議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 須坂市

平成21年  2月 臨時会(第2回) 02月16日−01号




平成21年  2月 臨時会(第2回) − 02月16日−01号







平成21年  2月 臨時会(第2回)



須坂市告示第13号

 平成21年第2回須坂市議会臨時会を次のとおり招集する。

  平成21年2月9日

                            須坂市長  三木正夫

                    記

1  期日    平成21年2月16日(月)午前10時

2  場所    須坂市議会議事堂

3  付議事件

  (1) 平成20年度須坂市一般会計補正予算第7号

  (2) 常任委員会委員の選任について

  (3) 議会運営委員会委員の選任について

          平成21年第2回須坂市議会臨時会会議録(第1号)

               平成21年2月16日(月曜日)

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          議事日程(第1号)

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定

第3 議案第8号 平成20年度須坂市一般会計補正予算第7号

第4 常任委員会委員の選任について

第5 議会運営委員会委員の選任について

日程追加 議案第8号 平成20年度須坂市一般会計補正予算第7号

日程追加 議長の辞職許可について

日程追加 議長の選挙について

日程追加 副議長の辞職許可について

日程追加 副議長の選挙について

日程追加 市議会広報特別委員会委員の選任について

日程追加 議長の常任委員辞任の許可について

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          本日の会議に付した事件

(1) 会議録署名議員の指名

(1) 会期の決定

(1) 議案第8号

(1) 常任委員会委員の選任について

(1) 議会運営委員会委員の選任について

追加日程

(1) 議案第8号

(1) 議長の辞職許可について

(1) 議長の選挙について

(1) 副議長の辞職許可について

(1) 副議長の選挙について

(1) 市議会広報特別委員会委員の選任について

(1) 議長の常任委員辞任の許可について

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          出席議員(20名)

   1番   宮坂成一           2番   石合 敬

   3番   北澤雄一           4番   霜田 剛

   5番   田中章司           6番   小笠原克夫

   7番   堀内孝人           8番   中島義浩

   9番   関野芳秀          10番   岩田修二

  11番   豊田清寧          12番   浅野隆一

  13番   佐藤壽三郎         14番   土谷フミエ

  15番   島田和子          16番   永井光明

  17番   永井康彦          18番   善財文夫

  19番   宮本勇雄          20番   古谷秀夫

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          欠席議員

  なし

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          説明のため出席した者

市長        三木正夫        副市長       井上忠惠

総務部長      中沢秀樹        市民生活部長    渡辺 章

産業振興部長    丸田孝雄        まちづくり推進部長 土屋幸光

教育委員長     西澤一好        教育長       渡邊宣裕

教育次長      田中敏治

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          事務局出席職員

事務局長      佐藤昭雄        事務局次長     根津良一

書記        三木延雄        書記        高瀬英和

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時31分 開会



○議長(永井康彦) 

 定足数に達しておりますので、ただいまから平成21年第2回須坂市議会臨時会を開会いたします。

 市長から議会招集のあいさつがあります。−−−−−三木市長。



◎市長(三木正夫) 〔登壇〕

 おはようございます。

 第2回市議会臨時会の開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日、市議会臨時会を招集申し上げましたところ、議員各位には何かと御多忙の中を御参集賜り、ここに開会できますことに厚く御礼を申し上げます。

 また、日ごろ市政の発展と市民福祉の向上のために絶大なる御尽力を賜っておりますことに対しましても、心から敬意と感謝を申し上げます。

 さて、世界的な金融不安と景気後退の広がりを背景とする経済状況等の悪化は、私たちに身近な企業の決算や雇用状況等にも、より具体的な形となってあらわれてまいりました。

 須坂市におきましては、昨年11月と本年1月の2度の臨時会を通じ、市議会の皆様の御協力をいただき、中小企業への市制度資金の利子補給や小学校校舎耐震補強工事の前倒し、新型インフルエンザ対策、雇用の確保、各種相談窓口の充実など、2次にわたる緊急総合経済対策を迅速、柔軟かつ的確に講じてまいりました。さらに、本臨時会におきましては、国の平成20年度第2次補正予算に伴う須坂市緊急総合経済対策に係る補正予算案を提案させていただくとともに、今後、21年度予算編成に当たりましても、国・県の経済対策と連携し、適切な対応を図ってまいる所存であります。

 世界規模の経済不況の中で、私たちにできることには限りがありますが、市民生活や農業、工業、商業、観光などの産業活動、さらに雇用などの安心・安定が図られるよう、須坂商工会議所、JA須高など各種団体との連携、国・県等事業の活用を図るとともに、中長期的産業振興も視野に入れた第2期産業活性化戦略会議を立ち上げるなど、難局に対し前向きに対応してまいります。

 さて、議員各位に御心配いただいております長野広域連合の一般廃棄物管理型最終処分場、仮称エコパーク建設につきましては、地域や団体の皆様の集まりに私や職員がお邪魔して説明をさせていただいたり、また、先進施設の視察等に御足労をいただいております。その結果、家庭から排出されるごみ処理のための安心・安全な施設であることに御理解をいただいております。今後、より多くの市民の皆様の声をお聞きしながら、建設予定地の地域づくりも含めて、施設建設への可能性を探ってまいりたいと考えておりますので、引き続き議員各位を初め、市民の皆様方の格段の御支援と御協力を賜りますようお願いいたします。

 本日提案いたしました補正予算案の内容につきましては、後ほど御説明申し上げますが、十分御審議をいただき、適切なる議決を賜りますようお願い申し上げまして、招集のごあいさつといたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時35分 開議



○議長(永井康彦) 

 これより本日の会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(永井康彦) 

 この際、日程に入る前に諸般の報告を行います。

 須坂市長から、地方自治法第180条第1項の規定により、議会の議決により指定された市の義務に属する損害賠償の額を定めることについて専決処分したので、同条第2項の規定により専決処分の報告がありましたので、その写しをお手元に配付しておきましたから、御了承願います。

 次に、去る2月9日、委員会条例第8条第1項の規定により、須坂市議会運営委員会委員に宮坂成一議員、市議会広報特別委員会委員に田中章司議員をそれぞれ選任いたしましたので、報告をいたします。

 以上で、諸般の報告を終わります。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(永井康彦) 

 これより議事に入ります。

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、2番石合 敬議員、16番永井光明議員を指名いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(永井康彦) 

 日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は、招集日の本日と明17日の2日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(永井康彦) 

 御異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、招集日の本日と明17日の2日間と決定いたしました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第8号



○議長(永井康彦) 

 日程第3 議案第8号 平成20年度須坂市一般会計補正予算第7号を議題といたします。

 本件について、提案理由の説明を求めます。−−−−−三木市長。



◎市長(三木正夫) 〔登壇〕

 提案いたしました議案第8号 平成20年度須坂市一般会計補正予算第7号について、その概要を御説明申し上げます。

 今回の補正予算は、1月の臨時会に続きまして、3回目の緊急総合経済対策となります。

 市の財政が厳しい状況下にあって、健全財政と景気対策の両立を図るため、国の事業を最大限に活用し、効果的な財政支出を図ったものであります。

 補正いたします総額は14億758万6,000円で、予算累計額は197億2,274万8,000円となります。

 歳出につきましては、国の平成20年度補正予算第2号を受け、定額給付金及び子育て応援特別手当について、その事務経費を含めて計上したほか、地域活性化生活対策臨時交付金等を活用し、地域活性化等に資するインフラ整備等の事業を進めるため、実施計画で平成21年度などに予定していた事業の前倒しを中心に計上いたしました。

 総務費では、防災危機管理事業で、災害時の避難所にバルーン投光機と発電機を配備するための経費150万円を計上しました。防犯対策事業では、通学路等の安全対策として、須坂駅旭ヶ丘線の歩道の整備にあわせ線路沿いに防犯灯を設置するとともに、御要望があった4校の通学路に防犯灯を設置する経費700万円を計上しました。

 また、定額給付金事業と子育て応援特別手当支給事業で、定額給付金等に関する関連法律が成立後、速やかに市民の皆様に給付するための事務経費と給付金を合わせて8億9,318万円を計上しました。

 農林水産業費では、畜産総合対策事業で、そのさと有機センターの設備を改修するための経費560万円を計上したほか、鳥獣被害防止対策事業では、被害の多い地域に電気柵を設置するための原材料費として550万円を計上しました。また、農道舗装事業での福島・村山・相之島地区の堤外地農道の舗装工事や林道開設事業での月生線ののり面整備として、合わせて1,230万円を計上しました。

 土木費では、道路管理事業で、道路の適正な管理による安全確保のため、維持修繕費と2トンダンプトラックの購入費用として3,367万8,000円を計上しました。道路改良事業では、市道2路線で側溝改良を行うほか、1路線で道路改良工事を行うための経費、合わせて2,320万円を計上しました。また、これまでに集中豪雨により御迷惑をおかけしておりました長年の懸案を解決するため、側溝改良や雨水貯留浸透施設を設置する経費4,000万円を計上しました。街路整備事業では、臥竜線での取りつけ道路を新設する経費2,000万円のほか、河川管理事業では、老朽化した灰野川の大日向水門を改良するための経費1,050万円を計上しました。

 教育費では、小学校施設整備事業で、国の補正予算を活用して、前倒しして実施する3小学校のプールろ過装置等の改修経費3,350万円を計上したほか、1月の臨時会でお認めいただきました小山小学校の耐震補強工事について、一部財源の組み替えを行いました。また、中学校施設整備事業では、国の補正予算を活用して前倒しして実施する常盤中学校武道場建設に係る経費2億4,070万円を計上しました。図書館管理運営事業では、老朽化した空調設備を都市ガス用の冷暖房設備に改修するための経費2,874万4,000円を計上しました。また、文化施設管理事業で、須坂市文化会館の照明設備や版画美術館の空調設備を改修するための経費2,280万円を計上したほか、体育施設管理事業で、災害時の避難所となっております北部体育館の屋根及び外壁を改修するための経費2,720万円を計上しました。

 これら歳出に対する財源につきましては、地方交付税835万6,000円、国庫支出金12億1,137万8,000円、繰入金3,875万2,000円、市債1億4,910万円を計上いたしました。

 繰越明許費につきましては、第2表のとおり、今回補正いたしますすべての事業の全額と、1月にお認めいただきました小山小学校耐震補強工事で、合わせて17事業16億1,080万円を繰り越します。

 地方債補正につきましては、第3表のとおり、学校教育施設等整備事業の変更により、限度額を総額で1億4,910万円増額しました。

 冒頭申し上げましたとおり、今回の補正は国の事業を最大限に活用したものでございます。一つ例を挙げますと、常盤中学校の武道場は、21年度当初予算で行った場合と一般財源で比較しますと、補正予算債の充当により4,641万6,000円の削減をすることができました。このほか、生活に密着したそれぞれの事業も臨時交付金の活用で、一般財源を大きく圧縮できたものでございます。

 以上、補正いたします予算の概要を申し上げましたが、よろしく御審議をいただき、適切なる議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(永井康彦) 

 これより議案質疑に入ります。質疑の通告はありません。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(永井康彦) 

 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第8号は、議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               議案付託表

                        平成21年第2回須坂市議会臨時会



付託委員会
議案


総務文教委員会
議案第8号 平成20年度須坂市一般会計補正予算第7号のうち
       第1条(歳入歳出予算の補正)
        歳入 所管事項
        歳出 款2総務費(項1総務管理費のうち目11交通防犯費を除く)
           款10教育費
       第2条(繰越明許費)のうち所管事項
       第3条(地方債の補正)


福祉環境委員会
議案第8号 平成20年度須坂市一般会計補正予算第7号のうち
       第1条(歳入歳出予算の補正)
        歳入 所管事項
        歳出 款2総務費(項1総務管理費のうち目11交通防犯費)
       第2条(繰越明許費)のうち所管事項


経済建設委員会
議案第8号 平成20年度須坂市一般会計補正予算第7号のうち
       第1条(歳入歳出予算の補正)
        歳入 所管事項
        歳出 款6農林水産業費
           款8土木費
       第2条(繰越明許費)のうち所管事項



        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永井康彦) 

 この際、議案審査のため、暫時休憩をいたします。

               午前10時45分 休憩

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後3時52分 再開



○議長(永井康彦) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 議案第8号



○議長(永井康彦) 

 お諮りいたします。

 議案第8号 平成20年度須坂市一般会計補正予算第7号を日程に追加し、議題にいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(永井康彦) 

 御異議なしと認めます。よって、議案第8号を日程に追加し、議題といたします。

 本件について、各委員長の報告を求めます。

 最初に、総務文教委員長の報告を求めます。−−−−−土谷総務文教委員長。



◆総務文教委員長(土谷フミエ) 〔登壇〕

 ただいま議題となりました補正予算案件のうち、総務文教委員会に付託されました案件について、審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 付託されました議案第8号 平成20年度須坂市一般会計補正予算第7号のうち、所管事項については、先ほど委員会を開き、関係理事者の出席を求め、事項別明細書に基づき詳細なる内容の説明を受け、審査を行いました。

 審査に当たり、委員各位から出されました質疑及び理事者の答弁の主なるものを申し上げます。

 ・ 8億3,000万円の定額給付金支給事業にかかわる事務量はどのくらいとなり、支給期間はどのくらいと考えているのか伺いたい。

との質疑に対し、申請書送付後6カ月間が支給対象期間となり、申請書の送付は今年度中を考えています。事務量としては、申請書類の全戸配布にかかわる事務、市への送付文書の受領事務、金融機関を通じての交付事務等々、多くの事務がありますとの答弁がありました。

 ・ 定額給付金が市内で使用されるための方策を考えているのか伺いたい。

との質疑に対し、須坂商工会議所などと協議をし、地元で使用していただける仕組みを考えていただき、対応がはっきりすれば、申請書送付の際にその旨のお知らせなどをしていきたいと考えていますとの答弁がありました。

 ・ 小山小学校などのプールろ過装置等の改修は、今までの改修と同様のものか。また耐用年数はどのくらいと考えているのかを伺いたい。

との質疑に対し、改修が必要な6校分のうち3校の対応で、今までと同様のものであり、15年ぐらいの年数を考えていますとの答弁がありました。

 ・ 図書館の冷暖房設備を電気や重油から都市ガスに変更する理由を伺いたい。

との質疑に対し、重油での対応では床暖房の配管が必要で、これを改修等するには二、三カ月の休館をせざるを得ないこともあり、またすべてを電気での対応にすると、都市ガスの使用よりも将来的なランニングコストが高くつくことによるものですとの答弁がありました。

 ・ 子育て応援特別手当支給事業の対象者数はどのくらいになるのか伺いたい。

との質疑に対し、対象児童数を950名として予算計上しましたとの答弁がありました。

 その他の質疑の主なるものは、

 ・ 定額給付金支給事業で、臨時職員を4名採用予定とのことだが、正規職員の仕事との整合を伺いたい。

 ・ 防災危機管理事業で、バルーン投光機と発電機を各3台配備するというが、活用方法を伺いたい。

 ・ 地域活性化生活対策臨時交付金の該当事業等について伺いたい。

などでありまして、それぞれ答弁を得た後、質疑、意見、討議並びに討論を終結し、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、総務文教委員会における審査報告を終わります。



○議長(永井康彦) 

 次に、福祉環境委員長の報告を求めます。−−−−−岩田福祉環境委員長。



◆福祉環境委員長(岩田修二) 〔登壇〕

 ただいま議題となっております補正予算案件のうち、福祉環境委員会に付託されました案件につきまして、審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 付託されました議案第8号 平成20年度須坂市一般会計補正予算第7号のうち、所管事項については、先ほど委員会を開き、関係理事者の出席を求め、事項別明細書に基づき内容の説明を受け、審査を行いました。

 審査に当たり、委員各位から出されました質疑、意見及び理事者の答弁の主なるものを申し上げます。

 ・ 防犯灯を設置する5通学路のうち、相森中学校はLEDということだが、各通学路の設置費用について伺いたい。

との質疑があり、相森中学校通学路は長野電鉄の線路沿いですが、長野電鉄の柱を使うことが難しいため、25メートル間隔でポールを立て、1本置きに防犯灯を設置します。線路敷であり頻繁に交換することができないため、寿命が10年あるLEDとしました。設置費用は約540万円です。その他の通学路は一般の蛍光灯とし、中部電力の柱がある箇所はそれを使用し、ないところは新たにポールを立てます。墨坂中学校の設置費用は約100万円。他の3通学路、合わせて約60万円ですとの答弁がありました。

 その他の質疑、意見にそれぞれ答弁を得た後、質疑、意見、討議並びに討論を終結し、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、福祉環境委員会における審査報告を終わります。



○議長(永井康彦) 

 次に、経済建設委員長の報告を求めます。−−−−−関野経済建設委員長。



◆経済建設委員長(関野芳秀) 〔登壇〕

 ただいま議題となっております補正予算案件のうち、経済建設委員会に付託されました案件につきまして、審査の経過と結果を御報告申し上げます。

 付託されました議案第8号 平成20年度須坂市一般会計補正予算第7号のうち、所管事項につきましては、先ほど委員会を開き、関係理事者の出席を求め、事項別明細書に基づき内容の説明を受け、審査を行いました。

 審査に当たり、委員各位から出されました質疑、意見及び理事者の答弁の主なるものを申し上げます。

 ・ 今回計上している補正予算をこの臨時会に提出する理由は何か伺いたい。

との質疑があり、国の第2次補正予算を踏まえて、緊急経済対策及び地域活性化の一環として、この臨時会に議案として提出をいたしましたとの答弁がありました。

 ・ 鳥獣被害防止対策事業は、今回の臨時会で補正するとどの程度早く事業が執行できるのか伺いたい。

との質疑があり、3月定例議会での議決に比べ地元との折衝にも早く取りかかれるため、具体的な時期までは言えませんが、例年よりは早く執行可能になりますとの答弁がありました。

 ・ 電気柵設置予定箇所は、どの地区を予定しているのか伺いたい。

との質疑があり、豊丘地区と塩野地区を予定していますとの答弁がありました。

 ・ 平成21年度事業計画の中では、財源計画はどのようになっていたのか伺いたい。

との質疑があり、鳥獣被害防止対策事業については50%の補助があり、畜産総合対策事業については単費事業でしたとの答弁がありました。

 ・ 緊急対策事業は、平成21年度に予定した事業を中心に前倒しを行うことにより、どのような効果があるか伺いたい。

との質疑があり、国の補助金がつかなかった事業について交付金の対象となったこと、また年度当初は工事発注量が少なくなる中で、この事業により3月から工事が発注できるので効果がありますとの答弁がありました。

 ・ この緊急経済対策事業は、平成21年度で事業を完了するのか伺いたい。

との質疑があり、今回計上した補正予算はすべて平成21年度で完了いたしますとの答弁がありました。

 その他の質疑、意見の主なるものは、

 ・ 今回の交付金については、通常の別枠と考えてよいか伺いたい。

 ・ 事業別の交付金割合について伺いたい。

などであり、それぞれ答弁を得た後、質疑、意見、討議並びに討論を終結し、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、経済建設委員会における審査報告を終わります。



○議長(永井康彦) 

 ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(永井康彦) 

 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論の通告はありません。討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(永井康彦) 

 討論なしと認め、討論を終結いたします。

 これより議案第8号を採決いたします。

 本件に対する各委員長の報告は原案可決であります。

 本件は委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(永井康彦) 

 御異議なしと認めます。よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永井康彦) 

 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長します。

 この際、暫時休憩をいたします。

               午後4時05分 休憩

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後4時47分 再開



○副議長(浅野隆一) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 議長の辞職許可について



○副議長(浅野隆一) 

 議長永井康彦議員から、議長の辞職願が提出されております。

 お諮りいたします。

 この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(浅野隆一) 

 御異議なしと認めます。よって、この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 事務局長に辞職願を朗読をさせます。

          〔佐藤事務局長朗読〕

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  辞職願

 今般一身上の都合により、議長の職を辞任したいので許可されるよう願い出ます。

               平成21年2月16日

                         須坂市議会議長  永井康彦

 須坂市議会副議長  浅野隆一様

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(浅野隆一) 

 お諮りいたします。

 永井康彦議員の議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(浅野隆一) 

 御異議なしと認めます。よって、永井康彦議員の議長の辞職を許可することに決しました。

 この際、暫時休憩といたします。

               午後4時49分 休憩

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後5時20分 再開



○副議長(浅野隆一) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 議長の選挙について



○副議長(浅野隆一) 

 ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(浅野隆一) 

 御異議なしと認めます。よって、この際、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

          〔書記 議場閉鎖〕



○副議長(浅野隆一) 

 ただいまの出席議員数は20名であります。

 投票用紙を配付させます。

          〔次長、書記が配付〕



○副議長(浅野隆一) 

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(浅野隆一) 

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

          〔次長、書記が確認〕



○副議長(浅野隆一) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

 点呼に応じて投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次投票を願います。

 点呼を命じます。

          〔佐藤事務局長が議席順に議員氏名を点呼〕

          〔議員は記載台で記載し、演壇上の投票箱に投函〕



○副議長(浅野隆一) 

 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(浅野隆一) 

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

          〔書記 議場の閉鎖を解く〕



○副議長(浅野隆一) 

 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に9番関野芳秀議員及び10番岩田修二議員を指名いたします。

 よって、両議員の立ち会いを願います。

          〔次長、書記が投票を点検し、投票効力の決定につき立会人の意見を聞く〕

          〔次長が投票結果報告書を作成し、副議長に提出〕



○副議長(浅野隆一) 

 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数20票。これは出席議員数に符合しております。

 そのうち、有効投票20票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、佐藤壽三郎議員 10票   豊田清寧議員 9票

         島田和子議員  1票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、佐藤壽三郎議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました佐藤壽三郎議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 この際、議長に当選されました13番佐藤壽三郎議員の発言を許します。−−−−−佐藤壽三郎議員。



◆13番(佐藤壽三郎) 〔登壇〕

 皆さん、今この平成の百年に一度のこの時期に、我々自身が5万3千市民の負託を得て、市議会議員としてこの須坂の将来を語り、そして今をいかに救済するかということに奔走されているかと思います。

 立候補に当たって皆さんに申し上げましたけれども、5万3千市民のためには我々は保守もなければ革新もなく、それからこの4年一区切りの議員活動である以上、お互いに力を合わせて、この議会ここにありきというものを市民に一緒に広めようではありませんか。

 私の尊敬するケネディ大統領は、就任のときに、国家が何をなすべきかを問うのではなく、国民が国家のために何をなし得るかをみずから問いたまえと述べております。たしか私が高校へ入るか入らないかぐらいの年でありましたけれども、今まさにそのときであります。ある程度の民主主義が成熟する中において、最も忘れてはいけないのは、権利の上にあぐらをかいてしまうことであると思います。我々自身は、この意味を込めまして、与えられました負託を一身に受けて、皆様方とともに須坂市議会を進めてまいりたいと思います。

 その意味におきまして、皆様方の厚き支援に感謝を申し上げますとともに、今後ともよろしく御指導、御鞭撻くださいますようによろしくお願い申し上げます。

 ありがとうございました。



○副議長(浅野隆一) 

 次に、17番永井康彦議員の発言を許します。−−−−−永井康彦議員。



◆17番(永井康彦) 〔登壇〕

 議長退任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 平成19年2月14日の議長選におきまして当選をさせていただいて以来、2年間経過したわけでありますが、この間、議員各位には大変な御指導と御協力を賜りました。まことにありがとうございました。

 私はこの2年間、前期議会から引き続き、市民の皆さんから信頼される議会を目指し、皆さんとともに議会改革に取り組んでまいりました。特に、引き継ぎの懸案事項でありました予算決算特別委員会を、まだ試行ではありますが、導入をすることができました。また、議会運営におきましては、公平公正を旨とし務めてまいったつもりでありますが、振り返りますと小過も多々ありました。しかし、その時々、議員各位からの適切な助言とまた御協力をいただき、大過に至らずに任期を全うさせていただくことができました。議員各位には、重ねて心から御礼を申し上げます。

 ただいま佐藤議員が新たな議長に当選をされたわけであります。議会の民主的なルールにのっとって当選された識見豊かな方であります。これからも市民の皆さんから一層信頼される議会づくりのために、不断の議会改革を進めていただきますようお願いをいたしたいと思います。

 一言申し上げまして、退任のごあいさつとさせていただきます。

 本当にありがとうございました。



○副議長(浅野隆一) 

 この際、暫時休憩といたします。

               午後5時51分 休憩

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後6時33分 再開



○議長(佐藤壽三郎) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 副議長の辞職許可について



○議長(佐藤壽三郎) 

 副議長浅野隆一議員から、副議長の辞職願が提出されております。

 お諮りします。

 この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤壽三郎) 

 異議なしと認めます。よって、この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 事務局長に辞職願を朗読させます。

          〔佐藤事務局長朗読〕

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  辞職願

 今般一身上の都合により、副議長の職を辞任したいので許可されるよう願い出ます。

               平成21年2月16日

                        須坂市議会副議長  浅野隆一

 須坂市議会議長  佐藤壽三郎様

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤壽三郎) 

 お諮りします。

 浅野隆一議員の副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤壽三郎) 

 御異議なしと認めます。よって、浅野隆一議員の副議長の辞職を許可することに決しました。

 この際、暫時休憩をいたします。

               午後6時34分 休憩

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後6時50分 再開



○議長(佐藤壽三郎) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 副議長の選挙について



○議長(佐藤壽三郎) 

 ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤壽三郎) 

 御異議なしと認めます。よって、この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

          〔書記 議場閉鎖〕



○議長(佐藤壽三郎) 

 ただいまの出席議員数は20名であります。

 投票用紙を配付させます。

          〔次長、書記が配付〕



○議長(佐藤壽三郎) 

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤壽三郎) 

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

          〔次長、書記が確認〕



○議長(佐藤壽三郎) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

 点呼に応じて投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次投票をお願い申し上げます。

 点呼を命じます。

          〔佐藤事務局長が議席順に議員氏名を点呼〕

          〔議員は記載台で記載し、演壇上の投票箱に投函〕



○議長(佐藤壽三郎) 

 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤壽三郎) 

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

          〔書記 議場の閉鎖を解く〕



○議長(佐藤壽三郎) 

 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に9番関野芳秀議員及び10番岩田修二議員を指名いたします。

 よって、両議員の立ち会いを願います。

          〔次長、書記が投票を点検し、投票効力の決定につき立会人の意見を聞く〕

          〔次長が投票結果報告書を作成し、議長に提出〕



○議長(佐藤壽三郎) 

 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数20票。これは出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、有効投票19票、無効投票1票です。

 有効投票のうち、永井光明議員 8票   関野芳秀議員 6票

         宮本勇雄議員 3票   石合 敬議員 2票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、永井光明議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました永井光明議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 この際、副議長に当選されました16番永井光明議員の発言を許します。−−−−−永井光明議員。



◆16番(永井光明) 〔登壇〕

 本当にありがとうございました。

 私の議会に対する思いは、先ほど申し上げたとおりです。改めて言うことがありませんけれども、議長を支え、市民の負託にこたえることができるような議会づくりのために全身全霊努力するつもりでございます。

 今後ともよろしく御指導、御鞭撻をお願いいたします。



○議長(佐藤壽三郎) 

 次に、12番浅野隆一議員の発言を許します。−−−−−浅野隆一議員。



◆12番(浅野隆一) 〔登壇〕

 須坂市議会副議長退任のあいさつをさせていただきます。

 任期中は、大勢の須坂市民の皆さん、そして議会の皆さん、行政の皆さん、そして関係各位の皆さん方には多大な御指導、御鞭撻、御協力をいただきまして、本当にありがとうございます。心から感謝し、御礼申し上げます。大変微力ではございましたが、一生懸命努力してまいりました。

 本日、ここに新しい佐藤壽三郎議長、永井光明副議長が誕生したわけでございますが、どうか須坂市民の福祉の向上、須坂市の発展に御尽力を願うとともに、御期待申し上げるところでございます。

 簡単ではございますが、私の須坂市議会副議長退任のあいさつといたします。

 どうもありがとうございました。



○議長(佐藤壽三郎) 

 この際、暫時休憩いたします。

               午後7時14分 休憩

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後10時25分 再開



○議長(佐藤壽三郎) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告



○議長(佐藤壽三郎) 

 この際、報告を行います。

 須坂市議会委員会条例第14条の規定により、市議会広報特別委員会委員6名から委員の辞任の申し出があり、同条の規定により議長において許可いたしました。

 以上で、報告を終わります。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 常任委員会委員の選任について



○議長(佐藤壽三郎) 

 日程第4 常任委員会委員の選任を行います。

 各常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において

    北澤雄一議員   霜田 剛議員   関野芳秀議員

    豊田清寧議員   永井光明議員   善財文夫議員

    宮本勇雄議員

 以上の7人を総務文教委員に、

    宮坂成一議員   石合 敬議員   小笠原克夫議員

    佐藤壽三郎議員  土谷フミエ議員  島田和子議員

    永井康彦議員

 以上の7人を福祉環境委員に、

    田中章司議員   堀内孝人議員   中島義浩議員

    岩田修二議員   浅野隆一議員   古谷秀夫議員

 以上の6人を経済建設委員に指名いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議会運営委員会委員の選任について



○議長(佐藤壽三郎) 

 日程第5 議会運営委員会委員の選任を行います。

 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において

    宮坂成一議員   田中章司議員   中島義浩議員

    関野芳秀議員   豊田清寧議員   土谷フミエ議員

    永井康彦議員   善財文夫議員

 以上の8人を議会運営委員会委員に指名いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 市議会広報特別委員会委員の選任について



○議長(佐藤壽三郎) 

 お諮りいたします。

 この際、市議会広報特別委員会委員の選任の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(佐藤壽三郎) 

 御異議なしと認めます。よって、この際、市議会広報特別委員会委員の選任の件を日程に追加し、議題といたします。

 市議会広報特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において

    北澤雄一議員   田中章司議員   小笠原克夫議員

    堀内孝人議員   土谷フミエ議員  島田和子議員

 以上の6人を市議会広報特別委員会委員に指名いたします。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤壽三郎) 

 先ほど議会運営委員会委員を選任いたしましたので、これから議会運営委員会を開催し、正副委員長の互選を行っていただきたいと思います。

 委員会条例第10条の規定により、委員会の場所の指定及び年長委員を指名いたします。

 議会運営委員会の会場は第3委員会室、年長委員は豊田清寧議員

 以上のとおり、指定及び指名いたします。

 議会運営委員会の年長委員は、その互選に関する職務をお願いいたします。

 また、その結果を議長まで御報告願います。

 この際、暫時休憩をいたします。

               午後10時29分 休憩

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後10時51分 再開



○議長(佐藤壽三郎) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告



○議長(佐藤壽三郎) 

 この際、報告を行います。

 議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選の結果を報告いたします。

 議会運営委員長  豊田清寧議員  副委員長  永井康彦議員

 以上のとおりであります。

 以上で、報告を終わります。

 この際、暫時休憩をいたします。

               午後10時52分 休憩

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後10時52分 再開



○副議長(永井光明) 

 それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程 議長の常任委員辞任許可について



○副議長(永井光明) 

 ただいま議長佐藤壽三郎議員から、議長の職務を行う都合上、常任委員辞任の許可願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の常任委員辞任の許可について、日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(永井光明) 

 御異議なしと認めます。よって、この際、議長の常任委員辞任の許可について日程に追加し、議題といたします。

 事務局長に辞任願を朗読させます。

          〔佐藤事務局長朗読〕

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  辞任願

 私儀、このたび議長の職務に専念するため、福祉環境委員を辞任したいから、許可されるよう願い出ます。

               平成21年2月16日

                             委員  佐藤壽三郎

 須坂市議会副議長  永井光明様

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(永井光明) 

 お諮りいたします。

 議長佐藤壽三郎議員の常任委員辞任を許可することに御異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(永井光明) 

 御異議なしと認めます。よって、議長佐藤壽三郎議員の常任委員の辞任を許可することに決しました。

 この際、暫時休憩をいたします。

               午後10時54分 休憩

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後10時55分 再開



○議長(佐藤壽三郎) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤壽三郎) 

 先ほど各常任委員及び市議会広報特別委員を選任いたしましたので、これから各常任委員会及び市議会広報特別委員会を開催し、正副委員長の互選を行っていただきたいと思います。

 委員会条例第10条の規定により、委員会の場所の指定及び年長委員を指名いたします。

 総務文教委員会は第4委員会室、年長委員は永井光明議員

 福祉環境委員会は理事者控室、年長委員は永井康彦議員

 経済建設委員会は第3委員会室、年長委員は浅野隆一議員

 市議会広報特別委員会は第3委員会室、年長委員は島田和子議員

 以上のとおり指定及び指名をいたします。

 なお、開催順序は最初に常任委員会を開催し、終了後市議会広報特別委員会をお願いいたします。

 各常任委員会及び市議会広報特別委員会の年長委員は、その互選に関する職務をお願いいたします。

 また、その結果を議長まで御報告願います。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(佐藤壽三郎) 

 以上で、本日の日程は終了いたしました。

 明17日の本会議は午後3時から開きます。

 本日はこれにて散会いたします。

 大変御苦労さまでした。

               午後10時57分 散会

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

               平成21年2月16日

                       須坂市議会前議長  永井康彦

                       須坂市議会議長   佐藤壽三郎

                       須坂市議会前副議長 浅野隆一

                       須坂市議会副議長  永井光明

                       署名議員      石合 敬

                       署名議員      永井光明