議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲斐市

平成19年  3月 定例会(第1回) 03月06日−02号




平成19年  3月 定例会(第1回) − 03月06日−02号







平成19年  3月 定例会(第1回)



          平成19年甲斐市議会第1回定例会

議事日程(第2号)

                  平成19年3月6日(火曜日)午前10時開議

日程第1 議案第12号 平成18年度甲斐市一般会計補正予算(第4号)

日程第2 議案第13号 平成18年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

日程第3 議案第14号 平成18年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第3号)

日程第4 議案第15号 平成18年度甲斐市介護サービス特別会計補正予算(第4号)

日程第5 議案第16号 平成18年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)

日程第6 議案第17号 平成18年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

日程第7 議案第18号 平成18年度甲斐市地域し尿処理施設特別会計補正予算(第2号)

日程第8 議案第19号 平成18年度甲斐市宅地開発事業特別会計補正予算(第1号)

日程第9 議案第20号 平成18年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(27名)

     1番  込山伸一君      2番  坂本一之君

     3番  有泉庸一郎君     4番  猪股尚彦君

     5番  山本英俊君      6番  内藤久歳君

     7番  藤原正夫君      8番  名取國士君

    10番  河野勝彦君     11番  池神哲子君

    12番  清水富貴雄君    13番  保坂芳子君

    14番  家光由里君     15番  清水喜代栄君

    16番  小宮山長庚君    17番  赤澤寛吉君

    18番  中込助雄君     19番  森田 稔君

    20番  今村正城君     21番  花田直人君

    22番  小林 守君     23番  樋泉明広君

    24番  金丸 毅君     25番  保坂恒光君

    26番  島田利彦君     27番  鈴木 昇君

    28番  仲田博司君

欠席議員(1名)

     9番  小浦宗光君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長      藤巻義麿君      助役      五十嵐康之君

 教育長     中込豊弘君      企画部長    伊藤知治君

 総務部長    保延 博君      市民部長    飯室老男君

 環境経済部長  長田武次君      福祉保健部長  米山裕文君

 都市建設部長  石原千秋君      敷島支所長   飯塚文明君

 双葉支所長   野沢美雪君      教育次長    丸山次郎君

 水道局長    鶴田陽一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 議会事務局長  植松芳俊       書記      相川泰史

 書記      保坂義実       書記      金子智奈美



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(今村正城君) おはようございます。各常任委員会での条例及び補正予算審査、大変ご苦労さまでした。

 本定例会、2日目の本会議でございます。

 本日も円滑に議事が進行できますよう、議員各位並びに市当局のご協力をお願い申し上げます。

 ただいまの出席議員は27名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(今村正城君) 諸報告をいたします。

 小浦宗光議員につきましては、本日の会議を欠席する旨の届け出がありましたので、ご了承ください。

 以上で、諸報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(今村正城君) 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号〜議案第20号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(今村正城君) 日程第1、議案第12号 平成18年度甲斐市一般会計補正予算(第4号)から、日程第9、議案第20号 平成18年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第3号)まで、以上9議案を一括して議題といたします。

 定例会初日に、各所管の委員会へ付託をしておきましたので、各委員会の審査結果の報告を求めます。

 初めに、総務教育常任委員長、森田稔君。

 19番、森田稔君。

     〔総務教育常任委員長 森田 稔君登壇〕



◆総務教育常任委員長(森田稔君) 総務教育常任委員会の報告をさせていただきます。

 本定例会初日に付託されました補正予算関係の審査内容等について、会議規則第39条第1項の規定により報告いたします。

 なお、詳細は配付してあります報告書の7ページ以降に記載してありますので、要点のみの報告とさせていただきます。

 3月5日に委員会を開催し、当局より説明を受け、審査を行いました。

 まず、議案第12号 平成18年度甲斐市一般会計補正予算(第4号)について、報告いたします。

 歳出の主な補正内容ですが、総務費では赤字バス路線の運行経費の補助や、後期高齢者医療制度のシステム構築費などが新たに予算化され、その内容等ついて質疑が交わされました。

 その他、会計課の指定金融機関の職員配置による負担金、交通安全対策費の人件費の補正に対して質疑が交わされました。

 民生費の地域改善対策費では、住宅新築資金等貸付事業特別会計への繰出金の目的や、今後の対応について質疑が交わされました。

 次に、消防費ですが、防災行政無線のデジタル化に関する調査委託に関して減額補正が行われ、予算額に対して大幅に低い金額での契約となった経過、及び事業の内容に関して当局の考えを聞きました。

 次に、教育費ですが、主な内容は敷島小学校駐車場用地・竜王北中学校の用地購入に関する補正が計上され、各売買契約に関する審議が行われました。

 また、文化財保護費に関して、双葉地区に計画されている大型ショッピングセンターの発掘調査にかかわる経費や、ふれあい文化館の駐車場整備に関する内容について説明を受け、質疑を行いました。

 その他公債費では、双葉ふれあい文化館建設時の借入金の利率見直しによる補正や、諸支出金では、冷間分譲地の売買見込みがないための減額補正が行われました。

 次に、歳入について報告をいたします。

 市税ですが、補正の内容は収入見込みによる増額によるものであります。

 地方交付税では、国の三位一体改革による影響、使用料及び手数料では、玉幡公園のプール使用料の減額に対する見解や、今後の対応について質疑が交わされました。

 次に、国庫支出金・県支出金ですが、主な内容は、各補助事業の支出額確定による補助金額の補正や、竜王駅周辺整備事業に対する追加補助、障害者自立支援法施行による補正、後期高齢者医療制度創設に伴う補助金などについて説明を受けました。

 最後に、諸収入では、峡北広域からの還付金の内容。市債では、合併推進債から合併特例債への変更などについて説明を受け、質疑を交わしました。

 以上が、審査の主な内容であります。

 なお、討論では、定率減税の廃止や老齢者控除の廃止にかかわる歳入の補正、新たな負担増を求める後期高齢者医療制度に関する補正が予算化されている補正予算には賛成できないという反対討論が行われました。

 採決の結果ですが、起立多数で可決すべきものと決定をされました。

 次に、議案第16号 平成18年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)について報告いたします。

 内容ですが、一般会計繰入金は、滞納による元利償還金の不足による繰入金で、元利収入は滞納による収入見込みがないため減額するものであります。

 また、滞納者の状況や今後の対策等について質疑が交わされました。

 なお、討論はなく、採決の結果、異議なしで可決すべきものと決定されました。

 以上で、総務教育常任委員会に付託されました補正予算関係の審査報告を終わります。



○議長(今村正城君) 総務教育常任委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ないようですので、委員長の報告に対する質疑を終わります。

 ご苦労さまでした

 続きまして、厚生環境常任委員長、河野勝彦君。

 10番、河野勝彦君。

     〔厚生環境常任委員長 河野勝彦君登壇〕



◆厚生環境常任委員長(河野勝彦君) 厚生環境常任委員会議案審査結果の報告を行います。

 平成19年第1回定例会初日に本委員会に付託されました5議案は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第39条第1項の規定により報告いたします。

 なお、お手元に報告書の写しが配付してありますので、要点のみの報告とさせていただきます。

 3月1日に委員会を開催し、市当局より説明を受け、審査いたしました。

 審査の主な内容は、議案第12号 平成18年度甲斐市一般会計補正予算(第4号)歳出のうち第3款民生費では、障害者自立支援法の影響による補正内容、乳幼児医療窓口無料化の見通し、児童手当減額の要因、特別保育事業、生活保護の相談件数などについて質疑が交わされました。

 第4款衛生費では、メタボリックシンドロームの検査の導入予定、犬猫不妊去勢手術費の助成金などについて質疑が交わされました。

 討論では、障害者手当、老人医療費の減額、住民健診の有料状況、さらに犬猫不妊手術費補助についても補助金をカットするなど、賛成できない旨の討論が出され、採決の結果、規律多数で原案のとおり可決すべきものとすることに決定いたしました。

 次に、議案第13号 平成18年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)では、収納率、短期保険証の発行状況などについて質疑が交わされました。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものとすることに決定いたしました。

 次に、議案第14号 平成18年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第3号)では、第1号被保険者保険料の内容、各段階での保険者数、税率変更の内容、今後の対策、繰越明許費の内容などについて、質疑が交わされました。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものとすることに決定いたしました。

 次に、議案第15号 平成18年度甲斐市介護サービス特別会計補正予算(第4号)では、予防給付費収入の内容、介護のサービス実施状況について質疑が交わされました。

 討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものとすることに決定いたしました。

 最後に、議案第18号 平成18年度甲斐市地域し尿処理施設特別会計補正予算(第2号)では、質疑・討論はなく、採決の結果、異議なしで原案のとおり可決すべきものとすることに決定いたしました。

 以上で、厚生環境常任委員会審査結果の報告を終わります。



○議長(今村正城君) 厚生環境常任委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ないようですので、委員長の報告に対する質疑を終わります。

 ご苦労さまでした。

 続きまして、建設経済常任委員長、赤澤寛吉君。

 17番、赤澤寛吉君。

     〔建設経済常任委員長 赤澤寛吉君登壇〕



◆建設経済常任委員長(赤澤寛吉君) 本定例会において建設経済常任委員会に付託された補正予算4議案の審査結果について、会議規則第39条第1項の規定により報告します。

 平成19年2月27日に、建設経済常任委員会を開催し、当局より説明を受け、審査を行いました。

 なお、質疑内容等につきましては、お手元に配付した報告書のとおりですので、主な内容と審議結果について申し上げます。

 初めに、議案第12号 平成18年度甲斐市一般会計補正予算(第4号)についてであります。

 主なものは、職員手当の減額のほか、工事等の入札差金や事業の確定による執行残の減額補正であります。

 そのほか、農林水産業費では、県営中山間地域総合整備事業のおくれによる負担金の減額であります。

 商工業費では、県の産業集積助成金と連動した下今井工業団地の株式会社内藤製作所への助成金の増額。

 土木費では、19年度予算として国へ要望していた事業費の前倒しによる竜王駅南北自由通路施工委託料の増額などであります。

 審査結果、異議なしで可決すべきものと決定しました。

 次に、議案第17号 平成18年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。

 歳入では、消火栓の設置工事の負担金や、前年度繰越金の減額による一般会計繰入金の増額。歳出では、水質検査委託料や工事請負費の執行残の減額補正が主な内容です。

 審査の結果、異議なしで可決すべきものと決定しました。

 次に、議案第19号 平成18年度甲斐市宅地開発事業特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、代替地取得事業と冷間分譲地売り払いの事業実績がなかったため、減額補正するものであります。

 審査の結果、異議なしで可決すべきものと決定しました。

 次に、議案第20号 平成18年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてでありますが、歳入では、個人の使用水量の減少による使用料の減額。歳出については、工事負担金などの差金の減額のほか、今年度事業評価を行った結果、都市計画区域外の6地区を流域区域から外し、合併浄化槽で市の直営で行うことにしたための委託料の減額などが、主な内容であります。

 審査の結果、異議なしで可決すべきものと決定しました。

 以上で、建設経済常任委員会の報告を終わります。



○議長(今村正城君) 建設経済常任委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ないようですので、委員長の報告に対する質疑を終わります。

 ご苦労さまでした。

 これより、議案第12号から議案第20号までの9議案を、順次、議案ごとに討論、採決いたします。

 初めに、議案第12号の討論を行います。

 通告がありますので、討論を行います。

 本案に対する反対討論を許します。

 27番、鈴木昇君。



◆27番(鈴木昇君) 議案第12号 平成18年度甲斐市一般会計補正予算(第4号)について、反対の立場から討論をいたします。

 さて、審議の中で明らかなように、今日、市民の暮らし向きは、貧困と格差の広がる中で厳しい暮らしを強いられています。とりわけ高齢者等の生活は深刻であります。

 このような中で本予算の歳入においては、定率減税の廃止等にかかわる増税含みの1億2,500万円が計上され、また地方交付税においては1億1,000万円強の減額補正となっていますが、三位一体の改革に伴う自治体泣かせの影響が色濃く反映されたもので、受け入れがたい内容ともなっているところであります。

 さらに、国庫補助では、来年4月から導入予定の高齢者に新たな保険料等の負担を強いる後期高齢者保険制度の創設にかかわる850万円の予算が計上され、高齢者医療制度のさらなる改悪に向けての予算ともなっています。

 また、使用料においては、膨大なお金をかけて整備した玉幡公園にかかわるプールの使用料収入は、約2,000万円に達するような減額補正で、活用に対する根本的な見直しが求められている内容となっています。

 今日の地方自治体を取り巻く財政環境を見るとき、財政枠があるからといって後年度において市の財政に影響してくる合併特例債の活用については、慎重を期することが求められているところであります。

 一方、歳出においては、後期高齢者保険制度に伴う電算システムにかかわる8,000万円余の予算の計上、また福祉面では、民生費において障害者手当事業や、老人医療費等について減額予算となっているが、前者は減額分は増額制度に、また後者は会計前の制度に戻し、当面は74歳までは一割負担にすべきだと考えます。

 また、住民の健康診断にかかわる検診は有料化が改善されない状況にありますが、これもまた改善が求められているところであります。

 また、生活保護では、申請用紙を窓口に置くなど、市民の権利行使が容易にできる改善が求められていると考えます。

 さらに、障害者自立支援法により、障害者初め施設関係者は大変な状況下に置かれています。本市においても独自の減免制度も創設されることをも期待しつつ、以上のような内容を指摘し、本補正に対する討論といたします。

 以上。



○議長(今村正城君) 次に、本案に対する賛成討論を許します。

 3番、有泉庸一郎君。



◆3番(有泉庸一郎君) 3番、有泉庸一郎です。

 議案第12号 平成18年度甲斐市一般会計補正予算(第4号)について、甲斐市民クラブとして賛成する立場で意見を申し上げます。

 審議につきましては、総務教育常任委員会、厚生環境常任委員会、建設経済常任委員会の各常任委員会において慎重審議してまいりました。

 平成18年度甲斐市一般会計補正予算(第4号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ11億8,965万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ228億1,849万1,000円とするものであります。歳入の内訳としては、市税を初めとする自主財源のみならず、国庫支出金、県支出金など各種の財源確保の努力がうかがえます。

 歳出については、後期高齢者医療制度に対応するための電算システム改修事業、幹線道路整備事業、竜王駅周辺整備事業などにおいての増額補正をしております。これらは、それぞれの事業執行に必要な補正予算と判断するものであります。

 また、年度末に当たり、事業執行の見きわめによる予算減額も多くあるところですが、公共施設等整備基金に9億2,000万円ほどの積み立てを行うことで、後年度に備えた妥当な対応であると考えます。

 平成18年度予算を有効に執行し、市民への行政サービス向上が図られることを期待して、平成18年度甲斐市一般会計補正予算(第4号)の賛成討論といたします。

 以上です。



○議長(今村正城君) 討論の通告は以上であります。討論を終了いたします。

 これより議案第12号を採決いたします。

 本案は、起立により採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。本案は各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔起立多数〕



○議長(今村正城君) 起立多数であります。

 よって、議案第12号 平成18年度甲斐市一般会計補正予算(第4号)は、各常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第13号は討論の通告がありませんので、これより議案第13号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する厚生環境常任委員長の報告は可決であります。本案は厚生環境常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第13号 平成18年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)は、厚生環境常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第14号も討論の通告がありませんので、これより議案第14号を採決をいたします。

 お諮りいたします。本案に対する厚生環境常任委員長の報告は可決であります。本案は厚生環境常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第14号 平成18年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第3号)は、厚生環境常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第15号につきましても討論の通告がありませんので、これより議案第15号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する厚生環境常任委員長の報告は可決であります。本案は厚生環境常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第15号 平成18年度甲斐市介護サービス特別会計補正予算(第4号)は、厚生環境常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第16号につきましても討論の通告がありませんので、これより議案第16号を採決をいたします。

 お諮りいたします。本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決であります。本案は総務教育常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第16号 平成18年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)は、総務教育常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第17号についても討論の通告がありませんので、これより議案第17号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する建設経済常任委員長の報告は可決であります。本案は建設経済常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第17号 平成18年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)は、建設経済常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第18号についても討論の通告がありませんので、これより議案第18号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する厚生環境常任委員長の報告は可決であります。本案は厚生環境常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第18号 平成18年度甲斐市地域し尿処理施設特別会計補正予算(第2号)は、厚生環境常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第19号についても討論の通告がありませんので、これより議案第19号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する建設経済常任委員長の報告は可決であります。本案は建設経済常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第19号 平成18年度甲斐市宅地開発事業特別会計補正予算(第1号)は、建設経済常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第20号についても討論の通告がありませんので、これより議案第20号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する建設経済常任委員長の報告は可決であります。本案は建設経済常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(今村正城君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第20号 平成18年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、建設経済常任委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(今村正城君) 以上で、本日の日程は終了いたしました。

 明日3月7日、8日は、各会派代表質問、また市政に対する一般質問を行います。よろしくお願い申し上げ、本日はこれにて散会といたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午前10時31分