議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 上野原市

平成19年  6月 定例会(第2回) 06月26日−04号




平成19年  6月 定例会(第2回) − 06月26日−04号







平成19年  6月 定例会(第2回)



          平成19年6月上野原市議会第2回定例会

              議事日程(第4号)

        平成19年6月26日(火)午前10時14分開議

第1 常任委員会報告

    議案第66号 政治倫理の確立のための上野原市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例制定について〔総務常任委員会付託・報告第6号〕

    議案第67号 上野原市手数料条例の一部を改正する条例制定について〔総務常任委員会付託・報告第6号〕

    議案第68号 上野原市財産の交換、譲与、無償貸与等に関する条例の一部を改正する条例制定について〔総務常任委員会付託・報告第6号〕

    議案第69号 上野原市病院事業の設置等に関する条例及び上野原市立病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例制定について〔文教厚生常任委員会付託・報告第7号〕

    議案第70号 上野原市火災予防条例の一部を改正する条例制定について〔総務常任委員会付託・報告第6号〕

    議案第71号 平成19年度上野原市一般会計補正予算(第1号)〔各常任委員会付託・報告第6号、第7号、第9号〕

    議案第72号 損害賠償の額を定めることについて〔建設経済常任委員会付託・報告第9号〕

    議案第73号 損害賠償の額を定めることについて〔建設経済常任委員会付託・報告第9号〕

    請陳第2号 市立病院の充実を求める請願〔文教厚生常任委員会付託・報告第8号〕

第2 議案審議

    議案第74号 上野原市固定資産評価員の選任の同意について

    議案第75号 平成18年度上野原市継続費繰越計算書の報告について

    議案第76号 平成18年度上野原市繰越明許費繰越計算書の報告について

    議案第77号 損害賠償の額を定めることについて

第3 発議の上程

    発議第7号 市長の専決事項の指定について

第4 閉会中の継続調査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(19名)

     1番  市川 順君      2番  杉本公文君

     3番  田中英明君      4番  杉本征男君

     5番  山口好昭君      6番  鈴木敏行君

     7番  長田喜巳夫君     8番  杉本友栄君

     9番  長田助成君     10番  尾形幸召君

    11番  鷹取偉一君     13番  久島博道君

    14番  尾形正已君     15番  服部光雄君

    16番  奈良田文夫君    17番  岡部幸喜君

    18番  尾形重寅君     19番  小笠原俊将君

    20番  和田正人君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●欠席議員(1名)

    12番  関戸将夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●説明のため出席した者の職氏名

 市長        奈良明彦君    副市長       尾形 尚君

 教育長       網野清治君    消防長       安藤芳夫君

 総務部長      中村照夫君    市民部長      酒井信俊君

 福祉保健部長    山崎範夫君    建設経済部長    細川波男君

 消防署長      溝呂木忠男君   総務課長      湯川清平君

 企画課長      尾形壽春君    市民課長      小俣幸三君

 福祉課長      原田敏夫君    病院対策課長    水越 章君

 建設課長      市川正末君    会計管理者     藤本文雄君

 学校教育課長    片伊木卓男君   社会教育課長    小笠原徳喜君

 病院事務長     小佐野 進君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●事務局出席職員氏名

 議会事務局長    佐藤房義君    書記        尾形公芳君



△開議 午前10時14分



○議長(尾形正已君) 関戸将夫議員につきましては、体調不良のため議長あてに欠席届が出ておりますのでご了承願います。

 ただいまの出席議員は19名です。

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元にお配りしたとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 日程第1、常任委員会報告を行います。

 議案第66号、議案第67号、議案第68号、議案第70号及び議案第71号については、総務常任委員会に付託してありますので、この議案の審査に対する委員長の報告を求めます。

 総務常任委員長、久島博道君。



◆総務常任委員長(久島博道君) 総務常任委員会報告を行います。

 去る、6月15日の本会議において当委員会に付託されました案件について、18日、委員会を開き、所管する担当部課職員の出席を求め慎重に審査した経過と結果について、議案番号順にご報告いたします。

 初めに、議案第66号、政治倫理の確立のための上野原市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例制定については、証券取引法の一部が改正されたことにより、当該条例の改正を行うものです。

 次に、議案第67号、上野原市手数料条例の一部を改正する条例制定については、平成17年6月に成立した日本国政府とフランス共和国政府間で交わされた厚生年金保険法など社会保障関係の法律施行により、新たに上野原市の手数料条例に加えるものです。

 次に、議案第68号、上野原市財産の交換、譲与、無償貸与等に関する条例の一部を改正する条例制定については、行政財産の管理及び処分に関する条例改正で、地方自治法及び地方自治法施行令が改正されたため、特定の地権と地役権等が明記され、行政財産を貸し付けることができる法人等を定めたものでございます。

 次に、議案第70号、上野原市火災予防条例の一部を改正する条例制定については、建築基準法が条文の繰り上げ改正を行ったため、上野原市の火災予防条例を改正するもので、住宅用の火災警報機等の設置に関するものです。

 次に、議案第71号、平成19年度一般会計補正予算(第1号)中、当委員会所管分の5案については、県議会議員選挙及び参議院選挙関係費と地質調査事業の予算計上でございます。国県支出金と財政調整基金を取り崩して充てられる秋山地区の地積調査費は、当初予算には計上されておりませんでしたが、国・県の負担分、合計4分の3が補助されたために、当市負担分、289万1,000円は財政調整基金を取り崩して一般財源に充当したもので、合計1,155万5,000円です。委員の質問及び提出資料によると、秋山の地積調査は、今年度分を含め8地区実施しております。残りの未実施地区は全部で10地区あり、1地区に2年を要するため、あと20年かかるとのことでございます。

 以上が議案の審査経過でございます。当委員会に付託されましたすべての議案は、全委員異議なく当局提出の原案のとおり可決すべきものと決しました。

 なお、委員会審査に提出する説明資料等は、各担当部課で精査した上で作成、提出するよう意見を添えて委員会報告を終わります。

 総務常任委員長、久島博道。



○議長(尾形正已君) 議案第69号、議案第71号及び請陳第2号については、文教厚生常任委員会に付託してありますので、この議案の審査に対する委員長の報告を求めます。

 文教厚生常任委員長、鷹取偉一君。



◆文教厚生常任委員長(鷹取偉一君) 文教厚生常任委員会の報告を行います。

 本定例会において文教厚生常任委員会に付託された議案第69号、上野原市病院事業の設置等に関する条例及び上野原市立病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例制定、議案第71号、平成19年度上野原市一般会計補正予算(第1号)、請陳第2号、市立病院の充実を求める請願の、3件の審査を行いました。

 当委員会は、6月19日午前10時から議員全員協議会室において、委員全員が出席し、担当の市立病院、長寿健康課、病院対策課、教育委員会社会教育課、病院事務長、教育長、福祉保健部長、課長、リーダーからそれぞれの議案の説明を受け、審査いたしました。

 議案第69号、上野原市病院事業の設置等に関する条例及び上野原市立病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例制定は、病院事業では介護保険法の指定委託サービスの事業の特例により、訪問介護及び訪問リハビリテーションの事業を実施しているが、今後さらなる介護予防、在宅医療者の支援や効果的病院運営などの観点から、これらの事業に加え、委託サービス事業、介護サービス事業を行うための条例制定でございます。

 上野原市立病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例制定は、病院の事業の拡大による通所介護サービス事業料金の徴収方法の条例改正でございます。

 委員からは、医師不足の中、医療業務に支障はないのか、現在の施設で事業展開できるのか、事業の実施地域などの質疑がありました。委員会としては、医療業務に支障が出ないように要望し、全員一致で可決すべきものと決しました。

 議案第71号、平成19年度上野原市一般会計補正予算(第1号)のうち、当委員会の審査内容は、新設した病院対策課の事業経費、182万円の補正でございます。

 また、教育委員会社会教育課所管の遺跡出土品整理作業所、通称文化センターの冷暖房設備の修理代50万の補正です。全員一致で可決すべきものと決しました。

 また、請陳第2号、市立病院の充実を求める請願を審査いたしました。

 本案件については、請願人紹介議員の出席を求めず、事務局より請願内容についての説明がありました。請願の内容は、市民病院の建てかえ、病院の運営は市の直営とする、内科、外科、整形外科、小児科、産婦人科の設置、常勤医師、看護師の確保、患者の声の生かされる病院経営、地域医療に国や県が責任の保持の要望と6項目にわたり、693名の署名も添えてありましたが、市立病院の充実は委員全員、必要だが、当委員会でも3月の定例議会で議会内に病院検討特別委員会の設置を提案した経過があり、病院問題検討特別委員会との整合性を図るため、継続審査とすることに決しました。

 以上、文教厚生常任委員会の報告を終わります。



○議長(尾形正已君) 議案第71号、議案第72号及び議案第73号については、建設経済常任委員会に付託してありますので、この議案の審査に対する委員長の報告を求めます。

 建設経済常任委員長、杉本友栄君。



◆建設経済常任委員長(杉本友栄君) 建設経済常任委員会の報告をいたします。

 本定例会に付託議案であります議案第71号、平成19年度上野原市一般会計補正予算(第1号)及び議案第72号、議案第73号、損害賠償の額を定めることについて調査、審査を行うため、会期中の6月20日午前9時30分より議員全員協議会室において、委員全員と建設経済部長を初め建設課、経済課関係職員の出席を求め、議案の説明を求めました。

 また、議案審査の後、指定管理者制度で施設を運営されている秋山地区にある市営マス釣り場、秋山温泉の管理運営について直接伺い、状況説明を受けました。

 最初に、議案第71号、上野原市一般会計補正予算(第1号)の土木費、土木総務費について説明を受けました。

 歳出であります土木費、土木管理費、土木総務費の委託料でありますが、市として長年懸案事項でありました公共残土捨て場の用地が確保できたことにより、今回委託料として測量、設計の予算を計上するものであります。場所については、上野原市野田尻にありますオリムピック・カントリークラブ地内にありまして、既に市とオリムピック・カントリークラブでは、平成18年10月に現地調査を行い、10月には協議をしております。協議の中で林地開発の問題があり、林地開発についてはオリムピック・カントリークラブが県と協議を行い、変更許可をすることになりました。その結果、19年4月に変更許可が決定されたことにより、現地の実施設計に入り早急に完成を目したいとの説明でありました。

 審査の中で、どのくらいの残土を市では見込んでいるのか、また、管理についてはどうするのか、防災工事についてはどうするのかと幾つかの意見が出まして、その意見に対して市としての答弁をいただきました。最初に、残土の立米については、これから測量に入らないと正式な立米は出ませんが、概算3万立米から5万立米を見込んでいる。管理については、今後上野原市建設協会と協議を行い、協会にお願いをする計画でいます。防災工事についても測量、設計を行い、建設協会と協議をして工事をしていくとの答弁をいただき、審査した結果、議案第1号については、委員全員一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第72号、議案第73号、損害賠償の額を定めることについての説明を受けました。

 議案第72号につきましては、平成17年11月2日に東京都世田谷区の山中悦さんが市道八米鏡渡橋線を走行中、進行方向右側より、市道上部に覆いかかっていた木の枝により上部のほろを破損した事故でありまして、修理費5万2,000円に対して、9割の市の過失で4万6,800円の支払いになることの説明を受けました。

 続きまして、議案第73号においては、平成19年2月23日、上野原市上野原、奈良恵子さんが市道新井黒田線を走行中、進行方向左側より落石でフロントガラスを破損した事故でありまして、修理費9万3,742円全額が市の過失で支払いになることの説明を受け、審査した結果、議案第72号、議案第73号については全員一致で原案のとおり可決するべきものと決しました。

 次に、付託議案の審査終了後、全委員と建設経済部長以下担当課職員、議会事務局職員同行のもと、指定管理委託をしている秋山マス釣り場と秋山温泉の現地調査をいたしました。

 初めに、マス釣り場は平成16年9月1日に指定管理者契約を結んでおります。秋山川を利用した釣り場で、全長1キロ、74区画に分けた専用釣り場になっております。このほかに管理棟、食堂を初め休憩所が完備されておりますが老朽化が進み、手を入れなくてはならない修繕箇所が至るところに見受けられます。

 また、自然の川を利用していることから、大雨や災害などには川の濁りと同時に河川の改修もしなければならず、経営は苦境に立っているとのことです。

 しかし、指定管理者である有限会社次郎長の努力もあり、細々した修理は自分で行い、休みは月1度の定休日、第2金曜日だけで営業しているのが現状です。この状況を調査した中で、契約も3年を経過しており、当初の内容とは大幅な状況の変化も見られることから、指定管理委託の内容を見直す必要が出てきているのではないかと感じました。

 また、続いて、同じく指定管理者制度を導入している秋山温泉を現地調査いたしました。

 秋山温泉は、本年4月から株式会社ネスパと指定管理者契約を結んでおります。この日、施設内においてネスパの社長及び支配人から経営状況等について説明を受けました。本年4月及び5月の入館実績はそれぞれ8,515人、9,057人で、前年度に比べまして116.7%、107%の利用者増となっております。リニューアルオープンによる指定管理者制度の導入の効果があらわれている状況でした。

 この説明の中で、入館者1人当たりの水光熱費や、リネン費などの直接経費だけで300円のコストがかかり、この金額は小学生及びシニア利用者の現在の入館料に相当する額のため、利用者にかかる入湯税150円が赤字経営になっているとの現状です。住民福祉と健康増進を図るため、高齢者の方の積極的な利用を呼びかけていきたいが、そうするとその分経営的には苦しくなってしまうため、入湯料の減免等の取り扱いをお願いしたいとの旨の要望がございました。この点については、温泉経営の安定化を図りながら、引き続き住民福祉サービスに努めていく上でも、市としても経営上の配慮が必要ではないかと感じました。

 以上をもちまして、建設経済常任委員会の報告とします。

 建設経済常任委員長、杉本友栄。



○議長(尾形正已君) これから審議を行います。

 議案第66号、政治倫理の確立のための上野原市長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題として、質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 議案第66号は、委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第66号は委員長報告のとおり決定しました。

 議案第67号、上野原市手数料条例の一部を改正する条例制定についてを議題として、質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 議案第67号は、委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第67号は委員長報告のとおり決定しました。

 議案第68号、上野原市財産の交換、譲与、無償貸与等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題として、質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 議案第68号は、委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第68号は委員長報告のとおり決定しました。

 議案第69号、上野原市病院事業の設置等に関する条例及び上野原市立病院使用料及び手数料条例の一部を改正する条例制定についてを議題として、質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 議案第69号は、委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第69号は委員長報告のとおり決定しました。

 議案第70号、上野原市火災予防条例の一部を改正する条例制定についてを議題として、質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 議案第70号は、委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第70号は委員長報告のとおり決定しました。

 議案第71号、平成19年度上野原市一般会計補正予算(第1号)についてを議題として、質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 議案第71号は、委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第71号は、委員長報告のとおり決定しました。

 議案第72号、損害賠償の額を定めることについてを議題として、質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 議案第72号は、委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第72号は委員長報告のとおり決定しました。

 議案第73号、損害賠償の額を定めることについてを議題として、質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 議案第73号は、委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、議案第73号は、委員長報告のとおり決定しました。

 請陳第2号、市立病院の充実を求める請願を議題として、質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 請陳第2号は、委員長報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、請陳第2号は委員長報告のとおり決定しました。

 しばらく休憩します。



△休憩 午前10時40分



△再開 午前10時50分



○議長(尾形正已君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 日程第2、議案審議を行います。

 議案第74号、上野原市固定資産評価員の選任の同意についてを議題とします。

 お諮りします。

 本件は質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本件は質疑、討論を省略し、直ちに採決します。

 本件はこれに同意することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本件は原案のとおり同意することに決定しました。

 議案第75号、平成18年度上野原市継続費繰越計算書の報告についてを議題として、質疑を行います。

 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 2番、杉本公文です。この継続費繰越なんですが、この中には情報通信基盤整備事業の7億1,267万3,000円が含まれております。これは繰越額でありますけれども、そこで、工期であります。この事業の工期は1期、2期の工期ですけれども、当初から9月まで延ばすという説明を受けておりました。先月の5月15日の病院問題検討特別委員会で、中村総務部長の方から改めて、11月まで延期をしますという説明がありました。これは、3月議会でも9月だというふうに明言をしております。では、これはどういうことなのかという質問をしたんですが、うっかりしたということを部長の方からお話を伺ったんですが、これも議会でちゃんと答弁をし、そしてこの問題については何度となく報告を受けているんです、9月ということで、9月が11月になってもそれはそれで事実だということだと思いますけれども。

 まず、部長、議会でちゃんと答弁した内容については、うっかりだということでは困るので、ちゃんとした返答を、もっと議会の答弁については責任を持っていただきたいということを、それで、もしこの内容に違いがあるならば改めてお伺いしたいと思います。

 それからもう一点、UBCが関東総合通信局に放送事業者の設置認可の、仮認可ですけれども申請をしております。これが3月16日でした。期限がです。それを7月末日ということで、今延期の申請がなされております。この関係で、それはこのUBCの第三セクターの設置申請の許可も延期をなさるのかどうか、この2点についてお伺いいたします。



○議長(尾形正已君) 中村総務部長。



◎総務部長(中村照夫君) それでは、2点ほどございますので、初めに工期の関係ですけれども、実は9月の末ということで私は答えました。これについては、後で確認したところ11月30日だったということで、非常に、私の方の答弁が違っていたということで、ここで改めて訂正させて、またおわびさせていただきたいと思います。

 また、設置認可の関係ですけれども、これは設置の申請をUBCの方から、工事の完了の報告を出して、それについて総務省の検査が行われるというのがあるわけです。これについては、市の事業の方がおくれていますので、現状の中ではできない状況になるかと思います。そこで、市の事業のおくれによってそういったことができませんので、これらの変更をお願いする形になるかと思います。現在の状況では、いわゆる検査ができないと思います。そういう状況だと認識しています。

 以上です。



○議長(尾形正已君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 議場での発言についてはぜひこれからも、くれぐれも気をつけていただきたいと思います。

 それから、UBCの変更届ですが、それは予定がありますか。あったら聞かせていただきたいと思います。



○議長(尾形正已君) 中村総務部長。



◎総務部長(中村照夫君) 現在、UBCの方と、総務省の方が詰めております。その辺で、これから内容が変わってくるかと思いますけれども、いずれにしても市の事業を活用して行うということになりますから、それらを含めてこれから変更というのが出てくるかと思います。

 以上でございます。



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 2番、杉本公文です。私は、この情報通信基盤整備事業がこの継続費の繰越計算書の中には含まれておりますので、この事業は後世に市民の負担を残すものであるというふうに考えております。よって、この経費が計上されている継続費の繰越計算書は認めることができませんので、反対の立場です。よろしくお願いいたします。



○議長(尾形正已君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 異義がありますので本案は起立によって採決します。

 本案は、報告のとおり受理することに賛成の方はご起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(尾形正已君) 着席願います。

 起立多数です。

 したがって、本案は受理されました。

 議案第76号、平成18年度上野原市繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題として、質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、報告のとおり受理することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は報告のとおり受理することに決定しました。

 議案第77号、損害賠償の額を定めることについてを議題として、質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 日程第3、発議の上程を行います。

 発議第7号、市長の専決事項の指定についてを上程します。

 本案は、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異義なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 久島博道君。



◆13番(久島博道君) 13番、久島。

 市長の専決事項の指定について

 上記の議案を別紙のとおり地方自治法第112条及び会議規則第14条の規定により提出する。

                             平成19年6月26日

 上野原市議会議長 尾形正已殿

                     提出者 上野原市議会議員 久島博道

                     賛成者 上野原市議会議員 鷹取偉一

                     賛成者 上野原市議会議員 杉本友栄

 提案理由

 地方自治法第180条第1項の規定による、市議会の権限に属する軽易な事項の指定として、市が当事者あるいはその義務を負う和解及び損害賠償については、事実関係に争いがない限り、できるだけ訴訟事件に移行することなく速やかに解決し、事務の簡素化や被害者の早期の救済等を図る必要があるため、当市議会において市長が専決処分できる事項を定めるものである。

 これが、この議案を提出する理由である。

 市長の専決事項の指定について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により、市長が専決処分することができる事項を次のとおり指定する。

 1.市長が当事者である和解で、その目的の価格が100万円以下のもの。

 2.法律上市の義務に属する損害賠償額の決定で、その額が50万円以下のもの。

 附則

 この議決の効力は、平成19年6月26日から生ずるものとする。



○議長(尾形正已君) 発議第7号を議題として質疑を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

     (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 日程第4、閉会中の継続調査案件を議題とします。

 議会運営委員会委員長、病院問題特別委員会委員長及び文教厚生常任委員会委員長から、会議規則第104条の規定によって、お手元にお配りしたとおり閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りします。

 申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

     (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 以上で本日の日程はすべて終了しましたので、本日の会議を閉じます。

 これで平成19年上野原市議会第2回定例会を閉会します。

 ご苦労さまでした。



△閉会 午前11時05分

地方自治法第123条の規定により署名する。

  平成  年  月  日

         議長      尾形正已

         副議長     長田助成

         署名議員    長田喜巳夫

         署名議員    杉本友栄

         署名議員    長田助成