議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲州市

平成20年  6月 定例会 06月06日−01号




平成20年  6月 定例会 − 06月06日−01号







平成20年  6月 定例会



甲州市告示第50号

 平成20年甲州市議会6月定例会を平成20年6月6日午前10時甲州市議会議場に招集する。

 平成20年5月30日

                        甲州市長  田辺 篤

          平成20年甲州市議会6月定例会会議録

                 平成20年6月6日(金)午前10時00分開議

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯議事日程(第1号)

   平成20年6月6日(金)午前10時開議

  第1 会議録署名議員の指名

  第2 会期の決定

  第3 諸般の報告

  第4 議会広報編集委員会の報告

  第5 特別委員会の報告

  第6 承認第8号 専決処分の承認を求めることについて

           (甲州市税条例等の一部を改正する条例制定について)

  第7 議案第48号 甲州市ふるさと寄附条例制定について

     議案第49号 甲州市ふるさと支援基金条例制定について

     議案第50号 甲州市税条例の一部を改正する条例制定について

     議案第51号 甲州市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について

     議案第52号 甲州市都市計画税条例の一部を改正する条例制定について

     議案第53号 甲州市農村地域工業等導入促進のための固定資産税の免除に関する条例の一部を改正する条例制定について

     議案第54号 甲州市手数料条例の一部を改正する条例制定について

     議案第55号 甲州市市民バスの運行に関する条例の一部を改正する条例制定について

     議案第56号 甲州市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     議案第57号 甲州市営特定公共賃貸住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について

     議案第58号 甲州市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例制定について

  第8 議案第59号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第2号)

     議案第60号 平成20年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第61号 平成20年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第62号 平成20年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第63号 平成20年度甲州市勝沼病院事業会計補正予算(第1号)

  第9 報告事項

     平成19年度甲州市一般会計繰越明許費繰越計算書

     平成19年度甲州市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書

     平成19年度甲州市一般会計事故繰越し繰越計算書

     平成19年度甲州市簡易水道事業特別会計事故繰越し繰越計算書

     平成19年度甲州市水道事業会計予算繰越計算書

  第10 提出書類

      甲州市土地開発公社に係る平成20年度事業計画及び会計予算並びに平成19年度事業及び決算に関する書類

      財団法人まほろばの里ふるさと振興財団に係る平成20年度事業計画及び収支予算並びに平成19年度事業及び収支決算に関する書類

  第11 議案第64号 甲州市市道の路線認定について

  第12 議案第65号 甲州市病院事業出納取扱金融機関の指定について

  第13 議案第66号 峡東地域広域水道企業団規約の変更について

  第14 請願第2号 医療改革を改善する意見書の提出を求める請願

  第15 請願第3号 子宮頸がん予防ワクチンに関する意見書の提出を求める請願

  第16 請願第4号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願

  第17 特別委員会の設置について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した案件

  日程第1 会議録署名議員の指名

  日程第2 会期の決定

  日程第3 諸般の報告

  日程第4 議会広報編集委員会の報告

  日程第5 特別委員会の報告

  日程第6 承認第8号

  日程第7 議案第48号〜議案第58号

  日程第8 議案第59号〜議案第63号

  日程第9 報告事項

  日程第10 提出書類

  日程第11 議案第64号

  日程第12 議案第65号

  日程第13 議案第66号

  日程第14 請願第2号

  日程第15 請願第3号

  日程第16 請願第4号

  日程第17 特別委員会の設置について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(20人)

                             1番  中村勝彦君

                             2番  桐原正仁君

                             3番  武藤雅美君

                             4番  丸山国一君

                             5番  原  勝君

                             6番  廣瀬 一君

                             7番  夏八木盛男君

                             8番  野尻陽子君

                             9番  古屋 久君

                            10番  古屋匡三君

                            11番  平塚 義君

                            12番  曽根益彦君

                            13番  廣瀬重治君

                            14番  矢野義典君

                            15番  岡 武男君

                            16番  佐藤栄也君

                            17番  廣瀬宗勝君

                            18番  田邉民男君

                            19番  都倉義男君

                            20番  廣瀬元久君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のため出席した者の職氏名

               市長                田辺 篤君

               副市長               依田正司君

               収入役               佐藤繁則君

               教育委員長             荻原更一君

               教育長               古屋正吾君

               ぶどうの丘事業管理者        佐野光成君

               代表監査委員            平山尋文君

               総務企画部長            長瀬静男君

               市民生活部長            小林 一君

               福祉保健部長            有賀文雄君

               観光産業部長            柏原和仁君

               建設部長              金井正喜君

               勝沼地域総合局長          鈴木英夫君

               総務課長              町田 博君

               政策秘書課長            手塚 勲君

               財政課長              萩原哲夫君

               水道課長              高石克朗君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席事務局職氏名

               事務局長              廣瀬一秀

               書記                坂本 昇

               書記                早川 崇



○議長(佐藤栄也君) 会議に先立ち、代表監査委員から発言の申し出がありますので、これを許可いたします。

 代表監査委員、平山尋文君。



◎代表監査委員(平山尋文君) 貴重なお時間をいただきましてありがとうございます。一言ごあいさつを申し上げます。

 去る3月議会におきまして、監査委員に選任いただきました平山尋文でございます。微力ではございますが、厳しい財政状況の中、その職務の重要性を深く認識しまして、誠心誠意務めてまいりたいと存じます。

 議員の皆様方にはぜひとも温かいご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、就任のあいさつといたします。どうぞよろしくお願いいたします。

     〔開会 午前10時00分〕



○議長(佐藤栄也君) ただいまの出席議員20人、定足数に達しておりますので、これから平成20年甲州市議会6月定例会を開会いたします。

 この際申し上げます。報道機関から取材のため、テレビカメラによる撮影の申し出があり、これを許可しておりますのでご承知願います。

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付いたしました印刷物のとおりといたしますので、ご協力をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(佐藤栄也君) 日程第1に入ります。

 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員につきましては、議長において指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議がないので、議長において指名いたします。

 7番、夏八木盛男君、8番、野尻陽子君、以上お2人を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の決定



○議長(佐藤栄也君) 日程第2に入ります。

 会期の決定を議題といたします。

 本定例会の会期及び会議開催予定につきましては、去る6月3日に開かれた議会運営委員会において協議した結果に基づき、お手元に配付いたしました印刷物のとおりと決定いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議がないので、さよう決しました。

 なお、各常任委員会の開催につきましては、後刻ご協議を願い、開催日を決定されますようお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 諸般の報告



○議長(佐藤栄也君) 日程第3に入ります。

 諸般の報告を行います。

 3月25日、議会広報編集委員会が第二委員会室で開催されました。

 3月26日、国道411号塩山バイパス開通式が塩山西広門田で行われ、議長ほか議員が出席しました。

 3月27日、第131回山梨県都市計画審議会が甲府市で開催され、議長が出席しました。

 4月4日、平成20年度中学校入学式が挙行され、それぞれ議員が出席しました。

 4月5日、甲州軍団出陣式がおよっちょいぷらざ七里で開催され、議長が出席しました。

 4月7日、小学校入学式が挙行され、議長ほか議員が出席しました。

 4月10日、山梨県市議会議長会正副会長事務局長会議を勝沼ぶどうの丘で開催し、議長が出席しました。

 4月13日、第2回甲州市体育祭り開会式が甲州市塩山体育館で開催され、議長ほか議員多数が出席しました。

 4月14日、議会広報編集委員会が第二委員会室で開催されました。

 4月17日、第239回山梨県市議会議長会定期総会が上野原市で開催され、正副議長が出席しました。

 その席上、平成20年度役員改選が行われ、会長に都留市議会議長が、副会長に韮崎市及び大月市の議会議長がそれぞれ就任いたしました。

 私も、この日をもって山梨県市議会議長会会長を退任いたしました。

 同日、平成20年度甲州市食生活改善推進委員会定期総会が甲州市民文化会館で開催され、教育民生常任委員長が出席しました。

 4月18日、道路暫定税率の回復と住民生活の安定を求める緊急大会が東京都で開催され、議長が出席しました。

 同日、平成20年度市町村長及び市町村議会議長会議が昭和町で開催され、議長が出席しました。

 同日、企業の森締結式が峡東森林組合で開催され、副議長が出席しました。

 4月21日、議会広報編集委員会が第二委員会室で開催されました。

 4月23日、関東市議会議長会支部長会議・理事会が埼玉県川越市で開催され、議長が出席しました。

 4月24日、第74回関東市議会議長会定期総会が埼玉県川越市で開催され、議長が出席しました。

 その席上、役員改選が行われ、私もこの日をもって関東市議会議長会支部長を退任いたしました。

 同日、第2回甲州市老人クラブ連合会定期総会が甲州市民文化会館で開催され、副議長が出席しました。

 4月27日、武田勝頼公並びに殉難家臣一族等慰霊祭が景徳院で行われ、議長が出席しました。また、ふるさと武田勝頼公祭りが大和中学校校庭で開催され、議長ほか議員多数出席しました。

 4月29日、中里介山法要及び登山者無事故祈願祭が大菩薩峠で開催され、建設経済常任委員長が出席しました。

 5月1日、峡東地域広域水道企業団給水開始式が山梨市で開催され、議長ほか議員が出席しました。

 5月7日、東山梨環境衛生組合議会代表者会議が山梨市で開催され、議長ほか議員が出席しました。

 5月8日、峡東地域広域水道企業団議会議員全員協議会が山梨市で開催され、議員が出席しました。

 同日、第3回甲州市老人クラブゲートボール大会が勝沼中央公園グラウンドで開催され、議長が出席しました。

 5月12日、平成20年度勝沼ワイン協会定期総会が勝沼町で開催され、議長が出席しました。

 5月13日、議員全員協議会が議員控室で開催されました。

 5月14日、甲州市国際交流委員会が第一会議室で開催され、議長が出席しました。

 同日、第1回甲州市身体障害者福祉会定期総会が甲州市民文化会館で開催され、副議長が出席しました。

 同日、群馬県玉村町議会文教福祉常任委員会の行政視察があり、教育民生常任委員長が出席しました。

 5月15日、大阪府柏原市議会建設産業委員会の行政視察があり、建設経済常任委員長が対応しました。

 同日、平成20年度甲州市小・中学校PTA連絡協議会定期総会が甲州市民文化会館で開催され、教育民生常任委員長が出席しました。

 5月17日、峡東圏域リニア中央新幹線駅誘致推進協議会設立総会が笛吹市で開催され、議長ほか議員多数出席しました。

 5月21日、第5回甲州市老人クラブ囲碁大会が塩寿荘で開催され、議長が出席しました。

 5月22日、平成20年度リニア中央エクスプレス建設促進山梨県期成同盟会総会が昭和町で開催され、議長が出席しました。

 5月23日、甲州市商工会第3回通常総代会が甲州市商工会館で開催され、建設経済常任委員長が出席しました。

 5月25日、陸上自衛隊北富士駐屯地創立48周年記念式典が同駐屯地で挙行され、議長が出席しました。

 5月26日、琴川ダム竣工式が山梨市で開催され、議長ほか議員が出席しました。

 5月27日、全国市議会議長会理事会が東京都で開催され、議長が出席しました。

 5月28日、第84回全国市議会議長会定期総会が東京都で開催され、議長が出席しました。

 その席上、不肖私佐藤栄也が、全国市議会議長会理事で同会の会務運営に寄与したとして、退任に当たり感謝状をいただきました。

 同日、甲州市観光協会設立総会が勝沼防災センターで開催され、副議長が出席しました。

 5月29日、天皇陛下拝謁が皇居で行われ、議長が出席しました。

 5月30日、まちづくり等調査特別委員会が第一会議室で開催されました。

 5月31日、平成20年度青少年育成甲州市民会議総会が甲州市民文化会館で開催され、教育民生常任委員長が出席しました。

 6月3日、議会運営委員会が第一委員会室で開催され、本定例会の会期及び会議予定等について審議いたしました。

 なお、常任委員会委員の選任について、新たに矢野義典議員を総務常任委員会の委員に、桐原正仁議員及び中村勝彦議員を建設経済常任委員会の委員にそれぞれ指名いたしました。

 同日、議会広報編集委員会が第二委員会室で開催されました。

 概略、以上で報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第4 議会広報編集委員会の報告



○議長(佐藤栄也君) 日程第4に入ります。

 議会広報編集委員会の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、武藤雅美君。



◆議会広報編集委員長(武藤雅美君) 議会広報編集委員会から報告を申し上げます。

 去る4月30日に甲州市議会広報第10号が発行されましたが、第10号に向けての議会広報編集委員会を3月4日、3月25日、4月14日、4月21日にそれぞれ第二委員会室で開催し、企画内容の検討、委員の執筆分担の決定、各委員が執筆した原稿の校正などを行いました。

 また、6月3日、午後3時から甲州市議会広報第11号に向けての議会広報編集委員会を第二委員会室で開催し、企画内容を検討いたしました。

 第11号の内容につきましては、表紙にシリーズ?「今、これに夢中…」として、市民に登場をしていただきます。特集?として6月定例会レポートを、また委員会レポート、一般質問を掲載するとともに、市民フォーラムについては「我が家の防災対策」をテーマとし、市民4人にご意見をいただく予定です。また、市民参加コーナーとして「わたしのふるさと」と四こま漫画を掲載する予定です。

 なお、当委員会は議会閉会中に委員会研修を実施したいので、許可くださいますよう議長に申し出ます。

 以上で議会広報編集委員会の報告を終わります。



○議長(佐藤栄也君) 報告は終わりました。

 この報告に対し質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) 日程第4の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。議会広報編集委員長から申し出のあった議会閉会中の委員会研修について、これを許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議がないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第5 特別委員会の報告



○議長(佐藤栄也君) 日程第5に入ります。

 特別委員会の報告を議題といたします。

 まちづくり等調査特別委員会の報告を議題とし、委員長の報告を求めます。

 委員長、丸山国一君。



◆まちづくり等調査特別委員長(丸山国一君) まちづくり等調査特別委員会の報告を申し上げます。

 当委員会は、去る5月30日に委員全員と議長が出席し、当局からは関係する部長及び課長が出席して、第一会議室において委員会を開催いたしました。

 まず、前回の委員会において、今後10年から15年でどのくらいのランニングコストがかかるのか、提示してほしいという要望についての説明を求めました。

 その説明では、庁舎移転後、最もかかるのが電気料金で、年額1,760万円から2,200万円までの間くらいと予想される。上下水道料金については年額55万円くらいで、ガス代については年額数万円程度と見られる。電気料金と上下水道料金を合わせると、現在より850万円から1,200万円くらい多くかかると思われる。その財源については、NTTドコモのアンテナの設置料金と地下のテナントの賃貸料を充てていく予定だという説明でありました。

 その説明に対し、委員会として、職員数の変化等いろいろな状況の変化を把握して、ランニングコストを提示してほしい旨を要望いたしました。

 次に、庁舎移転計画の現状と今後についてを議題とし、当局の説明を求めました。

 その説明では、市民の意見を聴くための検討委員会の報告を3月25日にもらった。その報告の中では、甲州市のシンボルとして新庁舎を早急に建設してもらいたい。現状の厳しい財源状況を見る中で、経費の節減が図られるような改修をしてもらいたいという内容であったことが報告されました。

 また、設計に際しての業者の選定については、技術提案型の、いわゆるプロポーザル方式によって業者選定をするための作業を進めている。このことにより、より多くの提案をもらえることと考えている。さらに、多額の設計委託料を考えると、公平、公正、客観性を確保しながら、選定委員会を設けて選定してもらうようにすることが望ましいと考え、このようにした。技術提案に参加する意思があるか、5月23日に各社に発送して、本日、5月30日までに返事をもらうことになっている。今後、6月末までに提案書、企画書、金額、こちらからの課題等についての提出をしていただき、7月中旬には各社からの提案をしてもらい、7月末までには業者を決定したい。その後、8月に再度、それらの案と基本計画でつくった案をあわせて、よりよいものを実施計画に移していきたいという説明でありました。

 これらの説明に対する質疑では、議会棟について、勝沼、大和の庁舎を使うことは考えられるかという質問に対しては、議会の考え方もあると思うが、議会棟は同じ建物内がいいと思うので、一緒にやりたいという答弁でありました。

 また、外部の専門家も入れて検討をしていくよう、もう少しプロポーザルに時間をかけたらどうかという質問に対しては、12月までには工事費を算出しなければならないので、時間がないという答弁でありました。

 さらに、プロポーザル方式について、何社に発送したのかという質問については、市内と市内の関連会社5社、県内で実績のある業者5社の計10社に発送したという答弁でありました。

 最後に、庁舎移転のことは大きな課題であり、また今後、細部にわたり課題も多いということで、当委員会として専門のプロジェクトを設置して対応できるよう、当局に要望をいたしました。

 以上でまちづくり等調査特別委員会の報告を終わります。

 なお、当委員会は議会閉会中も継続して審査を行いたいので、議長に申し出を行います。



○議長(佐藤栄也君) 報告は終わりました。

 この報告に対し質疑を行います。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) 日程第5の質疑を打ち切ります。

 お諮りいたします。まちづくり等調査特別委員長から申し出のあった議会閉会中の継続審査を許可することにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議がないので、さよう決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第6 承認第8号



○議長(佐藤栄也君) 日程第6に入ります。

 承認第8号 専決処分の承認を求めることについて(甲州市税条例等の一部を改正する条例制定について)を議題といたします。

 報告書の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議なしと認め、報告書の朗読は省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 平成20年6月定例市議会の開会に当たり、議員各位には、提案をいたしました議案のご審議をいただくことに対しまして、心から感謝と敬意を表する次第であります。

 提出をいたしました議案の概要を申し上げますとともに、市政の一端を申し述べ、議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げたいと存じます。

 さて、我が国の景気はここのところ回復が足踏み状態にあり、原油・食品原料価格の高騰により、食品等の値上がりを通じて家計を圧迫し、消費者行動の減速につながっております。

 こうした中、政府は、人口が減少する中で持続的な経済成長を確保し、「希望と安心の国」実現を目指すべく経済成長戦略の具体化を進めているところでありますが、現下の経済状況やリスクの高まりにかんがみ、必要なことについては迅速に手を打っていくこととしており、今般、「中小企業の体質強化」、「各産業の体質強化」、「雇用の改善」、「地域活性化」、「安全・安心の確保及び低炭素社会への転換」を柱とする成長力強化への早期実施策を取りまとめることとしております。

 去る5月2日夜から3日にかけてミャンマーを襲ったサイクロンによる大被害、また5月12日、中国四川省で発生した大規模な地震による甚大な被害により、それぞれ何万人というとうとい命が奪われ、さらに学校や病院を含む建物の崩壊、道路の寸断など、相次いで発生した自然災害の猛威の光景を目にし、驚愕いたしました。犠牲になられた皆様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、そのご家族や関係者に深い哀悼の意をささげるものであります。

 災害列島であります我が国では、東海地震を初めとした地震災害、大規模噴火や風水害など数多くの巨大災害の発生が予想されておりますが、これらの自然災害の発生を防ぐことはできません。しかし、災害に対する知識と実践力を持って備えることにより、その被害を大幅に軽減することができます。

 こうしたことから、これまでも各地区の自主防災会を中心に防災訓練を実施していただいておりますが、一朝有事の際に対応できる地域防災力の充実に取り組んでまいります。

 本年度は第一次総合計画のスタートの年であります。総合計画に基づく各種施策を計画的に実施していくためには、行財政運営を簡素で効率的なものにしていく必要があります。そのためには、徹底した行財政改革を推進していかなければなりませんが、行政改革により萎縮することがないよう、新たな施策展開を図るための行革であるとの視点で、これを進めていかなければならないことと考えております。議員を初め市民の皆様にもこの点をご理解いただき、ご協力をお願いするところであります。

 次に、「こうしゅう市民懇談会」についてであります。

 合併後、地域の声を市政に反映させる目的で地域協議会が設置され、地域の課題などについて話し合いがなされてまいりましたが、本年度から私が地域に出向いて行き、市民の皆様と甲州市や地域の将来・課題などまちづくりを語り合うことで、市民の皆様が市政を身近に感じていただき、また市政に対する理解を深めていただくため、「こうしゅう市民懇談会」を順次開催してまいります。

 まずスタートとして、去る5月27日、大和地域で開催をいたしました。

 当日は多くの皆様が出席をされ、大変有意義な会になったと思っております。引き続き他の地域につきましても順次進めてまいりたいと考えております。

 次に、既にマスコミ報道でご承知のことと思いますが、宮光園整備事業の一環として市が進めていた資料調査において、昨年8月に建物内から35ミリの映画フィルム6巻が発見されました。フィルムのクリーニングとデジタル化による修復作業を完了しましたので、宮光園の前所有者であった松本家の関係者らの承諾をいただいた上で、去る5月20日に記者発表をいたしました。

 映像には、大正期のぶどう栽培やワインの醸造、観光遊覧に関する光景などが記録されており、歴史的にも学術的にも大変貴重な資料であります。当面は、市内外の皆様を対象とした映写会の開催や各方面への貸し出しを行うほか、ワイン産業や果樹振興、さらにはまちづくり、地域活性化などに幅広く活用してまいりたいと考えております。

 次に、ふるさと納税についてであります。

 ふるさと甲州市に対し貢献または応援をしたいという皆様から寄附金をお寄せいただき、その財源により、個性豊かな活力に満ちた、魅力あるふるさとまちづくり事業を実施するものであります。「ふるさとのために何かしたい」「ふるさとを応援したい」「ふるさとを大事にしたい」このように考えておられる皆様方の心を大切にしながら、ふるさと甲州市をともに育ててまいりたいと考えているところであります。そのため、遠くふるさとを離れている方々にも、ホームページなどによりこの制度を広くPRしてまいりたいと考えているところであります。

 次に、市町村合併についてであります。

 本年2月18日、丹波山村から、合併に向け任意の合併協議会などの設置の申し入れがありましたので、庁内に検討委員会を設置し、調査、検討をしているところであります。

 今後は、市民の皆様からなる甲州市合併に関する懇話会を設置し、ご意見を伺ってまいりたいと考えております。

 次に、本庁舎の移転改修についてであります。

 本年度実施設計を行うに当たり、設計業者の選定作業を進めておりますが、設計委託業者を適正、公正に選定するため、企画提案方式により業者の選定をすることといたしており、7月中に業者を選定し、実施計画に入りたいと考えております。

 次に、市税の収納対策についてであります。

 本年4月導入をいたしましたコンビニ収納につきましては、4月末時点で2,300件を超える軽自動車税の納税がされており、金融機関の営業時間外のコンビニでの収納率が38%にも及んでおります。このことは、市民の利便性の向上に大きく寄与したものと考えており、今後、納期の到来する固定資産税、市県民税、国民健康保険税の納税にもその導入効果が期待されるところであります。

 次に、市民バスの運行についてであります。

 現在、運行路線につきましては、塩山地域循環バスが3路線、旧在来線が4路線、勝沼地域循環バスが2路線、また昨年11月に運行開始をいたしました塩山、勝沼、大和の各地域を結ぶ甲州市縦断線1路線の10路線でありますが、今後、継続して市民バスを運行していくためには、バス事業者への委託経費が大きく、財政的な面などを考えますと利用者にも応分の負担をお願いする中で、より適正な料金体系への見直しが必要かと思われます。

 こうした状況を踏まえ、1乗車100円を300円に改め、市民の皆様には、60歳以上の方は年間3,000円と半年1,500円、60歳未満の方は年間1万円と半年5,000円のいずれかのフリーパスを利用していただき、観光客などの市外の方との区分した体系に改めさせていただくこととして、今議会に市民バス運行使用料の改正について提案をさせていただきました。市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 次に、国際交流についてであります。

 今年度、アメリカ合衆国アイオワ州エイムズ市の中学生と一般市民の訪問が予定されております。

 中学生の訪問団につきましては、中学生22名、引率者5名が今議会会期中の12日から19日までの8日間の日程で来訪されます。市民の皆様のご協力をいただく中で、既にホストファミリーも決まり、受け入れの準備を進めているところであり、市を挙げて歓迎いたしたいと考えております。

 なお、一般市民の訪問団につきましては10月ごろを予定しております。

 また、フランス・ボーヌ市への市内中学生を対象とした訪問につきましては、9月下旬を予定しているところであります。

 次に、地球温暖化対策についてであります。

 本年7月に地球温暖化対策を含めた環境問題を主要テーマの一つとした主要国首脳会議、いわゆるG8北海道洞爺湖サミットが開催をされます。

 本市におきましては、昨年、「甲州市役所エコオフィスプラン」を策定し、市役所が一事業者・消費者として、みずから行う事務・事業活動に関し、温暖化防止対策を含めた環境保全行動に着手したところであります。また、地域レベルの取り組みも推進するため、本年3月、「ストップ温暖化 甲州市行動計画」と題し、甲州市地球温暖化対策地域推進計画を策定をいたしました。

 この内容は、目標年度を平成24年度として、地域から排出される温室ガスの排出抑制に向け、市民、事業者、行政等が地域の自然的・社会的な特性を踏まえ、それぞれの役割に応じた取り組みを総合的かつ計画的に推進していくものであります。

 こうした取り組みの一環として、地球温暖化防止や自然環境の保全など、環境をテーマとした環境標語を市内の皆様から募集しておりますが、今後、市民の皆様と行政が一体となり環境問題に取り組んでまいりたいと考えております。市民の皆様には、さらなるご理解とご協力をお願いするところであります。

 次に、子育て支援についてであります。

 子育てに役立つ制度や手続の方法、各種事業、利用できる施策等を網羅した「甲州市にこにこ子育てガイドブック」をこのほど作成し、保育園などを通じて幼児を持つ家庭や母子手帳交付時に配布するとともに、市内の関係施設にも配布し、子育てに活用していただくことといたしました。

 また、4月にスタートした「ママのあんしんテレホン事業」は、3人の助産師で対応しておりますが、4月中に21件の相談がありました。安心して子育てができるよう、今後とも大いに利用を期待するところであります。

 一方、ひとり親家庭のうち父子家庭につきましては、現在の制度の中では支援策が十分でないことから、父子家庭に対する支援策のあり方について現在検討をしており、今後、支援拡充を図り、さらなる子育て支援の充実を推進してまいります。

 次に、介護保険についてであります。

 健康を維持し、要介護状態になることを予防するため、65歳以上の方を対象とする生活機能評価事業が本年度から義務づけられたことから、5月時点での該当者約8,500人に基本チェックリストを送付いたしました。この結果に基づき、生活機能が低下し始めたと判断される方には、特定高齢者の候補者として説明会への参加や生活機能検査を受診していただき、特定高齢者と決定された方は介護予防事業へのご参加をいただき、可能な限り自立をした生活を営むことができるよう、健康支援を行い、介護予防の一層の推進を図ります。

 次に、保健・医療についてであります。

 日本人の死因の3分の2、医療費の3分の1を占める脳卒中・心臓病・糖尿病合併症などの生活習慣病は、メタボリックシンドロームと関係が深いことから、予防することを目的とした新しい健診・保健指導が始まりました。医療保険者ごとに特定健診として実施されますが、本市では国民健康保険加入者を対象に、8月から11月にかけて市内の15カ所で健診を行います。

 また、75歳以上の方を対象とする後期高齢者医療制度、いわゆる長寿医療制度につきましてはさまざまなご意見が出ておりますが、本市の4月1日現在の加入者は5,653人となっております。この制度に関連して国民健康保険税の見直しを行うべく、国民健康保険運営協議会に諮問をし、答申をいただきましたので、条例の改正案を今議会に提出をさせていただきました。

 次に、観光振興についてであります。

 本市は、「宣伝と情報発信」、「イベントの開催」、「観光施設の整備」を3本柱に、地域資源を活用した観光振興に向けて諸施策を展開しているところであります。

 特に本年度は、4月から6月までの間「デスティネーションキャンペーン」が展開されておりますが、甲府駅と塩山駅間で運行されたD51型蒸気機関車には、5日間14往復、9,000人余りが乗車したほか、塩山駅及び沿線の見物客を含めますとおよそ2万人の人出があったものと推計しています。

 このSL運行に際しましては、塩山駅周辺の住民の皆さんやボランティア団体など多くの皆様にご協力をいただき、改めて感謝を申し上げるものであります。

 また、2月9日から4月20日まで開催をした「第6回甲州市塩山桃源郷 ひな飾りと桃の花まつり」は、主会場となった甘草屋敷の会期中の入館者数が3万8,500人でありました。

 さらに、市内の観光施設や花の名所、ワイナリーなどは、バスやマイカーを利用した観光客とともに、市が設定したウォーキングコースやフットパスコースを歩いて楽しむ若者グループや家族連れ、さらには外国人の姿などもあり、本市の目指す新たな観光の方向性に手ごたえを感じたところであります。ゴールデンウィークまで各種イベントや市内観光地は全般的に人出が多く、昨年の大河ドラマ放映から続く好調を、夏から秋のシーズンにつなげていきたいと考えております。

 次に、農林業振興についてであります。

 まず、野生鳥獣対策について、総合的かつ効果的に推進していくため、昨年4月、甲州市鳥獣害防止対策協議会を立ち上げ、今後の鳥獣害対策について協議、検討して対策を進めてまいります。

 また、森林を守り育てる中で、地球温暖化防止や水源の涵養など森林の多面的な機能の向上と、都市機能と農村の交流を図ることを目指して、やまなし森づくりコミッションの仲介により、過日、オンラインメディア事業を手がけるECナビと山林所有である菱山財産区、市及び峡東森林組合とで、森林整備に向けた協定書が締結されました。「勝沼ECナビの森」と名づけ、既に看板の設置や植林が行われ、今後5年間にわたり間伐や自然体験活動などの交流が図られることとなっており、「企業の森」第1号としての森づくりに期待しているところであります。

 なお、現在、農業振興地域整備計画を策定中であり、農用地利用計画と農業振興に関する施策についての基本計画を定めるための作業を進めております。

 次に、道路等の基盤整備についてであります。

 厳しい財政状況下でありますが、市道、水路の維持管理には引き続き万全を期してまいります。

 また、都市計画事業につきましては、甲州市の総合的な都市基盤構築を目指し、事業の一元化による効率的な行政対応及び運営を図ることとし、今年度より都市整備課に下水道課を統合したところであります。

 第一次甲州市総合計画による目指す「まちづくり」に向けて、ソフト事業としては都市の均衡ある発展を図るため「都市計画マスタープラン」と、想定される東海地震等に対応した「下水道地震対策緊急整備計画」を今年度内に作成いたします。

 ハード事業といたしましては、仲沢ガード、街路の青橋工区をそれぞれ完工に向けて取り組んでおります。

 また、生活環境に欠かせない生活雑排水対策についても、従来どおり、下水道事業及び浄化槽事業を推進してまいります。

 次に、水道事業についてであります。

 5月1日より、琴川ダムを水源とする峡東地域広域水道企業団から受水が開始されました。これにより安定した新たな水源が確保され、これまでの水源不足の解消と不安定な取水事情の改善が図られ、安全で安心な水の安定供給に大きく前進したものと考えております。

 次に、学校教育の振興についてであります。

 あすを担う児童・生徒が安心して教育が受けられ、心身ともに健やかに成長することを願って、教育内容の充実と教育環境の整備を図っております。地震防災対策強化地域指定における校舎等の整備・補強等を年次計画で進めておりますが、校舎等の耐震診断につきましては19年度で完了をしており、本年度は松里中学校校舎耐震補強工事を行い、塩山北小学校体育館については、本年度、実施設計を行い、来年度改築の予定であります。

 今後とも年次計画で耐震対策を実施していくことといたしておりますが、中国四川省の大地震により多くの子どもたちが犠牲になっており、計画の見直しを含めた対策をしなくてはならないと考えているところであります。

 次に、スポーツ振興についてであります。

 だれもが楽しく気軽にスポーツができるよう、社会体育団体と連携をとり、自然と眺望を生かしたウォーキングコースを設定してまいります。ウォーキングを日常生活の中に取り入れ、健康で豊かなスポーツライフの実現に向け取り組んでまいります。また、秋には「スポーツフェスタ2008」を、だれでも参加でき楽しめるウォーキングをメーンに盛大に開催する予定であります。ウォーキングのまちを目指し、積極的にウォーキングを推進してまいります。

 次に、図書館事業についてであります。

 図書館事業につきましては、中央館を中心に4図書館において充実したサービスの展開を図るとともに、読書推進の啓発イベント活動を行ってまいります。

 こうした中、これまでの塩山図書館の活動が認められ、文部科学省で行っている平成20年度「子どもの読書活動優秀実践図書館」として、名誉ある賞を受賞することができました。今後も甲州市の子どもたちのために、市民の皆様と一緒に読書環境の充実に取り組んでまいります。

 以上、市政に対する所信の一端を述べ、主要な施策の概要について申し述べさせていただきましたが、議員各位を初め、市民の皆様方の更なるご理解とご協力をお願いするものであります。

 それでは、今議会に提案をいたしました1件の専決処分の承認を求めることについてご説明をいたします。

 承認第8号 甲州市税条例等の一部を改正する条例制定についてご説明をいたします。

 本年4月30日に公布された地方税法等の一部を改正する法律による地方税法の改正及びこれに伴う地方税法施行令の一部改正に伴い、これらの改正のうち公布の日から施行されるものに関し、甲州市税条例、甲州市国民健康保険税条例及び甲州市都市計画税条例について、特に緊急に所要の改正を行う必要があることから、議会を招集する時間的な余裕がないため、専決処分により制定したものであります。

 その内容につきましては、配付をいたしました条例の内容の概要のとおりであります。

 よろしくご審議の上、ご承認をいただきますようお願いを申し上げます。



○議長(佐藤栄也君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第7 議案第48号〜議案第58号



○議長(佐藤栄也君) 日程第7に入ります。

 議案第48号 甲州市ふるさと寄附条例制定について、議案第49号 甲州市ふるさと支援基金条例制定について、議案第50号 甲州市税条例の一部を改正する条例制定について、議案第51号 甲州市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について、議案第52号 甲州市都市計画税条例の一部を改正する条例制定について、議案第53号 甲州市農村地域工業等導入促進のための固定資産税の免除に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第54号 甲州市手数料条例の一部を改正する条例制定について、議案第55号 甲州市市民バスの運行に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第56号 甲州市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第57号 甲州市営特定公共賃貸住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第58号 甲州市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例制定について、以上11件を一括議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) それでは、今議会に提案をいたしました11件の条例案についてご説明をいたします。

 まず、議案第48号 甲州市ふるさと寄附条例制定についてご説明をいたします。

 平成20年度地方税制改正により、個人住民税における寄附金税制の拡充によるいわゆるふるさと納税制度がスタートしたことを踏まえ、市として多くの方々が安心して寄附をしていただけるよう制度化し、自主財源の確保と、それに基づくふるさと甲州市のまちづくりを展開していくことを目的として制定するものであります。

 次に、議案第49号 甲州市ふるさと支援基金条例制定についてご説明いたします。

 議案第48号の甲州市ふるさと寄附条例に基づき寄附された寄附金を適正に管理し、運用することを目的として基金を設置するため制定するものであります。

 次に、議案第50号 甲州市税条例の一部を改正する条例制定についてご説明いたします。

 本年4月30日に公布された地方税法等の一部を改正する法律及びこれに基づく地方税法施行令の改正に伴い、所要の改正を行うため制定するものであります。

 次に、議案第51号 甲州市国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定についてご説明いたします。

 長寿医療制度の創設にあわせて行われた地方税法及び地方税法施行令の改正に伴い、国民健康保険税における後期高齢者支援金等の課税額にかかわる所要の改正等を行うため制定するものであります。

 次に、議案第52号 甲州市都市計画税条例の一部を改正する条例制定についてご説明いたします。

 本年4月30日に公布された地方税法等の一部を改正する法律に伴い、規定の整備を行う必要があるため制定するものであります。

 次に、議案第53号 甲州市農村地域工業等導入促進のための固定資産税の免除に関する条例の一部を改正する条例制定についてご説明いたします。

 農村地域工業等導入促進法第10条の、地区等を定める省令の一部改正にかんがみ、農村地域工業等導入促進のための固定資産税課税免除等の措置の適用期限を、平成21年12月31日まで延長するため制定するものであります。

 議案第54号 甲州市手数料条例の一部を改正する条例制定についてご説明いたします。

 県から権限移譲を受けた砕石法、砂利採取法に基づく岩石、砂利採取計画認可業務にかかわる手数料を定めるとともに、地方公共団体の手数料の標準に関する政令の一部改正に伴い、規定の整備を行うため制定するものであります。

 次に、議案第55号 甲州市市民バスの運行に関する条例の一部を改正する条例制定についてご説明いたします。

 市民バス路線におけるバス事業者への委託経費が増大する中、本市における財政健全化の要請と適正な受益者負担等を勘案する中で、運賃の見直し、措置等を講ずるため制定するものであります。

 次に、議案第56号 甲州市営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例制定についてご説明をいたします。

 市営住宅の入居者や周辺住民の安全と平穏の確保、市営住宅制度の信頼確保の必要性から、暴力団員の入居や同居等を制限する措置を講ずるとともに、市営下於曽住宅の老朽化及び無人化による用途廃止を行うことに伴い、所要の改正を行うため制定するものであります。

 次に、議案第57号 甲州市営特定公共賃貸住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例制定についてご説明いたします。

 議案第56号と同様、市営特定公共賃貸住宅の入居者や周辺住民の安全と平穏の確保、市営住宅・公共賃貸住宅の信頼確保の必要性から、暴力団員の入居や同居等を制限する措置を講ずるため、所要の改正を行うため制定するものであります。

 議案第58号 甲州市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例制定についてご説明いたします。

 本市消防団の団員数の現状、少子・高齢化等の社会情勢の変化及び条例定数により定められる退職報償金等の掛金等に対する財政健全化の要請等にかんがみ、定数の削減を行うため制定するものであります。

 以上、よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(佐藤栄也君) 説明は終わりました。

 ここで暫時休憩いたします。

             休憩 午前10時58分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午前11時11分



○議長(佐藤栄也君) 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第8 議案第59号〜議案第63号



○議長(佐藤栄也君) 日程第8に入ります。

 議案第59号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第2号)、議案第60号 平成20年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)、議案第61号 平成20年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第62号 平成20年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第63号 平成20年度甲州市勝沼病院事業会計補正予算(第1号)、以上5件を一括議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) それでは、今議会に提案をいたしました5件の補正予算案についてご説明をいたします。

 まず、議案第59号 平成20年度甲州市一般会計補正予算(第2号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ1億1,786万4,000円を追加するものであります。

 主なものは、歳出において総務費へ公共施設整備基金積立金等1,726万9,000円、農林水産業費へ耕作放棄地等再生整備支援事業等3,346万4,000円、公債費へ公的資金補償金免除繰上償還等5,052万円を追加するものであります。

 歳入においては、県支出金へ1,220万円、繰越金へ2,493万円、市債へ6,860万円を追加するものであります。

 次に、議案第60号 平成20年度甲州市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ84万9,000円を追加するものであります。

 主なものは、歳出において地域支援事業費へ105万円を追加し、歳入においては国庫支出金へ26万2,000円、支払基金交付金へ32万5,000円を追加するものであります。

 次に、議案第61号 平成20年度甲州市下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ2億4,347万6,000円を追加するものであります。

 歳出においては公債費へ公的資金補償金免除繰上償還等2億4,347万6,000円を追加し、歳入においては繰入金へ707万6,000円、市債へ2億3,640万円を追加するものであります。

 次に、議案第62号 平成20年度甲州市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ2,760万円を追加するものであります。

 歳出においては公債費へ公的資金補償金免除繰上償還等2,749万7,000円、予備費へ10万3,000円を追加し、歳入においては市債へ2,760万円を追加するものであります。

 次に、議案第63号 平成20年度甲州市勝沼病院事業会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。

 収益的収入及び支出につきましては、起債の借りかえによる償還利子が減となったため、事業収益及び事業費用196万6,000円減額するものであります。

 資本的収入及び支出は、収入につきましては補償金免除繰上償還に伴う借りかえ企業債など1億190万9,000円であり、支出につきましては医師当直室排水施設を改修する建設改良費117万5,000円、企業債償還金1億73万4,000円を支出するものであります。

 以上、よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(佐藤栄也君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第9 報告事項



○議長(佐藤栄也君) 日程第9に入ります。

 報告事項、平成19年度甲州市一般会計繰越明許費繰越計算書、平成19年度甲州市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書、平成19年度甲州市一般会計事故繰越し繰越計算書、平成19年度甲州市簡易水道事業特別会計事故繰越し繰越計算書、平成19年度甲州市水道事業会計予算繰越計算書、以上5件を一括議題といたします。

 計算書の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議なしと認め、計算書の朗読は省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) 平成19年度甲州市一般会計繰越明許費についてご説明いたします。

 平成20年3月定例市議会においてご議決をいただきました峡東地域広域水道企業団負担金のほか、6事業にかかわる経費について繰越計算書を提出いたしたところであります。

 次に、平成19年度甲州市下水道事業特別会計繰越明許費についてご説明いたします。

 平成20年3月定例市議会においてご議決をいただきました公共下水道事業の経費について繰越計算書を提出したところであります。

 次に、平成19年度甲州市一般会計事故繰越しについてご説明いたします。

 繰り越しいたしました事業は、農道願光寺7号線測量設計用地調査委託ほか4事業でありますが、支援者との協議等に不測の日数を要し、年度内の完了が困難となったため、事故繰越しの措置をとらせていただいたものであります。

 次に、平成19年度甲州市簡易水道事業特別会計事故繰越しについてご説明いたします。

 簡易水道等施設整備事業について、既設のテレメーター盤の把握及び通信方法の協議に不測の日数を要し、年度内の完了が困難となったため、事故繰越しの措置をとらせていただいたものであります。

 次に、平成19年度甲州市水道事業会計予算繰越しについての説明をいたします。

 市道下於曽25、35号線配水管布設替え工事でありますが、公共下水道工事のおくれによる工期延長による繰り越しであります。

 以上、よろしくお願い申し上げまして説明とさせていただきます。



○議長(佐藤栄也君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第10 提出書類



○議長(佐藤栄也君) 日程第10に入ります。

 提出書類。

 甲州市土地開発公社に係る平成20年度事業計画及び会計予算並びに平成19年度事業及び決算に関する書類、財団法人まほろばの里ふるさと振興財団に係る平成20年度事業計画及び収支予算並びに平成19年度事業及び収支決算に関する書類、以上2件を一括議題といたします。

 書類の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議なしと認め、書類の朗読は省略いたします。

 当局の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) それでは、甲州市土地開発公社に係る平成20年度事業計画及び会計予算並びに平成19年度事業及び決算についてご説明いたします。

 当公社の事業は、甲州市の総合計画に基づき市民福祉の向上及び生活基盤の整備等、市の重要施策に対応すべく公有地等の取得、造成等を推進しております。本年度は、収益的収入6億9,335万円、収益的支出6億9,137万1,000円を計上いたしました。

 また、資本的収入を1億5,000万円、資本的支出を8億3,777万1,000円を計上し、不足する6億8,777万1,000円は当年度分損益勘定留保資金で補てんすることといたしました。

 次に、平成19年度事業及び決算についてであります。

 事業につきましては、市の委託により甲州市役所本庁舎移転改修整備事業として土地6,459.38平方メートル、建物1万1,275.91平方メートルを5億6,000万円で取得いたしました。

 また、公有用地113.32平方メートル、794万893円、代行用地1,447.75平方メートル、4,340万941円でそれぞれ売却いたしました。

 決算につきましては、事業収益及び事業外収益の合計が8,949万1,232円、事業原価、販売費及び一般管理費、事業外費用の合計が9,637万5,167円、当期純利益は688万3,935円の減となっております。

 次に、財団法人まほろばの里ふるさと振興財団に係る平成20年度の事業計画及び収支予算並びに平成19年度事業及び収支決算に関する書類についてご説明いたします。

 当財団は、地域の活性化に関する事業及び都市との交流を促進する事業を実施いたしております。本年度は、収入及び支出予算2億5,647万円を計上いたしました。

 次に、平成19年度事業及び決算についてであります。5つの施設の管理運営と地域の活性化に関する事業を展開いたしました。決算につきましては、当期収入合計2億3,591万3,342円、当期支出合計は2億4,037万7,450円、当期純損失は446万4,108円となっております。18年度対比では、収入が8.8%、支出が8.7%とそれぞれ減となっております。

 以上、よろしくお願い申し上げまして、説明を終わらせていただきます。



○議長(佐藤栄也君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第11 議案第64号



○議長(佐藤栄也君) 日程第11に入ります。

 議案第64号 甲州市市道の路線認定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) それでは、甲州市市道の路線認定についてご説明いたします。

 市道上於曽95号線は、一般国道411号塩山バイパスの全線開通により旧国道区間延長1,516メートルが山梨県より甲州市に移管されるため、また市道熊野47号線は、開発行為に伴う道路敷の寄附により延長118メートルを路線認定するものであります。

 以上、よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(佐藤栄也君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第12 議案第65号



○議長(佐藤栄也君) 日程第12に入ります。

 議案第65号 甲州市病院事業出納取扱金融機関の指定についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) 異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) それでは、甲州市病院事業出納取扱金融機関の指定についてご説明いたします。

 合併時点では勝沼病院事業は財団法人山梨厚生会に委託事業としていたことから、出納取扱機関の指定は必要ありませんでしたが、昨年4月から指定管理者制度の導入により資産管理業務が甲州市で行うこととなったことから、本年度、各種経費の支払いが予定されるので、出納取扱機関の指定が必要となったためであります。

 以上、よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(佐藤栄也君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第13 議案第66号



○議長(佐藤栄也君) 日程第13に入ります。

 議案第66号 峡東地域広域水道企業団規約の変更についてを議題といたします。

 議案の朗読は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議なしと認め、議案の朗読は省略いたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、田辺 篤君。



◎市長(田辺篤君) それでは、峡東地域広域水道企業団規約の変更についてご説明いたします。

 峡東地域広域水道企業団議会の議員定数を削減することに伴い、同企業団規約の一部を変更することについて地方自治法第286条第1項の規定により同企業団の構成市と協議したいので、同法第290条の規定に基づき議会の議決を得る必要があることから、この案件を提出するものであります。

 よろしくご審議の上、ご議決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(佐藤栄也君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第14 請願第2号



○議長(佐藤栄也君) 日程第14に入ります。

 請願第2号 医療改革を改善する意見書の提出を求める請願を議題といたします。

 請願文書表の朗読を事務局長にいたさせます。

 事務局長。



◎議会事務局長(廣瀬一秀君) (「請願文書表朗読」)



○議長(佐藤栄也君) 朗読は終わりました。

 紹介議員に趣旨説明を求めます。

 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) 医療改革を改善する意見書の提出を求める請願について、紹介議員として趣旨説明をさせていただきます。

 医療制度改革の実施に伴い、その考え方はいいが、医療費削減を優先する余り、しわ寄せが一気に高齢者に行ってしまうことは避けなければならないと感じております。

 また、医療療養病床の10万床削減などの決定がなされましたが、受け皿となる特養施設などは絶対数が不足しており、介護医療難民を生じる事態が危惧されております。

 今、高齢者や障害者が安心して暮らせる改善が求められています。当議会の皆様方には深いご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げ、趣旨説明とさせていただきます。



○議長(佐藤栄也君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第15 請願第3号



○議長(佐藤栄也君) 日程第15に入ります。

 請願第3号 子宮頸がん予防ワクチンに関する意見書の提出を求める請願を議題といたします。

 請願文書表の朗読を事務局長にいたさせます。

 事務局長。



◎議会事務局長(廣瀬一秀君) (「請願文書表朗読」)



○議長(佐藤栄也君) 朗読は終わりました。

 紹介議員に趣旨説明を求めます。

 14番、矢野義典君。



◆14番(矢野義典君) 子宮頸がん予防ワクチンに関する意見書の提出を求める請願について、紹介議員として趣旨説明をさせていただきます。

 女性のがんである子宮頸がんは、20から40代の女性に多く見られる疾患です。ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因で、約8割の女性が一生のうちに感染すると言われており、感染が長期化するとがんに進行することがあります。国内では、毎年8,000人が子宮頸がんと診断され、2,500人が命を落としています。

 しかし、健診とワクチンにより予防可能ながんでもあるのですが、残念ながら日本の子宮頸がん検診の受診率は20%以下、予防ワクチンも世界では80カ国以上で承認されていますが、日本では認められていません。我が国においても予防ワクチンへの期待が高まっております。予防法があるのに子宮頸がんを発症してしまうのでは悔やんでも悔やみ切れません。

 当議会の皆様方には、深いご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げ、趣旨説明とさせていただきます。



○議長(佐藤栄也君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第16 請願第4号



○議長(佐藤栄也君) 日程第16に入ります。

 請願第4号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願を議題といたします。

 請願文書表の朗読を事務局長にいたさせます。

 事務局長。



◎議会事務局長(廣瀬一秀君) (「請願文書表朗読」)



○議長(佐藤栄也君) 朗読は終わりました。

 紹介議員に趣旨説明を求めます。

 15番、岡 武男君。



◆15番(岡武男君) 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願について、紹介議員として趣旨説明をさせていただきます。

 義務教育費国庫負担制度は、昭和28年以降制度化され、我が国の義務教育の推進と充実に大きな貢献をしてきました。現行の義務教育費国庫負担制度は、学校教育において一人一人の子どもの教育を受ける権利を保障し、次代を担う主権者を育成するために、義務教育諸学校に勤務する教員、学校事務職員、学校栄養職員の給与費を財政上保障し、地方公共団体の財政能力によって格差を生じないように法制化されたものです。

 義務教育費国庫負担制度が廃止に向けた検討がされようとしています。廃止された場合は、財源確保も難しくなり、現状の教育条件の維持も難しくなり、地方公共団体の財政にも影響を与えることにつながります。義務教育の機会均等が失われ、都道府県間の教育格差が拡大することにもつながります。

 このようなことから、義務教育費国庫負担制度を堅持するとともに、現行の教育水準の維持向上が図られ、教育の機会均等等が引き続き確保され、また少人数教育の実現のため教職員定数の改善を図られますよう、当議会の皆様方には深いご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げ、趣旨説明とさせていただきます。



○議長(佐藤栄也君) 説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第17 特別委員会の設置について



○議長(佐藤栄也君) 日程第17に入ります。

 特別委員会の設置についてを議題といたします。

 お諮りします。甲州市議会委員会条例第5条の規定により特別委員会を設置することとし、その特別委員会は議会改革調査特別委員会とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議がないので、さよう決しました。

 続いてお諮りいたします。委員の定数は10人といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤栄也君) ご異議がないので、さよう決しました。

 委員の選任を行います。

 議会改革調査特別委員会委員に、桐原正仁君、丸山国一君、夏八木盛男君、古屋 久君、廣瀬重治君、矢野義典君、岡 武男君、廣瀬宗勝君、廣瀬元久君、都倉義男君、以上10人を指名いたします。

 ここでしばらく休憩いたします。

             休憩 午前11時49分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後1時01分



○議長(佐藤栄也君) 再開いたします。

 ここで暫時休憩いたします。

             休憩 午後1時01分

             −−−−−−−−−−−

             再開 午後2時53分



○議長(佐藤栄也君) 再開いたします。

 休憩中に開かれました議会改革調査特別委員会の正副委員長の互選の結果についてを報告いたします。

 委員長に廣瀬宗勝君、副委員長に矢野義典君が選任されました。

 ここで、委員長より就任のあいさつがあります。

 議会改革調査特別委員長、廣瀬宗勝君。



◆議会改革調査特別委員長(廣瀬宗勝君) 一言ごあいさつをさせていただきます。

 ただいま議長から報告がございましたとおり、委員の互選によりまして私が委員長、矢野義典議員が副委員長に就任いたしました。

 地方分権型社会を迎え、市民生活に直接結びつく行政施策の最終意思決定機関に当たる議会の機能、役割の重要性を踏まえ、時代の要請に的確に対応する議会の構築を目指してまいりたいと考えております。議員各位並びに当局のご協力をお願い申し上げまして、就任のあいさつといたします。



○議長(佐藤栄也君) 以上をもって、本日の議事日程はすべて終了いたしました。

 次回の本会議は6月12日、午前10時から開きます。

 本日はこれをもって散会いたします。

     〔散会 午後2時56分〕