議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 須坂市

平成29年  6月 定例会 06月13日−01号




平成29年  6月 定例会 − 06月13日−01号







平成29年  6月 定例会



須坂市告示第106号

 平成29年6月須坂市議会定例会を次のとおり招集する。

  平成29年6月5日

                          須坂市長   三木正夫

                 記

1  期日  平成29年6月13日(火) 午前10時

2  場所  須坂市議会議事堂

          平成29年6月須坂市議会定例会会議録(第1号)

               平成29年6月13日(火曜日)

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          議事日程(第1号)

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定

第3 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(須坂市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)

第4 承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(須坂市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例)

第5 承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(平成28年度須坂市一般会計補正予算第8号)

第6 議案第34号 平成29年度辺地債事業峰の原高原クロスカントリーコース全天候型走路増設工事請負契約の締結について

第7 議案第35号 除雪ドーザ(13t級)の取得について

第8 議案第36号 土地の取得について

第9 議案第37号 災害対応特殊消防ポンプ自動車(CD−I)の取得について

第10 議案第38号 市道の認定について

第11 議案第39号 市道の変更について

第12 議案第40号 須坂市職員定数条例の一部を改正する条例について

第13 議案第41号 須坂市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例について

第14 議案第42号 須坂市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例について

第15 議案第43号 須坂市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について

第16 議案第44号 須坂市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例について

第17 議案第45号 須坂市市税条例の一部を改正する条例について

第18 議案第46号 須坂市都市計画税条例の一部を改正する条例について

第19 議案第47号 須坂市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例について

第20 議案第48号 須坂市教育長の勤務時間及び勤務の条件に関する条例の全部を改正する条例について

第21 議案第49号 須坂市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について

第22 議案第50号 須坂市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について

第23 議案第51号 須坂市新規就農者用共同作業場条例の一部を改正する条例について

第24 議案第52号 須坂市水道事業給水条例の一部を改正する条例について

第25 議案第53号 平成29年度須坂市一般会計補正予算第1号

第26 議案第54号 平成29年度須坂市後期高齢者医療特別会計補正予算第1号

第27 同意第4号 教育委員会委員の任命について

第28 請願

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       本日の会議に付した事件

(1) 諸報告及び表彰状の伝達

(1) 会議録署名議員の指名

(1) 会期の決定

(1) 承認第1号から承認第3号まで

(1) 議案第34号から議案第39号まで

(1) 議案第40号から議案第52号まで

(1) 議案第53号及び議案第54号

(1) 同意第4号

(1) 請願

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          出席議員(20名)

   1番    水越正和          2番    古家敏男

   3番    宮本泰也          4番    岡田宗之

   5番    荒井 敏          6番    堀内章一

   7番    久保田克彦         8番    西澤えみ子

   9番    酒井和裕         10番    浅井洋子

  11番    竹内 勉         12番    塩崎貞夫

  13番    霜田 剛         14番    北澤雄一

  15番    宮坂成一         16番    中島義浩

  17番    石合 敬         18番    岩田修二

  19番    関野芳秀         20番    佐藤壽三郎

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          欠席議員

  なし

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          説明のため出席した者

市長        三木正夫        副市長       中澤正直

総務部長      平林和彦        健康福祉部長    青木信一郎

市民共創部長    吉川一夫        環境部長      川口尚樹

産業振興部長    加藤光弘        まちづくり推進部長 依田国博

教育委員長     内藤 靖        教育長       小林雅彦

教育次長      島田博雄        消防長       山岸茂幸

水道局長      丸田 勉        会計管理者     返町俊昭

代表監査委員    鰐川晴夫

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          事務局出席職員

事務局長      加藤 剛        事務局次長     永井 毅

書記        北堀 智        書記        波田野之行

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時01分 開会



○議長(関野芳秀) 

 定足数に達しておりますので、ただいまから平成29年6月須坂市議会定例会を開会いたします。

 本定例会においては、地球温暖化防止運動の一環として、議長において上着、ネクタイの着用は自由といたします。

 市長から議会招集のあいさつがあります。−−−−−三木市長。



◎市長(三木正夫) 〔登壇〕

 おはようございます。

 6月須坂市議会定例会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日、ここに6月市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位には大変お忙しいところ御参集賜り、開会できますことに対しまして、厚く御礼を申し上げます。

 また、日ごろは市政発展と市民福祉の向上のために御尽力を賜っておりますことに対しまして、心から敬意と感謝を申し上げます。

 さて、この際、何点か御報告を申し上げさせていただきます。

 4月29日から30日の2日間、メセナホールにおいて堀直虎没後150年祭記念公演「Straight Tiger〜直虎〜」の公演が行われました。これは、市も参加する堀直虎没後150年祭実行委員会が、NPO法人劇空間夢幻工房に委託して開催されたものであります。

 この劇は、江宮隆之氏の「将軍慶喜を叱った男堀直虎」を原作にしており、2年前の平成27年8月にも小布施町ハイウェイオアシスの野外ステージで行われておりますが、今回の公演ではさまざまな場面を加えるとともに、出演者、スタッフ合わせて103名の方がかかわり、須坂市民も小中学生7名を含む28名に参加していただきました。来場者にはホクシンハウス様から御寄贈いただいた漫画「堀直虎物語」も配布され、これまで堀直虎を知らなかった方にとっても、粗筋などを頭に入れて見ることができ、大変好評でありました。

 29日には772名、30日には823名と、両日とも前売り券が完売となり、キャンセル待ちになるほどの人気で、メセナホールはほぼ満席となりました。私も両日にわたり観覧しましたが、「感動し、涙が出ました」「市民なのに直虎公を知りませんでした。もっと多くの人に知ってもらいたい」「感動しました。また公演してほしい」といったような感想をいただいております。

 この須坂藩第13代藩主堀直虎と、ことしのNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の井伊直虎は、同じ「直虎」つながりをきっかけに、5月3日に開催された静岡県浜松市の大イベント「浜松まつり」の会場であるJR浜松駅近くに須坂市のブースを出店させていただき、特産品や観光地須坂をPRさせていただきました。これは、神林章会頭を初め須坂商工会議所役員の皆様が、3月に浜松商工会議所を訪問して連携を依頼し、直虎交流事業の第1弾として実現した企画でございます。御尽力いただいた両商工会議所の皆様に改めて感謝を申し上げます。

 当日は、須坂商工会議所役員や市職員、出店者や須坂創成高校くますぎクラブの皆さんなど総勢20人が、今回しつらえた特製の「直虎Tシャツ」を着て参加し、両市が隣同士で設けた「直虎ブース」で「手を結ぶ直虎ゆかりの地」と記した横断幕を掲げ、和菓子やみそなどの販売、地酒の試飲、観光パンフレットや漫画「堀直虎物語」などを配布し、交流を深めました。

 浜松商工会議所大須賀正孝会頭と神林章会頭は、「直虎同士で一緒に盛り上げて、さまざまな場面で交流していきたい」と語り、今後も須坂商工会議所の視察研修等で浜松訪問を予定しているとのことであります。

 堀直虎ののぼりが市内に立ち並び、日増しに盛り上がりを見せております。7月には毎週日曜日の4回シリーズで、江宮先生の小説を参考としたオリジナルドラマがFM長野で武田徹さんにより放送予定のほか、堀直虎没後150年祭実行委員会記念事業を初めとするさまざまなイベントが企画されておりますので、大勢の皆様にお出かけいただきたいと思います。

 次に、経済状況について申し上げます。

 5月24日、内閣府発表の月例経済報告によりますと、景気は「一部に改善のおくれも見られるが、緩やかな回復基調が続いている」としております。「先行きについては雇用・所得環境の改善が続く中で、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、海外経済の不確実性や金融資本市場の変動の影響に留意する必要がある」としております。

 須坂市内の製造業104事業所を対象に4月に実施した平成29年1月期から3月期の企業動向調査結果では、業況が「よい」と答えた割合から「悪い」と答えた割合を差し引いた業況判断指数DIの平均は2.4ポイントで、前期調査結果と比較してマイナス21.3ポイントと悪化しました。なお、次期予想のDIの平均は、マイナス4.7ポイントとなり、今期調査結果よりも7.1ポイント下回る予想であります。

 経営上の主な問題点は、43.5%の企業が「人材不足(技術者等質的なもの)」と回答しております。次いで「原材料・仕入れ品単価の上昇」、「受注の減少」、「労働力不足(量的なもの)」でありますが、また「納期の短縮」と続いております。引き続き経済動向について注視をしてまいります。

 5月12日から25日の間に市内で5件の特殊詐欺被害が認知され、特に16日から25日の10日間に4件、総額約516万円の還付金詐欺被害が連日発生したことを受け、5月26日、私を本部長とする「須坂市特殊詐欺被害防止対策本部」を初めて設置いたしました。

 対策本部の初会合では、構成メンバーを緊急招集し、被害発生状況等について情報共有と今後の対策について協議したほか、店舗外に設置されているATM立地事業者へも協力依頼をすることなどを確認いたしました。即日、店舗外に設置されている独立型ATMへのポスター掲示を行い、5月末に全戸配布チラシを発送いたしました。また、防災行政無線による注意喚起を始め、須坂市公式ツイッター、フェイスブックなどのSNSを活用した広報も実施いたしました。今後も、対策本部会議を通じ、これ以上被害が拡大しないよう関係機関と連携し、対策強化を図ってまいりますが、市民の皆様も十分に御注意をされますようお願いいたします。

 今定例会に提案いたしました議案は、報告9件、承認3件、事件決議案6件、条例案13件、補正予算案2件、同意1件の計34件でございます。それぞれ議案の内容につきましては後ほど御説明を申し上げますが、十分御審議いただき、議決を賜りますようお願い申し上げまして、招集のあいさつといたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時11分 開議



○議長(関野芳秀) 

 これより本日の会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告及び表彰状の伝達



○議長(関野芳秀) 

 この際、日程に入る前に諸般の報告及び表彰状の伝達を行います。

 まず、須坂市長から、地方自治法第243条の3第2項の規定により、須坂市土地開発公社、一般財団法人須坂市文化振興事業団及び須坂温泉株式会社にかかわる平成29年度の事業計画書及び予算書、平成28年度の事業報告書及び決算書の報告がありました。

 また、同じく須坂市長から、地方自治法施行令第146条第2項の規定により、平成28年度須坂市一般会計繰越明許費繰越計算書、地方公営企業法施行令第18条の2第1項の規定により、平成28年度須坂市水道事業会計継続費繰越計算書及び地方公営企業法第26条第3項の規定により、平成28年度須坂市下水道事業会計予算繰越計算書の報告がありましたので、それぞれお手元に配付しておきましたから、御了承願います。

 次に、去る3月定例会において可決されました「オスプレイの低空飛行訓練の中止及び横田基地への配備と自衛隊への導入に反対する意見書」外2件の意見書につきましては、内閣総理大臣を初め、各関係方面へ提出しておきましたから、御了承願います。

 以上で諸般の報告を終わります。

 続いて、表彰状の伝達を行います。

 このたび北信越市議会議長会並びに全国市議会議長会から霜田 剛議員、北澤雄一議員、宮坂成一議員、中島義浩議員、石合 敬議員の5名が議員勤続10年の表彰をされましたので、本席からこれを伝達いたします。

 表彰の議員さんは、お一人ずつ議長席までお願いいたします。

          〔13番 霜田 剛議員 伝達を受ける〕(拍手)

          〔14番 北澤雄一議員 伝達を受ける〕(拍手)

          〔15番 宮坂成一議員 伝達を受ける〕(拍手)

          〔16番 中島義浩議員 伝達を受ける〕(拍手)

          〔17番 石合 敬議員 伝達を受ける〕(拍手)



○議長(関野芳秀) 

 この際、14番北澤雄一議員から発言を求められておりますので、これを許します。−−−−−北澤雄一議員。



◆14番(北澤雄一) 〔登壇〕

 ただいま表彰にあずかりました同期の5名を代表いたしまして、一言御礼を申し上げます。

 このたび、全国並びに北信越市議会議長会より勤続10年の表彰状をいただきましたことは、まことに光栄の至りでございます。これもひとえに各関係者初め多くの市民の皆様方の御支援、御協力があってのことと深く感謝しております。今後、これを契機に、残された任期を全うすべく、市民福祉の向上と議会の充実に一層努力してまいる所存であります。今後ともよろしくお願いいたします。

 本日はありがとうございました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(関野芳秀) 

 これより議事に入ります。

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、5番荒井 敏議員、15番宮坂成一議員を指名いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(関野芳秀) 

 日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から7月5日までの23日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、7月5日までの23日間と決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 承認第1号〜



△日程第5 承認第3号



○議長(関野芳秀) 

 日程第3 承認第1号から日程第5 承認第3号までの専決処分の承認を求めることについての承認案件3件を一括議題といたします。

 本3件について、提案理由の説明を求めます。−−−−−中澤副市長。



◎副市長(中澤正直) 〔登壇〕

 皆さん、おはようございます。

 承認第1号から承認第3号までにつきまして、私から提案理由の説明を申し上げます。

 最初に、承認第1号 須坂市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について御説明を申し上げます。

 本条例は、国民健康保険法施行令の一部を改正する政令が本年2月22日に公布をされ、4月1日から施行されたことに伴うものでありますが、2月28日に県から具体的事項についての指示がありましたことから、専決処分を行ったものであります。

 主な内容としましては、国民健康保険税の中・低所得者の負担軽減を図る軽減判定の拡大で、国民健康保険税の5割軽減及び2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において、被保険者1人につき加算する金額を引き上げるものであります。

 次に、承認第2号 須坂市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について御説明を申し上げます。

 本条例は、非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が3月29日に公布をされ、4月1日から施行されたことに伴い改正するもので、補償の対象となる消防団員に一定の要件を満たす扶養親族がある場合の、加算対象区分及び加算額について改正するものであります。

 以上、条例改正2件の専決日は3月31日、施行日は4月1日であります。

 次に、承認第3号の補正予算の専決処分について申し上げます。

 承認第3号 平成28年度須坂市一般会計補正予算第8号につきましては、補正予算総額1億1,730万8,000円を追加し、予算累計額を219億1,701万円としたものであります。歳入につきましては、地方交付税を追加をしました。歳出につきましては、総務費の財産管理事業で、公共施設等整備基金への積立金を追加いたしました。補正予算の専決日は3月31日であります。

 以上、承認第1号から承認第3号まで御説明申し上げましたが、よろしく御審議をいただき、承認を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(関野芳秀) 

 これより質疑に入ります。

 質疑の通告はありません。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております承認案件3件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 御異議なしと認めます。よって、本3件は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 これより承認第1号から承認第3号までの3件を一括採決いたします。

 本3件については、これを承認することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 御異議なしと認めます。よって、承認第1号、承認第2号及び承認第3号は承認することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第34号〜



△日程第11 議案第39号



○議長(関野芳秀) 

 日程第6 議案第34号 平成29年度辺地債事業峰の原高原クロスカントリーコース全天候型走路増設工事請負契約の締結についてから、日程第11 議案第39号 市道の変更についてまでの事件決議案6件を一括議題といたします。

 本6件について提案理由の説明を求めます。−−−−−中澤副市長。



◎副市長(中澤正直) 〔登壇〕

 議案第34号から第39号の事件決議6議案につきまして、一括して提案理由の説明を申し上げます。

 最初に、議案第34号 平成29年度辺地債事業峰の原高原クロスカントリーコース全天候型走路増設工事請負契約の締結について御説明を申し上げます。

 本案は、峰の原高原クロスカントリーコースが繁忙期である7、8月にコースの利用が飽和状態となり、利用者にけが等の危険があることから、また雨天時のコース環境の整備を図るため、全天候型走路を増設するもので、平成29年5月18日に一般競争入札を実施し、5月24日付で仮契約を締結いたしました。

 この入札の結果に基づきまして、地方自治法第96条第1項第5号の規定に基づく須坂市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、提案した次第であります。

 工事の概要としましては、ゴムチップ舗装による全天候型コース、全長2キロメートル、コース幅3メートルを新たに造成し、あわせて既設の芝生コースを改良するものであります。

 入札の結果につきましては1億8,833万9,040円で、須坂市墨坂南三丁目10番8号、マツナガ建設株式会社に落札いたしました。

 次に、議案第35号 除雪ドーザ(13t級)の取得について申し上げます。

 本案は、平成10年11月に購入をし、峰の原高原に配備しておりました除雪ドーザが、経年劣化により平成26年度に故障し、使用ができない状態となったため、代車での対応を検討してまいりました。この間、予算の確保に努めてまいりましたが、このたび平成29年度辺地債の活用をして、新たに除雪ドーザを取得するものであります。去る5月18日に一般競争入札を実施し、5月24日付で仮契約を締結いたしました。

 この入札の結果に基づきまして、地方自治法第96条第1項第8号の規定に基づく須坂市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、提案をした次第であります。

 入札の結果につきましては、1,656万1,800円で長野市篠ノ井御幣川1095番地、株式会社前田製作所長野営業所が落札いたしました。

 次に、議案第36号 土地の取得について申し上げます。

 本案は、学校給食センターを建て替えるに当たり、新たな用地を取得するためのもので、地方自治法第96条第1項第8号の規定に基づく須坂市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、提案した次第であります。

 場所は、須坂市大字栃倉413番1ほか13筆、総面積8,367.1平方メートルであります。地権者名及び取得価格につきましては、議案に記載したとおりであり、平成28年度の繰越予算で対応するものであります。

 次に、議案第37号 災害対応特殊消防ポンプ自動車(CD−I)の取得について申し上げます。

 本案は、平成29年度緊急消防援助隊設備整備費補助金を活用して、災害対応特殊消防ポンプ自動車を取得するもので、去る5月18日、指名競争入札を実施し、5月19日付で仮契約を締結いたしました。

 この入札の結果に基づきまして、地方自治法第96条第1項第8号の規定に基づく須坂市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、提案をした次第であります。

 整備概要といたしましては、平成8年に整備いたしました現行の車両について、600リットルの水槽、圧縮空気泡消火装置を装備した四輪駆動の車両本体と、3連はしごなどの資機材一式を更新するものであります。

 入札の結果につきましては、3,423万6,000円で長野市若里7丁目2番3号、株式会社小林ポンプ防災が落札いたしました。

 次に、議案第38号 市道の認定について申し上げます。

 本案は、民間による宅地造成事業に伴い新設をされ市に帰属された5路線と、長野県による須坂駅前広場整備に伴い市に管理移管された1路線について、道路法の規定に基づき認定をするものであります。

 新設による道路の延長は、双葉幼稚園南線は28.9メートル、幅員は5メートルから5.1メートル。須坂駅前広場線は50.8メートル、幅員は3メートル。旧井上保育園跡地線は152.7メートル、幅員は5メートルから6メートル。城道線支線は44.0メートル、幅員は4メートルから13メートル。ぬくもり園北1号線は66.1メートル、幅員は5メートルから13メートル。ぬくもり園北2号線は23.4メートル、幅員は4メートルから9メートルであります。

 次に、議案第39号 市道の変更について申し上げます。

 本案は、民間による宅地造成により既設道路延長の変更となる道路1路線と、都市計画道路事業により接続する市道の延長が変更となる2路線について、道路法の規定に基づき変更するものであります。

 変更する道路の合計延長は、中堰線支線1号線は変更前の36.7メートルが112.5メートルになります。幅員につきましては5メートルから10.2メートルで変更ありません。八幡団地八幡裏線支線は変更前の26.2メートルが15.1メートルになります。幅員につきましては変更前の1.5メートルから2.5メートルが、0.8メートルから1メートルになります。塩川八幡線は変更前の537.7メートルが515.0メートルになります。幅員につきましては4.5メートルから9.7メートルで変更はありません。これらの道路関係議案につきましては、現場付近の見取り図を添付してございます。

 以上、事件決議6議案につきまして概要の説明を申し上げましたが、よろしく御審議をいただき、適切なる議決を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(関野芳秀) 

 これより議案質疑に入ります。

 質疑の通告はありません。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第34号から議案第39号までの6件は、配付申し上げてあります議案付託表のとおり、総務文教委員会及び経済建設委員会に付託いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 議案第40号〜



△日程第24 議案第52号



○議長(関野芳秀) 

 日程第12 議案第40号 須坂市職員定数条例の一部を改正する条例についてから、日程第24 議案第52号 須坂市水道事業給水条例の一部を改正する条例についてまでの条例案13件を一括議題といたします。

 本13件について、提案理由の説明を求めます。−−−−−中澤副市長。



◎副市長(中澤正直) 〔登壇〕

 議案第40号から議案第52号までの条例関係13議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 最初に、議案第40号 須坂市職員定数条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 本条例案は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い、現教育長の任期終了の時点で経過措置が終了となり、これまでの委員長制度が廃止され、新しい教育長制度に移行となりますことから、関係規定の整備を図るため、また組織の見直しにより、これまで総務部税務課の分掌事務でありました固定資産評価審査委員会に係る事務を、中立性・公平性をさらに確保するため、選挙管理委員会、監査委員、公平委員会と同様に独立した行政委員会として、固定資産評価審査委員会事務局を新たに設置することとしたことから、改正するものであります。

 改正の内容としましては、旧教育制度では一般職と位置づけられていた教育長が特別職に位置づけられたことから、本条例の規定から教育長について削除するもの、固定資産評価審査委員会事務部局の職員定数を定めるものであります。

 施行日につきましては公布の日から、また一部につきましては本年8月1日からとするものであります。なお施行の際、現に在職する教育長が在職する間は、改正前の規定が適用となることを経過措置に規定をしております。

 次に、議案第41号 須坂市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本条例案は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正に伴い、特別職に位置づけられた教育長を審議会の審議の対象に加えるために改正するもので、施行期日につきましては公布の日からとし、適用について経過措置を設けているものであります。

 次に、議案第42号 須坂市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本条例案は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正に伴い、関係規定の整備を図るもの及び市長及び副市長の給料月額を減額するために改正するもので、施行日につきましては公布の日から、また一部につきましては本年8月1日からとし、適用について経過措置を設けているものであります。

 次に、議案第43号 須坂市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について及び議案第44号 須坂市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 これらの2件の条例案は、組織の見直しにより、固定資産評価審査委員会事務局を新たに設置することとしたことに伴い改正するもので、議案第43号は、等級別基準職務表における委員会等の事務局の定義に固定資産評価審査委員会事務局を加えるもの、議案第44号は、退職手当の適用範囲に固定資産評価審査委員会事務局の職員を加えるもので、施行日は本年8月1日からとするものであります。

 次に、議案第45号 須坂市市税条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本条例案は、地方税法等の改正に伴い改正するもので、主な内容としましては、1、所得割の課税標準について、特定配当所得等の申告事項を勘案して市長が定めるための規定を加えるもの、2、事業所得に係る課税の特例期間及び長期譲渡所得に係る課税の特例期間を延長するもの、3、軽自動車税のグリーン化特例期間を延長するもの、4、燃費不正等による税率の変更が生じた場合の軽自動車税の賦課徴収特例について規定を加えるもの、5、震災等により滅失等となった償却資産にかわる償却資産等に対する固定資産税の課税標準の特例について定めるもの、6、特定事業所内保育施設等に係る固定資産税の課税標準の特例措置について、「わがまち特例」として割合を定めるもの、7、耐震改修及び特定熱損失防止改修が行われた認定長期優良住宅等に対する固定資産税の減額に係る申告書について規定を加えるもの、8、居住用の超高層建築物に係る固定資産税について、各区分所有者ごとの税額算出に係る補正について改めるもの、9、被災市街地復興推進地域に定められた場合の固定資産税額の案分方法等について改めるものであります。施行日につきましては公布の日から、また一部につきましては附則各号で定める日からとするものであります。

 次に、議案第46号 須坂市都市計画税条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本条例案は、地方税法等の改正に伴い、都市計画税の課税標準の特例について、「わがまち特例」に係る条例で定める割合の規定を加えるもので、施行日につきましては公布の日から、また一部につきましては都市緑地法等の一部改正する法律の施行の日から施行するものであります。

 次に、議案第47号 須坂市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本条例案は、組織の見直しに伴い、新たに固定資産評価審査委員会事務局を設置するために必要な整備を行うもので、施行日につきましては本年8月1日からとするものであります。

 次に、議案第48号 須坂市教育長の勤務時間及び勤務の条件に関する条例の全部を改正する条例について申し上げます。

 本条例案は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正に伴い、特別職に位置づけられる教育長について、新たに職務に専念する義務の免除に関する事項を定め、あわせて条例の趣旨を明文化するなどの整備を行うために全部改正をするもので、施行日につきましては公布の日からとし、適用については経過措置を設けるものであります。

 次に、議案第49号 須坂市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について及び議案第50号 須坂市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 これら2件の条例案は、介護保険法等の改正に伴い改正するもので、主な改正内容は、議案第49号は同一敷地内の小規模多機能型居宅介護事業所等の看護師等が兼務可能な事業所として、また地域密着型介護老人福祉施設に併設された場合に生活相談員等を配置不要な事業所として、新たに指定地域密着型通所介護事業所を加えるもの、議案第50号は、介護予防小規模多機能型居宅介護事業所の従業員が兼務可能な事業所として、指定地域密着型通所介護事業所を加えるもので、施行日につきましてはいずれも公布の日からとするものであります。

 次に議案第51号 須坂市新規就農者用共同作業場条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本条例案は、新規就農者の増加に伴い、農作業場等として新たに井上地区に新規就農者用共同作業場を設置するために改正するもので、施行日につきましては本年8月1日からとするものであります。

 次に、議案第52号 須坂市水道事業給水条例の一部を改正する条例について申し上げます。

 本条例案は、水道事業に関する証明手数料について定めるために改正するもので、施行日は公布の日からとするものであります。

 以上、条例関係13議案につきまして概要の説明を申し上げましたが、参考資料として新旧対照表を議案に添付してございます。よろしく御審議をいただき、適切なる議決を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由といたします。



○議長(関野芳秀) 

 これより議案質疑に入ります。

 質疑の通告はありません。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第40号から議案第52号までの13件は、議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第25 議案第53号及び



△日程第26 議案第54号



○議長(関野芳秀) 

 日程第25 議案第53号 平成29年度須坂市一般会計補正予算第1号及び日程第26 議案第54号 平成29年度須坂市後期高齢者医療特別会計補正予算第1号の補正予算案2件を一括議題といたします。

 本2件について、提案理由の説明を求めます。−−−−−三木市長。



◎市長(三木正夫) 〔登壇〕

 提案いたしました平成29年度須坂市一般会計補正予算及び特別会計補正予算について、その概要を御説明申し上げます。

 最初に、議案第53号 平成29年度須坂市一般会計補正予算第1号から申し上げます。

 補正いたします総額は2億4,500万1,000円を追加するもので、予算累計額は209億9,500万1,000円となります。

 歳出の主なものについて申し上げます。

 総務費では、市民支援事業で、長野県市町村振興協会の助成金を活用し、備品整備を行う区への補助金として500万円を計上しました。

 衛生費では、健康増進事業で、地方創生推進交付金を活用し、果物・野菜の摂取量増加と地産地消を進めるため協議会を設立し、須坂JAPAN創生プロジェクトで開発されたオリジナル健康スムージーの販売店の確保や、販売促進に向けたマーケティングなどを行うため、負担金840万円を計上しました。

 農林水産業費では、農業振興対策事業で、活動組織の増加により、農地の維持や資源向上のための共同活動へ交付する多面的機能支払交付金1,371万2,000円を計上しました。

 産地ブランド推進事業で、県の地域発元気づくり支援金を活用し、健康と果物をキーワードとしてイベントを実施するための経費224万9,000円を計上しました。

 産地ブランド環境整備事業で、国の産地パワーアップ事業補助金を活用し、ブドウ用冷蔵庫の導入を支援するため、補助金3,033万1,000円を計上しました。

 商工費、観光施設経営基盤安定事業について御説明申し上げます。

 須坂温泉の維持存続を目的として、須坂温泉株式会社が民間事業者に事業の全部を賃貸し、経営の安定を図る必要があります。一般的に、賃貸においては、須坂温泉株式会社が貸し主として修繕費用を負担する必要がありますが、経営状況から、修繕に対し貸し主として負担できる費用がないことから、株式の過半数を有する株主として須坂市が一定額以上の施設修繕費用に対し支援するため、補助金500万円を計上しました。なお、須坂市の支援がなければ賃貸事業が行えないこと、須坂温泉の維持存続ができない状況に陥ることが懸念されます。

 土木費では、道路管理事業で、街路樹の整枝剪定や支障木伐採の委託料100万円を計上しました。調査・計画策定事業で、土地利用規制を解除し、インター周辺開発の促進を図るため、都市計画マスタープランの見直しと、地域未来投資促進法に基づく土地利用調整計画作定業務の委託料1,500万円を計上しました。

 街路整備事業で、社会資本整備総合交付金の内示により、都市計画道路八町線の工事請負費や立木等補償料など1億4,931万9,000円を計上しました。

 消防費では、常備消防費の一般管理事務費で、長野県市町村振興協会の助成金を活用し、自主防災活動用の消火栓放水器具整備のため、消耗品費160万円を計上しました。

 教育費では、就学援助事業で、新入学児童生徒学用品費の単価改正により、就学援助費120万円を計上しました。

 社会教育総務費の一般管理事務費で、県の補助金を活用して、市に譲与された旧長野県青年の家のうち、今後活用見込みのない職員用住宅解体のため、工事請負費750万円を計上しました。

 以上、申し上げました歳出に対する主な財源につきましては、国庫支出金8,632万5,000円、県支出金5,266万3,000円、繰入金5,287万3,000円、市債6,050万円等を計上し、諸収入775万円を減額いたしました。

 債務負担行為補正につきましては、第2表のとおり、1事業を追加しました。

 地方債補正につきましては、第3表のとおり、1事業で限度額6,050万円を追加いたします。

 次に、議案第54号 平成29年度須坂市後期高齢者医療特別会計補正予算第1号につきまして概要を申し上げます。

 歳入につきましては、長野県後期高齢者医療広域連合から交付される保険料還付金等を計上し、歳出につきましては、国の保険料軽減判定システムの設計誤りによる賦課修正により発生した保険料等を還付するための経費を計上しました。

 補正予算額は21万円を追加し、予算累計額は5億8,062万4,000円となります。

 以上、補正いたします予算の概要を申し上げましたが、よろしく御審議をいただき、適切なる議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(関野芳秀) 

 これより議案質疑に入ります。

 質疑の通告はありません。

 質疑はありませんか。

          〔3番 宮本泰也議員「議長」と呼ぶ〕



○議長(関野芳秀) 

 宮本泰也議員。



◆3番(宮本泰也) 

 議案第53号 平成29年度須坂市一般会計補正予算第1号の10ページ、11ページの須坂温泉貸付金元利収入1,616万5,000円の減額補正と、18、19ページの須坂温泉施設整備に箇所づけのない500万円の補正予算を計上されましたが、応募する業者、民間業者も決まらない段階でこの予算を計上した理由についてお聞かせください。



○議長(関野芳秀) 

 加藤産業振興部長。



◎産業振興部長(加藤光弘) 

 まず、歳入の関係の減額補正でございますが、まず須坂温泉の取締役会の中で株主総会の議を経て、須坂温泉の事業は賃貸をしていくんだということを決めていただきました。その際、賃貸事業者の募集に際してどのように応募条件を定めるかということは、いろいろ取締役会の中でも検討してまいりましたけれども、須坂市内または近隣で温泉施設等を経営、それから運営されているような事業者の方に賃貸事業者の募集に際しての公募の条件等、こちらでいろいろと意見をお聞きしました。その中で、やはり公募の条件は貸付金の猶予も入れて、公募の際に手を挙げていただけるような、そういう条件にしていったらどうだというような、そういう御意見もいただきましたことから、今回減額をさせていただくという、そういうことになった次第でございます。

 それから、歳出予算ですけれども、500万円の根拠、箇所づけではないということでございますが、これまでの修繕の実績ですとか、それから、今後、修繕が緊急修繕等、ボイラーですとかいろんな装置産業ですので、緊急修繕等に対応できるような形で、概算ではございますけれども、500万円の予算を計上して対応していく。これは、緊急性があるものについてはすぐに、即対応するというような形で予算計上させていただいたというものでございます。

 以上でございます。



○議長(関野芳秀) 

 宮本泰也議員。



◆3番(宮本泰也) 

 次に、平成30年以降、来年以降、この施設整備に対する補助金は毎年出していくのか。それから、その額についてはどのように考えておりますか。



○議長(関野芳秀) 

 加藤産業振興部長。



◎産業振興部長(加藤光弘) 

 まず、30年度の予算につきましては、今年度、平成29年度の修繕等の実績、だから須坂市が補助金を出した実績等をまず勘案する。それから、先ほども申し上げましたが、装置産業ですので、今後の修繕等の見込み、緊急修繕しなければいけないような、そういう状況を勘案しながら、1年分の修繕等に対応できるような補助金として計上してまいりたいと考えております。次年度以降も同様に考えていきたいと思っております。



○議長(関野芳秀) 

 3番、宮本泰也議員に申し上げます。

 会議規則第56条の規定により、質疑の回数は3回を超えることができませんので、最後の質疑にしてください。



◆3番(宮本泰也) 

 最後に、市長は先ほどの提案説明で、この500万が可決されなければ賃貸できないという旨の今提案説明があったと思うんですが、その理由は何か、お聞かせください。



○議長(関野芳秀) 

 三木市長。



◎市長(三木正夫) 

 賃貸できないというよりも、そういう形でやらないと、なかなか受けてもらえないという意味で申し上げました。その賃貸については、今、加藤部長が申し上げましたとおり、さまざまな条件につきまして関係の旅館等を経営する人にお聞きしましたら、今の旅館・ホテル等のサービス産業の実情を見ますと、須坂市が須坂温泉として、過半数の株主としての責任からして、いろんな方とお話しする中で、なかなか今の条件でやらない限りは難しいということでお話ししたものであります。



○議長(関野芳秀) 

 ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第53号及び議案第54号の2件は、予算決算特別委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 御異議なしと認めます。よって、議案付託表のとおり、予算決算特別委員会に付託することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               議案付託表

                         平成29年6月須坂市議会定例会



付託委員会
議案


総務文教委員会
議案第36号 土地の取得について
議案第37号 災害対応特殊消防ポンプ自動車(CD−I)の取得について
議案第40号 須坂市職員定数条例の一部を改正する条例について
議案第41号 須坂市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例について
議案第42号 須坂市特別職の職員等の給与に関する条例の一部を改正する条例について
議案第43号 須坂市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
議案第44号 須坂市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例について
議案第45号 須坂市市税条例の一部を改正する条例について
議案第46号 須坂市都市計画税条例の一部を改正する条例について
議案第47号 須坂市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例について
議案第48号 須坂市教育長の勤務時間及び勤務の条件に関する条例の全部を改正する条例について


福祉環境委員会
議案第49号 須坂市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について
議案第50号 須坂市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について


経済建設委員会
議案第34号 平成29年度辺地債事業峰の原高原クロスカントリーコース全天候型走路増設工事請負契約の締結について
議案第35号 除雪ドーザ(13t級)の取得について
議案第38号 市道の認定について
議案第39号 市道の変更について
議案第51号 須坂市新規就農者用共同作業場条例の一部を改正する条例について
議案第52号 須坂市水道事業給水条例の一部を改正する条例について


予算決算特別委員会
議案第53号 平成29年度須坂市一般会計補正予算第1号
議案第54号 平成29年度須坂市後期高齢者医療特別会計補正予算第1号



        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第27 同意第4号



○議長(関野芳秀) 

 日程第27 同意第4号 教育委員会委員の任命についてを議題といたします。

 本件について、提案理由の説明を求めます。−−−−−三木市長。



◎市長(三木正夫) 〔登壇〕

 提案いたしました同意第4号 教育委員会委員の任命について御説明を申し上げます。

 本案は、須坂市教育委員会委員の内藤 靖氏が、来る6月20日をもちまして任期満了となりますので、その後任につきまして慎重に検討いたしました結果、土屋保男氏を任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定により提案する次第であります。

 土屋氏の略歴につきましては、お手元の資料のとおりでありまして、これまで小学校PTA会長及び顧問を歴任されるなど、地域住民に信頼され、また子どもたちの気持ちや多様な保護者の思いなど、教育現場の実情をよく知る方で、精廉かつ高潔にして、教育に関してすぐれた識見、そして豊かな経験を持たれた立派な方であり、教育委員会委員として最適任者であると確信している次第であります。

 何とぞ、満場の御賛同を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(関野芳秀) 

 これより議案質疑に入ります。

 質疑の通告はありません。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本件については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 御異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はありません。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 これより同意第4号を採決いたします。

 本件は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(関野芳秀) 

 御異議なしと認めます。

 よって、同意第4号は原案のとおり同意することに決しました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第28 請願



○議長(関野芳秀) 

 日程第28 請願を議題といたします。

 今期定例会において受理した請願は1件でありまして、配付申し上げてあります請願文書表のとおり、総務文教委員会に付託いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               請願文書表



請願第6号
義務教育費国庫負担制度の堅持を求める請願


受理年月日
平成29年6月8日
付託委員会
総務文教委員会


請願者
連合長野高水地域協議会須高地区連合会
     会長 荻原公和 ほか1名


紹介議員
 塩崎貞夫  岩田修二


要旨
         別紙のとおり



        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(関野芳秀) 

 以上で本日の日程は終了いたしました。

 明後日15日は各常任委員会及び各分科会の現地調査をお願いいたします。

 6月20日は、午前10時から本会議を開き、一般質問を行います。

 本日はこれにて散会いたします。

 大変御苦労さまでした。

               午前11時06分 散会

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

               平成29年6月13日

                       須坂市議会議長   関野芳秀

                       署名議員      荒井 敏

                       署名議員      宮坂成一