 件数は確かに多くなってはきておりますけれども、先ほど建設部長が申し上げましたように、近隣では相談をするところが実はないわけでありまして、駒ヶ根でもたしか半日くらいですかね、相談日が。月曜日から金曜日までやっているのは伊那市だけということがありますので、これは前から言っておりますけれども、南箕輪、あるいは箕輪町の皆さんからも、例えば小学校のお便りが読めないので読んでもらいたいとか、こういうようなものまで含めて多くなってきていると、こういう現状でございますので、よろしくお願いいたします。



○議長(中村威夫君) そのほかございませんか。

 22番、馬場秀則議員。



◆22番(馬場秀則君) 先ほど春日議員さんの質問の中で、緊急メールの配信システム委託料ですが、これ2,000万になっていますが、午前中の委員会で資料をいただいたのは1,500万というようになっております。この500万の違いはどこにあるのか、山岳気象システムとはこれは別だと思いますけれど、もし一緒にしたなら、ここのページのところへやはりそれなりに書かないと1,500万と2,000万で、資料が違いますので、説明をお願いしたいと思います。



○議長(中村威夫君) 林総務部長。



◎総務部長(林俊宏君) 大変申しわけありません。議員さんの指摘のとおりでありまして、500万円山岳気象分が入っておりますのでお願いいたします。



○議長(中村威夫君) そのほかございませんでしょうか。

 以上をもって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。御意見ございますか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより議案第1号を採決いたします。本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

     (起立)



○議長(中村威夫君) 起立全員であります。よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第2号 平成20年度伊那市水道事業会計第2回補正予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第4、議案第2号「平成20年度伊那市水道事業会計第2回補正予算について」を議題といたします。事務局をして件名のみ朗読いたさせます。

 斎藤事務局長。

     (事務局長朗読)



○議長(中村威夫君) 理事者から提案理由の説明を求めます。

 木下水道部長。



◎水道部長(木下博司君) 議案第2号、平成20年度伊那市水道事業会計第2回補正予算について御説明申し上げます。

 補正予算書の39ページをお願いいたします。平成20年度伊那市水道事業会計第2回補正予算でございますが、このたびの急激な景気後退に対応するために国が講じた第2次補正予算の成立に伴いまして、水道老朽管の更新と、受注機会の拡大を図るため補正をお願いするものでございます。

 第2条で伊那市水道事業会計予算第4条に定めた資本的収入及び支出につきまして、それぞれ4,000万円増額し、資本的収入の総額を12億7,020万円、資本的支出の総額を17億1,401万円とするものでございます。

 詳細につきましては支出から御説明申し上げますので、おめくりいただきまして44、45ページをお願いいたします。支出の1款1項3目構築物の移設、原水及び送配水設備でございますが、老朽管布設替工事として4,000万円の増額をお願いするものでございます。このたびの国の第2次補正予算において、老朽管の布設替えに関する補助要件が緩和され、20年以上の塩化ビニール管について対象となったことから、該当する老朽管について約1,500メートル分の布設替えをしていきたいというものでございます。

 お戻りいただきまして、42、43ページをお願いいたします。収入でございますが、1款5項1目1節の国庫補助金4,000万円のうち、1,000万円は補助率4分の1の老朽管更新事業にかかわる国庫補助金によるもので、残り3,000万円が地域活性化生活対策臨時交付金によるものでございます。

 以上でございます。よろしく御審議いただき、お認めいただきますようお願い申し上げます。



○議長(中村威夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第2号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第2号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

 11番、前澤議員。



◆11番(前澤啓子君) 老朽管の布設替えということで、1,500メートル対象ということですが、対象はどの地域を予定しているか教えてください。



○議長(中村威夫君) 木下水道部長。



◎水道部長(木下博司君) 具体的な場所については、今、ここでは申し上げることはできないんですけれども、従来老朽管の布設替えにつきましては、下水道事業の管きょ整備に伴って行っているところが多いわけであります。したがいまして今回、こういう臨時で対応する事業につきましては、下水道事業の管きょ整備に伴わない地域、かつ石綿管もあるわけでございますけれど、今回ビニール管を対象というようなことでございますので、塩化ビニール管の布設替えにかかわる地域での対応を考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(中村威夫君) そのほか質問はございませんか。

 以上をもって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。御意見ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより議案第2号を採決いたします。本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

     (起立)



○議長(中村威夫君) 起立全員であります。よって議案第2号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号 平成20年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第5、議案第3号「平成20年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について」を議題といたします。事務局をして件名のみ朗読いたさせます。

 斎藤事務局長。

     (事務局長朗読)



○議長(中村威夫君) 理事者から提案理由の説明を求めます。

 唐木産業振興部長。

     (産業振興部長 唐木好美君登壇)



◎産業振興部長(唐木好美君) それでは議案第3号について説明をさせていただきますので、補正予算書の49ページをお願いいたします。平成20年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算であります。

 第1条は総則で、第2条収益的収入及び支出は、収入、支出にそれぞれ9万3,000円を追加し、5,449万3,000円とするものであります。

 第3条で予算第6条の次に、次の1条を加え、第7条は資本的収入及び支出は収入、支出の予定額をそれぞれ1,200万円とするものであります。

 今回の補正は、地域活性化生活対策臨時交付金が、国の第2次補正予算として成立したことを受け、補正予算をお願いするもので、バス1台の更新でございます。

 収益的支出について説明いたしますので、54ページをお願いいたします。2款1項8目一般管理費の17節手数料は、バス購入のリサイクル料で、32節保険料は自動車損害賠償保険で、32節雑費は自動車従量税であります。

 58ページをお願いいたします。資本的支出の1款1項2目備品購入費は、マイクロバスの購入費用であります。

 お手数ですが52ページにお戻りいただき、収益的収入の1款2項2目他会計補助金は、一般会計からの補助金であります。

 56ページをお願いいたします。資本的収入の1款5項2目他会計補助金は、一般会計からの補助金であります。

 以上であります。よろしく御審議いただきますようお願いいたします。



○議長(中村威夫君) お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第3号は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、議案第3号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。御質疑ありますか。

 9番、小平議員。



◆9番(小平恒夫君) マイクロバスの購入費1,200万円とありますが、これはどういう規模で何人乗りで、どのような機能を持っているのか、ちょっと御説明願います。



○議長(中村威夫君) 唐木産業振興部長。



◎産業振興部長(唐木好美君) マイクロバスでございますけれども、運転手も含めて29人乗りでございます。車両でございますけれども、全長が約7メートル、全幅が2メートル6センチ、全高が2.8メートルでございまして、エンジンの関係でございますけれども、おおむね180馬力以上ということで考えております。

 以上でございます。



○議長(中村威夫君) そのほかございませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。御意見ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより議案第3号を採決いたします。本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

     (起立)



○議長(中村威夫君) 起立全員であります。よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 これをもって、平成21年2月伊那市議会臨時会を閉会といたします。



△閉会 午後2時04分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名をする。

       伊那市議会議長

       伊那市議会議員

       伊那市議会議員