議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲州市

平成22年 11月 臨時会 11月29日−01号




平成22年 11月 臨時会 − 11月29日−01号







平成22年 11月 臨時会



甲州市告示第126号

 次の事件を付議するため、平成22年甲州市議会臨時会(11月)を平成22年11月29日午前10時甲州市議会議場に招集する。

 平成22年11月24日

                        甲州市長  田辺 篤

 付議事件

 (1)甲州市長等の給与及び旅費条例及び甲州市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について

 (2)甲州市職員給与条例等の一部を改正する条例制定について

 (3)平成22年度甲州市一般会計補正予算(第4号)

 (4)平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

 (5)平成22年度甲州市診療所事業特別会計補正予算(第1号)

 (6)平成22年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

 (7)平成22年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)

 (8)平成22年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 (9)平成22年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

(10)平成22年度甲州市萩原山財産区特別会計補正予算(第1号)

(11)平成22年度甲州市水道事業会計補正予算(第4号)

(12)平成22年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計補正予算(第1号)

          平成22年甲州市議会臨時会(11月)会議録

               平成22年11月29日(月)午前10時00分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第1号)

   平成22年11月29日(月)午前10時開議

  第1 会議録署名議員の指名

  第2 会期の決定

  第3 議案第88号 甲州市長等の給与及び旅費条例及び甲州市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について

     議案第89号 甲州市職員給与条例等の一部を改正する条例制定について

  第4 発議案第7号 甲州市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について

  第5 議案第90号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第4号)

     議案第91号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第92号 平成22年度甲州市診療所事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第93号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第94号 平成22年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第95号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第96号 平成22年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第97号 平成22年度甲州市萩原山財産区特別会計補正予算(第1号)

     議案第98号 平成22年度甲州市水道事業会計補正予算(第4号)

     議案第99号 平成22年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計補正予算(第1号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した案件

  日程第1 会議録署名議員の指名

  日程第2 会期の決定

  日程第3 議案第88号〜議案第89号

  日程第4 発議案第7号

  日程第5 議案第90号〜議案第99号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18人)

                             1番  佐藤大輔君

                             2番  川口信子君

                             3番  中村勝彦君

                             4番  桐原正仁君

                             5番  丸山国一君

                             6番  矢野義典君

                             7番  廣瀬重治君

                             8番  廣瀬 一君

                             9番  夏八木盛男君

                            10番  古屋 久君

                            11番  古屋匡三君

                            12番  平塚 義君

                            13番  野尻陽子君

                            14番  曽根益彦君

                            15番  岡 武男君

                            16番  廣瀬宗勝君

                            17番  田邉民男君

                            18番  廣瀬元久君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

               市長                田辺 篤君

               副市長               佐藤繁則君

               教育委員長             天野昌明君

               教育長               古屋正吾君

               ぶどうの丘事業管理者        佐野光成君

               会計管理者             荻原博夫君

               政策秘書課長            萩原哲夫君

               総務課長              雨宮英司君

               財政課長              武川市雄君

               管財課長              雨宮 修君

               税務課長              三森 斉君

               収納課長              藤枝一雄君

               市民生活課長            栗原宣如君

               環境政策課長            根津克彦君

               建設課長              菊島浩一君

               都市整備課長            宮原 万君

               産業振興課長            橋爪俊夫君

               農業土木課長            荻原英幸君

               観光交流課長            古屋拓巳君

               福祉介護課長            桐林雅樹君

               子育て対策課長           山中 宏君

               健康増進課長            井上愛子君

               鈴宮寮長              佐藤 正君

               教育総務課長            内田三男君

               生涯学習課長            三森克弥君

               スポーツ振興課長          山下 均君

               ぶどうの丘事務局長         高石克朗君

               勝沼地域総合局長          小澤裕二君

               大和地域総合局長          古屋公男君

               水道課長              飯嶋松彦君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席事務局職氏名

               事務局長              三科 茂

               書記                曽根 浩

               書記                早川 崇

     〔開会 午前10時00分〕



○議長(岡武男君) ただいまの出席議員17人、定足数に達しておりますので、これから平成22年甲州市議会臨時会(11月)を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました印刷物のとおりといたしますので、ご協力をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(岡武男君) 日程第1に入ります。

 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員につきましては、議長において指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議がないので、議長において指名いたします。

 18番、廣瀬元久君、1番、佐藤大輔君、以上お2人を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(岡武男君) 日程第2に入ります。

 会期の決定を議題といたします。

 本臨時会の会期につきましては、去る11月26日に開かれた議会運営委員会において協議した結果に基づき、お手元に配付いたしました印刷物のとおり、本日1日といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議ないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第88号〜議案第89号



○議長(岡武男君) 日程第3に入ります。

 議案第88号 甲州市長等の給与及び旅費条例及び甲州市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第89号 甲州市職員給与条例等の一部を改正する条例制定について、以上2件を一括議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) それでは、今臨時議会に提案をいたしました2件の条例案についてご説明をいたします。

 まず、議案第88号 甲州市長等の給与及び旅費条例及び甲州市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定についてご説明をいたします。

 特別職の国家公務員の給与改定及び本市職員の給与改定に伴い、市長等に支給する期末手当の額を改定する必要があるため、制定するものであります。

 次に、議案第89号 甲州市職員給与条例等の一部を改正する条例制定についてご説明いたします。

 平成21年8月10日付の人事院勧告に伴う一般職の国家公務員の給与改定及び同年10月14日付の県人事委員会の職員の給与等の改定勧告にかんがみ、市職員の給与月額、期末手当及び勤勉手当の額等の改定を行う必要があるため制定するものであります。

 以上、よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(岡武男君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

 6番、矢野義典君。



◆6番(矢野義典君) 議案第89号 甲州市職員給与条例等の一部を改正する条例制定について、質疑をいたします。

 この議案は、人事院勧告に基づいて条例改正をなされますが、本市においては過去に実質公債費比率の悪化から、管理職の手当などの一部削減が実施をされました。もちろん、人事院勧告は尊重されるべきものでありますが、甲州市職員給与のラスパイレス指数は決して高くはありません。そこで、今回の改正に当たっては、それらのことを考慮されたのかどうかお伺いをいたします。



○議長(岡武男君) 総務課長、雨宮英司君。



◎総務課長(雨宮英司君) 矢野議員のご質疑にお答えをいたします。

 当市のラスパイレス指数は決して高くないことは十分承知はしてございます。職員の給与でございますが、ご心配もいただいてありがたいと思っているところであります。近隣市の状況等を見ますと、県の人事委員会に倣って引き下げを行うということになりましたので、足並みをそろえ、引き下げるものでございます。ご理解をいただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(岡武男君) ほかに質疑はございませんか。

 2番、川口信子君。



◆2番(川口信子君) 今回の削減によって、大体どのぐらいの金額になるのか。それから、一般会計補正予算のほうにも削減の金額が出ておりますが、これと連動しているものかどうかもお聞きしたいと思います。



○議長(岡武男君) 総務課長、雨宮英司君。



◎総務課長(雨宮英司君) お答えをいたします。

 今回の給与等の改正につきまして、人勧による差額ということであると思いますが、合計金額といたしまして、約3,600万円の削減になります。また、一般会計等の補正予算に関しても、無論関連はございます。

 以上です。



○議長(岡武男君) ほかに質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第3の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。ただいま上程中の条例案2件については、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議ないので、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第88号 甲州市長等の給与及び旅費条例及び甲州市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第89号 甲州市職員給与条例等の一部を改正する条例制定について、以上2件については、採決を省略し、原案のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 2番、川口信子君。



◆2番(川口信子君) 議案89号については、討論、採決をお願いします。



○議長(岡武男君) 討論については省略するということに皆さんご同意いただいたので、採決のみです。

 ご異議がありますので、議案第88号 甲州市長等の給与及び旅費条例及び甲州市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第89号 甲州市職員給与条例等の一部を改正する条例制定については起立による採決を行います。

     (「89だけでいい」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 88号については、原案どおりでいいですか。はい。

 それでは、議案第89号 甲州市職員給与条例等の一部を改正する条例制定については起立による採決を行います。

 本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(岡武男君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって、議案第89号については、原案のとおり可決されました。

     (「88号に対して議長まだ言っていないです」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) よって、議案第88号については、原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 発議案第7号



○議長(岡武男君) 日程第4に入ります。

 発議案第7号 甲州市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本案は、議員全員による提出案件でありますので、議案の朗読、提案説明、質疑、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議ないので、議案の朗読、提案説明、質疑、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いて、お諮りします。発議案第7号 甲州市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定については採決を省略し、原案のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、発議案第7号については、原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第90号〜議案第99号



○議長(岡武男君) 日程第5に入ります。

 議案第90号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第4号)、議案第91号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)、議案第92号 平成22年度甲州市診療所事業特別会計補正予算(第1号)、議案第93号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)、議案第94号 平成22年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)、議案第95号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第2号)、議案第96号 平成22年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第97号 平成22年度甲州市萩原山財産区特別会計補正予算(第1号)、議案第98号 平成22年度甲州市水道事業会計補正予算(第4号)、議案第99号 平成22年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計補正予算(第1号)、以上10件を一括議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 今回の10件の補正予算案につきましては、人事院勧告等による給与改定及び現員現給予算として、補正をお願いするものでございます。

 まず、議案第90号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第4号)についてご説明をいたします。

 今回の補正は、主なものは歳出において、総務費へ1億6,541万6,000円を追加し、民生費を6,889万6,000円、衛生費を2,974万2,000円、教育費を2,823万2,000円減額するものであります。

 次に、議案第91号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明をいたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ1,471万4,000円を減額するものであります。歳出においては、総務費を1,471万4,000円減額し、歳入においては、繰入金を同額減額するものであります。

 次に、議案第92号 平成22年度甲州市診療所事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ79万9,000円を追加するものであります。歳出においては、総務費へ79万9,000を追加し、歳入においては、繰入金へ同額を追加するものであります。

 次に、議案第93号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明をいたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ298万2,000円を追加するものであります。主なものは歳出において、地域支援事業費へ637万9,000円を追加し、歳入においては、繰入金へ298万2,000円を追加するものであります。

 次に、議案第94号 平成22年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明をいたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ1万2,000円を追加するものであります。歳出においては、サービス事業費へ1万2,000円を追加し、歳入においては、繰入金へ同額を追加するものであります。

 次に、議案第95号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明をいたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ240万8,000円を減額するものであります。歳出においては、下水道費を240万8,000円減額し、歳入においては、繰入金を同額減額するものであります。

 次に、議案第96号 平成22年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明をいたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ277万2,000円を減額するものであります。歳出においては、簡易水道事業費を277万2,000円減額し、歳入においては、繰入金を同額減額するものであります。

 次に、議案第97号 平成22年度甲州市萩原山財産区特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳出の総務費を2万8,000円減額し、予備費へ同額を追加するものであります。

 次に、議案第98号 平成22年度甲州市水道事業会計補正予算(第4号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、収益的収入及び支出のうち、支出で営業費用37万円を減額するものであります。

 次に、議案第99号 平成22年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、収益的収入及び支出のうち、支出で営業費用19万1,000円を減額するものであります。

 以上、よろしくご審議の上、ご議決をいただきますようお願い申し上げます。



○議長(岡武男君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

 質疑はございませんか。

 18番、廣瀬元久君。



◆18番(廣瀬元久君) 議案第90号について、1件だけお尋ねをいたします。

 中身を見ますと、歳出の総額では、補正額がゼロになっています。それで、ページを24か25ページを見ていただくといいんですけれども。そこで、一般職の総括として全体として、給与費が1億8,742万8,000円減額、共済費が2,780万7,000円増、差し引き1億5,962万1,000円ということでございます。この概略は、もとへ戻りますと総務費のですね、ページで言えば4ページ、5ページですが、総務管理費の中の3目の財政管理費が1億7,804万1,000円、これ財政調整基金を積み立てるということで、差し引きのゼロという形なんですが、具体的に給与費の1億8,700万円。24、25ページですが、1億8,742万8,000円の減額をした理由。その中身ですね、多分職員の退職等が、現員現給でいっているので、そういう形の中で、これが払われているんだと思うんですが、その辺の中身についてお伺いいたします。



○議長(岡武男君) 総務課長、雨宮英司君。



◎総務課長(雨宮英司君) 廣瀬議員のご質疑にお答えをいたします。

 1億8,000万円の中身でございますが、先ほどの質疑の中でもお答えをいたしました。人勧による差額について3,600万円、あとにつきましては、現員現給による職員の給料等の差額でございます。

 以上でございます。



○議長(岡武男君) ほかに質疑ございませんか。

 16番、廣瀬宗勝君。



◆16番(廣瀬宗勝君) 議案第90号 平成22年度の一般会計補正予算(第4号)について、お伺いいたします。

 今回の補正につきまして、職員手当で7,998万5,000円減額になっているわけでございますけれども、先ほど川口議員のほうからのお答えにいたしますと、今回の人事院勧告の実際の減額が3,600万円というふうなことでございます。そこで、一人当たりの率にすると、どのくらいの減額になるかどうかをまず1点伺っておきます。

 それから、地方自治法施行規則第15条の2で定めてあります、この付表でございます。

 まず、給料及び職員手当の状況のうち、級別職員数でございますけれども、今回の補正に出しました級別職員数を見ますと、ちょっと私に納得がいかないわけでございますが、平成22年9月1日現在で、296人の職員がおりまして、22年11月1日現在では、285人。これを比較しますと7級でマイナス6人、それから、6級で1人、5級でマイナス5、4級でマイナス8、3級でプラ2、2級でマイナス2、それから1級でプラ9と、285人で11人の減額になっておりますけれども、この内容について、2カ月足らずでこのような変更があったのかどうかをお聞きしておきます。



○議長(岡武男君) 総務課長、雨宮英司君。



◎総務課長(雨宮英司君) 廣瀬議員のご質疑にお答えをいたします。

 まず、一人当たりの平均ということでございますが、年間につきまして、約平均1.5%、9万6,000円の平均ということになります。また、級別職員数のご質問でございますが、平成22年9月1日と22年11月1日現在の差でございますが、22年9月議会における人件費の補正につきましては、5名の職員を一般会計から、介護保険事業特別会計に計上がえをいたしたところでございます。この内容につきましては、5名の職員の人件費につきまして、介護保険事業特別会計の補助対象になるということの中で、介護保険事業特別会計のほうへ計上がえをさせていただきました。その時点で、今回の人勧も予測をされましたので、その時点では、現員現給については考慮しなかったためで、その時点で7級が9名おったわけでございますが、今回の補正につきまして、現員現給ということで、7級の職員3名ということにさせていただいたものでございます。どうぞご理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(岡武男君) 16番、廣瀬宗勝君。



◆16番(廣瀬宗勝君) 9月の補正で、特別会計のほうへ5人マイナスしたということでございますけれども、実際、今回11人の減額になっているわけですよね。だれが見ても7級が9人から3人になっているということは、マイナス6ということで、わかって、これは恐らく、もうその時点でわかっていることですから、当然、現員現給ということでなくて、9月の補正で直ったからということで、今回は、私はこれは間違っているじゃないかと、こういうふうに思うわけですが、その辺はどうですか。



○議長(岡武男君) 総務課長、雨宮英司君。



◎総務課長(雨宮英司君) 確かに、廣瀬議員のご質問のとおり、その時点で十分わかっているとは思いますが、現員現給、皆全部一緒に現員現給の補正をするということから、今回の補正とさせていただいたものでございます。ご理解をいただきたいと思います。



○議長(岡武男君) 16番、廣瀬宗勝君。



◆16番(廣瀬宗勝君) そういうことになりますと、議案90号と議案93号だけが今言うようなことで、あとのは、1月1日に皆なっているんですよね。見ればわかるとおり。ほかの会計じゃ、皆級別の議案91号から全部が、この今の2つを除くと、1月1日現在になっていて、私が言っているのは、今お答えになっていることは、現員現給でやっていたということじゃなくて、1月1日じゃ現員現給でいいんですよ。ただこれが、平成22年の9月1日現在から今回の11月1日現在という、ここに書いてあるわけですから、その辺の数字が合わないということで質問をしたということでございますから、その辺はちゃんと間違いなら、間違いということで、9月1日に直しておけば、それで何も1月1日から直しておけば、それでいいじゃないですか。



○議長(岡武男君) 総務課長、雨宮英司君。



◎総務課長(雨宮英司君) 先ほどから申しておりますように、9月の補正につきましては、給与明細書において給料日、共済費の補正に伴う職員数の増減だけを表したものでございますので、9月補正については、補正内容に合わせた職員の増減で予算に計上したということで、ご理解をいただきたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(岡武男君) 16番、廣瀬宗勝君。



◆16番(廣瀬宗勝君) 今、先ほどから出ておりますけれども、私は納得いかないですね。9月の議会で、一般会計補正予算(第3号)、議案第79号の、今、地方自治法の施行規則で見ますと、級別の職員が22年1月1日現在、22年9月1日現在ということで、301人から296人。5人減額しておりますけれども。そのとき既に、9月1日現在では7級の職員が現在ここで今、11月1日は3人になっていますけれども、もう既に、4月、5月、6月、7月、8月、9月までには、もういなかったということでしょう。現実に。それを、そのまま残して9月のがあんまり直さないでいて、またここで直すという。だから、こういう不規則なだれが見てもおかしいなという数字が出てくるんですよね。その辺をちゃんと9月にやらなかったということで、ちゃんと答弁をしてくださいよ。そんなことことでは納得しませんよ。



○議長(岡武男君) 総務課長、雨宮英司君。



◎総務課長(雨宮英司君) 確かに、議員おっしゃるとおり、9月補正をした時点では、例えば7級の職員が、3人であるということは、もう既にわかっていたことでございます。ただし、補正をする考えの中で、人事院勧告、または現員現給の減額をはっきりさせるために、今回まで延ばしてしまったといことでございますので、間違いといいますか、わかりやすくするための補正ということで、ご理解をいただければと思いますが、よろしくお願いします。



○議長(岡武男君) ほかに質疑ございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第5の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案は、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 2番、川口信子君。



◆2番(川口信子君) 討論をお願いします。

 議案第90号について、討論、採決をお願いします。



○議長(岡武男君) ご異議がありますので、議案第90号につきましては、討論を行います。

 最初に、本案を原案のとおり決するに反対の討論を許可いたします。

 2番、川口信子君。



◆2番(川口信子君) 議案第90号 平成22年度一般会計補正予算(第4号)について、反対の討論を行います。

 この議案については、職員の給与削減については、職員の生活実態に基づいたものではなくて、国の人事院勧告に従って削減を打ち出しております。先ほど伺いましたら、3,600万円の減ということですけれども、補正予算のほうの職員の削減については、そのほかの先ほども出ましたとおり、もろもろも含めまして、1億8,742万円の減となっています。これまで、職員数を予定以上に減らしてきた上に、昨年に続いて職員給与を減らすことは、住民生活を支える公務労働の役割を弱め、さらに大きく後退させることにもなると思います。民間労働者への給与やボーナスにもこれは、波及するものであり、地域の消費経済へも影響が及ぶことは明らかだと思います。この減額は、ほぼ同じ金額1億7,804万円、これを財調への積み立てとしていることも、問題だと思います。

 以上のことから、昨年に続いて、連続しての人事院勧告に基づく職員給与の引き上げ案。これには反対するものです。

     (「引き下げ」と呼ぶ者あり)



◆2番(川口信子君) 引き下げです。引き下げには反対します。



○議長(岡武男君) 次に、本案を原案のとおりに決するに賛成の討論を許可いたします。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 討論を打ち切ります。

 続いて、議案第90号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第4号)については、起立による採決を行います。

 本案は、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(岡武男君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって、議案第90号については、原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。議案第90号を除く他の事件については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議ないので、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第91号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)、議案第92号 平成22年度甲州市診療所事業特別会計補正予算(第1号)、議案第93号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)、議案第94号 平成22年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第1号)、議案第95号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第2号)、議案第96号 平成22年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第97号 平成22年度甲州市萩原山財産区特別会計補正予算(第1号)、議案第98号 平成22年度甲州市水道事業会計補正予算(第4号)、議案第99号 平成22年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計補正予算(第1号)、以上9件については、採決を省略し、原案のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第91号、議案第92号、議案第93号、議案第94号、議案第95号、議案第96号、議案第97号、議案第98号及び議案第99号については、原案のとおり可決されました。

 本臨時会の開議に付された事件は全て審議を終了いたしました。

 以上をもちまして、平成22年甲州市議会臨時会(11月)を閉会いたします。

     〔閉会 午前10時44分〕

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

           議長      岡 武男

           署名議員    廣瀬元久

           署名議員    佐藤大輔