議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 中央市

平成20年  3月 定例会(第1回) 03月19日−04号




平成20年  3月 定例会(第1回) − 03月19日−04号







平成20年  3月 定例会(第1回)



          平成20年中央市議会第1回定例会

1.議事日程(第4号)

                         平成20年3月19日

                         午後2時00分開議

                         於議場

  日程第1 議案第2号 第1次中央市長期総合計画基本構想の策定の件

  日程第2 議案第3号 中央市後期高齢者医療に関する条例制定の件

  日程第3 議案第4号 中央市ごみのないきれいなまちにする条例制定の件

  日程第4 議案第5号 中央市職員の育児休業等に関する条例中改正の件

  日程第5 議案第6号 中央市手数料条例中改正の件

  日程第6 議案第7号 中央市老人医療費助成金支給条例中改正の件

  日程第7 議案第8号 中央市介護保険条例の一部を改正する条例中改正の件

  日程第8 議案第9号 中央市総合会館条例中改正の件

  日程第9 議案第10号 中央市使用料徴収条例中改正の件

  日程第10 議案第11号 中央市重度心身障害者医療費助成条例中改正の件

  日程第11 議案第12号 中央市ひとり親家庭医療費助成金支給条例中改正の件

  日程第12 議案第13号 中央市乳幼児医療費助成金支給条例中改正の件

  日程第13 議案第14号 中央市都市公園条例中改正の件

  日程第14 議案第15号 中央市道路線認定の件

  日程第15 議案第16号 中央市道路線廃止の件

  日程第16 議案第17号 平成19年度中央市一般会計補正予算(第6号)

  日程第17 議案第18号 平成19年度中央市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

  日程第18 議案第19号 平成19年度中央市老人保健特別会計補正予算(第4号)

  日程第19 議案第20号 平成19年度中央市介護保険特別会計補正予算(第2号)

  日程第20 議案第21号 平成19年度中央市地域包括支援センター特別会計補正予算(第2号)

  日程第21 議案第22号 平成19年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)

  日程第22 議案第23号 平成19年度中央市下水道事業特別会計補正予算(第4号)

  日程第23 議案第24号 平成19年度中央市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)

  日程第24 議案第25号 平成19年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第4号)

  日程第25 議案第26号 平成19年度中央市上水道事業会計補正予算(第3号)

  日程第26 議案第27号 平成20年度中央市一般会計予算

  日程第27 議案第28号 平成20年度中央市国民健康保険特別会計予算

  日程第28 議案第29号 平成20年度中央市老人保健特別会計予算

  日程第29 議案第30号 平成20年度中央市後期高齢者医療特別会計予算

  日程第30 議案第31号 平成20年度中央市介護保険特別会計予算

  日程第31 議案第32号 平成20年度中央市地域包括支援センター特別会計予算

  日程第32 議案第33号 平成20年度中央市簡易水道事業特別会計予算

  日程第33 議案第34号 平成20年度中央市下水道事業特別会計予算

  日程第34 議案第35号 平成20年度中央市農業集落排水事業特別会計予算

  日程第35 議案第36号 平成20年度中央市田富よし原処理センター事業特別会計予算

  日程第36 議案第37号 平成20年度中央市土地区画整理事業特別会計予算

  日程第37 議案第38号 平成20年度中央市上水道事業会計予算

  日程第38 議案第39号 中央市副市長の選任について同意を求める件

  日程第39 議案第40号 中央市教育委員会委員の任命について同意を求める件

  日程第40 意見書第1号 道路特定財源の確保に関する意見書(案)

  日程第41 平成19年請願第5号 中央市「郷育の日」制定のための請願書

  日程第42 平成19年請願第7号 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する請願書

 追加日程第1 意見書第2号 「公共工事における賃金等確保法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する意見書(案)

  日程第43 委員会の閉会中の継続審査申出の件

2.出席議員は次のとおりである。(22名)

   1番  名執義高      2番  伊藤公夫

   3番  石原芳次      4番  関 敦隆

   5番  小沢 治      6番  一瀬 明

   7番  小池満男      8番  田中健夫

   9番  長沼辰幸     10番  井口 貢

  11番  野中つね子    12番  内藤 進

  13番  宮川弘也     14番  福田清美

  15番  設楽愛子     16番  保坂 武

  17番  河西俊彦     18番  山村 一

  19番  大沼芳樹     20番  一瀬 満

  21番  田中一臣     22番  山本国臣

3.欠席議員(なし)

4.会議録署名議員

  11番  野中つね子    12番  内藤 進

5.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名(15名)

  市長        田中久雄    副市長       長山勝典

  教育長       比志 保    総務部長      小池章治

  教育次長      飯室孝行    市民部長      萩原一春

  保健福祉部長    長田邦雄    農政観光部長    相原勝仁

  会計管理者     水上和夫    総務部次長     江間政雄

  市民部次長     藤巻博文    農政観光部次長   金丸幸夫

  政策秘書課長    甲田高文    総務課長      山口保孝

  財政課長      河野孝洋

6.職務のため議場に出席した者の職氏名(4名)

  議会事務局長    伊藤貞秀

  議会書記      薬袋正仁

  議会書記      田中裕昭

  議会書記      樋口貴美子



△開会 午後2時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 3月4日に開会されました本会議も本日が最終日となりました。

 長期間にわたりまして、誠にご苦労さまでございます。

 最終日も円滑に進むよう、議員各位の協力をお願いいたします。

 ただいまの出席議員は22名全員で定足数に達しております。

 これより本日の会議を開きます。

 市長から追加議案提案の通知がありましたので、報告します。

 追加議案は日程第38号の議案第39号と日程第39の議案第40号であります。

 本日の会議は、あらかじめお手元に配布してあります、議事日程表により行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第1 議案第2号 第1次中央市長期総合計画基本構想の策定の件を議題といたします。

 質疑を行います。

 この議案に対し、質疑はございませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 議案第2号について討論を行います。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第2号について採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認め、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第2 議案第3号 中央市後期高齢者医療に関する条例制定の件から、日程第37号 議案第38号 平成20年度中央市上水道事業会計予算までの36案件を一括議題といたします。

 定例会の初日に各所管の委員会に付託しておきましたので、各常任委員長から審査結果の報告を一括して行います。

 各委員長報告後、委員長報告に対する質疑を行い、各案件の討論・採決は、すべての委員長報告が終了後、議案ごとに順次行いますので、ご了承を願いたいと思います。

 始めに、総務教育常任委員長の報告を求めます。

 総務教育常任委員長、石原芳次君。



◆総務教育常任委員長(石原芳次君) 

 それでは、総務教育常任委員会から審査結果の報告をいたします。

 総務教育常任委員会は3月6日、7日の両日、田富庁舎委員会室において委員会を開催し、委員全員と当局より説明員として、市長および関係職員の出席のもと、本委員会に付託されました案件について審査を行いました。

 審査の結果は、お手元に配布しました委員長報告のとおり、

 議案第 5号 中央市職員の育児休業等に関する条例中改正の件

 議案第 6号 中央市手数料条例中改正の件

 議案第 9号 中央市総合会館条例中改正の件

 議案第10号 中央市使用料徴収条例中改正の件

 議案第17号 平成19年度中央市一般会計補正予算(第6号)のうち所管事務に関する部分について

 議案第27号 平成20年度中央市一般会計予算のうち所管事務に関する部分について

 以上、条例案件4件、予算案件2件について、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 なお、主な質疑はお手元に配布してありますので、ご一読ください。

 以上で総務教育常任委員長報告を終わります。



○議長(河西俊彦君) 

 総務教育常任委員長の報告が終わりました。

 委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 引き続き、厚生常任委員長の報告を求めます。

 厚生常任委員長、設楽愛子君。



◆厚生常任委員長(設楽愛子君) 

 厚生常任委員会から審査結果の報告をいたします。

 厚生常任委員会は3月10日、12日の両日、田富庁舎委員会室において委員会を開催し、委員全員と当局より説明員として、市長および関係職員出席のもと、本委員会に付託されました案件について審査を行いました。

 審査の結果はお手元に配布しました委員長報告のとおり、

 議案第 3号 中央市後期高齢者医療に関する条例制定の件

 議案第 4号 中央市ごみのないきれいなまちにする条例制定の件

 議案第 7号 中央市老人医療費助成金支給条例中改正の件

 議案第 8号 中央市介護保険条例の一部を改正する条例中改正の件

 議案第11号 中央市重度心身障害者医療費助成条例中改正の件

 議案第12号 中央市ひとり親家庭医療費助成金支給条例中改正の件

 議案第13号 中央市乳幼児医療費助成金支給条例中改正の件

 議案第17号 平成19年度中央市一般会計補正予算(第6号)のうち所管事務に関する部分について

 議案第18号 平成19年度中央市国民健康保健特別会計補正予算(第3号)

 議案第19号 平成19年度中央市老人保健特別会計補正予算(第4号)

 議案第20号 平成19年度中央市介護保険特別会計補正予算(第2号)

 議案第21号 平成19年度中央市地域包括支援センター特別会計補正予算(第2号)

 議案第27号 平成20年度中央市一般会計予算のうち所管事務に関する部分について

 議案第28号 平成20年度中央市国民健康保険特別会計予算

 議案第29号 平成20年度中央市老人保健特別会計予算

 議案第30号 平成20年度中央市後期高齢者医療特別会計予算

 議案第31号 平成20年度中央市介護保険特別会計予算

 議案第32号 平成20年度中央市地域包括支援センター特別会計予算

 以上、条例案件7案件、予算案件11案件について、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、審議中の意見として、今後建設する施設等にユニバーサルデザインの考え方を入れていただきたいとの意見がありました。

 なお、主な質疑はお手元に配布してありますので、ご一読ください。

 以上で厚生常任委員長報告を終わります。



○議長(河西俊彦君) 

 厚生常任委員長の報告が終わりました。

 委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 続きまして、産業土木常任委員長の報告を求めます。

 産業土木委員長、田中一臣君。



◆産業土木常任委員長(田中一臣君) 

 産業土木常任委員会から審査結果の報告をいたします。

 産業土木常任委員会は3月13日、14日の両日、田富庁舎委員会室において委員会を開催し、委員全員と当局より説明員として、市長および関係職員の出席のもと、本委員会に付託されました案件について審査を行いました。

 審査の結果はお手元に配布しました委員長報告のとおりです。

 議案第14号 中央市都市公園条例中改正の件

 議案第15号 中央市道路線認定の件

 議案第16号 中央市道路線廃止の件

 議案第17号 平成19年度中央市一般会計補正予算(第6号)のうち所管事務に関する部分について

 議案第22号 平成19年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)

 議案第23号 平成19年度中央市下水道事業特別会計補正予算(第4号)

 議案第24号 平成19年度中央市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)

 議案第25号 平成19年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第4号)

 議案第26号 平成19年度中央市上水道事業会計補正予算(第3号)

 議案第27号 平成20年度中央市一般会計予算のうち所管事務に関する部分について

 議案第33号 平成20年度中央市簡易水道事業特別会計予算

 議案第34号 平成20年度中央市下水道事業特別会計予算

 議案第35号 平成20年度中央市農業集落排水事業特別会計予算

 議案第36号 平成20年度中央市田富よし原処理センター事業特別会計予算

 議案第37号 平成20年度中央市土地区画整理事業特別会計予算

 議案第38号 平成20年度中央市上水道事業会計予算

 以上、条例案件1件、市道の件2件、予算案件13件について、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、主な質疑はお手元に配布してありますので、ご一読ください。

 以上で産業土木常任委員長報告を終わります。



○議長(河西俊彦君) 

 産業土木常任委員長の報告が終わりました。

 委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 これより議案第3号から議案第38号までの討論・採決を順次行います。

 議案第36号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第3号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第4号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第4号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第5号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第5号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第6号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第6号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第7号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第7号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第8号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第8号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第9号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第9号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第10号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第10号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ございませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第11号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第11号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第12号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第12号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第13号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第13号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第14号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第14号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第15号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第15号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第16号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第16号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第17号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第17号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する各常任委員長の報告は可決です。

 本案は各委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は各委員長報告のとおり可決されました。

 議案第18号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第18号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第19号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第19号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第20号について討論を行います。

 討論ございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第20号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第21号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第21号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第22号について討論を行います。

 討論ございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第22号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第23号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第23号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第24号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第24号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第25号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第25号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第26号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第26号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第27号について討論を行います。

 討論ありませんか。

 長沼君。



◆9番(長沼辰幸君) 

 20年度一般会計予算で公有財産購入費7,672万5千円が計上され、うち6,622万円は玉穂庁舎用駐車場としての土地購入の金額であります。これへ反対でございます。

 地権者の行為は非常にありがたいのですが、長期総合計画の基本構想で新たな庁舎建設については、今後の社会経済情勢と本市の状況を見極めつつ新庁舎のあり方について検討していくとなっております。将来の新庁舎構想で不要というか、無駄にならないかという可能性も大であります。

 その前にできることといたしまして、3庁舎の有効活用の検討が必要。部課の移動、その他あります。もう1つは職員の駐車場、またはこれは臨時駐車場といたしましても、賃貸契約というふうなものも考えられます。これは、これからますます駐車スペースというものが非常に重大になってきておりますので、今後も含めまして、例えばこの隣の郵便局ですけれども、ここから300メートルか500メートル離れたところ、それから向こうの田富中学の前の日の出屋さんの隣、またそこにも借りておりますが、賃貸でいきますと、計算すると30年、40年借りてもというふうな、将来構想から見ていった場合、そういうことも大事ではないかなというふうに思うわけです。

 それから市町村合併推進体制整備費補助金は、合併後10年間に3億6千万円が補助され、充当率100%の貴重な財源でもあります。使用する優先順位はどうかと。もう一度そのへんの含めて、駐車場の今後の収得のあり方も含めて、そういったことで現状では必要な土地とはいえないというふうに思います。

 以上でございます。



○議長(河西俊彦君) 

 今の反対討論につきまして、賛成討論はございますか。

 伊藤君。



◆2番(伊藤公夫君) 

 平成20年度中央市一般会計当初予算の賛成の立場で申し上げたいと思います。

 ただ今、反対者の意見の中身は玉穂庁舎の敷地の駐車場の件が主なようでありますけれども、現在、平成20年度の中央市の一般会計予算についてでありますけれども、総務教育常任委員会、それから厚生常任委員会、産業土木常任委員会の各常任委員会におきまして、慎重審議をしてまいったというふうに、私は理解しております。

 平成20年度の中央市の一般会計予算は、総額111億5,900万円で前年度より3.5%減の緊縮型予算となっております。厳しい財政状況が続いておりますが、国・県の支出など、それぞれの収入項目において、所要の財源の確保に図られており、これまでのように投資的な経費だけでなく、削減の厳しい経常経費、それの見直しに重点を置き、事業必要性、事業効果などの基本的な考えに基づき、限られた財源の重点的かつ効率的な配分に努めていると、私は判断しております。

 歳出につきまして、市長の所信表明で述べられたとおり、中央市総合計画の基本施策「実り豊かな生活文化都市」の推進に適合した予算であり、各種事業をバランス良く推進している内容となっていると私は理解しております。

 先ほどの玉穂庁舎の敷地の拡張の件で反対だというふうなことでございますけれども、私も12月の議会におきまして、玉穂庁舎の駐車場が不足しているということで一般質問をさせていただきました。今現在、中央市の中心ということになりますと、位置的には玉穂の庁舎が中心になると思います。そして現在、中央市の職員の駐車場が今いっぱいであります。その理由といたしましては、あそこがやはり庁舎の中心ということで、環境課とか建設、水道、下水道課、保健、住民、福祉と、それぞれ住民が出入りするような課が集中しております。

 そんな関係で職員が多いということもありますし、それで玉穂から通っている人たちは自転車で勤めに行っているというようなことであります。また、すぐ隣に生涯学習館もございますけれども、そこも中心というようなことで合併してから非常に利用頻度が高いということで、そちらのほうも駐車場が不足しているというようなことで、私も12月の議会におきまして、駐車場を確保したらどうかというふうなことを一般質問したわけでございますけれども、どうかその状況は今、私が述べたとおりでありますので、何とかこの予算のほうを通すように、お願いしたいと思います。

 私はそういう意見で賛成いたします。

 以上です。



○議長(河西俊彦君) 

 ほかにございませんか。



◆6番(一瀬明君) 

 私もこの議案については反対をいたします。

 この議案の中での駐車場の部分について反対をいたします。

 この土地は玉穂庁舎の駐車場として適当なのか。もっと精査すべきであると思います。他の土地と比較検討して決めるべきではないかと思っております。あまりにも決めるのが性急すぎるように感じられ、初めから土地を買うことが決まっていたような印象を受けます。市民に納得がいくような説明をすべきで、職員の駐車場の確保をするためという理由だけでは、市民は納得しないと思います。合併補助金の使い道は、もっと優先的に使うことがほかにもあるのではないかと思われます。

 以上の理由をもって反対いたします。



○議長(河西俊彦君) 

 賛成討論ありますか。

 ありましたらお願いしたいと思います。

 名執議員。



◆1番(名執義高君) 

 私は賛成の立場で意見を述べたいと思います。

 合併前の少し前の旧玉穂町では、公有地の取得という中で現在マックスバリューが建設中の場所、この土地を非常に高い値段、22万円程度の値段で購入したという経緯があります。現状、土地区画整理事業の開発のど真ん中ということで、非常に大切な土地だということを旧玉穂町時代に判断をして、それを購入したという経緯があります。今はマックスバリューということで大開発が行われて進められているわけでありますが、そういった観点から土地の購入については、今後、中央市のある程度、市民の大きな集合、あるいは機能する玉穂庁舎のこの部分については、周辺の土地について、やはり利用度の高まる、市民の利用度、市民のサービスが高まるこの場所を購入することに賛成であります。土地単価を見ても、数段に安い値段であるというふうに判断しております。

 賛成の答弁を終わります。



○議長(河西俊彦君) 

 以上で討論を終わります。

 議案第27号について採決します。

 お諮りします。

 反対討論がありましたので、起立により採決いたします。

 本案に対する各常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、賛成の方は起立願います。

     (起立多数)

 起立多数です。

 よって、本案は原案のとおり決定されました。

 議案第28号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第28号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第29号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第29号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第30号について討論を行います。

 討論ございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第30号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第31号について討論を行います。

 討論ございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第31号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ございませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第32号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第32号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第33号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第33号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第34号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第34号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第35号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第35号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第36号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第36号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第37号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第37号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第38号について討論を行います。

 討論ございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第38号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第38 議案第39号 中央市副市長の選任について同意を求める件を議題といたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 田中市長。



◎市長(田中久雄君) 

 それでは、議案第39号 中央市副市長の選任について同意を求める件につきまして、提案理由の説明をさせていただきます。

 地方自治法第162条の規定により、次の者を中央市副市長に選任したいので、議会の同意を求める。

 住所    甲府市北新2丁目14番33号

 氏名    吉田泉

 生年月日  昭和28年11月24日生

 提案理由

 副市長が平成20年3月31日をもって退職することに伴い、新たに副市長を選任したいので、地方自治法の規定により議会の同意を求めるものである。これが、この案件を提出する理由でございます。

 よろしくご議決のほど、お願い申し上げます。



○議長(河西俊彦君) 

 当局の説明が終わりました。

 お諮りします。

 議案第39号については、委員会付託・質疑・討論を省略したいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、委員会付託・質疑・討論を省略いたします。

 議案第39号 中央市副市長の選任について同意を求める件について採決いたします。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり同意することに、ご異議ございませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第39 議案第40号 中央市教育委員会委員の任命について同意を求める件を議題といたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 田中市長。



◎市長(田中久雄君) 

 それでは、議案第40号 中央市教育委員会委員の任命について同意を求める件につきまして、ご説明申し上げます。

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、次の者を中央市教育委員会委員に任命したいので、議会の同意を求めるものであります。

 住所    中央市乙黒643番地

 氏名    佐々木由紀

 生年月日  昭和35年9月23日生

 提案理由

 教育委員会委員1名の任期が平成20年5月16日をもって満了になるため、新たに委員を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の規定により、議会の同意を求めるものである。これが、この案件を提出する理由でございます。

 何とぞ、ご同意いただけますように、よろしくお願いいたします。



○議長(河西俊彦君) 

 当局の説明が終わりました。

 お諮りします。

 議案第40号については、委員会付託・質疑・討論を省略したいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、委員会付託・質疑・討論を省略します。

 議案第40号 中央市教育委員会委員の任命について同意を求める件について採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり同意することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。

 ここで暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時51分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午後3時02分



○議長(河西俊彦君) 

 休憩を解き会議を再開します。

 日程第40 意見書第1号 道路特定財源の確保に関する意見書について議題といたします。

 お諮りします。

 意見書第1号は委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、意見書第1号は委員会付託を省略いたします。

 提出議員であります、田中一臣君から提案理由の説明を求めます。

 田中一臣君。



◆21番(田中一臣君) 

 道路特定財源の確保に関する意見書(案)について、提案理由の説明をいたします。

 意見書第1号

                             平成20年3月14日

 中央市議会議長 河西俊彦殿

                      提出者 中央市議会議員 田中一臣

                      賛成者 中央市議会議員 小沢 治

                             〃    一瀬 満

 道路特定財源確保に関する意見書(案)

 上記の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出する。

 提出理由

 国においては、現行の道路特定財源の暫定税率を堅持し、関連法案を年度内に成立させるよう強く要望するため、地方自治法第99条の規定により、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、内閣官房長官、総務大臣、財務大臣、経済財政政策大臣および国土交通大臣に対し、別紙のとおり意見書を提出する。

 以上です。

 よろしくご審議ください。



○議長(河西俊彦君) 

 説明が終わりました。

 事務局が意見書の朗読をいたします。



◎事務局(薬袋正仁君) 

 意見書第1号 道路特定財源の確保に関する意見書(案)を朗読いたします。

 道路整備は市民生活の利便、安全・安心、地域の活性化にとって不可欠であり、住民要望も強いものがある。現在、地方においては、高速道路など主要な幹線道路のネットワーク形成をはじめ防災対策、通学路の整備や開かずの踏み切り対策などの安全対策、さらに救急医療など、市民生活に欠かすことのできない道路整備を鋭意行っている。

 また、橋梁やトンネルなどの道路施設の老朽化が進んでおり、その維持管理費も行わなければならず、その費用も年々増大している。

 こうした中、仮に現行の道路特定財源の暫定税率が廃止された場合、地方においては、約9千億円の税収の減が生じ、さらに地方道路整備臨時交付金制度も廃止された場合には、合わせて1兆6千億円規模の減収が生じることとなる。

 こうしたこととなれば、本市でも減収が生じることとなり、厳しい財政状況の中、道路の新設はもとより着工中の事業の継続も困難となるなど、本市の道路整備は深刻な事態に陥ることになる。

 さらには、危機的状況にある本市の財政運営を直激し、教育や福祉といったほかの行政サービスの低下など、市民生活にも深刻な影響を及ぼしかねないことにもなる。

 よって、国においては、現行の道路特定財源の暫定税率を堅持し、関連法案を年度内に成立させるよう、強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

 平成20年3月19日

                     山梨県中央市議会議長  河西俊彦

 提出先

 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、内閣官房長官、総務大臣、財務大臣、経済財政政策大臣、国土交通大臣。

 以上です。



○議長(河西俊彦君) 

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 意見書第1号について討論を行います。

 関君。



◆4番(関敦隆君) 

 民主クラブ、関敦隆、代表して意見の反対を述べたいと思います。

 道路特定財源の確保に関する意見書を読ませていただきましたが、これから日本は少子高齢化に向けて子どもがだんだん少なくなり、お年寄りが多くなっていくということで、道路の利用率ということも少なくなるという可能性も、まだまだ考えなれないところでございます。

 そこで、通常の道路特定財源、まだ新聞等でも23億円のタクシー券、それから慰安旅行も丸抱えという実態も出ております。

 そのへんもきっちりと国のほうでもう少し精査していただかないと、このことについては賛成できないと。

 それから暫定税率について、先日、野中議員のほうから質問があったんですけれども、皆さんたちのその道路財源というものは、100%の補助ではなくて、必ず裏負担というものがありまして、必ず道路をつくるには中央市としてもその部分、何千万円か負担をしなければならない。つまり、道路財源が来ないということは、その負担分が一般財源として中央市の財源として使えるわけです。

 例えば、山梨県においては68億円という裏負担がなくなるわけですから、68億円という財源が自由に使えるようになるんです。それは道路にも使えますし、福祉にも使えます。教育にも使えるんです。道路をつくらなければ、それだけ68億円というお金が福祉・教育に手厚くつくれるということですので、そのへんのところがなかなかまだ議論されていないということが実態でございます。

 それから、ここに書いてありますけれども、危機的状況において現行の道路特定財源というものも、まだ政府のほうでも一般財源化という議論もなされておる最中でございますので、できればこの道路特定財源確保の意見書は継続審議にしていただいて、もう少し皆さんも議論していただきたいということで、今回は反対を述べさせていただきます。

 以上です。



○議長(河西俊彦君) 

 賛成意見はございませんか。

 以上で討論を終了いたします。

 意見書第1号について採決をいたします。

 お諮りします。

 反対討論がありましたので、起立により採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     (起立多数)

 起立多数です。

 よって、本意見書は原案のとおり提出することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第41号 平成19年請願第5号 中央市「郷育の日」制定のための請願から、日程第42 平成19年請願第7号 公契約法の制定など、公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する請願書までの2議案を一括議題といたします。

 総務教育常任委員長より審査結果の報告を求めます。

 総務教育常任委員長、石原芳次君。



◆総務教育常任委員長(石原芳次君) 

 それでは、総務教育常任委員会から請願審査結果の報告をいたします。

 総務教育常任委員会は3月7日、田富庁舎委員会室において委員会を開催し、本委員会に付託されました請願について、審査を行いました。

 請願審査の報告をいたします。

 審査の結果はお手元に配布しました、請願審査報告書のとおり、平成19年請願第5号 中央市「郷育の日」制定のための請願書、請願の内容については理解できるが、教育の言葉や日を制定することについて、きちっと当局と議会で検討等行っていただきたいとの意見等があり、審査の結果、趣旨採択と決定いたしました。

 続きまして、平成19年請願第7号 公契約法の制定など、公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する請願書、審査の結果、採択と決定いたしました。

 以上、会議規則第137条第1項の規定により、報告いたします。



○議長(河西俊彦君) 

 総務教育常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 平成19年請願第5号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 平成19年請願第5号について採決します。

 お諮りします。

 本請願に対する総務教育常任委員長の報告は趣旨採択です。

 本請願は委員長報告のとおり趣旨採択することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 本請願は委員長報告のとおり趣旨採択することに決定いたしました。

 平成19年請願第7号について討論を行います。

 討論はございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 平成19年請願第7号について採決します。

 お諮りします。

 本請願に対する総務教育常任委員長の報告は採択です。

 本請願は委員長報告のとおり採択することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 本請願は委員長報告のとおり採択することに決定いたしました。

 ここで暫時休憩といたします。



△休憩 午後3時17分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午後3時18分



○議長(河西俊彦君) 

 再開します。

 先ほど採択されました請願により、お手元に配布しました資料のとおりでございます。

 意見書第2号 「公共工事における賃金等確保法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する意見書が提出されました。

 お諮りします。

 これを日程に追加し、追加日程第1とし、議題とすることにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 意見書第2号を追加日程とし、議題とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 追加日程第1 意見書第2号 「公共工事における賃金等確保法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する意見書について、議題といたします。

 提出議員であります、石原君から提案理由の説明を求めます。

 石原議員。



◆3番(石原芳次君) 

 意見書第2号

                             平成20年3月19日

 中央市議会議長 河西俊彦殿

                      提出者 中央市議会議員 石原芳次

                      賛成者 中央市議会議員 保坂 武

                             〃    田中健夫

 「公共工事における賃金等確保法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する意見書(案)

 上記の案件を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出する。

 提出理由

 建設労働者の適正な労働条件を確保するとともに、公共工事における安全や品質を確保するため、地方自治法第99条の規定により、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、厚生労働大臣、国土交通大臣に対し、別紙のとおり意見書を提出する。



○議長(河西俊彦君) 

 石原君の説明が終わりました。

 事務局が意見書の朗読をいたします。



◎事務局(薬袋正仁君) 

 「公共工事における賃金等確保法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する意見書(案)を朗読いたします。

 建設業の就労者数は全国に630万人にのぼり、全産業の就業者の10%を占めており、我が国の基幹産業として経済活動と雇用機会の確保に大きく貢献している。

 しかしながら、建設業においては、元請と下請という重層的な関係の中で明確な賃金体系が現在も確保されておらず、加えて不況下における受注競争の激化と近年の公共工事減少の中で、現在の工事契約が「総価方式」のために施工単価や労働費の引き下げにつながり、建設労働者の生活は不安定なものになっている。

 国においては、平成13年4月に公共工事入札及び契約の適正化の促進に関する法律を施行され、参議院で建設労働者の賃金、労働条件の確保が適切に行われるよう努めることという、付帯決議が行われたところである。

 また、諸外国においては、公共工事にかかわる賃金等を確保する法律、いわゆる公契約法の制定が当然のごとく進んでいる状況にある。

 よって、国においては、建設労働者の適正な労働条件を確保するとともに、公共工事における安全や品質を確保するために、次の措置を講ずるよう強く要望する。

 1.公共工事において、建設労働者の適正な賃金が確保されるよう、公共工事における賃金確保法、いわゆる「公契約法」を制定すること。

 2.公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律の付帯決議に実効ある施策を進めること。

 以上、地方自治法第99条により、意見書を提出します。

 平成20年3月19日

                     山梨県中央市議会議長  河西俊彦

 提出先

 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、厚生労働大臣、国土交通大臣。

 以上です。



○議長(河西俊彦君) 

 この意見書第2号は委員会付託、質疑・討論を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、意見書第2号は委員会付託、質疑・討論を省略いたします。

 意見書第2号について採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本意見書は原案のとおり関係機関に提出することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第43 委員会の閉会中の継続審査申出の件を議題といたします。

 各常任委員長および議会運営委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配布しました申出書のとおり、所管事項の審査につき、閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。

 各常任委員長および議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、各常任委員長および議会運営委員長の申し出のとおり、継続審査とすることに決定いたしました。

 以上をもちまして、本定例会の会議に付された事件はすべて終了いたしました。

 ありがとうございました。

 以上をもちまして、平成20年第1回中央市議会定例会を閉会といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会 午後3時26分

 この会議の経過を記載して、その内容が相違ないことを証するためにここに署名する。

                          平成  年  月  日

       中央市議会議長

             河西俊彦

       会議録署名議員

             野中つね子

       会議録署名議員

             内藤 進

 本会議録の作成にあたった者の氏名は次のとおりである。

   議会事務局長   伊藤貞秀

   議会書記     薬袋正仁

   議会書記     田中裕昭

   議会書記     樋口貴美子