議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲州市

平成22年  9月 定例会 09月30日−04号




平成22年  9月 定例会 − 09月30日−04号







平成22年  9月 定例会



          平成22年甲州市議会9月定例会会議録

                 平成22年9月30日(木)午後1時30分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第4号)

   平成22年9月30日(木)午後1時30分開議

  第1 議案第78号 甲州市環境センター設置及び管理条例及び甲州市環境センター利用条例の一部を改正する条例制定についての撤回について

  第2 建設経済常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第76号 甲州市公園設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第79号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第3号)

             第1表 歳入歳出予算補正のうち

              歳出 第6款 農林水産業費

                 第7款 商工費

                 第8款 土木費

     ◯議案第82号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

     ◯議案第83号 平成22年度甲州市水道事業会計補正予算(第3号)

     ◯議案第84号 甲州市市道の路線認定について

  第3 教育民生常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第77号 甲州市立学校設置条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第78号 甲州市環境センター設置及び管理条例及び甲州市環境センター利用条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第79号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第3号)

             第1表 歳入歳出予算補正のうち

              歳出 第3款 民生費

                 第4款 衛生費

                 第10款 教育費

     ◯議案第80号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)

     ◯議案第81号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

     ◯請願第5号 子宮頸がんの予防措置実施の推進を求める意見書の提出を求める請願

  第4 総務常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第71号 甲州市企業立地促進産業集積区域における固定資産税の課税免除に関する条例制定について

     ◯議案第72号 甲州市住民基本台帳カード利用条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第73号 甲州市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第74号 甲州市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第75号 甲州市過疎対策のための固定資産税の免除に関する条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第79号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第3号)

             第1表 歳入歳出予算補正のうち

              歳入 全款

              歳出 第2款 総務費

                 第9款 消防費

             第2表 地方債補正

     ◯議案第85号 甲州市民の歌の制定について

     ◯議案第86号 甲州市過疎地域自立促進計画の策定について

     ◯請願第4号 所得税法第56条の廃止をもとめる請願

  第5 一般会計等決算審査特別委員会付託事件の報告

     ◯認定第1号 平成21年度甲州市一般会計歳入歳出決算

     ◯認定第11号 平成21年度甲州市大藤財産区特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第12号 平成21年度甲州市神金財産区特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第13号 平成21年度甲州市萩原山財産区特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第14号 平成21年度甲州市竹森入財産区特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第15号 平成21年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計歳入歳出決算

  第6 水道事業会計等決算審査特別委員会付託事件の報告

     ◯認定第2号 平成21年度甲州市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第3号 平成21年度甲州市診療所事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第4号 平成21年度甲州市老人保健特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第5号 平成21年度甲州市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第6号 平成21年度甲州市介護保険事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第7号 平成21年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第8号 平成21年度甲州市訪問看護事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第9号 平成21年度甲州市下水道事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第10号 平成21年度甲州市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算

     ◯認定第16号 平成21年度甲州市水道事業会計決算

     ◯認定第17号 平成21年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計決算

     ◯認定第18号 平成21年度甲州市勝沼病院事業会計決算

  第7 ◯発議案第5号 所得税法第56条の廃止をもとめる意見書の提出について

  第8 ◯発議案第6号 子宮頸がんの予防措置実施の推進を求める意見書の提出について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した案件

  日程第1 議案第78号の撤回

  日程第2 建設経済常任委員会付託事件の報告

  日程第3 教育民生常任委員会付託事件の報告

  日程第4 総務常任委員会付託事件の報告

  日程第5 一般会計決算審査特別委員会付託事件の報告

  日程第6 水道事業会計等決算審査特別委員会付託事件の報告

  日程第7 発議案第5号

  日程第8 発議案第6号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(18人)

                             1番  佐藤大輔君

                             2番  川口信子君

                             3番  中村勝彦君

                             4番  桐原正仁君

                             5番  丸山国一君

                             6番  矢野義典君

                             7番  廣瀬重治君

                             8番  廣瀬 一君

                             9番  夏八木盛男君

                            10番  古屋 久君

                            11番  古屋匡三君

                            12番  平塚 義君

                            13番  野尻陽子君

                            14番  曽根益彦君

                            15番  岡 武男君

                            16番  廣瀬宗勝君

                            17番  田邉民男君

                            18番  廣瀬元久君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

               市長                田辺 篤君

               副市長               佐藤繁則君

               教育委員長             天野昌明君

               教育長               古屋正吾君

               ぶどうの丘事業管理者        佐野光成君

               代表監査委員            平山尋文君

               政策秘書課長            萩原哲夫君

               総務課長              雨宮英司君

               財政課長              武川市雄君

               会計管理者             荻原博夫君

               管財課長              雨宮 修君

               税務課長              三森 斉君

               収納課長              藤枝一雄君

               市民生活課長            栗原宣如君

               環境政策課長            根津克彦君

               建設課長              菊島浩一君

               都市整備課長            宮原 万君

               産業振興課長            橋爪俊夫君

               農業土木課長            荻原英幸君

               観光交流課長            古屋拓巳君

               福祉介護課長            桐林雅樹君

               子育て対策課長           山中 宏君

               健康増進課長            井上愛子君

               鈴宮寮長              佐藤 正君

               教育総務課長            内田三男君

               生涯学習課長            三森克弥君

               スポーツ振興課長          山下 均君

               水道課長              飯嶋松彦君

               勝沼地域総合局長          小澤裕二君

               大和地域総合局長          古屋公男君

               ぶどうの丘事務局長         高石克朗君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席事務局職氏名

               事務局長              三科 茂

               書記                曽根 浩

               書記                早川 崇

     〔開議 午後1時30分〕



○議長(岡武男君) ただいまの出席議員18人、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました印刷物のとおりといたしますので、ご協力をお願いいたします。

 ここで、暫時休憩いたします。

 再開は、追ってお知らせします。

             休憩 午後1時30分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後2時05分



○議長(岡武男君) 再開いたします。

 ここで、建設課長より発言の申し出がありますので、これを許可いたします。

 建設課長、菊島浩一君。



◎建設課長(菊島浩一君) 今議会に上程いたしました議案第84号の訂正の申し出をお願いいたします。

 議案第84号の議案につきましては、山37号線及び下岩崎44号線の市道2路線の路線認定をお願いしたものであります。議案では、下岩崎44号線につきまして、終点が甲州市勝沼町下岩崎字一丁田503番の1地先までとなっておりますが、この表示の中の「下岩崎」を「上岩崎」に訂正をお願いするとともに、おわび申し上げます。

 なお、9月15日の建設経済常任委員会では、訂正の内容で審議をいただいております。

 以上でございます。よろしくどうぞお願いします。



○議長(岡武男君) ただいま、議案第84号 甲州市市道の路線認定について、訂正の申し出がありました。

 この申し出を承認することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議ないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 議案第78号の撤回



○議長(岡武男君) 日程第1に入ります。

 議案第78号 甲州市環境センター設置及び管理条例及び甲州市環境センター利用条例の一部を改正する条例制定については、9月29日、甲州市長から撤回したいとの申し出がありました。

 よって、議案第78号の撤回についてを議題といたします。

 市長から、議案第78号の撤回理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 本日は9月定例会の最終日に当たり、議員各位には委員会審議等大変ご苦労さまでございました。

 日程第1、議案の撤回について、ご説明をいたします。

 今議会に提案をさせていただきました議案第78号 甲州市環境センター設置及び管理条例及び甲州市環境センター利用条例の一部を改正する条例制定については、今回の条例案の上程に当たり、手続に不備がございましたので、この条例案につきましては取り下げをさせていただきたくお願いを申し上げます。

 以上であります。



○議長(岡武男君) 説明は終わりました。

 お諮りいたします。ただいま議題となっています議案第78号 甲州市環境センター設置及び管理条例及び甲州市環境センター利用条例の一部を改正する条例制定についての撤回については、許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議がありますので、起立により採決いたします。

 議案第78号 甲州市環境センター設置及び管理条例及び甲州市環境センター利用条例の一部を改正する条例制定についての撤回については、許可することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(岡武男君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって、議案第78号の撤回は、許可することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 建設経済常任委員会付託事件の報告



○議長(岡武男君) 日程第2に入ります。

 建設経済常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、中村勝彦君。



◆建設経済常任委員会委員長(中村勝彦君) 建設経済常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る9月10日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第76号 甲州市公園設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第79号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第3号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出第6款農林水産業費、第7款商工費、第8款土木費、議案第82号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第83号 平成22年度甲州市水道事業会計補正予算(第3号)、議案第84号 甲州市市道の路線認定について、以上の事件を審査するため、9月15日に建設経済常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 当日は委員全員と議長が出席し、当局から各議案について説明を聴取し、慎重審査の結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、議案第84号 甲州市市道の路線認定については、下岩崎44号線の終点の大字を、「下岩崎」から「上岩崎」に訂正した上で審議を行いました。

 また、休憩中に、宮光園及び勝沼中央公園グラウンドの現地を視察しました。

 以上で、建設経済常任委員会の報告を終わります。



○議長(岡武男君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

 質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第2の質疑を打ち切ります。

 この際、申し上げます。

 議案第79号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第3号)につきましては、各常任委員長報告の後、一括して決定することといたしますので、ご承知願います。

 お諮りします。建設経済常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第79号を除く他の事件については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第76号 甲州市公園設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第82号 平成22年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第83号 平成22年度甲州市水道事業会計補正予算(第3号)、議案第84号 甲州市市道の路線認定について、以上4件については、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第76号、議案第82号、議案第83号及び議案第84号については、原案のとおり可決いたしました。

     (「議長、休憩お願いします」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 休憩いたします。

     (「教育民生常任委員会を休憩中に開催いたしたいと思いますので、よろしくお願いいたします」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) しばらく休憩いたします。

 再開は、追ってお知らせいたします。

             休憩 午後2時15分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後2時33分



○議長(岡武男君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 教育民生常任委員会付託事件の報告



○議長(岡武男君) 日程第3に入ります。

 教育民生常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、桐原正仁君。



◆教育民生常任委員会委員長(桐原正仁君) 教育民生常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る9月10日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第77号 甲州市立学校設置条例の一部を改正する条例制定について、議案第78号 甲州市環境センター設置及び管理条例及び甲州市環境センター利用条例の一部を改正する条例制定について、議案第79号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第3号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出第3款民生費、第4款衛生費、第10款教育費、議案第80号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、議案第81号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)、請願第5号 子宮頸がんの予防措置実施の推進を求める意見書の提出を求める請願、以上の事件を審査するため、9月16日に教育民生常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 当日は、委員全員が出席し、当局から各議案について説明を聴取し、慎重審査の結果、議案については、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、議案第78号 甲州市環境センター設置及び管理条例及び甲州市環境センター利用条例の一部を改正する条例制定については、起立による採決の結果、可否同数であったため、委員長の決するところにより、可決すべきものと決しました。

 また、請願第5号については、採択することに決しました。

 当日は、休憩中に、耐震補強工事が完了した菱山小学校校舎、耐震補強工事及び大規模改修工事が完了した勝沼中学校校舎、また、校庭散水施設が設置された勝沼小学校及び東雲小学校の校庭を視察いたしました。

 以上で、教育民生常任委員会の報告を終わります。



○議長(岡武男君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

 質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第3の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。教育民生常任委員会に審査を付託した事件のうち、日程第1で撤回を許可した議案第78号並びに議案第79号を除く他の事件については、討論を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第77号 甲州市立学校設置条例の一部を改正する条例制定について、議案第80号 平成22年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)、議案第81号 平成22年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)及び請願第5号 子宮頸がんの予防措置実施の推進を求める意見書の提出を求める請願、以上4件については、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第77号、議案第80号及び議案第81号については、原案のとおり可決、請願第5号については、採択することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 総務常任委員会付託事件の報告



○議長(岡武男君) 日程第4に入ります。

 総務常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、古屋 久君。



◆総務常任委員会委員長(古屋久君) 総務常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る9月10日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第71号 甲州市企業立地促進産業集積区域における固定資産税の課税免除に関する条例制定について、議案第72号 甲州市住民基本台帳カード利用条例の一部を改正する条例制定について、議案第73号 甲州市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第74号 甲州市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第75号 甲州市過疎対策のための固定資産税の免除に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第79号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第3号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入全款、歳出第2款総務費、第9款消防費、第2表地方債補正、議案第85号 甲州市民の歌の制定について、議案第86号 甲州市過疎地域自立促進計画の策定について、請願第4号 所得税法第56条の廃止をもとめる請願、以上の事件を審査するため、9月17日に総務常任委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 当日は、委員全員と議長が出席し、当局から各議案についての説明を聴取し、慎重審査の結果、議案については、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、請願第4号については、起立による採決の結果、採択すべきものと決しました。

 また、休憩中に、現在工事を行っております本庁舎地階の現地調査を行いました。

 以上で、総務常任委員会の報告を終わります。



○議長(岡武男君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

 質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第4の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。総務常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第79号を除く他の事件については、討論を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」「異議あり」「請願第4号について討論を求めます」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議がありますので、請願第4号については討論を行います。

 最初に、委員長の報告に対し、反対の討論を許可いたします。

 6番、矢野義典君。



◆6番(矢野義典君) 委員長報告に反対の立場で討論をさせていただきます。

 請願第4号は、件名では、所得税法第56条の廃止をもとめる請願となっておりますが、請願の要旨を見ると、第56条の廃止とともに所得税法第57条も否定しております。

 例えば、事業主の所得から控除される働き分は、配偶者の場合86万円、家族の場合は50万円で、家族従業者は、このわずかな控除が所得とみなされるため、また、税法上では青色申告すれば給料を経費にすることができますが、同じ労働に対して青色と白色で差をつける制度自体が矛盾していますなどと書かれております。

 この内容は、明らかに所得税法第57条のいわゆる専従する親族に対する特例などの部分であります。これでは請願書の要望が、所得税法第56条の廃止とともに、所得税法第57条も廃止・改正してほしいのか、あるいは件名である所得税法第56条の廃止のみでよいのかどうか判断しかねます。

 また、現在の申告の基本は白色となっておりますと書かれておりますが、法的には、青色申告、白色申告、どちらを選択するか自由であります。決められた帳簿及び書類を作成して申請する青色申告と、面倒と思われている帳簿及び書類を提出しないで申請する白色申告、どちらを選択するかは事業者の自由であります。つけ加えれば、同じ青色申告の中でも、決められた帳簿及び書類で申請すると、最高65万円を控除することができる特典もあります。また、それ以外の青色申告者については、最高10万円を控除することとされています。このように、青色申告の中でもどちらを選択するかは、事業者の自由であります。

 したがいまして、請願第4号については、請願要旨の内容が所得税法第56条、第57条、特に第57条への思いが多く含まれておりますので、若干の時間はかかりますが、請願者の要望がどこにあるのかもう少しお聞きして、よりよい意見書が提出されることを望みたいと思います。

 よって、請願第4号の今議会での採択については、時期尚早と考え、反対をさせていただきます。

 議員各位には深いご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げ、反対討論とさせていただきます。



○議長(岡武男君) 次に、委員長報告に対し、賛成の討論を許可いたします。

     (発言する者なし)



○議長(岡武男君) 討論を打ち切ります。

 続いて、請願第4号 所得税法第56条の廃止をもとめる請願については、起立によって採決を行います。

 本件に対する委員長の報告は採択です。

 本件は委員長の報告のとおり採択すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(岡武男君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって、請願第4号については、委員長の報告のとおり採択することに決しました。

     (「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 13番、野尻陽子君。



◆13番(野尻陽子君) 議案第85号に対して、討論、採決をお願いいたします。



○議長(岡武男君) 続いて、ご異議がありますので、議案第85号については、討論を行います。

 最初に、委員長の報告に対し、反対の討論を許可いたします。

 13番、野尻陽子君。



◆13番(野尻陽子君) 議案第85号 甲州市民の歌の制定について、反対の立場から討論いたします。

 この件については、一般質問でも、地域経済が厳しい状況に置かれている今、なぜ、800万円も税金を使って、市民の歌の制定とそのお披露目をするのか伺いました。答弁では、合併後の一体感の醸成のためがその主な理由でしたが、私にとっては納得できる答弁でありませんでした。

 ところが、その後の総務常任委員会で、この議案審議の際に、我ながらふがいないと思いながら、反対としても仕方ないと、私は容認してしまいました。

 ところがその後、市民の意見を聞く機会がありましたが、私が聞いた限りでは、これを歓迎する、うれしいという人はいらっしゃいませんでした。市民の意見は、次の4点に集約できます。

 1、経済が苦しい今、なぜ800万円もかけて市民の歌をつくるのかということ。

 2、市民の歌なら、なぜ市民から募集しないのか、市民の歌だから市民がつくるのか、それともプロに頼むのか。今までのような、ご当地ソング的な歌がいいのか、そういうにおいがほとんどしない今風のしゃれた歌がいいのか。こういうことをなぜ市民に聞かないのか。こうしたプロセスを踏んでの上なら納得するが、そういうプロセスを踏んではいない。

 3として、市長は市民と協働のまちづくりをおっしゃるけれども、審議会をつくったことをもって市民と協働と考えるなら、それは全く協働ではないと。市民の歌も、一般市民には全く知らされず、ある日突然、これが市民の歌といわれる、これが果たして市民と協働の事業だろうか。公募した審議委員で審議したとしても、それは審議会という閉じたドアの内側で、当局と委員の審議にすぎず、一般市民は蚊帳の外、この市民の歌がつくられる過程も知らされていない。これは、市民と協働のまちづくりの精神に違反している。

 4、苦労して納めた税金が、こういう形で使われることに怒りを感じる。この庶民の怒りを当局にしっかり伝える、それが議員の役割のはず、議会でしっかり反対を表明してほしいとおしかりを受けました。私もそのとおりだと思います。

 そういう次第で、議案第85号 甲州市民の歌の制定について、私は総務常任委員会では容認いたしましたが、この本会議では反対いたします。私の態度は一貫性を欠きますが、それは常任委員会での私が間違っていたからでした。今後、こういうことがないように注意いたします。

 以上をもって、議案第85号 甲州市民の歌の制定についての私の反対討論といたします。



○議長(岡武男君) 次に、委員長報告に対し、賛成の討論を許可いたします。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 討論を打ち切ります。

 続いて、議案第85号については、起立による採決を行います。

 本案に対する委員長の報告は可決です。

 本件は委員長の報告のとおり可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(岡武男君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって、議案第85号については、委員長の報告のとおり可決されました。

 お諮りいたします。議案第85号及び請願第4号を除く他の事件については、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第71号、議案第72号、議案第73号、議案第74号、議案第75号及び議案第86号については、原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。各常任委員会に審査を付託した議案第79号 平成22年度甲州市一般会計補正予算(第3号)については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。議案第79号については、各常任委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第79号については、原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 一般会計等決算審査特別委員会付託事件の報告



○議長(岡武男君) 日程第5に入ります。

 一般会計等決算審査特別委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、廣瀬 一君。



◆一般会計等決算審査特別委員会委員長(廣瀬一君) 一般会計等決算審査特別委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る9月10日の本会議において、当委員会に審査を付託された認定第1号 平成21年度甲州市一般会計歳入歳出決算、認定第11号 平成21年度甲州市大藤財産区特別会計歳入歳出決算、認定第12号 平成21年度甲州市神金財産区特別会計歳入歳出決算、認定第13号 平成21年度甲州市萩原山財産区特別会計歳入歳出決算、認定第14号 平成21年度甲州市竹森入財産区特別会計歳入歳出決算、認定第15号 平成21年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計歳入歳出決算、以上の事件を審査するため、9月21日及び9月22日の両日、一般会計等決算審査特別委員会を第一会議室で開催いたしました。

 両日とも、委員全員と議長が出席し、一般会計の決算については会計管理者の、各財産区の決算については出納員の説明を受け、次に、代表監査委員から審査意見を求め、さらに一般会計については、担当課長から詳細に説明を聴取し、慎重審査の結果、各決算については、いずれも認定すべきものと決しました。

 以上で、一般会計等決算審査特別委員会の報告を終わります。



○議長(岡武男君) 報告は終わりました。

 この報告に対して質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第5の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。ただいま上程中の各決算につきましては、討論を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 2番、川口信子君。

 何に対して……、ご異議ありというのは、なぜ。何を、全部……。



◆2番(川口信子君) 認定第1号については、討論、採決をお願いします。



○議長(岡武男君) ご異議がありますので、認定第1号については、討論を行います。

 最初に、委員長の報告に対し、反対の討論を許可いたします。

 2番、川口信子君。



◆2番(川口信子君) 認定第1号 平成21年度決算に反対の討論を行います。

 市は、第一次行政改革を進めてきておりますけれども、全国的に厳しい経済状況、雇用状況が続く中で、倒産、失業など、所得の減収によって市民税の滞納がふえています。生活保護世帯の増、就学援助の増、保育料や市営住宅家賃の滞納増を見てみても、市民生活が厳しい状況に置かれているのが、この決算を見てもよくわかります。

 21年度の差し押さえ件数は278件にも上っています。差し押さえを全くしていない自治体もある中で、甲州市は県内で5番目という高位になっております。税の厳しい取り立てを行っているわけです。税金をどう使ったか、市民生活の実態に寄り添った予算執行が求められるわけですが、国からは緊急雇用対策補助金、あるいは経済危機対策臨時交付金が出されましたけれども、市独自の雇用対策などは、この決算では行っていません。

 また、市の正規職員を計画目標以上に減らす一方で、保育所あるいは図書館、学校給食など、福祉や教育分野の職員の多くが臨時職員で、この改善が見られていません。

 子どもの医療費窓口無料化も、今年度は一歩前進をしましたけれども、21年度では就学前まで、県下では大変おくれ、低い水準になっています。

 各種補助金のカット、利用料負担増など、市民サービスは後退したままの行政改革を進め、市民生活優先の決算になっていないことから、21年度決算は認定できず、反対をするものです。



○議長(岡武男君) 次に、委員長の報告に対し、賛成の討論を許可いたします。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 続いて、認定第1号 平成21年度甲州市一般会計歳入歳出決算については、起立による採決を行います。

 本件に対する委員長の報告は認定です。本件は委員長報告のとおり認定すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(岡武男君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって、認定第1号については、委員長の報告のとおり認定することに決しました。

 お諮りいたします。認定第1号を除く他の事件については、討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。認定第1号を除く他の事件については、委員長報告のとおり認定するのにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、認定第11号、認定第12号、認定第13号、認定第14号及び認定第15号については、これを認定することに決しました。

     (「休憩」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 休憩いたします。

 再開を3時20分といたします。

             休憩 午後3時07分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後3時20分



○議長(岡武男君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(岡武男君) お諮りいたします。ここで発議案第5号 所得税法第56条の廃止をもとめる意見書の提出について、発議案第6号 子宮頸がんの予防措置実施の推進を求める意見書の提出について、以上2件を日程に追加し、追加日程第7及び追加日程第8とし議題にしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、発議案第5号 所得税法第56条の廃止をもとめる意見書の提出についてを追加日程第7に、発議案第6号 子宮頸がんの予防措置実施の推進を求める意見書の提出についてを追加日程第8とし、議題とすることに決しました。

     (「日程表は」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 口頭でご了解願いたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 水道事業会計等決算審査特別委員会付託事件の報告



○議長(岡武男君) 日程第6に入ります。

 水道事業会計等決算審査特別委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、曽根益彦君。



◆水道事業会計等決算審査特別委員会委員長(曽根益彦君) 水道事業会計等決算審査特別委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る9月10日の本会議において、当委員会に審査を付託された認定第2号 平成21年度甲州市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、認定第3号 平成21年度甲州市診療所事業特別会計歳入歳出決算、認定第4号 平成21年度甲州市老人保健特別会計歳入歳出決算、認定第5号 平成21年度甲州市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、認定第6号 平成21年度甲州市介護保険事業特別会計歳入歳出決算、認定第7号 平成21年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計歳入歳出決算、認定第8号 平成21年度甲州市訪問看護事業特別会計歳入歳出決算、認定第9号 平成21年度甲州市下水道事業特別会計歳入歳出決算、認定第10号 平成21年度甲州市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算、認定第16号 平成21年度甲州市水道事業会計決算、認定第17号 平成21年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計決算、認定第18号 平成21年度甲州市勝沼病院事業会計決算、以上の事件を審査するため、9月27日及び9月28日の両日、水道事業会計等決算審査特別委員会を第一委員会室で開催いたしました。

 両日とも委員全員と議長が出席し、特別会計の決算については会計管理者の説明を受け、次に、代表監査委員の審査意見を求め、さらに担当課長から詳細に説明を聴取し、また、公営企業会計の決算については、代表監査委員の審査意見を求め、次いで担当課長から詳細に説明を聴取し、慎重審査の結果、各決算については、いずれも認定すべきものと決しました。

 また、剰余金処分計算書及び欠損金処理計算書については、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、水道事業会計等決算審査特別委員会の報告を終わります。



○議長(岡武男君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 日程第6の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。ただいま上程中の各決算につきましては、討論を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。認定第2号 平成21年度甲州市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、認定第3号 平成21年度甲州市診療所事業特別会計歳入歳出決算、認定第4号 平成21年度甲州市老人保健特別会計歳入歳出決算、認定第5号 平成21年度甲州市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、認定第6号 平成21年度甲州市介護保険事業特別会計歳入歳出決算、認定第7号 平成21年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計歳入歳出決算、認定第8号 平成21年度甲州市訪問看護事業特別会計歳入歳出決算、認定第9号 平成21年度甲州市下水道事業特別会計歳入歳出決算、認定第10号 平成21年度甲州市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算、認定第16号 平成21年度甲州市水道事業会計決算、認定第17号 平成21年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計決算、認定第18号 平成21年度甲州市勝沼病院事業会計決算、以上12件につきましては、委員長の報告のとおり認定することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 異議なしと認めます。

 よって、認定第2号、認定第3号、認定第4号、認定第5号、認定第6号、認定第7号、認定第8号、認定第9号、認定第10号、認定第16号、認定第17号及び認定第18号については、これを認定することに決しました。

 続いて、お諮りいたします。認定第16号 平成21年度甲州市水道事業欠損金処理計算書、認定第17号 平成21年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業剰余金処分計算書及び認定第18号 平成21年度甲州市勝沼病院事業剰余金処分計算書につきましては、委員長の報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) 異議なしと認めます。

 よって、認定第16号の欠損金処理計算書、認定第17号及び認定第18号の剰余金処分計算書は、原案のとおり可決いたしました。

 ここで、暫時休憩いたします。

 再開を3時50分といたします。

             休憩 午後3時33分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後4時06分



○議長(岡武男君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第7 発議案第5号



○議長(岡武男君) 追加日程第7に入ります。

 発議案第5号 所得税法第56条の廃止をもとめる意見書の提出についてを議題といたします。

 本案は、議案の朗読、提出説明、質疑、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、議案の朗読、提出説明、質疑、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。本案については原案のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、よって、発議案第5号は原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第8 発議案第6号



○議長(岡武男君) 追加日程第8に入ります。

 発議案第6号 子宮頸がんの予防措置実施の推進を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本案は出席議員全員による提出案件でありますので、議案の朗読、提出説明、質疑、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認め、議案の朗読、提出説明、質疑、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いて、お諮りいたします。本案については、原案のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡武男君) ご異議なしと認めます。

 よって、発議案第6号は、原案のとおり可決いたしました。

 本定例会の会議に付された事件は、すべて審議を終了いたしました。

 以上をもちまして、平成22年甲州市議会9月定例会を閉会といたします。

     〔閉会 午後4時09分〕

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

           議長      岡 武男

           署名議員    野尻陽子

           署名議員    曽根益彦