議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲斐市

平成20年 12月 定例会(第4回) 12月11日−01号




平成20年 12月 定例会(第4回) − 12月11日−01号







平成20年 12月 定例会(第4回)



甲斐市告示第159号

 平成20年12月甲斐市定例市議会を次のとおり招集する。

  平成20年12月1日

                             甲斐市長  保坂 武

 1 期日  平成20年12月11日(木)

 2 場所  甲斐市議会議場

               ◯応招・不応招議員

応招議員(28名)

    1番  込山伸一君       2番  坂本一之君

    3番  有泉庸一郎君      4番  猪股尚彦君

    5番  山本英俊君       6番  内藤久歳君

    7番  藤原正夫君       8番  名取國士君

    9番  小浦宗光君      10番  河野勝彦君

   11番  池神哲子君      12番  清水富貴雄君

   13番  保坂芳子君      14番  家光由里君

   15番  清水喜代栄君     16番  小宮山長庚君

   17番  赤澤寛吉君      18番  中込助雄君

   19番  森田 稔君      20番  今村正城君

   21番  花田直人君      22番  小林 守君

   23番  樋泉明広君      24番  金丸 毅君

   25番  保坂恒光君      26番  島田利彦君

   27番  鈴木 昇君      28番  仲田博司君

不応招議員(なし)

          平成20年甲斐市議会第4回定例会

議事日程(第1号)

                平成20年12月11日(木曜日)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

     諸報告

日程第3 報告第11号 和解及び損害賠償額の決定の件

日程第4 議案第60号 甲斐市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部改正の件

日程第5 議案第61号 甲斐市手数料条例の一部改正の件

日程第6 議案第62号 甲斐市乳幼児医療費助成金支給条例の一部改正の件

日程第7 議案第63号 甲斐市国民健康保険条例の一部改正の件

日程第8 議案第64号 甲斐市下水道使用料条例の一部改正の件

日程第9 議案第65号 甲斐市都市計画下水道事業受益者負担金に関する条例の一部改正の件

日程第10 議案第66号 甲斐市公共下水道区域外流入分担金の徴収に関する条例の一部改正の件

日程第11 議案第67号 平成20年度甲斐市一般会計補正予算(第3号)

日程第12 議案第68号 平成20年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

日程第13 議案第69号 平成20年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第2号)

日程第14 議案第70号 平成20年度甲斐市介護サービス特別会計補正予算(第1号)

日程第15 議案第71号 平成20年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

日程第16 議案第72号 平成20年度甲斐市水道事業会計補正予算(第1号)

日程第17 議案第73号 指定管理者の指定の件

日程第18 議案第74号 指定管理者の指定の件

日程第19 議案第75号 不動産購入の件

日程第20 議案第76号 市道路線認定の件

日程第21 発議第4号 甲斐市議会会議規則の一部改正の件

日程第22 選第7号 中巨摩地区広域事務組合議会議員の選挙

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(28名)

     1番  込山伸一君      2番  坂本一之君

     3番  有泉庸一郎君     4番  猪股尚彦君

     5番  山本英俊君      6番  内藤久歳君

     7番  藤原正夫君      8番  名取國士君

     9番  小浦宗光君     10番  河野勝彦君

    11番  池神哲子君     12番  清水富貴雄君

    13番  保坂芳子君     14番  家光由里君

    15番  清水喜代栄君    16番  小宮山長庚君

    17番  赤澤寛吉君     18番  中込助雄君

    19番  森田 稔君     20番  今村正城君

    21番  花田直人君     22番  小林 守君

    23番  樋泉明広君     24番  金丸 毅君

    25番  保坂恒光君     26番  島田利彦君

    27番  鈴木 昇君     28番  仲田博司君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長      保坂 武君      副市長     鶴田陽一君

 教育長     上野博文君      会計管理者   保延 博君

 企画部長    小田切義夫君     総務部長    米山裕文君

                    環境経済部長

 市民部長    藤田広子君              雨宮行比古君

                    (兼)双葉支所長

 福祉保健部長  河野文彦君      都市建設部長  飯室老男君

 敷島支所長   飯塚文明君      教育次長    丸山次郎君

 水道局長    海野政文君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 議会事務局長  小澤久生       書記      本田泰司

 書記      保坂義実       書記      小林久美



△開会 午前10時00分



△開会の宣告



○議長(今村正城君) ただいまの出席議員は28人であります。定足数に達しておりますので、これより平成20年甲斐市議会第4回定例会を開会いたします。

 開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 月日がたつのも早いもので、平成20年も残すところ半月余りとなり、年の瀬も押し迫ってまいりました。

 本日、平成20年甲斐市議会第4回定例会も開会を迎え、議員各位並びに保坂市長を初め市当局の皆様にはご多忙のところご参集いただき、厚く御礼を申し上げます。

 保坂市長におかれましては、就任後初の定例会を迎えるわけでありますが、市民福祉の向上と、より質の高い行政サービスの推進に努め、市民のだれもが住みよさと快適さを実感できるまちづくりにご尽力賜りますようお願い申し上げるところであります。

 さて、ことし1年を振り返ってみますと、5月12日に発生をしました中国・四川大地震では、死者7万人、負傷者37万人以上に上り、多数の方々が犠牲となられました。また、9月には、福田前首相の突然の辞任により、麻生内閣が発足、世界同時株価下落・金融危機、原油高や物価高、雇用不安の拡大など、国内のみならず世界的に大きく揺らいだ年であったと感じているところであります。

 先行き不透明な情勢の中、来年平成21年は国内外を初め甲斐市にとっても明るい話題が一つでも多いよいうし年となるよう心からご祈念申し上げ、簡単ではございますが、開会のあいさつとさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(今村正城君) それでは、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(今村正城君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(今村正城君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、16番議員、小宮山長庚君、17番議員、赤澤寛吉君、18番議員、中込助雄君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(今村正城君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日12月11日から、19日までの9日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は、本日12月11日から19日までの9日間と決定をいたしました。

 なお、会期中の会議予定につきましては、お手元に配付した案のとおりでありますのでご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△教育長あいさつ



○議長(今村正城君) 次に、先般11月4日に教育委員会が開催され、上野博文君が教育長に選任されました。

 ここで、上野教育長より、あいさつしたい旨の発言を求められておりますので、これを許します。

 上野教育長。



◎教育長(上野博文君) 皆さんおはようございます。

 12月定例議会冒頭、貴重な時間を割いていただきまして恐縮に思うところであります。

 今、紹介をいただきましたように、またご存じのとおり、さきの臨時議会において、議会のご同意をいただいて、11月3日付で教育委員に市長から任命され、その後の教育委員会において、教育長に選任をされ、就任をしたところであります。

 もう早いもので私にとりましては、ふなれな部署でありますけれども、本当に日々新しいことに直面しながら約1カ月強が過ぎたという感じであります。そんな不明な私でありますけれども、今や教育を取り巻く諸課題の多さ、それから国の教育改革に基づく関係法令の改正に基づいた教育現場でのもろもろの対応の始まりというふうなことで、これらのことを少しでも前進をさせ、それから諸課題をいかにして解決していくべきかということが課題だというふうになことを痛感しているところであります。それについては、議員各位の皆さんや、それから教育関係の方々、市長を初めとする職員等々のご意見やご協力もいただきながら、また信頼関係を築きながら、対応していかなければならないというふうに決意をしているところであります。

 したがいまして、これからも議員各位の率直なるご指導ご鞭撻をいただきながら、謙虚な気持ちで教育関係の職員、問題意識を共有して、それから気持ちを一つにして、これらのことに対応していきたいというふうに思っております。

 何とぞそんな気持ちでおりますので、これからもよろしくお願いを申し上げたいと思います。

 就任に当たりましてのあいさつですが、少し時間がたってしまいましたが、その辺はお許しをいただきまして、就任に際しての私からのあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)



○議長(今村正城君) 上野教育長の今後ますますのご活躍をご期待申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(今村正城君) 次に、諸報告をいたします。

 監査委員会より平成20年10月分に係る現金出納検査の結果の報告がありました。写しをお手元に配付しておきましたので、ご了承ください。

 続きまして、広域事務組合に関し、中巨摩地区広域事務組合議会、峡北広域行政事務組合議会、山梨県後期高齢者医療広域連合議会から報告がございます。

 初めに、中巨摩地区広域事務組合議会、樋泉明広議員、報告をお願いいたします。

 23番、樋泉明広君。

     〔23番 樋泉明広君登壇〕



◆23番(樋泉明広君) 23番、樋泉明広であります。

 平成20年9月29日に行われました中巨摩地区広域事務組合議会の9月定例会の報告を行います。

 なお、報告書につきまして、お手元に細かい報告がありますので、要点のみ報告をさせていただきたいと思います。

 会議には坂本議員、森田議員と私の3名が出席をいたしました。

 会議の内容は、平成20年度一般会計を初め、3会計の補正予算案、平成19年度決算認定議案6議案が提出され、審査を行いました。

 初めに、平成20年度一般会計補正予算(第1号)は、人事異動に伴う人件費の調整で補正額の増減はありませんでした。次に、平成20年度ごみ処理事業特別会計補正予算(第1号)でありますが、2,437万3,000円を追加するもので、ごみ焼却炉1号炉の補修を緊急に行うため、追加するものなどでございました。

 次に、平成20年度し尿処理事業特別会計補正予算(第1号)でありますが、1,838万5,000円を追加するもので、燃料費などを追加するものであります。

 次に、平成19年度決算認定議案6議案について、藤巻会計管理者から説明を受け、河西監査委員による一般会計及び特別会計関係帳簿、書類検査の結果報告を受けたところであります。

 以上、提出された平成20年度各会計補正予算3議案、平成19年度各会計決算認定議案6議案は、いずれも原案のとおり可決、認定されました。

 なお、議案及び審議資料は図書室に備えてありますので、ごらんになっていただきたいと思います。

 以上で中巨摩地区広域事務組合議会の報告を終わります。



○議長(今村正城君) ご苦労さまでした。

 続きまして、峡北広域行政事務組合議会、猪股尚彦議員、報告をお願いいたします。

 4番、猪股尚彦君。

     〔4番 猪股尚彦君登壇〕



◆4番(猪股尚彦君) 平成20年10月28日に行われました峡北広域行政事務組合議会定例会の報告をいたします。なお、報告書がお手元に配付してありますので、要点のみの報告とさせていただきます。

 会議には、花田議員と私、2名が出席いたしました。

 会議の内容は、初めに韮崎市、小林恵理子議員の一般質問が行われ、県の消防広域化推進計画、可燃物処理施設の管理運営について質問が行われました。

 次に、地方自治法の一部改正の法律の施行に伴い、組合の関係条例の一部を改正する条例改正が提出されました。

 次に、平成19年度一般会計、常備消防特別会計、ごみ処理特別会計、し尿処理特別会計、ふるさと市町村圏特別会計の歳入歳出決算認定5議案が提出され、審査を行いました。

 次に、平成20年度一般会計補正予算(第1号)外4会計の補正予算案が提出され、審査を行いました。

 以上、提出された条例改正1議案、平成19年度各会計決算認定議案5議案、平成20年度各会計補正予算案5議案は、いずれも原案のとおり可決、認定されました。

 なお、議案及び審議資料は図書館に備えてありますので、ご参照願います。

 以上で峡北広域行政事務組合の報告を終わります。



○議長(今村正城君) ご苦労さまでした。

 続きまして、山梨県後期高齢者医療広域連合議会、清水富貴雄議員、報告をお願いいたします。

 12番、清水富貴雄君。

     〔12番 清水富貴雄君登壇〕



◆12番(清水富貴雄君) 山梨県後期高齢者医療広域連合議会報告をいたします。

 平成20年10月7日に行われました山梨県後期高齢者医療広域連合議会第2回定例会の報告をいたします。

 なお、報告書がお手元に配付してありますので、要点のみ報告させていただきます。

 会議には、私が出席をいたしました。

 会議の内容は、平成19年度一般会計歳入歳出決算認定1議案についての審査を行いました。歳入総額は7億4,542万3,524円で、歳入の主な内容は構成市町村からの負担金並びに国からの臨時特例交付金であります。

 次に、歳出の総額は7億690万5,555円で、主な内容は、派遣職員人件費、制度周知用のパンフレット作成費、制度の円滑な施行に要する経費などであります。

 採決の結果、全員賛成により、原案どおり認定されました。

 なお、議案及び審議資料は図書室に備えてありますので、ご参照をお願いいたします。

 以上で山梨県後期高齢者医療広域連合議会の報告を終わります。



○議長(今村正城君) ご苦労さまでした。

 以上で諸報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第11号並びに議案第60号〜議案第76号の上程、説明



○議長(今村正城君) 日程第3、報告第11号 和解及び損害賠償額の決定の件から日程第20、議案第76号 市道路線認定の件まで、以上18議案を一括して議題といたします。

 市長より提出議案の説明を求めます。

 保坂市長。

     〔市長 保坂 武君登壇〕



◎市長(保坂武君) おはようございます。

 本日ここに、平成20年12月定例市議会を開会するに当たり、議員各位におかれましては、公私ともにご多忙のところご応招いただき、まことにありがとうございます。

 さきの10月臨時議会では、副市長並びに教育委員等の人事案件につきまして、議員各位のご同意を賜り、空席であった特別職を任用することができました。今後、市政運営に当たりましては、私を先頭に職員一丸となって市民のための市政に努めてまいる考えであります。

 議員各位のご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げる次第であります。

 さて、世界的な金融危機による実体経済の悪化は深刻さを増しており、県内企業の経営環境におきましても、先行き不透明感が増しております。この極めて厳しい経済情勢の中で、政府が進めようとしている経済対策につきましては、真に地方経済に効果のある対策を一刻も早く講じてほしいと強く願うところであります。

 また、第二期地方分権改革におきましては、真の地方分権型の新しい行政システムを構築するため、国・都道府県・市町村の役割分担を明確化し、国から地方、都道府県から市町村への権限移譲に伴って、税源移譲等による適切かつ確実な財政措置が行われ、専門的な人材育成等の仕組みをしっかり講ずるよう市長会等を通じて強く働きかけてまいりたいと考えております。

 次に、私の市政運営に対する基本的考えを申し述べさせていただき、議員各位を初め、市民の皆様にご理解とご協力をお願い申し上げたいと存じます。

 まず、臨時議会において申し上げました「創甲斐・教育」についてであります。

 私は、「まちづくり」は「ひとづくり」から始まるものと考えております。甲斐市に生まれ、甲斐市で育ち、甲斐市のために働き、「甲斐市出身であること」が地域ブランドの一つとして誇れるようなひとづくりを進める考えであります。そのため、書くことによる国語力の向上、スピーチなどの言語活動を充実させ、自己表現力を身につける、丈夫な体をつくる−の3つを柱にした施策を進めてまいりたいと考えております。

 まず、「書くこと」「読むこと」の大切さを再認識して生活や学習に必要な能力を身につけるよう読書活動を推進していきます。

 また、「話すこと・聞くこと」のきっかけは、日ごろのあいさつから始まるものと考えております。特に家庭における親子のコミュニケーション活動を推進し、あわせて人前で話すことになれるような言語活動を進め、自己表現力を身につけるようにしたいと考えております。

 また、丈夫な体をつくることは、心の発達・成長を支え、創造的な活動をするために必要不可欠なものであると考えております。中でも、水泳は全身運動で、効果的に運動ができますので、病気に負けない体をつくることを目的に、泳げるようになることを具体的目標に掲げたいと考えております。

 これらの取り組みは、学校だけで行うものではなく、家庭における子供とのかかわりが大切という考えに立ち、家庭と地域の連携、地域と行政の連携推進を図っていきたいと考えております。

 以上、述べてまいりましたが、子供たちが心身ともに一人前の人間に成長し、社会人となり、再び甲斐市に戻り、市内で子育てをし、子供たちが甲斐市から社会に出て行く循環型の教育を「創甲斐・教育」として位置づけてまいります。

 市民が一丸となって「そうかい」「そうかい」と理解し合える甲斐市教育を進めたいと考えておりますので、議員各位を初め市民の皆様にご理解とご協力をお願い申し上げます。

 次に、これから進めてまいりますまちづくり全般につきましては、これまでの施策や事業の成果を的確に検証し、諸課題に取り組むこととともに、甲斐市総合計画の着実な推進を図ってまいりたいと考えております。平成21年度予算編成の中で具体的に検討してまいります。

 また、「豊かな文化のかおる都市機能の充実したまちづくり」「健やかで活気にみちた福祉・医療の推進を図るまちづくり」「快適な生活環境を整備し、行政と市民が一体となった安全・安心なまちづくり」「行政の無駄を排し、質の高い行政サービスのもと行財政の効率化を目指すまちづくり」の4つを基本に、施策の展開を図ってまいる所存であります。

 その中で、医療費助成の拡大につきましては、議員各位を初めとする多くの市民から要望にこたえ、小学生の医療費を市が負担してまいる考えでありまして、今議会に議案を提案させていただいたところであります。

 そのほか、新年度予算の策定に当たっては、各課において職員みずから無駄撲滅への提言をすることとし、それらを反映させ、一層の財政健全化に努めてまいりたいと考えております。

 以上、市政運営に当たっての基本的な考え方を申し上げましたが、甲斐市の目指す「緑と活力あふれる生活快適都市」の実現に向け、誠心誠意努力してまいりますので、議員各位のご理解とご協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

 それでは、今定例市議会に提出いたしました報告議案及び一般議案につきまして、概要をご説明申し上げます。

 なお、詳細につきましては、それぞれ担当部長から説明をいたしますので、よろしくお願い申し上げます。

 初めに、報告議案についてであります。

 報告第11号の和解及び損害賠償額の決定の件につきましては、道路施設の管理瑕疵による歩行者転倒事故について、地方自治法第180条第1項の規定により、専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものであります。

 次に、条例関係等各議案についてであります。

 議案第60号 甲斐市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例等の一部改正の件につきましては、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う所要の改正であります。

 議案第61号 甲斐市手数料条例の一部改正の件につきましては、住民基本台帳カードの普及を図るため、一定期間当該カードの交付手数料を無料化することに関し、所要の改正を行うものであります。

 議案第62号 甲斐市乳幼児医療費助成金支給条例の一部改正の件につきましては、題名を「甲斐市こども医療費助成金支給条例」に改め、子育て世帯の負担を軽減し、子供の健康増進を図るため、医療費助成の対象年齢を満12歳まで拡大するものであります。

 議案第63号 甲斐市国民健康保険条例の一部改正の件につきましては、産科医療補償制度の創設に伴う健康保険法施行令の一部改正にかんがみ、被保険者の出産費用の負担軽減を図ることに伴う所要の改正であります。

 議案第64号 甲斐市下水道使用料条例の一部改正の件、議案第65号 甲斐市都市計画下水道事業受益者負担金に関する条例の一部改正の件、議案第66号 甲斐市公共下水道区域外流入分担金の徴収に関する条例の一部改正の件につきましては、本年10月17日に開催された下水道審議会の答申に基づいて、下水道事業の健全な運営を確保しつつ、使用料等の改正を提案するものであります。

 議案第67号 平成20年度甲斐市一般会計補正予算(第3号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,734万円の追加補正をお願いするものであります。

 歳入につきましては、地方特例交付金、国県支出金、繰越金などを増額し、地方譲与税、自動車取得税交付金、繰入金、市債などが減額となっております。

 歳出の主なものにつきましては、増築庁舎整備事業に伴う土地等の取得に係る経費、地域集会施設改修に伴う建設費補助金、負担軽減措置の拡大に伴う自立支援給付費、本年4月から医療費窓口無料化に伴う重度身体障害者医療費助成金、給付対象者の増加に伴う児童扶養手当、県営土地改良事業の工事増工に伴う負担金、常備消防負担金の確定に伴う負担金等の増額などとなっております。

 また、職員の現員現給再計算による人件費、市長選挙及び農業委員会委員選挙の事務経費、幹線道路整理事業及び公園整備事業の公有財産購入費、双葉東小学校校庭拡張等整備工事に係る経費、竜王北部公民館実施設計委託料等については、事業の確定及び執行見込みなどにより、減額するものであります。

 次に、議案第68号 平成20年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3,026万円の追加補正をお願いするものであります。

 次に、議案第69号 平成20年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、既定の歳入歳出の総額から歳入歳出それぞれ85万1,000円の減額補正をお願いするものであります。

 次に、議案第70号 平成20年度甲斐市介護サービス特別会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ26万2,000円の追加補正をお願いするものであります。

 次に、議案第71号 平成20年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ4,040万1,000円の減額補正をお願いするものであります。

 次に、議案第72号 平成20年度甲斐市水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、収益的収支及び支出の既決予定額の総額に収入1万2,000円、支出82万1,000円の追加補正及び水道施設運転管理等業務委託の債務負担行為の設定をお願いするものであります。

 次に、議案第73号、議案第74号 指定管理者の指定の件につきましては、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議案第75号 不動産購入の件につきましては、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分の範囲を定める条例第3条の規定により、議会の議決をお願いするものであります。

 次に、議案第76号 市道路線認定の件につきましては、道路法第8条第2項の規定により議会の議決をお願いするものであります。

 以上、提出議案等についてご説明申し上げましたが、何とぞ慎重審議の上、原案のとおりご承認、ご可決くださいますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(今村正城君) 市長の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第11号の詳細説明



○議長(今村正城君) 続きまして、報告第11号の詳細説明を求めます。

 米山総務部長。



◎総務部長(米山裕文君) 議案集の3ページをお開きいただきたいと思います。

 報告第11号 和解及び損害賠償額の決定の件であります。道路施設の管理瑕疵による歩行者転倒事故に係ります和解及び損害賠償額につきまして、地方自治法の第180条第1項の規定により、専決処分いたしましたので、同条第2項の規定により報告をするものであります。

 和解の相手方は、甲斐市篠原1821番地5、久保田廣氏。和解の条件は、甲斐市は和解の相手方に対し、損害賠償金として4万6,792円を支払うものとする。

 和解の相手方と甲斐市の間には、本和解条項に定める以外何らの債権債務のないことを確認する。

 以上の2点であります。

 専決処分をした日でありますが、平成20年8月7日であります。

 専決処分をした理由につきましては、甲斐市篠原1821番地5先、市道篠原グリーンタウン6号線で発生した道路陥没に起因する歩行者転倒事故について、和解し損害賠償額を定めるために専決処分を行ったものであります。

 事故の内容でありますが、平成20年4月12日午後4時ごろ、甲斐市篠原1821番地5先の市道篠原グリーンタウン6号線を歩行中、水路側の側溝の陥没箇所でつまずき、左足首を骨折したものであります。このことから、治療代4万6,792円を市が支払うことによりまして、示談を行ったものであります。

 以上、よろしくお願いをいたします。



○議長(今村正城君) 説明が終わりました。

 以上で報告第11号を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第60号〜議案第67号の質疑、委員会付託



○議長(今村正城君) 続きまして、議案第60号から議案第76号までの17議案につきましては、会議規則第37条第1項の規定により、委員会へ付託をしますので、市長の説明に対する総括的な質疑を行います。

 質疑はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ないようですので、総括質疑を終了いたします。

 ただいま議題となっております議案第60号から議案第76号までの17議案は、会議規則第37条第1項の規定により、お手元に配付した付託表のとおり、各所管の委員会へ付託をいたします。

 また、議案第67号 平成20年度甲斐市一般会計補正予算(第3号)歳入は、総務教育常任委員会へ、歳出はそれぞれ所管の委員会へ分割して付託をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議第4号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(今村正城君) 日程第21、発議第4号 甲斐市議会会議規則の一部改正の件を議題といたします。

 提出者より議案の説明を求めます。

 6番、内藤久歳君。

     〔6番 内藤久歳君登壇〕



◆6番(内藤久歳君) 発議第4号 甲斐市議会会議規則の一部改正の件について提案いたします。

 提出者は、甲斐市議会議会運営委員会委員長、内藤久歳でございます。

 提案理由でございますが、地方自治法の一部を改正する法律(平成20年法律第69号)が施行されたことに伴い、所要の改正を行うものであります。

 なお、詳細につきましては、お手元に配付してございます案のとおりでございますので、ごらん願います。

 以上、よろしくお願い申し上げます。



○議長(今村正城君) 提出者の説明が終わりました。

 説明に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ないようですので、質疑を終了します。

 ただいま議題となっております発議第4号は、委員会提出議案のため、会議規則第37条第2項の規定により、委員会へ付託をしませんので、これより討論を行います。

 討論ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) 討論なしと認めます。これで、討論を終了します。

 これより発議第4号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案は原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、発議第4号 甲斐市議会会議規則の一部改正の件は、原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△中巨摩地区広域事務組合議会議員の選挙



○議長(今村正城君) 日程第22、選第7号 中巨摩地区広域事務組合議会議員の選挙を行います。

 この選挙については、中巨摩地区広域事務組合規約の変更により、甲斐市の組合議員を1名増員するものであります。

 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は、指名推選によることに決定をいたしました。

 ここで再度お諮りをいたします。被選挙人の指名方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、指名の方法は議長において行うことに決定をいたしました。

 それでは、指名いたします。

 中巨摩地区広域事務組合議会議員には、池神哲子君を指名いたします。

 お諮りいたします。ただいま議長において指名をいたしました池神哲子君を中巨摩地区広域事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名をいたしました池神哲子君が中巨摩地区広域事務組合議会議員に当選なされました。ただいま中巨摩地区広域事務組合議会議員に当選なされました池神哲子君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(今村正城君) 以上で、本日予定されておりました日程は、すべて終了いたしました。

 あすから各常任委員会が開会されます。あす12月12日は厚生環境常任委員会、週明け12月15日は総務教育常任委員会、建設経済常任委員会が開催されます。

 また、12月17日は代表質問、18日は9名の議員の一般質問を行います。

 各委員会での議案の慎重な審査をお願い申し上げ、本日はこれにて散会といたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午前10時40分