議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲斐市

平成22年  3月 定例会(第1回) 03月05日−02号




平成22年  3月 定例会(第1回) − 03月05日−02号







平成22年  3月 定例会(第1回)



          平成22年甲斐市議会第1回定例会

議事日程(第2号)

                  平成22年3月5日(金曜日)午前10時開議

     諸報告

日程第1 議案第5号 辺地に係る総合整備計画の承認を求める件

日程第2 議案第6号 平成21年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)

日程第3 議案第7号 平成21年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

日程第4 議案第8号 平成21年度甲斐市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

日程第5 議案第9号 平成21年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第3号)

日程第6 議案第10号 平成21年度甲斐市介護サービス特別会計補正予算(第2号)

日程第7 議案第11号 平成21年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)

日程第8 議案第12号 平成21年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

日程第9 議案第13号 平成21年度甲斐市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

日程第10 議案第14号 平成21年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

日程第11 議案第15号 平成21年度甲斐市合併浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)

日程第12 議案第16号 平成21年度甲斐市水道事業会計補正予算(第2号)

日程第13 議案第17号 甲斐市男女共同参画推進条例の制定の件

日程第14 議案第18号 甲斐市立竜王ふれあい館条例の制定の件

日程第15 議案第19号 甲斐市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正の件

日程第16 議案第20号 甲斐市土地開発基金条例の一部改正の件

日程第17 議案第21号 甲斐市心身障害者(児)福祉手当支給条例の一部改正の件

日程第18 議案第22号 甲斐市営自転車駐車場条例の一部改正の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(27名)

     1番  込山伸一君      2番  坂本一之君

     3番  有泉庸一郎君     4番  猪股尚彦君

     5番  山本英俊君      6番  内藤久歳君

     7番  藤原正夫君      8番  名取國士君

     9番  小浦宗光君     10番  河野勝彦君

    11番  池神哲子君     12番  清水富貴雄君

    13番  保坂芳子君     14番  家光由里君

    15番  清水喜代栄君    16番  小宮山長庚君

    17番  赤澤寛吉君     18番  中込助雄君

    19番  森田 稔君     20番  今村正城君

    21番  花田直人君     22番  小林 守君

    23番  樋泉明広君     24番  金丸 毅君

    25番  保坂恒光君     26番  島田利彦君

    28番  仲田博司君

欠席議員(1名)

    27番  鈴木 昇君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長      保坂 武君      副市長     鶴田陽一君

 教育長     上野博文君      企画部長    小田切義夫君

 総務部長    小澤久生君      市民部長    飯室老男君

 環境経済部長  中込崇博君      福祉保健部長  河野文彦君

 都市建設部長  海野政文君      教育次長    三井 譲君

 会計管理者   藤田広子君      水道局長    雨宮行比古君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 議会事務局長  武井 泉       書記      本田泰司

 書記      輿石文明       書記      小林久美



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○副議長(中込助雄君) 改めまして、おはようございます。

 各常任委員会での議案審査、大変ご苦労さまでした。

 本定例会2日目の本会議です。本日も円滑に議事が進行できますよう、議員各位並びに市当局のご協力をお願い申し上げます。

 ただいまの出席議員は27名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○副議長(中込助雄君) 初めに、諸報告をいたします。

 27番、鈴木昇君につきましては、本日の会議を欠席する旨の届け出がありましたので、ご了承願います。

 以上で諸報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○副議長(中込助雄君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第5号〜議案第22号の委員長報告、質疑、討論、採決



○副議長(中込助雄君) 日程第1、議案第5号 辺地に係る総合整備計画の承認を求める件から日程第18、議案第22号 甲斐市営自転車駐車場条例の一部改正の件まで、以上18議案を一括して議題といたします。

 所管の委員会へ付託しておきましたので、各常任委員会の審査結果の報告を求めます。

 初めに、総務教育常任委員会の報告を求めます。

 総務教育常任委員長、小宮山長庚君。

 16番、小宮山長庚君。

     〔総務教育常任委員長 小宮山長庚君登壇〕



◆総務教育常任委員長(小宮山長庚君) 総務教育常任委員会の報告をします。

 本定例会初日に付託されました各議案の審査内容等について、会議規則第39条第1項の規定により報告をいたします。

 なお、詳細はお手元に配付しました報告書に記載してありますので、要点のみの報告とさせていただきます。

 3月3日に委員会を開催し、当局より説明を受け、審査を行いました。

 議案ごとに順次報告をいたします。

 まず、議案第5号 辺地に係る総合整備計画の承認を求める件について報告をいたします。

 福沢辺地における公共施設の総合整備を行うに当たり、総合整備計画の議決が必要となったものであります。各集落ごと人口、整備内容、辺地点数について質疑がありました。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第17号 甲斐市男女共同参画推進条例の制定の件について報告いたします。

 内容ですが、男女共同参画社会の実現に向け、市の施策を総合的、かつ計画的に推進するための基本的な考えを定めるものであります。条例化への経緯、今後の検証等について質疑がありました。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第19号 甲斐市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正の件について報告いたします。

 内容ですが、職員の勤務時間短縮、時間外勤務代休時間の導入について、所要の改正を行うものであります。主な質疑として、育児休業との関連、改正後の閉庁時間、時間外勤務にかかる代休について質疑がありました。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第20号 甲斐市土地開発基金条例の一部改正の件について報告をいたします。

 内容ですが、近年の土地需要の減少、地価の低価格化により、基金額を7億円に改めるものであります。提案理由について質疑が交わされました。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第6号 平成21年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)について報告をいたします。

 まず、歳入の内容ですが、市税の減額、地方交付税の増額、地域活性化・きめ細やかな交付金及びまちづくり交付金の増額、土地開発基金の繰入金、前年度繰越金、市債の発行に伴う補正であります。

 次に、歳出ですが、総務費は土地開発基金から行政財産買い戻し、子ども手当にかかわる電算システムの構築、竜王庁舎改築事業、防犯対策推進事業等の補正であります。

 消防費は、防災行政無線事業、行政財産の買い戻しに伴う消防施設整備費等の補正で、また、教育費は、地域活性化・きめ細やかな臨時交付金、まちづくり交付金の交付による増額補正等であります。

 主な質疑ですが、竜王庁舎改修事業について内容、玉幡小学校給食室、小・中学校施設整備の内容について質疑が交わされました。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第11号 平成21年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)について報告いたします。

 貸付金、元利収入の減額に伴う、一般会計からの繰出金補正等であります。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、総務教育常任委員会に付託されました議案の報告を終了いたします。



○副議長(中込助雄君) 総務教育常任委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ないようですので、委員長の報告に対する質疑を終わります。

 ご苦労さまでした。

 続きまして、厚生環境常任委員会の報告を求めます。

 厚生環境常任委員長、赤澤寛吉君。

 17番、赤澤寛吉君。

     〔厚生環境常任委員長 赤澤寛吉君登壇〕



◆厚生環境常任委員長(赤澤寛吉君) 厚生環境常任委員会に付託されました議案の審査結果について報告いたします。

 なお、詳細はお手元に配付してあります報告書に記載してありますので、質疑は省き要点のみ報告とさせていただきます。

 3月2日に常任委員会を開催し、市当局より説明を受け、審査を行いました。

 初めに、条例審査についてご報告いたします。

 まず、議案第18号 甲斐市立竜王ふれあい館条例の制定の件については、施設の開館のための条例制定であり、審査の結果は、討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決することに決定しました。

 次に、議案第21号 甲斐市心身障害者(児)福祉手当支給条例の一部改正の件については、支給額に所得制限を設け、住民税の所得割が非課税者は現行どおり、課税者は現行の2分の1を支給する改正であり、これに伴い減額される事業費は、約1,100万円で、既存の重度心身障害者の日常生活用具の給付事業とタクシー利用料金の助成事業の拡充を図る説明がありました。

 こちらも、討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決することに決定しました。

 続いて、補正予算についてご報告いたします。

 まず、議案第6号 平成21年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)について、予算ごとに報告いたします。

 第3款民生費、第1項社会福祉費は、保険課関係で、国民健康保険特別会計への支出金の増額、高齢福祉課関係では、介護保険と介護サービス特別会計への繰出金の増額、養護老人ホームの措置費と高齢者福祉タクシー利用の助成や配食サービスなどの減額でありました。

 続いて、第3款民生費、第2項児童福祉費は、子育て支援課関係で、敷島保育園の用地の土地開発基金から買い戻す経費や保育所運営費などの増額、執行停止となった子育て応援特別手当などの減額補正でありました。

 続いて、第4款衛生費、第1項保健衛生費は、保険課関係では、国民健康保険特別会計への繰出金の減額、健康増進課関係では、敷島と竜王の保健福祉センターの用地を土地開発基金から買い戻す経費の増額と、双葉保健福祉センターの管理経費の減額補正でありました。

 続いて、一般会計の最後になりますが、第4款衛生費、第2項環境衛生費は、環境課関係でありますが、簡易水道事業特別会計への繰出金と環境監視測定業務経費の減額補正の内容でありました。

 以上、それぞれ質疑が行われ、討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決することに決定しました。

 次に、特別会計の補正関係についてご報告いたします。

 まず、議案第7号 平成21年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)は、一般被保険者の療養給付費のなどの増額、老人保健医療費拠出金などの減額補正であり、討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決することに決定しました。

 続いて、議案第8号 平成21年度甲斐市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、広域連合への保険料の納付金と保険基盤安定負担金などの増額補正であり、討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決することに決定しました。

 続いて、議案第9号 平成21年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第3号)は、保険給付費や基金積立金などの増額、家族介護慰労金、敬老福祉大会の補助金などの減額であり、討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決することに決定しました。

 最後に、議案第10号 平成21年度甲斐市介護サービス特別会計補正予算(第2号)は、ケアプランの作成料の減額、平成20年度決算による一般会計への繰出金の増額の内容で、討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決することに決定しました。

 以上で、厚生環境常任委員会での議案の審査結果について報告を終わります。



○副議長(中込助雄君) 厚生環境常任委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ないようですので、委員長の報告に対する質疑を終わります。

 ご苦労さまでした。

 続きまして、建設経済常任委員会の報告を求めます。

 建設経済常任委員長、小浦宗光君。

 9番、小浦宗光君。

     〔建設経済常任委員長 小浦宗光君登壇〕



◆建設経済常任委員長(小浦宗光君) 本定例会初日に建設経済常任委員会に付託されました議案第6号 平成21年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)外6議案の審査結果について報告します。

 平成22年3月2日、建設経済常任委員会を開催し、付託された議案について審査を行いました。

 なお、質疑内容等につきましては、お手元に配付しました報告書のとおりですので、主な内容と審議結果について報告します。

 初めに、議案第6号 平成21年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)についてであります。

 第5款労働費については、緊急雇用創出事業により実施した、塩崎駅周辺環境整備事業の確定に伴う執行残額を減額するものであります。

 第6款農林水産業費については、各事業の執行残額を減額するほか、土地開発基金で取得したクラインガルテン用地を買い戻すために公有財産購入費を増額するものであります。

 次に、第7款商工費については、緊急雇用創出事業及びふるさと雇用再生特別基金事業により実施した4つの観光推進事業の執行残額等を減額するものであります。

 次に、第8款土木費については、地域活性化・きめ細かな臨時交付金及びまちづくり交付金の追加配分により、道路改良及び河川改修などを実施するため、工事請負費を増額するものであります。なお、工事の執行につきましては、22年度に繰り越して実施されることになりました。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 次に、議案第12号 平成21年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、事業確定に伴う執行残額の減額補正が主なものであります。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 次に、議案第13号 平成21年度甲斐市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)については、事業確定に伴う執行残額の減額補正及び繰越金の増額により、一般会計からの繰入金を減額するものであります。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 次に、議案第14号 平成21年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてであります。

 受益者負担金の増額、双葉地区の大型ショッピングセンター及び双葉サービスエリアの使用料が増加したことによる増額が主なものであります。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 次に、議案第15号 平成21年度甲斐市合併浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。

 事業確定に伴い執行残額の減額補正であります。事業計画について質疑が交わされました。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 次に、議案第16号 平成21年度甲斐市水道事業会計補正予算(第2号)についてであります。

 まちづくり交付金を活用して配水管布設がえ工事を実施するため、一般会計から繰り入れを行うものであります。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 最後に、議案第22号 甲斐市営自転車駐車場条例の一部改正の件についてであります。

 これは、竜王駅前広場の供用開始に伴い、南口、北口それぞれの広場の中に自転車駐車場を位置づけるための条例改正であります。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定しました。

 以上で、建設経済常任委員会の報告を終わります。



○副議長(中込助雄君) 建設経済常任委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ないようですので、委員長の報告に対する質疑を終わります。

 ご苦労さまでした。

 以上で、各常任委員長の報告を終わります。

 これより、議案第5号から議案第22号までの18議案を、議案ごとに討論、採決いたします。

 初めに、議案第5号 辺地に係る総合整備計画の承認を求める件は討論の通告がありませんので、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第5号は、総務教育常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第6号 平成21年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)の討論、採決を行います。

 初めに、討論を行います。

 討論の通告がありますので、13番、保坂芳子君。



◆13番(保坂芳子君) 13番、公明党の保坂芳子でございます。

 補正予算に対する賛成討論をさせていただきます。

 議案第6号 平成21年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)につきましては、子育て応援特別手当の減額補正に対する、我が党の主張を申し述べた上での賛成討論を行います。

 子育て応援特別手当は、米国のリーマンショックに端を発した100年に一度と言われた経済不況に対処するため、国が緊急経済対策の一つとして、昨年度の第2次補正予算において全額国負担として措置されたことが出発点となっております。不況で所得が伸び悩む子育て世代にあって、特に費用が家計の負担増になる幼児期の子供のいる家庭に対して負担を軽減し、子育てしやすい環境を整備することが国の責任であることや、そのことで消費効果もあると見込んで緊急経済対策に盛り込まれたものです。

 将来の幼児教育無償化の実現に向けた第一歩として、多くの子育て世代の方からも歓迎され、対象を第1子から拡大してほしいとの要望が相次ぎました。国はこのことから本年度第1次補正で支給対象を第1子まで広めて予算措置を行い、これを受け全国の自治体が全額国費を財源とした補正予算を決定し、支給準備を進めてきたところであり、甲斐市でも9月議会で当該予算を議決したところです。しかし、執行直前に地方現場の声を聞くこともなく、新政府により一方的な子育て応援特別手当の執行停止が突如決定され、支給事務を進めてきた自治体を大きな混乱に陥れました。子育て世代の期待も大きく、残念なところでございます。

 子育ての手当ての実施が、国の役割であるとの認識から全額国費として措置され、国がお金を出す、地方自治体は支給事務を行うという役割分担でスタートしました。今回の減額補正予算の計上は、あくまでも国による役割の一方的放棄に起因するものであることをここで明確にする必要があります。そして、これをもちまして、手当ての実施を心待ちにしていた市民の皆様への最低限の説明責任であると確信いたしまして、国のこうした理不尽な一方的な執行停止に対しまして、怒りを込めて子育て応援特別手当の減額補正予算を含む議案第6号に対して賛成するものです。

 以上です。



○副議長(中込助雄君) 討論の通告は以上であります。討論を終了いたします。

 これより議案第6号を採決いたします。

 本案に対する常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議がありますので、本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。議案第6号は、各常任委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○副議長(中込助雄君) 起立多数であります。

 よって、議案第6号 平成21年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)は、常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第7号 平成21年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)は、討論の通告がありませんので、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する厚生環境常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第7号は、厚生環境常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第8号 平成21年度甲斐市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の討論、採決を行います。

 討論の通告がありますので、順次これを許します。

 初めに、23番、樋泉明広君。



◆23番(樋泉明広君) 23番、樋泉明広です。

 議案第8号 平成21年度甲斐市後期高齢者医療特別会計補正予算の反対討論を行います。

 本会計補正予算は、この制度の対象である75歳以上の高齢者から、うば捨て山の制度であると批判された制度の補正予算であり、本来ならば新政権のもとで、今年4月に廃止されるはずのものであります。にもかかわらず、特別会計として存続していること自体問題であり、民主党新政権がこの制度を4年も先送りしようとしております。わずかな年金収入しかない高齢者にとって、保険料負担は重くのしかかっております。山梨県では平成22年から23年度まで保険料は据え置くということにはなっておりますが、毎月約5,700円、年間6万9,000円を支払わなければならず、これも年金から天引きされます。全国では滞納者が28万人以上にもなっており、山梨県でも1,128人になっております。このままでは、無保険者が発生することが危惧されます。いずれにしても大きな欠陥を持つこの制度を基本としている、後期高齢者医療特別会計補正予算に反対はもちろんでありますが、制度そのものを見直し、廃止すべきであります。政府に強く要求をしていただきたいと思います。

 以上、反対討論といたします。



○副議長(中込助雄君) 次に、7番、藤原正夫君



◆7番(藤原正夫君) 議案第8号 平成21年度甲斐市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について、甲斐クラブを代表して賛成の立場から討論を行います。

 歳入では、後期高齢者医療保険料が一般会計からの繰入金及び繰越金等を補正するものとなっています。また、歳出では、山梨県後期高齢者医療広域連合へ納付する保険料や事務費等を補正するものとなっています。歳入歳出それぞれについて、決算見込みに基づき、補正予算を編成するものであり、後期高齢者医療制度の運営に必要があると認めたことから本案に賛成するものであります。

 以上。



○副議長(中込助雄君) 討論の通告は以上であります。討論を終了いたします。

 これより議案第8号を採決いたします。

 本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する厚生環境常任委員長の報告は可決であります。

 本案は、厚生環境常任委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○副議長(中込助雄君) 起立多数であります。

 よって、議案第8号は厚生環境常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第9号 平成21年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第3号)は、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する厚生環境常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第9号は厚生環境常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第10号 平成21年度甲斐市介護サービス特別会計補正予算(第2号)は、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する厚生環境常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第10号は厚生環境常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第11号 平成21年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)は、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議がありますので、本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。議案第11号は、総務教育常任委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○副議長(中込助雄君) 起立多数であります。

 よって、議案第11号 平成21年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)は、総務教育常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第12号 平成21年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)は、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する建設経済常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第12号は建設経済常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第13号 平成21年度甲斐市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する建設経済常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第13号は建設経済常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第14号 平成21年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する建設経済常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第14号は建設経済常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第15号 平成21年度甲斐市合併浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)は、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する建設経済常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第15号は建設経済常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第16号 平成21年度甲斐市水道事業会計補正予算(第2号)は、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する建設経済常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第16号は建設経済常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第17号 甲斐市男女共同参画推進条例の制定の件は、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第17号は総務教育常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第18号 甲斐市立竜王ふれあい館条例の制定の件は討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する厚生環境常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第18号は厚生環境常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第19号 甲斐市職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正の件は、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第19号は総務教育常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第20号 甲斐市土地開発基金条例の一部改正の件は、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第20号は総務教育常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第21号 甲斐市心身障害者(児)福祉手当支給条例の一部改正の件の討論、採決を行います。

 討論の通告がありますので、順次これを許します。

 初めに、23番、樋泉明広君。



◆23番(樋泉明広君) 23番、樋泉でございます。

 議案第21号 甲斐市心身障害者(児)福祉手当支給条例の一部改正の件で反対討論を行います。

 本条例改正の理由として、手当と支給要件、現金支給額を変更するためとしております。また、各種障害者福祉関係予算が年々増加をしており、財政的に厳しいためということで、本条例を改正するとしております。本市のこの条例は、県下で最も手厚い支給制度になっておりまして、障害者に感謝をされ、市民からも高く評価をされている本制度を改正することは同意しかねます。行政改革大綱に基づく見直しにより、所得制限を付け、支給額を引き下げるには、引き下げることは現在の福祉政策の後退であり、障害者自立支援法による応益負担でいためつけられている障害者支援にも背を向ける改正であり、認めることはできません。

 以上、反対討論といたします。



○副議長(中込助雄君) 次に、2番、坂本一之君。

 2番、坂本一之君。



◆2番(坂本一之君) 2番、坂本一之です。

 本定例会において、厚生環境常任委員会に付託されました議案第21号 甲斐市心身障害者(児)福祉手当支給条例の一部を改正する条例の件について、甲斐クラブを代表し、賛成の立場で討論いたします。

 本条例は、甲斐市合併前の旧3町時代から、心身に一定の障害を持つ障害者(児)に対し、市の単独事業として福祉手当を支給してまいりましたが、ホームヘルプを初めとする住宅サービスの充実、重度医療費の窓口の無料化、サービス利用料の負担軽減措置など、各種の障害福祉サービスが整備されてきていることから、福祉手当の支給要件の見直しを図るため、所要の改正を行うものであります。

 改正内容は、低所得者に配慮した所得制限の導入により限られた財源を有効活用し、障害福祉サービスを継続的かつ安定的に提供していくものであります。よって今後も、障害福祉サービスの提供体制の確保を図り、障害のある方を支援していくことを要望し、本件に賛成いたします。



○副議長(中込助雄君) 討論の通告は以上であります。討論を終了いたします。

 これより議案第21号を採決いたします。

 本案は起立により採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する厚生環境常任委員長の報告は可決であります。

 本案は、厚生環境常任委員長の報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○副議長(中込助雄君) 起立多数であります。

 よって、議案第21号は厚生環境常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、議案第22号 甲斐市営自転車駐車場条例の一部改正の件は、討論を省略し、採決を行います。

 本案に対する建設経済常任委員長の報告は可決であります。

 お諮りいたします。本案は、原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(中込助雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第22号は建設経済常任委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○副議長(中込助雄君) 以上で本日予定されておりました日程はすべて終了いたしました。

 なお、次の本会議は3月8日月曜日午前10時に開会いたしますのでご参集願います。

 本日はこれにて散会といたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午前10時45分