議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲斐市

平成21年 11月 臨時会(第3回) 11月25日−01号




平成21年 11月 臨時会(第3回) − 11月25日−01号







平成21年 11月 臨時会(第3回)



甲斐市告示第183号

 平成21年甲斐市議会第3回臨時会を次のとおり招集する。

  平成21年11月18日

                             甲斐市長  保坂 武

 1 期日  平成21年11月25日(水)

 2 場所  甲斐市議会議場

 3 付議事件

 (1)議案第47号 甲斐市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正の件

 (2)議案第48号 甲斐市の市長及び副市長の給与等に関する条例の一部改正の件

 (3)議案第49号 甲斐市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正の件

 (4)議案第50号 甲斐市職員給与条例の一部改正の件

 (5)議案第51号 甲斐市役所竜王庁舎増築建築主体工事請負契約締結の件

 (6)議案第52号 甲斐市役所竜王庁舎増築電気設備工事請負契約締結の件

 (7)議案第53号 甲斐市役所竜王庁舎増築機械設備工事請負契約締結の件

               ◯応招・不応招議員

応招議員(27名)

    1番  込山伸一君       2番  坂本一之君

    3番  有泉庸一郎君      4番  猪股尚彦君

    5番  山本英俊君       6番  内藤久歳君

    7番  藤原正夫君       8番  名取國士君

    9番  小浦宗光君      10番  河野勝彦君

   11番  池神哲子君      12番  清水富貴雄君

   13番  保坂芳子君      14番  家光由里君

   15番  清水喜代栄君     16番  小宮山長庚君

   17番  赤澤寛吉君      18番  中込助雄君

   19番  森田 稔君      20番  今村正城君

   21番  花田直人君      22番  小林 守君

   23番  樋泉明広君      25番  保坂恒光君

   26番  島田利彦君      27番  鈴木 昇君

   28番  仲田博司君

不応招議員(1名)

   24番  金丸 毅君

          平成21年甲斐市議会第3回臨時会

議事日程(第1号)

                 平成21年11月25日(水曜日)午後2時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

     諸報告

日程第3 議案第47号 甲斐市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正の件

日程第4 議案第48号 甲斐市の市長及び副市長の給与等に関する条例の一部改正の件

日程第5 議案第49号 甲斐市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正の件

日程第6 議案第50号 甲斐市職員給与条例の一部改正の件

日程第7 議案第51号 甲斐市役所竜王庁舎増築建築主体工事請負契約締結の件

日程第8 議案第52号 甲斐市役所竜王庁舎増築電気設備工事請負契約締結の件

日程第9 議案第53号 甲斐市役所竜王庁舎増築機械設備工事請負契約締結の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(27名)

     1番  込山伸一君      2番  坂本一之君

     3番  有泉庸一郎君     4番  猪股尚彦君

     5番  山本英俊君      6番  内藤久歳君

     7番  藤原正夫君      8番  名取國士君

     9番  小浦宗光君     10番  河野勝彦君

    11番  池神哲子君     12番  清水富貴雄君

    13番  保坂芳子君     14番  家光由里君

    15番  清水喜代栄君    16番  小宮山長庚君

    17番  赤澤寛吉君     18番  中込助雄君

    19番  森田 稔君     20番  今村正城君

    21番  花田直人君     22番  小林 守君

    23番  樋泉明広君     25番  保坂恒光君

    26番  島田利彦君     27番  鈴木 昇君

    28番  仲田博司君

欠席議員(1名)

    24番  金丸 毅君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長      保坂 武君      副市長     鶴田陽一君

 教育長     上野博文君      企画部長    小田切義夫君

 総務部長    小澤久生君      財政課長    小宮山俊彦君

 人事課長    加々美 英君     総務課長    小宮山 努君

 生涯学習

         小宮山謙二君

 文化課長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 議会事務局長  武井 泉       書記      本田泰司

 書記      輿石文明       書記      小林久美



△開会 午後2時00分



△開会の宣告



○議長(猪股尚彦君) ただいまの出席議員は27人であります。

 定足数に達しておりますので、これより平成21年甲斐市議会第3回臨時会を開会いたします。

 開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員各位、並びに保坂市長を初め市当局の皆様におかれましては、何かとご多忙のところ、ご参集いただき、厚く御礼申し上げます。

 さて、新型インフルエンザの流行が本格化する中、県内も警報エリアとなり、県内50余りの学校で、学年や学級閉鎖の措置がとられているところであり、幼児を初め、小中学生、高校生へのワクチン接種の前倒し実施が望まれるところであります。皆様方も感染予防に十分留意いただき、ご活躍をお願いしたいと存じます。

 また、先般、21日には、旧3町時代から期成同盟会を立ち上げ取り組んで参りました、双葉サービスエリアのスマートインターチェンジが、東京方面に加え長野方面への乗り入れも可能となり供用開始されました。この事業の出だしである期成同盟会は、その後、3町協議会へと発展し、3町合併の発端となる事業であり、フルインター化の実現は、大変喜ばしい限りであります。

 引き続き、新市建設計画による竜王駅周辺整備事業、庁舎整備事業など「緑と活力あふれる生活快適都市」及び「創甲斐・教育」の実現に向け事業展開が行われますよう、ご期待いたすところであります。

 この後、市長より提出議案の説明がありますが、市政の発展、住民福祉の向上を第一に考えていただき、慎重審議いただきたいと思いますので、議員各位のご協力をお願い申し上げまして、簡単ではございますが、開会のあいさつとさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(猪股尚彦君) それでは、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(猪股尚彦君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(猪股尚彦君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、10番、河野勝彦君、11番、池神哲子君、12番、清水富貴雄君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(猪股尚彦君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日11月25日の1日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ご異議なしと認めます。

 したがって、本臨時会の会期は、本日11月25日の1日間とすることに決定いたしました。

 なお、会期中の会議予定につきましては、お手元に配付した案のとおりでありますので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(猪股尚彦君) 次に、諸報告をいたします。

 初めに、欠席の旨の連絡をいたします。

 24番、金丸毅君につきましては、本日の会議を欠席する旨の届け出がありましたので、ご了承願います。

 次に、監査委員より、平成21年9月分、10月分にかかる現金出納検査の結果の報告がありました。

 写しをお手元に配付しておきましたので、ご了承ください。

 最後に、報道関係者より、議場内での写真の撮影の申し出がありましたので、議会傍聴規則第9条の規定により、議長においてこれを許可いたしましたので、ご報告いたします。

 以上で、諸報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第47号〜議案第53号の一括上程、説明、委員会付託省略、質疑、討論、採決



○議長(猪股尚彦君) 日程第3、議案第47号 甲斐市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正の件から、日程第9、議案第53号 甲斐市役所竜王庁舎増築機械設備工事請負契約締結の件まで、以上7議案を一括して議題といたします。

 初めに、市長より提出議案の概要説明を求めます。

 保坂市長。

     〔市長 保坂 武君登壇〕



◎市長(保坂武君) ご苦労さまです。

 本日ここに、甲斐市臨時市議会を開会するに当たり、議員各位におかれましては、公私ともに多忙のところご応招いただき、まことにありがとうございます。

 それでは、今臨時市議会に提案いたしました7議案につきまして、概要をご説明申し上げます。

 なお、詳細につきましては、それぞれ担当部長から説明をいたしますので、よろしくお願い申し上げます。

 初めに、議案第47号 甲斐市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正の件、議案第48号 甲斐市の市長及び副市長の給与等に関する条例の一部改正の件、及び議案第49号 甲斐市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正の件につきましては、特別職及び一般職の国家公務員の給与改定等にかんがみ、期末手当の支給について、所要の改正を行うものであります。

 議案第50号 甲斐市職員給与条例の一部改正の件につきましては、特別職及び一般職の国家公務員の給与改定等にかんがみ、給料月額、期末手当、及び勤勉手当の支給について、所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第51号 甲斐市役所竜王庁舎増築建築主体工事請負契約締結の件、議案第52号 甲斐市役所竜王庁舎増築電気設備工事請負契約締結の件、及び議案第53号 甲斐市役所竜王庁舎増築機械設備工事請負契約締結の件につきましては、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分の範囲を定める条例第2条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 以上、提出議案の概要についてご説明申し上げましたが、よろしくご審議の上、原案のとおりご可決くださいますよう、お願い申し上げます。



○議長(猪股尚彦君) 市長の説明が終わりました。

 ここでお諮りいたします。ただいま議題となっております、議案第47号から議案第53号までの7議案は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ご異議なしと認めます。

 したがって、議案第47号から議案第53号までの7議案は、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

 これより、議案第47号から議案第50号までの詳細説明を求め、説明の後、議案ごとに順次、質疑、討論、採決をいたします。

 初めに、詳細説明を求めます。

 小澤総務部長。



◎総務部長(小澤久生君) 大変ご苦労さまでございます。

 では、私のほうから今回の提出議案に関しまして、平成21年度人事院勧告に伴う給与改定等の条例の一部改正につきまして、説明をさせていただきたいと思います。

 議案書の1ページをお開きいただきたいと思います。

 議案第47号 甲斐市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正の件から、議案第50号 甲斐市職員給与条例の一部改正の件、4議案につきましては、関連がございますので、一括で説明させていただきたいと思います。

 まず、議案第47号 甲斐市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正につきましては、第6条2項中の期末手当の加算割合を1.15から0.05ポイント引き上げまして、1.20の割合に、また、6月に支給をいたします期末手当を100分の160を100分の145に、12月に支給いたします期末手当を100分の175を100分の165に改正するものでございます。

 なお、施行につきましては、平成21年12月1日からとするものでございます。

 次に、3ページごらんください。

 議案第48号 甲斐市の市長及び副市長の給与等に関する条例、及び、次に5ページを、議案第49号 甲斐市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正につきましては、6月の期末手当を100分の212.5を100分の192.5に、12月の期末手当を100分の232.5を100分の217.5に改正するものでございます。

 なお、施行につきましては、いずれも平成21年12月1日からとするものでございます。

 次に、議案第50号になります、ページで7ページになりますが、議案第50号 甲斐市職員給与条例の一部改正につきましては、第1条は期末手当についてでありまして、12月に支給をいたします期末手当を、一般職員は100分の160を100分の150に、部長級職員については100分の140を100分の125に改めるものであります。

 続いて、第17条の4第2項第1号中の勤勉手当につきましては、100分の75を100分の70に改め、月例給を別表1及び別表1の2のように改めるものでございます。

 以上の第1条につきましては、平成21年12月にかかる期末勤勉手当、及び月例給の改正でございます。

 次に、議案集の15ページをごらんいただきたいと思います。

 ここには第2条が書かれてございまして、平成22年の6月以降にかかる期末勤勉手当の支給率の改正でございます。

 一般職員の期末手当につきましては、6月の支給率を100分の140を100分の125に、それから部長級職員の支給率を100分の120を100分の105に、12月の部長級職員の支給率を100分の125を100分の130に改め、あわせて再任用職員についても支給率を改正するものでございます。

 以上、第2条の規定につきましては、平成22年4月1日から施行するものであります。

 この4議案の条例の提案理由につきましては、先ほど市長が申し上げましたとおりでございます。よろしくご審議いただきたいと思います。



○議長(猪股尚彦君) 説明が終わりました。

 それでは、議案第47号 甲斐市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正の件の説明に対する質疑を行います。

 質疑ございますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ないようですので、説明に対する質疑を終了いたします。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終了します。

 これより、議案第47号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ご異議なしと認めます。

 議案第47号 甲斐市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正の件は、原案のとおり可決されました。

 続きまして、議案第48号 甲斐市の市長及び副市長の給与等に関する条例の一部改正の件の説明に対する質疑を行います。

 質疑ございますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ないようですので、説明に対する質疑を終了いたします。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終了します。

 これより議案第48号の採決をいたします。

 お諮りいたします。本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ご異議なしと認めます。

 議案第48号 甲斐市の市長及び副市長の給与等に関する条例の一部改正の件は原案のとおり可決されました。

 続きまして、議案第49号 甲斐市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正の件の説明に対する質疑を行います。

 質疑はございますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ないようですので、説明に対する質疑を終了します。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終了します。

 これより議案第49号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ご異議なしと認めます。

 議案第49号 甲斐市教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正の件は原案のとおり可決されました。

 続きまして、議案第50号 甲斐市職員給与条例の一部改正の件の説明に対する質疑を行います。

 質疑はございますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ないようですので、説明に対する質疑を終了いたします。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

 23番、樋泉明広君。



◆23番(樋泉明広君) 議案第50号 甲斐市職員給与条例の一部改正の件の反対討論を行いたいと思います。

 本条例改定は、特別職及び一般職の国家公務員の給与改定等にかんがみ、給料月額、期末手当及び勤勉手当の支給率を改定することを理由にしております。8月の人事院勧告に基づき、甲斐市職員の一般行政職、看護職、保健職、技術労務職など、ほとんど全職員を対象に月例給0.2%から0.3%減、期末勤勉手当を現行4.5カ月から0.35カ月引き下げる改定であり、平均1人12万8,000円、総額5,800万円の減額にもなります。

 この勧告は2002年の小泉内閣時代に打ち出された総人件費抑制策が本来中立であるべき人事院に押し付けられたものであります。

 この公務員の給与カットは、住宅ローンの返済や子育て等の大きな障害になり、また地域経済にもマイナスの影響を与えております。

 民間企業の労働者の給与が低いから、その水準に合わせるなどの人事院の立場は、公務員と一般企業労働者の賃下げの悪循環に歯止めをかけて、景気回復を求める声にこたえる立場を堅持し、労働基本権制約の代償措置の本来の役割を放棄するものであります。

 旧自公政権の圧力でゆがめられた、職員給与削減は認めることはできません。

 以上、反対討論といたします。



○議長(猪股尚彦君) ほかに討論ありませんか。

     〔発言する者なし〕



○議長(猪股尚彦君) ほかにないようですので、以上、討論を終了します。

 これより、議案第50号を採決いたします。

 本案は、起立により採決いたします。

 お諮りいたします。議案第50号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(猪股尚彦君) 起立多数であります。

 したがって、議案第50号 甲斐市職員給与条例の一部改正の件は原案のとおり可決されました。

 続きまして、議案第51号から議案第53号までの詳細説明を求め、説明のあと、議案ごとに順次質疑、討論、採決いたします。

 初めに、詳細説明を求めます。

 小田切企画部長。



◎企画部長(小田切義夫君) ご苦労さまでございます。

 それでは、議案集の17ページをお願いいたします。

 議案第51号 甲斐市役所竜王庁舎増築建築主体工事請負契約締結の件でございます。

 契約の目的につきましては、甲斐市役所竜王庁舎増築建築主体工事、契約の方法でございますが、一般競争入札による契約でございます。契約の金額につきましては、14億679万円でございます。契約の相手方でございますが、山梨県甲府市東光寺一丁目4番10号、早野組・長田組土木・昭和建設工業甲斐市役所竜王庁舎増築建築主体工事共同企業体、代表者早野潔氏でございます。

 提案理由でございますが、この請負契約の締結につきましては、甲斐市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分の範囲を定める条例第2条の規定によりまして、議会の議決を経る必要がございます。これがこの案件の提出する理由でございます。

 次に、19ページをお願いします。

 議案第52号 甲斐市役所竜王庁舎増築電気設備工事請負契約締結の件でございます。

 契約の目的につきましては、甲斐市役所竜王庁舎増築電気設備工事、契約の目的につきましては、一般競争入札による契約でございます。契約の金額につきましては、1億8,270万円でございます。契約の相手方につきましては、山梨県甲斐市富竹新田1619番地の1、伸電工業・ヨツヤ電気・小笠原電気工業甲斐市役所竜王庁舎増築電気設備工事共同企業体、代表者は笹本輝彦氏でございます。提案理由は先ほど申し上げたとおりでございます。

 次に、21ページをお願いいたします。

 議案第53号 甲斐市役所竜王庁舎増築機械設備工事請負契約締結の件でございます。

 契約の目的につきましては、甲斐市役所竜王庁舎増築機械設備工事、契約の方法につきましては、一般競争入札による契約でございます。契約の金額につきましては、1億6,432万5,000円でございます。契約の相手方につきましては、山梨県甲府市徳行四丁目9番15号、明和工業・山梨相互工業・佐藤設備甲斐市役所竜王庁舎増築機械設備工事共同企業体、代表者小石和典氏でございます。提案理由は先ほど申し上げたとおりでございます。

 よろしくご審議いただきたいと思います。



○議長(猪股尚彦君) 説明が終わりました。

 それでは、議案第51号 甲斐市役所竜王庁舎増築建築主体工事請負契約締結の件の説明に対する質疑を行います。

 質疑ございますか。

 22番、小林守君。



◆22番(小林守君) 22番、小林です。

 まず、冒頭市長にお尋ねをしたいと思いますが、今回これを3つの共同企業体で入札執行を行ったと、通常私どもが考える範囲であれば、やはり5社とか6社とかいう共同企業体を設置する中で、公平性、透明性を持った中で、入札執行が、今までですと行われた経緯があると思いますが、今回3社のJVで行われたということに対しまして、市長、どんなふうにお考えでしょうか。お尋ねします。



○議長(猪股尚彦君) 小田切企画部長。



◎企画部長(小田切義夫君) 先ほども全員協議会の中でご説明をいたしましたが、今回応札をされている業者の数と、実際に参加ができる予定業者数と申しますか、それについては4社、というふうなことで、今回入札をしてございますが、これにつきましては、甲斐市の財務規則におきましても、指名競争入札につきましては、可能な限り5社以上で指名競争入札しなさいというふうな決めになっておりますけれども、一般競争入札につきましては、特段の決めがございません。そんな中で、甲斐市におきましても今回の工事につきましては、地域の景気対策、また雇用面も重視して、地元の業者というふうなことで、甲斐市におきます過去の入札参加状況を勘案して、一般競争入札に付したという状況でございます。



○議長(猪股尚彦君) 22番、小林守君。



◆22番(小林守君) 私は今、企財の部長の見解をお尋ねしたわけではございません。市長に3社JVで行ったことに対して、公平性、競争性を発揮した中で十分行われたと考えておるのか、市長にお尋ねをしたわけでございます。



○議長(猪股尚彦君) 保坂市長。



◎市長(保坂武君) JVにつきましては、一般競争入札という手法をとっておりますので、広く、総体的には9社ですかね、個人、一つ一つの企業とすれば、9社がこの入札に参加した結果にはなるわけですが、広く皆さんに参加していただくようにしておりますので、公平を欠いていることはないと信じております。



○議長(猪股尚彦君) 22番、小林守君。



◆22番(小林守君) そうしますと、やはり今回の入札告示ですね、この中に対しまして、やはり一般競争入札と私どもも認識すれば、広く制限なしの一般競争入札もあるだろうし、またこのように制限を加える中での一般競争入札ということも十分考えられます。その中で、今回指名した中は950点以上の業者が親となる1社、さらに次も950点以上ということで、950点以上の業者が2つなければいけないと、3番目が830点ですか、830点から950点と、この3社でJVを組みなさいと、さらには甲府市と市内に本店があるという限定をつけたわけですよね。甲府市ということで限定をつけますと、やはり950点以上というのは、8社しかないわけです。8社しかないということは、最高JVが組めても、4JVしかできないわけですよ。だから、そういうことを考えると、もう少し広い視野で考えていただいて、私どもの市は甲斐市ですから、甲斐市に950点以上がなかったら、山梨県と。山梨県であれば、私どもの近隣の市町村、例えば、甲府、あるいは西へ行けば韮崎とか、そんな範囲内の中で950点というふうなことでやっていただければ、もう少し数もふえたじゃないかな、と感じるところです。

 さらには、もう1点。市の庁舎ということは、やはり甲斐市のシンボルとなるわけです。地元の甲斐市内の建築業者にしてみれば、やはりいかがかでも携わりたかったと、受注要綱も満たせるような方法をつくっていただきたかったという切なる希望もあるわけなんです。ですから、やはり3番目を830点で切るということではなくて、やはり甲斐市内の業者であれば、やはり経審の点数がもう少し低くても、市内業者の育成も図らなければならないということであれば、親と子がしっかりしていれば、3番目の業者はもう少し点数低い中で甲斐市の業者を選んでいただければよかったではないかなというふうにも思いますが、いかがでしょうか。



○議長(猪股尚彦君) 小田切企画部長。



◎企画部長(小田切義夫君) お答えをいたします。

 今回の入札につきましては、今小林議員さんがおっしゃられるとおり、地域条件を付し、また経営審査点数についても、950点以上を一つの共同企業体のグループ、それ以下の830点から950点未満を、また一つの企業でということで3社のJVで今回入札をしておりますが、950点以上ということで、甲斐市に指名を出されている業者で申しますと、14社があるわけですけれども、これにつきましては、県下一円というふうなことで、いわゆる場所的にも広くなるというふうなことでございますけれども、先ほども申しましたように、甲斐市が過去入札をしてきた経緯、そこら辺の入札参加状況も勘案をさせていただいて、入札に付したというふうなことでございますけれども、最大4社しか組めないじゃないかというふうな話でございますけれども、これは入札を発注するいわゆる時点で、950点ということで、甲斐市が経審査定点数を設定しておりますけれども、それぞれの企業のいわゆる決算時期は、またまちまちでございます。そういう状況からしますと、この点数も、950点以下の人も、そのいわゆる応札できる時点では、いわゆる950点以上になっているというふうなこともあるわけです。ですから、おおむねというふうなことで、先ほど市長が9社というふうなことを申し上げたわけですけれども、そのような形の中で、今回は入札執行させていただきました。その内容につきましては、今回建築主体工事については10億円を超えるというふうなこともございます。それ以外の電気、機械については甲斐市内業者を優先してございますし、この建築主体工事につきましては、甲斐市内にそれに該当する業者がいないというふうなこともございますし、工事の規模、内容からして、今回はこのような形で入札をさせていただいたということでございますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(猪股尚彦君) 22番、小林守君。

 ラスト、3回になります。3回です。



◆22番(小林守君) え、3回はないら、これには。制限は。

     〔「会議規則56条です」と呼ぶ者あり〕



◆22番(小林守君) おれ、今1個やった。今度3回目か。

 あと1回できるということで。



○議長(猪股尚彦君) ええ、そこまで。



◆22番(小林守君) さあ、難しくなったな。

 それでは、集約して最後の質問ということでございますから、やはり私の願望とすれば、やはり950点にこだわりませんが、一番上のランクが950点以上であれば、その次が、例えば850点でもよかろうかと、で、3つ目は、甲斐市内の業者で600点700点の業者がいるかいないかは定かでないですが、そういう業者を含めた中で、今後考えていただきたいなと。特に、景気の悪い中で、町内の業者も大変苦慮しておるわけですから、ぜひそんな意味で今後に図っていただきたいと思うとともに、この最後のほうに、その他の欄に、やはり工事の施工に当たっては下請け業者を使用する場合は、甲斐市内の業者を優先すること、というふうにうたっていただいてあるわけですよね。ですから、これは十分反映されるだろうというふうに思います。例えば竜王駅の駅舎の場合でも、先日研修に行ってお聞きしましたところ、やはり9億円の工事代金の中で、甲斐市内の業者がどのくらい携わっているんですかとお尋ねしたところ、8社で、約2億円弱、甲斐市内の業者が下請け業者として受注を受けたという経緯があるわけですから、今後この入札参加ができないのであれば、やはり下請け業者ということを、さらに強力にリーダーシップをとっていただく中で、少しでも多く甲斐市内の業者に仕事が回れるよう、取り計らいをお願いをして終わりたいと思います。

 見解を。



○議長(猪股尚彦君) 小田切企画部長。



◎企画部長(小田切義夫君) ご質問のとおり、今回の入札公告につきましては、今小林議員さんがおっしゃられるように、入札公告の条項の中に、工事の施工に当たっては、下請け業者を使用する場合は、甲斐市内の業者を優先すること、ということで1項入れてございます。以前はこういう項目はありませんでしたけれども。あえて、この項目を入れされていただきましたので、やはりこの現代の景気の状況、それから雇用の状況、甲斐市内の建設工事業者の状況をですね、そういうものを勘案しますと非常に公共工事も減ってきているというふうなことでございまして、そこいら辺につきましては、いわゆる、元請け業者でありますところに、この状況の話も既にしてございますし、そのような状況の中、優先的に甲斐市の業者を使っていただけるようになるのではないかなというふうに現在は思っているところでございます。



○議長(猪股尚彦君) ほかにありますか。

 20番、今村正城君。



◆20番(今村正城君) ちょっと関連で、お聞きしたいと思いますが、入札条件で、代表構成員はともかくといたしましても、構成員を含めてすべて甲府市内という限定をされておるわけで、このことは非常に落札率99.2%という数値も含めると、どうしても、こう、うーんと言わざるを得ないという構成になっているのではないかなと。先ほど、小林議員のほうからもお話がありましたけれども、こういう状況の中では、少なくとも、甲斐市の隣接する市町村も含めた中で構成を組むということは可能であったと、私としては素直に感じておるわけですけれども、いかように判断されたところでしょうか。



○議長(猪股尚彦君) 小田切企画部長。



◎企画部長(小田切義夫君) 入札に付す場合ですね、やはりこの経営審査の点数というものが、いわゆる工事の規模内容からして重要になってくるということでございます。それは、その企業の経営力、またいわゆる資金力といいますか、調達力といいますか、いろいろなものが勘案されてきて、いわゆる経営審査点数が出されているということですから、それを基準にして、いわゆる公共事業は工事を発注をしていくということになります。

 今回の工事ですと、10億を超える工事だと、主体工事については。そういうことからしますと、この工事の規模、内容からして、何点までがいいのかというものについては、いろいろ問題があると思うのです。

     〔「点数のこと聞いてない、点数のこと聞いてない。甲府市内と限定したことに聞いているんだ。点数のこと言っていないよ」と呼ぶ者あり〕



◎企画部長(小田切義夫君) 甲府市内に限定をしているということですけれども、入札の公告の要件では甲府市内というふうなことですけれども、これは先ほども申し上げておりますように、過去甲斐市が入札をしてきた状況等も勘案をして、今回の工事については甲府市内というふうなことで、地域条件をつけさせていただいたということでございます。



○議長(猪股尚彦君) 20番、今村正城君。



◆20番(今村正城君) そのことが、どうしてそういう形を取らざるを得なかったかということを聞いているわけですよ。中央市であれ、昭和町であれ、そういう近隣の市町村を含めた中に950点以上があれば、それは無条件でもいいんじゃないかと、近隣なら近隣でも。その中で、甲斐市の今までの契約形態等踏まえて判断をするのならわかるけれども、なんで最初から甲府と決めるんだということなんです。そこのところの判断を聞きたい、ということです。



○議長(猪股尚彦君) 小田切企画部長。



◎企画部長(小田切義夫君) 今回の内容につきましては、甲斐市に指名参加願いの出されている業者からですね、いわゆる一般競争で入札をしているということでございまして、そのいわゆる入札参加資格業者の中で、ほとんどが甲府市というふうな状況でしたので、今回は地域条件を付けさせていただいて、いわゆる入札執行に付したということでございます。その中には、富士吉田市もあれば、山中湖もある、又は韮崎もあるということですけれども、それはごく本当に一部であってですね、そういうふうな業者と、過去甲斐市が入札等において、いわゆる参加をさせたというふうなことは、非常に少ないわけでございますし、また、入れたとしてもまれというふうなことでございまして、今回は甲府市内ということで地域指定をさせていただいたということでございます。



○議長(猪股尚彦君) 20番、今村正城君。



◆20番(今村正城君) 最後の質問になるのでしょうけれども、市長の見解を聞きたいと思うのですけれど、今企画部長がお話をされた中身というのは、言えば全体でいいわけですよ。山梨県なら山梨県という、その雇用のことを考えるならば、山梨県全体でいいわけでしょう。指名願いが出て、指名に入っているわけでしょう。ただ、それをここで窓口を閉ざして、甲府市内と言ったことが私には解せないと言っているんです。

 そこのところは、やっぱりだったら、最初から指名をしなきゃいいんだから。そこ実績がないから、今度落しませんよということをやるんなら、なんのために指名願い届けを出させているのかということになるわけでしょう。その公平性が今の論法では、成り立たないんじゃないですか。市長、いかがですか。



○議長(猪股尚彦君) 保坂市長。



◎市長(保坂武君) 指名願い制度につきましては、おのおのの業種の会社努力で指名願いを出されているわけですね。ことによっては、中身では、こういう会社も出していてもいいのになと思う方が出していないということも現実にあるわけです。

 本論の今回の本体工事につきましては、先ほど来、ご質問の中にもありますように、市のシンボルとして必要なものであると、そして、この厳しい時代の中で、ただお願いすれば、本当にこの金額のものを仕上げていただけるかと、立派に仕上げていただけるかと、こういうふうなことを判断していきますと、県内トップクラスで、しかも近場でですね、4組ぐらいの判断ということも可能だと、総合的に判断をさせていただきまして、近場の方たちがより多く参加していただくという判断のもとに執行したものであります。



○議長(猪股尚彦君) ほかにありますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ないようですので、説明に対する質疑を終了いたします。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終了します。

 これより議案第51号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議あり」「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) 異議がありますので、これより議案第51号を採決いたします。

 本案は、起立により採決いたします。

 お諮りいたします。議案第51号を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○議長(猪股尚彦君) 起立多数であります。

 したがって、議案第51号 甲斐市役所竜王庁舎増築建築主体工事請負契約締結の件は原案のとおり可決されました。

 続きまして、議案第52号 甲斐市役所竜王庁舎増築電気設備工事請負契約締結の件の説明に対する質疑を行います。

 質疑ございますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ないようですので、説明に対する質疑を終了します。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終了します。

 これより議案第52号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ご異議なしと認めます。

 議案第52号 甲斐市役所竜王庁舎増築電気設備工事請負契約締結の件は原案のとおり可決されました。

 続きまして、議案第53号 甲斐市役所竜王庁舎増築機械設備工事請負契約締結の件の説明に対する質疑を行います。

 質疑ございますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ないようですので、説明に対する質疑を終了します。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終了します。

 これより議案第53号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ご異議なしと認めます。

 議案第53号 甲斐市役所竜王庁舎増築機械設備工事請負契約締結の件は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(猪股尚彦君) 以上で、本臨時会の日程はすべて終了いたしました。

 これをもちまして、平成21年甲斐市議会第3回臨時会を閉会といたします。

 ご苦労さまでした。



△閉会 午後2時51分

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成  年  月  日

         議長      猪股尚彦

         署名議員    河野勝彦

         署名議員    池神哲子

         署名議員    清水富貴雄