議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲州市

平成17年 12月 臨時会 12月08日−02号




平成17年 12月 臨時会 − 12月08日−02号







平成17年 12月 臨時会



          平成17年甲州市議会臨時会会議録

                平成17年12月8日(木)午前10時00分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第2号)

   平成17年12月8日(木)午前10時開議

  第1 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて

           (甲州市役所の位置を定める条例ほか185件の条例制定について)

     承認第2号 専決処分の承認を求めることについて

           (甲州市設置に伴う字名の変更について)

     承認第3号 専決処分の承認を求めることについて

           (甲州市指定金融機関の指定について)

     承認第4号 専決処分の承認を求めることについて

           (甲州市水道事業出納取扱金融機関の指定について)

     承認第5号 専決処分の承認を求めることについて

           (甲州市勝沼ぶどうの丘事業出納取扱金融機関の指定について)

     承認第6号 専決処分の承認を求めることについて

           (山梨市・甲州市指導主事の共同設置について)

     承認第7号 専決処分の承認を求めることについて

           (平成17年度甲州市一般会計暫定予算ほか12件について)

     承認第8号 専決処分の承認を求めることについて

           (平成17年度甲州市水道事業会計暫定予算について)

     承認第9号 専決処分の承認を求めることについて

           (平成17年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計暫定予算について)

     承認第10号 専決処分の承認を求めることについて

            (平成17年度甲州市勝沼病院事業会計暫定予算について)

     承認第11号 専決処分の承認を求めることについて

            (塩山市土地開発公社定款の一部改正について)

     承認第12号 専決処分の承認を求めることについて

            (甲州市職員給与条例の一部を改正する条例制定について)

  第2 議案第1号 甲州市議会政務調査費の交付に関する条例制定について

  第3 議案第2号 甲州市公平委員会の服務の宣誓に関する条例制定について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した案件

  日程第1 承認第1号〜承認第12号

  日程第2 議案第1号

  日程第3 議案第2号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(20名)

                             1番  中村勝彦君

                             2番  桐原正仁君

                             3番  武藤雅美君

                             4番  丸山国一君

                             5番  原  勝君

                             6番  廣瀬 一君

                             7番  夏八木盛男君

                             8番  野尻陽子君

                             9番  古屋 久君

                            10番  古屋匡三君

                            11番  平塚 義君

                            12番  曽根益彦君

                            13番  廣瀬重治君

                            14番  矢野義典君

                            15番  岡 武男君

                            16番  佐藤栄也君

                            17番  廣瀬宗勝君

                            18番  田邉民男君

                            19番  都倉義男君

                            20番  廣瀬元久君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

               市長                田辺 篤君

               総務企画部長            相澤廣貴君

               市民生活部長            金井正喜君

               産業建設部長            池田良雄君

               勝沼地域総合局長          細川初彦君

               大和地域総合局長          佐藤光正君

               総務課長              長瀬静男君

               総合政策課長            根岸洋一君

               財政課長              廣瀬一秀君

               管財課長              矢崎道男君

               税務課長              丸山美春君

               市民課長              雨宮 信君

               福祉課長              鈴木常明君

               子育て支援課長           高木英子君

               健康増進課長            桐原正司君

               環境課長              萩原博夫君

               果樹農林課長            三森克弥君

               観光商工課長            有賀文雄君

               建設課長              橋爪俊夫君

               都市整備課長            荻原英幸君

               下水道課長             若林重則君

               会計課長              岡村啓司君

               鈴宮寮長              徳良利朗君

               水道課長              町田 博君

               ぶどうの丘支配人          三科 茂君

               教育長               萩原 実君

               学校教育課長            柏原和仁君

               生涯学習課長            鈴木英夫君

               スポーツ健康課長          雨宮英司君

               行政委員会事務局長         益田明人君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席事務局職員

               事務局長              小池 澄

               書記                坂本 昇

               書記                河村 敬

     〔開議 午前10時00分〕



○議長(廣瀬宗勝君) ただいまの出席議員20人、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました印刷物のとおりといたしますので、ご協力をお願いいたします。

 この際、申し上げます。

 報道機関から取材のため、テレビカメラによる撮影の申し出があり、これを許可しておりますので、ご承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 承認第1号〜承認第12号



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第1に入ります。

 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて。

     (「議長、休憩」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) しばらく休憩いたします。

             休憩 午前10時01分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午前10時15分



○議長(廣瀬宗勝君) 再開いたします。

 日程第1に入ります。

 承認第1号 専決処分の承認を求めることついて(甲州市役所の位置を定める条例ほか185件の条例制定について)、承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(甲州市設置に伴う字名の変更について)、承認第3号 専決処分の承認を求めることについて(甲州市指定金融機関の指定について)、承認第4号 専決処分の承認を求めることについて(甲州市水道事業出納取扱金融機関の指定について)、承認第5号 専決処分の承認を求めることについて(甲州市勝沼ぶどうの丘事業出納取扱金融機関の指定について)、承認第6号 専決処分の承認を求めることについて(山梨市・甲州市指導主事の共同設置について)、承認第7号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度甲州市一般会計暫定予算ほか12件について)、承認第8号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度甲州市水道事業会計暫定予算について)、承認第9号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計暫定予算について)、承認第10号 専決処分の承認を求めることについて(平成17年度甲州市勝沼病院事業会計暫定予算について)、承認第11号 専決処分の承認を求めることについて(塩山市土地開発公社定款の一部改正について)、承認第12号 専決処分の承認を求めることについて(甲州市職員給与条例の一部を改正する条例制定について)、以上12件を一括議題としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) 異議がないので、さよう決しました。

 お諮りいたします。報告書の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) 異議なしと認めます。

 よって、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 平成17年甲州市議会臨時会を招集をいたしましたところ、議員各位には何かとご多用の中をご出席をいただき、心から感謝と敬意をあらわすものであります。

 提出いたしました案件のうち、主なるものにつきましてその概要をご説明申し上げますとともに、私の所信の一端を申し述べ、議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 議員各位には、去る11月27日に執行されました市議会議員の選挙に当たり、甲州市の初代の議会議員としてめでたくご当選の栄に浴され、甲州市の創成期の大変重要な時期に市民の皆様方の期待にこたえるべくご活躍をいただくわけでありますが、ご健勝にてご活躍あらんことを願うものであります。

 私はこのたび市民の皆様を始め各方面の力強いご支援を賜り、旧塩山市、旧勝沼町、旧大和村の合併により誕生した新市甲州市の初代の市長として、重責を担うことになりました。この場に立ち、改めて政治を志す者の自覚と市長としての責任の重さを痛感をいたしております。

 新甲州市は、旧塩山市、旧勝沼町、旧大和村の偉大な先人たちのたゆまざる努力により大きな発展を遂げてまいりました。先人たちが営々と築き上げてきたすばらしい成果は、甲州市に引き継がれ、行政執行する上での礎となり、また私たちが生きる道しるべとして今も息づいております。この先人たちが築き上げてきた貴重な財産や資源を、そして教えを引き継いでまいりますが、これを守り、育てていくことが私たちに課せられた使命であり、役割であると思う次第であります。

 市町村合併は、最終目的地ではなく、新しいまちづくりの出発点であります。21世紀の甲州市がどうあるべきか、議員各位のご賛同をいただき、市政運営の両輪として、より建設的なご提言やご意見等を賜りながら、市民福祉の向上という目標に立ち、行政執行を邁進してまいりたいと考えております。

 合併した3市町村は、昨年11月5日に法定協議会を設置し、約1年間合併協議を行い、事務事業等の調整を行ってまいりましたが、合併後も調整が必要な事柄があります。一日も早く協調が進み、一本化が図られ、3万7,000人余の市民の皆様の負託にこたえられるよう、私に課せられた責務を真摯に受けとめ、本市が目指す「豊かな自然 歴史と文化に彩られた果樹園交流都市」の実現に努力を重ねてまいります。

 市民の皆様から「合併して本当によかった」と言っていただけるような行政執行ができ得ますよう、議員各位、市民の皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げる次第であります。

 私は、今回の選挙で幾つかの政治信念と基本政策を申し上げてきました。その一端を申し上げますと、一人ひとりの市民の皆様が誇りと愛着の持てるまちに、お年寄りが大切にされ、若者が元気で働き、子供たちの明るい声が聞こえ、自然環境や文化的な景観が大切にされる住みよいまちにすることであります。

 また、清潔、公正、公開を基本姿勢として、市民参画のまちづくりを進めてまいります。みずからが襟を正し、市民の皆様と情報を共有し、「参画と連携と協働」のまちづくりを推進し、「風格と活力」のあるまち、「ふれあい」のまち、「希望」のあるまちづくりの実践に努めてまいりたいと考えております。

 また、今回の市長選に当たり、5つの基本政策を申し上げてまいりました。

 まず、ワンシーズンからフルシーズン、1年間を通じた観光農業施策を進めてまいりたいと考えております。

 市民の皆様は、甲州市の将来に大きな期待や希望を抱いております。これまでの各市町村の伝統文化を引き継ぎながら、全体の調和を大切にし、甲州市まちづくり計画の「豊かな自然 歴史と文化に彩られた果樹園交流都市」を基軸としたまちづくりを市民の皆様と協働で進めてまいります。

 2点目には、地域資源を活用した観光・農業振興の活性化であります。

 1960年代の高度経済成長の時代が終わり、企業誘致や各種開発計画等、難しい時代となっております。これからの時代は地域資源を生かしながら、市の活性化をどう進めていくかが大切であります。

 ご承知のとおり、当市は、第1次産業が24.9%と県平均を大きく上回っております。県下を代表する高品質の果樹の生産地帯であり、武田氏ゆかりの文化財など、緑豊かな自然環境に恵まれた地域であります。

 首都圏に近いという利便性を生かし、県で進めている「観光立県富士の国やまなし・観光戦略」と連携しながら、農業と観光のネットワーク化を図り、ワイン産業の振興や森林資源の整備を行い、体験型の交流事業を進めてまいります。

 3点目には、ごみの減量化と資源循環型社会の構築であります。

 ごみ処理問題は、今大きな社会問題となっております。ごみの分別収集をより一層進め、徹底したごみの減量化を進めてまいります。東山梨行政事務組合で計画しておりますごみ処理施設の建設候補地については、市民の皆様にご理解いただける内容となるよう、検討を重ね、早急に解決策を見出すため、全力を尽くす所存であります。

 4点目は、高齢者のための福祉サービスと子育て支援の充実であります。

 少子・高齢社会への対応は、本市の重点施策とし、より一層したサービスが受けられる体制づくりを行ってまいります。少子化の主な要因は、晩婚化、未婚化に加え、「出生率の低下」という社会現象が生まれております。従来の取り組みに加え、より一層子育て支援対策に積極的に取り組み、安心して子供を産み育てることのできる環境づくりを進めてまいります。

 高齢者対策につきましては、保健、福祉、医療など高齢者の健康づくりや介護予防対策の充実を図ってまいります。

 5点目は、教育の充実と芸術文化の振興であります。

 青少年期は、人格の基礎が形成され、人としての根をはり、幹や枝を伸ばし、大人になる準備期間として花を咲かせ、人生全体の幸せを左右する重要な時期であります。次代を担う子供たちの健全を図るため、学校教育、生涯学習教育等を充実をさせ、子供たちの個性を伸ばし、伸び伸びと学べることのできる教育体制の実現を目指してまいります。

 以上、私の市政に取り組む基本姿勢を申し上げましたが、喫緊に取り組まなければならない行政課題は、行財政改革とその基盤強化であります。

 少子・高齢社会への対応、官から民への指定管理者制度の導入、住民ニーズの高度化、職員管理の適正化などさまざまな行政課題に取り組んでいかなければなりません。

 国が求める三位一体の改革は、歳入、歳出両面で地方の自由度を高め、真の地方自治の確立を図ろうとするものでありますが、地方交付税の安定的な確保、税源移譲に結びつく国庫補助負担金の改革が実行されることにあります。

 地方分権時代を迎えた今、自己決定・自己責任が問われる地方公共団体は、厳しい行財政が求められております。最小の経費で最大限の効果を目指す行政経営を構築していくための施策を実施していかなければなりません。

 こうした厳しい時代背景でありますが、合併した甲州市は、首都圏からは中央自動車道を南の玄関口とし、北関東からの交通の要衝でもあり、大きな可能性を含んだ地域であります。

 甲州市の資源を生かしながら、輝かしい甲州市の未来を築くため、市民参画と連携と協働のまちづくりを進めることが必要であります。

 ここに新たな発展と飛躍を目指し、新市「甲州市」が誕生いたしましたので、早い時期に合併効果があらわれ、市民の皆様に実感として感じていただけるよう、誠心誠意努力をしてまいる所存であります。

 最後になりましたが、佐藤・甲州市長職務執行者には合併時のスタートという大変重要な時期に甲州市の職務執行者としてその職務を十分に発揮され、窓口業務、各種事務事業など何の問題もなく、円滑にスタートを切ることかできました。その行政手腕を高く評価を申し上げ、感謝とお礼を申し上げる次第であります。

 以上、市政に取り組む所信の一端を述べさせていただきましたが、議員各位を始め市民の皆様のご理解とご協力を賜りますようお願いを申し上げます。

 それでは、今議会へ提案をいたしました12件の専決処分の承認を求めることにつきましてご説明をいたします。

 12件の内容につきましては、条例にかかわるもの2件、予算にかかわるもの4件、金融機関の指定にかかわるもの3件、その他字名の変更、土地開発公社の定款の一部変更及び山梨市と甲州市との指導主事の共同設置についてであります。

 まず、承認第1号の甲州市の位置を定める条例ほか185件の条例制定について、ご説明をいたします。

 甲州市の設置に伴い、合併前の塩山市、勝沼町及び大和村において実施され、合併に伴い甲州市において承継することとなる事務及び合併協議により新たに甲州市で設置することとされた地域自治区等に関する事務等の実施に必要な条例、または法令の規定に基づき、その制定が義務づけられている条例等、甲州市の設置と同時に施行される必要のある186件の条例について、専決処分により制定したものであります。その条例名及び各条例の要旨等につきましては、9月2日(第3日目 冒頭に発言訂正有り)にその概要をご説明申し上げてございますが、手元に配付いたしました資料のとおりであります。

 次に、承認第2号は、甲州市の設置に伴う字名の変更についてであります。

 次に、承認第3号は、公金の収納及び支払いの業務を取り扱わせるため、甲州市の指定金融機関として、株式会社山梨中央銀行を指定したものであります。

 承認第4号、5号は、甲州市水道事業・甲州市勝沼ぶどうの丘事業の指定金融機関として、株式会社山梨中央銀行を指定したものであります。

 次に、承認第6号 山梨市、甲州市指導主事を共同設置することにつきましてのご説明をいたします。

 合併による甲州市の設置に伴い、合併前の塩山市、勝沼町及び大和村と山梨市で共同設置をしていました指導主事につきまして、合併後も地方自治法第252条の7第1項の規定により引き続き共同設置する必要があることから、その共同設置について専決処分をしたものであります。

 次に、予算関係でございますが、平成17年度暫定予算16件についてご説明をいたします。

 承認第7号 平成17年度甲州市一般会計暫定予算ほか12件についてご説明いたします。

 平成17年11月1日の合併に伴い、甲州市の平成17年度の執行経費が必要なため、平成17年度甲州市一般会計暫定予算ほか12件について専決処分をしたものであります。

 まず、平成17年度甲州市一般会計暫定予算についてご説明いたします。

 予算の総額は、101億3,170万円であります。

 主なる内容を申し上げますと、歳出においては、総務費に合併移行経費、峡東地域広域水道企業団負担金など18億5,399万4,000円、民生費に救護施設整備事業、老人保健特別会計繰出金など16億9,215万2,000円、衛生費に健康診査事業、ごみ減量化及び再生利用推進事業、ごみ収集処理経費など8億7,391万3,000円、農林水産業費に市単土地改良事業、基盤整備促進事業など7億933万7,000円、商工費に近代産業遺産活用事業、商工振興資金融資事業など3億4,970万3,000円、土木費に下萩原22号線改良事業、市道上塩後25号線改良事業など13億9,747万8,000円、消防費に東山梨行政事務組合負担金、消防施設整備事業など2億5,870万円、教育費に塩山南小学校プール建設事業、文化財保護事業など7億8,415万5,000円、公債費に10億9,846万7,000円、諸支出金に9億5,000万円などであります。

 歳入においては、市税に15億9,466万6,000円、地方交付税に17億7,191万5,000円、国庫支出金に10億8,020万7,000円、市債に31億660万円が主なものであります。

 次に、平成17年度甲州市国民健康保険事業特別会計暫定予算についてご説明いたします。

 予算の総額は、18億5,424万6,000円であります。

 次に、平成17年度甲州市診療所事業特別会計暫定予算についてご説明いたします。

 予算の総額は、9,771万2,000円であります。

 次に、平成17年度甲州市老人保健特別会計暫定予算についてご説明いたします。

 予算の総額は、18億6,182万8,000円であります。

 次に、平成17年度甲州市介護保険事業特別会計暫定予算についてご説明いたします。

 予算の総額は、9億7,483万1,000円であります。

 次に、平成17年度甲州市訪問看護事業特別会計暫定予算についてご説明いたします。

 予算の総額は、3,996万2,000円であります。

 次に、平成17年度甲州市下水道事業特別会計暫定予算についてご説明いたします。

 予算の総額は、10億5,123万8,000円であります。

 次に、平成17年度甲州市簡易水道事業特別会計暫定予算について説明いたします。

 予算の総額は、4億6,893万2,000円であります。

 次に、平成17年度甲州市大藤財産区特別会計暫定予算についてご説明いたします。

 予算の総額は、192万8,000円であります。

 次に、平成17年度甲州市神金財産区特別会計暫定予算についてご説明いたします。

 予算の総額は、574万円であります。

 次に、平成17年度甲州市萩原山財産区特別会計暫定予算についてご説明いたします。

 予算の総額は、1,006万1,000円であります。

 次に、平成17年度甲州市竹森入財産区特別会計暫定予算についてご説明いたします。

 予算の総額は、184万4,000円であります。

 次に、平成17年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計暫定予算についてご説明いたします。

 予算の総額は、26万円であります。

 承認第8号 平成17年度甲州市水道事業会計暫定予算についてご説明いたします。

 平成17年11月1日の合併に伴い、甲州市の平成17年度執行経費が必要なため、専決処分をしたものであります。

 収益的収入及び支出では、水道事業収益に2億756万円、水道事業費に2億750万4,000円であります。

 資本的収入及び支出では、資本的収入に5億61万4,000円、資本的支出に5億9,873万3,000円であります。

 この不足する額9,811万9,000円は、過年度損益勘定留保資金5,403万4,000円、建設改良積立金4,000万円、減債積立金408万5,000円を充て、補てんするものであります。

 承認第9号 平成17年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計暫定予算についてご説明をいたします。

 平成17年11月1日の合併に伴い、甲州市の平成17年度の執行経費が必要なため、専決処分をしたものであります。

 収益的収入及び支出では、事業収益に4億4,906万5,000円、事業費用に4億3,762万8,000円であります。

 資本的収入及び支出では、資本的支出に1,153万7,000円であります。

 この不足する額1,153万7,000円は、過年度損益勘定留保資金を充て、補てんするものであります。

 承認第10号 平成17年度甲州市勝沼病院事業会計暫定予算についてご説明いたします。

 平成17年11月1日の合併に伴い、甲州市の平成17年度執行経費が必要なため、専決処分をしたものであります。

 収益的収入及び支出では、病院事業収益に2億5,710万3,000円、病院事業費用に2億5,710万3,000円であります。

 資本的収入及び支出では、資本的支出に929万6,000円であります。

 この不足する額929万6,000円は、過年度損益勘定留保資金を充て、補てんするものであります。

 次に、承認第11号 塩山市土地開発公社定款の一部改正につきましてご説明いたします。

 甲州市の設置に伴い、合併前の塩山市土地開発公社を甲州市土地開発公社とするため、公有地の拡大の推進に関する法律第14条第2項の規定により、定款の変更を行ったものであります。

 次に、承認第12号の甲州市職員給与条例の一部を改正する条例制定につきましてご説明いたします。

 人事院の平成17年8月15日付の給与勧告及びこれに基づく国家公務員の給与改定等にかんがみ、地方公務員法第28条第3項に規定する給与の根本基準に基づき、甲州市職員給与の条例の一部を改正し、国と同様に本年12月1日に施行する必要があることから、議会を招集する暇がないため、専決処分により制定したものであります。

 内容につきましては、配付いたしました条例の要旨のとおりであります。

 以上、専決処分の概要を申し上げましたが、ご審議の上、ご承認いただきますようお願いを申し上げます。



○議長(廣瀬宗勝君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 議案第1号



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第2に入ります。

 議案第1号 甲州市議会政務調査費の交付に関する条例制定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第1号 甲州市議会政務調査費の交付に関する条例制定について、ご説明いたします。

 地方自治法第100条第13項及び第14項の規定に基づき、市議会議員の調査研究に資するために必要な経費の一部を議会における会派に対し、政務調査費として交付することにより、議員の調査活動の基盤を強化し、議員の政策形成能力の向上及び議会の審議機能の強化等市議会の活性化を図り、もって住民自治の確立と地方分権時代に即した市政の実現に寄与することを目的として制定するものであり、その政務調査費の交付の額及び方法等、必要な事項を定めるものであります。

 よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(廣瀬宗勝君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第2号



○議長(廣瀬宗勝君) 日程第3に入ります。

 議案第2号 甲州市公平委員会委員の服務の宣誓に関する条例制定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(廣瀬宗勝君) 異議なしと認めます。

 よって、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第2号 甲州市公平委員会の服務の宣誓に関する条例制定につきましてご説明いたします。

 地方自治法第180条の5第1項及び地方公務員法第7条第7項(第3日目 冒頭に発言訂正有り)の規定による地方公共団体の公平委員会設置義務に基づき設置する甲州市公平委員会について、その委員について課せられる地方公務員法第9条の2第12項において準用する同法第31条の服務の宣誓義務に基づき、これに必要な事項を定めるものであります。

 よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願いを申し上げ、提案理由の説明といたします。



○議長(廣瀬宗勝君) 説明は終わりました。

 以上をもって本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 次会の本会議は12月9日午前10時から開きます。

 本日はこれをもって散会といたします。

     〔散会 午前10時51分〕