議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 松本市

平成25年  1月 臨時会(第1回) 01月16日−01号




平成25年  1月 臨時会(第1回) − 01月16日−01号









平成25年  1月 臨時会(第1回)



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          平成25年松本市議会第1回臨時会会議録

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     平成25年松本市議会第1回臨時会が1月16日午前10時

    松本市議事堂に招集された。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           平成25年1月16日(水曜日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                  議事日程

                     平成25年1月16日 午前10時開議

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 会期の決定

 第3 議案第1号 平成24年度松本市一般会計補正予算(第4号)

 第4 委員長審査報告

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      議長   柿澤 潔      副議長   白川延子

出席議員(31名)

      1番   田口輝子       2番   上條美智子

      3番   上條 温       5番   村上幸雄

      6番   中島昌子       7番   太田典男

      8番   小林あや       9番   阿部功祐

     10番   小林弘明      11番   上條俊道

     12番   犬飼信雄      13番   山崎たつえ

     14番   忠地義光      15番   宮坂郁生

     16番   村瀬元良      17番   吉江けんたろう

     18番   芝山 稔      19番   宮下正夫

     20番   熊井靖夫      21番   柿澤 潔

     22番   青木豊子      23番   近藤晴彦

     24番   草間錦也      25番   太田更三

     26番   南山国彦      27番   白川延子

     28番   赤羽正弘      29番   大久保真一

     30番   増田博志      31番   中田善雄

     32番   池田国昭

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

  市長       菅谷 昭   副市長      坪田明男

  総務部長     高山 満   政策部長     寺沢 健

  財政部長     安達正泰   危機管理部長   牧垣壽志

  市民環境部長   武井保典   健康福祉部長   渡辺 明

  こども部長    青木敏和   農林部長     勝家秀夫

  商工観光部長   平尾 勇   建設部長     堀内俊男

  城下町整備本部長 早坂義導   上下水道局長   丸山今朝雄

  病院局長     熊谷賢一   教育委員長    斉藤金司

  教育長      吉江 厚   教育部長     川上一憲

  行政管理課長   福嶋良晶   秘書課長     小原直樹

  政策課長     大石幹也   財政課長     島村 晃

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

  事務局長     栗原信行   事務局次長    林 婦美子

  次長補佐兼議会担当係長     次長補佐兼議会担当係長

           三沢眞二            市川英治

  主査       金子 稔   主査       滝澤 修

  主任       出羽沢千曲  主任       畑中悠子

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

           本日の会議に付した事件

 議事日程記載事件のとおり

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                                午前10時開会



○議長(柿澤潔) これより、平成25年松本市議会第1回臨時会を開会いたします。

 現在までの出席議員は31名でありますので、定足数を超えております。

 よって、直ちに本日の会議を開きます。

 最初に報告事項を申し上げます。

 市長より議案が1件提出されております。

 また、地方自治法第180条第2項の規定に基づき、市長の専決処分事項の指定にかかわる報告が2件提出されております。あらかじめご配付申し上げてあるとおりであります。

 本日の議事は、お手元にご配付申し上げてあります議事日程によって進めます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(柿澤潔) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第122条の規定により、議長において9番 阿部功祐議員、10番 小林弘明議員、11番 上條俊道議員を指名いたします。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(柿澤潔) 日程第2 会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(柿澤潔) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日1日と決定いたしました。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第1号



○議長(柿澤潔) 日程第3 議案第1号を上程いたします。

 提案理由の説明を求めます。

 菅谷市長。



◎市長(菅谷昭) 〔登壇〕

 本日ここに、平成25年松本市議会第1回臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆様方にはおそろいでご出席をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 今臨時会は、民主党政権下における緊急かつ重要な施策に関する経済危機対応並びに地域活性化予備費等の活用についての閣議決定を受け、松本市が申請しておりました小中学校大規模改造事業などの補助事業の内示決定が12月末にありましたことから、現下の厳しい経済情勢を踏まえ、経済対策関係経費を盛り込んだ補正予算を編成するため、急遽招集をさせていただいたものでございます。

 本日提案申し上げました議案は、平成24年度一般会計補正予算の1件でございます。

 補正予算の規模といたしましては、一般会計で13億7,725万円の追加で、補正後の予算規模は903億7,088万円で、前年同期比で0.5%の減となっております。

 補正の主な内容は、農林水産業費では、農業の基盤整備を図るため、里山辺並びに神林地区の農道の改良経費1,893万円を新規に計上しております。

 また、教育費では、平成25年度に実施を予定しておりました本郷小学校を初めとする市内小中学校6校の大規模改造事業を前倒して実施するための事業費13億7,771万円を追加で計上しております。

 私は、これまでも基礎自治体の長として、市民の生活を守るという観点から、その都度、状況に応じて機敏に国の施策と連携し、あるいは独自に経済対策を講じてきたところであります。

 今回の補正予算は、県内の市町村で最も大規模なものとなりますが、こうした柔軟に対応できますことは、翌年度以降の財政収支を見据え、これまで一貫して「計画行政の推進」並びに「健全財政の堅持」に努めてきたところによるものであり、このたびの補正予算につきましても、景気浮揚と地域経済への下支えとなるよう、直ちに年度内の事業執行に向け、早期の対応に努めてまいります。

 ご承知のとおり、昨年末に第2次安倍内閣が船出をいたしました。とりわけ、経済再生・デフレ脱却を最重要課題に、景気回復に向け全力で取り組む決意を示されており、喫緊の経済対策に資する本年度の補正予算並びに平成25年度の当初予算編成が速やかかつ大胆に行われ、経済の閉塞感や暮らしの不安感が拭われ、加えて「強い経済」への転換が図られますことを期待するところであります。

 私も引き続き、国の動向をしっかり注視して、市民のニーズに沿った、地域に不可欠な公共事業を選択して行うなど、経済対策に努めてまいる所存でございますので、何とぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 なお、議案以外のものとしましては、市長の専決処分事項の指定にかかわる報告2件を報告いたしております。

 以上、本日提案いたしました議案等についてご説明申し上げましたので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 さて、年も改まったわけでございますが、平成25年度の市政運営に当たっての所信につきましては、当初予算をお願いいたします2月定例会におきまして、改めて申し述べさせていただくこととし、この場では、信州まつもと空港の利用促進と観光振興策の一環として推進します九州戦略の新たな展開として、去る12月21日、幸山政史熊本市長、田川憲生熊本商工会議所会頭に直接お会いし、トップセールスを行ってまいりましたので、その報告を含め、信州まつもと空港の活性化と都市間交流の推進について、若干申し上げたいと存じます。

 初めに、幸山熊本市長との懇談では、熊本市と松本市とは、人口など規模の違いこそございますが、日本でも指折りの城下町であることや、産業面では観光資源に恵まれ、気候を生かした農業も盛んであることなど共通する点が多く、まずは民間レベルの交流からさらなる交流につなげてみてはとの前向きなお考えをお伺いし、大変よい感触を得ることができました。

 次に、文化・観光都市協定に基づく鹿児島市との都市間交流事業につきましては、森 博幸鹿児島市長を初めとする関係者のご協力により、松本山雅FCの念願でありました鹿児島キャンプがいよいよ間近に迫ってまいりました。

 これまで、両市におきましては、観光パネル展による相互交流やFDAを利用したキャンプ地訪問を含めた鹿児島ツアー商品の造成などの取り組みを進めてまいったところでございます。

 そのような中で、来る2月10日には、FDAの鈴木与平社長のお力添えにより、鹿児島市においてJ1清水エスパルスとのトレーニングマッチが行われることとなりました。このことは、鹿児島市との交流事業におけるまたとない好機とおらえ、私自身、現地に赴き、鹿児島市など関係の皆様方へお礼を申し上げるとともに、松本山雅FCの選手や関係者の激励と、トレーニングマッチ会場において、信州・松本の観光PRなどを行ってまいりたいと考えております。

 また一方、去る12月27日には、FDAが信州まつもと空港に初めて就航した平成22年6月1日以来、2年7カ月余の歳月をかけ、その利用者が20万人となりました。この結果は、ひとえに鈴木与平社長を初めとするFDA、松本市議会、長野県、周辺自治体、地域経済界など、実に多くの関係の皆様方のご支援、ご協力のたまものであり、この場をおかりして、改めて心から感謝を申し上げます。そして、これまでの道程を思い返し、感無量の思いでおります。

 今後は、来年3月に予定される8機目の航空機の導入にあわせて、地元悲願の福岡線の複便化を実現すべく、ことしが正念場と位置づけ、九州戦略はもとより、札幌線におきましても、地元需要の掘り起こしと札幌方面からの誘客の充実を図るなどして、信州まつもと空港全体の利用価値が高まりますよう、都市間交流を切り口とする可能な策はすべて講じる覚悟で、一層の利用促進に努めてまいりますので、議会におかれましても、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 続いて、「健康寿命延伸都市・松本」の創造に関連して申し上げます。

 ご案内のとおり、他市に先駆け、議会を初め市民の皆様とともに歩み進めてまいりました「健康寿命延伸都市・松本」の創造なる都市戦略が、昨年、国におきまして、その実績が認められるとともに、一定の評価をいただき、松本市が厚生労働省の「生涯現役社会を目指す元気活性化事業」や、経済産業省の「医療・介護周辺サービス産業創出調査事業」の対象都市に選ばれました。

 今後は、これまでの取り組みを松本市全体へと広げ、一層発展させていくためにも、市民の皆様一人ひとりがみずからのこととして、誇りを持って「健康寿命延伸都市・松本」のピンバッジを胸につけ、さらに周りの方々へも広めていただき、松本市が日本の健康を力強く引っ張っていくという「健康牽引都市」としての意識を持っていただきたいと強く願うところでございます。

 本年も引き続きプラス志向のもと、スピード感を持って、全国を牽引していく意気込みで取り組んでまいりますので、議会を初め市民の皆様には、一層のご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(柿澤潔) ただいま市長から、上程議案に対する説明がありました。

 議案調査のため、暫時休憩いたします。

                             午前10時11分休憩

                            −−−−−−−−−−−

                             午前10時12分再開



○議長(柿澤潔) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 最初に、議案第1号に対する質疑につきましては、通告がありませんので、これを終結いたします。

 次に、議案の委員会付託を行います。

 ただいま議題となっております議案第1号につきましては、一層慎重審議を期するため、お手元にご配付いたしてあります委員会付託案件表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

 委員会審査のため休憩いたします。

                             午前10時12分休憩

                            −−−−−−−−−−−

                             午後1時再開



○議長(柿澤潔) 休憩前に引き続き会議を開きます。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 委員長審査報告



○議長(柿澤潔) 日程第4 議案第1号を議題として、委員長の報告を求めます。

 最初に、教育民生委員長 忠地義光議員。



◆教育民生委員長(忠地義光) 〔登壇〕

 教育民生委員会に付託された議案第1号 平成24年度松本市一般会計補正予算(第4号)中、当委員会関係について申し上げます。

 今回の補正は、国の緊急経済対策に対応し、地域経済の活性化を図る経費であり、本郷小学校、旭町小学校、二子小学校、島内小学校、島立小学校及び梓川中学校の大規模改造事業のうち、次年度以降に実施を計画していた分について、前倒しで実施するものであり、異議なく可決すべきものと決しました。

 以上を申し上げ、教育民生委員会の報告といたします。



○議長(柿澤潔) 次に、経済環境委員長 宮下正夫議員。



◆経済環境委員長(宮下正夫) 〔登壇〕

 経済環境委員会に付託された議案第1号 平成24年度松本市一般会計補正予算(第4号)中、当委員会関係についてご報告申し上げます。

 今回の補正は、地域活性化に資する追加補正予算として、里山辺地区及び神林地区における農道改良など農業基盤整備事業に要する経費で、次年度以降に実施を計画していた分について、前倒しして実施するものであり、異議なく可決すべきものと決しました。

 以上を申し上げ、経済環境委員会の報告といたします。



○議長(柿澤潔) 次に、総務委員長 芝山 稔議員。



◆総務委員長(芝山稔) 〔登壇〕

 総務委員会に付託されました議案第1号 平成24年度松本市一般会計補正予算(第4号)中、当委員会関係部分について申し上げます。

 今回の補正は、国の緊急経済対策に応じ、地域経済活性化に資する経費を計上したもので、その規模は13億7,725万円の追加となるものであります。

 当委員会といたしましては、歳入では、事業実施のための分担金、国・県支出金及び市債の補正をするもの、歳出では、事業実施のための一般財源として予備費の減額補正を行うものであり、異議なく可決すべきものと決しました。

 以上、総務委員会の報告といたします。



○議長(柿澤潔) 以上をもって委員長の報告は終わりました。

 委員長の報告に対し、質疑のある方の発言を求めます。

 質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(柿澤潔) ないようでありますので、質疑は終結いたします。

 次に、ただいまの案件に対し、意見のある方の発言を求めます。

 意見はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(柿澤潔) ないようでありますので、これより採決いたします。

 議案第1号 平成24年度松本市一般会計補正予算(第4号)につきましては、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(柿澤潔) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第1号につきましては、委員長の報告のとおり可決されました。

 以上をもって今期臨時会に付議された案件は議了いたしました。

 これをもって、本日の会議を閉じ、第1回臨時会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

                               午後1時5分閉議

                               午後1時5分閉会

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。

  平成25年1月16日

                     松本市議会議長  柿澤 潔

                     松本市議会議員  阿部功祐

                        同     小林弘明

                        同     上條俊道