議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 甲斐市

平成18年  3月 定例会(第1回) 03月02日−02号




平成18年  3月 定例会(第1回) − 03月02日−02号







平成18年  3月 定例会(第1回)



             平成18年甲斐市議会第1回定例会

議事日程(第2号)

                   平成18年3月2日(木曜日)午後2時開議

日程第1 議案第8号 平成17年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)

日程第2 議案第9号 平成17年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

日程第3 議案第10号 平成17年度甲斐市老人保健特別会計補正予算(第2号)

日程第4 議案第11号 平成17年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第4号)

日程第5 議案第12号 平成17年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)

日程第6 議案第13号 平成17年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

日程第7 議案第14号 平成17年度甲斐市地域し尿処置施設特別会計補正予算(第2号)

日程第8 議案第15号 平成17年度甲斐市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)

日程第9 議案第16号 平成17年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第4号)

日程第10 意 第1号 甲斐警察署の設置を求める意見書の提出について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

 議事日程に同じ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(50名)

     1番  長谷部 集君     2番  猪股尚彦君

     3番  山本英俊君      4番  渡辺定広君

     5番  内藤久歳君      6番  藤原正夫君

     7番  名取國士君      8番  小宮山賢太郎君

     9番  小浦宗光君     10番  河野勝彦君

    11番  池神哲子君     12番  清水富貴雄君

    13番  飯沼美直君     14番  雨宮貞夫君

    15番  保坂芳子君     16番  家光由里君

    17番  保延武忠君     18番  中沢美英君

    20番  中島一平君     21番  志村康茂君

    22番  清水喜代栄君    23番  輿石畩雄君

    25番  小宮山長庚君    26番  赤澤寛吉君

    27番  長田久雄君     29番  三浦進吾君

    30番  中込助雄君     31番  森田 稔君

    32番  今村正城君     34番  田中邦司君

    35番  有泉 源君     36番  中村佳明君

    37番  花田直人君     38番  野田 武君

    39番  小林 守君     40番  寺田道彦君

    41番  樋泉明広君     42番  小菅勝馬君

    43番  雨宮 泉君     44番  桜田一夫君

    45番  土橋健一君     46番  小林佳一君

    47番  金丸 毅君     48番  齋藤 彌君

    49番  保坂恒光君     50番  島田利彦君

    51番  山田又男君     52番  鈴木 昇君

    53番  仲田博司君     54番  深見熊治君

欠席議員(3名)

    19番  土肥安彦君     24番  齋藤元則君

    28番  滝口 肇君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長      藤巻義麿君      収入役     稲垣善雄君

 教育長     中込豊弘君      企画部長    保延 博君

 総務部長    米山 昇君      市民部長    飯室老男君

 環境経済部長  長田武次君      福祉保健部長  米山裕文君

 都市建設部長  石原千秋君      敷島支所長   飯塚文明君

 双葉支所長   野沢美雪君      教育次長    丸山次郎君

 水道局長    樋口勝征君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 議会事務局長  伊藤知治       書記      山野庸三

 書記      相川泰史       書記      保坂義実

 書記      金子智奈美



△開議 午後2時01分



△開議の宣告



○議長(小林佳一君) 連日の各常任委員会での議案の慎重審議、大変ご苦労さまでございます。

 本定例会、2日目の本会議でございます。

 本日も円滑な議事が進行できますよう、議員各位のご協力をお願いを申し上げます。

 ただいまの出席議員数は50名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(小林佳一君) ここで、欠席議員の報告をいたします。

 齋藤元則議員、土肥安彦議員、滝口肇議員につきましては、本日の会議を欠席する旨の届け出がありましたので、ご了承お願い申し上げます。

 以上で、報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(小林佳一君) 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第8号〜議案第16号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(小林佳一君) 日程第1、議案第8号 平成17年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)、日程第2、議案第9号 平成17年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)、日程第3、議案第10号 平成17年度甲斐市老人保健特別会計補正予算(第2号)、日程第4、議案第11号 平成17年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第4号)、日程第5、議案第12号 平成17年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)、日程第6、議案第13号 平成17年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)、日程第7、議案第14号 平成17年度甲斐市地域し尿処理施設特別会計補正予算(第2号)、日程8、議案第15号 平成17年度甲斐市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)、日程第9、議案第16号 平成17年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第4号)まで、以上9議案を一括して議題といたします。

 定例会初日に、各所管の委員会へ付託しておきましたので、各常任委員会の審査報告を、一括して各委員長に求めます。

 初めに、総務教育常任委員会の審査報告について、総務教育常任委員長より報告を求めます。

 総務教育常任委員長、今村正城君。

         〔総務教育常任委員長 今村正城君登壇〕



◆総務教育常任委員長(今村正城君) 総務教育常任委員会の報告を行います。

 本委員会に付託をされました案件は審査の結果、次のとおり決定いたしましたので、会議規則第103条の規定により報告をいたします。

 議案第8号 平成17年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)のうち、歳入全般、議会費、総務費、民生費、消防費、教育費、公債費、諸支出金。

 議案第12号 平成17年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)。

 審査の結果いずれも異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 以上で総務教育常任委員会の報告を終わります。



○議長(小林佳一君) 総務教育常任委員長の報告が終わりました。

 これより、委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) ないようですので、総務教育常任委員長の報告に対する質疑を終わります。

 ご苦労さまでございました。

 次に、厚生常任委員会の審査報告について、厚生常任委員長より報告を求めます。

 厚生常任委員長、小宮山賢太郎君。

         〔厚生常任委員長 小宮山賢太郎君登壇〕



◆厚生常任委員長(小宮山賢太郎君) 厚生常任委員会の審査報告を行います。

 本委員会に付託された案件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第103条の規定により報告をいたします。

 議案第8号 平成17年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)の歳出のうち、民生費、衛生費。

 議案第9号 平成17年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)。

 議案第10号 平成17年度甲斐市老人保健特別会計補正予算(第2号)。

 議案第11号 平成17年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第4号)。

 審査の結果、議案第8号、第9号、第10号は異議なしで、議案第11号は賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、厚生常任委員会の報告を終わります。



○議長(小林佳一君) 厚生常任委員長の報告が終わりました。

 これより、委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) ないようですので、厚生常任委員長の報告に対する質疑を終わります。

 ご苦労さまでございました。

 次に、環境経済常任委員会の審査結果の報告について、環境経済常任委員長より報告を求めます。

 環境経済常任委員長、中村佳明君。

         〔環境経済常任委員長 中村佳明君登壇〕



◆環境経済常任委員長(中村佳明君) 環境経済常任委員会の報告を行います。

 本委員会に付託された案件は、審査の結果、次のとおり決定いたしましたので、会議規則第103条の規定により報告をいたします。

 議案第8号 平成17年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)歳出のうち、衛生費、農林水産業費、商工費、災害復旧費。

 議案第14号 平成17年度甲斐市地域し尿処理施設特別会計補正予算(第2号)。

 審査の結果、いずれも異議なしで原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で、環境経済常任委員会の報告を終わります。



○議長(小林佳一君) 環境経済常任委員長の報告が終わりました。

 これより、委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) ないようですので、環境経済常任委員長の報告に対する質疑を終わります。

 ご苦労さまでございました。

 次に、都市建設常任委員会の審査報告について、都市建設常任委員長より報告を求めます。

 都市建設常任委員長、花田直人君。

         〔都市建設常任委員長 花田直人君登壇〕



◆都市建設常任委員長(花田直人君) 都市建設常任委員会の審査報告を行います。本委員会に付託されました案件は、審査の結果、次のとおり決定いたしましたので、会議規則第103条の規定により報告いたします。

 議案第8号 平成17年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)歳出のうち、土木費。

 議案第13号 平成17年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)。

 議案第15号 平成17年度甲斐市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)。

 議案第16号 平成17年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第4号)。

 審査の結果、いずれも異議なしで原案のとおり可決すべきものとしました。また、議案第15号については環境経済常任委員会との連合審査会を開催し審査を行ったところでございますので、ご報告いたします。

 以上で、都市建設常任委員会の報告を終わります。



○議長(小林佳一君) 都市建設常任委員長の報告が終わりました。

 これより、委員長の報告に対する質疑を行います。

 質疑ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) ないようですので、都市建設常任委員長の報告に対する質疑を終わります。

 ご苦労さまでした。

 以上で、各常任委員長の報告及び、報告に対する質疑を終わります。

 続きまして、ただいま議題となっております議案第8号から議案第16号までの議案につきまして、順次、討論、採決を行います。

 初めに、議案第8号 平成17年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)について、討論を行います。

 討論ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 討論なしと認めます。

 これより議案第8号 平成17年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。本案は各常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第8号 平成17年度甲斐市一般会計補正予算(第5号)は、各常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第9号 平成17年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)につきまして、討論を行います。

 討論ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 討論なしと認めます。

 これより議案第9号 平成17年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する厚生常任委員長の報告は可決であります。本案は厚生常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第9号 平成17年度甲斐市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は、厚生常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第10号 平成17年度甲斐市老人保健特別会計補正予算(第2号)につきまして、討論を行います。

 討論ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 討論なしと認めます。

 これより議案第10号 平成17年度甲斐市老人保健特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する厚生常任委員長の報告は可決であります。本案は厚生常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第10号 平成17年度甲斐市老人保健特別会計補正予算(第2号)は、厚生常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第11号 平成17年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第4号)につきまして、討論を行います。

 討論ございませんか。

 まず、反対討論の発言を許します。樋泉議員。



◆41番(樋泉明広君) 41番、樋泉明広です。

 平成17年度甲斐市介護保険特別会計補正予算の反対討論を行います。さきの国会で成立した改定介護保険法により昨年10月より特別養護老人ホーム等の食費と居住費が保険から外され、全額自己負担になりました。現在甲斐市の入所者の246人のうち100人近い方たちが新たな利用者負担増の対象になっております。また、デイサービスやショートステイの食費と居住費も全額自己負担になり、甲斐市の社協のデイサービスの食費も200円から590円の負担増になっております。また、ショートステイの食費、居住費も施設によって違いますが、1日1,700円から2,500円くらいの負担増になっていると聞きます。低所得者の深刻な実態を緩和するために低所得者対策として、特定入所者介護サービス費を導入していますが、極めて不十分な措置であります。東京都荒川区は通所介護と通所リハビリの食費に区独自に自己負担額の25%の助成、長野県松本市も第2段階の人に軽減措置を導入、長野県豊丘村でも通所介護、通所リハの食費に300円を助成しております。政府の不十分な対策をそのまま甲斐市の補正予算に組むのではなく、デイサービスやショートステイの利用者が急増している実態からこれらの自治体と同様、市独自の減免、軽減措置を補正予算に導入すべきであります。合併の理念に基づき施設、通所等の利用者負担の軽減のために努力されるよう強く要望いたしまして反対討論といたします。



○議長(小林佳一君) 次に、本案に対する賛成討論ございますか。

 家光由里さん。



◆16番(家光由里君) 16番、家光です。

 議案第11号 平成17年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第4号)について、賛成の立場で討論いたします。

 急速な高齢化により深刻となった介護問題を社会全体で支えるため平成12年度に創設された介護保険制度は高齢化社会を支える重要な制度として着実に定着しつつあります。本市の介護保険の現状を見ますと、サービス利用者は合併後も増加しており、特に在宅医要介護認定者の保険給付費が著しく増加している状況であります。それらを踏まえた今回の補正は総務費関係を減額し事務執行に創意工夫をしているものの、増加している要介護利用者のサービスに対応するため保険給付費を増額するなど、介護保険事業の運営上必要不可欠な予算編成であると認めます。よって、今後も本市の介護保険によって高齢者の方々が安心と活力をもって暮らせるよう介護サービスの向上に一層の努力を要望し賛成討論といたします。

 以上です。



○議長(小林佳一君) ほかに討論ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 討論を終了いたします。

 本案は、起立により採決をいたします。

 お諮りいたします。議案第11号 平成17年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第4号)に対する厚生常任委員長の報告は可決であります。

 本案は厚生常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔賛成者起立〕



○議長(小林佳一君) 起立多数であります。

 よって、議案第11号 平成17年度甲斐市介護保険特別会計補正予算(第4号)は、厚生常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第12号 平成17年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)について、討論を行います。

 討論ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 討論なしと認めます。

 これより議案第12号 平成17年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する総務教育常任委員長の報告は可決であります。本案は総務教育常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第12号 平成17年度甲斐市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)は総務教育常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第13号 平成17年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)について、討論を行います。

 討論ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 討論なしと認めます。

 これより議案第13号 平成17年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する都市建設常任委員長の報告は可決であります。本案は都市建設常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 異議なしと認めます。

 議案第13号 平成17年度甲斐市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)は、都市建設常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第14号 平成17年度甲斐市地域し尿処理施設特別会計補正予算(第2号)について、討論を行います。

 討論ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 討論なしと認めます。

 これより議案第14号 平成17年度甲斐市地域し尿処理施設特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する環境経済常任委員長の報告は可決であります。本案は環境経済常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 異議なしと認めます。

 議案第14号 平成17年度甲斐市地域し尿処理施設特別会計補正予算(第2号)は、環境経済常任委員長の報告のとおり可決されました。

 続きまして、議案第15号 平成17年度甲斐市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)につきまして、討論を行います。

 討論ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 討論なしと認めます。

 議案第15号 平成17年度甲斐市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する都市建設常任委員長の報告は可決であります。本案は都市建設常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 異議なしと認めます。

 議案第15号 平成17年度甲斐市宅地開発事業特別会計補正予算(第2号)は、都市建設常任委員長の報告のとおり可決されました。

 議案第16号 平成17年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第4号)について、討論を行います。

 討論ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 討論なしと認めます。

 議案第16号 平成17年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第4号)を採決いたします。

 お諮りいたします。本案に対する都市建設常任委員長の報告は可決であります。本案は都市建設常任委員長の報告のとおり決定することにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 異議なしと認めます。

 議案第16号 平成17年度甲斐市下水道事業特別会計補正予算(第4号)は、都市建設常任委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△意第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(小林佳一君) 日程第10、意第1号 甲斐警察署の設置を求める意見書の提出についてを議題といたします。

 お手元に配付したとおり、提出者山田又男君、ほか8名の賛成者をもって本意見書の提出を求める意見書案が、議員提案されております。

 初めに、提出者の説明を求めます。

 提出者、山田又男君。

         〔51番 山田又男君登壇〕



◆51番(山田又男君) それでは、意第1号 甲斐警察署の設置を求める意見書の提出について、上記意見書を別案のとおり地方自治法第99条及び会議規則第14条の規定により提出します。

 平成18年3月1日。

 甲斐市議会議長、小林佳一殿。

 提出者、甲斐市議会議員、山田又男。同、市議会議員、河野勝彦、有泉源、寺田道彦、桜田一夫、金丸毅、齋藤彌、島田利彦、仲田博司。

 提案の理由、市民が安全で安心して暮らせるまちづくりを構築するためには、市内に警察署を新設し、治安の維持・防犯体制の強化を図ることが急務である。そのため、関係機関に甲斐警察署の設置について意見書を提出する必要がある。これが、本意見書の提案理由である。

 次に、意見書の案について朗読をもって提案理由にかえさせていただきます。

 甲斐警察署の設置を求める意見書(案)

 平成16年9月1日、旧竜王町・敷島町・双葉町が合併し、人口7万4千人余の県下で2番目の人口を有する「甲斐市」が誕生したところである。

 昨今、治安の悪化や凶悪事件・事故が増加傾向にある中、現在、本市は甲府・南甲府・韮崎の各警察署が旧町の範囲を管轄しており、治安・防犯体制上において、市民は大変不安を感じているのが現状である。

 市民が安全で安心して暮らせるまちづくりを構築するためには、市内に警察署を新設し、治安の維持、防犯体制の強化を図ることが大切であると考える。

 こうした状況の中、昨年3月「甲斐警察署の早期設置」について、4万人を超える市民の署名を添え、山梨県知事、山梨県警本部長に対し「甲斐警察署設置要望書」を提出したところである。

 ところが、過日公表された「警察署の再編整備基本計画(素案)」によると、本市には、許認可窓口機能を持つ韮崎警察署の分庁舎を設置するという具体的方策が示された。これは、県警本部長の諮問機関である「警察署等のあり方を考える懇話会」が答申した内容、「警察署の管轄区域は、自治体の行政区域を原則として整合させることが望ましい。」「体制については、負担人口は約8万人、警察官は100人規模を原則とし、再編していくべき。」とそぐわない計画であり、甲斐市民はこの素案に到底納得できないものである。

 よって、懇話会の答申に沿った内容に計画案を見直すとともに、甲斐市内に警察署を新設されるよう強く要望する。

 平成18年3月2日。

 山梨県甲斐市議会。

 提出先、山梨県知事、山梨県警察本部長。

 以上で、本意見書の提案理由の説明を終わらせていただきます。趣旨をご理解の上、ご賛同いただきますようお願いします。よろしくお願いします。

 以上。



○議長(小林佳一君) 説明が終わりました。

 説明に対する、ご質疑を許します。

 質疑ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 質疑を終わります。

 ご苦労さまでした。

 ここで、お諮り申し上げます。ただいま議題となっております、意第1号は会議規則第37条第2項の規定によりまして、委員会への付託は省略したいと思います。

 ご異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 異議なしと認めます。

 意第1号は委員会への付託を省略することに決定をいたしました。

 続きまして、討論を行います。

 討論ございませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 討論なしと認めます。

 これより意第1号を採決いたします。

 お諮りいたします。本案は原案のとおり提出することにご異議ございませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小林佳一君) 異議なしと認めます。

 意第1号 甲斐警察署の設置を求める意見書の提出については、原案のとおり提出することに決定をいたしました。

 なお、意見書の提出につきましては、議長において各関係機関へ提出しておきますのでご了承をお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(小林佳一君) 以上をもちまして、本日の日程はすべて終了いたしました。

 明日3月3日から6日までは休会となります。休会明けの3月7日は市政に対する一般質問を行います。よろしくお願いを申し上げまして、本日はこれで散会といたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午後2時35分