議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 伊那市

平成20年  5月 臨時会 05月13日−01号




平成20年  5月 臨時会 − 05月13日−01号









平成20年  5月 臨時会



              平成20年5月

            伊那市議会臨時会会議録

               (1−1)

1.開会  平成20年5月13日(火曜日)午前10時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2.出席議員の氏名(26名)

          1番     竹中則子

          2番     中山彰博

          3番     平岩國幸

          4番     飯島 進

          5番     新井良二

          6番     飯島光豊

          7番     春日晋治

          8番     黒河内 浩

          9番     小平恒夫

         10番     柴 満喜夫

         11番     前澤啓子

         12番     伊藤明由

         13番     野々田高芳

         14番     中村威夫

         15番     前田久子

         16番     柳川広美

         17番     矢野隆良

         18番     飯島尚幸

         19番     佐藤八十一

         20番     伊藤泰雄

         21番     小林 信

         22番     馬場秀則

         23番     北原幸彦

         24番     下島省吾

         25番     三澤岩視

         26番     原  浩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  欠席議員の氏名

                   なし

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3.説明のため出席した者の職氏名

       市長          小坂樫男

       副市長         酒井 茂

       総務部長        林 俊宏

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

4.職務のため出席した事務局職員

       事務局長        斎藤秀夫

       次長          有賀賢治

       議事調査係長      飯島 浩

       主任          橋爪茂登

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5.議事日程

   日程第1 会議録署名議員の指名について

   日程第2 会期の決定について

        議長の辞職の件について

        議長の選挙について

        副議長の辞職の件について

        副議長の選挙について

   日程第3 常任委員の改選について

   日程第4 議会運営委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時00分



○議長(下島省吾君) おはようございます。新緑が映え、万物が躍動するよい季節となりました。開会に先立ち、本日の会議に欠席者の届出がありましたので御報告いたします。白鳥特命副市長、公務のため欠席。

 以上でございます。

 ただいまから平成20年5月伊那市議会臨時会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。本日の議事日程は、お配りしてあります議事日程表によって議事を進めてまいります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(下島省吾君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。本日の会議録署名議員は、7番議員、春日晋治君、8番議員、黒河内浩君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(下島省吾君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(下島省吾君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定いたしました。

 ここで、市長からごあいさつをお願いいたします。

 小坂市長。

     (市長 小坂樫男君登壇)



◎市長(小坂樫男君) 平成20年5月伊那市臨時議会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。

 緑がまぶしい季節になりましたが、せんだっては長野県下で飯山と伊那市が30度を超えるような真夏日を経験し、また、ここ2〜3日大変低温の日が続いておりまして、農作物への被害等も大変心配されておるわけでございますが、今のところ大きな被害が出ておらないことは幸いでございます。

 さて、きょうの議会につきましては、正副議長の選挙、各常任委員会の構成等々があると伺っておるわけでございます。合併して新しい伊那市ができてからちょうど2年、折り返し地点となったわけでございます。私どもも気持ちを新たにやってまいりたいと思っておりますけれども、議員の皆さんもそれぞれ新しいまた正副議長さん、あるいは常任委員会のもとに、新伊那市発展のためにまた御努力をいただければと、こんなふうに思っております。

 それから大変心配をいたしておりしまた道路特定財源の問題でございますが、御承知のとおり4月30日、3分の2の再議決を行いまして、きょうまた3分の2の再議決を行うと、こういうことで、この議決によりまして私どもへ配分ができる道路財源が、連絡がいただけると、こういうことになっております。

 そうした中で、この揮発油税を初め道路財源の問題につきましては、私どももやはりむだを排すると同時に、やはり地域の道路の整備というものが一番私はおくれておりますし、また、この道路特定財源の負担も都会よりかも田舎の皆さんの方が多く負担をいたしておるわけでございますので、そこら辺も十分国の方でも国会で考えていただいて、必要な道路は優先してつくっていただくということを地方6団体を通じまして、また国の方へも要望してまいりたいと思っております。

 きょう1日の議会の円満なる御成功をお祈り申し上げまして、ごあいさつにかえさせていただきます。よろしくどうぞ。



○議長(下島省吾君) 暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時05分



△再開 午前10時15分



○副議長(原浩君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ただいま議長、下島省吾君から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。この際、議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○副議長(原浩君) 御異議なしと認めます。よって、この際、議長の辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の辞職の件について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(原浩君) 地方自治法第117条の規定により、下島省吾君の退席を求めます。

     (24番 下島省吾君退席)



○副議長(原浩君) まず、その辞職願を朗読いたさせます。

 事務局長。



◎事務局長(斎藤秀夫君) 朗読いたします。辞職願。今般一身上の都合により、議長を辞職いたしたいので、許可されるよう願い出ます。平成20年5月13日、伊那市議会議長、下島省吾。伊那市議会副議長、原浩殿。



○副議長(原浩君) お諮りいたします。下島省吾君の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○副議長(原浩君) 異議なしと認めます。よって、下島省吾君の議長の辞職を許可することに決定いたしました。

 下島省吾君の入場を求めます。

     (24番 下島省吾君入場)



○副議長(原浩君) ただいま辞職が承認されましたので、ここで下島省吾君の退任のごあいさつをお願いいたします。

     (24番 下島省吾君登壇)



◆24番(下島省吾君) 議長の退任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 旧伊那市議会を含めて、議会改革第1号として立候補、所信表明、選挙という中で、議員各位の御支持により新制伊那市の初代議長となり、この2年間非才な私が重責の任を全うできたのも、原副議長さんを初めとして議員各位の御支援、御協力のたまものであり、心から感謝とお礼を申し上げます。また、小坂市長さん、理事者、職員、市民の皆様に温かいおつき合いをいただいたことに対しましても、厚くお礼を申し上げます。

 さて、私は新市が地域エゴの綱引きをすることなく、一体感を肌で感じ取れる議会に、また市政にしたいと努めてきたつもりであります。この趣旨が次の議会につながることを期待しております。

 また、議場に市旗、国旗が掲揚され、そしてお花を飾ってくださったことにも感謝をしております。また、市のシンボルとしてさくら、かえで、らいちょうも決まりました。ここで「伊那市の歌」の一節を読みます。「友よ 手をとり進みゆかん かぎりなく たゆみなき われらの伊那市 ああ 伊那市こそ平和に生きる ああ 高らかに謳え ふるさと」。

 終わりに議会、伊那市のますますの躍進を祈念するとともに、これからは一議員として市政発展のために汗を流す覚悟でありますので、よろしくお願いいたします。退任のあいさつといたします。ありがとうございました。

     (拍手)



○副議長(原浩君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○副議長(原浩君) 御異議なしと認めます。よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙をいたします。

 暫時休憩といたします。



△休憩 午前10時20分



△再開 午前10時55分



○副議長(原浩君) 引き続き本会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(原浩君) お諮りいたします。選挙の方法は、規定によりますと、投票による方法と、指名推選による方法とがありますが、いかがいたしたらよろしいでしょうか。御意見を伺いたいと思います。

 11番。



◆11番(前澤啓子君) 投票がいいです。



○副議長(原浩君) 投票の声がありますので、選挙の方法は投票によることにいたします。投票準備のため、しばらくそのままお待ちください。

 それでは、準備が整いました。議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○副議長(原浩君) ただいまの出席議員数は26人であります。投票用紙を配付いたさせます。

     (投票用紙配付)



○副議長(原浩君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

 投票用紙の配付漏れはなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 異常なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

 それでは点呼に応じて、順次投票記載所にて投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、投票をお願いいたします。

 点呼を命じます。



◎事務局長(斎藤秀夫君) 1番、竹中議員。2番、中山議員。3番、平岩議員。4番、飯島議員。5番、新井議員。6番、飯島議員。7番、春日議員。8番、黒河内議員。9番、小平議員。10番、柴議員。11番、前澤議員。12番、伊藤議員。13番、野々田議員。14番、中村議員。15番、前田議員。16番、柳川議員。17番、矢野議員。18番、飯島議員。19番、佐藤議員。20番、伊藤議員。21番、小林議員。22番、馬場議員。23番、北原議員。24番、下島議員。25番、三澤議員。26番、原副議長。



○副議長(原浩君) 投票漏れはありませんか。

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたしました。

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場閉鎖解除)



○副議長(原浩君) ただいまから開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に小平恒夫君、柴満喜夫君、両名を指名いたします。よって、両君の立ち会いにより開票を行います。

     (開票)



○副議長(原浩君) 選挙の結果を報告いたします。投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票26票、無効投票0。有効投票中、中村威夫君23票、前澤啓子君、3票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は7票であります。よって、中村威夫君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました中村威夫君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。よって、当選の承諾をいただき、就任のごあいさつをお願いいたします。

 中村威夫議長、演壇までお願いいたします。

     (14番 中村威夫君登壇)



◆14番(中村威夫君) ただいまは本当に多くのと申しますか、大多数の議員の皆さん方の御支持をいただきまして、当選人となりましたが、身に余る光栄と思うと同時に、責任の重さを痛感いたしております。この上は、所信表明で申し上げました事柄に対しまして、一心を呈して努力する覚悟でございますので、議員の皆さん方の格別なる温かい御支援と御協力を賜りたいと思います。よろしくお願いいたします。

 次に、理事者の皆さんに一言申し上げさせていただきたいと思います。議会はいたずらに摩擦を起こすことはもとより避けなければなりませんが、同時に安易な妥協に陥ることがあっては、これもまた民意に反することでございますので、そういうことがあってはならないと強く私は思っております。市政発展のために、正しく相携えて7万余市民の信託にこたえなければならないと考えておりますので、御協力のほどをよろしくお願いを申し上げまして、私の就任のあいさつといたします。どうぞよろしくお願いします。

     (拍手)



○副議長(原浩君) それでは中村威夫議長、議長席にお着き願います。

     (議長着席)



○議長(中村威夫君) ただいまより暫時休憩といたします。



△休憩 午前11時14分



△再開 午前11時22分



○議長(中村威夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ただいま副議長、原浩議員から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。この際、副議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、この際、副議長の辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の辞職の件について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 地方自治法第117条の規定により、原浩議員の退席を求めます。

     (26番 原浩君退席)



○議長(中村威夫君) まず、その辞職願を斎藤事務局長より朗読いたさせます。

 斎藤事務局長。



◎事務局長(斎藤秀夫君) 朗読いたします。辞職願。今般、一身上の都合により、副議長を辞職いたしたいので、許可されるよう願い出ます。平成20年5月13日。伊那市議会副議長、原浩。伊那市議会議長、中村威夫殿。



○議長(中村威夫君) お諮りいたします。原浩議員の副議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、原浩議員の副議長の辞職を許可することと決しました。

 原浩議員の入場を求めます。

     (26番 原浩君入場)



○議長(中村威夫君) ただいま辞職が承認されましたので、退任のごあいさつをお願いいたします。

 原浩議員。

     (26番 原浩君登壇)



◆26番(原浩君) 議長、副議長とともども2年間、下島議長と仲よくやってまいりました。いい女房役であったと私は思っております。いい議長であったと思っています。双方がお互いのいいところを尊重しながら、助け合ってきたな、私はそういう評価でこの2年間を終結いたしたいと思います。改革はまだまだ半ばであります。新制伊那市のスタートを切って2年たったところでありますけれども、議会改革ばかでなく、市のいろんな面での見直しというものはやっぱり必要ではないかなとつくづく痛感をいたしておるわけでありますが、力不足で議会活動も十分できなかったかという反省点もあります。しかしやったな、新制伊那市スタートした間際のこの基礎的な自治体をつくる前期2年間、私としては一生懸命やったな、自分自身で評価をいたしております。他人はどう評価してくださるは別として、満足を持って、満足感を持ってこの副議長席を退任できる、この晴れ晴れしい気持ちであります。

 3年ばか前かな、小泉総理大臣が勇退をしていくときに、「散りゆくに とき知りてこそ 世の中の 花も花なり 人も人なり」、こう歌ってまいりました。私もまさにその心境の一端であります。2年間、ふつつかな原を助けていただいた議員諸公の皆様方に重ねてお礼を申し上げまして、私の退任あいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

     (拍手)



○議長(中村威夫君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時28分



△再開 午前11時48分



○議長(中村威夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) お諮りいたします。選挙の方法は規定によりますと投票による方法と、指名推選による方法とがありますが、いかがいたしますか、御意見を伺いたいと思います。

     (「投票で」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 投票の声がありますので、選挙の方法は投票によることにいたします。投票準備のため、しばらくそのままお待ちください。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○議長(中村威夫君) ただいまの出席議員数は26人であります。

 投票用紙を配付させます。

     (投票用紙配付)



○議長(中村威夫君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 異常なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。点呼に応じて順次投票記載所にて、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、投票をお願いいたします。点呼を命じます。



◎事務局長(斎藤秀夫君) 1番、竹中議員。2番、中山議員。3番、平岩議員。4番、飯島議員。5番、新井議員。6番、飯島議員。7番、春日議員。8番、黒河内議員。9番、小平議員。10番、柴議員。11番、前澤議員。12番、伊藤議員。13番、野々田議員。15番、前田議員。16番、柳川議員。17番、矢野議員。18番、飯島議員。19番、佐藤議員。20番、伊藤議員、21番、小林議員。22番、馬場議員。23番、北原議員。24番、下島議員。25番、三澤議員。26番、原議員。14番、中村議長。



○議長(中村威夫君) 投票漏れはありませんか。

 投票漏れはなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場閉鎖解除)



○議長(中村威夫君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に前澤啓子議員、伊藤明由議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。

 選挙の結果を報告いたします。投票総数26票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票26票、無効投票0票。有効投票中、伊藤泰雄議員、21票、飯島光豊議員、5票。以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は7票であります。よって、伊藤泰雄議員が副議長に当選をされました。

 ただいま副議長に当選されました伊藤泰雄議員が議場におられますので、本席から、会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。よって、当選の承諾をいただき、就任のごあいさつをお願いいたします。

 伊藤泰雄副議長、演壇までお願いをいたします。

     (20番 伊藤泰雄君登壇)



◆20番(伊藤泰雄君) ただいまは多くの皆さんの御支持をいただきまして、副議長に当選いたしました伊藤泰雄でございます。職責の重さを考えますと、身の引き締まる思いでございます。私はこれから先、さきの所信表明でも述べさせていただきましたけれども、議長を補佐し、職務に専念しまして、議会運営に心がけ、先ほども言いましたように長野県一の議会づくりのために全力で取り組んでまいりたいと思っておりますので、皆様方の全面的な協力、また、さらに御指導、御鞭撻も得まして、職責を全うしたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

     (拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     常任委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第3、「常任委員の選任について」を議題といたします。

 この常任委委員の選任については、委員会条例第8条第1項に、議長が会議に諮って指名すると指定されておりますので、ここで暫時休憩をいたしまして、御報告いただいてあります希望聴取により調整をした上で、議長が指名をいたしたいと思っております。

 暫時休憩をいたします。



△休憩 午後0時03分



△再開 午後4時21分



○議長(中村威夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 常任委員の選任について。総務委員に飯島進議員、前澤啓子議員、伊藤明由議員、飯島尚幸議員、伊藤泰雄議員、馬場秀則議員、北原幸彦議員、三澤岩視議員、以上8名。社会委員に平岩國幸議員、春日晋治議員、黒河内浩議員、小平恒夫議員、柴満喜夫議員、中村威夫、柳川広美議員、佐藤八十一議員、小林信議員、以上9名。経済建設委員に竹中則子議員、中山彰博議員、新井良二議員、飯島光豊議員、野々田高芳議員、前田久子議員、矢野隆良議員、下島省吾議員、原浩議員、以上9名をそれぞれ指名いたしたいと思います。これに御異議がありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました議員は、それぞれの常任委員に選任することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(中村威夫君) 日程第4、「議会運営委員の選任について」を議題といたします。

 お諮りいたします。議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定によりまして、平岩國幸議員、春日晋治議員、黒河内浩議員、小平恒夫議員、柴満喜夫議員、伊藤明由議員、野々田高芳議員、柳川広美議員、飯島尚幸議員、以上の9名を議会運営委員に指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました9人の議員を議会運営委員に選任することに決しました。

 なお、議会運営委員会には議会の運営に関する事項について付託し、当該議会運営委員の任期の間、継続審査といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、議会運営委員会には議会の運営に関する事項について付託し、当該議会運営委員の任期の間、継続審査とすることに決しました。

 お諮りいたします。ここで暫時休憩をしまして、その間に各常任委員会及び議会運営委員会を開き、それぞれ正副委員長の互選をしていただきたいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(中村威夫君) 御異議なしと認めます。よって、休憩の間に各委員会を開催し、正副委員長の互選をお願いいたします。

 各委員会を招集します。開催場所を申し上げます。総務委員会、第1委員会室。社会委員会、議長応接室。経済建設委員会、第2委員会室。なお議会運営委員会は、各常任委員会の互選終了後、直ちに第2委員会室で行います。

 本日の会議時間は、議事の都合によりまして、あらかじめこれを延長いたしたいと思います。

 暫時休憩といたします。



△休憩 午後4時26分



△再開 午後4時54分



○議長(中村威夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長の互選の結果を申し上げます。総務委員長、飯島尚幸議員、総務副委員長、飯島進議員。社会委員長、黒河内浩議員、社会副委員長、平岩國幸議員。経済建設委員長、新井良二議員、経済建設副委員長、飯島光豊議員。議会運営委員長、小平恒夫議員、議会運営副委員長、柳川広美議員。以上のとおり各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長が決定されました。

 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

 これをもって、平成20年5月伊那市議会臨時会を閉会いたします。



△閉会 午後4時55分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名をする。

       伊那市議会議長

       伊那市議会議員

       伊那市議会議員