議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 上田市

平成25年  6月定例会 意見書・決議 廃炉工程におけるリスク管理の徹底強化を求める意見書




平成25年  6月定例会 意見書・決議 − 廃炉工程におけるリスク管理の徹底強化を求める意見書










議 案 提 出 書


平成25年6月24日
 福島県議会議長 斎 藤 健 治 様




         提出者 福島県議会議員 平 出 孝 朗
                     同    太 田 光 秋


  次の議案を別紙のとおり提出します。
    廃炉工程におけるリスク管理の徹底強化を求める意見書
 理 由
  廃炉工程におけるリスク管理の徹底強化を求めるため


議案第175号


    廃炉工程におけるリスク管理の徹底強化を求める意見書
 東京電力株式会社福島第1原子力発電所においては、事故の真の収束を図るため日夜続けられている廃炉作業の中で、ネズミが原因となった停電による使用済み核燃料プール等の冷却停止、地下貯水槽における汚染水の漏えいなど、短期間のうちにトラブルが多発している。この一連のトラブルによる県民への不安は多大なものがあり、東京電力株式会社に対する信頼は失墜することになっている。
 また、増え続ける汚染水の処理対策が喫緊の課題となっており、流入する地下水対策のため検討されている地下水バイパスについては、海洋放出による新たな風評被害を招くことも懸念されている。さらにはALPSにおいて、微量とはいえ汚染水漏れが発見され、設備等の信頼性に対する不安も増加することとなった。
 国においては、このようなずさんとも捉えられる東京電力株式会社の対応に対し、早期に仮設設備体制の恒久施設化への移行など、徹底したリスク管理の強化を図るとともに、県民への分かりやすく丁寧な説明により信頼の向上を図り、さらには廃炉に向けた中長期ロードマップにおける汚染水全体の処理計画をはじめとする、それぞれの課題解決のための必要な見直しを速やかに行い、万全を期すことを強く求める。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成25年7月 日
衆議院議長
参議院議長  あて
内閣総理大臣
経済産業大臣
                 福島県議会議長 斎 藤 健 治