議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 須坂市

平成19年  2月 臨時会(第2回) 02月14日−01号




平成19年  2月 臨時会(第2回) − 02月14日−01号







平成19年  2月 臨時会(第2回)



須坂市告示第12号

 平成19年第2回須坂市議会臨時会を次のとおり招集する。

  平成19年2月7日

                             須坂市長  三木正夫

                   記

1  期日  平成19年2月14日(水)午前10時

2  場所  須坂市議会議事堂

3  付議事件

 ? 議長の選挙について

 ? 副議長の選挙について

 ? 長野広域連合議会議員の選挙について

 ? 須高行政事務組合議会議員の選挙について

 ? 長野地区農業共済事務組合議会議員の選挙について

          平成19年第2回須坂市議会臨時会会議録(第1号)

                平成19年2月14日(水曜日)

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             議事日程(第1号)

第1 仮議席の指定

第2 会議録署名議員の指名

第3 会期の決定

第4 議長の選挙について

第5 議席の指定

第6 副議長の選挙について

第7 常任委員会委員の選任について

第8 議会運営委員会委員の選任について

日程追加 市議会広報特別委員会の設置及び委員の選任について

日程追加 議長の常任委員辞任の許可について

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             本日の会議に付した事件

(1) 仮議席の指定

(1) 会議録署名議員の指名

(1) 会期の決定

(1) 議長の選挙について

(1) 議席の指定

(1) 副議長の選挙について

(1) 常任委員会委員の選任について

(1) 議会運営委員会委員の選任について

日程追加

(1) 市議会広報特別委員会の設置及び委員の選任について

(1) 議長の常任委員辞任の許可について

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             出席議員(20名)

   1番    宮坂成一           2番    石合 敬

   3番    北澤雄一           4番    霜田 剛

   5番    田中章司           6番    小笠原克夫

   7番    堀内孝人           8番    中島義浩

   9番    関野芳秀          10番    岩田修二

  11番    豊田清寧          12番    浅野隆一

  13番    佐藤壽三郎         14番    土谷フミエ

  15番    島田和子          16番    永井光明

  17番    永井康彦          18番    善財文夫

  19番    宮本勇雄          20番    古谷秀夫

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             欠席議員

  なし

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             説明のため出席した者

市長        三木正夫     助役        井上忠惠

収入役       山嵜秀夫     総務部長      中沢秀樹

健康福祉部長    山上茂明     市民生活部長    善財 保

産業振興部長    阪牧吉次     まちづくり推進部長 上沢守生

教育委員長     田川 榮     教育長       渡邊宣裕

教育次長      一色修治     水道局長      中島 清

消防長       梅本良夫

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             事務局出席職員

事務局長      森泉完志     事務局次長     根津良一

書記        須田 進     書記        高瀬英和

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時00分 開会



△臨時議長の紹介



◎事務局長(森泉完志) 

 おはようございます。

 本日の臨時会は、一般選挙後初めての議会でありますので、議長を選挙するまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、年長の議員が臨時に議長の職務を行うこととなっております。出席議員中、永井光明議員が年長の議員でございますので、御紹介申し上げます。

 それでは、永井光明議員、議長席に御着席をお願い申し上げます。

          〔年長議員永井光明議員 議長席に着席〕



○臨時議長(永井光明) 

 ただいま紹介されました永井光明でございます。

 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。どうぞよろしくお願いいたします。

 このたびの一般選挙により、お互いに当選の栄誉を担って議席を得たのでありますが、初対面の方もありますので、自己紹介をお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(永井光明) 

 それでは、御異議がないようでありますので、ただいまから自己紹介をお願いいたします。

 浅野隆一議員から、順次お願いいたします。

          〔議員自己紹介〕



○臨時議長(永井光明) 

 ありがとうございました。

 続きまして、理事者から自己紹介をお願いいたします。

 まず、市長からお願いします。

          〔理事者自己紹介〕



○臨時議長(永井光明) 

 以上で、自己紹介を終わります。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○臨時議長(永井光明) 

 定足数に達しておりますので、ただいまから平成19年第2回須坂市議会臨時会を開会いたします。

 市長から議会招集のあいさつがあります。−−−−−三木市長。



◎市長(三木正夫) 〔登壇〕

 おはようございます。

 第2回須坂市議会臨時会の開催に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 去る2月4日に執行されました須坂市議会議員一般選挙におきましては、議員定数が4名減の20名となる中、多くの市民の皆様方の御支持と嘱望を担われ、めでたく御当選の栄に浴されました議員の各位に改めまして心からお慶びを申し上げます。まことにおめでとうございます。

 ここに議員各位をお迎えし、改選後初の須坂市議会が開会できますことは、御同慶にたえない次第でございます。

 今日まで多年にわたり御指導賜りました議員各位におかれましては、引き続き御交誼をいただきまして、御支援、御鞭撻を賜りますよう謹んでお願いを申し上げます。

 また、8名の新しい議員の皆様には、伝統ある須坂市議会において、豊富な識見と経験をもって、ともどもに誇りある須坂市創造のために活動されますよう御期待を申し上げます。

 なお、適正な選挙執行に当たられ、かつ投票率のアップにも御尽力されました湯本恒雄選挙管理委員長様を初めとした選挙管理委員の皆様にもこの場をおかりして厚く敬意と感謝を申し上げます。

 さて、本年は地方自治法が施行され、60周年の節目の年であります。昨年末に施行されました地方分権改革推進法は、国及び地方公共団体が分担すべき役割をさらに明確にし、地方公共団体の自主性及び自立性を高めることによって、地方公共団体みずからの判断と責任による行政運営を促進することを基本理念としております。住民の知恵と工夫と参加によって、地域に最もふさわしい公共サービスが多様な姿で展開されるよう、住民により近い自治体、すなわち市町村にできる限りの権限と財源を集めることを具体的な形で推し進めようとするものであります。

 しかしながら、全国の多くの市町村と同様に、須坂市におきましても、国の三位一体改革により税源が移譲され、市民税が定率課税となり市税収入が増となったものの、それを上回る国庫補助金や地方交付税収入の減額によりまして、トータルとしての須坂市財政への影響額は平成16年度から平成18年度の3年間で約9億円もの減額となり、さらに、少子高齢社会への対応、人口の減少、教育や環境問題、防災など私どもを取り巻く課題は山積しております。

 また、日本経済は、昨年11月で戦後最長の景気拡大となりましたが、この間の年平均実質成長率は2.4%で過去最長のいざなぎ景気の11.5%と比べ低い上、地方への波及効果も少ない状況にあり、須坂市においても引き続き厳しく、いまだに明るい兆しが見えない状況でございます。

 須坂市名誉市民でいらっしゃいます遠藤守信信州大学工学部教授から、第四次須坂市総合計画審議会会長としてその答申に当たり、「市民の知恵と力を出し、行政と協力し合って住みよく活力ある町を『共創』していく時代」という言葉をいただきました。

 ありがたいことに、須坂市にはこの一節にあります「共創」、すなわち私たちの町を「共に創る」市民が大勢いらっしゃいます。民生児童委員、消防団員など、法律に定められた方々に加えまして、各町の区長さん、農業小学校の農家先生、保健補導員さん、食生活改善推進委員さん、地域安全ボランティアの皆さん、花と緑のまちづくりなどに携わっている皆さんを初めとした多くの方が、ボランティアとして活動されておられます。まさに須坂市が全国に誇れる「共創」でございます。

 そして議決機関であります議会の皆様は、執行機関であります私どもとともに、それぞれが住民全体の代表者として、対等な立場に立って、開かれた審議の場において政策提言をしていただき、須坂市の意思決定を行っていただく、これもまさに共に創る「共創」の関係にございます。

 私心のない公正、公平な行政、徹底した情報公開、大胆かつきめ細かな、そして温かみのある改革を通じて、引き続き収支均衡型の健全財政を維持し、市民福祉の向上と市政発展のために一層の努力を重ね、第四次須坂市総合計画にあります、「住んでよかった須坂市」、「持続的発展可能な須坂市」を議員各位並びに市民の皆様とともに手を携えて共創をしてまいりたいと思っておりますので、格別の御理解と御協力を重ねてお願いを申し上げます。

 御一緒によりすばらしい、そして誇れる須坂市を築いてまいりましょう。

 以上をもちまして、招集のごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時14分 開議



○臨時議長(永井光明) 

 それでは、これより本日の会議を開きます。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 仮議席の指定



○臨時議長(永井光明) 

 これより議事に入ります。

 日程第1 仮議席の指定を行います。

 仮議席は、ただいま着席の議席といたします。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会議録署名議員の指名



○臨時議長(永井光明) 

 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、臨時議長において浅野隆一議員、佐藤壽三郎議員を指名いたします。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 会期の決定



○臨時議長(永井光明) 

 日程第3 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、招集日の本日と明15日の2日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(永井光明) 

 御異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は招集日の本日と明15日の2日間と決定いたしました。

 この際、暫時休憩をいたします。

               午前10時15分 休憩

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後1時20分 再開



○臨時議長(永井光明) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○臨時議長(永井光明) 

 動議。−−−−−豊田議員。



◆11番(豊田清寧) 

 緊急動議で、今、所信表明が終わったところで一応休憩をとっていただきたいと思います。



○臨時議長(永井光明) 

 それでは、ただいま豊田議員から、暫時休憩という動議が出されました。

 この動議に賛同される方、ちょっと挙手を願います。

          〔賛成者挙手〕



○臨時議長(永井光明) 

 わかりました。

 2名以上おられますので、暫時休憩いたします。

 開会時間は追ってお知らせいたします。

               午後1時21分 休憩

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後1時50分 再開



○臨時議長(永井光明) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議長の選挙について



○臨時議長(永井光明) 

 日程第4 議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

          〔書記 議場閉鎖〕



○臨時議長(永井光明) 

 ただいまの出席議員数は20名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

          〔次長、書記が確認〕



○臨時議長(永井光明) 

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(永井光明) 

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

          〔次長、書記が確認〕



○臨時議長(永井光明) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

 点呼に応じて投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次投票を願います。

 点呼を命じます。

          〔森泉事務局長が仮議席順に議員氏名を点呼〕

          〔議員は記載台で記載し、演壇上の投票箱に投函〕



○臨時議長(永井光明) 

 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○臨時議長(永井光明) 

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

          〔書記 議場の閉鎖を解く〕



○臨時議長(永井光明) 

 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に関野芳秀議員及び岩田修二議員を指名いたします。よって、両人の立ち会いを願います。

          〔次長、書記が投票を点検し、投票効力の決定につき立会人の意見を聞く〕

          〔次長が投票結果報告書を作成し、臨時議長に提出〕



○臨時議長(永井光明) 

 それでは、選挙結果を報告いたします。

 投票総数20票。これは出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、有効投票20票、無効投票0票です。

 有効投票のうち、永井康彦議員 10票 豊田清寧議員 8票

         永井光明議員 2票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、永井康彦議員が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました永井康彦議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 この際、議長に当選されました永井康彦議員のごあいさつをお願いいたします。



◆6番(永井康彦) 〔登壇〕

 皆様の本当に温かい御支持をいただきまして、当選をさせていただきました永井康彦でございます。皆様の御支援、本当にありがとうございました。

 私にとりましては大変光栄なことであり、また身の引き締まる思いがいたしております。

 選挙は選挙、この後は議員全員一丸となって、市民福祉向上のために取り組んでまいりたいと、そのように考えております。また、議会運営につきましても、先刻所信表明の中で申し上げたとおり、公正を旨として真剣に取り組んでまいりたいと思います。

 それにつきましても、議員各位の御指導と御支援を今後とも賜りますよう、心からお願いを申し上げまして、当選の御礼とごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)



○臨時議長(永井光明) 

 この際、暫時休憩をいたします。

               午後2時14分 休憩

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後3時44分 再開



○議長(永井康彦) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議席の指定



○議長(永井康彦) 

 日程第5 議席の指定を行います。

 議席は会議規則第4条第1項の規定により、お手元に配付しました議席表のとおり指定いたします。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 副議長の選挙について



○議長(永井康彦) 

 日程第6 副議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

          〔書記 議場閉鎖〕



○議長(永井康彦) 

 ただいまの出席議員数は20名であります。

 投票用紙を配付いたさせます。

          〔次長、書記が確認〕



○議長(永井康彦) 

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(永井康彦) 

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

          〔次長、書記が確認〕



○議長(永井康彦) 

 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

 点呼に応じて投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次投票を願います。

 点呼を命じます。

          〔森泉事務局長が議席順に議員氏名を点呼〕

          〔議員は記載台で記載し、演壇上の投票箱に投函〕



○議長(永井康彦) 

 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(永井康彦) 

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

          〔書記 議場の閉鎖を解く〕



○議長(永井康彦) 

 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に関野芳秀議員及び岩田修二議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いを願います。

          〔次長、書記が投票を点検し、投票効力の決定につき立会人の意見を聞く〕

          〔次長が投票結果報告書を作成し、議長に提出〕



○議長(永井康彦) 

 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数20票。これは出席議員数に符合いたしております。

 そのうち、有効投票20票。

 有効投票のうち、浅野隆一議員 10票 島田和子議員 10票

 以上のとおりであります。

 すなわち、浅野議員の得票と島田議員の得票が同数であり、しかも、その得票数は法定得票数5票を超えております。

 地方自治法第118条の規定により、準用する公職選挙法第95条の規定によって、当選者はくじで決定することになりました。

 くじの手続について申し上げます。

 くじは、被選挙人が議場におられますので、被選挙人にお引きを願うことにいたします。

 まず、くじを引く順序をくじで決め、その順序に基づいて当選人を定めるくじを引いていただくことにいたします。

 以上、御了承願います。

 くじは、2回に分けて行います。

 第1回目は、くじを引く順序を決めるためのものであります。

 第2回目は、くじの順序に従い、当選人を決定するためのものであります。

 浅野隆一議員、島田和子議員の登壇を願います。

          〔1番 浅野隆一議員、15番 島田和子議員登壇〕



○議長(永井康彦) 

 まず、くじを引く順序をお決め願います。

 浅野隆一議員、島田和子議員、くじをお引き願います。

          〔1番 浅野隆一議員、15番 島田和子議員 くじを引く〕



○議長(永井康彦) 

 くじの結果を報告いたします。

 ただいまのくじの結果、島田議員が先にくじを引くこととなりました。

 島田議員、くじをお引き願います。

          〔15番 島田和子議員 くじを引く〕



○議長(永井康彦) 

 次、浅野議員、くじをお引きください。

          〔1番 浅野隆一議員 くじを引く〕



○議長(永井康彦) 

 くじの結果を報告いたします。

 浅野隆一議員が当選のくじを引かれました。よって、浅野隆一議員が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました浅野隆一議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

 この際、副議長に当選されました浅野隆一議員のごあいさつをお願いいたします。



◆12番(浅野隆一) 〔登壇〕

 どうも、皆さん、大変ありがとうございました。

 皆さんのおかげで大変際どい選挙をしていただきまして、私に決まったわけであります。

 先ほども申し上げましたとおり、自分の議員としての使命は市民代表ということであります。それから、先ほども申し上げましたとおり、副議長ということでありまして、議長の補佐はもちろんでありますけれども、議長にも疑問な点がありましたら、それはどしどしと私も指摘し、円滑な議会運営ができるように市民のために尽くしたいと思うわけでございます。

 大変僭越でございますけれども、皆さん方の御指導、御鞭撻のほどお願い申し上げます。よろしくお願いいたします。(拍手)

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永井康彦) 

 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。

 この際、暫時休憩をいたします。

               午後4時11分 休憩

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後11時21分 再開



○議長(永井康彦) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 常任委員会委員の選任について



○議長(永井康彦) 

 日程第7 常任委員会委員の選任を行います。

 各常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において

    石合 敬議員   北澤雄一議員   堀内孝人議員

    豊田清寧議員   土谷フミエ議員  島田和子議員

    宮本勇雄議員

 以上の7人を総務文教常任委員に、

    宮坂成一議員   田中章司議員   小笠原克夫議員

    岩田修二議員   浅野隆一議員   永井光明議員

    永井康彦

 以上の7人を福祉環境常任委員に、

    霜田 剛議員   中島義浩議員   関野芳秀議員

    佐藤壽三郎議員  善財文夫議員   古谷秀夫議員

 以上の6人を経済建設常任委員に指名いたします。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議会運営委員会委員の選任について



○議長(永井康彦)  

 日程第8 議会運営委員会委員の選任を行います。

 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において

    小笠原克夫議員  関野芳秀議員   豊田清寧議員

    佐藤壽三郎議員  永井光明議員   善財文夫議員

    宮本勇雄議員

 以上の7人を議会運営委員会委員に指名いたします。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 市議会広報特別委員会の設置及び委員の選任について



○議長(永井康彦) 

 お諮りいたします。

 この際、市議会広報特別委員会の設置及び委員の選任の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(永井康彦) 

 御異議なしと認めます。よって、この際、市議会広報特別委員会の設置及び委員の選任の件を日程に追加し、議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となりました8人以内の委員をもって構成する市議会広報特別委員会を、お手元に配付した付託事項等をもって設置いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(永井康彦) 

 御異議なしと認めます。よって、8人以内の委員をもって構成する市議会広報特別委員会を設置することに決しました。

 ただいま設置されました特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において

    北澤雄一議員   霜田 剛議員   堀内孝人議員

    岩田修二議員   土谷フミエ議員

 以上の5人を市議会広報特別委員会委員に指名いたします。

 この際、暫時休憩をいたします。

               午後11時25分 休憩

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後11時26分 再開



○副議長(浅野隆一) 

 それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程追加 議長の常任委員辞任の許可について



○副議長(浅野隆一) 

 ただいま議長永井康彦議員から、議長の職務を行う都合上、常任委員辞任の許可願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の常任委員辞任の許可について、日程に追加し、議題といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(浅野隆一) 

 御異議なしと認めます。よって、この際、議長の常任委員辞任の許可についてを日程に追加し、議題といたします。

 事務局長をしてその辞任願を朗読いたさせます。

          〔森泉事務局長朗読〕

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               辞任願

 私儀、このたび議長の職務に専念するため、福祉環境委員を辞任したいから、許可されるよう願い出ます。

                  平成19年2月14日

                           福祉環境委員 永井康彦

 須坂市議会副議長 浅野隆一様

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(浅野隆一) 

 お諮りいたします。

 議長永井康彦議員の常任委員辞任を許可することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(浅野隆一) 

 御異議なしと認めます。よって、議長永井康彦議員の常任委員の辞任を許可することに決しました。

 この際、暫時休憩といたします。

               午後11時27分 休憩

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後11時27分 再開



○議長(永井康彦) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永井康彦) 

 先ほど各常任委員、議会運営委員及び市議会広報特別委員を選任いたしましたので、これから各常任委員会、議会運営委員会及び市議会広報特別委員会を開催し、正副委員長の互選を行っていただきたいと思います。

 委員会条例第10条の規定により、委員会の場所の指定及び年長委員を指名いたします。

 総務文教委員会は第4委員会室、年長委員は豊田清寧議員

 福祉環境委員会は第3委員会室、年長委員は永井光明議員

 経済建設委員会は理事者控室、年長委員は古谷秀夫議員

 議会運営委員会は第3委員会室、年長委員は永井光明議員

 市議会広報特別委員会は第3委員会室、年長委員は土谷フミエ議員

 以上のとおり指定及び指名いたします。

 なお、開催順序は最初に常任委員会を開催し、終了後議会運営委員会、次に市議会広報特別委員会をお願いいたします。

 各常任委員会、議会運営委員会及び市議会広報特別委員会の年長委員は、その互選に関する職務をお願いいたします。

 また、その結果を議長まで御報告願います。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(永井康彦) 

 以上で、本日の日程は終了いたしました。

 明15日の本会議は午後2時から開きます。

 本日は、これにて散会いたします。

 御苦労さまでした。

               午後11時30分 散会

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

                平成19年2月14日

                        須坂市議会臨時議長 永井光明

                        須坂市議会議長   永井康彦

                        須坂市議会副議長  浅野隆一

                        署名議員      浅野隆一

                        署名議員      佐藤壽三郎