議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 韮崎市

平成21年 12月 定例会(第4回) 12月03日−01号




平成21年 12月 定例会(第4回) − 12月03日−01号







平成21年 12月 定例会(第4回)



          平成21年第4回韮崎市議会定例会

議事日程(第1号)

                 平成21年12月3日(木曜日)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 諸報告

日程第3 会期の決定

日程第4 市長所信表明

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20名)

    1番 西野賢一君     2番 小林伸吉君

    3番 山本雄次君     4番 輿石賢一君

    5番 秋山 泉君     6番 岩下良一君

    7番 森本由美子君    8番 横森宏尹君

    9番 野口紘明君    10番 藤嶋英毅君

   11番 嶋津鈴子君    12番 一木長博君

   13番 望月正澄君    14番 石井錦一君

   15番 清水正雄君    16番 小林恵理子君

   17番 矢崎六彦君    18番 清水 一君

   19番 神田明弘君    20番 土屋泰一君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名

   市長       横内公明君   副市長      福田敏明君

   会計管理者兼

            水川 勉君   政策秘書課長   日向 亘君

   会計課長

   総務課長     宮川文憲君   企画財政課長   水川秋人君

   市民課長     横森武千代君  税務課長     守屋重敏君

   収納課長     中島保比古君  福祉課長     長坂一能君

   保健課長     中嶋尚夫君   静心寮長     小林 豊君

   農林課長     平賀富士夫君  企業立地課長   横森 亨君

   商工観光課長   横森淳彦君   建設課長     深澤賢治君

                    市立病院

   上下水道課長   猪股洋仁君            中村 徹君

                    事務局長

   教育委員長    枡形昭平君   教育長      輿水 豊君

   教育課長     雨宮勝己君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長   高添秀明君   書記       筒井清重君

   書記       仲田真子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長あいさつ



◎議会事務局長(高添秀明君) 平成21年第4回韮崎市議会定例会の開会に当たりまして、一木議長よりごあいさつを申し上げます。

          (議長 一木長博君 登壇)



○議長(一木長博君) 平成21年第4回定例会の開会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員並びに執行部におかれましては、年末を控え、公私とも大変お忙しい中をご健勝にて本定例会にご参集をいただき、お礼申し上げる次第であります。

 ことしも残すところわずかとなりましたが、振り返りますと、歴史的な政権交代や新型インフルエンザの発生・感染拡大など、激動の1年であったと感じているところでございます。

 このような中、本年最後の定例会を迎えたところですが、議員各位におかれましては、本定例会に提出されます案件につきまして、十分な審議を尽くされ、公正かつ適切なご審議を賜りますようお願い申し上げます。

 結びに当たり、私ごとではありますが、議長として迎える初めての定例会であります。議会運営につきまして、格段のご協力を賜りますよう重ねてお願いを申し上げ、開会のあいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会及び開議の宣告



○議長(一木長博君) ただいま出席している議員は20名であります。

 定足数に達しておりますので、平成21年第4回韮崎市議会定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。

                             (午前10時03分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(一木長博君) これより日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に5番、秋山 泉議員、17番、矢崎六彦議員の両名を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○議長(一木長博君) 日程第2、諸報告を行います。

 まず、議会の会務報告でありますが、9月定例会以降の会議の概要につきましては、お手元に配付した報告書のとおりでありますので、ご了承願います。

 次に、監査委員から地方自治法第235条の2第3項及び第199条第9項の規定に基づく例月現金出納検査並びに行政監査、定期監査の報告は、お手元に配付のとおりであります。

 次に、市長から本定例会に提出する案件が送付されております。お手元に配付の議案目録(その1)のとおりでありますので、ご了承願います。

 以上で諸報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(一木長博君) 日程第3、会期の決定を議題といたします。

 本件につきましては、議会運営委員会が開かれておりますので、議会運営委員長の報告を求めます。

 野口紘明議会運営委員長。

          (議会運営委員長 野口紘明君 登壇)



◆議会運営委員長(野口紘明君) 議会運営委員会の報告を行います。

 平成21年第4回定例会の開会に当たり、去る11月26日午前9時より、委員の出席と執行部から横内市長、福田副市長、宮川総務課長、水川企画財政課長、議会事務局から高添局長、筒井副主幹の出席を得て、議会運営委員会を開催いたしました。

 お手元に配付されております平成21年第4回韮崎市議会定例会議案目録(その1)のとおり提出議案の説明があり、本定例会に付議することに決定いたしました。

 次に、本定例会の会期日程について慎重に審議した結果、お手元に配付の会期日程表のとおり、本日12月3日から12月21日までの19日間とすることに決しました。

 以上で議会運営委員会の報告を終わります。

 議長をしてよろしくお取り計らいのほどをお願いいたします。



○議長(一木長博君) 議会運営委員長の報告は終わりました。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、委員長の報告のとおり、本日から12月21日までの19日間とすることにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(一木長博君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は19日間と決定いたしました。

 なお、会期中の会議予定につきましては、委員長の報告のとおり、お手元に配付の第4回定例会会期日程表によりたいと思いますので、ご了承願います。

 また、一般質問の要領など申し合わせ事項につきましても了承され、議会運営に協力されんことを望みます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長所信表明



○議長(一木長博君) 日程第4、市長所信表明を行います。

 横内市長。

          (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 本日ここに、平成21年第4回市議会定例会の開会に当たり、提出いたしました案件のうち、主なるものにつきましてその概要を申し上げ、あわせて私の所信の一端を申し述べ、議員各位並びに市民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げる次第であります。

 過日、政府が発表しました11月の月例経済報告では、設備投資は下げ止まりつつあると上方修正したものの、景気全体は持ち直してきているとの判断を4カ月連続で据え置いた上で、日本経済は緩やかなデフレ状況にあると、3年5カ月ぶりとなるデフレ宣言を行ったところであります。日銀の金融政策決定会合では、景気の現状判断を持ち直しているとしておりますが、依然として雇用や所得環境を中心に厳しい経済状況にある中、今後、企業収益が悪化し、賃金や雇用に悪影響を及ぼす懸念が強まっており、政府におかれましては、第2次補正予算等において有効な追加経済対策を講じ、市民生活の安寧に積極的に取り組んでいただくことを強く望むところであります。

 一方、国においては、来年度予算要求の無駄を洗い出す行政刷新会議の事業仕分けが行われ、国民の大きな関心が寄せられておりますが、対象事業の中には地方交付税を初め、まちづくり交付金や道路、下水道整備など、本市のみならず地方自治体に大きく関与する事業を削減、または見直し、地方移管と判断しております。この結果が来年度予算にどのような形で反映されるか、また、どのような形で地方へ移管されるかなど、不透明な点が多々あり、今後の動向を注視しながら、全国市長会を中心に適宜、適切に対応してまいる考えであります。

 次に、新型インフルエンザ問題についてでありますが、14歳以下の子供を中心に流行が本格化し、小・中学校では既に複数回にわたり学級閉鎖を余儀なくされ、また、保育園においても多くの園児が感染するなど、大変憂慮する事態になっております。保護者の皆様には罹患した子供を自宅で休ませるなど、感染拡大の防止に最大限のご努力とご協力をいただいておりますが、今後さらなる感染拡大も懸念されているところであります。

 そのため本市では、いち早く満1歳から小学校6年生までの子供に対し、1回目のワクチン接種費用を全額助成するとともに、満1歳から小学3年生までの子供にはワクチンの集団接種を行うことといたしました。保護者の経済的負担の軽減、ワクチンの有効活用による予防接種を促進し、感染拡大防止に全力で取り組んでまいる所存であります。保護者の皆様を初め市民の皆様には引き続きご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 次に、本年度の主要事業への取り組み状況についてであります。

 まず、韮崎駅前施設、旧ルネスの利活用についてであります。

 10月に(仮称)韮崎市民交流センター整備事業マスタープランを公表し、先月20日までパブリックコメントにより市民の皆様のご意見を伺ってまいりました。また、複合型施設の中で相互に機能が発揮できるよう、市立図書館設置構想委員会を設置し、新図書館が目指す特徴やコンセプト、利用者の利便性を図るための調査・検討を行い、先般、要望書を提出いただいたところであります。

 今後は、既存施設を有効かつ効率的に活用したゾーニング計画、改修コストの低減などなどの検討を推し進め、図書館を初めとする多様な機能を取り入れた新たな市民文化を創造することのできる拠点施設として整備を進めてまいります。また、今議会には財産取得予算の案件を提出しておりますが、市民交流センターの整備により、にぎわいのある新たなまちづくりの実現のため、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

 次に、上ノ山・穂坂地区農工団地造成事業の進捗状況についてであります。

 これまでにすべての地権者の方々から事業への理解を得た中で、全体の約8割を超える方々と土地売買契約を締結したところであります。今後は事業計画に沿って、地域地権者の方々のご協力をいただく中で、開発用地区域外の環境インフラ整備に着手し、平成22年度末の造成工事の完成を目指してまいる考えであります。また、農工団地への進入路を兼ねた市道穂坂97号線の新設道路につきましては、税務署との事前協議が終了しましたので、地権者の方々のご協力をいただき、年内に土地売買契約を締結できるよう事業を進めてまいります。

 次に、道路整備についてであります。

 まず、主要地方道、韮崎昇仙峡線の穂坂橋橋梁整備事業につきましては、今月16日に、また県道北原下條南割線の国道52号線交差点改良工事につきましても、明年3月に供用開始の予定となっております。また、国道141号線の駒井交差点改良工事につきましては、明年8月供用開始を目指し、事業を推進しております。今後も県並びに地権者はもとより地元の皆様の連携、ご協力をいただきながら、各種事業の推進に努めてまいります。

 次に、穂坂自然公園についてであります。

 昨年度より間伐作業や作業道の設置などの森林整備事業を進めており、本年度の間伐作業で補助事業の森林整備は完了することとなります。今後は生態系を考慮し、現状の森林資源を生かした自然公園として徐々に整備を進めてまいる考えであります。

 さらに、公園機能の充実並びに利便性の向上を図るため、国の支援事業の採択が見込める本年度において、管理機能を備えた休憩施設の整備を先行的に進めてまいります。また、穂坂町ふるさと協議会につきましては、地域の特産品であるブドウや果実を生かした食品ブランド「穂坂町ぶどうる」を立ち上げ、発泡性赤ワインやジャムづくりを進め、大変好評をいただいております。

 今後は、販路の拡大、生産量の増産などの課題はありますが、自立した活動へと発展することを期待しております。

 次に、武田の里にらさき・ふるさとまつりについてであります。

 平成元年から実施してまいりました武田勝頼公新府入城まつりも20年が経過し、まつりの原点に立ち返った市民協働・総参加型のまつりの理念のもとに、内容を大幅にリニューアルして、新たなまつりをスタートさせたところであります。当日は昨年を上回る約1万7,000余の皆様にお越しいただき、ともに秋の一日をお楽しみいただいたものと思っております。また、地域おこしの実践的取り組みとして発刊いたしました創作絵本に登場する「ニーラ」のマスコットにつきましては、今後、より多くの人々に夢や希望、幸せのメッセージを発信し、皆様に愛されるキャラクターとして、本市のイメージアップにつなげていきたいと考えております。

 次に、甘利山のグリーンロッジの全面リフォームにつきましては、昨今の利用形態に合わせた個室化への対応のほか、室内厨房、山岳資料コーナーの新設など、利用者に使いやすい施設改修を心がけたところであります。明年5月には新たな施設としてオープンする予定であり、これにあわせたソフト事業の充実にも積極的に取り組み、恵まれた自然環境の中で、青少年の健全育成と利用者の満足度の向上に鋭意努めてまいりたいと考えております。

 また、昨年に引き続き実施いたしました甘利山クリーン大作戦は、議員各位を初め各種団体、企業など、多くの皆様のご理解・ご協力をいただき、昨年度にも増して、より大々的にササや下草刈りの作業を実施することができました。この協働精神により、本年はレンゲツツジを初め、ここ数年見ることができなかった貴重な高山植物たちが可憐で美しい花を咲かせてくれるなど、大きな成果を上げることができました。来年度以降も引き続き市民との協働のもと実施してまいりたいと考えております。

 次に、本日提出いたしました審議案件につきましては、さきの9月議会以降、新たに生じました行政需要に対応するため、条例等の改正ほか、予算につきましても補正の必要が生じましたので、対処いたしたところであります。これらを含め、今議会でご審議いただきます案件は、予算案9件、条例案2件、規約案件1件、その他の案件2件であります。

 このうち一般会計補正予算案について、その概要を申し上げます。

 今回の補正につきましては、人事院勧告に基づく人件費を初め、緊急性を生じた諸事業並びに国の補助金活用に伴う投資的経費等を中心に編成いたしました。

 まず、総務費であります。

 韮崎駅前施設、旧ルネスの財産購入費並びに整備改修設計委託費等、韮崎市民交流センター整備事業に5億8,160万7,000円を計上するとともに、庁舎消防設備修繕や配達証明郵送料の増額など、総額5億8,220万6,000円を追加計上いたしました。

 次に、民生費であります。

 生活扶助費、医療扶助費の増加見込みに伴い、生活保護施行事業に1,344万円を追加し、障害者自立支援事業の1,154万2,000円、国民健康保険特別会計繰出金の1,120万2,000円の増額等と合わせ、総額3,847万2,000円を追加計上いたしました。

 次に、衛生費であります。

 生活保護世帯並びに住民税非課税世帯への新型インフルエンザ予防接種費の助成のほか、本市単独で1歳から小学校6年生までの初回接種分を助成するため、予防接種事業に1,737万6,000円を増額するとともに、感染予防対策の消耗品購入費98万2,000円や市立病院事業会計補助金の3,442万9,000円など、総額5,067万1,000円を追加計上いたしました。

 次に、労働費につきましては、本市独自の緊急雇用対策事業の1つでありますホームヘルパー資格取得支援事業に31万円を増額いたしました。

 次に、農林水産業費であります。

 国の補助金を活用した穂坂自然公園の施設整備事業費6,001万円のほか、松くい虫防除事業に200万円、イノシシやシカの捕獲処理数の増加に伴い、特定鳥獣保護管理事業に300万円をそれぞれ増額し、生産調整推進対策補助事業の減額等を合わせ、総額5,320万9,000円を追加計上いたしました。

 次に、商工費であります。

 人件費の減額補正並びに8月に実施されました釜無川アユ釣り大会の補助金を合わせ、総額158万9,000円を減額いたしました。

 次に、土木費であります。

 上ノ山・穂坂地区農工団地アクセス道路の排水路整備費等の変更並びに補償費の確定に伴う減額を合わせ、1,120万3,000円を増額するとともに、国庫補助金の追加内示による橋梁点検業務の前倒し実施や国土調査修正業務委託料の増額など、総額1,668万4,000円を追加計上いたしました。

 次に、消防費であります。

 峡北広域行政事務組合における常備消防特別会計負担金の確定に伴い、1,549万3,000円を追加し、国庫補助金を活用した地震防災マップの作成経費などを合わせ、総額2,101万6,000円を追加計上いたしました。

 次に、教育費であります。

 調理員の雇用賃金等447万8,000円を小学校給食運営事業に追加するとともに、西中学校の施設燃料費の増額など、総額841万5,000円を追加計上いたしました。

 次に、公債費につきましては、補償金免除の繰上償還に伴い、低利率の市債に借りかえたことにより、659万9,000円を減額補正いたしました。

 以上の結果、一般会計補正予算額は7億6,295万2,000円の増額補正となり、現計予算額は136億6,879万3,000円となります。

 次に、特別会計補正予算案につきましては、国民健康保険特別会計において、前期高齢者交付金の増額等に伴い1,274万5,000円を、後期高齢者医療特別会計においては、広域連合納付金の追加等に伴い1,607万2,000円を、介護保険特別会計では、給付費の支払い見込みの増額等に伴い9,163万円をそれぞれ追加計上するほか、老人保健特別会計においては1,467万3,000円を、下水道事業特別会計においては1,884万3,000円を、介護サービス事業特別会計においては274万円をそれぞれ減額補正いたしました。

 また、市立病院事業会計では、入院収益の減少並びに施設修繕の不用額等により、2,351万5,000円を減額補正するとともに、水道事業会計では、人件費56万5,000円を追加計上いたしました。

 その他の案件につきましては、いずれもその末尾に提案理由を付記してありますので、よろしくご審議の上、ご議決あらんことをお願い申し上げる次第であります。

 結びに当たり、議員各におかれましては、寒冷のみぎり、ますますご健勝にてご活躍されますことを衷心よりご祈念申し上げまして、私の所信といたします。

 以上でございます。



○議長(一木長博君) 以上で市長の所信表明は終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(一木長博君) 以上をもちまして、本日の会議は全部終了いたしました。

 明日4日から13日までは、議案調査のため休会であります。

 休み明け本会議は12月14日午前10時、会議を再開し、市政に対する一般質問を行います。

 本日の会議はこれをもって散会といたします。

 ご苦労さまでした。

                             (午前10時29分)