議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 中央市

平成20年  9月 定例会(第3回) 09月22日−04号




平成20年  9月 定例会(第3回) − 09月22日−04号







平成20年  9月 定例会(第3回)



          平成20年中央市議会第3回定例会

1.議事日程(第4号)

                         平成20年9月22日

                         午前10時00分開議

                         於議場

  日程第1 議案第66号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定の件

  日程第2 議案第67号 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定の件

  日程第3 議案第68号 中央市職員の勤務時間、休暇等に関する条例中改正の件

  日程第4 議案第69号 中央市手数料条例中改正の件

  日程第5 議案第70号 中央市都市公園条例中改正の件

  日程第6 議案第71号 中央市営夜間照明施設条例中改正の件

  日程第7 議案第72号 中央市使用料徴収条例中改正の件

  日程第8 議案第73号 平成20年度中央市一般会計補正予算(第3号)

  日程第9 議案第74号 平成20年度中央市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

  日程第10 議案第75号 平成20年度中央市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

  日程第11 議案第76号 平成20年度中央市介護保険特別会計補正予算(第2号)

  日程第12 議案第77号 平成20年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第13 議案第78号 平成20年度中央市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

  日程第14 議案第79号 平成20年度中央市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

  日程第15 議案第80号 平成20年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第16 議案第81号 平成20年度中央市上水道事業会計補正予算(第1号)

  日程第17 議案第82号 平成19年度中央市一般会計歳入歳出決算認定の件

  日程第18 議案第83号 平成19年度中央市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定の件

  日程第19 議案第84号 平成19年度中央市老人保健特別会計歳入歳出決算認定の件

  日程第20 議案第85号 平成19年度中央市介護保険特別会計歳入歳出決算認定の件

  日程第21 議案第86号 平成19年度中央市地域包括支援センター特別会計歳入歳出決算認定の件

  日程第22 議案第87号 平成19年度中央市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件

  日程第23 議案第88号 平成19年度中央市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件

  日程第24 議案第89号 平成19年度中央市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定の件

  日程第25 議案第90号 平成19年度中央市田富よし原処理センター事業特別会計歳入歳出決算認定の件

  日程第26 議案第91号 平成19年度中央市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定の件

  日程第27 議案第92号 平成19年度中央市上水道事業会計決算認定の件

  日程第28 議案第94号 契約締結の件

  日程第29 議員提出議案第1号 中央市議会会議規則中改正の件

  日程第30 請願第3号 道路財源の「一般財源化」に関する意見書の提出を求める件

  日程第31 請願第4号 太陽光発電システムのさらなる普及促進を求める意見書の提出を求める請願

  日程第32 委員会の閉会中の継続審査申出の件

 追加日程第1 意見書第5号 道路財源の「一般財源化」に関する意見書(案)

 追加日程第2 意見書第6号 太陽光発電システムのさらなる普及促進を求める意見書(案)

2.出席議員は次のとおりである。(21名)

   1番  名執義高      2番  伊藤公夫

   3番  石原芳次      4番  関 敦隆

   5番  小沢 治      6番  一瀬 明

   7番  小池満男      8番  田中健夫

   9番  長沼辰幸     10番  井口 貢

  11番  野中つね子    12番  内藤 進

  13番  宮川弘也     14番  福田清美

  15番  設楽愛子     16番  保坂 武

  18番  山村 一     19番  大沼芳樹

  20番  一瀬 満     21番  田中一臣

  22番  山本国臣

3.欠席議員(なし)

4.会議録署名議員

  18番  山村 一     19番  大沼芳樹

5.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名(17名)

  市長        田中久雄    副市長       吉田 泉

  教育長       比志 保    総務部長      小池章治

  教育次長      飯室孝行    市民部長      萩原一春

  保健福祉部長    長田邦雄    建設部長      長田徳久

  農政観光部長    江間政雄    会計管理者     藤巻博文

  農政観光部次長   金丸幸夫    政策秘書課長    甲田高文

  総務課長      山口保孝    財政課長      河野孝洋

  建設課長      鷹野 求    市民課長      坂本 桂

  福祉課長      高木裕治

6.職務のため議場に出席した者の職氏名(4名)

  議会事務局長    伊藤貞秀

  議会書記      薬袋正仁

  議会書記      田中裕昭

  議会書記      樋口貴美子



△開会 午前10時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 9月9日に開会されました本定例会は、本日が最終日となりました。

 長期間にわたりまして、誠にご苦労さまでした。

 最終日の日程も円滑に進むよう、議員各位のご協力をお願いいたします。

 ただいまの出席議員は21名、全員で定足数に達しております。

 これより本日の会議を開きます。

 市長から追加議案提案の通知がありましたので、報告をします。

 追加議案は日程第28の議案第94号であります。

 報道機関から写真撮影等の申し出が出ております。

 これを許可することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議場内での撮影を許可することに決しました。

 本日の会議は、あらかじめお手元に配布してあります、議事日程表により行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第1 議案第66号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定の件から、日程第27 議案第92号 平成19年度中央市上水道事業会計決算認定の件までの、27案件を一括議題とします。

 定例会の初日に各所管の委員会にそれぞれ付託しておきましたので、各常任委員長からの審査結果の報告を一括して行います。

 各委員長の報告のあと、委員長報告に対する質疑を行い、各案件の討論・採決は、すべての委員長報告が終了後、議案ごとに順次行いますので、ご了承をお願いいたします。

 はじめに、総務教育常任委員長の報告を求めます。

 石原芳次君。



◆総務教育常任委員長(石原芳次君) 

 それでは、総務教育常任委員会から審査結果の報告をいたします。

 総務教育常任委員会は9月11日、委員会室において委員会を開催し、委員全員と当局より説明員として、市長および関係職員の出席のもと、本委員会に付託されました案件について審査を行いました。

 審査の結果は、お手元に配布しました委員長報告のとおり、

 議案第66号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定の件

 議案第67号 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律等の施行に伴う関係条例の整理に関する条例制定の件

 議案第68号 中央市職員の勤務時間、休暇等に関する条例中改正の件

 議案第69号 中央市手数料条例中改正の件

 議案第71号 中央市営夜間照明施設条例中改正の件

 議案第72号 中央市使用料徴収条例中改正の件

 議案第73号 平成20年度中央市一般会計補正予算(第3号)のうち所管事務に関する部分について

 議案第82号 平成19年度中央市一般会計歳入歳出決算認定の件のうち所管事務に関する部分について

 以上、条例案件6件、予算案件1件、決算認定1件について、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、主な質疑は、お手元に配布してありますので、ご一読ください。

 以上で総務教育常任委員長報告を終わります。



○議長(山本国臣君) 

 総務教育常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 続きまして、厚生常任委員長の報告を求めます。

 厚生常任委員長、設楽愛子君。



◆厚生常任委員長(設楽愛子君) 

 厚生常任委員会から審査結果の報告をいたします。

 厚生常任委員会は9月16日、17日、委員会室において委員会を開催し、委員全員と当局より説明員として、市長および関係職員出席のもと、本委員会に付託されました案件について審査を行いました。

 審査の結果はお手元に配布しました委員長報告のとおり、

 議案第73号 平成20年度中央市一般会計補正予算(第3号)のうち所管事務に関する部分について

 議案第74号 平成20年度中央市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

 議案第75号 平成20年度中央市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

 議案第76号 平成20年度中央市介護保険特別会計補正予算(第2号)

 議案第82号 平成19年度中央市一般会計歳入歳出決算認定の件のうち所管事務に関する部分について

 議案第83号 平成19年度中央市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定の件

 議案第84号 平成19年度中央市老人保健特別会計歳入歳出決算認定の件

 議案第85号 平成19年度中央市介護保険特別会計歳入歳出決算認定の件

 議案第86号 平成19年度中央市地域包括支援センター特別会計歳入歳出決算認定の件

 以上、予算案件4案件、決算認定5件について、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、主な質疑はお手元に配布してありますので、ご一読ください。

 以上で厚生常任委員長報告を終わります。



○議長(山本国臣君) 

 厚生常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 引き続きまして、産業土木常任委員長の報告を求めます。

 産業土木常任委員長、田中一臣君。



◆産業土木常任委員長(田中一臣君) 

 産業土木常任委員会から審査結果の報告をいたします。

 産業土木常任委員会は9月18日、委員会室において委員会を開催し、委員全員と当局より説明員として、市長および関係職員の出席のもと、本委員会に付託されました案件について審査を行いました。

 審査の結果はお手元に配布しました委員長報告のとおり、

 議案第70号 中央市都市公園条例中改正の件

 議案第73号 平成20年度中央市一般会計補正予算(第3号)のうち所管事務に関する部分について

 議案第77号 平成20年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第78号 平成20年度中央市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第79号 平成20年度中央市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

 議案第80号 平成20年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第81号 平成20年度中央市上水道事業会計補正予算(第1号)

 議案第82号 平成19年度中央市一般会計歳入歳出決算認定の件のうち所管事務に関する部分について

 議案第87号 平成19年度中央市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件

 議案第88号 平成19年度中央市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件

 議案第89号 平成19年度中央市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定の件

 議案第90号 平成19年度中央市田富よし原処理センター事業特別会計歳入歳出決算認定の件

 議案第91号 平成19年度中央市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定の件

 議案第92号 平成19年度中央市上水道事業会計決算認定の件

 以上、条例案件1件、予算案件6件、決算認定7件について、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、主な質疑はお手元に配布してありますので、ご一読ください。

 以上で産業土木常任委員長報告を終わります。



○議長(山本国臣君) 

 産業土木常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 これより議案第66号から議案第92号までの討論・採決を順次行います。

 議案第66号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 これで討論を終わります。

 議案第66号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第67号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第67号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第68号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第68号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第69号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第69号ついて採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第70号ついて討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第70号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第71号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第71号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第72号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第72号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第73号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第73号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する各常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第74号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第74号ついて採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第75号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第75号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第76号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第76号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第77号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第77号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第78号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第78号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第79号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第79号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第80号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第80号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第81号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第81号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第82号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第82号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する各常任委員長の報告は認定です。

 本案は委員長報告のとおり認定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり認定されました。

 議案第83号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第83号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は認定です。

 本案は委員長報告のとおり認定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり認定されました。

 議案第84号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第84号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は認定です。

 本案は委員長報告のとおり認定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり認定されました。

 議案第85号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第85号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は認定です。

 本案は委員長報告のとおり認定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり認定されました。

 議案第86号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第86号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は認定です。

 本案は委員長報告のとおり認定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり認定されました。

 議案第87号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第87号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は認定です。

 本案は委員長報告のとおり認定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり認定されました。

 議案第88号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第88号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は認定です。

 本案は委員長報告のとおり認定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり認定されました。

 議案第89号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第89号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は認定です。

 本案は委員長報告のとおり認定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり認定されました。

 議案第90号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第90号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は認定です。

 本案は委員長報告のとおり認定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり認定されました。

 議案第91号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第91号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は認定です。

 本案は委員長報告のとおり認定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり認定されました。

 議案第92号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第92号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は認定です。

 本案は委員長報告のとおり認定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり認定されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第28 議案第94号 契約締結の件を議題といたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 田中市長。



◎市長(田中久雄君) 

 それでは議案第94号につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

 議案第94号 契約締結の件

 中央市防災行政無線施設工事について、次のとおり請負契約を締結するものとする。

 1工事名  中央市防災行政無線施設工事

 2工事場所 中央市全域

 3契約金額 金1億5,718万5千円

 4工事概要 防災行政無線デジタル同報系施設工事

       親局1式 遠隔制御局1カ所 屋外拡声子局80カ所

       個別受信局70カ所 再送信子局既存移設1カ所

 5請負人  (株)富士通ゼネラル 情報通信ネットワーク事業部

       代表者 神奈川県川崎市高津区末長1116番地

           情報通信ネットワーク営業部 部長 高橋 茂

 6契約の方法 一般競争入札

 提案理由

 この請負契約の締結については、中央市議会の議決に付すべき契約および財産の取得、または処分の範囲を定める条例第2条の規定により、議会の議決を経る必要がある。これが、この案件を提案する理由である。

 よろしくご審議をお願い申し上げます。



○議長(山本国臣君) 

 当局の説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 ただいま説明がありました、議案第94号を会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議案第94号は委員会付託を省略することに決定しました。

 議案第94号について討論を行います。

 討論はありますか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第94号について採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第29 議員提出議案第1号 中央市議会会議規則中改正の件を議題といたします。

 提出議員であります、福田清美君から提案理由の説明を求めます。

 福田清美君。



◆14番(福田清美君) 

 中央市議会会議規則中改正の件について、提案理由の説明をいたします。

 議員提出議案第1号

                             平成20年9月22日

 中央市議会議長 山本国臣殿

                     提出議員 中央市議会議員 福田清美

                     賛成議員    〃    宮川弘也

                      〃      〃    保坂 武

 中央市議会会議規則中改正の件

 上記議案を別案のとおり地方自治法第112条および会議規則第14条の規定により提出する。

 提案理由

 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、本規則の一部を改正する必要がある。これがこの規則案を提出する理由である。

 以上、よろしくご審議くださいますようお願いします。



○議長(山本国臣君) 

 福田君の説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 ただいま説明がありました、議員提出議案第1号は会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議員提出議案第1号は委員会付託を省略することに決定しました。

 議員提出議案第1号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議員提出議案第1号について採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第30 請願第3号 道路財源の一般財源化に関する意見書の提出を求める請願から、日程第31 請願第4号 太陽光発電システムにさらなる普及促進を求める意見書の提出を求める請願までの2議案を一括議題といたします。

 総務教育常任委員長より審査結果の報告を求めます。

 石原芳次君。



◆総務教育常任委員長(石原芳次君) 

 総務教育常任委員会から請願審査結果の報告をいたします。

 総務教育常任委員会は、9月13日委員会室において委員会を開催し、本委員会に付託されました請願について審査を行いました。

 請願審査の報告をいたします。

 請願第3号 道路財源の一般財源化に関する意見書の提出を求める請願

 審査の結果、採択と決定いたしました。

 請願第4号 太陽光発電システムのさらなる普及促進を求める意見書の提出を求める請願

 審査の結果、採択と決定いたしました。

 以上、会議規則137条第1項の規定により報告いたします。



○議長(山本国臣君) 

 総務教育常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 請願第3号について討論を行います。

 討論はございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 請願第3号について採決します。

 お諮りします。

 本請願に対する総務教育常任委員長の報告は採択です。

 本請願は委員長報告のとおり採択することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 本請願は委員長報告のとおり採択することに決定いたしました。

 請願第4号について討論を行います。

 討論はありますか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 請願第4号について採決します。

 お諮りします。

 本請願に対する総務教育常任委員長の報告は採択です。

 本請願は委員長報告のとおり採択することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 本請願は委員長報告のとおり採択することに決定いたしました。

 ここで暫時休憩といたします。



△休憩 午前10時36分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前10時37分



○議長(山本国臣君) 

 再開します。

 先ほど採択されました請願により、お手元に配布しました資料のとおり、意見書第5号 道路財源の一般財源化に関する意見書(案)、意見書第6号 太陽光発電システムのさらなる普及促進を求める意見書(案)が提出されました。

 お諮りします。

 これを日程に追加し、追加日程第1、第2とし、議題とすることにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 意見書第5号、意見書第6号を追加日程として議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 追加日程第1 意見書第5号 道路財源一般財源化に関する意見書(案)から、追加日程第2 意見書第6号 太陽光発電システムのさらなる普及促進を求める意見書(案)までの2案件を一括議題とします。

 提出議員であります、石原芳次君から提案理由の説明を求めます。

 石原芳次君。



◆3番(石原芳次君) 

 それでは提案理由の説明を行います。

 道路財源の一般財源化に関する意見書(案)について、提案理由の説明をいたします。

 意見書第5号

                      提出者 中央市議会議員 石原芳次

                      賛成者 中央市議会議員 保坂 武

                             〃    宮川弘也

 道路財源の一般財源化に関する意見書(案)

 上記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出する。

 提出理由

 道路特定財源の一般財源化を検討するに当たっては、道路整備は維持管理等に支障が生じないよう、地方自治法第99条の規定により、内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、国土交通大臣に対し、別紙のとおり意見書を提出する。

 続いて、太陽光発電システムのさらなる普及促進を求める意見書(案)について、提案理由の説明をいたします。

                      提出者 中央市議会議員 石原芳次

                      賛成者 中央市議会議員 保坂 武

                             〃    宮川弘也

 太陽光発電システムのさらなる普及促進を求める意見書(案)

 上記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出する。

 提出理由

 太陽光発電システムのさらなる普及促進を政府に対して強く要望するため、地方自治法第99条の規定により、内閣総理大臣、経済産業大臣、環境大臣に対し、別紙のとおり意見書を提出する。

 以上です。

 よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(山本国臣君) 

 石原君の説明が終わりました。

 事務局が意見書の朗読をします。



◎事務局(薬袋正仁君) 

 道路財源の一般財源化に関する意見書(案)を朗読させていただきます。

 本年5月13日に道路特定財源に関する基本方針が閣議決定され、これまでの道路特定財源を一般財源化することが政府の方針として示されましたが、地方では、防災対策、通勤、通学、緊急医療などの面においても、依然として道路整備が必要であり、また、現在、本県においては中部横断自動車道、新山梨環状道路、西関東自動車道をはじめ、今後の山梨を支える基軸となる道路ネットワークの構築を計画的に進めている。

 一方で、過去に整備した道路に関する公債費、維持管理費の増大や、老朽化した橋梁やトンネルの維持補修など、さらに財源を要する状況です。

 道路財源の一般財源化を検討するに当たっては、こうした道路整備や維持管理等に支障が生じないよう、必要な財源を確保していることが必要と考えます。とりわけ、地方においては、現在の特定財源が4割程度に止まっていることも勘案の上、以下の重点事項の取り組みを要請いたします。

 1.道路財源の一般財源化にあっては、地方税分および譲与税分、さらには交付金、補助金として地方に配分されている財源については、地方枠として維持するとともに、一層の拡充を図ること。

 2.改めて各地方団体に配分する場合の枠組みについては、これまで道路整備が遅れている地域により、重点的に配分するよう配慮すること。また、地方の自由度を拡大するような新型交付金などの創設を行うこと。

 3.中部横断自動車道をはじめ、国土の骨格を形成する高規格幹線道路網など、幹線道路ネットワークについては、現在の建設スピードを落とすことなく、早期に整備を進めること。

 4.新たな道路中期計画の策定に当たっては、立ち遅れている地方の道路整備の状況を踏まえ、必要な道路整備が計画的に実施できるよう地方の意見を十分に踏まえること。

 5.本年度の暫定税率の執行等に伴い、発生した歳入欠陥等については、全額を地方特例交付金により補てんするなど、政府における適切な対策を講じること。

 以上、地方自治法第99条により意見書を提出する。

 平成20年9月22日

                     山梨県中央市議会議長  山本国臣

 提出先

 内閣総理大臣、総務大臣、財務大臣、国土交通大臣。

 以上です。

 次に、太陽光発電システムのさらなる普及促進を求める意見書(案)を朗読いたします。

 今年7月に開催された洞爺湖サミットでは、地球温暖化防止問題が主要テーマとして議論され、議長国であるわが国においても、2050年に温室効果ガスの総排出量を60%から80%に削減するという、積極的な目標を掲げたところである。

 二酸化炭素などの温室効果ガスを生み出す原因としては、石炭や石油、天然ガスと化石燃料の燃焼が上げられ、その根本的な解決のためには、化石燃料によらない新エネルギーを確保することが求められている。

 その新エネルギーの中でも、太陽光発電については、天然資源に乏しいわが国において、広く普及が可能なエネルギーとして注目を集め、その導入量は2006年末で、170.9万キロワットであり、ドイツ、米国などとともに世界をリードしてきた経緯がある。

 しかしながら、この大量普及時代に突入する時期を同じくして、太陽電池モジュールパネルの逼迫や、国の住宅用導入支援制度が終了した影響などから、国内導入量が一転して前年比マイナスの状況に陥り、技術革新や量産効果などにより低下していた太陽光発電設備の設置単価が2006年からは上昇に転じる結果となった。

 こうした自体の打開に向けて、福田総理は経済財政改革の基本方針2008や、地球温暖化対策の方針「福田ビジョン」においては、太陽光発電については世界一の座を再び獲得することを目指し、2020年までには10倍、2030年に40倍を導入量の目標とすると、目標を示したところである。

 環境立国を掲げるわが国が、太陽光発電世界一の座を奪還するためには、エネルギー導入量増加に向け、総理のリーダーシップの下、政府各省が連携を緊密に取りつつ、具体的に住宅分野、大規模電力供給用に向けたメガソーラー分野、さらなるコスト削減に向けた、技術開発分野、普及促進のための情報発信、啓発分野の各分野に対して、支援策を打ち出す必要があると考える。

 よって、中央市議会は、政府に対し、太陽光発電システムのさらなる普及促進に向け、以下の5項目の実現を強く要望するものである。

 1.国による住宅用太陽光発電導入促進対策費補助金補助事業制度の再導入ならびに同事業予算の拡充。

 1.分譲収納住宅の購入者を対象とする太陽光発電システム取得向上制度の導入や、賃貸住宅オーナーの固定資産税の減税措置など、集合住宅用の太陽光発電システム導入支援策の推進と、減税措置分の補填対策。

 1.国主導による大規模太陽光発電システムの本格的導入ならびにそのための制度整備。

 1.導入コスト低減に関わる技術開発の促進策の推進

 1.太陽光発電システムの普及促進のための情報発信・啓発活動の推進

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成20年9月22日

                     山梨県中央市議会議長  山本国臣

 提出先

 内閣総理大臣、経済産業大臣、環境大臣。

 以上です。



○議長(山本国臣君) 

 お諮りします。

 意見書第5号、6号は委員会付託、質疑・討論を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、意見書第5号、6号は委員会付託、質疑・討論を省略します。

 意見書第5号について採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本意見書は原案のとおり関係機関に提出することに決定しました。

 意見書第6号について採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本意見書は原案のとおり関係機関に提出することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(山本国臣君) 

 日程第32 委員会の閉会中の継続審査の件を議題といたします。

 各常任委員長および議会運営委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配布しました申出書のとおり、所管事項の審査につき、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。

 各常任委員長および議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、各常任委員長および議会運営委員長の申し出のとおり、継続審査とすることに決定いたしました。

 以上をもちまして、本定例会の会議に付託された事件はすべて終了しました。

 ありがとうございました。

 以上をもちまして、平成20年第3回中央市議会定例会を閉会といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会 午前10時53分

 この会議の経過を記載して、その内容が相違ないことを証するためにここに署名する。

                          平成  年  月  日

       中央市議会議長

             山本国臣

       会議録署名議員

             山村 一

       会議録署名議員

             大沼芳樹

 本会議録の作成にあたった者の氏名は次のとおりである。

   議会事務局長   伊藤貞秀

   議会書記     薬袋正仁

   議会書記     田中裕昭

   議会書記     樋口貴美子