議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 中央市

平成19年 12月 定例会(第4回) 12月11日−01号




平成19年 12月 定例会(第4回) − 12月11日−01号







平成19年 12月 定例会(第4回)



          平成19年中央市議会第4回定例会

1.議事日程(第1号)

                         平成19年12月11日

                         午前10時00分開議

                         於議場

  日程第1 会議録署名議員の指名

  日程第2 会期の決定

  日程第3 諸報告

  日程第4 議案第96号 中央市職員給与条例中改正の件

  日程第5 議案第97号 中央市特別会計条例中改正の件

  日程第6 議案第98号 中央市国民健康保険税条例中改正の件

  日程第7 議案第99号 平成19年度中央市一般会計補正予算(第4号)

  日程第8 議案第100号 平成19年度中央市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

  日程第9 議案第101号 平成19年度中央市老人保健特別会計補正予算(第3号)

  日程第10 議案第102号 平成19年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

  日程第11 議案第103号 平成19年度中央市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

  日程第12 議案第104号 平成19年度中央市田富よし原処理センター事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第13 議案第105号 平成19年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

  日程第14 議案第106号 平成19年度中央市上水道事業会計補正予算(第2号)

  日程第15 議案第107号 甲府地区広域行政事務組合規約の変更について

  日程第16 請願第3号 身体障害者に対する駐車禁止除外指定の対象範囲の基準を従前の対象者を排除しないようとする意見書の提出を求める請願

  日程第17 請願第5号 中央市「郷育の日」制定のための請願書

  日程第18 請願第6号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書

  日程第19 請願第7号 「公契約法」の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する請願書

2.出席議員は次のとおりである。(22名)

   1番  名執義高      2番  伊藤公夫

   3番  石原芳次      4番  関 敦隆

   5番  小沢 治      6番  一瀬 明

   7番  小池満男      8番  田中健夫

   9番  長沼辰幸     10番  井口 貢

  11番  野中つね子    12番  内藤 進

  13番  宮川弘也     14番  福田清美

  15番  設楽愛子     16番  保坂 武

  17番  河西俊彦     18番  山村 一

  19番  大沼芳樹     20番  一瀬 満

  21番  田中一臣     22番  山本国臣

3.欠席議員(なし)

4.会議録署名議員

   9番  長沼辰幸     10番  井口 貢

5.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名(16名)

  市長        田中久雄    副市長       長山勝典

  教育長       比志 保    総務部長      小池章治

  教育次長      飯室孝行    市民部長      萩原一春

  保健福祉部長    長田邦雄    建設部長      長田徳久

  農政観光部長    相原勝仁    会計管理者     水上和夫

  総務部次長     江間政雄    市民部次長     藤巻博文

  農政観光部次長   金丸幸夫    政策秘書課長    甲田高文

  総務課長      山口保孝    財政課長      河野孝洋

6.職務のため議場に出席した者の職氏名(4名)

  議会事務局長    伊藤貞秀

  議会書記      薬袋正仁

  議会書記      田中裕昭

  議会書記      樋口貴美子



△開会 午前10時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 本日はお忙しいところご参集いただきまして、誠にありがとうございます。

 ただいまの出席議員は22名、全員で定足数に達しております。

 ただいまから平成19年第4回中央市議会定例会を開会します。

 本日の会議は、あらかじめお手元に配布してあります、議事日程表により行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第81条の規定により、

  9番議員 長沼辰幸君

 10番議員 井口 貢君

を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第2 会期決定の件を議題といたします。

 お諮りします。

 本定例会の会期は、お手元に配布の会期日程のとおり、本日から20日までの10日間としたいと思います。

 これにご異議ございませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は本日から20日までの10日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第3 諸報告を行います。

 第3回定例会以降の報告事項については、お手元に配布しました諸報告のとおりでございます。

 監査委員から平成19年9月から11月分にかかわる出納検査の結果および定期監査の結果について、お手元に配布しました資料のとおり報告されております。

 各組合議会の結果についても、お手元に配布しました資料のとおり報告されております。

 厚生常任委員長からお手元に配布しました資料のとおり、所管事務調査報告書が提出されております。

 以上で諸報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第4 議案第96号 中央市職員給与条例中改正の件から、日程第15 議案第107号 甲府地区広域行政事務組合規約の変更についてまでの12案件を一括議題といたします。

 市長より行政報告ならびに提出議案等に対する説明を求めます。

 田中市長。



◎市長(田中久雄君) 

 おはようございます。

 大変、年末忙しいところをご苦労さまでございます。

 平成19年第4回定例市議会をお願いいたしましたところ、議員各位には全員のご出席をいただき開会できますことに、心から御礼を申し上げます。

 第4回定例市議会開会にあたり、提出いたしました案件の概要を説明申し上げますとともに、私の所信の一端を申し述べ、議員各位ならびに市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げたいと存じます。

 平成19年度も後半を迎え、鋭意取り組んできました諸施策につきましては、議員各位をはじめ市民の皆さんのご支援、ご協力をいただき順調に進捗しているところであります。

 国の経済は個人消費が持ち直していくとともに、企業収益の改善や設備投資の増加など、企業部門の好調さが持続しており、雇用情勢は厳しさが残るものの改善に広がりが見られることから、景気回復が続くと見込まれます。

 一方、サブプライムローン問題や原油価格の高騰が内外経済に与える影響は予断を許さない状況にあり、依然として厳しい経済環境といえます。国の三位一体改革は今後も継続されると考えられ、国庫補助負担金や地方交付税の削減が行われ、大幅な地方財源不足が見込まれ、地方財政を取り巻く環境は依然厳しい状況にあります。

 こうした中、当面する市政の課題等につきまして、報告をさせていただきます。

 去る11月11日に山梨県との共催により実施しました、山梨県地震防災訓練は東海地域を震源とする地震発生を想定して、住民の防災意識の高揚を図ることを目的に地元のリバーサイド自治会および鍛冶新居自治会、消防団、山梨県警察、陸上自衛隊、多くの防災関係機関が参加し、実践的な訓練が行われました。

 市では、地元自治会やボランティアの皆さんと社会福祉協議会、市職員がともに協力し、避難所設置運営の訓練を重点的に行い、炊き出し訓練、防災ボランティアセンターの設置、ボランティアの受け入れ、物資の受け入れ方法等について、県、社会福祉協議会および県ボランティア協会等の指導を受けながら訓練を行い、大きな成果を上げることができました。訓練に参加された多くの関係者の皆さまに、深く感謝申し上げます。

 次に、医大南部土地区画整理事業スーパー街区の進捗状況についてでありますが、スーパー街区の進捗状況につきましては、9月定例議会の折にも報告させていただきましたが、8月31日付でロック開発株式会社と保留地売買契約を締結しました。10月31日付で1番の懸案でありました、ロック開発株式会社の建築確認申請に対する確認済書が交付され、建築着工が可能となりました。

 また、スーパー街区の地権者の皆さまとロック開発株式会社との土地賃貸借契約の覚え書きを11月1日付で締結し、11月11日にはロック開発株式会社による大店立地法に基づく周辺住民説明会が行われました。11月14日、ロック開発株式会社主催でロック開発の松尾会長、羽間社長をはじめ関係者出席のもと、ロックシティー山梨中央ショッピングセンターの起工式が執り行われました。11月20日には市の担当課で立会い、本体棟の建築工事着手を確認し、これによりまちづくり三法の期限である11月29日までの工事着手をクリアすることができました。

 今年3月に市でスーパー街区の出店企業として、ロック開発株式会社を決定して以来、期間がなく非常に厳しいスケジュールの中、関係各位のご理解とご協力をいただきながら進めてまいりましたが、皆さまの念願でありました現行法での工事着手にこぎつけることができました。今後は建築工事が無事完了することを願いつつ、来年6月のオープンを目指し、市においても医大南部土地区画整理事業の早期完成に努めてまいりますので、議員各位をはじめ関係各位のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 次に、カインズの訴訟の状況ですが、カインズが仮決定に基づき商業施設の建設運営を行う地位にあることを求める仮処分命令申し立て事件については、11月29日付で申し立てを却下するとの決定が甲府中央裁判所であり、市が主張してきた本件仮決定取り消しが有効であることが裁判所に認められました。今回の仮処分の決定で本訴勝訴の可能性は非常に大きくなりましたが、引き続き本訴の勝訴に向け、全力を尽くす所存であります。

 次に、第1次中央市長期総合計画策定につきましては、本年3月の第1回総合計画審議会開催以来、中央市の将来像や目指すべき方向性と具体的に取り組むべき施策について、市職員による原案の策定、審議委員による内容の検討を精力的に行っております。現在、基本構想の策定作業がおおむね終了し、基本計画の策定作業を行っており、3月定例市議会での承認に向け、鋭意努力をしているところであります。

 中央市集中改革プランの策定につきましては、今年8月29日に第1回行政改革推進委員会を開催し、10名の委員を委嘱するとともに、同委員会に対し、中央市集中改革プランの策定について諮問いたしました。行政改革推進委員会では4回の委員会を開催し、集中的かつ慎重に意見集約していただき、11月30日に答申をいただきました。この集中改革プランの内容については、すでに今月初めより市のホームページで公表されていますが、これまで以上に積極的に行政改革を推進し、簡素で効率的な市役所の実現を目指していきたいと考えております。

 次に、中央市税等第2次滞納整理強化月間についてでありますが、市では本年度から収納課を設置し、税負担の公平性の確保や滞納者の滞納額の縮減を図り、収納率の向上と一般財源の確保に努めてまいりました。本年9月から11月までの間は第1次滞納整理強化月間として、県職員派遣により差し押さえ等も行い、約1,200万円の収入を得たところであります。今月の12月は第2次滞納整理強化月間として、私を先頭とし全庁体制のもと滞納整理にあたっているところであり、電話催告、また戸別訪問による徴収などを行い、収納率の向上を図るとともに、滞納者の意識改革を図ってまいりたいと思います。議員各位におかれましても、自主財源の確保という観点からご理解をいただき、市民の皆さまへの啓蒙・啓発をお願いするところであります。

 次に、医療制度改革への対応と国民健康保険税の改正等についてでありますが、来年4月からの医療制度改革に伴い、75歳以上の高齢者を対象とした後期高齢者医療制度がスタートするところであります。この新しい医療制度では保険料の徴収義務が発生し、また後期高齢者医療特別会計を設置し、特別会計の健全運営をしていかなければならないところです。市においては、4月の制度スタートに合わせ、万全な準備体制の構築と後期高齢者制度をご理解いただくための啓蒙普及、広報活動に努めてまいります。

 また、国民健康保険税においても、さらなる健全運営を目指すため、普通徴収にかかる暫定賦課を見直すとともに、後期高齢者医療保険料普通徴収納期との整合性を図ることにより、国民健康保険税の納期を改正するための条例改正案を今議会に提案したところであります。改正内容の詳細は後ほどご説明申し上げます。

 次に、中央市福祉保健教育拠点施設整備事業の経過について、報告いたします。

 中央市まちづくり事業の都市再生整備計画に位置付け、平成18年度から20年度までの3カ年継続事業として実施している、福祉保健教育拠点施設建設事業については、4月の着工以来、順調に工事が進捗し、平成19年12月1日現在、約80%の進捗率であります。予定どおり進んでおるところでございます。建物の外部はほぼ完成し、現在、外部のクリーニング、足場解体、敷き鉄板の片付け、内部作業を行っております。12月末には躯体はほぼ完成し、1月に内部クリーニング、細部の調整、各検査、備品納入、サイン工事、1期外構工事を完了し、1月末には引渡しを受ける予定であります。

 その後、社会福祉協議会の仮使用申請、引越しを行い、社会福祉協議業務も開始する予定であります。それに引き続き、レンゲハウスの解体、2期外構工事、植栽工事、外灯工事を4月中旬までに完了させ、5月の連休明けに一般開放の予定であります。

 また、隣接する玉穂勤労健康管理センターについては、現在、大規模改修についての実施設計を行っており、平成20年度において大規模改修、敷地外構工事を行う予定であります。

 次に、中山間地域総合整備事業の経過について報告いたします。

 中山間地域総合整備事業は平成14年度から20年度までの7カ年で、三珠、豊富地区において広域連合型事業として、農業生産基盤と農村生活環境基盤を総合的に整備し、高齢化・過疎化が進む中、若者が定住できる農村づくりや都市住民の憩いと安らぎの場としての自然の活用を目的に事業が進められています。

 このたび、国と県の方針により、事業年度が1年間延長され、平成21年度までとなりました。これを受けまして、9月に各自治会関係者へ経過等を含め説明会を開催し、整備要望個所等の見直しを行い、現在、要望個所を国・県と協議を重ねておりますが、年度内の採択に向け準備を進めております。平成20年度当初予算に向けての取り組みでありますが、地方財政を取り巻く環境は以前に増して厳しい状況にあり、新年度予算を例年より1カ月早めて編成作業を行っております。歳出ベースを主体に事業の重点化・効率化を図って、基金の頼らない予算の実現に努めているところであります。

 続きまして、今定例議会に提案いたしました議案の説明を申し上げます。

 今定例議会に提案いたしました案件は、条例案件3件、補正予算8件、規約変更1件であります。

 まず、条例関係議案についてです。

 議案第96号 中央市職員給与条例中改正の件につきましては、人事院の給与勧告および山梨県人事委員会の給与に関する勧告にかんがみるとともに、給料表に定める級別職務分類表について、新たに規則で定めるため、所要の改正を行う必要が生じたところから、中央市職員給与条例の改正を行うものであります。

 議案第97号 中央市特別会計条例中改正の件につきましては、高齢者の医療の確保に関する法律の施行に伴い、後期高齢者医療に関する収入および支出について、政令で定めるところにより、後期高齢者医療特別会計を設ける必要が生じたところから、中央市特別会計条例の一部を改正するものであります。

 議案第98号 中央市国民健康保険税条例中改正の件につきましては、地方税法の一部改正に伴い、保険税の徴収方法を変更するとともに、暫定賦課を廃止し、普通徴収にかかる賦課納期を変更するため、中央市国民健康保険税条例の一部を改正する必要が生じたところから、改正するものであります。

 次に、予算関係議案についてです。

 議案第99号 平成19年度中央市一般会計補正予算(第4号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,580万1千円を追加し、歳入歳出それぞれ122億8,591万6千円とするものであります。

 歳入については、児童手当法の改正に伴い、国・県支出金の負担金として合わせて2,719万1千円を、保育対策等促進事業等の県補助金に520万5千円を補正しており、繰入金については、財政調整基金からの繰入金を1億3,653万9千円減額し、また前年度繰越金の確定により、繰越金を1億7,355万9千円追加補正したものが主な歳入であります。

 歳出の主なものは、各款とも共通事項としまして、人事院勧告による職員の給与条例の改正に伴い、人件費として1,270万円を補正したところであります。なお、特別職等の給与は改正を見送っております。

 総務費では、例規集追録代の500万円、訴訟に伴う弁護士報酬として150万円を計上し、行政事務電算化事業においては、医療費窓口無料化に伴うシステム構築経費等で601万4千円の補正をしております。

 民生費では、国保特別会計への人件費増による繰出金として618万7千円を補正し、児童福祉費では民間保育所に対する保育対策等促進事業、児童環境づくり基盤整備事業、次世代育成事業補助金として1,245万4千円を、公立広域入所児童数の増加による運営費として941万7千円を補正しております。また、児童手当の法改正分として3,374万円を補正したところであります。

 農林水産業費では、農業用水路改修工事増高分および県営今川地区環境整備事業負担金として600万円を、商工費では中央市商工会と東八西部商工会、豊富地区との合併に伴う中央市商工会館改修費補助金として700万円を補正しております。

 土木費では、公共下水道事業の執行見込みにより、下水道事業特別会計への繰出金の4,661万3千円の減額などを主なものとして補正しております。

 消防費では、消防団員の出動費として234万2千円を補正し、教育費では総合会館費に来年1月に完成する中央市福祉保健拠点施設の維持管理経費として222万円を補正しております。

 議案第100号 平成19年度国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,935万2千円を追加し、歳入歳出それぞれ25億6,446万3千円とするものであります。

 主な歳出は、総務費では給与改定および職員増による人件費として618万7千円を追加し、保険給付費では医療費の増加見込みに伴い、一般被保険者療養費に350万円を追加、また平成14年度、15年度の国保財政調整交付金の過大交付分の返還金4,844万円が主な補正であります。

 歳入財源は、国庫支出金および療養給付費等交付金では、療養給付費の増加分と平成18年度療養給付費確定による追加分、合わせて707万4千円を、繰入金では人件費分として618万7千円を一般会計から繰り入れ、繰越金を2,494万2千円減額したことにより、基金からの繰入金を2,259万3千円補正しております。

 また、市債では国保財政調整交付金の過大交付に対する措置として4,844万円を県から無利子で借り入れる補正などが主なものであります。

 議案第101号 平成19年度中央市老人保健特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ402万7千円を追加し、歳入歳出それぞれ19億5,318万4千円とするものであります。

 主な歳出は、高額療養費および柔道整復師医療費の増加見込みにより、医療給付費に360万円を追加したもので、その歳入財源は高額療養費等医療支給費の補正に伴う支払基金交付金および国・県支出金を補正したものであります。

 議案第102号 平成19年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ142万円を追加し、歳入歳出それぞれ1億8,279万9千円とするものであります。

 主な歳出は、国営施設共同整備負担金や笛吹地区地上権設定更新補償負担金および薬剤購入費等を補正したもので、その補正財源は新規加入負担金および平成17年度以前と現年度水道使用料で441万9千円を追加し、歳入財源の充足により、一般会計からの繰入金および基金からの繰入金を減額しているのが主な補正であります。

 議案第103号 平成19年度中央市下水道事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,310万円を追加し、歳入歳出それぞれ19億1,581万円とするものであります。

 主な歳出は、下水道工事に伴う追加設計委託等に400万円、また工事に伴う水路補修修繕費に300万円の追加補正などをしたもので、その補正財源は前年度からの繰越金を6,225万1千円追加し、歳入財源の充足により、一般会計からの繰入金4,661万3千円を減額しております。

 議案第104号 平成19年度中央市田富よし原処理センター事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ546万5千円を追加し、歳入歳出それぞれ7,258万8千円とするものであります。

 主な歳出は、田富よし原処理センター施設事業基金への積立金541万8千円を補正したもので、その補正財源は前年度繰越金を増額補正しているのが主な補正であります。

 議案第105号 平成19年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,500万円を追加し、歳入歳出それぞれ10億5,139万4千円とするものであります。

 主な歳出は、山王川護岸工事費に1千万円を、スーパー街区造成工事費の増額分として3,500万円を追加補正したもので、その補正財源は保留地処分金の不動産売払収入4,559万3千円と、前年度繰越金240万6千円を補正したものであります。

 議案第106号 平成19年度中央市上水道事業会計補正予算(第2号)につきましては、収益的支出に250万円を補正し、補正後の収益的支出を4億935万8千円とするもので、収益的支出の主なものは、緊急漏水修繕工事費を補正したものであります。

 議案第107号 甲府地区広域行政事務組合の規約の変更につきましては、構成市町の甲斐市のうち、合併前の双葉町の区域にかかる視聴覚ライブラリー事業を平成20年4月1日から甲府地区広域行政事務組合において共同処理するため、同組合規約の一部を変更する協議を行うものであります。

 以上、12件の内容について、概要を説明申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご議決いただけますようお願い申し上げ、平成19年12月定例議会における所信表明および提案理由の説明といたします。



○議長(河西俊彦君) 

 市長の説明が終わりました。

 議案第96号から議案第106号までの11案件については、総括質疑にとどめます。

 これより質疑を行います。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 議案第96号から議案第106号までの11案件を、お手元の議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

 引き続いて議案の審議を行います。

 議案第107号 甲府地区広域行政事務組合規約の変更についての詳細説明を求めます。

 小池総務部長。



◎総務部長(小池章治君) 

 それでは、先ほど市長より提案のありました、議案第107号の甲府地区広域行政事務組合規約の変更について説明をいたします。

 議案書の85ページの甲府地区広域行政事務組合規約新旧対照表をお開きいただきたいと思います。

 規約の第3条関係が別表で掲げられておりますが、甲府地区広域行政事務組合規約第3条に、第1号から第8号までの項目を共同処理する事務として定められておりますが、その第6号が視聴覚ライブラリーの設置および運営に関する事務であります。

 提案理由にありましたように、甲斐市のうち合併前の双葉町の区域にかかわる視聴覚ライブラリー事業につきましては、峡北地域視聴覚ライブラリー協議会で処理されておりましたが、同協議会との協議が整ったことから、平成20年度から甲府地区広域行政事務組合において共同処理するもので、別表1の項に「第6号」を加え、別表の2の項から「第6号」を削る規約の変更でございます。

 なお、この規約は平成20年4月1日から施行となります。

 以上で説明を終わります。

 よろしくご審議のほど、お願いいたします。



○議長(河西俊彦君) 

 説明が終わりました。

 これより質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。

 ただいま、説明がありました議案第107号を会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議案第107号は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 討論・採決を行います。

 議案第107号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第107号について採決します。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第16 請願第3号 身体障害者に対する駐車禁止除外指定の対象範囲の基準を従前の対象者を排除しないようとする意見書の提出を求める請願書を議題といたします。

 紹介議員の説明を求めます。

 設楽愛子君。



◆15番(設楽愛子君) 

 請願第3号、請願文書表の朗読をもって説明に代えさせていただきます。

 配布資料の8ページをお開きください。

 受理年月日 平成19年11月20日

 受理番号  平成19年請願第3号

 件名    身体障害者に対する駐車禁止除外指定の対象範囲の基準を従前の対象者を排除しないようとする意見書の提出を求める請願

 請願者   山梨県身体障害者連合福祉会長 浅野伸二

       中央市障害者福祉会長 馬場正江

 紹介議員  設楽愛子

 請願要旨  身体障害者に対する駐車禁止除外指定の対象範囲の基準を従前の対象者を排除しないようとする意見書の提出を求めるもの。

 以上です。

 よろしくお願いします。



○議長(河西俊彦君) 

 提出のありました請願は、会議規則第135条の規定により、総務教育常任委員会へ付託いたします。

 本定例会最終日に請願の審査結果の報告をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第7 請願第5号 「中央市郷育の日」制定のための請願を議題といたします。

 紹介議員の説明を求めます。

 福田清美君。



◆14番(福田清美君) 

 請願第5号

 請願文書表の朗読をもって説明に代えさせていただきます。

 配布資料の10ページをお開きください。

 受理年月日 平成19年11月21日

 受理番号  平成19年請願第5号

 件名    「中央市郷育の日」制定のための請願書

 請願者   甲府青年会議所理事長 塩澤清司ほか2名

 紹介議員  石原芳次、福田清美、名執義高

 請願要旨  地域の独自性を持った教育環境都市へ向け、第一歩としての「郷育の日」の制定を求めるもの。

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(河西俊彦君) 

 提出のありました請願は、会議規則第135条の規定により、総務教育常任委員会へ付託いたします。

 本定例会最終日に請願の審査結果の報告をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第18 請願第6号 教育予算を拡充し教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書を議題といたします。

 紹介議員の説明を求めます。

 山本国臣君。



◆22番(山本国臣君) 

 請願文書表の朗読をもって説明に代えさせていただきます。

 配布資料の12ページをお開きください。

 受理年月日 平成19年11月27日

 受理番号  平成19年請願第6号

 件名    教育予算を拡充し教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書

 請願者   中央市PTA連絡協議会 会長  功刀裕章

       中央市立小中学校長会 会長  望月孝之

       中央市立小中学校教頭会 会長  中込 清

       中央市教職委員会 事務局長  鷹野浩文

 紹介議員  山本国臣

 請願要旨  義務教育国庫負担制度の堅持をさせるためにも、国による教育の予算の拡充を教職員定数の改善を図られるよう、意見書の提出を求めるものでございます。

 よろしくご審議ください。



○議長(河西俊彦君) 

 提出のありました請願は、会議規則第135条の規定により、総務教育厚生常任委員会へ付託いたします。

 本定例会最終日に請願の審査結果の報告をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第19 請願第7号 公契約法の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する請願書を議題といたします。

 紹介議員の説明を求めます。

 関敦隆君。



◆4番(関敦隆君) 

 請願第7号

 請願文書表の朗読をもって説明に代えさせていただきます。

 配布資料の14ページをお開きください。

 受理年月日 平成19年12月7日

 受理番号  平成19年請願第7号

 件名    公契約法の制定など公共工事における建設労働者の適正な労働条件の確保に関する請願書

 請願者   山梨県建設組合連合会 会長 池川春男

 紹介議員  関 敦隆

 請願要旨  公共事業において建設労働者の適正な賃金が確保されるよう、公契約法の制定を進めること。公共事業の入札および契約の適正化の促進に関する法律の付帯決議の実効性ある施策の早期実現を図るよう、意見書の提出を求めるもの。

 よろしくご審議お願い申し上げます。



○議長(河西俊彦君) 

 提出のありました請願は、会議規則第135条の規定により、総務教育常任委員会へ付託いたします。

 本定例会最終日に請願の審査結果の報告をお願いいたします。

 以上をもちまして、本日の日程はすべてを終了いたしました。

 明日は午前10時から一般質問を行います。

 よろしくお願いいたします。

 本日はこれで散会といたします。

 ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会 午前10時42分