議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 中央市

平成21年 12月 定例会(第4回) 12月08日−01号




平成21年 12月 定例会(第4回) − 12月08日−01号







平成21年 12月 定例会(第4回)



平成21年中央市議会第4回定例会

1.議事日程(第1号)

                         平成21年12月8日

                         午前10時00分開議

                         於議場

  日程第1 会議録署名議員の指名

  日程第2 会期決定の件

  日程第3 諸報告

  日程第4 議案第103号 中央市介護保険条例中改正の件

  日程第5 議案第104号 平成21年度中央市一般会計補正予算(第4号)

  日程第6 議案第105号 平成21年度中央市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

  日程第7 議案第106号 平成21年度中央市介護保険特別会計補正予算(第3号)

  日程第8 議案第107号 平成21年度中央市地域包括支援センター特別会計補正予算(第1号)

  日程第9 議案第108号 平成21年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

  日程第10 議案第109号 平成21年度中央市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

  日程第11 議案第110号 平成21年度中央市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)

  日程第12 議案第111号 平成21年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

  日程第13 議案第112号 平成21年度中央市上水道事業特別会計補正予算(第3号)

  日程第14 議案第113号 山梨県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び同広域連合規約の変更について

  日程第15 議案第114号 中巨摩地区広域事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同事務組合規約の変更について

  日程第16 議案第115号 三郡衛生組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同事務組合規約の変更について

  日程第17 議案第116号 山梨県市町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同事務組合規約の変更について

  日程第18 請願第4号 所得税法第56号の廃止を求める請願書

  日程第19 請願第5号 子どもたちの生命を守るため、ヒブワクチン及び肺炎球菌ワクチンへの公費助成、定期接種化を求める意見書の提出を求める請願

2.出席議員は次のとおりである。(21名)

       1番  名執義高      2番  伊藤公夫

       3番  石原芳次      4番  関 敦隆

       5番  小沢 治      6番  一瀬 明

       7番  小池満男      8番  田中健夫

       9番  長沼辰幸     10番  井口 貢

      11番  野中つね子    12番  内藤 進

      13番  宮川弘也     14番  福田清美

      15番  設楽愛子     16番  保坂 武

      18番  山村 一     19番  大沼芳樹

      20番  一瀬 満     21番  田中一臣

      22番  山本国臣

3.欠席議員(なし)

4.会議録署名議員

      12番  内藤 進     13番  宮川弘也

5.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名(17名)

   市長        田中久雄    副市長       吉田 泉

   教育長       比志 保    総務部長      小池章治

   教育次長      金丸幸夫    市民部長      萩原一春

   保健福祉部長    長田邦雄    建設部長      河野孝洋

   農政観光部長    江間政雄    会計管理者     藤巻博文

   政策秘書課長    甲田高文    総務課長      山口保孝

   財政課長      中沢守利    建設課長      鷹野 求

   市民課長      坂本 桂    福祉課長      高木裕治

   農政課長      河西則喜

6.職務のため議場に出席した者の職氏名(4名)

   議会事務局長    伊藤貞秀

   議会書記      佐野一彦

   議会書記      小澤 実

   議会書記      樋口貴美子



△開会 午前10時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 本日は、お忙しいところご参集をいただきまして、誠にご苦労さまです。

 ただいまの出席議員は21名、全員で定足数に達しております。

 ただいまから平成21年第4回中央市議会定例会を開会します。

 報道機関等から写真撮影等の申し出が出ております。

 これを許可することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議場内での撮影を許可することに決しました。

 本日の会議は、あらかじめお手元に配布してあります、議事日程表により行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により、12番議員 内藤 進君13番議員 宮川弘也君を指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第2 会期決定の件を議題とします。

 お諮りします。

 本定例会の会期は、お手元に配布の会期日程のとおり、本日から18日までの11日間としたいと思います。

 これにご異議ごありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は本日から18日までの11日間と決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第3 諸報告を行います。

 第3回定例会以降の報告事項については、お手元に配布しました諸報告のとおりであります。

 監査委員から平成21年8月から10月分にかかわる現金出納検査の結果および定期監査の結果について、お手元に配布しました資料のとおり報告されております。

 各組合議会の結果について、お手元に配布しました資料のとおり報告されております。

 以上で諸報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第4 議案第103号 中央市介護保険条例中改正の件から、日程第17 議案第116号 山梨県市町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体数の減少及び同組合規約の変更についての件までの14案件を一括議題とします。

 市長より行政報告ならびに提出議案等に対する説明を求めます。

 田中市長。



◎市長(田中久雄君) 

 おはようございます。

 大変ご苦労さまでございます。

 平成21年第4回定例市議会をお願いいたしましたところ、議員各位には全員のご出席をいただき、開会できますことに心からお礼申し上げます。

 第4回定例市議会開会に当たり、提出致しました案件の概要を説明申し上げますとともに、私の所信の一端を申し述べ、議員各位ならびに市民の皆さまの、ご理解とご協力をお願い申し上げたいと存じます。

 平成21年度も後半を迎え、主要事業をはじめとする諸施策につきましては、議員各位をはじめ、市民の皆さまのご支援、ご協力をいただき、順調に進捗しているところであります。

 11月20日に発表された月例経済報告によると、日本経済は物価が持続的に下落する、緩やかなデフレ状況にあると表明されました。国内経済は持ち直しに転じているものの、物価下落で企業収益の悪化や失業増大につながるリスクがあり、再び景気が悪化する懸念が強まっているといわれています。さらに、急激な円高という不安要素も重なり、景気の本格回復を見通すことができない状況にあります。

 鳩山内閣により、旧政権以来の無駄に切り込む事業仕分けが行われ、これまで非公開だった予算編成過程が、一部とはいえオープンになり、マスコミにも大きく取り上げ、議員や民間から選ばれた仕分け人たちが官僚を相手に事業の無駄を指摘し、廃止、予算縮減などの判定を突き付ける姿に、国民全体の関心が非常に高くなったと感じております。今後は事業仕分けの判定結果がどのように年末の予算編成に反映され、本市の施策に与える影響についても、情報収集に努めてまいりたいと考えております。

 10月13日、14日の両日に初めて開催されました、全国直売所甲子園2009において、中央市の道の駅とよとみ農産物直売所が、初代グランドチャンピオン賞の日本一に輝きました。

 直売所甲子園は、消費者との信頼関係づくりや地域への貢献度などを競う大会として、今年初めて開催されました。全国には1万3千カ所の直売所があるといわれ、その中から全国103の直売所がエントリーされ、第1次・第2次審査を通過し、決勝大会に10カ所の直売所が進出し、道の駅とよとみが、みごとに日本一の栄冠を手にいたしました。

 道の駅とよとみの直売所は、消費者との交流・地域とのかかわり・環境保全型農業の推進など、多様な取り組みと生産者が直売所を盛り上げようと、さまざまな活動に自主的に参加されている点などが高く評価されたそうです。グランプリ受賞後は、マスコミなどで報道され連日大勢のお客さまで賑わっています。

 10月31日、11月1日の2日間、日本一を記念しての優勝記念感謝祭には、2万人のお客さまにご来場をいただき、中央市道の駅とよとみを広くPRしました。

 また、受賞報告のため、横内知事を訪れた際に、知事から日本一の栄誉は山梨にとっても誇り、他の直売所の立派なモデルとして、今後も頑張ってもらいたいと、祝福のことばをいただきました。

 11年間の積み重ねた努力が実り、中央市の直売所が日本一になれたことは大変うれしく、関係各位に対し、衷心より御礼申し上げるとともに、市民の皆さま方とともに、この受賞の喜びを分かち合い、これからも一層地域づくりを推進してまいりたいと思います。

 当面する市政の課題等につきまして、報告をさせていただきます。

 まず、新型インフルエンザ対策についてであります。

 本格的な流行の季節に入り、中北保健所管内においても、定点医療機関あたりのインフルエンザ患者数が30人を超え、警戒レベルに達しています。

 市内においても、10月後半から集団感染が多数見られ、学級、学年閉鎖を余儀なくされた学校もあり、さらに感染拡大に注意が必要な状況となっております。

 そんな中、10月16日より新型インフルエンザワクチンの予防接種が、医療従事者を皮切りに国が定める接種スケジュールに添って、順次行われています。

 市では、優先順位に該当する方のうち、生活保護者ならびに非課税世帯の方の接種費用を、全額助成することとしましたが、感染者の大半を小・中学生が占めており、各学校においても集団感染が相次いで発生していることを重要視し、新たに1歳から中学3年生までの1回目の予防接種費用を助成するために、接種回数の見直しに伴う減額と併せて、予算の調整を行っているところであります。

 全国的にワクチンの出荷量に対し接種希望者が多く、ワクチンが不足していますが、市内の医療機関の献身的な協力をいただき、中央市の子どもたちのためにと、ワクチンの確保と接種機会を設けて実施いただいていることに、厚く感謝を申し上げたいと思います。

 まだまだ、感染が広がる恐れがありますので、市民の皆さまには、引続き手洗い・うがいの励行、マスクの着用など感染防止に努めていただきたいと思います。

 次に、公共施設の耐震診断結果についてであります。

 平成20年8月に、中央市耐震改修促進計画を策定し、その計画に基づき、昭和56年の新耐震基準導入以前に建築された市所有の公共施設の耐震診断を実施し、この度、診断結果がまとまりました。

 診断の結果、7施設については建物の構造性能を示す指標である構造耐震指標が目標値を上回っておりましたが、6施設については、目標値を下回っており、補強が必要であるとの結果でありました。

 今回の診断結果を受け、耐震補強工事が必要な6施設のうち、玉穂市民体育館につきましては、三村小学校児童の授業等にも使用していることから、早急に改修計画を進めていきたいと考えております。

 また、その他の施設につきましても、今後、施設等検討委員会において、施設の利用状況、また、類似施設の統廃合も含め十分検討し、併せて耐震改修計画を定めていきたいと考えております。

 なお、耐震診断結果の詳細につきましては、後日開催される議員協議会の中で詳細をご説明申し上げる予定であります。

 次に、税等収納率向上対策についてであります。

 長引く景気低迷により、日本経済は活気が無く、回復する様子が見当たりません。本市でも、他市同様、景気対策においては、万全を期しておりますが、健全財政に不可欠で、重要な要素となっている安定した税源の確保がいま一つ伸び悩んでおります。

 このような状況下の中、市税等の収納対策として、昨年と同様12月を滞納整理強化月間と定め収納対策強化に取り組むこととしました。

 今年の重点対策としては、今後、過年度の滞納分となる可能性のある、現年度分未納の税および料を対象に、12月14日から21日までの8日間に正職員全員による訪問徴収を実施します。

 特に市民の方に、市税等の納め忘れはありませんでしょうか。また、払わないといけないものをそのままにしていませんか。等の呼び掛けを行い、もう一度確認をしていただき、早めの納付を促します。

 また、今年度は、行財政改革大綱実施計画に位置づけられている、休日・夜間窓口開設を試行実施し、市民および納税者の納付等の利便性を図る予定です。

 期間中は、納税相談窓口を、平日夜間7時半まで、土日の休日は午後5時まで開設しますので、ご利用いただけますよう市民の皆さま方へご理解ご協力を重ねてお願いするところであります。

 次に、高部工業用地整備事業についてであります。

 高部工業用地造成工事の11月末現在の、進捗状況につきましては、鉄道・運輸機構の施工分について、外周水路は、シルクラインからの進入道路部分を除き、完成し、盛り土材52,000立方メートルが搬入され、全体搬入予定量の75%となっています。

 また、市の施工分について、10月28日に外周道路の工事を発注し、3月中旬に完成予定です。

 造成工事全体としても計画通り順調に進捗しており、今年度末には、終了する予定であります。

 企業の誘致については、10月5日に全国都市会館において、用地情報提供セミナーが開催され、担当職員が参加しました。

 このセミナーは、企業側に全国産業用地の情報を配信することが目的で、本市でもパンフレット等を配布するなど、PRを行ってきました。

 10月14日には山梨中央銀行東京支店、八王子支店、および豊富出身の土・昭夫氏が代表取締役会長をされている、双日株式会社を、私が直接訪問し、企業進出の情報提供について、協力をお願いしてきました。

 また、11月20日には、東京都立川市において、山梨県地域産業活性化を目的に、ザ・チャレンジ山梨・企業立地セミナーが、開催され、主催者の山梨県知事も出席する中、中央市も参加し、企業立地情報コーナーで、情報の提供等行ってまいりました。

 今後も、企業に積極的に情報提供をするため、企業立地セミナーに参加するなど、PRを行い、高部工業用地が早期に販売できるよう鋭意、取り組んでまいります。

 学校施設整備事業についてであります。

 学校施設整備事業の豊富小学校屋内運動場改築工事は順調に進み、現在の進捗率は55%を超え、建物の骨格ができ、外部屋根工事はほぼ終了し、今月上旬から建物壁の仕上げ材張り、外壁塗装工事に着手し、来年2月末の完成に向けて予定通り進んでおります。

 次に、田富中学校武道場建設についてであります。

 国の教育基本法改正に伴い、中学校学習指導要領が改正され平成24年度から中学校の武道が必修化されるのに備え、現在武道場のない、田富中学校への武道場の新設が課題となっておりました。このため、文部科学省の公立体育施設整備事業平成21年度補正追加募集に補助の申請したころ採択をされました。

 今議会に事業費の予算計上をし、今後平成22年度末の完成を目指し、努力してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

 次に、青色防犯パトロールについてであります。

 市では、安全で安心して暮らせるまちづくりを目指し、防犯対策の推進に取り組んでいるところであります。このたび、市内自主防犯ボランティア団体である、中央市消防協力会との連携による、青色防犯パトロールを実施するため、青色回転灯を設置した車両を4台を各庁舎に配備し、11月3日に出発式を行ったところであります。

 今後は、児童生徒の下校時間帯に合わせたパトロールを行い、地域の安全と犯罪抑止に努めて行きたいと考えております。

 続きまして、今定例議会に提案いたしました議案の説明を申し上げます。

 今定例議会に提案いたしました案件は、条例案件1件、補正予算9件、その他4件であります。

 まず、条例関係議案について説明を申し上げます。

 議案第103号 中央市介護保険条例中改正の件につきましては、社会保険の保険料等に係る延滞金を軽減するための、厚生年金保険法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、条例の一部を改正するものであります。

 次に予算関係議案についてです。

 議案第104号 平成21年度一般会計補正予算(第4号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ3億3,289万2千円を追加し、歳入歳出それぞれ124億1,344万1千円とするものであります。

 歳入について主なものは、市税では、固定資産税が評価替え等により1億366万2千円を減額するものであります。

 地方交付税は、額の確定により6億7,979万4千円の補正するものであります。

 国庫支出金では、障害者自立支援給付費負担金が、報酬改定により2,000万円の増額、子育て応援特別手当交付金が、事務取扱交付金と併せて執行停止措置により3,312万円を減額するものであります。

 まちづくり交付金は、今年度事業完了により420万円を減額するものであります。

 田富中学校武道館建設事業に伴う補助金としては、地域活性化・公共投資臨時交付金を1,900万円、安全・安心な学校づくり交付金を2,236万5千円補正するものであります。

 県支出金では、国民健康保険基盤安定負担金が280万9千円の増額、障害者自立支援給付費負担金が報酬改定により1,000万円の増額、全国瞬時警報システム改修工事への整備交付金として538万円の補正となります。

 まみい保育園で実施する保育対策等促進事業費補助金として324万円、児童環境づくり基盤整備事業費補助金として504万円を補正するものであります。

 緊急雇用創出事業に伴う補助金として172万1千円、転作促進地域活性化事業への補助となる新たな水田農業確立支援事業補助金として550万1千円、農道28号線改良工事への補助となる特産農産物生産支援整備事業補助金として400万円補正するものであります。

 繰入金は主に地方交付税による財源余剰が生じたことから、財政調整基金へ3億8,481万4千円、減債基金へ1億円の戻入を行います。

 繰越金は、額の確定により1,866万2千円を補正するものであります。

 諸収入は、ホームページの広告掲載料として17万5千円を補正するものであります。

 市債は、まちづくり事業に係る土木債が事業費減額等により310万円の減額、田富中学校武道館建設事業に係る教育債を1億5,900万円の補正するものであります。

 歳出の主なものは、各款および特別会計とも共通事項として、給与改定による減額および共済組合負担金の財源率改正による増額分を補正したところであります。

 特別職を含む職員の期末勤勉手当の減額は、一般会計、特別開会合わせて3,148万4千円となります。

 以下、人件費の説明は省かせていただきます。

 議会費では、議員分期末手当支給月額変更による減額により186万5千円の減額するものであります。

 総務費では、市長選挙費133万3千円、市議会議員補欠選挙費352万8千円、国からの緊急情報の音声放送を行うための全国瞬時警報システム改修工事538万2千円などを補正しております。

 民生費では、国民健康保険特別会計繰出金6,915万9千円、介護保険特別会計繰出金126万9千円、障害者介護給付費等事業4千万円、まみい保育園で実施する児童環境づくり基盤整備事業等補助金1,694万円などを補正するものであります。

 その他、子育て応援特別手当支給事業として3,534万2千円計上していたものが、国による事業見直しから執行停止となり減額となりました。

 衛生費では、シルバー人材センター委託による環境衛生巡回措置業務135万9千円、一般家庭を対象に1キロワット当たり5万円、限度額17万5千円を補助する住宅用太陽光発電システム設置費補助金事業350万円などを補正するものであります。

 労働費では緊急雇用創出事業として、河川浚渫土混入物除去事業2名分100万1千円、市税納税率向上対策事業5名分240万円などを補正するものであります。

 農林水産業費では、水田転作に係る機械等の集団購入を行う転作促進地域活性化事業550万1千円、県単事業となる農道28号線改良工事930万円の増額、農業集落排水事業特別会計繰出金を329万1千円減額するものであります。

 土木費では、耐震関係市民意識調査委託を行う耐震改修モデル事業210万円、市道玉穂新環状南通り線電柱等移設補償費200万円の増額のほか、土地区画整理事業特別会計繰出金750万5千円、下水道事業特別会計繰出金2,182万円を減額するものであります。

 消防費では甲府地区広域行政事務組合負担金803万5千円を増額するものであります。

 教育費では、準要保護就学援助事業費300万円、玉穂中学校への豊富地区生徒編入等による備品購入費535万4千円、田富中学校武道場建設事業2億1,072万5千円を増額補正したのが主なものであります。

 次に、議案第105号 平成21年度国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2億9,195万円を追加し、歳入歳出それぞれ27億8,574万2千円とするものであります。

 主な歳入は、共同事業交付金8,044万2千円の増額のほか、一般会計繰入金および広域化等支援基金貸付金1億3,000万円が主な補正の内容となっています。

 主な支出は、保険給付費3億2,148万7千円、後期高齢者支援金920万2千円の増額が主なものとなっています。

 議案第106号 平成21年度介護保険特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ3,634万9千円を増額し、歳入歳出それぞれ14億1,795万6千円とするものであります。

 歳入の主なものは、保険料389万9千円の増額のほか、基金繰入金および前年度繰越金による調整が主な補正の内容となっております。

 歳出の主なものは、居宅介護サービス給付費6,400万円、および介護予防サービス給付費2,700万円の増額、介護給付準備基金積立金1,410万2千円の増額が主な補正の内容となっております。

 議案第107号 平成21年地域包括支援センター特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ90万5千円を減額し、歳入歳出それぞれ2,964万円とするものであります。

 議案第108号 平成21年度簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ64万2千円を減額し、歳入歳出それぞれ2億3,901万7千円とするものであります。

 議案第109号 平成21年度下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ87万5千円を追加し、歳入歳出それぞれ19億1,317万9千円とするものであります。

 議案第110号 平成21年度農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ16万3千円を追加し、歳入歳出それぞれ3億2,922万2千円とするものであります。

 以上、4特別会計補正予算については、歳出については人権費の補正、歳入については一般会計繰入金による調整が主な補正の内容となっています。

 次に、議案第111号 平成21年土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2,458万4千円を追加し、歳入歳出それぞれ3億1,117万5千円とするものであります。

 歳入については、保留地等処分金収入1億521万4千円を増額し、一般会計繰入金、土地区画整理基金繰入金を調整することが主な補正の内容となっています。

 歳出については、工事の各建設事業負担金の増額が主な補正の内容となっております。

 次に、議案第112号 平成21年度上水道事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、収益的支出から6万7千円を減額し、補正後の収益的支出を3億2,026万9千円とするものであります。

 議案第113号 山梨県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び同広域連合規約の変更について議案第114号 中巨摩地区広域事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同事務組合規約の変更について

 議案第115号 三郡衛生組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同事務組合規約の変更について議案第116号 山梨県市町村議会議員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同事務組合規約の変更について以上4案件につきましては、富士川町の設置に伴い、各組合を組織する地方公共団体の数を減少することについて、市町村の合併の特例に関する法律の規定により、各組合規約の変更に係る協議について、議会の議決を必要とするためのものであります。

 以上、14案件の内容についての概要を説明申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご議決いただけますよう、お願い申し上げ、平成21年12月定例議会における所信表明および提案理由の説明といたします。

 よろしくお願いをいたします。



○議長(山本国臣君) 

 市長の説明が終わりました。

 議案第103号から議案第116号までの14案件については、総括質疑に留めます。

 これより質疑を行います。

 質疑ありますか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 議案第103号から議案第116号までの14案件をお手元の議案付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第18 請願第4号 所得税法第56号の廃止を求める請願書を議題とします。

 紹介議員の説明を求めます。

 一瀬明君。



◆6番(一瀬明君) 

 請願文書表の朗読をもって説明に代えさせていただきます。

 配布資料の5ページをお開きいただきたいと思います。

 受理番号  平成21年請願第4号

 受理年月日 平成21年11月20日

 件名    所得税法第56号の廃止を求める請願書

 請願者   山梨県商工団体連合会会長 雨宮富美雄

 請願要旨  世界の主要国に倣い、日本でも税法上も民法、労働法や社会保障上でも家族従業者の人権保障の基礎をつくるためにも、所得税法56条を廃止する意見書を政府関係機関へ提出するよう要望する請願

 以上よろしくお願いいたします。



○議長(山本国臣君) 

 提出のありました請願は、会議規則第135条の規定により、厚生常任委員会へ付託します。

 本定例会最終日に請願の審査結果の報告をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第19 請願第5号 子どもたちの生命を守るため、ヒブワクチン及び肺炎球菌のワクチンへの公費助成、定期接種化を求める意見書の提出を求める請願を議題とします。

 紹介議員の説明を求めます。

 設楽愛子君。



◆15番(設楽愛子君) 

 請願文書表の朗読をもって説明に代えさせていただきます。

 配布資料の8ページをお開きいただきたいと思います。

 受理番号  平成21年請願第5号

 受理年月日 平成21年11月25日

 件名    子どもたちの生命を守るため、ヒブワクチン及び肺炎球菌のワクチンへの公費助成、定期接種化を求める意見書の提出を求める請願

 請願者   中央市臼井阿原728−1 一瀬かおり

 請願要旨  医療機関においてワクチンの接種が可能となっても、任意接種であるため費用負担が大きく、公費助成や定期接種化など、子どもたちの命を守るため、細菌性髄膜炎の予防対策を強力に図る意見書を関係諸機関へ提出するよう、要望する請願

 以上です。

 よろしくお願いいたします。



○議長(山本国臣君) 

 提出のありました請願は、会議規則第135条の規定により、厚生常任委員会へ付託します。

 本定例会最終日に請願の審査結果の報告をお願いいたします。

 以上をもちまして、本日の日程はすべてを終了いたしました。

 明後日は午前10時から一般質問を行います。

 よろしくお願いいたします。

 本日はこれで散会いたします。

 ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会 午前10時38分