議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲州市

平成18年  3月 定例会 03月09日−02号




平成18年  3月 定例会 − 03月09日−02号







平成18年  3月 定例会



          平成18年甲州市議会3月定例会会議録

                 平成18年3月9日(木)午前10時00分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第2号)

   平成18年3月9日(木)午前10時開議

  第1 議案第1号 甲州市名誉市民条例制定について

     議案第2号 甲州市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例制定について

     議案第3号 甲州市指定管理者候補選定委員会条例制定について

     議案第4号 甲州市行政改革推進委員会設置条例制定について

     議案第5号 甲州市総合計画審議会条例制定について

     議案第6号 甲州市市のシンボル等の制定に関する条例制定について

     議案第7号 甲州市合併振興基金条例制定について

     議案第8号 甲州市長期継続契約に関する条例制定について

     議案第9号 甲州市敬老祝金支給条例制定について

     議案第10号 甲州市土地改良事業分担金徴収条例制定について

     議案第11号 甲州市生活安全条例制定について

     議案第12号 甲州市交通安全条例制定について

     議案第13号 甲州市放置自転車等の措置等に関する条例制定について

     議案第14号 甲州市環境基本条例制定について

     議案第15号 甲州市食育推進会議条例制定について

     議案第16号 甲州市地域包括支援センター設置及び管理条例制定について

     議案第17号 甲州市防災会議条例制定について

     議案第18号 甲州市災害対策本部条例制定について

     議案第19号 甲州市地震災害警戒本部条例制定について

     議案第20号 甲州市国民保護協議会条例制定について

     議案第21号 甲州市国民保護対策本部及び甲州市緊急対処事態対策本部条例制定について

     議案第22号 甲州市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について

     議案第23号 甲州市職員給与条例の一部を改正する条例制定について

     議案第24号 甲州市手数料条例の一部を改正する条例制定について

     議案第25号 甲州市入湯税の免除に関する条例等の一部を改正する条例制定について

     議案第26号 甲州市ふれあい親子館設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     議案第27号 甲州市大和デイサービスセンター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     議案第28号 甲州市重度心身障害者医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について

     議案第29号 甲州市支援費支給条例の一部を改正する条例制定について

     議案第30号 甲州市介護保険条例の一部を改正する条例制定について

     議案第31号 甲州市菱山営農センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     議案第32号 甲州市農産物加工体験施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     議案第33号 甲州市甲斐の国大和自然学校施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     議案第34号 甲州市日川渓谷緑の村設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     議案第35号 道の駅甲斐大和施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     議案第36号 甲州市やまと天目山温泉資源活用施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     議案第37号 甲州市福祉センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     議案第38号 甲州市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について

     議案第39号 甲州市ホームヘルパー派遣条例を廃止する条例制定について

  第2 議案第40号 平成18年度甲州市一般会計予算

     議案第41号 平成18年度甲州市国民健康保険事業特別会計予算

     議案第42号 平成18年度甲州市診療所事業特別会計予算

     議案第43号 平成18年度甲州市老人保健特別会計予算

     議案第44号 平成18年度甲州市介護保険事業特別会計予算

     議案第45号 平成18年度甲州市訪問看護事業特別会計予算

     議案第46号 平成18年度甲州市下水道事業特別会計予算

     議案第47号 平成18年度甲州市簡易水道事業特別会計予算

     議案第48号 平成18年度甲州市大藤財産区特別会計予算

     議案第49号 平成18年度甲州市神金財産区特別会計予算

     議案第50号 平成18年度甲州市萩原山財産区特別会計予算

     議案第51号 平成18年度甲州市竹森入財産区特別会計予算

     議案第52号 平成18年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計予算

     議案第53号 平成18年度甲州市水道事業会計予算

     議案第54号 平成18年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計予算

     議案第55号 平成18年度甲州市勝沼病院事業会計予算

  第3 議案第56号 平成17年度甲州市一般会計補正予算(第1号)

     議案第57号 平成17年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第58号 平成17年度甲州市診療所事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第59号 平成17年度甲州市老人保健特別会計補正予算(第1号)

     議案第60号 平成17年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第61号 平成17年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第62号 平成17年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第63号 平成17年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第64号 平成17年度甲州市大藤財産区特別会計補正予算(第1号)

     議案第65号 平成17年度甲州市神金財産区特別会計補正予算(第1号)

     議案第66号 平成17年度甲州市萩原山財産区特別会計補正予算(第1号)

     議案第67号 平成17年度甲州市竹森入財産区特別会計補正予算(第1号)

     議案第68号 平成17年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計補正予算(第1号)

     議案第69号 平成17年度甲州市水道事業会計補正予算(第1号)

     議案第70号 平成17年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計補正予算(第1号)

  第4 議案第72号 小淵沢町を北杜市に編入することに伴う山梨県市町村議会議員公務災害補償等組合規約の変更について

     議案第73号 小淵沢町を北杜市に編入することに伴う山梨県市町村総合事務組合規約の変更について

     議案第74号 市川三郷町、甲州市及び中央市の設置、中道町及び上九一色村の区域の一部を甲府市に編入したこと、上九一色村の区域の一部を富士河口湖町に編入したこと並びに小淵沢町を北杜市に編入したことに伴う山梨県市町村自治センターを組織する地方公共団体の数の変更について

  第5 請願第1号 事業仕分けによる行財政の効率化を求める意見書の提出を求める請願

  第6 請願第2号 さらなる総合的な少子化対策を求める意見書の提出を求める請願

  第7       一般質問

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

  日程第1 議案第1号〜議案第39号

  日程第2 議案第40号〜議案第55号

  日程第3 議案第56号〜議案第70号

  日程第4 議案第72号〜議案第74号

  日程第5 請願第1号

  日程第6 請願第2号

  日程第7 一般質問

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(20名)

                             1番  中村勝彦君

                             2番  桐原正仁君

                             3番  武藤雅美君

                             4番  丸山国一君

                             5番  原  勝君

                             6番  廣瀬 一君

                             7番  夏八木盛男君

                             8番  野尻陽子君

                             9番  古屋 久君

                            10番  古屋匡三君

                            11番  平塚 義君

                            12番  曽根益彦君

                            13番  廣瀬重治君

                            14番  矢野義典君

                            15番  岡 武男君

                            16番  佐藤栄也君

                            17番  廣瀬宗勝君

                            18番  田邉民男君

                            19番  都倉義男君

                            20番  廣瀬元久君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

               市長                田辺 篤君

               収入役               佐藤繁則君

               総務企画部長            相澤廣貴君

               市民生活部長            金井正喜君

               産業建設部長            池田良雄君

               勝沼地域総合局長          細川初彦君

               大和地域総合局長          佐藤光正君

               総務課長              長瀬静男君

               総合政策課長            根岸洋一君

               財政課長              廣瀬一秀君

               管財課長              矢崎道男君

               税務課長              丸山美春君

               市民課長              雨宮 信君

               福祉課長              鈴木常明君

               子育て支援課長           高木英子君

               健康増進課長            桐原正司君

               環境課長              荻原博夫君

               果樹農林課長            三森克弥君

               観光商工課長            有賀文雄君

               建設課長              橋爪俊夫君

               都市整備課長            荻原英幸君

               下水道課長             若林重則君

               会計課長              岡村啓司君

               鈴宮寮長              徳良利朗君

               水道課長              町田 博君

               ぶどうの丘支配人          三科 茂君

               教育長               古屋正吾君

               学校教育課長            柏原和仁君

               生涯学習課長            鈴木英夫君

               スポーツ健康課長          雨宮英司君

               行政委員会事務局長         益田明人君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席事務局職員

               事務局長              小池 澄

               書記                坂本 昇

               書記                河村 敬

     〔開議 午前10時00分〕



○議長(廣瀬宗勝君) ただいまの出席議員20人、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました印刷物のとおりといたしますので、ご協力をお願いいたします。

 この際、申し上げます。

 報道機関から取材のため、テレビカメラによる撮影の申し出があり、これを許可しておりますので、ご承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第1号〜議案第39号



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第1に入ります。

 議案第1号 甲州市名誉市民条例制定について、議案第2号 甲州市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例制定について、議案第3号 甲州市指定管理者候補選定委員会条例制定について、議案第4号 甲州市行政改革推進委員会設置条例制定について、議案第5号 甲州市総合計画審議会条例制定について、議案第6号 甲州市市のシンボル等の制定に関する条例制定について、議案第7号 甲州市合併振興基金条例制定について、議案第8号 甲州市長期継続契約に関する条例制定について、議案第9号 甲州市敬老祝金支給条例制定について、議案第10号 甲州市土地改良事業分担金徴収条例制定について、議案第11号 甲州市生活安全条例制定について、議案第12号 甲州市交通安全条例制定について、議案第13号 甲州市放置自転車等の措置等に関する条例制定について、議案第14号 甲州市環境基本条例制定について、議案第15号 甲州市食育推進会議条例制定について、議案第16号 甲州市地域包括支援センター設置及び管理条例制定について、議案第17号 甲州市防災会議条例制定について、議案第18号 甲州市災害対策本部条例制定について、議案第19号 甲州市地震災害警戒本部条例制定について、議案第20号 甲州市国民保護協議会条例制定について、議案第21号 甲州市国民保護対策本部及び甲州市緊急対処事態対策本部条例制定について、議案第22号 甲州市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第23号 甲州市職員給与条例の一部を改正する条例制定について、議案第24号 甲州市手数料条例の一部を改正する条例制定について、議案第25号 甲州市入湯税の免除に関する条例等の一部を改正する条例制定について、議案第26号 甲州市ふれあい親子館設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第27号 甲州市大和デイサービスセンター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第28号 甲州市重度心身障害者医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第29号 甲州市支援費支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第30号 甲州市介護保険条例の一部を改正する条例制定について、議案第31号 甲州市菱山営農センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第32号 甲州市農産物加工体験施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第33号 甲州市甲斐の国大和自然学校施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第34号 甲州市日川渓谷緑の村設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第35号 道の駅甲斐大和施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第36号 甲州市やまと天目山温泉資源活用施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第37号 甲州市福祉センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第38号 甲州市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第39号 甲州市ホームヘルパー派遣条例を廃止する条例制定について、以上39件を一括議題といたします。

 これより質疑を行います。

 質疑の通告がありますので、指名いたします。

 8番、野尻陽子君。



◆8番(野尻陽子君) おはようございます。

 私は、議案第1号の甲州市名誉市民条例制定について、お伺いいたします。

 私としては、これは原則として首長、議員は除くという一文を入れていただきたいのです。その理由なのですけれども、当局にお尋ねいたしますけれども、これまでの旧塩山市の名誉市民というのを、どういう方々で、それはどういう理由で選ばれたかということをお教え願いたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 総務課長、長瀬静男君。



◎総務課長(長瀬静男君) ただいま野尻議員より議案第1号の甲州市名誉市民条例に関連しまして、旧塩山市におけるこれまでの名誉市民、どのような方がどのような内容で名誉市民の称号を贈ったかというご質疑でございます。

 これまで、旧塩山市におきましては、国会議員の方、それから市長を経験された方が名誉市民としての称号を贈られております。内容につきましては、今回の条例でお願いしてありますとおり、第1条の目的にもありますとおり、本市の発展、それから社会文化の交流に著しく功績があったと、こういうふうなことによりまして推戴委員会のご審議をいただく中で、さらに議会の同意をいただいて名誉市民の称号を贈ったと、こういうことでございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 8番、野尻陽子君。



◆8番(野尻陽子君) 塩山市の場合は、国会議員の方が3名、それから市長経験者の方が6名の合わせて9名でよろしいのでしょうか。



○議長(廣瀬宗勝君) 総務課長、長瀬静男君。



◎総務課長(長瀬静男君) ただいまのとおりでございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 8番、野尻陽子君。



◆8番(野尻陽子君) 私は、ほかの自治体がどういうことをしているのか、これ調べたんです。とても興味深い結果が出ました。

 例えば、甲府市です。甲府市は、たった3名です。平林さんという方、この方は多額寄附者です。たくさんのお金を寄附なさったそうです。2番目がキャサリン・グリンバンクさん、これは英和の創立者です。それで、3番目に斎木さんという市長が入ります。これは36代市長がいらっしゃいまして、期がいろいろありますでしょうから、ダブっているとは思いますけれども、1人だけです。

 それから、例えば、お隣の山梨市、ここに来ますと、塩山市とちょっと似てきます。歴代の市長と国会議員、古屋市長、三枝市長、高田さん、この3人の市長と中村太郎さんの国会議員が入っています。でも、それ以外に、根津嘉一郎さん、初代の根津嘉一郎さんじゃなくて、現在の根津嘉一郎さんだそうです。それから、小澤義明さんという、これは地質学者が入っております。これで6人です。だから、政治家は4人です。それから、大月市は8人です。小宮悦造さんという、この方は大月市立病院の開設に非常にご尽力なさったドクターだそうです。それから、天野 久知事です。それから志村 寛さん、この方は市長だそうです。ここまでで、あとは小林茂義さん、これは東鳩製菓、ここの出身の方だそうです。そして、いろいろご尽力なさったということで、東鳩製菓の創業者です。それから、小林宏治さん、これはNECの社長で、NECの工場なんかも誘致なさった方だそうです。それから和光政雄さん、この方は旧大月信用金庫を開設なさった方だそうです。

 それから、都留市はもっと簡単でして、これは2人しかいません。それで、これは奥秋さんという方は、これは多額のお金を寄附なさって、都留文大に奨学金制度をおつくりになった方だそうです。貧しい家庭の子供たちに進学の道を開いた。それから、もう一人は、増田 誠さんという、この方は画家だそうです。



○議長(廣瀬宗勝君) 野尻議員、今、質疑中でございますけれども、この趣旨は名誉市民条例とはちょっとかけ離れている質疑でございます。というのは、今の言っているようなことは、名誉市民の推戴委員会等でお諮りをして決定をする項目に第3条がなっておりますので、ちょっと質疑を減じていただきたいと思います。



◆8番(野尻陽子君) わかりました。でも、そのときに、担当者の方が言ってらっしゃいました。最初、政治家を選んでしまうと、必ず別の会派の方々から、あの人を入れたのなら、なぜうちを入れないということが必ず始まってくると。だから、政治家は外した方がいいですよと言ってました。そういう意味も込めて、私はやっぱり首長と政治家は原則として除く、これはあくまでも原則としてですから、非常にすぐれた方が出たときは、それは認めてあげることをすればいいと思います。

 それで、市民から私、言われました。これってお手盛りだよねと、塩山の場合は。本来、市民の中に優秀な人を見つけて選ぶべきものが、上げる方のサイドを表彰しているのだからと言われて、私はそれはそうだと思います。ですから、私は一文を入れてくださることをお願いしたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 総務課長、長瀬静男君。



◎総務課長(長瀬静男君) ただいま議案第1号につきましてのご質問でございますが、本来、この条例とちょっと今、ご質疑の内容は選定というふうな中へ踏み込んだ内容でございますけれども、今回、ここの条例としてお願いするものにつきましては、先ほどもお話をしましたとおり、市の発展であるとか、社会文化に著しく功績があった者に対して称号を贈るということでありますので、特定の分野の方を除くというような規定につきましては、この条例そのものの趣旨にかんがみますと、適当ではないというふうな判断の中で条例の中に規定を盛り込んではおらないと、こういうことでご理解をいただきたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) ほかにございませんか。

 8番、野尻陽子君。



◆8番(野尻陽子君) それは、選考委員会の問題だと。



○議長(廣瀬宗勝君) 野尻議員の質疑中ですけれども、会議規則第57条の規定によりまして、既に2回以上質疑を行っておりますので、野尻議員の質疑を打ち切ります。



◆8番(野尻陽子君) はい、わかりました。



○議長(廣瀬宗勝君) ほかにございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第1の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。ただいま上程中の条例案39件につきましては、次のように各常任委員会に審査を付託したいと思いますので、お聞き取り願います。

 議案第1号 甲州市名誉市民条例制定について、議案第2号 甲州市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例制定について、議案第3号 甲州市指定管理者候補選定委員会条例制定について、議案第4号 甲州市行政改革推進委員会設置条例制定について、議案第5号 甲州市総合計画審議会条例制定について、議案第6号 甲州市市のシンボル等の制定に関する条例制定について、議案第7号 甲州市合併振興基金条例制定について、議案第8号 甲州市長期継続契約に関する条例制定について、議案第11号 甲州市生活安全条例制定について、議案第12号 甲州市交通安全条例制定について、議案第17号 甲州市防災会議条例制定について、議案第18号 甲州市災害対策本部条例制定について、議案第19号 甲州市地震災害警戒本部条例制定について、議案第20号 甲州市国民保護協議会条例制定について、議案第21号 甲州市国民保護対策本部及び甲州市緊急対処事態対策本部条例制定について、議案第22号 甲州市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第23号 甲州市職員給与条例の一部を改正する条例制定について、議案第25号 甲州市入湯税の免除に関する条例等の一部を改正する条例制定については、総務常任委員会へ、議案第9号 甲州市敬老祝金支給条例制定について、議案14号 甲州市環境基本条例制定について、議案第15号 甲州市食育推進会議条例制定について、議案第16号 甲州市地域包括支援センター設置及び管理条例制定について、議案第24号 甲州市手数料条例の一部を改正する条例制定について、議案第26号 甲州市ふれあい親子館設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第27号 甲州市大和デイサービスセンター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第28号 甲州市重度心身障害者医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第29号 甲州市支援費支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第30号 甲州市介護保険条例の一部を改正する条例制定について、議案第37号 甲州市福祉センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第38号 甲州市病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第39号 甲州市ホームヘルパー派遣条例を廃止する条例制定については、教育民生常任委員会へ、議案第10号 甲州市土地改良事業分担金徴収条例制定について、議案第13号 甲州市放置自転車等の措置等に関する条例制定について、議案第31号 甲州市菱山営農センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第32号 甲州市農産物加工体験施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第33号 甲州市甲斐の国大和自然学校施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第34号 甲州市日川渓谷緑の村設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第35号 道の駅甲斐大和施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第36号 甲州市やまと天目山温泉資源活用施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定については、建設経済常任委員会へそれぞれ審査を付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) ご異議がないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第40号〜議案第55号



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第2に入ります。

 議案第40号 平成18年度甲州市一般会計予算、議案第41号 平成18年度甲州市国民健康保険事業特別会計予算、議案第42号 平成18年度甲州市診療所事業特別会計予算、議案第43号 平成18年度甲州市老人保健特別会計予算、議案第44号 平成18年度甲州市介護保険事業特別会計予算、議案第45号 平成18年度甲州市訪問看護事業特別会計予算、議案第46号 平成18年度甲州市下水道事業特別会計予算、議案第47号 平成18年度甲州市簡易水道事業特別会計予算、議案第48号 平成18年度甲州市大藤財産区特別会計予算、議案第49号 平成18年度甲州市神金財産区特別会計予算、議案第50号 平成18年度甲州市萩原山財産区特別会計予算、議案第51号 平成18年度甲州市竹森入財産区特別会計予算、議案第52号 平成18年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計予算、議案第53号 平成18年度甲州市水道事業会計予算、議案第54号 平成18年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計予算、議案第55号 平成18年度甲州市勝沼病院事業会計予算、以上16件を一括議題といたします。

 これより質疑を行います。

 質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第2の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。ただいま上程中の予算案16件につきましては、次のように各常任委員会に審査を付託したいと思いますので、お聞き取り願います。

 議案第40号 平成18年度甲州市一般会計予算、第1表歳入歳出予算のうち歳入全款、歳出、第1款議会費、第2款戸籍住民基本台帳費及び統計調査費を除く総務費、第9款水防費を除く消防費、第11款公債費、第12款予備費、第2表債務負担行為、第3表地方債、総則中、一時借入金及び歳出予算の流用、議案第48号 平成18年度甲州市大藤財産区特別会計予算、議案第49号 平成18年度甲州市神金財産区特別会計予算、議案第50号 平成18年度甲州市萩原山財産区特別会計予算、議案第51号 平成18年度甲州市竹森入財産区特別会計予算、議案第52号 平成18年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計予算につきましては、総務常任委員会へ、議案第40号 平成18年度甲州市一般会計予算、第1表歳入歳出予算のうち歳出、第2款総務費のうち戸籍住民基本台帳費、第3款民生費、第4款小規模水道指導費を除く衛生費、第10款教育費、議案第41号 平成18年度甲州市国民健康保険事業特別会計予算、議案第42号 平成18年度甲州市診療所事業特別会計予算、議案第43号 平成18年度甲州市老人保健特別会計予算、議案第44号 平成18年度甲州市介護保険事業特別会計予算、議案第45号 平成18年度甲州市訪問看護事業特別会計予算、議案第55号 平成18年度甲州市勝沼病院事業会計予算につきましては、教育民生常任委員会へ、議案第40号 平成18年度甲州市一般会計予算、第1表歳入歳出予算のうち歳出、第2款総務費のうち統計調査費、第4款衛生費のうち小規模水道指導費、第5款労働費、第6款農林水産業費、第7款商工費、第8款土木費、第9款消防費のうち水防費、議案第46号 平成18年度甲州市下水道事業特別会計予算、議案第47号 平成18年度甲州市簡易水道事業特別会計予算、議案第53号 平成18年度甲州市水道事業会計予算、議案第54号 平成18年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計予算につきましては、建設経済常任委員会へそれぞれ審査を付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) ご異議がないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第56号〜議案第70号



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第3に入ります。

 議案第56号 平成17年度甲州市一般会計補正予算(第1号)、議案第57号 平成17年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)、議案第58号 平成17年度甲州市診療所事業特別会計補正予算(第1号)、議案第59号 平成17年度甲州市老人保健特別会計補正予算(第1号)、議案第60号 平成17年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)、議案第61号 平成17年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)、議案第62号 平成17年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第63号 平成17年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第64号 平成17年度甲州市大藤財産区特別会計補正予算(第1号)、議案第65号 平成17年度甲州市神金財産区特別会計補正予算(第1号)、議案第66号 平成17年度甲州市萩原山財産区特別会計補正予算(第1号)、議案第67号 平成17年度甲州市竹森入財産区特別会計補正予算(第1号)、議案第68号 平成17年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計補正予算(第1号)、議案第69号 平成17年度甲州市水道事業会計補正予算(第1号)、議案第70号 平成17年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計補正予算(第1号)、以上15件を一括議題といたします。

 これより質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第3の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。ただいま上程中の補正予算15件につきましては、次のように各常任委員会に審査を付託したいと思いますので、お聞き取り願います。

 議案第56号 平成17年度甲州市一般会計補正予算(第1号)、第1表歳入歳出予算補正のうち歳入全款、歳出、第1款議会費、第2款戸籍住民基本台帳費を除く総務費、第9款消防費、第14款予備費、第2表債務負担行為補正、第3表地方債補正、第4表繰越明許費のうち総務費及び消防費、議案第64号 平成17年度甲州市大藤財産区特別会計補正予算(第1号)、議案第65号 平成17年度甲州市神金財産区特別会計補正予算(第1号)、議案第66号 平成17年度甲州市萩原山財産区特別会計補正予算(第1号)、議案第67号 平成17年度甲州市竹森入財産区特別会計補正予算(第1号)、議案第68号 平成17年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計補正予算(第1号)につきましては、総務常任委員会へ、議案第56号 平成17年度甲州市一般会計補正予算(第1号)、第1表歳入歳出予算補正のうち歳出、第2款総務費のうち戸籍住民基本台帳費、第3款民生費、第4款衛生費、第10款教育費、第4表繰越明許費のうち衛生費、議案第57号 平成17年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)、議案第58号 平成17年度甲州市診療所事業特別会計補正予算(第1号)、議案第59号 平成17年度甲州市老人保健特別会計補正予算(第1号)、議案第60号 平成17年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)、議案第61号 平成17年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、教育民生常任委員会へ、議案第56号 平成17年度甲州市一般会計補正予算(第1号)、第1表歳入歳出予算補正のうち歳出、第6款農林水産業費、第7款商工費、第8款土木費、第11款災害復旧費、第4表繰越明許費のうち農林水産業費、商工費、土木費及び災害復旧費、議案第62号 平成17年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第63号 平成17年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第69号 平成17年度甲州市水道事業会計補正予算(第1号)、議案第70号 平成17年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計補正予算(第1号)につきましては、建設経済常任委員会へそれぞれ審査を付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) ご異議がないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第72号〜議案第74号



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第4に入ります。

 議案第72号 小淵沢町を北杜市に編入することに伴う山梨県市町村議会議員公務災害補償等組合規約の変更について、議案第73号 小淵沢町を北杜市に編入することに伴う山梨県市町村総合事務組合規約の変更について、議案第74号 市川三郷町、甲州市及び中央市の設置、中道町及び上九一色村の区域の一部を甲府市に編入したこと、上九一色村の区域の一部を富士河口湖町に編入したこと並びに小淵沢町を北杜市に編入したことに伴う山梨県市町村自治センターを組織する地方公共団体の数の変更について、以上3件を一括議題といたします。

 これより質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第4の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案3件につきましては、総務常任委員会へ審査を付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) ご異議がないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 請願第1号



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第5に入ります。

 請願第1号 事業仕分けによる行財政の効率化を求める意見書の提出を求める請願を議題といたします。

 これより質疑を行います。

 ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第5の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。ただいま上程中の請願第1号については、総務常任委員会へ審査を付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) ご異議がないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 請願第2号



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第6に入ります。

 請願第2号 さらなる総合的な少子化対策を求める意見書の提出を求める請願を議題といたします。

 これより質疑を行います。

 質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第6の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。ただいま上程中の請願第2号については、教育民生常任委員会へ審査を付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) ご異議がないので、さよう決しました。

 しばらく休憩いたします。

 再開は10時45分といたします。

             休憩 午前10時37分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午前10時46分



○議長(廣瀬宗勝君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 一般質問



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第7に入ります。

 これから一般質問を行います。

 通告の順に指名いたします。

 16番、佐藤栄也君。

 佐藤栄也君につきましては、一問一答方式で行います。



◆16番(佐藤栄也君) 平成18年第1回甲州市議会において、一般質問の申し出をいたしましたところ、議長よりお許しをいただきましたので、3点について伺います。

 まず第1に、ワイン原産地認証制度についてであります。

 私が、この質問をするについては、年々減っていく甲州ブドウと、また甲州ブドウがなくなれば、この地に存在する意味がなくなるワイン工場、ともに日本一と言われるブドウとワイン、この問題を甲州市として、どのように考え、扱っていくのか、市長の考えを伺いたいと思います。

 勝沼町のブドウの歴史はいろいろな伝説がある中、今から約1,300年前、名僧行基が大善寺の建立とともに、この地に広めたと伝えられております。その後、立地条件また気候にも恵まれ、多くの先人たちの創意工夫により、現在、本県は全国一のブドウ主産県であります。

 特に、甲州市は勝沼を中心に広がり、欧米雑種や西洋由来の欧州種とも異なる世界に誇れる日本で唯一の固有品種であります。また、きれいに色づいた一面に広がるブドウ棚の景色は、甲州市を代表する風景であると同時に、甲州市の歴史であり文化でもあります。

 一方、ワインの方は、明治10年、勝沼町の高野、土屋、当時25歳と19歳の両青年がワインの本場のフランスへ派遣され、2年後、明治12年に日本で始めてつくられたワインは勝沼町下岩崎のフランス式醸造法であり、仕込みのブドウはすべて甲州種でつくり上げたと言われております。ちなみに、当時フランスへ行くのには、船旅で香港で乗りかえ、パリまでは45日かかったそうでございます。

 以来、現在山梨県には約80社のワイン工場があり、全国のワイン生産の約40%を占める日本一のワイン生産県、年間2万9,000キロリットル生産しております。その半分の50%を勝沼ワイナリーで生産されております。勝沼町には31社のワイナリーがあり、旧塩山市と合わせると、山梨県80社のうち甲州市には、半分の40社のワイン工場があることになります。

 日本一のワイン生産県は、山梨県でありまして、2番目は神奈川県、以下岡山県、北海道、長野県ということですが、平成15年の時点では、2番目の神奈川県のワインの生産量は1万6,167キロリットルということですが、神奈川県には原料となるブドウは、その10分の1もありません。にもかかわらず、全国で2番目の生産量があるということは、外国産ジュース、ワインが手軽に手に入るという港が近くにあるからであります。外国産ジュース、ワインを使うのであれば、都会の真ん中に工場があってもできるということでございます。何で、これだけ多くのワイン工場がこの地にあるかといえば、原料となる甲州ブドウを中心としたブドウがあるからでございます。

 旧勝沼町では、1,300年の歴史のある甲州ブドウと日本で初めてのワイン醸造、全国一のワイン生産量を誇る町として、ブドウとワイン生産者が国産ワインのオリジナリティーを確立していくため、日本古来のブドウである甲州種を守り育てるという観点から、昭和54年に勝沼町ワイン原産地認証条例を制定いたしました。また、昨年9月には、原産地呼称ワイン認証条例の制定へと推移した経過がございます。

 私たちが旅行に行った旅先でも、山梨と言えば、また勝沼と言えばブドウとワインのまちだねと言ってくれるだけ有名になっております。大変ありがたいことだと思います。多くの先人たちが築いてくれたこのブドウとワインの産地をいかに維持していくのか。今月3月4日に勝沼町のぶどうの丘で第27回ワインゼミナールが開会されました。近県からも多くの参加者がありました。田辺市長もご出席され、あいさつをしていただきました。私は、甲州ブドウとワインに関する市長の姿勢がうかがわれ、大変うれしく、また力強く思ったところでございます。

 そのワインゼミナールにおいても、糖度の問題、産地の問題、品種の問題、つくり手はだれなのか、醸造法はどうかと大変難しい問題であり、ワイナリーはワイナリーで創意工夫、努力の連続だと思うところでございますが、私たち行政として、甲州市として骨格だけは定めておく必要があると思います。それが甲州市としてのワイン原産地認証条例の制定だと思っております。なぜなら、ワイナリーは、隣の山梨市にも、また笛吹市にもある中、山梨県の半分の数のワイナリーとワインづくりで日本一の歴史のある甲州市が、隣の両市に先に制度をつくられたと、こんなことになったらとんでもない、面目丸つぶれでございます。また、先人たちに申しわけが立たないと考えるからであります。また、これは勝沼町と合併した新市長の使命でもあると思っております。答弁をよろしくお願いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 佐藤議員のご質問のワイン原産地認証条例についてお答えをいたします。

 旧勝沼町では、町内で生産をされたワインを自信と責任を持って消費者にアピールし、消費者の信頼を得ながら原料ブドウ生産者やワインメーカーの生産意欲をさらに醸成し、町産ワインのブランド化を目指していくことを目的に原産地呼称ワイン認証制度を昨年、制定しています。

 基本的な考え方は、日本国内で収穫されたブドウを収穫地によって分類し、それを町内の自社で醸造するということです。そして、書類審査よりブドウの生産履歴を確認するだけでなく、味覚の審査として官能審査を行い、認証していくものであります。また、消費者にわかりやすい制度としていくため、ワインの認証の区分を原産地呼称地区名付自社醸造ワイン、町産原料自社醸造ワイン、県産原料自社醸造ワイン、国産原料自社醸造ワインの4つの部門に分けています。

 議員のご質問のこの原産地呼称ワイン認証制度を今後、甲州市としてどのように考えていくかということにつきましては、次のような考え方で対応してまいりたいと思っております。

 現在、日本には海外から低価格のワインが数多く輸入され、国産ワインとの厳しい競合が起きています。加えて、国内の生産地の台頭により、産地間の競争も激しくなってきております。身近な問題といたしまして、原料ブドウ栽培農家がよりよいブドウを栽培するようになるために、品質のよさを価格に反映させていくことが必要となっています。

 また近年、消費者の食品に対しての安全、安心への関心が非常に高くなってきており、できる限り素性のはっきりとしたワインを日本における主産地として提供していかなければなりません。このような原料ブドウの生産から醸造、商品に至るまでワインを取り巻く環境の変化に的確に対応していくため、原産地呼称制度の果たす意義や役割は大きいものがあると認識をいたしております。

 また、甲州市には勝沼地区はもとより、塩山、大和地区においてもワイン原料用ブドウの生産が行われ、また塩山地区には、ワイナリーもあります。ワイン産業は農業、観光、商業部門とも密接につながりを持ち、私の掲げた基本政策の中においても、産業振興の大きな柱として位置づけております。

 現在のところ、この制度を運用していくための条例は暫定条例となっております。旧勝沼町のみを対象地域としています。今後、多くの時間やエネルギーを必要とするかもしれませんが、この制度の内容について、広く関係者の意見等を求める中で熟考を重ね、将来にわたって日本を代表するワイン産地として発展していくための一つの手段として、甲州市の制度へ移行したいと考えております。そして、原料ブドウの栽培農家、ワインメーカー、流通関係者、消費者にとって意義ある制度として運用していただけるよう対応してまいりたいと考えております。

 以上で答弁といたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 16番、佐藤栄也君。



◆16番(佐藤栄也君) 大変前向きなご答弁ありがとうございます。

 私自身としては、原則的には、この地でつくられたブドウをこの地のワイン業者がつくって、そのつくったワインを市長の名のもとに原産地の認証をするというのが、一番はっきりしていていいと思いますが、そうすることによって、ワイン業者もブドウ生産者も意識改革の中で本当の国産ワイン、甲州ワインとして位置づけられると思いますし、品質の保証もでき、またワイン愛好者にとっても安全、安心という立場からも広がっていくのであって、そういうことによって日本一という位置づけは確保できると思っております。

 ただ、この地でつくった、この地のだけというと、ワイン業者はとてもじゃないけれども、最近ブームの赤ワインなどは、とても山梨県の赤系を全部集めても足りない、絶対量がないわけでございますが、そういう難しい問題もありますので、やはり検討委員会等をつくっていただきまして、甲州市としての条例の制定をぜひお願いしたいと思いますが、もう一度市長にお答えいただきます。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 佐藤議員の再質問にお答えをいたします。

 議員がおっしゃるように、甲州市で生産をしたブドウの規定、これを今の状況では甲州ワインが甲州種75%をもって甲州ワインというふうなことになっているわけでありますが、醸造の皆さん方のこともあります、そして、栽培農家の事情もあるわけでありますので、すぐというわけにはまいりませんが、行く行くというか、近い将来、甲州ブドウを100%、その中で甲州市産ブドウを60%使わなければ甲州ワインというふうなことにならないというふうなことにしてまいりたいというふうに考えております。

 そして、また赤につきましては、今、少なからず、外国の原料というようなことが非常に多く見られるわけでありまして、その辺もワインのメーカー皆々様のご理解をいただく中で、できるだけ日本産、そしてまた、ひいては山梨産というふうな形の中で考えてまいりたい。甲州市ということになると、非常に難しい問題もありますので、その辺も皆様方、関係の方々とご協議をいただく中で考えてまいりたいというふうに考えております。

 そして、その検討委員会も設置をして、広く皆様方のご意見を伺う中で進めてまいりたいというふうに考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 16番、佐藤栄也君。



◆16番(佐藤栄也君) どうもありがとうございました。よろしくお願いいたします。

 次の問題に移らせていただきます。次に、道路網の整備についてお伺いいたします。

 豊かな自然、歴史と文化に彩られた果樹園交流都市を目指す甲州市にとって、この車社会の現代、新市甲州市に唯一ある勝沼インターチェンジを最大限に利用できる状態にするのが急務だと考えます。

 塩山駅前から教習所の前を通り、牛奥を抜けて勝沼インターバイパスへつなぐ道路は、北の雁坂道と南の勝沼バイパスインターを結ぶ横の道路として、また観光面においても甲州市の観光の拠点とするというぶどうの丘のふもとを通り、まさに勝沼町、塩山市、大和村が合併したという実感がわく道路であると思います。しかし、現在では、大型バスが山梨の鎌倉と言われて歴史豊かな塩山市に入ってくるのには、2カ所の問題点があるわけでございます。

 その一つの問題点ですが、塩山勝沼線は教習所の前を通り、牛奥の辺までかなり仕上がってきて快適な道路であります。この道路に勝沼町、山地内、赤坂橋から進入するには多く迂回せねばならず、合併して特に車の数がふえる中、勝沼の市民も大和の市民も、また旧塩山市民も大変不便に感じているところでございます。現在の状態では、右折車との事故も心配になるため、まず県道休息勝沼線、赤坂橋から県道塩山勝沼線に直結していただきたいと思うわけでございます。

 2つ目の問題点は、県道塩山中道線、勝沼バイパス寄り、大切橋付近の曲がりくねった局所の改良をお願いしたいのでございます。この道路は中央道勝沼インターを降りて、甲州市の入り口になるところでございますが、今、観光バスのガイドがバスからおりて、バックの笛を吹かなければすれ違いができないような観光地はないと思っておりますので、観光をうたう甲州市として、早期に解決していただきますようお願いいたしたいと思います。答弁をお願いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 佐藤議員のご質問の主要地方道塩山勝沼線と県道休息勝沼線の連結と塩山中道線の一部改良についてお答えをいたします。

 甲州市を南北に結ぶ主要地方道塩山勝沼線、県道休息勝沼線、塩山中道線は、各方面からの連絡道路と、また観光道路、地域生活道路として大きな役割を果たしている道路であります。

 議員ご質問の主要地方道塩山勝沼線の塩山境から勝沼境の新赤坂橋を通過する県道休息勝沼線の取りつけの道路については、現在、市道山本線により連結されております。今後、道路機能として、利便性の高い、また安全なルートとして研究、検討してまいりたいと考えております。

 次に、勝沼上岩崎地内の県道田中勝沼線から、国道20号、通称勝沼バイパスに連結している県道中道塩山線の大切橋周辺のクランクの解消についてでありますが、事業を推進する上でも、地元の議員及び地域の皆様のご理解とご協力が必要不可欠であります。

 今後、道路の安全性と利便性を考慮し、クランクの解消と一部ルートの変更もあわせて道路管理者である山梨県へ道路改良の要望をしてまいりたいと考えております。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 16番、佐藤栄也君。



◆16番(佐藤栄也君) 塩山中道線のあの曲所の改革につきましては、以前にも勝沼の中でもあったわけですが、一部裏道になるという問題もありまして、ちょっとストップしたわけですが、その話につきましては、その後、話をつけまして、今、市長の言われる地元の合意がなければということに対しましては、私も責任を持ってやりたいと思っておりますので、ぜひ県等の方へよろしく働きかけをお願いしたいと思います。

 次の質問に移ります。次に、日川左岸に管理用道路として現在ある農道を4メートル幅以上の拡幅をお願いしたいということでございます。

 あの一帯は、ブドウ畑で少し中に入ると明治のころのブドウ貯蔵庫が幾つか残っており、ブドウとワインの歴史を感じさせる地帯であり、歴史的にも高い評価をされているところでありますが、現在、ブドウ生産者が軽トラックのミラーを畳まなければ通れない状態があり、大変不便を感じているところでございます。

 旧勝沼町時代に、建設省直轄で水制公園をつくるという話があり、それまで地域の人たちは我慢していたのですが、その話が流れてしまいました。流れてしまって、現在に至っておるわけでございますが、ぜひ今回の話は流さないようにお願いしたいわけですが、右岸には道がありますが、左岸の人たちは、大変今の老齢化の中で本当に困っている状態でございますので、ぜひ合併した甲州市の大きい力で何とかやっていただきたいということをお願いするわけですが、よろしくお願いします。



○議長(廣瀬宗勝君) 産業建設部長、池田良雄君。



◎産業建設部長(池田良雄君) 佐藤議員ご質問の日川左岸へ農道を兼ねた管理用道路の拡幅改良についてお答えいたします。

 勝沼町の中心部を流れる日川の左岸地域一帯は、日川がつくり上げた河岸段丘の中にあり、勝沼を代表するブドウの産地であります。また日川の清流とそれを包むように連なるブドウ畑はブドウのまち、勝沼の象徴となっています。日川は1級河川であることから、県によって河川管理が行われ、そのための管理用道路が併設されています。現在、右岸の管理用道路は整備されていますが、左岸は整備がおくれています。旧勝沼町では、町の将来のあるべき姿を明確化することを目的として、まちづくりの基盤であり、骨格をなす都市計画と景観形成に着目し、平成14年度から15年度にかけて、まちづくり計画の策定を行ってきました。

 議員ご質問の日川左岸へ農道を兼ねた管理用道路の拡幅改良につきましては、その計画の中で日川の両岸地域を自然再生ゾーニング地域として位置づけ、河川管理用道路を散策路と遊歩道を兼ねた景観、環境配慮型道路として整備していく計画を立案し、実現に向けて県に要望を行ってきました。

 これを受けまして、現在県では、ルート案の選定作業を進めているところであります。今後は、選定作業が終わり次第、地元との協議に入り、最終的なルートの選定とともに、工事に入る予定となっています。

 工期など、具体的な内容は示されていませんが、市といたしましても、早期にルートの選定作業が進められ、工事着工できますよう県に要望してまいりたいと考えております。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 16番、佐藤栄也君。



◆16番(佐藤栄也君) どうもありがとうございます。

 私の質問は、日川左岸に川沿いの1本道をということですが、県への要望は、それにまだ枝葉をつけてくれたような感じに受け取れるわけですが、とにかく左岸へ1本、最初にあけてもらいたいというのが、本当の気持ちでございます。幾つか質問させていただきましたが、新しい甲州市の中で平成18年第1回目の1人目の質問者ということで、私も緊張しておりますが、物事はスタートダッシュということがありますから、以上の3点についてなるべく早急に対処をお願いいたしまして、私の一般質問を終わります。どうもありがとうございました。



○議長(廣瀬宗勝君) 佐藤栄也君の一般質問を終わります。

 次に指名いたします。

 1番、中村勝彦君。

 中村勝彦君については、一問一答方式で行います。



◆1番(中村勝彦君) ただいま議長に通告しておいたところ、許可を得ましたので、市政について3点の質問をさせていただきます。

 ごみについてと新施設について、あと行政改革についてのこの3点であります。一問一答ですので、1つずつ聞いていきます。

 まず初めに、ごみについてお聞きします。

 市長の議会の開会のときに、施政方針のその一端をお聞きしましたが、その中でごみ処理と資源循環型社会の構築というところで、その内容をある程度聞きましたが、具体的なところまでちょっと触れていなかったので、まず来年度に限ってなんですが、来年度のごみ行政はどのように進めていくのかをお聞きしたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 中村議員の塩山地区のごみ処理の方向性についてのご質問をいただいたわけであります。施政方針のご説明でも申し上げたわけでありますが、旧塩山市のごみ処理をお願いをいたしております大月都留広域事務組合の委託期限が本年の4月30日となっております。その後の対応につきましては、民間施設の処理を念頭に置きつつ、他の自治体にお願いする方向も考えており、万全の体制を進めてまいりたいと考えております。

 積替え施設につきましては、地域の皆様のご理解をいただけるよう努力を重ねているところでございます。今後は、環境審議会等のご意見や地元の方々のご意見を尊重しつつ、この問題の解決を図ってまいりたいと考えております。

 Cブロック構想については、2月27日に開かれました4市の市長会議において、同構想に基本的に賛成との意思確認をされたので、今後、他の3市並びに議員各位と連携をとりながら迅速に、より積極的に対応してまいりたいと考えております。また、三富地区につきましては、この東山梨行政事務組合で検討をいたしているところであります。去る2月23日、同組合議会定例会におきまして、Cブロックの構想の推進について了解を得ましたので、今後は並行して広域な立場で検討をしてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) 今、来年度と、その先のことも視野に入れて答弁をいただいたわけなんですが、まず1つずつ、今の答弁の中から聞いていきたいと思うんですが、4月30日以降の塩山地区のごみの件も出ておりました。その件につきましては、民間施設を念頭に置いて、他の自治体ということだったのですが、この件は民間に持っていくということでとらえてよろしいのでしょうか。まず、その1点をお聞かせください。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 中村議員の再質問にお答えをいたします。

 4月30日以降のごみ、これは旧塩山のごみでございますが、これにつきましては、Cブロック構想の兼ね合いもございますので、とりあえず民間委託をしてまいりたいと考えております。

 その後の方向性が決まってきた中で、これはCブロック構想でございますが、方向性が決まった中で行政委託というふうなことも考えられるというようなことで、当面は民間委託というようなことでまいりたいと考えております。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) わかりました。

 その際に、12月に私も同じような質問をさせてもらったのですが、その後の経過の中でいろいろ思慮をめぐらせて今のような結論を出されたのだと思いますが、12月の議会のときには、資源循環型を考えた、リサイクルをメーンに考えた施設が必ず必要になってくるということで、1月末までにはその場所を選定して考えていきたいという話もされていたのですが、この件については、今一番最初にあった施設については、住民の理解を得る段階に来ているというふうにとらえてよろしいんでしょうか。今でも必要だとお考えになっているのかをお聞かせください。



○議長(廣瀬宗勝君) 田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 中村議員の再質問にお答えをいたします。

 循環型社会の構築という意味では、必要な施設だというふうに思っております。リサイクルステーション、これは塩山地区にはございますが、勝沼、大和の地区ではございませんので、その辺も考えていく中でリサイクルセンターというものも、やはり視野に考えていきたいというふうに思っていますが、いずれにしても、それぞれの施設につきましては地元の皆さん方のご理解を、まずいただかなければできないわけでありますので、その辺も含めて現在、努力をいたしているところでございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) では、その民間に持っていくという話とそのセンターについての話をあわせて質問させてもらいますが、1月末までにと言っていた急を要する話だったと思ったんですが、今は次の段階に進んでいるというふうにとらえさせてもらいますが、民間にというところもそうなんですが、持ち込み、事業系についても、いつごろまでにこれは発表できるのかということを最後に、この件についてはお聞かせ願いたいんですが、よろしくお願いします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 中村議員の再質問にお答えをいたします。

 いつまでというふうなことでありますが、民間に委託するということにつきましては、これは早急に、この3月末までぐらいには結論を出していかなければいけないというふうに思っておりますが、事業系のごみというふうなご指摘でありますが、これについては今、地元の方々にご理解をいただくべく最善の努力をいたしておりまして、これも早急に結論を出さなければいけないというふうに考えておりますので、期限というと、大変あれですけれども、4月30日というふうな期限があるだけに、できるだけ早く結論を出したいというふうに思っております。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) できるだけ早くということだったので、広報なども通じてできる日というと、多分今月末とか、来月中には発表いただけるんだと思うんですが、この件につきまして、いろいろ試算をされたと思います。前回の12月の議会のときでは、コストのかからない方法をとりたいと、経費削減に努めてまいりたいということだったと思うんですが、この2点の話まとめると、結果的にコスト的にはどのようになるのか。いろんな試算をされたと思います。民間に持っていくというのが、コスト的にはどのような感じになるのか、結果的には経費削減につながるのかをお聞かせ願いたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 市民生活部長、金井正喜君。



◎市民生活部長(金井正喜君) ただいまの中村議員さんのご質問ですけれども、今、コスト等について精査しているところでございます。ただ、若干上がる可能性もあるかなと思いますけれども、今後、公聴する中で、最低限の方法で努力したいと思いますので、ご理解をお願いしたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) 最低限のコストでできる努力は、常にしていっていただきたいと思いますので要望しておきます。結果的に、トータル的にその後、また試算が出てくると思うんですが、それを拝見させてもらえればいいかなと思うんですが、結果的にコスト削減につながる方向を私は期待しておりますので、よろしく努力をお願いいたします。

 続きまして、Cブロック構想の話も出ましたが、広域の考えということで、甲州市、山梨市、笛吹市、甲府市、通称Cブロック構想ということで運んでいるということなんでしたが、施政方針の中で一部事務組合を立ち上げてというような関係市の職員で検討会などもという感じだったのですが、この一部事務組合の内容とか、そういった具体的な内容とかも話し合われているのか、どういうふうに今進んでいるのか、今どのぐらいの段階にいるのかを、もう少し詳しくお話しいただきたいなと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 今の中村議員のご質問にお答えしますけれども、Cブロック構想の進捗状況というか、細かいお話をまだ申し上げる段ではございませんが、この23日に知事と4市の市長で最終的な詰めというか、合意という形の中で話をすることになっているわけでありまして、その前に、17日に県として一つの記者発表をするというふうなことになっているわけであります。その段で、正式にどういうふうな方向でというようなことが明らかに、説明というか、お話ができる状況になろうかと思いますが、今の段階では、はっきりお話を申し上げることができないということでございますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) わかりました。今は、まだ詳しく話せる時期ではないと、まだ話し合いが持たれていないので、詳しく話せないのは、それは当然の話なので、私としては、よりよい未来のごみ政策を進めていってほしいと要望いたしまして、広域の質問は終わらせていただきます。

 続きまして、施設設備についてお聞きします。12月議会でも質問させていただいたんですが、新しく必要になる施設設備はありますかという質問の中で庁舎の話が一部出ました。その後も、新聞報道などで検討会を立てて検討中ということだったのですが、今どういう段階で、どういう検討をされているのかをお聞きします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 中村議員の新市として必要な施設設備のうち庁舎に関してのご質問にお答えをいたします。

 合併後の甲州市におきましては、旧3市町村の庁舎を本庁舎、勝沼庁舎、大和庁舎として利用しておりますが、このほか7施設、合計10の建物にいわゆる本課や議場、主要な会議室、地域総合局に属する課などを分散配置をいたしております。このうち行政の中枢機能が置かれ、災害時は対策本部となる本庁舎は、築後40年が経過をしていることから、業務の拡大やIT化などに伴う執務スペースや会議室の不足、建物や配管など、施設全般の老朽化が指摘をされておりました。

 こうした中、建築物の耐震強度と利用者の安全確保に関する議論と関心が高まり、本年1月26日に改正耐震改修促進法が施行されたことなどから、甲州市庁舎に関する庁内検討委員会を設置をいたしたところであります。この検討委員会においては、庁舎の現状分析、市民が利用しやすく安全な庁舎のあり方、効率的な行政運営上における庁舎のあり方、庁舎の整備方針等につき、調査検討することとしております。

 2月22日の第1回の委員会では、庁舎等の行政機能の配置状況、各庁舎等の構造規模、建築年、耐震診断の有無や結果などの説明が行われ、本庁舎は耐震強度に関する重大な懸念があり、早急に何らかの対処が必要であることから、耐震診断や建築に関する専門家の意見を求めた上で議論を進めるとの意見が集約をされております。

 なお、庁舎の危機管理対策につきましては、十分防犯機能を果たせるよう、取り組んでまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) 今、庁内、2月22日に庁舎の配置なども考えて、耐震なども考えた検討委員会を開いたということだったんですが、配置なども考えているということは、将来またいろいろ7施設についても課の配置替えとかもあったりするんでしょうか。

 それと、あと今、検討中の段階であるということだったんですけれども、耐震について非常に懸念があるということだったんですが、この件につきましても、庁舎の建て替えなども視野に入れて検討されているんでしょうか。それともまた、どこかに移すというような検討もされているのか、その点をお聞かせください。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 中村議員の再質問にお答えをいたします。

 庁舎の安全というようなことで、耐震の検査というか調査を建築、設計の観点から調査をしていただくというふうなことで、それを改めてしていただく中で耐震工事をするのか、それとも耐震工事ではとても間に合わないのか、そういう診断結果を見て方針を決めてまいりたいというふうに考えております。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) 今、その検討ということなんですが、いつぐらいまで検討されるのか、いつぐらいまで検討会を立ち上げておくのか、配置などもその中で考えているということだったので、いつごろその結果を出していただけるのかをお聞きします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 中村議員のご質問で配置と、そしていつごろまでというふうなことでありますが、診断結果が出てからでございますので、ただ、言えるのは、今の本庁舎においては、大変手狭でございます。そして、各それぞれの勝沼、大和の庁舎におきましても、そういう問題も考えられるわけでありまして、そういう中で機能的に、そしてまた職務がスムーズに行えるような形の中での配置、今、総合局というふうな形でそれぞれの配置がなされているわけでありますが、そういう中でも、確かにこの4カ月経過の中で非常に不都合な部分も出てきたり、いろいろのことが出てきていることも確かでございます。そういうことも含めて検討委員会、またそれぞれの皆様方のご意見を伺う形の中で進めてまいりたいというふうに考えております。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) 先ほど市長の答弁の中で4カ月の経過の中でということで、経験を踏まえた中でいろいろ話し合いをされているということなので、別に私としては急いでその結果を知りたいわけじゃなくて、十分に検討された結果を知りたいので、ここはしっかり検討して結果を出していただければと。より機能的な、そしてコストのかからない方法を考えていただきたいと要望して、次の質問に移りたいと思います。

 12月の議会で保育環境、子育て支援についてもお聞きしたんですが、その際に保育所、保育環境の充実について質問したときに、ある程度、現場を見る中で判断していかなければならないところがあるという答弁をいただいたんですが、その後、現場を見て回ったのか、それと、あと現場を見て回ったのであれば、どういったところに問題点があったのか、そして、ことし、どういうことをされていくのかをあわせてお聞きします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市民生活部長、金井正喜君。



◎市民生活部長(金井正喜君) 中村議員から子育て支援施設に関してのご質問にお答えいたします。

 市では現在、公立保育所7園の運営管理を行い、約400名の園児をお預かりしております。議員ご指摘の施設、塩山地域4保育所につきましては、いずれも昭和56年度以前の建築施設であり、4園とも老朽化が進んでおる現状であります。建物につきましては、建築基準法に基づく特殊建築物の定期調査報告義務により、隔年、建築士に調査委託し、報告とともに指摘箇所の改修を実施し、安全な保育ができる環境づくりを図っております。

 また、修繕及び施設備品購入につきましては、各園の改善要望を受ける中で、緊急性を要する事項より順次対応できるものから改善いたしております。

 平成18年度予算編成に当たりまして、環境整備として保育室用エアコン、生ごみ処理機と遊具としてブランコ等、災害時の対応として未満児用避難車の購入、安全衛生管理として調理室、床塗装修繕、排水下水道接続工事を実施すべく予算計上をいたしたところでございます。

 勝沼地域に建設の菱山、東雲保育所につきましては、昭和60年と平成2年建築の比較的新しい建物でございます。大和地域の大和保育所につきましては、58年改築の建物であります。各保育所につきましては、建築年度も違いがありますので、状況を把握する中で、今後も児童が安心して過ごし、安全な保育が受けられる施設の整備を図ってまいりたいと考えております。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) 幾つかの問題点を多分、今挙げたということは、みずから見て回ったんだろうなと思います。その姿勢で、これからも保育関係の充実には努めていっていただきたいなと思うわけですが、老朽化がかなりということだったんですが、今後を見据えた中で建て替えですとか、園の統合なども計画されているんでしょうか。その部分をお聞きします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市民生活部長、金井正喜君。



◎市民生活部長(金井正喜君) 建物の老朽化は、市町村合併の課題の一つであろうかと思います。甲州市総合計画の中へ位置づけを行いまして、検討をしてまいりたいと思います。

 それから、統合でございますけれども、園児の定員等を考えますと、行政改革の一環で必要ではないかと思いますけれども、今後もあわせて検討をしてまいりたいと思っております。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) 建て替え、補修なども合併の課題だということなので、合併の課題が今もまだ続いているということで、しっかりこの課題に取り組んでいっていただきたいと思います。

 統合についても、行政改革ということなので、前回の議会からよく話に出てくる行政改革大綱の中で話し合われていくんだろうと思いますので、施設については、ここで終わらせてもらって、次の行政改革の中で質問させていただきます。

 行政改革についてなのですが、今回、幾つかの条例も出ております。基本理念というのは、施政方針で聞かせていただいたわけですけれども、行政改革、これは参画と連携と市民との協働をしていくという基本理念の中に立っているということなんですが、この理念、行政改革をどのように具体的に進めていくのか、どのようなもので進めていくのか、もう少し詳しくお聞かせください。具体例なども挙げていただけるとうれしいのですが、一緒にあわせてお聞きしたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 中村議員の甲州市における行政改革の具体的な計画について、お答えをさせていただきます。

 行政改革の目的は、厳しい財政状況の中で将来を見据えた適正な市政運営ができるよう、限られた財源と人材で市民ニーズに適切にこたえ、質の高い行政サービスを提供できる体制を確立することであります。

 また、取り組み姿勢として、政府の地方制度調査会による道州制のあり方に関する答申など、いわゆる三位一体改革の第2ステージに対応していくためにも、中長期的な視点で間断なく着実に実践することが必要であると考えております。

 ご質問の第1次甲州市行政改革大綱は、平成18年度から平成22年度までの5年間を期間として、具体的な実施事項や目標年度などを明記した実施計画書は、集中改革プランを兼ねた内容といたします。策定スケジュールとしては、私が本部長を務めます行政改革推進本部において実務レベルの検討後、公募者や民間有識者による甲州市行政改革推進委員会での幅広い視点からご審議をいただいた上で、本年12月までに数値目標や財政効果など、市民の皆様にもわかりやすい形で公表することといたしております。

 なお、作成に際しましては、市民の視点から有効な甲州市政の構築を基本的な考え方として地方分権や民間活力の導入など、時代ニーズへの適応性、多様な主体との協働によって市政を推進する行政補完性、事務事業の経費や人件費を削減する行政の効率性などが重要なポイントと考えております。

 合併後、間もない中、個別、具体的に喫緊な課題として職員のさらなる意識の改革、事務事業や組織機構の見直し、指定管理者制度の導入、税の徴収率の向上、定員管理及び給与の適正化などがありますが、これらに関しては、対応可能な案件から速やかに取り組んでまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) 集中改革ということで、集中的に改革されていくという話だと思います。12月までに公表できるということなので、じっくり検討した結果を期待しております。

 事務事業の見直しですとか、財政とかという言葉が出てきたんですが、それはしっかりと計画を立ててやっていく改革なので、12月を期待するわけなんですが、あしたからでもできる改革もあると思っております。その中で、まず職員についても一部、触れていたかと思うんですが、職員については、もうあすからでもできる部分が多いのではないかなと思っております。

 今回、総務常任委員会で研修してきた市の中では、職員にまずあいさつの徹底ですとか、経費のかからない改革を進めているところがあります。窓口に人を待たせないですとか、職員同士でもしっかりあいさつをかけ合うと、基本的なことであります、簡単なことでありますが、一番難しいことだと思っております。こういった住民に対して、迅速に対応できる、そして明るい庁舎の雰囲気をつくっていくことが、あしたにでもできることで、経費もかからないことですので、こういった改革もあわせて進めていっていただきたいと思うわけですが、お考えをお聞かせください。



○議長(廣瀬宗勝君) 総務企画部長、相澤廣貴君。



◎総務企画部長(相澤廣貴君) 中村議員さんから、職員のあいさつについてご質問をいただいておりますので、お答えを申し上げます。

 職場における職員の意識や仕事に向かう姿勢、役所全体の体質をどう見ていくかといったことは、大変な重要な問題であると認識をしております。行政は、最大のサービス機関であります。こういった意識を持ちながら、常に広く社会の共通した認識であるということが理解をしているところでございます。

 田辺市長は、市長就任以来、市民に親切に対応すること、さわやかなあいさつを交わすこと、このことを日ごろから私たち管理職に徹底させるよう話されております。さきの課長会におきましても、市長からのメッセージとして、市民や訪問者等に対する心構えとして、市民や訪問者に対するあいさつや声かけ、職員同士でのあいさつによる明るい職場環境づくりに努めること、また市職員としての自覚については、勤務時間外でも市職員としての自覚を持って行動すること、地域に溶け込み、積極的に奉仕活動に参加し、地域で尊敬される人物になってほしい、また行政施策に対しても、常にアイデア、企画力、実行力をもって職務に立ち向かってほしい、このように話され、庁内ネットワークですべての職員に対して市長のメッセージを発信したところでございます。

 役所に来られた市民の皆さん方に、明るくこんにちはと声をかけることは、ごく当たり前のことであります。しかし、その当たり前のことができないとのご指摘は、私も含めて、管理職として大いに反省をしなければならないと思っておるところでございます。

 窓口を訪れた市民に対しては、親切、さわやか、迅速に対応することはもちろん、日常生活の中にあっても、職員として地域の皆さんに気軽に話しかけることも、大変大切なことであります。部下は、課長の背中を見て育つ、このことを肝に銘じ、今後は管理職が中心となり、親切でさわやかな甲州市役所を目指して取り組んでまいりたい、このように考えておるところでございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 1番、中村勝彦君。



◆1番(中村勝彦君) 期待どおりの答えをいただきましてありがとうございます。もう庁内でもそういうお願いを発信したということであります。その姿勢は、大変非常によいことだと思うんですが、これは結果として、全職員ができて初めてこれが評価されることだと思います。今、ここにいる課長さんたち、部長さんたち、すべて、この話はもう行っているということですので、各部署に行けば、課長さんたち、管理職の方々が指導されているということですので、また庁内を回ってみたいと思います。

 ぜひ、この改革をこれからも進めていって、いい甲州市だねと言われるような甲州市、そして、今、民間からも甲州市の市役所にサービス業とは何たるかを研修しに来るような、そういったサービスの先進を走っていっていただきたいなと。果樹園交流都市ということで言っておりますので、もてなしの心は、まずここから始めていっていただきたいなと思いまして、期待どおりの答えでしたので、これは今後も続けていっていただきたいという要望にとどめて、私の質問を終わらせていただきます。



○議長(廣瀬宗勝君) 中村勝彦君の一般質問を終わります。

 ここで暫時休憩いたします。

 再開は午後1時といたします。

             休憩 午前11時51分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後1時00分



○議長(廣瀬宗勝君) 再開いたします。

 岡議員より遅刻する旨の届け出がありましたので、ご承知おき願います。

 指名いたします。

 7番、夏八木盛男君。

 夏八木盛男君については、一問一答方式で行います。



◆7番(夏八木盛男君) 議長に一般質問の通告をしたところ、許可をいただきましたので、質問をさせていただきます。

 広域営農団地農道整備事業、通称フルーツラインについて質問をさせていただきます。

 フルーツラインは、故田辺国男知事が山梨県の農業、観光の振興、発展のため、甲府盆地へ鉢巻き状に道路をつくるという発想のもとに始まりました。旧勝沼町でも、平成4年から工事を始め、平成16年11月30日に県から旧勝沼町に譲与され、供用開始となっています。

 進入路は、県外でも有名な鳥居焼きの場所がある中央道勝沼インターチェンジからも3分以内の鳥居平であります。観光ブドウ園が軒を並べ、ぶどう郷入り口にふさわしいところでもあり、私は、この周辺を甲州市の中で一つの南の玄関口と位置づけ、玄関を衰退させてはいけない、汚してはいけない、このように思っております。

 鳥居平から入り、西側を見れば、甲府盆地が一望でき、春には桃の花のピンクのじゅうたん、実りの秋にはブドウ畑、実りいっぱいになり、目の保養をさせてくれます。また、南アルプスも四季折々のすばらしい姿、景色を見せてくれます。道の両側は、ブドウ棚、トンネルを1つ越えるとサクランボの地帯に入り、次に続くのが桃であり、カキであり、文字どおりフルーツラインということであります。市民はもとより、観光客は感嘆の声を上げるのは、察して余りあるものと考えます。

 このような環境を十分に活用し、観光農業を中心に農業を活性化、地域発展を図るべきだと考えます。フルーツラインの延長線上には、勝沼塩山地域の核、ゴルフ場もあり、アクセス道路として利用し、経済効果も大きく期待されます。このような観点から、フルーツラインについて、何点か当局に提案をさせていただきます。

 まず、最初に当初述べましたが、勝沼町は供用開始になり、交通安全対策上、信号機の設置を塩山警察署に申し入れましたが、交通量等から塩山地域の完成を見るまでは、見合わせるとの返事をもらっています。このようなことからも、早期完成を熱望するわけですが、まず最初の質問は、塩山地域の完成はいつになるのかお伺いしたい。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 夏八木議員のご質問でありますフルーツライン塩山地区の完成時期についてお答えをいたします。

 夏八木議員がご指摘のように、フルーツラインは、観光道路としても大いに役に立つというか、必要な道路であります。早期の完成を望みたいわけであります。県営広域営農団地農道整備事業ということで、東山東部地区、通称フルーツラインの甲州市分につきましては、起点が勝沼町勝沼から塩山藤木の間、施工延長11.5キロメートルであります。総事業費が124億6,000万円で計画をされまして、平成元年より議員がご指摘のように着手をいたしまして、勝沼区間につきましては、平成17年度に完成をいたし、現在塩山地区の約200メートル分を残し、南沢橋と千野橋の新設工事を施工中でございます。事業の完了につきましては、平成19年度を予定をいたしております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(廣瀬宗勝君) 7番、夏八木盛男君。



◆7番(夏八木盛男君) 完成時期についてはわかりましたけれども、先ほど、私もお話をしましたけれども、菱山地区内の信号機の設置について、この間も塩山警察署が合併をするということですので、ぜひこの菱山地区の信号機の設置については、引き続き塩山警察の方へ要望していくように、当局からもお願いをしたいと思いますけれども、よろしくお願いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 今、夏八木議員のフルーツラインの信号機の設置の件でございますが、これは交通安全協会も含めて、また署の方にそのお願いを申し上げてまいりたいというふうに思っております。

 確かに、塩山署、日下部署の統合問題がございますが、そういう意味では市民に対するものに対して警察署もしっかりと今まで以上にというふうなことでございますので、特にそういうふうな信号機の問題についても、配慮をいただけるんではないかというような気がいたしますけれども、あくまでも道路完成ということを署の方では言っているようでございますが、その辺も交通量、やはりその区間が大分多くなってきておりますので、その辺もお願いをしてまいりたいというふうに考えております。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 7番、夏八木盛男君。



◆7番(夏八木盛男君) どうもありがとうございます。

 それでは、次の質問に移らせていただきます。フルーツラインは、当初の発想の中で中山間地域のルートが多く、交差する道も昔ながらの軽トラックが通れる程度の農道がほとんどであり、2トン車では無理をしながら通り抜けるというような状態であります。

 勝沼町内では、畑総東西線があり、この道路は7メートルと広く、交差点も大きくとられています。この道路を利用することにより、甲州市の観光拠点であるぶどうの丘への利便性が図られ、なお集客数確保にも貢献していると思っております。甘草屋敷、国宝楯無の鐙を所蔵している菅田神社などの観光施設、また市街地へのルートとしてJR中央本線の踏切は利用せず、立体交差を優先に考え、下萩原地区にアクセス道路をつくるべきだと考えます。

 また、来年NHKで「風林火山」が放映予定されています。武田信玄公ブームになることを願い、受け入れ態勢をつくる必要があると思います。恵林寺、放光寺方面、下萩原地区にフルーツラインから大型観光バスが通れるぐらいの農道を整備する必要があると思われますが、当局の考えを伺いたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 果樹農林課長、三森克弥君。



◎果樹農林課長(三森克弥君) 夏八木議員ご質問の市中心部、また観光施設へのアクセス道路の建設予定につきましてお答えをいたします。

 県営広域営農団地農道整備事業、東山東部地区、通称フルーツラインは、山梨県峡東農務部が事業主体となり、勝沼地区においては、平成17年度において事業が完成し、市内の利用者はもとより県内外から訪れる観光客が、フルーツラインからぶどうの丘へのアクセスを初め、観光農園などへの連絡、また四季折々の自然景観に触れているところであります。

 塩山地区におきましては、牛奥トンネル北側の下萩原の南沢地内において、市道下萩原21号線と接続いたします。フルーツラインから市街地、JR塩山駅方面へのアクセスといたしましては、市道下萩原22号線を幅員7メートルで整備を始め、その一部は供用開始しております。また、未整備区間は、平成18年度から路線認定に向けて着手し、JR中央線上に建設する跨線橋は、JRが平成18年度に工事着工いたします。

 甲府地区方面へのアクセスにつきましては、下萩原地区と大藤地区の境の市道下萩原22号線と交差点で連結します。また、大藤地内で主要地方道塩山停車場大菩薩嶺線と交差する箇所を現在工事中で、完成後は慈雲寺、桃狩り観光などへの利便性が期待されているところでございます。

 神金方面へのアクセスにつきましては、国道411号の千野橋北で、また玉宮方面につきましては、県道平沢千野線と交差し、県において現在工事が行われているところでございます。この地区も雲峰寺、大菩薩、玉宮のザゼン草などへも、容易にアクセスされることになります。

 松里地区においては、総合公園西側の藤木地内において平成18年度完成に向けて、現在施工中の県営緊急畑地帯総合整備事業の幹線道路と接続いたします。また、藤木地内の県道下荻原三日市場線で交差して恵林寺、放光寺方面へアクセスされています。いずれにいたしましても、このフルーツラインは、主に本市の東側を通行し、市道、農道を初め、国道411号及び県道3路線と放射状で交差するため、各地域内の拠点施設や公共施設を初め、観光、農業振興、生活道路、車の混雑緩和など、あらゆる面においてスムーズなアクセス効果が期待されます。今後、地権者のご理解とご協力をいただき、平成19年度完成を目指してまいります。

 以上、答弁といたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 7番、夏八木盛男君。



◆7番(夏八木盛男君) 各工事については、よくわかりましたので、先ほどからも言っていますように、早期完成を要望いたしまして、次の質問にさせていただきます。

 勝沼町菱山地区を通る市民バスは、市民、また観光客の足として利用されていますが、フルーツラインはルートに入っていません。フルシーズン観光ということも、市長も言っております。観光客誘致を考える上で、フルーツラインからのすばらしい眺望も、一つの観光資源になると思われます。

 また、フルーツライン東部地域のお年寄りを中心とした市民の人たちも、バス停が近くなることにより、利用者もふえると思われます。このようなことから、市民バスのフルーツラインへの路線変更を望みますが、当局の考えをお伺いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 勝沼地域総合局長、細川初彦君。



◎勝沼地域総合局長(細川初彦君) 夏八木議員ご質問の菱山地区の市民バスのフルーツラインへの路線変更を望むということにつきまして、お答え申し上げます。

 勝沼地域を循環している市民バスは、勝沼を訪れる観光客や住民の皆様が、勝沼地域内を移動する交通手段の一つとして平成15年7月から運行が開始されました。路線は、勝沼地域内の主な幹線道路を中心に循環しており、勝沼ぶどう郷駅、ぶどうの丘、勝沼病院、健康福祉センター、図書館、地域総合局など、主要施設を経由しながら、ぶどうコース1、ぶどうコース2、ワインコース1、ワインコース2の4コースを設定し、2台のバスにより1日合計12便を運行しております。また、バス停は利用者の利便性を高めるため、現状において可能な限りの配慮をする中で47カ所を設置しております。

 平成16年度の乗車数実績は2万5,791人であり、今年度は、昨年度実績数よりも1割増で推移しています。また、住民と観光客の乗車比率は、6割近くが観光客の利用となっており、観光シーズンである8月から11月の利用が増加傾向にございます。

 さて、議員のご質問ですが、菱山地区は、勝沼地域の中でも山間部に面した傾斜が多い場所であることから、旧勝沼町においても路線変更の要望をいただいてきた経過があります。特に、広域農道フルーツラインの路線化は、周辺地域にお住まいの皆様から強い要望がありました。また、観光ルートとしての活用を図る観点からも、可能な限りの対応が必要であることから、今議会でご審議をお願いいたします平成18年度予算案に、路線変更に必要な経費を計上させていただきました。

 具体的な変更延長ルートは、フルーツラインの沿線上にある三光寺付近に新たな停留所を設置して、フルーツラインを使って既存の中原停留所と結ぶ考えです。新年度に入りましたら、時刻表の改正やバス停の発注などの必要な準備に取りかかる予定でございます。

 今回の路線変更計画は、フルーツラインの一部を路線化するものですが、議員のご質問のとおり、フルーツラインからの眺望はすばらしいものがあり、観光資源の有効活用という観点からも、勝沼区間のバス路線の見直しについては、広域バスの運行計画とあわせる中で今後も検討が必要であると考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(廣瀬宗勝君) 7番、夏八木盛男君。



◆7番(夏八木盛男君) 今、路線変更が一部具体的になってきたということで、本当に前から私も要望しておったんですけれども、一つ具体的なものが出てきたということで、大変うれしく思っているところでもありますし、答弁の中にもありましたけれども、ぜひフルーツラインの眺望を生かす形の中で、全線を市民バスが利用するように要望いたしまして、次の質問に移らせていただきます。

 旧勝沼町からの継続であります近代化遺産整備事業のうち、大日影トンネルの周辺整備についてお伺いをいたします。

 勝沼ぶどう郷駅を中心とした場所には、旧国鉄時代のレトロなれんがづくりのガードがあり、また駅前からぶどうの丘をバックに写真を撮る撮影スポットにもなっています。桜の時期は、地元菱山地区のご長男の集まりであります甚六会という会がありますが、彼らの手で植樹され、育てられ、30年という歴史の中で木も立派に成長し、今では山梨県の中でも10本の指に入る桜の名所になっており、桜祭りも毎年盛大に行われております。

 駅前公園も遊歩道を中心として整備される中、観光客誘致の条件は整いつつありますが、残念なことに駐車場がありません。フルーツラインから大日影トンネル入り口まで、進入路をつくり、駐車場を整備することを提案いたします。当局の考えをお伺いします。



○議長(廣瀬宗勝君) 勝沼地域総合局長、細川初彦君。



◎勝沼地域総合局長(細川初彦君) 夏八木議員ご質問の近代化遺産大日影トンネルへの進入道路、駐車場の建設計画についてお答え申し上げます。

 近代化遺産大日影トンネルへの進入道路でございますが、フルーツラインと大日影トンネル遊歩道を結ぶアクセス道路として、また訪れる観光客への安全性の確保を図るため、18年度予算へ計上したところであります。

 次に、駐車場の建設計画についてでありますが、進入道路の整備にあわせ、数台分ではございますが、駐車スペースの確保を考えております。また、今後の観光客の状況を見ながらフルーツライン沿い、あるいはその周辺において大型バスで来られる観光客にも対応できるような駐車場の整備もこれから検討していかなければならないと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(廣瀬宗勝君) 7番、夏八木盛男君。



◆7番(夏八木盛男君) 今、ちょうど駐車場は数台分を確保をするということですけれども、数台分ということは、非常に寂しい話だったですね。もう少し考えるということですけれども、ぜひこれ、駅前は、基本的にはあそこは契約の駐車場になっていますから、一般の方は、もうとめられませんから、ぜひ何十台かとめる駐車場をぜひつくっていただきたいと思っております。当局、そこらどうですか。ひとつ、もう少し前向きな答弁をいただきたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 勝沼地域総合局長、細川初彦君。



◎勝沼地域総合局長(細川初彦君) ただいまのご質問にお答えいたしますが、数台分という言い方をしましたが、一応、今の計画では、恐らく五、六台は置ける形で予定したいと思っています。ただ、それ以外に、現在ある駅の西側とそれから東側駐車場、そして今回整備した進入道路と駐車場もあわせて観光客や利用度等を勘案しながら、できるだけそうしたことを早急に方向を決める中で、また検討してまいりたいということでお許しいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(廣瀬宗勝君) 7番、夏八木盛男君。



◆7番(夏八木盛男君) ということでお許しを願ったので、許すということで次の質問に移らせていただきます。

 合併前、旧勝沼町の町民バスの路線変更を申し出たところ、当時の管理職が合併の事前協議の中で話し合い、合併後、各市町村とのバス路線の連携をとり、ルートを決め運行させるという返事をもらいました。合併し4カ月たちましたが、その動きはないようです。事前協議の中で話し合いは持たれたのか、なかったのであれば、これからでも協議をしていただき、塩山、勝沼、大和、それぞれの地域の中で個性を持って運行をすることも結構ですが、市民の足として通勤、通学、買い物等に利用でき、各地域の病院に連結するようなルートを、また観光客のためには、一つの例ですが、景徳院、大善寺、菅田神社、恵林寺等、国宝、名刹をめぐるルート等を考え、各地域の市民バスを連携をとりながらグローバルに運行するよう提案いたしますが、当局のお考えをお伺いしたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 総合政策課長、根岸洋一君。



◎総合政策課長(根岸洋一君) ご質問の市民バスについてお答えいたします。

 3市町村の合併協定75項目における市営バスについては、現在運行しているものは、広域バスとの連携を考慮しながら新市に引き継ぐとし、広域バスについては、新市において新たな運行計画を策定することとした調整内容となっております。

 市民バスの運行については、各地域総合局において運営管理をしているところでございまして、塩山地域は在来線5路線、循環バス3路線の8路線、勝沼地域はぶどう、ワインコースの2路線、大和地域は東、西コースの2路線を運行しております。

 広域バスについては、恵まれた地域資源を有機的に結びつけた観光振興とともに、市民サービスの向上を図るため、庁内の関係課により新規運行路線の検討会議を行い、JRの甲斐大和駅、勝沼ぶどう郷駅、塩山駅の3つの駅と観光拠点、病院を結ぶ新規ルート案を示す中で、業者からの提案を求めるものとして準備を進めているところでございます。

 なお、広域バスの運行路線及び市民バス路線の見直しについては、山梨陸運支局との協議を踏まえ、市民の皆様のご意見をお聴きする中で決定してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 7番、夏八木盛男君。



◆7番(夏八木盛男君) 私も、勝沼町時代からの要望がやっとここへ来て動き出したかなという感もありまして、合併してまたこういう形の中で質問ができ、またそれが具体的に今度、動いていくということで、大変うれしく思っているわけですけれども、ぜひバスについては市民の足、それから特に、甲州市は観光もとらえておりますので、観光客の足としてぜひ、このバスが十二分に活用できるような方法を、またルートなども考えていただくことを要望いたしまして、私の質問を終わらせていただきます。まことにありがとうございました。



○議長(廣瀬宗勝君) 夏八木盛男君の一般質問を終わります。

 次に指名いたします。

 14番、矢野義典君。

 矢野義典君については、一問一答方式で行います。



◆14番(矢野義典君) 一般質問の通告をさせていただきましたが、ただいま議長より許可をいただきましたので、質問をさせていただきます。

 初めに、要望しておりました人命救助の視点からAED自動体外式除細動器の設置を平成18年度も継続されるとのこと、感謝申し上げます。

 また、子育て支援では、子供を希望していながら不妊に悩む市民の夢をかなえるため、不妊治療費の一部を助成するこうのとり夢助成事業の実施や、市立勝沼保育園が、東雲ふれあい親子館において休日保育の実施、そして子供の安全に関してはITを活用し、関係者間での情報の共有に取り組まれるとのことなど、重ねて感謝申し上げ、質問に入ります。

 それでは、子育て支援の充実についてお伺いをいたします。

 少子社会の到来が叫ばれて久しいですが、出生率の大きな落ち込みにさっぱり歯どめがかからない我が国の少子化の現状は、極めて危機的と言わざるを得ません。いずれ、国としての活力を失うと言われています。出生率低下の歯どめ役を果たす欧州各国の手厚い子育て支援策の水準にまで、一日も早く日本の子育て支援策を充実させる必要が求められています。ただ、少子社会の到来に対しては、その現実を容認する考え方と社会や経済に及ぼす影響を懸念する意見とが存在します。別な言い方をしますと、将来、日本の他民族国家を許容する考え方と日本人中心の日本国を継続する考え方が存在するということであります。

 公明党は、子供を産み育てることは、個人の意思にゆだねるべき問題でありますが、子供を産む意思がある方々には、総合的な子育て支援策を展開すべきであると考えています。生まれた子供を社会全体でサポートする体制の充実が求められている中で今回、児童手当の拡充では、2006年度から児童手当の支給対象年齢を小学校3年生までから小学校6年生までに拡大をいたしますが、甲州市として、支給対象者が漏れなく受給申請をしていただくための取り組みをどのように考えているのかお伺いをいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 子育て支援課長、高木英子君。



◎子育て支援課長(高木英子君) 矢野議員から子育て支援の充実についてのご質問にお答えをいたします。

 政府は、次世代育成支援対策を推進するため、子育てを行う家庭の経済的負担の軽減等を図る観点から、児童手当制度における拡充を平成18年4月1日から実施することといたしております。児童手当制度は、児童を養育している方に手当を支給することにより、家庭における生活の安定に寄与するとともに、次代を担う児童の健全な育成及び資質の向上に資することを目的とした制度であります。

 拡充の内容につきましては、支給対象年齢がこれまでの小学校3年生から小学校6年生、12歳到達後、最初の年度末までに拡大され、あわせて所得制限を緩和し、支給率をおおむね90%まで引き上げることとするものです。

 議員ご質問の制度拡充による受給申請の周知徹底につきましては、市広報紙でお知らせするとともに、甲州市ホームページの活用、保育所、幼稚園、小学校を通じて保護者に周知するととともに、小学生につきましては、教育委員会とも綿密に連携をし、周知徹底を図ってまいりたいと考えております。

 なお、申請方法としましては、申請漏れのないよう、該当者に個人通知をすることといたしております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(廣瀬宗勝君) 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) よろしくお願い申し上げ、次に移りたいと思います。

 昨年12月議会において、インフルエンザの予防接種の公費助成を要望させていただきました。そのことについて、確認をさせていただきます。田辺市長の施政方針に、乳幼児を対象としたインフルエンザの予防接種費用への助成事業について触れられていますが、秋ごろをめどに実施をしていただけると理解してよろしいのでしょうか、お伺いをいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 矢野議員のインフルエンザ予防接種助成についてお答えをいたします。

 インフルエンザ予防接種助成につきましては、3月6日定例会初日、施政方針説明で説明をいたしましたとおりであります。予防接種につきましては、小児科医師のご意見を伺い、感染予防には接種が効果的である、接種後の副作用については、過去においては重篤な合併症の発生、報告はないと、医療者の立場からも助成をすることは予防医学からしても望ましいこととしての見解をいただいていることを踏まえ、市では実施に向けて検討をいたしております。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) そうしますと、スケジュール的には、9月議会で予算措置を講じて秋に実施していただけると、このように理解してよろしいのでしょうか、お伺いをいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 矢野議員の再質問にお答えします。

 予定というと、やはりインフルエンザの予防接種というのは、12月というふうなことでございますので、議員がおっしゃるような日程的にはなろうかというふうに思っております。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) 大変ありがとうございます。地球規模で見て、世界的に今後も急激な人口増加が懸念されることから、日本一国だけの人口減少問題を取り上げて人口増加政策を論じるべきではないとの意見もありますが、しかし、この考え方に対し、政府の人口問題審議会は、日本は人口増加までを目指すのではなく、著しい人口減少社会になるのを避けようとするものであり、批判を受けるようなことではないと述べていますとおり、急激な人口減少によって、社会に生ずるひずみを緩和する政策をとるべきだと考えます。結婚、出産、そして子育て支援については、今後とも前向きな対応を要望いたしまして、次の質問に入ります。

 友好都市、姉妹都市交流の創造についてお伺いをいたします。

 合併に伴う協定事項に友好都市、姉妹都市については、検討中のものを含めて現行のとおり新市に引き継ぐとありますが、国際交流ではアメリカ、アイオワ州エイムズ市、フランス、ボーヌ市など、国内交流では千葉県富津市、千葉県和田町、神奈川県大和市がありますが、交流事業を進めることは大切なことと思います。それは相互の文化や生活習慣の理解を深めることで、平和社会構築に大きく貢献するからであります。また、事業を進めることで、観光交流の創造に大きく寄与し、さらには行政水準の向上を図る上で役立つからであります。

 そこで、議員全員協議会では、ある程度伺いましたが、改めて甲州市の友好都市、姉妹都市交流の創造について、当局のお考えをお伺いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 矢野議員のご質問であります友好都市、姉妹都市交流の創造について、お答えをいたします。

 国内及び国外の友好都市、姉妹都市交流につきましては、議員のご承知のとおり、甲州市の合併に伴う協定事項におきまして、現行のとおり甲州市に引き継ぐこととされております。現在、交流相手の意思を確認する中で進めているところであります。

 国際交流につきましては、旧塩山市がアメリカ、アイオワ州エイムズ市と友好都市を締結し、旧勝沼町がフランス、ボーヌ市及び中国の吐魯番市との姉妹都市を締結し、それぞれ交流を深めてきたところであります。異なった国々の人々とホームステイなどを通じて、じかに触れ合うことにより、相互の文化や生活習慣の理解を深めており、国際平和の一端も担っております。

 また、国内の自治体との交流につきましては、旧塩山市が千葉県富津市との姉妹都市、旧勝沼町が千葉県和田町との友好町を、旧大和村が神奈川県大和市との友好都市をそれぞれ締結をしております。大和市とは4月23日に、また富津市とは今年中に、それぞれ友好都市締結を行う予定でございます。また、旧塩山市が、樋口一葉の縁による東京都文京区との樋口一葉ゆかりの塩山市と文京区との地域文化振興を目的とする相互協力に関する協定書を締結し、交流を図ってきたところであります。身近にかつ頻繁に交流ができるというメリットを生かしながら、教育、文化、観光など、相互の自治体間の利益につながっていると考えております。

 今後も、甲州市といたしましても、従前から積み上げてまいりました国内及び国外の友好、姉妹関係を継続し、相互にとって有益な新たな関係を創造してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) 交流都市へ出かけることで、多くのことを学ぶことも可能であります。例えば、神奈川県大和市は、甲府市より人口が多く、住民自治、そして情報公開では先進地であります。交流事業の発展を期待いたしまして、次の質問に入ります。

 大久保平グリーンロッジを中心とした青少年育成施設の整備についてお伺いをいたします。

 青少年の健全なる育成を目指して利用されています大久保平グリーンロッジは、昭和54年に建設され、27年が経過し老朽化が進んでいます。そのため、毎年修繕を行って使用していると伺っています。近くには親水公園や木工芸館、そして付随するアスレチックなどがあり、小さいお子様から大人まで家族連れで楽しめる環境でありますが、実態は冒頭申したとおり、大久保平グリーンロッジは老朽化が進み、付随するアスレチックなどは危険で使用できないものもあります。また、利用する市道33号線は、道幅が狭く、利用者から不便であるとの声が上がっております。

 合併によって、大久保平グリーンロッジほか類似施設がありますので、今後のことについては、総合的な判断が必要となることは言うまでもありません。しかし、18年度においても、施設を利用していくわけでありますので、子育て支援の施設として有効活用をすることも可能であり、大切な青少年の健全なる育成の施設であります大久保平グリーンロッジを中心とした周辺の環境整備に努めることが大切と考えますが、いかがでしょうか、当局のお考えをお伺いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 生涯学習課長、鈴木英夫君。



◎生涯学習課長(鈴木英夫君) 矢野議員ご質問の大久保平グリーンロッジを中心とした青少年育成施設の整備についてお答えいたします。

 大久保平グリーンロッジは、県のグリーンロッジ整備計画に基づき、昭和54年に旧塩山市上萩原に木造一部鉄骨平屋建てで建設され、目的は青少年が自然の中で集団宿泊訓練を行い、野外活動、自然探求等を通じて、規律、共同、友愛、奉仕等の尊さを体験、学習することにより、豊かな情操を培い、心身ともに健全な育成を図ることを目的とした施設として整備されてきたところであります。

 このグリーンロッジにつきましては、建設当初より旧塩山市福祉事務所が、旧塩山市社会福祉協議会に委託し、管理運営をしてきましたが、青少年を取り巻く急激な社会情勢の環境の変化などに的確にこたえるため、平成17年11月1日の合併と同時に、教育委員会に管理運営等の事務が移管されたところであります。

 グリーンロッジは、周りを樹木などによる自然に恵まれた環境の中、宿泊定数100名、その他として集会室、シャワー室、炊事室等からなり、利用期間は4月から11月までの間であります。青少年の育成を目的とした趣旨から青少年の利用は、主に7月から8月の夏休みの期間に集中しております。建物については、建築から27年が経過し老朽化が進んでおり、今までも修繕を行ってきたところでありますが、平成18年度の運営に当たっては、広報やCATV、甲州市のホームページ等を活用し、市内外へ啓蒙、周知する中で利用者の増加を図っていきたいと考えております。

 甲州市には、グリーンロッジのほか、類似施設としてキャンプを通じて青少年の育成を図る勝沼青少年旅行村、また農業と自然を活用した都市との交流施設の甲斐の国大和自然学校もあります。このような類似施設と連携協力し、運営を行っていくことも必要と思っております。また、このような施設については、指定管理者制度を取り入れることも視野に入れ、今後の方向性については、行政改革の中で協議検討を行っていきたいと考えております。

 また、運営維持していく上においては、効率的な補助事業等を取り入れ、ロッジに付随するアスレチックの整備や周辺にある木工芸館においての工芸教室の開催、大久保緑の交流館においての自然観察や大勢の方々が楽しめる環境づくりなど、利用者の利便性を図るためにも関係機関、地域との連携を密にとり、ロッジを中心とした周辺一帯の環境整備を行う必要があると考えております。

 以上で、答弁とさせていただきます。



○議長(廣瀬宗勝君) 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) どの施設でも言えることでありますが、これからは施設がある地域住民との話し合いの中で、理解と協力を求めていくことが大切であります。そのことをよろしくお願いいたしまして、次の質問に入ります。

 在来線(自主運営バス)の路線変更についてお伺いをいたします。

 旧塩山市の議会において、私は甲州市自主運行バス交通ネットワークの整備を急ぐべきであると提言をさせていただき、その後の状況をお伺いするつもりでいましたが、夏八木議員への答弁でおおむね理解をしましたので、今回の質問は主題であります在来線(自主運営バス)の路線変更についてお伺いをいたします。

 現在、運営されています在来線(自主運営バス)二本木線は、終点が大菩薩峠登山口となっておりますが、大菩薩の湯を利用する二本木線沿線の方々から、自主運営バスを大菩薩の湯まで延長していただけないかとの要望が寄せられました。大菩薩の湯を利用する方々にとっては、大変使い勝手のよいバスとなります。このことは、市当局としても住民サービス、利便性の視点から前向きに検討すべきと考えますが、いかがでしょうか、当局のお考えをお伺いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 総合政策課長、根岸洋一君。



◎総合政策課長(根岸洋一君) ご質問の在来線(自主運営バス)の路線変更についてお答えいたします。

 塩山地域における在来線(自主運営バス)につきましては、現在、大菩薩峠登山口線、二本木線、玉宮線、市民病院線、西沢渓谷線の5路線を運行しているところであります。

 ご質問の二本木線につきましては、平成13年に地域の要望もあり、終点を現在の大菩薩峠登山口といたした経過がありますが、ご提案いただきました大菩薩の湯の乗り入れにつきましては、大菩薩登山口線と共用になるため、山梨陸運支局の協議も必要でありますので、調査研究をする中で前向きに取り組んでまいりたいと考えております。



○議長(廣瀬宗勝君) 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) 市民の皆様の利便性、住民サービスの視点から当局の対応に期待をいたしまして、次の質問に入ります。

 公用車の活用と整備のあり方についてお伺いをいたします。

 昨年の市町村合併前の住民説明会で、当局は、合併のメリットの一つにスケールメリットがあると説明を住民にされましたが、確かに3市町村の首長さんは1人になり、46人いた議員は20名になりました。そして、住所が甲州市に変わって、市の施設がふえたと実感します。また、甲州市の公用車を考えたとき、合併に伴い、首長さんの2名の公用車が不用になったことは理解いたしますが、そのほかの公用車はどうなっているのでしょうか。公用車に対するスケールメリット、そして、今後の公用車の活用計画をどのようにお考えなのかお伺いをいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 管財課長、矢崎道男君。



◎管財課長(矢崎道男君) 矢野議員ご質問の公用車の活用と整備のあり方についてお答えをいたします。

 合併に伴う公用車のスケールメリットですが、合併前の消防車を除く公用車の保有台数は145台でありましたが、合併により142台と3台の減少となりました。減少数はわずかですが、142台のうちリース車が32台であり、契約期間が終了する時点で再リース等については、関係各課と協議検討をしてまいりたいと思っております。

 このことにつきましては、ご質問の中にもあります公用車の活用計画等を甲州市庁用自動車等管理規程の趣旨にのっとり、効率的使用、適正化が図れるような活用計画を定めなければと考えておるところでございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) 当然、公用車が減るということは、整備する車の台数が減ることになるわけでありますので、地域性を考えたとき、公用車の整備を依頼するところが偏らないことが大切と思いますが、いかがでしょうか、当局のお考えをお伺いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 管財課長、矢崎道男君。



◎管財課長(矢崎道男君) 矢野議員の再質問の車検整備等の状況でありますが、旧塩山市では、旧市内を含めまして31社、旧勝沼町については17社、旧大和村が2社で重複している事業所等がありますので、合計46社の整備工場等へ依頼しているところであります。

 ご質問いただきました整備を依頼する工場等が偏らないよう各課保有の公用車等の実績を把握する中で、各課の自動車等管理責任者に対し、指導してまいりたいと考えております。



○議長(廣瀬宗勝君) 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) 行政が行う事業については、公平、公開が大事であります。市民に対しまして説明と責任が持てる運営を要望いたしまして、次の質問に入ります。

 利用者の視点に立った勝沼ぶどうの丘の運営についてお伺いをいたします。

 私たちが県外に出かけたとき、甲州市を紹介するのに、ワインのまち勝沼、ぶどうのまち勝沼が、我が甲州市でありますと答えることで、理解を得られることが多くあります。全国に勝沼の知名度が知られていることに、改めてうれしい驚きとともに、甲州市の誇りと財産であると実感をいたしております。

 そこで、田辺市長のぶどうの丘につきましては、甲州市の観光の拠点施設として考えていますとの基本姿勢を伺いましたが、今後、観光立市として利用者の視点に立った勝沼ぶどうの丘の運営について、どのように具体的に行っていくのかお伺いをいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 矢野議員からのご質問、利用者の視点に立ったぶどうの丘の運営についてお答えをいたします。

 ぶどうの丘は、甲州市の中心に位置し、南の玄関口である勝沼インターや、JR駅からも近距離にある立地的条件に恵まれた施設であります。また、当施設は、市の重要な観光拠点施設であり、市内に点在する武田家ゆかりの歴史文化財、観光農園、ワイナリー、近代産業遺産などの数多くの観光施設と観光ネットワーク網を結び、観光振興を展開していくための拠点施設として大きな役割を果たしております。

 甲州市の観光の中心でありますぶどうの丘は、地方公営企業法に基づく企業であります。このぶどうの丘をいかに甲州市の観光の拠点として生かしていくことが、市の観光施策に大きな影響を与えるといっても過言ではありません。時代のニーズを的確にとらえ、常に利用者の視点に立った施設経営が必要であります。利用者の皆様にご満足をいただけるよう充実強化を図ってまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) 利用者の視点に立ったさらなる工夫と努力を期待いたしまして次の質問に入ります。

 資源循環型社会の構築、ごみ処理施設の建設についてお伺いをいたします。

 私は12月議会で、ごみの減量化と資源循環型社会の構築については、市民の皆様のご協力をいただくとともに、甲州市としても国・県レベルの広域化の視点に立って解決策を見出すことも大切ではないかと提言をさせていただきました。

 同じく、田辺市長は3月6日の市長施政方針説明で、甲府市、笛吹市、山梨市、甲州市、4市の市長会議では、ごみ処理施設建設につきましては、山梨県ごみ処理広域化計画によるCブロック構想には賛成とのことでありますので、今後、議員各位とご相談しながら具現化に向けて取り組んでまいりたいと考えておりますと述べられましたが、市長は候補地として環境面、経済性、効率性などを考え、山梨市と笛吹市のどちらがごみ処理施設に適しているとお考えなのか、お伺いをいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 矢野議員からのご質問の県のCブロック構想についてお答えをいたします。

 去る2月27日、甲府市、笛吹市、山梨市、甲州市の4市長会議が開催をされ、県のCブロック構想をさまざまな角度から検討をする中で、この計画を進めていく旨の意思確認がされておりますので、当市といたしましても、迅速にかつ積極的に取り組んでまいりたいと考えている次第であります。

 候補地の選定につきましては、今後とも早急に決定をしていかなければなりませんので、他の3市との連携をとりつつ、努力をしてまいります。

 今後、より具体的な建設計画を検討する段階になった場合には、民間活力を利用した自治体にとっては税金の投入が大幅に抑えられるPFI方式を検討することも選択肢の一つになるものと思われます。市といたしましても、この点を十分念頭に置きながら、検討してまいりたいと考えております。

 そして、山梨市とそのどちらがメリットがあるかというふうなご質問だというふうに思いますが、そうでございますか。それにつきましては当然でございますが、4市であるCブロック構想の方が、それは明らかに経費としては4市の方が2市よりも少ないことは当然でありますので、4市の方がメリットがあるというふうに解釈をいたしております。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) 市長にはリーダーシップを持って進めていただきたいと念願するとともに、私も一議員として応援をしていきたいと、このように思います。

 甲州市議会にも5名の議員がおりますが、私たちは、3年前より峡東地域の超党派の議員として、地域の発展について話し合いや勉強会などを行ってまいりました。その中で、早くから大同合併を踏まえて、ごみ処理問題についてはより広域化を考え、現時点では、笛吹市がごみ処理施設建設候補地に適しているので、具体的に進めるべきとの意見の集約をしているところであります。

 もちろん、山梨市の議員の方々もメンバーにおります。早く候補地を一本に絞り進めることが大切ではないかと思います。市長には、今後の参考にしていただければ幸いと存じます。

 それでは、次の質問に入ります。

 先ほど市長の答弁の中に、PFI方式もお考えがあるということでございますが、私はこの第2番目にこの質問を持ってきておりましたが、答弁を先にいただきましたので、このPFIについては、民間活力を利用したPFI方式が時代に合ったすぐれた手法と言われていますので、しっかりとした対応をお願いいたしまして次の質問に入りたいと、このように思います。

 昨年、田辺市長は、千野地域の住民説明会で甲州市環境センター、クリーンピアは、4月に終了して更地にして公園化することを説明されました。ただ、地域の住民の方々には、長い間のごみ行政の経過を踏まえ、当局に対する信頼の持てない部分があり、その不信を払拭しようと再度、本当に4月で終了するのかと問いただしました。

 田辺市長は、その問いに対し、きっぱりと4月以降は使用しませんと答えています。その後、当局はさまざまな要因と取り巻く環境の変化の中で、結果的には、公園化実施計画の概要を詳しく地域住民に説明をされていません。そのため、地域の方々は、4月には事務所を含めて移転すると信じています。予定どおり、4月で終了するのかどうかお伺いをいたします。

 また、先ほど中村議員への答弁では、可燃物処理業務委託事業終了後に備えて、ごみの積み替え基地建設が決定をされておりません。そうしますと、4月で現施設を終了することは厳しいと推測をするわけであります。そこで、引き続き事業系のごみ、積み替えなどで使用させていただくためには、田辺市長自ら地域住民に説明とお願いに行くことが大切と思いますが、いかがでしょうか。市長のお考えをあわせてお伺いをいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 矢野議員のご質問にお答えをいたします。

 4月30日までの期限で、今の千野の前の焼却場において積み替えをさせていただいております。そういう中で、私が塩山の市長として、その時に地元の皆様方にお話を申し上げたわけでありますが、その時に、積み替え地を4月30日までに引き払い、そしてまた、その後の施設の運用につきましては、いろいろと地元の方々のご意見を伺いながら聴いてまいると、進めてまいるというようなお答えをする中で、次のごみ建設地が決まり、それが進む中でそこの撤去、そしてまた煙突の問題も含めて考えてまいるというふうなことをお答えをしているはずでございます。

 それにつきまして、その時点でそういうふうなことでございますので、今、積み替え地につきましては、中村議員にお答えをしたとおりでございまして、今、全力を挙げて、その住民の皆様の方々にそれぞれご理解をいただくように努力をしているわけであります。その中で、今、矢野議員のご質問でありますが、地元というようなことで、市長が自ら行って説明をすべきだというふうなお話でございますが、それを言いますと、矢野議員のおっしゃっているのは、千野並びに上西の皆様方にというふうなことでございますが、中村議員にお答えをした中で、そこと限定をしたというようなことではなくて、他の地域についても、住民の皆様方のご理解をいただくように努力をさせていただいていると、当局とというふうなことでお答えをさせていただいておりますので、その限定についてはお答えを控えさせていただきたいというふうに思います。

 ただ、4月30日というふうな期限が来ております。そして、家庭の生ごみにつきましては民間委託というふうなことで方向性を見ておりますが、事業系粗大ごみについては、今申し上げたとおりでございますので、ご理解をいただきたいと思います。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) 今後の市長の行動に期待をいたしまして、次の質問に入ります。

 先ほど市長のお話にもありましたが、地域住民の方々から寄せられた大地震による排煙用煙突倒壊などの対応についてお伺いをいたします。

 昨今、耐震偽装問題が騒がれる中、現環境センターに建っています排煙用の煙突ですが、大地震による倒壊などの心配をされています。そこで、早目に予防策、例えばワイヤなどの安全策を講じることも一考ではないかと思いますが、いかがでしょうか、当局のお考えをお伺いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 矢野議員のご質問でございますが、現環境センターに建てられております排煙用の煙突の件でございます。先ほども申し上げましたように、現地でご説明というか、ご理解をいただくお話をさせていただく中で、住民の皆様方からのご意見の中で煙突、大変不安を覚えるというふうなお話がございました。そういう中で、近隣の住民の皆様方の不安を解消するために、平成18年度に状況調査を実施をさせていただいて、大地震による倒壊に備えた予防策を講じてまいりたいと考えております。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) しっかりとした安全、安心の対策を期待いたしまして、最後に可燃ごみ指定袋の縮小サイズの販売について要望をしていましたところ、素早い対応で実施していただきましたことに対しまして心から感謝申し上げ、私の一般質問を終了させていただきます。



○議長(廣瀬宗勝君) 矢野義典君の一般質問を終わります。

 次に指名いたします。

 3番、武藤雅美君。

 武藤雅美君については、一問一答方式で行います。



◆3番(武藤雅美君) 一般質問を通告しておきましたところ、ただいま議長から許可をいただきましたので、市政一般について質問をさせていただきます。

 まず初めに、甲州ブドウ並びに甲州種ワインの振興策についてお伺いいたします。

 先ほど、佐藤議員の質問内容と多少重なる部分があるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

 1300年という長い間、先人たちが育て上げ、我が甲州市の市名にも使われております甲州ブドウですが、今、生食用、ワイン原料用、ともに価格が伸び悩み、栽培面積も生産量も年々減少しております。また一方で、甲州種ワインが世界的に認められつつあることも事実です。

 生産者の高齢化も考えれば、早急な対策を講じる必要があると思いますが、市長のお考えをお聞かせいただきたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 武藤議員のご質問の甲州ブドウ並びに甲州種ワインの振興策についてお答えをいたします。

 ご承知のとおり、合併し甲州市となった勝沼町は、甲州ブドウの発祥の地と言われ、特有の風土から熟度、着色、糖、酸のバランスよいブドウが生産でき、日本における一大産地であります。また、甲州ブドウの栽培は、日本一を誇るワイン醸造技術を生み、その加工技術は地域の財産となり、ブドウ畑の連なる光景は、産地を象徴する風景として全国に知られています。

 しかしながら近年、生食用の市場評価の低迷や醸造用のブドウとしての取引量の減少、また生産者の高齢化や後継者不足などにより栽培面積が減少し、日本古来の伝統品種にかかわる産地の持続が危ぶまれてきました。そのため、県や主産地の自治体、また農業団体が主体となって甲州ブドウの産地活性化対策を講じてきたところであります。

 生食用としての甲州ブドウの振興はもとより、甲州ブドウを将来につなげるための望ましい方向性を見出すときに、甲州市のワインの振興にたどり着きます。ブドウ生産とワイン産業を結ぶ太いパイプ役としてのブドウ品種が、甲州ブドウであります。

 明治10年、勝沼町から2人の青年がフランスに渡り、ブドウづくりとワイン醸造を学び、本格的なワインづくりをスタートさせてから、本年で約130年が経過をいたします。2人のチャレンジ精神とその偉業は現在にも引き継がれながら、ワインづくりへの向上心という飽くなき姿勢に反映され、現在では勝沼地区では31社、塩山地区では7社のワイナリーが集まる全国一のワイン産地となっております。

 こうした産地化への取り組みとして、旧勝沼町では、ワインの品質審査制度やワイン認証制度など、さまざまなワイン振興事業を政策的に展開し、その中でも甲州ブドウは、国内唯一の在来品種として農業振興及びワイン振興の中核として位置づけられてきたところであります。

 以来、甲州種ワインは、代表的な国産白ワインとして位置づけられ、熱意ある醸造家のもとでその特性を最大限引き出すさまざまな醸造方法を駆使し、ワインの品質を高める努力を行い、近年では、世界的なワインコンクールで上位入賞を数多く果たすなど、甲州種ワインが、次第に海外のメディアやワイン専門家から注目を集めるようになってきています。また、ワイン原料ブドウとしての甲州ブドウの品質の向上や、需要の安定などの課題について協議を行うワイン産地振興会議を平成18年から発足させ、生産者、メーカー、行政、議会でブドウの糖度による協定を結び、安定した価格での取引が行われてきたところであります。

 今後、一層、生産者やJAとの連携を密にし、同時に県の研究機関、山梨大学等専門機関の協力を要請しながら甲州ブドウの系統選抜や栽培のメカニズムを追求するなど、品質向上への努力を続けてまいる所存であります。

 一方、ワインは世界共通のお酒と言われていますが、同時に、その土地の風土と文化を飲むお酒とも言われ、最近、国内では和食と甲州種ワインとの相性が風土専門家によってひもとかれるようになり、JAとメーカー、行政などによる協働事業として和食と甲州種のワインの相性をテーマに県内及び都内で消費拡大イベントが継続的に開催されてきたところであります。

 甲州市の甲州ブドウと甲州種ワインの歴史は、日本のブドウとワインの歴史でもあります。先人たちが築き上げてきた貴重な財産や資源を守り育てていくことが、私たちに課せられた使命であり、役割であります。

 今後も、甲州市のまちづくりの源であり、市の魂と言っても過言でない甲州ブドウを守り育て継承していくため、産地としての強化はもとより、生食用ブドウや甲州種ワインの消費拡大化などに向けた諸事業を継続的に、また積極的に展開してまいりたいと考えております。

 以上で答弁終わります。



○議長(廣瀬宗勝君) 3番、武藤雅美君。



◆3番(武藤雅美君) ただいま市長から積極的なお考えをご答弁いただきました。

 その積極的な施策を有効に生かしていくために、解決していかなければならない根本的な問題があると、私は考えますけれども、農家がブドウをつくって、価格が安いので品質を多少落としても量を確保したいと、メーカーはいい原料を安く仕入れたいと。お互い相反する状態が多々見られるわけです。その中からお互いに不信感を持ってしまうと。その問題を中期的、長期的に考えて解決していかなければ、今、市長の言われた施策もなかなか有効に働かないんではないかと思うわけです。

 そこで、先ほど佐藤議員から、呼称認証委員会というものを立ち上げるというご答弁をいただいたわけですけれども、その委員会の枠をもう少し広げまして、生産者とメーカーが、お互いにコミュニケーションをとれるような委員会を立ち上げたらどうかと思うわけですけれども、当局の方にそのような考えがあるかどうかお聞きしたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 武藤議員の再質問というか、お答えをさせていただきます。

 過日の武藤議員も参加をしていたとは思うわけでありますが、ワインゼミナールが、勝沼ぶどうの丘であったわけであります。そのときのテーマで、甲州ブドウというふうなことであったわけでありますが、そういうふうな意味では、あのお話を聞く中で生産者と醸造家、これは一つの委員会となってやっているというのは、フランスではそうだというようなお話があったわけでありますが、まさに議員のおっしゃるとおりであろうと思います。今までの中では、生産者とワイン、これは立場がまた全く逆で、ある意味ではあるわけでありまして、そういう部分では難しいというふうに言われておりますが、やはりこれを乗り越えていかなければ、日本一のやはりワインの産地として、そしてまた甲州ブドウの産地としての位置づけというのは、なかなか難しいのではないかなというふうな気が私もしております。

 そういう意味では、ワインのメーカーの方、そしてまた栽培農家とのその委員会というふうなことも視野に入れて、皆様方のご意見を伺いながら考えてまいりたいというふうに思っております。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 3番、武藤雅美君。



◆3番(武藤雅美君) 力強いご答弁ありがとうございます。

 農家がいいブドウを作って、そのブドウを使っていいワインを造る、それを自信持って販売していく、その販売した利益の一部が、また農家に還元するということが、長く安定してできるようになることを望みまして、次の質問に移らせていただきます。

 次に、学校給食についてであります。

 今の子供たちは、余り果物を食べなくなったと言われております。しかし、私は、学校給食でほとんど毎日のように果物をとっているので、余り心配はしていませんでした。ところが、市内のある学校の献立表を見せてもらう機会がありましたが、その中で使われている果物は、かんきつ、リンゴ、バナナとそういうものが中心でした。甲州市の中では、ほとんど栽培されていないものが使われているわけであります。

 地元の子供が、地元でどのようなものがつくられているのか、またそのつくられたものが、どのような味がするのかという、これは食育という面で非常に大事なことではないかと思います。

 それから当然、地産地消のことでありますし、また農薬の安全使用という意識の向上、そういう面にも通じる、いろいろメリットがあることだと思うのですが、地元農産物を学校給食に使っていくという考えが当局にあるかどうかお伺いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 学校教育課長、柏原和仁君。



◎学校教育課長(柏原和仁君) 武藤議員からご質問の学校給食に地元産の果樹、野菜を使う考えはについてお答えをいたします。

 学校給食の地産地消につきましては、偏食や外食、そして孤食、子供たちを取り巻く食環境が大きく変化している中、学校給食への地産地消が叫ばれています。地産品を通じた食文化への理解促進といった食育や、生産者の顔が見える安全、安心で新鮮な食材の提供、地元産の野菜、果実などの消費拡大の観点からでありますが、しかし、数百食を二、三時間で調理しなければならない現場を初め、食材の一括安定供給、価格、規格などがネックとなり、地場産品を導入したくてもできないのが現状でありますが、食べることの大切さを学ばせるとともに、知育、徳育及び体育の基礎を築き、健全な食生活を実践することができる人間を育てていくために、JA等関係機関と協議を進め、身近な食材から地産地消を推進し、学校給食地産地消の日を実施できるよう努力してまいりたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(廣瀬宗勝君) 3番、武藤雅美君。



◆3番(武藤雅美君) 学校給食地産地消の日というものを設定していただけるよう努力いただけるということで、それが実行されましたらば、その成果について、また次の機会にお伺いいたしたいと思います。

 最後に、市内小中学校の耐震計画についてお尋ねいたします。

 旧3市町村、それぞれに優先的に小中学校の耐震化に取り組まれてきたと思いますが、今、合併しました。そこで、甲州市としての耐震計画は、どのように作成されているのかお伺いしたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 学校教育課長、柏原和仁君。



◎学校教育課長(柏原和仁君) 武藤議員からご質問の小中学校校舎の耐震計画についてお答えをいたします。

 学校施設につきましては、児童・生徒にとって一日の大半を過ごす学習、生活の場でありますので、耐震化につきましては、普通教室を優先して耐震補強工事を実施してまいりました。また、改築につきましては、耐震性を満たした新基準に基づき、建て替えを実施してまいりました。平成18年度には、大和小学校屋内運動場の改築、井尻小学校の耐震補強実施設計、また松里中学校の耐震診断を予算計上したところであります。

 今後も、国の指針に基づき児童・生徒の安全を図るため、新耐震診断未実施の校舎、体育館等の学校施設については年次計画に基づき、その診断結果により耐震工法や財政措置を考慮し、耐震補強工事など耐震化の推進に積極的に取り組んでまいりたいと考えております。



○議長(廣瀬宗勝君) 3番、武藤雅美君。



◆3番(武藤雅美君) 逐次、年次計画に沿って耐震化を進めていくということでしたので安心いたしました。一日も早く市内の生徒・児童が安心して学校生活を送れるようにしていただけるようにお願い申し上げまして、以上で質問を終わります。



○議長(廣瀬宗勝君) 武藤雅美君の一般質問を終わります。

 ここでしばらく休憩いたします。

 再開を2時50分といたします。

             休憩 午後2時35分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後2時52分



○議長(廣瀬宗勝君) 再開いたします。

 指名いたします。

 5番、原 勝君。

 原 勝君については、一問一答方式で行います。



◆5番(原勝君) 議長に一般質問を通告したところ、許可が出ましたので一般質問を何点かお伺いいたします。

 まず第1点でございますが、地域総合局について何点か伺います。

 地域自治区の運用に当たってでありますが、甲州市は県内では唯一地方自治法に基づく地域自治区制度を導入いたしました。合併して4カ月余りがたちましたが、地域協議委員会の公募も行われ、3月中には地域協議会の体制が整うと聞いております。

 合併と同時に設置された地域総合局と新たに発足する地域協議会は、地域の振興と活性化に大きな役割を果たすものと期待しているものであります。甲州市発足と同時に、条例や規則も制定されており、趣旨に沿った運用がなされていくものだと考えておりますが、新しい仕組みであるため、本腰を入れて中身の充実に努めていかないと、すぐに形骸化してしまうおそれがあるのではないかと思われます。

 新年度を迎えるに当たり、改めて地域自治区制度を核にした市政運営に臨む市長の基本姿勢をお伺いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 原議員のご質問の地域総合局の位置づけ及びその役割についてお答えをいたします。

 私の基本方針であります市民の皆様と情報を共有し、参画と連携と協働のまちづくりの実現に努めてまいります。市民に身近なサービスの提供と地域の皆様から寄せられたご意見をお聴きし、市政に反映させてまいるよう地域自治区制度を導入しております。

 ご承知のとおり、甲州市の地域総合局は、塩山地域総合局、勝沼地域総合局、大和地域総合局の3つの地域に分かれ、それぞれ設置をされております。甲州市地域自治区設置条例に基づき地域自治区ごとに地域協議会を置くことになっており、委員定数をそれぞれ20名以内とし、公募による委員の募集も行ったところであり、現在、委員の選考に向けて準備を進めているところであります。

 甲州市のまちづくりのために、地域住民の皆様と協働した行政運営を図ってまいるよう、また豊かな自然、歴史と文化に彩られた果樹園交流都市を目指し、各地域において開催される地域協議会の庶務的事務のほか、各協議会の委員の活動支援と地区の各種団体との連絡調整などを行っていく事務局が、地域総合局であります。

 市政の総合的かつ効率的な執行を図るため、各地域総合局長を含めた甲州市部局長会議等を開催し、事務事業及び重要事項等について協議、決定するとともに、部局等、相互の調整を図っているところであります。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 5番、原 勝君。



◆5番(原勝君) 地域自治区制度をまちづくりのためにも、当局には頑張っていただきたいと思います。

 次の質問に入らせていただきます。

 昨年11月の合併以来、各種の制度や事業、使用料等における調整状況を見ますと、勝沼地域の住民から苦情や不満が多く寄せられております。地域自治区制度の導入の趣旨の一つには、お互いの違いや個性を尊重しながら緩やかな合併をしていくという考えがあったはずであります。合併の状況を見ておりますと、その点についても危惧を感じるところであります。地域自治区の本旨に基づく行政運営の実現について当局の考えを伺います。



○議長(廣瀬宗勝君) 総務企画部長、相澤廣貴君。



◎総務企画部長(相澤廣貴君) 原議員のご質問のこれからの地域総合局の予算について、また運営もございましたけれども、お答えを申し上げます。

 地域総合局の予算につきましては、地域の事業実施、また維持補修等、緊急性のあることへの対応が必要なことから、地域総合局予算として計上がしてございます。このことは、合併協議の中で意見集約されたことですが、総合局単位に地域協議会を設置し、総合局と地域協議会が一体の中で地域振興を図っていく目的で、地域総合局長も本庁の部長と同じ区分で事務の決裁区分、専決事項が規定されております。事務事業の実施につきましては、例えば、1つの建設事業を実施していく上で計画策定、事業実施、設計施工、監理、維持補修対応等、さまざまなプロセスを経て行われるわけでございますが、このプロセスの中で本課で対応する方がより効率的なものが本課対応、現場対応等、総合局で対応する方がより迅速的なものは総合局対応と、予算もそういった考えの中で計上をしてございます。

 いずれにいたしましても、旧3市町村がこれまで培ってきた地域特性や特徴ある政策を生かしながら、新市の一体性を確立し、住民福祉の向上が図れることが基本でございます。こういったためにも、今後はさらに地域総合局のあり方を含め、幅広く検討をしてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 5番、原 勝君。



◆5番(原勝君) 今、予算の方にも大分触れていただきましたが、ハード的な事業予算の位置づけが地域総合局の決裁権限の中で難しいのであれば、例えば、住民主体のまちづくりの活動などを支援するソフト事業などにおいて、地域自治区の考えで使える予算を組む必要があるのではないかと思います。

 また、総合局長の決裁権限を引き上げていくのもいいのではないかと思いますので、この点、どうお考えか当局に伺います。



○議長(廣瀬宗勝君) 総務企画部長、相澤廣貴君。



◎総務企画部長(相澤廣貴君) 2点ほど再質問をいただきました。

 まずソフト事業への総合局の予算配分ということでございますけれども、もろもろソフト事業ございますけれども、これらの内容につきましては、また検討委員会、また部局長会議の中でまた俎上に上げてよりよい方向で検討できればいいなというふうに思っております。

 本年度につきましては、既に予算編成が終わっております。いろんな庁内での調整、また部局長、また各課の調整を図る中で検討してまいりたいというふうに考えております。

 局長の決裁区分を引き上げたらどうかということでございますが、本庁の部長と同じ決裁区分になっております。先ほど申し上げましたとおりでございますが、200万円までの決裁区分ということでございます。

 旧3市町村の決裁区分を見ますと、大幅に決裁区分が上がっているわけでございまして、旧勝沼町さん、旧大和村さんにつきましては、たしか課長の決裁区分は2万円というふうに伺っておりました。旧塩山市につきましては、課長が20万円、企画財政課長が、定例的なものが50万円ということでございましたが、合併の協議の中で200万円まで引き上げてきたということでございまして、これにつきましても、これから行政執行する上でより迅速的な決裁区分ということになりますと、先進の事例等をまた含めて研究検討してまいりたいというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 5番、原 勝君。



◆5番(原勝君) 18年度の予算も大体に決まっていることですけれども、19年度から少し考えていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 またあと一つ、行政組織においても、地域自治区に基づくまちづくりを担当する部署は、非常に重要な役割だと思います。現状を見ますと、本庁の担当課に職員1名が兼務をしている状況であります。地域協議会がスタートする新年度に向けて、地域総合局はもとより、全体を束ねる本庁において、組織体制の一層の拡充を図る必要があるのではないかと思いますので、そこの点をお伺いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 総務企画部長、相澤廣貴君。



◎総務企画部長(相澤廣貴君) 原議員の再々質問にお答えをいたします。

 ちょうど合併して約4カ月に入ったわけでございますけれども、こういった中で本庁と地域総合局での事務の執行内容につきまして、幾つか課題がございます。その中で課題につきましては、本課と地域総合局間の事務事業についてということで、その内容を部局長会議の中で、実は検討した経過がございます。

 その中で大きく分けますと、4点ほど課題が出ております。この課題につきましては、平成18年4月をめどに調整できるものは調整してまいりたいというように考えております。また、そこで調整ができないものにつきましては、行政改革の中で執行を行ってまいりたいというふうに思っております。

 当然、3市町村が合併いたしますと、いろんな事業の中でいろんな課題や、時には問題、こうやった方がもっと住民サービスのために迅速にサービスが提供できるんではないかと、そして、人の配置の関係も含めまして、いろいろ課題も出ております。そういったものにつきましては、やはり住民福祉を考えますと、そういったことも早い時期に解決できるものは早い時期に解決していくというふうなことの対応が必要であろうと思います。

 ただ、トータル的な改革につきましては、行政改革の中で、一定の基本方針を出した中で対応してまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 5番、原 勝君。



◆5番(原勝君) 地域自治区がこれから充実したまちづくりができますよう当局のご努力をお願いし、この質問は終わらせていただきます。

 次の質問に移りたいと思います。

 個人情報保護条例についてでございます。個人情報保護条例も何点かお伺いいたします。

 個人情報保護条例についてでありますが、当局も、合併と同時に個人情報保護条例を制定いたしました。山梨日日新聞に2月25日の社説の中に個人情報流出の記事が掲載され、その内容は2月14日、京都刑務所では受刑者らの氏名、事件内容など、1万ファイルがネット上に流出、また23日には、海上自衛隊の戦闘訓練の内容の極秘扱いとされるデータが大量にネット上に流出がという記事でした。また、きのうも愛媛県警のネット上に流出した、その前は岡山県警、また今日の新聞にも、日本生命だかの個人情報の流出、そのような記事が毎日掲載されております。

 そのようなことで、当局ではいろんなセキュリティーの対策をしていると思いますが、不正な侵入を防ぐ防護壁をシステムとした随所に設けるなどの十分な安全対策を施しているか、当局からお聞きしたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 総務企画部長、相澤廣貴君。



◎総務企画部長(相澤廣貴君) 原議員のご質問の個人情報の保護についてお答えをいたします。

 確かに原議員さんがただいまおっしゃるとおり、個人情報が一般外部へ流れていることが、各紙等で報道をされておりまして、私たち行政で働く職員が特に注意をしなければならないのは、特に個人情報、または業務内容が本来漏れてはいけないものが社会の中に流れるということは、非常に職員として日ごろから注意をしているのが現状でございます。

 行政の情報化が確実に進んでいる中で庁舎の業務だけでなく、住民への情報やサービスの提供でもインターネットを利用した情報化が当たり前になっております。パソコンやインターネットを利用する以上、コンピューターウイルスへの備えは不可欠となっており、ウイルスによる被害は、自治体の業務に対する大きな脅威になっております。ネットワーク化やデジタル化によって、行政の効率は確実に進んでいきます。しかし、データが使いやすくなるということは、重要な情報のコピーや書き換えなどが簡単にできることにもつながります。厳重な管理を要する個人情報などの行政情報を取り扱う以上、自治体にはセキュリティー対策が求められます。

 現状では、データの外部流出を防ぐために、フロッピーディスクなどの一切の外部記録装置については、許可なく使えないような措置を行っておるところでございます。住民記録データなどを取り扱う住民情報系システムにおいては、職員一人一人が業務で使用する内部情報系とは物理的にネットワークを分け、またネットワークの外部への接続口を一切設けないことによって、情報の外部流出がないような対策を行っております。

 戸籍システムにおきましても、同様な対策を行っております。内部情報系システムにつきましては、ウイルス対策として個人個人のパソコンへウイルス対策ソフトの導入はもちろん、インターネットの出入り口にもウイルス対策を施しており、また有害、悪意のある情報を含むホームページを閲覧できないようにする仕組みの導入によって業務上、必要でないホームページ等の閲覧を制限することによって、ウイルスやハッキング等の脅威から情報を守る対策を行っております。

 さらに、組織内のコンピューターネットワークへ外部から侵入されるのを防ぐシステムによって、外部からの不正侵入を防いでおります。

 甲州市では、セキュリティーに関する決まりを体系化するため、現状調査、職員へのヒアリング、物理的セキュリティー確認のための現地調査、リスク分析等を行い、情報セキュリティーポリシー及び手順書の作成業務を業者に委託をしたところでございます。セキュリティー対策を確実に実施するためには、すべての職員が、その考え方や必要な作業を理解する必要がありますので、コンピューターウイルスや情報の危機管理についての知識が重要であるという認識を持ってもらい、情報の管理を徹底していきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 5番、原 勝君。



◆5番(原勝君) 今のお話を聞いていると、セキュリティー対策は万全ではないかと思います。今後もご努力をお願いします。

 住民基本台帳ネットワークの運用開始以来、全国各地でシステム障害や住民票コード通知書の受け取り拒否など、トラブルが相次いでいました。他人の住民票コードが、別の世帯に郵送されたり、シール式のはがきに記入された番号が透けて見えたりするなどのミスが発生し、個人情報に関する市民の不安が予想以上に根強くあります。こういうことを、当局ではどのように対処しているかお伺いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 産業建設部長、池田良雄君。



◎産業建設部長(池田良雄君) 原議員ご質問の官製はがきによる督促状についてお答えいたします。

 甲州市下水道受益者負担金に関する条例によりまして、負担金の未納者に対しまして平成17年11月と平成18年1月に官製はがきによりまして督促状を発送してしまいました。その後、この負担金の督促事務に関しましては、塩山地区と勝沼地区の住民情報系システムの統一化が図られまして、作業が完了いたしましたので、改善策といたしまして圧着はがきなどによる発送に切り替えまして、今後、こうしたことのないよう個人情報の保護に努めてまいります。



○議長(廣瀬宗勝君) 5番、原 勝君。



◆5番(原勝君) 今、下水道の方の官製はがきでもって個人情報、督促状を出したということで、市民の方も憤慨している方が大変おります。今後、このようなことがないよう気をつけていただきたいなと思います。

 次の質問に移らせていただきます。

 国道411号の整備について、411号線は、毎年あちこちで少量の改良が実施されています。411号は、甲州市の重要な主要道路であり、観光、産業、通勤、通学路としても機能を果たす道路ではないかと思います。

 豊かな資源を生かして観光客を呼び込むためにも、山区信号の南北に歩道もなく、児童が安全、安心して通学できるためにも整備が必要ではないかと思いますので、当局のお考えをお願いいたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 原議員からのご質問の国道411号の整備についてお答えをいたします。

 甲州市を南北に抜ける国道411号は、四季を通じて県内外から多くのマイカーが利用する道路であり、武田史跡めぐり、春のお花見、また秋にはブドウ観光、もみじ狩り等、四季折々の散策ができる主要な観光道路でもあります。また市民にとっては、生活道路として通勤、通学道路として多目的に利用される道路でもあります。現在、国道411号は、山梨県により、拠点的に改良、整備がされており、塩山地内を走る東バイパスにつきましては、平成19年度供用開始を目指して現在、事業を推進しております。

 勝沼地内の国道411号の整備については、等々力交差点、子安橋交差点の改良整備が終了し、今年度、等々力交差点から西広門田橋までの間について、県公共事業評価委員会において道路改良の調査をすることについて了解され、概略設計、航測図化等の基礎的な調査が行われるところであります。

 議員ご質問の勝沼地内の国道411号の早期道路改良整備と歩道等の安全施策の設置につきましては、道路利用者の安全を図る上でも、早期に道路管理者である山梨県に要望してまいりたいと考えております。

 以上であります。



○議長(廣瀬宗勝君) 5番、原 勝君。



◆5番(原勝君) 国道411号ということで、市には大変ご足労をかけると思いますけれども、なるべく早急な着工ができるようご努力をお願いし、私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。



○議長(廣瀬宗勝君) 原 勝君の一般質問を終わります。

 次に指名いたします。

 18番、田邉民男君。

 田邉民男君については、一問一答方式で行います。



◆18番(田邉民男君) 一般質問を通告しておきましたところ、ただいま議長より許可をいただきましたので、質問をさせていただきます。

 私の質問は、遊休農地に関するということで提出しておきましたが、ただ、この1つだけでございますので、いましばらく皆さん、ご辛抱をお願いしたいと思います。

 その質問に入る前に、一言お聞きしたいことがございます。田辺市長におかれましては、昨年の臨時議会、12月定例会、あるいは今回の議会におきまして、農業振興について政策がいろいろ述べられておりますが、大変こんなことを聞いては失礼だと思いますが、もう一度農業というものをどのような目線で、どのように理解されているか、お聞かせを願いたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 田邉議員のご質問の甲州市の農業に対する基本的な理念についてお答えをいたします。

 これまで甲州市の基幹産業としての果樹農業の振興につきましては、その基本的政策を議会を初め、関係の皆様方にご説明を申し上げてまいりましたが、本日、私が考えています甲州市の特色ある農業の中での役割ですとか、やりがいについて私の思いの一端を述べさせていただきたいと思います。

 甲州市の主要作物でありますブドウや桃などを中心とした果樹栽培には、より多くの経験と熟練を必要とし、素人が容易にその技術を習得することができないという点で、後継者の育成の面でも不利な条件下にあります。また、定年帰農という言葉を簡単に当てはめることのできないのが、果樹栽培であります。特にブドウや桃などの果樹は、苗を植えてから最初の収穫ができるまでに数年を要することから、新規に果樹栽培を始めるにしても、初めの数年の間、蓄えが必要となるわけであります。

 ところが、こうした困難を一歩引いて眺めてみますと、逆にプロとしての果樹栽培農家像が浮かび上がってくるわけであります。丹精を込めてつくられた大粒のブドウや桃などの果実は、一種の芸術品とも言えます。また、ワイン醸造に適したブドウの栽培技術もブドウ栽培農家によって磨きがかけられ、そして国際的に認められるワインを産出することに、農家は大いに貢献することができるわけであります。

 さらに、ブドウや桃畑などが連なる甲州市の景観は、日本の中でも希少かつ個性ある農村景観となっており、これを維持していくのには、農家の貢献が必要とされております。このような甲州市における農業の役割は、果樹を生産して収入を得るということだけではなく、食料の安定供給やワイン産業との連携、良好な魅力ある景観の形成による地域や都市住民への憩いの場の提供とも密接な関係を持っております。

 そのような観点から見ますと、甲州市に誇りある農業とともに、物をつくる喜び、家族で働ける喜び、物を分かち合える喜び、地域とかかわり合う喜び、定年のない生産に従事できる喜び、良好な環境の中で暮らせる喜びなど、やりがいのある農業としての素地があると言えます。これを生かした豊かなまちづくりに結びつけていくためにも、引き続き、誠心誠意努力をしてまいる所存でございます。

 また、こうした甲州市の農業の持つ役割、やりがいをより現実のものとしていくために、市では、今後とも国や県のさまざまな農業振興にかかわる各種情報をいち早く入手するとともに、果樹農業に対し、効果的な支援をしていくことができる指針の構築とかじ取りの役割を果たしていきたいと考えております。

 同時に、JAには農家の先導役になっていただき、労働力や経営規模、作付品種等、各農家の現状に合わせた経営体系のシミュレーションとともに、綿密な営農計画の作成と技術指導を含めた農家への適切なアドバイスを積極的にお願いをしていきたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(廣瀬宗勝君) 18番、田邉民男君。



◆18番(田邉民男君) どうもありがとうございました。大変、市長さんには、深いご理解をいただいておりまして、今の言葉を聞くにつけ、農家としては、大変期待をしておりますので、今後ともひとつよろしくお願いいたします。

 それでは、私の質問の遊休農地について質問いたします。

 近年、担い手の高齢化や農業従事者の減少等、社会構造の変化に伴い、耕作放棄地等、遊休農地が大変増加しております。遊休農地の増加は、果樹園交流都市の景観を害し、また雑草の繁茂や病虫害の発生の原因ともなり、鳥獣被害等も増加しております。そういう遊休農地が近隣の優良農地に大変悪影響を及ぼし、また集団利用等の阻害要因ともなり、数多くの問題をここへ来て起こしております。

 現在、甲州市における遊休農地の実態はどのようなものだか、お聞かせいただきたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 果樹農林課長、三森克弥君。



◎果樹農林課長(三森克弥君) 田邉議員ご質問の遊休農地の現況についてお答えをいたします。

 近年、農業、農村を取り巻く社会情勢の変化は著しいものがあります。特に、経済の不振や農畜産物などの輸入の増大に伴う価格の低迷、あるいは担い手農家の高齢化、後継者不足などによって農業の活力が低下してきております。そのため、甲州市においても遊休農地が増加する傾向にあります。

 甲州市の遊休農地の現況につきましては、平成12年の農林業センサスの調査結果で申し上げますと、耕地面積2,124ヘクタールのうち、遊休農地面積は塩山地区59ヘクタール、勝沼地区21ヘクタール、大和地区18ヘクタール、合計で98ヘクタールでございます。率にいたしますと4.6%となっています。

 現在、集計が行われております平成17年農林業センサスにおいては、さらに遊休農地の増加が予想されるところであります。遊休農地の発生防止や解消対策への取り組みといたしましては、農業経営の効率化や生産性の向上を目指した基盤整備による農道、水路、圃場整備の推進、農地の貸し手と借り手の結びつけなど、農業委員会活動の強化による農地の流動化の推進、中山間地域等直接支払交付金制度を活用した集落単位での耕作放棄地の防止や農道、水路など、維持管理活動の推進、また遊休農地を活用した市民農園の開設などの諸事業を展開してきたところであります。

 今後も、引き続きまして農業の振興と農村地域の活性化を図り、遊休農地の発生防止解消に努めてまいりたいと考えております。

 以上、答弁とさせていただきます。



○議長(廣瀬宗勝君) 18番、田邉民男君。



◆18番(田邉民男君) ただいま答弁いただきました4.6%というのは平成12年ころということで、17年、ここまで来れば相当、遊休農地等がふえてくることと思います。

 先般の普及センターの調査の話を伺えば、東山梨のセンター管内の農業従事者の平均年齢は70歳を超えて約75歳に近いということ、その方々が今、主力で農業をやっているということでございます。農業者の高齢化から今後、急激に耕作放棄地が増加すると思われますが、この農地を遊休農地とならぬような政策手段が必要だと思います。

 その一つとして、所有者の責任とモラルを明確にするための管理条例みたいなもののような制定は考えられるでしょうか。去る12月の定例議会の時に、矢野議員の質問に対しまして、産業建設部長の答弁の中で農業基盤強化促進法の活用によって、ある程度政策指導はできると発言されておりますが、今後の展開をお聞かせいただきたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 産業建設部長、池田良雄君。



◎産業建設部長(池田良雄君) 田邉議員ご質問の遊休農地化の防止のための管理条例制定についてお答えいたします。

 農地は、食料生産のための最も基本的な基盤としての役目を果たすとともに、国土の保全、自然環境の維持、農村景観の形成などの面からも重要な役割を担っています。しかしながら、農業の担い手の減少や高齢化を主な要因として耕作放棄地など、農地の遊休化が進行しています。

 遊休農地は、雑草の繁茂による病害虫の発生や大雨時の土壌の流出など、周囲の農地利用に悪影響を与え、食料生産基盤としての機能低下をもたらすばかりでなく、美しい農村景観を損なうことも予想されます。このような遊休農地を解消することが、緊急の課題となっています。

 国においては、耕作放棄地の発生を防止するための中山間地域等直接支払制度の継続実施や、農地制度としての農業経営基盤強化促進法の一部改正が行われ、耕作放棄地の解消に向けた取り組みが強化されてきました。これまでは、遊休農地所有者への農業委員会の指導や行政による土地利用計画書の提出指導と未提出者への勧告という制度でしたが、昨年の法改正では病害虫の発生や土石、廃棄物などの投棄など、緊急に遊休農地の管理を行う必要が発生した場合には、行政による農地所有者への草刈りや土石などの排除の措置命令や命令に従わない場合の代執行が制度化されたところであります。

 議員ご質問の遊休農地化の防止のための管理条例制定につきましては、国の法制度が非常に強化されたこともあり、引き続き農業委員会やJAなど、関係機関との連携を深めながら、遊休農地化の防止対策を図るとともに、取り組みの成果や評価をしっかりと行う中で検討してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 18番、田邉民男君。



◆18番(田邉民男君) ただいまの答弁ですと、そういう指導の方向で頑張るということでございますが、いずれにしても、この遊休農地の問題をここへ制度化はどうかという話を出したのは、過去、優良農地の中に耕作放棄地がございまして、その中で病気、あるいは虫等の発生の原因になることが明らかで、周囲の人たちが何とかしてほしいということで要望したところ、個人の権利、個人のものだから、どうやってもいいじゃないかというような割合身勝手なことがございましたので、でき得れば、そういうことを何か抑制するような方法がないかということでお聞きしましたが、ぜひとも今後とも、そういうことも現場ではございますので、強力な指導等をよろしくお願いいたします。

 先ほど、課長の方からは答弁をいただいたわけですが、遊休農地の増加が予想される中で、その活用方法等にどんなものがあるか、あるいは担い手が利用しやすいように、利用を集積した上で流動化させる方法等があるか、お聞きしたいわけですが、先ほど幾らかいろいろ述べていただきましたが、もう少し具体的に何かお考えがあればお聞かせいただきたいと思います。



○議長(廣瀬宗勝君) 産業建設部長、池田良雄君。



◎産業建設部長(池田良雄君) 田邉議員ご質問の遊休農地の活用方策についてお答えいたします。

 遊休農地の発生につきましては、従来から高齢化、兼業化による自家労働力の不足、経済性の低下による営農意欲の減退、鳥獣害による営農意欲の低下などの内的要因と都市化の進展による土地利用の混在化、圃場が分散しているなどの営農条件の改善不足、傾斜地などの土地条件の改善不足などの外的要因が指摘されてきました。

 甲州市におきましても、特に山を背負った傾斜地である中山間地域で耕作放棄地が多く見受けられます。議員ご質問の遊休農地の活用方策につきましては、これまで農業委員会におきまして、農業経営の規模拡大を計画的に進めようとする農家を対象に農地銀行制度の活用を図り、遊休農地の解消に取り組んできたところです。農地銀行の利用状況は現在、市全体で123ヘクタールとなっています。また、塩山中萩原地区でのらくらく農業推進委員会が実施しました遊休荒廃園を含めた圃場整備と、農地流動化への支援や遊休農地を活用しました市民農園、一葉やさい文学園の開設などを行ってきたところであります。

 本年度は、県の事業でもあります地域提案型遊休農地活用推進事業を導入し、塩山中萩原地内と竹森地内の遊休農地約2ヘクタールを集落営農を支援するための桃の育苗畑として圃場整備を行っているところでもあります。

 今後の取り組みといたしましては、第一に土地所有者の意向を踏まえまして、また農業委員会にも経営規模拡大を希望します意欲的な農家の掘り起こしをお願いし、貸し手と借り手、売り手と買い手との結びつけを行う中で地域の中核的担い手など、意欲的な農業者への利用集積を図ってまいります。このような地道な取り組みを忍耐強く進めることが基本であると考えております。

 次に、多様な利活用の方策といたしましては、自然的、社会条件から見まして、農業上の利用を図ることが困難な遊休農地につきましては、地域の土地利用の方向、農地所有者や地域住民の意向、周辺農地への影響などを十分検討した上で、収穫体験が可能な山菜や実のなる広葉樹による里山の復元、土砂崩壊の防止や水資源の涵養などのための植林、都市住民などのレクリエーションや自家用野菜、花の生産、高齢者の生きがいづくりと児童・生徒の総合学習の機会の創出などを目的とした体験農園の整備など、多様な利活用についても検討し、適正な土地利用を進める必要があります。

 また、昨年の農業経営基盤強化促進法の一部改正により、耕作放棄地や耕作放棄地となるおそれがある農地が多く存在する地域につきましては、市が土地所有者から農地を借り受け、株式会社などの法人に農地を貸し付ける事業としてリース特区が創設されたことに伴い、今後は的確な情報の受発信を行う中で、企業の参入による遊休農地の利用の増進を図っていきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(廣瀬宗勝君) 18番、田邉民男君。



◆18番(田邉民男君) 大変数多くの利用方法等述べていただきました。答弁だけでなく、ぜひともそれを実際に生かす方向へご努力をお願いしたいと思います。

 いずれにしましても、近い将来、桃源郷と言われる甲州市の農業景観の維持が大変困難視されております。農業の衰退自体が地域の活力を失うというような心配もございます。ぜひとも、行政もすべての知恵、英知を存分に駆使しながら、農家の農地を守る方向で、また担い手サイドに立って、一歩でも遊休農地化をすることを阻止するように、ぜひともお願いしたいです。これで、1年、2年で簡単に答えが出るものではないと思いますが、ぜひとも、どれだけもいいから、一歩でも半歩でもいいから、前へ進むような政策をとって頑張っていただきたいと思います。大変つたない質問で申しわけございませんでしたが、私の質問を終了させていただきます。どうもありがとうございました。



○議長(廣瀬宗勝君) 田邉民男君の一般質問を終わります。

 ここでお諮りいたします。一般質問の途中でありますが、あす10日も一般質問の日程となっております。よって、本日はここで会議を打ち切りたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) ご異議なしと認めます。

 よって、本日の会議はここで打ち切ります。

 10日の本会議は午前10時から開きます。

 本日はこれをもって散会いたします。

     〔散会 午後3時43分〕