議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 伊那市

平成26年  1月 臨時会 01月27日−01号




平成26年  1月 臨時会 − 01月27日−01号









平成26年  1月 臨時会



              平成26年1月

            伊那市議会臨時会会議録

               (1−1)

1.開会  平成26年1月27日(月曜日)午後3時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2.出席議員の氏名(20名)

          1番     唐澤千明

          2番     唐澤 稔

          3番     二瓶裕史

          4番     橋爪重利

          5番     宮島良夫

          6番     竹中則子

          7番     中山彰博

          8番     平岩國幸

          9番     飯島 進

         10番     若林敏明

         12番     飯島光豊

         13番     黒河内 浩

         14番     小平恒夫

         15番     柴 満喜夫

         16番     前澤啓子

         17番     前田久子

         18番     柳川広美

         19番     飯島尚幸

         20番     伊藤泰雄

         21番     若林徹男

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  欠席議員の氏名

         11番     新井良二

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3.説明のため出席した者の職氏名

       市長          白鳥 孝

       副市長         酒井 茂

       教育長         久保村清一

       教育委員長       松田泰俊

       総務部長        篠田貞行

       市民生活部長      御子柴泰人

       保健福祉部長      城取 誠

       農林部長        塚元重光

       商工観光部長      原 武志

       建設部長        山崎大行

       水道部長        唐木好美

       教育次長        原 秀夫

       会計管理者       木下博司

       高遠町総合支所長    伊藤俊規

       長谷総合支所長     中山晶計

       総務部参事       田中 章

       総務課長        小松由和

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

4.職務のため出席した事務局職員

       事務局長        池上 忍

       次長          西村貢一

       主査          重盛紀子

       主査          山下 隆

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5.議事日程

   日程第1 会議録署名議員の指名について

   日程第2 会期の決定について

   日程第3 議案第1 請負契約の変更について

   日程第4 議案第2 平成25年度伊那市一般会計第5回補正予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午後3時00分



○議長(伊藤泰雄君) どうも皆さんこんにちは。ことしに入って初めての議会でございますけれど、慎重な審議をよろしくお願いいたします。

 開会に先立ち、本日の会議に欠席者の届け出がありましたので御報告いたします。11番、新井良二議員、病気療養中のため欠席。以上でございます。

 ただいまから、平成26年1月伊那市議会臨時会を開会いたします。

 これより、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お配りしてあります議事日程表によって議事を進めてまいります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、3番、二瓶裕史議員、4番、橋爪重利議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日、1日間と決定いたしました。

 ここで市長から御挨拶をお願いいたします。

 白鳥市長。

          (市長 白鳥 孝君登壇)



◎市長(白鳥孝君) 平成26年1月伊那市議会臨時会の開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。

 本日は、市議会、臨時会をお願いしましたところ、議員各位におかれましては公私ともお忙しい中、大方の議員の御出席を賜りましてまことにありがとうございました。

 皆様方には希望に満ちた新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。年末年始には、雪も降らずにおだやかな元旦を迎えることができました。伊那谷の美しい景色を眺めながら平穏であることに感謝をし、ことし1年が伊那市にとって、また市民の皆様にとってよい年であることを願いました。

 先日、12日には県伊那文化会館において、議員の皆様を初め多くの御来賓をお迎えし、伊那市出初め式を行いました。式典の後に、寒風吹きすさむ中行われました市中行進では、市民の皆様方に火災予防に対する御理解と御協力をお願いいたしました。改めて消防団員、日赤奉仕団初め関係の皆様の活動に敬意を表したいと存じます。

 20日には、上伊那の消防広域化に向けての協議会を終え、上伊那の市町村長による協定書の締結が行われました。広域化することによって、大規模災害発生時に十分な受援体制を構築することができるなど、住民の皆様の安心、安全を高めることができるものと考えております。今後、平成27年4月の新組織発足に向け、必要な手続を進めてまいりたいと思います。

 昨年7月に行われました参議院議員選挙の結果、いわゆるねじれ国会が解消され、安定的な国政運営が可能となりました。しかしながら、政府は沖縄のアメリカ軍基地の問題や、環太平洋パートナーシップ協定の交渉、消費税引き上げと経済の再生の両立など、多くの課題に取り組んでいかなければなりません。また、2020年の夏季オリンピックの開催地が東京に決まり、大会成功に向け本格的に準備が始まりました。我が国の繁栄のためには、都市と地方のバランスのとれた発展が必要であり、政府にはオリンピック準備のためにインフラ整備予算が東京へ集中しないよう配慮するなど、懸命な政権運営をお願いしたいと思います。

 さて、1月の内閣府経済月例報告では、景気は緩やかに回復しているとし、先行きについては、輸出が持ち直しに向かい各種政策の効果が下支えする中で、家計所得や投資が増加をし、景気の回復基調が続くことが期待されるとしておりますが、景気の回復感が早く地方にもあらわれることを期待するところであります。

 現在、平成26年度の予算編成に取りかかっているところでありますが、引き続き財政健全化に努めつつ、住民や福祉の向上、産業の振興、教育の振興、道路整備や都市基盤の整備などを引き続いて進めてまいりたいと存じます。

 また、リニア中央新幹線開通を想定したまちづくりに、新ごみ中間処理施設の建設の推進、伊那谷全体を視野に入れた観光振興など、広域的な課題に取り組み、伊那に生き、暮らし続けることができる地域をつくってまいりたいと思います。議員各位、並びに市民の皆様には、格別の御理解と御協力をお願い申し上げるところでございます。

 今臨時会では、請負契約の変更についてと、一般会計第5回補正予算を提案いたしますので、よろしく御審議くださいますようお願い申し上げまして、市議会、臨時会の挨拶といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号 請負契約の変更について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第3、議案第1号「請負契約の変更について」を議題といたします。事務局をして件名のみ朗読いたさせます。

 池上事務局長。



◎事務局長(池上忍君) 議案第1号「請負契約の変更について」平成26年1月27日提出、伊那市長白鳥 孝。以上でございます。



○議長(伊藤泰雄君) 理事者から提案理由の説明を求めます。

 原教育次長。



◎教育次長(原秀夫君) 議案第1号「請負契約の変更について」を御説明をいたしますので、議案書の1ページをお願いをいたします。

 提案理由に入ります前に、この議案につきましては手続が遅くなったことをおわびを申し上げ、今後このようなことがないよう十分注意してまいります。どうかよろしくお願いをいたします。

 それでは、この議案の提案理由でございます。平成22年9月16日に締結をいたしました東部中学校管理教室棟・特別教室棟他建設建築工事請負契約について、工事内容の一部変更に伴い、契約金額を変更する必要が生じたため、伊那市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得、または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 記書きでございますが、変更前の契約金額10億7,625万円を10億7,740万5,000円に変更したいというものでございます。

 変更内容について御説明をいたしますので、議案関係資料の1ページをお願いをいたします。

 工事名は、東部中学校管理教室棟・特別教室棟他建設建築工事でございます。変更の内容ですが、変更前の契約金額10億7,625万円を10億7,740万5,000円に変更したいというもので、変更金額は、115万5,000円であります。契約の相手方はごらんをいただき、変更工事の概要ですが、平成25年度の武道館の建設工事において、22年度当初設計にない支持地盤地耐力不足等による直接基礎の一部の形状・深さの変更をする必要が生じたことによるものでございます。工事ごとの変更金額はごらんをいただき、工事期間、主な財源は変更がございません。

 おめくりをいただき、2ページをお願いをいたします。

 配置図でございます。今回お願いをいたします武道館は、左の上、丸印の所、西北の位置になります。

 おめくりをいただきまして、3ページは基礎伏図。

 おめくりをいただきまして、4ページは軸組図となりますので、御確認をお願いをいたします。

 以上、よろしく御審議をいただきますようお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第1号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。

 よって議案第1号は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

 16番、前澤啓子議員。



◆16番(前澤啓子君) 設計変更の理由として、支持地盤の地耐力不足及び敷地レベル高低差による基礎が露出ということなんですけれども、この支持地盤の地耐力不足というのは、どの時点で発覚をしたのでしょうか。



○議長(伊藤泰雄君) 原教育次長。



◎教育次長(原秀夫君) 建物の解体工事は、平成22年度当初で解体をしたわけでございますけれど、指示地盤の変更につきましては、平成25年、今年度の7月の時点で施工図で指示をした内容でございます。



○議長(伊藤泰雄君) 16番、前澤啓子議員。



◆16番(前澤啓子君) 7月の時点で地耐力不足が判明して、それによって設計変更が出てきたと思うんですけれども、この議案がもう既に工事終わってるというふうに聞いているんですけれども、ここまでおくれた理由というのはどういうことでしょうか。



○議長(伊藤泰雄君) 原教育次長。



◎教育次長(原秀夫君) 実際の工事は、8月から10月にかけて基礎工事が行われております。当初、増工で基礎工事が必要だと判断をしたわけでありますけれど、全体の工事費の確認をその都度していなかったということで、それは最後に清算をするというふうに勘違いをしていたということでございます。業者との連携が不足をしていたということで、今後、十分気をつけてまいりたいというふうに思っております。



○議長(伊藤泰雄君) 18番、柳川広美議員。



◆18番(柳川広美君) 18番、柳川です。

 この4ページの軸組図を見ますと、西側から見た場合にはコンクリートの基礎が地面から出て見えるということですか。



○議長(伊藤泰雄君) 原教育次長。



◎教育次長(原秀夫君) そうです。当初の設計ですと、基礎から出てしまうので、この網掛けというか斜線をしたものに変えたということでございまして、一番深い所で40センチ差が出たということでございます。



○議長(伊藤泰雄君) ほかに御質疑ありませんか。

          (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 御意見ありませんか。

          (「なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 以上をもって、討論を終結いたします。

 これより議案第1号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          (起立全員)



○議長(伊藤泰雄君) 起立全員であります。

 よって議案第1号は、原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第2号 平成25年度伊那市一般会計第5回補正予算について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第4、議案第2号「平成25年度伊那市一般会計第5回補正予算について」を議題といたします。事務局をして件名のみ朗読いたさせます。

 池上事務局長。



◎事務局長(池上忍君) 議案第2号「平成25年度伊那市一般会計第5回補正予算について」平成26年1月27日提出、伊那市長白鳥 孝。以上でございます。



○議長(伊藤泰雄君) 理事者から提案理由の説明を求めます。

 篠田総務部長。



◎総務部長(篠田貞行君) 議案第2号につきまして御説明を申し上げます。別冊の補正予算書3ページをお開きをいただきたいと思います。

 平成25年度伊那市一般会計第5回補正予算であります。第1条で、歳入歳出それぞれ6億8,330万円の追加をお願いをし、総額を343億3,400万円とさせていただくものであります。

 今回の補正の主な内容でありますが、昨年の12月に閣議決定された国の平成25年度補正予算による好循環実現のための経済対策に伴い、平成26年度に予定をしておりました補助事業の前倒しとして、福祉施設整備事業、土地改良事業を。また、平成25年度の東日本大震災復興特別会計の追加補助による小学校の耐震整備等に係る事業を実施するため、補正をお願いをするものでございます。

 補正後の予算規模は、前年度同期と比較して13.0%の増でございます。

 第2条は繰越明許費、第3条は地方債補正でございますが、別表で御説明を申し上げます。6ページをお開きをいただきたいと思います。

 6ページの第2表の繰越明許費は、追加でございまして、今回の補正に係る事業については、年度内の完成が見込めないため、翌年度へ繰り越しをお願いをするものでございます。

 7ページをごらんをいただきたいと思います。第3表、地方債補正も追加でございまして、小中学校の耐震整備に全国防災事業債を新たに発行するもので、国庫補助事業の補助残に充当させていただくものであります。

 続きまして内容の御説明を申し上げます。おめくりをいただき、16ページをお願いをいたします。

 16ページ、歳出でございます。

 2款の総務費1項9目交通安全対策費は、道路凍結防止剤の不足が見込まれることから、あらかじめ必要数量を確保するため追加をお願いをするものでございます。

 おめくりをいただき、18ページ、3款民生費の1項2目社会福祉施設費は、高齢者福祉施設整備事業で、市内に整備が予定される特別養護老人ホーム、認知症対応型デイサービスセンター等に対し、国の補正に伴う交付金を得て、施設整備及び開設準備にかかる費用を助成をさせていただくもので、平成26年度事業を前倒し計上するものでございます。

 次の、2項児童福祉費の5目保育園費は、平成27年度に予定されます子ども・子育て支援新制度に対応するため、県の安心こども基金を財源とし電算システムを改修するもので、続いて3項生活保護費の2項扶助費は、生活保護事業において入院にかかる医療費扶助の増加等に伴い、扶助費を増額をさせていただくものであります。

 おめくりいただき、20ページの6款農林水産業費1項5目農地費は、右の21ページ、県営事業負担金で伊那西部地区の老朽化した農業用施設について修繕に向けた機能診断を行うもの。次の団体営土地改良事業は、中央自動車道にかかります3つの水路橋について点検を行うもので、いずれも国の補正を財源とし、平成26年度事業を前倒しするものでございます。

 続いて2項林業費4目林道費は、南アルプス林道維持管理で安全施設の整備を林道バスの営業に間に合わせるため、工事費の補正をお願いをするものでございます。

 おめくりいただき、22ページをお願いをいたします。

 10款教育費2項小学校費3目小学校建設費は、右の23ページ、小学校耐震整備事業で伊那西小学校及び西春近北小学校における耐震補強工事で、その下、小学校下水道関連整備事業は、伊那西小学校の耐震整備に関連するトイレの改修工事でございます。次の小学校改修事業は、同じく伊那西小学校及び西春近北小学校における耐震補強工事にあわせ、災害時にも有効な太陽光発電施設を整備するものでございます。

 以上が歳出でございます。

 続いて歳入の関係を御説明いたします。

 お手数ですが、14ページにお戻りをいただきたいと思います。

 14ページ、歳入であります。12款地方交付税は、今1月補正予算に係る一般財源に充当をするもの。16款1項3目民生費国庫負担金は、生活保護費に係る国負担金、2項3目民生費国庫補助金は、老人福祉費施設に係わる地域介護福祉空間整備等交付金、次の10目教育費国庫補助金の1節小学校費補助金は、小学校の耐震整備事業に係わる学校施設環境改善交付金であります。

 続いて17款2項3目の民生費県補助金は、電算システム改修に係る安心こども基金の事業補助金。それから6目農林水産業費県補助金の17節団体営土地改良事業に、また43節は県営事業に関する補助金でございます。

 23款市債につきましては、先ほど御説明を申し上げました。

 補正予算に係る説明は以上でございます。よろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤泰雄君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第2号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

          (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。

 よって議案第2号は、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 御質疑ありませんか。

 16番、前澤啓子議員。



◆16番(前澤啓子君) 19ページの高齢者福祉施設整備ですけれども、全協での説明で美篶と東春近の小規模特養ということでしたけれど、おのおの美篶の金額、それから東春近のほうの金額が幾らかということ、それから、その下の電算のシステム改修ですけれども、平成27年度からのシステム変更に伴ってということなんですけれど、これは今変更をして、もうそれで動き始めて支障がないのかどうか、それとも今、改修はするけれども実際に動き始めるのは27年からということなのか、その辺はお願いします。



○議長(伊藤泰雄君) 城取保健福祉部長。



◎保健福祉部長(城取誠君) お答えをいたします。前段の高齢者福祉施設整備事業でありますけれど、補助金の事業費の内訳でございますが、美篶地区に予定をしております施設にかかわりまして、金額が1億9,140万円であります。それから、東春近地区に整備を予定をしております補助金の合計が、1億3,340万という内訳になっているところであります。

 それから、2点目の御質問でありますけれど、保育園運営にかかわります子ども・子育て支援システムの整備でありますけれど、これにつきましては先ほど御説明申し上げましたとおり、本年度予算措置をお願いしまして来年度へ事業を繰り越しをさせていただき、具体的なシステム整備については平成26年度で行うということになっておりますので、まだシステムの改修内容等につきましては、詳細が示されておらないということになりますので、具体的には26年度で整備を行っていくという内容でございます。



○議長(伊藤泰雄君) ほかに御質疑ありませんか。

 前澤啓子議員。



◆16番(前澤啓子君) 21ページですけれど、団体営土地改良の水路橋の点検事業で、中央道にかかる3つの橋ということだったのですけれど、どこの橋でそれぞれ幾らずつという内容かということをお願いします。



○議長(伊藤泰雄君) 塚元農林部長。



◎農林部長(塚元重光君) 3橋でございますけれど、原田井、犬田切、藤沢の3水路橋ということでお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) ほかにありますか。

 前澤啓子議員。



◆16番(前澤啓子君) それ、内訳は。



○議長(伊藤泰雄君) 塚元農林部長。



◎農林部長(塚元重光君) 詳細は、これから詳細を詰めてまいりますけども、一応県のほうとの相談の中では、1橋当たり330万程度ということで、他地区の事例を参考に積算上は330万ということでございましたので、3橋で1,000万ということで積算させていただいて、県に要望をさせていただいてる数値を、今回の補正に計上させていただいてございます。



○議長(伊藤泰雄君) ほかに御質疑ありませんか。

 以上をもって、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 御意見ありませんか。

 前澤議員。



◆16番(前澤啓子君) せんだって私ども視察に行ってまいりまして、京丹後市というところなんですけれど、その中で予算書の内訳等について、今の伊那市の状況ですと委員会審議の中で細かいところは聞くという状況になっているんですが、京丹後市は、今私がお聞きしたようなことが当初から予算書に表示をされているという状態になっていまして、非常に密な議論がされているなというふうに感じたのですが、特に今回のような委員会の付託がないような場合は、特に自分の少なくとも所属の委員会については協議会のほうで聞くことができるのですが、他のその他の委員会については、委員会での協議会の審議をほかの議員に伝達する間がないというのが現状だと思うんですよね。ですから、もう少し各内容について項目別の予算を載せていただきたいなと思うのですけれど、どうでしょうか。



○議長(伊藤泰雄君) 前澤議員、要望でいいですか。



◆16番(前澤啓子君) 討論に値する問題だと思いますけれど、中身に関係するわけですからね。



○議長(伊藤泰雄君) 篠田総務部長。



◎総務部長(篠田貞行君) 議案書の内容と、今御指摘があったわけですが、またこの内容につきましては議会のほうで具体的に御相談をさせていただきたいと思います。



○議長(伊藤泰雄君) はい。議会としても、今重く受けとめまして、これから検討したいと思います。

 ほかにありますか。

 以上をもって討論を終結いたします。

 これより議案第2号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          (起立全員)



○議長(伊藤泰雄君) 起立全員であります。

 よって議案2号は、原案のとおり可決されました。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 これをもって平成26年1月伊那市議会臨時会を閉会いたします。



△閉会 午後3時28分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名をする。

       伊那市議会議長

       伊那市議会議員

       伊那市議会議員