議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 飯田市

平成19年 12月 定例会(第4回) 11月27日−目次




平成19年 12月 定例会(第4回) − 11月27日−目次









平成19年 12月 定例会(第4回)



          平成19年飯田市議会第4回定例会

                 会期

            自 平成19年11月27日

                            21日間

            至 平成19年12月17日

                日程表




曜日
日程



11.27

開会  平成19年11月27日 午前10時
 


 日程第1 会議成立宣言
25


 日程第2 会期の決定
26


 日程第3 議案説明者出席要請報告
27


 日程第4 会議録署名議員指名


 日程第5 市長あいさつ


 日程第6 監査報告
37


 日程第7 委員会報告
38


 日程第8 報告(2件)
       報告第20号・報告第21号
40


 日程第9 議案審議
      (1)即決議案(2件)
          議案第135号・136号
           説明、質疑、討論、採決
      (2)委員会付託議案(29件)
          議案第137号〜議案第166号
           説明、質疑、委員会付託
43


散会
 


 28

一般質問通告締め切り               午後5時まで
 


 29

市長へ一般質問通告                午後3時
 


 30

 
 


12.1

 
 


 2

 
 


12.3

 
 


 4

 
 


 5

議会運営委員会         午前9時    第1委員会室
 


再開  平成19年12月5日  午前10時
 日程第1 会議成立宣言
 日程第2 会議録署名議員指名
 日程第3 一般質問
延会
70


 6

再開  平成19年12月6日  午前10時
 日程第1 会議成立宣言
 日程第2 会議録署名議員指名
 日程第3 一般質問
190


延会
 


 7

再開  平成19年12月7日  午前10時
 


 日程第1 会議成立宣言
 日程第2 会議録署名議員指名
 日程第3 一般質問
298


 日程第4 請願、陳情上程
      委員会付託
349


散会
 


 8

 
 


 9

 
 


 10

総務文教委員会         午前9時    第1委員会室
産業経済委員会         午前9時    第2委員会室
 


 11

社会委員会           午前9時    第1委員会室
建設環境委員会         午前9時    第2委員会室
 


 12

(委員会予備日)
土地利用計画特別委員会     午後1時30分  第1委員会室
 


 13

議員定数特別委員会       午前10時    第1委員会室
 


 14

 
 


 15

 
 


 16

 
 


12.17

議会運営委員会         午前9時     第1委員会室
 


再開  平成19年12月17日 午前10時
 


 日程第1 会議成立宣言
 日程第2 会議録署名議員指名
 日程第3 委員会報告
       議員定数特別委員会
       総務文教委員会(請願2件)
       社会委員会  (請願1件・陳情3件)
355


 日程第4 議案審議
       (1)総務文教委員会付託議案(13件)
           議案第137号〜議案第142号、議案第147号
           議案第150号〜議案第152号
           議案第155号〜議案第157号
            委員長報告、質疑、討論、採決
       (2)社会委員会付託議案(6件)
           議案第143号、議案第144号、議案第153号
           議案第161号、議案第164号、議案第165号
            委員長報告、質疑、討論、採決
       (3)産業経済委員会付託議案(2件)
           議案第146号、議案第154号
            委員長報告、質疑、討論、採決
       (4)建設環境委員会付託議案(7件)
           議案第145号、議案第149号、議案第158号、
           議案第159号、議案第162号、議案第163号、
           議案第166号
            委員長報告、質疑、討論、採決
       (5)土地利用計画特別委員会付託議案(1件)
           議案第148号
            委員長報告、質疑、討論、採決
       (6)各常任委員会付託議案(1件)
            議案第160号
             委員長報告、質疑、討論、採決
       (7)追加議案審議(2件)
         ア 報告(1件)
            報告第22号
         イ 委員会付託(2件)
            議案第167号、議案第168号
             説明、質疑、委員会付託
              委員長報告、質疑、討論、採決
         ウ 議会議案(2件)
            議会議案第8号、議会議案第9号
             説明、質疑、討論、採決
366


閉会
 



          付議事件及び議決結果一覧表



事件番号
事件名
上程月日
議決月日
議決結果


報告第20号
専決処分の報告について(損害賠償の額を定めることについて)
19.11.27
19.12.17
 


報告第21号
専決処分の報告について(損害賠償の額を定めることについて)
19.11.27
19.12.17
 


報告第22号
専決処分の報告について(損害賠償の額を定めることについて)
19.12.17
19.12.17
 


議案第135号
教育委員会の委員の任命について
19.11.27
19.12.17
同意


議案第136号
人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて
19.11.27
19.12.17
同意


議案第137号
飯田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第138号
飯田市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第139号
飯田市税条例の一部を改正する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第140号
飯田市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第141号
飯田市有線テレビジョン放送施設条例の一部を改正する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第142号
飯田市遠山郷有線テレビジョン放送等施設条例の一部を改正する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第143号
飯田市老人短期入所施設条例を廃止する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第144号
飯田市特別養護老人ホーム条例の一部を改正する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第145号
飯田市水道条例及び飯田市簡易水道給水条例の一部を改正する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第146号
飯田市農村青少年集会施設条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第147号
飯田市上村山村文化資源保存伝習施設条例の一部を改正する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第148号
飯田市特別用途地区建築条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第149号
飯田都市計画事業丸山・羽場土地区画整理事業施行条例の一部を改正する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第150号
飯田市北田遺跡公園設置条例の一部を改正する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第151号
飯田市奨学金貸与条例の一部を改正する条例の制定について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第152号
損害賠償の額を定めることについて
19.11.27
19.12.17
可決


議案第153号
公の施設の指定管理者の指定について(飯田市特別養護老人ホーム)
19.11.27
19.12.17
可決


議案第154号
公の施設の指定管理者の指定について(飯田市農村青少年集会施設)
19.11.27
19.12.17
可決


議案第155号
公の施設の指定管理者の指定について(飯田市上村山村文化資源保存伝習施設)
19.11.27
19.12.17
可決


議案第156号
公の施設の指定管理者の指定について(飯田市旧小笠原家書院・小笠原資料館)
19.11.27
19.12.17
可決


議案第157号
公の施設の指定管理者の指定について(飯田市北田遺跡公園)
19.11.27
19.12.17
可決


議案第158号
町の区域の変更について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第159号
町の区域の変更について
19.11.27
19.12.17
可決


議案第160号
平成19年度飯田市一般会計補正予算(第3号)案
19.11.27
19.12.17
可決


議案第161号
平成19年度飯田市介護保険特別会計補正予算(第1号)案
19.11.27
19.12.17
可決


議案第162号
平成19年度飯田市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)案
19.11.27
19.12.17
可決


議案第163号
平成19年度飯田市下水道事業特別会計補正予算(第1号)案
19.11.27
19.12.17
可決


議案第164号
平成19年度飯田市特別養護老人ホーム特別会計補正予算(第1号)案
19.11.27
19.12.17
可決


議案第165号
平成19年度飯田市病院事業会計補正予算(第1号)案
19.11.27
19.12.17
可決


議案第166号
平成19年度飯田市水道事業会計補正予算(第2号)案
19.11.27
19.12.17
可決


議案第167号
飯田市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定について
19.12.17
19.12.17
可決


議案第168号
工事請負契約の一部変更について(飯田・遠山郷ネットワーク整備工事)
19.12.17
19.12.17
可決



          請願議決結果一覧表



受理番号
要旨
上程月日
議決月日
議決結果


19請願第8号
国と県に対し、高齢者の生命と健康を守る医療制度とするための意見書を提出願いたい
19.09.14
19.12.17
不採択


19請願第9号
国に対し、へき地教育の充実とへき地級地指定改善を求める意見書を提出願いたい
19.12.07
19.12.17
採択


19請願第10号
国に対し、自主的な共済を保険業法の適用除外とすることと、保険業法の制度と運用の見直しを求める意見書を提出願いたい
19.12.07
19.12.17
不採択



          陳情議決結果一覧表



受理番号
要旨
上程月日
議決月日
議決結果


19陳情第5号
国に対し、保険でより良い歯科医療の実現を求める意見書を提出願いたい
19.12.07
19.12.17
不採択


19陳情第6号
国に対し、看護師等の人材確保の促進に関する法律の改正を求める意見書を提出願いたい
19.12.07
19.12.17
不採択


19陳情第7号
国に対し、深刻な医師不足を打開するための法律の制定を求める意見書を提出願いたい
19.12.07
19.12.17
趣旨採択



          飯田市議会第3回定例会一般質問通告表

                    平成19年12月5日、6日、7日



No
氏名
項目・要旨




牧内信臣
(日本共産党)
1.平成20年度の予算編成に向けて、一般会計の予算規模をどの程度と見込み、枠配分を行っていくつもりか
 (1)平成19年6月に地方公共団体財政健全化法が成立し、財政の健全化判断の見方が変わったが、どのような判断に変わったか。また何を目的としたものなのか
 (2)平成19年度から導入されている新型交付税制度によって、基準財政需要額がマイナスとなっているが、どのような理由によるか
 (3)基準財政収入額はプラスとなっているが、どのような理由によるか
 (4)飯田市の場合、平成19年度の普通交付税決定額がマイナス8.5%と大幅な減となっているが、算定基準がどう変わってきたか
 (5)平成23年度の一般会計の財政規模を400億円程度とする目標に対し、来年度の見通しはどうか
 (6)市税収入が大幅に伸びている一方で、国庫補助負担金や地方交付税が減ってきている。これは三位一体の改革の影響とみてよいか
2.予算編成を進めるにあたって、市政の重点施策や市長の公約にどのように取り組んでいくか
 (1)乳幼児医療費に関し、所得制限が撤廃され就学前まで無料になったが、小学校・中学校卒業までを無料化する考えはあるか
 (2)全ての公立保育園で、延長保育、未満児保育を進める考えを持っているか
 (3)上郷地区において建設計画中の老人保健施設について、開始年度を早めて欲しいとの要望があるが可能か
 (4)地域自治組織が発足して8ヶ月が経過したが、現状での課題をどう捉えているか。また地域からの要望はあるか
70



吉川秋利
(むとす市民の会)
1.経済自立のための企業誘致について
 (1)既存企業の活性化について
 (2)交通網の整備と企業誘致について
 (3)民営化された刑務所の誘致について
2.安全安心のまちづくりについて
 (1)公営住宅から暴力団組員を排除する国の指針に関する飯田市の対応について
3.特別養護老人ホームについて
 (1)北海道鶴居村の事例について
 (2)飯田荘・第二飯田荘の民営化について
85



佐々木重光
(会派みらい)
1.経済自立度70%に向けての課題について
 (1)経済動向をどう見ているか
 (2)国・県の支援の現状は(法、県中期総合計画)
 (3)地域経済活性化プログラム2008について
  ?南信州広域連合や他町村連携の必要性は
  ?産業界、経済団体、特に市民協力の理解度
  ?市民のできる地域経済波及への協力の具体化
  ?企業誘致のための専門部局の設置について
  ?カーボンバレー(CMC)構想について
  ?開発支援強化について
  ?発酵研究所はどうなっているか
2.飯田市地域情報化の進め方について
 (1)今までどのような考え方で推進してきたか
 (2)今後どのように進めようとしているか
 (3)飯田市の新たな地域情報化基本計画を策定するに当たっての力点は何か
  ?ソフトをどの観点から構築していくか
  ?安全、産業振興、行政効率、保健、高齢化
3.飯田の夜空を花火で
 (1)花畑を演出したらどうか
104



木下克志
(会派みらい)
1.観光行政について
 (1)花木を活かした観光
 (2)文化財、祭を活かした観光
 (3)農業を活かした観光
 (4)自然を活かした観光
 (5)まちなか観光
122



清水可晴
(市民パワー)
1.福祉サービスの向上について
 (1)飯田市内の福祉現場における労働環境等の現状について
  ?人材確保や定着が困難と感じている事業所はあるか
  ?求人と求職の実態はどうか(応募者の絶対数は、ミスマッチは)
  ?労働環境の実態はどうか(給与等、勤務時間)
  ?事業所の経営状況は
 (2)飯田市社会福祉協議会の現状について
  ?人材確保や定着が困難と感じているか
  ?求人と求職の実態はどうか(応募者の絶対数は、ミスマッチは)
  ?労働環境の実態はどうか(給与等、勤務時間)
  ?社協の経営状況は(介護保険事業は。市の委託事業は)
 (3)今後の対応について
  ?介護保険制度や障害者自立支援法の問題点を把握して、国や県に現場の声を届け、制度改正に提言すべきと思うがどうか(要望や課題の把握を踏まえ)
  ?福祉施設等指定管理するには、労働環境等の条件を提示すべきと考えるがどうか
  ?社協等への委託事業について(委託料を上げる考えは)
 (4)認知症を地域で支えあう取り組みについて(支援センターへの支援)
  ?認知症の現状について(患者数、相談件数)
  ?認知症センター事業について(事業の概要と委託状況は)
  ?民間医療機関が負担の限界に来ていると聞くが委託料を上げる考えは
2.市の有料広告について
 (1)有料広告の現状について
 (2)ホームページに有料広告を掲載したらどうか
140



伊藤清春
(むとす市民の会)
1.地域経済活性化プログラム2007成果評価の企業誘致について
 (1)「南信地域は産業が盛んで景気が良いですね。」実は良いのは上伊那地域で下伊那地域は遅れている
 (2)企業立地促進法に基づく申請が遅れた。第3次公募申請の遅延原因は
 (3)企業立地推進室を設置して、強力に情報を集め、企業に合わせスピーディーに行動できる人材と体制ができないか
 (4)用地の先行取得状況はどのようになっているか。製造業は企業生命も長いし、企業は土地取得を望む
 (5)長野県の東京、名古屋事務所の活用の状況はどうか
 (6)現在の誘致先企業の見込み数は何社か
 (7)近々に誘致可能な企業はあるか
2.企業誘致推進制度についての成功報酬制度の検討
 (1)企業誘致は多くの見込企業の中から情報を集め何度も訪問し誘致の芽を育てる活動が大事。その中より良い成果が生まれる
 (2)情報は企業秘密であり、飯田市の情報管理が重要
 (3)誘致訪問先企業の必要に応じて訪問許可制で交通費は支払い、成果報酬は減らす、商談内容を報告、次の戦略に蓄積
3.天竜峡再生の入口に
 (1)かわらんべに「舟下りの着港と出発港」の設置、合わせて地域食産物、水資源利用製品を販売する「当地域最大のショッピングセンター」はどうか
4.チンチンバスの運行について
 (1)利用者の声を聞く
 (2)土、日の運行も
153



原 和世
(会派みらい)
1.最近の事例にみる市長の責任と権限について
 (1)高校再編問題に関する対応は
 (2)産科問題についての対応は
 (3)長野県消防広域化推進計画への対応は
 (4)中央東線の高速化期成同盟会への参加と対照的な飯田線高速化の考えは
 (5)南信州広域連合の今後の在り方は
2.地域自治について
 (1)市政懇談会の在り方は
 (2)地域協議会の在り方は
3.後期高齢者医療制度について
 (1)特定検診・保健指導の義務化とは
 (2)平成24年実施の後期高齢者医療制度支援金制度に対する対応は
 (3)保健センターと地域包括医療センターとの関係は
164



山?紀男
(会派みらい)
1.上村中学校統合について
 (1)複式学級回避の現況について
 (2)スクールバスについて
 (3)統合後の中学校校舎の利用について
2.市道上村1号線について
 (1)今後の計画をどうするか
3.林道御池山線災害復旧の進捗状況について
 (1)来春4月のハイランドしらびその営業に間に合うか
190



木下容子
(市民パワー)
1.新しい交通システムの構築について
 (1)公共交通充実に関する市民意識調査の結果をどう捉えているか
 (2)公共交通改善市民会議の現状と今後の展望は
 (3)地域の関係者が一体となって交通問題を考えるための地域公共交通会議を立ち上げる考えはないか
 (4)事業所の協力を得る中での交通弱者に対する取り組みは考えられないか
 (5)全国的に普及しつつある、デマンド交通システムを導入する考えはないか
197


10
伊壷敏子
(日本共産党)
1.飯田市の農業施策について
 (1)策定中の「飯田農業振興地域整備計画」を実践するための基本的な考え方について
  ?農業振興の観点から
  ?総合的土地利用との関連から
 (2)地域経済活性化プログラムにおける、農業産出額目標を達成するための、農家自らがパワーアップするための支援について
  ?農産物の生産持続可能な価格補償について
  ?農作業の受委託の推進について
  ?各地区の農業振興会議の活動について
  ?農業の担い手・組織の育成について
  ?歳出における農業費の予算枠について
 (3)新規就農者に対する支援策の充実を
  ?営農支援について
  ?生活支援について
 (4)当面の緊急課題への支援策について
  ?畜産飼料価格の高騰による畜産農家への対策について
  ?原油価格の高騰による菌茸・野菜農家等への対策について
208


11
永井一英
(公明党)
1.環境教育について
 (1)環境教育イコール「自然保護教育」という流れから「持続可能な社会のための教育」としての環境教育の重要性が叫ばれているが、市内の小・中学校においてどのように取り組んでいるか
 (2)児童生徒の発達段階に応じて、各教科間の関連に配慮しながら、各学校において環境教育に関する全体的な計画等を作成し、総合的な取り組みを進めることが大切とされているが飯田市ではどうか
 (3)現在、飯田市環境基本計画の見直しがなされているが、環境教育はどのように位置付けられているか
2.多様な主体による協働のまちづくりについて
 (1)地域のつながりについて
  ?地域において、人と人との繋がりが薄れてきているという実態をどう捉えているか
  ?市民意識の醸成とそのための環境づくりをどのように図っていくか
  ?例えば地域通貨を導入する取り組みはどうか
 (2)地域コミュニティの自立・活性化について
  ?地域自治組織を導入したが、現在のところ地域コミュニティの自立・活性化はなされているか
  ?地域自治組織が定着し進展した後の市の姿について、具体的にどのように考えているか
  ?地域自治組織が導入され「まちづくり委員会」が活動を開始したが、各委員会の活動とそれに関係する市の所管課との連携や役割分担は機能しているか
  ?どのようにして地域コミュニティを自立・活性化させようと考えているか
 (3)市、地域コミュニティ、NPOなどの市民活動団体、事業者等による協働のまちづくりについて
  ?協働によるまちづくりをどのように進めようとしているか
  ?行政の役割についてどのように考えているか
  ?NPOなどの市民活動団体をどのように支援していくか
  ?協働事業提案制度を設けてはどうか
  ?「(仮称)協働によるまちづくりの推進方針」を策定してはどうか
  ?団塊の世代の新たなチャレンジを支援する総合窓口を設置してはどうか
221


12
後藤荘一
(日本共産党)
1.全国学力テストとNRT学力検査について
 (1)NRT学力検査を来年度から休止するそうだが、なぜか
 (2)全国学力テストは、参加しないようにはならないか
2.学校給食について
 (1)地元産利用が進んできているが、さらに利用率を上げる方策は考えているか
 (2)調理場によって利用率に差があるのはなぜか
 (3)地域ブランドの活用は考えていないか
 (4)野菜、果物の地元利用の記録は取っているが、畜産物などはどうか
3.農地・水・環境保全向上対策について
 (1)今年度から始まったが、飯田市における取組状況はどうか
 (2)来年度はどう取り組むか
240


13
村松まり子
(公明党)
1.市民の健康増進のために
 (1)すこやかな子どもの成長のために
  ?軽度発達障害児の現状と取り組みについて(就学前)
  ?課題は何か
  ?5歳児健診を実施してはどうか
  ?アレルギー体質児の対応について
 (2)健康と命を守るために
  ?学童の健康教育について
  ?AEDの普及状況について
 (3)脳脊髄液減少症対策について
  ?疾患の市民への周知や相談窓口の設置等支援体制の確立を図るべきと考えるかどうか
  ?文部科学省による「学校におけるスポーツ外傷等の後遺症への適切な対応について」の周知は徹底されているか
  ?教員の研修会等を開催してはどうか
251


14
代田剛嗣
(むとす市民の会)
1.教育施設について
 (1)遠山中学校統合について
  ?生徒の理解と対応
  ?上村中学校閉校に伴う空き施設の利用方法は
  ?協議機関の設置の有無
 (2)教育施設の充足について
  ?現場からの要望と対策
2.原油及び穀物の高騰について
 (1)燃料の高騰の影響は
 (2)対策について
 (3)学校給食への影響は
3.米価の値下がりについて
 (1)作付けへの影響
 (2)そば用コンバインの稼動状況
263


15
新井信一郎
(会派みらい)
1.南アルプス世界自然遺産構想から鑑みる日本の地質百選から「ジオパーク南アルプス」へのアプローチについて
 (1)南アルプスシンポジウムに参加して市の感想は
 (2)「南アルプス世界自然遺産登録長野県連絡協議会」が、設立されているが現在の活動状況は
 (3)「南アルプス世界自然遺産登録推進協議会」が設立されたが活動状況は
 (4)南アルプスシンポジウムにて「南アルプス世界自然遺産登録推進アピール」文が全会一致で採択された。その中で、「南アルプスの学術的知見の集積に向けて」とある
  ?これに対し、市で考えられることはなにか
  ?「研究調査の実施を関係機関に強く要請する」とあるが、具体的にどのように対応するか
  ?「様々な専門家と連携のもと調査研究を推進する」とあるが、専門家がきちんと活動でき、成果を出せる体制をバックアップできるか
 (5)「ジオパーク南アルプス」構想も世界自然遺産の大きな足がかりのひとつと考えられる
  ?「科学的に、特別で重要かつ貴重で美しい地質遺産を複数含む一種の自然公園」として位置付けてはどうか
  ?その地質遺産を保全すること、地球科学等の教材、研究等の教育資源としての活用をしてはどうか
  ?地質遺産を観光の対象とし、ジオツーリズムとして生かせないか
2.飯田市の私立幼稚園に対する市の対応状況について
 (1)市は、幼児教育の在り方についてどう捉えているか
 (2)一昨年より、市の管轄が教育委員会から子育て支援課に移管されたが、どの様に対応が変化したか
 (3)近年幼保一元化の方向、幼稚園、保育所の一体化施設等、国の動向に対してどのように考えているか
 (4)幼児教育に対する補助金についての市の認識について
  ?教育振興費補助金について
  ?施設設備改善に関する補助について
  ?幼稚園が行う子育て支援に対する下記の補助について
   ア、子育て支援に対する補助
   イ、年休代替教諭雇用事業補助金
   ウ、産休育休代替教諭に対する補助
275


16
下平勝熙
(市民パワー)
1.産科等社会問題化している医療体制について
 (1)自治体病院の役割や機能について市長の基本的な認識はどうか
 (2)産科医師及び看護師不足の社会全般の状況をどう捉えているか
 (3)産科医師の不足、この地域から出ていってしまう要因は何か
 (4)産科医師不足の現状において医師の負担軽減を図る対策はあるか
  ?退職していく医師へのさらなる引き止めを
  ?里帰り出産の一部制限に関連し、緊急性の高い救急患者に対してのセーフティーネットは確保できるか
 (5)助産院を設置する考えはないか、また将来を見据え市立病院の地域周産期母子医療センターとして機能充実を図る必要はないか
 (6)産科医師のみならず、他の診療科においても当地域における医師不足の状況があると聞いている。特定の診療科に限らず全般的な医師不足対策が必要ではないか
 (7)このような社会状況で市長の公約である子育て支援を守れるか
298


17
森本美保子
(会派みらい)
1.産科問題について
 (1)市立病院での飯田市民と下伊那町村住民の出産状況は
 (2)助産師の位置付けをどう捉えているか
 (3)里帰り出産について
2.人形劇フェスタについて
 (1)世界フェスに向けての市としての方針は
 (2)市の支援体制と予算について
 (3)実行委員長招待レセプションについて
3.外国籍の方々への対応について
 (1)外国籍の方々の国別の割合は
 (2)国保への加入状況は
 (3)市立病院での通訳の状況について
 (4)雇用状況について、市としてどのように考えているか
4.市の文化施設に対する考えについて
 (1)現在の収容能力をどのように捉えているか
 (2)利用者のニーズに充分に応えているか
312


18
原  勉
(会派みらい)
1.都市施策と農業施策の連携について
 (1)土地保有から土地利用へ=都市農地(市街化区域内の農地)
 (2)農住共存型まちづくり=農のある暮らし
 (3)市民農園が都市のインフラに
 (4)地域経済を活性化するには=農住都市構想
2.当市における観光施策について
 (1)観光資源とは何か
 (2)地域経済に占める位置は
 (3)自然保護(環境保全)と観光開発の整合性は
 (4)天竜峡観光再生プログラムについて
329