議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 飯田市

平成23年  2月 産業経済委員会 日程単位




平成23年  2月 産業経済委員会 − 02月10日−01号









平成23年  2月 産業経済委員会



               飯田市議会 産業経済委員会

                平成23年2月10日

                11時00分 開会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○委員長(木下克志君) 会議開催前でございますけれども、当委員会に高田財政課長の出席を求めましたので、よろしくお願いいたします。

 それでは、ただいまより産業経済委員会を開催いたします。

 開議に先立ち、一言ごあいさつ申し上げます。

 改めまして、おはようございます。ひとつきょうはよろしくお願いいたします。以上で終わります。

 続いて、理事者側のごあいさつをお願いいたします。

 渡邉副市長。



◎副市長(渡邉嘉蔵君) おはようございます。

 3月の本会議、定例会に先立っての臨時会ということで、大変お世話さまになります。

 先ほど冒頭で、市長、またそれぞれ担当の方で議案の御説明をいたしたとおりでございます。一刻も早く事業化をしてということでございますので、慎重に御審議賜りまして、御決定賜りますようお願いを申し上げます。

 よろしくお願いします。



○委員長(木下克志君) ありがとうございました。

 それでは、これより議案審査を行います。

 議案第2号「平成22年度飯田市一般会計補正予算(第7号)案」のうち、当委員会の付託分を議題といたします。

 初めに、理事者側から歳出、歳入の順で説明を願い、その後、歳出、歳入を一括して御質疑いただくことといたします。

 なお、歳出予算の説明の際、ページ番号を告げ、左ページを使って財源の説明もしていただくように、よろしくお願いをいたします。

 それでは、理事者側の説明を求めます。

 初めに、5款労働費、1項労働諸費について、2目労働福祉施設費、篠田産業支援課長。



◎産業振興支援課長(篠田喜代志君) それでは、予算書の14ページ、15ページをお願いします。

 5款労働費、1項2目労働福祉施設費の細目015、細々目の01の桐林勤労者福祉センター管理費に修繕費を50万円増額するものでございます。この増額の内容ですが、桐林の勤労者福祉センター、サンヒルズの関係のプール等の修繕費でございます。内容につきましては、シャワーの修繕、それからアルミサッシの修繕等が入っていますが、それを緊急経済対策として来年度予算の前倒しを行うものでございます。財源につきましては一般財源でございます。

 以上、よろしくお願いします。



○委員長(木下克志君) 続いて、6款農林水産業費、1項農業費について、4目農業振興費、清水農業課長。



◎農業課長(清水美沙子君) 同じく14、15ページをお願いします。

 6款1項4目の農業振興費でございます。

 細目10農業振興一般経費、細々目06豆・そばによる遊休農地活用事業費に541万円を増額するものであります。栽培管理が比較的容易なソバ、大豆の栽培を推進し、遊休農地の活用につなげるために、平成18年度に購入しましたソバ、大豆のコンバインが老朽化しましたので、更新が必要になったため、事業主体でありますNPO法人緑の風に導入補助金を交付するものであります。財源につきましては、国庫支出金、地域活性化交付金、きめ細かな交付金400万円を充てるものであります。

 以上、よろしくお願いします。



○委員長(木下克志君) 続いて、6款農林水産業費、2項林業費について、2目林業振興費、菅沼林務課長。



◎林務課長(菅沼利和君) それでは、16、17ページをお願いいたします。

 6款農林水産業費、2項林業費、2目林業振興費でございますが、2,856万円を増額して、3億3,779万4,000円としたいというものでございます。内容につきましては、林道改良事業費の補助でございます。23年度に予定をしておりました林道改良につきまして、国の補正予算により前倒ししたいということでございますが、内容につきましては、林道御池山線の改良工事の一部を行うというものでございまして、今年度行っております改良工事も引き続き行うというものでございます。財源につきましては、県支出金でございます民有林道改良事業補助金と、それから市債及び一般財源を充てるものでございます。以上でございます。



○委員長(木下克志君) ありがとうございました。

 ただいまの説明において触れなかった歳入があれば、説明を求めます。

 よろしいですか。説明漏れはございませんか。

     (発言する者なし)



○委員長(木下克志君) 説明が終わりました。

 質疑に入ります。

 歳入歳出を一括して質疑はございませんか。

 よろしいですか。

     (発言する者なし)



○委員長(木下克志君) なければ質疑を終結いたします。

 討論はありませんか。

     (「なし」と言う者あり)



○委員長(木下克志君) なければ討論を終結いたします。

 これより、議案第2号のうち、当委員会へ分割付託となりました部分について採決いたします。

 本案を原案のとおり可決することに異議ございませんか。

     (「異議なし」と言う者あり)



○委員長(木下克志君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第2号のうち、当委員会に分割付託となった部分は、原案どおり可決されました。

 本日の予定の議案審査がすべて終了いたしました。

     (「委員長」と言う者あり)



○委員長(木下克志君) 清水農業課長。



◎農業課長(清水美沙子君) すみません、農業課の方から少しお時間をいただいて、高病原性鳥インフルエンザの飯田市の対応について、少しだけお話しさせていただきたいと思います。

 県内では、小諸市において、簡易検査よってコガモが陽性と判定されましたけれども、先日、遺伝子検査の結果が出まして、陰性ということになりました。小諸市で発生がありまして以来、飯田市の対応についてマニュアルを作成等しまして、また、養鶏農家はもちろんなんですけれども、市有施設での飼育について、予防に向けて徹底した管理をしておりましたけれども、陰性になりましても、今後もそういうところを注意して対応してまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。以上です。



○委員長(木下克志君) 御苦労さんでございました。

 そのほかございませんか。

 清水委員。



◆委員(清水勇君) 飯田下伊那の対応をしているという新聞報道を見たんですけど、例えば飯田市内においては、割と防鳥がないとか、割と簡素化的なこともあるんですけど、そういう施設も含めて、すべて歩いて検討をしたと見たというような、そこら辺のことをちょっと教えてください。



○委員長(木下克志君) 清水課長。



◎農業課長(清水美沙子君) 養鶏農家に対しましては、担当としましては県が担当しておりまして、家畜保健所の方で、全農家に対して防鳥ネット等の確認で訪問をしております。ただ、自宅で愛玩動物ということで飼っている農家については、注意を促すということでやっておりますので、そういったところは今後も広報等を通じて周知していきたいなあと思っております。



○委員長(木下克志君) 清水委員。



◆委員(清水勇君) 私も愛知県で出たということで、距離的には近いもんですから、私もあそこは行って知っているぐらいで、卵を出すとか、割とそんなに多くなく経営しているようなところが、防鳥もなくそのままというような感じで、割と見かけられたところもありました。そういうところをどの程度把握して、どの程度指導しているのかなと思いまして、やはりそこから出て、もし飯田市と言われたときには割とデメリットが多くなると思うんで、そこら辺はやはりちょっと歩いて、市の方でもきちんと見ておいた方がいいんじゃないかなと思いまして、私の意見です。



○委員長(木下克志君) そのほかございませんか。

 後藤委員。



◆委員(後藤荘一君) ちょっとお尋ねしたいんですが、今、このかぶちゃん農園を初め、ちょっと人員整理のような話が結構あるそうなんですけれども、飯田市はどれぐらい情報をつかんでいるのか、少し……。



○委員長(木下克志君) その議題は関係ない、ここには。

 そのほかございませんか。

     (発言する者なし)



○委員長(木下克志君) スムーズな進行、まことにありがとうございました。

 以上をもちまして、本日の産業経済委員会を閉会といたします。御苦労さんでございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                11時10分 閉会

  委員会条例第30条の規定により、ここに署名する。

    平成23年 3月22日

        産業経済委員会委員長 木下克志