議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲州市

平成22年 12月 定例会 12月21日−04号




平成22年 12月 定例会 − 12月21日−04号







平成22年 12月 定例会



          平成22年甲州市議会12月定例会会議録

                平成22年12月21日(火)午後1時30分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第4号)

   平成22年12月21日(火)午後1時30分開議

  第1 教育民生常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第103号 甲州市子ども医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第104号 甲州市出産及び入学祝金支給条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第105号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第5号)

              第1表 歳入歳出予算補正のうち

               歳出 第3款 民生費

                  第4款 衛生費

                  第10款 教育費

              第2表 債務負担行為補正のうち

               甲州市環境センターし尿処理場の指定管理業務に係る指定管理料

               甲州市勝沼健康福祉センターの指定管理業務に係る指定管理料

               甲州市大和福祉センター及び甲州市大和デイサービスセンターの指定管理業務に係る指定管理料

               甲州市塩山B&G海洋センターの指定管理業務に係る指定管理料

     ◯議案第106号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)

     ◯議案第107号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)

     ◯議案第108号 平成22年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第2号)

     ◯議案第113号 甲州市環境センターし尿処理場の指定管理者の指定について

     ◯議案第114号 甲州市勝沼健康福祉センターの指定管理者の指定について

     ◯議案第115号 甲州市大和福祉センター・甲州市大和デイサービスセンターの指定管理者の指定について

     ◯議案第119号 甲州市塩山B&G海洋センターの指定管理者の指定について

     ◯議案第121号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第6号)

              第1表 歳入歳出予算補正のうち

               歳出 第3款 民生費

                  第10款 教育費

              第2表 繰越明許費補正のうち

                  第3款 民生費

                  第10款 教育費

     ◯請願第6号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願

  第2 建設経済常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第100号 甲州市近代産業遺産宮光園設置及び管理条例制定について

     ◯議案第105号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第5号)

              第1表 歳入歳出予算補正のうち

               歳出 第6款 農林水産業費

                  第7款 商工費

                  第8款 土木費

              第2表 債務負担行為補正のうち

               甲州市甲斐の国大和自然学校施設の指定管理業務に係る指定管理料

               甲州市やまと天目山温泉資源活用施設の指定管理業務に係る指定管理料

               甲州市農産物加工体験施設及び道の駅甲斐大和の指定管理業務に係る指定管理料

              第4表 繰越明許費

     ◯議案第109号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

     ◯議案第110号 平成22年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)

     ◯議案第116号 甲州市甲斐の国大和自然学校施設の指定管理者の指定について

     ◯議案第117号 甲州市やまと天目山温泉資源活用施設外1施設の指定管理者の指定について

     ◯議案第118号 甲州市農産物加工体験施設外1施設の指定管理者の指定について

     ◯議案第121号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第6号)

              第1表 歳入歳出予算補正のうち

               歳出 第7款 商工費

                  第8款 土木費

              第2表 繰越明許費補正のうち

                  第8款 土木費

  第3 総務常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第101号 甲州市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正する条例制定について

     ◯議案第102号 甲州市勝沼農業農村情報連絡施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第105号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第5号)

              第1表 歳入歳出予算補正のうち、歳入全款

               歳出 第2款 総務費

                  第9款 消防費

              第3表 地方債補正

     ◯議案第111号 字の区域の変更について

     ◯議案第112号 甲州市勝沼農業農村情報連絡施設の指定管理者の指定について

     ◯議案第121号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第6号)

              第1表 歳入歳出予算補正のうち、歳入全款

  第4 ◯議案第122号 甲州市住民生活に光をそそぐ基金条例制定について

  第5 ◯議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)

  第6 教育民生常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)

              第1表 歳入歳出予算補正のうち

               歳出 第3款 民生費

                  第4款 衛生費

  第7 建設経済常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)

              第1表 歳入歳出予算補正のうち

               歳出 第6款 農林水産業費

  第8 総務常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第122号 甲州市住民生活に光をそそぐ基金条例制定について

     ◯議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)

              第1表 歳入歳出予算補正のうち、歳入全款

               歳出 第2款 総務費

  第9 ◯議案第124号 人権擁護委員の推薦について

  第10 ◯発議案第8号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書の提出について

  第11 議長辞職の件

  第12 議長選挙

  第13 釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の補欠選挙

  第14 ◯議案第125号 監査委員の選任について

  第15 議会運営委員会の研修許可について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した案件

  日程第1 教育民生常任委員会付託事件の報告

  日程第2 建設経済常任委員会付託事件の報告

  日程第3 総務常任委員会付託事件の報告

  日程第4 議案第122号

  日程第5 議案第123号

  日程第6 教育民生常任委員会付託事件の報告

  日程第7 建設経済常任委員会付託事件の報告

  日程第8 総務常任委員会付託事件の報告

  日程第9 議案第124号

  日程第10 発議案第8号

  日程第11 議長辞職の件

  日程第12 議長選挙

  日程第13 釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の補欠選挙

  日程第14 議案第125号

  日程第15 議会運営委員会の研修許可について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18人)

                             1番  佐藤大輔君

                             2番  川口信子君

                             3番  中村勝彦君

                             4番  桐原正仁君

                             5番  丸山国一君

                             6番  矢野義典君

                             7番  廣瀬重治君

                             8番  廣瀬 一君

                             9番  夏八木盛男君

                            10番  古屋 久君

                            11番  古屋匡三君

                            12番  平塚 義君

                            13番  野尻陽子君

                            14番  曽根益彦君

                            15番  岡 武男君

                            16番  廣瀬宗勝君

                            17番  田邉民男君

                            18番  廣瀬元久君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

               市長                田辺 篤君

               副市長               佐藤繁則君

               教育委員長             宮崎秀子君

               教育長               古屋正吾君

               ぶどうの丘事業管理者        佐野光成君

               政策秘書課長            萩原哲夫君

               総務課長              雨宮英司君

               財政課長              武川市雄君

               会計管理者             荻原博夫君

               管財課長              雨宮 修君

               税務課長              三森 斉君

               収納課長              藤枝一雄君

               市民生活課長            栗原宣如君

               環境政策課長            根津克彦君

               建設課長              菊島浩一君

               都市整備課長            宮原 万君

               産業振興課長            橋爪俊夫君

               農業土木課長            荻原英幸君

               観光交流課長            古屋拓巳君

               福祉介護課長            桐林雅樹君

               子育て対策課長           山中 宏君

               健康増進課長            井上愛子君

               鈴宮寮長              佐藤 正君

               教育総務課長            内田三男君

               生涯学習課長            三森克弥君

               スポーツ振興課長          山下 均君

               水道課長              飯嶋松彦君

               勝沼地域総合局長          小澤裕二君

               大和地域総合局長          古屋公男君

               ぶどうの丘事務局長         高石克朗君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席事務局職氏名

               事務局長              三科 茂

               書記                曽根 浩

               書記                早川 崇

     〔開議 午後1時30分〕



○議長(岡武男君) ただいまの出席議員18人、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました印刷物のとおりといたしますので、ご協力をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 教育民生常任委員会付託事件の報告



○議長(岡武男君) 日程第1に入ります。

 教育民生常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、桐原正仁君。



◆教育民生常任委員会委員長(桐原正仁君) 教育民生常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る12月10日及び13日の両日本会議において、当委員会に審査を付託された議案第103号 甲州市子ども医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第104号 甲州市出産及び入学祝金支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第105号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第5号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出第3款民生費、第4款衛生費、第10款教育費、第2表債務負担行為補正のうち、甲州市環境センターし尿処理場の指定管理業務に係る指定管理料、甲州市勝沼健康福祉センターの指定管理業務に係る指定管理料、甲州市大和福祉センター及び甲州市大和デイサービスセンターの指定管理業務に係る指定管理料、甲州市塩山B&G海洋センターの指定管理業務に係る指定管理料、議案第106号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)、議案第107号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)、議案第108号 平成22年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第2号)、議案第113号 甲州市環境センターし尿処理場の指定管理者の指定について、議案第114号 甲州市勝沼健康福祉センターの指定管理者の指定について、議案第115号 甲州市大和福祉センター・甲州市大和デイサービスセンターの指定管理者の指定について、議案第119号 甲州市塩山B&G海洋センターの指定管理者の指定について、議案第121号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第6号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出第3款民生費、第10款教育費、第2表繰越明許費補正のうち、第3款民生費、第10款教育費、請願第6号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願、以上の事件を審査するため、12月15日に教育民生常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 当日は、委員全員と議長が出席し、当局から各議案についての説明を聴取し、慎重審査の結果、議案第113号 甲州市環境センターし尿処理場の指定管理者の指定については、反対多数で否決すべきものと決しました。議案第113号以外の議案については、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 また、請願第6号については、採択すべきものと決しました。

 議案第113号 甲州市環境センターし尿処理場の指定管理者の指定については、?し尿処理場に初めて指定管理者制度を導入するにもかかわらず、指定管理期間を最長の5年間としていること、?指定管理者として指名しようとする会社は、本年11月に汚水流出事故が発生した峡東浄化センターにおいて、管理運営を任されている会社であるが、流出事故の原因に直接関係していないとしても、本市の指定管理者選定委員会への報告、そして会社選定の再検討などが必要であったことなどが、否決すべきものと決した主な理由として出されました。

 なお、休憩中に、市道下於曽41号線建設に伴い出土した、塩山熊野地内の梶畑B遺跡を視察いたしました。

 以上で、教育民生常任委員会の報告を終わります。



○議長(岡武男君) 報告は終わりました。

 この報告に対して、質疑を行います。

 質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第1の質疑を打ち切ります。

 この際、申し上げます。

 議案第105号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第5号)及び議案第121号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第6号)については、各常任委員長報告の後、一括して決定することといたしますので、ご承知願います。

 お諮りいたします。教育民生常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第105号及び議案第121号を除く他の事件については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第103号 甲州市子ども医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第104号 甲州市出産及び入学祝金支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第106号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)、議案第107号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)、議案第108号 平成22年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第2号)、議案第113号 甲州市環境センターし尿処理場の指定管理者の指定について、議案第114号 甲州市勝沼健康福祉センターの指定管理者の指定について、議案第115号 甲州市大和福祉センター・甲州市大和デイサービスセンターの指定管理者の指定について、議案第119号 甲州市塩山B&G海洋センターの指定管理者の指定について、請願第6号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願、以上10件については、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 3番、中村勝彦君。



◆3番(中村勝彦君) 議案第113号 甲州市環境センターし尿処理場の指定管理者の指定については、採決を求めます。

     (「休憩お願いします」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 休憩いたします。

             休憩 午後1時42分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後1時45分



○議長(岡武男君) 再開いたします。

 ご異議がありますので、議案第113号 甲州市環境センターし尿処理場の指定管理者の指定については、起立による採決を行います。

 本案に対する委員長報告は否決です。

 よって、原案について採決いたします。本案は原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(岡武男君) ご着席ください。

 採決の結果、可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立が多数であります。

 よって、議案第113号については、原案のとおり可決されました。

     (「議長、休憩お願いします」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 休憩いたします。

             休憩 午後1時48分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後1時49分



○議長(岡武男君) 再開いたします。

 よって、議案第103号、議案第104号、議案第106号、議案第107号、議案第108号、議案第114号、議案第115号及び議案第119号については、委員長の報告のとおり可決、議案第113号についても可決されました。請願第6号については、採択することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 建設経済常任委員会付託事件の報告



○議長(岡武男君) 日程第2に入ります。

 建設経済常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、中村勝彦君。



◆建設経済常任委員会委員長(中村勝彦君) 建設経済常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る12月10日及び13日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第100号 甲州市近代産業遺産宮光園設置及び管理条例制定について、議案第105号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第5号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出第6款農林水産業費、第7款商工費、第8款土木費、第2表債務負担行為補正のうち、甲州市甲斐の国大和自然学校施設の指定管理業務に係る指定管理料、甲州市やまと天目山温泉資源活用施設の指定管理業務に係る指定管理料、甲州市農産物加工体験施設及び道の駅甲斐大和の指定管理業務に係る指定管理料、第4表繰越明許費、議案第109号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第110号 平成22年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)、議案第116号 甲州市甲斐の国大和自然学校施設の指定管理者の指定について、議案第117号 甲州市やまと天目山温泉資源活用施設外1施設の指定管理者の指定について、議案第118号 甲州市農産物加工体験施設外1施設の指定管理者の指定について、議案第121号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第6号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出第7款商工費、第8款土木費、第2表繰越明許費補正のうち、第8款土木費、以上の事件を審査するため、12月16日に建設経済常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 当日は、委員全員と議長が出席し、当局から各議案についての説明を聴取し、慎重審査の結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、議案第118号 甲州市農産物加工体験施設他1施設の指定管理者の指定については、採決の結果、賛成多数で可決すべきものと決しました。反対の理由の少数意見として、当委員会へ財団の改善計画の成果等の報告がないこと、さらには、財団指定をするならば、指定管理期間を短縮する中で、新しい事業体を見つけることが望ましいとの意見がありました。

 以上で、建設経済常任委員会の報告を終わります。



○議長(岡武男君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 18番、廣瀬元久君。



◆18番(廣瀬元久君) 議案第118号について、先ほど反対の意見として2つほど挙げましたが、財団法人として、どのような責任を今までとってきたかと。私は質疑でやりましたので、本会議でね。そのことについて、どういう、当局等の返答があったのか、その辺を明確にしていただきたい。



○議長(岡武男君) 休憩いたします。

             休憩 午後1時53分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後1時56分



◆建設経済常任委員会委員長(中村勝彦君) ご質問がありました、改善計画、委員会に報告された後の細かな成果報告等があったかという話ですが、この件に関しましては、今、改善計画が全協及び建設経済常任委員会に報告された改善計画に沿って、ただいま計画進行中というところで、報告がございました。



○議長(岡武男君) 18番、廣瀬元久君。



◆18番(廣瀬元久君) どうも私の質問の意図が酌み取れないようですから、もう一回言いますが、具体的に言います。

 平成16年8月1日のまほろばにおける加工体験の施設の中で、女性1名が右手を手首から切断したという事故がございました。その経過の中には、当然、労災もあったわけです。その中で、本来は一般的に民間のそういう問題、あるいは交通事故等においても、少なくも当局側は、和解をするような運びを十分とってやるべきであったということですが、確か19年10月ですか、被害者から裁判を起こされたというようなことの中で、4,700万円という和解金、損害賠償を求められ、それが19年6月の議会ですか、予算を可決して和解が成立したという経過があるのですが、本来財団法人が委託を受けてやっているのに、その委託を受けた理事会の議決機関であり執行機関であるその人たちがですね、何にも責任をとらないなんていうばかな話はないんです。

 だから、そのことをどういうふうに責任をとったかということを、委員会として明確にしたのかどうかということを聞いているわけです。そしてそれが、なおかつ、118号で指定管理するなんていうことは、全く論外ではないかと私は思うんです。そのことを私は委員長に聞いているわけです。どういうふうに責任をとったか、そのことを聞いているわけです。せめて、百歩譲って、いいですよ。市が4,700万円出した、これ肩代わりして出したということですから、少なくも理事は連帯責任ですよ。ですから、その責任をどうとったのかということを聞いているわけです。

     (「休憩お願いします」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 休憩いたします。

             休憩 午後2時00分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後2時15分



○議長(岡武男君) 再開いたします。

 委員長、中村勝彦君。



◆建設経済常任委員会委員長(中村勝彦君) お答えいたします。

 先ほどの質問、改善計画に対する成果等を明確にするという発言はございませんでした。

 それと、事故に対する部分の質疑ですが、その部分に対する責任問題、役員に対する責任を明確にしろというような発言はございませんでした。

     (「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 質疑は2回までで、同一質疑については2回までで打ち切ります。

     (「あのね、答弁になってないから。百歩譲ります。私も譲りますがね」と呼ぶ者あり)

     (「議長が発言の許可をしてないですよ」と呼ぶ者あり)

     (「休憩お願いします」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 休憩いたします。

             休憩 午後2時16分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後2時19分



○議長(岡武男君) 再開いたします。

 日程第2の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。建設経済常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第105号及び議案第121号を除く他の事件については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第100号 甲州市近代産業遺産宮光園設置及び管理条例制定について、議案第109号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第110号 平成22年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)、議案第116号 甲州市甲斐の国大和自然学校施設の指定管理者の指定について、議案第117号 甲州市やまと天目山温泉資源活用施設外1施設の指定管理者の指定について、議案第118号 甲州市農産物加工体験施設外1施設の指定管理者の指定について、以上6件については、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第100号、議案第109号、議案第110号、議案第116号、議案第117号及び議案第118号については、委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 総務常任委員会付託事件の報告



○議長(岡武男君) 日程第3に入ります。

 総務常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、古屋 久君。



◆総務常任委員会委員長(古屋久君) 総務常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る12月10日及び13日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第101号 甲州市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例制定について、議案第102号 甲州市勝沼農業農村情報連絡施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第105号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第5号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入全款、歳出第2款総務費、第9款消防費、第3表地方債補正、議案第111号 字の区域の変更について、議案第112号 甲州市勝沼農業農村情報連絡施設の指定管理者の指定について、議案第121号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第6号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入全款、以上の事件を審査するため、12月17日に総務常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 当日は、委員全員と議長が出席し、当局から各議案についての説明を聴取し、慎重審査の結果、いずれも原案のとおり可決するものと決しました。

 なお、休憩中に、新本庁舎地下商業エリアの現地を視察しました。

 以上で、総務常任委員会の報告を終わります。



○議長(岡武男君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第3の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。総務常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第105号及び議案第121号を除く他の事件については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第101号 甲州市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例制定について、議案第102号 甲州市勝沼農業農村情報連絡施設設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第111号 字の区域の変更について、議案第112号 甲州市勝沼農業農村情報連絡施設の指定管理者の指定について、以上4件については、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第101号、議案第102号、議案第111号及び議案第112号については、委員長の報告のとおり可決されました。

 お諮りいたします。各常任委員会に審査を付託した議案第105号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第5号)及び議案第121号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第6号)については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 13番、野尻陽子君。



◆13番(野尻陽子君) 議案第121号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第6号)について、討論、採決をお願いいたします。



○議長(岡武男君) ご異議ありますので、議案第121号について、討論を行います。

 最初に、各常任委員長の報告に対し、反対の討論を許可いたします。

 13番、野尻陽子君。



◆13番(野尻陽子君) 議案第121号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第6号)、歳出第8款土木費、第4項都市計画費、4目塩山ふれあいの森総合公園管理費のうち、15節工事請負費6,398万円について、反対の立場から討論いたします。

 この費用は、塩山総合グラウンドの水はけが悪いため、表土を25センチメートル余りをはぎ土を入れかえる費用です。しかし、この総合グラウンドは平成17年度に県から移管され、利用を始めてまだ5年です。たった5年で水がたまるグラウンドとは問題と思います。

 法律では、売買などの有償契約でその商品に通常の注意では発見できない欠陥があった場合に、売った側が負うべき賠償責任、製造物責任を定めています。総合グラウンドは使い始めて5年で、すでに水がたまるというのは、敷き詰めた土や砂や砕石等に問題があったのであり、引き渡し時にわからなかった欠陥であり、グラウンドの建設にかかわった業者に賠償の責任があるのではないでしょうか。

 業者は大手企業とか。ならば、最も水はけが悪い地点の地面を筒状にサンプル採取し、それを大学等の研究機関で検査してもらい、それをもとに、これまでに企業側と賠償交渉を重ねるべきだったのではないでしょうか。たとえ2,000万でも3,000万でもいいから賠償させる、それこそが、市民の大切な税金を預かる行政の仕事であり、責任と思います。

 そうした交渉を抜きにして、経済が厳しいこの時節、地域活性化、きめ細かな交付金として、国からの補助金約1億1,000万の半分以上の6,400万円を、総合グラウンドの表土の入れかえに使うことを、私には到底容認できず、反対せざるを得ません。

 市民の代表である議員の皆さんに熟考をお願いした上で、議案第121号 平成22年度甲州市一般会計補正予算、歳出8款土木費、4項都市計画費、4目ふれあいの森総合公園管理費のうちの15節工事請負費に反対いたす次第です。

 以上をもって、私の反対討論といたします。



○議長(岡武男君) 次に、各常任委員長の報告に対し、賛成の討論を許可いたします。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 討論を打ち切ります。

 続いて、議案第121号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第6号)について、起立による採決を行います。

 本案に対する各常任委員長の報告は可決です。

 本案は各常任委員長の報告のとおり可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(岡武男君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって、議案第121号については、各常任委員長の報告のとおり可決されました。

 お諮りいたします。議案第121号を除く、議案第105号については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第105号については、各常任委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第105号については、各常任委員長報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第122号



○議長(岡武男君) 日程第4に入ります。

 議案第122号 甲州市住民生活に光をそそぐ基金条例制定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第122号 甲州市住民生活に光をそそぐ基金条例制定についてご説明をいたします。

 本年11月26日に成立をした、国の平成22年度補正予算による地域活性化の交付金のうち、住民生活に光をそそぐ交付金にかかわる事業実施において、その財源管理を基金の設置により行う必要があるため、制定するものであります。

 以上、よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(岡武男君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

 質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第4の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。ただいま上程中の議案第122号 甲州市住民生活に光をそそぐ基金条例制定については、総務常任委員会に審査を付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議がないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第123号



○議長(岡武男君) 日程第5に入ります。

 議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)を議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)についてご説明をいたします。

 今回、追加をさせていただきました補正は、国の緊急総合経済対策に伴う、地域活性化交付金事業及び補助事業の確定による産地収益力向上支援事業等について、歳入歳出それぞれ1億7,553万9,000円を追加いたしたいとするものであります。

 歳出におきましては、総務費で住民生活に光をそそぐ基金積立金1,959万2,000円、民生費で障害者福祉諸団体育成事業補助金150万円、衛生費で子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業3,508万1,000円、農林水産業費で産地収益力向上支援事業補助金等1億1,936万6,000円を追加するものであります。

 歳入におきましては、国庫資金へ住民生活に光をそそぐ交付金等1億1,377万9,000円、県支出金へ子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業補助金等2,196万4,000円、繰越金へ3,979万6,000円を追加するものであります。

 以上、よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(岡武男君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第5の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。ただいま上程中の議案第123号については、次のように各常任委員会に審査を付託したいと思いますので、お聞き取り願います。

 議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入全款、歳出第2款総務費については、総務常任委員会へ、議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出第3款民生費、第4款衛生費については、教育民生常任委員会へ、議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出第6款農林水産業費については、建設経済常任委員会へ、それぞれ審査を付託したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議がないので、さよう決しました。

 ここで、暫時休憩いたします。

 休憩中に、各常任委員長協議の上、委員会の開催をお願いいたします。

 なお、再開は追って連絡いたします。

             休憩 午後2時40分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後3時50分



○議長(岡武男君) 再開します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 教育民生常任委員会付託事件の報告



○議長(岡武男君) 日程第6に入ります。

 教育民生常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、桐原正仁君。



◆教育民生常任委員会委員長(桐原正仁君) 教育民生常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 本日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出第3款民生費、第4款衛生費、以上の事件を審査するため、本日教育民生常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 委員会には委員全員と議長が出席し、当局から各議案についての説明を聴取し、慎重審査の結果、議案については原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、教育民生常任委員会の報告を終わります。



○議長(岡武男君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第6の質疑を打ち切ります。

 この際、申し上げます。

 議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)については、各常任委員長報告の後、一括して決定することといたしますので、ご承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 建設経済常任委員会付託事件の報告



○議長(岡武男君) 日程第7に入ります。

 建設経済常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、中村勝彦君。



◆建設経済常任委員会委員長(中村勝彦君) 建設経済常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 本日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出第6款農林水産業費、以上の事件を審査するため、本日建設経済常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 委員会には委員全員と議長が出席し、当局から各議案について説明を聴取し、慎重審査の結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、建設経済常任委員会の報告を終わります。



○議長(岡武男君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第7の質疑を打ち切ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 総務常任委員会付託事件の報告



○議長(岡武男君) 日程第8に入ります。

 総務常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、古屋 久君。



◆総務常任委員会委員長(古屋久君) 総務常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 本日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第122号 甲州市住民生活に光をそそぐ基金条例制定について、議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入全款、歳出第2款総務費、以上の事件を審査するため、本日総務常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 委員会には委員全員と議長が出席し、当局から各議案についての説明を聴取し、慎重審査の結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、総務常任委員会の報告を終わります。



○議長(岡武男君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第8の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。総務常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第123号を除く議案第122号 甲州市住民生活に光をそそぐ基金条例制定については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第122号 甲州市住民生活に光をそそぐ基金条例制定については、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第122号については、委員長の報告のとおり可決されました。

 お諮りいたします。各常任委員会に審査を付託した議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第123号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第7号)については、各常任委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第123号については、各常任委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 議案第124号



○議長(岡武男君) 日程第9に入ります。

 議案第124号 人権擁護委員の推薦についてを議題といたします。

 議案の朗読を事務局長にいたさせます。

 事務局長、三科 茂君。



◎議会事務局長(三科茂君) (「議案朗読」)



○議長(岡武男君) 朗読は終わりました。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第124号 人権擁護委員の推薦についてご説明をいたします。

 人権擁護委員、雨宮一布氏が平成23年3月31日に任期満了となります。後任に前田芳博氏を、また田邉紀俊氏、土屋英文氏を再び推薦したいので、ご意見いただきたくご提案申し上げます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(岡武男君) 説明は終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第9の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議がないので、委員会付託及び討論を省略したいと思います。

 続いて、お諮りいたします。議案第124号 人権擁護委員の推薦については、採決を省略し、これに同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第124号については、同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(岡武男君) お諮りいたします。ここで、発議案第8号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書の提出についてを日程に追加し、追加日程第10とし議題にしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、日程第10を繰り下げ日程第11とし、日程第10に発議案第8号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書の提出についてを追加し、議題とすることに決しました。

 ここで、暫時休憩いたします。

 休憩中に議員全員協議会を開催いたしますので、議員各位は第三委員会室にご参集ください。

 なお、再開は4時15分といたします。

             休憩 午後4時04分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後4時16分



○議長(岡武男君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(岡武男君) この際、申し上げます。

 会議時間を2時間延長し、午後7時までとします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第10 発議案第8号



○議長(岡武男君) 追加日程第10に入ります。

 発議案第8号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 本案は、出席議員全員による提出案件でありますので、議案の朗読、提出説明、質疑、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、議案の朗読、提出説明、質疑、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。発議案第8号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書の提出については、原案のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、発議案第8号は、原案のとおり可決いたしました。

 ここで、しばらく休憩いたします。

 再開を4時25分といたします。

             休憩 午後4時18分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後4時35分



○副議長(矢野義典君) 再開いたします。

 休憩中に、岡 武男議長から議長の辞職願が提出されました。

 よって、議長を交代し、しばらくの間、副議長の私が議長の職務を行いますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(矢野義典君) お諮りいたします。ここで、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(矢野義典君) ご異議なしと認めます。

 よって、日程第11を繰り下げ日程第12とし、日程第11に議長辞職の件を追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第11 議長辞職の件



○副議長(矢野義典君) 日程第11に入ります。

 議長辞職の件を議題といたします。地方自治法第117条の規定によって、岡 武男君の退場を求めます。

     (岡 武男前議長退場)

 辞職願の朗読を、事務局長にいたさせます。

 事務局長、三科 茂君。



◎議会事務局長(三科茂君) (「辞職願朗読」)



○副議長(矢野義典君) 朗読は終わりました。

 お諮りいたします。岡 武男議長の議長辞職を許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(矢野義典君) ご異議なしと認めます。

 よって、岡 武男議長の議長辞職を許可することに決しました。

 岡 武男前議長の復席を求めます。

     (岡 武男前議長復席)



○副議長(矢野義典君) ここで、前議長から辞任のごあいさつがありますので、お聞き取り願います。

 岡 武男前議長。



◆前議長(岡武男君) 退任に当たりまして一言ごあいさつ申し上げます。

 昨年11月臨時会において、甲州市第5代目の議長に就任いたしまして以来、本日まで大過なく過ごすことができたのも、議員皆さんを初め市長、当局の皆様のご指導ご協力のたまものと感謝申し上げます。

 6月に竣工した新庁舎の新しいこの議場で、初めて議会をできたことは、私にとっても思い出深いものとなりました。

 また、議員定数18となった中での議会活性化に向けての議会改革も、3月議会には休日議会を行うことになり、成果も見えてきていると思います。

 これから、一議員に戻りまして、甲州市政の発展のために、微力ではありますが全力を尽くしていきたいと思います。

 今後とも、よろしくご指導ご鞭撻をお願いいたしまして、簡単ではありますが、退任のあいさつにかえさせていただきます。

 本当にありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(矢野義典君) ただいま、議長が欠員となりました。

 よって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(矢野義典君) ご異議なしと認めます。

 よって、日程第12を繰り下げ日程第13とし、議長の選挙を日程第12に追加し、選挙を行うことに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第12 議長選挙



○副議長(矢野義典君) 日程第12に入ります。

 議長の選挙を行います。

 選挙の方法について、お諮りいたします。

     (「投票」と呼ぶ者あり)



○副議長(矢野義典君) ただいま、議長の選挙の方法については、投票によられたいとの発言がありました。

 お諮りいたします。議長の選挙の方法については、投票によることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(矢野義典君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は投票で行うことに決しました。

 ここで、暫時休憩いたします。

 休憩中に、議会運営委員会を開催いたしますので、委員各位は第一委員会室にご参集願います。

 再開は、追ってご連絡いたします。

             休憩 午後4時41分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後5時10分



○副議長(矢野義典君) 再開いたします。

 議場を閉鎖いたします。

     (議場閉鎖)



○副議長(矢野義典君) ただいまの出席議員数は18人です。

 投票用紙を配付いたします。

     (投票用紙配付)



○副議長(矢野義典君) 投票用紙の配布漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(矢野義典君) 配布漏れなしと認めます。

 投票箱を改めます。

     (投票箱点検)



○副議長(矢野義典君) 異状なしと認めます。

 ただいまから、投票を行います。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順次投票を願います。

     (事務局長議席番号氏名点呼、投票)



○副議長(矢野義典君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(矢野義典君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 開票を行います。

 ここで、立会人を指名いたします。

 お諮りいたします。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に5番、丸山国一君、17番、田邉民男君、以上お二人を指名したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(矢野義典君) 異議なしと認め、お二人を立会人に指名いたします。

 立会人に指名いたしました、5番、丸山国一君、17番、田邉民男君には、開票の立ち会いをお願いいたします。

     (開票)



○副議長(矢野義典君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数18票。

 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 うち有効投票    13票

   無効投票     5票

 です。

 有効投票のうち

 古屋 久君     12票

 川口信子君      1票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。

 よって、古屋 久君が議長に当選されました。

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○副議長(矢野義典君) ただいま、議長に当選されました古屋 久君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長就任あいさつ



○副議長(矢野義典君) ここで、議長に当選されました古屋 久君から、ごあいさつがありますので、お聞き取り願います。

 10番、古屋 久君。



◆10番(古屋久君) 一言ごあいさつを申し上げます。

 このたび、不肖私、議員の皆様方のご支援を賜り、第6代甲州市市議会議長に選出をいただきまして、まことに身に余る光栄に存じます。心から厚く御礼を申し上げます。

 ご案内のとおり、私はまだまだ未熟、浅学非才の身ではございますが、皆様方のお力添えをいただきながら、本市の発展と市民福祉の推進に、微力ではございますが、誠心誠意働いてまいる決意でございます。

 つきましては、何とぞ議員の皆様方、そして執行の皆様方の今まで以上のご指導ご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げまして、議長就任のあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。



○副議長(矢野義典君) ご協力ありがとうございました。

 古屋 久議長と交代いたします。

     (議長席交代)



○議長(古屋久君) 議長を交代いたしました。

 ここで、暫時休憩いたします。

             休憩 午後5時23分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後6時02分



○議長(古屋久君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(古屋久君) この際、申し上げます。

 会議時間を2時間延長し、午後9時までといたします。

 暫時休憩いたします。

 再開は、また追って連絡をいたします。

             休憩 午後6時02分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後7時05分



○議長(古屋久君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各常任委員会正副委員長交代の報告



○議長(古屋久君) 休憩中に開催されました各常任委員会において、正副委員長の交代がありましたので報告いたします。

 総務常任委員会につきましては、委員長に平塚 義君、副委員長に野尻陽子君、教育民生常任委員会につきましては、委員長に廣瀬重治君、副委員長に川口信子君、建設経済常任委員会につきましては、委員長に古屋匡三君、副委員長に夏八木盛男君がそれぞれ選任されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△総務常任委員会委員長就任のあいさつ



○議長(古屋久君) ここで、3常任委員長を代表いたしまして、総務常任委員長、平塚 義君からごあいさつがありますので、お聞き取り願います。

 平塚 義君。



◆総務常任委員会委員長(平塚義君) ただいま、議長より報告がありました私たち3人が、各常任委員会の委員長に選任されました。

 総務常任委員長に選任されました、平塚 義でございます。3常任委員長を代表して、一言ごあいさつを申し上げます。

 合併して早5年が経過し、甲州市もより一層発展していかなければなりません。これからも、議会、委員会に付託される案件は、重要なものばかりでございます。

 議員各位の、また当局の皆さんのご協力を得る中で、活発な意見の言い合える委員会、またスムーズな委員会運営を行っていきたいと思っておりますので、皆様方のご協力を再度お願いいたしまして、ごあいさつとさせていただきます。



○議長(古屋久君) ここで、休憩いたします。

 再開は、追ってご連絡申し上げます。

             休憩 午後7時09分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後7時13分



○議長(古屋久君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会委員の選任について



○議長(古屋久君) 議会運営委員の桐原正仁君から、辞任の申し出がありましたので、私も辞任し、委員会条例第12条の規定によりこれを許可し、新たに同条例第6条第1項の規定により、議長において、岡 武男君を指名いたしました。

 議会運営委員の私、古屋 久が辞任し、委員会条例第12条の規定によりこれを許可し、新たに同条例第6条第1項の規定により、議長において、廣瀬 一君を指名いたします。

 ここで、休憩いたします。

             休憩 午後7時15分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後7時43分



○議長(古屋久君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会副委員長変更の報告



○議長(古屋久君) 休憩中に、議会運営委員会におきまして、副委員長の交代がありましたので報告いたします。

 副委員長に、中村勝彦君が選任されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(古屋久君) お諮りいたします。釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の本市選出議員のうち、岡 武男君の辞職を同組合議長が許可されました。

 このことにより、同組合議会の本市選出議員が1名欠員となりました。

 よって、これより釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) よって、日程第13を繰り下げ日程第14とし、日程第13に釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の補欠選挙を追加し、選挙を行うことに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第13 釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の補欠選挙



○議長(古屋久君) 日程第13に入ります。

 釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の選挙を行います。

 選挙の方法についてお諮りいたします。

     (「議長指名」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ただいま、議長指名によられたいとの発言がありました。

 お諮りいたします。本件は、指名推選によるものとし、指名者を議長とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 続いて、お諮りいたします。釈迦堂遺跡博物館組合議会議員のうち、議長が同組合議会議員となる申し合わせになっております。

 よって、私、古屋 久を釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)

     (「休憩お願いします」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) 休憩いたします。

             休憩 午後7時45分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後7時56分



○議長(古屋久君) 再開いたします。

 釈迦堂遺跡博物館組合議員のうち、議長が同組合議会議員となる申し合わせになっております。

 よって、私、古屋 久を釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) また、他の組合議員につきましては、変更がございませんので、ここにご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(古屋久君) お諮りいたします。ここで、監査委員の選任についてを日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、日程第14を繰り下げ日程第15とし、日程第14に監査委員の選任についてを追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第14 議案第125号



○議長(古屋久君) 日程第14に入ります。

 監査委員の選任についてを議題といたします。

 議案の配付のため、しばらく休憩いたします。

             休憩 午後7時57分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後7時59分



○議長(古屋久君) 再開いたします。

 地方自治法第117条の規定により、14番、曽根益彦君の退席を求めます。

     (14番 曽根益彦君退席)



○議長(古屋久君) 議案の朗読を事務局長にいたさせます。

 議会事務局長。



◎議会事務局長(三科茂君) (「議案朗読」)



○議長(古屋久君) 朗読は終わりました。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第125号 監査委員の選任についてご説明をいたします。

 議会の議員のうちからの選任をいたしました監査委員、田邉民男氏から、辞職願が出されましたので、後任に曽根益彦氏を選任したいので、ご同意いただきたくご提案申し上げます。

 よろしくご同意をいただきますようお願い申し上げます。



○議長(古屋久君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

 質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) 日程第14の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認め、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。本案については、これに同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決しました。

 14番、曽根益彦君の復席を求めます。

     (14番 曽根益彦君復席)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第15 議会運営委員会の研修許可について



○議長(古屋久君) 日程第15に入ります。

 議会運営委員会の研修許可についてを議題といたします。

 議会運営委員長より、議会閉会中に委員会研修を行いたい旨の申し出がありました。

 お諮りいたします。議会運営委員長の申し出のとおり、これを許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古屋久君) ご異議がないので、さよう決しました。

 本定例会の会議に付託された事件は、すべて審議を終了いたしました。

 議員各位のご協力、また当局のご支援をいただく中、本定例会もここに終了する運びとなりました。

 迎える平成23年が、市民の皆様にとりましてさらなる飛躍の年になりますことと、議員各位、また当局の皆様のご活躍をあわせご祈念申し上げ、以上をもちまして、平成22年甲州市議会12月定例会を閉会といたします。

     〔閉会 午後8時05分〕

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

           新議長     古屋 久

           副議長     矢野義典

           前議長     岡 武男

           署名議員    川口信子

           署名議員    中村勝彦