議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 伊那市

平成27年  3月 定例会 03月02日−01号




平成27年  3月 定例会 − 03月02日−01号









平成27年  3月 定例会



              平成27年3月

            伊那市議会定例会会議録

               (5−1)

1.開会  平成27年3月2日(月曜日)午前9時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2.出席議員の氏名(21名)

          1番     白鳥敏明

          2番     野口輝雄

          3番     丸山敞一郎

          4番     八木択真

          5番     唐澤千明

          6番     唐澤 稔

          7番     橋爪重利

          8番     宮島良夫

          9番     竹中則子

         10番     中山彰博

         11番     平岩國幸

         12番     飯島 進

         13番     若林敏明

         14番     飯島光豊

         15番     黒河内 浩

         16番     柴 満喜夫

         17番     前澤啓子

         18番     前田久子

         19番     柳川広美

         20番     飯島尚幸

         21番     伊藤泰雄

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  欠席議員の氏名

                 なし

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3.説明のため出席した者の職氏名

       市長          白鳥 孝

       副市長         林 俊宏

       教育長         北原秀樹

       教育委員長       松田泰俊

       総務部長        篠田貞行

       市民生活部長      御子柴泰人

       保健福祉部長      城取 誠

       農林部長        富山裕一

       商工観光部長      原 武志

       建設部長        山崎大行

       水道部長        小牧良一

       教育次長        原 秀夫

       会計管理者       木下博司

       高遠町総合支所長    広瀬源司

       長谷総合支所長     池上直彦

       秘書課長        小松由和

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

4.職務のため出席した事務局職員

       事務局長        池上 忍

       次長          久保田 玲

       庶務係長        松澤美保

       主査          山下 隆

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5.議事日程

   日程第1 会議録署名議員の指名について

   日程第2 会期の決定について

   日程第3 議案第1号 専決処分の承認を求めることについて

   日程第4 議案第2号 財産(土地)の譲与について

   日程第5 議案第3号 市営土地改良事業の施行について

   日程第6 議案第4号 中央自動車道に関する救急業務に係る関係関連事務の受託の廃止について

        議案第5号 中央自動車道に関する救急業務に係る事務の受託について

        議案第6号 伊那市民憲章策定委員会設置条例

        議案第7号 伊那市行政手続条例の一部を改正する条例

   日程第7 議案第8号 伊那市職員定数条例等の一部を改正する条例

        議案第9号 伊那市教育委員会教育長の勤務時間、休日、休暇等及び職務専念義務の特例に関する条例

   日程第8 議案第10号 伊那市一般職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例

        議案第11号 伊那市積立基金条例の一部を改正する条例

   日程第9 議案第12号 伊那市国民健康保険税条例の一部を改正する条例

   日程第10 議案第13号 伊那市地域自治区制度審議会条例を廃止する条例

         議案第14号 伊那市地方創生総合戦略審議会条例

   日程第11 議案第15号 伊那市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例

         議案第16号 伊那市保育園条例の一部を改正する条例

         議案第17号 伊那市介護予防施設条例の一部を改正する条例

         議案第18号 伊那市指定地域密着型サービスの事業の運営等に関する基準を定める条例の一部を改正する条例

         議案第19号 伊那市指定地域密着型介護予防サービスの事業の運営及び指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法等に関する基準を定める条例の一部を改正する条例

         議案第20号 伊那市指定介護予防支援等の事業の運営及び指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例

         議案第21号 伊那市地域包括支援センターにおける包括的支援事業の実施に係る基準を定める条例の一部を改正する条例

         議案第22号 伊那市介護保険条例の一部を改正する条例

   日程第12 議案第23号 伊那市商工業振興条例

   日程第13 議案第24号 伊那市都市公園条例の一部を改正する条例

   日程第14 議案第25号 伊那市多目的集会施設条例の一部を改正する条例

         議案第26号 伊那市体育施設条例の一部を改正する条例

   日程第15 議案第27号 伊那市下水道条例の一部を改正する条例

   日程第16 議案第28号 公の施設の指定管理者の指定について

   日程第17 議案第29号 平成26年度伊那市一般会計第9回補正予算について

         議案第30号 平成26年度伊那市国民健康保険特別会計第3回補正予算について

         議案第31号 平成26年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計第3回補正予算について

         議案第32号 平成26年度伊那市後期高齢者医療特別会計第1回補正予算について

         議案第33号 平成26年度伊那市介護保険特別会計第2回補正予算について

         議案第34号 平成26年度伊那市簡易水道事業特別会計第1回補正予算について

         議案第35号 平成26年度伊那市水道事業会計第2回補正予算について

         議案第36号 平成26年度伊那市下水道事業会計第3回補正予算について

         議案第37号 平成26年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について

   日程第18 議案第38号 平成27年度伊那市一般会計予算について

         議案第39号 平成27年度伊那市国民健康保険特別会計予算について

         議案第40号 平成27年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計予算について

         議案第41号 平成27年度伊那市後期高齢者医療特別会計予算について

         議案第42号 平成27年度伊那市介護保険特別会計予算について

         議案第43号 平成27年度伊那市営駐車場事業特別会計予算について

         議案第44号 平成27年度伊那市簡易水道事業特別会計予算について

         議案第45号 平成27年度伊那市水道事業会計予算について

         議案第46号 平成27年度伊那市下水道事業会計予算について

         議案第47号 平成27年度伊那市自動車運送事業会計予算について

   日程第19 請願・陳情について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前9時00分



○議長(伊藤泰雄君) おはようございます。このところ暖かい日が続いておりましたけれども、今朝は一転して外は氷が張っておりました。私の庭の梅は、一番標高が低いところでございますので、咲き出しました。このように三寒四温を繰り返しながら春になっていくんだなと思っております。

 3月定例会は、27年度当初予算を初め市民生活に関連のある条例などを審議する重要な定例会でありますので、その意義を十分に認識されまして、7万市民の福祉増進のため十分の検討と適正、妥当な審議に御精励くださいますようお願いいたします。

 ただいまから、平成27年3月伊那市議会定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お配りしてあります議事日程表によって議事を進めてまいります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、8番、宮島良夫議員、9番、竹中則子議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から3月20日までの19日間といたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。よって、会期は19日間と決定いたしました。

 次に会期中の日程でございますが、お手元にお配りしてあります日程表によって進めてまいりたいと思いますが、これに御異議はありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。よって、日程表のとおり進めてまいります。

 ここで市長から御挨拶をお願いいたします。

 白鳥市長。

     (市長 白鳥 孝君登壇)



◎市長(白鳥孝君) 平成27年3月市議会定例会をお願いいたしましたところ、全議員の御出席をいただきましてまことにありがとうございます。

 開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げたいと存じます。

 この冬は、昨年のような大雪はなかったものの、降雪が早く、また回数も多かったことから、市民の皆様におかれましても水道の凍結や通勤時の混雑など、生活面への影響があったものと推察をいたします。

 先月は、月の前半には寒さの厳しい日が続きましたけれども、雨水を過ぎるとすっかり春めいて、田んぼに残っていた斑雪も消え、あす、3月3日はひな祭り、春の足音が聞こえるようであります。

 さて、国では先月、1月26日に開会いたしました通常国会において、昨年末に閣議決定されました「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の裏づけとなる平成26年度補正予算、平成27年度予算の審議を行っております。2月3日には、総合戦略の先行的な実施に向けた措置として、「地域再生戦略交付金」が創設されました。国の交付金事業募集に対応するとともに、伊那市の地方版総合戦略の策定に取り組んでまいりたいと思います。

 また、同じ3日には、リニア中央新幹線整備を地域振興に生かす伊那谷自治体会議において、リニア開通後の伊那谷地域の目指す姿を描いた「リニアバレー構想」の骨子が承認されました。日本の伊那谷から、世界の「INA Valley」へと発展する姿が描かれており、今後、INA Valley Areaの広域的な取り組みを進めていく指針となるよう肉づけを行ってまいります。そして、国における地方創生の動きと連携し、INA Valley発展のために、都市と地方の継続的な互恵関係のモデルを示していきたいと考えております。

 平成23年から取り組んでまいりました上伊那の消防広域化につきましては、この4月1日の上伊那広域消防発足を控え、広域消防本部、伊那消防署の建物が完成し、2月12日に竣工式を行いました。近年の消防業務は、大規模な自然災害や火災・救急業務の増大により、広域的な連携が不可欠となっています。特に大規模災害発生時には、多くの応援部隊の受け入れが必要となり、組織の拡大と受援体制の整備が必要であります。上伊那広域消防の発足により、それらに十分に対応できる規模になりましたので、今後、設備の整備や、訓練の実施など万全を期してまいりたいと思います。

 2月14日には、山梨県北杜市において、昨年6月に登録されたユネスコエコパークの登録証授与式が、伊藤議長、黒河内総務委員長などにも御出席をいただいて、盛大に開催されました。文部科学省から10市町村に登録証のレプリカが手渡され、今後、南アルプス地域の自然環境保護と活用等について、国、県及び10市町村が一層協力して取り組んでいくことを確認いたしました。

 さて、私も昨年4月に、市民の皆様から2期目の市政運営をお任せいただきまして、1年が過ぎようとしております。

 2期目のスタート時からの経済状況は、4月の消費税率改定により消費の縮小等を招いたものの、アベノミクスによる大幅な円安、株価の高値は続いており、企業業績の回復は確実なものとなってきたことから、賃上げから消費の拡大につながる好循環へと期待するところであります。

 一方、地方経済は依然として厳しく、県内企業においても景気回復の実感が乏しい状況で、業種によって業績改善の度合いにばらつきがあると言えます。また、1月の有効求人倍率は、1.23倍と前月を0.05ポイント上回り、7カ月連続で1倍台を維持していることから、雇用情勢の改善は着実に進んでいるものと思われます。しかしながら、地元金融機関によるDI調査における1月から3月期の見通しでは、景況感の悪化が予想されるなど、先行きを憂慮するものとなっています。

 続きまして、伊那市の財政状況について申し上げます。

 市財政の健全化については、平成22年に財政健全化プログラムを策定し、毎年目標を見直しながら取り組みを続けることにより、健全化の数値指標は当初の目標を大幅に上回り、改善を図ることができました。

 また、未収金の解消についても、最も多い時期に比べ3分の1以下に縮減しており、さらには行政の最大経費である人件費の削減についても、目標を前倒して達成するなど、合併効果の最大限の発揮に向けて取り組むことができました。

 さて、国ではこのまま人口が減少し、東京一極集中が続けば地方が消滅するという視点に基づき、昨年末に魅力あふれる地方を創生するため、「地方の雇用創出」、「地方への人の流れをつくる」、「若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」、「事代に合った地域づくりと地域間連携」の4点を基本目標に据えた「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」と、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定し、補正及び当初予算において地方創生に係る多額の予算を計上しております。

 伊那市では、企業誘致と既存企業の活性化、移住定住の促進、結婚推進と子育て支援、広域的な観光等の取り組みなど、以前からこれらの課題に取り組んでいたことから、国による地方創生を推進力として、さらにその取り組みを充実する方向で、予算編成に取り組んだところでございます。平成27年度当初及び平成26年度3月補正・追加分の両者が一体となり、事業を推進することにより、実効性のある地方創生を目指すものであります。

 なお、平成26年度3月補正・追加分については、現在、予算額等を精査中であり、今会期中に御審議をお願いする予定でございます。

 さて、本予算編成に当たって、長期的、総合的に力を入れた部分について触れさせていただきます。

 最初に、林業を中心とした雇用、エネルギーの地産地消から都市との連携までを一つのパッケージとして取り組むものであります。伊那市は、市域の82.5%の森林を有することから、その豊富な森林資源を活用した事業として、木質燃料の生産などによる雇用創出への助成、ストーブ購入補助などによるエネルギーの地産地消、小中学校の机の天板、廊下、教室の腰板等の公共施設の木質化、地域材によるキットハウスの建設とお試し居住の提供、新宿区とのカーボンオフセットなど、全ての事業を林業中心に展開し、永続的な林業の活性化にもつなげようと計画をしております。

 2つ目として、移住定住の促進策として、地域住民と行政が移住者をサポートする田舎暮らしモデル地域事業を新山地区で実施いたします。この展開に当たっては、「新山くらっし応援団」として複数の地域おこし協力隊員を配置するとともに、移住定住への助成充実と市内外への情報発信を行いつつ、新たなモデル地区の指定も進めたいと考えております。あわせて、好評の集落支援員によるワンストップの相談体制を継続してまいります。

 また、市民及び移住者の子育て世代にぴったりな環境を提供するため、多子世帯の保育料軽減について、国県制度に加え市単で上乗せ支援することとし、低所得階層に支援が厚くなるよう配慮をしております。さらに、共働き世帯への支援として延長保育料の軽減にも取り組みます。

 さらに、母乳相談や出産後、支援の必要な産婦が助産所等に宿泊する費用を助成する産後ケア事業、出産祝い金の拡充による支援、また、総合学習の実施や農業体験による教育現場における「暮らしの中の食」を実践するなど、魅力ある教育の提供に取り組みます。

 3つ目として、古くて新しい産業である農業が輝くために、JA上伊那、また生産者の皆様等とも連携し、農業振興に鋭意取り組みます。中でも新宿高野との連携による果物のブランド化、ヤマブドウワイン「山紫」の販売、加えて新たな特産品の開発等による農産物のブランド化、六次産業化を進めるとともに、農産物の販売拡大に向け市場などへのトップセールスに積極的に取り組みます。さらに、農業体験研修の実施や、就農希望者へのサポートを行い、新規就農者確保に努めます。

 また、企業と行政が協力し、地域経済の活性化とUIターンの促進に向けた取り組みとして、若者の通年雇用・育成に対する助成や、新規創業、展示会等への出展を支援するなど、引き続き企業支援に取り組みます。

 4つ目には、花、食、山岳といった地域資源を活用した観光事業を、広域的な連携を図りつつ進めるものであります。具体的には、信州そば発祥の地伊那を4週連続そば祭りでPRすると同時に、国道361号沿線自治体の麺によるつながりを活用し、木曽、飛騨高山まで広域的な観光連携に取り組みます。

 また、さくら祭り、南アルプスを全国に向け情報発信すると同時に、茅野、木曽福島からの二次交通を確保することにより、広域的な誘客を図る事業も計画しております。

 徐々に拡大してまいりました農家民泊を柱とした「教育学習旅行」や「インバウンド」事業につきましては、さらに工夫に努めながら、伊那市の豊かな地域資源を積極的にPRしてまいります。

 なお、以上の事業の多くは、国からの地方創生先行型交付金を活用しており、当初及び補正一体の予算計上となっております。

 以上が、私が今後の伊那市の将来を見据え、長期的かつ総合的に実施をしてまいりたい事業でございます。

 さらにもう一つ、国からの消費喚起・生活支援型交付金を活用した事業があります。

 まず、プレミアム商品券発行事業として、全市民向けの商品券発行に加え、2人以上の子供を育てる家庭への支援として、プレミアム率を高めた商品券を用意する予定であります。

 また、市外からの消費を喚起するものとして、観光に訪れる皆さんを対象にお土産チケットの配布を予定しており、観光客数の増加と市内土産物店の売り上げの増加を狙ったものであります。なお、商品券の発行規模や、条件等については、3月補正・追加分でお知らせをしてまいります。

 次に、平成27年度の予算編成の概要としては、前年度に続き市政運営の基本となります伊那市総合計画の基本構想における施策体系を中心に、「子供たちがずっと暮らせる地域、お年寄りを尊敬し家族と一緒に暮らし続ける地域」を目指して、予算を組み立てております。

 27年度の予算規模は、一般会計で320億2,200万円、前年度の当初予算では骨格予算でありましたので、肉づけ予算の6月補正時点との比較では3億3,850万円、1.1%の増で、特別会計、企業会計を合わせますと、562億6,930万円となり、前年度6月補正後の対比では、21億50万円、3.9%の増となりました。

 一般会計の増加要因としては、障害者自立支援給付及び生活保護費の増に加え、国民健康保険特別会計等の保健事業会計への繰り出し金の増加が主なものであり、全体での増加要因は、国民健康保険特別会計における保険財政共同安定化事業の対象医療費拡大に伴い予算規模が膨らんだことが主なものであります。

 一般会計の歳入のうち主なものについて御説明申し上げます。

 まず、市税は、全体では前年度比1.1%の減となりました。

 市民税の内訳では、法人市民税において企業業績の回復により8.2%の増を見込んだものの、個人市民税では景気回復の影響のおくれと、生産年齢人口の減少から0.6%の減少を見込み、市民税全体では0.8%の増としてあります。

 固定資産税は3年に1度の評価がえの影響と、地価の下落により3.2%の減を見込んだものであります。

 また、地方消費税交付金については、昨年4月の消費税率の改正による影響が通年化することから、31.7%の大幅な増額を見込んでおります。

 なお、税率改正における増収分については、社会保障経費に充当しております。

 次に、地方交付税では、ほぼ前年並みを見込んでおりまして、繰入金では、「伊那中央病院への退職手当負担金として」職員退職手当基金から、「産科開業医支援及び伊那緑ヶ丘幼稚園の建設支援に」福祉基金から、また、「移住定住等の助成金に」まちづくり基金から、それぞれ繰り入れを行い、2億6,000万円余、36.2%の増となっております。

 市債につきましては、国税の伸びに伴い臨時財政対策債を2億円減としてあります。

 次に、歳出でありますが、部局ごとの主な事業につきまして、特に新規、充実事業、また前年度との変更部分を中心に触れさせていただきます。既に予算編成の重点事項として申し上げました内容は省略をさせていただきますので、御承知をいただきたいと存じます。

 まず、議会の事業として、市民と議会の意見交換に必要な経費を計上しておりまして、活発な対話の中から建設的な意見に期待をするところであります。

 次に、総務部の主な事業としましては、3市町村の合併10年を迎えることから、まちづくりの行動指針となる市民憲章を制定したいと考えております。また、合わせて合併の検証と組織体制の見直しが必要と考えております。

 行財政改革への取り組みとしては、行政サービスの向上と業務の効率化を図るため、第3次行政改革大綱の策定を予定しており、歳入の確保策として、ふるさと納税について特典の見直しとPRの充実により、少しでも多くの伊那市のファンをふやしてまいりたいと考えております。

 安全で安心できるまちづくりでは、いよいよこの4月に上伊那広域消防本部が発足し、災害時の広域的な支援体制の充実と、効率的で高度な消防活動が期待されます。

 また、消防団活動を支援するため、東部方面隊においてデジタル簡易無線機を導入し、非常時の活動における連絡系統の強化を図ってまいります。

 市民生活部の主な事業としては、地球温暖化対策の取り組みとして、地域おこし協力隊による自然エネルギー地域コーディネーターを配置し、森のエネルギー循環や再生可能エネルギーの活用を探り、地域おこしにつなげたいと考えております。

 また、生ごみ処理容器購入補助については、新たに買いかえに対する助成を含めた制度を見直して、ごみの減量化を進めるとともに、消費者保護対策として伊那市消費生活センターを中心に、引き続き消費生活相談機能の充実を図り、オレオレ詐欺等の消費者被害防止を図ってまいります。

 なお、ごみ処理施設整備の基金へは1億円の積み立てを予定しておりますが、決算状況等を見る中で、さらに積み増しを行いたいと考えております。

 窓口業務では、マイナンバーの導入について、市民への的確な情報提供とスムーズな対応に向け機器等の整備を予定しており、税務関係では、航空写真を活用して効率的に固定資産の現況調査を行い、適正で公平な課税と税収確保に努めてまります。

 次に、保健福祉部の主な事業として、社会福祉関係では昨年度モデル事業を実施した生活困窮者自立支援事業を本格実施し、また引き続き昨年度の消費税率引き上げに伴う臨時福祉給付金及び子育て世帯臨時特例給付金に必要な経費を計上してございます。

 子育て支援としては、先に触れた多子世帯への保育料軽減や延長保育料の軽減に加え、相談や助言等を行う子育てコーディネーターを配置するとともに、保育園の整備統合を進めてまいります。

 高齢者対策では、施策を総合的に見直す中で、在宅高齢者の外出支援や住宅のバリアフリー化補助、おたっしゃ祝い品贈呈、高齢者クラブの健康づくり事業への補助等の事業を充実いたします。また合わせて、認知症対策の推進や、紙おむつ等購入券の交付対象拡大により、高齢者の在宅生活の支援・介護サービスの充実に取り組みます。

 健康推進では、ポイント制による特典の付与により、日常生活における健康づくりの推進と、超音波検査の追加により乳がん検診を充実いたします。

 また、国民健康保険特別会計の安定した運営のため、保険税率の改定に加え、法定外の繰り出しを行うとともに、給付金の増等に対応するための介護保険料額の改定も行うこととしております。市民の皆様には負担をお願いするわけでありますが、努めて改定率を抑えるよう努力してまいりますので、医療・保険制度維持のために格別の御理解をいただきますようお願い申し上げます。

 農林部の主な事業としては、農業の経営安定化に向け、引き続き経営所得安定対策と「人・農地プラン」を推進するとともに、農地中間管理機構を活用した農用地の集約化、集積化を促進いたいます。また、みはらしファームに交流促進施設を整備し、さらなる誘客を図る考えでございます。

 耕地関係では、多面的機能支払交付金により、地域住民による農業施設の維持管理を促進し、県営事業及び団体営土地改良事業により農業基盤整備を進めてまいります。

 林業関係では、引き続き有害鳥獣対策と松くい虫の被害防止対策に取り組みながら、伊那市50年の森林ビジョンを策定し、市民と森林との持続可能なかかわりを探るものであります。また、南アルプス線を初めとする林道についても、順次整備を図ってまいります。

 続いて商工観光部でありますが、今回の地方創生の大きな柱は産業振興であり、商工観光部がその中心でありますので、既に触れましたとおり、地方創生に関する交付金などを活用して、企業の積極的な投資や雇用確保を支援してまいります。

 主な施設整備としては、塩見小屋の建設が最終年となることや、ローズガーデンについて市内企業からの寄附により整備を進める予定であります。中小企業支援としては、引き続き融資事業により経営支援を行うものであります。さらには、観光協会の充実に向けた支援を強化し、さくら祭り等への誘客を図ってまいります。

 また、自動車運送事業会計では、老朽化する林道バスの更新を計画しており、産業立地につきましては、土地開発公社から移管となりました保有地の売却と企業誘致に取り組んでまいります。

 次に、建設部の主要事業としましては、道路事業として国道153号伊那バイパスは、一部用地で売買契約の締結が始まり、引き続き用地買収を進めてまいります。伊駒アルプスロードは、長野県により天竜川右岸のルート帯の年度内決定に向け調整が進んでおり、今後、国による事業化に向けて同盟会を中心に要望活動を行います。

 また、環状南線や環状北線の建設事業は、ルートの調整を地域と進め、一日も早い開設に努めます。その他、小黒川スマートインターチェンジの整備や地域の主要道路の整備、橋梁等の維持補修、交通安全施設の設置に加え、県施行による道路改良も進む見込みであり、これに伴う必要な道路改良負担金を計上しております。

 また、三峰川上流域における砂防事業も計画的に行われ、工事に伴い整備されます仮称新鷹岩トンネルも工事着工となります。

 戸草ダムにつきましても、治水ダムとしての整備が図られるよう、引き続き要望してまいります。

 その他、道路地図のデジタル化や国土調査、一般住宅の耐震化を進めるとともに、景観行政団体として良好な景観の形成に努めてまいります。

 次に、教育委員会の主な事業でございますが、学校教育関係では、学校運営における課題が多様化、増大する中、迅速な対応を図るため主導主事を2名体制にするものと、引き続き信州型コミュニティスクール事業により、地域と学校が一体となって子供を育てる仕組みを進めてまいります。

 また、学校給食等のあり方検討を踏まえ、学校給食施設の整備工事に着手してまいります。

 生涯学習では、生涯学習基本構想における基本計画について見直しを行うとともに、伊澤修二記念音楽祭に合わせ、毎年感動を与えてくれます東京藝術大学の演奏による伊那市の歌を録音、CD化する事業への取り組みや、古い地名の調査について、未着手の地域について実施をしてまいります。また、各種施設の企画展や6回目となる「信州伊那高遠の四季展」を開催いたします。

 ハード面では、伊那公民館や手良公民館、東春近小学童クラブ等の施設整備を進めます。

 スポーツ関係では、市民体育祭やスポーツ講習に加え、全国レベルの各種スポーツ大会の開催、陸上競技場の第2種公認のため、施設整備や検定に対応してまいります。

 最後に、水道部関係の事業では、簡易水道事業においては、効率的な事業経営につながる公営企業会計の適用に向けた固定資産台帳の整備に着手し、あわせてクリプトスポリジウム等の対策を進めてまいります。

 水道事業では、下水道整備等に合わせた老朽管等の更新を実施をし、有収率の向上を図り、下水道事業においては、下水道計画区域の面的整備を進めるとともに、経済対策と合わせた接続サポート補助金により早期接続の促進に取り組んでまいります。

 なお、上下水道事業は人口減少と節水器具の普及による使用水量の減少により、今後、厳しい事業運営が見込まれるため、持続可能な運営に向け経営改善に努めてまいります。

 以上、平成27年度の主要事業について御説明を申し上げました。

 本定例会に提出いたしました議案は、報告案件1件、一般案件5件、条例案件22件、予算案件19件の合計47件でございます。詳細につきましては、担当部長から御説明申し上げますので、よろしく御審議の上御議決くださいますようお願い申し上げまして挨拶といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号 専決処分の承認を求めることについて

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第3、議案第1号「専決処分の承認を求めることについて」を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 篠田総務部長。

     (総務部長 篠田貞行君登壇)



◎総務部長(篠田貞行君) 議案書の1ページをお願いいたします。

 議案第1号「専決処分の承認を求めることについて」御説明をいたします。

 この議案は地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分をいたしましたので、これを御報告をし御承認をお願いをするものであります。

 おめくりいただき、2ページをお願いいたします。

 専決処分書であります。平成26年度伊那市一般会計第8回補正予算を、専決第1号として平成27年1月15日付で専決処分をしたものであります。

 専決処分の理由でありますが、除雪費用の増額と東春近小学童クラブの建設事業における継続費について増額の必要がありましたので、専決処分とさせていただいたものでございます。

 次に、補正予算の内容につきまして御説明をいたしますので、別冊の平成26年度伊那市補正予算書(1月専決補正)の、3ページをごらんをいただきたいと思います。

 3ページ、第1条でありますが、歳入歳出それぞれ5,100万円を追加をし、補正後の予算の総額を歳入歳出それぞれ328億7,410万円としたものであります。

 第2条は継続費の補正でありますので、お手数ですが2枚おめくりをいただき、6ページをお願いをいたします。

 6ページ、第2表、継続費の補正は変更でございまして、10款教育費の東春近小学童クラブ建設事業におきまして、事業費の総額に80万円を追加をし総額を3,020万円、年割額をごらんのとおりに変更をお願いをしたものでございます。

 変更の理由につきましては、1月に入り詳細設計の完了により、継続費として設定した額の不足が明らかとなりましたが、児童の利用を考えた場合、施設の完成時期を夏休み前としたいことから、早期に入札を実施をする必要がございましたため、専決処分とさせていただいたものであります。

 次に歳入、歳出の関係御説明いたしますので、14ページをお開きをいただきたいと思います。

 14ページの歳出、8款土木費、2項2目道路維持費は、15ページの道路維持で、11節の消耗品費は道路凍結防止剤を、13節委託料は除雪に係る委託料費についてそれぞれ増額をお願いをするものでございます。先ほど市長が挨拶の中で触れましたが、本年度は12月から降雪と低温による路面の凍結が多く、今年1月の時点で除雪費用の不足が明らかとなったため専決とさせていただいたものであります。

 以上が歳出でございますが、次に歳入の関係、御説明いたします。

 お手数ですが、1ページお戻りいただき、12ページをお願いをいたします。

 歳入であります。12款地方交付税で、今補正予算に係る一般財源に充当をするものであります。

 以上、平成26年度伊那市一般会計第8回補正予算の専決処分につきまして、御説明を申し上げました。よろしく御審議いただき御承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第1号は会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、議案第1号は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 御意見ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより議案第1号を採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

     (起立)



○議長(伊藤泰雄君) 起立全員であります。

 よって、議案第1号は、原案のとおり承認されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第2号 財産(土地)の譲与について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第4、議案第2号「財産(土地)の譲与について」を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 篠田総務部長。

     (総務部長 篠田貞行君登壇)



◎総務部長(篠田貞行君) 議案書の3ページをお願いをいたします。

 議案第2号「財産(土地)の譲与について」御説明をいたします。

 この案件は、公民館敷地を地元区へ譲与することにつきまして、地方自治法の規定に基づき議会の議決をお願いをするものであります。

 記書きをお願いをいたします。譲与する土地は、伊那市東春近8061番1で、地目、地積はそれぞれごらんをいただくとおりでございます。

 譲与する相手方は、原新田区区長、荻原秀昭氏、譲与する日は平成27年4月1日とするものであります。

 譲与する土地につきまして、議案関係資料で御説明いたしますので、関係資料の1ページをお願いいたします。

 関係資料の1ページでありますけれど、原新田公民館の位置図でございます。この敷地は、原新田区の共有財産であったものを、平成11年市に寄附採納されたものでございますが、引き続き公民館用地としての使用を前提に認可地縁団体となりました同区に無償譲渡をするものでございます。

 以上でございます。よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第2号は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号 市営土地改良事業の施行について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第5、議案第3号「市営土地改良事業の施行について」を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 富山農林部長。

     (農林部長 富山裕一君登壇)



◎農林部長(富山裕一君) 議案書の4ページをお願いいたします。

 議案第3号「市営土地改良事業の施行について」御説明させていただきます。

 市営土地改良事業の施行に当たりましては、土地改良法第96条の2、第2項の規定により議会の議決をお願いするものであります。

 今回、施工を予定しておりますのは、農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業、地区名手良地区で、平成27年度から国、県の補助を得て事業に着手いたしたく提案するものでございます。工種及び数量はごらんいただきまして、事業費は総額1億5,000万円で、負担割合は国が50%、県が1%、市が39%、地元が10%を予定しております。

 事業位置などにつきまして御説明いたしますので、議案関係資料の2ページをお願いいたします。

 最初に地区の状況でありますが、本地区は昭和40年代前半から50年代前半にかけて第一次農業構造改善事業及び農村基盤総合整備事業により整備されたものであり、経年劣化による老朽化が著しく、用水の安全供給が困難となっているとともに、維持管理に多大な労力を費やしています。また、農業従事者の高齢化、後継者不足に伴う労働力の低下も懸念されております。このような中、農業用水の安定供給と維持管理の軽減が求められており、こうした状況を受けまして今回農山漁村活性化プロジェクト支援交付金事業を活用して、農業用水利施設の更新を行うものであります。

 事業箇所は太線でお示しした箇所で、受益面積は合計63.7ヘクタールでございます。平成27年度から31年度までの施行を予定しており、27年度は総延長7,200メートルのうち約800メートルの改修を予定しております。

 以上、議案第3号につきまして御説明させていただきました。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第3号は、経済建設委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号 中央自動車道に関する救急業務に係る関係関連事務の受託の廃止について



△議案第5号 中央自動車道に関する救急業務に係る事務の受託について



△議案第6号 伊那市民憲章策定委員会設置条例



△議案第7号 伊那市行政手続条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第6、議案第4号「中央自動車道に関する救急業務に係る関係関連事務の受託の廃止について」から、議案第7号「伊那市行政手続条例の一部を改正する条例」までの4案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 篠田総務部長。

     (総務部長 篠田貞行君登壇)



◎総務部長(篠田貞行君) 議案書の5ページをお願いをいたします。

 議案第4号「中央自動車道に関する救急業務に係る関係関連事務の受託の廃止について」御説明をいたします。

 中央自動車道における救急業務に係る関係関連事務につきましては、これまで伊那消防組合から受託をしてきたところでありますが、組合の解散に伴い事務受託を廃止するため提案をするものであります。

 事務受託の廃止につきましては、地方自治法の規定により関係市町村の協議と関係市町村議会の議決をいただく必要がございまして、今回お願いをするものであります。

 なお、伊那消防組合を構成する4市町村のうち、中央自動車道に関する救急業務に係る関係関連事務を受託しているのは、インターチェンジが所在する伊那市と辰野町であり、それぞれ議決をいただいたのち、速やかに事務受託の廃止について協議書を提出することとなっております。

 説明は以上でございます。

 続きまして、おめくりいただき議案書の6ページをお願いをいたします。

 議案第5号「中央自動車道に関する救急業務に係る事務の受託について」御説明いたします。

 消防事務の上伊那広域化に伴いまして、上伊那広域連合から中央自動車道に関する救急業務に係る事務を受託をするため、提案をするものであります。

 本年4月1日以降、伊那市が上伊那広域連合から事務を受託するためには、議案第4号同様に地方自治法の規定により規約を定め、関係市町村の協議と関係市町村の議会の議決をいただく必要がございますので、今回お願いをするものであります。

 おめくりいただき、7ページをお願いをいたします。

 7ページは、中央自動車道に関する救急業務に係る事務の委託に関する規約でございます。

 第1条は事務の範囲を、また第2条は経費の負担を示したものであり、第3条は必要な事項は協議して定めるとしたものであります。

 附則で、この規約は平成27年4月1日から施行するとしたものであります。

 説明は以上でございます。

 続きましておめくりいただき、議案書の8ページをお願いをいたします。

 議案第6号「伊那市民憲章策定委員会設置条例」につきまして、御説明を申し上げます。

 最初に提案理由を御説明いたしますので、1枚おめくりいただき、次の9ページ下段をごらんをいただきたいと思います。

 伊那市民憲章策定委員会を設置するためということでございまして、先ほど市長が挨拶の中で触れましたが、平成27年は合併10年目節目の年ということでございまして、これを機に市民憲章を制定をさせていただきたくお願いをするものであります。

 条例の内容につきまして御説明いたしますので、8ページにお戻りをいただきたいと思います。

 第1条は委員会の設置について、第2条は委員会の任務について市長の諮問により審議いただく旨を規定をし、第3条は組織について、委員は10人以内で組織し、委員は市長が委嘱するとし、第4条は任期について、市民憲章の策定が終了するまでとし、第5条は正副委員長について、第6条は会議について、第7条は委員会の庶務について、第8条は委任規定につきまして定めたものでございます。

 附則でございますが、この条例は平成27年4月1日から施行するとしたものでございます。

 説明は以上でございます。

 おめくりいただき、10ページをお願いをいたします。

 10ページ、議案第7号「伊那市行政手続条例の一部を改正する条例」につきまして、御説明を申し上げます。

 提案理由を先に御説明いたします。

 おめくりいただき、12ページの下段をごらんをいただきたいと思います。

 国民の権利、利益の保護の充実を図ることを目的に、行政手続法の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、今回大きく3つの項目を追加をさせていただくものであります。

 改正内容につきまして御説明いたしますので、お手数ですが議案関係資料の3ページをお願いをいたします。

 関係資料の3ページ、伊那市行政手続条例新旧対照表でございます。

 最初の目次から恐れ入りますが3枚おめくりいただき、6ページ、第28条までは、今回の改正に合わせ文言の整理をさせていただくものでありますので、後ほど御確認をいただきたいと思います。

 次の、第33条でありますけれども、行政指導の方式について定めておりますが、第2項に行政指導を行う場合に、その権限行使の根拠を示さなければならないことを追加をするもので、これにより行政指導の手続の透明性を高め、不適切な行政指導を防止をするということにつなげるものであります。

 7ページをお願いをいたします。

 新たに追加をさせていただく、第34条の2は、行政指導の中止等の求めに関する規定であります。

 第1項では、行政指導の相手方が行政指導が規定等の要件に適合しないと判断した際には、その旨を申し出て行政指導の中止などの必要な措置を求めることができるとするもの。第2項は、申出書の記載内容の定め、第3項は申し出があった場合の調査の実施と、その結果行政指導が規定する要件に適合しないと認めた際の中止などの措置を定めたものであります。

 次に新たに追加する第4章の2、処分等の求めに係る規定であります。

 第34条の3は、法令違反の事実があり、その是正のための行政指導がされていないと判断した場合は、何人もその処分や行政指導の実施を求めることができるとするものであります。

 8ページをお願いをいたします。

 第2項は申し出書の内容について、第3項は申し出があった場合、必要な調査の実施と必要があると認められる場合の措置を規定したものであります。

 9ページをお願いをいたします。

 9ページは、伊那市税条例新旧対照表であります。伊那市行政手続条例の適用除外を定めております第4条につきまして、引用条項を改正をさせていただくものであります。

 お手数ですが、議案書の12ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でございますが、第1項では、この条例は平成27年4月1日から施行することとし、第2項は先ほど御説明した伊那市税条例の一部改正であります。

 以上、議案第4号から第7号まで一括御説明を申し上げました。よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第4号から議案第7号までの4案は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第8号 伊那市職員定数条例等の一部を改正する条例



△議案第9号 伊那市教育委員会教育長の勤務時間、休日、休暇等及び職務専念義務の特例に関する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第7、議案第8号「伊那市職員定数条例等の一部を改正する条例」、議案第9号「伊那市教育委員会教育長の勤務時間、休日、休暇等及び職務専念義務の特例に関する条例」の2案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 原教育次長。

     (教育次長 原 秀夫君登壇)



◎教育次長(原秀夫君) 議案書の13ページをお願いをいたします。

 議案第8号「伊那市職員定数条例等の一部を改正する条例」について御説明をいたします。

 提案理由を御説明をいたしますので、15ページをお願いをいたします。

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行によりまして、教育長が一般職から特別職となったことに伴い、一般職として規定されております関係条例の一部を改正するため提案するものでございます。

 改正内容につきまして、議案関係資料で御説明をいたしますので、お手数ですが議案関係資料の10ページをごらんをいただきたいと思います。

 伊那市職員定数条例新旧対照表でございます。

 この条例は一般職の職員定数を規定しておりますが、第2条中、「教育長及び」を削ります。

 おめくりをいただき、11ページをごらんをいただきたいと思います。

 伊那市特別職の職員の給与等に関する条例新旧対照表でございます。教育長が特別職となったことから、別表第1では、教育長の項を設け、給料月額を規定するもので、別表第3の表では、改正法でなくなる委員長の項を削除するものでございます。

 おめくりをいただき、12ページをごらんをいただきたいと思います。

 伊那市職員の旅費等に関する条例新旧対照表でございます。

 改正法により、教育委員会の長が教育長となることから、第2条第1号中、「教育委員会委員長」を「教育委員会教育長」に改めるものでございます。

 おめくりをいただきまして、13ページをお願いをいたします。

 伊那市特別職の職員等の退職手当に関する条例新旧対照表でございます。

 改正法により教育長が議会の同意が必要な特別職となることから改正をお願いするもので、題名及び第1条では、「等」を削り、第2条では「地域自治区長及び教育長」を「教育長及び地域自治区長」に改め、第3条第1項では、「教育長」と「地域自治区長」の規定順を改め、第4条では「等」を削り、おめくりをいただき第5条では、根拠法令が改正されたため第19条を第19条第1項に、「同項第4号」を「同項第3号」に改め、第6条では「等」を削ります。

 おめくりをいただきまして、15ページをお願いをいたします。

 伊那市一般職の職員の退職手当に関する条例新旧対照表でございます。

 第1条では、「教育長及び」を削ります。

 議案書の14ページへお戻りください。

 附則でございますが、この条例は平成27年4月1日から施行するものでございます。

 第2項ないし第6項までは経過規定で、現教育長が在職する間は改正後の条例の各規定は適用せず、改正前の各規定はなおその効力を有するものでございます。

 説明は以上でございます。

 続きまして、議案書の16ページをお願いをいたします。

 議案第9号「伊那市教育委員会教育長の勤務時間、休日、休暇等及び職務専念義務の特例に関する条例」について御説明します。

 17ページの提案理由をごらんをいただきたいと思います。

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴いまして、教育長の勤務時間、休日、休暇等及び職務に専念する義務の特例について必要な事項を定めるものでございます。

 お戻りをいただきまして、16ページをお願いをいたします。

 第1条は、この条例の趣旨でございます。

 第2条は勤務時間、休日、休暇等を定めるものでございます。

 第3条は、職務に専念する義務の免除を定めるものでございますが、改正法において新たに教育長の職務専念義務が定められたことにより、その免除に係る承認及びその他、免除の取り扱いについて否定するものでございます。

 附則でございますが、第1項でこの条例は平成27年4月1日から施行するもので、第2項で従前の根拠規定が廃止されたことから、この規定に基づく既存の条例を廃止するものでございます。第3項は経過規定で、現教育長が在職する間は、改正後の条例の規定は適用せず、廃止前の伊那市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の規定は、なおその効力を有するものでございます。

 説明は以上でございます。御審議のほうよろしくお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第8号、議案第9号の2案は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第10号 伊那市一般職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例



△議案第11号 伊那市積立基金条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第8、議案第10号「伊那市一般職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例」、議案第11号「伊那市積立基金条例の一部を改正する条例」の2案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 篠田総務部長。

     (総務部長 篠田貞行君登壇)



◎総務部長(篠田貞行君) 議案書の18ページをお願いをいたします。

 議案第10号「伊那市一般職の職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例」につきまして、御説明をいたします。

 提案理由をごらんをいただきたいわけですが、独立行政法人通則法の一部を改正する法律の施行等に伴い、所要の改正を行うため提案をするものでございます。

 改正の内容につきまして御説明いたしますので、議案関係資料の16ページをお開きをいただきたいと思います。

 関係資料の16ページ、伊那市一般職の職員の退職手当に関する条例の新旧対照表であります。

 第3条第2項につきましては、傷病に係る適用条項を改めるもの。

 下の第7条第5項につきましては、おめくりいただき17ページをお願いをいたします。同項第2号中、一般地方独立行政法人を定義するための引用条項を改めるものです。

 おめくりいただき、18ページをお願いをいたします。

 第8条の2につきましては、文言の整理等を行うもの、おめくりいただいた19ページも同様でございますので御確認をいただき、19ページ下、附則第17項につきましては、20ページをお願いしたいと思います。退職手当の支給基準を定義するための引用条項を改めるものでございます。

 以上、御説明申し上げたとおり、法改正に伴う引用条項、また字句などの改正でございまして、制度の内容の変更はございませんので、よろしくお願いをいたします。

 お手数ですが、議案書の18ページへお戻りをいただきたいと思います。

 附則でございますが、この条例は平成27年4月1日から施行するとしたものであります。

 説明は以上でございます。おめくりいただき、次の議案書の19ページをお願いをいたします。

 議案第11号「伊那市積立基金条例の一部を改正する条例」につきまして、御説明いたします。

 最初に、下段の提案理由をごらんをいただきたいわけですが、防災行政無線施設整備運営基金を廃止するため、提案をさせていただくものであります。高遠町地区を最後に進めてまいりました防災行政無線同報系のデジタル化工事が終了することから、当該基金を廃止するためのものでございます。

 改正内容につきまして御説明させていただきますので、関係資料の21ページをごらんをいただきたいと思います。

 伊那市積立基金条例新旧対照表でございます。

 ごらんのとおり別表におきまして、防災行政無線施設整備運営基金の項を削除をさせていただくものであります。

 恐れ入りますが、議案書の19ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でありますが、この条例は平成27年6月1日から施行するとしたものであります。事業の算出が確定をし、基金の取り崩しを終えたのちに基金を廃止することとするためで、施行日を出納閉鎖後の6月1日とさせていただくものであります。

 以上、議案第10号及び議案第11号、一括で御説明を申し上げました。よろしく御審議を賜りますよう、お願いを申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第10号、議案第11号の2案は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号 伊那市国民健康保険税条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第9、議案第12号「伊那市国民健康保険税条例の一部を改正する条例」を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 御子柴市民生活部長。

     (市民生活部長 御子柴泰人君登壇)



◎市民生活部長(御子柴泰人君) 議案第12号「伊那市国民健康保険税条例の一部を改正する条例」について御説明申し上げますので、議案書の20ページをお願いいたします。

 今回の条例改正は国民健康保険税の所得割額、被保険者均等割額及び世帯別均等平等割額に係る率を改定するため、お願いするものであります。

 初めに、今回改正をお願いをする背景を申し上げます。

 伊那市の国民健康保険会計は、市町村合併以降実質的な国保税の税率改定を行わずに運営してまいりました。この間、加入者は1万8,962人から1万7,200人に減少し、これに伴い加入者に御負担いただく税収は5億1,600万円の減収となっております。一方、医療の高度化などに伴う医療費の増などにより、支出は増加を続け、この間で8億7,200万円の増となっております。この結果、平成20年度以降毎年実質収支は赤字が続いており、平成25年度では1億7,400万円余の赤字、平成26年度は3億円を超える赤字が見込まれる状況となっております。これまでは、積み立ててあった基金を取り崩して投入し、収支を合わせてきたところでございますが、本年度末にはこれも底をつき、さらに一般会計からの繰り入れをお願いせざるを得ない状況となってきております。

 こうした状況を踏まえまして、国民健康保険会計を健全に運営するため、平成27年度以降の国民健康保険税の税率の引き上げをお願いするものであります。

 今回の改定に当たりましては、市費からの法定外繰り入れも行う予定で、税率の引き上げ幅を抑制したところであり、改定後の加入者負担については、県下19市中、上伊那郡8市町村中ともに中位程度となる見込みであります。

 なお、今回の改定に当たりましては、伊那市国民健康保険運営協議会にお諮りをし答申をいただいた内容に沿ったものとなっておりますので、御了解をいただきたいと思います。

 具体的な内容について御説明申し上げますので、議案関係資料の22ページをお願いいたします。

 伊那市国民健康保険税条例新旧対照表でございます。

 初めに、第3条第1項は、国民健康保険被保険者に係る所得割額を定めたもので、総所得額、総所得金額等に乗じる率を「100分の4」から「100分の5.6」に改めるもの。次の第5条は、被保険者一人当たりにお願いする均等割額を「1万8,000円」から「2万円」へ改めるものでございます。

 続く第5条の2は、一世帯ごとにお願いする被保険者に係る世帯別、平等割額について定めるもので、第1号では特定世帯、特定継続世帯以外の世帯について、「1万9,000円」を「2万1,000円」に改め、第2号では特定世帯はその2分の1に当たる「1万500円」に、第3号では特定継続世帯については4分の3に当たる「1万5,750円」にそれぞれ改めるものです。

 おめくりをいただきまして、第7条の2では、国民健康保険の被保険者に係る後期高齢者支援金等課税額の均等割額を定めたもので、一人当たり「5,000円」から「6,000円」に改め、続く第7条の3では、同様に世帯別平等割額を定めたもので、第1号の世帯は「5,000円」を「6,000円」に、第2号の世帯は、その2分の1に当たる「3,000円」に、第3号の世帯は、その4分の3に当たる「4,500円」にそれぞれ改めるものであります。

 次に、第23条では低所得者に係る国民健康保険税の減額について定めており、第1号では、世帯の所得額の合計が33万円を超えない世帯に適用される7割軽減の額を規定し、おめくりいただきまして、第2号では世帯の所得の合計が33万円に、被保険者及び特定同一世帯所属者一人当たり24万5,000円を加えた額を超えない世帯に適用される5割軽減の額を、第3号では、世帯の所得額の合計が33万円に被保険者及び特定同一世帯所属者一人当たり45万円を加えた額を超えない世帯に適用される2割軽減の額を、それぞれ定めたものでございます。

 なお、25ページの最後に参考としまして、国民健康保険税の税率改定の概要についてを載せてございます。今回、改正をお願いする基本税率について一覧にまとめたものでありますので、ごらんいただければと思います。

 恐れ入りますが議案書にお戻りいただき、21ページをお願いいたします。

 附則でありますが、第1項は施行期日を平成27年4月1日とするもの。第2項は、この条例による改正後の規定は、平成27年度以後の年度分の国民健康保険税について適用し、平成26年度分までの国民健康保険税については、従前の例によることを定めるものでございます。

 以上、議案第12号について御説明申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第12号は、社会委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第13号 伊那市地域自治区制度審議会条例を廃止する条例



△議案第14号 伊那市地方創生総合戦略審議会条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第10、議案第13号「伊那市地域自治区制度審議会条例を廃止する条例」、議案第14号「伊那市地方創生総合戦略審議会条例」の2案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 篠田総務部長。

     (総務部長 篠田貞行君登壇)



◎総務部長(篠田貞行君) 議案書の22ページをお願いをいたします。

 議案第13号「伊那市地域自治区制度審議会条例を廃止する条例」につきまして、御説明をいたします。

 伊那市における今後の地域自治区制度のあり方について審議をさせていただくため、平成26年3月定例会におきまして条例制定による同審議会の設置をお認めいただき、各地域の現状と課題を明らかにする中で全6回にわたる審議を進めていただきました。そうした中で昨年12月に当該制度のあり方につきまして、同審議会から市長への答申がなされ、所定の目的が達せられたもので、同ページ下段の提案理由にございますとおり、伊那市地域自治区制度審議会の廃止をお願いをするものでございます。

 なお、審議会の答申に基づく市としての考え方等につきましては、後ほど全員協議会で御説明をさせていただく予定でございます。

 続いておめくりいただき、議案書の23ページをお願いをいたします。

 議案第14号「伊那市地方創生総合戦略審議会条例」につきまして御説明をいたします。

 初めに提案理由でございますが、おめくりをいただき24ページの下段をごらんをいただきたいと思います。

 本条例は伊那市地方創生総合戦略審議会を設置をするため、提案をさせていただくものであります。

 ここで若干、経過等につきまして触れさせていただきたいと思います。

 先ほど市長の挨拶でもございましたが、地方における自治体消滅また東京圏等への一極集中と超高齢化による財政破綻のリスクなど、こうしたことを踏まえ日本の社会全体にわたる喫緊の課題として、地方創生の取り組みが求められているところでございます。こうした状況を受け昨年11月には、まち・ひと・しごと創生法が交付され、また、翌12月には同法に基づく国の長期ビジョン及び総合戦略が閣議決定をされております。今後、各自治体におきましても、これらのビジョン等を勘案する中で、平成27年度中に地方版の人口ビジョン及び総合戦略の策定が必要となることに鑑み、伊那市における地方創生の取り組みに関する総合的な検討機関として当該審議会の設置をお願いをするものであります。

 お手数ですが、23ページにお戻りをいただきたいと思います。

 第1条は、組織の設置に関する規定でございまして、伊那市地方創生総合戦略の策定及びその総合的かつ計画的な推進並びに効果の検証等を目的とし設置をするもの、第2条は任務に関する規定でございまして、人口の変化に係る影響及び将来推計、並びに総合戦略における基本目標及び具体的施策等を掲げてございます。

 第3条は、組織に関し委員定数を20人以内とし、ごらんの各選出区分に応じ、市長が委嘱するとしたものであります。

 第4条では委員の任期を2年とし、第5条では委員の互選による会長及び副会長の選出、並びに役割と。第6条では、会議の招集及び運営等を定めてございます。第7条は審議会の庶務、第8条は委任規定でございます。

 附則でございますが、この条例は平成27年4月1日から施行するとしたものであります。

 以上、議案第13号、議案第14号を一括御説明申し上げました。よろしく御審議賜りますよう、お願いをいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第13号、議案第14号の2案は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第15号 伊那市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例



△議案第16号 伊那市保育園条例の一部を改正する条例



△議案第17号 伊那市介護予防施設条例の一部を改正する条例



△議案第18号 伊那市指定地域密着型サービスの事業の運営等に関する基準を定める条例の一部を改正する条例



△議案第19号 伊那市指定地域密着型介護予防サービスの事業の運営及び指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法等に関する基準を定める条例の一部を改正する条例



△議案第20号 伊那市指定介護予防支援等の事業の運営及び指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例



△議案第21号 伊那市地域包括支援センターにおける包括的支援事業の実施に係る基準を定める条例の一部を改正する条例



△議案第22号 伊那市介護保険条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第11、議案第15号「伊那市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例」から議案第22号「伊那市介護保険条例の一部を改正する条例」までの8案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 城取保健福祉部長。

     (保健福祉部長 城取 誠君登壇)



◎保健福祉部長(城取誠君) 議案書の25ページをお願いいたします。

 議案第15号「伊那市福祉医療費給付金条例の一部を改正する条例」について御説明を申し上げます。

 提案理由でございますが、県の福祉医療費給付事業の制度改正に伴いまして所要の改正を行うため提案するものであります。

 福祉医療費の給付事業につきましては、県の要綱に基づく事業を市町村が実施をした場合、その2分の1を県が補助するというものでございますけれど、県補助金の対象となる障害者のうち、18歳年度末までの障害児の所得制限を、平成27年度から廃止するため、市の条例をあわせて改正するものであります。

 改正内容につきまして御説明を申し上げますので、議案関係資料の26ページをお願いいたします。

 関係資料26ページ、伊那市福祉医療費給付金条例の新旧対照表でございます。

 第3条第2項は、給付金の支給対象としない者の規定でありますが、旧の第3条第2項ただし書き中、「第1号又は」を削り、同項第8号及び第9号中に「出生の日から満18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者を除く」を加え、障害児については所得制限を設けず、給付金の支給対象とするものというものでございます。

 以上が改正内容でございます。

 議案書の25ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でございます。この条例は平成27年4月1日から施行するというものでございます。

 以上でございます。

 続きまして、おめくりをいただき議案書の26ページをお願いいたします。

 議案第16号「伊那市保育園条例の一部を改正する条例」について御説明を申し上げます。

 提案理由でございますが、竜東地区の保育園統合整備計画に基づき、現在、伊那北保育園の新園舎を建設をしておりますが、伊那北保育園の完成によりまして定員の変更と統合となる伊那東保育園を廃止するため、またあわせて保育料の規定についてその範囲を定めるため、改正をお願いするものであります。

 内容について御説明をいたしますので、議案関係資料の27ページをお願いいたします。

 伊那市保育園条例新旧対照表でございます。

 第2条は、保育園の名称、位置等について定めておりますが、伊那東保育園の廃止に伴い伊那東保育園を表から削除し、現在建設をしております伊那北保育園につきましては、竜東地区の乳幼児の動向等から、定員を120人に改めるものであります。

 第7条は、本年4月から開始となります子ども子育て新制度の運用に伴い、保育料の徴収根拠を条例に規定するために改正をお願いするもので、条例に徴収根拠を定めることにより、公の施設の使用料として公債権として扱うことができるものであります。

 なお、条例に規定するに当たり、上限額もしくは範囲を定めることが求められていることから、新にありますとおり、「法に基づいて定められた基準の範囲内」とするものであります。

 議案書の26ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則の施行日でございますが、廃園及び定員変更の規定は、伊那北保育園の開園予定日であります6月8日とし、第7条の保育料徴収の規定は新制度が開始となります4月1日とするものであります。

 以上でございます。

 おめくりをいただき、議案書の27ページをお願いいたします。

 議案第17号「伊那市介護予防施設条例の一部を改正する条例」について御説明を申し上げます。

 初めに提案理由でございますが、下段にありますとおり、新たに介護予防施設を設置するため、改正をお願いするものでございます。

 改正の内容について御説明いたしますので、関係資料の28ページをお願いいたします。

 伊那市介護予防施設条例新旧対照表でございます。

 第2条で上村いきいき交流施設の次に、北新いきいき交流施設以下3施設の名称、位置を追加するものであります。

 議案書の27ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でございますが、条例の施行日を施設の完成に合わせまして、平成27年3月31日とするものでございます。

 以上でございます。

 おめくりをいただき、議案書の28ページをお願いいたします。

 議案第18号「伊那市指定地域密着型サービスの事業の運営等に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」につきまして御説明をいたします。

 初めに提案理由でございますが、おめくりをいただき29ページの下段にございますとおり、介護保険法施行規則等の一部を改正する省令の施行に伴いまして、所要の改正を行うものであります。

 なお改正内容につきましては、省令で定められている内容と同様としてございます。

 改正内容について御説明を申し上げますので、議案関係資料の29ページをお願いいたします。

 29ページ、条例の新旧対照表でございます。

 第6条は、指定定期巡回・随時対応型訪問介護看護の事業評価を簡素化するもの。第12条は、認知症対応型通所介護の基本方針で、事業の目的を明確にするもの。第16条は、指定小規模多機能型居宅介護の事業評価を簡素化するもの。第27条からおめくりをいただき31ページの第29条までは、「複合型サービス」の名称を「看護小規模多機能型居宅介護」に改めるものであります。

 議案書の29ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でありますが、この条例は平成27年4月1日から施行するというものでございます。

 以上でございます。

 続きまして、議案書の30ページをお願いいたします。

 議案第19号「伊那市指定地域密着型介護予防サービスの事業の運営及び指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法等に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」につきまして御説明を申し上げます。

 初めに提案理由でございますが、下段にありますとおり介護保険法施行規則等の一部を改正する省令の施行に伴いまして、所要の改正を行うものでございます。

 なお改正内容は同じく、厚生労働省令で定めているものと同様としてございます。

 改正内容について御説明を申し上げますので、議案関係資料の32ページをお願いいたします。

 関係資料32ページ、条例の新旧対照表でございます。

 第8条は、指定介護予防小規模多機能型居宅介護における事業評価を簡素化するもの。第10条は、介護保険法の改正に伴う引用規定の改正でございます。

 議案書の30ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でございますが、この条例は平成27年4月1日から施行するものでございます。

 以上でございます。

 続きまして、議案書の31ページをお願いいたします。

 議案第20号「伊那市指定介護予防支援等の事業の運営及び指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」につきまして御説明を申し上げます。

 提案理由でございますが、おめくりをいただきまして32ページの下段にありますとおり、介護保険法施行規則等の一部を改正する省令の施行に伴いまして、所要の改正を行うものでございます。

 改正内容同じく、労働省令で定められているものと同様としているところであります。

 内容について御説明申し上げます。議案関係資料の33ページをお願いいたします。

 33ページ、条例の新旧対照表でございます。

 第5条第12号は、指定介護予防支援における介護支援専門員の個別サービス計画の提出請求に係る規定の追加で、以下はそれに伴う条文の整備。

 おめくりをいただきまして、34ページの同条第28号は、地域ケア会議における個別のケアマネジメントの事例提供の協力に関する規定の追加でございます。

 議案書の31ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でありますが、この条例は平成27年4月1日から施行するものでございます。以上でございます。

 続きまして、議案書の33ページをお願いいたします。

 33ページ、議案第21号「伊那市地域包括支援センターにおける包括的支援事業の実施に係る基準を定める条例の一部を改正する条例」につきまして御説明を申し上げます。

 初めに提案理由でございますが、下段にございますとおり、地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律の一部が、本年4月1日に施行となるため所要の改正を行うものであります。

 改正内容について御説明申し上げますので、議案関係資料の35ページをお願いいたします。

 関係資料35ページ、条例の新旧対照表でございます。

 第1条でございますが、条例の趣旨規定の根拠につきまして、介護保険法「第115条の46第4項」としているものを、同条「第5項」に変更するものであります。

 議案書の33ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でありますが、この条例は平成27年4月1日から施行するものでございます。

 以上でございます。

 続きまして、議案書の34ページをお願いいたします。

 議案第22号「伊那市介護保険条例の一部を改正する条例」につきまして、御説明を申し上げます。

 初めに提案理由でございますが、おめくりをいただきまして35ページ下段にありますとおり、介護保険法施行令等の改正に伴い介護保険料額を改定をするため改正をお願いするものでございます。

 改正内容について御説明を申し上げますので、議案関係資料の36ページをお願いいたします。

 36ページ、介護保険条例の新旧対照表でございます。

 第9条は、保険料の改定に係る規定の改正でありまして、表の右側、新が改定後の保険料額になります。現行の第1段階と第2段階が介護保険法施行令の改正により、新たな第一段階にまとめられましたので、保険料の段階は現行の11段階から10段階となるものであります。

 第1号からおめくりをいただきました37ページの第10号までは、保険料の段階及び金額を定めるもの、また、第2項から第5項までは保険料段階の判定に係る所得の基準を定めるものでございまして、この基準につきましては、現在の保険料段階と変更はありません。

 なお、今回の改正によりまして、基準となります改正後の第5号の保険料につきましては、年額で「5万4,720円」から「5万9,760円」に、それから月額でございますけれども、「4,560円」から「4,980円」となりまして、改定率は9.2%となるものでございます。

 また、37ページ下段の第11条は、介護保険法施行令の改正に伴う引用条文等の改正でございます。

 議案書の35ページにお戻りをいただきたいと思います。

 35ページ上段、附則でございます。

 附則第1項でありますが、この条例の施行期日を平成27年4月1日とするものでございます。

 第2項は保険料に関する経過措置、第3項及び第4項は、今回の介護保険制度の改正によりまして、平成27年度から新たに取り組むべき事業につきまして体制が整うまで実施を延伸する規定でございまして。第3項は、介護予防・日常生活支援総合事業について、平成29年4月1日から。また、第4項は認知症総合支援事業につきまして、平成28年4月1日からそれぞれ行うこととした規定でございます。

 以上、議案第15号から議案第22号まで一括御説明をさせていただきました。よろしく御審議を賜りますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第15号から議案第22号までの8案は、社会委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第23号 伊那市商工業振興条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第12、議案第23号「伊那市商工業振興条例」を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 原商工観光部長。

     (商工観光部長 原 武志君登壇)



◎商工観光部長(原武志君) 議案書の36ページをお願いいたします。

 議案第23号「伊那市商工業振興条例」の全部改正につきまして、御説明をいたします。

 最初に、39ページに記載してございます提案理由でございますが、全国的に中小企業に対する振興の機運が高まっている中で、国や県における法整備に照らし、地域が一体となって商工業の振興を推進するため、基本方針や行政の責務などを明文化し、商工業の振興を推進するための実務的な規定につきましては、条例の施行規則に整理するため、条例の全部改正を提案するものであります。

 国におきましては、昨年6月に小規模企業振興基本法が施行され、さらに11月には地方創生に向けたまち・ひと・しごと創生法が施行されました。また、長野県におきましても、昨年3月に経済団体等の要望に応えまして、中小企業振興条例が施行されております。いずれの法令も基本理念や基本原則、行政・民間の責務、努力規定を明確にしまして、相互の連携により振興や発展を図ることを目指しております。

 現行の伊那市の商工業振興条例は、必要な助成を行うことにより商工業者の育成と企業立地を促進し、商工業の振興と雇用機会の拡大を図ることを目的に、3市町村が合併いたしました平成18年3月31日に、条例施行規則とともに施行をされております。

 合併から9年が経過しようとする中で、この間、少子高齢化や人口減少が徐々に進行し、経済環境にも大きな変動があり、商工業者や商工関係団体、行政が相互に連携して経済を活性化することが今まで非常に重要となっております。国や県の法令と整合性を図り、基本方針を明確にする中で、官民の責務や役割を明文化し、官民一体となった商工業を振興すること。

 また、市が実施すべき補助金の交付などの財政的措置と当該措置に対する取り消しと変換規定を条例で明記した上で、実務的な規定につきましては一括して条例の施行規則に整理することとするものでございます。

 36ページ、第1条でありますけれども、目的であります。商工業の基盤強化、持続的発展を促進することにより、広く市民生活の向上と地域社会の活性化を寄与することを目的といたします。

 第2条は、用語の定義を定めるものでございます。

 第3条は、現行条例にはありません。基本方針について明文化するもので、商工業の進行については、第1項で商工業みずからの創意工夫と自助努力を基本としまして、その活力が最大限発揮されますよう第2項と第3項で市、商工業者、支援機関の連携と、市民の理解・協力を得ながら地域社会や市民生活の調和を図り進めることを規定といたします。

 第4条から第7条までは、基本方針や目的を具現化するために、市、商工業者、支援機関、市民のそれぞれの責務、役割などについて明文化いたします。

 第4条の市の責務でございますけれども、関係機関と連携をし図りながら、商工振興策を総合的に推進する中で、具体的な施策として商工関係者の意見の反映に努めながら、第2項に定める6つの事項を実施をいたします。

 おめくりをいただきたいと思います。

 第5条、商工業者の努力規定では、商工業者は環境の変化に応じた自主的な事業の成長発展による地域貢献、また積極的な雇用、人材育成、環境整備などに努めることを規定いたしました。

 第6条では、商工団体や金融機関などの支援機関につきまして、それぞれが有する専門性を生かして、中小企業者等に対する支援的役割を明確にいたしました。

 第7条は、市民についても商工業の発展に協力する旨を規定いたします。

 第8条では、市は商工振興策として補助金の交付などの財政的な措置を行い、当該措置に係る取り消し及び返還規定を明文化する中で、その実務的な取り扱いにつきましては条例の施行規則で一括して成立することといたします。

 第9条は、商工業振興審議会に関する規定でございます。現行とほぼ同じ内容でございますが、第2項第2号で審議内容といたしまして、「雇用及び人材育成に関する事項」を追加いたしました。また、第3号では、審議会委員として現在も2名の公募員をお願いしているところでございますが、「公募による者」の規定を明文化いたしました。

 おめくりをいただきたいと思います。

 38ページ、附則でございますが、この条例は平成27年4月1日から施行するものとし、経過措置といたしまして2及び3で、現行条例の規定によりまして補助金の交付等を受けていたり、商工業振興審議会の委員である方につきましては、その取り扱いや任期につきまして支障が生じませんよう経過措置を規定するものです。

 それから、4と5では今回の条例の改正に伴いまして、本条例を引用いたします伊那市税条例の特別土地保有税と伊那市創業支援センター条例の規定につきまして、それぞれ必要条文を改正することを規定するものでございます。

 なお、4、5につきましては、議案関係資料の38ページ、39ページに新旧対照表を掲載してございますので御確認をいただきたいと思います。

 説明は以上でございます。よろしく御審議を賜りますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第23号は、経済建設委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第24号 伊那市都市公園条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第13、議案第24号「伊那市都市公園条例の一部を改正する条例」を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 山崎建設部長。

     (建設部長 山崎大行君登壇)



◎建設部長(山崎大行君) 議案書の40ページをお願いをいたします。

 議案第24号「伊那市都市公園条例の一部を改正する条例」について御説明をいたします。

 今回の条例改正は新たに伊那北公園を設置するため、提案するものでございます。

 改正の内容につきまして、議案関係資料で御説明いたしますので、議案関係資料の40ページをお願いいたします。

 伊那市都市公園条例第2条関係、名称、位置を定めた別表の新旧対照表でございます。新たに伊那北公園を加えるもので、位置は伊那市山寺1937番地6でございます。

 おめくりをいただき、41ページをお願いいたします。

 伊那北公園の位置図になります。JR伊那北駅南側の旧井上医院跡地の一部で、太線で囲んだ部分になります。土地所有者から土地と公園施設を御寄附いただいたもので、寄附者の地域への思いから名称を伊那北公園とするものでございます。

 面積につきましては、ごらんをいただきたいと思います。

 お手数ですが、議案書の40ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でありますが、この条例の施行日は、平成27年4月1日からとするものでございます。

 説明は以上でございます。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第24号は、経済建設委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第25号 伊那市多目的集会施設条例の一部を改正する条例



△議案第26号 伊那市体育施設条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第14、議案第25号「伊那市多目的集会施設条例の一部を改正する条例」、議案第26号「伊那市体育施設条例の一部を改正する条例」の2案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 原教育次長。

     (教育次長 原 秀夫君登壇)



◎教育次長(原秀夫君) 議案書の41ページをお願いします。

 議案第25号「伊那市多目的集会施設条例の一部を改正する条例」でございます。

 改正理由について御説明をいたしますので、42ページをお願いをいたします。

 提案理由でございますが、市長が長谷多目的集会施設の管理を行う場合の取り扱いについて規定するため、提案するものでございます。

 改正内容について御説明をいたしますので、議案関係資料の42ページをお願いをいたします。

 伊那市多目的集会施設条例新旧対照表でございます。

 第16条第1項で、市長は必要があると認めるときは、集会施設の管理をみずから行うことができることを規定し、第2項では、第5条から第7条まで、第9条、第10条及び別表の規定中、市長が集会施設の管理を行う場合に必要な読みかえについて規定するものであります。

 第17条では使用料について、第18条では使用料の減免について、第19条では使用料の還付について追加するものでございます。

 おめくりをいただきまして、第16条から4条が加えられたため、旧の第16条を第20条に繰り下げるものでございます。

 お手数ですが、議案書の42ページにお戻りをいただきたいと思います。

 附則でございますが、この条例は平成27年4月1日から施行するものというものでございます。

 続きまして、議案書の43ページをお願いします。

 議案第26号、「伊那市体育施設条例の一部を改正する条例」について御説明します。

 提案理由でございますが、46ページをごらんをいただきたいと思います。

 利用実績のない高遠スポーツ公園テニスコートの廃止と本年4月長野県から譲渡される長野県伊那勤労者福祉センターについて、所要の改正を行うものでございます。

 内容につきまして、議案関係資料で御説明をいたしますので、お手数ですが議案関係資料の44ページをお願いをいたします。

 伊那市体育施設条例新旧対照表でございます。

 第2条第3号の表から、「高遠スポーツ公園テニスコート」の項を削除し、同条第5号の伊那市民体育館の位置を「伊那市西町5834番地8」に改めます。これは伊那市に移管される長野県伊那勤労者福祉センターと伊那市民体育館の2施設を総称して伊那市民体育館とするもので、代表地番を現在の長野県伊那勤労者福祉センターの所在地とするものでございます。

 次に別表第1の表から、「高遠スポーツ公園テニスコート」の項を削除します。

 別表第2中第12項を削り、おめくりをいただき、以降1項ずつ繰り下げ、第14項の次に第15項として「伊那市民体育館」の利用料の規定を加えます。

 移管されます長野県伊那勤労者福祉センターを伊那市民体育館の「メインアリーナ」とし、現在の伊那市民体育館を「サブアリーナ」とします。メインアリーナの利用料金は、現行の勤労者福祉センターの料金体系を基本としながら、サブアリーナとの均衡を図る中で一部見直しをし、おめくりをいただき、イのサブアリーナの利用料金は据え置きといたしました。

 おめくりをいただき47ページをお願いをいたします。

 (2)附属施設は、長野県伊那勤労者福祉センターの会議室と現在建設中の別棟を合わせたもので、長野県伊那勤労者福祉センター会議室の利用料金を参考に会議室とトレーニングルームごとの使用料を規定いたしました。

 設備用器具は変更がございません。

 高遠スポーツ公園テニスコートの廃止につきましては、2月3日に開催されました高遠町地域自治協議会で御説明をし、特に御意見はございませんでした。

 また、この条例につきましては、2月12日に開催をされましたスポーツ推進審議会において御審議をいただいたものでございます。

 議案書の46ページをお願いをいたします。

 附則でございますが、この条例は平成27年4月1日から施行するものでございます。

 以上、よろしく御審議をお願いをいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第25号、議案第26号の2案は、総務委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第27号 伊那市下水道条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第15、議案第27号「伊那市下水道条例の一部を改正する条例」を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 小牧水道部長。

     (水道部長 小牧良一君登壇)



◎水道部長(小牧良一君) 議案書の47ページをお願いいたします。

 議案第27号「伊那市下水道条例の一部を改正する条例」について御説明いたします。

 今回の改正は、下水道条例と現行の下水道法等、関係法令等を照合しました結果、公共下水道へ排出する際に届け出が必要な悪質下水の水質の基準等を改正する必要が生じたため、提案するものであります。

 詳細について御説明いたしますので、関係資料の49ページをお願いいたします。

 49ページ、伊那市下水道条例新旧対照表でございますが、第2条の定義の10号の特定施設ですが、新たに「又はダイオキシン類対策特別措置法第12条第1項第6号に規定する水質基準対象施設」を加えるものであります。

 第17号、責任技術者ですが、旧では「財団法人長野県下水道公社」を新では「公益財団法人長野県下水道公社」に改めるものであります。

 第29条の悪質下水の排除の開始等の届け出でありますが、下水道法施行令の一部が改正され、旧の「令第9条の8」が新では「令第9条の10」に、旧「令第9条の9」が「令第9条の11」に繰り下がり、水温など5項目の基準が追加となるものであります。

 お手数ですが、議案書の47ページにお戻りいただきまして、附則でございますが、この条例は既に関係法令等が施行されていますので、公布の日から施行とするものであります。

 以上でございます。よろしく審議を賜りますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第27号は、経済建設委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第28号 公の施設の指定管理者の指定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第16、議案第28号「公の施設の指定管理者の指定について」を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 篠田総務部長。

     (総務部長 篠田貞行君登壇)



◎総務部長(篠田貞行君) 議案書の48ページをお願いをいたします。

 議案第28号「公の施設の指定管理者の指定について」御説明をいたします。

 記書きの1、介護予防施設は新たに竣工が予定をされている3施設について、指定管理者制度により施設管理を行っていくため、指定管理者と指定期間を定めるものであり、それぞれ地元の区、また常会を指定管理者として指定をさせていただくもので、指定期間はごらんのとおりでございます。

 次の2、体育館は伊那市民体育館でありますが、先ほど議案第26号で御説明をいたしたとおり、長野県伊那勤労者福祉センターが伊那市に移管されるのに伴いこれを伊那市民体育館メインアリーナとし、附属施設とあわせ指定管理者制度により施設管理を行っていくため、施設管理者として期間を定めるものであります。

 指定管理者は他の体育施設と同様に、伊那市振興公社とし、指定期間につきましては、他の体育施設の満了時期に合わせるため、2年間とさせていただくものであります。

 なお、いずれの施設も指定管理者の選定等に当たっては、伊那市公の施設指定管理者選定審議会において御審議をいただき、その結果に沿った内容でございます。

 説明は以上でございます。よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第28号は、付託表のとおり所管の各委員会に付託いたします。

 暫時休憩いたします。

 再開は11時10分といたします。



△休憩 午前10時51分



△再開 午前11時10分



○議長(伊藤泰雄君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第29号 平成26年度伊那市一般会計第9回補正予算について



△議案第30号 平成26年度伊那市国民健康保険特別会計第3回補正予算につきまして



△議案第31号 平成26年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計第3回補正予算について



△議案第32号 平成26年度伊那市後期高齢者医療特別会計第1回補正予算について



△議案第33号 平成26年度伊那市介護保険特別会計第2回補正予算について



△議案第34号 平成26年度伊那市簡易水道事業特別会計第1回補正予算について



△議案第35号 平成26年度伊那市水道事業会計第2回補正予算について



△議案第36号 平成26年度伊那市下水道事業会計第3回補正予算について



△議案第37号 平成26年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第17、議案第29号「平成26年度伊那市一般会計第9回補正予算について」から議案第37号「平成26年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について」までの9案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 篠田総務部長。

     (総務部長 篠田貞行君登壇)



◎総務部長(篠田貞行君) 議案第29号「平成26年度伊那市一般会計第9回補正予算について」御説明を申し上げます。別冊の平成26年度伊那市補正予算書(3月補正)3ページをお開きをいただきたいと思います。

 3ページ、第1条で、歳入歳出それぞれ1億5,120万円を追加をさせていただき、予算の総額を330億2,530万円とさせていただくものでございます。

 今回の補正後の予算規模は前年同期と比較し4.3%の減でありまして、補正の主な内容は退職者の増、また職員配置及び人員の増減等に伴う人件費の補正、また決算を見込む中で各基金への積み立て、さらに年度末を控え事業の確定により決算に近づけるためお願いをしたものであります。

 第2条、継続費の補正、第3条、繰越明許費の補正、第4条、地方債補正、それぞれ別表で御説明いたします。

 8ページをごらんをいただきたいとます。

 8ページ、第2表継続費の補正は変更で、9款消防費、高遠町地区防災行政無線デジタル化整備事業におきまして、事業費の確定により事業費の総額から1,268万1,000円を減じて、総額を1億7,261万9,000円、年割額についてはごらんのとおり変更をお願いするものであります。

 続いて右側9ページですが、第3表繰越明許費の補正は、1は追加で2款以降、地域自治振興はふるさと創生基金により長谷地区において太陽光など再生可能エネルギーを活用する事業が、施設の耐震確認に時間を要したため繰り越しをさせていただくもの。

 6款1項農業観光整備は、農業用機械等の整備事業において国の補正に伴い採択される見込みとなったもの。

 次の特産振興は、ヤマブドウワインの商標登録において国の審査が次年度となることから、繰り越しをお願いするもの。

 6款2項群集造林及び次の私有林管理は、林道及び作業道の開設等整備事工事において降雪により年度内の完成が見込めないことから繰り越しをお願いするもの。

 9款土木費の3つの事業は、それぞれ事業の進捗にあわせ繰り越しをお願いするもの。

 10款教育費の小学校改築は、高遠小学校外壁改修が降雪のため施工におくれが生じ、完成が次年度にずれ込むことが予想されるためのもの。

 下の2の変更でございますが、3款1項高齢者福祉施設整備は、美篶に建設が進められております民間の老人保健施設について資材また人工等の不足により工事が遅延が予想されるため、変更の追加をお願いをするものであります。

 8款土木費の特定路線は、12月に繰り越し予算をお願いをしました新ごみ中間処理施設の進入路であります三峰川左岸線において、事業の進捗に伴い変更をお願いするもの。次の交通安全施設は、市道日影沢線において埋設物の移設に時間を要することから、追加の繰り越しをお願いをするもの。

 10款教育費の公民館建設は、12月に設計費の繰り越しをお願いをした手良公民館建設の用地取得において、農振除外等にさらに日数を要することから、追加をお願いするものでございます。

 おめくりいただき10ページ、3表地方債の補正は変更でございまして、上から4つは各事業における事業の確定に伴う減額、それから2つ目の合併特例事業については、小黒川スマートインターの事業費の追加に伴う増額が含まれております。また、一番下、緊急防災減債事業は、新伊那消防署の建設において消防指令センター部分への充当を追加をさせていただくものでございます。

 次に予算の内容について説明させていただきますが、今3月補正は人件費の補正また事業費や団体負担金等の確定による増減、また基金利子の積み立てなど決算に近づける内容が大部分でありますので、それ以外の特徴的なものを中心に説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、36ページまでお進みをいただきたいと思います。

 36ページ、歳出でありますけれど、さらに1枚おめくりいただき、38、39ページをごらんをいただきたいと思います。

 38ページ、2款総務費、1項1目一般管理費は、右のページ、総務一般事務の3節職員手当等で、退職者数が当初見込みの20人から37人にふえたことによる退職手当の増額をお願いをするもの。これに伴い下から2つ目、職員退職手当積立金は、積立額を減額をさせていただくものであります。

 おめくりをいただき、40ページ6目企画費は、右のページ企画で、25節積立金は今年度のふるさと基金について積み立てをさせていただくものであります。

 なお、その他の事業につきましても、目的に合わせふるさと寄附を積み立ててございます。

 お手数ですが2枚おめくりをいただき、44ページ、12目積立基金費の右ページの2つ目、財政調整基金は南箕輪村住宅団地の焼却灰撤去処分の負担額が増額となったことに伴い、これまでの積立金に不足する7,700万円と健全化プログラムに沿って決算を見込む中での剰余金合わせて5億円を積み立てをさせていただくものです。

 お手数ですが、58ページまでお進みをいただきたいと思います。

 58ページからは、民生費でございます。1項1目社会福祉総務費の右側、最後の臨時福祉給付金は給付事業の終了に伴う減額で、最終的な申請者9,487名でございました。

 おめくりをいただき、60ページの4目障害者福祉費は、右側の中ほど障害者自立支援医療で、給付実績の伸びから増額をお願いをするものであります。

 おめくりをいただき、右側63ページの中ほどですが、福祉基金の積立金は、次年度に予定されます産科開業支援と伊那緑ヶ丘幼稚園移転新築に対する支援に係る費用を積み立てるものであります。

 おめくりをいただき、64、65ページ、右側の65ページですが、子育て世帯臨時特例給付金も給付事業の終了に伴う減額で、最終的な申請率は97.7%でございました。また、中ほどの児童手当は当初予算における児童数の見込みが過大であったため、減額をさせていただくものであります。

 おめくりをいただき、66ページの下段、3項生活保護費の2目扶助費は、右ページの生活保護で、内容はおめくりをいただき69ページにありますように、平成25年度における生活保護費の精算に伴う返還金でございます。

 おめくりいただき、70ページからは衛生費でございまして、中ほどの2目予防費の右ページ一般予防は、子宮頸がんの予防接種において積極的勧奨の一時中止が継続されていることに伴う接種委託料の減額でございます。

 お手数ですが2枚おめくりいただき、74ページをお願いをいたします。

 74ページの9目国民健康保険費は、国保会計操出金で給付費の増加と基金の減少に伴い一般会計からの法定外繰出しをさせてただくものであります。

 続いて下段の2項1目清掃総務費は、右側の19節負担金で、伊那中央行政組合分の減額は、先ほど申し上げた南箕輪村住宅団地の焼却灰撤去処分の負担が次年度に先送りをされたということに伴うものであります。

 3枚おめくりをいただきまして、80ページからは農林水産業費でございまして、下段の3目農業振興費は、農業環境整備の19節補助金で、昨年の豪雪による農業施設の復旧事業が優先されたことにより、予定した事業採択が見送られたことによる減額でございます。なお、一部が国の補正により採択見込となりましたので、先ほど繰越明許をお願いをしたものであります。

 おめくりをいただき、82、83ページ、右側の83ページの一番上、農業経営基盤強化は19節補助金で、新規就農者支援事業等で交付者が確定したことによる減額でございます。

 おめくりをいただき、84、85ページは、右側85ページ団体営土地改良は、予定した事業が先送りされたこと等による減額でございます。

 2枚おめくりをいただき、88ページからは商工費でございます。

 中ほどの2目、商工業振興費の右ページ、工業振興は工場等設置事業の申請が予想を下回ったことによる減額でございます。

 2枚おめくりいただき、92ページからは土木費でございますが、お手数ですがさらに2枚おめくりをいただき、96、97ページをお願いいたします。

 97ページのスマートインターは、国庫補助の増額に伴う事業費の増で、その下、橋梁維持は事業進捗に合わせ事業費を組みかえた上、繰り越しをお願いをするものでございます。

 3枚おめくりをいただき、102ページをお願いいたします。

 消防費の関係でございます。それぞれ事業の確定でございますが、右ページ103ページの中ほど、消防施設整備の25節積立金は、県道の拡幅に伴う消防団車庫の移築について、県道工事の関係で事業が28年度に変更となりましたが、改築の地元負担金が事前に寄附されましたので、財政調整基金に一時積み立てをさせていただくものであります。

 おめくりいただき104ページから教育費でありまして、それぞれ事業の確定でございますのでごらんをいただき、112ページまでお進みをいただきたいと思います。

 112ページの6目社会教育施設費は、右ページの2つ目、美術館の25節積立金で、信州伊那高遠の四季展に対する寄附金を美術等振興基金に積み立てをさせていただくものであります。

 さらに3枚おめくりをいただきまして、118ページ、12款公債費、1項1目元金は、12月の産業用地の売却に伴う第三セクター等改革推進債と昨年度事業における借り入れの過重当分を繰り上げ償還をさせていただくもの。2目利子は、過年度分の市債発行額の確定に伴い減額をさせていただくものであります。

 以上が歳出の関係であります。

 お手数ですが、歳入の関係、20、21ページへお戻りをいただきたいと思います。

 20ページ、歳入の関係。歳入につきましても収入額の確定によるもの、また決算に近づけるためのものでありますので、主な項目のみ申し上げます。

 1款の市税は、決算見込みに伴い総額で2億100万円を見込むもの。

 おめくりいただき、22ページの中ほど12款地方交付税と合わせ補正のための一般財源として留保をさせていただいたものであります。

 おめくりいただき、24ページをお願いをいたします。

 24ページの16款1項国庫負担金は、3目民生費国庫負担金で、右ページ説明書きの児童手当負担金の減額が主なもの。

 2項の国庫補助金は3目民生費国庫補助金で、地域活性化効果実感臨時交付金は平成25年度の国の補正に伴う地方負担に対する臨時交付を計上をしたもの、その他は地域介護福祉空間整備等交付金の減額と、8目土木費国庫補助金の社会資本整備総合交付金の増が主なものであります。

 おめくりをいただき、26ページの17款県支出金は、それぞれ事業の確定に伴う増減でございますので、ごらんをいただき。

 おめくりをいただき、28ページ3項委託金は、2目総務費委託金で、県知事選挙委託金の確定による減額でございます。

 次の18款財産収入、1項2目利子及び配当金は基金利子、2項1目不動産売り払い収入は産業用地の売り払い収入が主なものでございます。

 19款寄附金、1項はそれぞれ寄附金の補正でありますが、2目総務費寄附金はふるさと寄附の増によるものであります。

 おめくりいただき、20款繰入金の2項2目財政調整基金繰入金は、南箕輪村住宅団地焼却灰撤去処分の負担先を繰り入れによる減額、その他は必要額の確定による減額でございます。

 また、22款諸収入、5項1目雑入には、県市町村振興協会交付金を充当事業の科目に合わせ計上してございますのでごらんをいただき、おめくりいただきまして32ページの23款市債、先ほど御説明をさせていただいたところでございます。

 一般会計の関係は以上でございます。よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) 城取保健福祉部長。

     (保健福祉部長 城取 誠君登壇)



◎保健福祉部長(城取誠君) 補正予算書3月補正の127ページをお願いいたします。

 議案第30号「平成26年度伊那市国民健康保険特別会計第3回補正予算につきまして」御説明を申し上げます。

 今回の補正は、第1条歳入、歳出予算の補正で、歳入、歳出予算の総額に歳入、歳出それぞれ2億1,913万円を追加し、総額を69億3,024万円とするもので、補正後の予算規模は前年同期比で4.0%の増となります。

 内容につきまして御説明を申し上げますので、140ページをお願いいたします。

 140ページ、歳出からお願いいたします。

 今回の補正、主に決算に近づけるものでございまして、第1款総務費、1項1目一般管理費は、職員異動等の確定に伴う増額であります。

 おめくりをいただき、142ページの第2款1項1目の一般被保険者療養給付費は、医療費の給付実績見込みに基づく増額、2目の退職被保険者等療養給付費、3目の一般被保険者療養費につきましても、医療費の給付実績見込みに基づく減額でございます。

 下の段の2項高額療養費につきましても、先ほどと同様給付実績見込みに基づく決算に近づけるための補正でございます。

 おめくりをいただき、144ページの第7款1項3目保険財政共同安定化事業拠出金は、県単位で費用負担を調整し国保財政の安定化を図るための共同事業への拠出金でございますが、拠出金額の決算見込みに基づく増額であります。

 おめくりをいただき、146ページ8款2項1目特定健康診査等事業費は、特定健診事業における保健指導事業に対する国県支出金の充当に伴う財源の組み替えであります。

 おめくりをいただき、148ページ9款1項1目国民健康保険基金積立金は、本年度分の基金利子を積み立てるものであります。

 おめくりをいただきまして、150ページの10款1項1目利子は、一般会計からの一時借入金に対する利子の増額で、おめくりをいただき152ページの11款3項1目直営診療施設勘定操出金は、直営診療所の運営に関する特別調整交付金の確定に伴う操出金の増額であります。

 歳出は以上でございます。

 歳入につきまして御説明を申し上げますので、恐れ入りますが136ページにお戻りをいただきたいと思います。

 136ページ、歳入でございます。

 1款の国民健康保険税はそれぞれの区分につきまして税収見込みによる補正、中段の3款国庫支出金からおめくりをいただき、138ページ7款の前期高齢者交付金までは、本年度の各種拠出金額の確定と給付費等の決算見込みに基づく負担金交付金などの増額、減額をそれぞれお願いするものであります。

 8款の財産収入は、国民健康保険基金の本年度分利子の見込み額であります。

 9款1項1目一般会計繰入金は、保険基盤安定繰入金の増額をお願いするもの。一般会計繰入金のその他一般会計繰入金につきましては、本会計の収入不足を補うため、一般会計から法定外繰り入れをするものでございます。

 2項の基金繰入金は、増額補正によりまして国民健康保険基金の全額を繰り入れるものであります。

 11款諸収入は、保険税の延滞金と保険適用の誤りなどによる給付費の返還金であります。

 以上が国民健康保険特別会計第3回補正予算の内容でございます。

 続きまして、161ページをお願いいたします。

 161ページ、議案第31号「平成26年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計第3回補正予算について」御説明をいたします。

 今回の補正は、第1条、歳入、歳出予算の補正で、歳入、歳出予算の総額から、それぞれ1,245万円を減額し、総額を2億4,337万円とするもので、補正後の予算規模は、前年同期比で1.9%の増となります。

 補正予算の内容につきまして御説明申し上げますので、174ページをお願いいたします。

 174ページ、歳出からお願いいたします。

 今回の補正、主に決算に近づけるためのもので、1款総務費の1項1目一般管理費は、決算に近づけるための職員人件費委託料負担金などの減額、2目の基金積立金は診療所整備等基金の本年度医師分を積み立てるものであります。

 おめくりをいただき、176ページの2款1項1目医療費につきましては、医薬材料費及び検査手数料の単価見直し等による減額であります。

 おめくりをいただき、178ページの7款鍼灸費につきましては、決算に近づけるための人件費の補正となります。

 以上が歳出でございます。

 歳入につきまして御説明を申し上げますので、170ページにお戻りをいただきたいと思います。

 170ページ、歳入でございます。

 1款診療収入につきましては、国保や社保などからの診療報酬と患者負担分の実績見込みによる補正であります。

 2款使用料及び手数料は、診断書主治医意見書など文書料が、3款の繰入金ですが、赤字の減少に伴う一般会計繰入金の減額と国保特別会計からのへき地診療所特別調整交付金の増額など、4款諸収入はごらんをいただきまして、6款サービス収入は居宅介護サービス、またおめくりをいただき、自己負担金収入の実績見込みによります減額、10款の財産収入は、診療所整備等基金の本年度利子分であります。

 以上、国民健康保険直営診療所特別会計第3回補正予算の内容でございます。

 続きまして、185ページをお願いいたします。

 185ページ、議案第32号「平成26年度伊那市後期高齢者医療特別会計第1回補正予算について」御説明をいたします。

 今回の補正は、第1条、歳入、歳出予算の補正で、歳入、歳出予算の総額を歳入、歳出それぞれ709万円を増額し、総額を7億6,859万円とするもので、補正後の予算規模は前年同期比で7.1%の増となります。

 内容につきまして御説明を申し上げますので、196ページをお願いいたします。

 196ページ、歳出からお願いいたします。

 今回の補正内容は、同じく決算に近づけるためのもので、1款1項1目一般管理費は、職員人件費の確定に伴います減額であります。

 おめくりをいただき、198ページの2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金は、平成25年度の保険料のうち出納整理期間中に納付された保険料を後期高齢者医療広域連合へ納付するものであります。

 歳出は以上でございます。

 歳入につきまして御説明申し上げますので、194ページにお戻りをいただきたいと思います。

 194ページ、歳入でございます。

 4款繰入金は一般会計からの事務費繰入金の減額、5款繰越金は25年度からの繰越金であります。後期高齢者医療特別会計第1回補正予算の内容は以上でございます。

 続きまして、205ページをお願いいたします。

 205ページ、議案第33号「平成26年度伊那市介護保険特別会計第2回補正予算について」御説明をいたします。

 第1条歳入、歳出予算の補正でございますが、歳入、歳出予算の総額から歳入、歳出それぞれ1億3,342万円を減額し、総額を57億8,211万円とするもので、補正後の予算規模は前年同期比で2.1%の増となります。

 内容につきまして御説明を申し上げますので、218ページをお願いいたします。

 218ページ、歳出からお願いいたします。

 介護保険特別会計につきましても、主として決算に近づける補正でございます。

 1款1項1目の一般管理費は、職員人件費と広域電算負担金の確定に伴う減額、3項2目の認定調査等費は、介護認定調査に係る非常勤職員賃金及び主治医意見書作成手数料の実績見込みによる減額、3目の認定審査会共同設置負担金は、上伊那広域連合の認定審査会負担金の確定に伴う増額であります。

 おめくりをいただき、220ページ2款1項1目の居宅介護サービス等給付費は、要介護認定者に係るそれぞれの居宅介護サービスの給付実績に基づきます負担金の補正でございます。

 おめくりをいただき、222ページ2目施設介護サービス給付費につきましても、施設サービスの給付実績に基づきます負担金の増額であります。

 中段、2項1目の介護予防サービス等給付費は、要支援認定者に係る介護予防サービス給付などの給付実績に基づきます負担金の減額であります。

 おめくりをいただき、224ページ4款1項1目の介護予防事業費は、職員人件費や脳いきいき教室など介護予防事業の決算見込みによる減額で。

 おめくりをいただき226ページ、2項1目包括的支援事業費につきましても、職員人件費や社会福祉協議会からの派遣職員分負担金の決算見込みによる補正、2目任意事業費は財源組み替えを行うもの、またおめくりをいただきまして、228ページの5款1項1目の介護予防支援事業費は職員人件費等の決算見込みによる補正でございます。

 おめくりをいただき、230ページ6款1項1目の介護給付費準備基金積立金は、本年度分の基金利子の積み立てによる補正でございます。

 歳出は以上でございます。

 次に、歳入につきまして御説明をいたしますので、214ページにお戻りいただきたいと思います。

 214ページ、歳入でございます。

 4款の国庫支出金は、本年度分の保険給付の実績見込みによる国の負担金交付金のルール分と、補助事業の実績見込みによる事業補助金及び事業交付金の補正で、5款支払基金交付金と6款県支出金につきましても、実績見込みに伴う補正。7款財産収入は、介護給付費準備基金の本年度分利子の補正であります。8款サービス収入は、介護予防サービス計画作成の実績見込みに伴う補正。

 おめくりをいただき、10款1項の一般会計繰入金は保険給付費のルール分や、職員給与費などの一般管理費等に係る繰入金の実績見込みに伴う補正、2項の基金繰入金は、保険給付費の決算見込みに伴う減額であります。

 介護保険特別会計の補正内容は以上でございます。

 以上、議案第30号から33号までの御説明をさせていただきました。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) 小牧水道部長。

     (水道部長 小牧良一君登壇)



◎水道部長(小牧良一君) それでは、補正予算書の237ページをお願いいたします。

 議案第34号「平成26年度伊那市簡易水道事業特別会計第1回補正予算について」御説明いたします。

 今回の補正は、職員異動等による補正のほか、決算に近づけるための減額をお願いするものであります。

 第1条で歳入、歳出予算をそれぞれ462万円減額し、総額を2億628万円とするものであります。

 第2条の地方債については、240ページをごらんいただきまして、第2表のとおり簡易水道事業債と過疎対策事業債を合わせて320万円減額するものであります。

 次に、歳入について説明しますので、246ページをお願いいたします。

 246ページ、歳入でございますが、1款1項使用料の水道料金は、昨年、長谷簡易水道のなぎの沢水源におきまして、ジアルジアが検出され一時給水停止としたための減額であります。

 2款繰入金は、赤字補填分の増によるものであります。

 5款市債は、建設改良事業の確定見込みによる減であります。

 次に歳出でございますが、248ページから251ページまで職員異動等による人件費の補正をお願いしまして、252ページをお願いいたします。

 252ページの3款1項2目利子は、記載の支払利息の確定による減額であります。

 以上であります。

 続きまして、259ページをお願いいたします。

 259ページ、議案第35号「平成26年度伊那市水道事業会計第2回補正予算について」御説明申し上げます。

 今回の補正は、事業の確定見込み等により決算に近づけるための補正をお願いするものであります。

 第2条は収益的収入及び支出で、収入を2,494万2,000円増額し、総額を17億1,654万2,000円とし、支出を1,023万3,000円増額し、総額を17億5,284万3,000円とするものであります。

 なお、これにより消費税を除いた決算見込みは、約2,600万円の純損失と見込んでおります。

 第3条は資本的収入及び支出で、支出を308万6,000円増額し、総額を7億6,980万6,000円とし、収入不足額の補填財源について記載のとおり改めるものであります。

 おめくりをいただきまして、260ページですが、第4条は職員の異動等により職員給与が増額となり、議会の議決を経なければ流用することができない経費の金額を増額するもので、第5条は一般会計からの補助金を増額するものであります。

 262ページをお願いいたします。

 収益的収入でありますが、1項1目給水収益は、水道料金が減収傾向のため、300万円の減額。2項2目他会計補助金の一般会計補助金は、交付税措置分などによる増で、3目長期前受金戻入は決算に近づけるための増額、3項3目その他特別利益は、本年度末の引当金必要額が見込みより減少するため、戻し入れるものであります。

 おめくりをいただき、264ページをお願いいたします。

 収益的支出でありますが、いずれも職員の異動等に伴う人件費の補正と、決算に近づけるための補正をお願いするもので、おめくりいただき268、269ページをお願いいたします。

 一番上の貸倒引当金繰入額は、会計基準の見直しにより水道料金等の不納欠損に備えるため計上するもので、6目減価償却費は前年度建設改良事業の確定、2項1目支払利息の企業債利息は、前年度借り入れ分の利息の確定などによるもの、3項5目その他特別損失は、本年度期首に計上不足の退職給与引当金を計上するものであります。

 おめくりをいただき、270ページをお願いいたします。

 資本的支出ですが、職員の異動等に伴う人件費の補正と、2項1目企業債償還金は一部企業債利率の見直しで利率が下がり、元利均等払いのため利息が減少して元金が増加したための増額であります。

 以上であります。

 続きまして、283ページをお願いいたします。

 283ページ、議案第36号「平成26年度伊那市下水道事業会計第3回補正予算について」御説明申し上げます。

 今回の補正は、事業費の確定見込み等により、決算に近づけるためにお願いするものであります。

 第2条は収益的収入及び支出で、収入を7,605万6,000円減額し、総額を30億5,959万4,000円とし、支出を7,351万5,000円減額し、総額を31億3,435万2,000円とするものであります。

 これによりまして消費税及を除いた決算見込みは、約7,900万円の純損失と見込んでおります。

 第3条は資本的収入及び支出で、収入は906万4,000円増額し、総額を19億1,183万6,000円とし、おめくりいただき、支出を768万9,000円減額し、総額を30億629万8,000円とするもので、収入不足額の補填財源については、記載のとおり改めるものであります。

 第4条は企業債限度額の減額、第5条は議会の議決を経なければ流用することのできない職員給与費の減額、第6条は、一般会計からの補助金の減額であります。

 286ページをお願いいたします。

 収益的収入でありますが、1項1目下水道使用料は汚水料が前年に比べふえていない状況から、500万円を減額いたします。

 2項2目他会計補助金の一般会計補助金は、会計基準の見直しにより補助金算定の基礎となる金額から、長期前受金戻入額が差し引かれることとなったための減額であります。

 以下、決算に近づけるための減額であります。

 288ページをお願いいたします。

 収益的支出ですが、いずれも職員の異動や電気料金の上昇に伴う増加など決算に近づけるための補正をお願いするものであります。

 おめくりいただき、292、293ページをお願いいたします。

 6目総係費の43、貸倒引当金繰入額は、会計基準の見直しにより下水道使用料等の不納欠損に備えるため計上するものであります。

 7目は減価償却費で、前年度建設改良事業費の確定によるものであります。

 おめくりいただき、294ページをお願いいたします。

 2項1目支払利息の企業債利息は、前年度借り入れ分の利息の確定や、利率の見直しによる減額であります。

 おめくりをいただき、296ページをお願いいたします。

 資本的収入でありますが、事業費の確定に伴う補正であります。

 おめくりをいただき、298ページをお願いいたします。

 資本的支出であります。事業費の確定のため減額するもので、職員の異動等に伴う補正をお願いしております。

 302ページまで、おめくりいただきたいと思います。

 2項1目企業債償還金は、一部企業債の利息が下がり、元利均等払いの利息が減少し、元金が増加したための増額であります。

 以上、3議案一括して説明させていただきました。よろしく御審議いただきますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) 原商工観光部長。

     (商工観光部長 原 武志君登壇)



◎商工観光部長(原武志君) 補正予算書の317ページをお願いいたします。

 議案第37号「平成26年度伊那市自動車運送事業会計第1回補正予算について」御説明いたします。

 平成26年度の南アルプス林道バスは、昨年11月15日をもって本年度の運行を終了しております。前年に比べまして、延べ人数で327人、0.6%の微増となりましたけれども、今回の補正は営業収益の確定、それから事業費の確定見込みなどから決算に近づけるためお願いするものでございます。

 第2条収益的収支でございますけれど、収入につきましては営業収益など150万円の増額を、支出では主に職員の異動等に伴います営業費用の減額など、170万円の減額補正をお願いするものです。

 補正後の結果、予算上では780万円の黒字を見込みます。

 第3条は、職員給与費の流用の制限額を変更するものでございます。

 補正の詳細につきまして御説明いたしますので、2枚おめくりをいただきたいと思います。320ページをお願いいたします。

 最初に収益的収支のうちの収入でございます。

 1款1項1目運送収益につきましては、旅客総数の増加などによりまして140万円、2.2%の増額、2項1目では、預金利息を増額するものです。

 おめくりをいただきたいと思います。322ページ、支出でございますけれども、1款1項1目運転費、1節から5節まで人件費の確定によります増減であります。

 3項4目の過年度損益修正損につきましては、平成25年度の経費にかかります費用を計上いたします特別損失の増額でございます。

 説明は以上でございます。よろしく御審議を賜りますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第29号から議案第37号までの9案は、付託表のとおり所管の各委員会に付託いたします。

 暫時休憩いたします。

 再開は午後1時30分といたします。



△休憩 午前11時52分



△再開 午後1時30分



○議長(伊藤泰雄君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第38号 平成27年度伊那市一般会計予算について



△議案第39号 平成27年度伊那市国民健康保険特別会計予算について



△議案第40号 平成27年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計予算について



△議案第41号 平成27年度伊那市後期高齢者医療特別会計予算について



△議案第42号 平成27年度伊那市介護保険特別会計予算について



△議案第43号 平成27年度伊那市営駐車場事業特別会計予算について



△議案第44号 平成27年度伊那市簡易水道事業特別会計予算について



△議案第45号 平成27年度伊那市水道事業会計予算について



△議案第46号 平成27年度伊那市下水道事業会計予算について



△議案第47号 平成27年度伊那市自動車運送事業会計予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第18、議案第38号「平成27年度伊那市一般会計予算について」から、議案第47号「平成27年度伊那市自動車運送事業会計予算について」までの10案を一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 篠田総務部長。

     (総務部長 篠田貞行君登壇)



◎総務部長(篠田貞行君) 議案第38号「平成27年度伊那市一般会計予算について」御説明をいたします。

 別冊の桜色のほうの表紙の平成27年度伊那市予算書(一般会計)、1ページをお開きをいただきたいと思います。

 平成27年度伊那市一般会計予算でございます。

 第1条は、歳入、歳出予算の総額を歳入、歳出それぞれ320億2,200万円と定めるものであります。この予算は、これまで取り組んでまいりました移住定住子育て支援、新規就農、企業誘致と企業支援、特色ある教育等の施策につきまして、国が重点事項として取り組みを始めた地方創生の動きと連携を図り、大きなくくりとして林業を中心とした雇用とエネルギーの自給、移住定住の先進モデル地域の確立、農業商工業など地域経済の活性化、地域資源を活用した観光の振興を中心に、夢のある地方都市を目指す地方創生予算として編成をさせていただいたものであります。

 予算の規模は前年度6月補正時点と比較して1.1%、3億3,850万円の増となっております。

 次に、第2条は継続費、第3条は債務負担行為、第4条は地方債でございますが、後ほど御説明いたします。

 第5条、一時借入金、借入の最高額を40億円とさせていただくもの。

 第6条は、例年どおり同一款内での各項の流用を行うことができると定めさせていただくものであります。

 それでは継続費、債務負担行為及び地方債について御説明いたします。

 おめくりをいただき、6ページをお願いをいたします。

 6ページ第2表、継続費でありますが、教育費の手良公民館建設事業でございまして、総額を3億3,530万4,000円とし、期間は平成27年度から28年度の2カ年で、年割額はごらんをいただくとおりであります。

 右の7ページをごらんください。

 第3表、債務負担行為でありますが、一つ目は平成30年度の評価がえに向けたもの、2つ目は農業者育成資金の利子補給に係るもの、次は平成27年度に申請のある工場等設置事業補助金について3年間の助成を行うもの、最後はこの4月、県から移管となります勤労者福祉センター体育館について、市民体育館のメインアリーナとして管理運営をして、管理者に委託をさせていただくものであります。

 おめくりいただき、8ページをお願いをいたします。

 第4表、地方債でありますが、最初の施設整備事業は消防団設備に対するもの、合併特例事業は保育園の改築のほか道路整備、学校給食施設の整備、公民館建設などに対するもの、次の過疎対策事業は、定住対策等のソフト事業のほか、観光施設の建設、南アルプス林道整備、教育施設整備などに対するものであります。公共事業等は道路整備に、次の全国防災事業は小中学校の耐震整備に対するもの、最後の臨時財政対策は地方交付税における国税の収入不足に対する財源振替分ということでございます。

 市債総額では、34億3,020万円の発行する見込でございます。

 それでは、歳入から御説明いたします。18、19ページをごらんをいただきたいと思います。

 18ページ、歳入でございますが、一般財源を中心に説明をさせていただきます。

 まず1款1項市民税は法人市民税、企業の業績回復を見込みまして5,000万円、8.2%の増であります。

 2項1目固定資産税につきましては、地価の下落など評価がえの影響により前年度比3.2%の減額を見込んでおります。

 おめくりいただき、20、21ページの中ほど、6款地方消費税交付金につきましては、昨年4月からの消費税率の改定に伴う影響が通年化することによるもので、36.2%と大きく伸びるものでございます。

 一番下、12款地方交付税につきましてはおめくりいただき、22、23ページをお願いをいたします。

 1項1目地方交付税、4億5,200万円余の増でありますが、昨年の6月補正時点と比べるとほぼ同水準でございます。

 14款以降、特定の事業に係る財源となる歳入でありますので、17款県支出金まではごらんをいただき、お手数ですが、36、37ページまでお願いをいたします。

 36ページは一番下、19款寄附金の2目総務費寄附金は、ふるさと納税による寄附を今年度からあらかじめ見込んだものでございます。

 おめくりをいただき、38ページ8目土木費寄附金は、砂利採取に係る過疎地域振興寄附金、通年のものでございます。

 20款繰入金、2項基金繰入金の1目財政調整基金繰入金は、以前積み立てました旧伊那中央総合病院の精算金を、26年度、27年度と2回に分け退職手当基金に積みかえるもの。また、南箕輪村、南原住宅団地における埋設焼却灰の撤去負担金に充当するもの。それから3目ふるさと創生基金繰入金は、長谷地区のふるさと創生活動支援に充てるためのものでございます。

 以降の繰入金につきましては、それぞれ必要な事業に充当をお願いをするものでございます。

 次の21款繰越金は、前年度当初予算と同額、5億5,000万円を見込んだものでございます。

 以降、諸収入はほぼ前年並みでございますので、お手数でございますが3枚おめくりいただき、44、45ページをお願いをいたします。

 23款、市債につきましては、先ほど御説明させていただいたものであります。

 歳入の関係は、以上であります。

 続きまして歳出につきましては、当初予算に計上した主な事業、事項につきまして、さらに別冊の資料で御説明させていただきます。

 恐れ入りますが、平成27年度主要事業の概要をごらんをいただきたいと思います。

 主要事業の概要、表紙をおめくりいただいた最初の目次のところをごらんをいただきたいと思います。

 目次の下のところ、囲みに注記がございます昨年同様新規事業には星印を、充実事業には二重丸をさせていただいております。以降、新規事業を中心に御説明をさせていただきます。

 最初の1ページ、議会費をごらんください。

 議会費の関係では、(7)市民と議会の意見交換に必要な経費を計上をさせていただいたものであります。

 おめくりいただき2ページ、総務費をお願いをいたします。

 中ほどの合併10周年を迎え市民憲章を制定させていただくもの、以降の総務費関係につきましては、ごらんをいただき7ページまでお進みをいただきたいと思います。

 7ページ、2つ目の企画では、(5)でワークショップの開催により住民との協同を進める方策を探らせていただくもの。

 おめくりいただき、8ページの中ほど、人口増推進では田舎暮らしモデル地域である新山地区における各種事業の実施と、戦略アクションプランに掲げるシティプロモーションに取り組みをさせていただくもの。

 右側9ページの下段、人権同和政策では県の支援により市内小学校で人権の花運動を実施し、人権啓発に取り組みをさせていただくものであります。

 おめくりいただき、10、11ページの右側11ページ情報管理の(5)及び、おめくりいただいた13ページの戸籍住民基本台帳事務の(2)は、ともにマイナンバーの導入に向けた準備をさせていただくものであります。

 さらにおめくりをいただき、14ページをお願いをいたします。

 14ページの上、選挙費では任期満了に伴う長野県議会議員一般選挙を執行するもの、15ページの2つ目は、5年ごとに実施をする国勢調査の実施に係るものであります。

 おめくりをいただき、16、17ページですが、17ページからは3款民生費で、一番下、結婚推進では、シティプロモーションの一環でもあります桜色の婚姻届の作成と地域で自主的に行われる婚活イベントへの支援により、出会いの機会を提供をさせていただきます。

 おめくりいただき、19ページからは、障害のある方の生活支援等を実施する内容でございまして、さらにおめくりいただき、20、21ページをお願いをいたします。

 21ページの上段では、新たに精神障がい者の退院支援体制確保について、「きらりあ」に委託をさせていただくものであります。

 おめくりいただき、22、23ページは、23ページ在宅高齢者日常生活支援から、さらにおめくりいただき24ページ、高齢者に対する支援で在宅生活や健康増進を支援する事業の内容を充実をしてございます。

 26ページへお進みいただいて、26ページの下から2つ目、出産祝い金では、少子化対策としてこれまでの高遠町長谷地区から旧伊那市区域まで対象を広げて、実施をさせていただくものであります。

 おめくりをいただき28ページ、29ページですが、29ページの2つ目、児童福祉施設管理では仮称伊那緑ヶ丘認定こども園の移転新築に対し、県の安心こども基金を受けて整備を支援するもの。

 次の東春近保育園建設では、施設の統合整備に向け、仮称であります東春近保育園の園舎建設に着手させていただくもの。

 その下、保育園運営では(8)で子育てコーディネーターを配置し、保育の相談や助言等を行うものと、本主要事業に記載がございませんが、多子世帯への保育料軽減や延長保育料の軽減により、子育て支援を実施をさせていただくということであります。

 おめくりをいただき、30ページの生活保護総務は(1)で、昨年度のモデル事業を実施した生活困窮者自立支援事業を本格実施をさせていただくもの。(4)では、マイナンバーに対応するため生活保護システムの改修を行うものであります。

 おめくりいただき、32ページからは衛生費でございます。このページはごらんをいただき、34ページをお願いをいたします。

 34ページの母子保健では、新たに母乳相談や出産後支援の必要な妊産婦が助産所等に宿泊する費用を助成する産後ケア事業や、出産できる産科医療機関の開業を支援し、妊娠から出産、子育てまでの環境を整備をさせていただきます。

 また、次の健康づくりでは、ポイント制による特典の付与により、日常生活における健康づくりを推進する健康応援ポイント事業に取り組みをさせていただきます。

 35ページの一番下、環境保全では市民の協力を得て、外来植物駆除に取り組みをさせていただきます。

 おめくりいただき、36ページの地球温暖化対策では、地域おこし協力隊による自然エネルギー地域コンダクターを配置し、自然エネルギーの普及とその活用による地域おこしに取り組みをさせていただきます。

 おめくりいただき、38ページの下から2つ目、国保会計操出金では、国保会計の事業安定のため、新たに法定外の繰り出しをさせていただくもの。

 次の39ページの中ほど、伊那中央行政組合負担金では、南箕輪村の住宅団地における焼却灰の撤去処分に係る費用の負担増が、負担額が変更となったことから改めて計上をさせていただいてございます。

 またその下、包括公庫型補助金の生ごみ処理容器等購入補助金は、これまでの新規購入に加え、新たに更新に対する助成を含めた制度に見直しを行ってまいります。

 おめくりいただき、40ページ、ごみ及び資源物の収集運搬処理等に係る事業はごらんをいただき、41ページの労働費もごらんをいただきまして、42ページへお進みをいただきたいと思います。

 42ページから農林水産業費でございますが、右側43ページの2つ目、水田農業振興は生産調整及びとも補償について引き続き実施をさせていただくもの。

 おめくりいただき、44ページの2つ目、中山間地域活性化では、中山間地域のうち新たに急傾斜地への加算分を追加し、実情に合わせた交付とさせていただくもの。その下、就農支援は引き続き新規就農者の支援を行うもの。

 45ページの耕地総務の多面的機能支払交付金は、地域住民による農業施設の維持管理を促進するもので、団体への直接交付から市を通しての交付となり、予算額が大きくなっております。

 以降、それぞれ土地改良等の農業施設の維持及び改修事業でございますのでごらんをいただき、47ページをごらんください。

 47ページ、農業公園管理運営では、みはらしファームにおいて交流促進施設の整備などにより誘客につなげるものでございます。

 おめくりいただき、48ページの下から2つ目、森林環境整備では、松くい虫対策として樹脂転換事業に熱く支援をするものと、伊那市50年の森策定事業は、市民と森林とのかかわりを検討をさせていただくものであります。

 おめくりいただき、51ページからは商工費でございますが、商工費のうち多くの事業が地方創生に関連することから、26年度3月補正追加分に別途計上させていただく予定でございますので、御承知いただきたいと思います。

 51ページの一番下、商業振興の(3)商店街創造支援事業は、県助成により新しい発想を生かした商店街の創造を支援をさせていただくものであります。

 おめくりいただき、53ページの産業立地の(6)は、新宿区の企業関係者を伊那市に招くことで、新たな誘致に結びつけるものでございます。

 おめくりいただき、54ページからは3目観光費でございまして、観光施設管理の(2)は、分杭峠の気場が発見から20周年を迎えるに当たり、休憩施設などを整備をさせていただくもの。

 55ページの温泉施設管理は、木質燃料の推進の一環として「さくらの湯」にペレットボイラーを導入をさせていただくもので、一つ飛んで山荘管理では、塩見小屋の建設を引き続き進め、あわせて西駒山荘の石室が建設から100周年を迎えることから記念事業を計画をしております。

 またその下、ローズガーデン管理では、市内企業の寄附により庭園等の整備を進めさせていただくものであります。

 おめくりいただき、56ページからは土木費の関係、2つ目の道路河川管理では、幹線道路の街灯についてLED化の検討をさせていただくものであります。

 おめくりいただき、58、59ページは、道路の維持補修や改良に必要な経費を計上したもので、59ページの中ほどスマートインターは、インター導入路を取りつけます市道等の改良を予定をさせていただいたものであります。

 おめくりいただき、60ページの下段、都市計画調査では環状南線建設に向けた都市計画の変更業務を、また61ページの環状南線では、建設に向けた詳細設計等を進めてまいるものでございます。

 おめくりいただき、62ページ、市営住宅の維持管理に係るもの、次の右側63ページからは消防費で、一番上の常備消防では、この4月1日に発足します上伊那広域消防への負担金を計上させていただいたものであります。

 おめくりいただき、64ページの2つ目、消防施設整備では、消防団活動を支援するため、東部方面隊においてデジタル簡易無線機を導入をするもの。次の防災施設管理では、廃止となった高遠町小原の浄化センターを防災倉庫に改修する事業を計上してございます。

 続いて65ページからは、教育費でございます。2つ目の教育委員会事務では、指導主事を2名体制に充実をする。次の子育て教育支援相談では、昨年に引き続き発達障害児等の早期発見の取り組みを進めてまいります。

 おめくりいただき、66ページからはごらんをいただき、3枚おめくりをいただき72ページまでは、小中学校の管理運営、施設管理等に係る事業でございますので、後ほど御確認をいただきたいと思います。

 72ページの一番下、幼児教育振興の(2)は、伊那緑ヶ丘幼稚園が認定こども園として移転新築することに対し、幼稚園部分について教育費で支援をさせていただくものであります。

 73ページの社会教育総務では、生涯学習基本計画の見直しを予定しております。

 おめくりをいただき、74ページの文化振興では、井澤修二記念音楽祭にあわせ東京藝術大学の演奏による伊那市の歌の収録や、小学生を対象にした井上井月読本の作成を行います。

 また、75ページの中ほど公民館建設は、伊那公民館及び手良公民館の建設を進めさせていただくもの。一番下の図書館ではサービスの向上に向け、市内図書館の貸し出しシステムの更新をさせていただくものであります。

 おめくりいただき、76ページの下から2番目、学童クラブでは、東春近小学童クラブの建設を実施をするものであります。

 おめくりいただき、78、79ページでは、第6回信州伊那高遠の四季展を初め各種施設で魅力あるイベントを計画するものでございます。

 おめくりいただき、80ページの大会費の関係、春の高校伊那駅伝、大学ラグビー招待試合に加え、全日本レディースソフトボール大会など全国レベルの大会を計画をしておりまして、81ページの2つ目、体育施設整備では、各種体育施設の維持修繕と陸上競技場の第2種公認を予定をするものであります。

 また、一番下の給食施設整備では、整備計画に基づき給食施設の整備に着手をしてまいるものでございます。

 おめくりいただき、82、83ページ、83ページは災害発生時の復旧に対応するための事業で、ごらんをいただきたいと思います。

 おめくりいただき、84ページ公債費は長期債の償還元金及び利子一時借入金利子を計上させていただいたもの、85ページ予備費は通常のものでございますので、よろしくお願いいたします。

 以上、平成27年度伊那市一般会計予算につきまして御説明を申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) 城取保健福祉部長。

     (保健福祉部長 城取 誠君登壇)



◎保健福祉部長(城取誠君) それでは、保健福祉部関係の特別会計の御説明をさせていただきます。青色の表紙の特別会計企業会計予算書の3ページをお願いいたします。

 議案第39号「平成27年度伊那市国民健康保険特別会計予算について」御説明をいたします。

 第1条は、歳入、歳出予算の総額を、歳入、歳出それぞれ78億7,500万円とするもので、予算規模は、前年度比で20.2%、13億2,260万円の増となります。

 予算の規模の大幅増の要因でありますが、保険財政共同安定化事業の対象用費の拡大によるものであります。

 第2条は、一時借入金の最高額を9億円と定めるものでございます。

 被保険者の加入状況でございますが、一般被保険者は1万5,907人、当初予算比で前年度より0.6%の減。退職被保険者は1,103人で、前年度より24.5%の減を見込んでいるところであります。

 予算の内容につきまして歳出から御説明をさせていただきますので、別冊の主要事業の概要の86ページをお願いいたします。

 86ページから87ページの2段目までは総務費で、職員人件費や国保連合会への負担金、賦課徴収費が主なものであります。

 次の一般被保険者療養給付費から保険給付費になりますが、このうち87ページの一番下でありますけれども、療養給付費につきましては、本年度の決算見込みを勘案する中で、一般被保険者分は前年度比9.6%の増、おめくりをいただきまして、88ページの退職被保険者分は29.9%の減を見込んでいるところであります。

 89ページの3段目、一般被保険者の高額療養費は29.6%の増、その下の退職被保険者高額療養費は21.9%の減をそれぞれ見込みました。

 おめくりをいただきまして、90ページ3段目の出産育児一時金と、その下、葬祭費は前年度と同件数を見込んでおります。

 91ページの2段目、3款1項1目後期高齢者支援金は、後期高齢者医療費の40%相当分を、また次の事務費拠出金は運営に必要な事務費を、それぞれ社会保険診療報酬支払基金に支払うものであります。

 一番下とおめくりをいただきまして92ページの4款前期高齢者納付金等は、65歳から74歳までの高齢者の加入割合に応じて、全ての保険者が案分して負担する納付金と事務費でございます。

 その下の5款、老人保健拠出金は、老人保健特別会計の精算に必要な経費、また6款介護納付金は、介護保険事業に係る2号被保険者保険料の支払基金への納付金、次の7款共同事業拠出金は、各市町村が負担金を拠出して、高額医療費共同事業、保険財政共同安定化事業を共同して運営し、国保財政の安定化を図るものであります。

 なお、93ページ上段の3目保険財政共同安定化事業拠出金につきまして、これまで1件30万円を超える医療費が対象となっておりましたが、平成27年度から高額医療費共同事業の対象以外の全ての医療費が対象となりますので、前年度比9億5,227万円、188.2%の大幅増となっているものであります。

 おめくりいただき、94ページの8款2項1目、特定健康診査等事業では、各保険者に義務化されています特定検診、特定保健指導につきまして、引き続き受診率の向上に重点的に取り組んでまいりたいと考えており思います。

 10款公債費から95ページの、12款予備費までは、従来とほぼ同様の内容でございますのでごらんをいただきたいと思います。

 歳出は以上でございます。

 続いて歳入につきまして御説明をいたしますので、恐れ入りますが予算書にお戻りいただき、12ページをお願いいたします。

 予算書12ページ、歳入でございます。

 1款の国民健康保険税は、国民健康保険税条例の改正でお願いをいたしましたとおり、平成27年度に国保税率の改定をお願いし、前年度の予算比で13.1%の増を見込んでいるところであります。

 2款、使用料及び手数料は、国保税の督促手数料。

 3款、国庫支出金につきましては、おめくりをいただき、それぞれ内容につきましては説明欄にございますように、国庫負担率32%などのルール分による国の負担金、補助金でございます。

 その下の4款県支出金、5款療養給付費交付金も、それぞれルール分を見込んだものでございます。

 一番下の6款1項1目共同事業交付金につきましては、高額な医療費に対する交付金で、おめくりをいただきまして16ページ、1項2目安定化事業交付金は、都道府県単位で医療費負担を調整する保険財政共同安定化事業の交付金でございます。

 歳出で御説明しましたとおり、平成27年度から交付金の対象となる医療費がこれまでの1件30万円を超えるものから、全医療費に拡大をされることから、交付金につきましても191.9%の大幅な伸びとなっております。

 7款前期高齢者交付金は、65歳から74歳までの被保険者分に対する交付金、9款繰入金は、一般会計からのルール分と説明の5、その他一般会計繰入金にありますとおり、1億1,000万円を法定外繰り入れとして一般会計から繰り入れるものであります。

 なお、基金の繰入金につきましては、平成26年度に全額を繰り入れる予定でありまして、本年度の予算計上はございません。

 中段の11款諸収入は、滞納保険税に対する延滞金や、出産費資金貸付金、返還金、第三者納付金などが主なものでございます。

 国民健康保険特別会計予算につきましては、以上でございます。

 続きまして、予算書の57ページをお願いいたします。

 57ページ、議案第40号「平成27年度伊那市国民健康保険直営診療所特別会計予算について」御説明をいたします。

 第1条は、歳入、歳出予算の総額を、歳入、歳出それぞれ2億5,150万円とするものであります。予算規模は、前年度比で0.8%、80万円の減となります。

 予算の内容につきまして御説明をいたしますので、別冊の主要事業の概要の96ページをお願いいたします。

 96ページ、歳出でございますが、1段目の一般管理は、4診療所の職員人件費と施設を運営するための管理費、2段目の医業費は、診療に必要な医薬材料費や医療機器の修繕費用などでございます。

 97ページの施設整備は、診療所の施設修繕と医療機器の更新費用など、その下の長期債元金と利子は、各診療所の施設整備等に係る元利償還金であります。

 おめくりをいただきまして、98ページの鍼灸治療所は、予防医療の向上と住民の健康増進につなげるための鍼灸治療所運営のための費用でございます。

 歳出は以上でございます。

 次に、歳入につきまして御説明をいたしますので、恐れ入ります予算書の66ページにお戻りをいただきたいと思います。

 66ページ、歳入でございます。

 1款は診療収入で、国保、社保等の診療報酬と一部負担金などにつきまして、本年度の患者数等の実績を勘案し、減額で見込んでございます。

 2款使用料及び手数料は、診断書などの文書作成収入や鍼灸診療所の使用料。

 3款繰入金は、一般会計と国保特別会計からの繰り出し基準分などに基づく繰入金であります。

 4款諸収入は、学校医報酬、予防接種委託料等。

 6款のサービス収入は、居宅療養管理指導などの収入を見込んだものでございます。

 国民健康保険直営診療所特別会計予算につきましては、以上でございます。

 続きまして、予算書の89ページをお願いいたします。

 89ページ、議案第41号「平成27年度伊那市後期高齢者医療特別会計予算について」御説明をいたします。

 第1条は、歳入、歳出予算の総額を歳入、歳出それぞれ7億5,270万円とするもので、予算規模は前年度比で1.2%、880万円の減となります。

 内容につきまして御説明をいたします。別冊、主要事業の概要の99ページをお願いいたします。

 99ページ、歳出の概要でございますが、後期高齢者医療制度は、長野県後期高齢者医療広域連合が実施主体であり、申請などの窓口業務や保険料の徴収などが市町村事務となっております。

 1段目、2段目は、総務費で職員の人件費や保険料の徴収に関する費用、その下の広域連合納付金は、徴収した保険料と保険料を軽減するための負担金で、いずれも広域連合への納付金となります。被保険者数は前年度とほぼ同数の1万1,084人を見込んでおります。

 一番下の保険料還付は、過年度に係る還付金でございます。

 歳出は以上でございます。

 続きまして、歳入につきまして御説明をいたしますので、予算書の98ページにお戻りをいただきたいと思います。

 98ページ、歳入でございます。

 1款後期高齢者医療保険料は、伊那市の被保険者に係る保険料で、前年度比3.4%の減を見込んでおります。

 2款は手数料で、督促にかかるもの、4款繰入金は、一般会計からの繰入で、事務費と低所得者の保険料減額分に対する保険基盤安定繰入金を見込んでおります。6款諸収入は、延滞金及び広域連合からの過年度分の保険料還付を見込むものでございます。

 後期高齢者医療特別会計予算は以上でございます。

 続いて、予算書の111ページをお願いいたします。

 111ページ、議案第42号「平成27年度伊那市介護保険特別会計予算について」御説明をいたします。

 第1条は、歳入、歳出予算の総額を、歳入、歳出それぞれ60億8,400万円とするものであります。予算の規模は前年度比で3%、1億7,510万円の増を見込んでおります。

 第2条は、一時借入金の最高額を1億円と定めるもの。

 第3条は、歳出予算の流用について定めるものであります。

 平成27年度は、第6期介護保険事業計画期間の初年度となります。65歳以上の被保険者数は、2万191人、介護認定者を3,203人、それぞれ2%程度の増加を見込んでいるところであります。

 それでは、歳出の内容から御説明を申し上げますので、主要事業の概要の100ページをお願いいたします。

 概要100ページから101ページの上段、介護認定審査会までは職員の人件費、上伊那情報センターの負担金、介護認定調査、介護認定審査会負担金等の総務費関係でありまして、内容的には本年度と同様であります。

 101ページ中段の趣旨普及事業は、介護保険制度などの広報を行うものでありますが、本年度策定をいたしました第6期介護保険事業計画の内容や、介護保険制度について広報、案内を行うパンフレット等の作成経費であります。

 下段の居宅介護サービス給付から、おめくりをいただきまして、102ページの地域密着型介護サービス給付までは、要介護認定者に対する居宅介護サービス等給付費で、本年度の実績等を勘案し、8事業の合計で前年度比1.3%の増を見込んでいるところであります。

 下段の施設介護サービス給付は、特別養護老人ホームなどの施設入所に係る給付費でございまして、現在美篶に建設が進んでおります老人保健施設の利用開始などを踏まえ、前年度比7%、1億5,406万7,000円の増を見込んだところであります。

 103ページは、要支援認定者に対する居宅サービス等給付費で、本年度の実績等を勘案し、8事業合計で前年度比3%の減を見込んでおります。

 おめくりをいただきまして、104ページは介護保険事業者からの介護報酬の請求に係る審査支払手数料や、介護保険のサービス利用料負担が高額とならないよう負担軽減を行うための給付費で、本年度の実績から減額を見込んでいるところであります。

 105ページ介護予防事業費は、生活機能が低下する恐れのある高齢者を対象とした二次予防事業や、その他の高齢者を対象とした一次予防事業であります。一次予防事業では、脳いきいき教室をいきいき交流施設などを活用して、さらに教室数をふやして実施をし、新たにリハビリ職による地域の介護予防事業への提言指導を行ってまいります。

 二次予防事業では、今回の介護保険制度改正に対応し、リハビリ教室の内容充実や新しい総合事業の基盤整備を進めるための関係団体による協議体の設置運営などを行ってまいります。

 おめくりをいただきまして、106ページの包括的支援では、地域包括ケアシステムの構築に向けた地域ケア会議を実施、在宅医療、介護連携や認知症施策の推進に取り組んでまいります。

 下段の任意事業費の家族介護支援では、認知症高齢者支援の充実や、紙おむつ等購入券の交付対象者の拡大、また次ページの地域自立生活支援では、シルバーハウジングにおける生活援助、食の自立支援事業による配食サービス等、高齢者が住みなれた地域で生活を継続できるよう支援してまいります。

 下段の指定介護予防支援は、要介護認定者の介護予防ケアマネジメント業務に係る人件費委託費でございます。

 おめくりをいただき、108ページは一時借入金の利子と過年度分の介護保険料還付金を計上いたしました。

 歳出につきましては以上でございます。

 歳入につきまして御説明をいたしますので、恐れ入ります予算書の120ページにお戻りをいただきたいと思います。

 120ページ、歳入でございますが、1款保険料は、65歳以上の第1号被保険者に納めていただく介護保険料で、今回の保険料額の改定などによりまして、10.3%の増を見込んでいるところであります。

 3款、使用料及び手数料は、保険料の督促手数料。

 4款国庫支出金は、給付費のルール分と調整交付金であります。

 5款支払い基金交付金は、第2号被保険者の保険料について社会保険診療報酬支払基金から交付されるもの。

 6款の県支出金は、給付費のルール分と地域支援介護予防事業の交付金であります。

 おめくりをいただき、122ページ、8款サービス収入は、介護予防サービス計画作成に伴う報酬。

 10款繰入金は、一般会計からのルール分と職員給与費等の事務費の繰り入れ。

 12款諸収入は、在宅サービス等の利用に伴う個人負担分等でございます。

 介護保険特別会計の予算につきましては、以上でございます。

 以上、議案第39号から42号までの御説明をさせていただきました。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) 山崎建設部長。

     (建設部長 山崎大行君登壇)



◎建設部長(山崎大行君) 議案第43号「平成27年度伊那市営駐車場事業特別会計予算について」御説明を申し上げますので、特別会計予算書161ページをお願いいたします。

 平成27年度伊那市営駐車場事業特別会計予算でございます。

 この会計は、伊那市駅前他6駐車場の管理、運営を行うための会計でありまして、第1条で、歳入、歳出予算の総額をそれぞれ1,930万円と定めるものでございます。

 次に、詳細について御説明を申し上げますので、予算書の172ページをお願いします。

 172ページ、歳出でございます。

 1款経営管理費、1項1目の一般管理費は、駐車場の維持管理に要するもので、指定管理者負担に属さない費用を計上したものでございます。

 173ページ、経営管理の11節需用費は修繕料を、12節役務費は施設の保険料を、14節使用料及び賃借料は、山寺駐車場精算機のリース料で、15節工事請負費は、伊那市駅前駐車場の発券機、精算機改修工事費が主なものでございます。19節負担金は、再開発ビル駐車場の共益費が主なもので、27節公課費は、事業に係る消費税でございます。28節繰出金は、収支差額分を一般会計へ繰り出すものでございます。

 次に、歳入について御説明を申し上げますので、恐れ入りますが1ページお戻りをいただき、170ページをお願いいたします。

 5款1項1目の雑入は、指定管理者から市への納付金でございます。

 以上、平成27年度伊那市営駐車場事業特別会計予算について、御説明を申し上げました。よろしく御審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) 小牧水道部長。

     (水道部長 小牧良一君登壇)



◎水道部長(小牧良一君) それでは、青色の予算書179ページをお願いいたします。

 議案第44号「平成27年度伊那市簡易水道事業特別会計予算について」御説明いたします。

 第1条で、歳入、歳出予算を2億4,210万円と定めるもので、クリプトスポリジウム対策事業費の増などにより、前年度比で3,120万円、14.8%の増とするものであります。

 第2条債務負担行為、第3条地方債については、182ページ、183ページをお願いいたします。

 182ページ、第2表、債務負担行為ですが、平成29年度から簡易水道事業を地方公営企業法に適用させることを計画しており、その準備のため固定資産台帳の整備を行うためのものであります。

 第3表、地方債ですが、建設改良事業の財源として簡易水道事業債、過疎対策事業債を借り入れるものであります。

 それでは、歳入から御説明いたしますので、190ページをお願いいたします。

 190ページ、1款1項使用料の水道料金は、前年度比1.6%の減を見込んでおります。

 2款、繰入金は、一般会計からの繰入金で、前年度比2.2%の増。

 5款市債は、簡易水道過疎対策事業債で、前年度比で79.5%の増であります。

 次に歳出でございますが、別冊の主要事業の概要の110ページをお願いいたします。

 110ページ、1款1項1目一般管理は、職員の人件費、料金収納にかかわる窓口業務等の民間委託、固定資産台帳整備委託に関する経費であります。

 2項1目維持管理費は、施設の維持管理に関する費用で、2款1項1目建設改良費は、高遠町半対の老朽管更新工事、クリプトスポリジウム対策として長谷の柏木配水池へ紫外線照射装置を本設するための建屋の工事などを行うものであります。

 以上であります。

 続きまして、青色の予算書211ページをお願いいたします。

 211ページ、議案第45号「平成27年度伊那市水道事業会計予算について」御説明いたします。

 第2条の業務の予定量はごらんをいただき、第3条は収益的収入及び支出でありますが、収入は1款水道事業収益を前年度比0.7%減の、16億7,950万円とするもので、これは水道料金の減などによります。

 支出は、1款水道事業費用を前年度比5.2%減の、16億5,010万円とするもので、これは平成26年度に会計基準の見直しにより計上不足の引当金を特別損失として計上したことなどによります。これにより、消費税を除いた当年度全利益は1,824万円となります。

 第4条は、資本的収入及び支出ですが、収入が支出に対し不足する5億810万円は、4条本文記載のとおり補填するものであります。

 おめくりいただき、212ページをお願いいたします。

 収入は、1款資本的収入を124.2%増の4億3,050万円とするものであります。

 支出は、1款資本的支出を前年度比22.5%増の、9億3,860万円とするもので、収入支出とも増となっていますのは、平成26年度予算の建設改良事業が国の補正予算により25年度に前倒しされたことなどによります。

 第5条は企業債の限度額を定めるもので、第6条は一時借入金の限度額を定めるもの、第7条は議会の議決を経なければ流用することのできない経費を定めるものであります。

 213ページ、第8条は一般会計からの補助金、第9条は棚卸資産の購入限度額を定めるものであります。

 216ページをお願いいたします。

 収入から説明させていただきます。

 予算実施計画の収益的収入ですが、1款1項1目給水収益ですが、人口減や給水機器の普及等により収入の減少が見込まれ、前年度比1.1%の減としております。

 2項2目他会計補助金は、経営工業団地関連分など、ほとんどが市の施策による基準外繰り入れで、一般財源を繰り入れるものであります。

 3目長期前受金戻入は、固定資産取得の財源とした補助金などを減価償却に応じて収益化するものであります。

 おめくりいただき、236ページまでお願いします。

 236ページ、資本的収入ですが、1款1項1目企業債は、補填財源がなくなるため借り入れる資本費平準化債1,000万円を含みます。

 5項2目他会計補助金は、高遠町猪鹿配水系切りかえ工事にかかる一般会計からの繰入金であります。

 次に支出について御説明いたしますので、主要事業の概要の112ページをお願いいたします。

 112ページ、収益的支出ですが、1款1項1目原水及び浄水費は、水源や浄水施設の維持管理に係る費用で、上伊那用水企業団からの受水費が主なものであります。2目配水及び給水費は、送配水施設の維持管理に係る費用ですが、(5)は新たに検定満了のメーター交換事務を一部委託するものであります。

 115ページをお願いいたします。

 115ページ下段、資本的支出ですが、1款1項3目構築物は、下水道管渠布設道路改良に伴う配水管の布設がえや、老朽管の更新などが主なもので、前年度比12.7%の増となります。

 116ページをお願いいたします。

 4目機械及び装置は、流量計やポンプ設備の更新などで、6目工具、器具及び備品は、検針時に使用するハンディターミナルの更新であります。

 117ページをお願いいたします。

 中ほど、5項3目構築物は、基本計画に基づく第7次整備事業で、猪鹿配水系切りかえ工事、山寺水源対策の詳細設計、上の原配水系切りかえのための基本設計を行います。

 青色の予算書に戻っていただき、244ページをお願いいたします。

 244ページ、予定キャッシュフロー計算書でありますが、1、業務活動に係るものがプラス、2、投資活動についてはマイナス、3、財務活動についてはマイナスとなりまして、一番下ですが、期末の資金残高が前年度比で約2億円減りまして、約3億円となる厳しい状況となっております。

 以上であります。

 続きまして、263ページをお願いいたします。

 263ページ、議案第46号「平成27年度伊那市下水道事業会計予算」について説明いたします。

 第2条の業務の予定量はごらんいただき、第3条は収益的収入及び支出ですが、収入は、1款下水道事業収益を、前年度比4.4%減の29億9,860万円とするもので、これは一般会計補助金の減などによります。支出は、1款下水道事業費用を前年度比5.5%減の30億2,870万円とするもので、これは平成26年度に会計基準の見直しにより計上不足の引当金を特別損失として計上したことなどによります。これにより、消費税を除いた当年度純損失は、3,316万円となります。

 第4条は資本的収入及び支出ですが、収入が支出に対し不足する額13億2,160万円は、4条本文記載のとおり補填するものであります。

 264ページをお願いいたします。

 収入は、1款資本的収入を前年度比4.8%増の、20億990万円とするものであります。

 支出は、1款資本的支出を前年度比10.8%増の、33億3,150万円とするもので、これは企業債償還金の増などによります。

 第5条は債務負担行為について定めるものであります。

 第6条は企業債、第7条は一時借入金の限度額等を定めるものであります。

 第8条は、議会の議決を経なければ流用することのできない経費を定めるものであります。

 265ページ、第9条は一般会計からの補助金を定めるものであります。

 268ページをお願いいたします。

 収入から説明させていただきます。

 予算実施計画の収益的収入ですが、1款1項1目下水道使用料ですが、前年度比0.2%の増としております。水道使用料の減少により、汚水料の増加が余り見込めない状況であります。

 3目その他営業収益の他市町村負担金は、伊那上水管理センターが実施する水質検査と、広域移動脱水車に対する他市町村からの負担金であります。

 2項2目他会計補助金の一般会計補助金は、ほとんどが国の繰り入れ基準に基づくもので、交付税が財源となっております。

 3目長期前受金戻入は、固定資産の財源とした補助金などを減価償却に応じて収益化するものであります。

 おめくりいただき、294ページまでお願いいたします。

 294ページ、資本的収入ですが、1款1項1目企業債は、下水道事業債と資本費平準化債で、前年度比4.0%の増であります。

 5項1目県補助金は、下水道建設に伴うもので、2目他会計補助金は、一般会計からの補助金であります。

 次に、支出について御説明いたしますので、平成27年度主要事業の概要の118ページをお願いをいたします。

 118ページ、収益的支出ですが、1款1項1目管渠費は、農集、公共、特環の各マンホールポンプ、ポンプ場等の維持管理に係る費用であります。

 3目処理場費は、農業排水処理場管理から、次のページの特環処理場管理まで、各処理場を委託して維持管理するための経費であります。

 119ページの5目業務費は、下水道使用料の収納事務に係る経費であります。

 おめくりいただき、120ページをお願いいたします。

 6目総係費は、事業全般に係る経費と下水道の普及促進、接続指導に係る経費で、普及促進では排水設備改造資金利子補給や供用開始から1年以内の早期接続を促進するための接続サポート補助金の交付を行います。

 一つ飛んで、8目資産減耗費は固定資産の除却に係るもので、小原処理場の残存価格を計上しております。

 おめくりいただき、122ページをお願いいたします。

 資本的支出ですが、1款1項建設改良費は、経営健全化計画に基づき事業を推進してまいりますが、前年度比1.4%の増となっております。

 1目施設整備費の、農集排共通建設は新規加入に伴う公共マスの設置、公共下水道建設は西町、荒井区の管渠整備を中心に行います。

 123ページをお願いいたします。

 公共関連特環下水道建設美篶は、中県、末広、上原地区、その下の竜東北部は福島地区の管渠整備を行います。その下の大萱は、26年度までに管渠整備を終了し、舗装復旧等を行うものであります。

 124ページをお願いいたします。

 特環殿島は、沢渡区内の詳細設計と渡場区の管渠整備を行います。

 特環共通は、小出島浄化センター、汚泥脱水機設置工事、国道152号北原大橋の工事に伴う管渠移設工事などであります。

 溝渠共通建設は、伊那浄水管理センターの長寿命化のための改築更新工事、管渠の長寿命化のための詳細設計を行うものであります。

 青色の予算書に戻っていただき、308ページをお願いいたします。

 308ページ、予定キャッシュフロー計算書でありますが、1、業務活動についてはプラス、2、投資活動についてはマイナス、3、財務活動がマイナスとなっておりまして、一番下、期末の資金残高ですが、前年度比で約3億5,000万円減りまして、約5億5,000万となる予定であります。

 以上、議案第44号から議案第46号の3議案について一括説明させていただきました。よろしく御審議いただきますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) 原商工観光部長。

     (商工観光部長 原 武志君登壇)



◎商工観光部長(原武志君) 青色の予算書の329ページ、お願いいたします。

 議案第47号「平成27年度伊那市自動車運送事業会計予算について」御説明いたします。

 この予算は、南アルプス林道バス事業に関する収支について定めるものでございます。

 第2条では、業務の予定量を定めます。

 第3条の収益的収支におきましては、収入は前年度当初予算と同額の6,430万円、支出は2.8%減の5,800万円を見込む中で、630万円の黒字予算を編成いたしました。

 第4条は、資本的収支の予定額を定めるもので、支出に建設改良費1,580万円を予定する中で、その財源は当年度分の消費税及び地方消費税、資本的収支調整額、建設改良積立金を充てることとするものでございます。第5条では、一時借入金の限度額を、第6条では、職員給与費と交際費の流用の制限について定めるものでございます。

 予算の内容について御説明いたしますので、2枚おめくりをいただきまして、332ページお願いいたします。

 最初に収益的収支のうちの収入関係でございます。

 1款1項1目運送収益から2項4目の雑収益まで、いずれも本年度の実績を見る中で前年度予算と同額を見込むものでございます。

 おめくりをいただきたいと思います。

 334ページ、これ以降は支出関係となりますけれども、1款1項1目運転費につきましては、主に常勤運転手2名分と非常勤運転手8名分の人件費でございます。非常勤運転手につきましては、繁忙期等に柔軟に対応する体制といたします。

 2目の車両修繕費は、前年度と同額でございます。

 おめくりをいただきたいと思います。

 336ページの3目その他修繕費から、2枚おめくりをいただきまして、341ページの中段、33節の公課費までにつきましては、本年度の実績見込みに基づきまして予算計上するもので、大きな変更点はございません。

 340ページの中段、9目資産減耗費につきましては、事業用バスの更新に伴います除却費1台分の計上でございます。

 3項の特別損失につきましては、今年度は該当がございません。

 収益的収支の内容は以上でございます。

 おめくりをいただきたいと思います。

 342ページ、資本的支出でございますけれども、1款1項5目車両運搬具は、平成7年登録の事業用バス1台を更新する購入費用を、次の6目工具器具及び備品では、アルコール検知器と無線機の購入費用を予定するものでございます。

 説明は以上です。よろしく御審議を賜りますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) これより質疑に入ります。御質疑ありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第38号から議案第47号までの10案は、付託表のとおり所管の各委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願・陳情について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第19、請願陳情が文書表のとおり提出されております。

 紹介議員になっている方もおりますので、補足説明のある方の発言を許します。

 17番、前澤啓子議員。



◆17番(前澤啓子君) 私は13−3地方自治の堅持を日本政府に求める意見書提出に関する請願の紹介議員になっておりますので、説明を若干させていただきたいと思います。

 日本は民主主義の国であります。そしてその民主主義を進めるために地方自治をしているわけですけれども、この地方自治は選挙によって選ばれた者によって進められていきます。国選ももちろんそうですが。昨年、名護の市長選挙、沖縄県の知事選挙、衆議院の選挙で、3度にわたって沖縄県民は辺野古の新基地建設への反対の立場を明確にしたわけですけれども、このことについて日本政府は、その後の沖縄の辺野古新基地建設に誘導するための予算削減ととられるような沖縄振興予算案の削減をしております。そして、沖縄の県知事が首相に対して、辺野古基地の問題で再三にわたって対話を申し入れているにもかかわらず、いまだにそれは実現しておりません。そしてこの問題は、沖縄だけでの問題ではなくて、今後、このようなことが許されれば、他の地方自治体へも波及をするのではないかということが危惧をされるところであります。

 したがって今回のこの請願は、記書きにありますように沖縄県知事の求める首相及び関係省大臣との面談を速やかに実現すること。

 それからもう一点、沖縄の振興予算案の削減を白紙に戻すこと、このことについて日本政府に対して意見書を出してほしいという請願でございます。

 議員の皆さん、地方自治、そして民主主義に対して、世界が沈黙をしているところでありますので、御賛同をしていただきますようにお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) ほかにございませんか。

 本件は文書表のとおり所管の各委員会に付託いたします。

 ここで各常任委員会の審査の日程を御報告いたします。

 経済建設委員会、3月16日午前10時から。社会委員会、3月17日午前10時から。総務委員会、3月18日午前10時から。以上のとおりでございます。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれをもって散会いたします。



△散会 午後2時36分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名をする。

       伊那市議会議長

       伊那市議会議員

       伊那市議会議員