議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 上野原市

平成21年  3月 臨時会(第2回) 03月30日−01号




平成21年  3月 臨時会(第2回) − 03月30日−01号







平成21年  3月 臨時会(第2回)



        平成21年3月上野原市議会第2回臨時会

             議事日程(第1号)

      平成21年3月30日(月)午前10時00分開議

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期決定の件

第3 選挙第1号

    上野原市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について

第4 議案の上程

    議案第52号〜第58号を一括上程

    市長提案理由説明

    議案説明

第5 議案審議

    議案第52号 上野原市副市長の選任の同意について

    議案第53号 上野原市教育委員会委員の任命の同意について

    議案第54号 上野原市教育委員会委員の任命の同意について

    議案第55号 上野原市教育委員会委員の任命の同意について

    議案第56号 上野原市教育委員会委員の任命の同意について

    議案第57号 上野原市教育委員会委員の任命の同意について

    議案第58号 上野原市監査委員の選任の同意について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(20名)

     1番  市川 順君      2番  杉本公文君

     3番  田中英明君      4番  杉本征男君

     5番  山口好昭君      6番  鈴木敏行君

     7番  長田喜巳夫君     8番  杉本友栄君

     9番  長田助成君     10番  尾形幸召君

    11番  鷹取偉一君     12番  関戸将夫君

    13番  久島博道君     14番  尾形正已君

    15番  服部光雄君     16番  奈良田文夫君

    17番  岡部幸喜君     18番  尾形重寅君

    19番  小笠原俊将君    20番  和田正人君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●説明のため出席した者の職氏名

 市長        江口英雄君   教育長       網野清治君

 消防長       安藤芳夫君   総務部長      山崎範夫君

 市民部長      酒井信俊君   福祉保健部長    湯川清平君

 建設経済部長    細川波男君   消防署長      高橋秀樹君

 総務課長      小佐野 進君  企画課長      尾形壽春君

 市民課長      橋本茂治君   福祉課長      小俣幸三君

 病院対策課長    水越 章君   建設課長      市川正末君

 会計管理者     石井明文君   教育学習課長    小笠原徳喜君

 経済課長      和田正樹君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●事務局出席職員氏名

 議会事務局長    佐藤房義君   書記        尾形 篤君



△開会 午前10時05分



○議長(久島博道君) ただいまの出席議員は20名です。

 ただいまから平成21年上野原市議会第2回臨時会を開会いたします。

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元にお配りしたとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久島博道君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定によって、5番山口好昭君、6番鈴木敏行君及び7番長田喜巳夫君を指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久島博道君) 日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は本日1日にしたいと思います。ご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(久島博道君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日1日に決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久島博道君) 日程第3、選挙第1号、上野原市選挙管理委員会委員及び補充員の選挙を行います。

 選挙第1号を職員に朗読させます。

 事務局長。

     〔事務局長朗読〕



○議長(久島博道君) お諮りします。

 選挙の方法は、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推薦にしたいと思います。ご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(久島博道君) 異議なしと認めます。

 したがって、選挙の方法は指名推薦で行うことに決定いたしました。

 お諮りします。

 指名の方法については、議長において指名することにしたいと思います。ご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(久島博道君) 異議なしと認めます。

 したがって、議長において指名することに決定いたしました。

 お手元にお配りした名簿のとおり、選挙管理委員に菊池重光君、小俣梅男君、上條克巳君及び山川新平君を、補充員に上條泰治君、白倉?行君、渡邉英治君及び小俣季廣君を指名します。

 ただいま議長において指名した8名を、選挙管理委員会委員及び補充員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(久島博道君) 異議なしと認めます。

 したがって、ただいま指名いたしました8名は、上野原市選挙管理委員会委員及び補充員に当選されました。

 ただいま当選されました補充員の補充の順序については、ただいま指名した順序にしたいと思います。ご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(久島博道君) 異議なしと認めます。

 したがって、補充員の補充の順序については、ただいま指名した順序に決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久島博道君) 日程第4、議案の上程を行います。

 議案第52号から議案第58号までの7議案を一括上程し、職員に件名の朗読をさせます。

 事務局長。

     〔事務局長朗読〕



○議長(久島博道君) 続きまして、市長に提案理由の説明を求めます。

 市長、江口英雄君。



◎市長(江口英雄君) まず、本日ここに平成21年3月上野原市議会第2回臨時会の開催に当たり、議員の各位の皆様におかれましては、公私ともにお忙しい中、ご参集いただきましたことに対しまして、厚く御礼申し上げます。

 前任の奈良明彦市長の任期満了に伴い、3月20日より市長に就任いたしました江口英雄でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 本臨時会は、私の市長就任後初めての議会であります。市政の執行者として、市民主体の市政、利便性の高い住みやすいまちづくりの推進、公正、透明性の高い市政の実現の3つの柱を掲げ、2万7,000余人の全市民のための市政運営がスムーズに行えますよう、一生懸命努めてまいる所存であります。

 私の市政方針につきましては6月の定例会において述べさせていただきたいと考えております。議員各位におかれましては、格別のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 先ほど申し上げましたが、市民のための市政運営がスムーズに行えますよう、本日は人事案件につきまして選任及び任命の同意をいただきたく、議会を招集させていただきました。

 それでは、本臨時会にご提案申し上げました議案の概要につきましてご説明申し上げます。

 議案第52号は、上野原市副市長の選任の同意についてであります。

 これは、平成21年3月19日をもって副市長上條喬氏が辞任しましたので、その後任として小幡尚弘氏を選任するに当たり、議会の同意を求めるものです。

 次に、議案第53号から議案第57号までは、上野原市教育委員会委員の任命の同意についてであります。

 議案第53号は、平成21年3月30日をもって任期が満了する委員石合きみ恵氏の後任として功刀啓治氏を任命したいので、議会の同意を求めるものです。

 議案第54号は、平成21年3月30日をもって任期が満了する委員盛池惇子氏の後任として伏見寛仁氏を任命したいので、議会の同意を求めるものです。

 議案第55号は、平成21年3月30日をもって委員を辞任する田中悟道氏の後任として長田みどり氏を任命したいので、議会の同意を求めるものであります。

 議案第56号は、平成21年3月30日をもって委員を辞任する網野清治氏の後任として原田稔氏を任命したいので、議会の同意を求めるものであります。

 議案第57号は、平成21年3月30日をもって委員を辞任する川原哲夫氏の後任として佐藤恭子氏を任命したいので、議会の同意を求めるものです。

 次に、議案第58号は、上野原市監査委員の選任の同意についてであります。

 これは、平成21年3月30日をもって任期が満了する委員坂本丈一氏の後任として高橋善得氏を選任するに当たり、議会の同意を求めるものです。

 以上、ご提出いたしました案件の概要をご説明申し上げましたが、ご審議の上、ご同意くださいますよう何とぞよろしくお願い申し上げます。

 以上です。



○議長(久島博道君) 議案第52号、上野原市副市長の選任の同意については、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(久島博道君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 内容説明を求めます。

 小佐野総務課長。



◎総務課長(小佐野進君) 配付してあります議案集1ページをお開きください。

 議案第52号、上野原市副市長の選任の同意について。

 住所、山梨県都留市鹿留624番地、氏名、小幡尚弘、生年月日、昭和26年6月15日。

 上記の者を上野原市副市長に選任したいので、議会の同意を求める。

 提案理由、平成21年3月19日をもって副市長上條喬が辞任したので、その後任として選任する必要がある。

 これがこの案件を提出する理由である。

 以上であります。

 ご審議の上、ご可決くださいますよう何とぞよろしくお願い申し上げます。

 以上。



○議長(久島博道君) 議案第53号から議案第57号、上野原市教育委員会委員の任命の同意についての5議案は、会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思います。異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(久島博道君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 内容説明を求めます。

 同じく、小佐野総務課長。



◎総務課長(小佐野進君) 議案集3ページをお開きください。

 議案第53号、上野原市教育委員会委員の任命の同意について。

 住所、上野原市上野原984番地、氏名、功刀啓治、生年月日、昭和17年4月11日。

 上記の者を上野原市教育委員会委員に任命したいので、議会の同意を求める。

 提案理由、平成21年3月30日をもって委員石合きみ恵の任期が満了するので、その後任として任命するものである。

 これが、この案件を提出する理由である。

 続きまして、5ページをお開きください。

 議案第54号、上野原市教育委員会委員の任命の同意について。

 住所、上野原市大野5749番地、氏名、伏見寛仁、生年月日、昭和23年10月27日。

 上記の者を上野原市教育委員会委員に任命したいので、議会の同意を求める。

 提案理由、平成21年3月30日をもって委員盛池惇子の任期が満了するので、その後任として任命するものである。

 これが、この案件を提出する理由である。

 議案集7ページをお開きください。

 議案第55号、上野原市教育委員会委員の任命の同意について。

 住所、上野原市上野原2523番地3、氏名、長田みどり、生年月日、昭和25年11月7日。

 上記の者を上野原市教育委員会委員に任命したいので、議会の同意を求める。

 提案理由、平成21年3月30日をもって委員田中悟道が辞任するので、その後任として任命するものである。

 これが、この案件を提出する理由である。

 議案集9ページをお開きください。

 議案第56号、上野原市教育委員会委員の任命の同意について。

 住所、上野原市秋山7672番地、氏名、原田稔、生年月日、昭和14年11月11日。

 上記の者を上野原市教育委員会委員に任命したいので、議会の同意を求める。

 提案理由、平成21年3月30日をもって委員網野清治が辞任するので、その後任として任命するものである。

 これが、この案件を提出する理由である。

 議案集11ページをお開きください。

 議案第57号、上野原市教育委員会委員の任命の同意について。

 住所、上野原市上野原3534番地、氏名、佐藤恭子、生年月日、昭和38年2月7日。

 上記の者を上野原市教育委員会委員に任命したいので、議会の同意を求める。

 提案理由、平成21年3月30日をもって委員川原哲夫が辞任するので、その後任として任命するものである。

 これが、この案件を提出する理由である。

 以上であります。

 ご審議の上、ご可決くださいますよう何とぞよろしくお願い申し上げます。

 以上です。



○議長(久島博道君) 引き続き、議案第58号、上野原市監査委員の選任の同意については、同じく会議規則第37条第2項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(久島博道君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決定しました。

 内容説明を求めます。

 小佐野総務課長。



◎総務課長(小佐野進君) 議案集13ページをお開きください。

 議案第58号、上野原市監査委員の選任の同意について。

 住所、上野原市上野原4786番地、氏名、高橋善得、生年月日、昭和6年9月24日。

 上記の者を上野原市監査委員に選任したいので、議会の同意を求める。

 提案理由、平成21年3月30日をもって委員坂本丈一の任期が満了するので、その後任として選任する必要がある。

 これが、この案件を提出する理由である。

 以上でございます。

 ご審議の上、ご可決くださいますよう何とぞよろしくお願い申し上げます。

 以上。



○議長(久島博道君) しばらく休憩します。

 再開は10時35分からです。



△休憩 午前10時27分



△再開 午前10時35分



○議長(久島博道君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久島博道君) 日程第5、議案審議を行います。

 議案第52号、上野原市副市長の選任の同意についてを議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(久島博道君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(久島博道君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本件は原案のとおり同意することにご異議ありませんか。

     (異議なし・異議ありの声)



○議長(久島博道君) 異議がありますので、本案は起立によって採決を行います。

 本案に原案のとおり同意される方の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(久島博道君) 着席願います。

 起立少数です。

 したがって、本案は否決されました。不同意となりました。

 議案第53号から議案第57号までの上野原市教育委員会委員の任命の同意についての5議案を一括議題として質疑を行います。

 服部光雄君。



◆15番(服部光雄君) 江口市長、まず、当選おめでとうございました。

 大変恐縮ですが、初めての人事で大変だと思いますけれども、教育委員会の問題について、しばらく、ご質問させていただきたい。

 今回、教育委員5名が全員やめるという、全国でもほとんど例を見ない事態となっております。したがって、ここで教育委員会5名の選任同意を出された江口市長の教育委員会に対するご見解、ご認識を確認したいと思います。

 大変失礼でございますが、市長、教育委員会とはどういう組織であるとお考えでございましょうか。



○議長(久島博道君) 江口市長。



◎市長(江口英雄君) 教育委員の件に関してでございます。

 今回、5名全員が、2人が任期満了に伴う交代ということ、それから3名が任期途中でございますけれども辞任を申し出て既に了承されておりましたので、私としては5人の後任を置かなければいけないということになると。

 この教育行政というのは、学校教育のみならず、社会教育も含めて、この上野原市の人材育成、教育というものの重要性を広く認識しております。したがいまして、その人材の選出に当たりましても、偏ることなく、また、年齢あるいは男女参画の時代ですので、そういうことも含めまして、社会教育あるいは学校教育、そういうふうな教育基本法に精通している方、あるいは関心の、見識の高い方を選任させていただきました。

 以上であります。



○議長(久島博道君) 服部光雄君。



◆15番(服部光雄君) 質問の趣旨がどういうことかというと、初め大変だと思いますけれども、教育委員会、この5名の選任同意でございますから、今おっしゃるとおりの立場でお選びになったと思いますけれども、それに当たって、まず教育委員会というのはどういう位置づけになっているのかということを確認をしたかったんです。市長のご確認を。



○議長(久島博道君) 江口英雄君。



◎市長(江口英雄君) この市長から独立した行政委員会として設置されています教育委員会は、5人の委員で組織され、教育についての方針、施策はこの教育委員会の合意によって決められていると、そういうふうに認識しております。失礼しました。



○議長(久島博道君) 服部光雄君。



◆15番(服部光雄君) そのとおりだと思いますけれども、なぜそれでは行政執行部のほうから独立をしているのか、その趣旨はどうご理解なさってらっしゃいますか。

     (「議長、議事進行について発言をさせてください」と呼ぶ者あり)



○議長(久島博道君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 今、服部議員さんから発言がありましたけれども、議長のほうから、この人事案件について一括審議をしたいというお申し出がありました。それについてお諮りをされたことですので、まず一括審議をするかしないかの今、審議をしております。このこと正常に戻してください、まず。



○議長(久島博道君) 一括審議をしたいと思いますので、ご異議ありませんか。

     (異議なし・異議ありの声)



○議長(久島博道君) ただいま服部光雄君の質疑中でございます。

 江口市長。

     (「質疑じゃないでしょう」と呼ぶ者あり)



○議長(久島博道君) 質疑中です。

 江口市長、答弁お願いします。

 市長、江口英雄君。



◎市長(江口英雄君) 先ほど、述べましたように、この教育委員会というのは、市長から独立した行政委員会でございまして、なおかつ、公正、中立でそのような観点から教育行政に対して施策あるいは方針というものを行っていただく機関、というふうに認識しております。



○議長(久島博道君) 服部光雄君に申し上げます。

 質疑は一括制を用いており、なおかつ3回までですので、最後となります。

 よろしくお願いします。

 服部光雄君。



◆15番(服部光雄君) 今、おっしゃるとおり、教育委員会については市当局から独立をしている。なぜかといえば教育の安定性、中立性、そして何よりも大事なことは正当性がないんだと、それから継続性も大事なんです。そういう中で選ばれているわけですから、先ほど申し上げましたように、教育委員会そのものはだれかが残るというのが本来の筋なんでございますが、今回の異常な事態になっている。それで5人出されてきた。これはわかるわけでございますが、非常に心配していることがある。

 今回、教育委員会の職員の大部分が異動しているんですよね、課長、リーダーは全員。職員もほぼ全員異動しているんです。そういう中で、継続性、中立性、安定性が図れるかどうか、非常に心配しておりますので、そのことについて伺っておきます、最後に。



○議長(久島博道君) 市長。



◎市長(江口英雄君) 服部議員のおっしゃることも非常に理解いたしております。

 ただし、市の職員に関する任命は、これは市長の専任事項であります。どの議会に関しても、消防署に関しても外部のいろいろな出張先に関しても、これは市長の選任事項でございますので、その辺は十分考慮した上で出させていただきましたと同時に、私を支えてくださる職員はそのような異動に関しても、スムーズに行政の滞ることがなくできるように教育されております。ですので、その辺は私は職員一同と一緒になって、あるいはまた職員が支えてくれるものと思いまして、特に問題なく今回の案件を提出させていただきました。

 以上です。



○議長(久島博道君) ほかに質疑者ありますか。

     (なしの声多し)



○議長(久島博道君) 質疑を終わります。

     (「議長、動議」と呼ぶ者あり)



○議長(久島博道君) 服部光雄君。



◆15番(服部光雄君) 教育委員として選任することに同意を求められた5人と、監査委員について、議会は6人選任の経過と個別的適性を総合的あるいは個別に審査判断すべきものと考え、特別委員会を設置して検討するよう求めます。

 また、同時に、このためにきょう1日だけの議会開会日日程を変更し、延長することを求めます。

 提案理由を説明させていただきます。

 よろしゅうございますか。

 市長提出の教育委員選任同意の件は、今、市長言われました。ほぼ同時に行われた職員人事異動と密接に関係しております。今回の職員人事異動は、退職者が16人と多かったこともありますけれども、110人を超える全職員の実に40%に上っております。特にリーダー以上の幹部職員については消防本部と保育所、幼稚園を除くほとんど全員が異動しております。

 失礼ながら、江口市長はこれまで業務に直接携わってこられたことはありません。今の教育委員の説明につきましても、わからんわけではありません。当然だと思うんです。一方、職員についても、ほとんどお知りになったことはないと思うんです。それで、これらの業務を担当する約50人近い市のリーダー以上の職員についても、市長が人事異動をみずから立案するに足りるだけの客観的あるいは日常接触による知識、情報はなかったと、こう考えるのは至当だと私は思うわけです。

 もともと、これだけの人事異動をやろうとすれば、ほとんどすべての人について知らなければ、玉突きで異動しているわけですから、簡単にいくはずがない。私も40年間、人事を扱っていました。1,000人から5,000人の会社の人事異動を扱いました、責任者として。よくわかっています。とても短時日にできるはずがない。

 このような事実に照らしていきますと、今回の人事異動は明らかにそのほとんど全部が、市長以外の第三者の判断によって立案されているのではないかと。それが市長に手渡しされて与えられたというふうに考えるのは、職員が考えるのは当然だと、私は思うんです。組織は人からなっております。人事異動に当たっては、組織を構成する職員一人一人の経験、能力、実績、さらには生活態度、生活環境などを見きわめた上で、各人はもちろん人間の集団としての組織を最大限発揮できるよう配慮して決めるべきものであります。さらに、その実施に当たってはできる限り各人の理解と納得を得ることが望ましいことは言うまでもありません。これこそ、ヒューマンリソーシスマネジメントなんです。ハーバード大学がずっとヒューマンリレーションから続けてきた人事労務管理の究極としてきたのは、ヒューマンリソーシスマネジメントなんです。この前、市川順議員はリソーシスということで使われました。正しく理解されないと困るわけであります。

 私は、今までの市の人事行政がすべてよかったとは、全く言うつもりはありません。逆に、これまでも一般質問を通して何回となくその改革を言ってまいりました。今もなお、道遠しだと思っております。それだけに、今回の市長選挙では、だれが当選されようと、市長交代後の人事行政改革には大きな期待を持っておりました。しかし、今回の人事異動を見ると、どう釈明されようと、これは明らかに市の行政組織の外にある第三者が市長の名をかりて、リーダー以上の幹部全職員を対象に文字通り偏見と独断に基づいて異動させ、計画し、立案し、実施したものとしか考えられません。

 私は、市長が人事異動の任命権を持って当然と思います。したがって、普通の場合には着任されてそのままとりあえずしておく、幹部は別ですよ、どうしても困った人事は別ですよ。それ以外はそのままにしておいて1年なり2年なり様子を見た上で異動する、これが常識だと私は思っております。

 問題なのは、今回の異動については、本当に透明性とか公平だとか公正だとかは全くないと、私は思います。このことは現に市の職員のほとんど全部がそう信じている。そこにこそ問題があるんです。市の職員のほとんど全部が外の力によって異動させられたと、こう思っていることに問題があるんです。

 私事で恐縮でございますが、本当恐縮なんですけれども、私は学生時代、人事労務管理が専門なんです。卒業論文も日本的労務管理の発生と展開というような卒論のテーマでした。卒業して一部上場会社に入って、28歳の若さで1,300人の従業員からなる本社工場の労務課長として労務を担当してから今日まで45年間、ほとんど全期間を通して人事労務を担当してまいりました。この間、大学の設置にも携わり、野中郁次郎一橋大学教授を初め多くの経営学者と接触する機会がありました。その後、さらに今日までやってきました。

 この全経験を通して見ても、外から新たに来られたばかりの長が着任早々に50人近い係長クラス以上の全職員を配置がえするなどということは、見たことも聞いたこともありません。異動させられた職員にしてみれば、着任されてまだ声もかけられたことはもちろん、近くで会ったこともない市長から突然の発令があり、驚かないほうがおかしいと思うわけであります。

 部下に言うことを聞かせる最も手っ取り早い方法は、人事権を使った恐怖政治、弾圧政治であります。今回の人事異動はそうではないと言いかねる、このことは恐らく日本の経営研究者すべて大企業経営者、人事担当者全員の一致した言葉だと思います。

 江口市長は、医師としてこれまでも多くの患者を救ってこられました。そもそも医師とは、人間第一、人間性尊重の職業であり、江口市長も人一倍これを大切にしてこられた方だと、私は思っております。そんな市長にこんな人事異動ができるはずがありません。こんな今回の人事異動で何より怖いのは、市役所の外の人たちによってこれが計画され実施されたと職員のだれもが思っていることなんです。

 繰り返します。これから職員は、その人たちの顔色を見て仕事をすることになり、今後、もし今回の人事を思うままに行った人が職員に何か要求したならば、果たして職員はこれを断ることはできるでしょうか。これは暗黒政治です。これでは市がよくなったと、とても私は思えないんです。

 本来の教育委員の選任人事であります。私が心配するのは教育委員の人事についても、まさかこのような人たちの手によって選ばれたわけではないでしょうね、ということであります。これでは、教育の中立性、安定性、継続性が否定されるばかりではなく、人間性すら認めない人たちによって教育委員が選ばれ、市長がそれをそのまま認めたとすれば、これは大変なことなんです。

 したがって、私としては、議会として改めて特別委員会をつくって、委員の候補者について調査する、聴聞する、そして的確性を確認したい。その上で同意するかどうか見きわめる必要がある、これが私の動議提出の理由であります。

 以上です。



○議長(久島博道君) ただいま服部光雄君から上野原市教育委員及び上野原市監査委員の審査のための特別委員会の設置及び会期の延長の動議が提出されました。本動議提出に賛成者はおりますか。

     (賛成の声)



○議長(久島博道君) 標準会議規則第16条及び上野原市議会規則第16条が求めております2人以上の賛成者がおりますので、本動議は議題として成立いたします。

 本動議を日程に追加したいと思います。

 本動議を日程に追加することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声)



○議長(久島博道君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第53号から議案第58号までの上野原市教育委員会委員及び上野原市監査委員選任審査のための特別委員会の設置と会期延長を求める動議が成立いたしました。

 よって、教育委員会及び監査委員選任の動議に関する審査を行うための特別委員会の設置と会期を延長する動議が成立されましたので、後ほど、今特別委員会の正副委員長を互選し、議長に報告願います。

 しばらく休憩いたします。



△休憩 午前10時54分



△再開 午前11時51分



○議長(久島博道君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 ご報告いたします。

 ただいま設置されました議案第53号から議案第58号までの上野原市教育委員会委員及び上野原市監査委員の審査を行う特別委員会の委員長に鈴木敏行君、副委員長に和田正人君が選任されました。

 なお、会期については、4月3日まで延長されました。

 次回の本会議は4月3日14時より開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(久島博道君) 以上で本日の日程は、すべて終了いたしました。

 本日は、これで散会します。

 ご苦労さまでした。



△散会 午前11時52分