議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲州市

平成23年  9月 定例会 09月29日−05号




平成23年  9月 定例会 − 09月29日−05号







平成23年  9月 定例会



          平成23年甲州市議会9月定例会会議録

                 平成23年9月29日(木)午後1時30分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第5号)

   平成23年9月29日(月)午後1時30分開議

  第1 教育民生常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第55号 甲州市附属機関の設置に関する条例及び甲州市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第57号 甲州市子ども医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第58号 甲州市ひとり親家庭医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第59号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第5号)

             第1表 歳入歳出予算補正のうち

              歳出 第3款 民生費

                 第4款 衛生費

                 第10款 教育費

     ◯議案第60号 平成23年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)

     ◯議案第61号 平成23年度甲州市診療所事業特別会計補正予算(第1号)

     ◯議案第62号 平成23年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

     ◯議案第64号 平成23年度甲州市勝沼病院事業会計補正予算(第1号)

  第2 建設経済常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第59号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第5号)

             第1表 歳入歳出予算補正のうち

              歳出 第6款 農林水産業費

                 第7款 商工費

                 第8款 土木費

     ◯議案第63号 平成23年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

  第3 総務常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第56号 甲州市勝沼農業農村情報連絡施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第59号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第5号)

             第1表 歳入歳出予算補正のうち

              歳入 全款

              歳出 第2款 総務費

                 第9款 消防費

             第2表 地方債補正

             第3表 繰越明許費

     ◯議案第65号 字の区域の変更について

  第4 一般会計等決算審査特別委員会付託事件の報告

     ◯認定第1号 平成22年度甲州市一般会計歳入歳出決算

     ◯認定第11号 平成22年度甲州市大藤財産区特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第12号 平成22年度甲州市神金財産区特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第13号 平成22年度甲州市萩原山財産区特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第14号 平成22年度甲州市竹森入財産区特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第15号 平成22年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計歳入歳出決算

  第5 水道事業会計等決算審査特別委員会付託事件の報告

     ◯認定第2号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第3号 平成22年度甲州市診療所事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第4号 平成22年度甲州市老人保健特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第5号 平成22年度甲州市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第6号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第7号 平成22年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第8号 平成22年度甲州市訪問看護事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第9号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第10号 平成22年度甲州市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第16号 平成22年度甲州市水道事業会計決算

     ◯認定第17号 平成22年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計決算

     ◯認定第18号 平成22年度甲州市勝沼病院事業会計決算

  第6 議案第66号 甲州市職員給与条例及び甲州市職員特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例制定について

  第7 議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)

  第8 建設経済常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)

             第1表 歳入歳出予算補正のうち

              歳出 第8款 土木費

  第9 総務常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第66号 甲州市職員給与条例及び甲州市職員特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)

             第1表 歳入歳出予算補正のうち

              歳入 第19款 繰越金

  第10 ◯議案第68号 教育委員会委員の任命について

  第11 ◯議案第69号 公平委員会委員の選任について

  第12 ◯議案第70号 固定資産評価審査委員会委員の選任について

  第13 ◯議案第71号 人権擁護委員の推薦について

  第14 議会運営委員会の研修許可について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した案件

  日程第1 教育民生常任委員会付託事件の報告

  日程第2 建設経済常任委員会付託事件の報告

  日程第3 総務常任委員会付託事件の報告

  日程第4 一般会計等決算審査特別委員会付託事件の報告

  日程第5 水道事業会計等決算審査特別委員会付託事件の報告

  日程第6 議案第66号

  日程第7 議案第67号

  日程第8 建設経済常任委員会付託事件の報告

  日程第9 総務常任委員会付託事件の報告

  日程第10 議案第68号

  日程第11 議案第69号

  日程第12 議案第70号

  日程第13 議案第71号

  日程第14 発議案第5号

  日程第15 議会運営委員会の研修許可について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18人)

                             1番  佐藤大輔君

                             2番  川口信子君

                             3番  中村勝彦君

                             4番  桐原正仁君

                             5番  丸山国一君

                             6番  矢野義典君

                             7番  廣瀬重治君

                             8番  廣瀬 一君

                             9番  夏八木盛男君

                            10番  古屋 久君

                            11番  古屋匡三君

                            12番  平塚 義君

                            13番  野尻陽子君

                            14番  曽根益彦君

                            15番  岡 武男君

                            16番  廣瀬宗勝君

                            17番  田邉民男君

                            18番  廣瀬元久君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

               市長                田辺 篤君

               副市長               鷹野勝己君

               教育委員長             宮崎秀子君

               教育長               保坂一仁君

               ぶどうの丘事業管理者        佐野光成君

               代表監査委員            平山尋文君

               政策秘書課長            菊島浩一君

               総務課長              栗原宣如君

               財政課長              武川市雄君

               管財課長              藤枝一雄君

               会計管理者             楠 行雄君

               税務課長              三森 斉君

               収納課長              雨宮敏明君

               市民生活課長            三森哲也君

               環境政策課長            萩原政雄君

               建設課長              依田文吾君

               都市整備課長            宮原 万君

               産業振興課長            樋口一重君

               農業土木課長            広瀬富雄君

               観光交流課長            古屋拓巳君

               福祉介護課長            桐林雅樹君

               子育て対策課長           雨宮 修君

               健康増進課長            井上愛子君

               鈴宮寮長              向山一郎君

               教育総務課長            内田三男君

               生涯学習課長            山中 宏君

               ぶどうの丘事務局長         古屋公男君

               勝沼地域総合局長          小澤裕二君

               大和地域総合局長          佐藤 正君

               水道課長              高山義一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席事務局職氏名

               事務局長              三科 茂

               書記                町田幸一

               書記                早川 崇

     〔開議 午後1時30分〕



○議長(古屋久君) ただいまの出席議員18人、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました印刷物のとおりといたしますので、ご協力をお願いいたします。

 ここで、暫時休憩いたします。

 直ちに第三委員会室へご集合ください。

             休憩 午後1時30分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後2時00分



○議長(古屋久君) それでは、再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 教育民生常任委員会付託事件の報告



○議長(古屋久君) 日程第1に入ります。

 教育民生常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、廣瀬重治君。



◆教育民生常任委員会委員長(廣瀬重治君) 教育民生常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る9月11日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第55号 甲州市附属機関の設置に関する条例及び甲州市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第57号 甲州市子ども医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第58号 甲州市ひとり親家庭医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第59号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第5号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出、第3款民生費、第4款衛生費、第10款教育費、議案第60号 平成23年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)、議案第61号 平成23年度甲州市診療所事業特別会計補正予算(第1号)、議案第62号 平成23年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)、議案第64号 平成23年度甲州市勝沼病院事業会計補正予算(第1号)、以上の事件を審査するため、9月14日に教育民生常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 当日は委員全員が出席し、当局から各議案について説明を聴取し、慎重審査の結果、議案についてはいずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、教育民生常任委員会の報告を終わります。



○議長(古屋久君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第1の質疑を打ち切ります。

 この際、申し上げます。

 議案第59号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第5号)については、各常任委員長報告の後、一括して決定することといたしますので、ご承知願います。

 お諮りします。教育民生常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第59号を除く他の事件については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第55号 甲州市附属機関の設置に関する条例及び甲州市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第57号 甲州市子ども医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第58号 甲州市ひとり親家庭医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第60号 平成23年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)、議案第61号 平成23年度甲州市診療所事業特別会計補正予算(第1号)、議案第62号 平成23年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)、議案第64号 平成23年度甲州市勝沼病院事業会計補正予算(第1号)、以上7件については、採決を省略し、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第55号、議案第57号、議案第58号、議案第60号、議案第61号、議案第62号及び議案第64号については、委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 建設経済常任委員会付託事件の報告



○議長(古屋久君) 日程第2に入ります。

 建設経済常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、古屋匡三君。



◆建設経済常任委員会委員長(古屋匡三君) 建設経済常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る9月11日の本会議において、当委員会に審査付託された議案第59号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第5号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出、第6款農林水産業費、第7款商工費、第8款土木費、議案第63号 平成23年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第1号)、以上の事件を審査するため、9月15日に建設経済常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 当日は委員全員と議長が出席し、当局から各議案について説明を聴取し、慎重審査の結果、いずれも原案のとおり可決するものと決しました。

 なお、当委員会は、議会閉会中も継続して審査を行いたいので議長に申し入れます。

 以上で、建設経済常任委員会の報告を終わります。



○議長(古屋久君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第2の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。建設経済常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第59号を除く議案第63号については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第63号 平成23年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第1号)については、採決を省略し、委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第63号については、委員長報告のとおり可決されました。

 続いて、お諮りいたします。委員長申し出のとおり議会閉会中の委員会開催を許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員長申し出のとおり議会閉会中の委員会開催を許可いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 総務常任委員会付託事件の報告



○議長(古屋久君) 日程第3に入ります。

 総務常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、平塚 義君。



◆総務常任委員会委員長(平塚義君) 総務常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る9月11日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第56号 甲州市勝沼農業農村情報連絡施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第59号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第5号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入全款、歳出、第2款総務費、第9款消防費、第2表地方債補正、第3表繰越明許費、議案第65号 字の区域の変更について、以上の事件を審査するため、9月16日に総務常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 当日は、委員全員と議長が出席し、当局から各議案についての説明を聴取し、慎重審査の結果、議案については、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、議案第65号 字の区域の変更については、変更される字の区域のうち、甲州市大字塩山中萩原字中田1410番地1を1410番地2に、また甲州市大字塩山中萩原字北田890番地の一部及び890番地に隣接する水路である市有地の全部を甲州市大字塩山中萩原字北田890番地、930番地、931番地の一部及び890番地の地先である水路、並びに930番地、931番地、934番地、936番地に隣接する水路、道路である市有地の全部に訂正し、字界変更図もこれに伴い修正した上で審議を行いました。

 なお、当委員会は議会閉会中に委員会研修を実施したいので、許可くださいますよう議長に申し出ます。

 以上で、総務常任委員会の報告を終わります。



○議長(古屋久君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第3の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。総務常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第59号を除く他の事件については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第56号 甲州市勝沼農業農村情報連絡施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第65号 字の区域の変更について、以上2件については採決を省略し、委員長報告とおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第56号及び議案第65号については、委員長報告のとおり可決されました。

 続いて、お諮りいたします。委員長申し出のとおり議会閉会中の委員会研修を許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員長申し出のとおり議会閉会中の委員会研修を許可いたします。

 お諮りいたします。各常任委員会に審査を付託した議案第59号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第5号)については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第59号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第5号)については、採決を省略し各常任委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第59号については、各常任委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 一般会計等決算審査特別委員会付託事件の報告



○議長(古屋久君) 日程第4に入ります。

 一般会計等決算審査特別委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、廣瀬元久君。



◆一般会計等決算審査特別委員会委員長(廣瀬元久君) 一般会計等決算審査特別委員会付託事件の報告を申し上げます。

 会議の冒頭正副委員長の互選を行い、私が委員長に、佐藤大輔委員が副委員長にそれぞれ選任され就任をいたしました。

 去る9月11日の本会議において、当委員会に審査付託された認定第1号 平成22年度甲州市一般会計歳入歳出決算、認定第11号 平成22年度甲州市大藤財産区特別会計歳入歳出決算、認定第12号 平成22年度甲州市神金財産区特別会計歳入歳出決算、認定第13号 平成22年度甲州市萩原山財産区特別会計歳入歳出決算、認定第14号 平成22年度甲州市竹森入財産区特別会計歳入歳出決算、認定第15号 平成22年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計歳入歳出決算、以上の事件を審査するため、9月21日及び9月22日の両日、一般会計等決算審査特別委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 両日とも、委員全員と議長が出席し、一般会計の決算については会計管理者の、各財産区の決算については出納員の説明を受け、次に代表監査委員から審査意見を求め、さらに一般会計については、担当課長から詳細に説明を聴取し、慎重審査の結果、各決算については、いずれも認定すべきものと決しました。

 なお、認定第1号については、起立による採決の結果、認定すべきものと決しました。

 以上で、一般会計等決算審査特別委員会の報告を終わります。



○議長(古屋久君) 報告は終わりました。

 この報告に対し質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第4の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。一般会計等決算審査特別委員会に審査を付託した各決算については討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) 異議ありですか。

     (「はい、討論」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がありますので、認定第1号については、討論を行います。

 最初に、委員長報告に対し、反対の討論を許可いたします。

 2番、川口信子君。



◆2番(川口信子君) 認定第1号について、平成22年度一般会計決算の認定に対して反対討論を行います。

 市長は、市政の概要で市税が減収する中で人件費や公債費の抑制で引き続き財政調整基金への積み立てを行えたと述べております。歳入では、市税、固定資産税は収入未済額が3億4,000万円、不納欠損額も2,900万円になっています。生活保護世帯は3年間で50人以上ふえています。164世帯、就学援助も年々増加しており、市民生活と経済状況は引き続き大変厳しい状況だということがうかがえます。全国的にも年収200万円以下の人が2010年度には1,045万人以上にもなって必死に働いても働いてもワーキングプアから抜け出せない層が逆にふえています。市は人件費の削減で集中改革プラン、あるいは第1次行政改革に沿って職員を5年間で51人減らすとしてきましたけれども、既に目標以上の削減を行っています。ことし1月には片山総務大臣は以前から進めてきた集中改革プランにとらわれることなく、自治体では業務と職員とのバランスはみずから考えて、これから定数管理などをやっていただきたい、こう言っております。国の言いなりではなく、甲州市の実態に見合った住民福祉、市民サービスに十分対応できるような職員配置数にすべきだと思います。一方で財政の健全化といって財政調整基金は5億5,000万円を積み増ししています。合計10億円の基金になっていますが、財政調整基金は余裕のあるときに積み立てる貯金です。市民生活がこのように厳しいときこそ、財政調整基金をこれほど積み増しせず、削ったきめ細かい住民福祉や住民サービスをもとに戻すべきだと思います。

 歳出では、これまでも議会の中で論議されてきましたけれども、市民の歌作成委託料、市制50周年記念コンサート料など約800万円、清掃総務管理費の保証金140万円、これらはとても納得できる支出ではありません。

 よって、平成22年度一般会計は認定できず反対をいたします。



○議長(古屋久君) 次に、委員長の報告に対し、賛成の討論を許可いたします。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) 討論を打ち切ります。

 続いて、認定第1号 平成22年度甲州市一般会計歳入歳出決算については、起立による採決を行います。

 本件に対する委員長の報告は認定とするものです。本件は委員長報告のとおり認定することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(古屋久君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって、認定第1号については認定することに決しました。

 お諮りいたします。認定第1号を除く他の事件については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。認定第1号を除く他の事件については、採決を省略し委員長報告のとおり決するのにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、認定第11号、認定第12号、認定第13号、認定第14号及び認定第15号については、認定することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 水道事業会計等決算審査特別委員会付託事件の報告



○議長(古屋久君) 日程第5に入ります。

 水道事業会計等決算審査特別委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、丸山国一君。



◆水道事業会計等決算審査特別委員会委員長(丸山国一君) 水道事業会計等決算審査特別委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る9月11日の本会議において、当委員会に審査を付託された認定第2号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、認定第3号 平成22年度甲州市診療所事業特別会計歳入歳出決算、認定第4号 平成22年度甲州市老人保健特別会計歳入歳出決算、認定第5号 平成22年度甲州市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、認定第6号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計歳入歳出決算、認定第7号 平成22年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計歳入歳出決算、認定第8号 平成22年度甲州市訪問看護事業特別会計歳入歳出決算、認定第9号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計歳入歳出決算、認定第10号 平成22年度甲州市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算、認定第16号 平成22年度甲州市水道事業会計決算、認定第17号 平成22年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計決算、認定第18号 平成22年度甲州市勝沼病院事業会計決算、以上の事件を審査するため、9月26日及び9月27日の両日、水道事業会計等決算審査特別委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 冒頭、正副委員長の互選があり、私が委員長に、中村勝彦委員が副委員長に選任されました。両日とも委員全員と議長が出席し、特別会計の決算については会計管理者の説明を受け、次に代表監査委員の審査意見を求め、さらに担当課長から詳細に説明を聴取し、また公営企業会計の決算については、代表監査委員の審査意見を求め、次いで担当課長から詳細に説明を聴取し、慎重審査の結果、各決算については、いずれも認定すべきものと決しました。

 また、剰余金処分計算書及び欠損金処理計算書については、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、認定第17号 平成22年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計決算については、監査委員の決算審査意見書において、計数的には誤りのないものとされるが、その会計処理に多くの疑問が残され、公営企業としての総括的な財務処理が適正に行われているとは述べ難いとの厳しい指摘を受けております。

 これにより当委員会では、監査委員の指摘を重く厳正に受けとめるとともに、これからも勝沼ぶどうの丘が甲州市のシンボルであり続けることを強く切望することから、認定第17号については付帯決議を付して認定することに決しました。

 付帯決議の内容は、以下のとおりであります。

 1、監査委員から、ぶどうの丘事業管理者に送付された平成22年度勝沼ぶどうの丘事業決算審査における指摘事項の改善を平成24年3月末までに可能な限り図ること。

 その内容は、公営企業会計の処理に適した財務処理として、?款項目節ごとの予算管理、?支出負担行為および支出命令を行う、?検査、検収を行う、?公営企業会計専門職員の育成と専用システムの導入、?透明性のある給与、手当の支給を行うことであります。

 具体的な一端としては公用車の購入やバーベキューガーデン改修工事などにおいて、契約日に基づく支出負担行為がされていない、また条例にない手当の支払い、不透明な昇給による給与の支払いがあるなど、改善が必要な事例が数多く指摘されています。

 2、山梨県等の組織体制にならい、市当局にぶどうの丘公営事業の担当課を設置し、市長を初め関係各課がぶどうの丘事務局等と連携を図り、事務の引き継ぎの徹底などぶどうの丘事業の運営について責任を共有すること。

 3、公営企業として、すべての事務処理について関係法令に沿った運用を行うこと。また、現在の事務処理体制が関係法令に準拠して行われているのかを市の関係各課を交えて精査すること。

 4、地方公営企業法及び甲州市職員給与条例など各関係法令との整合性を強く意識する中で、公営企業として透明性のある組織体制の構築と事業展開を行うこと。

 以上が認定第17号に付する付帯決議であります。市長並びにぶどうの丘事業管理者におかれましては、この付帯決議と監査委員の指摘事項を真摯に受けとめ、公営企業として適正な運営を行うことを強く申し入れるものでございます。

 委員長として目的は一つであります。万里一空の心の持ち方をもって、臨んでいただくことを切に望み、水道事業会計等決算審査特別委員会の報告を終わります。



○議長(古屋久君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第5の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。水道事業会計等決算審査特別委員会に審査を付託した各決算については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。認定第2号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、認定第3号 平成22年度甲州市診療所事業特別会計歳入歳出決算、認定第4号 平成22年度甲州市老人保健特別会計歳入歳出決算、認定第5号 平成22年度甲州市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、認定第6号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計歳入歳出決算、認定第7号 平成22年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計歳入歳出決算、認定第8号 平成22年度甲州市訪問看護事業特別会計歳入歳出決算、認定第9号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計歳入歳出決算、認定第10号 平成22年度甲州市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算、認定第16号 平成22年度甲州市水道事業会計決算、認定第17号 平成22年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計決算、認定第18号 平成22年度甲州市勝沼病院事業会計決算、以上12件については、採決を省略し、委員長報告のとおり認定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、認定第2号、認定第3号、認定第4号、認定第5号、認定第6号、認定第7号、認定第8号、認定第9号、認定第10号、認定第16号、認定第17号及び認定第18号については、認定することに決しました。

 お諮りいたします。認定第16号 平成22年度甲州市水道事業欠損金処理計算書、認定第17号 平成22年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業剰余金処分計算書及び認定第18号 平成22年度甲州市勝沼病院事業剰余金処分計算書については、委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、認定第16号の欠損金処理計算書、認定第17号及び認定第18号の剰余金処分計算書については、委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第66号



○議長(古屋久君) 日程第6に入ります。

 議案第66号 甲州市職員給与条例及び甲州市職員特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第66号 甲州市職員給与条例及び甲州市職員特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例制定についてご説明をいたします。

 大藤診療所の医師の職員としての採用について、その困難性及び県内市町村における医師に対する手当の支給額の状況にかんがみ、これらに対処するために初任給調整手当及び特殊勤務手当の額を引き上げ、医師の処遇改善を図る必要があるため、制定するものでございます。

 以上、よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願いを申し上げます。



○議長(古屋久君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第6の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。ただいま上程中の議案第66号 甲州市職員給与条例及び甲州市職員特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例制定については総務常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第67号



○議長(古屋久君) 日程第7に入ります。

 議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)についてご説明をいたします。

 今回追加をさせていただきました補正は、台風10号の影響により市道及び水路に改修作業の必要性が生じたことから、それにかかわる経費として歳入、歳出それぞれ750万円を追加するものであります。

 歳出におきましては、土木費へ道路維持事業費400万円、河川維持管理費350万円を追加し、歳入におきましては繰越金へ750万円を追加するものであります。

 以上、よろしくご審議の上、ご議決いただけますようお願い申し上げます。



○議長(古屋久君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第7の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。ただいま上程中の議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)については、次のように各常任委員会に審査を付託したいと思いますので、お聞き取り願います。議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)、第1表歳入歳出予算補正、歳入第19款繰越金については総務常任委員会へ、議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)、第1表歳入歳出予算補正、歳出第8款土木費については建設経済常任委員会へそれぞれ審査を付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、さよう決しました。

 ここで暫時休憩いたします。休憩中に各常任委員長協議の上、委員会の開催をお願いいたします。

 なお、再開は追って連絡いたします。

             休憩 午後2時50分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後3時41分



○議長(古屋久君) それでは、再開をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 建設経済常任委員会付託事件の報告



○議長(古屋久君) 日程第8に入ります。

 建設経済常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、古屋匡三君。



◆建設経済常任委員会委員長(古屋匡三君) 建設経済常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 本日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)、第1表歳入歳出予算補正、歳出第8款土木費、以上の事件を審査するため、休憩中に建設経済常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 委員会には委員全員と議長が出席し、当局から各議案について説明を聴取し、慎重審査の結果、原案のとおり可決するものと決しました。

 以上で、建設経済常任委員会の報告を終わります。



○議長(古屋久君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第8の質疑を打ち切ります。

 この際、申し上げます。議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)については総務常任委員長報告の後、一括して決定することといたしますので、ご承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 総務常任委員会付託事件の報告



○議長(古屋久君) 日程第9に入ります。

 総務常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、平塚 義君。



◆総務常任委員会委員長(平塚義君) 総務常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 本日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第66号 甲州市職員給与条例及び甲州市職員特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)、第1表歳入歳出予算補正、歳入第19款繰越金、以上の事件を審査するため、休憩中に総務常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 委員会には委員全員と議長が出席し、当局から各議案についての説明を聴取し、慎重審査の結果、議案についてはいずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、総務常任委員会の報告を終わります。



○議長(古屋久君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第9の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。総務常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第67号を除く議案第66号については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第66号 甲州市職員給与条例及び甲州市職員特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例制定については採決を省略し、委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。よって、議案第66号については委員長報告のとおり可決されました。

 お諮りいたします。各常任委員会に審査を付託した議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第67号 平成23年度甲州市一般会計補正予算(第6号)については採決を省略し、各常任委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。よって、議案第67号については各常任委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議案第68号



○議長(古屋久君) 日程第10に入ります。

 議案第68号 教育委員会委員の任命についてを議題といたします。

 議案の朗読を事務局長にいたさせます。

 議会事務局長、三科 茂君。



◎議会事務局長(三科茂君) (「議案朗読」)



○議長(古屋久君) 朗読は終わりました。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第68号 教育委員会委員の任命についてご説明をいたします。

 市教育委員会委員、宮崎秀子氏が平成23年12月9日に任期満了になります。新たに小菅信子氏を任命したいのでご同意いただきたくご提案申し上げます。よろしくお願いいたします。



○議長(古屋久君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第10の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案については会議規則第38条第3項の規定により委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第68号 教育委員会委員の任命については採決を省略し、これに同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第68号については同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 議案第69号



○議長(古屋久君) 日程第11に入ります。

 議案第69号 公平委員会委員の選任についてを議題といたします。

 議案の朗読を事務局長にいたさせます。

 議会事務局長、三科 茂君。



◎議会事務局長(三科茂君) (「議案朗読」)



○議長(古屋久君) 朗読は終わりました。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第69号 公平委員会委員の選任についてご説明をいたします。

 公平委員会委員、手塚正雄氏が平成23年12月9日に任期満了となります。新たに雨宮 信氏を選任したいので、ご同意いただきたくご提案申し上げます。よろしくお願いをいたします。



○議長(古屋久君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第11の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案については会議規則第38条第3項の規定により委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第69号 公平委員会委員の選任については採決を省略し、これに同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第69号については同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 議案第70号



○議長(古屋久君) 日程第12に入ります。

 議案第70号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

 議案の朗読を事務局長にいたさせます。

 議会事務局長、三科 茂君。



◎議会事務局長(三科茂君) (「議案朗読」)



○議長(古屋久君) 朗読は終わりました。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第70号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてご説明をいたします。

 固定資産評価審査委員会委員、中村 猛氏、風間 力氏及び内田金光氏が平成23年12月9日に任期満了となります。引き続き中村 猛氏、風間 力氏、新たに内田定男氏を選任したいので、ご同意いただきたくご提案申し上げます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(古屋久君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第12の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案については会議規則第38条第3項の規定により委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第70号 固定資産評価審査委員会委員の選任については採決を省略し、これに同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第70号については同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第13 議案第71号



○議長(古屋久君) 日程第13に入ります。

 議案第71号 人権擁護委員の推薦についてを議題といたします。

 議案の朗読を事務局長にいたさせます。

 議会事務局長、三科 茂君。



◎議会事務局長(三科茂君) (「議案朗読」)



○議長(古屋久君) 朗読は終わりました。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第71号 人権擁護委員の推薦についてご説明をいたします。

 人権擁護委員、石田清子氏が平成23年12月31日に任期満了となります。再び石田清子氏を推薦したいので、ご意見いただきたくご提案申し上げます。よろしくお願いいたします。



○議長(古屋久君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) それでは、日程第13の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案については会議規則第38条第3項の規定により委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第71号 人権擁護委員の推薦については採決を省略し、これに同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第71号については同意することに決しました。

     (「休憩お願いします」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) 休憩いたします。

             休憩 午後4時03分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後4時43分



○議長(古屋久君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(古屋久君) この際申し上げます。会議時間を1時間延長し午後6時までといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△動議の提出



◆7番(廣瀬重治君) 動議の提出をいたします。



○議長(古屋久君) 7番、廣瀬重治君。動議の理由を述べてください。



◆7番(廣瀬重治君) 新たな特別委員会の設置を求めたいと思います。

 特別委員会は、市長の資産の調査特別委員会という形での特別委員会を設置したいということでお願い申し上げます。その件に関してご審議をお願いいたします。



○議長(古屋久君) ただいま廣瀬重治議員から提出されました動議に賛成の方の挙手を求めます。

     (賛成者挙手)



○議長(古屋久君) 廣瀬重治議員から提出された動議は、甲州市議会会議規則第16条第1項に定められているとおり2人以上の賛成がありますので、成立いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(古屋久君) よって、議事日程を繰り下げ、市長の資産調査特別委員会設置の件を日程に追加し、直ちに議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第14 発議案第5号



○議長(古屋久君) 日程第14、市長の資産調査特別委員会設置の件を議題といたします。

 市長の資産調査特別委員会設置を求める理由について、廣瀬重治議員の発言を許可いたします。

 7番、廣瀬重治君。



◆7番(廣瀬重治君) 特別委員会の設置を求める理由についてを述べさせていただきます。

 田辺市長の資産調査特別委員会を求める理由は今般報道機関等によっても発表されていたり、また本日の全員協議会の中で市長自身からの説明の時間もありましたが、そのことに関係いたしまして個人的な問題として内容的なこと等についての細かいご説明はいただいておりませんけれども、また事件自体は確かに公務とは関係ない個人の部分であることを理解をしておりますけれども、公の立場で自治体の執行者として3万6,000名の財産、生命を預かる、また市の予算の執行のすべての権限を持つ立場の方として多くの市民からはその信頼によって負託されているわけでありますが、そういう大きな経済行為の中で疑わしいところが出ているということはその事実がどちらであるにしても、大変大きな市民にとっての不安を呼ぶことになっていると思います。その中で事実関係を議会としては正確に把握する必要があるということから、市長の資産については条例上既に公開をされておるわけなので、その条例で公開をされている範囲はこの5年間のものについては随時それがわかるわけですけれども、それらと今回の事件との関連についてとか、あるいはそういった問題がこれ以上に発生しないというようなことも含めまして、議会としてはこの問題について市民の不安を少しでも早く取り除くという意味合いからも積極的にこのことに対して調査をしていくべきだというふうに思っています。

 でありますので、このことについては公正な、そして公平な市長の仕事を執行していただくためにもぜひ議会としては慎重にこのことを調査し、議会として間違いなく市長としての仕事についての仕事が行われるように委員会の中でそれらのことを調査し、結果を発表することが必要であると思います。そのようなことを理由として今回この特別委員会の設置を求めるということが私の理由でございます。

 以上です。



○議長(古屋久君) 説明は終わりました。

 ここで市長の資産調査特別委員会設置の件について採決を行います。

 お諮りいたします。市長の資産調査特別委員会設置を求めることについて賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(古屋久君) お座りください。起立少数であります。

 よって、市長の資産調査特別委員会設置を求めることは否決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第15 議会運営委員会の研修許可について



○議長(古屋久君) 日程第15に入ります。

 議会運営委員会の研修許可についてを議題といたします。

 議会運営委員長より議会閉会中に委員会研修を行いたい旨の申し出がありました。

 お諮りいたします。議会運営委員長申し出のとおり、これを許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、さよう決しました。

 本定例会の会議に付された事件は、すべて審議を終了いたしました。

 以上をもちまして、平成23年甲州市議会9月定例会を閉会といたします。

     〔閉会 午後4時51分〕

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

           議長      古屋 久

           署名議員    廣瀬 一

           署名議員    夏八木盛男