議事ロックス -地方議会議事録検索-


山梨県 韮崎市

平成23年  6月 定例会(第2回) 06月24日−05号




平成23年  6月 定例会(第2回) − 06月24日−05号







平成23年  6月 定例会(第2回)



          平成23年第2回韮崎市議会定例会

議事日程(第5号)

                 平成23年6月24日(金曜日)午前10時開議

日程第1 議案第57号 韮崎市税条例の一部を改正する条例

日程第2 議案第58号 韮崎市民交流センター整備建築工事請負契約の変更について

     議案第59号 韮崎市民交流センター整備機械設備工事請負契約の変更について

     議案第60号 韮崎市民交流センター整備電気設備工事請負契約の変更について

日程第3 議案第61号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて

日程第4 議案第62号 第一鈴嵐恩賜林保護財産区管理会委員の選任について

     議案第63号 第二鈴嵐恩賜林保護財産区管理会委員の選任について

     議案第64号 第二御座石前山恩賜林保護財産区管理会委員の選任について

     議案第65号 旭山恩賜林保護財産区管理会委員の選任について

     議案第66号 八森恩賜林保護財産区管理会委員の選任について

     議案第67号 戸沢日影半腹裾恩賜林保護財産区管理会委員の選任について

日程第5 推薦第1号 韮崎市農業委員会選任委員の推薦について

日程第6 委員会報告

     1.財務常任委員会付託事件

      議案第46号 平成23年度韮崎市一般会計補正予算(第1号)

     2.市民生活常任委員会付託事件

      請願第23−4号 浜岡原子力発電所は廃炉にすることの意見書を求める請願

     3.産業建設常任委員会付託事件

      請願第23−5号 韮崎市内の水源地施設の耐震診断と耐震化および送水管の耐震化などの請願

日程第7 議第3号 浜岡原子力発電所は廃炉にすることを求める意見書の提出について

日程第8 閉会中の継続審査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20名)

    1番 田原一孝君     2番 西野賢一君

    3番 小林伸吉君     4番 山本雄次君

    5番 輿石賢一君     6番 秋山 泉君

    7番 岩下良一君     8番 森本由美子君

    9番 横森宏尹君    10番 野口紘明君

   11番 藤嶋英毅君    12番 嶋津鈴子君

   13番 一木長博君    14番 望月正澄君

   15番 石井錦一君    16番 清水正雄君

   17番 小林恵理子君   18番 矢崎六彦君

   19番 清水 一君    20番 神田明弘君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名

   市長       横内公明君   副市長      水川 勉君

   会計管理者兼

            横森淳彦君   政策秘書課長   日向 亘君

   会計課長

   総務課長     水川秋人君   企画財政課長   五味秀雄君

   市民課長     神谷壮一君   税務課長     塚田冨士夫君

   収納課長     小澤和義君   福祉課長     駒井宗男君

   保健課長     中嶋尚夫君   静心寮長     笠鳥辰広君

   農林課長     猪股洋仁君   企業立地課長   横森 亨君

   商工観光課長   伊藤一向君   建設課長     横森 貢君

                    市立病院

   上下水道課長   石原 茂君            中村 徹君

                    事務局長

   教育委員長    馬場賢一君   教育長      輿水 豊君

   教育課長     下村貞俊君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

   議会事務局長   平賀富士夫君  書記       秋山 繁君

   書記       仲田真子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表彰状、感謝状の伝達



◎議会事務局長(平賀富士夫君) 本会議に先立ちまして、表彰状、感謝状の伝達を行います。

 去る4月15日に山梨県市議会議長会定期総会が開催され、矢崎六彦議員、小林恵理子議員に表彰状が、一木長博議員、藤嶋英毅議員に感謝状が贈呈されました。

 また、6月15日には、全国市議会議長会の定期総会が開催され、矢崎六彦議員、小林恵理子議員に表彰状が贈呈されました。

 それでは、嶋津議長より伝達を行います。

 まず、全国市議会議長会表彰を行います。

 お名前をお呼びいたします。

 矢崎議員、小林議員、前にお願いいたします。



○議長(嶋津鈴子君) 表彰状。

 韮崎市、矢崎六彦殿。

 あなたは、市議会議員として15年市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第87回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰いたします。

 平成23年6月15日。

 全国市議会議長会会長、関谷 博。

 おめでとうございます。(拍手)

 表彰状。

 韮崎市、小林恵理子殿。

 あなたは、市議会議員として15年市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第87回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰いたします。

 平成23年6月15日。

 全国市議会議長会会長、関谷 博。

 おめでとうございます。(拍手)



◎議会事務局長(平賀富士夫君) 次に、山梨県市議会議長会表彰を行います。

 矢崎議員、小林議員、一木議員、藤嶋議員、前のほうへお願いいたします。

 初めに、矢崎議員、お願いします。



○議長(嶋津鈴子君) 表彰状。

 矢崎六彦殿。

 あなたは、韮崎市議会議員在職15年、よく市政の振興に努められたその功績は顕著であります。よって、ここに記念品を贈呈し、これを表彰します。

 平成23年4月15日。

 山梨県市議会議長会会長、深澤永雄。

 おめでとうございます。(拍手)

 表彰状。

 小林恵理子殿。

 あなたは、韮崎市議会議員在職15年、よく市政の振興に努められたその功績は顕著であります。よって、ここに記念品を贈呈し、これを表彰します。

 平成23年4月15日。

 山梨県市議会議長会会長、深澤永雄。

 おめでとうございます。(拍手)

 感謝状。

 一木長博殿。

 あなたは、韮崎市議会の議長として、本会の発展に寄与された功績はまことに多大であります。よって、ここに記念品を贈り、感謝の意を表します。

 平成23年4月15日。

 山梨県市議会議長会会長、深澤永雄。

 おめでとうございます。(拍手)

 感謝状。

 藤嶋英毅殿。

 あなたは、韮崎市議会の副議長として、本会の発展に寄与された功績はまことに多大であります。よって、ここに記念品を贈り、感謝の意を表します。

 平成23年4月15日。

 山梨県市議会議長会会長、深澤永雄。

 おめでとうございます。(拍手)



◎議会事務局長(平賀富士夫君) どうも受賞された方々おめでとうございました。

 以上をもちまして、表彰状及び感謝状の伝達を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(嶋津鈴子君) ただいまの出席議員は20名であります。

 定足数に達しておりますので、休会前に引き続き議会を再開いたします。

 これより本日の会議を開きます。

                             (午前10時07分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(嶋津鈴子君) 報告事項を申し上げます。

 議長のもとに新たに議案11件、その他案件2件が提出されました。

 お手元に配付の議案目録(その3)のとおりでありますので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第57号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(嶋津鈴子君) これより日程に入ります。

 日程第1、議案第57号 韮崎市税条例の一部を改正する条例の案件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第57号 韮崎市税条例の一部を改正する条例についてであります。

 地方税法の一部改正に伴い、韮崎市税条例の市民税に関し、所要の改正を行う必要がありますので、この条例案を提出するものであります。

 内容につきましては、税務課長よりご説明申し上げます。



○議長(嶋津鈴子君) 塚田税務課長。



◎税務課長(塚田冨士夫君) 議案第57号 韮崎市税条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。

 この条例改正につきましては、去る3月11日に発生した東日本大震災により被災された方々の税負担の軽減を図るため、地方税法の一部が改正されたことに伴い、市税条例につきましても新たに附則に2条を加え、被災者の税負担を軽減するものであります。

 まず、市税条例附則の第25条の追加につきましては、東日本大震災に係る雑損控除額等の特例を定めたものでありまして、第1項につきましては平成23年3月に発生した東日本大震災により、家屋等を含めた損失については、納税者の選択により平成22年において生じた雑損控除額として平成23年度の市民税での適用を可能とするものであり、この場合、24年度以後の市民税についても22年において生じた雑損控除額とみなすものでございます。

 第2項につきましては、今回の東日本大震災の余震として平成24年以降に発生した損失につきましても、平成22年において発生した雑損控除額とみなして取り扱うことができると定めたものであります。

 第3項につきましては、この大震災で被災された方と生計を一にする配偶者や親族の有する資産の損失についても、第1項と同様に平成22年に発生したものとみなして取り扱うことを定めたものであります。

 第4項につきましては、平成24年以降に発生した親族等の損失についても、第2項と同様に平成22年に発生したものとみなして取り扱うことができると定めたものであります。

 次のページでございますが、第5項につきましても、この特例の適用を受ける場合は、平成23年度の市民税の申告書や確定申告書等に、この特例の適用を受ける旨の記載をしなければならないと定めたものでございます。

 次に、第26条の追加につきましては、東日本大震災に係る住宅借入金等特別税額控除の適用期限の特例を定めたものでありまして、住宅借入金等特別税額控除の適用を受けていた住宅が東日本大震災により住居の用に供することができなくなった場合においても、控除対象期間の残りの期間について引き続き税額控除を適用することができると定めたものでございます。

 次に、附則でありますが、この条例は公布の日から施行し、附則の第26条は平成24年9月1日から施行するものであります。

 以上で説明を終わります。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

     (発言する者なし)



○議長(嶋津鈴子君) 質疑を打ち切ります。

 本件については討論の申し出がありませんでしたので、討論を終結いたします。

 これより議案第57号を採決いたします。

 本案件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第57号の案件は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第58号〜議案第60号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第2、議案第58号 韮崎市民交流センター整備建築工事請負契約の変更について、議案第59号 韮崎市民交流センター整備機械設備工事請負契約の変更について、議案第60号 韮崎市民交流センター整備電気設備工事請負契約の変更についての案件を議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第58号 韮崎市民交流センター整備建築工事請負契約の変更について、議案第59号 韮崎市民交流センター整備機械設備工事請負契約の変更について、議案第60号 韮崎市民交流センター整備電気設備工事請負契約の変更についての3案件であります。

 平成22年9月15日に議決された韮崎市民交流センター整備建築工事、機械設備工事、電気設備工事の請負契約を変更したいので、韮崎市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 内容につきましては、総務課長よりご説明申し上げます。



○議長(嶋津鈴子君) 水川総務課長。



◎総務課長(水川秋人君) それでは、議案第58号 韮崎市民交流センター整備建築工事請負契約の変更について、議案第59号 韮崎市民交流センター整備機械設備工事請負契約について、議案第60号 韮崎市民交流センター整備電気設備工事請負契約についてご説明申し上げます。

 まず、第58号の設計変更の主な理由につきましてご説明申し上げます。

 1つ目といたしまして、建物の上屋部分、屋上の公園部分に利用するシートの劣化が著しいことが判明したために防水工事を追加するものでございます。

 屋上の大部分を占めます部分につきましてはアスファルトのため問題はないんですけれども、公園部分につきましては防水シートで施工してございまして、今現在漏水の問題はないんですけれども、将来のことを考えまして、追加工事で漏水工事を施工するものでございます。

 それから、2つ目でございますけれども、今現在建物の南、東側にございます三角柱の広告塔につきましては当初撤去する予定でございましたけれども、これをセンターの案内板として再利用することとさせていただくために、そのリニューアルしますものでございます。

 それから、旧ルネス当時、1階トラックヤード内にございましたテーブル、いす等がございます。これにつきましても当初再利用する計画でございましたけれども、これも今現在これに関する部品等の調達が難しいということで、これにつきましては撤去するということになりました。そのための経費を合わせまして270万9,000円を今回増額いたしまして、5億8,020万9,000円とするものでございます。

 次に、議案第59号 機械設備の工事請負契約の変更についてでございます。

 設計変更の主なものにつきましてご説明いたします。

 まず、1つ目でございますけれども、3階の子育て支援センター内に汚物流し、それからシャワーパンの設置を追加するものでございます。

 シャワーパンと申しますのは、子供さんがトイレに失敗したときにおしりを洗うようなシャワーでございます。

 それから、センターの立体駐車場等にありますダクトでございますけれども、これも当初はこのままでございましたけれども、前の塗装状況を見てこの際、撤去するほうがいいということでございまして、今回撤去するものでございます。

 それから、3つ目でございますけれども、今回新しくする施設の空調設備につきましては、全館型ではなくて、各部屋ごとに室外機をカッティング方式にするために室外機をかなり多く、大分大きいものを設置する予定でございますので、これから高周波というものが発生するために近隣の施設の電子機器類等に影響を与えるおそれがある東京電力からのご指導もございまして、この際、これのためのフィルターを設置する工事を施工することにして、これを合わせまして826万3,500円を増額いたしまして、3億2,021万8,500円とするものでございます。

 次に、議案第60号 電気設備工事の請負契約の変更についてでございます。

 設計変更の主なものでございますけれども、これにつきましては工事施工後、天井一部部品等につきまして劣化がございましたので、これにつきましては部品交換をするということと。それから1階の地域情報発信センター内におきます物産コーナー、サッカーミュージアム等のレイアウト等が固まりつつある中で、そのために電気コンセントの位置とか電源設備類の変更とかそういう部分について工事がございましたので、変更するものでございまして、これらを合わせまして352万8,000円の増額となりまして、変更契約は2億2,318万8,000円とするものでございます。

 以上で説明を終わります。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 これより質疑を行います。

 清水 一君。



◆19番(清水一君) 一般的にこういうこれは分離発注といいますか、建設工事、設備工事、電気工事すべてですけれども、たまたまこういう形でもってすべての工事に手直しが生じるというのは、当初の設計にやはりもう少し見通しとか現状を見て、当初の設計の中の範囲でもってできることもあるのではないかと思うんですけれども、その辺のことをきちっとやった上で、やむを得ずこういう結果になるんですけれども、この辺のところはどう。



○議長(嶋津鈴子君) 五味企画財政課長。



◎企画財政課長(五味秀雄君) お答えいたします。

 いろいろな変更契約の関係で当初想定できなかった部分があった形で変更契約をさせていただいたということでございますが、最初の段階でそういうことが想定できなかったのかどうかといったようなご質問でございます。本市でなかなかこれだけ大きな施設の改修工事というのは非常に少ないことです。しかも市でつくったものを改修するのではなくて、民間の方がつくられたものを買って、なおかつ改修するということでございまして、そういう形の非常に大きいボリュームのもので、当初の設計の関係の詳細までやはり熟知しないという部分も若干あったかと思います。当初におきましては、いろいろな想定をする中で設計また詳細設計をしてきたところですが、いろいろな状況がありまして計画を変更したり、そういったこともありましたので、こういう形で変更を生じて増額になったということでございます。

 一例を挙げますと、先ほど申したような広告塔は初め使わない予定だったものですから、それはリニューアルして使おうということで、整備費が若干ふえたと。もちろん、ふえたり減ったりしたものがあった中での金額というふうにご理解いただきたいと思います。

 以上です。



○議長(嶋津鈴子君) 質疑を打ち切ります。

 本件については討論の申し出がありませんでしたので、討論を終結いたします。

 これより議案第58号、議案第59号、議案第60号を採決いたします。

 本案件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第58号、議案第59号、議案第60号の案件は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第61号の上程、説明、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第3、議案第61号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについての案件を議題といたします。

 ここで地方自治法第117条の規定により、秋山 泉君の退席を求めます。

     (6番 秋山 泉君 退席)



○議長(嶋津鈴子君) 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第61号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについてであります。

 人権擁護委員候補者として次の者を推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものであります。

 住所、韮崎市中央町10番24号。

 氏名、秋山 泉。

 生年月日、昭和18年2月8日。

 人権擁護委員、秋山 泉氏の任期が平成23年9月30日に満了となりますので、その後任者の推薦について議会の意見を求める必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 以上です。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま意見を求められました議案第61号につきましては、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第61号は原案のとおり決定いたしました。

 ここで秋山 泉君の入場を許可します。

     (6番 秋山 泉君 入場)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第62号〜議案第67号の上程、説明、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第4、議案第62号 第一鈴嵐恩賜林保護財産区管理会委員の選任について、議案第63号 第二鈴嵐恩賜林保護財産区管理会委員の選任について、議案第64号 第二御座石前山恩賜林保護財産区管理会委員の選任について、議案第65号 旭山恩賜林保護財産区管理会委員の選任について、議案第66号 八森恩賜林保護財産区管理会委員の選任について、議案第67号 戸沢日影半腹裾恩賜林保護財産区管理会委員の選任についての6案件を一括議題といたします。

 ここで地方自治法第117条の規定により、藤嶋英毅君の退席を求めます。

     (11番 藤嶋英毅君 退席)



○議長(嶋津鈴子君) 市長から提案理由の説明を求めます。

 横内市長。

     (市長 横内公明君 登壇)



◎市長(横内公明君) 議案第62号 第一鈴嵐恩賜林保護財産区管理会委員の選任についてであります。

 第一鈴嵐恩賜林保護財産区管理会委員として、次の者を選任したいので、韮崎市恩賜県有財産保護財産区管理会条例第3条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 住所、韮崎市神山町北宮地1063番地。

 氏名、矢崎俊男。

 生年月日、昭和17年1月8日。

 住所、韮崎市神山町武田235番地。

 氏名、功刀正彦。

 生年月日、昭和7年11月19日。

 住所、韮崎市神山町鍋山2455番地。

 氏名、工藤良一。

 生年月日、昭和11年7月26日。

 住所、韮崎市神山町鍋山2058番地。

 氏名、功刀 修。

 生年月日、昭和12年1月10日。

 住所、韮崎市若宮3丁目4番1号。

 氏名、平賀勝男。

 生年月日、昭和15年1月1日。

 住所、韮崎市清哲町樋口311番地。

 氏名、鈴木恒彦。

 生年月日、昭和20年12月2日。

 第一鈴嵐恩賜林保護財産区管理会委員が平成23年7月7日をもって任期満了となりますので、新たな委員の選任について議会の同意を求める必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 次に、議案第63号 第二鈴嵐恩賜林保護財産区管理会委員の選任についてであります。

 第二鈴嵐恩賜林保護財産区管理会委員として、次の者を選任したいので、韮崎市恩賜県有財産保護財産区管理会条例第3条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 住所、韮崎市神山町武田638番地。

 氏名、功刀勝之。

 生年月日、昭和18年2月12日。

 住所、韮崎市神山町鍋山1695番地。

 氏名、内藤 充。

 生年月日、昭和17年2月11日。

 住所、韮崎市本町1丁目2番17号。

 氏名、小屋忠嗣。

 生年月日、昭和17年7月3日。

 住所、韮崎市旭町上條南割2772番地。

 氏名、功刀光齊。

 生年月日、昭和17年8月26日。

 住所、韮崎市大草町若尾1195番地1。

 氏名、小林豊彦。

 生年月日、昭和16年1月1日。

 住所、韮崎市龍岡町下條東割972番地。

 氏名、加藤正次。

 生年月日、昭和7年1月11日。

 住所、韮崎市清哲町水上136番地。

 氏名、清水誠次。

 生年月日、昭和21年2月24日。

 第二鈴嵐恩賜林保護財産区管理会委員が平成23年7月7日をもって任期満了となりますので、新たな委員の選任について議会の同意を求める必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 次に、議案第64号 第二御座石前山恩賜林保護財産区管理会委員の選任についてであります。

 第二御座石前山恩賜林保護財産区管理会委員として、次の者を選任したいので、韮崎市恩賜県有財産保護財産区管理会条例第3条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 住所、韮崎市清哲町折居832番地。

 氏名、藤嶋英毅。

 生年月日、昭和12年2月19日。

 住所、韮崎市清哲町折居812番地。

 氏名、伊藤卓朗。

 生年月日、昭和15年2月4日。

 住所、韮崎市中田町中條789番地。

 氏名、口野道男。

 生年月日、昭和8年1月2日。

 住所、韮崎市中田町中條1254番地。

 氏名、新藤 格。

 生年月日、昭和9年5月5日。

 住所、韮崎市中田町中條1310番地。

 氏名、細田正昭。

 生年月日、昭和15年5月5日。

 住所、韮崎市中田町中條4274番地。

 氏名、高添眞一。

 生年月日、昭和16年1月15日。

 住所、韮崎市円野町入戸野789番地。

 氏名、深澤篤彦。

 生年月日、昭和19年6月4日。

 第二御座石前山恩賜林保護財産区管理会委員が平成23年7月7日をもって任期満了となりますので、新たな委員の選任について議会の同意を求める必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 次に、議案第65号 旭山恩賜林保護財産区管理会委員の選任についてであります。

 旭山恩賜林保護財産区管理会委員として、次の者を選任したいので、韮崎市恩賜県有財産保護財産区管理会条例第3条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 住所、韮崎市旭町上條北割1149番地2。

 氏名、鈴木彬之。

 生年月日、昭和14年1月14日。

 住所、韮崎市旭町上條北割2745番地。

 氏名、樋口軍治。

 生年月日、昭和16年2月7日。

 住所、韮崎市旭町上條北割2637番地。

 氏名、木下光男。

 生年月日、昭和17年12月25日。

 住所、韮崎市旭町上條北割2915番地。

 氏名、志村好文。

 生年月日、昭和18年3月8日。

 住所、韮崎市旭町上條中割241番地。

 氏名、原  洋。

 生年月日、昭和18年10月22日。

 住所、韮崎市旭町上條南割2465番地。

 氏名、功刀孝教。

 生年月日、昭和11年11月29日。

 住所、韮崎市旭町上條南割2842番地。

 氏名、堀内延和。

 生年月日、昭和19年4月10日。

 旭山恩賜林保護財産区管理会委員が平成23年7月7日をもって任期満了となりますので、新たな委員の選任について議会の同意を求める必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 次に、議案第66号 八森恩賜林保護財産区管理会委員の選任についてであります。

 八森恩賜林保護財産区管理会委員として、次の者を選任したいので、韮崎市恩賜県有財産保護財産区管理会条例第3条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 住所、韮崎市清哲町折居832番地。

 氏名、藤嶋英毅。

 生年月日、昭和12年2月19日。

 住所、韮崎市清哲町折居812番地。

 氏名、伊藤卓朗。

 生年月日、昭和15年2月4日。

 住所、韮崎市中田町中條789番地。

 氏名、口野道男。

 生年月日、昭和8年1月2日。

 住所、韮崎市中田町中條1254番地。

 氏名、新藤 格。

 生年月日、昭和9年5月5日。

 住所、韮崎市中田町中條1310番地。

 氏名、細田正昭。

 生年月日、昭和15年5月5日。

 住所、韮崎市中田町中條4274番地。

 氏名、高添眞一。

 生年月日、昭和16年1月15日。

 八森恩賜林保護財産区管理会委員が平成23年7月7日をもって任期満了となりますので、新たな委員の選任について議会の同意を求める必要がありますので、この案件を提出するものであります。

 次に、議案第67号 戸沢日影半腹裾恩賜林保護財産区管理会委員の選任についてであります。

 戸沢日影半腹裾恩賜林保護財産区管理会委員として、次の者を選任したいので、韮崎市恩賜県有財産保護財産区管理会条例第3条第1項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 住所、韮崎市円野町入戸野899番地1。

 氏名、深澤盛光。

 生年月日、昭和24年11月28日。

 住所、韮崎市円野町上円井858番地。

 氏名、伊藤辰彦。

 生年月日、昭和18年12月19日。

 住所、韮崎市円野町上円井1179番地。

 氏名、堀内健光。

 生年月日、昭和19年9月15日。

 住所、韮崎市円野町上円井2023番地。

 氏名、細田徳宏。

 生年月日、昭和29年8月26日。

 住所、韮崎市円野町上円井3065番地。

 氏名、秋山 忠。

 生年月日、昭和19年2月15日。

 住所、韮崎市円野町下円井644番地。

 氏名、眞壁靜夫。

 生年月日、昭和17年3月31日。

 住所、韮崎市円野町下円井1538番地。

 氏名、眞壁昭彦。

 生年月日、昭和17年2月15日。

 戸沢日影半腹裾恩賜林保護財産区管理会委員が平成23年7月7日をもって任期満了となりますので、新たな委員の選任について議会の同意を求める必要がありますので、この案件を提出するものであります。



○議長(嶋津鈴子君) 市長の説明は終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議案第62号、第63号、第64号、第65号、第66号、第67号の6案件については、原案のとおりこれに同意することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第62号、第63号、第64号、第65号、第66号、第67号の6案件については原案のとおり同意することに決しました。

 ここで藤嶋英毅君の入場を許可します。

     (11番 藤嶋英毅君 入場)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△推薦第1号の上程、説明、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第5、推薦第1号 韮崎市農業委員会選任委員の推薦についてを議題といたします。

 この件については、本年7月19日をもって任期満了となる韮崎市農業委員について、農業委員会等に関する法律第12条第1項第2号の規定により、学識経験を有する者の中から3名を議会において推薦されたい旨、市長から要請がありましたので、ここに提案したものであります。

 推薦人につきましては、お手元に配付のとおりであります。

 まず、大柴豊子さんについてお諮りいたします。

 大柴豊子さんを農業委員会委員に推薦することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、大柴豊子さんを農業委員会委員に推薦することに決しました。

 次に、山寺萬亀子さんについてお諮りいたします。

 山寺萬亀子さんを農業委員会委員に推薦することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、山寺萬亀子さんを農業委員会委員に推薦することに決しました。

 次に、清水こずゑさんについてお諮りいたします。

 清水こずゑさんを農業委員会委員に推薦することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、清水こずゑさんを農業委員会委員に推薦することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会報告



○議長(嶋津鈴子君) 日程第6、委員会報告を行います。

 本案件は、会議規則第101条の規定による委員会報告であります。

 財務常任委員会付託事件の議案第46号 韮崎市一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本案件につきましては、財務常任委員会に付託したものでありますので、財務常任委員長の報告を求めます。

 望月正澄財務常任委員長。

     (財務常任委員長 望月正澄君 登壇)



◆財務常任委員長(望月正澄君) 財務常任委員会の審査報告を申し上げます。

 去る6月22日の本会議において、本委員会に付託されました議案第46号 平成23年度韮崎市一般会計補正予算(第1号)を審査するため、本会議場において委員会を開催いたしました。

 委員会には、全委員と執行部から全課長の出席を得て審査を行いました。

 まず、企画財政課長より歳入歳出の款ごとの説明があり、その後、一問一答方式により質疑を行い、詳細かつ慎重に審査を行いました。

 採決においては、一括採決とし、挙手多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で財務常任委員会の報告を終わります。

 議長をして、よろしくお取り計らいのほどをお願い申し上げます。



○議長(嶋津鈴子君) 以上で報告は終わりました。

 委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。

 これより委員長報告に対する質疑を行います。

     (発言する者なし)



○議長(嶋津鈴子君) 質疑を打ち切ります。

 これより議案第46号の案件を採決いたします。

 原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) 異議なしと認めます。

 よって、原案のとおり可決されました。

 次に、市民生活常任委員会付託事件、請願第23−4号 浜岡原子力発電所は廃炉にすることの意見書を求める請願の案件を議題といたします。

 本案件につきましては、市民生活常任委員会に付託してありますので、市民生活常任委員長の報告を求めます。

 藤嶋英毅市民生活常任委員長。

     (市民生活常任委員長 藤嶋英毅君 登壇)



◆市民生活常任委員長(藤嶋英毅君) 市民生活常任委員会より、請願審査の結果を報告いたします。

 平成23年度第2回定例会において付託されました浜岡原子力発電所は廃炉にすることの意見書を求める請願について、市民生活常任委員会の審査の結果を報告いたします。

 6月22日、全委員と関係課長の出席を得て、当委員会を開催し、付託されました請願について提出者の説明を受け、審査を行った結果、賛成多数で採択すべきものと決しました。

 議長をして、よろしくお取り計らいのほどをお願いいたします。



○議長(嶋津鈴子君) 市民生活常任委員長の報告は終わりました。

 請願第23−4号に対する市民生活常任委員長の報告は採択すべきものであります。

 お諮りいたします。

 請願第23−4号は市民生活常任委員長の報告のとおり採択することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、請願第23−4号は市民生活常任委員長の報告のとおり採択となりました。

 次に、産業建設常任委員会付託事件、請願第23−5号 韮崎市内の水源地施設の耐震診断と耐震化および送水管の耐震化などの請願を議題といたします。

 本案件については、産業建設常任委員会に付託してありますので、産業建設常任委員長の報告を求めます。

 森本由美子産業建設常任委員長。

     (産業建設常任委員長 森本由美子君 登壇)



◆産業建設常任委員長(森本由美子君) 産業建設常任委員会での請願審査の報告をいたします。

 平成23年第2回定例会において付託されました韮崎市内の水源地施設の耐震診断と耐震化および送水管の耐震化などの請願について、産業建設常任委員会での審査の結果を報告いたします。

 6月22日、全委員と関係課長の出席を得て当委員会を開催し、付託されました請願について、提出者の説明を受け、慎重に審査を行った結果、賛成多数で採択すべきものと決しました。

 議長をして、よろしくお取り計らいのほどお願いいたします。



○議長(嶋津鈴子君) 産業建設常任委員長の報告は終わりました。

 請願第23−5号に対する産業建設常任委員長の報告は採択すべきものであります。

 お諮りいたします。

 請願第23−5号は、産業建設常任委員長の報告のとおり採択することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、請願第23−5号は産業建設常任委員長の報告のとおり採択となりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議第3号の上程、説明、質疑、採決



○議長(嶋津鈴子君) 日程第7、議第3号 浜岡原子力発電所は廃炉にすることを求める意見書の提出についての案件を議題といたします。

 提出議員からの提案理由の説明を求めます。

 藤嶋英毅君。

     (11番 藤嶋英毅君 登壇)



◆11番(藤嶋英毅君) 議第3号 浜岡原子力発電所は廃炉にすることを求める意見書の提出についてでありますが、地方自治法第99条の規定に基づき、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、財務大臣及び経済産業大臣に対し、別紙のとおり意見書を提出するものであります。

 提出者は、私、藤嶋英毅。賛成者は、岩下良一議員、矢崎六彦議員、小林恵理子議員、石井錦一議員、小林伸吉議員、田原一孝議員の各位であります。

 意見書の提出の提案理由でありますが、政府の地震調査会の想定では、東海地震が今後30年以内にマグニチュード8程度の地震が発生する可能性が87%で、いつ起こってもおかしくないと指摘しており、その震源域の真上にあって、地震や津波対策の安全性が立証されていない浜岡原子力発電所の廃炉を求める意見書の提出を求めるものであります。

 議長をして、よろしくお取り計らいのほどをお願いいたします。



○議長(嶋津鈴子君) 説明は終わりました。

 本案件は質疑を省略することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 これより議第3号を採決いたします。

 本案件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、議第3号は原案のとおり可決されました。

 なお、本意見書の取り扱い、字句の訂正及び提出先は議長にご一任願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続審査について



○議長(嶋津鈴子君) 日程第8、閉会中の継続審査についてを議題といたします。

 本件については、各常任委員長、議会運営委員長並びに韮崎駅前施設「旧ルネス」利活用調査特別委員長から、目下委員会において審査中の事件につき、会議規則第102条の規定により、閉会中の継続審査の申し出がありました。申出書はお手元に配付のとおりであります。

 お諮りいたします。

 総務教育、市民生活、産業建設、財務の各常任委員長及び議会運営委員長並びに韮崎駅前施設「旧ルネス」利活用調査特別委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(嶋津鈴子君) ご異議なしと認めます。

 よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(嶋津鈴子君) 以上で、本議会に付議された案件の審議は、全部終了いたしました。

 これをもって、平成23年第2回韮崎市議会定例会を閉会いたします。

                             (午前10時56分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長あいさつ



◎議会事務局長(平賀富士夫君) 平成23年第2回韮崎市議会定例会の閉会に当たりまして、嶋津議長よりごあいさつを申し上げます。

     (議長 嶋津鈴子君 登壇)



○議長(嶋津鈴子君) 平成23年第2回定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 本定例会は、去る6月9日開会以来、本日までの16日間にわたり、市長より提案されました補正予算及び条例などの重要案件の審議を無事終了し、閉会の運びとなりましたことに対し、厚く御礼を申し上げます。

 今議会は、12名の議員が一般質問を行い、現在最も国民の関心事であり、早急な対応を求められている防災関連を初めとする諸問題について、活発な発言がなされました。

 6月定例会が本日をもって閉会となりますが、執行部におかれましては本定例会において成立いたしました諸議案の執行に当たりまして、諸施策遂行に全力を傾注されますようお願い申し上げます。

 結びに当たり、会期中に賜りました議員、執行部並びに報道関係各位のご協力に対しまして心より御礼を申し上げます。

 閉会のごあいさつとさせていただきます。

 お疲れさまでございました。ありがとうございました。

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成23年  月  日

          議長

          副議長

          署名議員

          署名議員