議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 伊那市

平成24年  5月 臨時会(1) 05月07日−01号




平成24年  5月 臨時会(1) − 05月07日−01号









平成24年  5月 臨時会(1)



              平成24年5月

            伊那市議会臨時会会議録

               (1−1)

1.開会  平成24年5月7日(月曜日)午前10時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2.出席議員の氏名(20名)

          1番     唐澤千明

          2番     唐澤 稔

          3番     二瓶裕史

          4番     橋爪重利

          5番     宮島良夫

          6番     竹中則子

          7番     中山彰博

          8番     平岩國幸

          9番     飯島 進

         10番     若林敏明

         12番     飯島光豊

         13番     黒河内 浩

         14番     小平恒夫

         15番     柴 満喜夫

         16番     前澤啓子

         17番     前田久子

         18番     柳川広美

         19番     飯島尚幸

         20番     伊藤泰雄

         21番     若林徹男

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  欠席議員の氏名

         11番     新井良二

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

3.説明のため出席した者の職氏名

       市長          白鳥 孝

       副市長         酒井 茂

       総務部長        篠田貞行

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

4.職務のため出席した事務局職員

       事務局長        原 秀夫

       次長          西村貢一

       主査          重盛紀子

       主査          山下 隆

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

5.議事日程

   日程第1 会議録署名議員の指名について

   日程第2 会期の決定について

   日程第3 常任委員の選任について

   日程第4 議会運営委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前10時00分



○議長(伊藤泰雄君) おはようございます。先週の2日、3日、知立市への訪問、大変御苦労さまでございました。大変友好なすばらしい交流事業ができたかなと思っております。これからも古い友人の知立市でございますので、末永くおつき合いのほうよろしくお願いします。

 開会に先立ち、本日の会議に欠席者の届け出がありましたので、御報告いたします。11番、新井良二議員、病気療養中のため欠席。以上でございます。

 ただいまから、平成24年5月伊那市議会臨時会を開会いたします。

 これより、本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お配りしてあります議事日程表によって議事を進めてまいります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、4番、橋爪重利議員、5番、宮島良夫議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日、1日間と決定いたしました。

 ここで市長からごあいさつをお願いいたします。

     (市長 白鳥 孝君登壇)



◎市長(白鳥孝君) 平成24年5月伊那市議会臨時会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 山々の新緑がまぶしい季節となりました。田んぼにも水か入り、いよいよ伊那谷の農業が本番を迎えるころでありますが、ことしは4月に入っても寒い日が続きまして、桜の開花も例年より遅くなりました。高遠城址公園の桜まつりも有料入園期間が13日と短く、有料入園者数が底落ちで17万3,000人余りでありました。ことし、桜の時期にあわせて開催しました高遠美術館の片岡鶴太郎展では、昨年の約3倍、それから高遠歴史博物館の日露戦争の記憶では約1.5倍の入場者数となりました。経済的な効果など、今後の状況をしっかりと分析をして、来年の桜まつりにつなげていきたいと考えております。

 さて、きょうの議会につきましては、正副議長の選挙、各常任委員会の構成等があると伺っております。議員の皆様には、平成22年4月に当選されてからちょうど2年の折り返し点となったわけであります。私も同様に、市長の任について2年が経過しましたが、これまで伊那市の将来を見据えた中で、地ならしをし、肥料をまき、種をまいてまいりました。今後は、まいた種が成長し、花が咲き、しっかりとした実がなりますよう管理を怠りなく進め、確実に育ててまいりたいと考えております。

 この地域の当面の課題であります。新ごみ中間処理施設の建設、消防署の移転改築、リニア中央新幹線開通に向けてのアクセスの問題等に取り組み、農業や観光産業の育成や、教育の充実などをしっかり進め、家族がみんな一緒に暮らし続けることができる地域をつくるために努力をしてまいりたいと存じます。

 議員の皆様もそれぞれ新しい正副議長、また常任委員会の委員長のもとに伊那市発展のために御尽力いただくことをお願いするところであります。

 きょうの議会の御成功をお祈り申し上げまして、市議会臨時会のあいさつといたします。



○議長(伊藤泰雄君) 暫時休憩いたします。



◎事務局次長(西村貢一君) 事務局よりお知らせをいたします。

 この後、会派代表者の皆様は、議長応接室のほうに御移動いただきますようお願いいたします。



△休憩 午前10時05分



△再開 午前10時11分



○副議長(飯島尚幸君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の辞職について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(飯島尚幸君) ただいま、伊藤泰雄議長から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りをいたします。この際、議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○副議長(飯島尚幸君) 御異議なしと認めます。よってこの際、議長の辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、伊藤泰雄議長の退席を求めます。

     (議長 伊藤泰雄君退席)



○副議長(飯島尚幸君) まず、その辞職願を朗読いたさせます。

 原事務局長。



◎事務局長(原秀夫君) 辞職願。今般、一身上の都合により議長を辞職いたしたいので許可されるようお願いします。平成24年5月7日、伊那市議会議長、伊藤泰雄、伊那市議会副議長、飯島尚幸殿。



○副議長(飯島尚幸君) お諮りをいたします。

 伊藤泰雄議長の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○副議長(飯島尚幸君) 御異議なしと認めます。よって、伊藤泰雄議長の議長の辞職を許可することに決しました。

 伊藤泰雄議員の入場を求めます。

     (議長 伊藤泰雄君入場)



○副議長(飯島尚幸君) ただいま、辞職が承認されましたので、退任のごあいさつをお願いいたします。



○議長(伊藤泰雄君) 私は、平成22年5月13日から2年間、大変未熟な議長として皆さんに大変お世話になり、ありがとうございました。皆様の絶大なる御支援のもと、大過なく重責を全うすることができました。この場をおかりいたしまして厚く御礼を申し上げます。

 私は就任以来、伊那市議会を市民の皆様に信頼される、また開かれた議会を目指して改革に取り組んでまいりました。その中でも特に、議会基本条例の制定を調査研究していただきまして、3月の議会で全員の議員の皆さんの賛同を得て成立させていただきました。これは、制定しただけでは何にもなりませんので、どうかこれからしっかり運用していただいて、すばらしい議会にしていっていただきたいなと思っております。

 そして、二元代表制の一方として、私どもは市長に是々非々の立場で臨み、言うべきことは言ってやってきたつもりでございます。本当に市民に信頼される議会になったんじゃないかと思っております。

 皆さんのこういった御支援、御協力に改めて感謝を申し上げましてお礼のあいさつといたします。本当にお世話になりました。



○副議長(飯島尚幸君) ただいま、議長が欠員となりました。

 お諮りをいたします。

 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○副議長(飯島尚幸君) 御異議なしと認めます。

 よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 暫時休憩をいたします。



◎事務局次長(西村貢一君) 事務局よりお知らせをいたします。

 この後、議長室におきまして、議長の立候補届を受け付けをいたします。届け出の締め切り時間は、10時25分とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 立候補届の受け付け後、この議場におきまして議会全員協議会を開催いたします。しばらくの間、この場、もしくは議員控室でお待ちをいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



△休憩 午前10時16分



△再開 午前10時45分



○副議長(飯島尚幸君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(飯島尚幸君) お諮りいたします。

 選挙の方法は、規定によりますと投票による方法と、指名推選による方法とがありますがいかがいたしますか、御意見をお伺いをいたします。

     (「投票」と言う者あり)



○副議長(飯島尚幸君) 投票の声がありますので、選挙の方法は投票にすることにいたします。投票準備のためしばらくそのままお待ちください。

 議場の閉鎖を命じます。

 ただいまの出席議員数は20人であります。投票用紙を配付いたさせます。

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と言う者あり)

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 異常なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。点呼に応じて順次投票記載場にて投票用紙に被選挙人の指名を記載の上、投票を願います。

 点呼を命じます。



◎事務局長(原秀夫君) 1番、唐澤千明議員、2番、唐澤稔議員、3番、二瓶裕史議員、4番、橋爪重利議員、5番、宮島良夫議員、6番、竹中則子議員、7番、中山彰博議員、8番、平岩國幸議員、9番、飯島進議員、10番、若林敏明議員、12番、飯島光豊議員、13番、黒河内浩議員、14番、小平恒夫議員、15番、柴満喜夫議員、16番、前澤啓子議員、17番、前田久子議員、18番、柳川広美議員、20番、伊藤泰雄議員、21番、若林徹男議員、19番、飯島副議長。



○副議長(飯島尚幸君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と言う者あり)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に竹中則子議員、中山彰博議員を指名いたします。

 よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。

 選挙の結果を報告いたします。投票総数20票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票20票、有効投票中、伊藤泰雄議員17票、飯島光豊議員3票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、伊藤泰雄議員が議長に当選されました。

 ただいま、議長に当選されました伊藤泰雄議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、告知をいたします。

 よって、当選の承諾をいただき、就任のごあいさつをお願いいたします。伊藤泰雄議長、演壇までお願いいたします。

     (議長 伊藤泰雄君登壇)



○議長(伊藤泰雄君) ただいまは、多くの議員の皆さんの御指示をいただきまして議長に当選させていただきました。本当にありがとうございました。

 私はこれから2年間、先ほどの所信表明で皆さんにお約束したことを確実に実行いたしまして、長野県一の議会を目指してこれからも頑張っていく所存でございますので、どうか委員の皆様方の変わらぬ御支援、御指示、そして御指導、御鞭撻をお願いいたしまして就任のあいさつとさせていただきます。よろしくお願いします。ありがとうございました。

     (拍手)



○副議長(飯島尚幸君) それでは、伊藤議長、議長席にお着き願います。



○議長(伊藤泰雄君) 暫時休憩いたします。



◎事務局次長(西村貢一君) 事務局よりお知らせをいたします。

 会派代表者の皆様は、議長応接室に御移動をいただきますようお願いいたします。



△休憩 午前10時58分



△再開 午前11時06分



○議長(伊藤泰雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の辞職について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) ただいま、飯島尚幸副議長から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りをいたします。この際、副議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。よってこの際、副議長の辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、飯島尚幸副議長の退席を求めます。

     (副議長 飯島尚幸君退席)



○議長(伊藤泰雄君) まず、その辞職願を朗読いたさせます。

 原事務局長。



◎事務局長(原秀夫君) 辞職願。今般、一身上の都合により副議長を辞職いたしたいので許可されるようお願い出ます。平成24年5月7日、伊那市議会副議長、飯島尚幸、伊那市議会議長、伊藤泰雄殿。以上でございます。



○議長(伊藤泰雄君) お諮りをいたします。

 飯島尚幸副議長の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。よって、飯島尚幸副議長の副議長の辞職を許可することに決しました。

 飯島尚幸議員の入場を求めます。

     (副議長 飯島尚幸君入場)



○議長(伊藤泰雄君) ただいま、辞職が承認されましたので、退任のごあいさつをお願いいたします。

 飯島尚幸議員。



◆副議長(飯島尚幸君) 副議長退任のごあいさつを申し上げます。

 2年前、この議場にて、すべての議員の皆様の心温かな御理解と御協力を賜りまして、選挙ではなく栄えある指名推選のもと副議長に就任をさせていただきました。その就任の決意、抱負として私は、議会運営の中心である議長を誠心誠意かつ真剣に支え、議会が常に自由活発な議論の交換が進み、活力みなぎる言論のふとしての実り多き協議が進展するよう全力で取り組み、サポートしてまいります旨のお約束をしてまいりました。

 申し合わせによる任期2年が終了をいたしました。振り返りますと、議会のより充実発展へ、そしてチェックアンドバランスの鉄則の均衡ある議会運営に当たるべきであると心がけ、微力ではありましたが伊藤議長を支え、真剣に取り組んでまいりました。このことは、今、いささかの悔いもなく喜びを持って終えることができたその充実感でいっぱいでございます。

 さらに、議会運営に当たり、対外的にも多くを学び、そして議会リーダーとはどうあるべきか、自己主張と公平な感覚、指導力の発揮はいかにあるべきかなど、幅広い体験をする機会に恵まれましたことは望外の幸せでございました。

 伊那市は合併をして6年を経過し、さらなる合併効果の実現に向かい、市民の皆様の議会への注目、期待はより一層高まってこようかと存じます。これから私も一人の議員として、お世話になった皆様への報恩の誓いを胸に秘めて、再び力いっぱい議員活動に取り組んでまいる決意でございます。

 副議長退任に当たり、きょうまで、温かく御支援御協力をいただきました市民の皆様、すべての議員の皆様、そして理事者、職員の皆様、とりわけて大変御面倒をおかけをいたしました議会事務局の皆様に、今、万感の思いを込めて心から感謝と御礼を申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。本当に、大変ありがとうございました。



○議長(伊藤泰雄君) ただいま、副議長が欠員となりました。

 お諮りをいたします。この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。よってこの際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 暫時休憩をいたします。



◎事務局次長(西村貢一君) 事務局よりお知らせをいたします。

 この後、議長室におきまして、副議長の立候補届を受け付けをいたします。届け出の締め切り時間は、11時20分とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

 また、立候補届の受け付け後、この議場におきまして議会全員協議会をお願いをいたします。しばらくの間、この場、もしくは議員控室でお待ちをいただきたいと思います。以上であります。



△休憩 午前11時11分



△再開 午前11時30分



○議長(伊藤泰雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) お諮りいたします。

 選挙の方法は、規定によりますと投票による方法と、指名推選による方法がありますがいかがいたしますか、御意見を伺いたいと思います。

     (「投票」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 投票の声がありますので、選挙の方法は投票によることにいたします。投票準備のため、しばらくそのままお待ちください。

 議場の閉鎖を命じます。

 ただいまの出席議員数は20名であります。投票用紙を配付いたさせます。

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と言う者あり)

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

 異常なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。点呼に応じて順次投票記載場にて投票用紙に被選挙人の指名を記載の上、投票をお願いします。

 点呼を命じます。



◎事務局長(原秀夫君) 1番、唐澤千明議員、2番、唐澤稔議員、3番、二瓶裕史議員、4番、橋爪重利議員、5番、宮島良夫議員、6番、竹中則子議員、7番、中山彰博議員、8番、平岩國幸議員、9番、飯島進議員、10番、若林敏明議員、12番、飯島光豊議員、13番、黒河内浩議員、14番、小平恒夫議員、15番、柴満喜夫議員、16番、前澤啓子議員、17番、前田久子議員、18番、柳川広美議員、19番、飯島尚幸議員、21番、若林徹男議員、20番、伊藤泰雄議長。



○議長(伊藤泰雄君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と言う者あり)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に平岩國幸議員、飯島進議員を指名いたします。

 よって、両者の立ち会いをお願いいたします。

 選挙の結果を報告いたします。投票総数20票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。そのうち有効投票20票、無効投票ゼロ、有効投票中、前田久子議員17票、前澤啓子議員3票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、前田久子議員が副議長に当選されました。

 ただいま、副議長に当選されました前田久子議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、告知をいたします。

 よって、当選の承諾をいただき、就任のごあいさつをお願いいたします。前田久子副議長、演壇までお願いいたします。

     (副議長 前田久子君登壇)



◆副議長(前田久子君) ただいまは、皆様方の温かい御指示をいただく中で、本市議会の副議長に当選をさせていただきました。本当にありがとうございました。

 もとより力はございませんが、伊藤議長の御指導のもと、誠心誠意努めてまいり職責を果たしてまいる決意でございます。どうぞ、皆様方の変わらぬ御指導、御鞭撻を心よりお願いを申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。

     (拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第3、常任委員の選任についてを議題といたします。

 この常任委員の選任については、委員会条例第8条第1項に、議長が会議に諮って指名すると規定されておりますので、ここで暫時休憩をして御報告をいただいてあります希望調書により調整をした上で、議長が指名をしたいと思います。

 暫時休憩いたします。

 なお、これより後刻まで理事者側の出席につきましては、その都度こちらから要請いたしますので、そのように御承知をお願いいたします。

 暫時休憩いたします。



◎事務局次長(西村貢一君) 事務局よりお知らせをいたします。

 この休憩時間を利用していただきまして、昼食と休憩をお取りいただきたいと思います。

 休憩後、1時15分から会派代表者会議を行いますので、代表の方は議長応接室へ御集合をお願いいたします。

 1時15分議長応接室ということでございます。よろしくお願いいたします。



△休憩 午前11時40分



△再開 午後1時30分



○議長(伊藤泰雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 常任委員の選任について総務委員に、橋爪重利議員、飯島進議員、新井良二議員、飯島光豊議員、黒河内浩議員、柴満喜夫議員、飯島尚幸議員、以上7名。社会議員に、唐澤稔議員、二瓶裕史議員、竹中則子議員、前澤啓子議員、前田久子議員、伊藤泰雄、若林徹男議員、以上7名。経済建設委員に、唐澤千明議員、宮島良夫議員、中山彰博議員、平岩國幸議員、若林敏明議員、小平恒夫議員、柳川広美議員、以上7名。それぞれ指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました議員をそれぞれの常任委員に選任することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員の選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤泰雄君) 日程第4、議会運営委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、唐澤稔議員、宮島良夫議員、平岩國幸議員、黒河内浩議員、小平恒夫議員、柳川広美議員、飯島尚幸議員、以上7名を議会運営委員に指名したいと思います。これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました7人の委員を議会運営委員に選任することに決しました。

 なお、議会運営委員会には議会の運営に関する事項について附託し、当該議会運営委員の任期の間、継続審査といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。

 よって議会運営員会には、議会の運営に関する事項について附託し、当該議会運営委員の任期の間、継続審査とすることに決しました。

 お諮りいたします。

 ここで暫時休憩をして、その間に各常任委員会及び議会運営委員会を開き、それぞれ正副委員長の互選をしていただきたいと思います。

 これに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○議長(伊藤泰雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、休憩の間に各委員会を開催し、正副委員長の互選をお願いいたします。

 各委員会を招集いたします。開催場所を申し上げます。総務委員会は第一委員会室、社会委員会は議長応接室、経済建設委員会は第二委員会室。なお、議会運営委員会は、各常任委員会の互選終了後、直ちに第二委員会室で行います。

 暫時休憩いたします。



◎事務局次長(西村貢一君) 事務局よりお知らせをいたします。

 委員会の会場に入室される際、仮議席のくじを引いていただきます。事務局がくじを用意いたしますので、仮議席のくじを引いていただき、同じ番号の席へ御着席をするようお願いをいたします。



△休憩 午後1時32分



△再開 午後2時20分



○議長(伊藤泰雄君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

 各常任委員会及び議会運営員会の正副委員長の互選の結果を申し上げます。

 総務委員会委員長、飯島進議員、副委員長、橋爪重利議員。社会委員会委員長、竹中則子議員、副委員長、唐澤稔議員。経済建設委員会委員長、中山彰博議員、副委員長、唐澤千明議員。議会運営委員会委員長、平岩國幸議員、副委員長、宮島良夫議員。

 以上のとおり各常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長が決定されました。

 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 これをもって平成24年5月伊那市議会臨時会を閉会いたします。



△閉会 午後2時22分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名をする。

       伊那市議会議長

       伊那市議会副議長

       伊那市議会議員

       伊那市議会議員