議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 上野原市

平成17年  2月 臨時会(第1回) 02月21日−01号




平成17年  2月 臨時会(第1回) − 02月21日−01号







平成17年  2月 臨時会(第1回)



     平成17年上野原市議会第1回臨時会会期及び議事日程



番号
月日
曜日
会議区分
内容



2月21日

本会議
1仮議席の指定 2議長の選挙


(追加日程)1議席の指定 2会議録署名議員の指名 3会期の決定 4副議長の選挙 5発議上程 6常任委員会委員の選任 7議会運営委員会委員の選任 8上野原市農業委員会委員の推薦 9議案上程(・市長職務執行者提案理由説明・議案説明)



2月22日

休会
※専決処分条例説明会・16年度暫定予算説明



2月23日

休会
 



2月24日

休会
 



2月25日

委員会
1議案審査



          平成17年2月上野原市議会第1回臨時会

              議事日程(第1号)

        平成17年2月21日(月)午前9時47分開議

第1 仮議席の指定

第2 議長の選挙

(追加日程)

第1 議席の指定

第2 会議録署名議員の指名

第3 会期決定の件

第4 副議長の選挙

第5 発議の上程

    発議第1号 上野原市議会委員会条例の制定について

    発議第2号 上野原市議会会議規則の制定について

    発議第3号 上野原市議会傍聴規則の制定について

    発議第4号 上野原市議会事務局設置条例の制定について

    発議第5号 上野原市議会だよりの発行に関する条例の制定について

第6 上野原市議会常任委員会委員の選任について

第7 上野原市議会運営委員会委員の選任について

第8 上野原市農業委員会委員の推薦について

第9 議案の上程

    議案第1号〜議案第10号まで一括上程

    議案第1号 専決処分の承認を求めることについて(上野原市役所の位置を定める条例ほか195件の条例制定について)

    議案第2号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度上野原市一般会計暫定予算ほか17件について)

    議案第3号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度上野原市水道事業会計暫定予算について)

    議案第4号 専決処分の承認を求めることについて(平成16年度上野原市病院事業会計暫定予算について)

    議案第5号 専決処分の承認を求めることについて(上野原市指定金融機関の指定について)

    議案第6号 専決処分の承認を求めることについて(上野原市内の字の区域を新たに画することについて)

    議案第7号 専決処分の承認を求めることについて(大月市外2村指導主事共同設置への加入について)

    議案第8号 専決処分の承認を求めることについて(上野原市と小菅村との間における一般廃棄物の処理に係る事務委託について)

    議案第9号 専決処分の承認を求めることについて(上野原市と丹波山村との間における一般廃棄物の処理に係る事務委託について)

    議案第10号 動産の購入について

    市長職務執行者提案理由説明

    議案説明

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(33名)

     1番  杉本友栄君      2番  長田助成君

     3番  小俣泰孝君      4番  尾形幸召君

     5番  原田弘喜君      6番  村松郁夫君

     7番  多賀井左敬君     8番  夘月正次君

     9番  杉本 茂君     10番  鷹取偉一君

    11番  関戸信二君     12番  佐藤則久君

    13番  久島博道君     14番  関戸将夫君

    15番  奈良田文夫君    16番  服部光雄君

    17番  佐藤忠義君     18番  尾形正已君

    19番  山下 仁君     20番  石井義定君

    21番  岡部幸喜君     22番  尾形重寅君

    23番  加藤忠亮君     24番  中村道子君

    25番  関戸勝治君     26番  河内郁夫君

    27番  小笠原俊将君    28番  岡田元衛君

    29番  石井脩徳君     30番  杉本隆芳君

    31番  和田正人君     32番  山口公正君

    33番  佐藤芳男君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●説明のため出席した者の職氏名

 市長職務執行者   天野清作君    収入役職務代理者  高橋武久君

 教育長       水越偉成君    消防長       近田 始君

 政策秘書室長    中村照夫君    総務部長      久島 啓君

 市民部長      臼井和文君    福祉環境部長    上條 喬君

 建設経済部長    小澤岩雄君    消防署長      溝呂木忠男君

 総務課長      細川波男君    企画課長      酒井信俊君

 市民課長      安藤芳夫君    福祉課長      原田敏夫君

 建設課長      市川正末君    学校教育課長    志村 茂君

 社会教育課長    小笠原徳喜君   水道課長      加藤武夫君

 病院事務長     小俣幸三君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●事務局出席職員氏名

 議会事務局長    佐藤房義君    書記        尾形公芳君

 書記        原田 宙君



◎議会事務局長(佐藤房義君) 上野原市議会事務局長の佐藤です。

 本臨時会は、合併後初めての議会です。

 議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定によって、出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。

 年長議員であります佐藤芳男議員をご紹介します。

 佐藤芳男議員、議長席へお願いいたします。

          (年長の議員 佐藤芳男議員議長席に着く)



○臨時議長(佐藤芳男君) ただいま事務局長より紹介されました佐藤芳男でございます。

 規定によりまして臨時議長の職務を行います。よろしくご協力をお願いいたします。

 会議を開会する前に、執行部から職員の紹介をいたしたい旨の申し出がありましたので、よろしくお願いいたします。

 久島総務部長。

          (執行部紹介)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前9時52分



○臨時議長(佐藤芳男君) ただいまの出席議員は33名です。

 ただいまから平成17年上野原市議会第1回臨時会を開会いたします。

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元にお配りのとおりです。

 お諮りします。

 議事の進行については、上野原市議会の会議規則がまだ公布されておりません。よって、今議会は、議員提出議案の提出されます会議規則案に準じて進行したいと思います。これにご異議ありませんか。

          (異議なしの声多し)



○臨時議長(佐藤芳男君) 異議なしと認めます。

 よって、これより議事の進行については、上野原市議会会議規則案により進めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○臨時議長(佐藤芳男君) 日程第1、仮議席の指定を行います。

 仮議席はただいま着席の議席とします。これにご異議ありませんか。

          (異議なしの声多し)



○臨時議長(佐藤芳男君) 異議なしの声でありますので、仮議席はただいま着席の議席に決定させていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○臨時議長(佐藤芳男君) 日程第2、議長の選挙を行います。

 初めての議会でありますため、話し合いの時間が必要と思いますので、しばらく休憩いたします。



△休憩 午前9時53分



△再開 午前10時06分



○臨時議長(佐藤芳男君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によりまして指名推選といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (異議なしの声多し)



○臨時議長(佐藤芳男君) 異議なしと認めます。

 したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。

 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。ご異議ございませんか。

          (異議なしの声多し)



○臨時議長(佐藤芳男君) 異議なしと認めます。

 したがって、議長が指名することに決定しました。

 議長には、岡部幸喜議員を指名したいと思います。

 お諮りします。

 ただいま議長が指名しました岡部幸喜君を議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          (異議なしの声多し)



○臨時議長(佐藤芳男君) 異議なしと認めます。

 したがって、ただいま指名しました岡部幸喜君が議長に当選されました。

 岡部幸喜君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により、当選の告知をします。

 議長、ごあいさつをお願いいたします。



○議長(岡部幸喜君) 議長就任に当たり、一言ごあいさつをさせていただきます。

 平成17年の上野原市議会第1回臨時議会、合併後初めての議会において、ただいま議長として議員各位より温かいご推挙をいただき、議長として任につきました。議員各位に本当に心から御礼と感謝を申し上げます。また、先輩議員のご指導、そして同僚議員の協力によって、公正・中立にして一生懸命職務を全うしたいと思います。よろしくお願いしたいと思います。

 平成15年の3月20日、秋山・上野原の町村議会で法定合併協議会の議案が同時に提案されまして、両議会において同時に可決され、それをもとに合併の協議会が力強く発足され、多くの協議と難問を乗り越え、そして合併新市計画が策定されたわけでございます。

 社会経済も見通しのきかない中で、また少子・高齢化社会が到来する中で、合併の新市計画書にございます理想に向かって、夢のある未来像に向かって、「夢と希望あふれる快適発信都市」という目標の中で考えてみますと、本当に今後、議会として取り組む問題が山積してございます。

 このようなことから考えますと、議長という職は本当に使命は重くて、重大だなということを今ひしひしと感じるわけでございます。議会と市の執行部の皆さんが本当にお互いに与えられた権能をそれぞれ発揮し、一体となって目的達成に向かって実りの多いものにしていかなければならないと痛感もしているところでございます。

 議員各位の皆さん、そして市当局の皆さんには、これからどうかご支援、ご指導、ご鞭撻を賜りながら、一生懸命頑張っていきたいと思いますので、変わらぬご支援、ご協力を切にお願い申し上げまして、就任のごあいさつにかえさせていただきます。

 どうもありがとうございました。(拍手)



○臨時議長(佐藤芳男君) 議長、議長席にお着き願います。

 これで臨時議長の職務は全部終了いたしました。

 ご協力ありがとうございました。

          (臨時議長、議長と交代)



○議長(岡部幸喜君) 臨時議長さん、ご苦労さまでした。

 まことにふなれでございますので、よろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 早速ですが、しばらく休憩いたします。



△休憩 午前10時13分



△再開 午前10時23分



○議長(岡部幸喜君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 議事日程の追加をします。

 追加議事日程は、お手元にお配りしたとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 追加日程第1、議席の指定を行います。

 議席は、だたいまご着席の仮議席を本議席に指定いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 追加日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定によって、1番杉本友栄君、2番長田助成君及び3番小俣泰孝君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 追加日程第3、会期決定の件を議題とします。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は、本日から25日までの5日間にしたいと思います。ご異議ありませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日から25日までの5日間に決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 追加日程第4、副議長の選挙を行います。

 お諮りします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、議長が指名することに決定しました。

 副議長に多賀井左敬君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長が指名しました多賀井左敬君を副議長の当選人と定めることにご異議ございませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、ただいま指名いたしました多賀井左敬君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました多賀井左敬君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。

 副議長、ごあいさつをお願いいたします。



◆副議長(多賀井左敬君) ただいま臨時議会におきまして、皆様、議員より推挙され、副議長に就任いたしました多賀井左敬でございます。

 私は平成15年に議員に当選し、副議長ということで、合併協議会の委員として、5月より合併協議会の一員として旧上野原町、秋山村の合併に伴う案件を協議し、進めてまいりました。それがだんだん進むにつれて、やはりいろいろな核心に触れてくる中で、一時は皆さんご存じのように、中断したこともございましたし、また住民説明会においては、やはり上野原町の住民からは、旧秋山村と合併して市になって、大きな飛躍を図りたいという要望が私も住民説明会の中でひしひしと感じることができ、私としても秋山村の今後の発展については、やはり合併が必要であるということを日に日に感じが強くなってまいりました。

 そんな中ではありますけれども、やはりいろいろな面での行政の違い等も多少ある中で、合併協議会の奈良会長を先頭にして、やはり合併をまとめなければならないと、またまとめることが両町村の住民にとって必要であるというふうに感じる中で、きょうのこの日を迎えることができたということは、大変私としても喜びにたえないところでございます。

 しかし、例えば鉄道事業にたとえますと、電車はできたというような感じが私はするんですね。電車を走らせるレールをどっち方向へ向けて要するに走らせるのがいいのか、これからが本当の我々議員として評価されることにつながっていくのではないかなと、このように考えております。皆様方と一緒になって頑張っていかれればと思っております。どうか今後ともご指導、ご協力を賜りますようお願いいたしまして、簡単ではございますけれども、あいさつにかえさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 追加日程第5、発議の上程を行います。

 発議第1号、上野原市議会委員会条例の制定についてを議題といたします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 服部光雄君。



◆16番(服部光雄君) 提案をさせていただきます。

 発議第1号、上野原市議会委員会条例の制定について。

 上記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条の規定により提出する。

 平成17年2月21日。

 上野原市議会議長 岡部幸喜殿。

 提出者、上野原市議会議員、服部光雄。賛成者、同、加藤忠亮。賛成者、同、久島博道。賛成者、同、村松郁夫。

 提案理由、上野原町、秋山村の合併に伴い、上野原市議会委員会条例を制定する必要がある。これがこの条例案を提出する理由である。

 詳細は別紙のとおりであります。



○議長(岡部幸喜君) 発議第1号、上野原市議会委員会条例の制定についてを議題として質疑を行います。

          (質疑なしの声あり)



○議長(岡部幸喜君) 質疑を終わり、討論を行います。

          (討論なしの声あり)



○議長(岡部幸喜君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ございませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 発議第2号、上野原市議会会議規則の制定についてを議題といたします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 服部光雄君。



◆16番(服部光雄君) 発議第2号、上野原市議会会議規則の制定について。

 上記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条の規定により提出する。

 平成17年2月21日。

 上野原市議会議長 岡部幸喜殿。

 提出者、上野原市議会議員、服部光雄。賛成者、同、加藤忠亮。賛成者、同、久島博道。賛成者、同、村松郁夫。

 提案理由、上野原町、秋山村の合併に伴い、上野原市議会会議規則を制定する必要がある。これがこの規則案を提出する理由である。

 詳細は別紙のとおりであります。



○議長(岡部幸喜君) 発議第2号、上野原市議会会議規則の制定についてを議題として、質疑を行います。

          (質疑なしの声あり)



○議長(岡部幸喜君) 質疑を終わり、討論を行います。

          (討論なしの声あり)



○議長(岡部幸喜君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ございませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 発議第3号、上野原市議会傍聴規則の制定についてを議題といたします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 服部光雄君。



◆16番(服部光雄君) 発議第3号、上野原市議会傍聴規則の制定について。

 上記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条の規定により提出する。

 平成17年2月21日。

 上野原市議会議長 岡部幸喜殿。

 提出者、上野原市議会議員、服部光雄。賛成者、同、加藤忠亮。賛成者、同、久島博道。賛成者、同、村松郁夫。

 提案理由、上野原町、秋山村の合併に伴い、上野原市議会傍聴規則を制定する必要がある。これがこの規則案を提出する理由である。

 詳細は別紙のとおりであります。



○議長(岡部幸喜君) 発議第3号、上野原市議会傍聴規則の制定についてを議題として、質疑を行います。

          (質疑なしの声あり)



○議長(岡部幸喜君) 質疑を終わり、討論を行います。

          (討論なしの声あり)



○議長(岡部幸喜君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 発議第4号、上野原市議会事務局設置条例の制定についてを議題といたします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 服部光雄君。



◆16番(服部光雄君) 発議第4号、上野原市議会事務局設置条例の制定について。

 上記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条の規定により提出する。

 平成17年2月21日。

 上野原市議会議長 岡部幸喜殿。

 提出者、上野原市議会議員、服部光雄。賛成者、同、加藤忠亮。賛成者、同、久島博道。賛成者、同、村松郁夫。

 提案理由、上野原町、秋山村の合併に伴い、上野原市議会事務局設置条例を制定する必要がある。これがこの条例案を提出する理由である。

 詳細は別紙のとおりであります。



○議長(岡部幸喜君) 発議第4号、上野原市議会事務局設置条例の制定についてを議題として、質疑を行います。

          (質疑なしの声あり)



○議長(岡部幸喜君) 質疑を終わり、討論を行います。

          (討論なしの声あり)



○議長(岡部幸喜君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 発議第5号、上野原市議会だよりの発行に関する条例の制定についてを議題といたします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 服部光雄君。



◆16番(服部光雄君) 発議第5号、上野原市議会だよりの発行に関する条例の制定について。

 上記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条の規定により提出する。

 平成17年2月21日。

 上野原市議会議長 岡部幸喜殿。

 提出者、上野原市議会議員、服部光雄。賛成者、同、加藤忠亮。賛成者、同、久島博道。賛成者、同、村松郁夫。

 提案理由、上野原町、秋山村の合併に伴い、上野原市議会だよりの発行に関する条例を制定する必要がある。これがこの条例案を提出する理由である。

 条例案は別紙のとおりであります。



○議長(岡部幸喜君) 発議第5号、上野原市議会だよりの発行に関する条例の制定についてを議題として、質疑を行います。

          (質疑なしの声あり)



○議長(岡部幸喜君) 質疑を終わり、討論を行います。

          (討論なしの声あり)



○議長(岡部幸喜君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 しばらく休憩いたします。



△休憩 午前10時39分



△再開 午前11時04分



○議長(岡部幸喜君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 追加日程第6、上野原市議会常任委員会委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定によって、お手元にお配りしました名簿のとおり、指名したいと思いますが、異議ありませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、常任委員会委員はお手元にお配りしました名簿のとおり選任することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 追加日程第7、上野原市議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。

 お諮りします。

 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定によって、お手元にお配りいたしました名簿のとおり、指名したいと思います。異議ありませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、議会運営委員会委員はお手元にお配りしました名簿のとおり選任することに決定いたしました。

 なお、各常任委員会委員、議会運営委員会委員は各委員会ごとにそれぞれ正副委員長を互選し、その結果を議長に報告願います。

 しばらく休憩いたします。



△休憩 午前11時09分



△再開 午前11時21分



○議長(岡部幸喜君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ここで、各常任委員会・議会運営委員会正副委員長の互選の結果を報告します。

 先ほど構成されました各常任委員会・議会運営委員会の互選の結果、正副委員長はお手元にお配りした名簿のとおり決まりましたので、ご報告いたします。

 総務常任委員長に服部光雄君、副委員長に尾形幸召君、厚生常任委員長に加藤忠亮君、副委員長に長田助成君、経済常任委員長に久島博道君、副委員長に杉本友栄君、建設常任委員長に村松郁夫君、副委員長に山口公正君、議会運営委員長に山口公正君、副委員長に尾形重寅君がそれぞれ決まりましたので、ご報告いたします。

 なお、議会だより編集委員会については、議員全員協議会においてお配りしてあります表のような構成になりましたので、ご報告をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 追加日程第8、上野原市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

 お諮りします。

 農業委員会等に関する法律第12条第1項第2号の規定によって、議会の推薦する農業委員会委員は4人以内であります。推薦の方法については、議長において指名推選することにしたいと思います。ご異議ありませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、議長において指名することに決定しました。

 議会推薦農業委員会委員に小俣長二君、磯部年太郎君、杉本和惠君及び長田壽敬君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました方を農業委員会委員に推薦することにご異議ございませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、農業委員会委員に以上の方を推薦することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 追加日程第9、議案の上程を行います。

 議案第1号から議案第10号までの10件を一括上程し、職員の朗読をさせます。

 事務局長。

          〔事務局長朗読〕



○議長(岡部幸喜君) 市長職務執行者に提案理由の説明を求めます。

 市長職務執行者、天野清作君。



◎市長職務執行者(天野清作君) 本日ここに、平成17年上野原市議会第1回臨時会の開催に当たり、議員各位には公私ともにお忙しいところをご出席を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、「夢と希望あふれる快適発信都市」を目指し、「安全・安心のまちづくり」、「いきいきとしたまちづくり」、「結び合うまちづくり」の3つの柱を基本として、この2月13日より上野原市が発足し、県下12番目の市として市制施行をスタートすることができました。

 また、議員各位を初めご来賓の皆様のご臨席を賜り、上野原市役所の開庁式並びに秋山支所の開所式につきましても、滞りなく挙行できましたことは、ひとえに議会の皆様、市民の皆様のご理解とご協力のたまものであり、心から感謝申し上げる次第であります。

 本臨時会は、上野原市発足後初めての議会であり、また私は市長職務執行者として、新市長が選出されるまでの間、法の規定に基づき市政を担当いたしますが、市民のためにスムーズな市政運営ができますよう一生懸命努めてまいる所存であります。議員各位におかれましては、格別のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 ご承知のように、我が国は大きな変革の時代にあり、国外におきましては、中東地域における紛争や北朝鮮問題に見られるように、国際情勢は緊張の度を深めております。

 また、国内におきましても、景気の回復の兆しが見られるとは言うものの、依然として厳しい状況が続いております。

 このたびの合併に際しましては、地方分権の進展の中で、住民に最も身近である市町村の行政基盤の強化と効率化を図っていくことが大きな課題となっておりました。

 こうした中で、上野原町及び秋山村の両町村ともに合併について真剣に考え、検討を重ね、住民の意見を集約した結果、お互いを合併の相手として選択し、両町村議会の議決をいただき、平成15年4月1日に法定合併協議会を立ち上げ、16回にわたる合併協議を進めてまいりました。この間、議員各位を初め関係者の皆様のご指導とご協力によりまして、郡を越えた合併を実現し、上野原市の発足を迎えることができました。

 もとより両町村は、地理的にも歴史的にも、また、経済、文化、生活面においても古くから深い結びつきを有しており、近年におけるモータリゼーションの進展により、1つの生活圏として住民相互の交流を培ってきたところであります。この合併により、旧上野原町民と旧秋山村民は、上野原市という1つの船に乗り、運命をともにする決意をされ、今その出発点に立ったところであります。将来にわたって、確固たる強い行政基盤の確立を図り、地方分権の時代にふさわしい市民協働のまちづくりを進め、市民の皆様が安全で安心して暮らせる市政を築くことが、私どもに課せられた責務であると思います。

 今後とも、新しいまちづくりのために、市民の皆様と一体となって市民の融和を深め、短い期間ですが、上野原市発展のために渾身の力を傾注してまいる所存であります。

 改めまして、議員各位を初め市民の皆様のご理解、ご協力をこれまでにも増してお願い申し上げます。

 それでは、今臨時会にご提案申し上げました議案の概要につきまして説明申し上げます。

 議案第1号は、上野原市役所の位置を定める条例ほか195件の条例制定について専決処分の報告をし、承認を求めることについてであります。

 これは、平成17年2月13日をもちまして上野原市が設置されたことに伴い、行政を滞りなくスタートさせるため、上野原市役所の位置を定める条例ほか195件の条例を地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したもので、同条第3項の規定により議会に報告し、承認をお願いするものであります。

 専決処分した条例につきましては、北都留郡上野原町と南都留郡秋山村の両町村の調整を経て条例化したもので、その内容により幾つかに分類されます。

 第1に、法令の定めにより、必ず設置もしくは制定が必要なものまたはこれらに準ずるもので、市制執行上、空白期間の許されないものであります。

 第2には、新市の組織及びその運営または職員等の勤務条件である給与、勤務時間等に関するものであります。

 第3には、市民の権利、利益の保護または権利の制限もしくは義務を果たすため、空白期間の許されないものであります。

 第4には、公の施設等の設置・管理に関するものであります。

 第5には、両町村が同様な制度を持つ事務事業に関するもので、統合するものであります。

 さらに、第6といたしましては、合併協議会で協議済みのものであります。

 なお、専決処分された条例以外に新市において新たに条例が制定されるまでの間、その地域に施行されていた条例について、当該地域に引き続き施行されるものがあるほか、市長職務執行者として専決処分することになじまない政策的な条例や議会が定める条例などは、合併後、随時制定させることになるものなどもあります。

 次に、議案第2号は、平成16年度上野原市一般会計暫定予算ほか17件について専決処分の報告をし、承認を求めることについてであります。

 これは、新市発足に伴い、地方自治法施行令の規定に基づき、3月31日までの必要な収支につきまして暫定予算を調製するとともに、予算執行の必要がありますので、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、専決処分を行ったものです。

 まず、平成16年度上野原市一般会計暫定予算、1ページをお願いいたします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ41億2,557万4,000円と定めるものでございます。

 その概要につきましては、合併補助金による事業費や生活保護費が新規に計上されておりますが、両町村の平成16年度予算現額の執行残額をもって原則予算額となっております。以下の特別会計においても、同様の予算計上となっております。

 また、繰越明許費、債務負担行為、地方債は、合併後改めて予算措置及び設定をしようとするものでございます。

 次に、平成16年度国民健康保険特別会計(事業勘定)暫定予算、147ページをお願いいたします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ5億8,389万円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度国民健康保険特別会計(直営診療施設勘定)暫定予算、183ページをお願いいたします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ1,224万2,000円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度老人保健特別会計暫定予算、205ページをお願いいたします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ6億4,710万6,000円と定めたものでございます。

 次に、平成16年度介護保険特別会計暫定予算、221ページをお願いいたします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ3億8,615万円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度公共下水道事業特別会計暫定予算、259ページをお願いします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ2億8,308万4,000円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度簡易水道事業特別会計暫定予算、281ページをお願いします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ1,832万7,000円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度教育奨励資金特別会計暫定予算、305ページをお願いします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ289万4,000円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度温泉事業特別会計暫定予算、317ページをお願いします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ4,316万8,000円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度大目財産区特別会計暫定予算、337ページをお願いします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ1億2,865万3,000円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度甲東財産区特別会計暫定予算、349ページをお願いします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ107万3,000円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度巖財産区特別会計暫定予算、361ページをお願いします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ1億3,099万9,000円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度島田財産区特別会計暫定予算、373ページをお願いします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ3,204万2,000円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度上野原財産区特別会計暫定予算、385ページをお願いします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ2,644万6,000円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度檜尾根外十二恩賜林保護財産区特別会計暫定予算、397ページをお願いいたします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ133万1,000円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度小金沢土室山恩賜県有財産保護組合西原分収益事業特別会計暫定予算、409ページをお願いします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ276万7,000円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度秋山財産区特別会計暫定予算、421ページをお願いします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ72万円と定めるものでございます。

 次に、平成16年度西棚ノ入外十一恩賜林保護財産区特別会計暫定予算、433ページをお願いいたします。

 この予算では、歳入歳出暫定予算の総額を歳入歳出それぞれ5万円と定めるものでございます。

 次に、議案第3号は、平成16年度上野原市水道事業会計暫定予算について専決処分の報告をし、承認を求めることについてであります。

 水道事業の収益的収入は6,243万2,000円、同支出では8,221万5,000円を、資本的収入では1億6,696万1,000円、同支出では1億6,064万9,000円を定めるものであります。

 次に、議案第4号は、平成16年度上野原市病院事業会計暫定予算について専決処分の報告をし、承認を求めることについてであります。

 病院事業の収益的収入及び支出では、それぞれを4億6,262万7,000円を定め、資本的収入及び支出では、収入として6,390万5,000円、支出として4,978万9,000円をそれぞれ定めるものであります。

 次に、議案第5号は、上野原市指定金融機関の指定について専決処分の報告をし、承認を求めるものであります。

 これは、地方自治法第235条第2項及び地方自治法施行令第168条第2項の規定により、市の公金の収納及び支払い事務を指定した金融機関に取り扱わせるためのものです。

 次に、議案第6号は、上野原市内の字の区域を新たに画することについて専決処分の報告をし、承認を求めるものであります。

 これは、あらかじめ定めた合併協定において、旧秋山村の区域をもって大字の区域を秋山とする旨決定がなされ、これを実施する必要があるためであります。

 次に、議案第7号は、大月市外2村指導主事共同設置への加入について専決処分の報告をし、承認を求めるものであります。

 これは、地方自治法第252条の7第2項の規定により、指導主事を共同設置することへ加入する必要があるためであります。

 次に、議案第8号及び議案第9号は、上野原市と小菅村及び上野原市と丹波山村との間における一般廃棄物の処理に係る事務委託について専決処分の報告をし、承認を求めるものであります。

 これは、小菅村と丹波山村について、依然として自村で一般廃棄物の処分が不可能なため、地方自治法第252条の14第1項の規定により、旧上野原町に引き続き、上野原市でも一般廃棄物の処分の事務委託を受託するものであります。

 次に、議案第10号は、動産の購入についてであります。

 上野原市消防本部に配備する高規格救急自動車トヨタ自動車3,200ccクラス、四輪駆動式を1台購入しようとするものであり、随意契約により山梨県都留市田野倉457番地、山梨トヨタ自動車株式会社、都留店店長、外川寿雄氏と3,421万9,500円で仮契約を締結しましたので、議会の議決をお願いするものであります。

 以上、ご提出いたしました案件の概要をご説明申し上げましたが、ご審議の上、可決くださいますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(岡部幸喜君) 議案の朗読を省略し、議案の説明を求めます。

 議案第1号、専決処分の承認を求めることについて、上野原市役所の位置を定める条例外195件の条例制定については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

          (異議なしの声多し)



○議長(岡部幸喜君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 内容の説明を求めます。

 久島総務部長。



◎総務部長(久島啓君) それでは、ご説明申し上げます。

 議案集の1ページをごらんいただきたいと思います。

 議案第1号、専決処分の承認を求めることについてでございます。

 地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものでございます。

 次の2ページをごらんいただきたいと思います。

 専決処分第1号、専決処分書。

 地方自治法第179条第1項の規定により、上野原市役所の位置を定める条例ほか195件の条例制定について、次のとおり専決処分する。

 平成17年2月13日。

 上野原市長職務執行者、天野清作。

 ただいま上程となりました議案第1号、上野原市役所の位置を定める条例ほか195件の条例専決処分の承認を求めることについて、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定によりましてここで報告し、議会の承認を求めるものでございます。

 基本的な考え方といたしまして、新設合併の場合は、合併構成町村はすべて法人格が消滅するため、両町村における条例及び規則等は合併日前日の平成17年2月12日にすべて失効するため、新市設置日の平成17年2月13日以降の事務事業に必要なものついては、合併協議会で承認された事務事業の調整方針に基づき、以下の区分により整理することといたしました。

 1つといたしまして、合併と同時に市長職務執行者の専決処分により同時制定施行されるもの。

 2つといたしまして、合併後、一定の地域に暫定的に施行されるもの。

 3つといたしまして、合併後、逐次制定し、施行されるものでございます。

 これまで、それぞれの分科会で両町村の条例を持ち寄り、業務内容のすり合わせを行うとともに、準則を参考に整備作業を行ったものでございます。

 対象となりました条例は、旧上野原町が222本、旧秋山村が140本で、合計362本でありましたものを196本に調整・整備したものでございます。

 議案集の3ページから12ページにかけまして、条例第1号、上野原市役所の位置を定める条例から条例第196号、上野原市文化ホール条例までの条例名称が書かれてございます。上野原市仮条例集を配付させていただきましたが、本日はお手元の専決処分の条例の説明資料によりましてご説明申し上げさせていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 ここでのご説明は、新しくできた条例、また両町村で大きな差異がある条例を中心にご説明申し上げまして、あす22日の議員全員協議会におきまして、各部長、各課長等からそれぞれの所管事項の条例につきまして概要をご説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、3ページをごらんいただきたいと思います。お手元の長い資料でございますけれども、一覧表は条例番号、条例名称、条例の内容、そして理由欄の順になっております。この理由欄でございますけれども、これは専決処分の理由でございまして、お手元に資料がなくて大変申しわけございません。2ページの中段の枠の中に掲げてございます専決処分の理由の記述が付してあるものでございます。最後に所管部署でございます。

 それでは、ご説明申し上げます。

 条例番号第1号、上野原市役所の位置を定める条例でございます。

 地方自治法第4条第1項の規定に基づき、上野原市役所の位置を上野原市上野原3832番地に定めるものであります。市の事務所の位置は条例で決める必要がございまして、合併協定項目の1つで決定された旧上野原町役場を上野原市役所の位置として規定したものでございます。

 条例番号第4号でございます。

 上野原市議会の定例会の回数を定める条例でございます。地方自治法第102条第2項の規定により、上野原市議会の定例会の回数を年4回と定めるものでございます。両町村に差異はなく、準則に従いましてこれは規定いたしました。

 条例番号第5号、上野原市行政組織条例でございます。

 地方自治法第158条第1項の規定に基づき、市長の権限に属する事務を分掌させるため、内部組織として部及び室を設けるものでございます。構成は、政策秘書室、総務部、市民部、福祉環境部、建設経済部の1室4部であります。

 なお、課等については行政組織規則で定めておりまして、構成は11課1秋山支所であります。

 条例番号第6号、上野原市役所支所設置条例でございます。

 地方自治法第155条第1項の規定に基づき、市長の権限に属する事務を分掌させるため、大目支所ほか7支所を置くものでございます。行政サービスの低下を招かないよう、旧秋山村役場庁舎を上野原市の支所として加え、8支所として規定したものでございます。

 続きまして、4ページでございます。

 条例番号第22号、上野原市災害対策本部条例でございますけれども、これにつきましては、旧上野原町、旧秋山村ともに準則に沿った内容で付されておりますので、上野原市においても準則に従って作成いたしました。

 条例番号第32号、上野原市の議会の議員及び長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例でございまして、これは公職選挙法の規定によりまして、市以上の選挙における条例を定めることによりまして、適用することができる選挙運動用ポスター及び選挙運動用自動車の公費負担について定めた条例でございまして、新規に新しく規定するものでございます。

 条例番号第33号でございますけれども、上野原市の議会の議員及び長の選挙におけるポスター掲示場の設置に関する条例でございまして、これは公職選挙法の規定によりまして、市町村において条例で定めることによりまして適用できるよう定めたものでございまして、ポスターの掲示場が設けられないと、候補者がおのおの張ることにより、市内の美観を損ねるほか、掲示の場所の取り合いなど問題も生じます。条例でポスター掲示場を設置することによりまして、より選挙人に対しても公平な選挙運動ができるということでございます。掲示場所の指定は旧上野原町が171か所、旧秋山村が28か所、計99か所でございます。



○議長(岡部幸喜君) 1号から196号までは、あした全協で同じことをやる予定になっていますので、できましたら簡略にお願いしたいと思います。

 続けてください。



◎総務部長(久島啓君) 条例番号第34号でございますけれども、上野原市選挙公報の発行に関する条例でございます。

 公職選挙法第172条の2の規定に基づきまして、上野原市の議会の議員及び長の選挙において、選挙公報を発行するに必要な事項を定めるものでございまして、旧上野原町にのみありましたので、旧上野原町の例によりまして規定したものであります。公職選挙法の規定により市町村において条例を定めることによりまして、適用できる選挙公報の発行を規定する条例でございます。市の選挙において、議員及び長の選挙の立候補者の政策を広く選挙人に知らせるための条例でございまして、選挙公報を発行する必要があるものでございます。

 条例番号第39号、上野原市職員定数条例でございます。

 これは、定数は調整方針に従いまして、両町村の定数の合計をもって新市の定数といたしました。その内容につきましては、市長部局が377人、うち病院事業が130人、議会事務局が4人、選挙管理委員会が1人、教育委員会は、事務局が23人、学校その他教育機関が15人、農業委員会が6人、消防が53人、水道事業が15人の計494人であります。

 条例番号第53号でございます。上野原市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例でございます。

 地方自治法第203条の規定に基づき、議会の議員に対して支給する報酬、費用弁償及び期末手当に関し、必要な事項を定めるものでございます。報酬は両町村の規定に差異があったため、旧上野原町の規定をもとに調整いたしました。議長31万円、副議長28万円、委員長26万5,000円、議員26万円であります。

 条例番号第54号、上野原市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例でございます。

 地方自治法第203条の規定に基づきまして、本市の特別職の職員で非常勤のものの報酬並びに費用弁償の額及びその支給方法を定めるものでございます。

 報酬額に差異がありましたので、各行政委員及び附属機関等の委員で日額で定めるものは旧上野原町の報酬額を採用し、その他、年額月額の定めにつきましては各専門委員会及び分科会において調整し、その額を決定したものでございます。

 条例番号第57号、上野原市長、助役及び収入役の給与等に関する条例でございます。

 地方自治法第204条第3項の規定に基づき、市長、助役及び収入役の給与及び旅費に関する事項を定めるものでございます。給与に差異があったため、旧上野原町の規定を採用いたしました。市長76万5,000円、助役61万8,000円、収入役58万円でございます。

 条例番号第58条、上野原市長職務執行者の給与及び旅費に関する条例でございます。

 地方自治法第204条の規定に基づき、市長職務執行者の給与及び旅費に関し、必要な事項を定めるものございまして、新市の発足に必要を生じたため新設するものでございまして、市長の規定に基づいて準用することといたしました。

 条例番号第59号、上野原市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例でございます。

 教育公務員特別法第16条第2項の規定に基づき、上野原市教育委員会の教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件について、必要な事項を定めるものでございます。給与の額に差が生じましたので、旧上野原町の規定を採用いたしました。給与は56万円でございます。

 条例番号第60号、上野原市職員給与条例でございます。

 地方公務員法第24条第6条の規定に基づき、職員の給与に関する必要な事項を定めるものでございます。基本的には国家公務員に準じて、両町村に大きな差異はありませんが、病院や消防への対応が必要なので、旧上野原町の規定をもとに調整をいたしました。また、行政職においては、部長制を採用したため、9級制としたほか、各級の職の名称を一新いたしました。

 条例番号第63号、上野原市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分の範囲を定める条例でございます。

 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分の範囲に関して定めるものでございまして、両町村に差異はないものでございますが、地方自治法第96条第1項第5号の規定によりまして、議会の議決に付すべき契約及び財産の処分の範囲について、準則に基づきまして規定いたしました。その額については、地方自治法施行令に規定する市の基準によりまして、工事または製造の請負につきましては、予定価格が1億5,000万円以上でございます。旧条例は5,000万円でありました。財産の取得または処分については、予定価格が2,000万円以上でございまして、旧条例は700万円以上でございました。



○議長(岡部幸喜君) しばらく休憩いたします。



△休憩 午後零時11分



△再開 午後零時38分



○議長(岡部幸喜君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 引き続き説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(久島啓君) 引き続き説明させていただきます。

 条例番号第113号、上野原市福祉事務所設置条例でございます。

 社会福祉法第14条第1項の規定に基づきまして、福祉に関する事務所を設置するものでございます。社会福祉法第14条第2項の規定に基づき、都道府県及び市は条例により福祉に関する事務所を設置する必要があるということでございます。位置については上野原市上野原3832番地の本庁舎に置くということでございます。

 条例番号第127号、上野原市介護保険条例でございます。

 この条例は、法令に定めるもののほか、上野原市が行う介護保険について定めるものでございます。旧上野原町と旧秋山村との間に差異があったため、保険料については平成17年度までは従来のままとし、現行の事業計画は平成15年、16、17年度の事業計画でありまして、平成18年度から新しく3か年についての介護保険計画を策定いたしますので、平成17年度は旧両町村がそのまま計画となるためであります平成18年度から調整等を行うものでございます。

 以上、196件の条例についてご説明申し上げました。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 議事日程の変更を行います。

 本日は議案第1号の説明をいたしました。議案第2号から10号までの議案説明は、22日を本会議として、その中で説明をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(岡部幸喜君) 以上です。本日はこれで散会いたします。



△散会 午後零時44分