議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 上野原市

平成22年 12月 定例会(第4回) 12月14日−04号




平成22年 12月 定例会(第4回) − 12月14日−04号







平成22年 12月 定例会(第4回)



           平成22年12月上野原市議会第4回定例会

               議事日程(第4号)

         平成22年12月14日(火)午前10時00分開議

第1 常任委員会報告

第2 議案審議

    議案第91号 上野原市立小・中学校設置条例及び上野原市教職員住宅条例の一部を改正する条例制定について

    議案第92号 上野原市立幼稚園設置条例の一部を改正する条例制定について

    議案第93号 上野原市税条例の一部を改正する条例制定について

    議案第94号 上野原市ひとり親家庭医療費助成に関する条例の一部を改正する条例制定について

    請陳第9号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書

第3 発議上程

    発議第6号 上野原市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について

    発議第7号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書(案)の提出について

第4 閉会中の継続調査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(19名)

     1番  市川 順君      2番  杉本公文君

     3番  田中英明君      4番  杉本征男君

     5番  山口好昭君      6番  鈴木敏行君

     7番  長田喜巳夫君     8番  杉本友栄君

     9番  長田助成君     10番  尾形幸召君

    11番  鷹取偉一君     13番  久島博道君

    14番  尾形正已君     15番  服部光雄君

    16番  奈良田文夫君    17番  岡部幸喜君

    18番  尾形重寅君     19番  小笠原俊将君

    20番  和田正人君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●欠席議員(1名)

    12番  関戸将夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●説明のため出席した者の職氏名

 市長        江口英雄君    副市長       小幡尚弘君

 消防長       湯川清平君    総務部長      小俣幸三君

 市民部長      尾形壽春君    福祉保健部長    福井英明君

 建設経済部長    清水 博君    消防署長      久島末夫君

 消防総務課長    佐藤 茂君    総務課長      里吉利行君

 企画課長      水越 章君    税務課長      須藤博仁君

 生活環境課長    加藤孝行君    秋山支所長     市川正末君

 長寿健康課長    佐藤邦彦君    病院対策課長    佐藤和弘君

 建設課長      山口宏行君    経済課長      和田正樹君

 下水道課長     小笠原徳喜君   会計管理者     天野 博君

 教育学習課長    小佐野 進君   学校適正配置推進課長

                              奈良壽弘君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●事務局出席職員氏名

 議会事務局長    橋本茂治君    書記        守屋晴彦君



△開議 午前10時00分



○議長(服部光雄君) ただいまの出席議員は19名です。

 関戸将夫君については、欠席届が提出されていますのでご了承願います。

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元にお配りしたとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(服部光雄君) 日程第1、常任委員会報告を行います。

 各常任委員会についての報告を求めます。

 総務常任委員会委員長、田中英明君。



◆総務常任委員長(田中英明君) それでは、総務常任委員会の報告を行います。

 去る11月29日の本会議において付託されました案件について、12月7日、議員全員協議会室において委員会を開催しました。当局に関係職員の出席を求め、慎重に審査した経過と結果をご報告いたします。付託されました案件は、条例制定1件であります。

 審査は、担当課に説明を求め、その後質疑・採決を行いました。

 付託案件の議案第93号、上野原市税条例の一部を改正する条例制定については、市民税の納期前全納報奨金制度を廃止するため、条例を改正するものであります。当制度は、納税者が第1期の納期に全納期分の税金を納付した場合に所定の報奨金を交付するものであり、平成22年度の実績は1,449人、合わせて132万4,978円が交付されました。しかしながら、この制度は普通徴収のみに適用され、給与、年金からの天引きによる特別徴収には適用されておらず、不公平が生じているため廃止したいとのことでありました。県内の13市の状況を見ると、既に8市で廃止が決定されております。

 委員から、廃止後の収納率低下を心配する意見もありましたが、他市の状況や税の公平性をかんがみ、審査を行ったところ採決の結果、全会一致で異議なく原案どおり可決すべきものと決しました。

 次に、所管事務調査として、各種税金の滞納整理状況について税務課から説明、聴取を行いました。現在の収納体制は収納担当リーダー以下、現年の業務を行う収納班4名と主に滞納者を取り扱う滞納整理班3名の計8名により徴収業務が行われております。平成20年度以降は、山梨県地方税滞納整理推進機構に職員1名を派遣し、県や他市町村と情報交換を行いながら、差し押さえやインターネット公売などを実施しております。平成21年度の差し押さえ状況は59人に執行し、差し押さえ金額は預貯金、不動産、給与など、約1,600万円となりました。平成22年度は11月30日現在で49人に執行し、差し押さえ金額は約2,400万円となり、金額は前年を上回る実績となっております。

 滞納整理については税の公平性を図る観点から、今後も引き続いて取り組みを強化する必要があります。景気低迷の影響で法人所得、個人所得の減少が続く中、収納率低下が懸念されますが、今後も収納率向上に向けさらなる努力を求め、総務常任委員会の報告といたします。



○議長(服部光雄君) 文教厚生常任委員会委員長、鈴木敏行君。



◆文教厚生常任委員長(鈴木敏行君) 文教厚生常任委員会報告を行います。

 11月29日の本会議において付託されました案件について、12月8日、議員全員協議会室において委員会を開催いたしました。付託された案件は、条例制定3件、請願1件、合わせて4件であります。

 所管する担当職員の出席を求め、慎重に審査した経過と結果についてご報告いたします。

 議案第91号、上野原市立小・中学校設置条例及び上野原市教職員住宅条例の一部を改正する条例制定については、上野原市立大目小学校、甲東小学校、四方津小学校及び沢松小学校を廃止し、平成23年4月の上野原市立上野原西小学校設置に伴い、所要の条例改正を行うものであります。

 議案第92号、上野原市立幼稚園設置条例の一部を改正する条例制定については、平成23年3月をもって上野原市立大鶴幼稚園を廃止することに伴い、条例を改正するものであります。

 なお、上野原市立沢松幼稚園については、当分の間は存続させ、時期を見て再度検討していくとのことでありました。

 委員からは、民間の私立幼稚園の定員割れの状況や国の幼保一元化の動向を見据える中、今後、一層進む少子化傾向を勘案し、総合的な政策として検討すべきであるとの意見が出されました。

 次に、議案第94号、上野原市ひとり親家庭医療費助成に関する条例の一部を改正する条例制定については、所得税法の一部を改正する法律の施行に伴い、所要の改正を行うものであります。

 以上、当局提出の条例改正3件については、採決の結果、全会一致で可決すべきものと決しました。

 次に、請陳第9号、教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書については、教職員定数の改善を図ること、義務教育費国庫負担制度を堅持すること、教育条件の格差解消を図るため教育予算を拡充することの3項目を政府機関に要望するため、意見書の提出を求めた請願であります。

 当請願については、例年採択している経過も踏まえ、全会一致で採択すべきものと決しました。

 以上、文教厚生常任委員会の報告といたします。



○議長(服部光雄君) 建設経済常任委員会副委員長、杉本友栄君。



◆建設経済常任副委員長(杉本友栄君) 建設経済常任委員会の報告をいたします。

 都合により委員長が出席できませんでしたので、副委員長の私が報告をさせていただきます。

 当委員会は、12月10日、委員5人の出席のもと、所管事務の調査として新天神トンネル及び山梨リニア実験線の建設の状況について、当局から関係する職員の出席を求め、現地調査を行いました。新天神トンネルについては、上野原市街地と秋山地区を結ぶ道路交通ネットワーク機能の強化を目的とする道路整備事業の一環として、現在の新天神トンネルにかわるものとして鶴島地区で建設が進められております。施工内容はトンネルの延長が650メートル、道路改良が77メートルの計682メートルで、工期は平成21年10月13日から平成23年3月15日までであります。現在のところ順調に進められており、トンネル部分は12月1日に貫通をしております。工事は、断面掘削機と大型ブレーカーによる機械掘削で進められ、施工に当たっては低騒音型の建設機械や防音扉を導入し、周辺の環境へも配慮されておりました。

 次に、山梨リニア実験線大ノ入工区の新設工事について調査を行いました。大ノ入工区は全長1,457メートルで、現在では平成24年秋の完成を目指し、タナ沢橋梁、ヒノキ沢橋梁、及びオオヒラド沢橋梁の三つの橋梁などの工事が急ピッチに進められております。現場への工事車両のアクセスについては、現在ある林道を使用するなど、できる限り山林の負担にならない方法を採用しておりました。完成後は、半年をかけて仮設資材の撤去や林道の修復整備等の現状復旧を行うことを確認いたしました。

 今回は以上、2カ所の視察調査を行ってまいりましたが、新天神トンネルについては合併時の新市将来構想にも掲げられており、完成することにより地域内外の連携強化が図られ、所期の目的が果たされます。今後も計画的な生活道路整備を進め、利便性の高い道路網の充実が図れることを要望し、建設経済常任委員会の報告といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(服部光雄君) 日程第2、議案審議を行います。

 これから議案番号順に審議を行います。

 議案第91号、上野原市立小・中学校設置条例及び上野原市教職員住宅条例の一部を改正する条例制定についてを議題とします。

 本案に対する委員長報告は、可決すべきものです。委員長報告に対し質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、委員長報告のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第92号、上野原市立幼稚園設置条例の一部を改正する条例制定についてを議題とします。

 本案に対する委員長報告は、可決すべきものです。委員長報告に対し質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、委員長報告のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第93号、上野原市税条例の一部を改正する条例制定についてを議題とします。

 本案に対する委員長報告は、可決すべきものです。委員長報告に対し質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、委員長報告のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第94号、上野原市ひとり親家庭医療費助成に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題とします。

 本案に対する委員長報告は、可決すべきものです。委員長報告に対し質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、委員長報告のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 請陳第9号、教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書を議題とします。

 請陳第9号に対する委員長報告は、採択すべきものです。委員長報告に対し質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 請陳第9号は委員長報告のとおり採択とすることに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、請陳第9号は採択とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(服部光雄君) 日程第3、発議上程を行います。

 発議第6号及び発議第7号の2件を一括上程し、提出者に提案理由の説明を求めます。

 発議第6号、上野原市議会委員会条例の一部を改正する条例制定についてを、久島博道君。



◆13番(久島博道君) 発議第6号、上野原市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について。

 上記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条及び会議規則第14条の規定により提出する。

                              平成22年12月14日

 上野原市議会議長 服部光雄殿

                     提出者 上野原市議会議員 久島博道

                     賛成者 上野原市議会議員 田中英明

                     賛成者 上野原市議会議員 鈴木敏行

                     賛成者 上野原市議会議員 杉本友栄

 提案理由

 議員定数削減に伴い、常任委員会の委員定数を改正する必要がある。

 これが、この条例案を提出する理由である。

 改正内容については、総務常任委員会と文教厚生常任委員会の委員定数を現状の7名から6名に改正し、3常任委員会の定数をそれぞれ6名とするものであります。

 なお、改正条例については、平成23年2月13日から施行するものであります。

 以上、ご審議の上、ご可決いただきますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(服部光雄君) 発議第7号、教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書(案)の提出についてを、鈴木敏行君。



◆6番(鈴木敏行君) 発議第7号、教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書(案)の提出について。

 上記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条及び会議規則第14条の規定により提出する。

                              平成22年12月14日

 上野原市議会議長 服部光雄殿

                     提出者 上野原市議会議員 鈴木敏行

                     賛成者 上野原市議会議員 田中英明

                     賛成者 上野原市議会議員 杉本友栄

 提案理由

 将来を担う子どもたちの教育を保障することは極めて重要であり、教育の機会均等と教育水準が維持向上されるよう国に働きかける必要がある。

 これが、この案件を提出する理由である。

 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書(案)

 子どもたちに豊かな教育を保障することは、社会の基盤づくりにとって極めて重要なことです。

 地方財政が逼迫している中、教育条件の自治体間格差が拡がってきています。子どもたちが全国どこに住んでいても、機会均等に一定水準の教育を受けられることが憲法上の要請です。しかしながら、義務教育費国庫負担金の国負担の割合が2分の1から3分の1に縮小されたことや地方交付税削減の影響、厳しい地方財政の状況などから、自治体において教育予算を確保することは困難となっています。

 また、低所得者層の拡大・固定化が進み、家庭の所得の違いが教育格差につながってきています。自治体の財政力や保護者の所得の違いによって、子どもたちが受ける「教育水準」に格差があってはなりません。

 よって、政府においては、以下の事項を実施するよう要望します。

 1、きめ細かな教育を一層推進するために、少人数教育の実現を中心とする教職員定数の改善を図ること。

 2、義務教育の根幹である、教育の機会均等・水準確保・無償制の維持に不可欠な義務教育費国庫負担制度を堅持すること。

 3、教育条件の格差解消を図るため、地方交付税を含む国における教育予算を拡充すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成22年12月14日

                              山梨県上野原市議会

 提出先

  文部科学大臣 高木義明殿

  総務大臣   片山善博殿

  財務大臣   野田佳彦殿

 以上です。



○議長(服部光雄君) これから審議を行います。

 発議第6号、上野原市議会委員会条例の一部を改正する条例制定についてを議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本件は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本件は原案のとおり可決されました。

 発議第7号、教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を求める意見書(案)の提出についてを議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本件は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本件は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(服部光雄君) 日程第4、閉会中の継続調査について。

 議会運営委員会委員長から会議規則第104条の規定により、お手元にお配りしたとおり申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りします。

 議会運営委員会委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(服部光雄君) 以上で本日の日程はすべて終了しましたので、本日の会議を閉じます。

 これで平成22年上野原市議会第4回定例会を閉会します。

 ご苦労さまでした。



△閉会 午前10時25分

地方自治法第123条の規定により署名する。

 平成  年  月  日

        議長      服部光雄

        副議長     杉本征男

        署名議員    奈良田文夫

        署名議員    岡部幸喜

        署名議員    尾形重寅