議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 須坂市

平成 5年  3月 定例会 03月04日−01号




平成 5年  3月 定例会 − 03月04日−01号







平成 5年  3月 定例会



須坂市告示第23号

 平成5年3月須坂市議会定例会を次のとおり招集する。

  平成5年2月25日

                  須坂市長   永井順裕

              記

1. 期日  平成5年3月4日  午前10時

2. 場所  須坂市議会議事堂

          平成5年3月須坂市議会定例会会議録(第1号)

              平成5年3月4日(木曜日)

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          議事日程(第1号)

第 1  会議録署名議員の指名

第 2  会期の決定

第 3  議案第 5号 長野地域広域行政事務組合の規約変更について

第 4  議案第 6号 須坂市農業集落排水事業特別会計条例の制定について

第 5  議案第 7号 須坂市認可地縁団体の印鑑の登録及び証明に関する条例の制定について

第 6  議案第 8号 須坂市旧園里学校条例の制定について

第 7  議案第 9号 須坂市組織条例の一部を改正する条例について

第 8  議案第10号 金銭物品等の寄附募集に関する条例の一部を改正する条例について

第 9  議案第11号 須坂市資金積立基金条例の一部を改正する条例について

第10  議案第12号 須坂市短期保護に係る養護老人ホーム使用料徴収条例の一部を改正する条例について

第11  議案第13号 須坂市デイ・サービスセンター条例の一部を改正する条例について

第12  議案第14号 須坂市児童センター設置条例の一部を改正する条例について

第13  議案第15号 須坂市不良住宅地区住宅新築資金利子補給金積立金の設置、管理及び処分に関する条例を廃止する条例について

第14  議案第16号 須坂市シルキーホール条例の一部を改正する条例について

第15  議案第17号 須坂市勤労者等自転車駐車場条例の一部を改正する条例について

第16  議案第18号 須坂市市営住宅管理条例の一部を改正する条例について

第17  議案第19号 平成4年度須坂市一般会計補正予算第9号

第18  議案第20号 平成4年度須坂市国民健康保険特別会計補正予算第4号

第19  議案第21号 平成4年度老人保健特別会計補正予算第2号

第20  議案第22号 平成4年度須坂市奨学金特別会計補正予算第2号

第21  議案第23号 平成4年度須坂市同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算第2号

第22  議案第24号 平成4年度井上、幸高、九反田、中島財産区特別会計補正予算第4号

第23  議案第25号 平成4年度須坂市福祉企業センター特別会計補正予算第3号

第24  議案第26号 平成4年度須坂市峰の原水道事業特別会計補正予算第3号

第25  議案第27号 平成4年度須坂市下水道事業特別会計補正予算第5号

第26  議案第28号 平成4年度須坂市水道事業会計補正予算第6号

第27  議案第29号 平成4年度須坂市宅地造成事業会計補正予算第4号

第28  議案第30号 平成5年度須坂市一般会計予算

第29  議案第31号 平成5年度須坂市国民健康保険特別会計予算

第30  議案第32号 平成5年度須坂市老人保健特別会計予算

第31  議案第33号 平成5年度須坂市奨学金特別会計予算

第32  議案第34号 平成5年度須坂市同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計予算

第33  議案第35号 平成5年度井上、幸高、九反田、中島財産区特別会計予算

第34  議案第36号 平成5年度須坂市福祉企業センター特別会計予算

第35  議案第37号 平成5年度須坂市峰の原水道事業特別会計予算

第36  議案第38号 平成5年度須坂市下水道事業特別会計予算

第37  議案第39号 平成5年度須坂市農業集落排水事業特別会計予算

第38  議案第40号 平成5年度須坂市水道事業会計予算

第39  議案第41号 平成5年度須坂市宅地造成事業会計予算

第40  請願

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          本日の会議に付した事件

1) 諸報告

1) 会議録署名議員の指名

1) 会期の決定

1) 議案第5号から議案第41号まで

1) 請願

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          出席議員(27名)

   1番    駒津行雄君        2番    青木仲治君

   3番    山岸 武君        4番    植木新一君

   5番    佐藤正司君        6番    中村 猛君

   7番    篠塚 勉君        8番    二ノ宮邦友君

   9番    北沢正啓君       10番    山崎和雄君

  11番    佐々木啓佐義君     12番    河野喜世子君

  13番    永井一雄君       14番    田中穂積君

  15番    北沢文子君       16番    長張貞佑君

  17番    古谷秀夫君       18番    小松善正君

  19番    市川喜太郎君      20番    丸山孝一君

  21番    堀内幸尚君       22番    村石正郎君

  23番    荒井義太郎君      24番    越 計治君

  25番    佐藤哲夫君       27番    丸山親男君

  28番    永井常雄君

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          欠席議員(1名)

  26番    上野恒夫君

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          説明のため出席した者

市長      永井順裕君       助役      山崎康信君

収入役     松澤喜助君       消防長     井浦雪男君

総務部長    佐藤元広君       企画調整部長  山岸利文君

民生部長    松崎元慎君       経済部長    穂刈昭彦君

建設部長    坪井今朝生君      水道事業管理者 宮崎喜一君

教育委員長   小林英之君       教育長     竹前稀市君

教育次長    小林忠男君

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          事務局出席職員

事務局長    佐藤郁夫君       事務局次長   青木英男君

書記      森泉完志君       書記      青木一浩君

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時03分  開会



○議長(佐藤哲夫君) 

 定足数に達しておりますので、ただいまから平成5年3月須坂市議会定例会を開会いたします。

 市長から議会招集のあいさつがあります。−−−−−永井市長。

     〔市長 永井順裕君登壇〕



◎市長(永井順裕君) 

 3月定例審議会招集にあたり、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日ここに3月定例市議会を招集申し上げましたところ、議員各位には時節柄公私ともに御多忙の中、御参集いただき、開会できますことに対しまして、厚く御礼を申し上げます。

 また、日ごろ市政発展のために、絶大なる御尽力を賜っておりますことに対しましても、深甚なる敬意を表するとともに、心からお礼を申し上げる次第でございます。

 さて、平成4年度も余すところ1カ月足らずとなりました。計画いたしました諸事業も議員各位を初め、市民の皆様の御協力、また、天候にも恵まれ順調に進捗いたしました。心から感謝を申し上げる次第でございます。

 本年度も引き続き大変厳しい財政状況の中ではありましたが、現在までの決算の状況を申し上げますと、歳入 178億 5,000万円余、歳出 177億 5,000万円余と1億余万円の繰越金となる見込みであります。また、既に御承知のとおり、長野自動車道及び上信越自動車道の更埴ジャンクションから須坂長野東インターチェンジが3月25日開通の運びとなりました。これを受けまして、3月14日には須坂長野東インター開通記念イベント実行委員会による祝賀行事を計画いたしております。大勢の市民の皆様の御参加により、意義ある祝賀の行事になりますことを期待をいたしております。

 さて、今期定例会におきましては、平成5年度予算案など37議案の御審議をお願い申し上げるものでございます。施政方針並びに各議案の内容につきましては、後ほど御説明を申し上げますが、十分御審議をいただき適切なる議決を賜りますようお願い申し上げまして、招集のごあいさつといたします。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時07分  開議



○議長(佐藤哲夫君) 

 これより本日の会議を開きます。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(佐藤哲夫君) 

 本日の会議に、26番上野恒夫君が病気のため欠席する旨届け出がありましたので、御報告申し上げます。

 この際、日程に入る前に諸般の報告をいたします。

 まず、須坂市長から平成4年度分の請願、陳情処理状況報告書及び須坂市監査委員から地方自治法第 199条第9項の規定により、平成4年度定期監査結果報告書が提出されましたので、その写しをそれぞれ配付しておきましたから、御了承願います。

 次に、去る12月定例会において可決されました道路特定財源制度の充実強化等に関する意見書につきましては、内閣総理大臣を初め関係方面に提出しておきましたから、御了承願います。

 以上で、諸報告を終わります。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(佐藤哲夫君) 

 これより議事に入ります。

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により、議長において、13番永井一雄君、14番田中穂積君を指名いたします。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(佐藤哲夫君) 

 日程第2 会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から3月23日までの20日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤哲夫君) 

 御異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は23日までの20日間とすることに決定いたしました。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第5号



○議長(佐藤哲夫君) 

 日程第3 議案第5号 長野地域広域行政事務組合の規約変更についてを議題といたします。

 本件について、提案理由の説明を求めます。−−−−−山崎助役。

     〔助役 山崎康信君登壇〕



◎助役(山崎康信君) 

 議案第5号 長野地域広域行政事務組合の規約変更について、提案理由の説明を申し上げます。

 本案は、本市が他の17市町村と事務の一部を共同で処理するため組織しております長野地域広域行政事務組合の規約について、その一部を改正するため組合長から協議がありましたので、地方自治法第 290条の規定により提案した次第であります。

 改正の内容は、組合の名称を広域行政組合の一般的な名称とするため、長野地域広域行政事務組合を長野広域行政組合に改めるとともに、本年4月1日から老人ホームへの入所に係る措置権が県から町村へ委譲されることに伴い、町村が行う入所事務手続のうち、老人ホーム入所判定委員会の設置、運営に関する事務について共同処理するため、新たにこれにかかわる規定の追加及び経費の負担割合について規定するものであります。

 以上、概要の説明を申し上げましたが、よろしく御審議をいただき、適切なる議決をいただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(佐藤哲夫君) 

 これより議案質疑に入ります。

 ただいまのところ質疑の通告はありません。質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤哲夫君) 

 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第5号は総務文教常任委員会に付託いたします。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第6号〜日程第16 議案第18号



○議長(佐藤哲夫君) 

 日程第4 議案第6号 須坂市農業集落排水事業特別会計条例の制定についてから、日程第16 議案第18号 須坂市市営住宅管理条例の一部を改正する条例についての13件を一括議題といたします。

 本13件について、提案理由の説明を求めます。−−−−−山崎助役。

     〔助役 山崎康信君登壇〕



◎助役(山崎康信君) 

 議案第6号から議案第18号までの条例関係13議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 最初に議案第6号 須坂市農業集落排水事業特別会計条例の制定について申し上げます。

 本案は、平成5年度に豊丘地区農業集落排水事業が国におきまして採択される見通しとなりましたので、本事業が地方財政法施行令第12条第13号に規定する公営事業に該当いたしますことから、地方自治法第 209条第2項及び地方財政法第6条の規定により特別会計を設置するためのもので、本年4月1日から施行するものであります。

 次に、議案第7号 須坂市認可地縁団体の印鑑の登録及び証明に関する条例の制定について申し上げます。

 本案は、地方自治法の改正に伴い、地縁による団体の利便の増進と取引の安全に寄与するため、市長の認可を受けた地縁による団体の代表者等にかかわる印鑑の登録及び証明に関し、必要な事項を定めるものであります。

 主な内容は、印鑑登録を受けることができる者、登録の申請及び証明書の交付申請について定めるとともに、登録できる印鑑の形状、登録事項、証明書への記載事項など印鑑の登録及び証明について必要な事項を定めるもので、本年4月1日から施行するものであります。

 次に、議案第8号 須坂市旧園里学校条例の制定について申し上げます。

 本案は、文化財の保存と活用により、市民文化の向上を図るため進めてまいりました旧園里学校の復元工事が平成4年12月25日に竣工いたしましたことから、須坂市旧園里学校の設置及び管理について必要な事項を定め、管理の適正化を図るため条例を制定するものであります。

 主な内容は、旧園里学校の名称及び位置を定めるとともに、施設内における禁止行為、禁止行為事項の違反者に対する処置など管理等に必要な事項を定めるもので、施行日については本年4月1日とし、公開開始の日は告示で定めるものであります。

 次に、議案第9号 須坂市組織条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本案は、企画調整部で所掌しております総合企画及び調整機能に財政との整合性を持たせるため、総務部から財政課を移管して、名称も企画調整部から企画財政部に変更するとともに、全庁的にわたる事務事業であります同和対策事業、及び交通対策事業を同じく企画財政部へ移管するものであります。

 また、民生部に所属しております市民課を総務部へ移管するものであります。

 次に、議案第10号 金銭物品等の寄附募集に関する条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本案は、寄附行為に対する許可事務の効率化を図るため、許可申請額を現行の10万円以上から50万円以上に、届出申請額を10万円未満から50万円未満に改めるとともに、字句の整備を行うものであります。

 次に、議案第11号 須坂市資金積立基金条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本案は、水田農業確立対策事業を促進するため、平成元年度に国の特別交付金を受けて設置いたしました水田農業確立対策基金に基づく事業が、平成4年度で終了いたしますので本基金を廃止するため、条例の一部を改正するものであります。

 次に、議案第12号 須坂市短期保護に係る養護老人ホーム使用料徴収条例の一部を改正する条例及び議案第13号 須坂市デイ・サービスセンター条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本2議案は、国の在宅福祉事業費補助金交付要綱等の改正により、用語の定義等が改められたことに伴い、題名及び条例中の字句について整備するものであります。

 次に、議案第14号 須坂市児童センター設置条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本案は、北旭ケ丘町地籍に建設を進めてまいりました児童センターが、本年3月25日に竣工予定となりましたことから、この施設の名称を須坂市北部児童センターと定め、須坂市児童センター設置条例に加えるため改正するものであります。

 次に、議案第15号 須坂市不良住宅地区住宅新築資金利子補給金積立金の設置、管理及び処分に関する条例を廃止する条例について申し上げます。

 本案は、昭和47年度から県補助金を積み立て、利子補給事業を実施してまいりましたが、昭和49年度の融資に対する利子補給事業が本年度で終了いたしますので、条例を廃止するものであります。

 次に、議案第16号 須坂市シルキーホール条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本案は、学校法人信州学園に委託しておりますシルキーホールの管理を市の直接管理とするため改正するものであります。

 次に、議案第17号 須坂市勤労者等自転車駐車場条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本案は、日野駅前に建設を進めてまいりました自転車駐車場が、本年3月10日に竣工予定となりますことから、この施設の名称を須坂市日野駅前自転車駐車場と定め、須坂市勤労者等自転車駐車場条例に加えるため改正するものであります。

 次に、議案第18号 須坂市市営住宅管理条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本案は、市営住宅への入居の申込みから入居許可に至るまでの入居手続等の改善を図るため改正するものであります。

 主な内容は、災害、不良住宅の撤去、その他特別の事情により速やかに市営住宅に入居することを必要とする者を公募を行わずに市営住宅に入居させることのできる規定及び老人、心身障害者等に対して割り当てをした市営住宅には、優先的に入居させることができる規定を新設するとともに、入居者の内定、入居の許可について明確に規定するほか、入居の際に必要な連帯保証人の市内居住要件をなくすなどの改正であります。

 以上、条例関係13議案につきまして、概要の説明を申し上げましたが、よろしく御審議をいただき適切なる議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(佐藤哲夫君) 

 これより議案質疑に入ります。

 ただいまのところ質疑の通告はありません。質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤哲夫君) 

 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第6号から議案第18号までの13件は、配付申し上げてあります条例関係議案付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             条例関係議案付託表





              議案
 付託委員会


議案第6号

 須坂市農業集落排水事業特別会計条例の制定について
 経済委員会


議案第7号

 須坂市認可地縁団体の印鑑の登録及び証明に関する条例の制定について
 社会委員会


議案第8号

 須坂市旧園里学校条例の制定について
総務文教委員会


議案第9号

 須坂市組織条例の一部を改正する条例について
総務文教委員会


議案第10号

 金銭物品等の寄附募集に関する条例の一部を改正する条例について
 社会委員会


議案第11号

 須坂市資金積立基金条例の一部を改正する条例について
 経済委員会


議案第12号

 須坂市短期保護に係る養護老人ホーム使用料徴収条例の一部を改正する条例について
 社会委員会


議案第13号

 須坂市デイ・サービスセンター条例の一部を改正する条例について
 社会委員会


議案第14号

 須坂市児童センター設置条例の一部を改正する条例について
 社会委員会


議案第15号

 須坂市不良住宅地区新築資金利子補給金積立金の設置、管理及び処分に関する条例を廃止する条例について
 社会委員会


議案第16号

 須坂市シルキーホール条例の一部を改正する条例について
 社会委員会


議案第17号

 須坂市勤労者等自転車駐車場条例の一部を改正する条例について
 経済委員会


議案第18号

 須坂市市営住宅管理条例の一部を改正する条例について
建設水道委員会





       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第17 議案第19号〜日程第27 議案第29号



○議長(佐藤哲夫君) 

 日程第17 議案第19号 平成4年度須坂市一般会計補正予算第9号から、日程第27 議案第29号 平成4年度須坂市宅地造成事業会計補正予算第4号までの11件を一括して議題といたします。

 本11件について提案理由の説明を求めます。−−−−−永井市長。

     〔市長 永井順裕君登壇〕



◎市長(永井順裕君) 

 提案いたしました平成4年度須坂市一般会計補正予算及び8特別会計補正予算並びに2企業会計補正予算について、その概要を説明申し上げます。

 まず、議案第19号 須坂市一般会計補正予算第9号から申し上げます。

 今回補正いたします予算総額は3億 8,576万 8,000円で、当初からの累計額は 178億 5,213万9,000 円となります。歳出予算の各科目にわたる補正といたしまして、人件費、物件費、扶助費等につきましては年度末となりましたので、今後の所要額を精査し、その過不足額について補正した次第であります。補正の主なものについて歳出から申し上げます。

 総務費につきましては、今後の財政運営健全化のため、財政調整基金に1億 634万 4,000円を、また、基金の預金利息が確定したことから、庁舎整備基金及び減債基金にそれぞれ利息額を積み立てするものであります。

 民生費につきましては、各科目の扶助費において措置人員、対象世帯等の見込み等を勘案し、その過不足額について補正いたしました。

 老人保健特別会計への繰出金につきましては、この冬のインフルエンザの流行等により急増しております医療費の一般会計負担分3,786万 3,000円を追加した次第であります。

 農林水産業費につきましては、それぞれ事業費の確定などから所要額を精査し、補正いたしました。

 土木費につきまして、道路橋梁費では国庫補助事業において事業費の決定などから節の組みかえをするとともに、県事業に対する負担金 4,345万 2,000円を追加し、また、都市計画費では今後の施設整備に備えて基金積立金に 5,088万2,000円を計上いたしました。

 教育費につきまして、教育総務費では中学校改築等の施設整備に備えて教育施設整備基金積立金に2億円を計上し、社会教育費では古墳整備事業、笠鉾会館の建設及びアートパーク東口取付道路の用地購入費1億 3,657万 5,000円を計上いたしました。笠鉾会館の設計委託料につきましては、会館建設の時期を検討した上から翌年度に設計委託したいため減額するものであります。

 以上、歳出予算の概要について申し上げました。

 次に、歳入について申し上げます。

 市税につきましては、決算見込額を勘案し、個人市民税等で 5,800万円を、地方譲与税については 900万円を追加計上いたしました。地方交付税について、うち普通交付税につきましては、今年度38億 7,702万 1,000円と決定され、それぞれの補正予算で事業費等の財源に充当してまいりましたが、その残額1億 3,790万 8,000円を追加いたしました。

 また、特別交付税につきましては、まだ決定いたしておりませんが、総額3億 8,000万円と見込み、その残額1億 3,000万円を追加計上した次第であります。

 そのほか、国庫支出金、県支出金、市債につきましては、事業費の決定等からそれぞれ精査し補正するものであります。

 次に、債務負担行為補正につきましては、第2表のとおり、事業費の確定等により5件の限度額を変更し、地方債の補正につきましては、公定歩合の引き下げにより政府資金等の貸出金利が低利になっておりますことから、第3表のとおり利率「年 6.5%以内」を「年 5.5%以内」に引き下げ、限度額については、事業費の確定等により児童センター建設事業ほか7事業につきそれぞれ変更するものであります。

 また、臨時地方道整備事業については、今後の財政運営等を勘案し、廃止といたしました。

 次に、第4表繰越明許費について申し上げます。

 まず、公共育成牧場整備事業につきましては、長野県農業開発公社施行で豊丘の乳山牧場にふれあい牧場として、牧道、給水施設の整備を実施してまいりましたが、この冬の積雪等により、やむなく一部を平成5年度へ繰り越しするものであります。

 また、街路整備事業につきましては、歴史的地区環境整備街路事業として進めてまいります普願寺線の道路改良工事について、舗石の調達加工に相当の期間を必要とするため、工事の一部を平成5年度へ繰り越しするものであります。

 次に、議案第20号 須坂市国民健康保険特別会計補正予算第4号について申し上げます。

 今年度の医療費は、昨年4月1日からの医療費改定等により、また、先ほども申し上げましたが年末からのインフルエンザ等の流行により急増しておりますことから、今後の所要額を見込み、医療費に 7,240万円を追加いたしました。

 議案第21号 須坂市老人保健特別会計補正予算第2号につきましても、国民健康保険会計同様の理由により1億 7,186万円を追加した次第であります。

 議案第22号 須坂市奨学金特別会計補正予算第2号につきましては、財団法人仁礼会様から奨学資金のためにと御寄附をいただきましたので、今後に備え奨学金積立基金に積み立てするものであります。

 議案第23号 須坂市同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算第2号につきましては、貸付金の回収の増によります歳入予算の組み替えであります。

 議案第24号 井上、幸高、九反田、中島財産区特別会計補正予算第4号 議案第25号 須坂市福祉企業センター特別会計補正予算第3号及び議案第26号 須坂市峰の原水道事業特別会計補正予算第3号につきましては、いずれも事業費等の確定によりそれぞれ精査し、その過不足額を補正した次第であります。

 議案第27号 須坂市下水道事業特別会計補正予算第5号につきましては、千曲川流域下水道事業下流処理区に対する負担金が決定しましたので、1億 4,132万 3,000円を追加するとともに、今後の財政運営のため 394万 8,000円を公共下水道施設整備基金に積み立てするものであります。

 また、地方債の借入利率を一般会計と同様「年 6.5%以内」を「年 5.5%以内」に引き下げするとともに、事業費の増額により限度額を変更するものであります。

 議案第28号 須坂市水道事業会計補正予算第6号について申し上げます。

 収益的収支の主なものは、収入では水道使用量の増加により、給水収益に 1,906万 5,000円、受託工事収益 294万 7,000円、固定資産売却益 702万 9,000円を増額し、また、支出では動力費、退職給与金、減価償却費等を精査し、 3,080万 4,000円を増額したものであります。

 資本的収支の主なものは、収入では工事分担金 1,000万円、施設補償料 500万円を増額し、支出では事業費等の確定により 175万円を減額いたしました。

 議案第29号 須坂市宅地造成事業会計補正予算第4号について申し上げます。

 収益的収支につきましては、塩野東工業団地及び公共代替用地1区画の売却に伴う精算であります。資本的支出につきましては、小島団地の実現に向け取り組んでおりますが、所要額を精査し、減額するものであります。

 以上、一般会計補正予算、特別会計補正予算、企業会計補正予算につきまして、その概要を説明申し上げましたが、何とぞ十分御審議をいただき適切なる議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(佐藤哲夫君) 

 これより議案質疑に入ります。

 ただいまのところ質疑の通告はありません。質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤哲夫君) 

 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第19号から議案第29号までの11件は、配付申し上げてあります補正予算関係議案付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  一般会計 

          平成4年度須坂市特別会計補正予算関係議案付託表

                  企業会計 

議案第19号 平成4年度須坂市一般会計補正予算第9号





 委員会名
             内容


総務文教委員会
第1条(歳入歳出予算の補正)

 歳入 所管事項

 歳出 款1議会費 款2総務費(項1総務管理費・目3会計管理費目7市有林管理費・目10交通防犯対策費・目11消費者行政費目12諸費・目14シルキーホール管理費を除く)(項3戸籍住民基本台帳費、項4選挙費、項6監査委員費を除く)

    款4衛生費(項3水道費) 款10教育費

第2条(債務負担行為の補正)

第3条(地方債の補正)

第4条(繰越明許費)


 経済委員会
第1条(歳入歳出予算の補正)

 歳入 所管事項

 歳出 款2総務費(項1総務管理費・目3会計管理費・目7市有林管理費、項4選挙費、項6監査委員費)

    款5労働費 款6農林水産業費 款7商工費

    款9消防費


 社会委員会
第1条(歳入歳出予算の補正)

 歳入 所管事項

 歳出 款2総務費(項1総務管理費・目10交通防犯対策費・目11消費者行政費・目12諸費・目14シルキーホール管理費、項3戸籍住民基本台帳費)

    款3民生費 款4衛生費(項3水道費を除く)


建設水道委員会
第1条(歳入歳出予算の補正)

 歳入 所管事項

 歳出 款8土木費





(注)第2条(債務負担行為の補正)第3条(地方債の補正)第4条(繰越明許費)については、   総務文教委員会となっておりますが、他の委員会においても所管面を審査願います。

議案第20号 平成4年度須坂市国民健康保険特別会計補正予算第4号(社会委員会)

議案第21号 平成4年度須坂市老人保健特別会計補正予算第2号(社会委員会)

議案第22号 平成4年度須坂市奨学金特別会計補正予算第2号(総務文教委員会)

議案第23号 平成4年度須坂市同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算第2号(社会委員会)

議案第24号 平成4年度井上、幸高、九反田、中島財産区特別会計補正予算第4号(総務文教委員会)

議案第25号 平成4年度須坂市福祉企業センター特別会計補正予算第3号(社会委員会)

議案第26号 平成4年度須坂市峰の原水道事業特別会計補正予算第3号(建設水道委員会)

議案第27号 平成4年度須坂市下水道事業特別会計補正予算第5号(建設水道委員会)

議案第28号 平成4年度須坂市水道事業会計補正予算第6号(建設水道委員会)

議案第29号 平成4年度須坂市宅地造成事業会計補正予算第4号(建設水道委員会)

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第28 議案第30号〜日程第39 議案第41号



○議長(佐藤哲夫君) 

 日程第28 議案第30号 平成5年度須坂市一般会計予算から、日程第39 議案第41号 平成5年度須坂市宅地造成事業会計予算までの12件を一括議題といたします。

 本12件について、提案理由の説明を求めます。−−−−−永井市長。

     〔市長 永井順裕君登壇〕



◎市長(永井順裕君) 

 ただいま提案を申し上げます、御説明をいたします前に訂正をさせていただきたい部分がございますのでお許しをいただきまして、訂正をさせていただきたいと思います。

 ただいま補正予算の御説明の中で、議案第27号 須坂市下水道事業特別会計の中で、 3,948万円と申し上げますところを 394万 8,000円と御説明を申し上げましたが、この部分についてご訂正をお願いいたしたいと思います。

 平成5年度の予算の御審議をお願いするにあたり、市政運営に臨む所信の一端と予算の概要について、御説明を申し上げます。

 議員各位におかれましては、須坂市の発展と市民福祉の向上のため、格別なる御精励を賜っておりますことに深甚なる敬意と感謝を申し上げます。

 私は、昨年1月市民各位の温かい御支援により市長に就任以来、早くも1年が過ぎました。この間市政の運営にあたりましては、市民総参加に重点を置き、市民サービスの向上を基本に、美しいまち、住みよいまち、安心の町づくりに鋭意努力をしてまいりました。

 その主な事業といたしまして、須坂長野東インター開通に伴う道路網の整備、とりわけ緊急課題として交差点の改良、消防庁舎の移転改築、墨坂中学校の改築、北部児童センターの建設、屋部市営住宅の建てかえ、県営日滝原産業団地の促進等であります。

 就任2年目を迎えるにあたり、さらに決意を新たにし、市民の期待に応えるべく全職員力を合わせて新しく確かなまちづくりに渾身の努力を傾注してまいりたいと存じます。議員各位を初め、市民各位の御協力をお願い申し上げる次第でございます。

 さて、我が国の経済は一昨年以来バブル経済の崩壊は企業収益に変化をもたらし、その後消費の伸び悩み、住宅投資の減少等を背景に極めて厳しい状況になりました。国におきましては、昨年8月、公共事業の拡大等総合経済対策を講じるとともに、数次にわたり公定歩合の引き下げを行い、景気の回復を図ってきたところであります。こうした状況から、政府は平成5年度の経済運営の基本的姿勢として、物価と雇用の安定を基本に公共投資の着実な推進、住宅投資の一層の促進等内需を中心とした成長を、中長期的に持続し得る基盤条件を整備し、国民生活の質的向上を図るとともに、加えて国際協調型経済構造への変革を推進し、自由貿易体制の維持・強化、貿易・投資の拡大均衡などの方策を通して、国際的に調和のとれた対外経済関係の形成を図ることとし、経済成長率は名目で 4.9%程度、実質で 3.3%程度になるものと見込んでおります。

 以上のような経済運営を基本とした国の予算は、人口の高齢化や国際社会における我が国の責任の増大など今後の社会情勢の変化に、財政が弾力的に対応しながら、かつ後世代に多大な負担を残さず、再び特例公債を発行しないことを基本に編成されました。この方針に基づいて編成された一般会計の予算規模は、72兆 3,548億円で前年比 0.2%の増となっております。

 また、地方財政は景気の引き続く低迷により、税収は法人関係税の落ち込みなど、全般的に伸び率は鈍化すると見込まれ、したがって、地方交付税も前年対比 1.6%減となり、財政環境は引き続き厳しい状況に直面している中で、平成5年度の地方財政計画は、その規模を76兆 4,200億円程度、前年度比 2.8%程度の増となっております。

 市財政は先の経済情勢から、市税収入のうち特に法人市民税は大幅な減収が予想され、個人市民税にも少なからず影響することが懸念され、市財政は極めて厳しい状況にあります。したがって、財政運営にあたりましては、経済動向を充分踏まえて、より慎重を期しながら、健全財政を堅持してまいりたいと考えております。

 平成5年度の予算編成にあたりましては、現下の状況を踏まえ、第3次須坂市総合計画に沿って、高速自動車道関連の道路網の整備、高齢化社会に対応する福祉、健康の増進、産業の振興、生活環境の整備、教育・文化の振興、継続事業の完成等を目指し、予算を編成した次第であります。

 平成5年度の当初予算の総額は、一般会計 160億 5,000万円で前年度当初に比較して11.4%、前年度6月補正予算累計額と比較して 3.5%の伸びとなっております。国民健康保険特別会計など9特別会計では、74億 1,553万 4,000円、水道事業会計、宅地造成事業会計の企業会計で25億9,850 万 7,000円となります。

 以下、主な施策につきまして、順次御説明を申し上げます。

 最初に住みよいまち、発展するまちの基礎づくりについて申し上げます。近代都市の条件は、快適な住環境、公園や広場等ゆとりある空間、個性的で魅力ある町づくりが要請されます。したがって、これらをもとに近代都市としての機能が果たせる町づくりに努力してまいります。このため、幹線街路や歴史的道すじ等総合的整備を行うため、歴史的地区環境整備街路事業の促進、また、歴史的景観保存対策事業として、建造物等修復に対する助成措置を創設し、個性的で情緒ある町づくりの推進に努めてまいります。

 その他、都市計画法等の一部が改正されることにより、良好な市街地の環境の整備を図るため、平成7年度を目途に用途地域の見直しを行います。そこで本年度は、土地利用状況等の基礎調査を実施してまいります。土地区画整理事業につきましては、都市の健全な発展と秩序ある開発のため、関係地権者の協力を得ながら事業の啓発促進に努め、組合設立についての事業費の助成を実施してまいります。

 次に、高速自動車道につきましては、3月25日に開通の運びとなり、いよいよ高速交通時代が到来し、これを期に産業や観光等、大きく飛躍するものと確信しております。また、須坂長野東インター以北についても、それぞれの工事区において工事発注がなされ、地権者、関係者の御協力をいただき平成7年度を目標に工事が進められております。

 次に、景観を生かした快適環境のまちづくりについて申し上げます。

 快適な生活環境の確保と河川等の水質保全を図るため、昭和60年から下水道事業に着手以来9年目を迎え、平成4年度末までの整備の状況は、約 217ヘクタールで全体計画の15.1%となります。しかしながら供用を開始した地域での水洗化率は、昨年の12月末現在で37.9%と低率であります。そこで水洗化の促進を図るため、下水道排水設備改造等資金融資あっせん要綱の一部改正を行い、融資限度額の引き上げを行ってまいります。

 上水道につきましては、市民生活や経済活動を支える基盤として、水需要に対応した水資源等の確保により、安定した供給に努めるため、昨年度に引き続き塩野浄水場の建設、老朽石綿セメント管の布設替えの計画的促進、送配水施設の整備に努めてまいります。

 百々川総合開発事業豊丘ダム建設につきましては、平成6年度完成を目指して順調に工事の進捗を見ているところであり、本年度は周辺環境整備に努めてまいります。

 公営住宅につきましては、市営住宅建替基本計画に基づき、平成3年度から着手しておりますが、既に平成4年度までに屋部市営住宅8棟92戸の建設が完了しました。本年度も引き続き中層耐火構造3階建3棟36戸を建設してまいります。また、旭ケ丘団地の現況調査を行うとともに、既存住宅の環境整備に配意してまいります。

 廃棄物の処理につきましては、現在のごみ焼却処理施設は、昭和54年に本格的稼働をして以来、13年を経過し、老朽化したことに伴って、焼却能力が低下をしてまいりました。したがって、基幹的施設整備事業を実施し、焼却能力の回復を図るほか、ごみ減量のためのリサイクルの推進体制の確立をしてまいります。

 防災、消防体制につきましては、昨年度に引き続き消防庁舎の建設を進め、9月には完成する予定であります。そのほか、高速救急隊1隊の新設を初め、高度救急業務の拡充、救助工作車等の導入、職員の教育訓練などを行い、組織の強化充実と職員の資質の向上に努めてまいります。

また、山間地域所轄消防団の機動力確保のため、小型積載車輌などの配備をするとともに、引き続き消防水利の確保、水防倉庫、機材器具置場の改築等を行い、施設の整備を進めてまいります。

 交通安全対策につきましては、第5次交通安全5か年計画を基調とし、高速交通時代に対応する交通対策の推進をするため、交通安全意識の高揚を図る啓発活動、幼稚園・保育園、小中学校及び交通事故増加の傾向にある高齢者、女性ドライバーを対象とした体験型交通安全教室を開催するとともに、歩道の新設改良、交差点の改良など交通安全施設の整備を行い、交通事故の未然防止に努めてまいります。

 次に、技術の伝統を活かした先端産業のまちづくりについて申し上げます。

 産業の振興は、雇用の創出、人口の増加等地域の発展の基盤をなすもので、極めて重要な役割を果たすことから、現在進めております県営日滝原産業団地の促進を図るため、県と綿密な連携のもとに、地権者への説明会、企業の誘致、水資源の確保等、具体的事業の促進を図ってまいります。また、中小企業対策として、製造業における技術開発の向上を援助するため新技術、新製品開発費補助制度を創設し、中小企業の技術開発を支援してまいります。

 商業につきましては、伝統の蔵のまちを活かした中心市街地の活性化を図るため、歴史的景観保存対策事業と連動して、昨年度創設した個性ある店づくり資金の効果的利用を促進し、活力と個性ある商業の活性化に努めてまいります。

 観光対策につきましては、高速道の開通により観光客の増加が予想されることから、昨年度駐車場用地として取得をした臥竜公園の駐車場の整備を初め、計画的に施設の整備を行うとともに、7月から開催が予定されております信州博覧会へ出展参加し、誘客宣伝を図ってまいります。また、須坂を特徴づける土産品の開発研究事業に対する経費を須坂商工会議所へ助成し、開発気運の醸成を図ってまいります。

 勤労者対策につきましては、勤労者生活資金融資預託金の増額と貸付利率の引き下げを行い、勤労者の資金需要に応えてまいります。また、住宅建設資金融資利子補給、中小企業退職金共済掛金の助成等引き続き実施し、勤労者の福祉の向上を図ってまいります。

 農業の振興につきましては、近年の農業を取り巻く環境は、景気の後退による価格の低迷、輸入農産物との競合、輸入自由化の要求、担い手の減少など構造的な課題を抱えている状況を踏まえ、新しい農村づくりを目指して推進してまいります。このため、基盤整備につきましては、国・県補助事業を積極的に導入するほか、市単独事業を加えて農道、用排水路の改良により生産性の向上に努めてまいります。

 また、現行の農業制度資金の融資の対象にならない高齢者や兼業の農業従事者等に対し、生産施設等の整備拡充を図るための農業バックアップ資金融資利子補給金の制度を創設し融資あっせんと利子補給を行ってまいります。

 中島排水機場の新設につきましては、昨年度に引き続き工事の促進を図ってまいります。

 林業の振興につきましては、森林の公益的機能の保全と施業の確保を図り、木材の安定供給が図られるよう林道の開設、改良を推進するほか、間伐等の保育事業を進め、優良材の生産に努めてまいります。

 次に、人生80年時代を支える福祉と健康のまちづくりについて申し上げます。

 まず、高齢者福祉については、ひとり暮らし老人対策として昨年度導入いたしました緊急通報システム事業の拡充を図るため、ひとり暮らしの老人宅へ端末装置を増設し緊急時に適切な措置ができるよう努めてまいります。また、地域福祉基金の果実の活用により、社会福祉協議会へ助成し安心コール事業として電話による相談等コミュニケーションを図り、老人の安否の確認と孤独感の解消を図ってまいります。さらに、移動入浴車の導入とホームヘルパーを増員し、入浴サービスの充実を図ってまいります。また、シルバー人材センターを広域化し、幅広い交流・就業を推進してまいります。

 障害者福祉につきましては、長期行動計画を基本に障害者が自ら進んでその障害を克服し、社会参加と自立を促進するため、共同作業所等の施設、設備の充実、すこやかライフ推進事業に対する助成等を行い、心身に障害を持つ方々が等しく市民生活を営むことが享受できる社会づくりに努めます。また、本年度は障害者の社会参加と平等を目的として、第30回長野県手をつなぐ親の会大会が当須坂市において開催されますので、この大会に助成をしてまいります。

 児童福祉につきましては、婦人の就労の増加等、社会情勢の変化に対応し、次代を担う子供たちが心身ともに健やかに育つ環境づくりをするため、保育所の施設整備、延長保育、障害児保育など積極的に進めるとともに、保護者を対象にした育児講座の開催、地域の老人との交流保育、ふれあい事業等を実施し、保育の振興に努めてまいります。また、児童の健康で健全な遊び場と情操の場として建設した北部児童センターを開所し、児童の健全育成に努めてまいります。

 生活保護につきましては、生活保護の被保護世帯の適切な処遇と自立への指導援助を行ってまいります。母子福祉につきましては、母子家庭に対する適切な援護と、自立の促進を図るための援助に努めてまいります。

 次に、地域文化の創造と生涯学習のまちづくりについて申し上げます。

 まず、学校教育につきましては、豊かな人間性や創造性を培い、次代の担い手にふさわしい資質と判断力を持つ児童生徒を育てることが重要な課題であります。したがいまして、施設、設備の整備を初め、教育条件の一層の充実に努めてまいります。中学校の改築につきましては、昨年度に続き墨坂中学校管理特別教室棟の建設に着手するとともに、平成6年度、7年度に予定している東中学校の改築の準備を進めてまいります。また、小学校視聴覚教材器具、一般教材、教具等の充実も図り、教育環境の整備に努めてまいります。

 学校週5日制の対応につきましては、児童、生徒の実態を把握し、学校週5日制推進委員会や地域の方々の協力を得ながら意義あるものにしてまいりたいと存じます。また、今日の国際的社会情勢にかんがみ、引き続き英語指導助手を招致してまいります。

 社会教育につきましては、近年の市民生活の向上、週休2日制の導入に伴い自由時間の増大等、社会環境の変化に伴って、生涯学習は重要な課題であります。市民1人1人が自己に合った学習をすることによって、個性と能力を伸ばし生きがいを持って充実した人生を送ることができ、活力ある地域文化の創造と人づくりを推進するため、生涯学習基本構想に沿って事業を進めてまいります。

 また、福島県いわき市在住の駒澤嘉様の御厚意によります生涯学習のための公益信託が、去る2月16日完了し、早速生涯学習振興基金が設定されましたので、本年度からこの果実をもとにして事業運営ができる状況になりました。駒澤様に心からお礼を申し上げますとともに、御報告をいたします。

 文化財の保護につきましては、文化財は地域の歴史文化等の正しい理解のため欠くことのできないものであり、将来の文化の創造の基礎をなすものであることから、本年度は鎧塚、天神古墳の整備を行い、この保存に万全を期してまいります。

 次に、健康づくりについて申し上げます。

 人生において健康で過ごせることが何よりも大切であり、市民の願いでもあります。したがいまして、健康づくりの活動につきましては、本年度も須高医師会、歯科医師会、薬剤師会、保健補導委員会等保健関係団体の御協力をいただき、乳幼児から老人に至るまで、総合的な保健医療体制の確立に努めてまいります。まず、市民の健康増進を図るため、市民の健康診査の診断結果をコンピューター化し、継続検診時における指導に資することができるよう、新たに総合データバンク事業を導入してきめ細かな健康管理に努めてまいります。

 また、乳幼児の健やかな成長のため、乳幼児検診に栄養指導を取り入れ、小児成人病予防対策を図るほか、寝たきり老人の歯科訪問相談、機能回復訓練事業等引き続き実施するとともに、施設の充実を図ってまいります。

 健康教育につきましては、健康の大切さを自覚できるための機会をふやすとともに、エイズの知識と予防に対する認識を高めるための啓発用教材の充実と保健指導の強化に力を注いでまいります。

 次に、スポーツの振興について申し上げます。

 市民一人ひとりが、1スポーツを目指し、生涯を通じてスポーツを楽しみながらみずからの健康増進が図られるよう各種スポーツ教室等を開催します。あわせて指導者の養成、体育団体等の育成を推進してまいります。なお、スポーツ施設の整備充実を図るため、常盤中学校運動場に夜間照明施設を設置するほか、体育施設の充実を行いスポーツの振興に努めてまいります。

 最後に、心のふれあう市民生活づくりについて申し上げます。

 まず、同和対策について申し上げます。部落の完全解放は国民的課題であり、憲法に保障された自由と平等に関する極めて重要な問題であります。したがって、町別同和問題学習会、企業同和教育の推進、学校・PTA同和教育の推進、部落差別をなくす市民大集会等、教育活動の充実を図り差別のない明るい社会の実現に向けて努力してまいります。

 児童青少年の健全育成につきましては、次代を築く児童青少年の健全な成長を願い、家庭、学校、地域社会、行政がそれぞれ協力し、相互の連携と協調を図り創造性、自主性を培い、健やかでたくましい青少年を育成するため取り組みを続けてまいります。

 女性の地位向上につきましては、女性行動計画に沿って、本年度は女性自身の意識改革を図るための指導者の育成、啓発事業等を実施し、女性施策の推進を図ってまいります。

 また、当市に在住する外国人等が日常生活の上で必要な制度や手続などについて、従来の外国語ガイド冊子に中国語を加え、より充実したものを作成しサービスに努めてまいります。

 以上、主な施策についてその概要を申し上げました。

 次に、歳入につきましては、市税56億 5,210万円、地方交付税32億 5,000万円、国・県支出金、市債につきましては計画する事業に従い計上をいたしました。繰入金につきましては、財政調整基金3億円、教育施設整備基金2億 5,000万円、減債基金1億 8,363万 5,000円、消防施設整備基金 8,600万円、都市計画施設整備基金 5,000万円等を取り崩して所要財源に充当し、収支の均衡を図った次第であります。

 次に、債務負担行為につきましては、土地改良事業による工事のため借り入れる農林漁業金融公庫からの融資額に対する元利償還金など8件について、限度額8億 6,108万円以内と設定いたしました。

 地方債につきましては、消防施設整備事業など15事業について限度額を10億 7,340万円と設定いたしました。また、一時借入金の限度額を10億円とした次第であります。

 次に、特別会計について順次申し上げます。

 まず、国民健康保険特別会計について申し上げます。予算総額は22億 7,557万 9,000円で、前年度当初に比較して 16.46%の増であります。国民健康保険の運営につきましては、医療機関の御協力により円滑な推進をしているところであります。財政の状況につきましては、国保財政に対する制度改正、基金積立金の累積等により財政は安定の状況にあります。したがって、国民健康保険税の税率の引き下げについても検討し、6月市議会定例会に提案してまいりたいと考えております。また、保健施設事業につきましては、さきに述べました総合データーバンク事業の導入、健康相談、健康教室等市民の健康づくりを進めてまいります。

 老人保健特別会計につきましては、予算総額28億 1,251万 9,000円であります。引き続き老人保健医療対象者に対し、医療費の給付を行い、老人福祉の増進を図ってまいります。

 奨学金特別会計につきましては、予算総額 598万 7,000円であります。経済的な理由等で就学が困難な方々に対する奨学貸付金を本年度は高校生2人、高専生1人、大学生14人を予定し、修学希望者の援助をしてまいります。

 同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計につきましては、予算総額 2,089万 2,000円であります。この事業に対する市債の償還経費を計上いたしました。

 井上、幸高、九反田、中島財産区特別会計につきましては、予算総額 2,014万 7,000円であります。財産区の管理運営につきましては、財産区管理会を通して、地区住民の意向を反映し、財産管理に万全を期してまいります。

 福祉企業センター特別会計につきましては、予算総額1億 1,505万 7,000円であります。事業活動については、企業の経済事情が直接影響する関係するにありますので、取引企業との協調を図りながら、受注量の確保に努め施設の運営の推進をしてまいります。

 峰の原水道事業特別会計につきましては、予算総額 2,970万円であります。峰の原高原地区住民の生活用水の安定供給と施設の維持管理に万全を期してまいります。

 下水道事業特別会計につきましては、予算総額20億 5,857万 1,000円であります。本事業につきましては、計画的に実施しているところですが、昨年度創設されました緊急下水道整備特定事業を導入し、効率的な整備の推進と供用開始地域の水洗化の普及促進に努めてまいります。

 農業集落排水事業特別会計について申し上げます。

 この事業は、本年度から国庫補助対象事業として新たに導入する事業であります。予算総額は7,708 万 2,000円であります。近年の社会経済の著しい進展により農村における生活水準の向上から、生活排水の増加、し尿の水洗処理が望まれることから、農村地域に適した汚水処理施設の整備を進め、衛生的で快適な生活環境を保ってまいります。まず、本年度は、約 2,400人を対象とした豊丘地区の処理施設等設計を行い、その他の地区においても順次計画的に進め、豊かな居住環境を目指してその整備に努めてまいります。

 次に、企業会計について申し上げます。

 水道事業会計につきましては、市民生活の根幹をなす水需要に対応するため、塩野浄水場の建設を初め、老朽石綿セメント管の布設替工事等を計画的に進め、経営面においては水道料金の改定について御理解をお願いし、安定給水と健全な水道事業の経営に努めてまいります。

 宅地造成事業会計につきましては、小島団地の実現に向けて努力をしてまいります。さらに、宅地に困窮する市民の要望に応えるため、新たな造成候補地について選定のための調査を行うなど宅地の供給に努めてまいります。

 以上、平成5年度予算案の提案にあたり、市政に対する考え、施策の概要を申し上げましたが、詳細につきましては各部長等から説明を申し上げますので、何とぞ十分御審議をいただき、適切なる議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(佐藤哲夫君) 

 佐藤総務部長。

     〔総務部長 佐藤元広君登壇〕



◎総務部長(佐藤元広君) 

 それでは、私の方からは、議案第30号 平成5年度須坂市一般会計予算のうち、歳入全般と歳出につきましては、議会費、総務部所管、会計課並びに行政委員会関係と、議案第35号 平成5年度井上、幸高、九反田、中島財産区特別会計について、予算の概要を申し上げます。

 初めに、須坂市一般会計、特別会計予算書2ぺージをお願いをいたします。

 平成5年度須坂市一般会計予算は、先ほど市長からも申し上げましたとおり歳入歳出それぞれ160 億 5,000万円と定めるものでございます。

 債務負担と地方債につきましては、後ほど御説明を申し上げますが、一時借入金につきましては、第4条で前年と同額10億円と定めたものでございます。第5条につきましては、歳出予算の流用について規定をしたものでございます。

 それでは歳入について申し上げます。款項で申し上げてまいりますので、御了承をいただきたいと存じます。

 予算書3ページをお願いを申し上げます。

 まず、市税でございますが、総額では56億 5,210万円で前年比では1.69%の増でございます。うち市民税につきましては、29億 4,900万円で、前年対比0.27%増にとどまる見込みでございます。その中で個人市民税では、定期昇給、給与所得の伸び、また、譲渡所得では改正税率等が適用をされるために、この増収等を見込み 9.3%の増を見込んだものでものでございます。一方、法人市民税につきましては経済情勢、景気の低迷から前年当初比1億 9,220万円、24.2%の減額を見込み、計上をいたしたところでございます。

 次に、項2、固定資産税でございますが、21億 9,720万円で、前年比3.42%の増を見込んだところでございます。土地、家屋につきましては、4・5%の伸びが見込めるところでございますが、償却資産において設備投資が低調であり、上昇率、見込み等を10%減少という設定をいたしたところでございます。

 次に、項3、軽自動車税でございますが 7,010万円で、前年比では 2.8%増を見込んだところでございます。項4、たばこ税では2億 700万円で、前年と同額を見込み計上をしたところでございます。項5、特別土地保有税につきましても、前年と同額 700万円を見込み計上をいたしました。項6の入湯税につきましては 650万円で、前年比3.17%増を見込んだところでございます。続きまして項7、都市計画税につきましては、2億 1,530万円、5.38%の増でございます。

 次に、款2、地方譲与税でございますが、譲与税の総額では3億 6,000万円、消費譲与税1億8,000 万円、自動車重量譲与税1億 1,000万円、地方道路譲与税 7,000万円とそれぞれこの関係につきましては、前年と同額を見込んだところでございます。

 次に、4ページの款3、利子割交付金でございますが、1億 3,000万円で、前年比35%の減額でございます。これは金利の低下に伴いましての減額見込みでございます。

 款4、ゴルフ場利用税交付金でありますが、前年同額の 1,350万円を見込んだところでございます。款5の特別地方消費税交付金につきましては、平成3年7月から新たに創設をされた交付金でありましたので、昨年は当初でその見込みが困難であったことから10万円を計上したところでありましたが、本年は4年度の実績を見まして 100万円を見込んだものでございます。これは従前の飲食税等がこれに当たるものでございます。

 次に、款6、自動車取得税交付金でございますが、1億 6,000万円、前年同額を見込んでございます。

 次に、款7地方交付税でありますが、32億 5,000万円を見込んだものでございます。うち普通交付税につきましては当市で見込まれる基準財政収入額、基準財政需要額との差額で30億円を見込み、特別交付税につきましては高速道対策経費、高齢者対策経費等、特殊事情を見込みまして2億 5,000万円を計上したものでございます。

 次に、款8、交通安全対策特別交付金でございますが、 1,100万円、前年同額を見込み計上をいたしたものでございます。

 次に、款9、分担金及び負担金でございますが、総額では4億 2,195万 8,000円で、前年対比では3.54%の増でございます。項1分担金につきましては、1億 1,441万 9,000円で前年比18.67 %の増でございます。この主なものは、農道、水路等の土地改良事業並びに林道事業による分担金が主なものでございます。また、項2、負担金につきましては3億 753万 9,000円で前年対比1.15%の減であります。主には、保育所入所措置費、身体障害者、精神薄弱者の入所措置費及び老人措置費徴収金等でございます。

 次に、款10、使用料及び手数料でございますが、総額で3億 3,622万 9,000円を見込んだところでございますが、前年対比では9.75%の増でございます。項1、使用料につきましては、3億154 万円で、寿楽園の使用料、また、公営住宅、動物園の入園料、ボート使用料等がこの主なものでございます。款2、手数料につきましては、 3,468万 9,000円で主には、住民票、戸籍謄抄本の証明、閲覧、また、ごみ手数料等が主なものでございます。

 次に、款11、国庫支出金につきましては総額で14億 103万 2,000円で、前年比7.95%の増でございます。項1の国庫負担金につきましては8億 2,969万 5,000円で、前年比 15.56%の増となっております。これは老人措置費、身体障害者入所措置費、児童保育所措置費、児童手当負担金、そのほか中学校改築に伴うものが主なものでございます。

 項2、国庫補助金でございますが、5億 4,619万 6,000円で前年比2.24%の減でございます。この主なものは、老人ホームヘルプサービス事業、老人デイ・サービス事業、高齢者労働能力活用事業としてシルバー人材センター設置補助、また、道路橋梁整備の補助、廃棄物処理施設整備事業等が主なものでございます。項3、国庫委託金につきましては 2,514万 1,000円で、前年比18.77 %の増でございます。主なものとしましては、基礎年金等事務費、児童手当事務取扱委託金等が主なものでございます。

 次に、款12、県支出金でございますが、総額5億 3,144万 8,000円で、前年比では 27.09%の減となっております。項1、県負担金につきましては 9,540万円で前年比1.14%の減でございます。主には、児童保育所措置費、児童手当、保健事業等のほか、昨年は参議院議員及び県知事選挙がございましたが、本年は衆議院と農業委員選挙が主なものでございます。

 項2の県補助金では、3億 4,770万 2,000円でございます。前年比37.4%の減でございます。この減の主なものは、昨年は菌種センター建設補助、防霜ファン導入補助等がございましたが、本年はこれらがございませんので減となったものでございます。特に本年度の主なものといたしましては、老人デイ・サービス、老人ホームヘルプサービス等の事業、また、農道、排水路、県単土地改良事業等が主なものでございます。

 項3の県委託金では、 8,834万 6,000円で前年比 15.18%の増でございます。これは県税の徴収事務委託金及び農業委員会交付金が主なものでございます。

 次に、款13の財産収入につきましては、総額1億 4,210万 3,000円で前年比1.24%の減でございます。項1の財産運用収入では 9,321万 5,000円で前年比 30.35%の減でございます。これは基金の利子収入の減が主なものでございます。

 項2、財産売払収入につきましては、 4,888万 8,000円で、前年より3,884 万 2,000円の増でございますが、この主なものは、高速道関連の高梨現墓地の公団への売却予定額を計上をいたしたものでございます。

 次に、款14、寄附金でございますが、 350万円を計上いたしました。このうち 300万円につきましては、移動入浴車の購入に伴うライオンズ様からの寄附金でございます。

 次に、6ぺージでございますが、款15、繰入金でございますが、総額8億 7,874万円で、前年当初比では 85.55%の増となっております。まず、項1、特別会計繰入金では 768万 5,000円、これは井上財産区、豊丘財産区からの繰入金でございます。項2、基金繰入金では8億 7,105万5,000 円でございます。主なものにつきましては、財政調整基金で3億円、減債基金1億 8,363万 5,000円、教育施設整備基金で2億 5,000万円、消防施設整備基金で 8,600万円、都市計画施設整備基金で 5,000万円が主なものでございまして、昨年は骨格予算でございましたことから、当初では、特に財政調整基金の繰り入れがなかったというようなことで、大幅な増になっております。

 次、款16、繰越金につきましては見込みで1億 5,000万円を計上いたしたものでございます。款17の諸収入では、総額15億 3,399万円でありますが、項1の延滞金、加算金及び過料で 300万円、項2の市預金利子 3,000万円で、これらは前年と同額を計上をいたしたものでございます。項3、貸付金元利子収入では6億 9,415万円でございす。これは融資運営資金元利及び土地開発公社への貸付金返還金収入を見込んだものでございます。項4の受託事業収入につきましては、7億 505万 6,000円で、これは道路舗装復旧、消防費そのほか公共施設等整備受託収入を見込んだものでございます。項5、雑入につきましては1億 178万 4,000円で前年比では5.12%の減でございます。

 次に、款18、市債につきましては10億 7,340万円で、前年当初比では102.76%の増でございます。特に、消防庁舎建設等で3億 380万円、中学校建設で1億 7,890万円、一般廃棄物処理施設整備で1億 5,000万円、水源開発施設整備で1億 1,120万円、その他歩道段差解消事業、保健センター事業等が主なものでございます。

 次に、10ぺージをお願いを申し上げます。第2表債務負担行為でありますが、一つとしましては、土地改良事業による工事のための借り入れる農林漁業金融公庫からの融資額1億 610万円に対する元利償還金でございます。限度額は1億 5,568万 6,000円でございます。2番では林道事業による工事のための借り入れ融資額 609万円で、限度額は 949万 5,000円でございます。3番、農業近代化資金利子補給金につきましては、限度額 1,753万 7,000円、融資額は3億 4,900万円を見込んだものでございます。4番では須坂市農業バックアップ資金利子補給金でございますが、新たに制度を創設したものでございまして、限度額 475万円、融資額は1億円を見込んだものでございます。5番の公営住宅建設事業につきましては、4億 2,084万 2,000円を見込んでおるものでございます。6番須坂市立墨坂中学校校舎改築第2期工事でございますが、限度額2億2,080 万円を見込んでございます。7番須坂市立東中学校校舎改築工事にかかわる管理委託料でございまして、 1,463万円を見込みました。8番は公立学校共済組合が公立学校共済組合住宅事業実施要領に基づきまして、須坂市に建設する公立学校教職員住宅の建設費 1,200万円に対する元利償還金でございまして、限度額は 1,734万円でございます。

 次に、11ぺージの地方債でございますが、その内訳を申し上げてございます。1番のふるさと市町村圏基金出資事業から15番の文化財施設整備事業までの15につきまして、合計で10億 7,340万円でございます。なお、利率につきましては 5.5%以内に設定をいたしたものでございます。

 以上で、歳入を終わらせていただきます。

 次、歳出に入らせていただきます。ページは89ぺージをお願いをいたします。款1、議会費でございますが、目1の議会費でありますが、2億 3,797万 7,000円を計上をいたしました。内容につきましては、議員さんの議会活動に要する経費、事務執行にかかわる経常経費等を計上をいたしたものでございます。

 次に、91ぺージをお願いを申し上げます。款2、総務費でございます。総額では14億 406万4,000 円でございますが、このうち所管事項について目ごとに御説明を申し上げます。

 まず、目1の一般管理費でございますが、5億 7,581万 8,000円を計上いたしました。これらの経費につきましては、市全般にかかわる庶務的な業務、市の交際、人事、給与、広聴、広報、防災、市の義務に属する損害賠償、職員の研修にかかわる経費等の経常経費を計上いたしたものでございます。人件費につきましては、全科目ごと本年1月1日現在の積算でございますので、お願いを申し上げます。

 なお、この中で本年は、特に電話交換機の老朽化が著しいことから、この交換機を更新をしてまいりたい。これに伴いまして、交換室の移転もあわせてやってまいりたいということで、これらに要する経費等を計上してございます。また、現在庁舎内にございます公衆電話、これにつきましても、市民ホールのところへ1カ所にボックス式のもので電話コーナーとして設置をしてまいりたいと、こういうことでこれらの経費も含まれております。

 次に、95ぺージの目2、文書費でございます。 1,864万円を計上をいたしました。この項につきましては文書の収受、配付、文書管理、条例、例規集等の改廃、浄書印刷にかかわる経費でございまして、例規集等の印刷が主なものでございます。

 次に、96ページの目3、会計管理費でございますが、 483万 1,000円でございます。これは会計課の適正な支出行為を行うための事務執行に要する経費でございまして、主には決算書の印刷等でございます。

 次に、97ぺージの目4、財政管理費でございまして、 8,253万 3,000円を計上をいたしたわけでございますが、この経費は市の財政運営及び財政の事務執行に必要な経費でございます。この中には積立金 6,257万 5,000円がございますが、財政調整基金、減債基金、庁舎整備基金それぞれ利子を積み立てるものでございます。

 次に、目5、財産管理費で、 7,054万 2,000円を計上いたしましたが、これにつきましては、市有財産全般と普通財産の管理、庁舎の維持管理、また、公共事業にかかわる登記事務等にかかわる経費を計上いたしたものでございます。この中で工事請負費の関係でございますが、本年は議員控室と全員協議会室に委員会室と同様のユニット式の冷暖房の設置をしてまいりたいと、こういうものと本庁舎の2階の廊下の張りかえ工事をしてまいりたいと、こういうものでございまして、これらが含まれております。

 次に、99ぺージでございますが、目6、車両管理費でございます。 583万 5,000円で、前年よりは 1,832万 4,000円の減となっておりますが、この項では集中管理車両の維持管理、乗用、マイクロバスの運行計画及び安全運転管理に要する経費でございますが、特に減となったものの内容は、昨年はマイクロバス1台、乗用車1台を購入をいたしたところでございますが、本年はこれらの経費がございませんので減額となっております。

 次に、 100ぺージの目8、職員厚生費でございますが、 1,942万 3,000円を計上をいたしました。ここでは職員の健康管理、福利厚生にかかわる経費、被服の貸与、職員厚生事業助成金等が主なものでございまして、本年はこの中で現業職員並びに女子職員について被服を本年は貸与する年になっております。これらの経費、また、人間ドックの委託料等を計上をしたものでございます。

  106ページ、目13の高速道対策費でありますが、 8,636万 9,000円を計上をいたしました。御承知のとおり須坂長野東インターまで、皆様方の御協力をいただきまして、いよいよこの3月25日開通の運びになったわけでございまして、喜びにたえないところでございますが、今後はこのインター以北につきまして、それぞれ工事を進めていくわけでございますが、この関連事業の促進について進めてまいるわけでございます。その中で、本年は設計協議の中での合意事項に基づきます高梨墓地移転に伴う経費といたしまして 8,402万円を計上をいたしたものでございます。それぞれ設計委託料、工事費、用地購入、これらのものでございます。

 次に、 108ぺージ、項2の徴税費に入りますが、徴税費の総額では2億 5,132万 9,000円でございます。まず、目1の税務総務費につきましては、1億 7,067万 3,000円でありまして、市の税務行政を執行するための経常的管理経費を計上いたしたものでございます。

 次に 109ぺージ、目2、賦課徴収費でありますが、 8,065万 6,000円を計上いたしました。これは市税等の賦課徴収にかかわる事務執行経費でございます。特にこの中で委託料で、固定資産税課税基礎資料の整備委託料として、 2,500万円を計上をいたしてございますが、これは国の指導もございます。固定資産税について、平成9年度を目途に課税明細書の添付をしてまいりたいと、こういうことで本年からその準備作業といたしまして、それぞれ整備をするものでございますが、添付の理由といたしましては市民税とともに特にこの市税収の根幹をなす固定資産税でございますので、納税者の皆さん方に課税の内訳がわかりやすくする、こういうことが1つ。また、納税者自身によりまして、課税内容の点検もしていただく、このようなことから課税ミス等も減少ができるというようなことで、公正公平適正な課税事務を執行するためのものとして、土地家屋の課税客体の現況を的確に把握をしてまいりたいと、こういうことでまず、本年は公図の照合調査、それから航空写真を撮影をいたしまして、現況把握をしてまいりたいと、こういうものでございます。

 次に、 112ページをお願いをいたします。項4の選挙費でありますが、選挙費の総額では 3,223万 9,000円を計上いたしました。目1の選挙管理委員会費でございますが、 1,728万 1,000円で、これは適正な選挙管理事務を執行するための委員会運営に必要な経常経費を計上したものでございます。

 次の目2、選挙啓発費では49万 9,000円でございまして、明るい選挙推進啓発事業、有権者の政治、選挙に対する意識の高揚等を図るための啓発の必要な経費を計上をいたしたものでございます。次、目3の衆議院議員選挙費で 1,030万円を計上をいたしたわけでありますが、任期が平成6年2月17日でございますので、この選挙事務にかかわる経費を計上をいたした次第でございます。

 目4の農業委員会委員選挙費でありますが、 415万 9,000円を計上をいたしました。農業委員さんの任期は、平成5年7月19日となっておりますので、この選挙にかかわる所要経費を計上したものでございます。

 次に、 117ぺージ、項6、監査委員費でございまして、 1,328万 7,000円を計上をいたした次第でございます。これは監査委員の地方自治法に規定する監査、検査遂行上の事務執行にかかわる経費を計上したものでございます。

 次に、飛びまして 259ぺージをお願いをいたします。款11の公債費でございますが、総額14億5,567 万円を計上をいたしたところでございまして、目1の元金につきましては6億 9,572万6,000 円で、4年度末の起債現在高の償還にかかわる元金でございます。目2、利子につきましては7億 5,944万 4,000円で、これは今後償還にかかわる利子でございます。

 次に、目3、公債諸費でございますが、50万円でございまして、これは縁故債を借り入れる際の登録手数料として計上をしたものでございます。次に、予備費でございますが、これにつきましては、前年と同額の 1,000万円を計上をいたしました。

 次に、特別会計について御説明申し上げます。予算書の32ぺージをお願いをいたします。

 井上、幸高、九反田、中島財産区特別会計予算でございます。平成5年度につきましては、歳入歳出それぞれ 2,014万 7,000円を計上をいたしたところでございます。33ぺージで御説明を申し上げますが、歳入につきましては、款1の使用料及び手数料でございますが、前年と同額 750万円計上をいたしました。これは冬期間、菅平で駐車場として活用しております駐車料金1台500 円で、実績を見まして1万 5,000台を見込んだところでございます。

 次に、款2の財産収入でございますが、 454万 1,000円を見込んで計上をいたしました。項1、財産運用収入でございますが、財産貸付として菅平観光にスキー場用地として貸し付けをし、また須坂市に保養センター用地等として貸し付けをしておりますものでございます。これらの運用収入、それから基金利子収入等を見込んで 454万 1,000円でございます。

 次に、款3、繰入金につきましては、 800万 6,000円を繰り入れるものでございます。繰越金につきましては、10万円を見込んでございます。

 次に、34ぺージで、歳出について申し上げます。

 款1、管理費でございますが、 2,014万 7,000円でございまして、これは現在 165ヘクタール余の山林等を保有しておりますが、これらの維持管理に要する経費、それから冬季のスキー場のための駐車場管理委託料、その他井上、幸高、九反田、中島共有山林管理委員会への負担金等が主なものでございます。

 以上、私の方から所管事項について御説明を申し上げました。よろしくお願い申し上げます。



○議長(佐藤哲夫君) 

 山岸企画調整部長。

     〔企画調整部長 山岸利文君登壇〕



◎企画調整部長(山岸利文君) 

 議案第30号 平成5年度須坂市一般会計予算のうち、企画調整部が所管する歳出予算につきまして、事項別明細書に沿って御説明を申し上げます。

  101ぺージをお願いをいたします。款2、総務費、項1の総務管理費のうち目9の企画費8,607 万 7,000円について申し上げます。前年度に比較し、 5,082万 2,000円の増額計上をいたしましたが、その主な要因は、長野地域広域行政事務組合総務管理負担金の増額と、須高行政事務組合議会費総務費負担金の組替計上、さらには、ふるさと市町村圏基金出資金を当初予算に計上いたしましたことに伴うものであります。

 まず、旅費、需用費のそれぞれの計上額のうちに、総合計画を基調にした開発プロジェクトが、関連事業との整合性を図りながら調和した地域振興の方策について調査、審議する機関の設置に伴う所要額を計上いたしましたほか、使用料及び賃借料で従来からの住民情報システムの機器賃借料相当額 2,561万 3,000円を計上いたしました。負担金補助及び交付金のうち、長野地域広域行政事務組合総務管理負担金は、前年度の措置額に比較しまして72%増額の 497万 5,000円を計上いたし、 102ページをご覧いただきまして、須高行政事務組合議会費総務費負担金 1,358万3,000 円は、環境衛生費から組替計上をいたしたものでありまして、構成市町村による負担総額の61.5%相当額の負担割合となります。ふるさと市町村圏基金出資金は、平成4年度と同額の3,956 万円を計上いたしまして、75%相当額について地域総合整備事業債を見込んだところでございます。

 次に、 115ぺージをお開きをお願いいたします。項5、統計調査費、目1の統計調査総務費878 万 4,000円について御説明申し上げます。

 一般職員の人件費のほか、 116ページをご覧いただきまして須坂市の統計、須坂市の工業、それぞれの統計資料の印刷製本費用が主なものであります。続いて、目2の指定統計調査費 382万8,000 円につきましては、工業統計調査など各種統計調査、さらには、輸出生産実態調査などの調査に伴う調査員報酬など所要経費を計上いたしました。

 以上でございます。



○議長(佐藤哲夫君) 

 この際、昼食のため休憩をいたします。

 再開は午後1時の予定であります。

               午前11時57分  休憩

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後 1時02分  再開



○議長(佐藤哲夫君) 

 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 議案説明を継続いたします。

 松崎民生部長。

     〔民生部長 松崎元慎君登壇〕



◎民生部長(松崎元慎君) 

 私から議案第30号 平成5年度須坂市一般会計予算のうち、民生部が所管する歳出予算並びに議案第31号 平成5年度須坂市国民健康保険特別会計予算、議案第32号 平成5年度須坂市老人保健特別会計予算、議案第34号 平成5年度須坂市同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計予算及び議案第36号 平成5年度須坂市福祉企業センター特別会計予算につきまして、御説明申し上げます。

 初めに、一般会計予算につきまして、事項別明細書に沿って御説明申し上げます。

  102ページから 103ページを御覧いただきたいと存じます。款の2総務費、項の1総務管理費のうち、民生部が所管しております目10、交通防犯対策費 959万円につきましては、交通安全などの啓発活動や防犯灯設置補助金が主なもので、 104ページ目11、消費者行政費77万 1,000円につきましては、消費者意識の高揚を図るための所要経費を計上いたしました。

  105ページの目12、諸費 4,863万 8,000円につきましては、良好な市民生活の維持及び地域活動の醸成を図るため、区に対し交付する行政事務交付金を初め、公会堂の建設に対する補助金などを計上いたしました。

  107ぺージの目14、シルキー管理費 764万 1,000円につきましては、本年度から市が直接管理するわけでありますが、昨年度の管理委託料を削り、管理のための人件費を新たに計上いたしました。

 以上、御説明申し上げました総務管理費のうち、民生部所管の合計額は 6,664万円で、前年比24.95 %の減となっておりますが、公会堂の建設に対する補助金の減額が主な内容でございます。

 次に、 110ぺージ下段を御覧いただきたいと存じます。項3、戸籍住民基本台帳費の目1、戸籍住民基本台帳費7,138万2,000円でありますが、職員11人分の人件費のほか、住民記録の適正管理と諸証明事務等市民サービスのための所要経費を計上したものでございまして、前年比 10.56%の増額となっております。

 次に、 118ぺージ、 119ページを御覧いただきたいと存じます。款3、民生費、項1、社会福祉費、目1、社会福祉総務費2億 3,518万 7,000円でございますが、職員18人の人件費のほか、福祉委員の報酬や社会福祉協議会の活動に対する補助金、また、本年度から県民交通災害共済に加入している障害者等が交通災害にあわれたとき給付する見舞金を新たに計上したところでございます。特別会計への繰出金につきましては、福祉企業センター特別会計へ 2,358万 1,000円、国民健康保険特別会計へは 5,445万 8,000円でございます。

  120ページから 122ページを御覧いただきたいと存じます。目2、身体障害、精神薄弱者福祉費2億 4,540万 2,000円につきましては、在宅の重度心身障害者を介護している方に差し上げる介護慰労金を初め、心身障害者の生きがいを援助するための必要経費、また、共同作業所につきましては、指導員の待遇改善と施設への冷房施設を設置する経費を計上いたしました。

 なお、本年度当市で開催されます長野県手をつなぐ親の会県大会と長野市で開催されます長野県失語障者の集いに対する補助を新たに計上をいたしました。

 施設への入所措置につきましては、身体障害者16人、精神薄弱者51人を見込んでおりまして、施設入所措置費は1億 8,547万 3,000円を計上いたしました。

  123ぺージから 125ページを御覧いただきたいと存じます。目3、高齢者対策費2億 1,043万2,000 円につきましては、まず、在宅福祉対策の充実を図るため、ホームヘルパーの増員を初め新規事業として老人デイ・サービス事業や移動入浴車の購入、ひとり暮らし老人安心コール事業の実施、また、引き続き緊急通報システム装置の設置を行うなど在宅福祉の充実を図るための経費を計上いたしました。

 施設福祉対策といたしましては、長野地域広域行政事務組合が設置する特別養護老人ホームに対する負担金を計上し、お年寄りの生きがい対策といたしまして保育園の空き室を利用したふれあい事業を新たに実施し、また、老人クラブの育成、金婚式の実施、老人福祉センターの運営費補助金などを計上いたしました。

  125ぺージの目4、老人措置費4億 1,840万 6,000円につきましては、養護老人ホーム2施設に34人、特別養護老人ホーム13施設に86人の措置費といたしまして4億 1,823万 1,000円が主なものでございます。

  126ページを御覧いただきたいと存じます。目5、福祉会館管理費 340万 8,000円につきましては、社会福祉協議会に管理委託をしております福祉会館に、冷房設備を行うとともに事務机など備品購入を計上いたしました。

  127ページを御覧いただきたいと存じます。目6、養護老人ホーム費でございますが、1億5,096 万 2,000円につきましては、寿楽園に勤務する職員17人の人件費のほか、入所者70人が健康で生きがいを持って生活が送れるよう必要な経費を計上いたしました。

  129ぺージを御覧いただきたいと存じます。目7、老人デイ・サービスセンター費 3,890万1,000 円につきましては、ことぶき及びぬくもり園、2つの施設の職員の人件費と管理運営にかかわる経費が主なものでございます。在宅福祉対策の一環として、介護サービスを行う施設でありますが、1月末現在の登録者はことぶきが18人、ぬくもり園は 136人でございます。

  130ぺージ、 131ページを御覧いただきたいと存じます。目8、国民年金事務費 1,477万1,000 円につきましては、制度の啓発、被保険者の記録管理、保険料の収納向上等必要経費を計上いたしました。 131ページ、目9、医療費特別給付金対策費 6,928万 9,000円につきましては、福祉対策の一環として医療費負担を軽減し、適切な治療が受けられるよう医療費特別給付金制度を設けておりますが、この給付金を計上いたしました。

  132ぺージを御覧いただきたいと存じます。目10、老人医療福祉費1億 4,736万 5,000円につきましては、資格点検事務の委託及び老人保健特別会計への繰出金1億 4,328万 3,000円を計上いたしました。

  133ページの目11、地域福祉推進費 9,600万円のうち、民生部所管の工事請負費がございますが、やさしいまちづくり事業の採択を受けて、保健センターにエレベーターを設置してまいります。

 以上、申し上げました項1、社会福祉費は民生部所管で15億 6,412万 3,000円でありまして、前年対比 25.17%の増となっております。

 次に、項2、児童福祉費、目1、児童福祉総務費 4,182万 2,000円につきましては、職員3人分の人件費のほか、 134ページへまいりまして留守家庭児童対策のため設置する児童クラブの管理委託、民間保育所に対する運営費の補助金などを計上いたしました。

  135ページを御覧いただきたいと存じます。目2、児童措置費2億 5,158万 9,000円につきましては、私立保育所と菅平保育所に措置を委託しております児童の措置委託料及び家庭における生活の安定、児童の健全な育成を図る目的で児童扶養手当を計上いたしました。

 目3、保育所費6億 9,578万円につきましては、公立保育所13園、職員77名分の人件費を初め、保育所の運営費が主なものでございますが、 136ページにまいりまして施設整備工事費として豊丘保育園の屋根ふき替え、空き室を利用したふれあい事業を新たに実施するための改修工事費などを計上いたしました。

  137ページを御覧いただきたいと存じます。目4、児童センター費 5,777万 2,000円につきましては、職員5人の人件費のほか、新年度から北部児童センターを開設いたしますが、それにかかわる備品購入費や4つの児童センターを運営するための必要経費を計上いたしました。

  138ぺージを御覧いただきたいと存じます。目5、母子福祉費 392万 8,000円につきましては、母子相談員の設置や母子、父子福祉にかかわる経費でございます。目の6、母子通園訓練施設費992 万 6,000円につきましては、職員の人件費のほか、 140ページにまいりまして心身障害者母子通園訓練施設はげみ園の運営にかかわる経費でございます。

 以上、御説明申し上げました児童福祉費の合計額は10億 6,081万 7,000円でありまして、前年対比0.74%の伸びとなっております。

  次に、 141ぺージを御覧いただきたいと存じます。項3、生活保護費、目1、生活保護総務費 6,208万 2,000円につきましては、福祉事務所職員9人分の人件費のほか、生活保護法施行に要する庶務的経費が主なものであります。

  142ぺージを御覧いただきたいと存じます。目2、扶助費1億 7,183万 8,000円につきましては、生活困窮世帯に対しての扶助を行い、最低生活を保障し、自立を助長するための経費を計上いたしました。

 以上、申し上げました生活保護費の合計額は2億 3,392万円で、前年対比4.88%の減となっておりますが、生活保護世帯の減少と医療扶助費の減少によるものでございます。

 次に、項4、同和対策費、目1、同和対策総務費 4,984万円につきましては職員2人分の人件費のほか、部落差別をなくすための啓発事業、福祉向上を目的とした諸施策を実施し、また、運動団体の活動を補助するための必要経費を計上いたしました。

  144ページを御覧いただきたいと存じます。目2、同和対策地区改善事業費9万 4,000円につきましては、環境改善事業がほぼ終了をいたしまして、国あるいは県の補助事業を行う予定がないため修繕料等の所要額を計上いたしました。目3、隣保館運営費 958万 4,000円につきましては、人件費のほか講座の開催、啓発資料の作成などの経費を計上いたしました。

  145ページを御覧いただきたいと存じます。目4、同和対策農業近代化等推進費2万 3,000円につきましては、同和地区農家の経営安定化のための経費を計上いたしました。

 以上、申し上げました同和対策費の総額は 5,954万 1,000円で、前年対比2.26%の減となっております。

  146ページを御覧いただきたいと存じます。項3、災害救助費、目1、災害救助費 501万円につきましては、万一の災害に対する弔慰金を計上いたしました。

 次に、款4、衛生費について申し上げます。 146ページから 148ページを御覧いただきたいと存じます。目1の保健衛生総務費1億 527万 6,000円につきましては、職員14人の人件費のほか、乳幼児の健康診査、健康相談にかかわる医師の謝礼、須高行政事務組合休日診療所への負担金を初め、保健衛生に関する各種団体や事業に対する補助金を計上いたしました。

  149ページを御覧いただきたいと存じます。目2、予防費 6,662万 6,000円につきましては、各種予防接種事業、寝たきり老人や痴呆性老人への訪問事業、市民健康診査に対する所要経費等を計上いたしました。

  150ページを御覧いただきたいと存じます。目3、健康づくり推進費 573万 1,000円につきましては、市民の皆さんの健康保持、増進を図るため、出張健康相談、寝たきり老人等訪問歯科相談事業などを実施し、総合的な保健対策を推進するための必要経費を計上いたしました。

  151ページの目4、保健センター管理費 318万 6,000円につきましては、保健サービスの拠点として設置されております保健センターの管理運営に要する経費を計上いたしました。

  152ぺージを御覧いただきたいと存じます。目5、環境衛生費 6,989万 7,000円につきましては、職員7人分の人件費のほか、今日的に大きな課題となっておりますごみ、あるいは廃棄物の処理に関する啓発活動、また、環境衛生に関係する各種団体への補助、家庭でのごみ処理を促進するため焼却炉設置に対する補助など必要経費を計上いたしました。

  153ページを御覧いただきたいと存じます。目6、霊園管理費 234万 9,000円につきましては、坂田及び松川霊園の管理に要する経費を計上いたしました。

  154ページを御覧いただきたいと存じます。目7、公害対策費 2,049万 3,000円につきましては、新たに河川環境保全対策として河川浄化施設事業、生活雑排水の汚泥処理に対する委託料、水質土壌及び地下水の検査に要する経費のほか、小型合併処理浄化施設事業に対する補助金を計上いたしました。

  156ページを御覧いただきたいと存じます。項2、清掃費、目1、清掃総務費3億 2,403万7,000 円につきましては、職員6人分の人件費のほか、ごみ収集委託料、須高行政事務組合への清掃費負担金が主なものでございます。

  157ページから 158ページにわたってございます目2、清掃管理費の6億 4,481万 6,000円につきましては、職員10人分の人件費のほか、破砕資源物等の運搬、ごみ焼却灰処理に対する委託料、また、設置後15年を経過いたしました焼却プラントの機能回復とプラントの延命策を講ずる基幹的改良事業関係費として5億 357万 7,000円を計上し、清掃センターの機能充実を図ってまいります。

 以上、清掃費の総額は9億 6,885万 3,000円で、前年対比210.38%と大幅な増額となっております。

 引き続きまして、特別会計予算につきまして御説明申し上げます。

 最初に、議案第31号 平成5年度須坂市国民健康保険特別会計予算について御説明を申し上げます。13ページから18ページにわたってございますが、まず、本年度予算の積算にあたり、その基礎となります被保険者数は、一般、退職被保険者あわせまして、年間平均 6,775世帯、1万5,583 人を見込んだところでございます。予算の総額は歳入歳出それぞれ22億 7,557万 9,000円と定めまして、前年対比 16.46%の増額となっておりますが、本年度における保険給付費等のアップと老人保健拠出金の大幅な増額が予想されるためでございます。歳出予算の流用につきましては、14ページの第2条に定められております。

 それでは、歳入歳出の主な内容につきまして、事項別明細書により説明申し上げます。 294ぺージをお開きいただきたいと存じます。

 まず、歳入につきましては、先ほど申し上げましたが、被保険者から納めていただく国民健康保険税は、一般被保険者 5,686世帯、退職被保険者 1,086世帯からの収入で10億 2,001万円を見込み、督促手数料は8万円を見込みました。 295ページにつきましては、国庫支出金では国からの物件費相当の事務費、療養給付費の負担金と財政調整交付金合わせて6億 7,835万円を見込みました。

 款4、療養給付費交付金につきましては、退職被保険者の療養給付費と社会保険診療報酬支払基金からの交付金を見込み、 296ページを御覧いただきたいと存じますが、款5、共同事業交付金につきましては高額な医療給付に対応するため、長野県国民健康保険連合会からの交付金を見込みました。款の6、財産収入では国民健康保険基金の利子を見込み、繰入金につきましては国民健康保険税の軽減補てんなど一般会計からの繰入金でございます。

  297ページの款8、繰越金は、平成4年度の繰越金で、款9の諸収入でありますが延滞金及び事故給付に対する加害者の納付金を見込みました。

 以上が、歳入の主な内容でございます。

 次に、歳出について説明を申し上げます。

  299ページを御覧いただきたいと存じます。款の1総務費につきましては、保険者の資格確認事務委託などの一般事務費、徴税関係で国保税計算事務電算委託や納税組合への事務費交付金を計上いたしました。

  301ぺージをお願いいたします。款2、保険給付費でございますが、医科、歯科、調剤及び柔道整復士、はり・きゅう等の給付金、 302ページにまいりましてレセプト点検手数料、高額医療費、助産費、葬祭費などの給付分で、17億 1,159万 8,000円を計上いたしました。 304ページをお願いいたします。款3の老人保健拠出金につきましては、社会保険診療報酬支払基金に支払う老人医療費の拠出金で、 305ページにまいりまして款4、共同事業拠出金につきましては80万円を超える高額医療費について共同で賄うための医療費拠出金を計上いたしました。款5の保健施設費でございますが、被保険者の健康増進と健康管理のための事業を行う必要経費や新たに保健データバンク事業の導入による健康管理をコンピューターにより管理することに伴う機器の購入、補助金といたしましては保健補導員の研修費、人間ドック受診補助金などを計上いたしました。

  307ページをお願いいたします。款6、基金積立金 1,495万 5,000円を計上し、款7の諸支出金につきましては、過誤納金還付金や診療報酬支払基金への預託金を計上いたしました。款8、予備費につきましては、給付金の増加に対応するため計上したものでございます。

 以上が、国民健康保険特別会計予算の概要でございます。

 次に、議案第32号 平成5年度須坂市老人保健特別会計について御説明を申し上げます。20ぺージを御覧いただきたいと存じます。

 歳入歳出の予算の総額を歳入歳出それぞれ28億 1,251万 9,000円とするもので、本年度の予算規模は前年対比 14.54%の増額であります。増額の主な理由は、対象人員がふえたことと医療費の自然増によるものでございます。歳入歳出予算の内容につきましては、事項別明細によって説明申し上げます。

  315ページをお願いいたします。まず、歳入について申し上げます。

 款1、支払基金交付金につきましては、社会保険診療報酬支払基金から交付される医療費分の70%及び施設医療費の12分の6とレセプト点検手数料のそれぞれ現年度分の交付金を見込みました。款の2、国庫支出金及び款3、県支出金でございますが、国及び県の負担金で医療費分につきましては国が20%、県が5%、施設医療費分につきましては国が12分の4、県が12分の1の相当額を見込みました。

  316ぺージを御覧いただきたいと存じます。款4、繰入金につきましては、一般会計からの繰入で医療費5%、施設医療費の12分の1を見込みました。款5、諸収入につきましては、事故給付に対する加害者納付金でございます。

 次に、歳出について申し上げます。 317ページを御覧いただきたいと存じます。

 款1、医療諸費につきましては、医科、歯科、調剤にかかわる保険者給付分として27億 5,500万円、柔道整復士、はり・きゅう等の保険者給付分として 4,730万円、そのほか国保連合会、社会保険診療報酬支払基金へのレセプト点検手数料でございます。

 以上が老人保健特別会計予算の概要でございます。

 次に、議案第34号 平成5年度須坂市同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について説明申し上げます。

 28ぺージを御覧いただきたいと存じます。本予算は同和地区の環境の整備改善を図り、公共の福祉に寄与するため、地域において住宅新築改築または住宅用地の取得に必要な資金を貸し付けるものでございます。歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ 2,089万 2,000円とするもので、本年度の予算規模は前年対比 7.9%の減額であります。歳入歳出予算の内容につきましては、事項別明細書によって御説明申し上げます。 327ぺージを御覧いただきたいと存じます。

 まず、歳入について申し上げます。款1、財産収入につきましては、今までの繰上償還金を積み立ててまいりました積立金の利子を見込みました。款の2、県支出金は償還推進助成事業補助金でございます。款の3繰入金につきましては、一般会計からの繰入金でございます。

  328ページを御覧願います。款4、繰越金につきましては、平成4年度の繰越金の見込額でございます。款5、諸収入につきましては、貸付金の元利返済収入でございます。

  329ページを御覧願います。次に、歳出について申し上げます。款1、住宅新築資金等貸付事業費は貸付事業にかかわる事務費でございます。款2、公債費は起債の元利償還金でございます。

 なお、同和地区住宅新築資金等貸付事業債の状況につきましては、平成4年度末現在見込額は331 ぺージにありますように1億 3,837万 5,000円で、平成5年度元利償還金見込額 1,201万2,000 円を差し引いた年度末現在見込額は1億 2,627万 3,000円と見込んでおるところでございます。

 以上が、同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の概要でございます。

 次に、議案第36号 須坂市福祉企業センター特別会計予算について御説明を申し上げます。36ぺージを御覧願います。

 福祉企業センターは生活保護法に基づく授産施設として、昭和40年に事業を開始したものでありますが、引き続き要保護者の援護と自立を助長し、もって、公共の福祉に寄与するものであります。

 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億 1,505万 7,000円とするもので、本年度予算規模は前年対比9.96%の増額であります。歳入歳出の予算につきましては、事項別明細書によって御説明を申し上げます。 343ぺージを御覧願います。

 まず、歳入ついて申し上げます。款1、事業収入につきましては取引会社3社からの作業工賃でございます。款2、分担金及び負担金は認定者にかかわる施設事務費と認定外利用者の工賃の3 %の徴収金を見込んだものでございます。款3、財産収入につきましては、福祉企業センター基金の利子を見込みました。 344ページを御覧いただきたいと存じます。款4、繰入金につきましては、一般会計からの繰り入れで、人件費その他施設管理及び償還金にかかわるものでございます。款の5、繰越金は平成4年度の繰越金の見込額でございます。款の6、諸収入につきましては、新たに消費税の課税対象施設となることに伴う取引会社からの消費税と協力費及び福利厚生費などでございます。

 次に、歳出について申し上げます。 345ぺージを御覧願います。 345ぺージから 347ぺージにかけまして、款1、総務費1億 1,304万円につきましては、嘱託職員及び一般職員2人の人件費、簡易課税方式による消費税、作業員の賃金、福利厚生費などでございます。

  348ぺージを御覧願います。款の2、公債費につきましては、施設長期債の元利償還金でございます。款3の予備費につきましては5万円を計上いたしました。

 なお、授産施設整備事業債の現況につきましては、平成4年度末現在見込額は、 358ページにありますように 1,604万 9,000円で、平成5年度元利償還見込額 109万 8,000円を差し引いた年度末現在見込額は、 1,495万 1,000円と見込んでおるところでございます。

 以上で民生部所管の説明を終わらせていただきますが、よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤哲夫君) 

 穂刈経済部長。

     〔経済部長 穂刈昭彦君登檀〕



◎経済部長(穂刈昭彦君) 

 私からは議案第30号 平成5年度須坂市一般会計予算のうち、経済部所管歳出予算並びに議案第39号 須坂市農業集落排水事業特別会計予算について御説明を申し上げます。

 初めに、一般会計予算について申し上げます。

 予算書中99ぺージをお願いします。款2、総務費、項1、総務管理費、目7、市有林管理費650 万 7,000円につきましては、市が所有する山林の補植、除間伐、作業道開設等、市有林の保育と管理、施設整備に要する経費でございます。

 次に、飛びまして 159ぺージをお願いいたします。款5、労働費、総額 8,731万 7,000円について申し上げます。項1、労働諸費、目1、勤労者研修センター管理費 282万 8,000円につきましては、管理委託料及び施設維持等に要する経費でございます。

  160ページをお願いします。目2、労働諸費 5,057万 6,000円につきましては、職員人件費、勤労者の福利厚生、労働団体への補助金及び中小企業団体に働く皆さんの退職金制度加入者拡大のため、共済加入奨励補助金 400万円であります。次ページをお願いします。勤労者生活資金融資預託金につきましては、融資条件の見直しにあわせて前年度比較 1,000万円増額し、融資枠の拡大を図ってまいります。目3、働く婦人の家管理費 1,188万 7,000円につきましては、職員人件費のほか、年間を通して開催する各種講座等研修事業、運営費及び施設管理に要する経費でございます。

 次に、目4、勤労青少年ホーム創造の家管理費 2,202万 6,000円につきましては、職員人件費、各種教室の開講及び施設維持管理に要する経費でございます。

  165ぺージをお願いいします。款6、農業水産業費総額15億 4,533万 6,000円について申し上げます。項1、農業費の目1、農業委員会費 4,907万 1,000円につきましては、農業委員会委員報酬、職員人件費のほか、委員会事業運営に要する経費でございます。

  167ページをお願いします。目2、農業総務費5億 2,350万 7,000円につきましては、農林課職員人件費、登記委託料のほか県事業負担金 5,953万 9,000円につきましては、県営で実施されます湛水防除事業福島北地区、かんがい排水事業河東地区及びため池等整備事業野下原地区事業にかかわる負担金でございます。

 次ページをお願いします。農業関係団体への負担金、補助金のほか農業近代化資金融資利子補給金 2,315万 2,000円、須坂市農業バックアップ資金につきましては、融資額1億円を見込みまして1%の利子補給金 100万円、農林漁業金融公庫資金融資の償還金2億 6,605万 7,000円及び議案第6号で設置をお願いしております農業集落排水特別会計への繰出金 2,975万 9,000円等でございます。

 目3、農業振興費 658万 7,000円につきましては、前年度比較で2億 3,624万 8,000円の減額でございますが、これは前年度に防霜ファン設置補助金、きのこ種菌センター建設補助金、果汁濃縮研究装置補助金等が計上されていたことによるものでございます。

 次ページをお願いします。本年度は各種研修会の開催、生産計画の推進に要する経費、農薬散布、広告板の作成のほか花卉栽培導入の園芸先端産地開発事業補助金 268万 3,000円、果樹栽培等の農業用ハイビニール処理事業補助金等でございます。目4、畜産振興費 6,970万 7,000円につきましては、家畜の伝染病予防事業、放牧衛生検査事業に要する経費のほか、乳山牧場における装置造成、牧道整備等の公共育成牧場整備事業補助金 5,700万 1,000円等でございます。

  172ページをお願いします。目5、水田営農活性化対策費 349万 6,000円につきましては、水田農業の活性化を図るための水田排水特別事業補助金等でございます。目6、農作物災害特別対策費 945万 5,000円は、農作物を病害虫から守るため、黒星病、腐乱病の防除及び有害鳥獣駆除に要する経費でございます。目7、農業振興地域整備事業費62万 6,000円につきましては、農業振興地域整備計画の推進に要する経費でございます。目8、農業後継者対策特別事業費 105万4,000 円につきましては、農業後継者グループの育成、女性農業者セミナーの開催及び学校農園等に要する経費でございます。

 次に、 174ページをお願いします。目9、米穀流通消費改善対策費31万 8,000円は、米の消費拡大、適正出荷等に要する経費でございます。目10、地域農政総合推進事業費 143万 8,000円につきましては、農地の有効利用や流動化、都市と農村の交流事業等に要する経費でございます。目11、山村地域農林漁業特別対策事業費3万 3,000円は、山村振興事業で実施いたしました諸事業にかかわる事務費でございます。

 次に、項2、農地費のうち、目1、市単土地改良事業費5億 1,274万 6,000円につきましては、道路公団からの受託事業、中島排水機場設置工事及び農道、水路15線の改良舗装改修並びに測量委託料等に要する経費でありますが、受託事業費の増加等により、対前年比較4億 8,954万6,000 円の増加となっております。項2、融資事業費 3,195万 5,000円につきましては、低利な農林漁業金融公庫資金の融資で実施する農道・水路6路線の改良、舗装、改修に要する経費でございます。

 目3、農地防災施設費 787万 7,000円につきましては、相之島及び福島北排水機場の補修等維持管理に要する経費でございます。

  178ページをお願いします。目4、団体営土地改良事業費 3,656万 4,000円につきましては、国、県補助を受けて実施いたします農道、水路2路線の整備に要する経費でございます。

 目5、農村環境改善センター管理費 905万 8,000円につきましては、講座の開設等の運営経費及び施設維持管理に要する経費でございます。

 次に、 180ぺージをお願いします。目6、県単土地改良事業費1億 3,837万 4,000円につきましては、県の単独補助を受けて実施いたします農道、水路14路線の改良改修等に要する経費でございます。

 次に、項3、林業費のうち目1、林業振興費 2,844万 2,000円について申し上げます。 183ページをお願いいたします。松くい虫の防除のための薬剤散布、伐倒駆除事業委託料 811万 6,000円、林業関係団体への助成、民有林の間伐保育事業補助金及び地域林業活性化を図るための特定地域林業振興総合対策事業補助金等でございます。

 目2、林道事業費1億 1,502万 8,000円につきましては、国、県の補助及び市単独による林業生産基盤整備を図るための林道10路線の開設、改良、舗装工事に要する経費及び 184ページをお願いします。県事業負担金 1,200万円につきましては、県営林道戸谷沢線開設事業負担金でございます。

 次に、款7、商工費総額7億 5,755万 7,000円について申し上げます。項1、商工費のうち、目1、商工総務費 6,152万 6,000円につきましては、商工観光課職員人件費のほか、経常的事務に要する経費でございます。

 目2、商工業振興費5億 3,669万 2,000円につきましては、商工業振興のために要する経費でございまして、 186ページをお願いします。日滝原産業団地地下水ボーリング調査等委託料3,000 万円、信州博覧会への出展負担金、商工業団体への補助金のほか、中小企業振興補助金1,129 万円につきましては、市中小企業振興条例に基づく工場移転等補助金及び新技術、新製品開発事業補助制度創設に伴う補助金等でございます。また、市制度資金融資預託金につきましては、不況対策資金の継続等により前年度対比 4,000万円を増額し融資枠の拡大に努めてまいります。

 目3、観光費 1,216万 2,000円につきましては、 188ページをお願いします。観光宣伝、観光地への案内及び年次計画で進めてまいります米子嬬恋ルート遊歩道整備工事等に要する経費でございます。

 目4、公園費1億 1,450万 2,000円について申し上げます。公園事務所職員人件費のほか、動物園、水族館の展示動物の飼育管理、臥竜公園等都市公園施設維持管理のほか、臥竜公園駐車場の増設工事に要する経費でございます。

 次に、 191ページ、目5、須坂ガイドセンター費 3,267万 5,000円につきましては、職員人件費のほか、シアター映像の作成、展示品の保険及び施設の維持管理のための共通管理費の負担等に要する経費でございます。

 戻りまして、予算書中50ページをお願いします。議案第39号 平成5年度須坂市農業集落排水事業特別会計予算について申し上げます。

 国、県へ陳情をしてまいりました農業集落排水事業豊丘地区が、国の事業採択の見通しとなりましたことから、本特別会計を新設し事業費を計上いたしました。第1条では、歳入歳出予算の総額それぞれ 7,708万 2,000円とし、第2条では事業に伴う地方債について定めたものであります。

 次に、飛びまして 399ページをお願いします。歳入につきましては、負担金 425万 8,000円のほか、国、県補助金 2,326万 5,000円と、次ページになりますが一般会計からの繰入金 2,975万 9,000円、市債では下水道債及び国庫補助率カット分に相当する臨時財政特例債、あわせて1,980 万円であります。歳出につきましては、目1、処理場建設費 2,355万 8,000円、目2、管路網建設費 5,352万 4,000円は、それぞれの事業の基本設計、地質調査及び実施設計に要する経費並びに付随する事務費等でございます。

 経済部所管につきましては以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤哲夫君) 

 坪井建設部長。

     〔建設部長 坪井今朝生君登檀〕



◎建設部長(坪井今朝生君) 

 私から議案第30号 平成5年度須坂市一般会計予算のうち、建設部が所管する歳出予算並びに議案第38号 平成5年度須坂市下水道事業特別会計予算、議案第41号 平成5年度須坂市宅地造成事業会計予算につきまして御説明を申し上げます。

 初めに、一般会計予算について、事項別明細書に沿って御説明を申し上げます。

 まず、 133ぺージを御覧いただきたいと思います。款3、民生費、項1、社会福祉費、目11、地域福祉推進費 9,600万円のうち、須坂駅南原線の歩道段差解消を図るため、歩道整備費が含まれておりますので、よろしくお願いします。

 次に、 159ぺージを御覧いただきたいと思います。款4、衛生費、項3、水道費、目1、水道費1億 5,320万 9,000円のうち、1億 2,784万 2,000円につきましては、豊丘ダム負担金にかかわる水道事業会計への補助金及び出資金であります。

 次に、 193ぺージを御覧いただきたいと思います。款8、土木費について順に申し上げます。総額では24億 1,619万 1,000円でございまして、前年対比 14.34%の減であります。

 まず、項1、土木管理費、目1、土木総務費 4,984万 9,000円でありますが、建設課職員の人件費と経常的経費及び国、県道等の整備促進を図るための各種同盟会への負担金が主なものであります。

 次に、 195ページをお願いいたします。項2、道路橋梁費、目1、道路橋梁総務費1億 597万4,000 円につきましては、道路橋梁整備にかかわる職員の人件費及び経常的経費であります。

 次に、 196ぺージをお願いいたします。目2、道路維持費1億 435万 2,000円につきましては、市道の維持修繕に要する経費であります。

 目3、道路新設改良費5億 867万 5,000円につきましては、高速道関連事業を重点にしました市道九反田十九ケ塙線ほか道路の新設改良24路線、舗装4路線、側溝整備4路線に要する経費であります。

 次に、 199ぺージをお願いいたします。目4、交通安全施設費 3,794万 3,000円は歩道の新設改良、道路案内標識設置など交通の安全整備に要する経費であります。

 次に、 200ぺージをお願いします。目5、橋梁維持費52万円は橋梁の維持管理に要する経費であります。

 目6、道路台帳費であります。 800万円につきましては、道路台帳補正委託に要する経費であります。

 続きまして、項3の河川費について申し上げます。

 目1、河川総務費 1,063万 8,000円につきましては、河川整備にかかわる職員の人件費等経常的経費及び河川整備促進を図るための同盟会負担金が主なものであります。

 次に、 202ページをお願いします。目2、河川新設改良費 7,235万 6,000円は百々川の河川環境整備、河川改良に要する経費であります。目3、ダム対策費52万 3,000円は豊丘ダム建設促進へ要する経費であります。

 続きまして、項4の都市計画費について申し上げます。

 目1、都市計画総務費7億 8,766万 4,000円につきましては、都市計画審議会委員報酬、都市計画課の職員の人件費等経常的経費及び須坂市土地開発公社への用地先行取得資金の貸付並びに下水道事業特別会計への繰出金等であります。

 特に今年は、都市計画基本図の修正委託、用途地域見直しの委託料が新たに入っておりますので、よろしくお願いします。特に、下水道で申し上げますが、下水道の事業費が上がりましたので、下水道の繰出金も増となっておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。

 次に、 205ページをお願いします。目2、街路事業費1億 7,167万 7,000円については、八町線など都市計画道路の整備、特殊街路の調査等にかかわる経費であります。そのほか駅前線ほかの県施行の街路事業にかかわる負担金が主なものであります。前年比から見ますと増でありますが、八町線の用地購入、補償料の増であります。

 次に、 206ページをお願いします。目3、公園事業費 3,431万 4,000円は百々川緑地整備事業に要する経費等であります。

 次に、目4、土地区画整理費 4,410万 5,000円につきましては、日野南部地区土地区画整理事業の調査、八木沢、塩川上部土地区画整理組合への事業費補助金、公共施設管理者負担金などが主なものであります。

 次に、目5、都市再開発費であります。 114万 6,000円につきましては、都市活力再生拠点整備事業の説明会等、市街地再開発事業推進に要する経費であります。

 次に、 208ページをお願いいたします。目6、都市景観費 5,457万 5,000円につきましては、蔵づくりの町並みを保存再生を進めるために、歴史的景観保存対策事業を創設しました。建造物の修理、修景、復旧に対する助成等にかかわる経費が主なものであります。

 続きまして、項5、住宅費について申し上げます。目1、住宅管理費 5,299万 3,000円につきましては、市営住宅の管理にかかわる職員の人件費等経常的経費及び市営住宅の維持修繕費が主なものであります。

 次に、 210ぺージをお願いいたします。目2、住宅建設費3億 7,060万 7,000円につきましては、屋部団地建替事業を前年度に引き続きまして実施いたします。その経費であります。平成5年度は、3棟36戸の建設といたしましたので、前年対比が大きく減となっておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 次に、目3、住宅防災対策費28万円は、相之島団地水害防止対策に要する経費であります。

 次に、議案第38号 平成5年度須坂市下水道事業特別会計予算について御説明を申し上げます。ページが戻りますが、予算書の44ページを御覧いただきたいと思います。

 第1条でありますが、予算総額は歳入歳出それぞれ20億 5,857万 1,000円であります。前年度対比3億 9,245万 2,000円の増でありまして、1.23倍となっております。第2条、第3条につきましては、後ほど申し上げます。第4条につきましては歳出予算の流用の範囲を定めたものでございます。

 第2条、債務負担行為について申し上げます。48ぺージを御覧いただきたいと思います。平成5年度須坂市下水道排水設備改造等資金利子補給金として、平成6年度から平成7年度までの期間について、市の融資あっせん要綱に基づきまして金融機関が融資した利子の2分の1相当額を限度として債務負担をしていくものであります。

 次に、第3条地方債について申し上げます。公共下水道事業、流域下水道事業、特定資金公共事業、臨時財政特例債で、それぞれの限度額として起債を起こしてまいりたいというものであります。以下、内容につきましては、事項別明細書によりまして説明申し上げます。

  376ぺージを御覧いただきたいと思います。

 初めに、歳入、款1、分担金及び負担金は下水道負担金 9,388万 5,000円で受益者負担金であります。平成元年度からの賦課分に加えまして、当年度は新たに約33ヘクタールを賦課区域に加えてまいります。款2、使用料及び手数料は下水道使用料 8,010万円であります。そのほかに、排水設備確認検査手数料などの下水道手数料 199万 4,000円であります。款3、国庫支出金は下水道費国庫補助金1億 479万 5,000円で、公共下水道事業補助金が主なものであります。

 款4、財産収入は利子及び配当金 234万 6,000円で公共下水道施設整備基金の利子であります。款5、繰入金は一般会計繰入金4億 4,977万 6,000円及び 378ページにまいりますが公共下水道施設整備基金繰入金 7,000万円であります。款6、繰越金は前年度繰越金50万円であります。款7、諸収入は消費税還付金及び雑入でありまして、 3,417万 3,000円並びに延滞金 2,000円であります。款8、市債は公共下水道事業債、流域下水道事業債など下水道債11億 1,940万円及び下水道事業に充当される臨時財政特例債1億 160万円であります。

 続きまして、歳出について申し上げます。380ぺージを御覧いただきたいと思います。

 款1、下水道費は総務管理費として下水道課職員の人件費等経常的経費及び受益者負担金納期前納付報奨金、受益者負担金、業務委託料、公共下水道施設整備基金積立金など一般管理費3,255 万 5,000円と施設の維持管理にかかわる職員の人件費等経常的経費及び下水道台帳作成、382 ページにまいりますが、下水道使用料徴収業務委託料、千曲川流域下水道維持管理負担金など施設管理費 6,457万 9,000円であります。

 下水道建設費として設計監理委託料、管渠布設工事請負費など公共下水道建設費13億 9,710万1,000 円であります。特に、平成5年度は緊急下水道整備特定事業を導入することになりましたので、特に増となっております。千曲川流域下水道事業の負担金として、流域下水道事業費2億1,717 万 6,000円を計上いたしました。

 次に、 384ページをお願いいたします。款2、公債費であります。長期債償還元金 2,026万6,000 円、同じく利子3億 2,639万 4,000円であります。款3、予備費は50万を計上いたしました。

 続きまして、議案第41号 平成5年度須坂市宅地造成事業会計予算について御説明を申し上げます。薄い方の企業会計予算書であります。8ぺージを御覧いただきたいと思います。

 第3条、収益的収入及び支出について申し上げます。収益的収入の予定額 9,191万 6,000円、支出の予定額は 9,063万 1,000円であります。

 次に、第4条、資本的収入及び支出について申し上げます。資本的支出の予定額は 3,352万9,000 円であります。なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額 3,352万 9,000円は当年度分の損益勘定留保資金 3,352万 9,000円で補てんする次第であります。

 第5条につきましては、流用についての制限を定めたものであります。平成4年度は塩野東工場団地の売却等がありましたのが、今年度平成5年度にはこれらの事業がありませんので、全体的には減となっておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。主な内容を予算説明書によって御説明申し上げます。74ぺージを御覧いただきたいと思います。

 最初に、収益的収入及び支出であります。収益的収入の款1、宅地造成事業収益 9,191万6,000 円は1区画残となっております塩野東工業団地売却収入が主なものであります。収益的支出の款1、宅地造成事業費用でありますが 9,063万 1,000円はただいま申し上げました塩野東工業団地の売却の原価であります。そのほか職員の人件費等経常的経費が主なものであります。

 次に、76ぺージをお願いいたします。資本的収入及び支出でありますが、資本的支出の款1、資本的支出 3,352万 9,000円は団地造成事業にかかわる職員の人件費及び今後計画をしてまいりたい団地の測量等委託料が主な内容であります。

 以上で建設部所管についての予算説明を終わらせていただきます。



○議長(佐藤哲夫君) 

 井浦消防長。

     〔消防長 井浦雪男君登壇〕



◎消防長(井浦雪男君) 

 議案第30号 平成5年度須坂市一般会計予算の歳出のうち、消防本部所管の款9、消防費の概要について説明申し上げます。 212ぺージをお願い申し上げます。

 目1、常備消防費3億 4,014万 5,000円は消防本部及び須坂消防署職員52名の人件費並びに施設設備の維持管理、運営費と火災の予防防御及び救助救急活動の費用でございます。火災の予防につきましては、消防団との連携を緊密にしながら市民各位の御協力を得て、日常の予防啓発を進め、さらに、施設設備の効率的な運用を図り、あわせて職員の教育訓練による資質の向上に努めていります。

 また、各自治会による消火栓放水基金等、施設補助事業を前年同様助長するほか、はしご車等将来の施設更新のため施設整備基金積み立てを行ってまいります。救急活動につきましては、この3月末に供用開始される高速自動車道への対応を含め、去る1月に導入した心電伝送を含む拡大救急項目が実施できる救急車と、過日御寄贈いただきました高規格救急車を最大限に活用して救急救命率の向上に努めるほか、救急職員の養成を図ってまいります。

  214ページをお願いを申し上げます。目2、非常備消防費 7,598万 4,000円は団長以下 976名の団員報酬、団本部及び11個分団に対する運営交付金、退職団員報償金のほか、分団の機械機具置場など施設設備の管理費並びに活用費でございます。特に、本年は昭和23年の消防組織法施行による自治体消防発足45周年の各種事業と、5年ごとに行われる消防団大検閲式が実施されることがありますので、この関係費用を計上いたしました。

 また、懸案でありました消防団音楽隊の組織整備もできましたので、この音楽隊による広報活動の拡大とあわせて団員の教育訓練を充実させ、消防団活動の活性化に努めてまいります。

 次に、目3、消防施設費1億 675万 6,000円は消防医療施設設備の新設と維持管理費でございます。特に本年は、高速自動車道の対応を含めて、救助工作車を購入するほか、山林を管轄する分団にB2級小型動力ポンプとあわせて、ポンプ積載車1台を昨年に引き続いて導入いたします。また、豪雪地の峰の原地区へは、多雪式消火栓10基を新設し、積雪期の消火栓による消火活動の迅速化を図るほか、消火栓と防火水槽の増設を行い、消防水利の不足地域の解消を図るとともに、水防倉庫1棟を改築いたします。

  216ページをお願い申し上げます。目4、水防費55万 6,000円は13カ所の水防倉庫の水防資材の購入及び管理費等、水防活動の訓練または出動手当でございます。

 次に、目5、小布施分署費1億 912万 8,000円は、小布施町の委託にかかわる小布施分署の分署長以下18名の人件費のほか、庁舎車両等の維持管理費及び職員の教育派遣に要する消防学校入校費、その他救急車の消毒機器、ホースの購入費でございます。

  218ページをお願い申し上げます。目6、高山分署費 7,499万 4,000円は高山分署の所管にかかわる費用で、分署長以下12名の人件費のほか、庁舎、車両等の維持管理費のほかに、消防活動並びに教育派遣に要する費用でございます。

 次に、目7、消防庁舎建設費について説明申し上げます。消防庁舎は2か年事業として昨年10月に着工しました。本年9月20日を工期としておりますが、平成4年度末には事務所と車庫棟及び訓練棟の付帯工事が完了いたします。平成5年度は、各建物の内装、付属建物、外構舗装、植栽を中心に、また、電気設備工事では発電機及び気象観測装置の設置、通信指令台の移設と消防波一波の増設、通路入口付近への電光表示機の設置工事、また、機械設備工事では給排水、冷暖房、空調設備のほかガス、上下水道、消火設備等の工事でございます。

 また、庁用備品は会議室の机等不足するものを中心に購入してまいります。

 以上、平成5年度にかかわる消防庁舎建設費は3億 4,869万円でございます。

 以上で消防費の説明を終わらせていただきます。



○議長(佐藤哲夫君) 

 小林教育次長。

     〔教育次長 小林忠男君登檀〕



◎教育次長(小林忠男君) 

 議案第30号 平成5年度須坂市一般会計予算のうち、教育委員会所管にかかる歳出予算について並びに議案第33号 平成5年度須坂市奨学金特別会計予算の概要について御説明申し上げます。

 一般会計で、款10、教育費は総額で26億 9,460万 4,000円を計上させていただきました。

 まず、 220ページをお願いいたします。項1、教育総務費のうち、目1、教育委員会費 450万5,000 円は教育委員及び教育委員会に要する経費でございます。

 次に、 221ぺージ、事務局費1億 411万 6,000円につきましては、教育委員会事務局全般にわたる経費及び学校教育課所管にかかる人件費並びに事務的経費でございます。週休2日制推進にかかる経費及び今年度須坂市が当番開催市として行います県都市教育長協議会負担金が新規なものでございます。

 次、 223ぺージをお願いします。目3、教育奨励費 504万 8,000円は小学校、中学校共通の教育振興の奨励に要する経費でございます。適正な就学、健全育成としての親子のふれあい事業などでございます。

 次に、 224ページですが、目4、教員住宅費では 1,385万 7,000円でございます。教員住宅26戸の維持管理に要する経費であります。既存住宅の修繕工事、公立学校共済組合からの融資償還金が主なものでございます。

 次に、 225ぺージをお願いします。項2、小学校費について申し上げます。目1、学校管理費1億 7,650万 6,000円は小学校11校の維持管理及び条件整備に要する経費でございます。主なものは、市費職員の人件費、校舎の床改修、真田町への委託児童負担金のほか、経常経費でございます。

  227ぺージの目2、教育振興費 3,059万 4,000円につきましては、小山小学校、森上小学校への映像教材送信機類の設置及び教材の購入、学用品、修学旅行費用の援助などの費用でございます。

 次に、 228ページをお願いします。項3、中学校費について申し上げます。目1の学校管理費1億 3,517万 8,000円は、中学校4校の維持管理及び条件整備で要する経費でございます。主なものといたしまして、市費職員の人件費、昨年7月に英国からお招きいたしました英語指導助手、いわゆるAETの報酬並びに教科書の全面改定による教師用教科書、指導書、教材費、さらに、真田町への委託制度の負担金などでございます。

  230ページをお願いします。目2、教育振興費 1,339万 4,000円につきましては、小学校の教育振興費と同様、教材、備品の充実、学用品、修学旅行費、校外活動費などの援助が主なものでございます。

 目3、学校建設費10億 2,759万 5,000円について申し上げます。1つに、墨坂中学校校舎第2期工事の管理特別教室棟 3,445平方メートルの建設工事費及び管理委託料並びに既存校舎の解体などの付帯工事等でございます。また、平成6年度、7年度の2か年で改築を予定しております東中学校の校舎の設計委託費及び関連調査費の計上が主なものでございます。加えて、相森中学校の校舎前広場の環境整備事業における工事費の計上もこの中に入っているものでございます。

 次に、 231ぺージをお願いいたします。項4、幼稚園費、目1、幼稚園費の 1,994万 7,000円は、私立幼稚園6園に対する運営補助及び就園奨励にかかる補助でございます。

 次に、 232ページをお願いいたします。項5、社会教育費について御説明申し上げます。目1の社会教育総務費 9,057万 1,000円につきましては、職員の人件費のほか、策定される女性行動計画の推進に要する経費並びに事務局に要する経費、町並みフェストの補助金などでございます。目2、公民館費1億 4,614万 6,000円につきましては、公民館職員の人件費及び公民館の維持管理運営費であります。非常電源用の電気工事のほか、地域での公民館活動への援助、分館交付金、社会教育団体への補助金が主なものでございます。

 次に、 235ぺージをお願いします。目3、図書館費であります。 5,481万 9,000円につきましては、図書館の管理運営に要する経費でございます。図書の購入は本館及び配本所用でございます。また、本年はファックスを導入し、情報収集等の迅速化を図ってまいりたいものでございます。目4、博物館費 1,507万 1,000円につきましては、館の管理運営に要する経費でございます。企画展、教育活動、収集資料の保存整理などに要する経費でございます。

 次に、 239ぺージをお願いします。目5、文化財保護費は 4,239万 3,000円でございます。文化財の調査、保存活用に要する経費でございます。主なものとして、町並みめぐり整備事業の市街地コース及び八町鎧塚古墳、米持天神古墳の整備事業及び同古墳の範囲確認事業が主なものでございます。

 次に、 241ぺージをお願いいたします。目6、児童青少年総合対策費 1,227万 3,000円について申し上げます。青少年健全育成にかかる経費で、家庭教育講座、児童生徒の球技大会、20回目を迎える三浦市児童生徒との交流、各町育成化事業への補助、健全育成活動への補助が主な内容でございます。

 次に、 242ぺージをお願いします。目7、児童青少年育成センター費 180万 6,000円につきましては、補導員さんによるもっぱら健全育成、街頭補導活動等に要する経費でございます。

 次に、 243ぺージをお願いします。目8、臥竜山公会堂費 591万 7,000円につきましては、公会堂の維持管理に要する経費であります。体の不自由な市民が容易にできるよう、御利用できるように大広間へのスロープ設置工事等を計上してございます。

  244ページの目9、文化会館費1億 5,748万 3,000円につきましては、文化会館の維持管理、運営に関する委託事業費、文化会館自主事業への補助金並びに基金への積立金でございます。

 次に、目10、美術館費 3,039万 1,000円について申し上げます。版画美術館の管理運営に要する経費の計上でございます。企画展、版画教室のための備品等の購入費が主なものでございます。

 次に、 246ぺージをお願いします。目11、生涯学習推進費、新設の目で 242万 5,000円でございます。新年度から生涯学習室が設置されることから、従前は社会教育総務費に入っていたものにつきまして、その関係費用を分離独立させたものでございます。なお、既に設立されております駒澤嘉須坂生涯学習振興基金によります果実は、公益信託基金の性格上、本歳入歳出予算に計上されることなく、この基金から直接事業債権者に支払われることになっておりますので、御理解をお願いいたします。

 次に、 247ページお願いいたします。項6、保健体育費について説明させていただきます。目1、保健体育総務費 9,060万 2,000円につきましては、学校医、学校薬剤士の報酬のほか、職員人件費、心臓検診、尿検査などの各種検査委託、要保護あるいは準要保護等にかかる給食費の援助が主な内容でございます。

  248ぺージをお願いします。目2、体育施設費 4,486万 3,000円につきましては、市民体育館ほか市管理体育施設の維持管理、整備運営に要する経費でございます。夜間のグラウンドスポーツのため、学校開放の1つとして常盤中学校グラウンドに照明設備を設置するものが主なものでございます。

 次に、 250ぺージをお願いいたします。目3、体育振興費1億 932万円でありますが、スポーツの普及奨励、体育指導委員や体育団体の育成、各種大会の開催、スポーツ教室の開設、第5回竜の里・健康マラソン全国大会への負担金、さらに須高広域総合プール、サマーランドの管理運営費用にかかる負担金などが主なものでございます。

 次に、 252ぺージをお願いします。目4、保養施設費 743万 3,000円でございますが、峰の原高原保養センターの維持管理運営に要する経費でございます。

 次に、目5、勤労青少年体育センター費 435万 4,000円につきましては、勤労青少年体育センターの維持管理運営に要する経費でございます。

 次に、 254ぺージをお願いいたします。目6、学校給食費3億 1,449万 4,000円につきましては、学校給食センターの維持管理運営に要する経費でありますが、排水浄化施設の一部改修工事、コンテナ車の更新、同配送委託料が主なものでございます。

 次に、 256ぺージをお願いします。項7、同和教育費について申し上げます。目1、同和教育総務費 2,610万 7,000円につきましては、人件費のほか同和教育啓発用映画フィルム及び教材ビデオ等の購入、同和地区児童生徒の学力向上のための支度金、進学奨励費が主な内容でございます。

 次に、目2、学校同和教育費 240万 4,000円につきましては、学校における同和教育の充実のための経費でございます。

 次に、 258ページをお願いします。目3、社会同和教育費 378万 6,000円につきましては、3か所にある解放子ども会に要する経費並びに部落解放推進委員会、企業内同和教育推進のための補助金が主なものでございます。

 次に、目4、公民館同和教育費 120万 6,000円につきましては、同和教育を進めるための指導者づくり、公民館で進める同和教育のための経費等でございます。

 以上、一般会計の所管予算について説明させていただきました。

 次に、予算書の初めの方で恐縮ですが、24ページをお願いいたします。

 24ページの議案第33号 平成5年度須坂市奨学金特別会計予算について、概要を御説明申し上げます。

 本特別会計の予算は、歳入歳出それぞれ 598万 7,000円であります。奨学金の貸付事業でございますが、歳入では奨学金積立金からの繰入額 244万 8,000円と貸付金返還収入が主なものでございます。歳出につきましては貸付金で 582万円、基金への積み立て16万 7,000円でございます。貸付は高校生、高専生、大学生で総数17人を予定しているものでございます。

 以上で教育委員会所管にかかる予算につきまして、説明とさせていただきます。



○議長(佐藤哲夫君) 

 宮崎水道事業管理者。

     〔水道事業管理者 宮崎喜一君登檀〕



◎水道事業管理者(宮崎喜一君) 

 水道部所管の予算について御説明申し上げます。

 最初に、議案第37号 平成5年度須坂市峰の原水道事業特別会計予算について、御説明申し上げます。

 予算書の40ぺージを御覧いただきたいと思います。本会計の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ 2,970万円でありまして、内訳を事項別明細書により申し上げます。 360ぺージ及び361 ページを御覧いただきたいと思います。

 まず、歳入でありますが款1、使用料及び手数料 1,972万 2,000円は水道料金及び諸検査手数料を計上いたしました。款2、財産収入は預金利子 178万 8,000円を、款3、繰越金は 100万円を、款4、諸収入 719万円は地上式消火栓設置負担金等を見込み計上いたしました。

 次に、歳出について申し上げます。 363ぺージをお願いいたします。款1、総務費は 2,170万円でありまして、峰の原地区の水道の安定供給を図るための人件費及び維持管理に要する経費であります。また、将来の施設整備に備えて積立金 251万 5,000円を計上いたしました。

  365ページをお願いいたします。款2、建設費は 700万円で多雪型消火栓設置工事費を、また、款3、予備費は 100万円を計上いたしました。

 以上で峰の原水道事業会計の説明を終わります。

 続きまして、議案第40号 平成5年度須坂市水道事業会計予算について御説明申し上げます。須坂市企業予算書、薄い方の予算書でございます。2ぺージを御覧いただきたいと思います。

 第3条の水道事業収益10億 1,060万円と第4条の資本的収入11億 3,270万円の合計いたしました収入予算総額は21億 4,330万円であります。また、第3条の水道事業費用9億 2,450万円と第4条の資本的支出15億 5,020万円を合計いたしました支出予算総額は24億 7,470万円であります。第4条の資本的収入額が資本的支出額に対して差し引き4億 1,750万円の収入不足となっておりますが、これにつきましては、過年度分損益勘定留保資金 6,991万 7,000円、当年度分損益勘定留保資金1億 6,648万 8,000円、過年度分消費税資本的収支調整額 318万 1,000円、当年度分消費税資本的収支調整額 2,791万 4,000円及び建設改良積立金1億 5,000万円で補てんするものであります。

 第5条、債務負担行為につきましては、塩野浄水場の電器計装設備工事で平成6年度から平成7年度まで9億 2,400万円以内の限度額で、債務負担行為の設定をお願いするものであります。

 第6条、企業債につきましては、上水道建設改良事業で7億 6,610万円の限度額で利率 5.5%以内で起債をお願いするものであります。

 それでは、ただいまの予算の内容につきまして、予算説明書により説明申し上げます。40ページをお願いいたします。

 収益的収入及び支出のうち、収入について申し上げます。款1、水道事業収益10億 1,060万円は事業活動に伴う収益でありまして、主なものは水道料金収入9億 5,028万 9,000円で、水道料金改正に伴い前年度比では 16.68%の伸びであります。営業外収益の主なものは預金利息 2,800万円を計上いたしました。

 次に、41ページをお願いいたします。支出について申し上げます。款1、水道事業費用9億2,450 万円は事業運営に要する維持、その他一般的な経費で営業費用6億 2,515万 7,000円の主なものといたしましては、深井戸水源の動力費 4,212万 1,000円、上水等の水質検査委託料等277 万円、配水管の布設替工事等にかかわる給水管の分岐替工事 3,528万円、量水器の取り替え1,467 万 5,000円、路面復旧費に 1,168万 5,000円、メーター検針の委託 556万 3,000円、コンピューター等の借上料 779万 6,000円、減価償却費2億 134万円等であります。

 次に、49ページをお願いいたします。営業外費用2億 9,834万 3,000円の主なものは、企業債及び借入金の利息2億 9,771万 2,000円であります。予備費につきましては 100万円を計上いたしました。

 次に、資本的収入及び支出について申し上げます。まず、収入でありますが、款1、資本的収入11億 3,270万円の主なものは企業債7億 6,610万円で建設改良事業にかかわる企業債の借入を、出資金1億 5,320万 9,000円は豊丘ダム建設にかかわる一般会計からの出資金及び老朽管更新事業にかかわる一般会計出資金で、他会計からの繰入金 2,825万円は消火栓設置負担金であります。国庫・県補助金1億 1,795万 3,000円は豊丘ダム建設にかかわる国庫及び県補助金を、工事分担金 1,835万 4,000円は加入者分担金を、その他資本的収入 4,883万 4,000円は公共下水道工事等に伴う配水管等の補償料をそれぞれ計上いたしました。

 次に、支出について申し上げます。51ページをお願いいたします。款1、資本的支出15億5,020 万円は建設改良費と企業債の償還金でありまして、建設改良費14億 7,414万 6,000円の主なものは事務費 2,776万 5,000円及び浄水施設等の改良のための原浄水施設費 4,100万円、道路関連配水管布設工事、老朽管更新事業にかかわる配水管布設替等で、配水施設費3億 2,418万3,000 円を計上し、水道拡張費は今後の水需要増等に対応するため昨年から着手いたしました塩野浄水場建設工事を引き続き行うもので、当年度は急速ろ過地、電気計装設備工事等を行い、さらに南原地籍に予定しております配水池用地の購入等7億 5,601万 8,000円を計上いたしました。

 水源開発費3億 1,569万 8,000円は、豊丘ダム建設にかかわる水道事業の負担金及び建設利息であります。

 資産購入費 750万円は機械器具購入費で、量水器費の 198万 2,000円は量水器の購入等であります。

 次に、企業債の償還金 7,605万 4,000円は企業債の元金償還金であります。

 以上で水道部所管予算の説明を終わります。



○議長(佐藤哲夫君) 

 これより議案質疑に入ります。

 ただいまのところ質疑の通告はありません。質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤哲夫君) 

 質疑がありませんので、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第30号から議案第41号までの12件は、配付申し上げてあります予算関係議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  一般会計 

          平成5年度須坂市特別会計予算関係議案付託表

                  企業会計 

議案第30号 平成5年度須坂市一般会計予算





 委員会名
              内容


総務文教委員会
第1条(歳入歳出予算)

 歳入 所管事項

 歳出 款1議会費 款2総務費(項1総務管理費・目3会計管理費目7市有林管理費・目10交通防犯対策費・目11消費者行政費・目12諸費・目14シルキーホール管理費を除く)(項3戸籍住民基本台帳費、項4選挙費、項6監査委員費を除く)款4衛生費(項3水道費のうち所管事項)款10教育費 款11公債費 款12予備費

第2条(債務負担行為)

第3条(地方債)

第4条(一時借入金)

第5条(歳出予算の流用)


 経済委員会
第1条(歳入歳出予算)

 歳入 所管事項

 歳出 款2総務費(項1総務管理費・目3会計管理費・目7市有林管理費)(項4選挙費、項6監査委員費)款5労働費 款6農林水産業費 款7商工費 款9消防費


 社会委員会
第1条(歳入歳出予算)

 歳入 所管事項

 歳出 款2総務費(項1総務管理費・目10交通防犯対策費・目11消費者行政費・目12諸費・目14シルキーホール管理費)(項3戸籍住民基本台帳費) 款3民生費(項1社会福祉費・目11地域福祉推進費のうち所管事項) 款4衛生費(項3水道費を除く)


建設水道委員会
第1条(歳入歳出予算)

 歳入 所管事項

 歳出 款3民生費(項1社会福祉費・目11地域福祉推進費のうち所管事項) 款4衛生費(項3水道費のうち所管事項) 款8土木費





(注)第2条(債務負担行為)第3条(地方債)第4条(一時借入金)第5条(歳出予算の流用)については、総務文教委員会となっておりますが、他の委員会においても所管面を審査願います。

議案第31号 平成5年度須坂市国民健康保険特別会計予算(社会委員会)

議案第32号 平成5年度須坂市老人保健特別会計予算(社会委員会)

議案第33号 平成5年度須坂市奨学金特別会計予算(総務文教委員会)

議案第34号 平成5年度須坂市同和地区住宅新築資金等貸付事業特別会計予算(社会委員会)

議案第35号 平成5年度井上、幸高、九反田、中島財産区特別会計予算(総務文教委員会)

議案第36号 平成5年度須坂市福祉企業センター特別会計予算(社会委員会)

議案第37号 平成5年度須坂市峰の原水道事業特別会計予算(建設水道委員会)

議案第38号 平成5年度須坂市下水道事業特別会計予算(建設水道委員会)

議案第39号 平成5年度須坂市農業集落排水事業特別会計予算(経済委員会)

議案第40号 平成5年度須坂市水道事業会計予算(建設水道委員会)

議案第41号 平成5年度須坂市宅地造成事業会計予算(建設水道委員会)

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第40 請願



○議長(佐藤哲夫君) 

 日程第40 請願についてを議題といたします。

 今期定例会において受理した請願は1件でありまして、配付申し上げてあります請願文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                請願文書表





 請願第1号
 山村の復興と林業政策の充実に関する請願


 受理年月日
平成 5年 3月 2日
 付託委員会
 経済委員会


 請願者
長野市大字富竹223114

    加藤進 ほか 260名


 紹介議員
丸山親男  上野恒夫  堀内幸尚  永井一雄


 要旨

 地球環境保全の声が国際的に高まっている中で、森林・林業に対する国民の期待と関心が高まっています。

 こうした世論動向を背景に、昨年、森林法が改正され森林の流域管理システム、民有林・国有林一体の森林計画の樹立、森林整備事業計画制度の発足、流域林業活性化推進事業の開始など、新しい林業政策が決定されました。

 しかし、平成4年度の予算執行状況、平成5年度概要要求の内容をみると、国の財政投資は不十分であり、森林整備5ケ年計画の達成に不安を抱かざるを得ないような予算内容となっております。また、山村の過疎化は林業の担い手不足を一層深刻なものとしております。

 以上のことから、緑と水の源泉である森林の充実、林業、林産業の振興によって山村地域社会の復興を図り、国の新しい森林・林業政策を一層充実させるために、左記事項の実現を図るよう貴議会において関係機関への働きかけをお願いしたく請願します。

 請願事項

1.緑と水の源泉である森林への国の予算を大幅に拡大すること。また、補助事業については補助率を引き上げること。

2.地方自治体の森林計画樹立をはじめとする、森林管理にかかる事務費等の助成の増額と、地方交付税を大幅に引き上げること。

3.公益的機能を果たしている保安林について、私的経営では維持管理することが困難になっているものは、国が買い上げて一元的管理ができるよう措置すること。

4.森林の維持管理に必要な林業労働者の確保を、将来にわたって保証するため、担い手対策を充実すること。

5.林業に対して特別な財源措置を講ずると共に、国有林野事業の再建を確実なものとするため、一般会計からの繰り入れの拡充を図ること。

6.国有林野事業の役割を遂行するため、組織・機構と要員の充実を図ること。





       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤哲夫君) 

 以上で、本日の日程は終了いたしました。

 明5日から8日までの4日間は議案調整のため休会といたします。

 来る9日は午前10時から本会議を開き、一般質問を行います。

 本日は、これにて散会いたします。

 御苦労さまでした。

               午後 2時52分  散会

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

            平成5年3月4日

                   須坂市議会議長   佐藤哲夫

                   署名議員      永井一雄

                   署名議員      田中穂積