議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 中央市

平成19年  6月 定例会(第2回) 06月28日−03号




平成19年  6月 定例会(第2回) − 06月28日−03号







平成19年  6月 定例会(第2回)



          平成19年中央市議会第2回定例会

1.議事日程(第3号)

                         平成19年6月28日

                         午前10時00分開議

                         於議場

  日程第1 議案第54号 中央市議会政務調査費の交付に関する条例制定の件

  日程第2 議案第55号 中央市選挙広報の発行に関する条例制定の件

  日程第3 議案第56号 中央市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件

  日程第4 議案第57号 中央市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例中改正の件

  日程第5 議案第58号 中央市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例中改正の件

  日程第6 議案第59号 中央市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例中改正の件

  日程第7 議案第60号 中央市国民健康保険税条例中改正の件

  日程第8 議案第61号 中央市消防委員会条例中改正の件

  日程第9 議案第62号 平成19年度中央市一般会計補正予算(第1号)

  日程第10 議案第63号 平成19年度中央市老人保健特別会計補正予算(第1号)

  日程第11 議案第64号 平成19年度中央市地域包括支援センター特別会計補正予算(第1号)

  日程第12 議案第65号 平成19年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第13 議案第66号 平成19年度中央市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第14 議案第67号 平成19年度中央市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第15 議案第68号 平成19年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

  日程第16 議案第69号 和解の件

  日程第17 議案第70号 中央市道路線認定の件

  日程第18 議案第71号 中央市道路線廃止の件

  日程第19 委員会の閉会中の継続審査の申出の件

2.出席議員は次のとおりである。(22名)

   1番  名執義高      2番  伊藤公夫

   3番  石原芳次      4番  関 敦隆

   5番  小沢 治      6番  一瀬 明

   7番  小池満男      8番  田中健夫

   9番  長沼辰幸     10番  井口 貢

  11番  野中つね子    12番  内藤 進

  13番  宮川弘也     14番  福田清美

  15番  設楽愛子     16番  保坂 武

  17番  河西俊彦     18番  山村 一

  19番  大沼芳樹     20番  一瀬 満

  21番  田中一臣     22番  山本国臣

3.欠席議員(なし)

4.会議録署名議員

   5番  小沢 治      6番  一瀬 明

5.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名(15名)

  市長        田中久雄    副市長       長山勝典

  教育長       比志 保    総務部長      小池章治

  教育次長      飯室孝行    市民部長      萩原一春

  保健福祉部長    長田邦雄    建設部長      長田徳久

  農政観光部長    相原勝仁    会計管理者     水上和夫

  総務部次長     江間政雄    市民部次長     藤巻博文

  農政観光部次長   金丸幸夫    総務課長      山口保孝

  財政課長      河野孝洋

6.職務のため議場に出席した者の職氏名(4名)

  議会事務局長    伊藤貞秀

  議会書記      薬袋正仁

  議会書記      田中裕昭

  議会書記      樋口貴美子



△開会 午前10時00分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 6月20日に開会されました本定例会も、本日が最終日となりました。

 長時間にわたりまして、誠にご苦労さまでございました。

 最終日の日程も円滑に進むよう、議員各位のご協力をお願いいたします。

 ただいまの出席議員は22名、全員で定足数に達しております。

 これより本日の会議を開きます。

 報道機関から写真撮影の申し出が出ております。

 これを許可することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、議場内での撮影を許可することに決しました。

 本日の会議は、あらかじめお手元に配布してあります、議事日程表により行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第1 議案第54号 中央市議会政務調査費の交付に関する条例制定の件から、日程第18 議案第71号 中央市道路線廃止の件までの、議案18案件を一括議題といたします。

 定例会の初日に各所管の委員会へそれぞれ付託しておきましたので、各常任委員長からの審査結果の報告を一括して行います。

 各委員長の報告のあと、委員長報告に対する質疑を行い、各案件の討論・採決は、すべての委員長報告が終了後、議案ごとに順次行いますので、ご了承をお願いいたします。

 始めに、総務教育常任委員長の報告を求めます。

 総務教育常任委員長、石原芳次君。



◆総務教育常任委員長(石原芳次君) 

 総務教育常任委員会から審査結果の報告をいたします。

 総務教育常任委員会は6月22日、田富庁舎委員会室において委員会を開催し、委員全員と当局より説明員として、市長および関係職員の出席のもと、本委員会に付託されました案件について審査を行いました。

 審査の結果は、お手元に配布しました委員長報告のとおり、

 議案第54号 中央市議会政務調査費の交付に関する条例制定の件

 議案第55号 中央市選挙広報の発行に関する条例制定の件

 議案第56号 中央市市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例中改正の件

 議案第57号 中央市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例中改正の件

 議案第58号 中央市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他勤務条件に関する条例中改正の件

 議案第59号 中央市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例中改正の件

 議案第61号 中央市消防委員会条例中改正の件

 議案第62号 平成19年度中央市一般会計補正予算(第1号)のうち所管事務に関する部分について

 議案第69号 和解の件

 以上、条例案件7件、予算案件1件、和解の件1件について、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 主な質疑は、お手元に配布してありますので、ご一読ください。

 以上で総務教育常任委員長報告を終わります。



○議長(河西俊彦君) 

 総務教育常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 続きまして、厚生常任委員長の報告を求めます。

 設楽愛子君。



◆厚生常任委員長(設楽愛子君) 

 厚生常任委員会から審査結果の報告をいたします。

 厚生常任委員会は6月25日、田富庁舎委員会室において委員会を開催し、委員全員と当局より説明員として、市長および関係職員出席のもと、本委員会に付託されました案件について審査を行いました。

 審査の結果はお手元に配布しました委員長報告のとおり、

 議案第60号 中央市国民健康保険税条例中改正の件

 議案第62号 平成19年度中央市一般会計補正予算(第1号)のうち所管事務に関する部分について

 議案第63号 平成19年度中央市老人保健特別会計補正予算(第1号)

 議案第64号 平成19年度中央市地域包括支援センター特別会計補正予算(第1号)

 以上、条例案件1件、予算案件3案件について、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、主な質疑はお手元に配布してありますので、ご一読ください。

 以上で厚生常任委員長報告を終わります。



○議長(河西俊彦君) 

 厚生常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 続きまして、産業土木常任委員長の報告を求めます。

 田中一臣君。



◆産業土木常任委員長(田中一臣君) 

 産業土木常任委員会から審査結果の報告をいたします。

 産業土木常任委員会は6月26日、田富庁舎委員会室にて委員会を開催し、委員全員と当局より説明員として、市長および関係職員の出席のもと、本委員会に付託されました案件について審査を行いました。

 審査の結果はお手元に配布しました委員長報告のとおり、

 議案第62号 平成19年度中央市一般会計補正予算(第1号)のうち所管事務に関する部分について

 議案第65号 平成19年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第66号 平成19年度中央市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第67号 平成19年度中央市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第68号 平成19年度中央市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

 議案第70号 中央市道路線認定の件

 議案第71号 中央市道路線廃止の件

 以上、予算案件5件、市道の件2件について、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、審議中の意見で農業集落排水事業の管路敷設工事について、再度検討し、委員会へ報告願いたいとの意見がありました。

 委員会終了後、管路敷設工事個所について、現地確認を行いました。

 なお、主な質疑はお手元に配布してありますので、ご一読ください。

 以上で産業土木常任委員長報告を終わります。



○議長(河西俊彦君) 

 産業土木常任委員長の報告が終わりました。

 委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     (なし)

 質疑なしと認めます。

 これより議案第54号から議案第71号までの討論・採決を順次行います。

 議案第54号について討論を行います。

 討論はございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第54号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は委員長報告のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

 議案第55号について討論を行います。

 討論はございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第55号ついて採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第56号ついて討論を行います。

 討論ございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第56号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第57号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第57号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第58号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第58号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第59号について討論を行います。

 討論はございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第59号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第60号について討論を行います。

 討論はございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第60号ついて採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第61号ついて討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第61号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第62号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第62号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する各常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第63号について討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第63号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第64号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第64号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する厚生常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第65号について討論を行います。

 討論ありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第65号ついて採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第66号ついて討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第66号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第67号について討論を行います。

 討論はございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第67号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第68号について討論を行います。

 討論はございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第68号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第69号について討論を行います。

 討論ありませんか。

 井口君。



◆10番(井口貢君) 

 議案に対しての反対意見を申し上げます。

 この事件は、民主主義の原理原則を否定し、住民参加自治をぐろうする行為であり、議会として厳正に対処すべきものと考えます。現時点で、この事件の内容が不明確であり、議会として独自に調査すべきものと考えます。

 したがって、この事件の安易な幕引きにつながる、この議案に対しては反対いたします。



○議長(河西俊彦君) 

 反対討論がございました。

 賛成討論を求めます。

 伊藤君。



◆2番(伊藤公夫君) 

 私は、今回の偽造票の和解案につきまして、賛成をいたします。

 理由でございますけれども、今回、3町村の合併に伴います住民アンケート調査をした結果、その中に偽造票があったというふうなことでございます。その偽造票につきまして、市のほうといたしましては、署のほうに被害届けを出したと。そして、警察のほうに被害届けを出しましたところ、警察のほうでその捜査をした結果、玉穂地区の青柳健藏さんという方と、そして昭和町の町議であります方が、その行為にかかわったということでございます。

 そして、その中で青柳健藏さんは、そのかかわりの度が強いというようなことで起訴されまして、昭和町の方は不起訴になったというように記憶をしておりますけれども、青柳さんにつきましては、起訴されましたので、司法という場で裁判に変わりまして、そして裁判の結果、有罪になり、それが偽計妨害罪という罪で罰金50万円の判決をいたしました。

 しかしながら、青柳さんはその50万円に対して控訴しませんでしたので、当然、確定となり、その50万円につきましては、国庫へ入っているという形になると思います。

 それで、中央市といたしましても、実際に12万何がしという切手代ですか、それが実質的な被害になっておりますので、当然、今度は個人的な特定な人が決まりましたので、市としましても、当然、請求をせざるを得ないという立場になると思うんですけれども、その請求するにつけても、議会のほうの承認を経て、そして民事訴訟を起こさなければならないと。そして民事訴訟を起こすにつけても、またお互いに弁護士を付けて、多分にその弁護料も100万円単位で払うと。また、ましてや日数もかかるというようなことで、今回、青柳さんが自主的に12万何がしと、それから多分に中央市に迷惑をかけたということで、50万円を慰謝料として、その根拠は分かりませんけれども、弁護士に聞くところによると、50万円ぐらいが妥当な金額ではないかというようなことで、和解をさせてもらいたいということでございますし、この事件もだいぶ長いというふうなことで、そんなまた民事訴訟まで起こしてやっても、何のメリットもありませんので、今回のこの和解案につきましては、私は賛成をいたします。

 以上です。



○議長(河西俊彦君) 

 小池君。



◆7番(小池満男君) 

 反対意見を申し上げます。

 この69号を見ますと、和解の件が正確に載っていない。特に罪状がここに書いてなく、分からないと。そういうことがあります。法律の専門家によると、新聞報道なんかと偽計業務妨害罪か、というふうに書いてあります。ここらへんが、そういう罪なのか、そういうことも不明確であります。

 次に、判決の全文が見えず、説明不足です。検察庁の刑務官室に全文が保管されていますので、公なところで請求すれば見ることが、閲覧することができるということでございます。個人ではできないというような返事でございます。ぜひ、公のところで、刑務官室へ行って、きちんとしたものを提示してもらって、見てくる必要があるではないか、そんなふうに思います。

 次に、和解方法の不備があります。市と市民への和解のときの条件として、1番、和解の相手側は中央市および中央市民に対して、心から謝罪すると書いてありますが、心から謝罪がまだ見えておりません。どういう形で心から謝罪をするのか。文書にするのか、いろいろのことを、そこらへんをきちんと詰めていただきたい、そんなふうに思います。

 あとは、和解のときに、きちんとした市民に分かるような説明をしなければ、市民の中では相当うわさがあります。賛成討論で伊藤議員が言いました、ほかにもいろいろというふうに言われております。そういうことが、そのままうわさで流れるということは、あまり良くない。しっかりした、きちんとしたものを市民に報告できるように、お願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(河西俊彦君) 

 名執君。



◆1番(名執義高君) 

 私は、賛成の立場で討論させていただきたいと思います。

 そもそも、この2町1村の合併、これはこの市民にとって大変重大な事案であります。当然、これは県内の市町村の中でも、住民投票条例を可決して住民投票をして合併を決めた、合併の心を問うたということがございます。安易にアンケートという手法でこういったやり方をしたということについても、当時の先頭を切って、合併論議をしていた巣立ちの問題もあるわけであります。

 そういったあつい思いが起こした事件であり、また今回、司法の場でこの問題は一応の決着を付けております。今、民事問題で中央市の市民と行政側が争っているわけでありますから、当然、議会として、これを調停する役割があります。

 私は、市民とこういった内容で争うということに対しては、反対であります。そういった意味で、この和解を即進め、合併なして中央市はもうスタートしているわけでありますから、前向きな展開をしていくのが、議員の役割であると思います。

 どうぞ、採決をお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(河西俊彦君) 

 一瀬明君。



◆6番(一瀬明君) 

 私も、この第69号の件については、反対をいたします。

 私は、この慰謝料の金額です。市に対して50万円の慰謝料ということは、それに12万円を足して60万円の金額、これは市民1人当たりにすれば、たった2円ぐらいの価値しかありません。これが本当に市民は、これで納得するのでしょうか。ただ、それだけの問題で決着、和解ということになりますと、そのあとまたこういう問題が起きたときに、たったこれだけの罪でできるというような感を、間違った考えを与える恐れがあります。

 私は、この件に関して、もし合併ができなければ、この特例債も使えない。それだけでも市民に対する損害額は莫大な額だと思います。とても、この50万円という額には納得できません。それで私は、この件に対して反対いたします。



○議長(河西俊彦君) 

 これで討論を終わります。

 議案第69号について採決します。

 山村議員。



◆18番(山村一君) 

 採決の方法は記名方式でやってもらいたいと思います。



○議長(河西俊彦君) 

 今、議題となっております69号について、記名投票の要求がございました。

 ほかに賛成者ございませんか。

     (賛成者あり)

 2名以上の出席議員から記名投票の要求がありましたので、記名投票により採決を行います。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午前10時32分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△再開 午前10時45分



○議長(河西俊彦君) 

 休憩を解き会議を開きます。

 議案第69号についての採決は記名投票により行います。

 議場を閉鎖します。

     (議場閉鎖)

 ただいまの出席議員は20人です。

 次に、立会人を指名します。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に宮川弘也君、福田清美君を指名します。

 白票ならびに青票を配ります。

 局員が投票用紙を配布いたします。

     (投票用紙 配布)

 投票用紙の配布漏れはありませんか。

     (なし)

 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

     (投票箱 点検)

 異常なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 念のため申し上げます。

 投票は記名投票です。

 壇上を投票所にいたします。

 賛成の方は白票を、反対の方は青票を投票願います。

 なお、投票に際しましては、投票する色の票のみをご持参願います。

 事務局長が番号と氏名を1番から順に呼びますので、投票をお願いいたします。

     (局長 点呼)

 投票漏れはありませんか。

     (なし)

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 開票を行います。

 宮川弘也君、福田清美君、開票の立会いをお願いします。

     (開票 立会い)

 結果を報告します。

 投票総数 20票

 賛成   11票

 反対    9票

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 投票に使用しなかった票を回収させます。

     (投票用紙 回収)

 議場の閉鎖を解きます。

 議案第70号について討論を行います。

 討論ございませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第70号ついて採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第71号ついて討論を行います。

 討論はありませんか。

     (なし)

 討論なしと認めます。

 議案第71号について採決します。

 お諮りします。

 本案に対する産業土木常任委員長の報告は可決です。

 本案は原案のとおり決定することに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(河西俊彦君) 

 日程第19 委員会の閉会中の継続審査の申出の件を議題といたします。

 各常任委員長および議会運営委員長から、会議規則第104条の規定により、お手元に配布いたしました申出書のとおり、所管事項の審査につき、閉会中の継続審査の申し出がございました。

 お諮りします。

 各常任委員長および議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに、ご異議ありませんか。

     (異議なしの声)

 異議なしと認めます。

 よって、各常任委員長および議会運営委員長の申し出のとおり、継続審査とすることに決定いたしました。

 以上をもちまして、本定例会の会議に付された事件はすべて終了いたしました。

 以上をもちまして、平成19年第2回中央市議会定例会を閉会といたします。

 大変、ありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会 午前10時58分

 この会議の経過を記載して、その内容が相違ないことを証するためにここに署名する。

                          平成  年  月  日

       中央市議会議長

             河西俊彦

       会議録署名議員

             小沢 治

       会議録署名議員

             一瀬 明

 本会議録の作成にあたった者の氏名は次のとおりである。

   議会事務局長   伊藤貞秀

   議会書記     薬袋正仁

   議会書記     田中裕昭

   議会書記     樋口貴美子