議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 長野市

平成16年 11月 臨時会 11月04日−01号




平成16年 11月 臨時会 − 11月04日−01号







平成16年 11月 臨時会



平成十六年十一月四日(木曜日)

 出席議員(四十一名)

    第一番      太田和男君

    第二番      伝田長男君

    第三番      塩入 学君

    第四番      小林紀美子君

    第五番      寺澤和男君

    第六番      若林清美君

    第七番      岡田荘史君

    第八番      山田千代子君

    第九番      三井経光君

    第十番      小山岑晴君

   第十一番      倉野立人君

   第十二番      宮坂秀徳君

   第十三番      加藤吉郎君

   第十四番      中川ひろむ君

   第十五番      祢津栄喜君

   第十六番      小林義直君

   第十七番      滝沢勇助君

   第十八番      田中 健君

   第十九番      轟 正満君

   第二十番      平瀬忠義君

  第二十一番      若林佐一郎君

  第二十二番      藤沢敏明君

  第二十三番      丸山香里君

  第二十四番      高野正晴君

  第二十五番      永井巳恵子君

  第二十六番      阿部孝二君

  第二十七番      小林義和君

  第二十八番      野々村博美君

  第二十九番      原田誠之君

   第三十番      宮崎利幸君

  第三十一番      伊藤治通君

  第三十二番      町田伍一郎君

  第三十三番      太田昌孝君

  第三十四番      赤城静江君

  第三十五番      近藤満里君

  第三十六番      小林秀子君

  第三十七番      石坂郁雄君

  第三十九番      布目裕喜雄君

   第四十番      池田 清君

  第四十一番      内山国男君

  第四十二番      松木茂盛君

 欠席議員(なし)

 欠員(一名)

  第三十八番

 説明のため会議に出席した理事者

  市長         鷲澤正一君

  助役         市川 衛君

  助役         酒井 登君

  教育委員会委員長   久保 健君

  教育長        立岩睦秀君

  公営企業管理者    甘利富雄君

  監査委員       戸谷修一君

  総務部長       中島忠徳君

  企画政策部長     米倉秀史君

  行政改革推進局長   小林昭人君

  財政部長       熊谷 弘君

  生活部長       堀内 修君

  保健福祉部長     増山幸一君

  環境部長       岩倉隆美君

  産業振興部長     小池睦雄君

  建設部長       中山一雄君

  都市整備部長     中村治雄君

  駅周辺整備局長    江原文男君

  水道局長       山田修一君

  消防局長       北澤正喜君

  教育次長       島田政行君

  教育次長       小泉敬治君

 職務のため会議に出席した事務局職員

  事務局長       中島国煕君

  議事調査課長     雨宮一雄君

  議事調査課長補佐   寺澤正人君

  係長         細井秀人君

  主査         湯本智晴君

  主査         大越英明君

  主事         上原和久君

  係長         浅川清和君

  主査         小林雅裕君

  総務課長       平井恒雄君

  総務課長補佐     北原 昇君

  係長         中村博幸君

       議事日程

 一 会期の決定

 一 会議録署名議員の指名

 一 諸般の報告

 一 議案第百三号から議案第百七号まで一括上程、理事者説明、質疑、委員会付託

 一 委員長報告

 一 委員長報告に対する質疑、討論、採決

   午前十時 開会



○議長(町田伍一郎君) ただ今のところ、出席議員数は四十一名であります。よって、会議の定足数に達しておりますので、これより平成十六年十一月長野市議会臨時会を開会いたします。

 本年は、台風が相次いで日本列島を襲い、また先月二十三日には大規模な直下型地震が新潟県中越地方を襲うなど、全国各地において未ぞ有の自然災害が発生し、尊い命、財産に甚大な被害をもたらしました。本市議会を代表して、風水害、地震災害等によってお亡くなりになられた方々のごめい福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様には心からお見舞いを申し上げる次第であります。

 一連の台風災害による死者、行方不明者は二百人を超え、地域の経済や住宅及び公共土木施設等に大きな打撃を与え、憂慮すべき事態を招いています。本市においても、人的被害こそなかったものの、家屋の浸水、土砂崩落による道路の寸断、農作物の被害など、多方面に被害が発生しましたことは御承知のとおりであります。

 新潟県中越地震においては二千人を超える死傷者が発生し、多くの住宅が全半壊し、道路、鉄道、上下水道などライフラインも寸断されました。今なお断続的な余震におびえながら、五万数千人の被災者が避難を余儀なくされ、不自由な生活を強いられております。国におかれては、被害の重大さを考慮され、被災地の早急な復旧・復興に最大限の努力をされるとともに、今後の防災行政に実効ある措置を講ぜられるよう切望するものであります。

 また、これから厳しい冬を控え、高齢者や乳幼児など弱者への健康被害も懸念されます。関係機関やボランティア等による被災者へのより積極的な支援を願うものであります。

 市長初め理事者には、市民の生命、財産と生活を守るため、本市が掲げる安全・安心なまちづくりを目指して、一層の防災体制の充実等に努めていただくようお願いするものであります。

   午前十時三分 開議



○議長(町田伍一郎君) 本日の会議を開きます。

 伊藤収入役から、公務出張のため本日の会議を欠席したい旨の申出がありましたので、御承知いただきたく御報告を申し上げます。

 初めに、会期の決定を議題といたします。

 本臨時会の会期につきましては、議会運営委員会の意見を徴しました結果、本日一日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(町田伍一郎君) 異議なしと認めます。

 よって、会期は本日一日間と決定いたしました。

 なお、本日の会議は、お手元に配布の日程により行いたいと思いますので、御了承をお願いいたします。

 次に、会議録署名議員の指名を行います。十三番加藤吉郎君、十四番中川ひろむ君の両名を指名いたします。

 この際、諸般の報告をいたします。

 市議会に対し陳情書の提出がありますので、お手元に配布の文書表により御報告申し上げます。

 次に、監査委員から随時監査並びに平成十六年八月分及び九月分の一般会計、特別会計、公営企業会計の例月現金出納検査の結果について、議長の手元に報告書がまいっておりますので、御報告いたします。

 次に、人事の紹介を申し上げます。

 過般選任されました固定資産評価審査委員会委員北村俊美君を御紹介申し上げます。

 ごあいさつをお願いいたします。



◎固定資産評価審査委員会委員(北村俊美君) ただ今御紹介いただきましたが、去る九月二十二日付けで長野市固定資産評価審査委員会委員に選任いただきました北村俊美でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(町田伍一郎君) 以上で諸般の報告を終わります。

 続いて、議事に入ります。

 議案第百三号から議案第百七号まで、以上五件、一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 鷲澤市長

   (市長 鷲澤正一君 登壇)



◎市長(鷲澤正一君) 平成十六年十一月市議会臨時会を招集申し上げましたところ、議員の皆様にはお忙しい中御出席をいただき、誠にありがとうございます。本日提出いたしました議案の審議につきまして、よろしくお願いを申し上げます。

 さて、本年は、相次いで襲来した台風の影響と九月からの秋雨前線による長雨の影響が相重なり、特に先月は土砂災害や農作物被害などが市内各地で発生いたしました。取り分け台風二十二号が通過した九日夕方から十日の朝にかけて、信更町安庭地区において国道十九号や飲食店などを巻き込んだ地滑りが発生いたしました。この地滑りにつきましては、引き続き伸縮計による監視など警戒に当たっておりますが、落ち着いた状況にあり、現在のところ、専門家の方々は拡大するおそれはないと判断されております。

 なお、十月二十二日には国土交通省へ出向き、国道十九号の一刻も早い復旧を要望してまいりましたが、今回の地滑りの正確な原因究明をしていただき、今後の対策を講じていく必要があると考えております。

 さらに、この地滑りによる被災者の皆様の対応やう回路の確保などに追われていたやさきの二十日から二十一日にかけて、台風二十三号が本県を直撃いたしました。私も災害対策本部に詰め、夜通しで警戒に当たり、またできるだけ被災者のお見舞いと被害現場を回り、災害をこの目で見ることに努めました。

 台風二十三号による本市の被害は、人的被害こそなかったものの、家屋の浸水、土砂崩落による道路の寸断、農作物の被害など、多くの箇所で発生いたしました。私が市長に就任して以来、これだけたくさんの被害が一挙に起きたのは初めてのことであり、改めて台風の恐ろしさを肌で感じておりますが、被害箇所の復旧に向けて全力で取り組んでまいりたいと考えております。

 また、長沼地区の新幹線車両基地周辺の水害を見て、浅川の治水問題を地元の皆様が心配されるのは当然のことであり、水害対策は、上流地域と下流地域とがコミュニケーションをとりながら対策を講じる必要があると再認識いたしました。

 台風による被害がおさまらない二十三日の夕刻には、新潟県中越地方で大地震が発生し、小千谷市を初めとして家屋倒壊、土砂崩落などの大災害に見舞われました。本市でも大変大きな振動がありましたが、幸い被害はありませんでした。しかし、この地震は、新潟市付近から長岡、小千谷、十日町、飯山、中野、そして長野市付近まで続く信濃川・千曲川に沿った活断層が震源と見られているため、予断ができない状態にありますので、引き続き警戒してまいりたいと考えております。

 なお、本市からは被災地の援助として、水道局から二トン給水車二台、消防局から十トン水槽車一台が出動し、被災者の皆様や病院への給水活動を行いました。また、消防局から合計七部隊、職員延べ三十七名を派遣いたしましたが、長岡市の土石に埋まったワゴン車から母子三人を救出する作業では、本市の消防職員を初めとする救助隊が命懸けで救出作業に当たるなど、被災者の救出や避難所への搬送、傷病者の病院への搬送の業務を行いました。

 その他、応急危険度判定士の資格を持つ技術職員を派遣したほか、市社会福祉協議会と協力しての炊き出しや、下水道のくみ出し作業のためにバキュームカーで現地に職員を派遣いたしました。

 今後も、被災地への人員の派遣や物品等の提供、施設への被災者受入れなどの支援につきましては、現地の状況や要望をしっかりと把握し、国・県・市長会などと連携をとりながら、隣接県として適切な支援を行ってまいりたいと考えておりますので、議員の皆様、市民の皆様の御理解と御協力をお願い申し上げます。

 本日、臨時会に提出いたしました議案は、平成十六年度長野市一般会計補正予算と共和小学校及び児童センターの建設に係る工事請負契約の締結についてで、合わせて五件であります。内容につきましては、市川助役から説明申し上げますが、よろしくお願いを申し上げます。

 以上でございます。ありがとうございます。



○議長(町田伍一郎君) 市川助役

   (助役 市川 衛君 登壇)



◎助役(市川衛君) 本市議会臨時会に提出いたしました補正予算並びにその他の議案につきまして説明を申し上げます。

 初めに、議案第百三号平成十六年度長野市一般会計補正予算につきまして説明を申し上げます。

 今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ四千万円を追加し、予算総額を歳入歳出それぞれ一千四百五十一億二千百三十四万六千円とするものでございます。これは、小型動力ポンプ付十トン水槽車の購入に要する経費四千万円を追加するものでございます。

 消防車両整備計画につきましては、本市の地理的特殊要因や広域消防業務を担っていること、また最近の災害、火災等の教訓から見直しを図りまして、被災時の生活飲料水の供給や消防水利の不足する地域での災害・消防活動に活用できる十トン水槽車を南北両拠点に計画的に配備することとしていたものですが、今回、消防庁から国庫補助の追加内示を受けたことから、後年度の配備計画を前倒しいたしまして購入することにしたものでございます。

 この財源といたしまして、国庫補助金七百九十六万二千円、繰越金七百二十三万八千円及び市債二千四百八十万円をもって充当するものでございます。

 なお、このたびの購入により、十トン水槽車二台を保有することとなりまして、それぞれ中央消防署及び篠ノ井消防署に配備するものでございます。

 第二表地方債補正につきましては、消防施設整備事業費におきまして、借入れ限度額を変更するものでございます。

 次に、議案第百四号から議案第百七号は、いずれも共和小学校・共和児童センターの建設に係る工事請負契約の締結についてでございます。

 新共和小学校及びこれに合築する共和児童センターの建設につきましては、平成十八年四月の開校を目指し準備を進めてまいりましたが、地元の皆様の御協力をいただく中で、昨年度までに用地取得を終え、このたび、建物の実施設計が完了し、工事着手の運びとなりましたので、工事請負契約を締結するものでございます。

 議案第百四号は、共和小学校・児童センター建設A工区−−特別教室棟、体育館、児童センターほかの建築主体工事施工のため、また議案第百五号は、同B工区−−北・南校舎普通教室棟、渡り廊下ほかの建築主体工事施工のため、議案第百六号は、同電気設備工事施工のため、議案第百七号は、同機械設備工事施工のため、それぞれ相手方と工事請負契約の締結をいたしたく、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第二条の規定によりまして、議会の議決をお願いするものでございます。

 以上、補正予算並びにその他の議案の説明を申し上げました。よろしくご審議の上、決定くださいますようお願い申し上げます。



○議長(町田伍一郎君) 以上で説明を終わります。

 続いて、議案の質疑を行います。

 議案の質疑は、各議案ごとに一括してお願いいたします。なお、所管の委員会に関する質疑は、できるだけ遠慮していただくことになっておりますので、御了承をお願いいたします。

 議案第百三号平成十六年度長野市一般会計補正予算

   (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(町田伍一郎君) 進行いたします。

 議案第百四号工事請負契約の締結について

   (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(町田伍一郎君) 進行いたします。

 議案第百五号工事請負契約の締結について

   (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(町田伍一郎君) 進行いたします。

 議案第百六号工事請負契約の締結について

   (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(町田伍一郎君) 進行いたします。

 議案第百七号工事請負契約の締結について

   (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(町田伍一郎君) 進行いたします。

 以上で議案の質疑を終結いたします。

 議案第百三号から議案第百七号まで、以上五件、お手元に配布いたしました委員会付託表のとおり、それぞれ関係の常任委員会に付託いたします。

 委員会審査のため暫時休憩いたします。

   午前十時十六分 休憩

   午前十一時二十分 再開



○議長(町田伍一郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第百三号から議案第百七号まで、以上五件、一括議題といたします。

 各委員会の審査が終了いたしておりますので、これより委員会の審査の経過並びに結果について、各委員長から報告を求めます。

 初めに、総務委員会委員長祢津栄喜君

   (総務委員会委員長 祢津栄喜君 登壇)



◆総務委員会委員長(祢津栄喜君) 十五番祢津栄喜でございます。

 私から、本市議会臨時会におきまして、本総務委員会に付託されました議案第百三号平成十六年度長野市一般会計補正予算の審査の結果につきまして御報告申し上げます。

 審査の結果につきましては、お手元に配布されております総務委員会決定報告書のとおり決定した次第であります。

 次に、委員会において論議され、市当局に要望いたしました主なる事項について申し上げます。

 去る十月二十三日、新潟県中越地方を震源とした新潟県中越地震が発生いたしました。震度七の本震を初めとして震度六以上の余震が四回発生し、さらに、現在も余震活動が活発な状態であり、予断を許さない状況が続いております。

 この地震に際し、犠牲となられた方々に対し、深甚なる哀悼の意を表すとともに、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げる次第であります。

 本市も過去には善光寺地震や松代群発地震などの地震災害が発生しており、活断層が存在していることからも地震災害には十分な注意を払う必要があります。また、本地震に先駆け、相次いで襲来した台風二十二号、二十三号による土砂災害及び風水害は、ほぼ同時期に市内各所に甚大な被害をもたらしました。一部の地域において被害発生当初から情報収集の不足よる対応の遅れや、また、伝達体制の不備もあったことから、被害状況の周知や避難等の指示系統が乱れ、多くの住民に不安を与えたことは、日ごろの災害に対する準備と非常時を想定した訓練の必要性を強く痛感いたしました。

 さて、本市の防災訓練につきましては、身近で参加しやすい市民型の防災訓練として、各地域において自主防災会主催により、消防職員、消防団員の協力を得ながら実施されているところであります。今後は、これらの災害を教訓とし、再びこのような事態に陥らないようにするためにも、まず、行政は防災マップなどによる防災知識の普及、啓発に努め、市民自身が自分の身は自分で守るを常に心掛けるよう、より実践的な訓練を行い、防災力を強化し、さらに、より迅速で確実な情報の収集・伝達体制の確立や、地域防災拠点としての支所体制の強化充実を図ることが肝要であります。

 また、災害の発生に的確に即応できるよう関係部局との連携はもとより、国・県等の関係機関とも一層の連携を図りながら、今後の防災対策の抜本的な見直しを行い、安全・安心なまちづくりの推進に努力するよう要望いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(町田伍一郎君) 以上をもちまして、総務委員会委員長の報告を終わります。

 続いて、経済文教委員会委員長岡田荘史君

   (経済文教委員会委員長 岡田荘史君 登壇)



◆経済文教委員会委員長(岡田荘史君) 七番岡田荘史でございます。

 私から、本市議会臨時会におきまして、本経済文教委員会に付託されました諸議案の審査の結果につきまして御報告申し上げます。

 審査の結果につきましては、お手元に配布されております経済文教委員会決定報告書のとおり決定した次第であります。

 次に、委員会において論議され、市当局に要望いたしました主なる事項について申し上げます。

 先月二十三日夕方、新潟県中越地方を震源として発生した最大震度七の新潟県中越地震は、多数の尊い人命や多くの住民の財産を奪うとともに、すべてのライフラインを寸断するなど、地域社会に壊滅的な被害を与えました。二十三日の地震発生後も断続的に余震が続き、今なお五万人近くの被災者が自宅で過ごすことができず、学校の体育館など屋内避難所に身を寄せております。避難所は、情報の受信・伝達、医療救護、食料・生活必需品の受渡し、仮設トイレの利用など、様々な役割を担う重要な場所でもあります。

 長野市も数多くの断層が存在し、地震や地滑りの被害を受けやすい状況にありますので、本来安全であるはずの学校の体育館がいざというときに被害を受け、避難所として使用ができないことのないよう、施設の安全性を高める上でも早急な耐震強化等施設の補強を要望いたしました。

 以上で委員長報告を終わります。



○議長(町田伍一郎君) 以上をもちまして、経済文教委員会委員長の報告を終わります。

 次に、各委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 初めに、総務委員会所管の議案第百三号平成十六年度長野市一般会計補正予算、以上一件、質疑、討論の通告がありませんので、直ちに採決に入ります。

 採決を行います。

 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

   (賛成者挙手)



○議長(町田伍一郎君) 全員賛成と認めます。

 よって、委員長報告のとおり決しました。

 次に、経済文教委員会所管の議案第百四号工事請負契約の締結について、議案第百五号工事請負契約の締結について、議案第百六号工事請負契約の締結について、議案第百七号工事請負契約の締結について、以上四件、質疑、討論の通告がありませんので、直ちに採決に入ります。

 採決を行います。

 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

   (賛成者挙手)



○議長(町田伍一郎君) 全員賛成と認めます。

 よって、委員長報告のとおり決しました。

 以上で、本臨時会に提出されました案件の審議は全部終了いたしました。

 過日開催の議会運営委員会等で御決定をいただきました新潟県中越地震被災地への義援金拠出の件につきましては、四十一名の議員全員の皆様の御協力をいただきました。早速十一月八日月曜日に災害救助法が適用された長岡市ほか七市へ私と副議長が直接出向き、お見舞いと激励を申し上げながら、皆様方のお気持ちをお届けしてまいりたいと思います。

 これをもちまして、平成十六年十一月長野市議会臨時会を閉会いたします。

   午前十一時三十一分 閉会

 地方自治法第百二十三条第二項の規定により署名する。

  平成十六年十二月十七日

   議長              町田伍一郎

   副議長             滝沢勇助

   署名議員            加藤吉郎

   署名議員            中川ひろむ