議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲斐市

平成21年  9月 定例会(第3回) 09月11日−01号




平成21年  9月 定例会(第3回) − 09月11日−01号







平成21年  9月 定例会(第3回)



甲斐市告示第116号

 平成21年甲斐市議会第3回定例会を次のとおり招集する。

  平成21年9月3日

                             甲斐市長  保坂 武

 1 期日  平成21年9月11日(金)

 2 場所  甲斐市議会議場

              ◯応招・不応招議員

応招議員(28名)

    1番  込山伸一君       2番  坂本一之君

    3番  有泉庸一郎君      4番  猪股尚彦君

    5番  山本英俊君       6番  内藤久歳君

    7番  藤原正夫君       8番  名取國士君

    9番  小浦宗光君      10番  河野勝彦君

   11番  池神哲子君      12番  清水富貴雄君

   13番  保坂芳子君      14番  家光由里君

   15番  清水喜代栄君     16番  小宮山長庚君

   17番  赤澤寛吉君      18番  中込助雄君

   19番  森田 稔君      20番  今村正城君

   21番  花田直人君      22番  小林 守君

   23番  樋泉明広君      24番  金丸 毅君

   25番  保坂恒光君      26番  島田利彦君

   27番  鈴木 昇君      28番  仲田博司君

不応招議員(なし)

          平成21年甲斐市議会第3回定例会

議事日程(第1号)

                 平成21年9月11日(金曜日)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

     諸報告

日程第3 報告第8号 平成20年度甲斐市財政健全化判断比率等の報告の件

日程第4 報告第9号 和解及び損害賠償額の決定の件

日程第5 議案第38号 甲斐市ひとり親家庭医療費助成金支給条例等の一部改正の件

日程第6 議案第39号 甲斐市国民健康保険条例の一部改正の件

日程第7 議案第40号 甲斐市玉幡公園総合屋内プール条例の一部改正の件

日程第8 議案第41号 平成21年度甲斐市一般会計補正予算(第2号)

日程第9 議案第42号 平成21年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

日程第10 議案第43号 平成21年度甲斐市老人保健特別会計補正予算(第1号)

日程第11 議案第44号 平成21年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第1号)

日程第12 議案第45号 平成21年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)

日程第13 議案第46号 平成21年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

日程第14 認定第1号 平成20年度甲斐市一般会計歳入歳出決算認定の件

日程第15 認定第2号 平成20年度甲斐市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定の件

日程第16 認定第3号 平成20年度甲斐市老人保健特別会計歳入歳出決算認定の件

日程第17 認定第4号 平成20年度甲斐市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定の件

日程第18 認定第5号 平成20年度甲斐市介護保険特別会計歳入歳出決算認定の件

日程第19 認定第6号 平成20年度甲斐市介護サービス特別会計歳入歳出決算認定の件

日程第20 認定第7号 平成20年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定の件

日程第21 認定第8号 平成20年度甲斐市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件

日程第22 認定第9号 平成20年度甲斐市地域し尿処理施設特別会計歳入歳出決算認定の件

日程第23 認定第10号 平成20年度甲斐市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定の件

日程第24 認定第11号 平成20年度甲斐市宅地開発事業特別会計歳入歳出決算認定の件

日程第25 認定第12号 平成20年度甲斐市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件

日程第26 認定第13号 平成20年度甲斐市合併浄化槽事業特別会計歳入歳出決算認定の件

日程第27 認定第14号 平成20年度甲斐市水道事業会計決算認定の件

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(28名)

     1番  込山伸一君      2番  坂本一之君

     3番  有泉庸一郎君     4番  猪股尚彦君

     5番  山本英俊君      6番  内藤久歳君

     7番  藤原正夫君      8番  名取國士君

     9番  小浦宗光君     10番  河野勝彦君

    11番  池神哲子君     12番  清水富貴雄君

    13番  保坂芳子君     14番  家光由里君

    15番  清水喜代栄君    16番  小宮山長庚君

    17番  赤澤寛吉君     18番  中込助雄君

    19番  森田 稔君     20番  今村正城君

    21番  花田直人君     22番  小林 守君

    23番  樋泉明広君     24番  金丸 毅君

    25番  保坂恒光君     26番  島田利彦君

    27番  鈴木 昇君     28番  仲田博司君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長      保坂 武君      副市長     鶴田陽一君

 教育長     上野博文君      企画部長    小田切義夫君

 総務部長    小澤久生君      市民部長    飯室老男君

 環境経済部長  中込崇博君      福祉保健部長  河野文彦君

 都市建設部長  海野政文君      教育次長    三井 譲君

 会計管理者   藤田広子君      水道局長    雨宮行比古君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 議会事務局長  武井 泉       書記      本田泰司

 書記      輿石文明       書記      小林久美



△開会 午前10時10分



△開会及び開議の宣告



○議長(猪股尚彦君) ただいまの出席議員は28人であります。定足数に達していますので、これより平成21年甲斐市議会第3回定例会を開会いたします。

 開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員各位並びに保坂市長を初め市当局の皆様におかれましては、何かとご多忙のところご参集いただき、厚くお礼を申し上げます。

 ご承知のとおり、過日の衆議院総選挙では、民主党の圧勝により政権交代が実現化されるところであります。来週には、新しい総理大臣、内閣が決まるわけですが、政権公約による「地方分権の推進」や「子育て・教育などの政策」の実現を望むところであります。

 さて、本市は市制施行5周年を迎えたところであります。これまで取り組んできた新市建設計画による竜王駅周辺整備事業も順調に進展し、また、新庁舎整備事業につきましても、事業着手されたところであります。引き続き、「緑と活力あふれる生活快適都市」及び「創甲斐・教育」の実現に向け事業展開が行われますよう、ご期待いたすところであります。

 この後、市長より国の経済危機対策に伴う大型補正予算などの提出議案の説明がありますが、市政の発展、市民福祉の向上を第一にお考えいただき、慎重審議いただきたいと思いますので、議員各位のご協力をお願い申し上げまして、簡単ではございますが、開会のあいさつとさせていただきます。

 それでは、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(猪股尚彦君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(猪股尚彦君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、7番議員、藤原正夫君、8番議員、名取國士君、9番議員、小浦宗光君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(猪股尚彦君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日9月11日から10月6日までの26日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(猪股尚彦君) ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は本日9月11日から10月6日までの26日間と決定いたしました。

 なお、会期中の会議予定につきましては、お手元に配付した案のとおりでありますので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(猪股尚彦君) 次に、諸報告をいたします。

 初めに、監査委員より、平成21年6月と7月分に係る現金出納検査の結果の報告がありました。写しをお手元に配付しておきましたので、ご了承ください。

 続きまして、広域事務組合議会より報告がございます。

 初めに、甲府地区広域行政事務組合議会にについて、藤原正夫君、報告をお願いいたします。

 7番、藤原正夫君。

     〔7番 藤原正夫君登壇〕



◆7番(藤原正夫君) 平成21年7月24日に行われました甲府地区広域行政事務組合議会の報告を行います。

 なお、お手元に報告書が配付してありますので、要点のみの報告とさせていただきます。

 会議には、名取議員、河野議員、小宮山長庚議員、小林議員、仲田議員と私の6名が出席をしたところでございます。

 会議の内容でございますけれど、議長選挙、組合職員給与条例の一部改正の専決処分、財産の取得など5議案が提出をされたところでございます。

 まず初めに、議長選挙でございますけれども、甲府地域選出の前議長が議員を辞職されたことに伴いまして指名推選により、甲府市の柳沢議員が選出されたところでございます。

 次に、組合職員給与条例の一部改正の専決処分につきましては、人事院勧告に伴いまして6月の期末手当等を改正するもので、賛成多数により承認をいたしたところでございます。

 続きまして、財産の取得2議案について、消防ポンプ自動車、救急自動車、高度救命処置用資機材の購入でありますけれども、異議なしで可決されたところでございます。

 次に、人事案件2件についてでございますけれど、教育委員の任命について、甲府市の斉藤氏を、公平委員の選任につきましては、昭和町の石原氏を異議なしで同意をいたしたところでございます。

 最後に、和解及び損害賠償額の決定について、専決処分の報告を受け、閉会をいたしました。

 なお、議案等審議資料は図書室に備えつけてありますので、ご参照願いたいと思います。

 以上で、甲府地区広域行政事務組合議会の報告を終わります。



○議長(猪股尚彦君) ご苦労さまでした。

 続きまして、峡北地域広域水道企業団議会について、有泉庸一郎君、報告をお願いいたします。

 3番、有泉庸一郎君。

     〔3番 有泉庸一郎君登壇〕



◆3番(有泉庸一郎君) 平成21年9月4日に行われました、平成21年度第2回峡北地域広域水道企業団議会定例会の報告をいたします。

 なお、報告書がお手元に配付してありますので、要点のみの報告とさせていただきます。

 会議には、私、有泉が出席いたしましたが、今回の定例議会に提出された議案は、条例案件2件、認定案件1件、報告案件1件、予算案件1件の5件でありました。

 まず、条例案件でありますが、1件は、峡北地域広域水道企業団議会議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例の制定についてであり、もう1件は、特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてでありました。

 次に、認定案件でありますが、平成20年度峡北地域広域水道企業団水道用水供給事業会計決算の認定であります。決算内容は、水道事業収益、11億553万6,145円であり、水道事業費用は、8億1,217万2,353円でありました。損益計算による平成20年度の純利益は、2億9,325万9,346円で、法令による減債積立金と建設改良積立金に処分されました。

 次に、報告案件ですが、平成20年度峡北地域広域水道企業団水道用水供給事業会計経営健全化の審査についてであります。平成20年度決算に基づく、資金不足比率につきましては、資金不足比率はなく、流動資産の額が流動負債の額に対し大きいことから、資金不足は生じないため経営状態は良好な状態と言える旨の報告がありました。

 最後に、予算案件ですが、平成21年度峡北地域広域水道企業団水道用水供給事業会計補正予算(第1号)であります。内容につきましては、山梨県市町村職員共済組合負担金の掛金率の改定による追加補正と、大門系の動圧ポンプ状遠方機関制御装置更新工事等を新たに予算計上されたものであります。

 以上、提出された5議案はすべて異議なしで原案のとおり可決認定されました。

 なお、議案及び審査資料は、図書室に備えてありますので、ご参照願います。

 以上で、峡北地域広域水道企業団議会の報告を終わります。



○議長(猪股尚彦君) ご苦労さまでした。

 最後に、山梨県後期高齢者医療広域連合議会について、清水富貴雄君、報告をお願いいたします。

 12番、清水富貴雄君。

     〔12番 清水富貴雄君登壇〕



◆12番(清水富貴雄君) 平成21年6月20日に行われました、山梨県後期高齢者医療広域連合議会の報告を行います。

 なお、お手元に報告書が配付してありますので、要点のみの報告とさせていただきます。

 会議には、私が出席をいたしました。

 会議の内容につきましては、副広域連合組合長の選任、専決処分による平成20年度の補正予算、条例の一部改正2件、平成21年度補正予算の計5議案が提出されました。

 初めに、副広域連合組合長の選任については、前副広域連合組合長が退職されたことに伴い、南部町の望月秀次郎町長を選任するものでありました。

 次に、専決処分による平成20年度の後期高齢者医療特別会計補正予算は、国庫補助金の確定により歳入歳出をそれぞれ1億5,101万6,000円増額するものでありました。

 次に、条例の一部改正2議案については、国の緊急経済対策により、所要の改正を行うものでありました。

 最後に、平成21年度後期高齢者医療特別会計補正予算についても、国の緊急経済対策の補正予算に伴うもので、歳入歳出をそれぞれ1億1,610万9,000円増額するものでした。

 以上、提出された5議案は、すべて異議なしで原案のとおり可決されました。

 なお、議案等及び審議資料は、図書室に備えつけてありますので、ご参照をお願いいたします。

 以上で、山梨県後期高齢者医療広域連合議会の報告を終わります。



○議長(猪股尚彦君) ご苦労さまでした。

 続きまして、8月19日に、県市町村自治センター臨時会が開催され、私が出席してまいりました。内容は、平成20年度決算、21年度補正予算、監査委員の選任の件で、いずれも原案のとおり可決されましたので、ご報告いたします。これらも会議の資料は図書室に備えつけてありますので、ご覧ください。

 以上で、諸報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第8号〜認定第14号の上程、説明



○議長(猪股尚彦君) 日程第3、報告第8号 平成20年度甲斐市財政健全化判断比率等の報告の件から、日程第27、認定第14号 平成20年度甲斐市水道事業会計決算認定の件まで、以上、25議案を一括して議題といたします。

 市長より、施政の方針及び提出議案の説明を求めます。

 保坂市長。

     〔市長 保坂 武君登壇〕



◎市長(保坂武君) おはようございます。

 本日ここに9月定例市議会を開会するに当たり、議員各位におかれましては、ご多忙のところご応招いただきまことにありがとうございます。

 平成21年度も既に半ばを迎えようとしております。市政の推進につきましては、議員各位を初め、市民の皆様のご支援、ご協力をいただき順調に進捗しているところであります。

 また、9月1日には、市制施行5周年の記念式典を開催し、市議会議員を初め長年のご労苦をいただいた皆様に感謝し、表彰させていただいたところであります。議員各位におかれましても、ご多忙のところをご臨席を賜りありがとうございました。

 過日、実施された衆議院議員選挙におきましては歴史的な選挙結果となりました。政権交代となるわけでありますが、国民の安心・安全な生活を維持するための方策とともに、これまで地方が進めております事業につきましては、引き続き、着実に執行ができるよう、また、地方に混乱や行政サービスの低下を招かぬよう、強く望むところであります。

 さて、国内では、台風9号や駿河湾を震源として発生した地震など、たび重なる災害が発生しております。地震のあった静岡県では以前から東海地震に対する意識が強く、家具を固定している世帯が63%に達するなど、地域住民の防災意識の高さと地震に対する備えがあったため、比較的被害が少なかったと言われております。

 本市におきましても、防災訓練等により、日ごろから市民の防災意識の向上に努めるとともに、ハザードマップの作成や甲斐市建設安全協議会を初めとした、企業や各種団体との災害協定締結等の対策を講じているところであります。

 また、本年度は、埼玉県のふじみ野市と「災害時における相互応援に関する協定」を締結し、甲斐市周辺の大規模な災害が発生した場合に備え、広域における危機管理体制の整備も進めており、引き続き、災害に強いまちづくりに一層取り組んでまいりたいと考えております。

 一方、我が国の経済の状況を見ますと、政府が発表いたしました8月の月例経済報告では、景気の基調判断を、「景気は、厳しい状況にあるものの、このところ持ち直しの動きが見られる」との報告でありますが、景気回復の持続性には不安が残る状況であります。こうした中、国では景気対策を最優先の課題とし、約15兆円の経済危機対策を積極的に進めることとしております。

 特に、地方財政対策につきましては、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細かな事業を積極的に推進するための地域活性化・経済危機対策臨時交付金及び公共事業等の推進に伴う地方負担の軽減を図るため、地方負担額の最大9割を国が補てんする地域活性化・公共投資臨時交付金が創設されております。

 本市といたしましては、こうした国の補正予算措置に的確に対応するため、従来の補助事業に加え、臨時交付金の活用について全庁的な取り組みを進めてまいりました。

 また、私もこれまでの政治経験を生かし、みずから国や関係機関からの情報収集に努めるなど、事業の実現に向けて取り組んでまいったところであります。その結果、従来からの懸案事項であり、甲斐市のまちづくりに必要不可欠な防災、義務教育、その他の施設や資機材の整備、また、農業振興のプロジェクトなどの事業推進が見込める状況になりました。

 内容といたしましては、交付金対象事業では、28億1,250万円余の事業費に対し、約65%に当たる国庫補助金及び地域活性化・公共投資臨時交付金等の交付が見込まれ、また、地域活性化・経済危機対策臨時交付金対象事業におきましては、6月議会で申し上げましたとおり、3億4,600万円余の事業の内容を具体的にお示しさせていただくものであります。

 さらに、市の単独事業として整備を進める計画でありました、市役所竜王庁舎増築事業及び竜王北部公民館整備事業につきましても、5億8,000万円余のまちづくり交付金等が交付されることとなりましたので、平成22年度計画分を前倒し実施することといたしました。

 また、雇用対策につきましては、県から全額交付される「緊急雇用創出事業」と「ふるさと雇用再生事業」を推進し、6月補正の数にさらに70人余を加えた100人規模による雇用の創出を図って参る考えであります。

 以上のことを踏まえ、今回の一般会計補正予算は、平成21年度当初予算額の20%増となる補正額43億6,013万円余の追加をお願いするものであり、これは本市の補正予算といたしましては、過去最大の規模となっております。今後、今回追加いたしました事業につきまして、速やかに着手し、本市における経済・雇用対策に効果が波及するように努めてまいる所存であります。

 次に、本年度予算の主な事業に対する市政の取り組み状況についてご説明申し上げます。

 まず、竜王駅周辺整備事業につきましては、国庫補助金の前倒し配分などにより、竜王駅南北駅前広場整備事業等の完成目標年度を平成23年度から平成21年度に変更して整備を進めておりまして、平成22年3月の完成に向けて工事や植栽計画もあわせて順調に進捗しているところであります。

 次に、双葉スマートインターチェンジのフルインター化につきましては、年内の早期に供用開始できるよう、鋭意整備を進めているところであります。

 次に、(仮称)志麻の里防災公園整備事業につきましては、地権者の協力をいただき用地取得を進めておりまして、引き続き用地交渉など、事業を進めてまいりたいと考えております。

 次に、(仮称)甲斐市地域公共交通総合連携計画につきましては、本市に望ましい公共交通の実現に向けた計画の策定に取り組んでおり、地域の実情に即した、継続可能な交通システムの導入について検討を行っているところであります。

 次に、「創甲斐・教育」についてであります。施策の柱となる「創甲斐・教育」推進大綱につきましては、各界代表で構成する策定会議を立ち上げ、市民や関係団体の意見などを聞きながら、市民皆様とともに実のある推進大綱となるよう今年度中の策定に向け、取り組んでいるところであります。

 また、玉幡小学校及び竜王中学校校舎耐震補強工事につきましては、予定どおり工事が終了したところであります。

 次に、少子化対策として市民の皆様から強い要望がありました、窓口無料化の医療費助成につきましては、本年度から対象年齢を満12歳まで拡大をしたところであります。

 また、市内で児童館が未設置でありました竜王小学校区児童館につきましては、(仮称)竜王ふれあい館として、8月27日に工事に着手し、本年度内の完成に向け工事を進めてまいります。

 さらに、子育て支援施策の目標を定めた「甲斐市次世代育成支援行動計画」の前期計画は本年度が最終年度となるため、後期計画の策定に向け現在見直しを進めているところであります。

 次に、庁舎増築事業及び竜王北部公民館整備事業につきましては、公民館解体工事が計画どおりほぼ終了したところであり、今後、平成23年度供用開始を目指し建築工事等の事業を進めてまいります。

 また、防災行政無線デジタル化につきましても、本年度中に実施設計を完成し、親局の工事着手、平成25年までに市内全域のデジタル化整備を目指し、事業の推進を図ってまいる考えであります。

 次に、定額給付金及び子育て応援特別手当につきましては、今月末までが受付期間となっておりまして、現在約97%の対象者に支給を行ったところであります。残り3%の方がまだ申請をされていない状況にありますので、全員の方が受給されるよう周知等に努めているところであります。

 それでは、今定例市議会に提出いたしました25議案のうち、報告議案及び一般議案につきまして、概要をご説明申し上げます。なお、詳細につきましてはそれぞれ担当部長から説明をいたしますので、よろしくお願い申し上げます。

 初めに、報告議案についてであります。

 報告第8号 平成20年度甲斐市財政健全化判断比率等の報告の件につきましては、平成20年度甲斐市財政健全化判断比率、資金不足比率についての報告であります。

 報告第9号 和解及び損害賠償額の決定の件につきましては、中学校の課外活動における車両損傷事故に係る和解及び損害賠償の額について、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分をしたので、同条第2項の規定により報告するものであります。

 議案第38号 甲斐市ひとり親家庭医療費助成金支給条例等の一部改正の件につきましては、高額介護合算療養費制度の施行に伴い、関係条例に係る所要の改正を行うものであります。

 議案第39号 甲斐市国民健康保険条例の一部改正の件につきましては、健康保険法試行令等の一部を改正する政令の施行に伴い、被保険者の出産費用の負担軽減を図るため、所要の改正を行うものであります。

 議案第40号 甲斐市玉幡公園総合屋内プール条例の一部改正の件につきましては、指定管理者制度の導入に伴い、所要の改正を行うものであります。

 議案第41号 平成21年度甲斐市一般会計補正予算(第2号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ43億6,013万7,000円の追加補正をお願いするものであります。

 歳入につきましては、地域活性化・公共投資臨時交付金等の活用に伴う国県支出金、公共施設等整備基金の繰入金、合併特例債による市債の増額が主なものとなっております。

 歳出の主なものについて説明いたします。

 まず、情報化推進事業として、清川地区における地上デジタル放送共聴施設等整備事業や情報基盤整備事業を実施してまいります。

 次に、竜王庁舎増築事業につきましては、庁舎増築棟建設工事及び工事監理業務委託を計上いたしております。

 次に、市税償還金につきましては、市内の企業業績の悪化などに伴い、予定納税を受けた法人市民税の還付金を計上いたしております。

 次に、住宅手当緊急特別措置事業につきましては、離職者就職支援として住宅手当等にかかる経費を計上いたしております。

 また、子育て支援の充実につきましては、民間による認可保育所新規設立に伴う補助金、小学校入学前の子供に対する子育て応援特別手当事業の交付金及び事務経費を計上いたしております。

 次に、保健医療につきましては、新型インフルエンザ対策事業にかかる経費を計上するとともに、女性特有のがん検診推進事業として、子宮頸がん、乳がんの検診委託及び助成等にかかる経費を計上いたしております。

 次に、衛生事業につきましては、清川浄水場毒物監視装置設置工事に伴う簡易水道事業特別会計への繰出金を計上いたしております。

 次に、農業振興につきましては、高齢化による農家の減少や耕作放棄地を解消するためのモデル事業として実施する赤坂地区活性化事業にかかる経費を計上いたしております。

 次に、観光推進事業につきましては、観光データベースの作成及び市内登山道の整備委託等にかかる経費や観光巡回バス運行委託にかかる経費を計上いたしております。

 次に、観光交流施設エコ推進事業といたしまして、志麻の湯、百楽泉、釜無川レクリエーションセンターの空調機をエコ型空調機へ更新するための経費を計上いたしております。

 次に、公園維持管理事業といたしまして、かねてから利用者の要望がありました、鳥ケ池芝生公園のトイレ設置にかかる経費を計上いたしております。

 次に、安全・安心なまちづくりを推進するため、高齢者世帯に対する住宅用火災警報器補助事業として、火災警報器購入設置補助にかかる経費を計上するとともに、地震対策整備事業として防災用資機材の購入費用を計上いたしております。

 また、防災行政無線施設整備につきましては、当初予算に加え防災行政無線施設整備工事にかかる経費を計上しております。

 次に、学校施設の整備といたしましては、地震など災害発生時の児童生徒の安全を確保するため、竜王小学校、竜王北小学校及び竜王中学校の各体育館の改築工事を実施してまいります。これにより市内小・中学校の校舎・体育館のすべてが耐震化されることになります。

 さらに、竜王小学校、竜王北小学校につきましては、太陽光パネルの設置もあわせて実施してまいります。

 また、平成24年度から改定されます中学校学習指導要領の完全実施に向けて各学校で武道を安全かつ円滑に実施できるよう、現在武道場が設置されていない竜王中学校及び竜王北中学校に武道場を整備してまいります。

 一方、学校情報通信技術環境整備事業といたしまして、小学校及び中学校に電子黒板やデジタルテレビ、アンテナの設置など情報通信技術環境整備を進めてまいります。また、スポーツ施設の充実につきましては、老朽化が進む双葉体育館の改築工事を実施してまいります。

 次に、繰越明許費といたしまして、総務費の甲斐市役所竜王庁舎増築事業8億2,966万3,000円、消防費の防災行政無線施設整備事業7,230万円、教育費の竜王小学校体育館整備事業3億7,882万7,000円、竜王北小学校体育館整備事業3億6,882万7,000円、竜王中学校体育館整備事業3億5,682万7,000円、竜王中学校武道場整備事業1億5,232万2,000円、竜王北中学校武道場整備事業1億5,232万2,000円、竜王北部公民館整備事業9億7,434万3,000円、双葉体育館整備事業7億254万3,000円をそれぞれ設定するものであります。

 次に、議案第42号 平成21年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ424万7,000円の追加補正をお願いするものでありまして、出産育児一時金等の増額が主な内容となっております。

 次に、議案第43号 平成21年度甲斐市老人保健特別会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,256万4,000円の追加補正をお願いするものでありまして、一般会計への繰出金等の増額が主な内容となっております。

 次に、議案第44号 平成21年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,365万3,000円の追加補正をお願いするものでありまして、地域介護、福祉空間整備費補助金等を増額する内容となっております。

 次に、議案第45号 平成21年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,867万5,000円の追加補正をお願いするものでありまして、清川浄水場毒物監視装置設置工事にかかる経費、吉沢水源の取水ポンプの取り換え経費を増額する内容となっております。

 次に、議案第46号 平成21年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,900万円の追加補正をお願いするものでありまして、公共下水道事業にかかる経費等を増額する内容となっております。

 続きまして、認定議案についてであります。

 認定第1号から認定第14号までにつきましては、平成20年度における各会計の決算認定の件であります。

 まず、一般会計におきましては、歳入総額229億5,646万9,000円、歳出総額219億401万4,000円、歳入歳出差し引き額10億5,245万5,000円のうち、繰越明許費繰越額1億4,874万4,000円を除いた9億371万1,000円が実質収支額となっております。

 平成20年度の主な事業につきましては、市の拠点となります竜王駅周辺整備事業を初め、双葉東小学校の拡張整備に伴う校庭の芝生化及び散水施設等設置工事や竜王北小学校南棟の校舎耐震補強工事など、学校の施設整備に積極的に取り組んでまいったところであります。

 また、本市の都市づくりの指針となる「甲斐市都市計画マスタープラン」を初め、「ガーデンシティ・甲斐」の実現に向けた「甲斐市緑の基本計画」、さらには、市としての住宅政策を位置づける「甲斐市住宅マスタープラン」などの策定を行ったところであります。

 さらに、少子化対策事業として、乳幼児医療費及びひとり親家庭医療費、重度心身障害者医療費の窓口無料化による医療費助成の実施や、学童保育の利用時間を1時間延長するとともに、土曜日も開設し放課後児童健全育成事業の拡充を図るなど、ハードからソフトにわたり、福祉関連の各種事業に努めてきたところであります。

 また、国民健康保険特別会計、老人保健特別会計、後期高齢者医療特別会計、介護保険特別会計、介護サービス特別会計、住宅新築資金等貸付事業特別会計、簡易水道事業特別会計、地域し尿処理施設特別会計、農業集落排水事業特別会計、宅地開発事業特別会計、下水道事業特別会計、合併浄化槽事業特別会計の各特別会計及び水道事業会計につきましても、一般会計同様に複雑多様化する地域の諸課題に市民と行政がともに知恵を出し合い、住みよい快適なまちづくりに取り組んでまいったところであります。

 以上、本年度の主な事業への取り組み状況並びに補正予算及び条例議案等につきまして、ご説明申し上げてまいりましたが、本日提案申し上げました議案につきましては、何とぞよろしくご審議の上、原案のとおりご承認、ご可決くださいますようお願い申し上げます。

 よろしくお願いいたします。以上。



○議長(猪股尚彦君) 市長の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第9号の詳細説明

 続きまして、報告第9号の詳細説明を求めます。

 小澤総務部長。



◎総務部長(小澤久生君) おはようございます。大変ご苦労さまでございます。

 議案集の5ページをご覧いただきたいと思います。

 報告第9号 和解及び損害賠償額の決定の件について説明をさせていただきます。

 甲斐市立竜王中学校の課外活動における車両損傷事故にかかる和解及び損害賠償の額について、地方自治法第180条第1項の規定により次のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものであります。

 和解の相手方は、甲斐市西八幡1824番地、花形文子氏であります。和解の条件は、甲斐市が和解の相手方に対し損害賠償金として、金4万9,000円を支払うものであります。和解の相手方と甲斐市の間には、本和解条項に定める以外、なんらの債権債務のないことを確認する。

 以上の2点であります。

 専決処分をした日でございますが、示談日となります平成21年8月14日であります。

 次に、専決処分をした理由でございますが、平成21年5月21日、甲斐市篠原2030番地の甲斐市立竜王中学校において課外活動中に発生しました、防球フェンス越えのボールに起因する車両損傷事故について、和解し、賠償の額を定めるための専決処分を行ったものであります。

 事故の内容でありますが、平成21年5月21日木曜日午後4時45分ごろ、竜王中学校において学校管理下による課外活動中の野球部が、バッティング練習を行っていた際、打球が校庭東側に設置されております高さ8メートルの防球フェンスを飛び越え、県道甲斐中央線を南進してきた車両の右後部に直撃し車体がへこんでしまったものでございます。

 このことから、市が賠償金4万9,000円を支払うことになりまして、示談を行ったものでございます。

 以上でございます。よろしくお願をいたします。



○議長(猪股尚彦君) 説明が終わりました。

 以上で、報告第9号を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第38号〜議案第46号の質疑、委員会付託



○議長(猪股尚彦君) 続きまして、議案第38号 甲斐市ひとり親家庭医療費助成金支給条例等の一部改正の件から、議案第46号 平成21年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、会議規則第37条第1項の規定により委員会へ付託しますので、市長の説明に対する総括的な質疑を行ないます。

 質疑ございますか。

     〔「なし」と呼ぶ声あり〕



○議長(猪股尚彦君) ないようですので、総括質疑を終了します。

 ただいま議題となっております議案第38号から議案第46号は、会議規則第37条第1項の規定によりお手元に配付した付託総括表のとおり、各所管の委員会へ付託します。

 なお、議案第41号 平成21年度甲斐市一般会計補正予算(第2号)の歳入は、総務教育常任委員会へ、歳出はそれぞれ所管の委員会へ分割して付託いたします。

 また、認定第1号から認定第14号までの決算認定議案については、9月25日の本会議で、代表監査委員の意見を聞き、質疑のあと各所管の委員会へ付託し、併せて報告第8号についても、詳細説明を行いますのでご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(猪股尚彦君) 以上で本日予定されておりました日程はすべて終了いたしました。

 来週から各常任委員会が開催され、条例及び補正予算の審査が行なわれますので、よろしくお願いいたします。

 なお、次の本会議は、9月17日木曜日午前10時に開会いたしますので、ご参集願います。

 各委員会での慎重審議のお願いを申し上げ、本日はこれにて散会といたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午前10時59分