議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 上野原市

平成19年  3月 定例会(第1回) 03月12日−01号




平成19年  3月 定例会(第1回) − 03月12日−01号







平成19年  3月 定例会(第1回)



     平成19年上野原市議会第1回定例会会期及び議事日程



番号
月日
曜日
会議区分
内容



3月12日

本会議
1会議録署名議員の指名 2会期決定 3諸般の報告 4議案上程(市長提案理由説明・議案説明) 5予算特別委員会設置の件 6議案審議 7請陳上程



3月13日

休会
 



3月14日

委員会
1常任委員会(総務)



3月15日

委員会
1常任委員会(文教厚生)



3月16日

委員会
1常任委員会(建設経済)



3月17日

休会
 



3月18日

休会
 



3月19日

委員会
1予算特別委員会



3月20日

委員会
1予算特別委員会


10
3月21日

休会
 


11
3月22日

委員会
1予算特別委員会(総括含む)


12
3月23日

本会議
1市政一般に関する質問


13
3月24日

休会
 


14
3月25日

休会
 


15
3月36日

本会議
1市政一般に関する質問(予備日)


16
3月27日

休会
 


17
3月28日

本会議
1常任委員会報告 2予算特別委員会報告



          平成19年3月上野原市議会第1回定例会

               議事日程(第1号)

         平成19年3月12日(月)午前10時00分開議

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期決定の件

第3 諸般の報告

第4 議案上程

    議案第2号から議案第57号まで一括上程

    市長提案理由説明

    議案説明

第5 予算特別委員会設置の件

第6 議案審議

    議案第15号 平成18年度上野原市一般会計補正予算(第6号)

    議案第16号 平成18年度上野原市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)

    議案第17号 平成18年度上野原市国民健康保険特別会計(直営診療施設勘定)補正予算(第2号)

    議案第18号 平成18年度上野原市老人保健特別会計補正予算(第2号)

    議案第19号 平成18年度上野原市介護保険特別会計補正予算(第3号)

    議案第20号 平成18年度上野原市介護サービス事業特別会計補正予算(第2号)

    議案第21号 平成18年度上野原市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)

    議案第22号 平成18年度上野原市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)

    議案第23号 平成18年度上野原市教育奨励資金特別会計補正予算(第1号)

    議案第24号 平成18年度上野原市温泉事業特別会計補正予算(第3号)

    議案第25号 平成18年度上野原市巌財産区特別会計補正予算(第2号)

    議案第26号 平成18年度上野原市島田財産区特別会計補正予算(第2号)

    議案第27号 平成18年度上野原市上野原財産区特別会計補正予算(第3号)

    議案第28号 平成18年度上野原市檜尾根外十二恩賜林保護財産区特別会計補正予算(第2号)

    議案第29号 平成18年度上野原市西棚ノ入外十一恩賜林保護財産区特別会計補正予算(第2号)

    議案第30号 平成18年度上野原市病院事業会計補正予算(第2号)

    議案第56号 山梨県東部広域連合規約の変更について

    議案第57号 損害賠償の額を定めることについて

第7 請陳上程

    請陳第 1号 医師不足を解消し、安心できる地域医療体制の確保を求める意見書の提出を求める請願

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●出席議員(20名)

     1番  市川 順君      2番  杉本公文君

     3番  田中英明君      4番  杉本征男君

     5番  山口好昭君      6番  鈴木敏行君

     7番  長田喜巳夫君     8番  杉本友栄君

     9番  長田助成君     10番  尾形幸召君

    11番  鷹取偉一君     12番  関戸将夫君

    13番  久島博道君     14番  尾形正已君

    15番  服部光雄君     16番  奈良田文夫君

    17番  岡部幸喜君     18番  尾形重寅君

    19番  小笠原俊将君    20番  和田正人君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●説明のため出席した者の職氏名

 市長        奈良明彦君    助役        尾形 尚君

 収入役       久島 啓君    教育長       網野清治君

 消防長       中村初男君    政策秘書室長    上條 喬君

 総務部長      中村照夫君    市民部長      臼井和文君

 福祉保健部長    大神田光司君   建設経済部長    小澤岩雄君

 消防署長      溝呂木忠男君   総務課長      細川波男君

 企画課長      酒井信俊君    市民課長      安藤芳夫君

 福祉課長      原田敏夫君    建設課長      市川正末君

 学校教育課長    片伊木卓男君   社会教育課長    小笠原徳喜君

 病院事務長     小俣幸三君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●事務局出席職員氏名

 議会事務局長    佐藤房義君    書記        尾形公芳君

 書記        原田 宙君



◎議会事務局長(佐藤房義君) 会議を開会する前に、正副議長が退任されましたので、慣例により議会から感謝状が贈呈されます。

 まず、前議長からお願います。

 代理の方、演壇の前へお願いいたします。

         (感謝状贈呈)



◎議会事務局長(佐藤房義君) それでは、前副議長、前の方によろしくお願いいたします。

         (感謝状贈呈)



◎議会事務局長(佐藤房義君) 以上で感謝状の伝達を終わります。



△開会 午前10時00分



○議長(尾形正已君) ただいまの出席議員は20名です。

 ただいまから平成19年上野原市議会第1回定例会を開会いたします。

 これから本日の会議を開きます。

 本定例会は、平成19年度の上野原市の行財政の根幹をなす当初予算を初め、条例の制定、改正案、平成18年度補正予算案等を審議するものであります。

 これらは、いずれも市民の生活に密接に関連のあるものばかりでありますので、議会としても市民福祉の増進の面から十分審議をし、適正かつ妥当な議決をお願いしたいので、ご協力くださいますようよろしくお願いします。

 本日の議事日程は、お手元にお配りしたとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定よって、4番杉本征男君、5番山口好昭君及び6番鈴木敏行君を指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 日程第2、会期決定の件を議題にします。

 本定例会の会期については、慣例によって議会運営委員会で協議を行い、本日から28日までの17日間とすることに内定したので、その内容を議会運営委員長から報告願います。

 議会運営委員長、和田正人君。



◆議会運営委員長(和田正人君) 20番、和田です。

 それでは、議会運営委員会の報告をいたします。

 平成19年第1回上野原市議会定例会が招集されるに当たり、去る3月5日、議会運営委員会を開催し、会期及び日程について協議いたしました。日程(案)をお手元に配付いたしましたので、朗読いたしまして報告にかえさせていただきます。

 本定例会の会期については、本日3月12日から3月28日までの17日間と内定しております。これにつきましては、今回、当局から提出されている議案56件の内容や、後でご説明いたします予算特別委員会の開催等を考慮し、この会期といたしました。

 会期の内容につきましては、次のとおりです。

 3月12日、月曜日、本会議。1.会議録署名議員の指名、2.会期決定の件、3.諸般の報告、4.議案の上程(市長提案理由説明、議案説明)、5.予算特別委員会設置の件、6.議案審議、7.請陳の上程です。

 5の予算特別委員会の設置については、平成19年度の当初予算案19件が提出されているため、これらを特別委員会を設置して、会期中にご審査いただくためのものです。6の議案審議については、平成18年度補正予算案等18件を、予算執行上の時間的制約などから、先にご審議いただくためのものです。また、7の請陳の上程については、請願が1件受理されておりますので、これを上程するものです。

 3月13日、火曜日は休会です。

 3月14日、水曜日、委員会。総務常任委員会を予定しております。

 3月15日、木曜日、委員会。文教厚生常任委員会を予定しております。

 3月16日、金曜日、委員会。建設経済常任委員会を予定しております。

 3月17日、土曜日、3月18日、日曜日は休会です。

 3月19日、月曜日、3月20日、火曜日及び3月22日、木曜日の3日間は、予算特別委員会を予定しております。この予算特別委員会の日数については、予算案の概要や昨年の開催経過などから判断し、3日間といたしました。

 3月21日、水曜日は休会です。

 3月23日、金曜日、本会議。市政一般に関する質問です。

 3月24日、土曜日、3月25日、日曜日は休会です。

 3月26日、月曜日、本会議。市政一般に関する質問の予備日です。これについては、今回が新年度予算案を審議する定例会であるため、一般質問通告書の締め切りを市長の所信表明後としていますことから、現段階では通告者数の把握ができませんので、予備日を設けた次第です。したがって、3月23日に一般質問がすべて終了した場合、3月26日は休会といたします。

 3月27日、火曜日は休会です。

 3月28日、水曜日、本会議。1.常任委員会報告、2.予算特別委員会報告です。この2つの委員会報告は、付託予定の議案及び請陳の審議を含むものです。

 以上、会期は17日間とさせていただきました。よろしくご審議のほどお願い申し上げまして、報告とかえさせていただきます。



○議長(尾形正已君) お諮りします。

 本定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり決定したいと思います。ご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日から28日までの17日間に決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 市長より請願書の結果報告及び監査委員から例月出納検査の結果報告、住民監査請求の監査結果報告がありましたので、その写しをお手元にお配りしておきましたので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 日程第4、議案の上程を行います。

 議案第2号から議案第57号までの56件を一括上程し、職員に件名の朗読をさせます。

         〔事務局長朗読〕



○議長(尾形正已君) 市長に提案理由の説明を求めます。

 奈良市長。



◎市長(奈良明彦君) 本日ここに、平成19年上野原市議会第1回定例会開催に当たり、議員各位には、公私ともお忙しい中、ご出席を賜り、厚く御礼申し上げます。

 平成19年度の一般会計、各事業会計、特別会計及び各議案の審議をお願いするに当たりまして、私の市政に対する所信、予算編成方針、主な施策の概要をご説明申し上げ、皆様方にご理解とご協力を賜りたいと思います。

 初めに、皆様ご承知のとおり、近年地方行政を取り巻く情勢は大きく変化をしております。地方分権が推進される中、少子高齢化、人口減少という縮小時代に対応するためには、改めるべきものは改め、市民が安心して暮らすことのできる仕組みづくりを進めていくことが最低の条件であります。また、次代を担う子どもたちが希望を持ち、育つことのできる活力あるまちづくりを実現するために、全力で対応していかなけばならないと考えております。

 しかし、三位一体の改革の中、自立するための財源が乏しく、地方交付税への依存度が高い地方自治体の運営は大変厳しく、従来のままの考え方では、市そのものの存続すら危うく、今後は、市民の皆様のご理解とご協力をいただきながら、厳しい財政状況への対応に取り組んでいかなくてはならないと考えております。

 新年度は、新市発足3年目を迎えることから、合併の効果が発揮できるよう、地方分権の受け皿として財政基盤の強化に努めるとともに、中長期的な視野に立った財政運営を推進してまいりたいと考えております。

 国の平成19年度予算につきましては、前年度に引き続き、歳出改革路線を強化するために、簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律、いわゆる行革推進法に基づき、行政のスリム化・効率化を一層徹底し、総人件費改革や特別会計改革、資産・債務改革等について、適切に予算に反映させることとしております。

 公共事業関係費につきましても、前年度予算額から3%の削減と、民間活力の活用による効率化に努めるとともに、公共サービスの合理化・効率化を織り込み一層の経費削減に努めることとしております。

 現在、国では、「成長なくして財政再建なし」の理念のもと、平成19年度を目途に税体系の抜本的改革に取り組んでいることから、今後は、この税制改革の動向と、今後3年以内の国会提出検討が行われている地方分権改革推進法案を踏まえた(仮称)新分権一括法案も注視しながら、今後の市の方向づけを考えてまいりたいと思います。

 平成19年度予算編成につきましては、市民の満足度につながる諸施策に積極的に取り組んでまいりたいと考えております。しかしながら、厳しい財政状況であることから、将来の負担が大きくならないよう、国の経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006、いわゆる骨太方針2006の基本的な考えを踏まえて予算編成に臨みました。

 まず、財政健全化に向けての歳出全般にわたる見通しということで、財源不足を解消するための対応策として、歳出抑制と配分の重点化、効率化を行いました。

 次に、歳入につきましては、自主財源の柱の中である市税が税源移譲により多少の増加は期待できるものの、税制改正にかかわる所得譲与税の廃止等で交付金等の減少が見込まれ、地方交付税は、新型交付税の導入初年度ということで、具体的な内容が定かでないことから、いずれも厳しい状況となっております。

 市の財政状況は、財源不足が慢性化し、市債の発行や財政調整基金等を取り崩すことで補てんしてきた結果、市債の発行残高は増加し、財政調整基金、減債管理基金等を活用したことで、通常活用できる基金が大幅に減少し底をついてきたことから、平成19年度の当初予算には特に苦慮いたしました。

 しかし、一方で、市民の皆様方からは、生活基盤の整備、健康福祉の充実、教育文化の整備、産業の振興等のさまざまな分野で施策の充実を強く望まれていることを承知しております。また、上野原市を初め、地方公共団体の多くが直面している医師不足や税源不足などに見られるように、大都会や人口集中地区が勝ち組みとなっている今の格差社会の存在が、地方みずからの政策的判断ばかりでなく、国の政策や社会の仕組みに起因していることが大きいという現状を市民の皆様にもご理解いただき、みずからの財政規模に合った強固な行政基盤を築いていくことが課題となっています。

 今後、さらに事務事業や公共施設の見直し、組織、機構の簡素化、効率化、民間活力の活用等、行財政全般にわたる改革を積極的かつ計画的に進め、平成19年度予算においても、地に足のついた強固な行政基盤を築いていくための改革をさらに進め、人件費、投資的経費、一般行政経費の各分野にわたり歳出をさらに厳しく見直し、歳入の確保についてもさまざまな検討を重ねてまいりたいと考えております。

 このような中でも、将来の上野原市を担う子供たちが社会の中で生き抜くためにも、子供の視線に立ち、子供たちの将来の可能性を大きく広げるための小中学校や保育所、幼稚園等のあり方を中心として、市の人口規模に合った適正化を一日も早く進めるよう取り組んでまいりたいと考えております。

 また、厳しい財政状況の中で、市民の皆様にも理解をいただき、本来の上野原市の財政規模に応じた行政基盤の仕組みづくりに取り組むため、平成19年度は、私を初め職員みずからの人件費を削減するという厳しい決断をさせていただきました。職員一丸となった、真に必要な行政サービスを見きわめ、財政の健全化とともに時代に合った上野原市を再構築していく決意をしております。

 次に、予算の概要について申し上げます。

 市税歳入につきましては、所得税からの税源移譲や定率減税の廃止によりまして、個人市民税の伸びを見込みまして、市税全体では11.5%の増額を計上いたしました。

 市税以外で増額を見込みましたのは、利子割交付金、配当割交付金、株式等譲渡所得割交付金、自動車取得税交付金などであります。また、地方譲与税及び地方特例交付金は、税源移譲に伴う所得譲与税の廃止と定率減税廃止に伴う減額で、地方交付税、繰入金、市債などは減額での計上となっております。

 歳出につきましては、政策課題に適切に対応するために、交通安全対策では、四方津駅前駐輪場整備事業、地域の防災対策の拠点としての島田コミュニティセンター建設事業、継続費で対応しております行政情報を市民に提供するための情報通信基盤整備事業、高齢者・障害者介護やますます進む少子高齢化への対応事業や子育て支援事業、衛生費は市民生活に直結したクリーンセンターの整備に伴う事業費などが主な内容となっております。

 この結果、一般会計の予算額は105億4,782万6,000円で、前年度当初予算額に対しまして、10.8%の減額となっています。

 18の特別会計は83億6,362万2,000円で3.5%の増額となり、一般会計、特別会計合わせて会計予算総額は189億1,144万8,000円で、5%減額の予算編成となりました。

 次に、市立病院の取り組みについて申し上げます。市立病院の問題につきましては、多くの住民の皆様にご心配をいただいておりますが、先の臨時議会で申したとおり、昨年の12月に市立病院建設検討審議会の答申を受けて、運営方法及び建設計画における上野原市の方針を発表したところでございます。現市立病院は、総合的な病院機能や救急センター機能を望む町民の願いが一つになり、昭和45年11月に上野原町立病院として開設いたしました。

 昭和63年には、それまでの日本大学医学部附属病院にかわって、山梨大学医学部附属病院と山梨県で第1号の関連病院を形成し、地域の中規模病院として再スタートをいたしました。

 その後、平成7年には、待ち時間の短縮などを目指したオーダーリングシステムを導入し、また、平成11年には、12床の人口透析を開始し、平成15年には、3床を増床して、現在は15床による透析医療を行っています。平成17年2月13日には、市町村合併により上野原市立病院が誕生し、これまでの医療圏が拡大し、少子高齢化に備えた病院診療体制に係る需要がさらに高まっています。しかしながら、平成16年4月から始まった新医師臨床研修制度を境に、地方の大学病院の医師不足、また診療報酬改定に伴う看護師不足など、さまざまな医療環境の悪化が全国的に広がっています。

 こうした影響は、病棟の増改築や診療科をふやすなど、これまでの地域住民の要望にこたえてきた上野原市立病院も例外ではなくなりました。関連病院である山梨大学医学部附属病院の医師不足の影響で、市立病院への派遣医師が減ったために、これまでのような診療体制が組めず、市民の皆様に信頼されかつ期待に十分こたえられない状況が続いております。

 このため、医師確保対策を市の最重要課題と位置づけて、庁内に医師確保対策本部を設置し、平成19年1月より重点的に取り組んでいます。また、今後におきましても、医師確保と病院建設を進めるための専任職員を配置するとともに、議会及び市民の皆様のご協力をいただき、医師確保対策委員会を設置し、中長期的における医師確保や病院の運営の対策について取り組んでまいりたいと考えております。

 なお、今後の短期的な医師確保における状況いかんでは、外来、入院や透析業務を初め、時間外診療や宿直業務などについて、さらに深刻な体制となる可能性があることから、市と病院が協力し、懸命に医師確保に取り組んでおります。また、上野原市医師会の先生方にも厳しい状況をご理解いただき、診療面でのご支援、ご協力をお願いしておりますので、市民並びに市議会議員各位には、格別のご理解とご協力をお願い申し上げる次第であります。

 次に、総務部、政策秘書室の施策について申し上げます。

 地区別防災計画の策定につきましては、一昨年より各地区の防災マップづくりを通じ、地域の皆様のご意見をいただきながら、地域防災力の向上を図るための活動支援として行っています。これまでに、島田、大鶴、秋山の3地区が終了し、現在は西原地区の支援を行っているところで、今後も継続的に大規模災害時に市の防災拠点となる市役所から孤立する可能性の高い地域から順に支援をしてまいります。

 国民保護計画につきましては、武力攻撃等、市民に影響を及ぼす事態の発生に際し、市民の生命、身体及び財産を保護することを目的に現在作成を進めているところであります。平成19年度は、関係機関との連携を図り、武力攻撃等への備えについて市民への普及啓発に努めてまいります。

 庁舎、文化ホールにつきましては、これまでのように効率的な管理を行う中で、光熱水費等の節減を図るほか、清掃や警備などの業務委託内容の調査を行い、日常清掃については、職員が行うなど、より一層の経費節減に取り組んでまいります。

 地域の公共交通については、昨年6月に上野原市における地域交通のあり方を検討する委員会を設置したところでございます。本年9月ごろを目途に一定の方針が同委員会から示される予定となっておりますので、行政、交通事業者、市民の3者が協力し、より効果的な交通体系を築けるよう、施策を展開してまいります。

 広報広聴事業につきましては、広報紙や無線放送、ホームページなど、広報媒体を充実し、市政の課題や生活情報等、市民が必要とする情報を積極的に提供するとともに、市長への手紙や市長直接対話、さらにインターネットにより広く市民の声を聞き、市政の反映に努めてまいります。

 市民憲章につきましては、市民の皆様のご意見、原案を公募し、さらに市民アンケートを経て策定しました。市民の皆様の身近なルール、さらに新市のまちづくりの行動目標や生活規範を掲げることで、市民の皆様との協働によるまちづくりを積極的に進めます。

 長期総合計画につきましては、市政運営の重要な指針となる第1次上野原市長期総合計画は、上野原町・秋山村合併協議会が策定した新市建設計画をもとに、本市の均衡ある発展と住民福祉の向上を図るための施策にするものであります。

 計画の策定に当たりましては、その将来像や基本方針を引き継ぐこととし、企業及び各種団体の代表者のヒアリングや、職員で構成する構想等策定プロジェクトチームの審議を経て、素案を策定しております。この素案をもとに、上野原市総合開発審議会におきまして、ご議論をいただき、その答申をいただいており、市民の皆様にもパブリックコメント制度に基づき、素案を提出して、ご意見を聴取したところでございます。

 内容としては、今後、最優先、集中的に取り組んでいく施策として、医療福祉プロジェクトなど5つの主要プロジェクトを掲げ、市民が住みよさを感じ、安全、安心して暮らせるまちづくりを念頭に策定をしております。

 今後10年間、この計画に基づき市政を運営していくこととなるわけですが、計画実現のために、議員各位を初め市民の皆様のご協力をお願い申し上げます。

 地域情報化基盤整備事業につきましては、情報化社会において、安心、安全なまちづくりを進めるための社会的基盤としての情報通信網の整備が緊急の課題となっています。こうした中、当市では、光ファイバーケーブルを各家庭まで敷設し、防災情報の提供を初め、各種行政サービスの充実、高速インターネット、地上デジタル放送への対応等を行い、市民の皆さんが等しく各種サービスを受けられる環境の整備と地域の一体性や市の振興を図ることを目的とした情報通信基盤整備事業に取り組んでまいります。

 本事業では、市民の皆さんの負担を極力抑える中でのサービスを提供し、市民の皆さん方の生活向上や地域の情報格差の是正を図り、上野原市の発展に寄与するものでありますので、引き続き取り組んでまいります。

 行政改革大綱及び実施計画の策定につきましては、昨年7月以降、広報及びホームページにより市民からの提案を募集するとともに、職員で構成された行革プロジェクトチームを、市長を本部長として課長等で構成される推進本部、市民や市内企業及び市議会議員等で構成される推進委員会において、それぞれ検討を重ね、案として取りまとめを行ってまいりました。

 本年1月からのパブリックコメントにかけ、市民の方々のご意見を伺うとともに、2月には行政改革推進委員会の答申をいただき、また、先日の議員懇談会においても説明させていただいたところでございます。

 実施計画につきましては、昨年度に策定した集中改革プランの取り組み課題について、前倒し等の見直しを行うとともに、各課から新たな提案されたもの、また、行革プロジェクトチームの会議等における検討により提案されたもの等について取りまとめたものであり、今後は、実施計画に沿って、私の強い意思に基づき、全職員が一丸となって行政改革を推進してまいります。

 次に、市民部の施策について申し上げます。

 市民税につきましては、本年、国の三位一体改革による所得税から住民税への税源移譲が始まる年に当たり、昨年度に比べ税制改革等によるものも含め、個人市民税の増収を3億8,000万円ほど見込んでおり、市税の増収と税負担の公平性を確保するため、課税客体の捕捉の向上を図ってまいります。また、収納業務につきましても、滞納額の削減と新たな滞納者を抑制し、徴収率の向上を図るため、共稼ぎ等により、金融機関の営業時間や市役所内の開庁時間に市税等の納付や納税相談を行うことができない納税者に対し、本年2月より第4日曜日に休日の納税相談窓口を開設しているところであり、これからも夜間収納窓口についても検討してまいります。

 今後の計画としては、コンビニ収納の検討に向けた情報の収集を行っているところであり、また、市税等の滞納者については、事案ごとに洗い出しを実施することともに、県職員の派遣制度を利用しながら、徴収率の向上と負担の公平の確保に努めてまいります。

 クリーンセンターの運営につきましては、不燃物の処理、収集体制をより細分化し、資源化率の向上を図ることを目的に、委託内容の見直しを行ったところであります。

 主な内容は、新聞、雑誌等の収集を月1回から2回にふやし、粗大ごみの収集は、高齢者対策及び排出者責任の観点から集積所回収システムを改め、各家庭への個別収集へとしたところであります。この収集体制が市民の皆様に浸透されたときに、ごみの減量化並びに最終処分量の減量につながると期待されるものであります。また、懸案となっておりましたし尿処理施設の更新につきましては、既存施設の全面改修を行い、延命策を行うこととし、改修費を予算措置したところであります。しかし、長期的にはし尿処理施設の新設は不可欠であり、今後、周辺自治体との広域化などの検討が必要と考えております。

 環境保全につきましては、環境の保全と創造についての基本理念を定める環境基本条例を平成18年度に制定し、引き続き環境基本計画の平成19年度の制定を目指し、作業を進めています。現在、公募により募集した市民会議が中心となり、素案づくりを重点に取り組んでいます。素案がまとまり次第、市民の皆様のご意見をお聞きし、早期に策定したいと考えております。

 長年の懸案事項でありました四方津駅駐輪場の整備につきましては、市道の法面に張り出し歩道を設置し35台分を整備してまいります。また、本年1月から廃道敷等への駐輪場設置が可能となったことから、駅入り口付近の廃道敷の活用を検討してまいります。

 簡易水道事業につきましては、快適な生活を送るための基盤である安全で安心な飲料水の供給は、行政の基本となるところであります。設置以来30年を経過し、老朽化の進む秋山地区の簡易水道施設の見直しを行うため、簡易水道施設基本計画の策定に取り組んでいます。

 次に、福祉保健部の施策について申し上げます。

 福祉計画につきましては、少子高齢化の流れが一段と進む中で、安心して子供を生み育て、高齢者、障害者のある方、ない方すべての方々が生まれ育った上野原で生きがいを感じ、お互いを尊重しながら自立した生活を送ることができるよう地域福祉計画を策定しています。地域福祉の将来像「みんなが主役、だれもが住みやすい支え合いの町、上野原」実現のため、福祉事務所がキーステーションとなり、安心をキーワードにバランスのとれた思いやりのある福祉サービスのさらなる展開を進めてまいります。

 保育サービスにつきましては、仕事と育児が両立できるよう保育サービスの充実や早朝保育、延長保育、一時保育及び学童保育についても、引き続き取り組んでまいります。また、所得税定率減税の廃止に伴い、保育料の見直しも進めてまいります。

 子育てにつきましては、保護者の経済的負担等を軽減するため、乳幼児医療費、一人親家庭に対する医療費助成及びチャイルドシートの助成などを引き続き支援してまいります。また、児童家庭相談、子育て支援、要保護児童対策協議会や母子福祉向上にも引き続き取り組んでまいります。

 障害福祉につきましては、障害者自立支援法に基づく計画を策定し、国が定める障害者福祉サービスや地域支援事業等に取り組んでまいります。また、第1、第2福祉作業所の法人化へ向けての支援などもしてまいります。

 保健事業につきましては、母子保健事業、成人、老人保健事業や予防接種事業等を推進してまいります。特に、乳幼児検診の事後指導としては、保健所、児童相談所等連携して育児相談が受けられるよう努めてまいります。また、人間ドック、成人病検診、肝がん検診等に取り組み、早期発見、早期治療に努めてまいります。

 介護予防につきましては、介護サービス事業者の協力を得て、転倒予防や筋力向上教室などの地域支援事業に取り組んでまいります。

 次に、建設経済部の施策について申し上げます。談合坂サービスエリアやさい村につきましては、生鮮野菜などの栽培体系を充実し、年間の安定供給するシステムが必要と考えています。今年度は、新たに生鮮野菜の安定供給と多品目生産の強化を図るために、ビニールハウスの設置補助を新設いたしました。事業規模は、60平米7棟、30平米4棟、計11棟を予定しています。この計画導入により、地区農産物の直売所や談合坂サービスエリアやさい村の充実が期待されます。また、農業委員会、農協、農家と連携して農業振興に努めてまいりたいと思います。

 イノシシの被害につきましては、最近、庭先までに及び耕作放棄する地域も出ています。地域農業の振興の観点から、電気柵の補助10ヘクタールを昨年に引き続き実施してまいります。

 林業対策につきましては、水源涵養、土砂流出防止、洪水調整、大気浄化、地球温暖化防止対策の一環として、荒廃森林の間伐を行い、荒廃森林の回復と保護を行うことを目的に環境公益林整備事業に取り組みます。事業規模は、120ヘクタールを予定しております。

 企業誘致につきましては、東部基幹工業団地の企業誘致に努めるとともに、進出企業に対しましても、企業立地促進事業費助成金の支援をしてまいります。

 商工関係につきましては、引き続き、金融面の支援や利子補給など適切に実施するとともに、商工会の各事業の支援をしてまいります。

 八重山周辺整備事業につきましては、「五感リフレッシュ上野原」をキャッチフレーズとして、18年度から新たな観光拠点の整備事業として取り組んでまいりました。本年の計画は、休憩施設の建設工事、遊歩道等の設置事業など引き続き整備をしてまいります。

 市道整備につきましては、道路は、人々の暮らしを支える最も身近な社会基盤として、生活の利便性、安全性、快適性のための多様な役割を担っております。大変厳しい中ではありますが、市道八ツ沢大椚線交差点改良事業を初め、市道桐の木線の国道横断橋事業、市道大間々線事業等の改良整備に努めます。また、既存の道路整備につきましては、市民の生活基盤を支えるべく積極的に維持管理するとともに、歩行者の安全確保のための整備や、交通事故の防止につながる交通施設の整備を進めてまいります。いずれにいたしましても、道路網全体の中で果たすべき役割等を検討し、必要性、利便性、緊急性を勘案し進めてまいります。

 下水道事業につきましては、県道上野原あきる野線他6路線を、総延長約2キロを計画し、供用開始世帯数につきましては、554世帯を見込んでおります。また、コモアしおつ団地1,187世帯につきましても、現在供用開始に向けて作業を進めております。なお、下水道計画区域の見直しにつきましても、下水道事業の整備向上、費用対効果等の観点から、他の汚水処理施設との役割分担やコスト管理、時間管理、整備効果等点検を行い、事業の重点化や効率的な整備に向けて、現在、構成する5市町で協議を行っているところでございます。

 また、下水道事業区域外地域につきましては、浄化槽設置整備事業により、合併浄化槽64基を計画し、進めてまいります。

 次に、教育委員会の施策について申し上げます。

 教育委員会につきましては、次代を担う子供たち一人一人がみずから学び、考え、行動できる力を身につけ、個性を伸ばし心豊かに成長できるよう取り組むとともに、教育施設、学校備品の整備につきましても、年次計画により取り組んでおります。また、学校生活や登下校時の安全対策については、学校機関と連携して取り組むとともに、スクールガードリーダーによるパトロールを引き続き実施してまいります。

 社会教育につきましては、情報の進展、少子高齢化や国際化等社会構造が変化する中で、市民の価値観の多様化が進み、市民の学習意欲はさまざまな分野に拡大しています。いつでも、どこでも、だれでも学ぶ意欲のある人たちが気軽に学習機会に触れられるよう、青少年教育、家庭教育、高齢者教育、各種スポーツ教室等の充実に努めてまいります。

 文化財関係につきましては、国指定の天然記念物であります上野原の大ケヤキでありますが、平成18年度から4年間の継続事業として取り組んでおり、平成19年度も土壌改良や腐食部処置等を行って樹勢の回復を図り、後世に残せるよう取り組んでまいります。

 市立図書館につきましては、市民の多種多様な要求に対し、迅速かつ的確に情報や資料を提供するための支援を行うとともに、市民だれもが平等に図書館サービスを受けられるようサービス網の整備を図ってまいります。

 また、子供の読書活動を家庭、地域、学校が連携し、生涯を通して本に出会い、本を知り、本に親しみ、本を活かし、本に生き、本を伝えることができるよう、積極的に推進するとともに、乳幼児期9、10か月健診時のブックスタート事業及び幼児、小学生を対象に読み書きなどのおはなし会を引き続き実施してまいります。

 次に、消防本部の施設について申し上げます。

 消防事務につきましては、市民の生命、身体、財産をあらゆる災害から守るため、消防力の充実に努めてまいります。

 消防緊急無線のデジタル化の対応につきましては、県の消防救急無線広域化・共同化整備計画に基づいて順次取り組んでまいります。

 救急業務につきましては、市民の安全を守るべき救急業務が消防の大きなウエートを占め、昨年度の救急件数は1,125件と毎年1,100件以上の出動があります。多い日には、10件を超える日もあり、救急要請が重なり4台の救急車がフル出動の日も少なくありません。市民の救急要請にこたえるよう秋山出張所の救急車を高規格救急車に更新すべく、現在、国庫補助金を要望中であり、採択がされ次第更新し、市民サービスの向上に努めてまいります。

 それでは、本会議にご提案申し上げました議案の概要につきましてご説明申し上げます。

 議案第2号は、地方自治体の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に伴う条例制定についてであります。この条例は、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、助役の職務を拡大して新たに副市長とし、収入役を廃止して新たな会計管理者を設置するとともに、吏員制度を廃止すること、用語の整備等の改革にあわせて所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第3号は、上野原市副市長の定数を定める条例制定についてであります。この条例は、地方自治法の改正に伴い、副市長の定数を定めるものであります。

 次に、議案第4号は、上野原市長、副市長及び教育長の給与特例に関する条例制定であります。この条例は、厳しい財政状況を勘案し、平成19年における市長、副市長、教育長の期末手当を減額するものであります。

 次に、議案第5号は、上野原市旅費等の特例に関する条例制定についてであります。この条例も厳しい財政状況を勘案し、職員の日当手当の支給を停止するものであります。

 次に、議案第6号は、医師確保のための上野原市職員特殊勤務手当の特例に関する条例制定についてであります。この条例は、市立病院の医師を確保するため、医師診療手当の特例を設けるものであります。

 次に、議案第7号は、上野原市農業委員会の選挙による委員の定数条例制定についてであります。この条例は、地方分権に伴い、行財政の適正化と組織の効率化を図るため、条例を制定するものであります。

 次に、議案第8号は、上野原市行政組織条例の一部を改正する条例制定であります。この条例は、市の行政改革を推進するに当たり、秋山支所を除く、他の支所の出張所へ名称変更や、組織の簡素化を図るため、政策秘書室の総務部企画課への統合、また消防本部庶務課と消防課を統合し新たに消防総務課を設置するため、関係条例を改正するものであります。

 議案第9号は、上野原市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。この条例は、人事院規則の改正に伴い、休息時間の廃止とともに、勤務時間の見直し等を行うものです。

 議案第10号は、上野原市職員給与条例の一部を改正する条例の一部を改正条例制定についてであります。この条例は、人事院勧告及び厳しい財政状況を勘案し、扶養手当、住居手当及び通勤手当の見直しを行うものです。

 議案第11号は、上野原市職員特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例制定についてであります。この条例は、職員給与の見直しを行い、特殊勤務手当の削減を行うものであります。

 次に、議案第12号は、上野原市土地改良事業及び山梨県営土地改良事業分担金等徴収条例の一部を改正する条例制定についてであります。この条例は、上野原市土地改良事業及び山梨県営土地改良事業を実施する鳥獣害防除事業により徴収する受益者分担金を定めるものであります。

 議案第13号は、上野原市下水道条例及び上野原市下水道事業受益者負担等に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。この条例は、東部地域広域水道企業団給水条例の制定に伴い、所要の改正を行うものです。

 議案第14号は、上野原市道路占用料徴収条例及び上野原市法定外公共物の管理、占用及び採取に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。この条例は、道路法施行令の一部を改正する政令が施行されたことに伴い、所要の改正を行うものです。

 議案第15号は、平成18年度上野原市一般会計補正予算(第6号)であります。この補正予算では、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3億7,631万6,000円を減額し、歳入歳出それぞれ118億7,295万7,000円と定めるとともに、継続費の変更及び繰越明許費の追加並びに地方債の補正に伴う変更、年度末における事業費等の確定に伴う補正を行うものであります。

 議案第16号から議案第29号までは、平成18年度上野原市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)以下、特別会計補正予算であります。

 議案第16号でありますが、平成18年度上野原市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,786万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を28億6,066万7,000円と定めるものであります。

 議案第17号は、平成18年度上野原市国民健康保険特別会計(直営診療施設勘定)補正予算(第2号)であります。この補正予算では、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ280万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億198万1,000円と定めるものであります。

 議案第18号は、平成18年度上野原市老人保健特別会計補正予算(第2号)であります。この補正予算では、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億1,751万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億43万6,000円と定めるものであります。

 議案第19号は、平成18年度上野原市介護保険特別会計補正予算(第3号)であります。この補正予算では、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,580万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ14億9,992万1,000円と定めるものであります。

 次に、議案第20号は、平成18年度上野原市介護サービス事業特別会計補正予算(第2号)であります。この補正予算では、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ354万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ210万4,000円と定めるものであります。

 議案第21号、平成18年度上野原市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)であります。この補正予算では、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,247万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8億6,435万2,000円と定めるものであります。

 議案第22号は、平成18年度上野原市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)であります。この補正予算では、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ394万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億2,050万6,000円と定めるものであります。

 次に、議案第23号は、平成18年度上野原市教育奨励金特別会計補正予算(第1号)であります。この補正予算では、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ38万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ260万円と定めるものであります。

 次に、議案第24号は、平成18年度上野原市温泉事業特別会計補正予算(第3号)であります。この補正予算では、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ38万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億1,319万円と定めるものであります。

 議案第25号、平成18年度上野原市巌財産区特別会計補正予算(第2号)であります。この補正予算では、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億3,128万6,000円と定めるものであります。

 次に、議案第26号は、平成18年度上野原市島田財産区特別会計補正予算(第2号)であります。この補正予算では、歳出項目の調整を行うものであります。

 議案第27号は、平成18年度上野原市上野原財産区特別会計予算(第3号)であります。この補正予算では、歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ22万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,381万4,000円と定めるものであります。

 議案第28号は、平成18年度上野原市檜尾根外十二恩賜林保護財産区特別会計補正予算(第2号)であります。この補正予算では、歳出項目の調整を行うものであります。

 議案第29号は、平成18年度上野原市西棚ノ入外十一恩賜林保護財産区特別会計補正予算(第2号)であります。この補正予算では、歳出項目の調整を行うものであります。

 議案第30号は、平成18年度上野原市病院事業会計補正予算第(第2号)であります。

 第2条業務の予定量では、入院及び外来患者数の減少等に伴う業務量の変更、また企業債対象の医療機器の購入を一部控えることにより、器械及び備品整備事業の額を減額するものであります。

 第3条収益的収支では、病院事業収益及び病院事業費用をそれぞれ500万円を追加し、総額をそれぞれ20億6,781万6,000円とするものであります。これは、患者数の減少に伴い、医業収益を減額する一方、地方公営企業法に基づく繰入金を増額するものであります。

 次の第4条資本的収入では、企業債を630万円減額し、総額を5,427万1,000円とするものであります。また、資本的支出では、企業債対象の医療機器の購入を一部控えること等により、建設改良費を630万円減額し、総額を7,975万6,000円とするものであります。

 議案第31号は、平成19年度上野原市一般会計であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ105億4,782万6,000円と定めるものであります。この予算額を平成18年度当初予算と比較しますと、額で12億7,280万5,000円、対前年比で10.8%の減額となっております。

 次に、議案第32号から議案第48号までは、平成19年度上野原市国民健康保険特別会計(事業勘定)予算以下、各特別会計予算であります。

 特別会計予算の総額は、83億6,362万2,000円となっており、この予算額を平成18年度の予算の総額と比較しますと、額で2億8,220万円、対前年比で3.5%の増額となっております。

 議案第32号は、平成19年度上野原市国民健康保険特別会計(事業勘定)予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ29億6,003万5,000円と定めるものであります。

 議案第33号、平成19年度上野原市国民健康保険特別会計(直営診療施設勘定)予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9,171万4,000円と定めるものであります。

 議案第34号は、平成19年度上野原市老人保健特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億7,117万9,000円と定めるものであります。

 議案第35号は、平成19年度上野原市介護保険特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ15億1,747万3,000円と定めるものであります。

 議案第36号は、平成19年度上野原市介護サービス事業特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,606万4,000円と定めるものであります。

 議案第37号は、平成19年度上野原市公共下水道事業特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8億326万8,000円と定めるものであります。

 次に、議案第38号は、平成19年度上野原市簡易水道事業特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億127万2,000円と定めるものであります。

 議案第39号は、平成19年度上野原市教育奨励資金特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ315万2,000円と定めるものであります。

 議案第40号は、平成19年度上野原市大目財産区特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8,973万9,000円を定めるものであります。

 議案第41号は、平成19年度上野原市甲東財産区特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ103万6,000円と定めるものであります。

 議案第42号は、平成19年度上野原市巌財産区特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億3,135万5,000円と定めるものであります。

 次に、議案第43号、平成19年度上野原市島田財産区特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4,180万7,000円と定めるものであります。

 議案第44号、平成19年度上野原市上野原財産区特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,770万2,000円と定めるものであります。

 議案第45号は、平成19年度上野原市檜尾根外十二恩賜林保護財産区特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ181万円と定めるものであります。

 議案第46号は、平成19年度上野原市小金沢土室山恩賜県有財産保護組合西原分収益事業特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ287万2,000円と定めるものであります。

 議案第47号は、平成19年度上野原市秋山財産区特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ260万5,000円を定めるものであります。

 次に、議案第48号は、平成19年度上野原市西棚ノ入外十一恩賜林保護財産区特別会計予算であります。この予算では、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ53万9,000円と定めるものであります。

 議案第49号は、平成19年度上野原市病院事業会計予算であります。

 第2条では、病院事業の業務量と主要な建設改良事業について定めさせていただきました。この中で、入院患者数を年間3万2,850人、外来患者数を年間10万4,860人と予定しました。これらをもとにした第3条の収益的収入及び支出予定額は、19億5,763万1,000円となりました。

 次に、第4条の資本的収入及び支出予定額では、建設改良費として病院整備事業及び医療機器整備事業費を計上いたしました。

 主な内容といたしましては、病院整備事業では、病院建物の耐震診断として500万円を計上し、また器械及び備品整備事業では、自動血球分析装置等の医療機器購入費用として2,080万円を計上いたしました。この結果、資本的収入の予定額5,470万円に対し、資本的支出の予定額が8,276万1,000円となりますので、不足額2,806万1,000円につきましては、内部留保金を充当する予定であります。

 次に、議案第50号は、損害賠償の額を定めることについてであります。これは、上野原市立巌中学校グラウンドの学校開放利用において、利用者が軟式野球の活動中、隣接する不動田典氏の自宅屋根を損傷し、その後、雨漏りに至った物損事故につき、上野原市が負担すべき損害賠償の額を定めるのに当たり、地方自治法の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 議案第51号は、上野原市民憲章の制定であります。平成17年度2月13日に上野原町と秋山村との合併により上野原市が誕生し、新市建設計画に掲げる新市の将来像である夢と希望あふれる快適発信都市の実現に向け、諸施策を推進していますが、真に住みよいと思えるまちづくりのために、市民一人一人の市政への主体的な参加が必要不可欠であります。

 そこで、市民が共有できるまちづくりの行動目標や生活規範を掲げるため、市民の本市に対する願いや思いを込めた憲章を制定するものであります。

 議案第52号は、第1次上野原市長期総合計画基本構想の制定についてであります。

 地方自治法第2条第4項の規定によりまして、平成19年4月1日から平成29年3月31日までの10年間の本市の総合的かつ計画的な行政運営を確立し、住民福祉の向上を図るための基本構想を定めるものであります。

 議案第53号から議案第56号までは、地方自治法の一部改正に伴う組織の見直し等による一部事務組合及び広域連合の規約の変更に関する協議について、議会の議決を求めるものであります。

 議案第53号は、組合組織の見直し及び東山梨行政事務組合が消防職員及び消防団員の賞じゅつ金の支給事務の共同処理に加入することに伴う山梨県市町村総合事務組合規約の変更に関する協議についてであります。

 議案第54号は、山梨県市町村議会議員公務災害補償等組合規約の変更に関する協議についてであります。

 議案第55号は、山梨県市町村自治センター規約の変更に関する協議についてであります。

 議案第56号は、山梨県東部広域連合規約の変更についてであります。

 次に、議案第57号は、損害賠償の額を定めることについてであります。これは、平成18年6月に上野原市立病院で発生した医療事故について、上野原市が負担すべき損害賠償の額を定めるのに当たり、地方自治法の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 以上、ご説明申し上げましたが、ご審議の上、ご可決くださいますよう何とぞよろしくお願い申し上げます。



○議長(尾形正已君) しばらく休憩します。



△休憩 午前11時20分



△再開 午前11時32分



○議長(尾形正已君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 議案の朗読を省略し、議案の説明を求めます。

 議案第15号から議案第29号までの一般会計及び特別会計補正予算の15議案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 内容説明を求めます。

 酒井企画課長。



◎企画課長(酒井信俊君) それでは、平成18年度一般会計、特別会計補正予算書に基づきまして、説明をさせていただきます。

 まず、3ページをお願いいたします。

 議案番号第15号、平成18年度上野原市一般会計補正予算(第6号)でございます。

 まず、この予算でございますが、歳入歳出予算の補正でございます。

 第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3億7,631万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ118億7,295万7,000円と定めるものでございます。

 2としまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 次に、継続費の補正でございます。

 第2条、継続費の変更は、「第2表継続費補正」による。これは9ページになります。

 繰越明許費の補正、第3条、繰越明許費の追加は、「第3表繰越明許費補正」による。これは10ページになります。

 次に、地方債の補正、第4条、地方債の変更は、「第4条地方債補正」による。これは11ページになります。

 それでは、9ページをお願いいたします。

 第2表継続費の補正でございます。変更でございます。2件の事業から成り立っております。

 まず、2款総務費、1項総務管理費でございます。事業名につきましては、情報通信基盤整備事業でございます。補正前の額でございますが、総額18億5,901万9,000円でございました。これを18年、19年度の年割に直しますと、12億6,283万7,000円、それから19年度でございますが、5億9,618万2,000円という補正前の額でございました。これにつきましては、入札に基づきまして、事業費の確定がございましたので、補正後で変更させてもらうものでございます。総額でございますが、15億3,697万5,000円、18年度の年割額でございますが、9億7,229万3,000円、19年度でございますが、5億6,468万2,000円とさせてもらうものでございます。

 続きまして、4款衛生費でございます。2項の清掃費でございます。事業名でございますが、リサイクルプラザ建設事業でございます。補正前の額でございますが、1億2,360万円、これも入札に基づきまして、事業費の確定を得たために減額をさせてもらうものです。補正後でございますが、1億1,829万9,000円、平成18年度でございますが、8,129万1,000円と年割額を定めるものでございます。19年度でございますが、3,700万8,000円ということに定めさせてもらうものであります。

 続きまして、10ページをお願いいたします。

 第3表繰越明許費の補正でございます。こちら追加でございます。

 まず、2款総務費の2項総務管理費でございます。事業名でございますが、後期高齢者医療制度改革大綱事業ということで、金額でございますが、7,324万8,000円ということで行います。内容でございますが、この事業につきましては、平成20年4月より実施される医療制度改革に伴い、システムの改修作業を行うものでございます。今回の医療制度改革は、他の事業に影響を及ぼす大規模システム改修事業となりますので、対応するものでございます。早期に作業を開始する必要がありますが、年度内に事業の完成を見込むことができませんので、繰越明許費で対応するものでございます。この事業につきましては、補助対象事業として平成18年度の予算措置が条件とされていることから、今年度予算での対応というものでございます。

 それから、その下でございますが、4款衛生費、2項の保健衛生費でございます。事業名でございますが、東部広域水道企業団費でございます。金額でございますが、4,359万5,000円でございます。こちらにつきましては、特定広域化事業関連でございまして、水道管の布設工事等の関係で事業が計画よりおくれているということでございますので、対応するものでございます。

 それから、6款農林水産業費、1項の農業費でございます。事業名でございますが、用排水施設整備事業でございます。金額でございますが650万円。こちらにつきましては、山風呂のため池事業の関係で、県が事業を繰り越し対応したということでございますので、市も同様の対応をするものでございます。

 その下の7款商工費、1項商工費でございます。こちらにつきましては、八重山周辺整備事業ということで1,966万1,000円でございます。こちらにつきましては、周辺整備の関係で、一部地権者との間で境界確認等の関係で時間を要したことに伴いまして、繰越明許費をさせてもらうというものでございます。

 続きまして、11ページでございます。第4表地方債補正でございます。こちら変更でございます。まず、消防施設整備事業でございますが、限度額を470万円から限度額を560万円に変更させてもらうというものでございます。こちらにつきましては、40トンの耐震性の貯水槽の関係で事業費がふえたということで、変更するものでございます。それから、その下でございますが、消防対策事業でございます。1,910万円の限度額を限度額1,780万円に変更するものでございます。こちらにつきましては、小型動力と消防ポンプ車の入札差金に伴いまして、限度額を変更するものでございます。

 次に、一般事業でございますが4,420万円の限度額を、補正後でございますがゼロというものにするものでございます。こちらにつきましては、市民会館の体育館のアスベストの除去工事の関係でございます。当初でございますが、地方債を充当して事業を行っておりましたが、一般財源との振りかえを行うということで、減額をさせてもらうものでございます。

 続きまして、一般会計事業支出でございますが、1億6,100万円が限度額1億6,500万円に変更するものでございます。こちらにつきましては、特定広域化施設整備出資金の関係で、事業費が増額になりましたもので限度額を変更するものでございます。それから、一般公共事業でございますが、2,990万円の限度額を補正後は3,290万円に変更させてもらうものでございますが、関係事業の充当率が90%から100%充当ということで、変更になった関係で限度額が変更とさせてもらうものでございます。

 続きまして、市町村合併特例事業債でございます。13億8,220万円の限度額を補正後でございますが、11億680万円に変更させてもらうものでございます。こちらにつきましては、さきにも申しましたが、情報通信基盤整備事業、それからリサイクルプラザ建設事業の関係で入札差金が生じたことに伴いまして、限度額を変更するものでございます。

 続きまして、18ページをお願いいたします。

 歳入でございます。まず、4款でございますが、配当割の交付金でございますが、こちらにつきましては、交付決定に伴うものでございます。それから、その下でございますが、地方交付税でございます。地方交付税につきましては、減額でございます。3,090万6,000円を減額させてもらうというものでございます。まず、普通交付税につきましては、交付決定を受けておりますので、3,909万4,000円を増額させていただきます。特別交付税につきましては、7,000万円を減額ということでございます。こちらにつきましては、当初、4億3,500万円という特別交付税を見込んでおりましたが、この額を3億6,500万円に変更させてもらうというものでございます。また、12月の特別交付の関係ですが、1億4,926万円ということで交付決定を受けておりますので、3月20日に額が最終決定されるということでございますので、非常に厳しいということもありますもので、減額をさせてもらうものです。

 続きまして、その下でございますが、分担金及び負担金でございます。こちらにつきましては、県営ため池等整備事業の負担金、これは月見ケ池等の整備に伴うもので1,606万6,000円の増です。

 それから12款でございますが、分担金及び負担金の負担でございますが、これは、整備に伴います結果に基づく増額ということになっております。

 1枚めくっていただきまして、20ページでございます。

 まず、1番下でございますが、これから14款の国庫支出金、補助金等の関係に入るわけでございますが、こちらにつきましては、各種負担金等の整備を行った結果、内容等が減額になってきているとうものでございます。

 22ページをお願いいたします。

 7節社会福祉費の負担金でございます。まず、身体障害者の国庫負担金、それから知的障害者の施設訓練等支援費国庫負担金が大幅に減額になっていると。それから、下から2つ目でございますが、在宅福祉の関係も減額になってきていると。その中で、真ん中でございますが、自立支援給付費の負担金ですが、こちらにつきましては、制度改正等に基づきまして金額がふえてきているというものでございます。

 それから、8節生活保護費の負担金でございますが、こちらにつきましては、医療扶助に係る重度患者、重症患者、それから2号被保険者の関係で、利用者が多くなるということで見込みましたが、よほど利用者が少なかったということで減額ということになってきております。

 それから、その下でございますが、14款の補助金でございますが、各種事業の整理等に伴いまして、減額等が出てきております。

 24ページをお願いいたします。

 3節後期高齢者の医療制度創設準備事業費補助金ということで、こちらの方が1,050万円ふえてきているわけでございます。国保の関係につきましては、後期高齢者の医療制度の創設準備金で800万円、それから国保のシステム改修補助金ということで250万円ということで、こちらにつきましては、75歳以上の関係でございますが、県内を統一して事業を行うということで、この4月より自治会館の方で事務を行うと、県内の市については、1人から2人職員を派遣ということが出ております。それらに基づきまして、上野原市でも派遣の要請が来ております。

 続きまして、15款経費縮減でございますか、各種負担金等の整理を行った結果、こちらにつきましては、6節社会福祉費の負担金ですが2,240万円、自立支援の関係ですが、制度改正等によりまして、こちらの方へふえてきていると。それから、その下の8節小学校前修了特例給付ですが、精算に伴いまして減額になってきております。

 それから、26ページでございますが、1節社会福祉費の関係でございますが、こちら等につきましても、事業等の整理を行った結果、減額が来ております。それから、その下ですが、マル老につきましても、整理をした結果、県単マル老が減額になってきているというものでございます。

 それから、28ページをお願いいたします。

 18款繰入金でございます。こちらにつきましては、財源を整備させた結果、財政調整基金につきましては、607万5,000円の減額をさせていただくというものでございます。

 続きまして、30ページでございますが、繰入金でございます。4目の地域環境整備基金の繰入金と、7目幸住県環境整備基金の繰入金の関係でございますが、こちらにつきましては、合併浄化槽の設置奨励事業の関係で申請者が非常に多いということの対応でございます。

 上野原地域環境整備基金につきましては、旧上野原分それから幸住県の環境整備基金につきましては、旧秋山分の関係の基金をこちらの方へ充当させてもらうというものでございます。

 それから、その下、18款特別会計の関係でございますが、3目公共下水道事業特別会計繰入金でございますが、こちらにつきましては事業費の確定等によりまして、減額になってきております。

 それから、19款繰越金でございますが、938万6,000円でございますが、繰越金をここですべて使用させてもらったと、最終のものでございます。

 続きまして、その下でございますが、20款諸収入、預金利子でございますが、一般会計の関係する預金の関係の金額でございます。

 それから、32ページでございます。まず、21款市債でございます。3目一般単独事業債でございますが、三角のこちらの方につきましては4,460万円の減額と。2節でございますが、こちらにつきましては、消防施設の関係で先ほどもお話をしましたが、40トンの防火水槽の関係の事業費の増に伴いしまて、90万円の増加と。

 それから1枚めくってもらいまして、34ページでございます。

 防災対策事業ということで、こちらにつきましては130万円の減額と。こちらにつきましては、小型動力ポンプつきの積載車の関係、これは、甲東分団の関係です。それから、もう1つが消防ポンプ自動車でございます。これは、鶴川の第2部の関係ですが、いずれも差金が出ているということの減額でございます。

 それから、6節一般事業債でございますが、三角の4,420万円ということでございますが、こちらにつきましては、先ほど体育館のアスベスト除去の関係で、起債を充当してあったものを一般財源に振りかえたということの減額でございます。

 それから、7の一般会計出資債でございますが、こちらにつきましては、負担区分に基づく特定広域施設整備事業の出資金ということの事業費の増加に伴うものでございます。それから、一般公共事業債につきましては300万円の事業の起債額の増ということで、こちらにつきましては、充当率が90%から100%になったということの増加でございます。

 それから、12目でございますが、市町村合併特例事業債でございますが、こちらにつきましては、三角の2億7,540万円ということで、いずれにしても入札差金の減額でございます。

 続きまして、36ページでございます。歳出に移らせていただきます。

 まず、2款1項1目一般管理費でございますが、この中で3節職員手当等でございます。1億850万円ということで、こちらにつきましては、職員の退職手当経費が主たる要因となっております。

 それから、38ページをお願いいたします。

 13節委託料、三角の2,941万5,000円ということになっておりますが、主たる減額の要因としましては、上野原駅周辺整備事業の減額が2,886万5,000円含まれているというものでございます。

 40ページをお願いいたします。1番上でございますが、財産管理費でございます。13節委託料でございます。こちら、257万2,000円でございますが、秋山地区の遠所の関係の地籍調査の関係事業費と、それから4路線市内で行っております路線測量の関係の差金等の関係でございます。それから、下の方でございますが、10目市民会館費でございます。そちらの方の13委託料でございますが、三角の219万円でございますが、市民会館の解体等の業務に伴う設計管理の関係を減額させてもらうというものでございます。解体管理の減額でございます。

 それから、42ページをお願いいたします。

 13目でございますが、情報管理費の関係でございます。まず、13目委託料でございますが、4,256万7,000円の増額というものでございます。こちらにつきましては、先ほども申しましたが、後期高齢者医療制度改革大綱の関係の委託料、こちらの方に7,324万8,000円が含まれております。

 そして、もう一つでございますが、情報管理の設計管理業務の減額がございまして、そちらの方の減額が3,368万円あるということで、精査をしていただきまして4,256万7,000円の増というものでございます。それから、その下でございますが、14の使用料及び賃借料の関係でございます。126万円でございます。こちらについては、電柱の共架の関係でございますが、本来であれば、2月、3月に電柱の方へ共架をさせてもらう予定でございましたが、事業等が若干おくれているということの関係がございまして、2月については共架をしていないと。月に100円の消費税分ということで、電柱が約6,000本見込んでありましたもので、それらの関係で2月分を126万円ばかり計上させていただきましたが、3月については、共架をしていないということで、その分が減ってくるというものでございます。

 それから、その下でございますが、15の工事請負費の関係でございますが、三角の2億5,694万4,000円ということでございますが、こちらにつきましては、情報基盤整備事業の関係の電送路、それから引き込み工事の関係の入札差金の減額ということになります。

 それから、46ページをお願いいたします。

 まず、上の、3の県議会議員選挙の関係でございますが、こちらの方の13委託料でございますが、委託料248万円でございますが、こちらにつきましては、整理、ポスター掲示上の保守の委託、それから選挙のシステム管理委託の関係で248万円を計上させていただくものでございます。

 それから、4目市議会議員選挙の関係でございますが、こちらにつきましては、整理をさせていただきました関係上の経費というものになります。

 19節負担金が非常に多いのですが、こちらにつきましては、選挙運動用の自動車負担金、選挙ポスター政策の負担金等の減というものが入っております。

 それから、48ページをお願いいたします。

 2款5項1目の関係で、統計調査総務費でございます。こちらにつきましては、13委託料でございますが、市勢要覧の印刷製本業務の委託の差金でございます。262万5,000円を減額するものでございます。

 それから、50ページをお願いいたします。

 こちらにつきましては、民生費の関係でございます。まず、1目社会福祉総務費でございますが、補正額でマイナス8,849万4,000円という数字でございますが、主にマイナスになっておりますのが、節の方で申しますと20の扶助費の関係でございます。こちらの方は、数項目からなっていているわけでございますが、まず、重度心身障害者の医療費の助成関係が、医療法の改正等で減額。それから身体障害者の訓練の関係の事業費、それから知的障害者等で減額が出ているという内容となってきております。

 それから、その下でございますが、2目の老人福祉費の関係でございます。28の繰出金の関係でございますが、3,208万2,000円の減額でございます。こちらにつきましては、老人保健への繰出金の減額が3,000万円。それから、介護保険の支援事業の関係が208万2,000円と、この2つで繰出金が減額になってきているというものでございます。

 続きまして、52ページをお願いいたします。

 1目児童福祉総務費でございますが、こちらにつきましても、節の方で申しますと、真ん中どころに20の扶助費がございます。350万円の減額でございますが、こちらにつきましては、出産奨励祝金の減額というものでございます。

 それから、1番下になりますが、3目児童手当費でございます。こちらの20の扶助費の関係でございますが、児童手当特例給付小学校前の特例給付につきまして、精算に基づきまして、1,899万円を減額させてもらうものでございます。

 それから、54ページでございます。

 1番上にございますが、3項の生活保護費の関係の2目扶助費でございます。

 20節扶助費でございますが、こちらにつきましても、医療扶助に係る重度患者、それから2号保険者、こちら40から64歳の介護保険サービス利用者が少なく、扶助に係る扶助費が少なかったことが主な要因として減額というものでございます。

 それから、1番下でございますが、4款衛生費の関係の2目保険事業費でございます。こちらの、関係でございますが、13委託料、1,276万4,000円の減額でございますが、こちらにつきましては、健康審査の事業、それから働きざかり花の実年検診事業、それから肝がん検診等の事業で、人数の減に伴う減額というものでございます。

 それから、56ページをお願いいたします。

 3目の予防費の関係でございますが、こちらの13委託料の関係でございます。907万3,000円の減額になっておりますが、こちらにつきましては、日本脳炎の個別接種の減でございます。こちらは回数の減というものでございます。

 それから、真ん中どころへいきまして簡易水道事業費でございます。28の繰出金でございますが、1,032万8,000円の減額でございます。こちらにつきましては、簡易水道事業の方の繰出金が非常に多く残ったというものでございまして、一般会計からの繰り出しを1,032万8,000円減額させてもらうものでございます。

 それから、その下でございますが、6目上水道費の関係です。24の投資及び出資金の関係でございますが、三角の2,258万9,000円というものでございますが、こちらにつきましては、負担区分に基づかない特定広域施設整備の単独事業の関係でございますが、起債対象外ということで、こちらは1,668万7,000円の減、それから、赤字補てんの関係の減がございまして、そちらが1,000万円。それから補助対象事業の関係でございますが、起債を起こすことができる事業がこの中に4,098万円含まれているというもので、それらを整理させていただいたものでございます。

 それから、7目病院費でございます。こちらにつきましては、28節繰出金で7,380万2,000円、これは病院の方へ繰り出すものでございまして、利用者の減というものが主たる要因というものでございます。

 それから、58ページをお願いいたします。

 清掃費の関係でございます。4目の不燃物処理の関係でございます。こちらにつきましては、トータルではマイナス192万9,000円でございますが、13節委託料の関係でございますが、こちらにつきましては、粗大ごみの運搬処理、それから資源ごみの関係の上屋の工事の管理料がこの中に入ったんですが、差金等の関係で減額をさせてもらいまして、調整させてもらいまして、313万2,000円を計上させてもらうものです。その下の15節工事請負費の関係でございますが、こちらにつきましては、リサイクルプラザの建設事業の関係の差金の減でございます。

 それから、5款労働費でございますが、1番下でございます。23節償還金、利子及び割引料というものでございまして、こちらが174万7,000円の減額になっております。これは、市民会館の職業訓練共同施設の関係の補助金を返還するというものの内容でございます。

 それから、62ページをお願いいたします。

 7款商工費でございます。2目商工業振興費でございます。19節負担金、補助及び交付金でございますが、こちらの1,475万円につきましては、市の企業立地促進事業助成金の関係でございます。こちらの帝京大学の下にございますが、日光エンジニアリングさんの工業団地の関係の促進事業の助成をするという内容でございます。

 それから、64ページをお願いいたします。

 8款2項でございます。土木費の道路橋梁費の関係です。まず、2目の道路維持費の関係でございますが、工事請負費、400万5,000円の減額と、事業全体を相殺しまして、減額が生じたという内容でございます。それから、3目の道路新設改良費でございます。17節公有財産購入費でございますが、三角の224万4,000円ということでございまして、こちらにつきましては、市道上新田諏訪線の用地の購入費の減額というものでございます。

 それから、その下でございますが、8款3項1目都市計画の総務費でございますが、こちらにつきましては、繰出金28ですが、495万1,000円ということで、こちらにつきましても、事業等の確定に伴いまして、減額が生じているというものでございます。

 それから、68ページをお願いいたします。

 10款教育費の関係でございます。1目の学校管理費でございますが、11節の需用費、三角の349万5,000円というものでございますが、こちらにつきましては、水道料、電気料、それから修繕費等の主たる要因の減額が主なもので、349万5,000円を減額させてもらっているというものでございます。

 それから、次のページに移らせていただきます。

 2目の教育振興費でございますが、こちらの方でございますが、18節の備品購入費129万5,000円でございますが、こちらにつきましては、西原それから棡原でコンピューター室のエアコンの機械の入札等の関係の差金、それから、ウイルスバイタリーの配線関係で差金が出ているという内容でございます。

 続きまして、78ページをお願いいたします。

 下の方でございますが、13の諸支出金でございます。これは、各基金の利息の関係を計上したものでございまして、78ページの減債基金から83ページの釣場財政調整基金までの関係の利息分を各項目ごとに計上させていただいたという内容でございます。

 それから、企画の方ですが、3目の公共施設整備基金の関係のところでございますが、そちらの方に企画課の方から全体を調整させてもらった結果、利息が2万9,000円あるわけでございますが、そのほかで調整をさせていただきまして、金額が1,759万5,000円というものを積み立ての方へ回させていただいたという内容でございます。

 以上が一般会計の内容でございます。

 続きまして、89ページでございますが、議案第16号、平成18年度上野原市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)の関係でございます。

 まず、歳入歳出予算の補正でございます。

 第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,786万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ28億6,066万7,000円と定めるものでございます。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 それでは、98ページをお願いいたします。歳入でございます。

 まず、3款国庫支出金の国庫負担金の関係でございます。まず、2目の療養給付費等負担金でございます。こちらにつきましては、平成18年度の当初予算編成に当たり、17年度の実績値を参考に歳入額を見込みましたが、平成17年度の補助対象療養給付費の総額が12億3,480万8,000円に対し、18年度における補助対象療養給付費の総額が7億1,648万円と5億1,832万8,000円の減額となったことに伴いまして、国庫負担金を減額するものでございます。

 それから、その下の共同事業負担金でございますが、昨年の10月の制度改正によりまして、高額療養費の対象者が70万円から80万円に引き上げられたことに伴いまして、事業対象額が減額になったというものでございます。

 それから、次に3款国庫支出金の国庫補助金、財政調整基金の関係でございます。こちらにつきましては、全体を調整させていただきましたところ、財政調整基金で700万円の増、それから特別調整基金の関係で三角の2,194万円の減額というものでございます。

 それから、その下でございますが、療養給付費の交付金の1目療養給付費交付金でございます。こちらにつきましては、療養給付費が退職者医療に要した経費で、17年の4月現在の退職者被保険者数でございますが、1,409人を見込みました。平成18年4月現在の退職者被保険者の数でございますが、1,787人と退職者被保険者数が17年度に比べて、378人増加をいたしまして、療養給付費の増加に伴い1億円の増額を見込み補正をさせていただくものでございます。

 続きまして、100ページをお願いいたします。

 こちらにつきましては、歳出になります。

 こちらでございますが、真ん中どころの2款1項1目一般被保険者の療養給付費でございますが、こちらにつきましては、歳入の方でも説明をさせていただきましたが、財源更正をさせていただくものという内容でございます。

 それから、2款4項1目葬祭費の関係でございますが、昨年10月の制度改正に伴いまして、葬祭費が引き上げられたというものでございまして、その不足額を計上させていただくものでございます。

 それから、102ページでございます。

 こちらにつきましてでございますが、まず、老人保健の拠出金でございます。こちらにつきましては、1目で老人保健拠出金を2,000万円減額をさせてもらうという内容となっております。それから、その下でございますが、介護給付費の関係で500万円の減額と。これらにつきましても、負担金の関係で保険の支出の関係が減っているという内容でございます。

 それから、5款1項1目でございますが、高額療養費の共同事業費の関係でございますが、こちらにつきましては、昨年10月の制度改正で、高額療養費の共同事業の対象額が70万円から80万円に引き上げられたということで、全体事業が減額になってきているという内容でございます。

 それから、3目保険財政共同事業安定化事業でございますが、こちらにつきましても1,000万円を減額させてもらっております。こちらにつきましては、高額の療養共同事業が同様な事業でありますが、昨年10月の制度改正によりまして、療養費の額が26万7,000円を超え、80万円未満の高額な医療に対する保険財政の安定化を図るための共同事業が新設されたということの内容で減額にきているという内容でございます。

 続きまして、109ページでございます。

 議案第17号、平成18年度上野原市国民健康保険特別会計(直営診療施設勘定)補正予算(第2号)でございます。

 歳入歳出予算の補正でございますが、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ280万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億198万1,000円と定めるものでございます。

 2としまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 118ページをお願いいたします。

 まず、2の歳入でございまして、1款療養収入ということでございます。医科外来収入ということで、1目から5目の3つがあるわけでございますが、401万1,000円という補正額でございますが、こちらにつきましては、外来患者の増加に伴いまして、診療収入が増加したというものでございます。続きまして、歯科外来収入でございますが、こちらは若干の減少ということで、81万3,000円を減額させていただいたものでございます。それから、その下の1番下でございますが、文書費でございますが、こちらにつきましては、診療の関係の経費というものでございます。

 それから、次の120ページの関係でございます。

 3款繰越金でございます。1項繰越金の1目繰越金でございます。こちらにつきましては、外来等の関係で収入がふえたということでございますので、差金が出た関係で調整をさせてもらったというものでございます。

 それから、次に、129ページをお願いいたします。

 議案第18号でございます。平成18年度上野原市老人保健特別会計補正予算(第2号)でございます。歳入歳出予算の補正でございます。

 第1条としまして、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億1,751万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億43万6,000円と定めるものでございます。

 2としまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出歳出予算の額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 まず、138ページをお願いいたします。

 歳入でございますが、1款支払い基金交付金から3款県支出金までの関係でございますが、こちらにつきましては、平成14年度に老人医療の対象年齢が70歳から75歳に引き上げられたことに伴いまして、老人医療対象の受給者が減少したということに伴うものが主たる要因でございます。そして、昨年の8月からでございますが、医療費老齢者に係る住民税の非課税措置の廃止がされたことに伴いよりまして、自己負担割合が1割から2割とされたことで、受給者の関係、それから10月の医療制度改正により、2割から3割に改正されたということでございまして、医療給付費が入りも出も、減額になったという内容が主たる要因としての内容でございます。それに伴いまして、1款支払い基金交付金でございますが、三角の5,074万6,000円。それから国庫支出金でございますが、合計で3,201万4,000円。

 それから、3款の県支出金の関係でございますが、550万4,000円の減額をさせてもらったというものでございます。

 140ページをお願いいたします。

 4款繰入金でございます。さきの説明のとおり、全体が減額になってきているということでございまして、一般会計の繰入金につきましても、同様に減額をさせてもらったというものでございます。

 142ページでございます。歳出でございます。

 こちらにつきましてでございますが、2款の医療諸費の関係でございます。1目の医療給付費の関係でございますが、そういった負担割合の増というよな関係等がございまして、給付費が減っているというものでございます。逆に、2目の関係ですが、こちらにつきましては、補装具等の関係の経費で若干の増があるというものでございます。

 続きまして、147ページをお願いいたします。

 議案第19号、平成18年度上野原市介護保険特別会計補正予算(第3号)でございます。

 まず、歳入歳出予算の補正でございますが、第1条歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,580万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ14億9,992万1,000円と定めるものでございます。

 2としまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 156ページをお願いいたします。

 2の歳入でございます。3款国庫支出金でございます。こちらにつきましては、1目、2目ともふえておりますが、こちらにつきましては、出の方の全体事業費を整理した結果、介護給付費の関係、施設介護給付費ともにふえているということで258万1,000円の増額というものでございます。

 3款国庫支出金の国庫補助金でございますが、こちらにつきましても、事業等の整理をさせていただいた結果、1目の調整交付金でございますが1,104万8,000円の見込みをさせていただきました。2目につきましては減、3目につきましては若干の増と、トータルにしまして1,001万4,000円の増額というものでございます。

 それから、4款支払基金交付金の関係でございます。こちらにつきましては、1目、2目両方とも減額というものでございまして、こちらは、第2号被保険者の介護納付金に係る支払基金からの交付というもので、整理をした結果、減額というものでございます。

 それから、5款の県支出金でございますが、1目介護給付費、それから2目施設介護給付費の関係です。全体を整理させていただきまして928万1,000円の増額を見込んでおります。

 それから、158ページでございます。

 7款繰入金でございます。一般会計繰入金につきましては、1目の介護給付費の繰入金から4目の総務費繰入金まででございますが、全体を調整させていただきまして、一般会計からの繰入金を208万2,000円減額をさせていただく内容となっております。

 それから、7款の繰入金、これは基金繰入金の関係でございますが、介護給付費準備基金よりの繰入金でございます。これにつきましては、歳入歳出全体調整をさせていただきまして、準備基金より324万9,000円を繰り入れさせていただく内容となっております。

 それから、160ページでございます。

 こちらにつきましては、1番下でございますが、2款保険給付費の1項の介護サービス等諸費でございますが、こちらにつきましては、要介護者に対して行われるサービスに係る支出でございます。まず、1目の居宅介護サービス給付費でございますが、こちらにつきましては、通所介護やリハビリステーションの訪問通所の利用者が伸びたことによります増額でございます。

 続きまして、162ページでございます。

 まず、真ん中どころでございますが、3目の施設介護サービスの給付費でございます。三角の978万9,000円の減額でございますが、施設介護サービス給付費の見直し等によります減額が出ているということで、減となってきております。

 それから、164ページをお願いいたします。

 まず、2款1項の上の方でございますが、9目の地域密着型の介護サービス給付費でございます。三角の250万円という内容でございますが、こちらにつきましても、サービス給付を利用する施設等が少なく、利用者が少ないためということで減額になってきております。

 それから、その下でございますが、2款2項の関係でございます。介護予防サービス等費でございます。まず、1目の介護予防サービスの給付費でございますが、608万3,000円でございます。こちらにつきましては、包括支援センターの活動により、介護予防サービス給付の利用者が増加しているということから、増額をしております。

 それから、1番下でございますが、7目の介護予防サービス計画給付費でございますが、345万4,000円の減額でございますが、利用者が少ないため減額をさせていただいてきているという内容になってきております。

 それから、166ページでございます。

 まず、真ん中どころでございますが、2款6項特定入所者介護サービス等費でございます。1目の特定入所者介護サービス費407万3,000円でございますが、減額の認定利用者が増加しているということで、不足が見込まれるため増額を行うための措置でございます。

 それから、4款1項1目ですが、こちらにつきましては、介護保険給付費準備基金の積立金ということで操作をさせていただきまして、1,273万6,000円を積み立てるという内容でございます。

 それから、168ページでございますが、5款1項1目でございます。介護予防の関係でございまして、885万8,000円の減額と特定高齢者の対象者が予想以上に少なかったということで、事業費が大幅に減額になったという内容でございます。

 それから、175ページをお願いいたします。

 議案第20号でございます。平成18年度上野原市介護サービス事業特別会計補正予算(第2号)でございます。

 歳入歳出予算の補正でございます。第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ354万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ210万4,000円と定めるものでございます。

 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 184ページをお願いいたします。

 2の歳入でございます。1款サービス収入ということで、1目ですが、介護サービス計画費の収入でございます。当初の計画よりも利用者が少ないということでございまして、354万円の減額をさせていただくものでございます。

 続きまして、186ページでございます。

 歳出でございます。総務費の関係の一般管理費ということでございまして、こちらにつきましては、354万円でございますが、委託料を減額させてもらうというものでございます。

 やはり、見込みより少ないということで、件数減に伴う減額というものでございます。

 続きまして、191ページをお願いいたします。

 議案第21号、平成18年度上野原市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)でございます。

 こちらにつきましては、歳入歳出予算の補正、第1条歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,247万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8億6,435万2,000円と定めるものでございます。

 2としまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 次に、地方債の補正でございます。

 第2としまして、地方債の変更は、「第2表地方債補正」によると。

 194ページをお願いいたします。

 「第2表地方債補正」変更でございます。下水道事業でございますが、変更前の限度額は2億3,210万円を変更後でございますが、2億1,320万円に限度額を変更させてもらうというものでございます。

 200ページをお願いいたします。

 2歳入でございます。1款の繰入金でございます。495万1,000円の減額というものでございます。

 こちらにつきましては、県の公共事業の促進事業費等の関係の経費の減額があったり、一般会計の関係の調整をさせてもらいまして、495万1,000円を減額させてもらうというものでございます。

 続きまして、2款1項でございますが、下水道費の国庫補助金の減額171万5,000円でございますが、こちらにつきましては、上水処理施設の交付金の浄化槽事業費で流用するもので、こちらを減額というものでございます。

 4款市債の関係でございますが、下水道事業債でございますが、三角の1,890万円というものでございます。こちらにつきましては、事業費の確定等に伴いまして、減額をさせていただくものというものでございます。

 それから、202ページでございますが、6款使用料及び手数料の関係でございます。下水道使用料でございますが、接続加入の増加に伴いまして使用料増額です。

 それから、7款の負担金及び分担金の関係ですが、こちらにつきましては、当初、加入世帯を見込んだんですが、若干加入者が少ないということで減額をさせてもらうというものでございます。

 それから、204ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 1款2項1目の関係でございます。まず、1目の公共下水道整備費でございますが、15の工事請負費でございます。こちらにつきましては、847万8,000円を減額ということでございますが、こちらにつきましても、入札差金等の関係で精査をさせていただいたという関係の減額でございます。

 それから、その下の22の補償補填の関係でございますが、170万円でございますが、こちらにつきましては、水道施設の移設等に係る補償費で、通常事業から交付金事業へ流用させてもらうということで、減額でございます。

 それから、28の繰出金の関係でございますが、352万2,000円でございますが、こちにつきましては、建設課の委託分の工事精査に伴います減額というものでございます。

 それから、4目の汚水処理施設の関係でございます。1番下でございますが、トータルで801万5,000円の減額でございますが、まず、15の工事請負費でございますが、971万5,000円でございます。こちらにつきましても、精算をさせていただいた関係上、補助対象事業、単独事業の関係で精算に伴いまして減額というものでございます。

 それから、22の補償補填及び賠償金ということで170万円でございますが、先ほど公共下水道のところで内容を説明しましたが、こちらの方に振りかえをしたと、公共下水道事業の管渠の関係で水道施設の方へ振りかえをした関係で増額になっているというものでございます。

 以上が、下水道関係の補正予算でございます。



○議長(尾形正已君) ここで、しばらく休憩します。

 再開は、13時30分からとします。



△休憩 午後零時29分



△再開 午後1時30分



○議長(尾形正已君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 酒井課長。



◎企画課長(酒井信俊君) 引き続きまして、213ページをお願いいたします。

 議案第22号、平成18年度上野原市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)でございます。

 歳入歳出予算の補正、第1条歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ394万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億2,050万6,000円と定めるものでございます。

 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 続きまして、222ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 まず、2款繰入金、3款繰越金の関係でございます。2款の繰入金の一般会計繰入金1,032万8,000円を減額させてもらうものでございます。というのは、第3款にございます繰越金でございますが、年間を通して調整をした結果、繰越金が1,421万9,000円ございましたもので、繰入金と繰越金を精査させていただくための調整をさせていただきました。

 続きまして、224ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 まず、3目の仲間川簡易水道事業費でございます。11の需用費300万円でございますが、こちらにつきましては、導水ポンプ取りかえの配水管の漏水修繕を行うための修繕費でございます。

 続きまして、4目秋山簡易水道事業でございますが、11の需用費でございます。87万円につきましては、西部配水管布設の漏水修繕工事と修繕等の関係の経費でございます。

 続きまして、231ページをお願いいたします。

 議案第23号、平成18年度上野原市教育奨励資金特別会計補正予算(第1号)でございます。

 歳入歳出予算の補正でございます。

 第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ38万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ260万円と定めるものでございます。2として、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 240ページをお願いいたします。

 2の歳入でございます。

 3款繰越金、1目の繰越金でございます。前年度の繰越金を当初、多目に見過ぎたために38万4,000円を減額させてもらうものでございます。

 242ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 予備費の関係でございます。繰越金を多目に見た関係上、予算等の調整がございますもので、予備費を38万4,000円減額させていただいたまして、予算全体を調整させていただくものでございます。

 続きまして、247ページをお願いいたします。

 議案第24号、平成18年度上野原市温泉事業特別会計補正予算(第3号)でございます。

 歳入歳出予算の総額補正でございます。

 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ38万1,000を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億1,319万円と定めるものでございます。2としまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の繰り入れ、歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 256ページをお願いいたします。

 2として、歳入でございます。

 まず、1款事業収入の1目使用料でございます。こちらにつきましては、利用者の増加に伴いまして、部屋の買し付け、それから回数券等の販売が増加したための費用でございます。

 それから、4款雑入でございます。こちらにつきましても、ヘルスケア等の利用者の増加に伴いまして、歳入をふやしてございます。

 258ページの歳出でございます。

 こちらにつきましては、2目の施設整備費の関係でございますが、11の需用費の100万円でございます。こちらにつきましては、今まで使用しておりましたポンプの関係をオーバーホールするために、本来、工事で行う中で計上しておりましたが、需用費で修繕を行うということで100万円を計上させていただいたものでございます。

 それから、また、下の15の工事請負費の減額でございますが、源泉のポンプ関係の工事で調整をさせていただきましたが、今の需用費との関係で組み替えをさせてもらったというものでございます。

 続きまして、263ページをお願いいたします。

 議案第25号、平成18年度上野原市巌財産区特別会計補正予算(第2号)でございます。

 こちらにつきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億3,128万6,000円と定めるものでございます。

 2としまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 こちらにつきましては、歳入で財産の貸付収入それから立ち木の売り払いがございましたが、それら、事業等の充当がございませんので、次の274ページでございますが、すべてを予備費の方へ計上させていただきまして、全体を調整させていただいたというものでございます。

 続きまして、279ページでございます。

 議案第26号、平成18年度上野原市島田財産区特別会計補正予算(第2号)でございます。

 歳入歳出予算の補正でございます。

 第1条、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 次に、284ページをお願いいたします。

 こちらにつきましては、歳入がございませんので、2の歳出ということで説明をさせていただきます。

 まず、1款総務費の1目の一般管理費でございますが、こちらにつきましては、現在、島田地区の急傾斜地の崩落対策事業を県主体で防災工事を行っているということでございます。ここのところなんですが、島田地区の駒門の近くの財産区の急傾斜地対策事業を行っていることから、2目の予備費を83万円減額させていただきまして、総務費の一般管理の方へ充当をするということで事業費に負担を持っていくということの調整をさせていただいたものでございます。

 続きまして、289ページでございます。

 議案第27号、平成18年度上野原市上野原財産区特別会計補正予算(第3号)でございます。

 歳入歳出予算の補正でございます。

 まず第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ22万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,381万4,000円と定めるものでございます。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。

 298ページをお願いいたします。

 2の歳入でございます。

 3款の繰入金、1目の八重山教育基金繰入金22万円の減額でございます。こちらにつきましては、上野原中学校の体育館の暗幕、カーテン等の施設の改修の関係で、八重山教育基金から繰り出しをしようとするものでございましたが、教育委員会の方の関係の事業が差金等が生じたということで22万円の減額をするものでございます。

 それに伴いまして、300ページでございます。

 歳出でございます。

 1款の総務費の1目一般管理費でございますが、繰入金のところで説明したとおり、差金が生じたということで、一般会計の繰出金を22万円減額するものでございます。

 305ページをお願いいたします。

 議案第28号、平成18年度上野原市檜尾根外十二恩賜林保護財産区特別会計補正予算(第2号)でございます。

 歳入歳出予算の補正でございます。

 第1条、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものということで、歳入歳出の総額には変更はございませんが、歳出の項と目の関係の調整をさせていただくものでございます。

 310ページをお願いいたします。

 2の歳出でございます。1目一般管理費と2目の恩賜林の保護費の関係でございます。こちらにつきましては、いずれも19の負担金等の関係が生じたために、5,000円でございますが、予備費を減額させていただきまして、総務費の方へ充当がえをしたというものの調整でございます。

 315ページをお願いいたします。

 議案第29号、平成18年度上野原市西棚ノ入外十一恩賜林保護財産区特別会計補正予算(第2号)でございます。

 歳入歳出予算の補正でございます。第1条としまして、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」によるものでございます。こちらにつきましても、歳入歳出の総額には変更はございませんが、歳出の項、目の調整をさせていただいたものでございます。

 320ページをお願いいたします。

 2の歳出、1款の総務費でございまして、1目の一般管理費でございます。こちらにつきましても、19の負担金、補助及び交付金の関係でございまして、連合会等への負担金が不足したということでございますので、2款の予備費を1万円減額させていただきまして、総務費の方へ充当したという内容でございます。

 以上でございます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(尾形正已君) 議案第30号、平成18年度上野原市病院事業会計補正予算(第2号)及び議案第57号、損害賠償の額を定めることについては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 内容説明を求めます。

 小俣病院事務長。



◎病院事務長(小俣幸三君) それでは、議案第57号と30号ですけれども、57号が先行しておりますので、申しわけございませんけれども、57号の方からご説明をさせていただきます。

 議案第57号、損害賠償の額を定めることについて、上野原市病院事業医療事故に係る上野原市が負担すべき損害賠償の額を次のとおり定めることとする。

 損害賠償の額500万円。住所、上野原市新田476番地。氏名、佐野泰子。

 提案理由でございますが、地方自治法第96条第1項第13号の規定により、損害賠償の額を定めることについて、議会の議決を経る必要がある。

 これが、議案を提出する理由でございます。

 次の事故の概要でございますが、平成18年6月20日午後6時40分ごろ、上野原市立病院内で病気療養入院中の上野原市上野原1695佐野常喜氏の容態が急変し、死亡したものであります。

 損害賠償の交付を受ける者といたしまして、妻でありますが、上野原市新田476番地、佐野泰子、和解及び損害賠償額500万円。

 以上でございます。

 よろしくご審議のほどお願いいたします。

 続けて、この関係でございまして、議案第30号を説明させていただきます。

 別冊になっておりますので、そちの方をよろしくお願いいたします。

 まず、平成19年度3月定例会に出しております議案第30号でございますが、平成18年度上野原市病院事業会計補正予算(第2号)についてご説明を申し上げます。

 なお、この補正予算につきましては、2月9日に行われました病院委員会におきまして、ご審議をいただいていることを申し添えさせていただいております。

 それでは、別冊になっておりますので、病院事業会計予算補正予算書の1ページをごらん願いたいと思います。

 今回の補正は、業務の予定量、収益的支出予定額、資本的支出予定額の補正となっております。

 まず、第2条の業務の予定量でございますが、入院、外来患者数の減少に伴いまして、補正及び主要な建設改良事業については補正を行います。

 まず、入院患者数は、1日平均6人減少いたしまして、年間で3万660人といたします。また、外来患者数は、1日平均5名の減少で、年間10万8,620人といたします。主要な建設改良事業につきましては、機器及び備品整備事業を630万円減額いたしまして、1,830万円といたします。

 2ページをお開きください。

 続きまして、3条の収益的収入及び支出につきましては、収益といたしまして、地方公営企業法に基づきました繰入金の不足分の7,380万2,000円を増額し、また、経費の保険金収入を増額いたします。患者数の減少に伴います収益の減少があることから、収益全体といたしましては、保険金収入の500万円のみの増額といたしまして、総額で20億6,781万6,000円といたします。

 支出といたしましては、和解に伴いまして経費を500万円増額し、総額で20億6,781万6,000円とさせていただきます。

 3ページをごらんください。

 まず、4条の資本的収入及び支出でございますが、企業債対象の医療機器の購入を一部控えたことや、機器の購入差金によりまして、収入支出それぞれ630万円を減額いたしまして、収入の総額を5,427万1,000円、支出の総額を7,975万6,000円といたします。なお、資本的収入が資本的支出額に不足する額につきましては、変更はございません。

 補正予算の実施計画書は5ページ以降にございますので、ご参照をお願いしたいと思います。

 以上が、今回、提出させていただきました補正予算2号の内容でございます。

 よろしくご審議の上、ご可決くださいますようよろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(尾形正已君) 議案第56号、山梨県東部広域連合規約の変更については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、そのように決しました。

 内容説明を求めます。

 中村総務部長。



◎総務部長(中村照夫君) それでは、議案書の59ページをごらんいただきたいと存じます。

 第56号、山梨県東部広域連合規約の変更について。

 地方自治法の一部を改正する法律が平成18年6月7日に公布され、普通地方公共団体においては、収入役は会計管理者に、吏員は職員にそれぞれ改正された趣旨を踏まえ、地方自治法第291条の3第3項の規定により山梨県東部広域連合規約を次のとおり変更する。

 提案理由ですが、地方自治法の改正が平成19年4月1日から施行されることに伴い、構成市村の収入役に関する条例等の廃止により、地方自治法第291条の3第3項の規定に基づき、山梨県東部広域連合の組織の見直しが必要なため、同広域連合規約を変更することについて協議を行うため、同法第291条の11の規定により議会の議決を得る必要がある。これが、この案件を提出する理由でございます。

 次の60ページをお願いします。

 規約変更の内容ですが、山梨県東部広域連合規約の一部を変更する規約、山梨県東部広域連合規約の一部を次のように変更する。第11条中、収入役1人を会計管理者に改める。第12条第4項を次のように改める。4、会計管理者は、広域連合長が関係市村の会計管理者のうちから選任する。

 第13条第2項を削る。これにつきましては、収入役の任期が定められておりましたけれども、今度、会計管理者にかわることから、ここの13条第2項を削るということになっております。

 第14条中に、その他を削るということですが、これは、吏員を廃止し、ここのところを廃止したことによって、職員だけが残りまして、職員に統一した内容になっております。

 附則1、この規約は平成19年4月1日から施行する。

 2、この規約の施行の際現に収入役である者は、その在職期間中に限り、なお従前の例により在職するものとする。なお、今規約の改正ですが、構成団体の市村の議会の議決を受けた後、連合長が知事に規約の変更の申請を行いまして、知事の許可をもって4月1日から施行する、そういう予定になっております。

 ご審議の上、ご可決くださいますようよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(尾形正已君) 議案第2号から議案第14号及び議案第50号から議案第55号までの19件につきましては、お手元にお配りした委員会付託表のとおり、所管の常任委員会に審査を付託したいと思いますが、ご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、委員会付託表のとおり決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 日程第5、予算特別委員会設置の件を議題といたします。

 お諮りします。

 議案第31号から議案第49号までの平成19年度上野原市一般会計予算、各特別会計予算及び病院事業会計予算合わせて19件については、委員会条例第6条の規定によって、議長を除いた全議員で構成する予算特別委員会を設置し、これに付託をして審議することにしたいと思います。ご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本件については、議長を除いた全議員で構成する予算特別委員会を設置し、これに付託をして審議することに決定しました。

 ただいま決定いたしました予算特別委員会の委員は、後ほど正副委員長を互選して、議長に報告願います。

 しばらく休憩します。



△休憩 午後1時52分



△再開 午後1時58分



○議長(尾形正已君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほど、選任されました予算特別委員会の委員の互選の結果、委員長に尾形重寅君、副委員長に奈良田文夫君が決定しましたので、ご報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 日程第6、議案審議を行います。

 議案第15号、平成18年度上野原市一般会計補正予算(第6号)を議題として、質疑を行います。

 小笠原俊将君。



◆19番(小笠原俊将君) 19番、小笠原です。

 一般会計の補正予算につきましては、議員全員懇談会の中で資料をいただいて、この資料に基づいて4点ほど確認をしたいと思います。

 まず、第1番目は、退職手当負担金が1億775万円計上されておりますけれども、この退職者の人数とこの金額の中身についてご説明願いたいと思います。



○議長(尾形正已君) 酒井企画課長。



◎企画課長(酒井信俊君) お答えいたします。

 予算書でいいますと、37ページの退職手当等の関係のところだと思います。

 一般会計で申しますと、定年で退職される方が2名、それから早期に退職される方が15名ということで、一般会計でいいますと17という数字でございます。



○議長(尾形正已君) 小笠原俊将君。



◆19番(小笠原俊将君) 定年退職の方が2名で、早期退職者というのが15名というお話ですが、早期退職については、今年度は初めて15人という大変大きな人数なんですが、これについては、どういう対象者を絞って行ったのかどうかを伺いたい。



○議長(尾形正已君) 中村総務部長。



◎総務部長(中村照夫君) 58歳以上を対象に私たちの方で面接というか話をしまして、希望を募った、勧奨をしたという状況です。

 以上です。



○議長(尾形正已君) 小笠原俊将君。



◆19番(小笠原俊将君) この制度については、特に58歳以上の人ということですが、今年度に限った措置なのか、来年度までにやるのかという点についていかがですか。



○議長(尾形正已君) 中村総務部長。



◎総務部長(中村照夫君) 来年度以降も行う予定でおります。

 以上です。



○議長(尾形正已君) 小笠原俊将君。



◆19番(小笠原俊将君) 2つ目の問題ですが、上野原駅周辺整備事業が減額で3,117万7,000円マイナスになっておりますけれども、この事業については、具体的にどんな事業の中身なのかお伺いしたい。



○議長(尾形正已君) 上條政策秘書室長。



◎政策秘書室長(上條喬君) お答えいたします。

 新田地区の地元の共同組合で実際、土地改良を実施しておりますが、その事業の進捗状況に合わせまして、実施すべく各種の委託料を計上しておりました。しかしながら、事業が完了しておりませんので、ここで減額したわけでございます。

 内容でございますけれども、鉄道用地の割り込みとか、分筆などの業務の委託料、それから建物移転補償、調査の委託料、現況測量とか権利関係調査の委託料、施設の基本構想の業務委託料、景観地区計画原案作成業務の委託料、それから、都市再生整備計画作成業務委託料ということで、全体で約2,886万5,000円の委託料で減額をいたしました。

 それから、需用費関係につきましては、消耗品費関係とか住民アンケート調査の方を減額したわけでございます。

 以上です。



○議長(尾形正已君) 小笠原俊将君。



◆19番(小笠原俊将君) 今後の見通しについては、どういうふうに考えていますか。



○議長(尾形正已君) 上條政策秘書室長。



◎政策秘書室長(上條喬君) お答えいたします。

 これにつきましては、地元施行の状況を見ながら取り組んでまいりたいと思います。

 以上です。



○議長(尾形正已君) 小笠原俊将君。



◆19番(小笠原俊将君) 次に3点目、民生費ですが、知的障害者施設訓練費等が6,300万円、これもやはり年度末ということで減額になっておりますけれども、この中身についてお伺いしたい。



○議長(尾形正已君) 大神田福祉保健部長。



◎福祉保健部長(大神田光司君) お答えいたします。

 議員ご承知のとおり、昨年度から障害者自立支援法が施行されました。これに伴いまして、予算編成時期には、旧法の基準で組んでいたわけですが、昨年の10月から自立支援法の制度が導入さました。これに伴いまして、精査をしたものでございます。したがいまして、4月から9月までは旧法の対応、10月からことしの3月までは自立支援法の対応ということで、主な内容といたしましては、知的障害者の施設訓練費等になっております。

 以上でございます。



○議長(尾形正已君) 小笠原俊将君。



◆19番(小笠原俊将君) 6,300万円減額というのは、年度の途中で法律が変わったとおっしゃいましたけれども、新法適用によって、当初見積もった額よりも利用者の数が減ったという理解でよろしいでしょうか。



○議長(尾形正已君) 大神田福祉保健部長。



◎福祉保健部長(大神田光司君) そうではなくて、基本的に旧法の場合には、個人負担が軽減されていたものが、新法になりましてふえています。

 総額的には、大体施設入所の場合、今、細かい資料は持っておりませんが、おおよそ1人500万円かかります。それが、上半期におきましては、約半分で250万円の対応。下半期においては、原則的には1割負担が導入されてまいります。そういう関係で、精査をしてこの額が減ってきたということでございます。



○議長(尾形正已君) 小笠原俊将君。



◆19番(小笠原俊将君) 次に、病院事業への繰り出しが7,380万2,000円ふえていますけれども、この措置の中身についてはどういうふうにお考えですか。



○議長(尾形正已君) 酒井企画課長。



◎企画課長(酒井信俊君) 病院事業への繰り出しでございますが、7,380万2,000円という繰出金でございます。当初の段階から非常に厳しい状況ということでございましたが、ここで精査をさせていただきまして、利用者等の減が最大限の理由ということで、繰り出しの方を調整させていただいたという所存でございます。

 以上です。



○議長(尾形正已君) 服部光雄君。



◆15番(服部光雄君) 15番、服部です。お願いなんですけれども、民生費の内訳がここではわからないので、詳しい資料を後ほどいただけますか、今のやつ。小笠原議員が質問した詳しい中身を見せていただかないとわかりませんので、別紙でお願いしたいと思います。



○議長(尾形正已君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 2番、杉本です。市債の中で、合併特例債の関係なんですが、2億7,050万円ですか、これが減額になっておりますけれども、これは工事の差金ということですのでわかっておりますけれども、この事業については先日、当局の方から工期を延長するというお話がありました。予算的なことではないのですけれども、本来、工期が延長されるということは、議会にとっても大変大きな問題ですし、そのような事業を提案してきた当局にも、あるいは工事をする業者が問題なのか、いろいろなことがあろうかと思いますけれども、とにかく工期を延長するということで、その理由もですが、後々、工事費の変更というものがあるのかないのかまず伺います。



○議長(尾形正已君) 中村総務部長。



◎総務部長(中村照夫君) この2億7,550万円につきましては、工事の方の入札の差金ということになります。

 実際、今、工事関係の話がございましたけれども、実は工事を進める場合について、ある一定の区間ですね、例えば2キロとか、そういった長い区間の中で、電柱100本ごとについて、東京電力の方へ共架の申請の届け出を出すわけです。

 ただ、その中で、例えば2キロの中に1,000本あったということになりますと、その中のところどころで、電柱に対して反対している人がいると。これは、実はその電柱の土地の所有者から文書が東電の方へ行っているという話を聞いております。そういう状況の中で、東電の方からは、そこについては何とか承諾を得るか、何らかの対応をしてほしいという話が来ているというふうに聞いております。

 そういう状況の中で、私たちの方でもう少し時間をもらいながら、効率よい事業を進めるためにそういう形をとっていきたい。それができないということであれば、恐らくそこのところを変更していくということがこれから出てくるというふうに感じます。これは当然、その電柱が使えないということになりますから、それに対応する形をとらざるを得ないということだと思います。今は、そんなように考えています。



○議長(尾形正已君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 7月なり8月まで延ばしたいということなんですけれども、今後の見通しについてもう一度伺います。



○議長(尾形正已君) 中村総務部長。



◎総務部長(中村照夫君) いずれにしましても、今、予定に沿って進めておりますので、きょう、細かい資料を持ち合わせておりませんので、いずれにしても、この事業が継続費を組んで、この2年の中で行うということになっていますから、2年の中には確実に片をつけてやっていくということになるかと思います。

 以上でございます。



○議長(尾形正已君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 工期が一度延長をして、それでだめだということになると再延長するということですか。



○議長(尾形正已君) 中村総務部長。



◎総務部長(中村照夫君) これは継続費を組んで18年、19年度の事業として組んでおりますから、19年度以降には延ばせないんですね。その期間であればいいということになっていますから、いずれにしてもその予算の中でこの事業を完成させていくということになります。

 以上でございます。



○議長(尾形正已君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 光ファイバーというか、特例債については構いませんけれども、衛生費のご説明をいただきました。

 健康事業費の中で、働きざかり花の実年検診事業あるいは肝がん、それから結核予防事業費等の減額があるわけですけれども、その金額が、当初の予算から比べて大分大幅なものなんですね。それは、中身がまずどうなのかということと、そして余りにも減額幅が大きいので、計画自体がずさんというか適切なものではなかったのか。それともどこか問題があったのか、その点についてお伺いいたします。



○議長(尾形正已君) 酒井企画課長。



◎企画課長(酒井信俊君) 衛生費の関係のところの委託の関係でございますが、乳がん検診それから子宮ガン検診、基本検診等、年間計画を立てて事業を実施しようということで、計画を立てておるわけでございますが、今年度に限りましては、昨年度から比べますと、非常に受診者が少なくなったということが主たる要因で1つの関係で出ております。ある程度、数を把握していないと日数等の関係でとれなくなるということで、調整をさせた経緯がございまして、減額幅が大きくなってきております。

 それともう一つ、花の実年の検診事業の関係でございますが、こちらにつきましては、人間ドックの検診事業ということで、市民病院だとか、それからクアハウス、厚生連等の対応の事業を計画しておったわけですが、こちらにつきましても、かなりの方の検診が減ったということの原因で、そういった内容で、今年度につきましては、とにかく受診者が大幅に減ったということが主たる要因でなっているということでございます。

 以上でございます。



○議長(尾形正已君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 検診事業というのは、予防医学上からいっても、市民の健康を守る上でも私は重要なものだと大変思っております。ぜひ、この点については、適切なというよりも検診率を上げるように、あるいは計画をつくるときはもうちょっと根拠をしっかりして、実のあるような形にしていただきたいと思います。

 それから、決算特別委員会もありますので、またこれはそのときにでもよくお話を聞きたいと思いますけれども、具体的な内容については、追ってお知らせをいただければありがたいと思います。

 以上です。



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第16号、平成18年度上野原市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)を議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第17号、平成18年度上野原市国民健康保険特別会計(直営診療施設勘定)補正予算(第2号)を議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって本案は、原案のとおり可決されました。

 議案第18号、平成18年度上野原市老人保健特別会計補正予算(第2号)を議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第19号、平成18年度上野原市介護保険特別会計補正予算(第3号)を議題として、質疑を行います。

 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 2番、杉本です。これも、先ほどの検診事業と同じように、介護予防事業費の885万8,000円の減額になっているんですが、当初予算の額は承知しておりませんけれども、補正の方の額が1,000万円そこそこなんですね。それで、800万円を減額するというのは、通常考えるとどういうことなのかなということで、大変疑問に思うんですけれども、まず、これはどういうことになっているのかご説明をお願いします。



○議長(尾形正已君) 酒井企画課長。



◎企画課長(酒井信俊君) お答えいたします。

 168ページのところの介護予防特定高齢者施策事業というところでよろしいでしょうか。

 そこの関係でございますと、先ほど介護保険法の改正等によりまして創設されたものなんですが、地域予防支援事業の関係の介護予防に資する事業ということでございます。これらにつきましても、特定の高齢者の関係の機能の低下が疑わしいということの展開なんですが、実際的に通所で行う集団的な事業を実施する内容になっておるんですが、大きく分けて利用者が大幅に少なくなったということの減額というものでございます。



○議長(尾形正已君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 先ほどの利用者の減という説明を受けたんですけれども、これは、具体的には数値的に把握しているものがありますか。何人がどのくらい予定したけれども、どのくらいになったというのを。



○議長(尾形正已君) 酒井企画課長。



◎企画課長(酒井信俊君) 具体的な事業でございますが、運動機能の向上対策事業というようなものがあったんですが、それらが主たる要因の原因です。それが約690万円ぐらい減額になっているんですが、そういった関係と、うつの認知症の事業の関係、そういったものの中身の減額が予算上から出ているというものでございます。



○議長(尾形正已君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 同じような説明をいただいているんですけれども、私も当初の額は存じ上げていないんだけれども、余りにも補正前の額に比べて減額幅が大きいと。少なくとも事業をやっていく上で、はてなという気持ちを持っているんですよ。確かに、金額で言えばこれだけだという話になるんだけれども、人数にしたら100人のところが80人だめになったという話だと思うんですよ。もう少し詳しくわかりませんか。



○議長(尾形正已君) 大神田福祉保健部長。



◎福祉保健部長(大神田光司君) お答えいたします。

 今、細かい数値は手持ちにはないわけですけれども、この事業は、新規の事業でございまして、国・県が指針を出してきたのは昨年の暮れなんですね。それから事務にとりかかったということで、該当者とすれば一般検診等を受けて、体に支障のある方、要介護を必要とする方を捜し出して、その方たちを訓練をしなさいよという趣旨なんです。それをするのに、やはり今申し上げたとおり、時間的に余裕がなかったものですから、広報等で募集をしても希望者が当初見込んだときよりも非常に少なかったということで、19年度においては、もっと大幅にふやせると思っております。

 やはり一番の原因は、法律が改正になっても細部が出てこないもので、県・国の指導がないものでどういうふうな方法で扱っていいかということがありましたので、これは各市町村が同じような状況だと思うんですね。だからいいというわけではないんですけれども、今後においては、そういふうに大いに努力をしていきたいと思います。

 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) とりあえずとは言いませんけれども、忙しい中でつくったということですけれども、これからは、予算化するときにはぜひその辺は精査をして、ちゃんと実のあるような形にしていただきと思います。

 以上です。



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第20号、平成18年度上野原市介護サービス事業特別会計補正予算(第2号)を議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第21号、平成18年度上野原市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題として、質疑を行います。

 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 2番、杉本です。汚水処理施設整備事業費の中で、補償補填及び賠償金という項目の中で170万円あるんですね。それは、水道の方につけかえだという説明を受けたんですけれども、具体的にはどんなことですか。



○議長(尾形正已君) 酒井企画課長。



◎企画課長(酒井信俊君) 204ページのところの内容だと思いますが、1目の公共下水道事業のところの22の補償補填の170万円の減額ということですが、こちらにつきましては、水道施設の移設等に係る補償費で、通常事業費から交付金事業への流用をさせてもらうために、ここを170万円減額させてもらいまして、一番下にございますが、4目の汚水処理施設の整備事業でございますが、そちらの方の22の補償補填及び賠償金の方へ組み替えをさせてもらったというものの内容でございます。

 以上でございます。



○議長(尾形正已君) 杉本公文君。



◆2番(杉本公文君) 処理の仕方は今、説明のとおりだと思うんですよ。特別にあれですか、名前がこういう名前になっているので、何か賠償金みたいな話があったのかなというふうに思ったものですから、そういうことではないですか。



○議長(尾形正已君) 酒井企画課長。



◎企画課長(酒井信俊君) そういう内容ではございませんで、普通の関係の事業の振りかえというものでございます。



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第22号、平成18年度上野原市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第23号、平成18年度上野原市教育奨励資金特別会計補正予算(第1号)を議題として質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第24号、平成18年度上野原市温泉事業特別会計補正予算(第3号)を議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第25号、平成18年度上野原市巌財産区特別会計補正予算(第2号)を議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第26号、平成18年度上野原市島田財産区特別会計補正予算(第2号)を議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第27号、平成18年度上野原市上野原財産区特別会計補正予算(第3号)を議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第28号、平成18年度上野原市檜尾根外十二恩賜林保護財産区特別会計補正予算(第2号)を議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は、原案のとおり可決されました。

 議案第29号、平成18年度上野原市西棚ノ入外十一恩賜林保護財産区特別会計補正予算(第2号)を議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第57号、損害賠償の額を定めることについてを議題として質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第30号、平成18年度上野原市病院事業会計補正予算(第2号)を議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決することに決定しました。

 議案第56号、山梨県東部広域連合規約の変更について議題として、質疑を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 質疑を終わり、討論を行います。

         (なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 討論を終わり、採決を行います。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、本案は原案のとおり可決することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 日程第7、請陳の上程を行います。

 本日までに受理した請陳は、お手元にお配りした請陳文書表のとおりです。

 紹介議員の請陳要旨の説明を求めます。

 請陳第1号、医師不足を解消し、安心できる地域医療体制の確保を求め意見書の提出を求める請願を、久島博道君。



◆13番(久島博道君) 請陳第1号、平成19年3月1日。

 件名、医師不足を解消し、安心できる地域医療体制の確保求め意見書の提出を求める請願。

 請願人、山梨県上野原市上野原1122−4、栗村勇幸。

 紹介議員、久島博道。

 請願の要旨を朗読して、説明にかえさせていただきます。

 近年、全国的に、特に小児科や産婦人科などにおける医師不足が深刻な問題となっています。

 地域住民が安心して生活するためには、救急医療や産婦人科・小児科医療など必要な医療サービスがいつでも利用できることが重要であり、こうした医療不足問題の解消は喫緊の課題です。

 このような医師不足は、1)平成16年4月から実施されている臨床研修医制度により大学医局の医師派遣機能が低下し、地域の医療機関からの医師の引き上げが生じていること、2)公的病院等での医師の過酷な勤務実態、地域の医療機関の経営状況の悪化などが生じていること、3)女性医師の増加に対応する仕事と子育ての両立支援が十分に講じられていないことなど、様々な原因が複合的に作用して生じています。

 医師不足の解消に向け、医療機関の集約化や、魅力ある研修病院の整備、病院間連携体制の整備、小児救急での電話相談窓口の整備など様々な努力を進めていますが、安心できる地域医療体制の整備に向けて国においても引き続き積極的な取り組みを進める必要があります。また、医師不足のみでなく看護師や助産師の不足も同様に近年重要な課題となっています。

 以上の点から、医師不足を解消し、安心できる地域医療体制を確保することが急務であります。

 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、次の関係諸機関への意見書の提出を請願致します。

 意見書提出先

  衆議院議長  河野洋平殿

  参議院議長  扇 千景殿

  内閣総理大臣 安倍晋三殿

  厚生労働大臣 柳澤伯夫殿

  総務大臣   菅 義偉殿

  文部科学大臣 伊吹文明殿

 以上、医療体制の現状を把握していただき、ご審議の上、ご採択をいただきますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(尾形正已君) ただいま説明のありました請陳は、所管の常任委員会に付託の上、審査することにしたいと思います。ご異議ありませんか。

         (異議なしの声多し)



○議長(尾形正已君) 異議なしと認めます。

 したがって、請陳第1号は文教厚生常任委員会に負託の上、審査することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(尾形正已君) 以上で本日の日程はすべて終了しました。

 本日はこれで散会します。

 ご苦労さまでした。



△散会 午後2時35分