議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲州市

平成21年  9月 定例会 09月02日−01号




平成21年  9月 定例会 − 09月02日−01号







平成21年  9月 定例会



甲州市告示第78号

 平成21年甲州市議会9月定例会を平成21年9月2日午前10時甲州市議会議場に招集する。

 平成21年8月26日

                        甲州市長  田辺 篤

          平成21年甲州市議会9月定例会会議録

                 平成21年9月2日(水)午前10時00分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第1号)

   平成21年9月2日(水)午前10時開議

  第1 会議録署名議員の指名

  第2 会期の決定

  第3 諸般の報告

  第4 議会広報編集委員会の報告

  第5 特別委員会の報告

  第6 議案第70号 甲州市営定住促進住宅設置及び管理条例制定について

     議案第71号 甲州市老人医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について

     議案第72号 甲州市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について

  第7 議案第73号 平成21年度甲州市一般会計補正予算(第4号)

     議案第74号 平成21年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

     議案第75号 平成21年度甲州市老人保健特別会計補正予算(第1号)

     議案第76号 平成21年度甲州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

     議案第77号 平成21年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第78号 平成21年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第2号)

     議案第79号 平成21年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

  第8 議案第80号 財産の取得について

  第9 認定第1号 平成20年度甲州市一般会計歳入歳出決算

     認定第2号 平成20年度甲州市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算

     認定第3号 平成20年度甲州市診療所事業特別会計歳入歳出決算

     認定第4号 平成20年度甲州市老人保健特別会計歳入歳出決算

     認定第5号 平成20年度甲州市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算

     認定第6号 平成20年度甲州市介護保険事業特別会計歳入歳出決算

     認定第7号 平成20年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計歳入歳出決算

     認定第8号 平成20年度甲州市訪問看護事業特別会計歳入歳出決算

     認定第9号 平成20年度甲州市下水道事業特別会計歳入歳出決算

     認定第10号 平成20年度甲州市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算

     認定第11号 平成20年度甲州市大藤財産区特別会計歳入歳出決算

     認定第12号 平成20年度甲州市神金財産区特別会計歳入歳出決算

     認定第13号 平成20年度甲州市萩原山財産区特別会計歳入歳出決算

     認定第14号 平成20年度甲州市竹森入財産区特別会計歳入歳出決算

     認定第15号 平成20年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計歳入歳出決算

     認定第16号 平成20年度甲州市水道事業会計決算

     認定第17号 平成20年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計決算

     認定第18号 平成20年度甲州市勝沼病院事業会計決算

  第10 報告事項

      健全化判断比率報告

      資金不足比率報告

  第11 議案第81号 甲州市役所本庁舎移転改修整備事業建築本体工事請負契約締結について

      議案第82号 甲州市役所本庁舎移転改修整備事業電気設備工事請負契約締結について

      議案第83号 甲州市役所本庁舎移転改修整備事業機械設備工事請負契約締結について

  第12 請願第4号 県立射撃場設置予定地を含めた塩山上小田原地域での土砂防災対策を推進することを求める請願

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した案件

  日程第1 会議録署名議員の指名

  日程第2 会期の決定

  日程第3 諸般の報告

  日程第4 議会広報編集委員会の報告

  日程第5 特別委員会の報告

  日程第6 議案第70号〜議案第72号

  日程第7 議案第73号〜議案第79号

  日程第8 議案第80号

  日程第9 認定第1号〜認定第18号

  日程第10 報告事項

  日程第11 議案第81号〜議案第83号

  日程第12 請願第4号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(20人)

                             1番  中村勝彦君

                             2番  桐原正仁君

                             3番  武藤雅美君

                             4番  丸山国一君

                             5番  原  勝君

                             6番  廣瀬 一君

                             7番  夏八木盛男君

                             8番  野尻陽子君

                             9番  古屋 久君

                            10番  古屋匡三君

                            11番  平塚 義君

                            12番  曽根益彦君

                            13番  廣瀬重治君

                            14番  矢野義典君

                            15番  岡 武男君

                            16番  佐藤栄也君

                            17番  廣瀬宗勝君

                            18番  田邉民男君

                            19番  都倉義男君

                            20番  廣瀬元久君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

               市長                田辺 篤君

               副市長               深沢博昭君

               教育委員長             清雲俊元君

               教育長               古屋正吾君

               ぶどうの丘事業管理者        佐野光成君

               代表監査委員            平山尋文君

               総務企画部長            長瀬静男君

               市民生活部長            萩原哲夫君

               福祉保健部長            岡村啓司君

               観光産業部長            柏原和仁君

               建設部長              金井正喜君

               会計管理者             矢崎 徹君

               勝沼地域総合局長          三科 茂君

               大和地域総合局長          佐藤 充君

               総務課長              町田 博君

               政策秘書課長            手塚 勲君

               財政課長              武川市雄君

               水道課長              嶋野哲雄君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席事務局職氏名

               事務局長              雨宮英司

               書記                曽根 浩

               書記                早川 崇

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◎議会事務局長(雨宮英司君) おはようございます。

 開会前にお願いをいたします。お手元にお配りをいたしました平成20年度甲州市公営企業会計決算審査意見書正誤表というのがあると思いますが、審査意見書の中の4ページ、経営成績について、比較損益計算書の表の下の文中、上から6行目でございますが、事業収益が事業費用を上回り、という文言があると思いますが、これが間違いでございまして、事業費用が事業収益を上回り、に訂正をお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     〔開会 午前10時00分〕



○議長(平塚義君) ただいまの出席議員20人、定足数に達しておりますので、これから平成21年甲州市議会9月定例会を開会いたします。

 この際申し上げます。報道機関から取材のため、テレビカメラによる撮影の申し出があり、これを許可しておりますのでご承知願います。

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました印刷物のとおりといたしますので、ご協力をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(平塚義君) 日程第1に入ります。

 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員につきましては、議長において指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議がないので、議長において指名いたします。

 3番、武藤雅美君、4番、丸山国一君、以上お2人を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(平塚義君) 日程第2に入ります。

 会期の決定を議題といたします。

 本定例会の会期及び会議開催予定につきましては、去る8月28日及び本日開催された議会運営委員会において協議した結果に基づき、お手元に配付いたしました印刷物のとおりと決定いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議がないので、さよう決しました。

 なお、各常任委員会の開催につきましては、後刻ご協議を願い、開催日を決定されますようお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 諸般の報告



○議長(平塚義君) 日程第3に入ります。

 諸般の報告を申し上げます。

 6月22日、議会広報編集委員会が第二委員会室で開催されました。

 6月29日、議会改革調査特別委員会が第一会議室で開催されました。

 7月1日、勝沼ふどう祭り実行委員会設立総会が勝沼市民会館で開催され、議長が出席しました。

 7月3日、勝沼ぶどう郷マラソン大会実施委員会設立総会が勝沼市民会館で開催され、議長が出席しました。

 7月9日、峡東地域広域水道企業団議会全員協議会が山梨市で開催され、組合議員が出席しました。

 7月10日、東山梨環境衛生組合議会が笛吹市で開催され、組合議員が出席しました。

 同日、さわやか講演会が勝沼市民会館で開催され、議長と教育民生常任委員長が出席いたしました。

 7月14日、議会広報編集委員会が第一委員会室で開催されました。

 7月15日、沖縄県名護市の議会議員が行政視察のため来庁し、副議長が対応いたしました。

 7月17日、埼玉県上里町の議会議員が行政視察のため来庁し、議長が対応いたしました。

 同日、健康ウオーク・IN甲州実行委員会総会が市民文化会館で開催され、議長ほか数名が参加しました。

 7月21日、議会広報編集委員会が第一委員会室で開催されました。

 7月22日、峡東圏域リニア中央新幹線駅誘致推進協議会による知事への陳情に議長が出席しました。

 7月23日、廃棄物適正処理推進大会が甲府市で開催され、議員多数が出席いたしました。

 7月24日、議会改革調査特別委員会が第一会議室で開催され、一般質問の通告時期等を協議しました。

 同日、議員全員協議会が議員控室で開催されました。

 7月25日、千葉県富津市の第47回東京湾口道路建設促進花火大会が行われ、議長、副議長ほか2名が参加いたしました。

 7月26日、丹波山村夏祭りが開催され、議長が出席いたしました。

 7月29日、学校給食調理講習に伴う試食会が市民文化会館で開催され、教育民生常任委員が出席いたしました。

 8月2日、甲州市立塩山北小学校屋内運動場建設工事起工式が挙行され、議長と地元の議員が出席いたしました。

 8月5日、韮崎市の議会議員が議会改革の状況を視察するため来庁し、議長と議会改革調査特別委員長が対応いたしました。

 8月11日、山梨県市議会議長会による議員合同研修会が韮崎市で開催され、議員多数が出席いたしました。

 8月15日、戦没者追悼平和祈願祭が勝沼町平和の塔前にて開催され、議長と地元の議員が出席しました。

 8月16日、大菩薩登山競走大会が開催され、議員多数が出席いたしました。

 8月18日、峡東地域広域水道企業団議員全員協議会が山梨市で開催され、組合議員が出席いたしました。

 8月19日、20日の両日、甲輝会が行政視察のため新潟県三条市に出張しました。

 8月20日、全国交通安全キャラバン隊メッセージ伝達式が第一会議室で行われ、副議長が出席いたしました。

 8月21日、笛吹市石和温泉祭りが行われ、議長が出席しました。

 8月25日、議員全員協議会が議員控室で開催され、新庁舎移転計画及び県立射撃場建設計画について説明を受けました。

 8月26日、峡東地域広域水道企業団議会が山梨市で開催され、組合議員が出席しました。

 8月28日、議会運営委員会が第一委員会室で開催され、本議会の会期及び議事日程等を協議しました。

 同日、山梨県市町村職員年金者連盟塩山支部定期総会が甲州市で開催され、議長が出席しました。

 本日、議会運営委員会が第一委員会室で開催され、議事日程等の協議をいたしました。

 概略、以上で報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議会広報編集委員会の報告



○議長(平塚義君) 日程第4に入ります。

 議会広報編集委員会の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、中村勝彦君。



◆議会広報編集委員長(中村勝彦君) 議会広報編集委員会から報告を申し上げます。

 去る7月31日に甲州市議会広報第15号が発行されましたが、第15号の発行に向けての広報編集委員会を6月5日、6月22日は第二委員会室で、7月14日、7月21日は第一委員会室で開催し、企画内容の検討、委員の執筆分担の決定、各委員が執筆した原稿の校正などを行いました。

 次に、第16号の内容につきましては、「平成20年度の会計決算」、「9月定例会レポート」を特集し、「一般質問」、「委員会レポート」、また、市民参加コーナーとして「市民フォーラム」、「わたしのふるさと」及び「四コマ漫画」を掲載する予定です。

 議会広報編集委員会では、今後も読みやすく、わかりやすい、読者の立場に立った編集を心がけ、より多くの市民の皆様に親しまれる広報誌の発行を行っていく考えでありますので、関係各位のご協力をお願い申し上げます。

 以上で議会広報編集委員会の報告を終わります。



○議長(平塚義君) 報告は終わりました。

 この報告に対して質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) 日程第4の質疑を打ち切ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 特別委員会の報告



○議長(平塚義君) 日程第5に入ります。

 特別委員会の報告を議題といたします。

 議会改革調査特別委員会の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、廣瀬宗勝君。



◆議会改革調査特別委員長(廣瀬宗勝君) 議会改革調査特別委員会の報告を申し上げます。

 当委員会は、去る6月29日に、委員7名と正副議長が、7月24日に、委員7名と正副議長が出席し、事務局を含め、第一会議室において委員会を開催いたしました。

 両日の会議に付された案件は、「一般質問の通告について」、「答弁時間の短縮について」及び「政務調査費について」、「質疑の放映について」でありました。

 まず、「一般質問の通告」については、協議の結果、定例会初日の市長の施政方針等を確認し、翌日の午後5時を通告の締め切りとして、その翌日に議会運営委員会を開催することといたしました。

 続いて、「答弁時間の短縮」については、議席のマイクを減らし、当局に移設することにいたしました。

 この2つの案件について、各委員会からさまざまな意見が出ましたが、議会改革の一つとして当局に要望することで決定されたところであります。

 次に、「政務調査費」についてですが、現在、2万円に増額要求が凍結されておりますが、来年度からの凍結解除を当局に要望することで意見集約されました。

 また、「質疑の放映」及び「休日議会」については、継続して協議・検討していくとしたところであります。

 なお、継続協議案件以外の案件につきましては、議員全員協議会へ報告したところであります。

 以上で議会改革調査特別委員会の報告を終わります。

 なお、当委員会は議会閉会中も継続して審査を行いたいので、議長に申し出ます。



○議長(平塚義君) 報告は終わりました。

 この報告に対し質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) 質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。議会改革調査特別委員会委員長から申し出のあった議会閉会中の継続審査を許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議がないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第70号〜議案第72号



○議長(平塚義君) 日程第6に入ります。

 議案第70号 甲州市営定住促進住宅設置及び管理条例制定について、議案第71号 甲州市老人医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定について、議案第72号 甲州市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について、以上3件を一括議題といたします。

 議案の朗読は省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 平成21年9月定例市議会の開会に当たり、議員各位には、提案をいたしました議案のご審議をいただくことに対しまして、心から感謝と敬意を表する次第であります。

 提案をいたしました議案の概要を申し上げますとともに、市政の一端を申し述べ、議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げたいと存じます。

 初めに、世界各地で感染が拡がっている新型インフルエンザ対策についてであります。8月26日、県では、県内感染者が増え続けており、インフルエンザの流行シーズンに入ったと発表いたしました。県では、手洗いやうがいなど個人でできる予防策の励行や咳などの症状が出た場合のマスク着用など、咳エチケットを守ることを呼びかけております。また、発熱外来を終了し、原則として、全ての医療機関において発熱患者の診療を行うことに改められました。医療機関で受診される場合には、電話連絡の上、その指示に従っていただくことになりました。

 今回の新型インフルエンザは、基礎疾患を有する方や妊婦、乳幼児が重症化するリスクが高いとのことであります。感染が疑われる場合には、早期受診、早期治療を心がけていただきますようお願いをいたします。市民の皆様には、広報や学校、職場等を通じて、新型インフルエンザの正しい知識や感染予防対策等についてお知らせするとともに、相談窓口を設置して様々な相談に応じてまいりました。今後とも市民の健康を守り、安心して生活ができるよう全力を挙げて取り組んでまいる所存でありますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 次に、開かれた市政の推進についてであります。市が設置する附属機関等の活性化と、公正で透明性の高い開かれた市政を推進するため、「審議会等の設置及び運営等に関する基本指針」及びこれに伴う「審議会等の会議の公開に関する基準」を制定いたしました。市民の皆様には、積極的に審議会等に参画していただくとともに、市政に対する理解と関心をより深めていただくことを期待いたしているところであります。

 次に、財政健全化についてであります。財政の健全化は、甲州市の将来にとって大変重要な課題であります。特に、実質公債費比率が平成17年度には20.1%と、健全化の基準である18%を大きく上回っていたことから、公債費負担の適正化に取り組んでまいりました。その結果、平成20年度決算では、実質公債費比率が17.8%と、目標とした平成24年度を待たずに改善することができました。今後も財政健全化への努力を緩めることなく取り組んでまいる所存であります。

 次に、国の緊急経済対策への対応についてであります。地域活性化・経済危機対策臨時交付金の、本市への交付限度額4億3,000万円余のうち、6月議会で2億3,000万円余13事業について予算措置を行いましたが、残る1億9,000万円余9事業について、今議会に補正予算を提案いたしております。

 また、雇用情勢が厳しい状況にある中で、離職を余儀なくされた非正規労働者や中高年齢者等の失業者に対して、次の雇用までの短期の雇用、就業機会を提供するため、「緊急雇用創出事業」を活用した宮光園資料整理業務など10事業について、補正予算を今議会に提案いたしております。

 次に、塩山駅のバリアフリー化についてであります。これまで多くの市民の皆様から要望をいただいております塩山駅のエレベーター設置につきましては、JR東日本及び県と協議をした結果、実施することで合意いたしました。駅構内の上下線ホームへのエレベーターの設置はJR東日本が行い、自由通路の南口、北口へのエレベーターは市が設置することとしております。このため、今年度基本設計を行い、平成23年度の完成を目指し、整備を進めてまいります。基本設計費のほかJR東日本への補助金について、今議会に提案をいたしております。

 次に、県立射撃場の移転整備についてであります。現在、県では防災施設工事及びアクセス道路の工事に先立ち、一連の工事が円滑に進められるよう、地元に対し事業日程等について説明を行っており、年内にも工事に着手する予定であります。また、射撃場建設用地につきましては、旧塩山土木事務所用地との等価交換を前提に協議を進めており、協議が調い次第、契約を締結することとしております。残りの用地の活用につきましては、「甲州市里山創造推進協議会」を設置し、貴重な森林資源の管理計画を策定するとともに、その整備を進めてまいります。

 次に、子育て支援についてであります。平成20年度に引き続いて実施される子育て応援特別手当につきましては、対象児童が第一子まで拡大されたことに伴い、約850人に支給するための補正予算を今議会に提案をいたしております。また、近年増加傾向にある家庭相談業務のケース記録をデータベース化し、個人情報の取り扱いに配慮する中で、配偶者からの暴力、育児放棄など様々なケースを支援することとしております。

 さらに、民間保育園の園舎の修繕に対し助成するとともに、地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用し、市内の児童公園など約70カ所及び都市公園6カ所にある危険遊具の撤去やリニューアルを行い、安全な地域子育て環境を整備してまいります。

 また、放課後児童クラブの更なる充実を図るため、緊急雇用創出事業を活用し、指導員の増員を行うこととしております。

 次に、学校教育の振興についてであります。平成18年度から学習障害や注意欠陥・多動性障害等の児童・生徒に対して、子ども支援スタッフによる習熟度に応じた学習を実施してまいりました。なお一層の充実を図るため、緊急雇用創出事業を活用して「学習支援講師」を5名、「特別支援員」を1名増員し、総勢19名の支援スタッフによるきめ細やかな指導を進めてまいります。

 また、地域住民が学校を応援し、子どもたちの健全育成を目的とした「学校支援ボランティア事業」につきましては、各地域の区長さんを初め、公民館、育成会、PTAなど関係団体の皆様にご理解とご協力をいただき、順調に活動が進められております。今後とも地域と学校が一体となって、甲州市の教育の充実を図ってまいります。

 次に、観光振興についてであります。本年の観光客入り込み状況につきましては、春先から続く天候不順や景気低迷、新型インフルエンザの影響など、減少傾向が続いております。このため、関係団体と連携して首都圏や中京圏におけるキャンペーン活動を展開するとともに、各種宣伝・情報媒体を活用して誘客の促進に努めているところであります。

 こうした中、8月16日に開催した第45回大菩薩峠登山競走大会には、県外を中心に800人余りの参加者があり、成功裏に終了いたしました。現在、秋のイベント開催に向けて準備を進めているところであります。

 また、観光施設整備につきましては、近代産業遺産整備事業を初め、ぶどう郷駅前の多目的トイレ等の整備を進めているところであります。

 次に、農業振興についてであります。市では、優良農地等の保全・確保を図るため、「農業振興地域整備計画」を策定してまいりましたが、県の同意を得たことから、現在、公告・縦覧を行っているところであります。今後は、この計画に基づき、総合的かつ計画的な農業振興を進めてまいります。

 また、有害鳥獣防護柵設置事業につきましては、今年度実施計画のうち、塩山竹森地区の延長2,660メートルの工事に着手したところでありますが、他の地域につきましても、早急に実施してまいります。

 次に、都市計画についてであります。市民の皆様が快適で安心して暮らすことができる甲州市を目指し、将来計画を見据えた都市施設の機能の充実を図るため、今年度は、「まちづくり」に向けたスタートの年と位置づけ、5月30日に開催した都市計画マスタープラン推進シンポジウムを皮切りに、各地域市民懇談会などを通じ、都市計画マスタープランの推進に努めてまいりました。まちづくりの方針を市民の皆様にご理解をいただく中で、各種計画を推進していくためには、周知の機会と時間が必要であります。

 このため、宝くじ助成事業を活用して、来年3月に塩山駅南側地域の課題や市庁舎移転による街の機能を考える機会として、この地域を市民の皆様と歩き、まちを見て、まちを語り、まちづくりの糧とする第2弾のシンポジウムを実施することといたしております。また、公共水域の水質保全を図るため、緊急雇用創出事業を活用し、下水道の接続率向上や浄化槽設置促進の普及活動を実施してまいります。

 次に、道路等の基盤整備についてであります。地域の皆様から要望のありました身近な市道、水路の整備につきましては、地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用して追加実施することとし、補正予算を今議会に提案いたしております。また、旧市町村名が残る案内板等についても、改修費を計上いたしました。

 次に、雇用促進住宅の取得についてであります。独立行政法人雇用・能力開発機構に要望していた住宅の修繕工事も完了したことから、土地、建物を購入するための議案と甲州市営定住促進住宅設置及び管理条例を、今議会に提案をいたしております。今後は、現在入居されている方々と改めて入居契約を行うとともに、新たな入居者の公募を行い、甲州市営定住促進住宅として運営をしていくことといたしております。

 次に、民間木造住宅の耐震化についてであります。これまで、昭和56年以前に建築された民間の木造住宅の無料耐震診断及び耐震改修工事の助成を行ってまいりましたが、地震発生時における木造住宅の倒壊等による被害を防止するため、新たに建替えを行った場合や耐震シェルターの設置をした場合にも補助対象とすることといたしました。このための補助金として補正予算を今議会に提案をいたしております。

 さて、私にとりましても議員各位にとりましても、今定例市議会が任期最後の議会であります。議員の皆様とともに歩んでまいりました4年間を顧みますと、旧3市町村それぞれの地域において培ってきた伝統を礎として、一体化の醸成を図りつつ、新しい甲州市の基礎づくりに取り組んできた日々でありました。

 ご案内のように三位一体改革の後、地方財政全体が厳しい状況に置かれる中で、本市財政も市税の落ち込みや各種交付金の減少など、厳しい財政運営を強いられております。このため平成18年度には、「第一次行政改革大綱」を策定し、限りある人材、財源を最大限に有効活用して、質の高い行政サービスを提供できる体制づくりに努めてまいりました。

 また、本市を取り巻く社会・経済情勢は、目まぐるしく変化を続けており、合併前の予測に加え、数々の新たな行政課題に対応するため、昨年3月には、10年間のまちづくりの基本理念や具体的方針を定めた「第一次甲州市総合計画」を策定、市の将来像を「豊かな自然 歴史と文化に彩られた果樹園交流のまち 甲州市」として、少子・高齢化社会への対応や観光・産業の振興、教育・文化の振興など、優先度、緊急性を考慮しつつ、総合計画の推進に取り組んでまいりました。この間、市政に寄せられた市民の皆様を始め、議員各位のご理解、ご協力に対して、改めて敬意と感謝を申し上げる次第であります。

 私は、6月定例市議会において、次期市長選への出馬を表明いたしました。多くの市民や団体の方々から出馬要請を賜り、身が引き締まる思いであるとともに、感謝にたえないところであります。皆様からのご要請にこたえ、甲州市総合計画の着実な推進を図っていくことが、私に課せられた使命であると確信し、甲州市のさらなる飛躍のため、引き続き、そのかじ取りを果たしてまいりたいと決意を新たにいたしております。

 私の政治信念は、お年寄りが大切にされ、若者が元気で働き、子どもたちの明るい声が聞こえ、自然環境や文化的な景観が大切にされる住みよいまちづくりであります。また、まちづくりの基本姿勢は、清潔・公正・公開による市民参画のまちづくりであり、この基本姿勢は、いささかも変わるものではありません。今後残された任期を市政執行のため、全力を尽くしてまいる所存であります。再び、議員の皆様とともにこの議場で再会し、これからの甲州市発展のために市政運営の両輪となっていくことを切に願っているところであります。

 以上、市政に対する所信の一端と主要な施策の概要、そして任期満了後、引き続いて市政のかじ取りとして取り組む決意を申し上げさせていただきましたが、議員各位を始め、市民の皆様方のさらなるご理解とご協力をお願いを申し上げます。

 それでは、今議会に提案をいたしました3件の条例案についてご説明いたします。

 まず、議案第70号 甲州市営定住促進住宅設置及び管理条例制定についてご説明いたします。

 雇用促進住宅の購入により、住民の定住を促進し、住民福祉の向上と地域の活性化を図るための市営定住促進住宅として設置することに伴い、その設置及び管理について、地方自治法第244条の2第1項の規定に基づき、条例を定める必要があるため制定するものであります。

 次に、議案第71号 甲州市老人医療費助成金支給条例の一部を改正する条例制定についてご説明いたします。

 県の老人医療費助成制度において、医療保険各法の規定に基づく高額介護、合算療養費の支給が開始されることから、この支給額を老人医療費助成金支給額の算定上、控除することとされたことに伴い、所要の改正を行う必要があるため制定するものであります。

 次に、議案第72号 甲州市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定についてご説明いたします。

 国の緊急少子化対策として、平成21年10月から平成23年3月までの間、出産にかかわる医療保険制度における出産育児一時金の支給額を4万円引き上げる措置が講じられることに伴い、所要の改正を行う必要があるため制定するものであります。

 以上、よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(平塚義君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第73号〜議案第79号



○議長(平塚義君) 日程第7に入ります。

 議案第73号 平成21年度甲州市一般会計補正予算(第4号)、議案第74号 平成21年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)、議案第75号 平成21年度甲州市老人保健特別会計補正予算(第1号)、議案第76号 平成21年度甲州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)、議案第77号 平成21年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)、議案第78号 平成21年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第2号)、議案第79号 平成21年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)、以上7件を一括議題といたします。

 議案の朗読は省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) それでは、議案第73号 平成21年度甲州市一般会計補正予算(第4号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ3億7,786万1,000円を追加するものであります。

 主なものは、歳出において総務費へ鉄道駅バリアフリー化設備整備費補助金等1億1,218万8,000円、民生費へ子育て応援特別手当支給事業等5,393万2,000円、衛生費へごみ処理施設煙突撤去事業等5,720万円、土木費へ市単水路改修事業等1億2,028万2,000円、教育費へ理科教材・備品購入等2,103万5,000円を追加するものであります。歳入においては使用料及び手数料へ1,210万5,000円、国庫支出金へ2億4,751万8,000円、県支出金へ5,719万4,000円、繰越金へ5,205万7,000円を追加するものであります。

 この補正予算のうち、鉄道駅バリアフリー化設備整備費補助金につきましては、繰越明許費としてお願いするものであります。

 次に、議案第74号 平成21年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ1,351万9,000円を減額するものであります。

 主なものは、歳出において諸支出金へ4,524万9,000円を追加し、老人保健拠出金へ3,815万2,000円、介護納付金を2,181万6,000円減額するものであります。歳入においては繰越金へ728万9,000円を追加し、国庫支出金へ1,718万9,000円減額するものであります。

 次に、議案第75号 平成21年度甲州市老人保健特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ50万3,000円を追加するもので、歳出においては諸支出金へ50万3,000円を追加し、歳入においては繰越金へ同額追加するものであります。

 次に、議案第76号 平成21年度甲州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ153万円を追加するもので、歳出においては諸支出金へ153万円を追加し、歳入においては諸収入へ同額追加するものであります。

 次に、議案第77号 平成21年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ4,241万4,000円を追加するものであります。

 主なものは、歳出においては諸支出金へ3,584万1,000円を追加し、歳入においては国庫支出金へ1,642万3,000円、繰越金へ2,896万3,000円を追加するものであります。

 次に、議案第78号 平成21年度甲州市訪問看護事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ803万6,000円を追加するもので、歳出においてはサービス事業費へ10万円、諸支出金へ793万6,000円を追加し、歳入においては繰越金へ793万6,000円、寄附金へ10万円を追加するものであります。

 次に、議案第79号 平成21年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ421万5,000円を追加するもので、歳出においては下水道費へ108万7,000円、予備費へ312万8,000円を追加し、歳入においては繰入金へ108万7,000円、繰越金へ312万8,000円を追加するものであります。

 以上、よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(平塚義君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議案第80号



○議長(平塚義君) 日程第8に入ります。

 議案第80号 財産の取得についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) それでは、議案第80号 財産の取得についてご説明いたします。

 本件につきましては、雇用・能力開発機構が所有する甲州市内に存在する雇用促進住宅3宿舎を市が購入をし、定住促進住宅として管理することにより、住民の定住促進等に資するため、財産取得をするためのものであります。

 財産の内容につきましては、3宿舎合計で土地5区で1万6,863.86平方メートル、建物14棟、総床面積1万2,934.25平方メートル、取得予定金額は、土地7,286万2,487円、建物8,720万2,500円、合計1億6,006万4,987円を予定しております。



○議長(平塚義君) 説明は終わりました。

 ここで暫時休憩いたします。

 再開は11時といたします。

             休憩 午前10時48分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午前11時00分



○議長(平塚義君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 認定第1号〜認定第18号



○議長(平塚義君) 日程第9に入ります。

 認定第1号 平成20年度甲州市一般会計歳入歳出決算、認定第2号 平成20年度甲州市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、認定第3号 平成20年度甲州市診療所事業特別会計歳入歳出決算、認定第4号 平成20年度甲州市老人保健特別会計歳入歳出決算、認定第5号 平成20年度甲州市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、認定第6号 平成20年度甲州市介護保険事業特別会計歳入歳出決算、認定第7号 平成20年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計歳入歳出決算、認定第8号 平成20年度甲州市訪問看護事業特別会計歳入歳出決算、認定第9号 平成20年度甲州市下水道事業特別会計歳入歳出決算、認定第10号 平成20年度甲州市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算、認定第11号 平成20年度甲州市大藤財産区特別会計歳入歳出決算、認定第12号 平成20年度甲州市神金財産区特別会計歳入歳出決算、認定第13号 平成20年度甲州市萩原山財産区特別会計歳入歳出決算、認定第14号 平成20年度甲州市竹森入財産区特別会計歳入歳出決算、認定第15号 平成20年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計歳入歳出決算、認定第16号 平成20年度甲州市水道事業会計決算、認定第17号 平成20年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計決算、認定第18号 平成20年度甲州市勝沼病院事業会計決算、以上18件を一括議題といたします。

 決算書の朗読は省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認め、決算書の朗読は省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) それでは、提案をいたしました平成20年度決算についてご説明いたします。

 まず、認定第1号 平成20年度甲州市一般会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額155億9,449万3,965円、歳出総額152億4,597万2,271円となっております。

 次に、認定第2号 平成20年度甲州市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額41億4,572万1,082円、歳出総額40億734万4,948円となっております。

 次に、認定第3号 平成20年度甲州市診療所事業特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額9,124万7,199円、歳出総額8,031万4,980円となっております。

 次に、認定第4号 平成20年度甲州市老人保健特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額4億4,942万8,795円、歳出総額4億203万9,182円となっております。

 次に、認定第5号 平成20年度甲州市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額3億3,214万7,810円、歳出総額3億2,425万5,935円となっております。

 次に、認定第6号 平成20年度甲州市介護保険事業特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額25億293万5,791円、歳出総額24億7,397万1,324円となっております。

 次に、認定第7号 平成20年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額790万8,235円、歳出総額680万8,352円となっております。

 次に、認定第8号 平成20年度甲州市訪問看護事業特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額7,593万7,550円、歳出総額6,600万934円となっております。

 次に、認定第9号 平成20年度甲州市下水道事業特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額19億5,516万3,548円、歳出総額19億4,064万7,487円となっております。

 次に、認定第10号 平成20年度甲州市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額5億6,427万4,667円、歳出総額5億5,534万6,853円となっております。

 次に、認定第11号 平成20年度甲州市大藤財産区特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額518万7,512円、歳出総額280万1,890円となっております。

 次に、認定第12号 平成20年度甲州市神金財産区特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額596万9,513円、歳出総額517万2,184円となっております。

 次に、認定第13号 平成20年度甲州市萩原山財産区特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額1,662万9,638円、歳出総額1,647万185円となっております。

 次に、認定第14号 平成20年度甲州市竹森入財産区特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額171万8,305円、歳出総額63万6,015円となっております。

 次に、認定第15号 平成20年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計歳入歳出決算についてご説明いたします。

 歳入総額187万6,158円、歳出総額145万5,373円となっております。

 次に、認定第16号 平成20年度甲州市水道事業会計決算の概要につきましてご説明いたします。

 収益的収入及び支出のうち、収入の水道事業収益につきましては、予算額4億6,574万4,000円に対し、決算額4億993万3,128円となりました。また、支出の水道事業費用につきましては、4億6,145万7,000円に対し、決算額は4億3,474万5,849円となりました。この結果、収入支出決算額からそれぞれの消費税及び地方消費税を除きまして、2,821万1,636円の純損失が生じたところであります。

 次に、認定第17号 平成20年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計決算についてご説明いたします。

 収益的収入及び支出について、事業収益9億7,240万8,238円に対し、事業費用8億9,404万8,097円となっております。

 資本的収入及び支出については、資本的収入額は0円、資本的支出額2,398万2,104円となっております。

 次に、認定第18号 平成20年度甲州市勝沼病院事業会計決算についてご説明いたします。

 収益的収入及び支出につきましては、事業収益2,522万8,187円に対し、事業費用2,501万7,709円となっております。

 資本的収入及び支出につきましては、資本的収入額1億1,548万9,000円、資本的支出額1億3,264万1,702円となっております。

 以上、平成20年度決算についてご説明いたしました。よろしくご審議の上、ご認定いただきますようお願い申し上げます。



○議長(平塚義君) 説明は終わりました。

 続いて、監査委員の審査意見を求めます。

 代表監査委員、平山尋文君。



◎代表監査委員(平山尋文君) 監査委員を代表いたしまして、地方自治法第233条第2項及び第241条第5項の規定により審査に付された、平成20年度甲州市一般会計、特別会計の歳入歳出決算及び基金の運用状況並びに地方公営企業法第30条第2項の規定により審査に付された公営企業会計の歳入歳出決算に関する審査結果の概要をご報告いたします。

 審査の期間は平成21年6月10日から平成21年8月7日までの間、一般会計、特別会計等の歳入歳出決算書、関係諸帳簿類の照合、精査及び関係職員の説明聴取をもって行いました。

 審査の結果、一般会計及び特別会計につきましては、決算書、関係諸帳簿、証憑書類等は関係法令に基づき、適正に作成されており、かつ計数も正確であると認めました。また、財務に関する事務の執行につきましても、適正に処理されておりました。

 なお、特別会計につきましては、平成20年度から保険制度の見直しにより、新たに後期高齢者医療特別会計が加わりましたが、今後も引き続き、より効率的な制度運営が図られることを期待します。

 次に、公営企業会計につきましては、決算書、事業報告書等は適正に作成されており、決算の計数につきましても、正確であると認められました。各会計ともにそれぞれの事業の役割を踏まえ、経営努力がなされていることがうかがえました。ただ、公営企業会計のうち水道事業会計につきましては、事業費用が事業収益を上回り、純損失を生じる結果となりました。今後は、水道事業の効果的運営と給水サービスの向上に努められ、収支のバランスが保たれるよう事業内容等を見直す必要があると思われます。

 今後においては厳しい財政運営が続く中、市税を初め多額の収入未済額の解消など一般財源の確保に努め、「第一次甲州市行政改革大綱」に基づく人件費の削減はもとより、各種施策の徹底した洗い出しや経費の削減に努めるとともに、市民の要請や効果、緊急度を考慮の上、創意と工夫をもって限られた財源の重点的な配分を図り、市民ニーズにこたえていくような市政運営を期待するものであります。

 審査の詳細につきましては、お手元の意見書のとおりであります。

 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げまして、審査結果の報告といたします。



○議長(平塚義君) 監査委員の審査意見は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 報告事項



○議長(平塚義君) 日程第10に入ります。

 報告事項、健全化判断比率報告、資金不足比率報告、以上2件を一括議題といたします。

 報告書の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認め、報告書の朗読は省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) それでは、健全化判断比率報告についてご説明いたします。

 平成20年度甲州市決算に係る甲州市の健全化判断比率及び早期健全化基準について、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により報告いたします。

 次に、資金不足比率報告についてご説明いたします。

 平成20年度甲州市決算に係る甲州市の資金不足比率及び経営健全化基準について、地方公共団体の財政の健全化に係る法律第22条第1項の規定により報告いたします。

 以上、よろしくお願い申し上げまして、ご説明といたします。



○議長(平塚義君) 説明は終わりました。

 続いて、監査委員の審査意見を求めます。

 代表監査委員、平山尋文君。



◎代表監査委員(平山尋文君) それでは、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく各指標につきまして、審査結果の概要を報告いたします。

 審査の期間は平成21年7月29日から平成21年8月18日までの間、健全化判断比率及び資金不足比率の算定の基礎となる事項を記載した書類の精査並びに関係職員の説明聴取をもって行いました。

 審査の結果、まず、健全化判断比率につきましては、4つの指標ともに早期健全化基準の数値を下回り、健全な状態にあると認められました。これらの中でも、特に実質公債費比率につきましては、地方債の発行について許可から協議に移行できる18%を下回ったこと、さらには、将来負担比率も大きく減ったことについては、全庁を挙げて財政の健全化に取り組んだ成果であり、大いに評価できる結果となりました。

 次に、資金不足比率につきましては、どの会計も経営健全化基準の数値を下回り、良好な状態にあると認められました。今後におきましても、引き続き財政の健全化に取り組んでいただき、足腰の強いしっかりとした財政運営を期待するものであります。

 審査の詳細につきましては、お手元の意見書のとおりであります。

 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げまして、審査結果の報告といたします。



○議長(平塚義君) 監査委員の審査意見は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 議案第81号〜議案第83号



○議長(平塚義君) 日程第11に入ります。

 議案第81号 甲州市役所本庁舎移転改修整備事業建築本体工事請負契約締結について、議案第82号 甲州市役所本庁舎移転改修整備事業電気設備工事請負契約締結について、議案第83号 甲州市役所本庁舎移転改修整備事業機械設備工事請負契約締結について、以上3件を一括議題といたします。

 議案の朗読は省略いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) それでは、提案をいたしました3件の議案につきましてご説明いたします。

 いずれの議案につきましても、甲州市役所本庁舎移転改修整備事業として、昨年度、旧シルクの土地、建物を土地開発公社から取得し、本庁舎として改修するためのものであります。3件の工事につきましては、8月24日に一般競争入札を行い、それぞれ共同企業体と仮契約を締結したところでございます。

 議案第81号につきましては、建築本体工事として請負金額4億3,029万円で、議案第82号につきましては、電気設備工事として請負金額1億8,060万円で、議案第83号につきましては、機械設備工事として請負金額1億5,540万円で、それぞれ共同企業体と仮契約を締結したところでございます。

 よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(平塚義君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 請願第4号



○議長(平塚義君) 日程第12に入ります。

 請願第4号 県立射撃場設置予定地を含めた塩山上小田原地域での土砂防災対策を推進することを求める請願を議題といたします。

 請願文書表の朗読を事務局長にいたさせます。

 雨宮議会事務局長。



◎議会事務局長(雨宮英司君) (「請願文書表朗読」)



○議長(平塚義君) 朗読は終わりました。

 紹介議員に趣旨説明を求めます。

 13番、廣瀬重治君。



◆13番(廣瀬重治君) 県立射撃場予定地を含めた塩山上小田原地域での土砂防災対策を推進することを求める請願について、紹介議員として趣旨説明を行います。

 上小田原地域内に計画される県立射撃場の設置工事については、当該地の地形、土質などの状況が土砂災害の発生を予見される地域での工事であり、周辺地域を含めた隣接地の安全を確保する中で工事が施工されなければならない。当該地域は今年度、土砂災害防止法に基づく基礎調査が行われることになっているが、当工事においては、土砂防災の関係法である砂防法、地すべり等防止法、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律のそれぞれに定める危険区域、防止区域の指定など関係法の適用下で、より安全で精度の高い有効な計画が実現されることを県に対して強く望むものであります。

 また、市民の生命、財産を守るための災害対策は、甲州市地域防災計画で既に策定されているが、当工事に関係する防災計画については、市民の立場に立って県の計画等を点検し、その対策を市の防災計画に盛り込んでもらいたい。

 以上が趣旨説明でありますけれども、つけ加えまして、請願人が強く望む本請願の趣旨は、安全性の確保、そして保証はもとより、甲州市に対しては、リスクを負い、弱者である市民の立場を、そして生命、財産を市民の利益代表者である甲州市が市として守ってほしいとの願いが、この請願の重要な部分であるということをあえてつけ加えて申し上げ、以上をもちまして、紹介議員の趣旨説明を終わります。



○議長(平塚義君) 説明は終わりました。

 以上をもって、本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 次回の本会議は、9月11日午前10時から開きます。

 本日はこれをもって散会いたします。

     〔散会 午前11時32分〕