議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 韮崎市

平成21年 11月 臨時会(第2回) 11月20日−02号




平成21年 11月 臨時会(第2回) − 11月20日−02号







平成21年 11月 臨時会(第2回)



          平成21年第2回韮崎市議会臨時会

議事日程(第2号)

             平成21年11月20日(金曜日)午前10時開議

日程第1 常任委員会委員並びに議会運営委員会委員の選任について

日程第2 選挙第5号 峡北広域行政事務組合議員の補欠選挙について

日程第3 選挙第6号 峡北地域広域水道企業団議員の補欠選挙について

日程第4 選挙第7号 山梨県後期高齢者医療広域連合議員の補欠選挙について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20名)

    1番 西野賢一君     2番 小林伸吉君

    3番 山本雄次君     4番 輿石賢一君

    5番 秋山 泉君     6番 岩下良一君

    7番 森本由美子君    8番 横森宏尹君

    9番 野口紘明君    10番 藤嶋英毅君

   11番 嶋津鈴子君    12番 一木長博君

   13番 望月正澄君    14番 石井錦一君

   15番 清水正雄君    16番 小林恵理子君

   17番 矢崎六彦君    18番 清水 一君

   19番 神田明弘君    20番 土屋泰一君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名

   市長       横内公明君   副市長      福田敏明君

   会計管理者兼会計課長       政策秘書課長   日向 亘君

            水川 勉君

   総務課長     宮川文憲君   企画財政課長   水川秋人君

   市民課長     横森武千代君  税務課長     守屋重敏君

   収納課長     中島保比古君  福祉課長     長坂一能君

   保健課長     中嶋尚夫君   静心寮長     小林 豊君

   農林課長     平賀富士夫君  企業立地課長   横森 亨君

   商工観光課長   横森淳彦君   上下水道課長   猪股洋仁君

   市立病院事務局長 中村 徹君   教育委員長    枡形昭平君

   教育課長     雨宮勝己君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長   高添秀明君   書記       筒井清重君

   書記       仲田真子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(望月正澄君) ただいまの出席議員は20名であります。

 定足数に達しておりますので、休会前に引き続き議会を再開いたします。

 輿水教育長と深澤建設課長は、ともに公務のため欠席する旨の届出がありました。

 これより本日の会議を開きます。

                         (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(望月正澄君) 報告事項を申し上げます。

 議長のもとに、新たに選挙3件が提出されました。お手元に配付の議案目録「その2」のとおりでありますので、ご了承願います。

 暫時休憩いたします。再開は午前10時10分といたします。

                         (午前10時01分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○副議長(野口紘明君) ただいまの出席議員は20名であります。

 定足数に達しておりますので、休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                         (午前10時08分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(野口紘明君) 休憩中に議長、望月正澄君から議長辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、議長辞職の件を本日の日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(野口紘明君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長辞職の件を本日の日程に追加し、日程第1として議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の辞職許可について



○副議長(野口紘明君) 日程第1、議長の辞職許可についてを議題といたします。

 この際、13番、望月正澄君の退席を求めます。

     (13番 望月正澄君 退席)



○副議長(野口紘明君) 辞職願を局長に朗読させます。

 高添事務局長。



◎議会事務局長(高添秀明君) 辞職願。私儀、今般一身上の都合により、韮崎市議会議長の職を辞したいので、地方自治法第108条の規定により議会の許可が得られますよう、お取り計らいくださるよう願い出ます。

 平成21年11月20日、韮崎市議会議長、望月正澄。

 韮崎市議会副議長、野口紘明殿。



○副議長(野口紘明君) 朗読は終わりました。

 お諮りいたします。

 望月正澄君の議長辞職を許可することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(野口紘明君) ご異議なしと認めます。

 よって、望月正澄君の議長辞職を許可することに決定いたしました。

 13番、望月正澄君の入場を許します。

     (13番 望月正澄君 入場)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○副議長(野口紘明君) ただいま議長が欠員となりましたので、議長選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(野口紘明君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長の選挙を日程第2に追加し、選挙を行うことに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の選挙



○副議長(野口紘明君) 日程第2、議長の選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法は投票、指名推選のいずれの方法といたしましょうか。

     (「投票」と呼ぶ者あり)



○副議長(野口紘明君) 選挙の方法について、投票によられたいとの発言がありました。

 お諮りいたします。

 選挙の方法は投票によることといたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(野口紘明君) ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。

 直ちに議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○副議長(野口紘明君) ただいま出席している議員は20名であります。

 投票用紙を配付させます。

     (投票用紙配付)



○副議長(野口紘明君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (「ありません」と呼ぶ者あり)



○副議長(野口紘明君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     (投票箱点検)



○副議長(野口紘明君) 異状なしと認めます。

 念のために申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 事務局長に点呼させます。

     (投票)



○副議長(野口紘明君) 投票漏れはありませんか。

     (発言する者なし)



○副議長(野口紘明君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 投票箱を閉鎖いたします。

     (投票箱閉鎖)



○副議長(野口紘明君) 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○副議長(野口紘明君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に神田明弘君、清水一君を指名いたします。

 よって、両君の立ち会いをお願いします。

     (開票)



○副議長(野口紘明君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数20票、これは先ほどの出席議員数に符合しています。

 そのうち有効投票  19票

     無効投票   1票であります。

 有効投票中

     一木長博君 17票

     神田明弘君  2票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。したがって、一木長博君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました一木長博君が議場におられますので、この席から、会議規則第32条第2項の規定に基づき告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△新旧議長のあいさつ



○副議長(野口紘明君) ここで新旧議長のあいさつをお願いいたします。

 まず、前議長、望月正澄君にお願いします。

     (13番 望月正澄君 登壇)



◆13番(望月正澄君) 議長を辞任するに当たりまして、一言お礼のごあいさつを申し上げます。

 昨年10月の臨時会におきまして、議員各位のご推挙をいただき、はえある第58代韮崎市議会議長の要職につかせていただき、また本年4月からは、山梨県市議会議長会会長の重職も務めさせていただきました。

 本日まで、短い期間ではありましたが、顧みますと一般質問での対面方式の導入、議長交際費の公開など、議会の活性化と開かれた議会の推進が図られたと考えているところでございます。

 一方、何分にも力及ばず、議員各位のご期待に沿い得なかった点があったことも認識しております。

 幸いにいたしまして、野口副議長を初めとする議員各位並びに横内市長を初め、執行部各位、さらに報道関係者の皆様から、手厚いご支援、ご協力を賜り、大過なくその職責を果たし得ましたことは、この上ない喜びであり、衷心から厚くお礼を申し上げる次第であります。

 今後は、一議員として議会活動の充実と市政発展のために、意を傾注してまいる所存でありますので、変わらぬご支援、ご協力のほどをお願い申し上げまして、辞任のあいさつといたします。

 誠にありがとうございました。



○副議長(野口紘明君) 次に、新議長、一木長博君にお願いします。

     (議長 一木長博君 登壇)



○議長(一木長博君) 議長就任に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 このたび、不肖私が議員各位のご推挙を賜り、はえある第59代韮崎市議会議長の要職に就任させていただくこととなりました。

 私自身にとりまして、この上もない光栄であるとともに、この職責の重大さをひしひしと感じているところでございます。

 政権交代により、地方分権がこれまで以上に進むことが予測され、地方議会の果たす役割と責任は重要性を増すばかりであります。

 この役割と責任を果たすべく議員各位のお力添えをいただきながら、全力を傾注してまいる所存であります。

 また、議会運営につきましては、不偏不党、公正無私を貫き議会が円満に運営されるよう努めるとともに、これまで進められてこられた議会改革を推進し、さらなる議会の活性化と開かれた議会を目指し取り組んでまいります。

 市民の皆様方、議員各位、横内市長を初め、執行部各位並びに報道関係各位のご支援、ご鞭撻を心からお願い申し上げますとともに、議会運営につきまして、格段のご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げ、議長就任のあいさつといたします。

 ありがとうございました。



○副議長(野口紘明君) 以上で新旧議長のあいさつは終わりました。

 議員各位のご協力により、議長選挙の職務を無事果たすことができました。厚く御礼申し上げます。

 ここで、新議長と交代いたします。新議長、一木長博君、議長席にお着きください。

     (議長 一木長博君 議長席に)



○議長(一木長博君) 議長を交代いたしました。

 暫時休憩をいたします。再開は午前10時45分といたします。

                         (午前10時35分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(一木長博君) ただいまの出席議員は20名であります。

 定足数に達しておりますので、休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                         (午前10時45分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(一木長博君) 休憩中に副議長、野口紘明君から副議長辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長辞職願の件を本日の日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、副議長辞職の件を本日の日程に追加し、日程第3として議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の辞職許可について



○議長(一木長博君) 日程第3、副議長の辞職許可についてを議題といたします。

 この際、9番、野口紘明君の退席を求めます。

     (9番 野口紘明君 退席)



○議長(一木長博君) 辞職願を局長に朗読させます。

 高添議会事務局長。



◎議会事務局長(高添秀明君) 辞職願。私儀、今般一身上の都合により、韮崎市議会副議長の職を辞したいので、地方自治法第108条の規定により議会の許可が得られますよう、お取り計らいくださるよう願い出ます。

 平成21年11月20日、韮崎市議会副議長、野口紘明。

 韮崎市議会議長、一木長博殿。



○議長(一木長博君) 朗読は終わりました。

 お諮りいたします。

 野口紘明君の副議長辞職を許可することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、野口紘明君の副議長辞職を許可することに決定いたしました。

 9番、野口紘明君の入場を許します。

     (9番 野口紘明君 入場)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(一木長博君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、副議長の選挙を日程第4に追加し、選挙を行うことに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△副議長の選挙



○議長(一木長博君) 日程第4、副議長選挙を行います。

 お諮りいたします。

 選挙の方法は投票、指名推選のいずれの方法といたしましょうか。

     (「投票」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) 選挙の方法について、投票によられたいとの発言がありました。

 お諮りいたします。

 選挙の方法は投票によることといたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。

 直ちに副議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

     (議場閉鎖)



○議長(一木長博君) ただいま出席している議員は20名であります。

 投票用紙を配付させます。

     (投票用紙配付)



○議長(一木長博君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     (発言する者なし)



○議長(一木長博君) 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を改めさせます。

     (投票箱点検)



○議長(一木長博君) 異状なしと認めます。

 念のために申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 事務局長に点呼させます。

     (投票)



○議長(一木長博君) 投票漏れはありませんか。

     (発言する者なし)



○議長(一木長博君) 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 投票箱を閉鎖いたします。

     (投票箱閉鎖)



○議長(一木長博君) 議場の閉鎖を解きます。

     (議場開鎖)



○議長(一木長博君) 開票を行います。

 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に神田明弘君、清水 一君を指名します。

 よって、両君の立ち会いを願います。

     (開票)



○議長(一木長博君) 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数20票、これは先ほどの出席議員数に符合しています。

 そのうち有効投票  18票

     無効投票   2票であります。

 有効投票中

     藤嶋英毅君  16票

     小林恵理子さん 2票

 以上のとおりであります。

 この選挙の法定得票数は5票であります。したがって、藤嶋英毅君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました藤嶋英毅君が議場におられますので、この席から、会議規則第32条第2項の規定に基づき告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△新旧副議長のあいさつ



○議長(一木長博君) ここで、新旧副議長のあいさつをお願いいたします。

 まず、前副議長、野口紘明君にお願いします。

     (9番 野口紘明君 登壇)



◆9番(野口紘明君) 副議長を辞任するに当たり、一言お礼のごあいさつを申し上げます。

 昨年10月の臨時会におきまして、議員各位のご推挙を賜り、第57代副議長として就任させていただきました。

 何分不慣れで、不行き届きな点があったことと思いますが、望月議長を初め、先輩・同僚議員や執行部並びに報道関係各位のご支援、ご協力によりまして、きょうまで無事に務めることができました。ここに厚く御礼を申し上げます。

 今後も議員の一員として、市政発展のため努力をいたす所存であります。これまで以上のご支援、ご協力のほどをお願い申し上げまして、辞任のあいさつといたします。

 ありがとうございました。



○議長(一木長博君) 次に、新副議長、藤嶋英毅君にお願いします。

     (副議長 藤嶋英毅君 登壇)



◆副議長(藤嶋英毅君) 副議長就任に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 このほど、議員各位のご推挙を賜り、第58代副議長の職につかせていただくこととなりました。身に余る光栄と思うとともに、その責任の重大さを痛感いたしているところでございます。議長のご指導とご助言をいただきながら、この職責が全うできますよう、最大限の努力をいたしたいと考えておりますので、今後とも、皆様方の変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、就任のあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(一木長博君) 以上で新旧副議長のあいさつが終わりました。

 暫時休憩いたします。

 再開は午前11時40分といたします。

                         (午前11時08分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(一木長博君) ただいまの出席議員は20名であります。

 定足数に達しておりますので、休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                         (午前11時38分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(一木長博君) 報告事項を申し上げます。

 議長のもとに、新たに議案1件が提出されました。お手元に配付の議案目録「その3」のとおりでありますので、ご了承願います。

 お諮りいたします。

 本1案件を日程に追加し、審議することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、本1案件を日程に追加し審議することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第76号の上程、説明、同意



○議長(一木長博君) 日程第5、議案第76号 韮崎市監査委員の選任についての案件を議題といたします。

 ここで、地方自治法第117条の規定により、望月正澄君の退席を求めます。

     (13番 望月正澄君 退席)



○議長(一木長博君) 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第76号 韮崎市監査委員の選任についてであります。

 韮崎市監査委員に次の者を選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 住所、韮崎市穂坂町三之蔵5247番地内1、氏名、望月正澄、生年月日、昭和22年9月16日。

 韮崎市市議会議員選出の監査委員石井錦一氏の辞任に伴い、その後任の選任について議会の同意を求める必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 以上でございます。



○議長(一木長博君) 市長の説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第76号については、原案のとおりこれに同意することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第76号 韮崎市監査委員の選任については、原案のとおりこれに同意することに決しました。

 望月正澄君の入場を許可します。

     (13番 望月正澄君 入場)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の変更



○議長(一木長博君) 先ほどまでの日程の追加に伴い、当初の日程第1を日程第6とし、以下順次繰り下げになりますので、ご承知の上、ご訂正願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員会委員並びに議会運営委員会委員の選任



○議長(一木長博君) 日程第6、常任委員会委員並びに議会運営委員会委員の選任を行います。

 常任委員会委員並びに議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名いたします。

 事務局長をして朗読いたさせます。

 高添事務局長。



◎議会事務局長(高添秀明君) 朗読いたします。

 最初に各常任委員会委員を申し上げます。

 総務教育常任委員会

 山本雄次議員、輿石賢一議員、森本由美子議員、藤嶋英毅議員、一木長博議員、矢崎六彦議員、神田明弘議員。

 市民生活常任委員会

 秋山 泉議員、岩下良一議員、野口紘明議員、嶋津鈴子議員、望月正澄議員、清水正雄議員、土屋泰一議員。

 産業建設常任委員会

 西野賢一議員、小林伸吉議員、横森宏尹議員、石井錦一議員、小林恵理子議員、清水一議員。

 財務常任委員会

 西野賢一議員、小林伸吉議員、山本雄次議員、輿石賢一議員、秋山泉議員、岩下良一議員、森本由美子議員、横森宏尹議員、野口紘明議員、嶋津鈴子議員、石井錦一議員、清水正雄議員、小林恵理子議員、矢崎六彦議員、清水一議員、神田明弘議員、土屋泰一議員。

 次に、議会運営委員会委員を申し上げます。

 輿石賢一議員、野口紘明議員、望月正澄議員、清水正雄議員、矢崎六彦議員、神田明弘議員、土屋泰一議員。

 以上のとおりでございます。



○議長(一木長博君) ただいま事務局長朗読のとおり、常任委員会委員並びに議会運営委員会委員を選任することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、常任委員会委員並びに議会運営委員会委員は、指名のとおり選任することに決定いたしました。

 各委員は、休憩中に委員会を開き、正副委員長互選の上、議長のもとに報告されますよう、本席より各委員会を招集しておきます。

 暫時休憩いたします。再開は午後1時30分といたします。

                         (午前11時46分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(一木長博君) ただいまの出席議員は19名であります。

 定足数に達しておりますので、休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 森本由美子さんは、所用のため欠席する旨の届け出がありました。

                         (午後 1時30分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△正副委員長互選結果報告



○議長(一木長博君) 議長のもとに、各常任委員会において正副委員長の互選の結果が報告されておりますので、事務局長に朗読させます。

 高添事務局長。



◎議会事務局長(高添秀明君) 各常任委員会並びに議会運営委員会の正副委員長を朗読いたします。

 総務教育常任委員会委員長、森本由美子議員。副委員長、山本雄次議員。

 市民生活常任委員会委員長、清水正雄議員。副委員長、岩下良一議員。

 産業建設常任委員会委員長、横森宏尹議員、副委員長、小林伸吉議員。

 財務常任委員会委員長、石井錦一議員。副委員長、森本由美子議員。

 次に、議会運営委員会委員長、野口紘明議員。副委員長、輿石賢一議員。

 以上のとおりでございます。



○議長(一木長博君) ただいま事務局長が朗読しましたとおり、各常任委員会並びに議会運営委員会の正副委員長が決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選挙第5号の上程、採決



○議長(一木長博君) 日程第7、選挙第5号 峡北広域行政事務組合議員の補欠選挙についてを議題といたします。

 この件については、本市議会選出議員のうち、森本由美子さん、野口紘明君、嶋津鈴子さん、清水正雄君、小林恵理子さんの5名が辞職しましたので、その後任者を選出するものであります。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) 異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 重ねてお諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 峡北広域行政事務組合議員に、小林伸吉君、輿石賢一君、岩下良一君、横森宏尹君、矢崎六彦君の5名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました5名を峡北広域行政事務組合議員の当選人に定めることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君が、峡北広域行政事務組合議員に当選いたしました。

 ただいま当選されました諸君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定に基づき告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選挙第6号の上程、採決



○議長(一木長博君) 日程第8、選挙第6号 峡北地域広域水道企業団議員の補欠選挙についてを議題といたします。

 この件については、本市議会選出議員のうち、山本雄次君、岩下良一君、横森宏尹君、藤嶋英毅君の4名が辞職しましたので、その後任者を選出するものであります。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 重ねてお諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することといたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 峡北地域広域水道企業団議員に、嶋津鈴子さん、望月正澄君、石井錦一君、神田明弘君の4名を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました4名を峡北地域広域水道企業団議員の当選人に定めることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました諸君が、峡北地域広域水道企業団議員に当選いたしました。

 ただいま当選されました諸君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定に基づき告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選挙第7号の上程、採決



○議長(一木長博君) 日程第9、選挙第7号 山梨県後期高齢者医療広域連合議員の補欠選挙についてを議題といたします。

 この件については、本市議会選出議員である森本由美子さんが辞職しましたので、その後任者を選出するものであります。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 重ねてお諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、議長において指名することに決しました。

 山梨県後期高齢者医療広域連合議員に、清水正雄君を指名いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議長において指名いたしました清水正雄君を山梨県後期高齢者医療広域連合議員の当選人に定めることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました清水正雄君が、山梨県後期高齢者医療広域連合議員に当選いたしました。

 ただいま当選されました清水正雄君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定に基づき告知いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(一木長博君) 以上で本臨時会に付議されました案件はすべて議了いたしました。

 よって、平成21年第2回臨時会を閉会いたします。

                          (午後1時40分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長あいさつ



◎議会事務局長(高添秀明君) 平成21年第2回韮崎市議会臨時会の閉会に当たり、一木議長からごあいさつを申し上げます。



○議長(一木長博君) 平成21年第2回臨時会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 本臨時会は、議員各位のご協力により、市長から提出されました議案の審議並びに議会の新しい委員会構成等を無事終了し、閉会の運びとなりましたことに対しまして、心から御礼申し上げます。

 議員各位におかれましては、任期半ばを過ぎ新たな委員会等に所属されましたが、なお一層の研さんを積まれ、市民福祉の向上と、市政発展のために努めていただくことを、お願い申し上げる次第であります。

 執行部においては、来年度の当初予算編成が進められておりますが、国においてさまざまな制度や事業の改廃、見直し、事業仕分けが行われておりますので、的確かつスピーディーな対応をされますよう、お願い申し上げます。

 結びに当たり、会期中に賜りました議員、執行部並びに報道関係各位のご協力に対しまして、心よりお礼を申し上げますとともに、寒さ厳しい時期を迎えますので体調管理には十分注意されますようお願いいたしまして、閉会のあいさつといたします。

 ご苦労さまでした。

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

 平成21年  月  日

          前議長

          議長

          前副議長

          署名議員

          署名議員