議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 中央市

平成21年  6月 定例会(第2回) 06月26日−04号




平成21年  6月 定例会(第2回) − 06月26日−04号







平成21年  6月 定例会(第2回)



平成21年中央市議会第2回定例会

1.議事日程(第4号)

                         平成21年6月26日

                         午前10時00分開議

                         於議場

  日程第1 議案第61号 中央市農業集落排水処理施設条例中改正の件

  日程第2 議案第62号 平成21年度中央市一般会計補正予算(第1号)

  日程第3 議案第63号 平成21年度中央市介護保険特別会計補正予算(第1号)

  日程第4 議案第64号 平成21年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第5 議案第65号 平成21年度中央市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第6 議案第66号 平成21年度中央市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第7 議案第67号 平成21年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第8 議案第68号 平成21年度中央市上水道事業会計補正予算(第1号)

  日程第9 議案第69号 中央市道路線認定の件

  日程第10 意見書第2号 「地震防災対策強化地域における地震対策緊急整備事業に関する国の財政上の特別措置に関する法律」の延長に関する意見書

  日程第11 請願第2号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書

  日程第12 委員会の閉会中の継続審査申出の件

追加日程第1 意見書第3号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書

2.出席議員は次のとおりである。(18名)

       1番  名執義高      2番  伊藤公夫

       3番  石原芳次      4番  関 敦隆

       5番  小沢 治      6番  一瀬 明

       7番  小池満男      8番  田中健夫

       9番  長沼辰幸     10番  井口 貢

      12番  内藤 進     13番  宮川弘也

      14番  福田清美     15番  設楽愛子

      16番  保坂 武     19番  大沼芳樹

      21番  田中一臣     22番  山本国臣

3.欠席議員 (3名)

      11番  野中つね子    18番  山村 一

      20番  一瀬 満

4.会議録署名議員

       7番  小池満男      8番  田中健夫

5.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名(17名)

   市長        田中久雄    副市長       吉田 泉

   教育長       比志 保    総務部長      小池章治

   教育次長      金丸幸夫    市民部長      萩原一春

   保健福祉部長    長田邦雄    建設部長      河野孝洋

   農政観光部長    江間政雄    会計管理者     藤巻博文

   政策秘書課長    甲田高文    総務課長      山口保孝

   財政課長      中沢守利    建設課長      鷹野 求

   市民課長      坂本 桂    福祉課長      高木裕治

   農政課長      河西則喜

6.職務のため議場に出席した者の職氏名(4名)

   議会事務局長    伊藤貞秀

   議会書記      佐野一彦

   議会書記      小澤 実

   議会書記      樋口貴美子



△開会 午前10時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 6月16日に開会されました本定例会は、本日が最終日となりました。

 長期間にわたりまして、誠にご苦労さまでした。

 最終日の日程も円滑に進むよう、議員各位のご協力をお願いします。

 ただいまの出席議員は18名、定足数に達しております。

 これより本日の会議を開きます。

 はじめに、欠席の旨の連絡をいたします。

 野中つね子議員、山村一議員、一瀬満議員につきましては、本日の会議を欠席する旨の届けがありましたので、ご了承願います。

 本日の会議は、あらかじめお手元に配布してあります、議事日程表により行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第1 議案第61号 中央市農業集落排水処理施設条例中改正の件から、日程第9 議案第69号 中央市道路線認定の件までの、議案9案件を一括議題とします。

 定例会の初日に各所管の委員会へそれぞれ付託しておきましたので、各常任委員長からの審査結果の報告を一括して行います。

 各委員長の報告の後、委員長報告に対する質疑を行い、各案件の討論・採決は、すべての委員長報告が終了後、議案ごとに順次行いますので、ご了承を願いいたします。

 はじめに、総務教育常任委員長の報告を求めます。

 福田清美君。



◆総務教育常任委員長(福田清美君) 

 総務教育常任委員会から審査結果の報告をいたします。

 総務教育常任委員会は6月22日、委員会室において委員会を開催し、委員全員と当局より説明員として、市長および関係職員の出席のもと、本委員会に付託されました案件について審査を行いました。

 審査の結果は、お手元に配布しました委員長報告のとおり、

 議案第62号 平成21年度中央市一般会計補正予算(第1号)のうち所管事務に関する部分について

 以上、予算案件1件について、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、主な質疑は、お手元に配布してありますので、ご一読ください。

 以上で総務教育常任委員長報告を終わります。



○議長(山本国臣君) 

 総務教育委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 続きまして、厚生常任委員長欠席のため、副委員長から報告を求めます。

 宮川弘也君。



◆厚生常任副委員長(宮川弘也君) 

 厚生常任委員長報告、委員長欠席のため、副委員長から審査結果の報告をさせていただきます。

 厚生常任委員会から審査結果の報告をいたします。

 厚生常任委員会は6月23日、委員会室において委員会を開催し、委員4名と当局より説明員として、市長および関係職員出席のもと、本委員会に付託されました案件について審査を行いました。

 審査の結果はお手元に配布した委員長報告のとおり、

 議案第62号 平成21年度中央市一般会計補正予算(第1号)のうち所管事務に関する部分について

 議案第63号 平成21年度中央市介護保険特別会計補正予算(第1号)

 以上、予算案件2案件について、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、主な質疑はお手元に配布してありますので、ご一読ください。

 以上で厚生常任委員長報告を終わります。



○議長(山本国臣君) 

 厚生常任副委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 続きまして、産業土木常任委員長の報告を求めます。

 産業土木常任委員長、小沢治君。



◆産業土木常任委員長(小沢治君) 

 産業土木常任委員会から審査結果の報告をいたします。

 産業土木常任委員会は6月24日、委員会室において委員会を開催し、委員全員と当局より説明員として、市長および関係職員の出席のもと、本委員会に付託されました案件について審査を行いました。

 審査の結果はお手元に配布しました委員長報告のとおり、

 議案第61号 中央市農業集落排水処理施設条例中改正の件

 議案第62号 平成21年度中央市一般会計補正予算(第1号)のうち所管事務に関する部分について

 議案第64号 平成21年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第65号 平成21年度中央市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第66号 平成21年度中央市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第67号 平成21年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第68号 平成21年度中央市上水道事業会計補正予算(第1号)

 議案第69号 中央市道路線認定の件

 以上、条例案件1件、予算案件6件、市道の件1件について、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、主な質疑はお手元に配布してありますので、ご一読ください。

 以上で産業土木常任委員長報告を終わります。



○議長(山本国臣君) 

 産業土木常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 これより議案第61号から議案第69号までの討論・採決を順次行います。

 議案第61号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第61号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第62号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第62号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する各常任委員長報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第63号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第63号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第64号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第64号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第65号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第65号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第66号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第66号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第67号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第67号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第68号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第68号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第69号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第69号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第10 意見書第2号 地震防災対策強化地域における地震対策緊急整備事業に係る国の財政上の特別処置に関する法律の延長に関する意見書(案)についてを議題とします。

 提出議員であります、福田清美君から提案理由の説明を求めます。

 福田清美君。



◆14番(福田清美君) 

 地震防災対策強化地域における地震対策緊急整備事業に係る国の財政上の特別処置に関する法律の延長に関する意見書(案)について、提案理由の説明をいたします。

 意見書第2号

                   提出者 中央市議会議員 福田清美

                   賛成者 中央市議会議員 一瀬 明

                          〃    井口 貢

 地震防災対策強化地域における地震対策緊急整備事業に係る国の財政上の特別処置に関する法律の延長に関する意見書(案)

 上記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出する。

 提出理由

 地震対策緊急整備事業の根拠である、地震防災対策強化地域における地震対策緊急整備事業に係る国の財政上の特別処置に関する法律の延長について、特段の配慮をされるよう要望するため、地方自治法第99条の規定により、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣、農林水産大臣、国土交通大臣、内閣府特命担当大臣(防災)、消防庁長官、林野庁長官に対して、別紙のとおり、意見書を提出する。

 以上です。

 よろしくご審議ください。



○議長(山本国臣君) 

 福田君の説明が終わりました。

 事務局が意見書の朗読をします。



◎事務局(佐野一彦君) 

 朗読させていただきます。

 地震防災対策強化地域における地震対策緊急整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律の延長に関する意見書(案)

 予想される東海地震に備えて、地震防災対策強化地域の関係地方公共団体は、地震対策緊急整備事業計画に基づき、各般にわたる地震対策を鋭意講じているところである。この事業は、平成21年度末で期限切れを迎えるが、限られた期間内に緊急に整備すべき必要最小限の事業をもって策定されていることから、今後、実施すべき事業が数多く残されている。

 また、近年の地震災害に伴う教訓、社会環境の変化、地震災害、対策強化地域の拡大をおよび中央防災会議における東海地震対策大綱の決定などに伴い、公共施設の耐震化、各種防災資機材、整備等をより一層推進する必要が生じている。

 したがって、東海地震による災害から、地域住民の生命と財産の安全を確保するためには、地震対策緊急整備計画の充実と期間の延長を図り、これらの事業を迅速かつ的確に実施することにより、地震対策の一層の充実に努めていかなければならない。

 よって国においては、地震対策緊急整備事業計画の根拠である、地震防災対策強化地域における地震対策緊急整備事業に係る国の財政上の特別措置に関する法律の延長について、特段の配慮をされるよう、強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成21年6月26日

                   山梨県中央市議会議長  山本国臣

 提出先

 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣、農林水産大臣、国土交通大臣、内閣府特命担当大臣(防災)、消防庁長官、林野庁長官

 以上です。



○議長(山本国臣君) 

 お諮りします。

 意見書第2号は委員会付託、質疑・討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、意見書第2号は委員会付託、質疑・討論を省略することに決定しました。

 意見書第2号について採決をします。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本意見書は原案のとおり関係機関に提出することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 日程第11 請願第2号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書を議題とします。

 総務教育常任委員長より審査結果の報告を求めます。

 福田清美君。



◆総務教育常任委員長(福田清美君) 

 総務教育常任委員会から請願審査結果の報告をいたします。

 総務教育常任委員会は、6月22日委員会室において委員会を開催し、本委員会に付託されました請願について審査を行いました。

 請願審査の報告をいたします。

 請願第2号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書

 審査の結果、採択と決定いたしました。

 以上、会議規則137条第1項の規定により報告いたします。



○議長(山本国臣君) 

 総務教育常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 請願第2号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 請願第2号について採決します。

 お諮りします。

 本請願に対する、総務教育常任委員長の報告は採択です。

 本請願は委員長報告のとおり採択することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本請願は委員長報告のとおり採択することに決定しました。

 ここで暫時休憩といたします。



△休憩 午前10時22分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前10時24分



○議長(山本国臣君) 

 再開します。

 先ほど採択されました請願により、お手元に配布した資料のとおり、意見書第3号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書(案)が提出されました。

 お諮りします。

 これを日程に追加し、追加日程第1とし、議題とすることにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 意見書第3号を追加日程とし、議題とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 追加日程第1 意見書第3号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書を議題とします。

 提出議員であります、福田清美君から提案理由の説明を求めます。

 福田清美君。



◆14番(福田清美君) 

 意見書第3号

 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書(案)について、提案理由の説明をいたします。

                   提出者 中央市議会議員 福田清美

                   賛成者 中央市議会議員 一瀬 明

                          〃    長沼辰幸

 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書(案)

 上記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出する。

 提出理由

 義務教育費国庫負担制度が堅持されるとともに、国による教育予算の拡充と教職員定数の改善が図られるよう、地方自治法第99条の規定により、文部科学大臣、財務大臣、総務大臣に対し、別紙のとおり意見書を提出する。

 以上です。

 よろしくご審議ください。



○議長(山本国臣君) 

 福田君の説明が終わりました。

 事務局が意見書の朗読をいたします。



◎事務局(佐野一彦君) 

 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書(案)

 子どもたちに豊かな教育を保障することは、社会の基盤づくりにとって、極めて重要なことです。

 しかしながら、義務教育費国庫負担金の国負担の割合が2分の1から3分の1に縮小されたことや、地方交付税の削減の影響、厳しい地方財政の状況などから、自治体において教育予算を確保することは困難となっています。

 地方財政が逼迫している中、少人数教育の推進、学校施設、旅費、教材費、就学援助、奨学金制度など、教育条件の自治体間格差が広がってきています。

 また、子どもと向き合う時間の確保のための施策と、文科省による勤務実態調査で、改めて明らかになった極めて厳しい教職員の勤務実態の改善が喫緊の課題となっています。

 さらに、就学援助受給者の増大に現れているように、低所得者層の拡大、固定化が進んでおり、家庭の所得の違いが、教育格差につながってきています。自治体の財政力や、保護者の所得の違いによって、子どもたちが受ける教育水準に格差があってはなりません。

 一方、学校現場では、いじめ、不登校などへの対応、きめ細かな学習指導の展開、生徒指導の充実、障害のある児童、生徒への支援、学校内外への安全対策、保護者、地域住民との連携などの推進が必要となっており、教職員定数増を中心とした教育予算の一層の拡充が求められています。

 しかし、OECD調査では、日本の教育予算はGDP費に占める教育費の割合や、教職員数などで、OECD諸国の中でも低い水準にあると指摘されています。教育は未来への先行投資であり、子どもたちがどこに生まれ育ったとしても、等しく良質な教育が受けられるために、教育予算を国全体としてしっかりと確保、充実させる必要があります。

 2009年度の予算措置では、1千人の教職員定数の改善にとどまりました。

 また、本年4月より、小中学校の新学習指導要領の移行措置が始まりました。授業時間数に加え、指導内容が質量ともに増えての先行実施となっています。

 学校現場で、新学習指導要領を円滑に実施するためには、教職員定数の改善や、教材費の確保など、教育予算の拡充が不可欠です。よって、政府においては、以下の事項を実施するよう要望します。

                 記

 1.義務教育の根幹である、教育の機会均等、水準確保、無償制の維持に不可欠な義務教育費国庫負担制度を堅持すること。

 2.教育条件の格差解消を図るため、地方交付税を含む国における教育予算を拡充すること。

 3.きめ細かな教育を一層推進するために、少人数教育の実現を中心とする教職員定数の改善を図ること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。

 平成21年6月26日

                   山梨県中央市議会議長  山本国臣

 提出先

 文部科学大臣、財務大臣、総務大臣。

 以上です。



○議長(山本国臣君) 

 お諮りします。

 意見書第3号は委員会付託、質疑・討論を省略したいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、意見書第3号は委員会付託、質疑・討論を省略することに決定しました。

 意見書第3号について採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本意見書は原案のとおり関係機関に提出することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第12 委員会の閉会中の継続審査申し出の件を議題とします。

 各常任委員長および議会運営委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配布しました申出書のとおり、所管事項の審査につき、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。

 各常任委員長および議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、各常任委員長および議会運営委員長の申し出のとおり、継続審査とすることに決定しました。

 以上をもちまして、本定例会の会議に付された事件はすべて終了いたしました。

 以上をもちまして、平成21年第2回中央市議会定例会を閉会とします。

 ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会 午前10時33分

 この会議の経過を記載して、その内容が相違ないことを証するためにここに署名する。

                        平成  年  月  日

             中央市議会議長

                   山本国臣

             会議録署名議員

                   小池満男

             会議録署名議員

                   田中健夫

      本会議録の作成にあたった者の氏名は次のとおりである。

       議会事務局長    伊藤貞秀

       議会書記      佐野一彦

       議会書記      小澤 実

       議会書記      樋口貴美子