議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 上野原市

平成22年  3月 定例会(第1回) 03月12日−02号




平成22年  3月 定例会(第1回) − 03月12日−02号







平成22年  3月 定例会(第1回)



          平成22年3月上野原市議会第1回定例会

               議事日程(第2号)

         平成22年3月12日(金)午前9時56分開議

第1 市政に関する一般質問

第2 議案審議

    議案第10号 平成21年度上野原市一般会計補正予算(第5号)

    議案第11号 平成21年度上野原市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第4号)

    議案第12号 平成21年度上野原市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)

    議案第13号 平成21年度上野原市介護保険特別会計補正予算(第3号)

    議案第14号 平成21年度上野原市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)

    議案第15号 平成21年度上野原市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)

    議案第16号 平成21年度上野原市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)

    議案第17号 平成21年度上野原市大目財産区特別会計補正予算(第1号)

    議案第18号 平成21年度上野原市巌財産区特別会計補正予算(第2号)

    議案第19号 平成21年度上野原市島田財産区特別会計補正予算(第2号)

    議案第20号 平成21年度上野原市上野原財産区特別会計補正予算(第1号)

    議案第21号 平成21年度上野原市病院事業会計補正予算(第3号)

第3 選挙

    選挙第3号 山梨県東部広域連合議会議員の補欠選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(20名)

     1番  市川 順君      2番  杉本公文君

     3番  田中英明君      4番  杉本征男君

     5番  山口好昭君      6番  鈴木敏行君

     7番  長田喜巳夫君     8番  杉本友栄君

     9番  長田助成君     10番  尾形幸召君

    11番  鷹取偉一君     12番  関戸将夫君

    13番  久島博道君     14番  尾形正已君

    15番  服部光雄君     16番  奈良田文夫君

    17番  岡部幸喜君     18番  尾形重寅君

    19番  小笠原俊将君    20番  和田正人君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●説明のため出席した者の職氏名

 市長        江口英雄君    副市長       小幡尚弘君

 教育長       大神田光司君   消防長       湯川清平君

 総務部長      小俣幸三君    市民部長      尾形壽春君

 福祉保健部長    清水 博君    建設経済部長    福井英明君

 消防署長      久島末夫君    消防総務課長    佐藤 茂君

 総務課長      里吉利行君    企画課長      水越 章君

 税務課長      須藤博仁君    生活環境課長    加藤孝行君

 秋山支所長     市川正末君    長寿健康課長    佐藤邦彦君

 病院対策課長    佐藤和弘君    建設課長      山口宏行君

 経済課長      和田正樹君    会計管理者     天野 博君

 教育学習課長    小佐野 進君   学校適正配置

 推進課長      奈良壽弘君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●事務局出席職員氏名

 議会事務局長    橋本茂治君    書記        守屋晴彦君



△開議 午前9時56分



○議長(服部光雄君) ただいまの出席議員は20名です。

 これから本日の会議を開会します。

 本日の議事日程はお手元にお配りしたとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(服部光雄君) 日程第1、市政一般に関する質問を行います。

 通告順に発言を許します。

 1番、市川順君。



◆1番(市川順君) 早速、トップバッターでさせていただきます。

 まず、市長におかれましては、市民と約束いたしましたマニフェストの実行について、日夜ご努力していますこと、深甚なる敬意を表します。

 以下、市民の関心事でございます事柄について、通告順に質問を行います。

 最初に、1番目ですが、67共聴施設の動向調査についてご質問いたします。

 まず最初に、現状調査という意味合いで現状把握についてお伺いしたいと思います。

 最近、総務省の辺地共聴施設、これは自主共聴組合相当になりますけれども、これにつきましては、NHKの12施設の共聴組合がございますけれども、それ以外の自主共聴組合が54施設ございます。そのうち7施設がデジタル化が終了しております。それ以外の計画につきましては、21年度中が2施設、22年度中が1施設、23年度が1施設、直接受信の意向が5施設と、それから第三セクターへの編入検討、これが6施設というのがございます。残り32施設が未定でございます。これは総務省の調べの9月30日現在のものでございます。その後の状況です、その辺の状況がどのように現状がされているか、お伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 水越企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 議員ご指摘の総務省発表の9月30日現在の市内自主共聴組合の実態については、承知をしているところでございます。今後の意向について未定の組合が多数ありますので、さきに行いました自主共聴組合を対象とした説明会、3月1日、それから3月4日でございますけれども、開催しております。市の対応等を説明した上で、今後の動向についてアンケートを配布しているところでございます。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) そうしますと、3番の質問なんですが、32施設の動向調査については、このアンケートが終了しない限りまだ不明ということでしょうか。それとも、多少これが9月30日以降からどのような進展があったか、あるようであればご報告いただきたいと思います。



○議長(服部光雄君) 水越企画課長。



◎企画課長(水越章君) 先ほど申し上げましたアンケートの回収結果を見て判断したいと思います。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) 次の質問の4番目に移りたいと思います。

 デジタル化を行う上で、受信点、これにつきましては、これはデジサポのほうからも連絡があることなんですけれども、電界強度51dbマイクロボルトパーメーター、これが限界点だということですが、これに対して大幅に変更される施設があるかどうか。総務省では、補助金の問題で受信点の変更が1キロメートルを超える場合、全額補助をされていくことが発表されています。その点につきましてお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 議員ご指摘の補助制度が創設されたことは承知しております。自主共聴組合で受信点調査を行っていないところが多数あるため、どのくらいの数の施設がこの補助制度の対象になるのか、現状では不明でございます。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) この辺が補助金等の対象がありますので、市としては、よりこの辺について力を注いで調べていただければ幸いと思います。

 次に、自主共聴施設、それからNHK共聴施設の希望改修総額、これは推定になると思いますけれども、それから国の助成の概算です、こういったところを検討しているかと思いますが、それにつきましてご報告いただきたいと思います。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 自主共聴組合の意向調査を現在行っているところであり、また自主共聴組合において改修工事の見積もりをとっていないところが多数ありますので、改修費の総額については、現時点では把握しておりません。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) 市としての判断も大切なことだと思いますので、まずは1個当たりが3.5万円以上超える部分、それから1キロメートル以上の超える部分、そういったものの大体おおよその見通しはついているかと思いますので、そういったところも今後調べていくということで、すべてが出せないとわからないということではなく、積極的にその辺はお願いしたいということでございます。

 次に、市の改修補助のありようにつきまして、ご質問いたします。

 江口市政は、政権公約で、テレビや共聴施設活用、それから情報通信はNTTを活用する方針を表明しております。現在第三セクターによるTVの視聴は3割を満たない実態であります。そういった中で3月1日、市が開催いたしました自主共聴施設の説明会で、強い施設改修費の補助の要望がございました。今回所信表明でも財政支援するような形で表明がされました。この点につきまして、国の関係機関への折衝状況と助成の見通しについて伺います。仮に、諸般の事情で改修に対する国の補助が受けられないような場合ということがあるかもしれませんが、できる限り責任を持って助成すべきです。市長のご所見をお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 さきの12月の議会において、市川議員からのご質問にお答えしたとおり、総務省に対して、テレビや自主共聴組合、情報通信はNTT等への市の政策変更を訴え、総務省、市の双方に連絡窓口を設け、折衝を行ってまいりました。共聴施設の補助ネックとなるものは、二重補助のハードルでありますが、これでは7割がカバーできないことを訴えています。このことは、国としても問題点を今理解しております。また、県も上野原市の問題点をご理解いただき、国への働きかけに支援をいただける旨のお話をいただいております。

 今後の対応は、第1の条件である自主共聴組合の施設設置届を行わなければなりません。3月1日等に行った自主共聴組合への説明会でも、届け出書類一式をお渡ししたところであり、書類作成の支援を行うこととしております。開始にかかわる財政支援につきましても、引き続き国等と協議を進めてまいります。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) 市の誠意や対応に対しまして感謝を申し上げます。

 共聴施設の責任者の方々もこういった質問の説明で、一安心するというふうに感じられます。事務局におかれましては、大変とは思いますが、設備届け出、それから補助金の算出、それから届け出業務の進捗などもよろしくお願いしたいと思います。

 では次に、7番目の質問に移らせていただきます。

 その他になりますけれども、2点ほどございます。

 まず、セーフティネットの件についてご質問をいたします。

 まず最初に、上野原地区、それから以南、以西ですけれども、これのデジタル化の電界強度の改善が、実は24年の春に竣工します600メートルの東京タワーができます。これによって改善が見込まれるわけですが、現在受信している点より谷底のほうまで出てくるということ。これは直線回避地で推定してもそういうことが言われますので、そういったところの現状でございます。

 こういったことから、共聴施設の改修の条件ですが、24年春の新東京タワーの新設を待って実施したいというような意見も出てきています。改修を延期した間の9カ月間、この間地上デジタルが見られなくなるということが生じるわけですが、国は、3年間の期限つきで衛星放送から地上デジタル放送を送信するというようなことが出てまいっております。こういったことでできる見込みでございます。

 費用対効果で市民が共聴施設を選択する場合は、セーフティネットの活用の申請など手続が必要になります。既に隣町、藤野ですが、佐野川、青根、この山影のところ、あるいは沢筋の住民などが活用を、既に登録しております。その利用ももう受け付けを開始しているという状況になっております。この対応策につきまして、市長のご所見をお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 600メートルを超える新東京タワー、いわゆるスカイツリーが完成することによって上野原市内の電界強度が増す見込みがあることは理解をしておるところでございます。スカイツリーの完成を待って地上デジタル放送の視聴を行いたいと希望する方がおられる場合は、アナログ停波とスカイツリーの完成に時間差があることから、この間にセーフティネットの活用ができるよう検討してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) ありがとうございます。よろしくお願いしたいと思います。

 次に、最後の質問になりますが、行政放送の取り扱いでございます。

 これにつきましては、行政放送は、ご存じのように共和会と第三セクターで見ております。これは、全員のを見ているわけではありません。市民だれもが、行政放送というのは、防災放送を含んで見られるようにするためには、自主共聴施設及びインターネットで見られる必要がございます。

 これにつきましては、一つの案として、市が放送局を市庁舎に設置して、実施主体になって地域イントラネットの伝送路から自主共聴組合のヘッドエンドですね、配信するところですが、それにつなぎ込んで各家庭に送信する案がございます。また、市内に70%のNGNが引かれております。これにつきましては、既にご存じのように、要するにフレッツキャストですね、こういったものがもう募集がされているような状況です。こういった業者によって回線をつなぎ込むことによって、1回線当たり、これは一番安いほうでいきますけれども、80万円で実際できると、月当たりですね。そういったようなものがもう既にNTTから募集がかかっているというような状況でございますので、具体的な検討をお願いしたいと思います。

 本件は、第三セクターのみでは情報格差が生じているというのが現状でございますので、市民の関心事でございます。対応策について、市長のご所見をお願いしたいと思います。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 行政放送は、全市民が等しく視聴できることが原則であると考えております。自主共聴施設や個人アンテナでテレビを視聴されている方もおられます。このことから、これらの皆様には行政放送が視聴できるよう検討しているところでございます。技術的な問題もございますが、議員さんのご提案も行政放送の提供方法の手段として検討させていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) これにつきましてはいろんな案がこれからございますが、一つの方法としてぜひ検討していただきたいと思います。今後の課題というふうにさせていただければありがたいというふうに思います。

 次に、2番目の項目に移ります。

 効率化、合理化などによる費用の削減でございます。

 費用の削減総額についてお伺いいたします。

 税金の無駄遣いの要因になる高額な随意契約の見直しにつきましては、大分前から、市長につきましてはやってきておるわけでございますが、競争入札化による削減、こういったものについて積極的に進めてきておりましたが、その総額についてお伺いいたします。また、総額費用と一般会計に占める割合、そういったところがどのぐらいになるかということも含めてお願いしたいと思います。



○議長(服部光雄君) 答弁者。

 総務課長。



◎総務課長(里吉利行君) 市川議員さんのご質問にお答えしたいと思います。

 全体の集計値につきましてはまだ確定されておりませんが、ごみ処理関係や庁舎管理の随意契約について精査を続けてきております。このほど実施いたしました事前準備行為入札の結果、東京サービスが受託しておりましたごみ処理関係で対前年比3,016万円余りの減額ができる見込みでございます。

 ほかに、これまで予算計上されていたもののうち紙類運搬業務は職員が実施し、上野原市防犯パトロール業務はタクシー業界のご協力で防犯ステッカーを車に張って市内を運行していただくことになっております。また、不法投棄防止パトロール業務につきましては、建設業協会のご協力で、不法投棄防止のステッカーを車に張って市内を運行していただくことになっております。これらを合計いたしますと1,700万円余りの減額が見込まれております。

 また、庁舎管理につきましても、事前準備行為入札の結果、対前年比で3,447万円余りの減額ができる見込みでございます。

 このように契約の見直しを実施することにより、合わせて8,163万円余りの減額が実施される見込みとなっております。今後は、さらに競争入札を導入する中で、公平性や透明性の確保に努めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) 全部で合計8,163万円ということで、大変な額が今回の見直しでされたというふうに理解しております。これにつきましては、特に市庁舎の管理業務、それから廃棄物の処理業務の見直しが多大な成果だというご報告のようでございます。

 それにつきましては、特に市長が就任当時から精力的に取り組みまして、この結果削減に大きく寄与できましたということで、この辺につきましては深く感謝を申し上げます。

 今後につきましては、随意契約につきまして、これからあろうかと思いますが、自治法を真摯に受けとめまして、競争入札、相見積もりを含むようなことをしていただくということと、それらについてのシステムの構築をぜひお願いしたいということで、よろしくお願いいたします。

 次に行きます。

 新規事業の実績でございますが、市民の少額資産の工事も含みましてどのようになっているかお伺いいたします。これにつきましては、実施事例を含んで何件というような形でと、総額的にどのくらいやったか、ぜひお願いしたいと思います。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 費用の削減により市民の皆様が要望した新規事業の展開実績ということですが、その件数や総額の詳細について、具体的数値については申し上げることができません。ちなみに、平成22年度当初予算に計上させていただきました新規事業ということで申し上げますと、当初予算の参考資料として渡しました予算の概要にも掲載させていただいておりますが、事業数で申し上げますと46事業、額で申し上げますと12億2,152万9,000円となっております。

 また、少額工事や修繕等につきましては、市民の皆様方の要望に対してできるだけ迅速かつきめ細やかに対応できるような配慮をするため、道路維持費等に所要の予算を計上させていただいておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) 予算を削減しても即それが使えるシステムにならなければいけないというふうに思いますので、これにつきましては私の折衝する範囲ではなかなかできていないというのが実態だと思いますので、よろしくシステムの仕組みの構築をお願いしたいというように思います。

 次に、削減費用のプール化と再配分のシステム化についてご質問します。

 今、先ほどのことでございますけれども、市民の満足度は、すぐやるということだと思いますので、CS満足度、すぐやる課、これが達成ができておりませんので、削減費用のプール化と再配分のシステム、こういったものをどのように考えているか、この辺についてお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 削減費用プールと再配分のシステム化についてでございますが、市では一般会計、それから特別会計、それぞれ条例で定めた基金が設置されており、通常余剰財源が生じた場合、基金の積み立てを行うこととなります。また、市では事業仕分けの今のところ仕組みはないわけでございますけれども、その財源の再配分については、基金に積み立てられた財源をもって事業費を予算化し執行することにより、削減費用の再配分がされているかと思います。

 しかしながら、市の財政状況は毎年基金を取り崩し、その予算編成となっているのが現状でございます。削減された費用をもって基金への積み立てをするまでには至っていないのが状況でございます。したがいまして、当面は事業の選択と集中を行いながら財政健全化を図る必要があると考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) 私の意見ですが、これにつきましては、少額の工事、ガードレールだとか安心・安全なまちづくりという、そういったところが必要になってきますので、そういう少額な工事、それが簡単にできるようなシステムの構築、大きいところは積み立てて基金にするということでよろしいかと思いますが、そういった予備費的なもの、いわゆる削減によってプールされたものをそういった形に有効的に使えることが大事かなというふうに思いますので、ぜひそういった面を検討していただきたいというふうに思います。

 次に、4番目の機構改革による人員創出でございますが、これにつきましては、新規事業に展開できるということになりますけれども、こういった面でお伺いします。

 特に設備、設置された課、それからプロジェクト化です、そういったものがこれから必要になってくると思いますが、概要についてご説明いただきたいと思います。



○議長(服部光雄君) 答弁者だれですか。

 企画課長。



◎企画課長(水越章君) 議員がおっしゃいます組織のフラット化については効率的行政運営の手法の一つとして職員の流動化などの効果は認識しているところでございます。現行組織の部制は、政策責任者である部長のもと広く庁内統一を図る中で、実務責任者である課長を中心に政策展開を図る効率的な組織であると考えます。これは、指揮命令系統が明確であって意思決定の迅速化や横断的な総合調整が可能な組織であるからであります。

 市では、現行の部制メリットをさらに引き出す努力を行うとともに、今後も継続的に庁内関係者で構成する組織検討部会において現行組織全体の改編を進めてまいりたいと考えております。

 また、プロジェクト化については、重要施策の調査や研究、また企画立案等に対するプロジェクトチームを設置する仕組みはありますが、今後の組織改革においては部単位で人員配置が可能な流動的な組織運営も視野に入れ、検討を図ることも必要と考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) ご報告のとおりで、よろしくお願いしたいと思いますけれども、特にフラット化はもう一つ要点がありまして、やはり非常に業務が集中した場合、その人が苦しむということは皆さんもご経験があると思うんですが、そこにいかに応援が出せるかということがフラット化の一番強みでございますので、その強みを生かせるような組織づくりをお願いしたいというふうに思います。

 次に、目標管理のほうに行きます。

 最初に、ISO9000、それから14000の基準の勉強によるということで、前からお願いしてありますが、それは進めているということでございますので、その管理状況についてご質問したいと思います。特に階層別に自己完結型の管理ができるというのがこのISOの導入でございます。管理者が目標と実績が目で見えてですね、が重要であります。これらの勉強と実施例についてお伺いいたします。特に各作業のロードマップの標準化、それから各指示管理の標準化、こういったものはどのように進めているか、お伺いいたしたいと思います。



○議長(服部光雄君) 総務課長。



◎総務課長(里吉利行君) ただいまのご質問にお答えしたいと思います。

 ISO9000は、市の場合で考えますと、市が提供する行政サービスに対し、市民の方々がその満足度を判定する品質管理に関する国際規格でございます。また14001につきましては、環境マネジメントに関する国際規格でございます。

 ISO9000及び14001の導入につきましては、財政上の問題もありまだ予算化はされておりませんが、14001を例にとりますと、開閉庁時並びに昼の休憩時の電気の消灯及びパソコン等の私的利用の制限、閉庁時間帯の全体清掃のほかに、CO2の削減や環境対策の促進のため夏場6月から9月までノーネクタイ運動を実施し、冷房の温度を27度に設定するなどの対策を講じております。また冬場につきましても暖房の温度を20度に設定するなど、環境へ配慮する活動を進めております。

 今後も引き続きPDCAサイクルを継続していく中で、ISOの理念にかなった職員対応を図ってまいりたいと考えております。

 本件については以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) 実は、作業をやっている内容につきましては、目標管理というのは見えるように、それから管理監督者、市長を含みますけれども、そういったところがどういう現状であるかということが即わかるということ。それから、市民がそれが見えると。やっぱり市はやっているんだなというようなことが大事なことかなというふうに思います。そういったのがISOの心でございますので、そういった面でぜひ発展的に展開していただきたいというふうに思います。これは、受診するとかそういうことではなくて、ISOの手法を導入して、自分たちの業務の改善をしていくということでございますので、よろしくひとつお願いしたいと思います。

 2番目の項目に移ります。

 66項目のマニフェストの進捗の状況ですが、12月のときにもフォローしてありますが、その後ですね、市民の関心事でございますので、この進捗状況についてご報告いただきたいというふうに思います。特に21年度の実施状況の総括ということでご報告いただきたいというふうに思います。

 それから、22年度のマニフェストの関係の予算化、これがどのように進んでいるか。予定アイテム、予算の充当額等がおわかりでしたらお願いしたいというように思います。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 市長が掲げましたマニフェスト推進には、議員各位、また市民の皆様のご協力をいただき、各項目の予算化、あるいは実現化に向けて各種の項目に着手がされています。

 ご質問のマニフェストの着手割合と実現割合、また未着手項目の見通しについてですが、平成21年度における着手割合は66項目中46項目69.7%、達成割合は17項目25.8%、未着手は20項目30.3%となっており、予算総額46項目では約8億5,000万円となっております。また、これら未着手項目にあって実行予算が伴う項目については、現下の経済状況における変化を的確にとらえつつ、今後さらに検討を進めてまいりたいと考えております。

 なお、平成22年度のマニフェスト関連予算については福祉・教育の充実に重点を置き、42項目、予算総額約19億7,000万円を計上させていただいておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) ありがとうございました。非常にわかりやすくご説明いただきましたので、これが一般の市民にもわかりやすく、広報等で報告していただきたいということと、それから職員も常に日ごろの作業の中で見えるように、課別にも見えるような方法をとっていただければ、それがISOの心でございますので、よろしくひとつお願いしたいと思います。

 次の質問に移らせていただきます。

 実質公債費の比率など財政指標のベンチマーク、これについてお伺いいたします。

 22年度の経費の削減、それから効率化、合理化の努力の推進が端的に各財務指標にあらわれるわけでございます。公債費負担比率、一般公債費比率、それから今言いました実質公債費比率、地方債残高、こういったものにあらわれてまいります。各指標のトレンド及び国・県及び近隣自治体とのベンチマークを行い、新市政の財務の適正化をお伺いいたします。

 また、特筆する向上、それから悪化要因などを、特に経費の削減と、それから病院建設、駅前開発などについても、そういった要因がどのように受けるかをお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 各財務指標については、財政状況を把握する基準として重要なものと認識しております。その中でも平成21年4月から全面施行されました財政健全化法で定める実質公債費比率については、特に注視していく必要があると考えております。

 平成20年度決算における上野原市の実質公債費比率については15.7%で、全国や県内と比較しましても平均的な水準にあり、財政健全化法で定められている早期健全化基準の25%を下回っていることから、健全な財政状況と考えております。

 また、実質公債費比率の推計でございますが、病院建設事業により1から2%程度の増加が見込まれる一方で、有利な起債の活用により償還額に対する交付税算入額が増加傾向にあることから、全体的には平成20年度決算の15.7%をピークとしまして年々減少していく見通しでございます。

 次に、地方債残高の見込みでございますが、平成21年度末では154億2,507万5,000円、平成22年度末では149億9,668万1,000円となり、平成22年度においては4億2,839万4,000円程度の縮減を見込んでおります。今後においても財政健全化法を始めとする各財務指標を注視するととともに、引き続き地方債発行額を元金償還額の範囲内に抑制するなど、健全な財政運営に努めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) 傾向として、トレンドはいい方向であるというふうに伺いました。特に地方債残高につきましては依然として高い水準にありますので、この辺につきましては慎重に、一般競争入札をやりまして問題ないようなレベルにしていただきたいというふうに思います。

 次に質問を移らせていただきます。

 4番目の仲間川流出の土砂、河川への水路工事の進捗についてお伺いいたします。

 先般の一般質問でもありましたように、環境基準のオーバーの土砂撤去について、県当局は、最終処分場が決まらないためおくれているという答弁でございました。その後、進捗がどのようになっていますか、伺います。今までの経過を踏まえ、県当局にどのような働きかけを行ったかを伺います。

 水路工事は、土砂の植生と安定化が進み、工事を見合わせるとの報告でありましたけれども、現状を見ますと、その後の雨、それから降雪によって大量に仲間川に流出しています。この辺の確認もされているのかどうかも伺いますが、これ、先般ですね、私も県当局の人とも話していますけれども、これはちょっと問題だということで、土砂撤去で進めるような動きをつなげないといけないなというふうに言っておりましたんですけれども。いずれにしても、地元住民、地権者も不安を感じております。

 以上の対策につきましてどのように実施しようとしていますか、伺います。



○議長(服部光雄君) 和田経済課長。



◎経済課長(和田正樹君) 土砂の撤去につきましては、県に確認しましたところ、議員さんもご承知のとおり、現地において応急的な防災工事は実施しておりますが、いまだ土砂撤去には至っていないという状況でありまして、処分場も決まっていないということであります。県におきましても引き続き原因者に対して厳しく指導を行っていきたいというふうに聞いております。

 また、県当局へどのような働きかけを行ったかということでありますが、昨年の11月に山梨県森林整備課と市の総務課、生活環境課、経済課の職員が現地に入りまして現地状況の確認を行っておりまして、また対策についても関係課、県と協議を行ってまいりました。引き続き現地踏査、また現地にあります監視システムによる監視を注意深く行っていくということで確認をしております。

 また監視システムでございますが、監視システムが作動した場合につきましては、自動通報装置により市役所、富士東部の林務環境事務所、それから富士東部の建設事務所、上野原警察署等へ通報される仕組みとなっております。異常通報時には、それぞれ現地に行き状況の確認を行っていく予定になっていまして、実際に、昨年誤作動によって通報システムが作動してしまったというケースがありますが、その際にもおのおの関係機関が現地のほうへ行きまして状況を確認しております。

 水路工事の件でございますが、土砂の流出から4年近くが経過しておりまして表土が落ち着いてきているということで、県のほうとしては当面新たな水路の建設を予定していないということでありますが、議員さんもおっしゃいますように、不安を感じている住民もおります。

 今後においても県や市、また関係職員が定期的に現地確認を行って、またそういった対応策についても定期的に関係機関と連携を図りながら危険防止に対応してまいりたいというふうに考えます。

 以上です。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) この問題は、土砂崩れが起きて4年間、実質上何もやっていないような状況になっていますね。ですから我々が非常に指摘しているんですけれども、実際のところは非常にお金がかかり過ぎるということでなかなか着手ができていないと。それともう一つは、県の予算が、この環境対策の予算がされていないということが一番の大きい原因だというふうに私は思っていますので、業者ばかりに、この責任は業者だけじゃないんです。行政と一体となってこれは責任を感じていかなければならないということで、やはりこれは県当局にそれなりの予算を申請させるように働きかけを行わないと、まるで何といいますかね、崩れたままで、そのままの恥をさらしているような状況に今なっているということです。これをまず認識して、今後の対応をとっていただきたいというふうに思いますので、ぜひこの状況を陳腐化させないで進めていただきたいと思います。

 これこそISOそのもの、環境基準の導入はこのことなんですよね。そういったことをスケジュール的に全部、こういった場合こうだという計画を、要するにロードマップをきちんと県当局とも詰めてそれをしていかないと、いつまでたったってこれできませんよ。もう最終的にはできないというふうな形で、私なんかこれ、こういう対応の仕方ではやらないという話になってしまいますので、ぜひこれは対策に結びつけるようにお願いしたいというふうに思います。

 それらを含みまして、もう一つ関連質問になりますけれども、奈須部の土砂崩れですね、その後の進捗につきまして、それと問題点がありましたら、これについてお伺いしたいと思います。



○議長(服部光雄君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(加藤孝行君) お答えします。

 昨年の3月9日に発生しました上野原地区の奈須部地内での土砂崩落でございますけれども、市では、土砂崩落直後の応急対策期、それからこれに続きます暫定対策、さらには復旧に向けた恒久対策期の三つの期間に分け、現在順次対応を進めているところでございます。

 現在は第2期の暫定の対策期に当たりまして、関係地権者、それから隣接します相模原市とのたび重なる協議を得まして、河川地内へのヒューム管の埋設、それから上部の整地作業等、昨年の9月議会で予算化されました工事に着手したところでございます。

 なお、工事終了後につきましては、境川が上野原市と相模原の行政界、それから同時に県境界ということですので、関係地権者及び関係機関の合意を得る中、境界確定、さらには河川の復旧整備を進めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) ありがとうございました。大分安心しました。よろしくひとつお願いしたいと思います。

 5番目の、最後の質問になりますけれども、大月上野原線ですか、これ大曽根付近の拡幅工事計画、この辺につきまして進捗等についてお伺いいたします。

 これにつきましては9月の議会の一般質問でも、早期に実現できるよう県当局に働きかけを実施していくとの答弁でございました。その後の進捗をお伺いいたします。県当局の22年度の予算化が実施されているのか。その時期について、されていない場合は、時期などについてお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 建設課長。



◎建設課長(山口宏行君) それでは、ただいまの答弁をいたしたいと思います。

 まず、山梨県の主要地方道大月上野原線ですが、経過としましては、県の富士東部建設事務所と今年度1月26日に打ち合わせ会を開催しております。その折に土地所有者の理解が得られるよう引き続き話し合いを行っていくこととなっております。

 議員のおっしゃる県当局の平成22年度の予算化や実施時期につきましては、土地所有者のご理解やご協力がまだ得られておりませんので、決まってはおりませんとのことでございます。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 市川順君。



◆1番(市川順君) これにつきましては、積極的に働きかけをぜひお願いしたいということをお願いしまして、全質問項目を終わりましたので、ありがとうございます。よろしくお願いいたしたいと思います。

 以上で終わります。



○議長(服部光雄君) 10時50分まで休憩いたします。



△休憩 午前10時42分



△再開 午前10時51分



○議長(服部光雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 次の通告者の発言を許します。

 2番、杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 2番、杉本公文でございます。

 一般質問を行います。

 まず第1に、マニフェストについてでございます。

 市長が就任をして約1年が経過したわけでありますけれども、年度も変わりますので、マニフェストの検証も兼ねて質問をさせていただきます。それで、この項目については、隣の市川議員さんからも質問がありましたので、重複するところは避けるような形で質問をさせていただきます。

 実は、これが66項目から成る市長のマニフェスト、公約でございます。これには年度別の取り組みを約束したものが書かれております。そこで、初年度取り組むとしたものが23項目、それから初年度実施するとしたものが14項目でございます。先ほど市川議員さんの質問に対して、進捗状況ということで、約70%が実施されていると。それから20項目、30%については未着手だという趣旨のお話がございました。この今年度実施をするという市長の公約の中の大きなものは、小中学生の医療費の無料化だとか、あるいは秋山温泉のご老人の方に対する割引券の発行、あるいは保育園の入園料の軽減、出産一時金の祝い金ですか、それの支給ということで、お金がかかる、また重大な政策についてはほとんど実施をされているわけです。それで、それは非常に市長さんのご苦労があったかと、あるいは職員の皆さんが協力していただいたということであろうかと思います。

 それで、大体状況はわかっておるわけでありますけれども、先ほど20項目未着手であるという部分に、これはどういう理由でそういうことになっておるのか、状況についてまずお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 答弁者、企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 マニフェストの推進状況については、先ほど市川議員さんのところでお答えしたところであります。66項目中46項目が着手、達成割合が17項目、未着手が、今言う20項目ほどあります。具体的に未着手の部分を申し上げますと、医療・福祉の充実の部分でいえば、この地で安心して子供を産める環境を整えますという中で、産科・小児科医の招聘等がございます。それから、まちづくり・地域づくりの中に、例えば定住者誘致事業の推進、それから地域を再生、発展させようとするさまざまな地域づくりの活動、NPO活動などの支援、それから地域、集落ですね、支援員制度、それから、安心・安全なまちづくりでいえば、子供たちが楽しく安全に遊べる場所としてミニ公園、遊園等の整備を図ります、これらが具体的には未着手ということでございます。

 理由と言いますと、どうしても予算的なものが主な理由になろうかと思います。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 今未着手の項目についてお話をいただきました。ちょっと漏れているものについては、予防医療を推進するために健診事業が、やはりその取り組みが非常におそいというか甘いのかなというふうには思っておりますけれども。それから、予算のお話をなさったんですが、私も若干検証させていただいた中では、やはりまちづくりの部分が、この件については長田議員さんが一生懸命なさっているので、また質問があろうかと思いますけれども、ちょっと細かいけれども複雑、しかし予算はそんなにかからないというようなところであると思うんです。ですから、私は、全体から見て非常に職員の方も努力をしていただいていると思う。だけれども漏れている部分があるので、このマニフェストについては非常に項目が多いわけですから、やはりどこか統括を、どなたかが現実なさっているのかもしれませんけれども、ぜひこれは要望ですが、統括をして、やはりこの全体を見ていただくという箇所が必要なのかなというふうに思っておりますので、これについてはご検討いただきたいと思います。

 それでは、その公約の進捗状況の中ですが、イの初年度及び今後の実施項目の総事業費ということでお伺いしますけれども、これについても市川議員さんから事業費の質問がありました。それに対して、約19億円のマニフェスト関連の予算がありますということでしたけれども、私ちょっと誤解をされるのかなと。19億円というのは、上野原の普通建設事業費が10億ちょっとぐらいだと思うんですよ。ですから、マニフェストに関連することはとりあえずそっくり中に放り込んで19億円というお話だと思うんですよ。私は、そのマニフェストを実質的に実施して、その増額分、マニフェストとして増額される部分というのは、学校の耐震化はちょっと別になりますけれども、約1億円かなというふうに私は考えておりますけれども、これについては19億円というのはちょっと理解がしがたいのかなと。この件についてはちょっと答弁をお願いします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) 具体的に今示してほしいということでございます。66項目すべてにおいてこういった進行管理を私どもの課でやっておりまして、それらのものについて資料の提供ということでご理解をいただきたいというふうに思います。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) それでは、マニフェストの2番目ということで、情報通信基盤整備事業の見直しについてであります。

 これは、市長は、この情報通信事業については、まずこの事業の見直しをするという公約を掲げております。これについては、専門委員会でご審議をいただいて、その結果を考慮なさるということで伺っておりますので、それは了解をしておりますけれども、そのほかに自主共聴組合を活用するということ、それから追って質問しますが、インターネット通信についてはNTTに、未整備の地域についてはお願いをしていくという、この2点がございます。

 それで、まず自主共聴組合の対応状況ですが、これも市川議員さんから質問がありました。どんな対応をしているかということでありますが、これについては窓口を現在設置して、共聴組合さんの方々にアンケートを実施していると、意向調査ですね。その結果を見て対応するということですが、ここまでは伺っております。それで、この自主共聴組合を活用するという公約を掲げて、その考えに賛同して共聴組合の方も努力をなさっている方がたくさんおります。それでその結果を見て、市はどんな対応を、当然それは国や放送事業者にお願いなり要請なり、あるいは申請手続をするということであろうと思いますけれども、確認の意味で伺います。どんな対応をなさるおつもりですか、お伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 3月1日、3月4日、それぞれに自主共聴組合を対象として地デジ開始に向けての説明会を開催したところであります。この中で改修希望の有無を尋ねるアンケート調査の依頼、現有施設の適正化に向けての諸届けの提出を依頼したところでございます。国の補助については、今後県の協力を仰ぎたいと考えており、再送信同意についても同様の問題を抱えている近隣の自治体と連携をして、民送各局との交渉をしていきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 通常のお答えでありますけれども、市長が自主共聴組合を活用するということを政策にうたって、お約束をして、それで努力をなさっている共聴組合の方もいらっしゃるわけです。ぜひその方々にできるだけ状況がわかるように説明責任を果たしていただきたいと思います。

 それから、県へもお願いをしていくというお話でございました。それから市川議員さんへの答弁の中でも、県のほうからも国に対して働きかけをしていただけるという連絡というかお話があったというふうに私も聞いておりますし、答弁もございました。これは確認をしたいと思いますけれども、具体的には上野原の地デジ対応の今の状況、自主共聴組合の状況をご理解なさって、県も上野原市と一緒に国に補助金がもらえるように、あるいは再送信の同意がいただけるように一緒に努力していただけるという理解をしてよろしいですか、それは。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) 先ほども言いました自主共聴組合を開催したと、3月1日に開催したわけでございますけれども、その際に県の担当の方もそこに同席をし、お話を伺っていたということでございます。その中で、共聴組合の多くの要望がある話も聞いたわけでございまして、できるだけ県も、意向があるならば協力したいと。いずれにしましても、アンケートの結果を見ての対応になろうかと思いますが、その時点では協力をいただけるような旨のお話を伺ったということでございます。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) そこで、本来この山間部というか難視聴地域の解消を目的とした自主共聴組合の改修でありますけれども、これには、国策ですから金額はちょっと定かではありませんけれども、改修費用は1世帯当たり10万7,000円ほどの補助が通常ではあるというふうに私も聞いてはおるんですが、上野原市は光ケーブルを引いたということで、今意見は分かれておりますけれども、二重の補助に当たるということで国の補助は難しいという状況がございます。

 そこで、これは仮の話でございます。もし国が、私は補助をいただけるのかなというふうに思っておりますけれども、国が補助金を出せないという状況になったとき、これは市長に私、伺いたいんですが、政策的な判断の問題でございますけれども、国の補助が、地デジ改修に補助金が出ないとなったならば、これは私は、市が行った事業で、当然本来もらえるべき補助金がもらえない共聴組合の方が出たとするならば、市として補助金を交付することが、金額については申し上げませんけれども、少なくとも方針として、市が補助金を出すという考えがございますか。これ市長、お伺いします。



○議長(服部光雄君) 江口市長。



◎市長(江口英雄君) 先ほど企画課長が説明しましたように、一時的には7割の方が見られなくなるということを国のほうに積極的に働きかけ、県の方も上野原市の状況をかんがみるに、これは県としても支援していくということをおっしゃっていますので、県と協力して、まず国に積極的に働きかけて国からの補助をいただく。7割が見られないということは国策に反するという考え方のもとに、国と積極的に窓口ができ上がっておりますので、そこを一義的にやっていく予定ではおります。そして、恐らく国のほうから、県と市が一体となってお願いすれば、その7割のテレビ難民のことを考えれば、国のほうで補助を出してくれる可能性は非常に高いというふうに考えております。万一の場合には、市としましても7割のテレビ難民の方が出ることは避けるべく、何らかのセーフティネットを考えております。

 以上です。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 市長が、仮の話ですけれども、国から補助金が出なければ地デジ改修に対して、組合に対して市から補助金を出すということを今伺いましたので、私も安心をしておるところでございます。

 それでもう一つは、その情報通信事業の見直しのものでありますが、先ほど申し上げましたインターネット通信については、これは相手のあることですからなかなか難しいということもありますが、上野原の周辺市町村は、NTTが全域光ケーブルを敷設し、インターネット通信の環境が整っているわけであります。当然上野原市もNTTに働きかけをするというお約束をしておりますので、この対応がどうなっているのかお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 過日ですが、副市長がNTT山梨に出向き、西原、棡原、八ツ沢、秋山など、地域にブロードバンドサービスの提供エリアの拡大を要請したところであります。NTT側は、同地域は既に市で設置した光ファイバ網を利用しての第三セクターによるサービスが提供されていることもあり、採算性を考慮して、現状ではサービスエリアの拡大を行う計画はないとの回答を受けたところでございます。しかし、住民の選択肢を増やすためにも継続的に交渉は行っていきたいというふうに考えておるところです。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) NTTには、相手がありますけれども、当然上野原市においてもサービスができるように、引き続き強力に要請をしていただきたいと思います。当然これは住民に関することですから、本来は議会も要請をしなければいけないと思いますが、まだそのような状況はなかなか難しいのかと思っておりますけれども。

 それでは次に、マニフェストの市立病院の建設についてでございます。

 新しい市立病院の建設は、江口市長のいわゆる政策の最も重要な、大きな政策でございます。それで、これは住民にとっても悲願でございますけれども、市長も一生懸命努力をしていただいて、現在病院の建設については国の交付金等を十数億いただくということを考える中で、22年の着工ですか、それから24年の3月までに営業できるように現在進めておられるわけであります。

 それで、そのためには条件があって、先ほど言った期限が限られておるわけです。それで現在プロポーザル方式で設計の業者の選定を急いでおられるということであります。この件についてはちょっと議会では意見が分かれておりますけれども、病院建設については当然できるだけ早く進めなければならない。そしてその中身は、四十数億円かかると言われていた今までの計画で、それをいわゆる公平中立な立場で、談合だとか癒着のないような形で公平を保つ中で、この選定も急いでおられるわけです。かつてのように指名競争入札ですれば、疑惑といいますか、その公平性が保たれないような状況があったと思うんですが、江口市長はそれを改革するということで選挙にも出ましたし、当然病院建設の事業費を考えても、軽減するためにも入札方式は大変重要であるわけであります。

 それで、その建設工事の、まだはっきり私、お伺いしたことがないので伺いますけれども、建設工事の入札の方法は、従来の、奈良市長さんのときに行ってきた指名競争入札ではなくて、一般競争入札を私は当然行うべきだと考えておりますけれども、改めてお伺いいたしますが、市長はこの新しい病院建設の入札方法を一般競争入札で行うのかどうかお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 答弁者。

 総務課長。



◎総務課長(里吉利行君) 前段で議員さんのほうから、公募型のプロポーザル方式の関係でご質問がありましたので、私のほうからは、一応プロポーザル方式の概要について簡単に……

     (発言の声あり)



○議長(服部光雄君) どうしますか、答弁者。

 江口市長。



◎市長(江口英雄君) 病院建設に関しましては、私の選挙のときの最大の公約であります。したがいまして、私はこの公約を、市民との約束でありますので、確実に、そして着実に、そしてスピード感を持って市民の要望にこたえていきたいと思います。そしてこの病院建設に当たりましては、透明性と公平性と競争性を確保した中でやっていきたいと、このように考えております。以前のような方法ではなく、本当に広く見識のある方々のご意見を伺う中で、今回22年度予算の中では40億円の、今までの経過の中で40億円という予算見積もりを立てていますけれども、最終的に、私はここではっきり言明しておきますけれども、二十数億円、30億円以下で建設を仕上げる予定でおります。そういうことによって、余ったお金を基金に積み、さらにそのお金を人材育成、そういうところに、あるいは病院環境、そのようなところに費やしていく予定でおりますので、ぜひご理解いただきたいと思います。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) ただいま市長から、公平、透明性をしっかりした中で、そして結果的にはその財源を大事に使う、その経費の節減もしていくということを明言をしていただきました。本当にありがとうございます。

 それで、マニフェストの4番目、入札改革に入りますけれども、これはただいま一般競争入札について、病院について伺いました。実はこのマニフェストの中には、一般競争入札に対する2つの公約というか、2項目が載っております。一つは、原則として競争入札を実施するということ、もう一つは、一般競争入札を実現することによって委託費の10億、それからいわゆる工事費の10億、合計20億の10%を節減して、マニフェストでお約束した財源にしたいというふうに書かれております。

 そこで、初年度はいろんな事情もあってなかなか難しかったのかなと思いますけれども、まず一般競争入札の実施の実績です。これはどの程度になっているのか。それから22年度の目標値をお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 総務課長。



◎総務課長(里吉利行君) ただいまのご質問にお答えしたいと思います。

 当市におきましては、議員さんもご承知のとおり、21年度に入札制度改革の一環といたしまして、透明性の確保と工事価格の公平性を保持するため、上野原市事後審査型条件つき一般競争入札試行要綱を制定いたしております。この要綱に基づきまして、昨年10月に入札共通説明書を作成しております。実施に際しましては、昨年11月に試行的に建設課所管の道路・水路改修工事1件について、一般競争入札条件の検討を行い、その後、入札公告を経て12月中旬には業者決定を行うことができました。このようにあくまでも試行的にではございますが、工事1件を実施し、さらにこの3月中にもう1件の工事について、一般競争入札による業者の選定を実施していく予定となっております。

 また、平成22年度、新年度におきましては、これをさらに五、六件対象件数を増やして、制度の確立を図りながら入札の公平性や透明性、競争性の保持に努めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 今、現在までの実績が、21年度の実績が1件、年度中にはもう1件できるということですね。それから22年度についても数件という話でありますよ。

 私は、きょうマニフェストの質問をしているんです。マニフェストでは、原則実施するというふうにしてあるんです。市長は、状況はなかなか難しいということは私もわかっておりますけれども、原則実施ですよ。そして、その結果2億円削減して、これは財政の方はよくわかっていると思うんだけれども、この財政が逼迫している中でその財源を確保していく、その方策としてマニフェストを実施したら2億円をつくっていくんだというね。そもそもマニフェストが全然これじゃ機能していないということじゃないですか。だから、私はそういう状況もある程度承知して質問しているんだけれども、だとしたら、じゃなぜできないかということですよ。その職員体制が十分でないということで補充をしたということも聞いています。じゃできないなら、これ市長がその方針転換をしてマニフェストの修正をするか、あるいは皆さんの中で努力してもらうか、これしかないでしょう、だって。

 それで、その数値についてはそれで結構ですけれども、イの、その原則実施に向けての対応が、私はやっぱり甘いというか、現状に即していない。これは制度についても、必ずしも何か難しい形でなくても、もうちょっと運用の仕方があるのかなと思っております。それで、これは通告してありますけれども、職員体制はどうなっているのか。これもし十分でなければ、これは最重要課題の政策でありますから、十分でなければ補充をするという体制を組んでもらわなければならない。それはどちらが担当になるかわかりません。このことについてご答弁願います。



○議長(服部光雄君) 総務課長。



◎総務課長(里吉利行君) ただいまのご質問に対してお答えをしたいと思います。

 新年度におきましては一般競争入札の対象範囲をさらに拡大し、道路工事や建物工事、下水道工事等にも事後審査型条件つき一般競争入札を導入していくと、これは先ほど申し上げたとおりでございます。また、今のご質問の中にありました職員体制につきましては、制度の確立に向けて万全を期せるようより一層努力をしていきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) ぜひそのご努力をいただきたい。そして、少なくともその数値が、何百件もある委託と、それから工事ですよね。その中で10件にも満たないとか、何十件だなんていうことじゃとても納得できない、私は。少なくとも金額において半額だとか、半数の件数とかというように努力をぜひしていただきたいと思います。それは要望でありますけれども、ぜひこれは真剣に考えていただきたい。

 それから5番目の機構改革であります。

 これは、以前の奈良市政のときからもお話をさせていただきました。上野原市は人口がどんどん減っていって、今約2万7,000人です。とても、特例で市にはなっておりますけれども、市の体裁はなしていない。そういう中でもっと人口も減っていくでしょう。それで部長制を一応施行はしてあるんですけれども、これについてはどうだと言ったらやめますというような話もあったり、また現在はしていくということです。私は、形には本来的にはとらわれたくないですけれども、機能的にやはりできているかといったら、今この人口でこの部長制が果たして機能しているかといったら、私は機能していないと思っておりますので、まず部長制を廃止すべきだと考えております。これについて、先ほど市川さんの答弁にもありましたけれども、ぜひこれは、私としては廃止をすべきだと考えておりますが、これについて答弁願います。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 ご承知のとおり、平成17年2月の合併時より部制により組織運営を維持しております。この部制は、政策責任者である部長のもと、広く庁内統一を図る中で実務責任者である課長を中心に政策展開が図れる効率的な組織であると考えております。昨年より、庁内の関係者で構成する組織検討部会にて現行の部制のあり方の検討を行っておりますが、部制は指揮命令系統が明確であり、意思決定が迅速で横断的な総合調整が可能な組織であることから、現行の部制メリットをさらに引き出し、組織の運営強化を図る努力を行うとともに、今後においても継続的に検証していく考えでございます。

 また、今後も効率的な組織運営の形態を目指して、職員の流動化を踏まえ組織全体の改編について検討を進めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君、きちんと手を挙げてください。

 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) ぜひ検討していただいて、機能的に運営ができる組織にしていただきたいと思います。

 それでは、2番目の随意契約についてでありますけれども、上野原市は非常に随意契約が多いわけであります。指名競争入札もほとんどありましたけれども、随意契約が非常に多いわけであります。これについては、市長も以前違法性があるというご発言をなさっておりますけれども、この随意契約ができる場合については、法令等においては当然定めがあって、工事又は製造の請負は市町村が予定価格が130万円以内、金額の定めもあったり、あるいは要件も特殊な事情だという規定が、一つ一つ言いませんけれどもあります。それから、これは地方自治法でありますけれども、会計法の第29条の3第1項では、国及び地方公共団体が行う契約は入札によることが原則であるというふうにも書かれております。

 そこで上野原市は、結果的に長年の慣習といいますか、その中で随意契約のほうが契約行為は簡単でありましょうけれども、そういう中で、これから後で質問しますが、クリーンセンター関係のその事件みたいなことも私は起きているんだろうと思います。

 それで、まず基本的な考え方を、これは市長にお伺いしますけれども、特に大きな契約です。1,000万を超えるような契約は随意契約ですなんてとんでもない話だと私は思っておりますけれども、市長、この随意契約に対する基本的な考え方についてお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 江口市長。



◎市長(江口英雄君) 先ほど総務課長のほうで、一般競争入札のところでお話しましたように、過去22年間、長期にわたって随意契約が主体として行われてきました。その中で、やっと今年市政がかわりまして、職員の協力の中で上野原市事後審査型、条件つきではありますけれども、一般競争入札試行要綱を制定しました。これは画期的なことだと思っております。この内容は、また必要ならば詳しいことはご報告いたしますけれども、そこにはしっかりとした幾ら以上のものに関しては原則一般競争入札を行うということが書かれています。ですから、それを急激に100%すぐ1年目、2年目で行うというのは難しいところがありますので、それは暫時その方向でやっていくということで職員の方も努力していただいていますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 努力をしてやっていただけるということですので、それについては了承というか、私からもお願いでございます。

 それで、高額のことについては言及がありませんでしたけれども、実は、光ケーブルの保守契約が1,800万円ぐらいでUBCに随意契約されているんですが、これは当然競争入札されると考えてよろしいですか。



○議長(服部光雄君) 答弁者。

 企画課長。



◎企画課長(水越章君) その件に関しましては、UBCとのIRU契約の中で、それ以外の契約が合理的ではないということなので、それはそういった契約をしているということでございます。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 委託契約と保守契約とIRU契約というのは別個のものですよ。考え方がそもそもおかしいと思います。これは、この場でどうこうではありませんけれども、ぜひね、おかしな契約でありますので、これは当然、少なくとも競争入札で行って、今までそれをやっていたんですから。それをUBCに急遽随意契約にするというのはおかしいでしょう。これ金額が1,800万ですよ。こんな大きな契約を競争入札も行わないというのはおかしい。ぜひ検討していただきたいと思います。

 随意契約の2番目で、贈賄事件業者の処遇はということで記載はさせていただきましたけれども、不幸にしてああいう事件があったわけです。それで、かといっても契約の内容から見て、業者を差しかえるのか、あるいは指名停止にするのか、いろんな方法があるのかとは思いますが、現在それは、扱いはどうなっておりますでしょうか。



○議長(服部光雄君) 総務課長。



◎総務課長(里吉利行君) ただいまのご質問にお答えしたいと思います。

 当該事件業者の処遇につきましては、上野原市建設工事等請負契約に係る指名停止等措置要領別表第2第1号の規定に基づきまして、平成22年1月29日から平成23年1月28日までの12カ月間の指名停止処分を実施しております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) これは、この事件については新聞報道などで大体お伺いをしてありますけれども、これ市長、その後どのような状況なのか、もしありましたらお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 江口市長。



◎市長(江口英雄君) この贈賄事件に関しましては非常に残念なことであると思っております。今後このようなことが起きないように十分市としても対応をしていきたいと思っております。

 そして、この案件でありますけれども、警視庁と県警本部との合同捜査本部はまだ解散しておりません。引き続き県警本部のほうで調査を進めておりますし、つい先週のあれでは、警視庁のほうからもここ一、二週間の間に再度調査したいことがあるのでお伺いしたいと。そのときには職員の協力を求められるように指示を出してくださいということで、課長以上のほうにはその旨指示してあります。

 以上が現在の状況であります。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) それでは、随意契約の3番目のクリーンセンター関係の委託の方針についてであります。

 実は、そのクリーンセンターの関係は種類も多いし、委託事業ですね、金額も大変大きいわけであります。結果的には今市長が言及なさいましたとおり、不幸な事件があったわけでありますけれども、それで私も一通りの検証はしておりますけれども、ただ一つちょっと理解ができない部分がありました。委託の基準であります。いろいろあるわけですが、一つだけ申し上げますと、不燃物収集の委託料が19年度に分割をされて、20年度に現在の東京サービスさんですか、になっております。それで、19年度が分割されているんですが、合計が約3,600万、それで20年度が5,000万にはね上がっています。それから21年度が、正式な契約がどうなったか伺っておりませんが、予定額では5,029万、これ22年度も5,000万になっていると思いますけれども、そこでですね、私もその実績を、実績がすべてではないと思いますが、見ました。大体1,000トンから若干ずつ上がっていることも確かであります。だけれども、なぜ19年度が3,600万なのに20年度が5,000万にはね上がっているんですよ。この件についてだけ、担当課から簡単でもいいですから、この理由というか方針がどうなっているのか。収集量は同じです、それから体制も恐らく同じだと思います。これを伺います。



○議長(服部光雄君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(加藤孝行君) お答えしたいと思います。

 今数字が3,000から5,000万ということでしたけれども……



○議長(服部光雄君) もっと大きな声で言ってください。



◎生活環境課長(加藤孝行君) はい。

 最初の三千何百万につきましては、年度の途中からの数字という形です。それともう1点、その年度内でごみの収集の車を増やしたという経緯があります。ただその増やした経緯が、そちらのほうも年度の途中からということで、それを年換算をしますと翌年度の数字にほぼ見合うという形ですので、最初の19年度の数字については年度の途中かつ車両が、さらにその年度の1月になってからだと思いますけれども、増えたということがありますので、新年度になって19年度の最終的な体制を年換算をしますと5,000万前後の数字と見合うというように理解しております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 言っていることが本当にわからないんです。私はその実績から、決算書だとか実績から、またクリーンセンターにご協力いただいて、その収集物の実績なんかも出しておりますけれども、その年度という、年度は年度でしょう、だって。その途中からなんていう話は非常におかしい。これは後でまた資料をください。ここで今とやかくではございませんが、ただ、例えば17年度が3,182万、18年度が3,219万、それから19年度が合計で3,638万、それから20年度が5,019万、あとは5,000万ですね、21年度も。だからこういう状態が、年度ごとにやっているのが途中だというのがちょっと理解できないんですが、ぜひ、これ不明瞭なことが、不明瞭というかちょっと理解できないようなことがあったということも、やはりこの事件の背景にあったのかなと私はちょっと思っておりますので、ぜひクリーンセンターについては金額も項目も非常に多いですから、慎重に運営を、運用をしていただきたいと思います。資料については後でいただければ結構でございます。答弁は要りません。

 それから3番目の市庁舎・文化ホールの管理委託費削減についてでございます。

 これは、12月議会で私のほうからご指摘をさせていただきました。上野原市の庁舎と文化ホールの委託費は約9,600万、それを今回は大分削減をしていただいているということですから、文化ホールの部分を除いて約7,000万です。それで12月にも申し上げましたけれども、大月、都留、これ1,000万ちょっとであります。それから視察をいたしました妙高市についても1,700万くらい。規模は妙高市のほうがはるかに大きいです。大月、都留は上野原市と大体規模は同じです。しかしなぜこんなに差があるのかということで前回もお話をして、それでそれは、検査項目が非常に多いので削減をすべきだというお話をさせていただいて、検討していただけるということでした。

 今期の契約に間に合うのか間に合わないのかわかりませんけれども、約3,000万減額をしたというんですが、まず項目について。これは、項目を減らしてあるのでしょうか。それから、一度に質問しますけれども、入札方法で下請業者が、上野原市が認めていないような下請業者が入っております。この下請業者は、市としては認めることになるのでしょうか。この2点について、一緒にお尋ねをいたします。



○議長(服部光雄君) 総務課長。



◎総務課長(里吉利行君) ただいまのご質問にお答えしたいと思います。

 市庁舎・文化ホール施設維持管理業務につきましては、21年4月より業務の実施並びに市の財政状況を考慮しながら、現場状況や管理委託業務内容の精査を続けてまいりました。またこの間、委託業者との協議を実施し、減額が可能となりました。その結果、作業項目の変更は行わず、金額については減額変更契約を締結いたしました。削減額は2,424万円余りの減額となっております。

 それから、下請の問題に関しましては、下請への方針といたしましては、業務内容との整合性を図り、設備の専門性なども考慮しながら地元の方々の雇用も考慮に入れた適正な内容で対処していきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 項目は削っていないけれども金額で大分努力しているということであります。ぜひこれ、項目を減らさないとやはり基本的な金額は減らないんだと思っておりますので、そのようにお願いしたい。

 それから、金額についてはまだ高いんですよね。大月、都留を考えれば、もちろんそれがすべてではありませんけれども、2,000万前後で私はできるはずだと思っているんです。今回もできれば5,000万ぐらいに何とか抑えていただきたいというのが私の本音でございます。しかし、以後については、やはりよその市町村並みに2,000万前後にぜひしていただきたい。これは要望でございます。

 それでは次に、4番目の光ケーブル事業についてであります。

 これは、ちょっと質問に入る前にちょっと触れさせていただきたいんですが、実は、過日谷口何がしさんという方からチラシが出ております。そしてそのチラシ、私も細かいので読んでおかなかったんですが、よく読むと、議会でUBCの経営は破綻状態と公言し、市民の不安をあおっていますと、そういう議員がいるということで、きっとこれは私のことなのかなというふうに思っていますけれども、そして、この数字に基づくUBCの経営は破綻状態というこの発言は無視をしてください。非常にね、私、けしからんその内容だと思っております。そしてその中身が事実なら私もいいです。私が言っているのは、これは市から開示請求をしたUBCの第4期報告書であります。これの中に載っていた数字で純損失を私は3億3,703万円と申しました。そして、売上高は4,964万、借入金は8億5,220万、債務超過、これは赤字の累積ですよね、2億7,429万、この事実をもってUBCは、私は経営の素人でありますけれども、私が見てもこれはもう破綻状態だろうというふうに申し上げました。そうしたらこの谷口何とかさんという方は、私の発言はあたかもうそを言っているような発言をしておられます。そして、市民の不安をあおっていると書いてある。非常にけしからん内容で、厳重にこれは抗議したいと思いますが、それで私は確認するんです。これ市からいただいたものです。この内容で、このUBCの純損失は、私が言っているのが正しいのか、その谷口さんが言っている3,370万が正しいのか。ちょっとこれ先にご確認させていただいていますけれども、どうですか。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 手もとに資料がなく、それがどういう数字なのか、ちょっと今の時点は申し上げられません。ご了承願います。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。

 杉本公文君、席へお戻りください。



◆2番(杉本公文君) じゃ、どなたか答弁願います。



○議長(服部光雄君) 江口市長。



◎市長(江口英雄君) そこの数字は、私も第4期のを見ていまして、3,300万ではなく3億3,000万で、そこのところは谷口先生のほうの、これはミスだろうと。これは意図的か意図的でないかはわかりませんけれども、ミスだろうというふうに思っております。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) それで、ちょっと私の言っていることがちゃんと間違いないことを言っているということをご理解いただいたと思っておりますので、そういうことでございます。

 それでは、光ケーブル事業について伺います。

 これは、いつも質問させていただいておりますけれども、ケーブル事業については、確認をする意味でも今回質問いたします。

 まず第一に、UBCを第三セクターに決定する手続に問題はなかったかということであります。というのは、上野原市は、この三セク方針を正式に決定をした時期というか、決定をしたのは2月16日であります、第三セクターをする。しかしその前に、上野原市は総務省にUBCの申請手続のお助けというか、そういう形でUBCに伺っております。



○議長(服部光雄君) 公文君に一言申し上げます。年度を入れてください、年度を。何年度というのを入れてください、何年というのを。2月だけではわからないと思います。



◆2番(杉本公文君) これは18年2月16日でございます。これが、上野原市が正式に第三セクター方式を決定した期日であります。

 それで、上野原市はそれより以前に総務省に対して、市の職員も一緒に、これは18年1月18日に総務省に行っております。ですから、当然これから第三セクターにします、それからどんな構成団体にしますということを決めているわけです、決める、これから決める。その以前に市が行っておりますので、非常におかしな話だなと思ってお伺いをしております。この点についてどうぞ。



○議長(服部光雄君) 答弁者、企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 UBCを第三セクターに決定をした手続に問題はないのかということでお答えをさせていただきます。

 この事業の事業主体は、補助事業により取得した施設を利用することから、市が独自で行う、または第三セクターが行うかの二つの選択肢がある中で、事業主体は第三セクターとして、この構成団体として上野原市CATV協議会、もしくは上野原テレビ共和会、UBCを視野に入れて検討をしていくとしました。しかし、上野原テレビ共和会では、第三セクターへの参画は厳しい判断をし、参画しない旨の決定を行っております。またそうした中、UBCは上野原市に対してCATV事業の提案を行うに当たって、上野原市に関係する構成員、これまでお世話になっておりますし、何か役に立つことができないかと検討した中で、市民の立場を考慮した旨の事業実施の提案を行っていることから、資本参加者は限定されていますけれども、市民の立場を十分考慮した組織であると判断し、第三セクターとしてUBCに資本参加の意向を示しました。その際、UBCに資本参加をする企業の経営状況の評価についても行っておるということで、問題はなかったと理解しております。

 また、これらについては当時私も担当者ではございませんので、平成18年5月に上野原市議会総務委員会CATV事業に関する報告書等を読むと、そういった報告がされているということでございます。ご理解をお願いいたします。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 私は問題があるとは思っておりますけれども、今の説明は、説明としてお伺いしておきます。

 それで、このケーブル事業については何点か質問がありますので、一括をして質問をしたいと思いますけれども、まずUBCのマル秘提案というのがございます。それから、UBCが正式に、これがマル秘提案ですね、これは17年4月28日に行われたものです。これは名前がFBCになっております。それからこれはUBCが正式に上野原市に提案をした概要説明、17年12月7日になっております。そしてこの両方の文章を比較したり参考にすると、まず市の負担が3億円増えたということがあります。それからもう1点は、UBCの加入金が2万1,000円。これは両方の書類について、UBCは加入金を取らないと書いてあります。それからもう1点は、この2万世帯で採算が合わないと言われた上野原市でこの事業をなぜしたかということにもかかわると思いますが、29億円の事業外収入がありますと。これは正式提案にもこのマル秘提案にも、両方に載っています。これはね、この3点ですか、とりあえず3点。25億円の話、それから2万1,000円の加入金の話、それから、当初の提案より3億円市の負担が無条件で増えています。これについてどのようにお考えなのかお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 まず3億円の話からです。

 平成18年4月28日付並びに平成17年12月7日付の提案書、それぞれに資金計画が記載されておりますが、詳細な積算内訳や説明までが記載されておりませんので、2つの提案の細について、今お答えをしようがないという状況でございます。ご指摘の提案書は、その当時の1民間企業の事業提案にすぎないものと認識しております。市は、事業計画策定並びに事業決定については、上野原市CATV基本計画等に基づいて検討がされたというふうに理解をしております。

 それから2点目でございます。2万1,000円の話でございます。

 UBCが設定する加入金額及び各種サービスの月額料金の設定について、市とUBCで協議をしたことはございません。UBCは加入金額を含め設定した金額を総務省に届け出て認可を受けているというふうに理解をしております。

 それから、UBCのケーブルテレビ以外の25億円の話でございます。

 UBCのケーブルテレビ事業並びに情報関連事業以外の営業内容については、協議等は行っておりません。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 今問題がないというお話をなさっているんだけれども、正式な提案があって初めて事業が採択をされて、そしてこの提案に沿った形で事業は進んでおります。ですから、1提案にすぎないなんていうのは非常におかしな話だということを申し上げますけれども、それからもう一つ、その2万1,000円を向こうは取らないというふうに書いてあるんですよ、ちゃんと。それでこれは議会でも、どうも先輩議員さんたちで聞いた議員さんもおります。それをね、向こうが取らないと言って、市民の負担になることですよ、これは。その条件が、市民の条件が悪くなることをはい、そうですかというふうに聞いているというのが私は信じられない。そして協議もしていないということは一体どういうことですか。

 それからもう1点、25億円。私これね、この事業は市の職員も苦労なさったと思います。第三セクター方式は当時仕方なかったのかなと思っています。だけれども、提案書で25億円の記載がある、これは正式の提案もマル秘提案にもあります。それで、市のほうでも、例えばこれは18年1月23日、職員がジェイウエイを視察したときの報告書ですよ。課題と問題点で、仮にUBCと第三セクターを設置した場合、CATV事業以外独自ブランドの商品開発で利益を上げる公算であるが、そうした形式での第三セクター設置は可能なのかとちゃんと問題点が指摘してあるでしょう。当然これ協議しないなんておかしいでしょう、大体。

 それからもう1点、CATV事業に関する打ち合わせ、これは18年1月27日、まだ市の方針が出ていない前ですよ。これは防災管理室で市の打ち合わせ会ですよ。それで、ケーブルテレビ事業以外での事業利益の問題については今後協議するとちゃんと正式文書に書いてあるじゃないですか。それと、続いてです。テレビ事業以外の独自ブランドの生産に当たっては、すべて上野原市内の事業所へ発注を行う、これ公式文書ですよ、ちゃんと。ちゃんと市の機関の中で、この25億円については協議をすると書いてあるから、私はだからどんな協議がしてあるのかということを聞いているんです。この点についてもう1回どうですか。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 その25億円のお話でございます。当時私が担当者ではないということもご理解いただきたいと思うんですけれども、UBCのケーブルテレビ事業並びに情報関連事業以外の営業内容について協議を行ったことはないというふうに認識をしております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 上野原市のケーブル事業で、情報通信事業でこの25億円というものは入っておりません。だけれども、このUBCを採択する、決定するときの状態として、条件としてこういうものが出されているということですよ。そしてそれが、ただ単にね、今言った口頭での何とかではなくて、ちゃんとした会議の席上で記載をして、ちゃんと審議を本来されるべきで、するといっているものがしていないからおかしいということを言っているんですよ。結局は25億円があるから、この事業はなかなか大変だけれども、上野原市はやってもいいなと。そしてその25億円の仕事は地元の製造業の利益になるというふうに、私は担当者が考えたと思うんです。でも実際は、このマル秘文書が公開をされて初めてわかったときに、そんなものは何もなかったと、これが実態でしょう、だって。やはりこういう問題はしっかり、もう過去のことかもしれないけれども、このUBC事業というのはそういうものを含んでここまで来ているということをぜひ皆さんも認識をしていただきたいと思います。



○議長(服部光雄君) あと2分です。



◆2番(杉本公文君) 時間が来ておりますので、残る部分についてはまた後日質問させていただきたいと思います。

 私の一般質問はこれで終わります。



○議長(服部光雄君) 1時15分まで休憩といたします。



△休憩 午前11時50分



△再開 午後1時13分



○議長(服部光雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 引き続き次の通告者の発言を許します。

 5番、山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) 5番、山口好昭でございます。市政一般質問をさせていただきます。

 初めに、平成21年度国政において政権交代がありました。当市におきましても、奈良市政から江口市政への転換が図られ、変革の年でございました。また一昨年9月のリーマンショックに端を発する世界同時不況は、我が国にも多大な影響を及ぼし、不況、雇用不安、さらにはデフレ等、いまだ回復されない深刻な事態が続いております。政府は、自公政権で緊急経済対策、民主3党連立政権になりましてからも追加経済対策で財政支出による景気浮揚策などを講じてまいりましたが、一部の業種でこそ回復の兆しを見せておりますものの、大多数の業種では依然として厳しい雇用環境、就労不安、給与減少など続いております。先行き不安はぬぐえない状況にございます。

 我が上野原市の財政運営も、他の多くの自治体同様厳しい財政環境の中でのかじ取りを強いられている実情にございます。改めて市政執行並びに財政運営の課題についてお伺いをいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 議員さんがおっしゃるとおり、厳しい経済状況を受け、当市においても税収の大幅な減収が見込まれ、平成22年度予算でいえば自主財源全体で1.9%の減額であります。特に市税では総額2.5%の減額となり、市民税は個人所得の大幅な減収や企業収益の急激な悪化等の影響により8.3%の減額となることから、今後の見通しについても予断を許さない状況にあると言えます。このような状況下におきまして、豊かで安心して暮らせる社会の実現のため、医療・福祉及び教育の充実を重点的に選択と集中の考え方を持って、必要性の高い分野に予算配分をし、財政運営等をさせていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) 改めて、現実は大変厳しいと受けとめさせていただきます。21年度交付金は、さまざまな経済対策によって減少を最小限に抑えられたといたしましても、不況による市民税を初めとする市税の減少は否めません。減収は市政執行、財政運営に殊さら厳しいものに、難しいものにするわけでございますが、今後自主財源の確保を図るとともに、事業仕分け、事務事業の見直しなど、行政改革の推進によって徹底した歳出削減に努めていただきまして、強く要望いたしまして、次の質問に移らせていただきます。

 年度末に当たり、21年主要施策と市政執行達成状況と見込みについて伺います。

 初めに、政府の経済対策と経済効果についてでございます。

 ご案内のように、21年は、当初において99億5,144万円の骨格予算を計上し、その後において、6月、9月、12月、さらには本3月の定例会におきまして補正し、執行している経過がございます。改めて21年度の執行予算の見込額を伺いますとともに、21年度において政府が行った経済危機対策として本市の臨時交付金額と主なる対象事業についてお伺いをいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 平成21年度におけます国の経済対策、地域活性化・経済危機対策臨時交付金についてでございます。

 当市では、この交付金2億84万2,000円を活用して公共施設へのAEDの設置を始め、学校舎の耐震診断や改修、市民会館の解体など、全17事業の予算化を図り、総事業費2億6,676万2,000円の経済効果が見込まれるところでございます。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) ただいまAED、さらには学校耐震化、市道改修等を実施する中で経済効果があったということでございます。教育、環境整備や生活基盤、利便で安全な生活が執行されたようにお伺いをしたわけでございますが、農商工への対策、特にプレミアム商品券助成を含めた実績ですね、そして経済効果についてお伺いをいたします。



○議長(服部光雄君) 経済課長。



◎経済課長(和田正樹君) 農商工の経済対策ということでございますが、対策といたしましては、農の部分におきましては、国の米の生産調整を21年度残で達成する生産者、これを対象に水稲作付面積に応じて交付金を交付するという水田最大推進緊急対策交付金、いわゆる水田フル活用推進交付金、この制度がございまして、当市においてもこの制度を活用した中での交付金の実施をしております。

 また、市独自としましては、上野原市小規模事業者の小口資金融資促進条例、これに基づきまして、事業資金として運転資金の融資を受けた小規模企業者に対しまして、利子の一部を補給する小口資金融資制度を行っております。

 また、今特にプレミアム商品券ということでございますが、これにつきましては、先ほど企画課長のほうでも答弁のありました地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用する中でプレミアムの地域振興券、いわゆる上野原振興券でございますが、この発行事業を行っております。これは、市商工会と連携を図る中で、概要を申しますと、販売期間を平成21年4月10日から9月30日までの半年間という設定の中で、1万円の振興券に10%のプレミアムをつけて販売するものでございまして、市内の食料品やサービス業など189事業所で消費者は1万1,000円の買い物ができるというふうにしたものであります。定額給付金の給付制度に合わせまして本事業を実施したということもありまして、実施をしまして、平成21年5月8日までの29日間で完売ということになりました。販売総額については1億円でございます。販売高が1億1,000万円で、最終的に回収高としましては1億980万3,500円、99%の回収高となっております。この販売期間が短期間になったこと、また回収率も非常に高くて、本事業の目的であります個人の消費の促進、また地域経済の活性化という事業の目的に大きな経済効果が得られたというふうに感じております。

 以上です。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) ただいま答弁の中で、商工関係、そして商店街の活性化等に大変寄与したと、そういうように受け取れるわけでございます。

 経済危機緊急対策において、ハード、それからソフト両面ともこれまで積み残されておりました案件が実現されまして、一定の経済効果、活力が生まれたように受けとめるわけでございますけれども、多くの市民はその効果を肌で実感できないのが偽ざる感想かと存じます。

 それでもう一方、雇用環境の改善等があるわけでございますけれども、このことにつきましてお伺いをいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 国の緊急経済対策に伴う雇用創出については、当市においても山梨県と協議のもと、地域の失業者や求職者の雇い入れにつながるような雇用創出の支援事業を図ってきたところであります。ご承知のように、当該制度による雇用創出事業については、緊急雇用創出事業、臨時特例基金事業並びにふるさと雇用再生特別基金事業の2本立てとなっております。平成21年度事業における新規雇用者の創出人数としましては、緊急雇用創出事業が7事業で22人、それからふるさと雇用が4事業で7人、合計で29人の雇用創出が図られました。具体的にいえば、経済関係の地域資源活用事業、それから市内温泉施設健康増進事業、それから八重山周辺等整備事業、体験農園施設活性化事業等々が例として挙げられます。これらの事業実施は、急がれる雇用、就業機会を創出する効果を目的としておりますが、現下の経済状況にあっては、投資としても地域効果の高い事業創出を図ってまいりました。

 なお、平成22年度事業にあっては10事業24人の雇用創出を計画してまいります。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) ありがとうございました。

 次に、マニフェストの進捗についてでございますけれども、このことにつきましては同僚議員が既に質問されました。一部割愛をさせていただくわけでございますけれども、先ほどの答弁の中では、その達成が70%にも及ぶということでございましたけれども、どのような体制で行動計画をつくり、点検精査、進捗把握を行っているのか、お伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) マニフェストの推進に関しましては、議員各位始め市民の皆様のご理解とご協力をいただき、各項目について予算化等に、実現化に向けて進められているわけでございます。

 ご質問のマニフェスト着手項目と実現項目につきましては、さきにお答えをしたとおりでございます。現下の経済状況における変化を的確にとらえ、今後さらに検討を進めてまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) それでは、次に移らせていただくわけでございますが、先ほど雇用創出のところの中でお話がございましたけれども、ふるさと雇用ということでございます。

 特産品加工場建設、そして農産物直売所、アンテナショップ、1地域逸品運動、そして地域資源ブランド化、コミュニティビジネス、ソーシャルビジネス、この6項目すべてにふるさと雇用とありますけれども、このことにつきまして、ちょっと具体的にご答弁を願いたいと思います。



○議長(服部光雄君) 経済課長。



◎経済課長(和田正樹君) この厚生労働省のふるさと雇用再生特別交付金によります県のふるさと雇用事業の関連でございますが、今ご質問のありましたまちづくり・地域づくり関連でございまして、これにつきましては、ふるさと雇用再生特別基金事業として西原地域の活性化推進協議会を事業主体として委託を行いまして、市内の中山間地域の活性化と地域の雇用の創出を図るという目的で、地域資源活用事業として平成21年度より取り組んでおるところでございます。

 具体的には、コミュニティビジネスの手法を導入した中で、新たな地域資源の掘り起こしや、先ほど言いました特産品の開発を目指したコミュニティビジネス講座の開設を21年度より行っております。今後こういったコミュニティビジネス講座を活用した中で、販路拡大につながりますPRやイベントの開催、またアンテナショップの設置等に向けた取り組みへつなげていければというふうに思っております。

 直売所でございますが、直売所の建設につきましては現在整備に向けて、県の補助事業の活用を視野に入れまして、生産者団体と県と協議を現在進めているところでございます。また、その地域づくり、まちづくり項目にあります有機農業でございますが、これにつきましては、市内の有機農業に取り組んでおります生産者による組織をされております上野原有機農業研究会と市が連携を図る中で、これにつきましても有機農業実践講座や有機農業の技術普及を目的とした実証補助を秋山及び大野地区に設置をしておりまして、こういった生産者への技術支援、また消費者へのPR活動の普及啓蒙活動を行っております。

 また、日中居住の推進ということにつきましては、議員さんもご承知のとおり、市内山間地域の空き家について実態調査を21年度で実施をしましたが、今後空き家バンクの創設に向けた取り組みを現在行っているところでございます。

 今後におきましても、市の長期計画、実施計画の中に位置づける中で、事業について取り組んでいきたいというふうに考えております。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) 経済対策につきましては以上で終わりまして、次に、質問の質問に移らせていただきます。

 新年度を控える中で、22年度の主なる施策と予算案等についてでございます。

 21年度は、市政が交代する中で骨格予算が組まれました。つまり22年度は、江口市政にとって、いわば実践元年と言われるかと存じます。つきましては、2年目を迎える22年度の予算案、なお詳細につきましては本定例会の予算委員会を3日間控えておりますので割愛させていただきますが、予算編成の基本的な考え方並びに継続、新規事業等、その予算の特徴についてのみお伺いをいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 平成22年度当初予算及び予算編成の基本的な考え方についてお答えをします。

 平成22年度当初予算につきましては、市長が所信において申し上げましたように、医療・福祉及び教育の充実、子育てしやすい環境整備など、マニフェスト達成を念頭に置きつつ事業の選択と集中をさせながら、その優先度の高いものや要望の高いものについて重点的に予算配分するという基本的な考え方によりまして、平成22年度当初予算を編成し、本定例会へ当初予算案として上程をさせていただいているものでございます。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) ただいま答弁の中で新年度予算、数字が述べられなかったわけですけれども、当初106億8,452万ということかと思います。担当部署等で予算計上に当たり、これまでの諸事業の精査を行う中で、継続あるいは廃止を含めた事務事業の見直しを検討したかと存じますけれども、そのこととあわせて、県内の一部の市、甲府市とか都留市等が実施しております民間の有識者による事務事業の見直し、事業仕分け等を今後導入して行政改革等を推進する考えはないかお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 企画課長。



◎企画課長(水越章君) お答えをいたします。

 平成22年度予算につきましては、先ほど申し上げましたような考え方で編成をしてまいりました。具体的な作業といたしまして、当然予算ですから計画に沿った形で予算配分されるわけでございます。前段での長期総合計画、実施計画を策定、ヒアリングをする際に、継続的なものも含めまして、あと経常経費、そういった投資的事業以外に経常的な経費についても昨年度の中、8月、9月ごろからずっと見直しをかけ、精査をしてまいりました。また今後も予算編成に当たって、今国でも事業仕分けということでいろいろ取り組んでいます。市においても、今後そのような事業仕分けの方法で民意を入れながら予算編成ができるかどうか、その辺を今後検討してまいりたいと思います。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) ありがとうございました。

 委託費の関係についてお伺いをいたしますが、総額とともに22年において特に削減された項目、さらには削減するための企業努力をどのように実施したか、あわせてお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 答弁する人どなたですか、担当。決まりましたか。

 総務課長。



◎総務課長(里吉利行君) 削減総額ということで……



○議長(服部光雄君) じゃ、もう一度、恐縮ですが、山口好昭議員、もう一遍指摘してください。



◆5番(山口好昭君) こちらで10億4,169万円かと思いますけれども、その中で、いわゆる先ほど来も同僚議員の中で、委託費ですね、料につきましてお話があったわけでございますけれども、その一部削減が項目の中でされていますけれども、そのことについてお伺いしたいということでございます。



○議長(服部光雄君) 当局、わかりましたか。質問の意味は。もし難しければ後ほどもう一遍質問させていただくでいいですか。

 山口好昭。



◆5番(山口好昭君) いや、先ほどの同僚議員のありましたですね……



○議長(服部光雄君) ちょっと聞いてください、当局。



◆5番(山口好昭君) いわゆる庁舎等のそうした委託費とか、そうしたものが減額されておるわけでございますけれども、そのことを言っておるわけでございます。



○議長(服部光雄君) 総務部長。



◎総務部長(小俣幸三君) これにつきましては、市川議員さん及び杉本議員さんのほうでお答えをさせていただいた内容でございますが、庁舎管理につきましては、今年度の削減総額ということで2,424万円の減額がされておりまして、これらにつきましては、先ほどの答弁でもお答えさせていただきましたように、今後引き続き一応作業項目等の変更は行わずに、現在金額について減額変更契約を既に締結しておりまして、その総額については2,424万円余りの今年度の減額ということでございます。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 江口市長。



◎市長(江口英雄君) 先ほどの市川議員、それから杉本議員の質問の中でありましてお答えしましたように、全部10億円を検証したわけじゃありませんけれども、交渉したわけじゃありませんけれども、この1年間で約2社で2億7,000万の当初契約であったところを、交渉、あるいはすることによって約8,000万の減額をすることができました。今後も引き続きそのような観点から、透明性、公平性、競争性を確保する中で、さらに行財政改革の中の一環として削減に努めてまいりたいと、こういうふうに思っておりますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) ありがとうございました。

 それでは次に、市立病院建設のことについてお伺いをしたいと思いますが、医療環境の改善と新病院建設は、本市の最重要課題に位置づけされております。その市民のニーズは、2次医療機関として365日の救急、さらには産科、小児科の設置でございます。12月定例会におきまして、建設場所は旧上野原中跡、病床は135として、医療施設耐震化臨時交付金等の条件で22年度着工、23年度末完成、予算は39億、継続予算5,000万との答弁がございました。改めてその確認と、あわせて耐震化交付金ほか2つの交付金があろうかと思いますけれども、そのことについてお伺いをいたします。



○議長(服部光雄君) 佐藤病院対策課長。



◎病院対策課長(佐藤和弘君) 山口議員におかれましては、日ごろから病院建設につきましてご支援とご理解を賜りまして、本当にありがとうございます。感謝申し上げます。

 まず、建設に向けての直近の日程ということになりますと、この3月中に基本設計及び実施設計の業務委託契約を結んでいきます。この契約の期間は平成22年12月までということが予定されております。この間に市民会館の跡地の利用、それに伴う進入路の確保、また風致地区内における建築物の県からの許可をいただくと。また県のほうの許可になりますが、開発行為の許可、また建築確認の許可と、それぞれの手続を踏みまして建設に向けた準備をしていくということになります。

 その後、設計業者の入札を経て、先ほど議員からも話がありましたように、平成22年度中に着工をしていくと。23年度中に工事を完成していく、そして平成24年の4月ごろには開院というような予定になってございます。

 一方、今議員のほうから財源というような話がございました。建設の財源につきましては、幸い国の臨時経済対策の一環として、耐震化臨時特例交付金という制度が発足しております。それが5億3,072万2,000円と。その補助裏として、地域活性化・公共投資臨時交付金という形で4億7,765万円、また地域医療再生臨時特例交付金として富士東部医療圏に25億円が交付される予定になっております。そのうち3億5,000万円が、上野原市の場合には救急医療関係の資金として使われるというような形になります。そうしましてその総額が13億5,837万2,000円ということになります。これらはいずれも県が基金として取り扱います。それを経て市に交付されるという手はずになっております。これらは地域活性化にも有効に活用される資金として貴重な財源というふうに見込まれております。

 このほか財源としましては、病院事業債、また合併特例債というような形で補てんされていくというようなことになります。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) ありがとうございました。

 ただいまの答弁ですと、医療施設耐震化臨時交付金5億3,072万、さらには地域活性化・公共投資臨時特例交付金、これが4億7,765万、そして県による地域再生臨時交付金3億5,000万、合計、実に13億5,837万がほぼ決定されたということでございました。自主財源が厳しい中、建設のこの推進力になろうかと思います。一方でさまざまな制約、条件があるわけでございます、着工時期ですね。早期着工に当たり、一番最初の作業は設計になろうかと思います。設計選定は公募型プロポーザル方式を採用、新たな手法で実施されるということでございますが、プロポーザル方式、このことにつきまして、ぜひともわかりやすくちょっと説明をお願いしたいと思います。



○議長(服部光雄君) 総務課長。



◎総務課長(里吉利行君) 初めに、公募型プロポーザル方式による基本設計、実施設計を委託いたします導入の理由について、若干触れさせていただきます。

 上野原市立病院の建設事業は、市民の方々の総意であり、市民生活向上のために最も有効に使わなければならない公共投資であります。したがいまして、施設整備のみならず設計業務につきましても、この責務を最大限に実現できる方法を求める必要があります。プロポーザル方式というのは、安かろう悪かろうが出てくることがないように、金額と質を勘案いたしましたコストパフォーマンスの高い仕事ができる業者に発注するという基本的な考え方に基づいて導入されております。基本的には、上野原市設計業務等委託契約に係る公募型プロポーザル方式事務処理要綱に基づき事務を執行しております。

 次に、その仕組みとスケジュールでございますが、設計者の特定は、企業、技術者の経験、能力を基準といたします技術者評価と提案実施方針、手法を基準といたします提案内容評価の2つで行われることになっております。技術者評価は資格要件、専門技術力、手持ち業務件数で示されております専任性で評価をされていくことになります。今回は、事務所の実力と担当チームの実力を数値化いたしまして、27項目に分けて採点をしております。ここで5者に絞られるという形になります。提案内容評価というのは、業務の理解度、実施手順、課題に対する適格性、実現性、創造性などでそれぞれ評価をされます。病院機能など6つの大分類を35項目にそれぞれ細分化いたしまして採点して評価をしていくことになります。

 また、提案者と契約の関係でございますが、今回提出されました担当チームの構成及び技術提案書の項目の実現は、発注に当たり適用する仕様書に引き継がれることになりますが、建築内容につきましては、基本設計の段階で構築されていくことになります。これらを受けまして、選定委員会において特定された設計者との随意契約を結ぶことになります。そこと不調の場合には、次点者との契約を検討していくことになります。

 今回は、技術提案書提出者5者に設計業務委託の見積書を提出していただきますので、金額につきましてはこれらを参考に適正な価格を設定していくことになっております。

 なお、今月28日に開催される第3回選定委員会は公開で行う予定となっております。また5者のヒアリングにつきましては、仮名でそれぞれ提案していただくことになっております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) 公募型プロポーザル方式、耳なれないこうした方式でございます。ただいまプロポーザルの流れ、あるいはスケジュール等もお聞きしたわけでございます。

 なお、選定委員会の会議を公開するということでございます。ぜひともこれは公開する中で、本当に透明性を持って実施していただきたい、そのように私のほうからも重ねてお願いを申し上げます。

 もう1点でございますけれども、病院建設は設計業者と、あるいは建設業者を、これ分離するという理解でよいのか。また、建設業者は透明性を確保するために一般競争入札で実施することが最も重要かと思います。そのことにつきましてお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 答弁者、江口市長。



◎市長(江口英雄君) 基礎設計、実施設計のことについては、ただいま総務課長のほうから詳しく説明いたしましたので、建設業者の選定に関してお答えいたします。

 これは、私、所信表明でも述べましたように、山口議員さんおっしゃるように、選定プロポーザルの基礎設計のあれとは全く切り離した形で、一般競争入札をもってやる予定でおります。ただ、そこでもって大手の業者と、それから市内の業者とのJVの形をとって、地元の業者もその中に参加できるような形で一般競争入札というものを考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) この病院建設につきましては、大変関心がある大きなプロジェクトでございます。先ほど、交付金が13億5,837万も交付されるということでございます。このことは私どもの本市のこれまでのいわゆる企業努力によることもあるかと思います。他の自治体からうらやましがられる金額でございます。振り返ってみますと、この恵まれた状況は一朝一夕にわき出たものではないわけでございます。新医師臨床研修制度のいわば改悪と言われることに端を発した全国的な医師不足は、本市の市立病院にも影響を及ぼして、施設の老朽化と相まって、市民の命を守るよりどころを失う、そういう状況があったわけでございますけれども、ぜひともこれまでの努力を無にしないように、こぞって病院建設が円満に、円滑に推進されますことを願望いたしまして、次の質問に移らせていただきます。

 消防庁舎建設事業についてでございます。

 地震・災害が今全国各地、最近では南米のチリにおいても大地震が発生いたしまして、甚大な被害をもたらしました。これら有事の際、身近に緊急に対応するのが消防署であり、消防団でございます。

 さて、本市の常備消防、消防署が建設されて36年かとお聞きしているわけでございます。この間、大火の町の汚名を返上する実績や救急など、今や地域になくてはならない存在でございます。しかしながら、拠点施設でありながら耐震性が問題視され、以前から老朽化している市消防庁舎の建設について議論がされてきたところでございます。22年度予算で消防庁舎建設事業として調査費を計上したわけでございますが、山梨県一消防本部構想が今盛んに取り進められておる中でございます。基本方針についてお伺いをいたします。



○議長(服部光雄君) 消防総務課長。



◎消防総務課長(佐藤茂君) ただいまの山口議員の質問にお答えいたします。

 当消防本部は、昭和52年に建設され既に三十数年が経過し、老朽化とともに仮眠室並びに会議室等は手狭で時代にそぐわない極めて劣悪な環境で、消防職員の健康上、また防災の拠点に求められる耐震性能に問題の建物です。建築基準法でいう耐震上多くの問題を抱えておりまして、消防庁舎の耐震診断を平成19年に実施し、診断結果は、早急に耐震補強工事をすることが望ましいと結論づけられております。

 このような状況では、多くの市民の信頼にこたえることは困難であると考えられます。加えて、近年災害は極めて複雑多岐にわたることから、消防職員は常にあらゆる災害事象を想定した訓練を重ねることが重要であるにもかかわらず、訓練施設がなく、十分な訓練もできず苦慮している状況にあります。

 本県におきましても、平成19年には山梨県消防広域化検討委員会を設置し、平成20年4月に本県の人口規模から考えまして、県内一消防本部体制が望ましいとする推進計画が策定されたところでございます。平成21年には、県下全市町村が参画し、消防広域化推進協議会を設置したところであります。今後の協議につきましては、市民の皆様並びに議員の皆様にお知らせいたしますので、ご指導をよろしくお願いいたします。

 基本的な考え方として、消防庁舎の施設整備や人員資機材の充足率の向上をそれぞれの消防本部が消防広域化の前に改善し、統合されることが基本的に望ましいと考えているところでございます。当消防本部といたしましては、現下の消防情勢を踏まえますと、建築基準法に適合する耐震性能にすぐれた消防庁舎及び訓練棟の建設は喫緊の課題と認識しております。

 以上のようなことで、建設計画に至った経過でございます。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) 消防庁舎ですね、第一歩が踏み出したということでございます。大変喜ばしいことでございますが、将来県一消防本部になったときの我が上野原市の消防署の位置づけと申しますか役割、要員体制、さらには秋山と棡原に出張所があるわけでございますけれども、その存続等についてお伺いをいたします。



○議長(服部光雄君) 消防総務課長。



◎消防総務課長(佐藤茂君) ただいまの質問でございますが、消防署、現在の上野原消防署、棡原出張所、秋山出張所等については、消防長官が定める消防力の基本整備に基づいた市街地の人口規模に応じて設置されているため、消防広域化を行ったとしても著しく市街地が変化しない限り、署所数は基本的には減少いたしません。また、山梨県消防広域化推進協議会の基本的な考え方といたしまして、現在設置されている出張所等については統廃合されないことになっております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) ありがとうございました。

 それでは、次の質問に移らせてもらいますが、温泉の調査についてでございます。

 温泉は地域づくり、健康増進、さらには観光振興のいわば超目玉の施策であるというように認識しておるわけでございます。このたび22年度の予算計上を高く評価させていただきますが、夢と希望が広がる地域活性化の一番の早道の施策というように考えます。つきましては、その調査内容と構想等がありましたらお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 経済課長。



◎経済課長(和田正樹君) ご質問の温泉調査ということでございますが、温泉調査につきましては、温泉の湯出の可能性について市の地形、地質、地層を十分勘案した中で、ある程度の湯出可能が見込まれるエリアを選定するため、平成22年度の当初予算におきまして、市長のマニフェストにもあります温泉資源の活用を図るための調査費として500万円を計上させていただきまして、市内において有能な温泉資源の候補地はどこなのかを探るための温泉資源探査の選定調査を実施するという予定になっております。これによりまして、今後詳細な温泉調査を進める候補地が限定できれば、現地調査などによりまして詳細な温泉調査の段階に入れるというふうに考えております。

 また、将来構想ということでございますが、ただいま申し上げましたような選定調査を実施するという予定になっておりますが、今後こうした調査結果を踏まえた中で市内の既存の観光資源との連携とか、現下、当管内にも秋山温泉、またつる鉱泉などがありますし、また近隣にも、小菅の湯とか道志の湯、また藤野町のほうにも東尾垂の湯など関連施設がございます。こういった温泉施設と競合していくわけなので、競合をしていくということも考えますから、そういった環境も十分考慮しながら、温泉資源の候補地の選定をしていく必要があるんじゃないかというふうに考えます。

 いずれにしましても、地下資源であります温泉のため、今後とも慎重に着実に温泉候補地を探るよう取り組んでまいりたいというふうに考えております。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) ありがとうございました。

 高齢化社会での健康増進、交流人口、観光等の活性化の一番の施策でございます。強力にこれから推進することを要望いたしまして、次の質問に移らせていただきます。

 時間の関係がございますので、ちょっと通告より違った形になるわけでございますが、簡易水道のことについて触れさせていただきます。

 簡水の広域水道企業団への統合です。このたび上野原市の一部の簡易水道組合が4月1日から統合するということでございます。条例改正案が本定例会に上程されておるわけでございます。つきましては、改めて本市の上水道、直営簡水、組合簡水、小規模水道、組合別で組合数、給水人口についてお願いをいたします。



○議長(服部光雄君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(加藤孝行君) お答えをさせていただきます。

 東部広域水道企業団が管理運営します上水道事業につきましては、給水人口約2万人となります。それ以外の地域を給水エリアとして市が直接維持管理します6か所の簡易水道、こちらのほうは給水人口約4,000人、それから各区、地区組合で運営管理します13か所の簡易水道、こちらのほうは給水人口が約1,500人、それから15か所の小規模水道につきましては給水人口が約600人となります。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) 市では、厚生労働省が示す1市1水道の方針に従って、市の簡水の統合広域化を目的に、上野原市簡易水道組合・小規模水道事業基本計画を724万5,000円ですか、の予算で現在作成中でございます。つきましては、12月定例会で未登録の地区、小規模水道組合実態調査を行って、網羅の上、しっかりした水道ビジョン樹立をお願いしたところでございますけれども、その調査結果についてお伺いをいたします。



○議長(服部光雄君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(加藤孝行君) お答えさせていただきます。

 議員さんのご指摘のとおり、アンケート調査等をこちらのほうでも実施しておるわけですけれども、小規模水道の区分に該当します未登録団体としまして、こちらのほうで把握しました団体数につきましては、棡原地区が11か所、西原地区4か所、甲東地区1か所の計16団体となっております。各団体にはアンケート調査をお配りし、水道利用状況や経営管理に関する要望等をお聞きしておりますけれども、各団体の設置経過、それから現在の施設管理運営まで、各団体ごとさまざまな事情があるように感じられます。

 市としましては、今後各地域の関係団体の意向を踏まえまして、老朽施設の解消、簡易な施設の改良整備等、経営の健全化に十分配慮する中、できるだけ広範囲の施設統合により対処し、あわせて施設費の削減を図っていくことが必要と考えております。

 なお、事業の推進に当たりましては、地域の皆様に事業負担とあわせ、新たな給水区域に耐える水源の確保が必要ですので、地域住民の皆様のご理解とご協力が不可欠なものと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) ありがとうございました。

 水道担当部署、生活環境課、私常に業務内容、業務量、比較して少数のスタッフ、そういう認識があるわけでございますけれども、その中で、調査まことに大変ご苦労さまでございました。調査では、いまだ各戸が個々の水源から水を引いて利用する状況もあったということでございます。その調査各項に基づき、同意申請された小規模水道組合は速やかに登録手続を行って、上野原市小規模水道組合として正式に登録していただきたいと思います。つきましては、登録組合は水道行政、上野原市の行っている改修費の2分の1の補助の制度に該当するかと思いますけれども、このことにつきましてお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(加藤孝行君) お答えします。

 水質管理に当たりまして、塩素注入に伴う施設設置条件等が満たされた団体に対しましては、小規模水道組合として市が承認しますので、当然ご指摘のとおり、補助金の交付対象団体に該当するものと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君。



◆5番(山口好昭君) ぜひとも申請登録した組合に等しく改修費の2分の1補助をしていただきたくよろしくお願いをいたします。

 次に、残留塩素の毎日検査についてでございます。

 このことにつきましては、水道法にかんがみ、自治体の責任で実施すべきかと存じますが、本市の組合簡水では、市の要請により各組合とも担当者を定めまして、塩素試薬検査を毎日行っております。これは、多くの簡水を巡回して市当局が毎日検査を行うことは物理的にも困難である、そういうようなことから、数年前から組合が実施してきたところでございます。本来自治体が実施すべきものを組合簡水が行っているものでありまして、そうだとしたら市は、検査料等の補助を簡水へ支給すべきと存じますが、このことにつきましてお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(加藤孝行君) お答えします。

 残留塩素検査につきましては、今議員さんがおっしゃった内容のとおりですけれども、数年前に丹波山で塩素が入っておらず、それが原因で水道事故につながったことから、山梨県のほうの指導で毎日1回というような形で残留塩素が義務づけられました。市職員も1週間に一度は浄水場の点検、それから残留塩素検査等を行っていますけれども、議員さんがおっしゃいましたようにすべての簡水、それから小規模水道の検査を毎日行うのは不可能なため、引き続き各組合の皆様にご協力をお願いするわけですが、議員さんのお話のとおりにありましたけれども、今後財政部署と協議する中でできるだけ対処できるよう取り組んでまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 山口好昭君、あと1分しかありませんので。いいですよ、どうぞ。



◆5番(山口好昭君) この残留塩素の毎日検査は、数年前に丹波山村で水道水に塩素が入っていないがために、それが原因で水道事故が発生……



○議長(服部光雄君) あと1分です。



◆5番(山口好昭君) 起因しているということでございますが、その確認と、あわせて本市簡水で同様な水道事故が発生したときの責任の所在について、明確な答弁をお願いいたします。簡潔にで結構です。



◎生活環境課長(加藤孝行君) 丹波山村につきましては先ほど述べたとおりですけれども、市が水道管理者、それから開設責任者としてまた水質検査等を実施し、管理をしている簡易水道等に関しましては、原因等によりケース・バイ・ケースがあろうかと思いますけれども、原則として市が責任を負う中で対応していくと考えております。

 以上でございます。



○議長(服部光雄君) 以上をもって終わらせていただきます。

 しばらく休憩いたします。



△休憩 午後2時14分



△再開 午後2時58分



○議長(服部光雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(服部光雄君) 日程第2、議案審議を行います。

 議案第10号、平成21年度上野原市一般会計補正予算(第5号)を議題として、質疑を行います。

 杉本友栄君。



◆8番(杉本友栄君) 平成21年の一般会計補正予算について質疑をいたします。

 今回補正予算の中でプロポーザル選定委員の報酬が予算盛りを行われておりますが、今回の予算の出しどころも二転三転とした経緯がございますが、それとは別に選定委員の選出についてでございますが、もちろん人事権は市長にあるわけでございます。今上野原医師会によっての抗議文等もございますが、選定に当たっての経緯についてご説明をいただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(服部光雄君) 答弁者、江口市長。



◎市長(江口英雄君) 杉本議員のご質問にお答えします。

 私は、昨年2月の総選挙におきまして、市民との66項目の公約を掲げ、戦って、市民の多くの支持を得てこの市長の重責を担うことになりました。1年間、皆様方のおかげでここまでこれたのも、皆様方に感謝いたします。

 ただし、この病院問題は、市民との約束の、マニフェストの、公約の中の最大の公約であります。それを病院改革、病院建設をするというのが私の最大の責務と考えております。それに対して強い私は信念を持ってこの市長選に挑んできましたし、今までもその信念に基づいて粛々と、そして透明性を持ち、本当に市民のニーズにこたえた病院をつくるために頑張ってきました。もちろん当然のことながら、この上野原市の市民のためになることを一生懸命大前提に考えています。市民が、市外の人が多いから、だからおかしいんじゃないかというような委員会、もうそういう発想自体が時代遅れであります。よそ者が多いからだめだ、私はよそ者です。副市長もよそ者です。コモアに住んでいる人たちはほとんどがよそ者です。今は非常に交通が発達している。地元もよそ者もない。本当に行き来する時代です。ですから、そういうふうな井の中の蛙的な発想で私はこの病院建設を取り組んでいきたいと思っておりません。それこそ日本から優秀な人を集めて、そしてその人たちの、見識ある方々から意見を聞く中で、この病院建設が本当に市民のニーズに合った、本当に2次医療までできるような病院にするためにいろいろな準備、そしてここまでやってきました。

 選定委員に関しましても、部外者、市外者が4人いるからおかしくなるんじゃないか、そんな低レベルで、私は全く委員会を考えていません。多分そのことは杉本議員もご理解いただけると思います。そういう意味で、4人と3人というような、そんなレベルで私は選定委員を選んではなく、本当に市民にとっていい病院をつくるためにどういうメンバーがいいか、それで私は選ばせていただいたんで、そこに今まで、従来のような形で、市内だけで固めるというようなことは、場合によってはそれが今までの、つい最近もありました、私にありました賄賂のような問題。あるいは前政権のような形からの変革を求めて市民が私を支持してくれたと思いますので、そういう意味で今度の病院の改革に対しても、病院をつくっていくためにも、そういうところからは脱却して、新しい形の中で病院づくりをしたい。それが本当に市民に対する私の責務だと思います。2年間しかもう限られた時間はありません。ぜひとも議員の皆様方のご理解を得て、市民のために私は2年間でつくると約束しました。そしてそのために、国からも県を通して、先ほどの質問にもありますように十数億の、この財政状況の厳しい上野原市の中にあって十数億のお金を国からいただくことができました。ですから、ぜひともそのお金を有効に使って、2年間で何とか議員の皆さん、あるいは市民の皆さんからの要望にこたえられるような病院づくりのための、そのための選定委員会の委員を選んだのでありまして、そのようなよそ者がどうの、自治の精神と全くかけ離れた、次元が違うレベル、その辺を勘違いされないで、私はそういうふうな大所高所から物事が言える方々にご意見を伺う中でつくっていきたいと考えて、このような選任をさせていただきましたので、ぜひともご理解いただいて、ご同意いただければありがたく思います。

 以上です。



○議長(服部光雄君) 杉本友栄君。

 念のために申し上げますが、3回ですから、質問は。よろしくお願いします。



◆8番(杉本友栄君) わかりました。

 今、市長の説明の中で、時代遅れというようなことも聞きましたけれども、病院建設については市民全体が本当に願っていることだと思います。確かによそ者がどうのこうので時代遅れだという、そういう考え方もあろうかと思いますけれども、少なくとも市民に対して理解をしてもらえるような選択方法でないと芳しくないんではないかと思います。これからの病院建設を進めていく段において、必ず抵抗があるかなと思いますので、やっぱりそこに対しては市長の説明責任もまだ果たしていないような状況であるのかなと、そんなふうな。例えば医師会でいろいろ、先ほど市長がその公約の中に入れております、本来ならば選挙のときも、市長は医師会とも本当にタックアップを組みながら、本来我々の立場とはまた違った立場で友好関係を持っていたはずなのに、それがまた今こういうようなことになっているということは、大変不思議に思うわけでございますけれども、やはりそういったいろんな部分で説明能力と、またいろんなところで反省すべきは反省をしながらその道を変えていって、12月18日も医師会と地域医療センターを軸として考えながら議会にも協力を願いたいと、そんなふうな言葉の中と今現状にあるその医師会についても説明に欠けているではないと、そんなふうに思いますけれども、その点についてはどうでしょうか。



○議長(服部光雄君) 江口市長。



◎市長(江口英雄君) 私も40年間医師をやってきました。そして、そのうちの15年間は上野原市立病院長をやってきました。当然ながら現上野原市で開業しておられる先生方のほとんどは知り合いです。ですから何回か話をしたこともあります。残念ながら今回、医師会からあのようなお手紙をいただきましたけれども、私は全員の開業医の先生方が同じような考え方だとは思っておりません。子供たちの命を人質にする、そして学校医を断る、全国を見てもそんなところは、市はありません。そしてこの間は、山梨県医師会長であります薬袋医師会長が、北都留郡医師会長の小俣医師会長に、この件に関して指導したと伺っております。どちらに理があるのか、そしてそれこそ自分たちの要求を子供たちやお年寄りやそういう人たちを盾にしてやること自体、私自身40年間医師としてやってきて、とても非常に残念に思います。でもすべての医師会の方々がそうだとは思っておりません。理解してくれる人も私は十分いらっしゃると思っております。

 以上です。



○議長(服部光雄君) 杉本友栄君、もう1回あります。



◆8番(杉本友栄君) それでは、市長は市長なりに医師会の説明等々も、説得等々もやったということですよね。それで、そこで医師会が理解ができなかったということでございますけれども、あの渡部一雄院長なんていうのは、江口先生、一雄ちゃんという、そんなような仲でもう親しいというようなことを聞きながら、ぜひこれからも決裂をするんではなくて、いろいろ説明をする中でまた意見を聞くなりして、そういった部分でぜひ進めていってもらいたいと、そんなふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(服部光雄君) ほかに質疑の方。

 久島博道君。



◆13番(久島博道君) 13番、久島です。

 同じくプロポーザルの選定委員の報酬に対して質疑を行います。

 まず何点かございますので、一括して行います。

 初めに、本来選定委員会なるもの、また専門委員なるものは、選定するに当たっては予算が優先されるべきではないかと、このように思っております。地方自治法の第222条、普通地方公共団体の長は、条例その他議会の議決を要すべき案件が新たに予算を伴うこととなるものであるときは、必要な予算上の措置が的確に講ぜられる見込みが得られるまでの間は、これを議会に提出してはならない。同じく第2項で、普通地方公共団体の長、委員会若しくは委員又はこれらの管理に属する機関は、その権限に属する事務に関する規則、その他の規定の制定又は改正が新たに予算を伴うこととなるものであるときは、必要な予算上の措置が的確に講ぜられることとなるまでの間は、これを制定し、または改正してはならない。このようにございます。

 選定委員会、本来確かに奈良前市長のときに、去年の3月の当初予算にこのプロポーザルの選定委員会の予算が組まれております。今回補正予算です、これを上ってまいりました。なぜ去年の3月の当初予算に組まれているのにもかかわらず、この最終的な年度末へ来ての選定委員会なのか、これが1点でございます。

 そして先ほどから質問がありますとおり、7名のうちの半数以上が市外者のいろんな関係団体の方で、一番病院の運営管理に携わるところの地域医療振興協会が入っていない。または、一番現場を知っているはずの看護師の代表も入っていない。そしてもちろん地元の医師会も入っていない。なぜこういう状況になったのか。

 それから、市長が選定した7名の委員のうち、今申したとおり4人が市外の方で、そのうちの1人が公営企業のアドバイザーとはいうものの、地方公務員でございます。本来地方公務員法からすると、自治体の職員をほかの自治体に派遣する場合は、市長が相手先の首長に派遣依頼要請をするべきだと思いますが、こうした派遣依頼の要請はされているのかいないのか。

 それから、この委員はもう既に2回会議に出席しておりますけれども、こうしたものが、派遣依頼要請が出ていないとなると、この地方公務員法に照らしておかしくなるんじゃないかな、この点。

 それから、総務省には地方公営企業等経営アドバイザー派遣事業というのがあるんです。地方公共団体の要請に基づき、アドバイザーを派遣することがある。これを利用できるわけですけれども、この派遣アドバイザーを利用しなかったのかどうか。

 そして、この総務省の派遣アドバイザー事業の中には、今回江口市長が選定した4人はだれ1人名前が入っておりません。調べたところによりますと、そのうちの1人は確かに公営企業アドバイザーの総務省のアドバイザーになっておりますけれども、下水道事業のアドバイザーだということを総務省から聞きました。なぜこの下水道事業のアドバイザーが当市の病院事業のアドバイザーとして来ているのか。

 そしてもう1つ、一番冒頭に触れました地方自治法の第222条に照らして、やはり本来予算措置を確保してからこういった事業に着手すべきであり、こうした遅れを市長はどのように考えているのか、お答え願います。



○議長(服部光雄君) 答弁者。どなたが答弁しますか。

 江口市長。



◎市長(江口英雄君) まず、第1番目の条例の件でありますけれども、これは残念ながら私が出席しておりませんけれども、既に3月4日の全協のときだったですか、説明したのは。全協のときに説明を事務方のほうがして、事務方のミスで申し上げなかったということで、全協のほうでご理解されたというふうに聞いておりますので、改めてそこを議会でやるということは、やらないというふうなお話を聞いていますので、その辺はそこでご理解いただきたいと思います。

 それから2点目ですけれども、この委員の選定に関しては、別にだれを選ばなければいけないという規定は、選定委員会の要綱の中には入っていません。市長の任命権の中でやっています。ただし、地域振興協会の指定管理者にはお願いしました。それは2月5日のことであります。残念ながら地域振興協会の指定管理者である方からは、幾つかの理由により辞退をされました。したがいまして、その監督責任であります保健福祉部長であります清水部長に入っていただきました。そういう中で、10名以内という規定の中ですので7名を選ばせていただきましたので、それに対して何ら私はそこに問題があるとは思っておりません。

 それから、これからもちろん選定業者が決まった段階でいろいろな人の意見を聞きながら新しい病院づくりにいろいろな職種の意見を聞いていくことはやっていく予定ですので、その辺はご理解いただきたいと思います。最初に出た案がそのまま100%最後までいくんじゃないんです。その中で、もちろん今久島議員が言ったような方に意見を聞きながら、道路が車いすの方が通るのに狭いというあれがあれば広げることも可能ですし、最終的にはこういうAだったものがA´にかわっても、それは問題ないと思っておりますので、その辺はご理解いただきたいと思います。

 それから3点目でありますけれども、三春町の件でありますけれども、三春町の遠藤誠作課長、別に下水道だけではありません。ほかの病院のアドバイザーもやっております。それから、遠藤課長さんには了解を得て、本人から町長、副町長の了解をいただいてきております。それが全く町長も法律違反には触れないと、言っております。一部の方が、あるいはマスコミが三春町、あるいは総務省にいろいろやっておられるんで、非常に彼自身も苦痛を感じていて、非常に悩んでいるということを聞いています。ですから、その点に関しては見解の相違と思っております。

 それから、総務省の派遣アドバイザーをなぜ使わなかったか、それは私の任命権の範囲内で、私は必要な人を必要な分野の方をそれぞれ任命させていただきました。三春町の遠藤課長、それから特定非営利活動法人医療施設近代センターの常務理事の岩堀さん、それからあと長隆東日本税理士法人代表、それから社会福祉法人恩賜財団済生会の常陸大宮済生会病院の伊東先生の4人を部外者から、市外からお願いしておりますけれども、それに対して何らやましいことはありませんし、むしろそれを全部市内でカバーするということのほうが以前の体制に戻ってしまうんで、その体制を変えるために私は選挙に立候補し、多くの市民の支持を受けていますので、それに対して何らやましい点はありませんし、今後も透明性で公平な病院づくりに取り組んでまいるつもりで、何とか国の指定された24年春完成を目指して頑張っていく所存でありますので、ぜひとも市民の皆さん方の長い念願の希望でありました病院建設のために、ぜひとも議員の皆さん方のご理解とご同意をよろしくお願い申し上げます。

 以上です。



○議長(服部光雄君) 久島博道君。



◆13番(久島博道君) 答弁になっている部分と全然なっていない部分がありまして、ちょっとよくわからないんですけれども、答弁の中身がちょっとよくわからないんですよ。江口市長は、地元を入れることが何か前例の悪みたいなことを言っていますけれども、時代遅れだとか、そうじゃなくて、地元の人たちの意見を聞き集約して、地元の人たちが使う病院ですから。これは時代遅れとかじゃなくて必要なことだと思うんです。江口市長が地元の諸関係者と、団体と協議をして意見を交わして、その集約として病院ができるということが一番私理想的なものだと思うんです。それが今回こういう形で、その選定委員会に生かされていないからこういう質問をしたんですけれども、ちょっと答弁があいまいになってしまっていてわからないんです。

 1点目、その条例と言いましたけれども、地方自治法です。地方自治法の第222条に照らしておかしいんじゃないですかということを言ったんです。これは、地方自治法でいうところの、その事業の確約として予算を取っておくということは、前にも一般質問でやりましたけれども、基本中の基本ですよね、これ。ですから、これをやっておかなければ、いろんな事業を先に優先してやってしまって後の議会で予算を出すという、こんなことを日本全国でやっていたら自治体なんか回っていかないんですよ。たまたまこれ委員会の話だからまだいいんですよ、何十万ぐらいの予算ですから。こういうことは、市長まずいですよと私言っているんです。

 それでもう一つ、幾つもあったんでよく答弁がわからなかったんですけれども、最終的には地元の医師会、地域医療振興協会が、江口市長が開いた専門委員会議が最初にスタートしたのが11月26日ですか、第1回専門委員会議、7名を委嘱する。そしてこのときに読売新聞社が11月27日付の新聞で、市立病院は低い病床利用率では診療所にすべきだ、同じく朝日新聞の同日付では、大学医学部や公市立病院関係者7人で構成するが、市民代表や医師会は入っていない、こういうふうに報じているんです。こうしたいろんな専門委員の放送、発言を聞いて、地域医療振興協会は、市長に対して大きな不信感を抱いてしまっているんです。それがここに来て顕著にあらわれました。それをサポートするかのように上野原の医師会の先生方は市長に対して抗議文を出されたり、請願書を出されたりしているわけです。最終的に3月1日、医師会の抗議文についての説明を江口市長が記者会見でやっております。

 こうしたいろんな問題がトラブルになっております。確かに地域医療振興協会のほうへ委嘱の案内状を出しましたと言っていますけれども、それは2月10日に出しております。両角院長あてに。しかし、両角院長が委嘱状に対してこのような辞退届が出されております。辞退に至った理由、市長は12月の定例議会で、今後は当協会及び医師会と協調していくとしながら、今回の委員会では市立病院専門委員会議等で公然と病院、協会、振興協会ですね、を批判している委員が含まれており、市立病院にとって公正な委員会になるとは思えない。これが一つの理由です。

 そして二つ目が、提案された委員の構成では、要するにこの7名ですね。この両角院長も含めて7名の委員の構成では、上野原の地域医療や福祉をよく知る委員、市民代表や医師会の代表等の数が少なく、上野原の実情を踏まえ市民の視線に立った適正な議論や判断ができないと考えられること、これが二つ目ですよ。

 それで、三つ目が決定的ですよ。将来の病院運営を憂います、私は。委員の中に、静岡県で当協会が指定管理者として運営を行っている共立湊病院の改革推進委員会新指定管理者選定委員会で当協会に批判的であった、当協会というのは地域医療振興協会のことですよ、当協会に批判的であった方が含まれており、現在湊病院の後継法人が決まらないことなど、深刻な状況に陥ったことをかんがみると、当市でも同様の混乱と不利益が予想されること。このように、江口市長が出されたと言いますけれども、このような理由で辞退届が出されましたね。本来もうちょっと地域医療振興協会と協議を重ね、地元医師会と協議を重ね、ひざ詰めの本当に真剣な協議をしたならば、私は今の医師会との関係や地域医療振興協会とのこんな深い溝をつくるようなことはなかったんじゃないかと、このように思います。

 ですから、この選定委員会のだれが悪いとか彼が悪いとか、私は個人的なことを言っているんじゃないんです。どうしてもっとこの7人を選ぶのにもいろんな関係諸団体の方々とひざ詰めで話し合わなかったのかな。これが私の質問でございます。質疑案です。これについて、江口市長いかがですか。



○議長(服部光雄君) 江口市長。



◎市長(江口英雄君) 先ほども随分長い質問をされたんで、私が答えても理解されなかったんだろうと思いますんで、質問されるときはもう少し短い言葉で言っていただければ多分久島議員も理解できたんだろうと思いますので、そのようにしていただければ私のほうも説明しやすいので、ぜひそのようにしていただければ理解していただけると思います。

 今長々と質問されましたけれども、私なりに解釈しますと、なぜ地元の意見を聞かなかったのかということをおっしゃっていますけれども、先ほどの杉本議員からの質問もありましたように、既に私が市長に就任する以前の一昨年の10月に地元の皆様方、医師会、あるいは議員の方、あるいは地区代表、あるいは関係団体ですか、そういう方でもってある程度の概要版を出してあります。それは全部市内の方ばかりです。そのことに対して私は選挙のときに、有識者をもって検証をいたしますということを約束しましたので、何ら市外者を入れることに対してはばかるものでもなければ、それが間違っているとは思っておりません。これは、残念ながら久島議員と見解の相違だと思っておりますので、これ以上言っても仕方がありませんけれども、そういうふうに思っております。

 そしてさらに、我々は、この上野原市は、私を市長に推すときも反対の議員の皆さん方は、地元生まれでない、地元育ちでないことを唯一に掲げて戦ってきたわけですけれども、私はそうではないと何度も言いました。少なくともこの町が3万人いたのが、わずか数年で3,000人も減ってしまったんです。その原因は何だと思いますか。そのような井の中の蛙だからです。多くの行き来しているほとんどのサラリーマン、東京の方が来ています、その辺の、東京、神奈川の文化、知識、十分に知っています。だからこそこの町を再生させるために、私は部外者を、市外の人を入れて大所高所からこの上野原市を再建し、そして夢のある、子供たちに夢を持たせ、青年に希望を与える、お年寄りに安心ができるような病院づくりを目指すために入れたので、ぜひご理解とご同意をいただきたい、こういうふうに重ね重ねお願い申し上げます。

 以上です。



○議長(服部光雄君) 久島博道君、短か目にお願いいたします。



◆13番(久島博道君) 3回目ですね。

 私は、先ほど言ったように、選定委員会がだれがまずいとかこういう話じゃないんです。もっと上野原の市民の、市民による市民のための市政をとっていただきたい、こういう思いから質問しているわけです。

 江口市長は、両角院長に辞退届が出されて、これが12月10日なんですね。それで2月15日に第1回のその選定委員会議を委嘱して、その日に会議をやられている。慌てて今度医師会に委嘱状を持っていきますね。これは、委嘱状を医師会長に慌てて持っていくんですけれども、2日おくれの2月17日なんです。これをだれだかが補欠と言いましたよ、大変失礼な話だ。そして2月22日に上野原医師会長から江口市長あてに例の抗議文が出されるんです。市長ね、もうちょっとこの問題ばっかりじゃなくていろんな意味で真摯に協議を重ね、物事を進めたほうがいいと思います。



○議長(服部光雄君) 市長。



◎市長(江口英雄君) 質問なのか意見なのか、説教なのかよくわからない三位一体のような質問ですけれども、私も公約のときに、本当に市民のための病院をつくる、その覚悟でこちらにやって来ています。久島議員が言うように、市民の声を最大限聞くことは当然のことだと思っております。そしてちょっと日にち的には今言った久島議員とは事実誤認がありますけれども、それはそんな大きな問題ではないので、あえてここで、時間もかなり、質問時間が長かったのであれですけれども、今後とも市民との対話は十分にしていきますし、市民が本当に要望する病院づくりをやっていきますけれども、その選定委員が市外者が多いからといって間違った方向に病院をつくっていくつもりは全くありませんし、それを判断するのは市民であると信じておりますので、市民のための本当の病院づくりに今後とも先頭に立って邁進していく所存でありますので、議員各位におかれましては、ぜひともご理解とご同意をお願い申し上げたいと思います。

 以上です。



○議長(服部光雄君) ほかに。杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) この補正予算案というのは、変更額が285万7,000円という、この金額は非常に少ないと言ったら語弊がありますけれども、高額な金額ではありません。しかしその中身については、いわゆる国民健康保険の繰出金の1億2,200万、あるいはいろいろな住民に密着する事業費が組み入れられて、差し引きで285万7,000円ということでございます。

 それで、今質疑が熱心に行われておりましたけれども、この部分については、この予算案では3,500円の委員さんの6名、4回ということで8万4,000円の予算案について熱心に質疑をなされたところでございます。それで、私も聞いていて感じたのは、これはあくまでも設計業者を選定する委員会ということで、委員さんが市内、市外のお話はありますけれども、その中で、地域の住民の声を反映してください、またしなければいけない、これは当然だと思います。それで私は、選定委員については、それは専門的な話でもよろしいと思いますけれども、当然一方的な話になっておりますので、これは市長さんでもだれでもいいんですが、当然実施設計については市内の病院関係者、あるいは看護師さん、あるいは住民の方々の意見も当然意見を聞いて設計に生かされると私は考えておりますけれども、まずこの点についてお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 江口市長。



◎市長(江口英雄君) ただいま杉本議員のおっしゃったように、設計業者が決まりましたら市の病院の職員、もしくは、あるいは患者さんの代表、そういう方も入っていただく中で現設計をこういうふうに変えていってほしい、こういうふうな看護師さんが、車いすで通るには幅が狭いからもうちょっと広げてほしいとか、レントゲン技師の意見があったらそれも取り入れる、そういうふうにしてやっていく予定でありますので、そこに全く、最初つくったものがそのまま最後までいくというようには思っていませんし、そのことは設計業者のほうに伝えてあります、すべての。

 以上です。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 地元の意見をできるだけ組み入れていただけるようにご努力をいただけるということですので、了解をしております。

 それで、先ほど申し上げましたとおり、この補正予算案は285万7,000円の増額でありますけれども、その中にはいろいろな予算の組み替えがあります。それで、その中で、当然繰越費の補正も入っております。その中には、いわゆる病院の設計費の、今年度できないので次の年度に繰り越しますというものも入っております。それから小中学校の耐震化の事業ですね、この繰り越しの継続費の補正も入っております。それからもう一方では、繰越明許費ということで補正ということで、上野原市民会館の解体事業、これは直接病院に関係するお話だと思います。そのほかにも子ども手当だとか簡易水道だとか、スマートインターの関係、それから島田地区の河川公園の公衆トイレの費用、それから小沢団地の塗装の修繕費用ですか、それから西原地区の消防団の詰所、こういう1,500万とかこういうものが入ってこの補正予算案ができ上がっているわけですが、それで今回は、ただいま質疑がたくさんありましたけれども、人事案件に対する質疑であったというふうに私は思っておりますけれども、そしてその中にはかつて14名の委員の方々が委員を4人、市外の委員を4人外してほしいという要望があります。そして聞くところによると、それがのめないならばこの補正予算は、場合によっては反対をするよというようなことを伺っているところもありますけれども、それで、仮の話ですが、もしこの補正予算が通らないとすれば、私たちの一番念願であります病院建設にどのような影響があるのか。このことについて、当局に、市民会館の解体だとか具体的に設計費用が繰り延べができないということですので、当局にお伺いいたします。



○議長(服部光雄君) 江口市長。



◎市長(江口英雄君) この補正予算は、総額では二百二十何万というわずかな金額ではありますけれども、わずかかどうかはちょっと考え方の相違ですけれども、市の予算の中から見れば100億、200万はわずかな額。中身を見れば、今杉本公文議員がおっしゃったように、まずは継続として病院費、それから上野原小学校の耐震事業の継続費、それから繰越明許では、今言ったように上野原市民会館解体事業約六千何百万、以下全国瞬時警報システム、子ども手当、簡水、それが3,000万、東部広域が1,200万、スマートインターが350万、島田地区の公園公衆トイレ事業が1,800万等々、上野原駅周辺が400万、小沢団地の修理に3,400万等々あります。そして特に理解していただきたいのは、こういう中で国民健康保険の繰入金が1億2,000万入っているんです。これをとめるということは、議員の皆さん方にもう一度胸に手を当ててよく考えていただきたい。それから、簡水、先ほど質問がありましたように、これは国の交付金、きめ細かな交付金をいただいて、それが約3,000万です。それからさらに道路維持費、これもきめ細かな交付金をいただいています。これが約1,000万、それから公園管理費、市民のための島田河川公園の公衆トイレの整備費に、これもきめ細かな交付金1,800万、それから小沢の住宅管理費、これもきめ細かで3,400万、消防団の、先ほど消防の方がおっしゃったように、それの建設事業費、西原ですけれども、これもきめ細かな交付金で1,500万、こういう大きな案件があるんです。

 これを皆さん方が否定するということは、市民の本当に強い熱望のある病院をつぶすことになるわけです。そして、私が主張してきた児童やお年寄りや子供の福祉のところが消えてしまっていくと。この補正が通らなければ、年度末の補正ですので、本予算にこれは当然影響してきます。十分にそれぞれのもう一度ご検討をいただいて、今言ったようなこういう200万では、最終的に足して引いてやれば200万ですけれども、中身にはこんな多く何千万、しかも国の交付金があるんです。それが全部吹っ飛んでしまうかもしれないんです。それは市民に対する大きな裏切り行為にもなりかねない、そんなふうに思っておりますので、その辺をぜひよろしくご理解いただいて、ぜひとも、ぜひともご賛同いただきたくお願い申し上げます。

 以上です。



○議長(服部光雄君) 杉本公文君、3回目です。



◆2番(杉本公文君) 市長から、どういう予算が中に入っているんだということを細かくご説明をいただきました。

 それで、また同じ質問ですけれども、私が心配しているのは、病院の設計にもうすぐ入らなければいけない状況があります。それで継続費の補正が組んであるわけです。それで、当然国等の助成金をもらうと、13億5,000万の助成金をもらうためには期日がもう限られています。それで改めて伺うんですが、その設計だとか、あるいは市民会館の解体工事です、病院にこれは伴うものでありますけれども。これについて当局は、これが否決された場合どんな影響があって、私は大変な状態になるのかなという、病院建設が危うくなるのかなと思っておりますけれども、これについては当局からご答弁願います。



○議長(服部光雄君) 病院対策課長。



◎病院対策課長(佐藤和弘君) 杉本議員のご質問にお答えします。

 今回の補正は、12月に年度割を議決いただきまして、その際は基本設計、実施設計を一括して21年度で実施するというような形でやらせてもらっています。ここの補正は、基本設計のみをこの21年度にして、22年度に実施設計を持っていくというような補正を年度割で組ませてもらうというようなことになります。それに伴いまして、当初は、契約は当然継続費ですから、21年度中に基本設計及び実施設計も契約は組めると、委託業務の契約はできるというような形になっております。今回基本設計と実施設計を分けたということは、結局実施設計分が起債に当たるわけです。21年度にはその執行が無理なんで、起債が充てられないということになります。ですから、ここで分けて通していただかないと、22年度に実施設計を行った場合に、その起債分がもしくはもらえないというような事態が発生するということが懸念されます。



○議長(服部光雄君) よろしいですか。

 小笠原俊将君。



◆19番(小笠原俊将君) 小笠原です。

 補正の中で、今議論になっています病院の選定委員会の問題ですけれども、人事については市長さんの権限でされるというのが基本かと思うんですが、一般的な行政の運営を見ていくと、やはり委員会の立ち上げについて、委員の選定は、聞くところによると市長さんが行ったと。それで立ち上げたというふうに聞いているんですが、やはり2万7,000人の行政のトップとして、担当の部署、病院対策室や、あるいは総務部というその事務分掌がございますけれども、通常一般的に考えればそういうところと、行政を運営していく場合には相談をしながらどういう人選をしたらいいのかという形を進めていくと。そういう中で、市長さんが最終的には権限で決められるんですけれども、やはり市民病院という多くの市民が利用する施設ですから、関係者の意見がどうしたら吸い上げられるのかという点も考えなければいけないと思うんですけれども、委員会スタートの当初、私はその辺が大きなボタンのかけ違いじゃないかなというふうに思うんですけれども、その点について、やっぱり行政の最高責任執行者としてどうお考えになるのか伺いたいというのが1点でございます。

 それから、質疑の中で出されておりました市外者の4人の委員の選任について、何か地域医療振興協会、上野原市民病院を委託している業者をやめさせるんじゃないかみたいな議論があるんですけれども、ご存じのように10年間の契約で地域医療振興協会にお願いをしています。市長は、これはやめるということは私は聞いたことがないんですけれども、その点はどういうふうに考えているのか、もう一度はっきりと答弁をいただきたいということと、もう一つ出されておりますのは、設計業者が決まるとそれに付随して建設業者も決まってしまうんだみたいな意見があるんですが、発注の方法については一般競争入札で建設業者に発注をするというふうに言っておるんですが、その辺の疑問といいますか、をどう払拭していくのか。制度的にそれがこういうふうにやるんだという形のものがありましたら、ご答弁願いたいと思います。



○議長(服部光雄君) 江口市長。



◎市長(江口英雄君) 今、小笠原議員がわかりやすく3点に絞って質問をいただきましたので、お答えいたします。

 専門委員、多分その最初のボタンのかけ違いのことをおっしゃっていると思いますけれども、これに関しましては既に、先ほども述べましたように、一昨年の10月に市内の皆さん方が集まってつくった概要版で答申が出ているんです。それを検証するのは同じ人間が検証したのなら検証にならない。それは当然のことです。自分たちがつくったものを自分たちで採点することはできない。だから私は外部の方にお願いしたんです。外部でもそれぞれの専門分野の方々をお願いしたんで、その辺はまずご理解いただきたいと思います。

 それから、2番目は選定委員でしたか。2番目の質問は。

     (発言の声あり)



◎市長(江口英雄君) 地域医療振興協会のそうですね。

 確かに10年の契約がありますので、私は、この間も言いましたように、地域医療振興協会に引き続き新しい病院になってもやってもらうつもりでおります。

 3点目の施工業者に関しては、午前中の質問でもありましたように、これは一般競争入札で行いますので、この設計の業者とは全く一線を画して、新しく選定委員会をつくって、そこでもって一般競争入札を行って業者を決める予定でおります。

 以上です。



○議長(服部光雄君) 小笠原俊将君。



◆19番(小笠原俊将君) プロポーザルの選定委員会というのは前市長が決めていて、その継続ということで、同じ形でつくっては意味がないと市長さん、おっしゃったんですが、私が質問したのはちょっと意味合いが違いまして、今までのやり方でないやり方で委員会をつくるんだというのは結構なんですが、やはりそれをじゃどういうふうな形でつくるのかというのを、やっぱりそれぞれ行政の中には公務員の方で担当する部署がありますんで、やはりそこと相談をしながら決めていくと。これはプロポーザルだけでなくて、やっぱり行政全般の運営にかかわった問題で、職員の方々、市長さんに従って仕事をするというのが原則なんですよ。そこをちゃんと踏まえた中でやらないとこのような問題が起きてくるんじゃないかと。それは、市長さんからすればいろいろ意見があるかもしれませんけれども、2万7,000人の対象の人口の中で公の仕事をやっていく、そういう中で、やはり今までの経験の業務というのもあるわけですから、その辺をちゃんと取り入れながらやっていただきたいというふうに思いますけれども、再度、この点についてはいかがでしょうか。



○議長(服部光雄君) 江口市長。



◎市長(江口英雄君) 小笠原議員のおっしゃること、十分わかります。これからやっていく、例えば施工のほうの業者には小笠原議員の意見も十分に反映できる形で進めていきたいと思います。

 以上です。



○議長(服部光雄君) ほかに質疑はありませんか。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

 反対の方、いらっしゃいますか。

 鷹取偉一君。



◆11番(鷹取偉一君) 11番、鷹取です。

 議案第10号、平成21年度上野原市一般会計補正予算(第5号)について、反対の立場から討論いたします。

 市民が診療利用する市立病院建設に当たり、今回市長の選任した上野原市立病院建設基本設計及び実施設計者選定委員会の7名の委員のうちの4名が市外関係者で、現在市立病院を診療運営する地域医療振興協会に批判的な方が数名含まれております。この委員会の構成では地域医療振興協会との協調、また上野原の地域医療や福祉をよく知る委員が少なく、上野原の実情を踏まえ、市民の視点に立った適正な議論や判断ができないし、病院を使用、運営する地域医療振興協会、市民の代表である区長会、地元医師会などが含まれておらず、このような選定委員会では、地元の意見が反映されていくとは思えず、市議会の尾形病院建設促進特別委員会委員長も、地元関係者が少なく責任がとり切れないと選定委員会委員を辞退した経過もあり、議員の14人の有志議員は、1、地元医師会、地域医療振興協会が強く反対している選定委員会の委員から市外関係者を除くこと。2、選定委員会の選任については、地域医療振興協会、地元医師会の意見を聞き、協議して決めることの2点を要望いたしました。この要望が受け入れられない場合は、補正予算は認められないとしています。

 よって、不本意ながら反対をいたします。



○議長(服部光雄君) 反対討論がありましたので、賛成討論の方。

 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 2番、杉本公文でございます。

 この一般会計補正予算(第5号)の賛成の立場から討論をさせていただきます。

 先ほど申し上げましたとおり、この補正予算の予算額というのは285万7,000円という金額でございます。しかしその中身については、国民健康保険の特別会計繰出金の1億2,262万1,000円を始めとして住民生活にとってかけがえのない予算が数億円単位で入っているものでございます。また、この予算案については、何よりも病院建設に与える影響が大変大きな予算であることでもあります。

 市民の念願でもあります現在病院の建設につきましては、国の交付金約13億5,000万円ほどをいただけるという予定の中で、22年建設に着工し、24年の3月に開院という期限を条件に、国の交付金等約、先ほど申し上げました、いただく中で、建設の見通しを立てて、早期の建設着工を目指しておるところでございます。

 よって、建設に向けての日程を急ぐ意味でも、設計業者選定については現在プロポーザル方式で選定を行うということでありますが、これは奈良前市長のときの方針に沿った方式で実施されつつあるものであります。この方式は、公募を行い、選定委員会で設計業者を能力や実績等を一定の基準に基づいて採点し、決定を行おうというものでございますけれども、選定委員は市長の権限において選定をされております。設計業者の選定委員は、病院という専門性、また公平、中立性を保つべく、市外の専門家である委員の方を選任したと伺っております。結果的には市外の委員が多いということで、今議会においては自治が保たれないとの意見もありますけれども、その内容については、計画の見直しを行うという江口市長に、かつての奈良市政における病院建設基本計画を押しつけるというものにほかなりません。

 また、市外委員の選定により建設業者まで限定されるというような論理は、かつてのそれは奈良明彦市政における指名競争入札による、そういう入札方法ならではの心配であります。かつての建設計画では四十数億円という建設費を想定しておりますけれども、これを一般指名競争入札により二十数億円まで削減をする。そのためには、談合や業者とのなれ合いや癒着関係を断ち切り、入札を見直すというのが江口市長が市民に約束した公約であると私は確信をしております。

 よって、市外の専門家等の選考委員選任は、江口市長の公平な入札を行うという見直し方針によるものであり、補正予算を否決すべきという意見には到底賛同はできないわけであります。

 また、病院という特殊な設計については、専門家が入るのが当然であり、設計業者選定後の実施設計において地元医師会等の意見が十分に反映され、協議が実施されればよいと私は考えております。

 さらに、選定委員の個人的な能力や、あるいは評価等を問うのであれば、明確な証拠をもとに批判をすべきでありますけれども、そもそも選定委員の人事は、文字どおり市長の専任事項であり、今回の補正予算の否決は予算そのものでなく選定委員という人事に関するものであり、市長の執行権を侵害するものでもございます。

 そして、本補正予算案の否決は、期限が制限された中で市民の負担を軽減した病院建設を困難にするもので、何より江口市長と市民が念願とする新病院建設を妨害するものであるというふうにも思われます。

 よって、私は本補正案に賛成をするものでございます。



○議長(服部光雄君) 反対討論ありますか。

 杉本友栄君。



◆8番(杉本友栄君) 8番、杉本友栄。

 昨年の12月18日に尾形重寅議員の緊急質問の中での答弁で、市長は、地元の医師会を始め地域医療振興協会との協力体制を軸として、また議員の皆様方にご支援をいただき、24年春には開院できるよう魅力ある病院づくりを目指すとの公言をしておりました。が、しかしながら軸とする医師会等より、今回のプロポーザル選定委員に対しまして抗議文等が出る中で、決して今医師会との間はスムーズな関係にないと私は思います。私もこの選定委員会については、市長がよく申し述べられておる公平、透明性に欠ける人事だと考えておりますが、もちろん人事権は市長にあるわけでございますから、文句を言うなといえばそれまででございますが、今回の医師会の行動は、これからの病院建設に対しましても大きく左右する出来事であると思います。今後医師会、また地域医療振興協会の協力なしでは、病院の建設、また運営について大変危惧されるところでもございます。

 そういう中で、本来ですと今回の上程してある補正予算に対しては大変重要で、先ほど来も言われるようにいろんな問題があろうかと思いますけれども、大変苦渋の決断ではございますが、先ほど申し上げた理由から、今回の平成21年の補正予算に対しては反対をさせていただきます。

 以上です。



○議長(服部光雄君) 賛成討論の方いらっしゃいますか。

 長田喜巳夫君。



◆7番(長田喜巳夫君) 原案に賛成をする立場から討論を行います。

 今回の補正予算につきましては、年度末を控えての最後の補正予算となっております。具体的には、先ほど来出ておりますように285万7,000円を増額をするという補正予算でございます。内容を見ると、先ほど来質疑の中でも出ていました。改めて発言をしますけれども、地域交通対策費、つまり生活バス路線への維持の補助金3,850万円、さらには国民健康保険特別会計への繰出金1億2,262万1,000円、簡易水道事業への繰出金2,817万1,000円、道路維持費、市道八米鏡渡橋線改良工事1,000万円、その他公園管理費、住宅管理費、消防費、消防団詰所建築費など、住民生活に密着をした予算でございます。また、年度末ということでそれぞれの予算の未執行の額を減額をするということにもなっております。さらに、繰越明許費補正については、市民会館の解体事業費6,239万1,000円、子ども手当事務費476万2,000円、簡易水道事業繰出金3,079万円、スマートインター関連事業費357万円など、11の事業について翌年度に繰り越す予算となっています。

 行政当局とすれば、以上の予算を速やかに執行し、住民サービスに寄与することが任務でございます。そのための議会の果たす役割は極めて重要です。議会は常に市民の側に立ち、判断をすることが求められます。今回の補正予算は、義務的な経費が多く含まれています。具体的には生活保護費、国保会計への支出などでございます。まさに住民生活に密着しています。また影響を及ぼす予算でございます。

 よって、この補正予算に反対するという理由は今申されましたけれども、理解することができません。よって、原案に賛成するものであります。

 以上、賛成討論といたします。



○議長(服部光雄君) 反対討論の方、まだいらっしゃいますか。

 尾形重寅君。



◆18番(尾形重寅君) 18番、尾形重寅です。

 反対討論を行います。

 私たちは、平成20年10月22日に上野原市立病院建設基本計画概要版を上野原市に提出いたしました。その中の検証(3)には、私たちは人を愛する豊かな心を持って専門的知識の習得と技術の向上に努め、より品質の高い医療を提供いたしますとうたっております。そしてこの心は、政権がかわっても同じだと思います。

 私は、昨年12月の議会で市長に緊急質問をいたしました。そのときの答弁は、医師会や地域医療振興協会とよく話し合いを進めていくとの答弁でございましたが、実行されておりません。選定委員や専門委員は市長が任命委嘱権がありますが、議会を通さなくてはならない報酬や旅費などが後から出てきて計画性がないことや、私は選定委員に委嘱されました内容を勉強する過程で、市外、市内の業者などに聞いたところ、普通外部の学識経験者が一、二名ぐらい、そのほかを市民の中から五、六名とのことでございました。

 また、プロポーザル方式とは、3者から5者を選び、点数づけで最優秀候補者が随意契約となるとのことで、現在の選定者は、外部の方が4名、市職員が2名、議員が1名で、公平さを欠きます。

 よって、補正予算を反対いたします。



○議長(服部光雄君) 賛成討論の方、いらっしゃいますか。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) なければ採決に入ります。

     (異議ありの声)



○議長(服部光雄君) 異議がありますので、本案は起立によって採決をいたします。

 本案は原案のとおり可決することに賛成の方、ご起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(服部光雄君) 着席願います。

 起立少数です。

 したがって、本案は否決されました。

 議案第11号、平成21年度上野原市国民健康保険特別会計事業勘定補正予算(第4号)を議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第12号、平成21年度上野原市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を議題として質疑を行います。

 小笠原俊将君。



◆19番(小笠原俊将君) 19番、小笠原です。

 後期高齢者の会計でございますけれども、平成21年度に国のほうから通達が出されました。後期高齢者において75歳以上の方については、当初の計画では人間ドックについては事業の補助対象にならないという取り決めがあったわけですけれども、これらについては21年度に変化がありましたけれども、そういう連絡や認識はしておりますか。



○議長(服部光雄君) 市民部長。



◎市民部長(尾形壽春君) すみません、ちょっとそれ、22年度からは、22年度分については来週、予算特別委員会のほうで説明しようと思っていましたけれども、21年度についてはちょっと確認がとれていません。すみません。



○議長(服部光雄君) 小笠原俊将君。



◆19番(小笠原俊将君) 21年度について通達が来ているという、県のほうへね。その75歳以上についても人間ドックについて、本人が負担をする以外の補助の部分については交付金の対象としますという決定がされているという私は情報をいただきました。これがなかなか山梨県内においては各市町村に徹底をされていなくて、利用の度合いが低いということで、県のほうでもPRをし、この実際に使われるような努力をしていただきたいという通知があるんですけれども、市としては新年度の事業計画として、人間ドックについて75歳以上のPRといいますか、そういう取り組みは計画をしていますか。



○議長(服部光雄君) 尾形市民部長。



◎市民部長(尾形壽春君) そのようなことは予算にも計上してありますので、積極的にPRをしていきたいと思っております。



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第13号、平成21年度上野原市介護保険特別会計補正予算(第3号)を議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第14号、平成21年度上野原市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)を議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第15号、平成21年度上野原市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第16号、平成21年度上野原市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第17号、平成21年度上野原市大目財産区特別会計補正予算(第1号)を議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第18号、平成21年度上野原市巌財産区特別会計補正予算(第2号)を議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第19号、平成21年度上野原市島田財産区特別会計補正予算(第2号)を議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第20号、平成21年度上野原市上野原財産区特別会計補正予算(第1号)を議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第21号、平成21年度上野原市病院事業会計補正予算(第3号)を議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(服部光雄君) 日程第3、選挙を行います。

 選挙第3号、山梨県東部広域連合議会議員の補欠選挙を職員に朗読させます。

     〔事務局長朗読〕



○議長(服部光雄君) お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思います。これに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。

 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思いますが、これに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、議長が指名することに決定しました。

 山梨県東部広域連合議会議員に久島博道君を指名します。

 お諮りします。

 ただいま議長が指名しました久島博道君を山梨県東部広域連合議会議員の当選人と定めることに異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(服部光雄君) 異議なしと認めます。

 したがって、ただいま指名しました久島博道君が山梨県東部広域連合議会議員に当選されました。

 ただいま山梨県東部広域連合議会議員に当選された久島博道君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(服部光雄君) 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれで散会します。



△散会 午後4時17分