議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲州市

平成21年  3月 定例会 03月25日−04号




平成21年  3月 定例会 − 03月25日−04号







平成21年  3月 定例会



          平成21年甲州市議会3月定例会会議録

                平成21年3月25日(水)午前10時00分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第4号)

   平成21年3月25日(水)午前10時開議

  第1 建設経済常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第14号 甲州市営賃貸住宅条例を廃止する条例制定について

     ◯議案第15号 平成21年度甲州市一般会計予算

             第1表 歳入歳出予算のうち

              歳出 第2款 総務費のうち、指定統計調査費

                 第4款 衛生費のうち、小規模水道指導費

                 第5款 労働費

                 第6款 農林水産業費

                 第7款 商工費

                 第8款 土木費

                 第9款 消防費のうち、水防費

     ◯議案第23号 平成21年度甲州市下水道事業特別会計予算

     ◯議案第24号 平成21年度甲州市簡易水道事業特別会計予算

     ◯議案第30号 平成21年度甲州市水道事業会計予算

     ◯議案第31号 平成21年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計予算

     ◯議案第33号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第9号)

             第1表 歳入歳出予算補正のうち

              歳出 第6款 農林水産業費

                 第7款 商工費

                 第8款 土木費

             第2表 継続費補正

             第5表 繰越明許費補正のうち

                 第6款 農林水産業費

                 第7款 商工費

                 第8款 土木費

     ◯議案第38号 平成20年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

     ◯議案第39号 平成20年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

     ◯議案第40号 平成20年度甲州市水道事業会計補正予算(第2号)

  第2 教育民生常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第2号 甲州市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例制定について

     ◯議案第4号 甲州市父子家庭福祉手当条例制定について

     ◯議案第8号 甲州市ふれあい親子館設置及び管理条例及び甲州市児童センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第9号 甲州市放課後児童健全育成条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第10号 甲州市介護保険条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第11号 甲州市地域包括支援センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第13号 甲州市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第15号 平成21年度甲州市一般会計予算

             第1表 歳入歳出予算のうち

              歳出 第2款 総務費のうち、まちめぐりナビプロジェクト事業費以外のまちづくり推進事業費、交流推進費、交通安全対策費、男女共同参画費、市民生活相談費及び戸籍住民基本台帳費

                 第3款 民生費

                 第4款 小規模水道指導費を除く衛生費

                 第10款 教育費

     ◯議案第16号 平成21年度甲州市国民健康保険事業特別会計予算

     ◯議案第17号 平成21年度甲州市診療所事業特別会計予算

     ◯議案第18号 平成21年度甲州市老人保健特別会計予算

     ◯議案第19号 平成21年度甲州市後期高齢者医療特別会計予算

     ◯議案第20号 平成21年度甲州市介護保険事業特別会計予算

     ◯議案第21号 平成21年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計予算

     ◯議案第22号 平成21年度甲州市訪問看護事業特別会計予算

     ◯議案第32号 平成21年度甲州市勝沼病院事業会計予算

     ◯議案第33号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第9号)

             第1表 歳入歳出予算補正のうち

              歳出 第2款 総務費のうち、まちづくり推進事業費及び交流推進費

                 第3款 民生費

                 第4款 衛生費

                 第10款 教育費

             第5表 繰越明許費補正のうち

                 第10款 教育費

     ◯議案第34号 平成20年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)

     ◯議案第35号 平成20年度甲州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)

     ◯議案第36号 平成20年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)

     ◯議案第37号 平成20年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計補正予算(第1号)

  第3 総務常任委員会付託事件の報告

     ◯議案第3号 甲州市地籍調査に関する条例制定について

     ◯議案第5号 甲州市の議会の議員及び長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第6号 甲州市長等の給与及び旅費条例等の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第7号 甲州市職員給与条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第12号 甲州市認可地縁団体印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第42号 甲州市合併振興基金条例の一部を改正する条例制定について

     ◯議案第15号 平成21年度甲州市一般会計予算

             第1表 歳入歳出予算のうち

              歳入 全款

              歳出 第1款 議会費

                 第2款 まちめぐりナビプロジェクト事業費以外のまちづくり推進事業費、交流推進費、交通安全対策費、男女共同参画費、市民生活相談費、戸籍住民基本台帳費及び指定統計調査費を除く総務費

                 第9款 水防費を除く消防費

                 第11款 公債費

                 第12款 予備費

             第2表 継続費

             第3表 債務負担行為

             第4表 地方債

             総則中一時借入金及び歳出予算の流用

     ◯議案第25号 平成21年度甲州市大藤財産区特別会計予算

     ◯議案第26号 平成21年度甲州市神金財産区特別会計予算

     ◯議案第27号 平成21年度甲州市萩原山財産区特別会計予算

     ◯議案第28号 平成21年度甲州市竹森入財産区特別会計予算

     ◯議案第29号 平成21年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計予算

     ◯議案第33号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第9号)

             第1表 歳入歳出予算補正のうち

              歳入 全款

              歳出 第1款 議会費

                 第2款 まちづくり推進事業費及び交流推進費を除く総務費

                 第9款 消防費

                 第11款 公債費

                 第12款 予備費

             第3表 債務負担行為補正

             第4表 地方債補正

             第5表 繰越明許費補正のうち

                 第2款 総務費

                 第9款 消防費

     ◯議案第41号 財産の取得について

     ◯請願第1号 県立射撃場移転設置中止の意見書の提出を求める請願

  第4 議案第44号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第11号)

  第5 議案第45号 人権擁護委員の推薦について

  第6 議案第46号 岩崎山保護財産区管理委員の補充選任について

  第7 議案第47号 副市長の選任について

  第8 発議案第1号 甲州市議会会議規則の一部を改正する規則制定について

  第9 特別委員会の継続審査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した案件

  日程第1 建設経済常任委員会付託事件の報告

  日程第2 教育民生常任委員会付託事件の報告

  日程第3 総務常任委員会付託事件の報告

  日程第4 議案第44号

  日程第5 議案第45号

  日程第6 議案第46号

  日程第7 議案第47号

  日程第8 発議案第1号

  日程第9 議長辞職の件

  日程第10 議長選挙

  日程第11 副議長辞職の件

  日程第12 副議長選挙

  日程第13 議案第48号

  日程第14 釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の補欠選挙

  日程第15 特別委員会の継続審査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(20人)

                             1番  中村勝彦君

                             2番  桐原正仁君

                             3番  武藤雅美君

                             4番  丸山国一君

                             5番  原  勝君

                             6番  廣瀬 一君

                             7番  夏八木盛男君

                             8番  野尻陽子君

                             9番  古屋 久君

                            10番  古屋匡三君

                            11番  平塚 義君

                            12番  曽根益彦君

                            13番  廣瀬重治君

                            14番  矢野義典君

                            15番  岡 武男君

                            16番  佐藤栄也君

                            17番  廣瀬宗勝君

                            18番  田邉民男君

                            19番  都倉義男君

                            20番  廣瀬元久君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

               市長                田辺 篤君

               副市長               依田正司君

               教育委員長             清雲俊元君

               教育長               古屋正吾君

               ぶどうの丘事業管理者        佐野光成君

               総務企画部長            長瀬静男君

               市民生活部長            小林 一君

               福祉保健部長            有賀文雄君

               観光産業部長            柏原和仁君

               建設部長              金井正喜君

               会計管理者             岡村啓司君

               勝沼地域総合局長          鈴木英夫君

               大和地域総合局長          佐藤 充君

               総務課長              町田 博君

               政策秘書課長            手塚 勲君

               財政課長              萩原哲夫君

               水道課長              高石克朗君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席事務局職氏名

               書記                坂本 昇

               書記                網野光邦

               書記                早川 崇

     〔開議 午前10時00分〕



○議長(桐原正仁君) ただいまの出席議員20人、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました印刷物のとおりといたしますので、ご協力をお願いいたします。

 この際申し上げます。報道機関から取材のため、カメラによる撮影の申し出があり、これを許可いたしておりますので、ご承知願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 建設経済常任委員会付託事件の報告



○議長(桐原正仁君) 日程第1に入ります。

 建設経済常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、廣瀬重治君。



◆建設経済常任委員会委員長(廣瀬重治君) 建設経済常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る3月9日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第14号 甲州市営賃貸住宅条例を廃止する条例制定について、議案第15号 平成21年度甲州市一般会計予算、第1表歳入歳出予算のうち、歳出第2款総務費のうち指定統計調査費、第4款衛生費のうち小規模水道指導費、第5款労働費、第6款農林水産業費、第7款商工費、第8款土木費、第9款消防費のうち水防費、議案第23号 平成21年度甲州市下水道事業特別会計予算、議案第24号 平成21年度甲州市簡易水道事業特別会計予算、議案第30号 平成21年度甲州市水道事業会計予算、議案第31号 平成21年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計予算、議案第33号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第9号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出第6款農林水産業費、第7款商工費、第8款土木費、第2表継続費補正、第5表繰越明許費補正のうち、第6款農林水産業費、第7款商工費、第8款土木費、議案第38号 平成20年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第39号 平成20年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第40号 平成20年度甲州市水道事業会計補正予算(第2号)以上の事件を審査するため、3月13日及び16日の両日、建設経済常任委員会を第1会議室で開催いたしました。

 両日委員全員と議長が出席し、当局から各議案について説明を聴取し、慎重審査の結果、いずれも原案どおり可決すべきものと決しました。

 なお、休憩中に県立射撃場移転整備計画予定地の進入路計画予定地及び防災堰堤の現地を視察しました。

 以上で、建設経済常任委員会の報告を終わります。



○議長(桐原正仁君) 報告は終わりました。

 暫時休憩いたします。

             休憩 午前10時05分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午前10時15分



○議長(桐原正仁君) 再開いたします。

 廣瀬重治委員長より発言の申し出がありますので、これを許可いたします。

 委員長、廣瀬重治君。



◆建設経済常任委員会委員長(廣瀬重治君) 先ほどの委員長報告の中で、私の報告に誤りがありましたので、ここで訂正をさせていただきます。

 議案第30号 平成21年度甲州市水道事業会計予算と報告すべきところを、平成20年度と報告をいたしました。正しくは、議案第30号 平成21年度甲州市水道事業会計予算でございます。

 以上で、おわびと訂正をいたします。

 よろしくお願いいたします。



○議長(桐原正仁君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) 日程第1の質疑を打ち切ります。

 この際申し上げます。

 議案第15号 平成21年度甲州市一般会計予算及び議案第33号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第9号)については、各常任委員長報告の後、一括して決定することといたしますので、ご承知願います。

 お諮りいたします。建設経済常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第15号及び議案第33号を除く他の事件については、討論を省略して決定したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 続いてお諮りいたします。議案第14号 甲州市営賃貸住宅条例を廃止する条例制定について、議案第23号 平成21年度甲州市下水道事業特別会計予算、議案第24号 平成21年度甲州市簡易水道事業特別会計予算、議案第30号 平成21年度甲州市水道事業会計予算、議案第31号 平成21年度甲州市勝沼ぶどうの丘事業会計予算、議案第38号 平成20年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第39号 平成20年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)、議案第40号 平成20年度甲州市水道事業会計補正予算(第2号)、以上8件について、委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) 8番、野尻陽子君。



◆8番(野尻陽子君) 議案第23号 平成21年度甲州市下水道事業特別会計予算及び議案第38号 平成20年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)については、採決をお願いいたします。



○議長(桐原正仁君) ご異議がありますので、議案第23号 平成21年度甲州市下水道事業特別会計予算及び議案第38号 平成20年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)については、起立による採決を行います。

 まず、議案第23号について原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(桐原正仁君) 着席ください。

 起立多数であります。

 よって、議案第23号については、原案のとおり可決いたしました。

 次に、議案第38号について原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(桐原正仁君) 着席ください。

 起立多数であります。

 よって、議案第38号については、原案のとおり可決いたしました。

 続いてお諮りいたします。議案第23号及び議案第38号を除く他の事件について、委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第14号、議案第24号、議案第30号、議案第31号、議案第39号及び議案第40号については、原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 教育民生常任委員会付託事件の報告



○議長(桐原正仁君) 日程第2に入ります。

 教育民生常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、丸山国一君。



◆教育民生常任委員会委員長(丸山国一君) 教育民生常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る3月9日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第2号 甲州市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例制定について、議案第4号 甲州市父子家庭福祉手当条例制定について、議案第8号 甲州市ふれあい親子館設置及び管理条例及び甲州市児童センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第9号 甲州市放課後児童健全育成条例の一部を改正する条例制定について、議案第10号 甲州市介護保険条例の一部を改正する条例制定について、議案第11号 甲州市地域包括支援センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第13号 甲州市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第15号 平成21年度甲州市一般会計予算、第1表歳入歳出予算のうち、歳出第2款総務費のうちまちめぐりナビプロジェクト事業費以外のまちづくり推進事業費、交流推進費、交通安全対策費、男女共同参画費、市民生活相談費及び戸籍住民基本台帳費、第3款民生費、第4款小規模水道指導費を除く衛生費、第10款教育費、議案第16号 平成21年度甲州市国民健康保険事業特別会計予算、議案第17号 平成21年度甲州市診療所事業特別会計予算、議案第18号 平成21年度甲州市老人保健特別会計予算、議案第19号 平成21年度甲州市後期高齢者医療特別会計予算、議案第20号 平成21年度甲州市介護保険事業特別会計予算、議案第21号 平成21年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計予算、議案第22号 平成21年度甲州市訪問看護事業特別会計予算、議案第32号 平成21年度甲州市勝沼病院事業会計予算、議案第33号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第9号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳出第2款総務費のうち、まちづくり推進事業費及び交流推進費、第3款民生費、第4款衛生費、第10款教育費、第5表繰越明許費補正のうち第10款教育費、議案第34号 平成20年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)、議案第35号 平成20年度甲州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)、議案第36号 平成20年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)、議案第37号 平成20年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計補正予算(第1号)、以上の事件を審査するため、3月17日及び18日の両日、教育民生常任委員会を第1会議室で開催いたしました。

 両日とも委員全員と議長が出席し、当局から各議案について説明を聴取し、慎重審査の結果、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、教育民生常任委員会の報告を終わります。



○議長(桐原正仁君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) 日程第2の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。教育民生常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第15号及び議案第33号を除く他の事件については、討論を省略して決定したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 お諮りいたします。議案第2号 甲州市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例制定について、議案第4号 甲州市父子家庭福祉手当条例制定について、議案第8号 甲州市ふれあい親子館設置及び管理条例及び甲州市児童センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第9号 甲州市放課後児童健全育成条例の一部を改正する条例制定について、議案第10号 甲州市介護保険条例の一部を改正する条例制定について、議案第11号 甲州市地域包括支援センター設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第13号 甲州市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第16号 平成21年度甲州市国民健康保険事業特別会計予算、議案第17号 平成21年度甲州市診療所事業特別会計予算、議案第18号 平成21年度甲州市老人保健特別会計予算、議案第19号 平成21年度甲州市後期高齢者医療特別会計予算、議案第20号 平成21年度甲州市介護保険事業特別会計予算、議案第21号 平成21年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計予算、議案第22号 平成21年度甲州市訪問看護事業特別会計予算、議案第32号 平成21年度甲州市勝沼病院事業会計予算、議案第34号 平成20年度甲州市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)、議案第35号 平成20年度甲州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)、議案第36号 平成20年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)、議案第37号 平成20年度甲州市居宅介護予防支援事業特別会計補正予算(第1号)、以上19件について、委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) 暫時休憩をいたします。

             休憩 午前10時35分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午前10時35分



○議長(桐原正仁君) 再開いたします。

 ご異議なしと認めます。よって、議案第2号、議案第4号、議案第8号、議案第9号、議案第10号、議案第11号、議案第13号、議案第16号、議案第17号、議案第18号、議案第19号、議案第20号、議案第21号、議案第22号、議案第32号、議案第34号、議案第35号、議案第36号及び議案第37号については、原案のとおり可決いたしました。

 ここで休憩いたします。

             休憩 午前10時36分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午前10時37分



○議長(桐原正仁君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 総務常任委員会付託事件の報告



○議長(桐原正仁君) 日程第3に入ります。

 総務常任委員会付託事件の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、中村勝彦君。



◆総務常任委員会委員長(中村勝彦君) 総務常任委員会付託事件の報告を申し上げます。

 去る3月9日の本会議において、当委員会に審査を付託された議案第3号 甲州市地籍調査に関する条例制定について、議案第5号 甲州市の議会の議員及び長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第6号 甲州市長等の給与及び旅費条例等の一部を改正する条例制定について、議案第7号 甲州市職員給与条例の一部を改正する条例制定について、議案第12号 甲州市認可地縁団体印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第42号 甲州市合併振興基金条例の一部を改正する条例制定について、議案第15号 平成21年度甲州市一般会計予算、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入全款、歳出第1款議会費、第2款まちめぐりナビプロジェクト事業費以外のまちづくり推進事業費、交流推進費、交通安全対策費、男女共同参画費、市民生活相談費、戸籍住民基本台帳費及び指定統計調査費を除く総務費、第9款水防費を除く消防費、第11款公債費、第12款予備費、第2表継続費、第3表債務負担行為、第4表地方債、総則中一時借入金及び歳出予算の流用、議案第25号 平成21年度甲州市大藤財産区特別会計予算、議案第26号 平成21年度甲州市神金財産区特別会計予算、議案第27号 平成21年度甲州市萩原山財産区特別会計予算、議案第28号 平成21年度甲州市竹森入財産区特別会計予算、議案第29号 平成21年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計予算、議案第33号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第9号)、第1表歳入歳出予算補正のうち、歳入全款、歳出第1款議会費、第2款まちづくり推進事業費及び交流推進費を除く総務費、第9款消防費、第11款公債費、第12款予備費、第3表債務負担行為補正、第4表地方債補正、第5表繰越明許費補正のうち第2款総務費、第9款消防費、議案第41号 財産の取得について、請願第1号 県立射撃場移転設置中止の意見書の提出を求める請願、以上の事件を審査するため、3月19日及び23日の両日、総務常任委員会を第1会議室で開催いたしました。

 両日とも委員全員と議長が出席し、当局から各議案についての説明を聴取し、慎重審査の結果、議案第6号を除く他の事件については、いずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、議案第6号については、起立による採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。また、請願第1号については、まず継続審査にすべきとの意見に基づき、その採決を行った結果、これを否決いたしました。

 次に、採択すべきかどうかについては、起立による採決の結果、これを不採択とすることに決しました。

 なお、休憩中に県立射撃場移転整備計画予定地の現地を視察いたしました。

 以上で、総務常任委員会の報告を終わります。



○議長(桐原正仁君) 報告は終わりました。

 この報告に対し、質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) 日程第3の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。総務常任委員会に審査を付託した事件のうち、議案第15号及び議案第33号を除く他の事件については、討論を省略して決定いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議あり、議案第6号について、討論、採決をお願いいたします」「異議あり、請願第1号について、討論、採決をお願いします」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議がありますので、議案第6号及び請願第1号については、討論、採決を行います。

 初めに、議案第6号 甲州市長等の給与及び旅費条例等の一部を改正する条例制定について、討論、採決を行います。

 最初に、委員長報告に対し、反対の討論を許可いたします。

 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) 議案第6号 甲州市長等の給与及び旅費条例等の一部を改正する条例制定について、反対の立場から討論をさせていただきます。

 この条例は、市長の給料月額の特例期間が平成22年3月31日までとなっています。このことは現市長の任期である平成21年11月26日を超えて、新しく選ばれる新市長にも影響し、適正ではないと考えます。以前、議員定数を決めるとき、議員定数が16人と18人に意見が合い見られてからも段階的定数削減の考えの中で、次回の選挙は18人、その次の選挙は16人との考えもありましたが、新しく選ばれた議員の定数を現議員が決めるのは好ましくないとの考えもあり、結果はご承知のとおりであります。

 今回の議案は同様の事例であると考えます。私は、市長自身がご自分の判断で給料を下げることには異議はありません。しかし、自身の任期を超えて新しく選ばれた市長がどなたであっても、次期市長の給料を決めるのは適正でないと考えます。

 以上のことから、議会の皆様にはご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げ、私の反対討論とさせていただきます。



○議長(桐原正仁君) 次に、委員長報告に対し、賛成の討論を許可いたします。

     (発言する者なし)



○議長(桐原正仁君) 討論を打ち切ります。

 議案第6号については、起立による採決を行います。

 議案第6号について、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(桐原正仁君) 着席ください。

 起立多数であります。

 よって、議案第6号については原案のとおり可決いたしました。

 次に、請願第1号 県立射撃場移転設置中止の意見書の提出を求める請願について、討論、採決を行います。

 最初に、委員長報告に対し、反対の討論を許可いたします。

 8番、野尻陽子君。



◆8番(野尻陽子君) 請願第1号 県立射撃場移転設置計画の中止を求める請願について、この請願を継続とする立場から討論申し上げます。

 射撃場問題について、何より重大なことは、直近の集落と区の同意を得られていないということであります。当局も我々議員も地元の了解を得た上でということを前提にしているはずです。射撃場について市民にインタビューした中で、賛成という人たちに、ならばお宅の裏山でいいかと聞くと大抵は嫌だと言う、射撃場はそういうたぐいの施設です。だから最も近い小松尾集落から反対の声が上がるのは、ある意味当然なのであります。したがって今、小松尾の住民はだれよりも真剣に射撃場問題を考えざるを得ない状態に置かれています。ならばなぜ、反対する住民の生の声を議会は聞かないのでしょうか。この請願が付託された常任委員会を傍聴する機会がありましたが、請願文中で反対理由として上げられているポイントについて、県の弁明をそのまま受け入れて問題ないとする方が何人かいらっしゃいましたが、それはフェアではありません。議会が持っている反対側の資料は、請願文しかありません。一たん設置してしまえば、今後長年にわたりつき合わねばならない施設です。議会としては、設置に反対する住民の生の声を聞くのが行政側の情報、説明とバランスをとるためにも筋ではないでしょうか。議会に参考人として呼ぶことも許されているはずです。

 また、この常任委員会には、5人の区長の連名で移設賛成の陳情書が提出されていましたが、各区の住民はどういう形で説明を受け、住民の意思はどういう形で問われ、その意見集約の過程の透明性、公平性はどのように確保されたか、問われていません。小松尾地区の場合と比較すべきだと思います。

 また、射撃場に伴って建設される砂防ダムによる防災が建設賛成の大きな理由とされていますが、2つの砂防ダムの容量は合わせて3,600立方メートルです。その一方で、2つの沢を埋める盛り土の量は、およそ25万立方メートルと聞きました。いつ起こっても不思議ではないと言われる東海沖地震のような大地震でこの盛り土の数%が崩れただけで、砂防ダムの容量を簡単に超えてしまいます。つまり、計画された砂防ダムはその程度の規模であり、砂防ダム建設による安心よりは、25万立方にも上る大量の土盛りをされることのほうがはるかに恐ろしい、崩れやすい裏山に手をつけないでほしいと反対する住民は言っております。

 また、広さ約6万坪のこの施設は、全体がコンクリートとアスファルトで覆われているため、降った雨は地中に浸透することなく、表流水となり、2つの沢の排水路に集中します。最近の激しい豪雨と6万坪の面積を考えると、この件も住民は非常に心配しています。

 これまで検討されていない具体例を幾つか挙げてみましたが、いろいろあるわけです。我々議員は当局の説明をうのみにするのではなく、市民の代表として、まずは予定地に最も近い小松尾の住民の声を真摯に聞くことから始めるべきではないでしょうか。議会にはこうしたことを調査検討し、未来に悔いを残さぬ方向で射撃場問題を解決することが求められています。そのためにもこの請願は継続とし、くれぐれも慎重審査をしていただきますよう、ここに改めてお願いする次第です。どうかよろしくお願いいたします。

 以上、請願第1号 県立射撃場移転設置計画の中止を求める請願を継続とするための私の討論といたします。(拍手)



○議長(桐原正仁君) この際申し上げます。

 傍聴席にいられる方に関しましては、拍手等意思表示は禁止をされております。慎んでいただきたいと思います。

 次に、委員長報告に対し、賛成の討論を許可いたします。

 18番、田邉民男君。



◆18番(田邉民男君) 請願第1号 県立射撃場移転設置中止の意見書の提出を求める請願にかかわる委員長報告に対し、賛成の立場で討論をいたします。

 この土地はかつて民間開発によりゴルフ場の用地として取得され、活用されるばかりとなっていた土地であります。広大な土地が市に寄附されたものの、現状のままではアクセス道路もないことから、有効活用を図ろうにもなすすべがなく、荒れ放題になることや、不法投棄の温床になる心配があったところであります。

 また、最近ではこの土地への人の出入りが減ったことから、イノシシ、シカ、クマ等けものの格好の居場所となっております。特に、民家の軒先までおりてきて農作物を食い荒らしている現状と聞いております。

 このたび、県教育委員会が移転整備計画を予定しております県立射撃場の施設の概要及び建設における各種の対策等を見ますと、国が策定した新たな鉛対策ガイドラインに沿った施設であり、周囲の環境に配慮し、安全を第一に考えた内容を取り入れた全国規模の大会も可能な施設であります。このことは甲州市にとって全国に誇れるスポーツ施設の誕生であり、県内はもとより京浜方面から多くの利用者が甲州市を訪れてくれることで、市及び神金地区の活性化が期待できるものと思われます。

 さらにこの施設ができることにより、アクセス道路の建設は今後の甲州市にとってこの広大な土地の活用をしていく上で、最高の条件整備が整うことになるものと思われます。

 また、地元神金地区区長会並びに山梨県猟友会ほか峡東地区猟友会、また各猟友会の神金支部、松里支部、塩山支部、日下部支部、さらに甲州市体育協会クレー射撃部から市長及び市議会議長に対し、それぞれ射撃場の建設推進に向けて陳情書が提出されております。その中で、地域の活性化や有害鳥獣の被害に対しては、猟友会による有害鳥獣駆除が何といっても必要であり、そのためには射撃の技術力向上とともに、狩猟マナーの教育のためにも射撃場の建設は必要不可欠であるとの意見が寄せられております。

 以上のことから、県立射撃場が建設されることは、甲州市の知名度が上がることと、今後この土地の有効活用が図られること及び地元神金地区の活性化につながることなど、さまざまなメリットがあることから、建設に向けて推進していくことに賛成の立場からの討論といたします。



○議長(桐原正仁君) 次に、委員長報告に対し、反対の討論を許可いたします。

 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) 請願第1号 県立射撃場移転設置中止の意見書の提出を求める請願について、委員長報告に反対し、継続審査を求める立場で討論をさせていただきます。

 県立射撃場移転設置については、寄附された土地は甲州市以外に売ることも貸すこともできないと寄附申込書には書かれています。こうした申込書のままで、山梨県と土地利用に関して交渉していたこと自体が市としての進め方に適正さを欠いていたと思われます。

 また、中村委員長の配慮で参考に配られた県立射撃場移転推進への陳情書の中で、神金地区区長会の陳情書には、地元の区や近隣区の推進への署名がありません。このことを考えると、地元の区などが反対なのか賛成するのか見きわめる必要があると思います。また、現時点での不採択は、市長の施政方針の「県立射撃場については、地元の皆さんのご理解をいただきながら推進してまいりたいと考えています」との姿勢とも相違し、議会が県立射撃場移転設置について初めから住民の意見を聞かずに移転ありきであったとの誤解を与えかねません。ゆえに、地元の区や近隣の区の動向を見きわめてから議会が判断することが妥当であり、さらなる慎重審議が望ましいと考えます。

 以上のことから、継続審議を求めます。

 なお、移転が決まれば林道が整備されるなど、甲州市の道路建設に携わる企業には仕事がふえ、地域の活性化などへ寄与することは理解をしております。



○議長(桐原正仁君) 次に、委員長報告に対し、賛成の討論を許可いたします。

     (発言する者なし)



○議長(桐原正仁君) 討論を打ち切ります。

 請願第1号 県立射撃場移転設置中止の意見書の提出を求める請願については、起立による採決を行います。

 まず、請願第1号について、これを採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(桐原正仁君) 次に、請願第1号について継続審査とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(桐原正仁君) 着席ください。

 次に、請願第1号について、これを採択とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(桐原正仁君) ご着席ください。

 起立多数であります。

 よって、請願第1号についてはこれを不採択とすることに決しました。

 続いてお諮りいたします。議案第6号及び請願第1号を除く他の事件については、討論を省略して決定いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 お諮りいたします。議案第3号 甲州市地籍調査に関する条例制定について、議案第5号 甲州市の議会の議員及び長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第7号 甲州市職員給与条例の一部を改正する条例制定について、議案第12号 甲州市認可地縁団体印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第42号 甲州市合併振興基金条例の一部を改正する条例制定について、議案第25号 平成21年度甲州市大藤財産区特別会計予算、議案第26号 平成21年度甲州市神金財産区特別会計予算、議案第27号 平成21年度甲州市萩原山財産区特別会計予算、議案第28号 平成21年度甲州市竹森入財産区特別会計予算、議案第29号 平成21年度甲州市岩崎山保護財産区管理会特別会計予算、議案第41号 財産の取得について、以上11件については、委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第3号、議案第5号、議案第7号、議案第12号、議案第42号、議案第25号、議案第26号、議案第27号、議案第28号、議案第29号及び議案第41号については、原案のとおり可決いたしました。

 続いてお諮りいたします。各常任委員会に審査を付託した議案第15号 平成21年度甲州市一般会計予算及び議案第33号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第9号)については、討論を省略して決定いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認め、討論を省略いたします。

 お諮りいたします。議案第15号及び議案第33号については、各常任委員長報告のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第15号及び議案第33号については、原案のとおり可決いたしました。

 ここで、暫時休憩をいたします。再開を11時15分といたします。

             休憩 午前11時07分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午前11時19分



○議長(桐原正仁君) 再開いたします。

 暫時休憩をいたします。

             休憩 午前11時19分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午前11時26分



○議長(桐原正仁君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議案第44号



○議長(桐原正仁君) 日程第4に入ります。

 議案第44号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第11号)を議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 追加提案をいたしました議案第44号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第11号)についてご説明をいたします。

 今回追加させていただきました補正は、国の緊急経済対策に伴う甲州民家情報館整備事業が補助採択されたことにより、歳入歳出それぞれ1,550万9,000円を追加いたしたいとするものであります。

 歳出においては、総務費へ甲州民家情報館整備事業費1,550万9,000円を追加し、歳入においては、国庫支出金へ同額を追加するものであります。この補正予算のうち、甲州民家情報館整備事業については、繰越明許費補正としてお願いするものであります。

 よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(桐原正仁君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

 8番、野尻陽子君。



◆8番(野尻陽子君) 申しわけありません。私だけかもしれませんけれども、この甲州民家情報館ということを知りませんので、ざっくりとで結構ですのでお教えください。



○議長(桐原正仁君) 総務企画部長、長瀬静男君。



◎総務企画部長(長瀬静男君) 野尻陽子議員の質疑にお答えをいたします。

 今回の追加の補正のお願いでございますけれども、これにつきましては、既存の上条集落にございます民家を改修するというものでございまして、先ほど提案説明でありましたとおり、情報館の整備というようなことで、これらにつきましては、既存の民家が改築されているようなものを本来の甲州民家としてのもとの形に復元をしながら、その甲州民家のよさを展示をすることで、よさを知ってもらうと。それからいわゆる情報館というようなことでございますので、これらを拠点施設として甲州市のいろんな情報についてそこから発信をする。そして、またイべント等を通して、いろんな活動の拠点にもしていくというようなことで考えておりまして、いわゆる古民家スタイルの提案というようなものが一つありまして、そういうのと、あとはいろんな各種の団体をそこを拠点としていろんな情報交換をすることによって交流を図ったり、あるいは甲州市の田舎の空き家情報を発信するとか、そういうふうなことで今後この施設を有効活用していくということで今回計画をしている内容のものでございます。

 以上でございます。



○議長(桐原正仁君) 8番、野尻陽子君。



◆8番(野尻陽子君) 2回まで質疑だと思いますので。

 そうすると、市があそこの民家を買い取るという、そういう計画ですか、それとも民間のままで補助するという形なのでしょうか。



○議長(桐原正仁君) 総務企画部長、長瀬静男君。



◎総務企画部長(長瀬静男君) お手元の歳出の最後のページに19節負担金、補助及び交付金というようなことでございますので、いわゆるよく農政でありますトンネル補助というような形で、市を通して補助していくというふうな内容で、あくまでも民間が、これ個人の住宅ですので、それについて国からの補助を市を通して補助金を支出するという内容でございます。



○議長(桐原正仁君) ほかに質疑はございませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) 日程第4の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第38条第3項の規定により委員会付託及び討論を省略して決定したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いてお諮りいたします。本案については、原案のとおり可決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 議案第45号



○議長(桐原正仁君) 日程第5に入ります。

 議案第45号 人権擁護委員の推薦についてを議題といたします。

 議案の朗読を事務局にいたさせます。



◎議会事務局書記(坂本昇君) (「議案朗読」)



○議長(桐原正仁君) 朗読は終わりました。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第45号 人権擁護委員の推薦についてご説明いたします。

 人権擁護委員につきましては、特別の定数が設定され1名の増員となりましたので、坂本喜代美氏を推薦したいので、ご意見いただきたくご提案申し上げます。

 よろしくお願い申し上げます。



○議長(桐原正仁君) これより質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) 日程第5の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第38条第3項の規定により委員会付託及び討論を省略して決定したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いてお諮りいたします。本案についてはこれに同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 議案第46号



○議長(桐原正仁君) 日程第6に入ります。

 議案第46号 岩崎山保護財産区管理委員の補充選任についてを議題といたします。

 議案の朗読を事務局にいたさせます。

 議会事務局主幹、坂本 昇君。



◎議会事務局書記(坂本昇君) (「議案朗読」)



○議長(桐原正仁君) 朗読は終わりました。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第46号 岩崎山保護財産区管理委員の補充選任についてご説明いたします。

 岩崎山保護財産区管理委員、小澤孝善氏、芹澤忠憲氏、秋山紀勝氏、里吉保幸氏、雨宮則夫氏が退任されたので、後任に石原敏郎氏、前田良方氏、鈴木敏弘氏、金井正基氏、三澤 均氏を補充選任したいのでご同意いただきたくご提案申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(桐原正仁君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) 日程第6の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第38条第3項の規定により委員会付託及び討論を省略して決定したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いてお諮りいたします。本案についてはこれに同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれを同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第47号



○議長(桐原正仁君) 日程第7に入ります。

 議案第47号 副市長の選任についてを議題といたします。

 議案の朗読を事務局にいたさせます。

 議会事務局主幹、坂本 昇君。



◎議会事務局書記(坂本昇君) (「議案朗読」)



○議長(桐原正仁君) 朗読は終わりました。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第47号 副市長の選任についてご説明いたします。

 甲州市副市長に甲州市高畑二丁目7番13号、深沢博昭氏を選任したいのでご同意いただきたくご提案申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(桐原正仁君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (発言する者なし)



○議長(桐原正仁君) 日程第7の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第38条第3項の規定により委員会付託及び討論を省略して決定したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いてお諮りいたします。本案についてはこれに同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 発議案第1号



○議長(桐原正仁君) 日程第8に入ります。

 発議案第1号 甲州市議会会議規則の一部を改正する規則制定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本案は議員全員による提出案件でありますので、議案の朗読、提案説明、質疑、委員会付託及び討論を省略して決定したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案の朗読、提案説明、質疑、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いてお諮りいたします。本案については原案のとおり決するにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桐原正仁君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

 ここで暫時休憩いたします。

             休憩 午前11時45分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午前11時56分



○議長(桐原正仁君) 再開いたします。

 ここで暫時休憩をいたします。再開を13時といたします。

             休憩 午前11時56分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後1時00分



○副議長(曽根益彦君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(曽根益彦君) 休憩中、桐原正仁議長から辞職願が提出されました。

 議長を交代し、しばらくの間、副議長の私が議長の職務を行いますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 お諮りをいたします。ここで、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(曽根益彦君) 異議なしと認めます。

 よって、日程第9を繰り下げ、日程第9に議長辞職の件を追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 議長辞職の件



○副議長(曽根益彦君) 辞職願の朗読を事務局にいたさせます。



◎議会事務局書記(坂本昇君) (「辞職願朗読」)



○副議長(曽根益彦君) 朗読は終わりました。

 お諮りいたします。桐原正仁議長の辞職を許可することに異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(曽根益彦君) 異議なしと認めます。

 よって、桐原正仁議長の辞職を許可することに決しました。

 桐原正仁前議長の復席を求めます。

     (桐原正仁前議長復席)



○副議長(曽根益彦君) ここで前議長から辞任のごあいさつがありますので、お聞き取りを願います。

 桐原正仁前議長。



◆前議長(桐原正仁君) 退任に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 7月の臨時会で議長に就任をいたしまして約250日という期間議長をさせていただきました。就任のあいさつで申し上げました議会改革についても一定の成果を上げることができたというふうに思っております。これもひとえに議員の皆様方、また市長初め当局の皆様方のご尽力のお力添えのたまものだというふうに思っております。

 これからは、一議員として議会のため、また市民の幸せのために一生懸命活動してまいりたいというふうに思っております。

 簡単ではありますが、退任のあいさつにかえさせていただきます。

 ありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(曽根益彦君) ただいま議長が欠員となりました。

 よって、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これに異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(曽根益彦君) 異議なしと認めます。

 よって、日程第10を繰り下げ、議長の選挙を日程第10に追加し、選挙を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 議長選挙



○副議長(曽根益彦君) 選挙の方法について、お諮りいたします。

     (「投票」と呼ぶ者あり)



○副議長(曽根益彦君) ただいま投票によられたい旨の発言がありました。

 選挙の方法は投票によることに異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(曽根益彦君) 異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は投票によることと決しました。

 議場を閉鎖いたします。

     (議場閉鎖)



○副議長(曽根益彦君) ただいまの出席議員20人であります。

 投票用紙を配付いたします。

     (投票用紙配付)



○副議長(曽根益彦君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(曽根益彦君) 配付漏れなしと認めます。

 それでは、投票箱を改めさせます。

     (投票箱点検)



○副議長(曽根益彦君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。

 投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、事務局で議席番号と議員氏名を読み上げますので、順次投票をお願いいたします。

     (投票)



○副議長(曽根益彦君) 投票漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(曽根益彦君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 開票を行います。

 お諮りいたします。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に3番、武藤雅美君、9番、古屋 久君、以上2人を指名いたしたいと思いますが、これに異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(曽根益彦君) 異議なしと認め、両君を立会人に指名いたします。

 両君の立ち会いをお願いいたします。

     (開票)



○副議長(曽根益彦君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数20票、これは先ほどの出席議員に符合いたしております。

 そのうち、有効投票20票、無効投票ゼロ、有効投票中、平塚 義君15票、廣瀬元久君5票、以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。

 よって、平塚 義君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました平塚君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長のあいさつ



○副議長(曽根益彦君) ここで議長に当選されました平塚 義君からごあいさつがありますので、お聞き取り願います。

 平塚 義君。



○議長(平塚義君) 議長就任のあいさつをさせていただきます。

 ただいま図らずも甲州市議会の四代目の議長に選任いただきました平塚でございます。身に余る光栄とその責任の重大さに身の引き締まる思いでございます。もとより、その器ではございませんが、公正、中立を旨とし、議会の円滑な運営のために全力を傾注して、微力ではございますが甲州市の発展と市民の福祉向上を目指して、誠心誠意努力していく覚悟でございます。議員各位を初め当局の皆様方の温かいご指導、ご協力をいただく中で議会運営と甲州市発展のためその重責を精いっぱい努めさせていただきます。

 よろしくお願い申し上げまして、就任のあいさつにかえさせていただきます。



○副議長(曽根益彦君) ご協力ありがとうございました。

 それでは、平塚議長と交代をいたします。

     (議長席交代)



○議長(平塚義君) 議長を交代いたしました。

 しばらく休憩いたします。

             休憩 午後1時22分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後1時30分



○議長(平塚義君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(平塚義君) 休憩中、曽根益彦副議長から辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。曽根益彦副議長の辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(曽根益彦君) ご異議なしと認めます。

 よって、日程第11を繰り下げ、日程第11に副議長の辞職の件を追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 副議長辞職の件



○議長(平塚義君) 辞職願の朗読を事務局にいたさせます。

 事務局、坂本主幹。



◎議会事務局書記(坂本昇君) (「辞職願朗読」)



○議長(平塚義君) 朗読は終わりました。

 お諮りいたします。曽根益彦副議長の辞職を許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認めます。

 よって、曽根益彦副議長の辞職を許可することに決しました。

 曽根益彦前副議長の復席を求めます。

     (曽根益彦前副議長復席)



○議長(平塚義君) ここで前副議長から辞任のごあいさつがありますので、お聞き願います。

 曽根益彦君。



◆前副議長(曽根益彦君) 副議長を辞任するに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 昨年の7月臨時議会におきまして皆様方のご推挙によりまして副議長の重職を仰せつかりました。その間、何分にも行き届かぬ点が多かったものでございますが、議長を初め先輩、同僚議員、また市長、市職員方の温かいご協力とご支援を得る中で大過なく重責を全うすることができました。まことにありがとうございました。これからも甲州市政発展のため努力を重ねてまいりたいと思いますので、今後ともよろしくご指導とご鞭撻のほどをお願いいたしまして、辞任のあいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(平塚義君) ただいま副議長が欠員となりました。

 よって、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(曽根益彦君) ご異議なしと認めます。

 よって、日程第12を繰り下げ、副議長の選挙を日程第12に追加し、選挙を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 副議長選挙



○議長(平塚義君) 選挙の方法についてお諮りいたします。

     (「指名推選」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ただいま指名推選によられたい旨の発言がありました。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 続いてお諮りいたします。被選挙人の指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 副議長に中村勝彦君を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま指名いたしました中村勝彦君を副議長の当選人とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認めます。

 よって、中村勝彦君が副議長に当選と決しました。

 ただいま副議長に当選されました中村勝彦君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長のあいさつ



○議長(平塚義君) ここで副議長に当選されました中村勝彦君からごあいさつがありますので、お聞き取り願います。

 中村勝彦君。



◆副議長(中村勝彦君) ただいま副議長に就任いたしました中村勝彦であります。就任に当たりまして、一言ごあいさつさせていただきます。

 甲州市議会が始まって3年半、この議会発足時に我々議員も選挙があり、市民からの負託を受けてまいりました。その総仕上げである期間であります。新しい甲州議会に向けても総まとめのときでもあります。何より議員の皆様方のご協力とご指導のもと、議会運営を議長とともに進めてまいりたいと考えております。

 その上で当局とよりよい協議、協同が行えることを念頭に、皆様方の協力をお願いいたしまして、就任に当たりましてあいさつとさせていただきます。



○議長(平塚義君) ここでしばらく休憩いたします。

 再開は追って連絡いたします。

             休憩 午後1時38分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後2時25分



○議長(平塚義君) 再開いたします。

 休憩中に開かれた各常任委員会において、正副委員長の交代がありましたので、ご報告いたします。

 総務常任委員会につきまして、委員長に武藤雅美君、副委員長に田邉民男君、教育民生常任委員会につきましては、委員長に岡 武男君、副委員長に佐藤栄也君がそれぞれ選任されました。

 また、休憩中に開かれました議会運営委員会におきまして、議会運営議員の私、平塚 義が辞任し、委員会条例第12条の規定により辞任を許可し、新たに第6条第1項の規定により原  勝君を指名いたしました。

 ここでしばらく休憩いたします。

             休憩 午後2時27分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後2時30分



○議長(平塚義君) 再開いたします。

 ここで、各常任委員長を代表して、総務常任委員長からごあいさつがありますので、お聞き取り願います。

 3番、武藤雅美君。



◆総務常任委員会委員長(武藤雅美君) ただいま議長から報告がありましたように、各常任委員会の選任されました委員長を代表いたしまして、一言申し上げます。

 我々議員の任期も残り少ないわけではありますが、市民生活の向上、本市の発展のために各常任委員会、活性化に努力してまいりたいと思いますので、議員各位並びに職員の皆様のご指導、ご協力をお願い申し上げまして、就任のあいさつといたします。よろしくお願いいたします。



○議長(平塚義君) ここで暫時休憩をいたします。

             休憩 午後2時32分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後2時44分



○議長(平塚義君) 再開いたします。

 議会運営委員会において、正副委員長の交代がありましたので報告いたします。委員長に古屋 久君、副委員長に原  勝君が選任されました。ここで議会運営委員会長から、ごあいさつがありますので、お聞き取り願います。

 議会運営委員長、古屋 久君。



◆議会運営委員長(古屋久君) 議長から報告がございましたとおり、先ほど開かれました議会運営委員会において、不肖私、古屋 久が委員長に、副委員長に原  勝議員が選任されました。今後、議会の運営に副委員長ともども当たらせていただきますが、議員各位のご協力をいただく中で運営が円滑に進みますよう努力してまいりますので、よろしくお願いを申し上げまして就任のごあいさつとさせていただきます。

 どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(平塚義君) ここで暫時休憩をいたします。

             休憩 午後2時46分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後3時03分



○議長(平塚義君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(平塚義君) ここで監査員の選任についてを日程に追加し、議題とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認めます。

 よって、日程第13を繰り下げ、日程第13に監査員の選任についてを追加し、議題といたします。

 議案配付のため、しばらく休憩いたします。

             休憩 午後3時05分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後3時10分



○議長(平塚義君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第13 議案第48号



○議長(平塚義君) 地方自治法第117条の規定により、7番、夏八木盛男君の退席を求めます。

     (7番 夏八木盛男君退席)



○議長(平塚義君) 議案の朗読を事務局にいたさせます。



◎議会事務局書記(坂本昇君) (「議案朗読」)



○議長(平塚義君) 朗読は終わりました。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 議案第48号 監査委員の選任についてご説明いたします。

 議会の議員のうちから選任をいたしました監査委員、原  勝氏から辞職願が提出されましたので、後任に夏八木盛男氏を選任したいのでご同意いただきたく、ご提案申し上げます。

 よろしくお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。



○議長(平塚義君) 説明は終わりました。

 これから質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) 日程第13の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。本案については、会議規則第38条第3項の規定により委員会付託及び討論を省略して決定したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認め、委員会付託及び討論を省略いたします。

 続いてお諮りいたします。本案についてはこれに同意することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案はこれに同意することに決しました。

 夏八木盛男君の復席を求めます。

     (7番 夏八木盛男君復席)



○議長(平塚義君) ここでしばらく休憩いたします。

             休憩 午後3時15分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後3時17分



○議長(平塚義君) 再開いたします。

 休憩中、議会改革調査特別委員の中村勝彦君から辞任の申し出があり、委員会条例第12条の規定によりこれを許可し、新たに第6条の規定により桐原正仁君を指名いたしました。

 また、休憩中に、議会広報編集委員の私、平塚 義から辞任の申し出があり、これを許可し、かわりに甲州市議会広報の発行に関する条例第5条の規定により古屋匡三君を指名いたします。



○議長(平塚義君) ここでしばらく休憩いたします。

             休憩 午後3時19分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後3時34分



○議長(平塚義君) 再開いたします。

 休憩中に開かれた議会広報編集委員会において、正副委員長の交代がありましたので報告いたします。

 委員長に中村勝彦君、副委員長に廣瀬重治君がそれぞれ選任されました。

 ここで委員長からごあいさつがあります、お聞き取り願います。

 中村勝彦君。



◆議会広報編集委員長(中村勝彦君) 議会広報編集委員長就任に当たりまして、一言あいさつさせていただきます。

 ただいま議長より報告がございましたとおり、委員長を仰せつかりました中村勝彦でございます。議会の審議、運営、活動等、また議員各位の活動状況等を広報を通じ、広く市民に公開するため取り組んでまいりたいと思います。議員各位のご指導ご協力をお願いいたしまして、就任のあいさつとさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(平塚義君) お諮りいたします。釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の本市選出議員のうち、桐原正仁君の辞職が同組合議長から許可されました。これにより、同組合議会の本市選出議員が1人欠員となりました。

 これにより釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の補欠選挙を日程に追加し、選挙を行うことにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認めます。

 よって、日程第14を繰り下げ、釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の補欠選挙を日程第14に追加し、選挙を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の補欠選挙



○議長(平塚義君) 選挙の方法について、お諮りいたします。

     (「指名推選」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ただいま指名推選によられたいとの発言がありました。

 本件補欠選挙は指名推選の方法によるものとし、指名者を議長とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議なしと認めます。

 釈迦堂遺跡博物館組合議会議員のうち、議長が同組合議会議員となる申し合わせになっておりますので、私、平塚 義を釈迦堂遺跡博物館組合議会議員の当選人と定めることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議がないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第15 特別委員会の継続審査について



○議長(平塚義君) 日程第15に入ります。

 特別委員会の継続審査についてを議題といたします。

 議会改革調査特別委員長より、議会閉会中の継続審査を行いたい旨の申し出がありました。

 お諮りいたします。委員長申し出のとおり、これを許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(平塚義君) ご異議がないので、さよう決しました。

 本定例会の会議に付された事件は、すべて審議を終了いたしました。

 去る3月3日に開会いたしました3月定例会も、新年度予算案を初め、多くの重要議案について、極めて熱心に審議され、全議案を議了し、本日、23日間の会期の終わりを迎えました。

 当市におかれましては、本定例会において成立いたしました諸議案の執行に当たり、審議過程の意見を十分尊重され、3万6,000余の市民福祉向上のため、さらなる熱意と努力を払われるよう希望するものであります。

 会期中に賜りました議員並びに市当局のご協力に対し衷心より感謝とお礼を申し上げ、以上をもちまして、平成21年甲州市議会3月定例会を閉会といたします。

     〔閉会 午後3時40分〕

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

           新議長    平塚 義

           前議長    桐原正仁

           前副議長   曽根益彦

           署名議員   廣瀬宗勝

           署名議員   田邉民男