議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 長野市

平成 1年  7月 臨時会 07月24日−01号




平成 1年  7月 臨時会 − 07月24日−01号







平成 1年  7月 臨時会



平成元年七月二十四日(月曜日)

 出席議員(四十三名)

  第一番     北野隆雅君      第二十三番   野々村博美君

  第二番     戸津在雄君      第二十四番   原田誠之君

  第三番     根岸元宏君      第二十五番   山本和男君

  第四番     平瀬忠義君      第二十六番   柳沢正恵君

  第五番     伊藤治通君      第二十七番   甲田孝雄君

  第六番     高橋宏君       第二十八番   近藤秀勝君

  第七番     小池例君       第二十九番   越野要君

  第八番     高野久夫君      第三十番    加藤一雄君

  第九番     高川秀雄君      第三十一番   中沢正美君

  第十番     竹内平一郎君     第三十二番   戸谷春実君

  第十一番    小山岑晴君      第三十四番   小山章夫君

  第十二番    轟正満君       第三十五番   入山路子君

  第十三番    町田伍一郎君     第三十六番   今井良雄君

  第十四番    玉井孝雄君      第三十七番   市川昇君

  第十五番    若林佐一郎君     第三十八番   大井友夫君

  第十六番    金井六郎君      第三十九番   竹内久幸君

  第十七番    藤沢敏明君      第四十番    内山国男君

  第十八番    青木誠君       第四十一番   和田伴義君

  第十九番    村田武君       第四十二番   宮崎一君

  第二十番    山岸勉君       第四十三番   三上孝一郎君

  第二十一番   笠原隆一君      第四十四番   松木茂盛君

  第二十二番   中島邦雄君

 欠席議員(なし)

 欠員(一名)

  第三十三番

 説明のため会議に出席した理事者

  市長      塚田佐君       建設部長    小林宏君

  助役      山岸勲君       都市開発部長  内田将夫君

  収入役     岡村修君       オリンピック  小林丈志君

  教育長     奥村秀雄君      準備事務局長

  公営企業管理者 峯村富太君      職員研修所長  関口仁君

  総務部長    夏目貞美君      市街地整備   宮沢信雄君

  企画調整部長  丸山義仁君      事務局長

  財政部長    奥元護君       水道部長    池田正一君

  生活部長    井上脩君       下水道部長   滝沢繁君

  福祉部長    神林銀次郎君     消防局長    冨岡豊治君

  環境部長    小島武彦君      教育次長    久保田隆次君

  農林部長    青木友雄君      教育次長    新井好仁君

  商工部長    戸津幸雄君

職務のため会議に出席した事務局職員

 事務局長     宮崎嘉津夫君     主事       北原昇君

 事務局次長    荒井健吉君      主事       小川一彦君

 兼総務課長               総務課長補佐   滝沢宏雄君

 議事課長     若林実君       調査係長     小柳重信君

 議事課主幹兼   江守毅行君      主事       柄澤顕司君

 課長補佐                主事       山田尚伸君

 議事係長     中澤潤一君



   議事日程

一、会期の決定

一、会議録署名議員の指名

一、諸般の報告

一、議案第七十四号上程、理事者説明、質疑、委員会付託

一、委員長報告

一、委員長報告に対する質疑、討論、採決



   午前 十時一分 開会



○議長(今井良雄君) ただ今のところ、本日の出席議員数は四十一名であります。よって、会議の定足数に達しておりますので、これより平成元年七月長野市議会臨時会を開会いたします。

   午前 十時二分 開議



○議長(今井良雄君) 本日の会議を開きます。

 会期の決定を議題といたします。本臨時会の会期につきましては、議会運営委員会の意見を徴しました結果、本日一日間といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(今井良雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、会期は本日一日間と決定いたしました。なお、本日の会議は、お手元に配布の日程により行いたいと思いますので、御了承をお願いいたします。

 次に、会議録署名議員の指名を行います。十八番青木誠君、十九番村田武君の両君を指名いたします。

 この際、諸般の報告をいたします。

 市議会に対し陳情書の提出がありますので、お手元に配布の文書表により御報告申し上げます。

 次に、監査委員から平成元年度定期監査報告書及び平成元年度五月分の一般会計、特別会計、公営企業会計の例月現金出納検査結果について、議長の手元に報告がまいっておりますので御報告いたします。

 次に、過般行政視察のため訪欧され、帰朝されました議員金井六郎君より発言を求められておりますので許可いたします。

 十六番金井君



◎十六番(金井六郎君) 十六番金井六郎でございます。

 私は、平成元年度の全国市議会議長会の主催によります欧州行政視察団のC班の一員といたしまして参加をさせていただきました。

 訪問の都市はモスクワ、コペンハーゲン、ジュネーブ、パリ、ロンドンの五都市でございました。それぞれの都市の長い歴史とすばらしい文化に接しながら、また現代の都市づくりの在り方など、さらに老人福祉、あるいは都市の再開発、また下水道事業等幅広く見聞をさせていただきまして、無事帰国いたしましたが、期間は七月七日から七月二十一日の十五日間でございました。詳細につきましてはまた報告書をもって御報告申し上げます。

 留守中大変御迷惑をおかけいたしたかと存じますが、御容赦を賜り、以上をもちましてお礼と御報告を申し上げた次第でございます。

 ありがとうございました。



○議長(今井良雄君) 次に、同じく過般行政視察のためアメリカ・カナダを訪問され、帰朝されました議員諸君を代表し、戸谷春実君より発言を求められておりますので許可いたします。

 三十二番戸谷君



◎三十二番(戸谷春実君) 三十二番戸谷春実でございます。

 今回、北信越議長会主催のカナダ・アメリカ西海岸の視察団の一行といたしまして私ども、今井議長さん、それから中沢議員さん、そして私と三人が参加をさせていただいたわけでございます。

 期間につきましては、七月十日から七月十九日までの十日間でございました。

 訪問地につきましては、カナダのカルガリー、バンフを視察し、そしてまた私どもはアメリカ合衆国のサンフランシスコからロサンゼルスにまいりましたが、たまたまカルガリーからサンフランシスコに向かう途中、私ども長野市と今競合をいたしておりますアメリカの一九九八年の立候補都市でございますソルトレークに二時間ほど、全く予定はございませんでしたけれども、立ち寄る機会がございました。実は飛行場におきまして、一九九八年のオリンピック招致のアメリカの熱意、あるいはまた飛行場の職員等の市民の反応等につきましても十分に調査をしてまいったわけでございますが、詳細につきましてはまた後刻、機会を見て御報告を議長さんからしていただく予定でございます。

 いずれにいたしましても、農業問題、あるいはまた新しい都市交通システムの問題、アメリカの各都市の行政の取組等につきまして議会の役割、行政の役割等について十分に勉強してまいったわけでございますが、大変に私は勉強になったというふうに思っております。

 いずれにいたしましても、後日また文書をもって御報告をさせていただくわけでございますが、この間、留守中大変に議員の皆さん方にお世話になりましたことを心からお礼を申し上げまして、簡単でございますけれども、御報告とさせていただく次第でございます。誠に留守中ありがとうございました。



○議長(今井良雄君) 以上で諸般の報告を終わります。

 続いて、議事に入ります。

 議案第七十四号工事請負契約の締結について、本件を議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 市長塚田君

   (市長 塚田佐君 登壇)



◎市長(塚田佐君) 本日臨時市議会を招集いたしましたところ、議員各位には何かと御多端の折にもかかわらず、おそろいで御出席いただき、厚く御礼申し上げます。

 今臨時市議会に提出いたします案件は、飯綱スキー場・人工降雪設備建設工事に係る工事請負契約の締結についてでございます。

 詳細の説明につきましては助役から申し上げますが、何とぞ十分なる御審議の上、御決定賜りますよう、お願い申し上げる次第でございます。

 次に、私は、プエルトリコのサンファンで開催されますIOC総会、同理事会におきまして、一九九八年オリンピック冬季競技大会の長野招致活動を進めるため、来る八月二十六日から九月二日までの八日間訪問いたす予定であります。この間留守にいたしますが、何とぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(今井良雄君) 助役山岸君

   (助役 山岸勲君 登壇)



◎助役(山岸勲君) 私から、議案第七十四号工事請負契約の締結について御説明申し上げます。

 飯綱スキー場・人工降雪設備建設工事につきまして、去る七月二十一日、人工降雪設備業者八社による指名競争入札を行いましたところ、一億四千八百五十四万六千六百円で、東京都中央区日本橋室町三丁目一番三号、久保田鉄工株式会社東京本社、代表取締役副社長東京本社担当川上賢司に落札したものでありまして、工事請負契約を締結いたしたく、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第二条の規定によりまして、議会の議決をお願いするものであります。



○議長(今井良雄君) 以上で説明を終わります。

 本件に関して質疑を行います。

 二十一番笠原君



◆二十一番(笠原隆一君) お尋ねをいたしますが、先般の議会で確か三億足らず、二億九千幾らという議決をしたような気がするのでございますが、それが約半値、一億四千八百五十四万だから約半分ということで、大変サービスをしたといえばサービスしたということになると思うんですけれども、私ども一番心配をしておりますのは、一九九一年の二月ごろと予想されるIOCの調査団が来られたときに失敗をしたら、これは二度と許されないことなんです。そこで失敗しちゃったらもうおしまいだと私は思うんです。今年の二月にもスキーのフリースタイルの大会をやるのを取りやめて、さらに今度はスノーマシンを備えつけたはいいけれども、それもまたうまくいかなかったというようなことであっては大変だと思うので、詳しいことは委員会にお任せいたしますけれども、二、三お聞きをしたいと思いますけれども、この予算は人工降雪設備建設ということですから、これで全部何でもかんでもやっていただけるものだというふうに思いますが、それが一つと、それから久保田鉄工というのは今まで私ども認識しているのは、鉄鋼がいけなくなってからいろいろな方面に進出をして、し尿処理の方とか環境整備の方に進出をしているというふうに私は記憶しておりますけれども、この人工降雪のことについてはどのくらいの経験年数を持っておるのか、それから機械そのものは久保田鉄工が開発をした機械なのか、あるいは外国から機械を輸入して設置をするものなのか、今までその機械はあちらにもこちらにも設置をして成功しているものなのかどうか、その辺のところをちょっとお聞かせをいただきたいと思います。



○議長(今井良雄君) 商工部長戸津君



◎商工部長(戸津幸雄君) 私の方からお答えしたいと思います。

 最初に、予算面でございますけれども、さきの議会でお認めいただきました二億九千四百万円はすべてが工事費ではございませんで、開発公社の方へ委託する委託料も含まれておるわけでございます。そういうことで、そのうちの約三分の一が人件費にかかわるものというふうに御理解いただきたいと思います。

 それから、二番目の御質問でありますが、久保田鉄工株式会社は今までどういう実績があるのかと、こういうお尋ねでございますけれども、私どもの方で調査をいたしました範囲では、実際には機械をガンタイプとファンタイプと二通りございますけれども、ガンタイプはアメリカから輸入する機械でございまして、これはほかのメーカーでもやはり輸入をして、実際に実績を上げている機械でございますので、過去の実績が随分あちこちのスキー場であるわけでありますが、ファンタイプの機種につきましては久保田鉄工が独自に開発をいたしました機械でございまして、三、四年前から北海道の方で試行錯誤を繰り返して自信作が出来上がったと、こういうことで今度長野で是非それを実証してみたいと、こういうことでございます。

 それから、久保田鉄工はご存じのようにポンプ専門メーカーでもございますし、それから鋳鉄管、いわゆる送水管、あるいは給水管のメーカーでも第一位でございますし、既に県内のいろいろなスキー場でスノーマシンなどを設置しております、そういうところへも納品済みだというふうに聞いております。

 以上でございます。よろしくお願いしたいと思います。



○議長(今井良雄君) 二十一番笠原君



◆二十一番(笠原隆一君) それぞれ調査の上に入札をして、その結果、こういうふうに出たことだろうと思いますけれども、ここで採用されれば、そして長野市で一九九八年にオリンピックが開かれるということが決定をいたしますれば、とにかくそのメーカーは世界的に名前が売れるし、長野のオリンピック施設にやったメーカーですよということになるので、相当の犠牲を払っても入札、落札をしようというふうに努力するのは当然だと思うんですが、それだけに自分たちの会社の名前だけ売ってということで迷惑を被るのは長野市なので、その辺のところを十分に検討してはあると思いますけれども、設置して調査団が来るまでには十分に何度も何度も、今言われたとおり、試作をしてというのが三、四年前だという話でございますので、完全なものは最近できて、それを設置するということになるのかどうか、その辺のところは分かりませんけれども、十分にひとつ検討して、万遺憾なきを期するように強く私は要望したいと思いますけれども、細部については委員会の皆さん方で十分御検討いただきますようにお願いいたしまして、質問を終わります。



○議長(今井良雄君) ほかにありませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(今井良雄君) これをもって質疑を終結いたします。

 本議案につきましては、お手元に配布いたしました委員会付託表のとおり、産業教育委員会に付託いたします。

 委員会審査のため、暫時休憩いたします。

   午前 十時 二十分 休憩

   午前十一時二十七分 再開



○議長(今井良雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第七十四号工事請負契約の締結について、本件を議題といたします。

 委員会の審査が終了いたしておりますので、これより委員会の審査の経過並びに結果を委員長から報告を求めます。

 産業教育委員会委員長山本和男君

   (産業教育委員会委員長 山本和男君 登壇)



◎産業教育委員会委員長(山本和男君) 二十五番山本和男でございます。

 私から、本臨時市議会におきまして当産業教育委員会に先ほど付託されました議案の審査の結果につきまして御報告申し上げます。

 審査の結果につきましては、お手元に配布されております産業教育委員会決定報告書のとおり決定した次第であります。

 次に、委員会において論議され、市当局に要望いたしました主なる事項について御報告申し上げます。

 飯綱高原スキー場においては冬季オリンピックを控え、また、来年二月のワールドカップ・フリースタイル大会を初め、各種の競技大会が予定されており、本市にとっては重要な設備でありますので、責任施工の上、万遺憾なきよう強く要望した次第であります。

 なお、水源の確保につきましても万全を期すよう、併せて要望した次第であります。

 以上で報告を終わります。



○議長(今井良雄君) 以上をもちまして、産業教育委員会委員長の報告を終わります。

 議員各位にお諮りいたします。

 ただ今行いました委員長報告に対する質疑、討論を省略し、直ちに採決に入りたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(今井良雄君) 御異議なしと認めます。

 よって、直ちに採決に入ります。

 採決を行います。

 産業教育委員会所管の議案第七十四号工事請負契約の締結について、委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

   (賛成者挙手)



○議長(今井良雄君) 全員賛成と認めます。

 よって、委員長報告のとおり可決されました。

 以上で本臨時会に提出されました案件の審議は全部終了いたしました。

 これをもちまして、平成元年七月長野市議会臨時会を閉会いたします。

   午前十一時三十分 閉会



地方自治法第百二十三条第二項の規定により署名する。

 平成元年九月一日

 議長      今井良雄

 副議長     高川秀雄

 署名議員    青木誠

 署名議員    村田武