議事ロックス -地方議会議事録検索-


長野県 長野市

平成22年 11月 臨時会 11月30日−01号




平成22年 11月 臨時会 − 11月30日−01号







平成22年 11月 臨時会



平成二十二年十一月三十日(火曜日)

 出席議員(三十九名)

    第一番   西沢利一君

    第二番   小泉栄正君

    第三番   宮崎治夫君

    第四番   寺沢小百合君

    第五番   高野正晴君

    第六番   小林治晴君

    第七番   寺澤和男君

    第八番   若林清美君

    第九番   岡田荘史君

    第十番   祢津栄喜君

   第十一番   野本 靖君

   第十二番   松田光平君

   第十三番   清水 栄君

   第十四番   中野清史君

   第十五番   小林紀美子君

   第十七番   小林義直君

   第十八番   三井経光君

   第十九番   町田伍一郎君

   第二十番   小山岑晴君

  第二十一番   丸山香里君

  第二十二番   池田 宏君

  第二十三番   布目裕喜雄君

  第二十四番   池田 清君

  第二十五番   佐藤久美子君

  第二十六番   阿部孝二君

  第二十七番   小林義和君

  第二十八番   野々村博美君

  第二十九番   原田誠之君

   第三十番   宮崎利幸君

  第三十一番   松木茂盛君

  第三十二番   内山国男君

  第三十三番   市川 武君

  第三十四番   田中清隆君

  第三十五番   赤城静江君

  第三十六番   近藤満里君

  第三十七番   小林秀子君

  第三十八番   望月義寿君

  第三十九番   石坂郁雄君

   第四十番   塩入 学君

 欠席議員(一名)

   第十六番   加藤吉郎君

 説明のため会議に出席した理事者

  市長        鷲澤正一君

  副市長       酒井 登君

  教育委員会委員長  小泉敬治君

  教育長       堀内征治君

  上下水道事業管理者 中村治雄君

  総務部長      鈴木栄一君

  企画政策部長    湯原正敏君

  財政部長      久代伸次君

  上下水道局長    小山和義君

  消防局長      池内公雄君

  教育次長      酒井国充君

  教育次長      新津吉明君

 職務のため会議に出席した事務局職員

  事務局長      駒津善忠君

  議会事務局副参事兼

            増田 浩君

  議事調査課長

  議事調査課長補佐  飯島康明君

  係長        小林弘和君

  主査        高野 毅君

  主査        宮沢 彰君

  主査        楢本哲也君

  係長        中村元昭君

  主査        飽田 学君

  総務課長      小川一彦君

  総務課長補佐    西沢真一君

  係長        松木茂美君

議事日程

 一 会期の決定

 一 会議録署名議員の指名

 一 諸般の報告

 一 議案第百二十三号及び議案第百二十四号一括上程、理事者説明、質疑、委員会付託

 一 報告第二十三号及び報告第二十四号理事者報告

 一 委員長報告

 一 委員長報告に対する質疑、討論、採決

   午前十時 開会



○議長(三井経光君) ただ今のところ、出席議員数は三十八名であります。

 よって、会議の定足数に達しておりますので、これより平成二十二年十一月長野市議会臨時会を開会いたします。

   午前十時一分 開議



○議長(三井経光君) 本日の会議を開きます。

 本日の欠席通告議員は、十六番加藤吉郎議員の一名であります。

 初めに、会期の決定を議題といたします。

 本臨時会の会期につきましては、議会運営委員会の意見を徴しました結果、本日一日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(三井経光君) 異議なしと認めます。

 よって、会期は本日一日間と決定いたしました。

 なお、本日の会議は、お手元に配布の日程により行いたいと思いますので、御了承をお願いいたします。

 次に、会議録署名議員の指名を行います。三十九番石坂郁雄議員、四十番塩入学議員の両名を指名いたします。

 この際、諸般の報告をいたします。

 初めに、監査委員から平成二十二年八月分及び九月分の一般会計、特別会計、公営企業会計の例月現金出納検査の結果について、議長の手元に報告書がまいっておりますので、御報告いたします。

 次に、平成二十二年九月二十一日、三井経光から産業振興対策特別委員会委員の辞任願が、また寺澤和男議員からまちづくり対策特別委員会委員の辞任願が提出され、同日、委員会条例第十四条の規定により、議長において許可いたしましたので、御報告いたします。

 次に、人事の紹介を申し上げます。

 過般選任されました山本固定資産評価審査委員会委員を御紹介申し上げます。

 ごあいさつをお願いいたします。



◎固定資産評価審査委員会委員(山本員也君) おはようございます。

 去る九月二十二日付けで長野市固定資産評価審査委員会委員に選任されました山本員也でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(三井経光君) 以上で諸般の報告を終わります。

 続いて、議事に入ります。

 議案第百二十三号及び議案第百二十四号、以上二件、一括議題といたします。

 理事者から提案理由の説明を求めます。

 鷲澤市長

   (市長 鷲澤正一君 登壇)



◎市長(鷲澤正一君) 平成二十二年十一月市議会臨時会を招集申し上げましたところ、議員の皆様には御多用にもかかわらず御出席いただきまして厚く御礼申し上げます。

 本日提出いたしました議案の審議につきまして、よろしくお願い申し上げます。

 去る十一月二十四日、本市児童館に勤務する指定管理者職員が強制わいせつ未遂等の容疑で逮捕されたことは誠に遺憾であり、施設設置者として適正な管理運営を委託し、指導、監督する責務のある市といたしまして、児童・保護者の皆様、市民の皆様に御心配をお掛けしましたことに対し、深くおわびを申し上げます。今後、子供たちの心のケアなどについて、適切に対応してまいりたいと存じます。

 今年を振り返ってみましても、学校職員の逮捕、保育士の個人情報の入ったUSBメモリーの盗難といった不祥事や、消防署の救命索発射訓練での弾頭による器物破損事故、また学校給食への異物混入が立て続けに発生し、その都度職員の服務規律の確保や、再発防止に取り組む旨を申し上げてきたにもかかわらず、こうした事態に至ったことに、重ねておわび申し上げる次第でございます。

 今後も、市民の皆様の安全で安心な暮らしを守るため、市職員はもとより、指定管理者等にも一層の服務規律の確保を求めるなど、再発防止に取り組んでまいります。

 さて、この秋は、十月に始まりました信州デスティネーションキャンペーンの下、市内は大勢の観光客の皆様に訪れていただいております。特に戸隠は、パワースポットブームとテレビコマーシャルの効果もあり、地元の皆さんも過去に例がないとおっしゃるほどのにぎわいを見せております。

 イヤーキャンペーン開催中の松代では、松代藩真田十万石まつりや、甲信越食の合戦inながのなど大規模なイベントのほか、地元ボランティアの皆さんが中心となっておもてなしをする、文化財を活用した体験イベントが毎週のように行われ、観光客の皆様に楽しんでいただいております。

 また、雨模様にもかかわらず、役員の皆さんの御努力で盛大に開催されました川中島古戦場まつり大花火大会を初め、宝船なども出て、篠ノ井駅前通りが大変な人出となった篠ノ井まつり恵比寿講や、約三十八万人の観客が見上げる中、一万発の花火が晩秋の夜空を彩った長野えびす講煙火大会など、それぞれ大いににぎわいを見せ、市民の皆様、観光客の皆様には長野の秋を存分に楽しんでいただけたものと思っております。

 改めまして、関係者の皆様の多大なる御尽力に対し、心から感謝申し上げる次第であります。

 これから冬を迎え、本格的なスキーシーズンが始まります。戸隠・飯綱の両スキー場のオープンは十二月十八日を予定しておりますが、十分な積雪に恵まれることを期待しつつ、大勢のスキーヤーの皆様にお越しいただき、楽しんでいただけるよう、しっかりと準備を進めてまいりたいと考えております。

 さて、本年八月十日に人事院は国会及び内閣に対して、また十月十八日には長野県人事委員会が県議会及び県知事に対して勧告を行いました。勧告の内容は、昨年度に続く給与引下げの勧告となっており、期末・勤勉手当については、国と県で支給月数に差がある状態が続いております。

 本市は、人事院及び人事委員会の勧告制度を尊重する姿勢で、これまで勧告に準じて給与改定を行ってまいりました。また、公務員の給与については、地域の民間給与実態を反映させた適切な対応が求められていることから、昨年度と同じく県人事委員会の勧告を基本とした上で、地域経済に与える影響や北信地域における民間賃金の状況、他の自治体の状況などを踏まえ、総合的に判断し、市職員労働組合との交渉を経て、本臨時会に給与改定に関する議案を提出したところでございます。

 本日、提出いたしました案件は、長野市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例など、議案二件、報告二件であります。

 詳細につきましては、副市長から説明申し上げますので、十分な御審議をいただき、御決定くださいますようよろしくお願い申し上げます。

 以上です。



○議長(三井経光君) 酒井副市長

   (副市長 酒井 登君 登壇)



◎副市長(酒井登君) 本市議会臨時会に提出いたしました議案につきまして、御説明申し上げます。

 議案第百二十三号長野市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例は、国家公務員の給与が改定されるため、本市職員の給与を国家公務員の措置に準じて改定することに伴い、改正するものでございます。

 議案第百二十四号長野市立学校職員の給与に関する条例の一部を改正する条例は、長野県立高等学校の学校職員の給与が改定されるため、長野市立高等学校の学校職員についても同様に措置することに伴い、改正するものでございます。

 以上、二件の改正条例につきましては、期末・勤勉手当及び給料表の改定となりますことから、十二月一日からの施行とするものでございます。

 以上、提案いたしました議案について説明申し上げました。

 よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。



○議長(三井経光君) 以上で説明を終わります。

 次に、議案第百二十三号及び議案第百二十四号、以上二件について、これより議案の質疑に入ります。

 議案の質疑は、各議案ごとに一括してお願いいたします。

 議案第百二十三号長野市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例

   (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(三井経光君) 進行いたします。

 議案第百二十四号長野市立学校職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

   (「進行」と呼ぶ者あり)



○議長(三井経光君) 進行いたします。

 以上で質疑を終結いたします。

 議案第百二十三号及び議案第百二十四号、以上二件、お手元に配布いたしました委員会付託表のとおり、それぞれ関係の常任委員会に付託いたします。

 次に、報告第二十三号及び報告第二十四号、以上二件、一括理事者から報告を求めます。

 酒井副市長

   (副市長 酒井 登君 登壇)



◎副市長(酒井登君) 報告案件について、御説明申し上げます。

 報告第二十三号及び報告第二十四号の二件は、いずれも専決処分の報告であります。

 報告第二十三号は、平成二十二年八月二十六日に発生した救命索発射銃の弾頭による器物破損事故に対し、損害賠償額について示談が成立いたしましたことから、市長専決処分指定の件第四の規定により、専決処分をいたしたものでございます。

 報告第二十四号は、平成二十二年九月二十四日に、長野市第三学校給食センター駐車場内で発生した車両損傷事故に対し、損害賠償額について示談が成立いたしましたことから、市長専決処分指定の件第四の規定により、専決処分をいたしたものでございます。

 以上で、報告案件の説明を終わります。



○議長(三井経光君) 以上、報告のとおりであります。

 委員会審査のため、暫時休憩いたします。

   午前十時十五分 休憩

   午後三時十分 再開



○議長(三井経光君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第百二十三号及び議案第百二十四号、以上二件、一括議題といたします。

 各委員会の審査が終了いたしておりますので、これより委員会の審査の経過並びに結果について、各委員長から報告を求めます。

 初めに、総務委員会委員長小林治晴議員

   (総務委員会委員長 小林治晴君 登壇)



◆総務委員会委員長(小林治晴君) 六番小林治晴でございます。

 私から、本市議会臨時会におきまして、総務委員会に付託されました議案の審査の結果につきまして、御報告申し上げます。

 審査の結果につきましては、お手元に配布されております総務委員会決定報告書のとおり決定した次第です。

 次に、委員会において論議されました主なる事項について申し上げます。

 議案第百二十三号長野市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例は、国家公務員の給与の見直しに関する人事院勧告及び県職員の給与の見直しに関する県人事委員会の勧告を受け、本市職員についても地域の実情を考慮した上で同様の措置を講ずることに伴い、関係する条例を改正するものであります。

 審査の際には、民間給与の実態は非常に厳しい状況にあり、それに合わせて公務員給与を減額することはやむを得ないものと考えるが、今後の給与改定に当たっては、地域経済に与える影響も考慮して取り組むよう要望するとの意見があったことを申し添えます。

 以上で報告を終わります。



○議長(三井経光君) 以上をもちまして、総務委員会委員長の報告を終わります。

 続いて、経済文教委員会委員長池田清議員

   (経済文教委員会委員長 池田 清君 登壇)



◆経済文教委員会委員長(池田清君) 二十四番池田清でございます。

 私から、本市議会臨時会におきまして、経済文教委員会に付託されました議案の審査の結果につきまして御報告申し上げます。

 審査の結果につきましては、お手元に配布されております経済文教委員会決定報告書のとおり決定した次第であります。

 以上で報告を終わります。



○議長(三井経光君) 以上をもちまして、経済文教委員会委員長の報告を終わります。

 これより各委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 初めに、総務委員会所管の議案第百二十三号長野市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例、以上一件、質疑、討論の通告がありませんので、直ちに採決に入ります。

 採決を行います。

 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

   (賛成者挙手)



○議長(三井経光君) 全員賛成と認めます。

 よって、委員長報告のとおり決しました。

 次に、経済文教委員会所管の議案第百二十四号長野市立学校職員の給与に関する条例の一部を改正する条例、以上一件、質疑、討論の通告がありませんので、直ちに採決に入ります。

 採決を行います。

 委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

   (賛成者挙手)



○議長(三井経光君) 全員賛成と認めます。

 よって、委員長報告のとおり決しました。

 以上で、本臨時会に提出されました案件の審議は全部終了いたしました。

 これをもちまして、平成二十二年十一月長野市議会臨時会を閉会いたします。

   午後三時十五分 閉会

地方自治法第百二十三条第二項の規定により署名する。

 平成二十三年一月二十八日

   議長        三井経光

   副議長       寺澤和男

   署名議員      石坂郁雄

   署名議員      塩入 学