議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松本市

平成 1年 12月 定例会 12月05日−01号




平成 1年 12月 定例会 − 12月05日−01号









平成 1年 12月 定例会



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            平成元年松本市議会12月定例会会議録

                第1号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

       平成元年松本市議会12月定例会が12月5日午後1時

      松本市議場に招集された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

            平成元年12月5日(火曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

              議事日程(第1号)

                       平成元年12月5日 午後1時開議

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 会期の決定

 第3 議案第1号 松本市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例

      第2号 松本市児童遊園条例の一部を改正する条例

      第3号 松本市地域下水道条例の一部を改正する条例

      第4号 平成元年度松本市一般会計補正予算(第3号)

      第5号 平成元年度松本市霊園特別会計補正予算(第2号)

      第6号 平成元年度松本市松本臨空工業団地建設事業特別会計補正予算(第2号)

      第7号 市有財産の取得について(都市計画道路3.4.12駒町下馬出し線事業用施設)

      第8号 市道の廃止について

      第9号 市道の認定について

      第10号 市道の変更について

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   議長     大槻政彦君    副議長    船津由嗣君



出席議員(38名)

      1番  秋山泰則君       2番  田辺哲雄君

      3番  池田国昭君       5番  中田善雄君

      6番  田口悦久君       7番  萩原清君

      8番  上条和夫君       9番  黒田昭治君

     10番  堀内信君       11番  藤沢詮子君

     12番  藤森晋君       13番  田口哲男君

     14番  松田弘君       15番  田口敏子君

     16番  竹村常雄君      17番  北原昇君

     18番  柳沢貞雄君      19番  高山政彦君

     20番  大和代八君      21番  細口人至君

     22番  飯沼瑛君       23番  宮沢良勝君

     24番  太田二三君      25番  亀井正君

     26番  窪田稔君       27番  塩原喜人君

     28番  小林恒雄君      30番  小笠原栄一君

     31番  木下文武君      32番  飯沼伴雄君

     33番  高野拓雄君      34番  小原仁君

     35番  船津由嗣君      36番  百瀬常雄君

     37番  矢崎徳納君      38番  田中次郎君

     39番  大槻政彦君      41番  赤羽駿郎君



欠席議員(1名)

     29番  中沼浜司君



欠  員(1名)

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

  市長      和合正治君   助役      大友博幸君

  収入役     小平靖彦君   総務部長    武井福夫君

  企画財政部長  深沢豊君    生活環境部長  丸山功君

  社会部長    横内幸生君   農政部長    矢口徹君

  商工部長    飯村政春君   建設部長    中島博君

  都市開発部長  長瀬徳幸君   下水道部長   小松二郎君

  水道局長    山田明君    教育委員長   深沢擴君

  教育長     松村好雄君   消防長     降籏旭彦君

  空港対策    浜憲幸君    流通団地    三沢文人君

  本部長             開設本部長

  企画推進    田村瑞穂君   市街地開発   古田悦郎君

  本部長             対策本部長

  行政管理課長  大池光君    企画課長    萩原寿郎君

  財政課長    坪田明男君

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

事務局職員出席者

  事務局長    藤森坦      事務局次長   降旗哲生

  次長補佐兼   井口羌之     次長補佐兼   吉江秀徳

  庶務係長             調査係長

  議事係長    萩原俊次     主事      宮下輝元

  主事      渡辺明      主事      原田美幸

  主事      守屋千秋

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程(第1号)記載事件のとおり。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 午後1時07分開会



○議長(大槻政彦君) これより、平成元年松本市議会12月定例会を開会いたします。

 現在までの出席議員は36名でありますので、定足数を超えております。よって、直ちに本日の会議を開きます。

 最初に、報告事項を申し上げます。市長より、議案が10件提出されております。また、地方自治法第 180条第2項の規定に基づき、市長の専決処分事項の指定にかかわる報告が2件提出されております。あらかじめ皆さんのお手元にご配布申し上げてあるとおりであります。

 次に、陳情書が5件提出されております。皆さんのお手元に陳情文書表第1号としてご配付申し上げてあるとおりであります。これはそれぞれ記載の常任委員会に回付しておきます。

 次に、さきの9月定例会において採択された請願1件について、その処理の経過並びに結果の報告が提出されております。皆さんのお手元にご配付申し上げてあるとおりであります。

 次に、教育次長 徳武幸直君は、葬儀のため本日の会議に欠席する旨の届けが出されておりますのでご承知願います。

 本日の議事は、日程第1号をもって進めます。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(大槻政彦君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第 126条の規定により、議長において22番 飯沼 瑛君、23番宮沢良勝君、24番 太田二三君を指名いたします。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(大槻政彦君) 日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から12月20日までの16日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(大槻政彦君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は16日間と決定いたしました。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第1号から第10号まで



○議長(大槻政彦君) 日程第3 議案第1号から第10号まで、以上10件を一括上程いたします。

 議案の件名につきましては、事務局長をして朗読いたさせます。

     (事務局長議案件名を朗読)



○議長(大槻政彦君) 当局から提案理由の説明を求めます。

 和合市長。



◎市長(和合正治君) 〔登壇〕

 本日ここに、平成元年松本市議会12月定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方にはおそろいでご出席をいただきまして、厚く御礼を申し上げます。

 初めに、本定例会の冒頭に当たりまして、さきに行われました本市とカトマンズ市との姉妹都市提携の調印についてご報告を申し上げます。

 かねてから懸案となっておりました、本市とネパール王国の首都カトマンズ市との間における姉妹都市提携につきましては、去る11月17日にカトマンズ市において無事調印をいたしました。この調印式に当たりましては、議長さんを初め市議会からも多数の参加をいただきまして、提携に花を添えるとともに、カトマンズ市への理解を深めていただきましたことに対しまして、厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 国際化時代を迎える中で、近隣のアジア諸国に姉妹都市をという市民要望等にこたえまして、このたびカトマンズ市との間において姉妹都市提携を行ったわけでございまして、私といたしましては、この提携によりまして松本・カトマンズ両市の友好が図られるのみならず、日本とネパール王国との間における友好が図られ、ひいては世界じゅうの国々との友好が図られることを切に祈るものでございます。

 この提携に至るまでにおいての議会を初め関係の皆様方の温かいご理解、ご協力に対しまして、ここに深く感謝を申し上げる次第でございます。

 さて、本日提案申し上げました議案は全部で10件でございまして、その内訳を申し上げますと条例の改正3件、予算の補正3件、財産の取得1件、道路の関係3件となっております。

 次に、これらの提案申し上げました議案につきまして説明を申し上げます。

 初めに、条例について申し上げます。

 まず、廃棄物の処理及び清掃に関する条例の改正でございますが、これは松本城周辺の環境整備の一環といたしまして、既に中央公園内に新たに2カ所を設置いたしましたので、老朽化した丸の内公衆便所を廃止するものでございます。

 次に、児童遊園条例の改正でございますが、これは旧公益質屋跡地の一部に出居番児童遊園を設置することに伴い、名称及び位置を定めるものでございます。

 次に、地域下水道条例の改正でございますが、これは処理施設の老朽化に伴い、木工団地地域下水道並びに総合卸売団地地域下水道を廃止するものでございます。

 なお廃止後は、両地域下水道とも公共下水道地域として供用開始をしてまいります。

 次に、補正予算について説明を申し上げます。

 今回の補正は、9月補正後の状況の変化に伴いまして補助事業の内定に伴う経費のほか、緊急に予算措置が必要なものなどを中心に補正をしたものでございまして、一般会計、特別会計を含めた補正総額は1億 3,642万円で、補正後の予算総額は水道事業会計を含め 935億 6,324万 4,000円となり、前年同期と比較して 3.4%の伸びとなっております。

 このうち一般会計の補正規模は 4,222万円で、補正後の予算総額は 460億 2,097万円となっております。

 また、特別会計の補正は、霊園特別会計と松本臨空工業団地建設事業特別会計の2会計でございまして、補正の規模は 9,420万円で、補正後の特別会計の予算規模は 402億 7,485万円となっております。

 次に、補正予算の主な内容について申し上げます。

 まず、一般会計では、補助事業の内定に伴うものといたしまして、中央西地区の市街地再開発事業の推進を図るため、推進計画作成事業費を、また都市景観形成事業の一環といたしまして、中町まちなみ修景事業に対する補助金を新たに計上したほか、県単土地改良事業費及び公園整備事業費などについて、事業費の変更に伴う補正を行っております。

 次に、明年度着工を予定をしております施設建設事業を円滑に進めるための経費といたしまして、浅間温泉国際スケートセンター管理棟改築事業に伴う現施設解体及び造成に要する経費を歳出予算で、また建設費を債務負担行為でそれぞれ追加計上したほか、(仮称)美ケ原温泉センター建設事業及び本郷幼稚園移転改築事業に係る設計委託費を新たに債務負担行為で計上をしております。

 このほか、松本市野球場建設事業に伴う水道管移設補償工事費のうち、本年度に係る経費を、さらに松本ソフト開発センターの建設事業費のうち、本年度に係る補助金を追加計上をしております。

 次に、急を要する経費といたしまして、カトマンズ市との姉妹都市提携調印に係る経費を計上したほか、勤労者資金融資の需要の増大に伴い、勤労者資金融資預託金を追加計上をしております。

 なお、これらの経費の補正財源といたしましては、それぞれの事業に伴う特定財源を計上したほか、不足財源につきましては予備費を取り崩し、財源手当を行うこととしております。

 次に、特別会計につきましては、まず霊園特別会計で、北側部分の新霊園の用地取得について、用地交渉の進展によりまして所要の経費を追加計上しております。

 また、松本臨空工業団地建設事業特別会計につきましては、松本ソフト開発センターに併設をする(仮称)松本臨空工業団地管理事務所建設事業費のうち、本年度に係る経費を計上しております。

 次に、市有財産の取得について申し上げます。

 これは都市計画道路3・4・12駒町下馬出し線事業用施設として、城西地籍の建物を取得するものでございまして、鉄筋コンクリート造陸屋根5階建ての建物を、廣瀬栄一氏他19名から2億 2,524万 9,776円で取得をしようとするものでございます。

 このほかの議案といたしましては、市道の廃止、認定及び変更をそれぞれお願いをしております。

 以上、提出案件につきまして説明を申し上げましたが、この際当面をしております市政の懸案事項について申し上げます。

 まず、リニア中央新幹線の建設促進についてでございますが、ご承知のとおり、懸案でありました長野県内のルート問題が本年6月Bルート、いわゆる伊那谷ルートで推進をすることに一本化され、また国においては、8月にリニアモーターカー新実験線の建設地を山梨県に決定をいたしました。

 このような情勢の中で、現在松本広域圏と大北広域圏の26市町村が、民間団体と一緒になりましてニリア中央新幹線の建設促進並びに中央新幹線と北陸新幹線とを結ぶアクセス線の調査研究を行うための組織づくりに取り組んでおりまして、来年1月早々にも(仮称)リニア中央エクスプレス建設促進中信地区期成同盟会を設立する予定でございますので、よろしくお願いを申し上げます。

 次に、松本ソフト開発センターの取り組みについて申し上げます。松本ソフト開発センターの建設につきましては、第3セクター方式による財団法人が事業主体となりまして、国、県補助金2億円、さらに無利子の中小企業高度化資金約2億 2,000万円を借り入れ、総事業費約5億 3,000万円で進めているものでございます。

 既に、去る11月13日には、補助事業、また高度化資金融資対象事業として、県からそれぞれ内定通知をいただくとともに, 11月21日には、県知事から財団法人松本ソフト開発センターの設立が認可をされました。

 現在、併設を予定しております(仮称)松本臨空工業団地管理事務所もあわせて実施設計の段階でございますが、地域産業経済の発展、振興のためにも、1日も早く活用できますよう早期に着工をし、来年10月竣工に向け、今後一層努力してまいる所存でございますので、ご理解、ご協力をお願いをいたします。

 次に、下水道事業の認可区域の拡大について申し上げます。公共下水道事業につきましては、昭和25年に計画決定、事業認可を得て以来、宮渕処理区を中心に整備促進を図る一方、昭和63年10月には両島処理区の供用を開始するなど、逐次計画の拡大を図りながら整備を進めてまいったところでございますが、本年度国に対しまして事業認可の拡大について申請を行ってまいりましたところ、おかげをもちまして去る10月2日付で建設大臣から認可がおりました。

 今回の拡大は、市街化区域の全域と空港関連地域につきまして事業認可となったもので、これによりまして公共下水道区域 780.2ha及び特定環境保全公共下水道区域 424haが拡大され、認可面積は 4,083.2haとなりました。

 今後も市民の皆さんの要望にこたえるべく、全市下水道を目指しまして、積極的に下水道整備を進めてまいる所存でございますので、よろしくお願いを申し上げます。

 次に、水田農業確立対策後期対策について申し上げます。去る11月20日、国は平成2年度から取り組む水田農業確立対策後期対策の要綱骨子を発表いたしました。これによりますと、転作等目標面積は、前期目標面積77万haに、昭和63年度から実施をしてまいりました米消費対策としての需給均衡化緊急対策分6万haを含めた現行目標面積の83万haに据え置かれ、近く要綱や市町村への配分等が発表される予定になっおります。

 本市といたしましては、生産者及び関係団体の皆さんの一層のご理解とご協力を得ながら、米の需要に見合った生産計画の確立のため努力をしてまいる所存でございますので、よろしくお願い申し上げます。

 次に、松本トンネル道路の現状について申し上げます。県及び県道路公社ともども進めてまいりました本道路の用地交渉につきましては、島内地籍の本線部分の用地につきまして、このたび一部を除き県及び県道路公社と地権者の間において調印が行われました。これも議会並びに地権者を初めとする地元関係者の皆様方の深いご理解とご協力の賜物と心から感謝を申し上げる次第でございます。

 今後は、残る用地につきまして、1日も早く調印ができますよう、県及び県道路公社に協力をして一層努力してまいる所存でございますので、引き続きご理解、ご協力のほどをお願い申し上げます。

 次に、大型文化施設、体育施設の建設について申し上げます。

 まず、県立文化施設につきましては、松本広域圏を中心として広く県民の期待にこたえ、劇場、会議室、展示機能等を備えた施設として、平成4年春オープンを目指し、去る10月17日に起工式が行われました。

 また、松本市総合体育館につきましても、収容人員 7,000人のメインアリーナを中心として、機能の充実した全国的にも誇れる有数な施設として、平成3年秋のオープンを目指しまして、去る10月11日に起工式を行い工事に入っております。

 この2つの施設が完成の暁には、文字どおり全国的、国際的な文化、スポーツの交流拠点が誕生をするわけでございまして、文化、スポーツの振興はもとより、本市の限りない発展に大きく寄与するものと確信をしております。

 一方、(仮称)松本市基幹図書館につきましては、多様化する市民の学習要望にこたえる本市の図書館サービス網の拠点施設として、平成3年秋のオープンを目指し、去る11月24日に起工式を行うとともに、松本市野球場につきましても、収容人員2万 5,000人の規模を持つ、これまた全国的にも有数な施設として、平成3年7月のオープンを目指し、11月27日に起工式を行い、それぞれ工事に着手をしております。

 なお、野球場につきましては、竣工記念イベントとして市民待望のプロ野球公式戦を招致すべく、現在関係方面にお願いをしておるところでございます。

 以上、申し上げましたこれらの施設は、いずれも21世紀を展望した市民の生涯教育、生涯スポーツ時代の拠点施設として整備をするものでございまして、1日も早く完成をいたしますよう努力をしてまいる所存でございますので、よろしくお願いをいたします。

 以上、提出議案等につきまして説明を申し上げましたが、今期定例会には、教育委員会委員の任命につきまして、後日提案申し上げる予定でございます。

 また、職員等の給与改定に伴います職員の給与に関する条例及び特別職の職員等の給与並びに費用弁償に関する条例の改正並びに関連予算につきましては、今後の状況を見ながら対処する所存でございますので、よろしくお願いを申し上げます。

 なお、議案以外のものといたしましては、市長の専決処分事項の指定にかかわるもの2件、並びに請願の処理経過等1件を報告申し上げております。

 さらに、ただいま提案申し上げましたもののうち、予算につきましては、企画財政部長からその内容を説明申し上げますので、よろしくご審議くださいますようお願いを申し上げます。



○議長(大槻政彦君) 深沢企画財政部長。



◎企画財政部長(深沢豊君) 〔登壇〕

 議案第4号から6号までの補正予算につきまして、補足説明を申し上げます。

 お手元の平成元年度12月補正予算の概要をごらんいただきたいと思います。1ページをお願いいたします。

 最初に、補正予算の規模でございますが、中ほどに補正額が申し上げてございますが、一般会計では 4,222万円の補正でございまして、補正前の額と合計をいたしますと、 460億 2,097万円となるものでございます。前年同期との伸びは 7.9%となります。

 それから、特別会計15会計中今回2会計を補正をいたしてございますが、霊園会計で 9,420万円、それから臨空工業団地建設事業では予備費の組み替えでございます。合計をいたしますと、1億 3,642万円の補正でございまして、全体の前年同期の伸びは 3.4%ということになります。

 次に、一般会計の歳入で、款別に主なものを申し上げますと、12款の県支出金、中ほどに補正額がございますが、 1,022万円。14款の寄附金が 884万円。1つ飛びまして、17款の諸収入1,016 万円。18款の市債で 1,130万円。こういったところが主な歳入でございます。

 次に、歳出でございますが、6款の農林水産業費で 2,703万円。7款の商工費で 3,692万円。8款の土木費で、これは減額でございますが 3,170万円。10款の教育費で 5,600万円。14款の予備費で 7,072万円ということで、財源調整の減額でございます。

 次に2ページをお開きいただきたいと思います。補正の主な内容につきまして申し上げます。

 まず歳入でございますが、1つ飛びまして、11款の国庫支出金でございます。2項の国庫補助金で減額の 811万円でございますが、内容につきましては右の端の欄でご説明を申し上げたいと思いますが、上から3番目に●、これが新規のものでございますけれども、市街地再開発事業費補助金 160万円でございますが、これは中央西地区の13、14ブロックにつきまして、現在再開発事業の実施を計画いたして進めているわけでございますが、これをさらにこの計画を具体的に進めますために権利調整、それから経営計画等を中心にいたしました推進計画を、国、県の補助金を受けて策定をする事業でございまして、これに伴います国の補助金でございます。事業費が 480万円の3分の1でございます。県にも同額がございます。

 次に、12款の県支出金でございますが、2項の県補助金でございます。 1,022万円でございますけれども、上から2番目にロマンのまち整備事業費補助金 100万円がございます。これは県がまちづくり事業を進めるために本年度新設をいたしました制度でございまして、本市の中町がこの補助制度の適用を受けまして、景観整備事業を実施するものでございます。事業費が300 万円の3分の1の額でございます。その下に●で市街地再開発事業の県の補助金がございます。先ほど国庫補助金で申し上げた県の補助金でございます。

 14款の寄附金でございますが、1項の寄附金でございます。これは農道整備事業費の寄附金884 万円でございますが、これは今井の古池の農道整備事業費でございまして、最初は県の土地改良事業で5年の計画で、国が45%、県が25%でございますが、国、県で70%、市が30%の負担で計画をいたしたわけでございますが、その後東京電力が朝日村にございます新信濃変電所、サイクルの変換の変電所でございますが、この設備の更新を平成2年度に実施をしたいと、こういうことで資材運搬の関係で大型車が通行をいたすわけでございますので、ぜひ道路整備について促進をと、こういう要請を受けまして、国、県の70%の補助金を東京電力が負担をすると、こういうことにいたしまして、県単から市単に事業を組みかえまして、5年を2年の計画で実施をするというものでございまして、本年度事業費が 1,246万円でございまして、この70%で 884万円でございます。東京電力からの寄附金でございます。

 それから、第15款でございまして繰入金でございます。これはスポーツ施設整備基金の繰入金の追加でございます。 727万円でございますが、歳出で野球場の整備関係費を計上いたしてございますが、事業費に起債の75%を充当いたしまして、残りの25%でございますが、 727万円でございますけれども、これをスポーツ施設整備基金を充当するために繰り入れするものでございます。

 それから、17款の諸収入でございまして 1,002万円でございますが、これは先ほど市長もご説明申し上げましたように、勤労者の金融対策の預託金の回収金でございます。大変需要が伸びておりまして、この不足に充当するために 1,000万円の追加預託をするための回収金でございます。

 18款の市債でございますが、 1,130万円でございます。これは地域総合整備事業債の追加でございまして、1つにはスケートセンターの管理棟の改築に伴うものでございますす。1つは、松本市野球場の建設にかかわります起債をそれぞれ追加をいたしているものでございます。

 次に、3ページをお願いしたいと思います。

 歳出でございますが、2款の総務費でございます。総務管理費でございますが、これは国際交流事業費の追加で 1,238万円を計上いたしてございますが、これはカトマンズ市との姉妹都市の提携にかかわります経費が主なものでございます。

 1つ飛びまして5款の労働費でございますが、労働諸費でございます。 1,000万円でございます。これが先ほど歳入で申し上げました勤労者の貸付金の追加に伴います預託金でございます。

 それから、6款の農林水産事業費でございますが、耕地事業費でございます。 2,703万円でございますが、右の方で市単耕地事業費の追加で 2,235万円でございますが、このうち 1,264万円が歳入で先ほど説明申し上げましたが、今井の古池の農道の整備にかかわるものでございます。ことしは設計と仮設水路をつくるものの事業費でございます。残りの 971万円でございますが、これは一般の市単の水路の工事費を今回追加をお願いしてございます。

 7款の商工費でございますが、1項の商工費でございます。 2,749万円でございますが、これは松本ソフト開発センターの建設事業費でございまして、これも先ほど市長から説明申し上げましたように、ソフト開発センターが本年度着工となるわけでございますが、この市の補助金、本年度分を債務負担行為から歳入歳出予算に組み替えるものでございます。

 次の2項の観光費でございますが、 943万円でございます。(仮称)美ケ原温泉センター建設事業費、この温泉センターの建設にかかわります美ケ原温泉駐車場の造成工事費 927万円でございまして、これは美ケ原温泉センターを平成2年度に国の補助を受けまして建設する計画でありますが、この建設場所を現在の美ケ原温泉駐車場の一角に計画をいたしているわけでございます。この駐車場が都市計画駐車場でありますので、つぶれる面積を確保しなきゃいけないわけでございまして、幸い隣接地に確保することができまして、本年度中にこの駐車場の整備を実施するものでございまして、このための事業費をお願いをいたしておるものでございます。

 8款の土木費でございますが、2項の道路橋梁費で 793万円でございます。上から2番目に、単独新設改良事業費の組み替えでお願いしてございますが、市道の一番上に2670号線でございまして、 6,000万円を追加をお願いしてございますが、これは浅間国際スケートセンターへ通じます雨堤線の工事でございますが、来年12月に予定しておりますワールドカップまでに、相互交通のできるように道路整備を行うものでございますが、本年度と来年度に分けまして実施をするということで、本年度 6,000万円の工事費の追加をお願いしているものでございます。

 それから、4項の都市計画費でございますが、これは 3,963万円の減額でございますが、1番上に国庫補助公園整備事業費の更生減 5,000万円がございます。これは中央公園、旧保健所、松建の方の地域でございますが、建物移転等についてお願いしてまいっておりますが、代替地がまだ決まらないということで、 事業費の繰り延べをするために 1,000万円を残しまして、5,000 万円を減額するものでございます。

 次の、都市景観事業費の追加で 300万円でございますが、まちづくり修景事業費の補助金でございまして、これは先ほど歳入の県支出金のところでご説明申し上げましたロマンのまちづくり事業に伴うものでございます。中町の事業費 300万円でございます。その下に中央西まちづくり事業費 480万円がございますが、これは先ほど歳入でやはりご説明申し上げましたが、推進計画をつくります中央西の13、14ブロックの推進計画の策定費でございます。

 次の4ページをお願いしたいと思いますが、10款の教育費でございまして保健体育費でございます。 5,600万円の補正でございますが、1つは、松本市野球場建設事業費の追加で 2,897万円でございます。これは市営野球場、現在工事が進められておるわけでございますが、西北の隅に野球場内の通路がございますが、この通路に県の企業局の松塩水道の送水管と市の水道局の配水管が埋設されておることが実は後でわかったわけでありまして、これを移転しないと野球場の工事に支障を来しますので、今回工事費の補正をお願いいたしましてこの移設を行うものでございます。全体では 8,360万円でございますが、本年度分として 2,897万円をお願いをいたしておるものでございます。

 次に、その下のスケートセンター管理棟改築事業費の追加 2,695万円でございます。これは来年の春、2月解体、そして4月着工ということで、12月の大会に間に合わせるべく11月完成のスケジュールで進めていくわけでございますが、この本年度解体工事費造成費の一部をここでお願いをしているものでございます。

 予備費につきましては、 7,072万円の減額でございますが、財源調整のための減額でございます。

 次に、債務負担行為で主なものを申し上げますと、最初に追加、新規のものでございますが、一番上に(仮称)美ケ原温泉センター建設事業の設計委託、その下に本郷幼稚園移転改築事業設計委託がございますが、いずれも平成2年度に国の補助を受けまして建設するものでございまして、工期の関係から本年度どうしても設計を行わなければいけないものでございまして、債務負担行為をお願いをいたしているものでございます。その下にスケートセンター管理棟改築事業費、事業費そのものでございますが、債務負担行為をお願いしてございますが、これも工期の関係から4月着工が必要でありますので、2月議会で契約手続を進めるための債務負担行為をお願いしているものでございます。

 それから、変更でございますが、(仮称)松本ソフト開発センターの建設事業費の補助金、これにつきましては本年度分の補助金を歳入歳出に組み替えます減額でございます。 2,749万円の減でございます。

 その下の松本野球場建設事業でございます。先ほど予算のところで申し上げました水道管の移設に伴います来年度支払い分にかかわる事業費について債務負担行為を追加させていただいております。 5,860万円の増でございます。その下が野球場の上に絡みます設計管理委託でございまして、52万円の追加をお願いしてございます。

 次に5ページでございますが、特別会計について申し上げますが、最初に霊園特別会計でございまして、 9,420万円の補正でございます。これは南側に続きまして北側の用地 9,902kmでございますが、土地開発公社より買い取る予算を債務負担行為から歳入歳出予算に振りかえをいたすものでございます。

 その下の松本臨空工業団地建設事業特別会計でございます。これは組み替えでございますが、内容につきましては、仮称管理事務所建設事業でございますが、ソフト開発センターの中に臨空団地の管理事務所を併設するわけでございます。この工事費について予備費を減額いたしまして計上するものでございます。いずれも債務負担行為からの歳入歳出への振りかえでございます。

 次に、債務負担行為でございますけれども、霊園特別会計でございます。これはただいまの予算の組み替えによります減額でございますし、その下の臨空工業団地建設事業特別会計につきましては、ただいまの管理棟の工事費につきまして歳入歳出へ組みかえます 1,020万円の減額でございます。

 以上、補足説明を終わらせていただきます。



○議長(大槻政彦君) ただいま、理事者からそれぞれ上程議案に対する説明がありました。

 以上をもって、本日の日程は終了いたしました。

 本会議は明6日から10日までの5日間、議案調査のため休会し、11日午前10時再開の上、市政一般に対する質問を行います。

 なお、発言される方は所定の通告書に記載の上、質疑、質問とも12月6日午後3時までに提出願います。発言の順序はくじによって決定いたします。なお、質疑に限り当日の追加通告を認めることになっております。その場合は通告順といたしますので、ご了承願います。

 本日の会議はこれをもって散会いたします。

 ご苦労さまでございました。

 午後1時46分散会