議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 中央市

平成24年  5月 臨時会(第1回) 05月15日−01号




平成24年  5月 臨時会(第1回) − 05月15日−01号







平成24年  5月 臨時会(第1回)



平成24年第1回中央市議会臨時会

1.議事日程(第1号)

                          平成24年5月15日

                          午前10時00分開議

                          於議場

  日程第1 会議録署名議員の指名

  日程第2 会期決定の件

  日程第3 議案第34号 専決処分の承認を求める件(中央市税条例中改正の件)

  日程第4 議案第35号 専決処分の承認を求める件(中央市国民健康保険税条例中改正の件)

  日程第5 議案第36号 専決処分の承認を求める件(中央市下水道条例中改正の件)

  日程第6 議案第37号 専決処分の承認を求める件(平成23年度中央市一般会計補正予算(第5号))

  日程第7 議案第38号 専決処分の承認を求める件(平成23年度中央市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号))

  日程第8 議案第39号 専決処分の承認を求める件(平成23年度中央市介護保険特別会計補正予算(第4号))

  日程第9 議案第40号 専決処分の承認を求める件(平成23年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号))

  日程第10 議案第41号 中央市教育委員会委員の任命について同意を求める件

  日程第11 議案第42号 中央市教育委員会委員の任命について同意を求める件

  日程第12 議案第43号 中央市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件

2.出席議員は次のとおりである。(16名)

       1番  木下友貴     2番  田中輝美

       3番  小池章治     4番  河西 茂

       5番  名執義高     6番  伊藤公夫

       7番  石原芳次     8番  小沢 治

      10番  田中健夫    11番  井口 貢

      12番  福田清美    13番  設楽愛子

      14番  保坂 武    15番  山村 一

      16番  大沼芳樹    17番  田中一臣

3.欠席議員(1名)

       9番  小池満男

4.会議録署名議員

       2番  田中輝美     3番  小池章治

5.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名(17名)

   市長        田中久雄    副市長       萩原一春

   教育長       比志 保    総務部長      山口保孝

   市民部長      甲田高文    保健福祉部長    笹本 昇

   建設部長      鷹野 求    農政観光部長    中沢守利

   教育次長      長田茂夫    政策秘書課長    田中正清

   総務課長      望月 智    財政課長      中澤美樹

   市民課長      三井久規    福祉課長      田中浩夫

   建設課長      桜木達也    農政課長      河野照雄

   会計管理者     中楯眞佐樹

6.職務のため議場に出席した者の職氏名(4名)

   議会事務局長    河野孝洋

   議会書記      田中竜馬

   議会書記      有泉由樹

   議会書記      小野里津子



△開会 午前10時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(田中健夫) 

 本日はお忙しいところ、ご参集いただきまして、誠にご苦労さまです。

 ただいまの出席議員は16名で定足数に達しております。

 これより、平成24年第1回中央市議会臨時会を開会いたします。

 なお、はじめに欠席の旨の連絡をいたします。

 小池満男議員につきましては、本日の会議を欠席する旨の届けがありましたので、ご了承願います。

 また、報道機関等からの写真撮影等の申し出が出ております。

 これを許可することにご異議ございませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議場内での撮影を許可することに決しました。

 本日の会議は、あらかじめお手元に配布してあります議事日程表により行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(田中健夫) 

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により、

 2番 田中輝美議員

 3番 小池章治議員

を指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(田中健夫) 

 日程第2 会期決定の件を議題とします。

 本臨時会の会期について、議会運営委員会が開かれております。その協議結果について、議会運営委員長の報告を求めます。

 議会運営委員長 小沢治議員。



◆議会運営委員長(小沢治) 

 本日招集されました平成24年第1回臨時会の運営について、去る5月8日、午前10時より議会運営委員会を開催し協議いたしましたので、その結果についてご報告いたします。

 本臨時会に提案されます議案は専決処分の承認を求める件7件、人事案件3件の計10件であります。

 当局より市長および関係職員より提出議案の説明を受け協議いたしました結果、本臨時会の会期を本日1日とすることに決しました。

 以上、本臨時会の運営について、議会運営委員会において協議決定いたしましたので、議員各位のご賛同とご協力を賜りますよう、お願い申し上げ報告といたします。



○議長(田中健夫) 

 議会運営委員長の報告が終わりました。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、ただいま議会運営委員長の報告のとおり会期日程を本日1日としたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本臨時会の会期は本日1日と決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(田中健夫) 

 日程第3 議案第34号 専決処分の承認を求める件(中央市税条例中改正の件)から日程第12 議案第43号 中央市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件までを一括議題とします。

 市長より提出議案等に対する説明を求めます。



◎市長(田中久雄) 

 平成24年第1回臨時会をお願いいたしましたところ、議員各位にはご出席をいただき、開会できますことに心から御礼申し上げます。

 東日本大震災から1年余りが経過した去る4月18日から19日にかけ、市では福島県の南相馬市と、原発事故により生産機能の一部を本市に移転した半導体部品製造の日立原町電子工業を訪問してまいりました。

 震災による南相馬市の復旧状況は福島第1原発から半径20キロメートル圏外では震災から1年を経過したことによりガレキなどはきれいに片付いており、市役所周辺は震災の影響をほとんど感じられず、外見上、市民は通常の生活を取り戻しているように思われましたが、南相馬市の基幹産業であります農林水産業および商工業の事業所は、休業や廃業による雇用者の解雇・流出等、まだまだ甚大かつ深刻な状況であります。

 特に訪問2日前の4月16日に一般市民の立ち入りが解除された、原発から半径20キロメートル圏内の警戒区域および計画的避難区域では、今まで区域内への立ち入りが禁止されていたため復旧はまったく進んでおらず、震災直後の惨状がそのまま残っている状況で一日も早い復旧・復興を願うばかりでありました。

 このような中、中央市から南相馬市に義援金64万円と義援物資として特産品であるハム・ソーセージ、トマト等を贈り、櫻井南相馬市長から市民の皆さまへ感謝の言葉をいただきましたので、私からも改めて市民の皆さまに御礼申し上げます。

 また原発から22キロメートル地点にある日立原町電子工業の工場内も視察いたしました。原町工場は震災による影響はほとんどなく、半導体部品はもともとある1本の生産ラインにより製造され、製品の最終チェックは人の目で行われていたことが大変、印象的でありました。市役所の業務についても、最終チェックは人の目で確実に行う必要性を痛感したところであります。

 今回の訪問により、櫻井南相馬市長および日立原町電子工業の山崎工場長から被災者への末永い支援の要望を受けましたが、東海沖地震等による被害が想定される本市のことを踏まえれば人ごとではなく、今後も引き続き必要な救援や支援活動にできる限り取り組んでまいりたいと考えておりますので、議員ならびに市民の皆さまのご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 それでは、議案の説明に入らせていただきます。

 今回提案いたします案件は専決処分の承認を求める件7件、人事案件3件であります。

 まず専決処分の承認を求める件、条例関係議案についてであります。

 議案第34号 中央市税条例中改正の件につきましては、地方税法の一部を改正する法律等の施行に伴う条例の一部改正であります。

 議案第35号 中央市国民健康保険税条例中改正の件につきましては、地方税法の一部を改正する法律等の施行に伴う条例の一部改正であります。

 議案第36号 中央市下水道条例中改正の件につきましては、山梨県下水道公社の名称変更に伴う条例の一部改正であります。

 次に専決処分の承認を求める件、予算関係議案についてであります。

 議案第37号 平成23年度中央市一般会計補正予算(第5号)から議案第40号 平成23年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)の専決処分による補正予算の概要は一般会計、特別会計ともに共通しておりますが、年度末までにおける各事業の確定による予算の調整、決算に向けての最終調整のために3月31日付けで専決処分したものであります。

 次に、人事案件についてであります。

 議案第41号および議案第42号 中央市教育委員会委員の任命について同意を求める件につきましては教育委員の辞職および任期満了に伴い、委員の任命について議会の同意を求めるものであります。

 議案第43号 中央市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件につきましては固定資産評価審査委員の任期満了に伴い、委員の選任について議会の同意を求めるものであります。

 以上10案件の内容についての概要をご説明申し上げましたが、よろしくご審議の上、承認・同意いただけますようお願い申し上げ、平成24年第1回臨時議会における行政報告と提案理由の説明といたします。



○議長(田中健夫) 

 市長の説明が終わりました。

 引き続いて、議案の審議を行います。

 ここで、お諮りします。

 ただいま議題となっております議案第34号 専決処分の承認を求める件(中央市税条例中改正の件)から議案第40号 専決処分の承認を求める件(平成23年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号))までは会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議案第34号から議案第40号までは委員会への付託を省略することに決定しました。

 これより議案第34号から議案第40号まで議案ごとに順次詳細説明を求め、説明の後、質疑・討論・採決いたします。

 議案第34号 専決処分の承認を求める件(中央市税条例中改正の件)について、詳細説明を求めます。

 甲田市民部長。



◎市民部長(甲田高文) 

 議案第34号 専決処分の承認を求める件(中央市税条例中改正の件)について、議案の説明をいたします。

 議案書2ページをお開きください。

 中央市税条例中改正の件につきましては地方税法等の一部改正に伴い、市税条例の一部を改正する必要があり、平成24年4月1日から施行するため専決処分をしたものであります。

 改正内容につきましては、地方税法の一部を改正する法律が平成24年3月31日に公布されたこと等に伴い、市条例の一部を改正する必要が生じたためのものでございます。

 主な改正点につきましては、個人市民税につきましては公的年金等支払報告書に寡婦の記載をするための市民税の申告書に記載を不要とする改正。大震災により被災した敷地の譲渡所得課税の特例の延長。大震災により被災した住宅の住宅ローンを特別控除の対象とする。市民税の前納報奨金の廃止。固定資産税につきましては、土地の価格の特例を3年間延長。3年に一度の評価替えに伴う基準年度の価格を3年間据え置く特例。住宅課税の特例を3年間延長、200平方メートル以下の宅地は6分の1、200平方メートル以上は3分の1の特例。特例民法法人等が図書館、博物館、幼稚園等を設置した場合の非課税措置の追加でございます。

 この条例につきましては平成24年4月1日から施行、一部、平成26年1月1日施行でございます。専決年月日は平成24年の3月31日でございます。

 以上です。



○議長(田中健夫) 

 説明が終わりました。

 それでは、議案第34号の説明に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論はありますか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第34号を採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり承認することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり承認することに決定しました。

 議案第35号 専決処分の承認を求める件(中央市国民健康保険税条例中改正の件)について、詳細説明を求めます。

 甲田市民部長。



◎市民部長(甲田高文) 

 それでは議案第35号 専決処分の承認を求める件(中央市国民健康保険税条例中改正の件)について、議案の説明をいたします。

 議案書の20ページをお開きください。

 中央市国民健康保険税条例中改正の件につきましては、地方税法等の一部改正に伴い、国民健康保険税条例の一部を改正する必要があり、平成24年4月1日から施行するため専決処分をしたものであります。

 改正内容につきましては、地方税法等の一部を改正する法律が平成24年3月31日に公布されたことに伴い、市国民健康保険税条例の一部を改正する必要が生じたためでございます。

 主な改正点につきましては、東日本大震災にかかる被災居住用財産の敷地に係る譲渡期限の延長の特例でございます。

 附則第13項の長期譲渡所得にかかる国民健康保険税の課税の特例の規定の適用については、東日本大震災により住宅用家屋が滅失および原状回復困難な損壊を受けた居住用敷地にかかる譲渡期限を3年から7年に延長するものでございます。

 平成24年4月1日から施行し、専決処分につきましては平成24年3月31日でございます。

 以上です。



○議長(田中健夫) 

 説明が終わりました。

 それでは、議案第35号の説明に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第35号を採決いたします。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり承認することに、ご異議はございませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり承認することに決定しました。

 議案第36号 専決処分の承認を求める件(中央市下水道条例中改正の件)について、詳細説明を求めます。

 鷹野建設部長。



◎建設部長(鷹野求) 

 それでは、議案書の24ページをお願いしたいと思います。

 議案第36号 専決処分の承認を求める件(中央市下水道条例中改正の件)について、議案の説明をいたします。

 理由として、国の公益法人制度改革により「財団法人山梨県下水道公社」が「公益財団法人山梨県下水道公社」に名称変更することに伴い、市下水道条例の一部を改正する必要があり、平成24年4月1日から施行するため、専決処分をしたものでございます。

 25ページをお願いしたいと思います。

 主な改正といたしまして、第7条の4の第1項中「財団法人山梨県下水道公社」を「公益財団法人山梨県下水道公社」に改めるための条例の一部改正でございます。

 以上で説明とさせていただきます。よろしくお願いしたいと思います。



○議長(田中健夫) 

 説明が終わりました。

 それでは議案第36号の説明に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第36号を採決いたします。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり承認することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり承認することに決定しました。

 議案第37号 専決処分の承認を求める件(平成23年度中央市一般会計補正予算(第5号))について、詳細説明を求めます。

 山口総務部長。



◎総務部長(山口保孝) 

 それでは議案書の27ページからになります。

 議案第37号 専決処分の承認を求める件(平成23年度中央市一般会計補正予算(第5号))について、議案の説明をいたします。

 29ページをお開きください。

 平成23年度中央市一般会計補正予算(第5号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億8,841万6千円を追加し、歳入歳出それぞれ127億3,661万円としたものであります。

 30ページ、31ページをお開きください。

 補正内容につきまして、「第1表 歳入歳出予算補正」により説明をさせていただきます。

 はじめに歳入ですが、歳入につきましては各事業の確定により交付決定等された実績に基づき調整を行っております。

 主なものについて、説明させていただきます。

 まず9款地方交付税は2億1,844万6千円の増で特別地方交付税の増額によるものです。

 13款国庫支出金は435万6千円の減で、1項国庫負担金、子ども手当国庫負担金等の減額によるものです。

 14款県支出金は3,190万9千円の減で、2項県補助金乳幼児医療費支給事業補助金、緊急雇用創出事業補助金等の減額によるものです。

 17款繰入金は2,250万7千円の増で、1項基金繰入金で住民生活に光をそそぐ基金繰入金、2項特別会計繰入金で土地区画整理特別会計繰入金の増額によるものです。

 32ページ、33ページに移りまして、20款市債は2,330万円の減額で合併特例事業債を減額としております。

 34ページ、35ページに移りまして、歳出ですが歳出につきましては、主に各事業の確定による予算執行残を最終調整したものであります。

 主なものについて、説明させていただきます。

 まず2款総務費は269万5千円の増で1項総務管理費、財産購入費の増額によるものです。

 3款民生費は6,832万9千円の減で1項社会福祉費、介護保険特別会計繰出金、障害者介護給付費等の減額によるものです。

 4款衛生費は5,207万8千円の減で1項保健衛生費、子ども医療費助成金支給事業費、母子健診事業費等の減額によるものです。

 7款商工費は910万円の減で1項商工費、中央市3大まつり補助金等の減額によるものです。

 8款土木費は3,614万3千円の減で2項道路橋梁費、市道田富西通り線道路建設事業費等の減額によるものです。

 10款教育費は1,226万6千円の減で5項保健体育費、学校給食費等の減額によるものです。

 13款諸支出金は3億7,426万3千円の増で2項基金費、財政調整基金、公共施設等整備基金費等の積み立てによるものです。

 36ページに移りまして、「第2表 地方債補正」ですが合併特例事業債の限度額を6億6,060万円から6億3,730万円に変更しております。

 以上、概略を説明させていただきました。よろしくご審議いただきますよう、お願いを申し上げます。



○議長(田中健夫) 

 説明が終わりました。

 それでは、議案第37号の説明に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第37号を採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり承認することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり承認することに決定しました。

 議案第38号 専決処分の承認を求める件(平成23年度中央市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号))について、詳細説明を求めます。

 甲田市民部長。



◎市民部長(甲田高文) 

 議案第38号 専決処分の承認を求める件(平成23年度中央市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号))について、議案の説明を申し上げます。

 説明書の32ページから35ページにかけて、お開きください。

 平成23年度中央市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ125万2千円を減額し、歳入歳出それぞれ1億8,237万2千円としたものでございます。

 補正予算の内容につきましては、歳入につきましては説明書の32ページと33ページをお開きください。

 後期高齢者医療保険料が124万2千円の減額、繰入金が47万8千円の減額、繰越金が46万8千円の増額、歳入合計が125万2千円の減額でございます。

 歳出につきましては説明書の34ページ、35ページをお開きください。

 後期高齢者医療後期連合納付金といたしまして、125万2千円の減額をしたところでございます。

 以上です。



○議長(田中健夫) 

 市民部長の説明が終わりました。

 それでは、議案第38号の説明に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論はありますか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第38号を採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり承認することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり承認することに決定しました。

 議案第39号 専決処分の承認を求める件(平成23年度中央市介護保険特別会計補正予算(第4号))について、詳細説明を求めます。

 笹本保健福祉部長。



◎保健福祉部長(笹本昇) 

 それでは議案第39号 専決処分の承認を求める件について、説明させていただきます。

 平成23年度中央市介護保険特別会計補正予算(第4号)について、議案の説明をいたします。

 議案書の46ページをお開きください。

 平成23年度中央市介護保険特別会計補正予算(第4号)につきましては、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ5,089万円を減額し、歳入歳出それぞれ15億5,960万9千円としたものでございます。

 続きまして、補正予算の概略説明をいたします。

 議案書の48ページをお開きください。「第1表 歳入歳出予算補正」でございます。

 補正の理由につきましては、一般会計と同様に実績および事業の確定見込みによるものでございます。

 まず歳入の主なものについて申し上げますと、第1款保険料の中で第1号被保険者保険料の本算定による収入見込み額の確定による減額であります。

 次に第3款国庫支出金につきましては、介護保険給付費負担金および調整交付金の標準給付見込み額の確定による減額でございます。

 また第4款支払基金交付金、第5款県支出金につきましても国庫支出金同様、介護給付費交付金および介護給付費負担金の標準給付見込み額の確定による減額でございます。

 また第7款繰入金は介護給付費準備基金繰入金による増額で、第10款市債は財政安定化基金貸付金の減額であります。

 次に歳出です。50ページをお開きください。

 歳出の主なものは第2款保険給付費の中で、施設介護サービス給付費および居宅介護サービス計画給付費の平成23年度給付実績に伴う確定による減額であります。

 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(田中健夫) 

 保健福祉部長の説明が終わりました。

 それでは、議案第39号の説明に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論はありますか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第39号を採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり承認することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり承認することに決定しました。

 議案第40号 専決処分の承認を求める件(平成23年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号))について、詳細説明を求めます。

 鷹野建設部長。



◎建設部長(鷹野求) 

 議案書の55ページをお願いしたいと思います。

 議案第40号 専決処分の承認を求める件(平成23年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号))について、説明いたします。

 平成23年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ739万8千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5億998万1千円としたものでございます。

 次ページをお願いしたいと思います。歳入の主な内容について説明させていただきます。

 第1款の財産収入につきましては、付市有地処分金2区画分として736万3千円でございます。

 第2款の繰入金といたしましては、一般会計繰入金として16万5千円の減額でございます。

 第5款の諸収入として、契約補償金20万円の補正の内容となっております。

 続きまして58ページ、59ページをお願いしたいと思います。

 歳出の主な内容につきましては、第1款の土地区画整理費として職員手当、共済費、役務費など各事業費の確定に伴う執行残の減額として32万8千円。3款の諸支出金として医大南部区画整理事業余剰金の一般会計繰出金として、772万6千円の補正のお願いでございます。

 以上で説明とさせていただきます。よろしくお願いしたいと思います。



○議長(田中健夫) 

 建設部長の説明が終わりました。

 それでは、議案第40号の説明に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 これより討論を行います。

 討論はありますか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第40号を採決いたします。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり承認することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり承認することに決定しました。

 ここでお諮りします。

 ただいま、議題となっております議案第41号 中央市教育委員会委員の任命について同意を求める件から議案第43号 中央市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件までの3議案は、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託・質疑・討論を省略したいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議案第41号から議案第43号までの3議案は、委員会付託・質疑・討論を省略することに決定しました。

 これより詳細説明を求め、各議案ごとに採決いたします。

 議案第41号から議案第43号について、詳細説明を求めます。

 田中市長。



◎市長(田中久雄) 

 それでは議案第41号から議案第43号まで、提案理由の説明を申し上げます。

 議案書61ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第41号 中央市教育委員会委員の任命について同意を求める件

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、次の者を中央市教育委員会委員に任命したいので、議会の同意を求める。

 住所   中央市中楯1323番地

 氏名   伊藤貞秀

 生年月日 昭和25年11月17日生まれ

 提案理由

 教育委員会委員1名が平成24年5月16日をもって辞職することに伴い、後任の委員を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の規定により議会の同意を求めるものである。

 これが、この案件を提出する理由であります。

 次に、議案書63ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第42号 中央市教育委員会委員の任命について同意を求める件

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、次の者を中央市教育委員会委員に任命したいので、議会の同意を求める。

 住所   中央市山之神155番地3

 氏名   清水由美

 生年月日 昭和38年8月30日生まれ

 提案理由

 教育委員会委員1名の任期が平成24年5月16日をもって満了になるため、新たに委員を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の規定により議会の同意を求めるものである。

 これが、この案件を提出する理由であります。

 次に、議案書65ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第43号 中央市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件

 地方税法第423条第3項の規定により、次の者を中央市固定資産評価審査委員会委員に選任したいので、議会の同意を求める。

 住所   中央市東花輪1364番地4

 氏名   市川敏夫

 生年月日 昭和4年2月20日生まれ

 住所   中央市木原1287番地1

 氏名   村松猪虎馬

 生年月日 昭和19年1月20日生まれ

 住所   中央市成島1746番地

 氏名   野呂瀬英臣

 生年月日 昭和17年4月1日生まれ

 提案理由

 固定資産評価審査委員会委員の任期満了に伴い、新たに委員を選任したいので地方税法の規定により議会の同意を求めるものである。

 これが、この案件を提出する理由であります。

 以上3案件でございます。ご同意いただけますようによろしくお願い申し上げます。



○議長(田中健夫) 

 説明が終わりました。

 議案第41号から議案第43号について、順次採決します。

 この採決は人事案件ですので、起立によって行います。

 議案第41号 中央市教育委員会委員の任命について同意を求める件について採決いたします。

 お諮りします。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

     (起立多数)

 起立多数です。

 よって、本件は同意することに決定いたしました。

 議案第42号 中央市教育委員会委員の任命について同意を求める件について採決します。

 お諮りします。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

     (起立多数)

 起立多数です。

 よって、本件は同意することに決定いたしました。

 議案第43号 中央市固定資産評価審査委員会委員の選任について同意を求める件について採決します。

 お諮りします。

 本件は、これに同意することに賛成の方は起立願います。

     (起立多数)

 起立多数です。

 よって、本件は同意することに決定いたしました。

 ただいま、任命および選任に関し同意されました教育委員会委員および固定資産評価審査委員会委員の皆さまより、あいさつをしたい旨の申し出がありましたのでこれを許します。

 なお、固定資産評価審査委員会委員 市川敏夫様につきましては、本日ご都合により欠席されております。

 先に教育委員会委員の皆さまより、ごあいさつをいただきます。

 はじめに伊藤貞秀様、お願いします。



◎教育委員(伊藤貞秀) 

 おはようございます。

 ちょっと風邪をひいていまして喉を痛めていますので、すみません、お聞き苦しい点があると思いますけども、よろしくお願いいたします。

 ただいま、教育委員の任命の同意をいただきまして誠にありがとうございます。身の引き締まる思いで使命のもと、受け止めているところでございます。

 私は教職の経験はございませんけども、市職員として培った経験を生かしまして、中央市の教育の基本でありますまごころ、生きる力をはぐくむ教育、命を大切にする教育、信頼しあう教育の推進に努めてまいりたいと思います。

 何分慣れないこともありますけども、議員の皆さまには職員のときと同様にご指導、それからご支援を願いたいとお願いいたしまして、あいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(田中健夫) 

 次に清水由美様。



◎教育委員(清水由美) 

 はじめまして、清水由美と申します。

 不慣れなことが多いと思いますけれども、自分のできることを一生懸命やりたいと思いますので、どうかよろしくお願いいたします。



○議長(田中健夫) 

 続いて、固定資産評価審査委員会委員の皆さまより、ごあいさつをいただきます。

 はじめに村松猪虎馬様、お願いします。



◎固定資産評価審査委員(村松猪虎馬) 

 どうもこんにちは。豊富の地区より推薦されました村松でございます。

 一生懸命頑張りたいと思いますので、先輩方のご指導・ご協力をよろしくお願いします。



○議長(田中健夫) 

 続きまして野呂瀬英臣様、お願いします。



◎固定資産評価審査委員(野呂瀬英臣) 

 野呂瀬でございます。よろしくお願いいたします。

 大事な仕事を仰せつかりまして身が締まる思いでございます。また皆さんと、一生懸命やりますのでよろしくお願いいたします。



○議長(田中健夫) 

 どうもありがとうございました。皆さまのご活躍をご期待申し上げます。

 以上で、本臨時会の会議に付された事件はすべて終了しました。

 これをもちまして、平成24年第1回中央市議会臨時会を閉会といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会 午前10時46分

 この会議の経過を記載して、その内容が相違ないことを証するためにここに署名する。

                        平成  年  月  日

             中央市議会議長

                   田中健夫

             会議録署名議員

                   田中輝美

             会議録署名議員

                   小池章治

      本会議録の作成にあたった者の氏名は次のとおりである。

       議会事務局長    河野孝洋

       議会書記      田中竜馬

       議会書記      有泉由樹

       議会書記      小野里津子