議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 中央市

平成25年  2月 臨時会(第2回) 02月22日−01号




平成25年  2月 臨時会(第2回) − 02月22日−01号







平成25年  2月 臨時会(第2回)



平成25年第2回中央市議会臨時会

1.議事日程(第1号)

                         平成25年2月22日

                         午前10時00分開議

                         於議場

  日程第1 会議録署名議員の指名

  日程第2 会期決定の件

  日程第3 常任委員会委員の選任

  日程第4 議会運営委員会委員の選任

  日程第5 議会広報編集委員会委員の選任

  日程第6 三郡衛生組合議会議員の選挙

  日程第7 甲府地区広域行政事務組合議会議員の選挙

2.本日の会議に付した事件

  日程第1 会議録署名議員の指名

  日程第2 会期決定の件

  追加日程第1 議長辞職の件

  追加日程第2 議長の選挙

  追加日程第3 副議長辞職の件

  追加日程第4 副議長の選挙

  日程第3 常任委員会委員の選任

  日程第4 議会運営委員会委員の選任

  日程第5 議会広報編集委員会委員の選任

  日程第6 三郡衛生組合議会議員の選挙

  日程第7 甲府地区広域行政事務組合議会議員の選挙

  追加日程第5 委員会の閉会中の継続審査の件

3.出席議員は次のとおりである。(16名)

       1番  木下友貴      2番  田中輝美

       3番  小池章治      4番  河西 茂

       5番  名執義高      6番  伊藤公夫

       8番  小沢 治      9番  小池満男

      10番  田中健夫     11番  井口 貢

      12番  福田清美     13番  設楽愛子

      14番  保坂 武     15番  山村 一

      16番  大沼芳樹     17番  田中一臣

4.欠席議員(なし)

5.会議録署名議員

      14番  保坂 武     15番  山村 一

6.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名(17名)

   市長        田中久雄    副市長       萩原一春

   教育長       笹本 昇    総務部長      山口保孝

   市民部長      甲田高文    保健福祉部長    中楯眞佐樹

   建設部長      鷹野 求    農政観光部長    中沢守利

   教育次長      長田茂夫    政策秘書課長    田中正清

   総務課長      望月 智    財政課長      中澤美樹

   市民課長      三井久規    福祉課長      田中浩夫

   建設課長      桜木達也    農政課長      河野照雄

   会計管理者     河西一寿

7.職務のため議場に出席した者の職氏名(4名)

   議会事務局長    河野孝洋

   議会書記      田中竜馬

   議会書記      有泉由樹

   議会書記      小野里津子



△開会 午前10時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(田中健夫) 

 本日はお忙しいところ、ご参集いただきまして、誠にご苦労さまです。

 ただいまの出席議員は16名で定足数に達しております。

 これより、平成25年第2回中央市議会臨時会を開会いたします。

 報道機関等からの写真撮影等の申し出が出ております。

 これを許可することにご異議ありませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議場内での撮影を許可することに決しました。

 本日の会議は、あらかじめお手元に配布してあります議事日程表により行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(田中健夫) 

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第88条の規定により、

 14番 保坂武議員

 15番 山村一議員

を指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(田中健夫) 

 日程第2 会期決定の件を議題にします。

 本臨時会の会期について、議会運営委員会が開かれております。その協議結果について、議会運営委員長の報告を求めます。

 議会運営委員長 小沢治議員。



◆議会運営委員長(小沢治) 

 本日、2月22日に招集されました平成25年第2回臨時会の運営について、去る2月15日、午前10時より議会運営委員会を開催し協議いたしましたので、その結果についてご報告いたします。

 本臨時会の付議事件は、常任委員会委員の選任、議会運営委員会委員の選任、議会広報編集委員会委員の選任、三郡衛生組合議会議員の選挙、甲府地区広域行政事務組合議会議員の選挙であります。

 協議いたしました結果、本臨時会の会期を本日1日とすることに決しました。

 以上、本臨時会の運営について、議会運営委員会において協議決定いたしましたので、議員各位のご賛同とご協力を賜りますよう、お願い申し上げ報告といたします。



○議長(田中健夫) 

 議会運営委員長の報告が終わりました。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、ただいま議会運営委員長の報告のとおり会期日程を本日1日としたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。

 ここで暫時休憩とします。



△休憩 午前10時02分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前10時20分



○副議長(福田清美) 

 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

 議長を交代いたしました。

 引き続き、議員各位のご協力をお願いいたします。

 ただいま休憩中に、議長、田中健夫議員から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りします。

 議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(福田清美) 

 追加日程第1 議長辞職の件を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、田中健夫議員の退席を求めます。

 (退席)

 ここで、事務局に辞職願を朗読させます。

 議会事務局、田中リーダー。



◎事務局(田中竜馬) 

                         平成25年2月22日

 中央市議会副議長 福田清美殿

                       中央市議会議長 田中健夫

 辞職願

 このたび、一身上の都合により、議長を辞職したいので許可されるよう願い出ます。

 以上です。



○副議長(福田清美) 

 お諮りします。

 田中健夫議員の議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、田中健夫議員の議長の辞職を許可することに決定いたしました。

 ここで、田中健夫議員の入場を求めます。

 (入場)

 それではここで、田中健夫議員から、退任のあいさつをしたい旨の申し出がありましたので、これを許可いたします。



◆10番(田中健夫) 

 どうも皆さん、2年前の23年2月20日でしたか、21日でしたか、皆さんの全会一致で指名推選をいただきまして、議長という重責を担わせていただきました。

 本当に顧みますれば、議長という重責は、私にとっては大変重いものでありました。

 しかし、事務局長をはじめ、事務局のすばらしいスタッフに恵まれまして、いろいろ教えていただき、今日を迎えることができました。

 そしてなおかつ、議員全員の皆さま方に、本当に温かいご理解とご支援をいただき、何とか2年間を全うして今日を迎えることができましたことに対し、厚く御礼を申し上げます。

 そしてまた、行政執行部田中市長をはじめ、萩原副市長、各担当課長の皆さん、以下、職員の皆さま方にも、大変その都度ご教授いただきまして、おかげさまで無事、次に引き渡す段階となったことを、厚く御礼を申し上げます。

 私はこれで退任いたしますけれども、新しい議長がどなたが選ばれましても、ぜひ円滑な議会運営と、それと議会の改革をまた滞ることなく、続けていってほしいと期待を申し上げます。

 一言申し上げまして、私の退任のごあいさつといたします。

 ありがとうございました。



○副議長(福田清美) 

 ただいま、議長が欠員となりました。

 ここでお諮りします。

 議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(福田清美) 

 追加日程第2 議長の選挙を行います。

 選挙は投票により行います。

 ここで暫時休憩といたします。



△休憩 午前10時26分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前10時29分



○副議長(福田清美) 

 休憩前に引き続き会議を再開します。

 議長の選挙を行います。

 会議規則第27条の規定により、議場を閉鎖します。

 (議場閉鎖)

 ただいまの出席議員は16人です。

 次に立会人を指名いたします。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に小池章治一議員、河西茂議員を指名いたします。

 次に、投票用紙を配布させます。

 (投票用紙 配布)

 投票用紙の配布漏れはありませんか。

 (なし)

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を点検いたします。

 (立会人 投票箱確認)

 異常なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名です。

 投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、順次投票をお願いします。

 事務局長が議席番号と氏名を1番から順に呼び上げますので、投票をお願いいたします。

 (局長 点呼)

 投票漏れはありませんか。

 (なし)

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 次に、開票を行います。

 小池章治議員、河西茂議員、開票の立会いをお願いします。

 (開票 立会い)

 それでは、選挙の結果を報告いたします。

 投票総数 16票

 有効投票 15票

 無効投票  1票です。

 有効投票のうち、

 伊藤公夫議員 8票

 山村 一議員 7票

 以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は4票です。

 よって、伊藤公夫議員が議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

 (議場開場)

 市の執行部の皆さんが議場に入りますので、その間、休憩といたします。



△休憩 午前10時44分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前10時46分



○副議長(福田清美) 

 それでは会議を再開いたします。

 ただいま、議長に当選されました、伊藤公夫議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定によって、当選の告知をいたします。

 ここで伊藤公夫議員から、議長当選承諾およびあいさつがあります。



◆新議長(伊藤公夫) 

 発言のお許しをいただきましたので、一言ごあいさつをさせていただきたいと思います。

 先ほど、田中健夫議員が、突然、議長の辞職ということになりまして、急きょ、議長の選挙が行われました。私も立候補しまして、その結果、当選をさせていただきました。多くの議員の皆さま方に、本当に感謝申し上げたいと思います。

 今、非常に荷の重い仕事を請けるのではないかと、このように思っております。

 私、本当にまだまだ未熟ではございますけれども、皆さま方にいろいろな面におきましてご理解とご協力をいただきまして、この議長職を務めてまいりたいと思います。

 今現在、中央市の置かれている地方行政、また地方議会は、非常に難しい状況ではないかと思います。

 住民のニーズは非常に多種多様でございます。その住民のニーズに沿うには、やはり財源というものが必要になってくるわけでございますけれども、私がちょうど議員になったときには、自主財源としても50億くらいの市税がありましたけれども、今は約7億くらい少なくなっておりまして、43億くらいでしょうか。また、それの補助的になる地方交付税もなかなか多くは見込めないと、そういう中におきまして、執行部側のほうも大変かと思いますけれども、そのようなことも考える中で、私たち議員は、住民から付託されました、住民の代表でもあるし、また、代弁者でもあるし、執行部側のチェック機能というのが地方議員に与えられた特権であります。そのへんも十分考える中で、また同僚の議員の皆さま方と一生懸命やりまして、議会の活動を建設的に、また議会運営に努めてまいりたいと思います。

 ひとつ今後ともよろしくお願いいたしまして、最後になりますけれども、田中議長におかれましては、2年間本当にご苦労さまでございました。

 まだまだ私も未熟でございますので、今後ともご指導をいただきたいと思いまして、一言申し上げまして、議長としてのあいさつとさせていただきます。

 よろしくお願いします。



○副議長(福田清美) 

 新議長のご活躍をご期待申し上げます。

 ここで、議長を交代いたします。

 議員各位のご協力、ありがとうございました。

 それでは、議長の伊藤公夫議員、議長席へお着き願います。



○議長(伊藤公夫) 

 それでは、議長を務めさせていただきます。

 引き続き、議員各位のご協力をお願いいたします。

 ここで暫時休憩といたします。



△休憩 午前10時51分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前11時03分



○議長(伊藤公夫) 

 休憩前に引き続き、会議を再開します。

 ただいま休憩中に、副議長、福田清美議員から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りします。

 副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤公夫) 

 追加日程第3 副議長辞職の件を議題といたします。

 地方自治法第117条の規定により、福田清美議員の退席を求めます。

 (退席)

 ここで、事務局に辞職願を朗読させます。

 議会事務局、田中リーダー。



◎事務局(田中竜馬) 

                         平成25年2月22日

 中央市議会議長 伊藤公夫殿

                      中央市議会副議長 福田清美

 辞職願

 このたび、一身上の都合により、副議長を辞職したいので許可されるよう願い出ます。

 以上です。



○議長(伊藤公夫) 

 お諮りします。

 福田清美議員の副議長の辞職を許可することにご異議ありませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、福田清美議員の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。

 ここで、福田清美議員の入場を求めます。

 (入場)

 ここで福田清美議員から、退任のあいさつの申し出がありましたので、これを許可します。



◆12番(福田清美) 

 これまで2年間、議員各位の皆さま方の深いご理解と、ご協力の中で、私、副議長の要職につかせていただきました。

 おかげさまで、大過なく今日までスムーズな議会運営をすることができ、またその任を果たすことができましたことに、大変感謝申し上げます。

 これからも、いままで以上に推進してきました議会改革と、開かれた議会活動に努め、さらに研鑽を重ねていくことをお願い申し上げまして、簡単ではございますけれども、私の退任のあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(伊藤公夫) 

 ただいま副議長が欠員となりました。

 ここでお諮りします。

 副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行うことに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤公夫) 

 追加日程第4 副議長の選挙を行います。

 ここでお諮りします。

 選挙の方法については、地方自治を第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 ここでお諮りします。

 指名の方法は、議長が指名することにしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議長が指名することに決定しました。

 副議長に、小沢治議員を指名します。

 お諮りします。

 ただいま議長が指名しました小沢治議員を副議長の当選人と定める事に、ご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 ただいま指名しました小沢治議員が副議長に当選されました。

 副議長に当選されました小沢治議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をします。

 ここで、小沢治議員から副議長当選承諾およびあいさつがあります。



◆新副議長(小沢治) 

 ただいま、議員の皆さまの指名推選を受けまして、副議長を受けさせていただきました。

 まことにありがとうございます。

 もとより微力ではありますが、議長を支え、さらなる議会改革を、ともに進めていきたいと思います。

 今後とも、ご協力、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤公夫) 

 日程第3 常任委員会委員の選任から、日程第5 議会広報編集委員会委員の選任まで一括議題とします。

 ここで暫時休憩とします。



△休憩 午前11時10分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前11時12分



○議長(伊藤公夫) 

 休憩前に引き続き会議を再開します。

 各常任委員会委員、議会運営委員会委員、議会広報編集委員会委員の選任について、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が指名します。

 各常任委員会委員、議会運営委員会委員、議会広報編集委員会委員は、お手元に配布の名簿のとおり指名します。

 ここで暫時休憩をし、休憩中にそれぞれ委員会を開会し、正副委員長の互選を行い、速やかに委員会の構成を終わるよう、委員会条例第10条第1項の規定により、ここに招集します。

 ここで暫時休憩とします。



△休憩 午前11時13分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前11時44分



○議長(伊藤公夫) 

 休憩前に引き続き会議を再開します。

 休憩中に開催されました各常任委員会、議会運営委員会、議会広報編集委員会において、正副委員長の互選が行われましたので、報告いたします。

 総務教育常任委員会委員長  河西 茂議員

    〃    副委員長  田中輝美議員

 厚生常任委員会委員長    井口 貢議員

    〃    副委員長  設楽愛子議員

 産業土木常任委員会委員長  小池章治議員

    〃    副委員長  小池満男議員

 議会運営委員会委員長    大沼芳樹議員

    〃    副委員長  小池満男議員

 議会広報編集委員会委員長  田中輝美議員

    〃    副委員長  木下友貴議員

 以上の議員が選任されましたので、ご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤公夫) 

 日程第6 三郡衛生組合議会議員の選挙を行います。

 この選挙は、三郡衛生組合議員が1名欠員となりましたので、組合規則第5条の規定により、本市議会議員の中から、1名の議員を選挙するものです。

 ここでお諮りします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 ここでお諮りします。

 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議長が指名することに決定しました。

 三郡衛生組合議会議員に、木下友貴議員を指名します。

 お諮りします。

 ただいま議長が指名しました木下友貴議員を、三郡衛生組合議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 ただいま指名しました木下友貴議員が三郡衛生組合議会議員に当選されました。

 三郡衛生組合議会議員に当選されました木下友貴議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤公夫) 

 日程第7 甲府地区広域行政事務組合議会議員の選挙を行います。

 この選挙は、甲府地区広域行政事務組合議会議員が1名欠員となりましたので、組合規則第6条の規定により、本市議会議員の中から、1名の議員を選挙するものです。

 ここでお諮りします。

 選挙の方法についは、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 ここでお諮りします。

 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議長が指名することに決定しました。

 甲府地区広域行政事務組合議会議員に、名執義高議員を指名します。

 お諮りします。

 ただいま議長が指名しました名執義高議員を、甲府地区広域行政事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 ただいま指名しました名執義高議員が甲府地区広域行政事務組合議会議員に当選されました。

 甲府地区広域行政事務組合議会議員に当選されました名執義高議員が議場におられますので、会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をします。

 ここで暫時休憩とします。



△休憩 午前11時49分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前11時50分



○議長(伊藤公夫) 

 休憩前に引き続き、会議を再開します。

 ただいま議会運営委員長から、会議規則第111条の規定により、お手元に配布しました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 ここでお諮りします。

 委員会の閉会中の継続審査の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、委員会の閉会中の継続審査の件を日程に追加し、議題とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(伊藤公夫) 

 追加日程第5 委員会の閉会中の継続審査の件を議題とします。

 お諮りします。

 議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに、ご異議ございませんか。

 (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員長の申し出のとおり、継続審査とすることに決定しました。

 以上で、本臨時会の会議に付された事件はすべて終了しました。

 これをもちまして、平成25年第2回中央市議会臨時会を閉会とします。

 ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会 午前11時52分

 この会議の経過を記載して、その内容が相違ないことを証するためにここに署名する。

                       平成  年  月  日

             中央市議会議長

                   田中健夫

             中央市議会議長

                   伊藤公夫

             会議録署名議員

                   保坂 武

             会議録署名議員

                   山村 一

 本会議録の作成にあたった者の氏名は次のとおりである。

  議会事務局長    河野孝洋

  議会書記      田中竜馬

  議会書記      有泉由樹

  議会書記      小野里津子