議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 韮崎市

平成22年 12月 定例会(第4回) 12月15日−04号




平成22年 12月 定例会(第4回) − 12月15日−04号







平成22年 12月 定例会(第4回)



          平成22年第4回韮崎市議会定例会

議事日程 (第4号)

                 平成22年12月15日(水曜日)午前10時開議

日程第1 議案第79号 平成22年度韮崎市一般会計補正予算(第3号)

     議案第80号 平成22年度韮崎市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

     議案第81号 平成22年度韮崎市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

     議案第82号 平成22年度韮崎市下水道事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第83号 平成22年度韮崎市介護保険特別会計補正予算(第1号)

     議案第84号 平成22年度韮崎市国民健康保険韮崎市立病院事業会計補正予算(第2号)

日程第2 議案第85号 韮崎市子ども医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例

日程第3 議案第86号 韮崎市民交流センター及び韮崎市民交流センター駐車場の指定管理者の指定について

日程第4 議案第87号 韮崎市子育て支援センターの指定管理者の指定について

日程第5 議案第88号 韮崎市地域情報発信センターの指定管理者の指定について

日程第6 議案第89号 韮崎市立図書館の指定管理者の指定について

日程第7 議案第90号 韮崎市老人福祉センターの指定管理者の指定について

日程第8 議案第91号 韮崎市在宅老人デイサービスセンターの指定管理者の指定について

日程第9 議案第92号 韮崎市文化ホールの指定管理者の指定について

日程第10 請願第22−7号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書

日程第11 請願第22−8号 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加しないことの意見書を求める請願

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(19名)

    1番 田原一孝君     2番 西野賢一君

    3番 小林伸吉君     5番 輿石賢一君

    6番 秋山 泉君     7番 岩下良一君

    8番 森本由美子君    9番 横森宏尹君

   10番 野口紘明君    11番 藤嶋英毅君

   12番 嶋津鈴子君    13番 一木長博君

   14番 望月正澄君    15番 石井錦一君

   16番 清水正雄君    17番 小林恵理子君

   18番 矢崎六彦君    19番 清水 一君

   20番 神田明弘君

欠席議員(1名)

    4番 山本雄次君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名

   市長       横内公明君   副市長      福田敏明君

   会計管理者兼

            宮川文憲君   政策秘書課長   日向 亘君

   会計課長

   総務課長     深澤賢治君   企画財政課長   水川秋人君

   市民課長     神谷壮一君   税務課長     塚田冨士夫君

   収納課長     小澤和義君   福祉課長     駒井宗男君

   保健課長     中嶋尚夫君   静心寮長     笠鳥辰広君

   農林課長     猪股洋仁君   企業立地課長   横森 亨君

   商工観光課長   伊藤一向君   建設課長     横森 貢君

                    市立病院

   上下水道課長   内藤誠二君            中村 徹君

                    事務局長

   教育委員長    馬場賢一君   教育長      輿水 豊君

   教育課長     横森淳彦君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長   平賀富士夫君  書記       土屋政久君

   書記       仲田真子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(嶋津鈴子君) ただいまの出席議員は19名であります。

 定足数に達しておりますので、議会を再開いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 山本雄次君は、所用のため欠席する旨の届け出がありました。

                             (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(嶋津鈴子君) 報告事項を申し上げます。

 議長のもとに新たに請願2件が提出されました。

 お手元に配付の議案目録(その2)のとおりでありますので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第79号〜議案第84号の上程、説明、委員会付託



○議長(嶋津鈴子君) これより日程に入ります。

 日程第1、議案第79号 平成22年度韮崎市一般会計補正予算(第3号)、議案第80号 平成22年度韮崎市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、議案第81号 平成22年度韮崎市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)、議案第82号 平成22年度韮崎市下水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第83号 平成22年度韮崎市介護保険特別会計補正予算(第1号)、議案第84号 平成22年度韮崎市国民健康保険韮崎市立病院事業会計補正予算(第2号)の6案件を一括議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第79号 平成22年度韮崎市一般会計補正予算(第3号)についてであります。補正予算額は1億9,216万4,000円の追加であります。

 次に、議案第80号 平成22年度韮崎市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてであります。補正予算額は43万2,000円の減額であります。

 次に、議案第81号 平成22年度韮崎市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてであります。補正予算額は283万円の減額であります。

 次に、議案第82号 平成22年度韮崎市下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。補正予算額は843万円の減額であります。

 次に、議案第83号 平成22年度韮崎市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてであります。補正予算額は4,115万9,000円の追加であります。

 次に、議案第84号 平成22年度韮崎市国民健康保険韮崎市立病院事業会計補正予算(第2号)についてであります。補正予算額は5,081万4,000円の追加であります。

 以上、6案件でありますが、概要につきましては、既に所信表明の中でご説明申し上げたところであります。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 本6案件については、所管の委員会に付託の上、審査したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第79号から議案第84号までの6案件は財務常任委員会へ付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第85号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第2、議案第85号 韮崎市子ども医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例の案件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第85号 韮崎市子ども医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例についてであります。

 子ども医療費の助成対象年齢を拡大し、さらなる子育て家庭への支援の充実を図るため、この条例案を提出するものであります。

 内容につきましては、市民課長よりご説明申し上げます。



○議長(嶋津鈴子君) 神谷市民課長。



◎市民課長(神谷壮一君) 議案第85号 韮崎市子ども医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。

 改正理由といたしましては、子供にかかる医療費の助成の拡大を図り、子供の保健の向上に寄与するとともに、児童福祉の増進を目的とするものであり、これまでに小学6年生までの対象年齢の拡大及び窓口無料化の実施を行ってきたところでありますが、さらに中学3年生までの対象年齢の拡大を図るため、条例の一部改正が必要となったためであります。

 第2条第1号中の改正でありますが、この条例においての子供の用語の定義を「出生の日から満15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者をいう」とするものであります。

 附則といたしまして、この条例は平成23年4月1日から施行するものであります。

 以上で説明を終わります。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (発言する者なし)



○議長(嶋津鈴子君) 質疑を打ち切ります。

 本件については討論の申し出がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議案第85号を採決いたします。

 本案件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第85号の案件は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第86号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第3、議案第86号 韮崎市民交流センター及び韮崎市民交流センター駐車場の指定管理者の指定についての案件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第86号 韮崎市民交流センター及び韮崎市民交流センター駐車場の指定管理者の指定についてであります。

 韮崎市民交流センター及び韮崎市民交流センター駐車場の指定管理者の指定につきましては、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を経る必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 管理を行わせる施設の名称、韮崎市民交流センター及び韮崎市民交流センター駐車場。指定管理者となる団体、所在地、韮崎市円野町上円井3025番地。名称、内藤・KBSグループ。代表団体、株式会社内藤。代表者、代表取締役、内藤久夫。指定の期間、平成23年9月1日から平成28年3月31日までであります。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (発言する者なし)



○議長(嶋津鈴子君) 質疑を打ち切ります。

 本件については討論の申し出がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議案第86号を採決いたします。

 本案件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第86号の案件は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第87号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第4、議案第87号 韮崎市子育て支援センターの指定管理者の指定についての案件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第87号 韮崎市子育て支援センターの指定管理者の指定についてであります。

 韮崎市子育て支援センターの指定管理者の指定につきましては、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を経る必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 管理を行わせる施設の名称、韮崎市子育て支援センター。指定管理者となる団体、所在地、甲府市上町1246番地。名称、特定非営利活動法人子育て支援センターちびっこはうす。代表者、理事長、宮澤由佳。指定の期間、平成23年9月1日から平成28年3月31日までであります。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (発言する者なし)



○議長(嶋津鈴子君) 質疑を打ち切ります。

 本件については討論の申し出がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議案第87号を採決いたします。

 本案件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) 神田議員。



◆20番(神田明弘君) 異議あります。



○議長(嶋津鈴子君) 本件につきましては、ただいま議案第87号について異議がありますので、これより採決いたします。

 議案第87号は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(嶋津鈴子君) 起立多数。

 よって、議案第87号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第88号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第5、議案第88号 韮崎市地域情報発信センターの指定管理者の指定についての案件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第88号 韮崎市地域情報発信センターの指定管理者の指定についてであります。

 韮崎市地域情報発信センターの指定管理者の指定につきましては、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を経る必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 管理を行わせる施設の名称、韮崎市地域情報発信センター。指定管理者となる団体、所在地、韮崎市中田町小田川154番地。名称、有限会社六曜舎。代表者、代表取締役、小野 曜。指定の期間、平成23年9月1日から平成28年3月31日までであります。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

 石井錦一議員。



◆15番(石井錦一君) それでは、お伺いをしたいんですが、このいただいた資料ですけれども、この団体の概要書でいきますと、金精軒が運営するようになっておるんですけれども、これは金精軒が運営するということで、ただ名前が変わって六曜舎ということのように思うわけですけれども、これで特にこの平成20年度の経常利益がマイナスの16億3,800万という、こういうことになっておるわけですけれども、実際にこの業者に委託をして運営ができるのかどうか。そして、特に観光案内所も委託をしてあるというふうなことのようですけれども、実際にこの人員というものが確保ができるのか、お願いをしたいと思います。



○議長(嶋津鈴子君) 福田副市長。



◎副市長(福田敏明君) ご説明申し上げます。

 この六曜舎は、金精軒ではなくて、コーナーポケットさんでございます、1つは。

 それから、今ご指摘の会社の損益につきましては、一部、コーナーポケットさんの機械類を金精軒さんのほうからいただいたというふうな経過的措置がございまして、一応、損益的にはマイナスになっておりますが、この指定管理者の選定委員会の中に税理士のマルヤマ先生も入っていただきまして、この辺のところは十分一緒に精査をさせていただきましたということで、今の損益的には今回のこの地域情報発信センターにつきましては、大きく3つのコーナーに分かれておりまして、1つはサッカーミュージアムのコーナー、それからもう一つは観光案内のコーナー、そしてもう一つが地域物産の販売のコーナーというふうな形でございますので、ここの運営につきましては、損益的にこの有限会社六曜舎の経営等に影響を受けるというふうなものではないというふうに判断をしております。

 そして、今回の指定管理の受託の金額の中には、従来、駅の構内にございました観光案内の、そういった施設のコーナーも、一緒に経費的にセットをして運営をしてもらうというふうな形になっておりますので、十分この運営に関しましては指定管理、私どもの内容に沿ってやっていただけるものだというふうに思っております。

 それから、唯一利益を生む観光物産のコーナーでございますが、一応この代表者の小野 曜さんは、商工会の商業部長さんも兼ねていらっしゃいますので、そういった地域の物産販売等のそういった商工会、あるいは市内の商工農の業者さんの横道も含めて、十分そういった能力を発揮していただけるものというふうに思い、この指定管理者に指定をさせていただいたという経過でございます。

 以上です。



○議長(嶋津鈴子君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) あと、団体の概要調書の財務状況のところの数値でございますが、状況、括弧で単位千円とございますが、これは単位円の業者から出された資料の間違いがございますので、訂正させていただきます。これにつきましては、円でございます。したがいまして、経常利益はマイナスの163万8,130円ということでご理解をお願いします。

 以上です。



○議長(嶋津鈴子君) 岩下良一君。



◆7番(岩下良一君) 今、団体の概要調書、私もいただきました。私はここの単位は気がつきまして、163万8,130円の経常利益の損失だということをわかりましたが、これだけのすばらしいメンバーが審査員に入っていますので、なぜこのくらいのことを気がつかないのかなと。銀行員もいる、税理士もいる、どうしてこんなものが気がつかないのか。私は気がつきましたよ。だから、これは真剣に今後、審査委員会でこういうもの間違いないようにひとつお願いいたします。

 以上です。



○議長(嶋津鈴子君) 藤嶋英毅君。



◆11番(藤嶋英毅君) 管理業務の中にサッカーミュージアムというのがあるんですが、実際に彼らの、何か読んでみますと、かなりサッカーのことの企画的部分があるんですが、そういった経験があるのかどうか、その六曜舎に。実績があるんですか。



○議長(嶋津鈴子君) 伊藤商工観光課長。



◎商工観光課長(伊藤一向君) サッカー関係の実績があるかということであれば、現在のところ、そういうイベント等の実績は今のところはございません。しかし、市のほうと、またサッカー協会とかいろいろなご意見をいただきながら運営をしてまいりたいということで、その体制は万全に整えてまいりたいというふうに考えておりますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(嶋津鈴子君) 質疑を打ち切ります。

 本件については討論の申し出がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議案第88号を採決いたします。

 本案件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第88号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第89号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第6、議案第89号 韮崎市立図書館の指定管理者の指定についての案件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第89号 韮崎市立図書館の指定管理者の指定についてであります。

 韮崎市立図書館の指定管理者の指定につきましては、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を経る必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 管理を行わせる施設の名称、韮崎市立図書館。指定管理者となる団体、所在地、東京都文京区大塚3丁目4番7号。名称、株式会社図書館流通センター。代表者、代表取締役、谷一文子。指定の期間、平成23年9月1日から平成28年3月31日までであります。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

 藤嶋英毅君。



◆11番(藤嶋英毅君) どこで発言しようかと思っていたんですが、図書館のところで発言をさせていただきますが、実は市長はなかなか指定管理者制度好きでございまして、かなりの部分に、今回の市民交流センターの多くに指定管理者制度を導入したと。

 もともと指定管理者制度というのは、民間にできることは何でも民間にさせろと、民間がもうかるところは民間にさせろという、こういった概念から出てきたわけでございまして、そういう意味じゃ民間の人たちがこの制度を導入するときに、国と地方を合わせて50兆円という、その市場を見込んでおるというようなことが指摘されております。

 この指定管理者制度で最近いろいろの弊害が出てきたもんで、20年6月6日に財務省が通達を出してあるんですが、その中で指定管理者の選定基準には公共サービスの水準の確保という観点が重要であるとし、これを確保するための体制を指定管理者と協議すること、委託料もきちんとした人件費が支払われるよう適切な積算に基づくべきであるとしました。民間団体からも市場化を懸念する意見が相次いで表明されています。全国社会福祉協議会の立ち上げた検討会は、社会福祉施設等における指定管理者制度をめぐる現状とかかわりにおいて、現在は行政コストの削減のみ重点が置かれ、本来行うべきサービスに影響が出ていますと、こう指摘しております。

 また、全国の、これは既に議会でもほかの議員が指摘したんですが、日本図書館協会が図書館への指定管理者制度の導入はすべきでないという、こういう意見が出ておるわけでございますが、私も最低限、教育だとか文化だとか、こういうところへは指定管理者制度はやはり極力避けるべきだ、このように思うわけでございますんで、指定管理者制度をどんどん導入していきますと、市の職員の仕事はいずれなくなってしまうんじゃないかという、こんな気もするわけでございますので、この点について指摘をしておきます。



○議長(嶋津鈴子君) 質疑を打ち切ります。

 本件については討論の申し出がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議案第89号を採決いたします。

 本案件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「議長」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) 神田明弘君。



◆20番(神田明弘君) 異議あります。



○議長(嶋津鈴子君) ただいま議案第89号について異議がありますので、これより採決いたします。

 議案第89号は原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (賛成者起立)



○議長(嶋津鈴子君) 起立多数。

 よって、議案第89号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第90号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第7、議案第90号 韮崎市老人福祉センターの指定管理者の指定についての案件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第90号 韮崎市老人福祉センターの指定管理者の指定についてであります。

 韮崎市老人福祉センターの指定管理者の指定につきましては、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を経る必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 管理を行わせる施設の名称、韮崎市老人福祉センター。指定管理者となる団体、所在地、韮崎市大草町若尾1680番地。名称、社会福祉法人韮崎市社会福祉協議会。代表者、会長、榑林一孝。指定の期間、平成23年4月1日から平成28年3月31日までであります。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (発言する者なし)



○議長(嶋津鈴子君) 質疑を打ち切ります。

 本件については、討論の申し出がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議案第90号を採決いたします。

 本案件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第90号の案件は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第91号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第8、議案第91号 韮崎市在宅老人デイサービスセンターの指定管理者の指定についての案件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第91号 韮崎市在宅老人デイサービスセンターの指定管理者の指定についてであります。

 韮崎市在宅老人デイサービスセンターの指定管理者の指定につきましては、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を経る必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 管理を行わせる施設の名称、大草老人デイサービスセンターこぶし荘、穴山デイサービスセンターなごみの郷。指定管理者となる団体、所在地、韮崎市大草町若尾1680番地。名称、社会福祉法人韮崎市社会福祉協議会。代表者、会長、榑林一孝。指定の期間、平成23年4月1日から平成28年3月31日までであります。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

 小林恵理子さん。



◆17番(小林恵理子君) デイサービスセンターの指定管理で、ほかに応募者がありますでしょうか。



○議長(嶋津鈴子君) 駒井福祉課長。



◎福祉課長(駒井宗男君) お答えいたします。

 ほかに1社会福祉法人からの応募がございました。

 以上でございます。



○議長(嶋津鈴子君) 小林恵理子さん。



◆17番(小林恵理子君) デイサービスセンターの問題では、前回の契約と今回の契約で契約の内容の変化というのはどういうところにありますでしょうか。



○議長(嶋津鈴子君) 駒井福祉課長。



◎福祉課長(駒井宗男君) 前回の5年間につきまして、初めて指定管理を導入しまして、今回は第2期目ということで内容的には変わりはございませんが、土地・建物の使用料の下限につきまして、応募要項の中で若干変更させていただきました。

 以上でございます。



○議長(嶋津鈴子君) 小林恵理子さん。



◆17番(小林恵理子君) 利用料の収入、また、介護保険制度を使っての介護報酬等の収入の金額と、やはりこう使用料として市に払う金額とのギャップというか、その辺の見込みがちょっとずれていて大変運営に苦労しているというような時期もありましたけれども、その辺のことは加味して、今回の内容になっているというふうに理解してよろしいでしょうか。



○議長(嶋津鈴子君) 駒井福祉課長。



◎福祉課長(駒井宗男君) 過去5年間の実績の状況を踏まえた中で、今回も土地、建物の使用料の下限の設定をさせていただきましたので、十分勘案した上で決めたというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(嶋津鈴子君) 質疑を打ち切ります。

 本件については討論の申し出がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議案第91号を採決いたします。

 本案件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第91号の案件は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第92号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第9、議案第92号 韮崎市文化ホールの指定管理者の指定についての案件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第92号 韮崎市文化ホールの指定管理者の指定についてであります。

 韮崎市文化ホールの指定管理者の指定につきましては、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を経る必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 管理を行わせる施設の名称、韮崎市文化ホール。指定管理者となる団体、所在地、韮崎市藤井町坂井205番地。名称、財団法人武田の里文化振興協会。代表者、理事長、林 紘子。指定の期間、平成23年4月1日から平成28年3月31日までであります。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (発言する者なし)



○議長(嶋津鈴子君) 質疑を打ち切ります。

 本件については討論の申し出がありませんので、討論を終結いたします。

 これより議案第92号を採決いたします。

 本案件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第92号の案件は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第22−7号の上程、委員会付託



○議長(嶋津鈴子君) 日程第10、請願第22−7号 教育予算を拡充し、教育の機会均等及び水準の維持向上を図るための請願書を議題といたします。

 本定例会において受理した請願は、お手元の請願文書表のとおり、所管の総務教育常任委員会に付託いたします。

 なお、請願文書表中、紹介議員名、藤島議員の「藤島」の「島」が違っておりますので、ご訂正を願います。正しくは「嶋」でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第22−8号の上程、委員会付託



○議長(嶋津鈴子君) 日程第11、請願第22−8号 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加しないことの意見書を求める請願を議題といたします。

 本定例会において受理した請願は、お手元に配付の請願文書表のとおり、産業建設常任委員会に付託いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(嶋津鈴子君) 以上をもちまして、本日の会議は全部終了いたします。

 あすは委員会等のため本会議は休会であります。

 よって、次の本会議は20日午前10時より会議を再開し、議案審議、委員長報告の採決を行います。

 本日はこれをもちまして散会といたします。

 ご苦労さまでした。

                             (午前10時36分)